氏名

ナカムラ シンイチロウ

中村 慎一郎

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0030000/)

所属

(政治経済学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/nakashin/index.html

研究者番号
20180367

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

理工学術院(大学院環境・エネルギー研究科)

学内研究所等

現代政治経済研究所

兼任研究員 1989年-

産業エコロジー研究所

プロジェクト研究所所長 2010年-2013年

学歴・学位

学歴

-1974年 慶應義塾大学 経済学部
-1983年 ボン大学 経済学研究科 理論経済学

学位

Dr. rer. pol. 論文 ボン大学 (ドイツ) 理論経済学

経歴

1979年-1985年ボン大学 研究員
1988年-1990年トロント大学訪問準教授
2005年-2012年名古屋大学エコトピア科学研究所客員教授

所属学協会

国際産業エコロジー学会

日本鉄鋼協会

日本LCA学会 評議員

受賞

日本鉄鋼協会 学術貢献賞(浅田賞)

2012年12月

鉄鋼環境基金 理事長賞

2012年09月

日本LCA学会功績賞

2012年03月

リサイクル技術開発本多賞

2006年01月

廃棄物学会論文賞

2001年

GEFFRUB 賞

1983年06月授与機関:ボン大学

研究分野

キーワード

LCA、ライフサイクルアセスメント,マテリアルフロー解析、、産業エコロジー、計量経済学、産業連関分析

科研費分類

環境学 / 環境解析学 / 環境影響評価

社会科学 / 経済学 / 経済統計

研究テーマ履歴

廃棄物産業連関分析、マテリアルフロー解析

研究テーマのキーワード:LCA,MFA

国際共同研究

廃棄物処理の経済分析

研究テーマのキーワード:廃棄物処理,リサイクル,産業連関分析

国内共同研究

廃棄物産業連関を用いたLCA

個人研究

論文

Regional distribution and losses of end-of-life steel throughout multiple product life cycles - Insights from the global multiregional MaTrace model

Stefan Pauliuk, Yasushi Kondo, Shnichiro Nakamura, and Kenichi Nakajima

Resources Conservation and Recycling査読有り116p.84 - 932017年-2017年

DOI

MaTrace: Tracing the Fate of Materials over Time and Across Products in Open-Loop Recycling

Nakamura, Shinichiro; Kondo, Yasushi; Kagawa, Shigemi; Matsubae, Kazuyo; Nakajima, Kenichi; Nagaska, Tetsuya

Environmental Science & Technology2014年05月-

DOI

Towards the efficient recycling of alloying elements from End of Life Vehicle steel scrap

Hajime Ohno, Kazuyo Matsubae, Kenichi Nakajima, Yasushi Kondo, Shinichiro Nakamura, and Tetsuya Nagasaka

Resources, Conservation and Recycling100p.11 - 202015年07月-

DOI

Quality- and dilution losses in the recycling of ferrous materials from end-of-life passenger cars: input-output analysis under explicit consideration of scrap quality

Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo, Kazuyo Matsubae, Kenichi Nakajima, Tasaki Tomohiro and Tetsuya Nagasaka

Environmental Science & Technology2012年-

DOI

Hybrid LCA of a Design for Disassembly technology: Active Disassembling Fasteners of Hydrogen Storage Alloys for Home Appliances

Shinichiro Nakamura, and Eiji Yamasue

Environmental Science & Technology44(12)p.4402 - 44082010年06月-

DOI

UPIOM: A New Tool of MFA and Its Application to the Flow of Iron and Steel Associated with Car Production

Nakamura, S., Y Kondo, K Matsubae, K Nakajima, T. Nagasaka

Environmental Science & Technology45p.1114 - 11202010年-

DOI

Identification of the driving force of waste generation using a high-resolution waste input-output table

Meng-I. Liao, Pi-cheng Chen, Hwong-wen Ma, Shinichiro Nakamura

Journal of Cleaner Production94p.294 - 3032015年-

DOI

Forecasting Replacement Demand of Durable Goods and the Induced Secondary Material Flows: A Case Study of Automobiles

Shigemei Kagawa, Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo, Kazuyo Matsubae, and Tetsuya Nagasaka

Journal of Industrial Ecology査読有り19p.10 - 192015年-2015年

DOI

Unintentional Flow of Alloying Elements in Steel during Recycling of End-of-Life Vehicles

Hajime Ohno, Kazuyo Matsubae, Kenichi Nakajima, Shinichiro Nakamura, and Tetsuya Nagasaka

