氏名

シオノ カオリ

塩野 加織

職名

准教授(任期付)

所属

(大学院文学研究科)

連絡先

URL等

研究者番号
80647280

学歴・学位

学歴

2009年04月-2015年03月 早稲田大学 文学研究科博士後期課程 日本語日本文学コース
2007年04月-2009年03月 早稲田大学 文学研究科修士課程

学位

博士(文学) 課程 早稲田大学 日本文学

経歴

2012年09月-2015年03月早稲田大学総合人文科学研究センター助手
2015年04月-2018年03月早稲田大学文学学術院日本語日本文学コース助教
2018年04月-早稲田大学文学学術院客員主任研究員

所属学協会

日本近代文学会 運営委員

昭和文学会

日本文学協会

早稲田大学国文学会

研究分野

科研費分類

人文学 / 文学 / 日本文学

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

1950-60年代日本文学の英語訳に関する基礎的研究

2013年-2015年

研究分野:日本文学

配分額:¥4420000

研究種別:

井伏鱒二作品における地方表象の研究―1930-50年代を中心に

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥2860000

研究種別:

岩波書店における検閲と文学の総合的研究

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥3250000

研究種別:

井伏鱒二文学における翻訳概念の研究

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

井伏鱒二における<地方>表象の研究

2012年度

研究成果概要: 本研究課題は、井伏鱒二の1940年代の著作における〈地方〉表象を分析し、その特性を明らかにするものである。ここでは特に、戦時中から敗戦後数年間の時期に集中して執筆・発表された井伏の農村作品群に着目し、それらがいかなる連関を持って... 本研究課題は、井伏鱒二の1940年代の著作における〈地方〉表象を分析し、その特性を明らかにするものである。ここでは特に、戦時中から敗戦後数年間の時期に集中して執筆・発表された井伏の農村作品群に着目し、それらがいかなる連関を持っていたのか、また、なぜ「農村」が題材として選択されたのかについて分析を行ない、この時期の井伏作品にみる〈地方〉の特質を検証していった。 まず論文「レンゲ草の実」論では、1947年発表の農村作品が、当時盛んに議論されていた新しい表記制度改革に対する井伏自身の応答と参与のありようを示すものであったことを明らかにした。作中に描かれた〈地方〉は、戦後民主主義の象徴のようにして当時急速に普及していった新表記法の欺瞞的側面を照射し、そこに胚胎する単一的地方観を剔抉するものといえる。また当該作品には、この時期井伏が書き連ねていった他の農村作品と表現上相似する要素が多数見られることを踏まえてみると、〈地方〉表象は、敗戦後の情勢と井伏自身の表現とを取り結ぶ機能を担っていたと考えられる。この部分については今後さらに詳しく検討する予定である。 続いて、こうした井伏鱒二の表現特徴を同時代状況との相関性から捉える手立てとして、当時の新表記制度改革をめぐる他の文学者たちの作品や言述を辿り、いくつかの事例にみる傾向や特徴について比較分析を行なった。とりわけ、井伏が参加していた同人誌では新表記反対の旗幟を鮮明していたこと、しかもそこでは賛否だけが問われがちで、表記が文学表現に及ぼす影響については見過ごされがちであったという特徴を明らかにした。その一方で、いわゆる大家たちは、掲載紙側との執筆交渉に表記の指定を盛り込んでいたこと等も数種の資料から明らかになった。このことを論証した論文は仏訳され、今年度内に発行される予定である。 以上のように本研究課題では、井伏によって敗戦以後に描かれた〈地方〉表象が、表記制度改革に付与された〈地方〉観やそこに見出される欺瞞的なイデオロギーに対して強い批評性を持っていることが明らかにされた。またそれは、同時期の他作家の場合と比較した結果、井伏の特質として位置づけることができた。この成果を踏まえた上で今後は、戦前・戦中期にあたる1930年代へも視野を広げ、この時期に大きな展開と変貌を遂げていく日本の農民文学と井伏作品における〈地方〉表象との関係性について、さらに考察を重ねていきたい。

1930年前後の日本におけるナンセンス文学の盛衰―新興芸術派を視座として

2014年度

研究成果概要:今回申請の特定課題では、1930年前後の日本において隆盛した新興芸術派運動と、そのなかに含まれる「ナンセンス文学」と呼ばれる文学ジャンルに着目し、そのジャンルが生成・変容していく過程について資料調査を行なった。対象としたのは種類ご...今回申請の特定課題では、1930年前後の日本において隆盛した新興芸術派運動と、そのなかに含まれる「ナンセンス文学」と呼ばれる文学ジャンルに着目し、そのジャンルが生成・変容していく過程について資料調査を行なった。対象としたのは種類ごとに大別して、大正期にモダニズム文学の先駆的役割を果たした雑誌、昭和初年に新興芸術派運動の舞台を提供した雑誌叢書類、さらにプロレタリア文学雑誌の三系統である。現在は、この調査結果に基づいて、当該時期における文学概念としての「ナンセンス」と「ナンセンス文学作品」との関係性を精査し、そこに新興芸術派の作家たちがどう関与したのかを主題とする論文を執筆中である。

1950年代における日本文学作品の翻訳と流通に関する基礎的研究

2017年度

研究成果概要:この申請課題では、1950年代の日本文学作品の英訳出版事業の実態を解明するための基礎研究として、当時の英訳書の企画・流通過程や実際に翻訳されたテクストの内容について調査分析を行った。注目したのは、英文誌『Japan Quarter...この申請課題では、1950年代の日本文学作品の英訳出版事業の実態を解明するための基礎研究として、当時の英訳書の企画・流通過程や実際に翻訳されたテクストの内容について調査分析を行った。注目したのは、英文誌『Japan Quarterly』で、この雑誌を舞台にして、数多くの日本文学作家と作品が欧米読者に向けて盛んに英訳されており、多彩な翻訳者が参加していたことが確認できる。とくに、のちに欧米の日本文学研究を牽引していく北米出身の翻訳者が、同誌の創刊当時から深く関わっており、その翻訳方法には、冷戦体制下の欧米において〈日本〉を形象化しようとする傾向が明らかになった。これらの研究成果は、学会発表ならびに論文にて発表した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
文芸研究・批評ゼミ2 (春学期) A文化構想学部2019春学期
文芸研究・批評ゼミ2 (春学期) B文化構想学部2019春学期
文芸研究・批評ゼミ2 (秋学期) A文化構想学部2019秋学期
文芸研究・批評ゼミ2 (秋学期) B文化構想学部2019秋学期
研究のための日本語表現3(研究発表のための日本語)大学院文学研究科2019春学期
研究のための日本語表現4(研究発表のための日本語)大学院文学研究科2019秋学期
国際日本学コースワーク3大学院文学研究科2019春学期
国際日本学コースワーク4大学院文学研究科2019秋学期