Journal of Industrial Ecology18p.242 - 2532014年01月-

DOI

Thermodynamic Analysis for the Refining Ability of Salt Flux for Aluminum Recycling

Takehito Hiraki, Takahiro Miki, Kenichi Nakajima, Kazuyo Matsubae, Shinichiro Nakamura, and Tetsuya Nagasaka

Materials7p.5543 - 55532014年-

DOI

自動車リサイクルにおける鉄鋼合金のフロー解析

松八重一代 大野肇, 中島謙一, 中村愼一郎, 長坂徹也

ふぇらむ18(12)p.743 - 7472013年12月-

鉄と鋼と産業連関

中村愼一郎

ふぇらむ18(7)p.398 - 4022013年07月-

Simultaneous MFA of nickel, chromium and molybdenum used in alloy steel by means of input-output analysis

Kenichi Nakajima, Hajime Ohno, Yasushi Kondo, Kazuyo Matsubae, Osamu Takeda, Takahiro Miki, Shinichiro Nakamura, and Tetsuya Nagasaka

Environmental Science & Technology47p.4653 - 46602013年-

DOI

The anatomy of capital stock: input-output material flow analysis (MFA) of the material composition of physical stocks and its evolution over time

Kondo, Y., Nakajima, K., Matsubae, K. and Nakamura, S

Revue de Metallurgie109p.293 - 2982012年-

DOI

Thermodynamic analysis of separation of alloying elements in recycling of end-of-life titanium products

X. Lu, T. Hiraki, K. Nakajima, O. Takeda, K. Matsubae, H.-M. Zhu, S. Nakamura, T. Nagasaka

Separation and Purification Technology89p.135 - 1412012年-

DOI

Hybrid Input-Output Analysis as a Tool for Communication Among Scientists of Different Disciplines

Shinichiro Nakamura

Journal of Industrial Ecology15p.661 - 6632011年-

DOI

Identifying the substance flow of metals embedded in Japanese international trade by use of Waste Input-Output Material Flow Analysis (WIO-MFA) model

Kenichi Nakajima, Keisuke Nansai, Kazuyo Matsubae, Yasushi Kondo, Shigemi Kagawa, Rokuta Inaba, Shinichiro Nakamura, Tetsuya Nagasaka

ISIJ International51p.1934 - 19392011年-

DOI

Impacts on CO2 of the recovery of secondary ferrous materials from alternative ELV treatment methods: a Waste Input Output Analysis

Matsubae, K., K. Nakajima, S. Nakamura, and T. Nagasaka

ISIJ International51(1)p.151 - 1572010年-

DOI

Thermodynamic Analysis of Contamination by Alloying Elements in Aluminum Recycling

Nakajima, K., O Takeda, T Miki, K. Matsubae-Yokoyama, S Nakamura and T. Nagasaka

Environmental Science & Technology44p.5594 - 56002010年-

DOI

Material Flow Analysis of Polyvinyl Chloride in Japan based on the WIO-MFA Model

Shinichiro Nakamura, Kenichi Nakajima, Yoshie Yoshizawa, Kazuyo Matsubae-Yokoyama, Tetsuya Nagasaka

Journal of Industrial Ecology13(5)p.706 - 7172009年-

社会基盤素材を介したサブスタンスフロー

松八重一代, 中島謙一, 中村愼一郎, 長坂徹也

廃棄物資源循環学会誌20(5)p.227 - 2362009年-

廃棄物産業連関分析を応用したトップダウン型MFAモデルの開発

中島謙一, 中村愼一郎, 松八重一代,近藤康之, 長坂徹也

廃棄物資源循環学会誌20(5)p.206 - 2112009年-

A hybrid input-output approach to metal production and its application to the introduction of lead-free solders

Shinichiro Nakamura, Shinsuke Murakami, Kenichi Nakajima, Tetsuya Nagasaka

Environmental Science & Technology42(10)p.3843 - 38482008年-

Five Years in the Area of Input-Output and Hybrid LCA

Sangwon Suh and Shinichiro Nakamura

International Journal of LCA12(6)p.351 - 3522007年-

Measuring spatial repercussion effects of regional waste management

Shigemi Kagawa, Shinichiro Nakamura, Hajime Inamura, and Masato Yamada

Resources, Conservation and Recycling51p.141 - 1742007年-

The Waste Input-Output Approach to Material Flow Analysis: Concepts and Application to Base Metals

Shinichiro Nakamura, Kenichi Nakajima, Yasushi Kondo and Tetsuya Nagasaka

Journal of Industrial Ecology11(4)p.50 - 632007年-

A Waste Input-Output Life Cycle Cost Analysis of the Recycling of End-of-life Electrical Home Appliances

Shinichiro NAKAMURA and Yasushi KONDO

Ecological Economics57(3)p.494 - 5062006年05月-

産業連関分析を用いた環境LCC分析

中村愼一郎

日本LCA学会誌2(1)p.15 - 212006年02月-

Hybrid LCC of Appliances with Different Energy Efficiency

Shinichiro Nakamura and Yasushi Kondo

International Journal of Life Cycle Assessment11(5)p.305 - 3142006年-

Waste Input-Output Material Flow Analysis of Metals

Shinichiro Nakamura and Keninci Nakajima

Advancement in Ecomaterials, 7th International Conference on Ecomaterials2p.586 - 5902005年07月-

LCAにおける産業連関分析の可能性と廃棄物産業連関分析

中村愼一郎

産業連関13(2)p.4 - 152005年06月-

廃棄物LCAと産業連関分析

中村愼一郎

日本LCA学会誌1(1)p.29 - 332005年04月-

Waste Input-Output Linear Programming Model with Its Application to Eco-Efficiency Analysis

Yasushi Kondo and Shinichiro Nakamura

Economic Systems Research17(4)p.393 - 4082005年-

Waste Input-Output Material Flow Analysis of Metals in the Japanese Economy

Shinichiro Nakamura and Kenichi Nakajima

Materials Transactions46(12)p.2550 - 25532005年-

Evaluating Alternative Life-Cycle Strategies for Electrical Appliances by the Waste Input-Output Model

Yasushi Kondo and Shinichiro Nakamura

International Journal of Life Cycle Assessment9(4)p.236 - 2462004年-

廃棄物産業連関分析 (WIO) と廃棄物管理最適化

近藤康之 中村愼一郎

電気学会論文誌 C 電子・情報・システム部門誌124-C(10)p.2187 - 21942004年-

Input-Output Analysis of Waste Management

Shinichiro Nakamura and Yasushi Kondo

Journal of Industrial EcologyVol. 6, No.1, pp.39-642002年-

Recycling, landfill consumption, and CO2 emission: analysis by waste input-output model

Shinichiro Nakamura and Yasushi Kondo

Journal of Material Cycles and Waste Management4-1, 2-112002年-

A Nonhomothetic Globally Concave Flexible Cost Function and Its Application to Panel Data

Shinichiro Nakamura

Japanese Economic Review 52(2)p.208 - 2232001年-

Thermal Recycling in a Closed-Loop Society

Journal of Resources and Environment37/5,482-4882001年-

Waste Input-Output Analysis of Disposal, Recycling, and Extended Life

Shinichiro Nakamura and Yasushi Kondo

IEEE Computer Society814-8192001年-

Waste Input-Output Analysis of Disposal, Recycling, and Extended Life of Electric Home Appliances, in Second International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing, Proceedings

IEEE Computer Society814-8192001年-

循環型社会におけるサーマルリサイクル

中村愼一郎

資源環境対策37/5,482-4882001年-

廃棄物処理と再資源化の産業連関分析

廃棄物学会論文誌第11巻2号、pp.84-932000年03月-

Input-Output Analysis of Waste Treatment and Recycling

Journal of the Japan Society of Warte Management Experts11/2,89-932000年-

Inter-relationships between arterial-and venous sectors

Journal of Waste Management Research53/235,200-2052000年-

ライフスタイルと技術と廃棄物の連関分析:シュレッダーダストへの応用

エコデザイン'99ジャパンシンポジウム 東京1999年12月-

動脈部門と静脈部門の相互連関

全国都市清掃会議,神戸市1999年12月-

廃棄物産業連関モデル:広域処理と廃プラスチック高炉還元への応用

第10回廃棄物学会研究発表会1999年10月-

リサイクル産業連関モデル:理論と応用

環境経済・政策学会 1999年大会, 立命館大学1999年09月-

An Extended Input-Output Modeling of the Flow of Waste

Proceedings, Fifth International Symposium on East Asian Recycling Technology 工業技術院, 筑波1999年06月-

廃棄物循環の線形経済モデル

三田学会雑誌92巻2号1999年06月-

Input-Output Analysis of Waste Cycles

理論計量経済学会西部大会, 高松大学1999年04月-

An Interindustry Approach to Analyzing Economic and Environmental Effects of the Recycling of Waste.

Ecological Economics/Elsevier28 (1)1999年02月-

Input-Output Analysis of Waste Cycles

First International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing, Proceedings, IEEE Computer Society, Los Alamitos1999年02月-

A Linear Economic Model of Waste Cycles

Mita Journal of Economics92/2,86-1071999年-

An Interindustry Approach to Analyzing Economic and Environmental Effects of the Recycling of Waste

ECOLOGICAL ECONOMICS28/1,133-1451999年-

An Interindustry Approach to Analyzing Economic and Environmental Effects of the Recycling of Waste

Shinichiro Nakamura

Ecological Economics28(1)p.133 - 1451999年-

線形経済モデルによる廃棄物処理の有効性分析

第9回廃棄物学会研究発表会講演論文集11998年11月-

Total Factor Productivity Growth and Technical Change: : The Japanese Chemical Industry 1968-1987

Memorandum , Department of Economics, School of Economics and Commercial Law, Goeteborg University.No 2441997年11月-

廃棄物循環再利用の経済・環境効果の産業連関分析

第8回廃棄物学会研究発表会講演論文集11997年11月-

The Generalized Ozaki-McFadden Cost Function and its Application to Panel Data

6th Biennial Conference on Panel Data,Amsterdam1997年06月-

An Interindustry Approach to Analyzing Economic and Environmental Effects of the Recycling of Waste

現代政治経済研究所ワーキングペーパーシリーズ97041997年04月-

RATS による産業連関分析

早稲田政治経済学雑誌3291997年01月-

The short-run structure of labor demand and commodity supply ina aputty-clay type model

Waseda Economic Papers351996年10月-

廃棄物リサイクルの産業連関モデル

早稲田政治経済学雑誌3281996年10月-

The Generalized Ozaki-McFadden Cost Function and its Application to Panel Data

現代政治経済研究所 ワーキングペーパー96041996年06月-

A nonohomothetic globally concave cost function with the general indexof technical change and its application to panel data

早稲田大学現代政治経済研究所 ワーキングペーパー95021995年10月-

生産構造の計量分析

創文/創文社3661995年06月-

日独輸送機械及び電気機械産業生産性の分析

早稲田政治経済学雑誌3211995年04月-

An ajustment cost model of long-employment in Japan

Journal of Applied Econometrics8/,175-1941993年-

Explaining Japan and US TFP Difference

Economic Studies Quarterly43/41992年-

Japan's challenge to Canadian manufacturing industries : Productivity growth and level

Economic Studies Quarterly43/41992年-

Productivity in manufacturing industries-Canada, Japan and United State, 1959-1986 : Was the "Productivity Slowdown"reversed?

Canadian Journal of Economics15/3,584-6031992年-

A Nonhomothetic Generalized Leontief Cost Function Based on Pooled Data

The Review of Economics and Statistics72/41990年-

A dynamic model of factor demand with overtime as a variable input and its application to the Japanese electrical machinery industry

Kokumin Keizai Zasshi162/41990年-

Productivity and factor prices as sources of differences in production costs between Japan. Germany and the U. S.

Economic Studies Quarterly40/11989年-

A dynamic multisectoral model of production, investment and prices based on flexible cost functions.

Vierteljahre sheft zur Wirtshaftsforschung41986年-

Analyzing productirity level of transport nachinery and electrical mochinery industries in Japan and Germany

Waseda Journal of Political Science and Economics/322,189-214

The Generalized Ozaki-McFadden Cost Function and its Application to a Pooled Data on the Japanese Chemical Industry

Waseda Economic Papers34

Quantifying recycling and losses of Cr and Ni in steel throughout multiple life cycles using MaTrace-alloy

Shinichiro Nakamura, Yasushi Kondo, Kenichi Nakajima, Hajime Ohno, and Stefan Pauliuk

Environmental Science and Technology査読有り2017年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Hybrid LCA of a Design for Disassembly Technology: Active Disassembling Fasteners of Hydrogen Storage Alloys for Home Appliances

Nakamura, Shinichiro;Yamasue, Eiji

ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY44(12)p.4402 - 44082010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0013-936X

Thermodynamic Analysis of Contamination by Alloying Elements in Aluminum Recycling

Nakajima, Kenichi;Takeda, Osamu;Miki, Takahiro;Matsubae, Kazuyo;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY44(14)p.5594 - 56002010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0013-936X

UPIOM: A New Tool of MFA and Its Application to the Flow of Iron and Steel Associated with Car Production

Nakamura, Shinichiro;Kondo, Yasushi;Matsubae, Kazuyo;Nakajima, Kenichi;Nagasaka, Tetsuya

ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY45(3)p.1114 - 11202011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0013-936X

Impact of the Recovery of Secondary Ferrous Materials from Alternative ELV Treatment Methods on CO2 Emission: A Waste Input Output Analysis

Matsubae, Kazuyo;Nakajima, Kenichi;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

ISIJ INTERNATIONAL51(1)p.151 - 1572011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0915-1559

Role of Motor Vehicle Lifetime Extension in Climate Change Policy

Kagawa, Shigemi;Nansai, Keisuke;Kondo, Yasushi;Hubacek, Klaus;Suh, Sangwon;Minx, Jan;Kudoh, Yuki;Tasaki, Tomohiro;Nakamura, Shinichiro

ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY45(4)p.1184 - 11912011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0013-936X

Thermodynamic criteria for the removal of impurities from end-of-life magnesium alloys by evaporation and flux treatment

Hiraki, Takehito;Takeda, Osamu;Nakajima, Kenichi;Matsubae, Kazuyo;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

SCIENCE AND TECHNOLOGY OF ADVANCED MATERIALS12(3)2011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:1468-6996

Hybrid Input-Output Analysis as a Tool for Communication Among Scientists of Different Disciplines Experiences With Metallurgy and Materials Science

Nakamura, Shinichiro

JOURNAL OF INDUSTRIAL ECOLOGY15(5)p.661 - 6632011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:1088-1980

Identifying the Substance Flow of Metals Embedded in Japanese International Trade by Use of Waste Input-Output Material Flow Analysis (WIO-MFA) Model

Nakajima, Kenichi;Nansai, Keisuke;Matsubae, Kazuyo;Kondo, Yasushi;Kagawa, Shigemi;Inaba, Rokuta;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

ISIJ INTERNATIONAL51(11)p.1934 - 19392011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0915-1559

Quality- and Dilution Losses in the Recycling of Ferrous Materials from End-of-Life Passenger Cars: Input-Output Analysis under Explicit Consideration of Scrap Quality

Nakamura, Shinichiro;Kondo, Yasushi;Matsubae, Kazuyo;Nakajima, Kenichi;Tasaki, Tomohiro;Nagasaka, Tetsuya

ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY46(17)p.9266 - 92732012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0013-936X

Simultaneous Material Flow Analysis of Nickel, Chromium, and Molybdenum Used in Alloy Steel by Means of Input-Output Analysis

Nakajima, Kenichi;Ohno, Hajime;Kondo, Yasushi;Matsubae, Kazuyo;Takeda, Osamu;Miki, Takahiro;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY47(9)p.4653 - 46602013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0013-936X

MaTrace: tracing the fate of materials over time and across products in open-loop recycling.

Nakamura Shinichiro;Kondo Yasushi;Kagawa Shigemi;Matsubae Kazuyo;Nakajima Kenichi;Nagasaka Tetsuya

MaTrace: tracing the fate of materials over time and across products in open-loop recycling.48(13)2014年-2014年

DOI

詳細

ISSN:1520-5851

概要::Even for metals, open-loop recycling is more common than closed-loop recycling due, among other factors, to the degradation of quality in the end-of-life (EoL) phase. Open-loop recycling is subject to loss of functionality of original materials, dissipation in forms that are difficult to recover, and recovered metals might need dilution with primary metals to meet quality requirements. Sustainable management of metal resources calls for the minimization of these losses. Imperative to this is quantitative tracking of the fate of materials across different stages, products, and losses. A new input-output analysis (IO) based model of dynamic material flow analysis (MFA) is presented that can trace the fate of materials over time and across products in open-loop recycling taking explicit consideration of losses and the quality of scrap into account. Application to car steel recovered from EoL vehicles (ELV) showed that after 50 years around 80% of the steel is used in products, mostly buildings and civil engineering (infrastructure), with the rest mostly resided in unrecovered obsolete infrastructure and refinery losses. Sensitivity analysis was conducted to evaluate the effects of changes in product lifespan, and the quality of scrap.

MaTrace: Tracing the Fate of Materials over Time and Across Products in Open-Loop Recycling

Nakamura, Shinichiro;Kondo, Yasushi;Kagawa, Shigemi;Matsubae, Kazuyo;Nakajima, Kenichi;Nagasaka, Tetsuya

ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY48(13)p.7207 - 72142014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0013-936X

Regional distribution and losses of end-of-life steel throughout multiple product life cycles Insights from the global multiregional MaTrace model

Pauliuk, Stefan;Kondo, Yasushi;Nakamura, Shinichiro;Nakajima, Kenichi

RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING116p.84 - 932017年-2017年

DOIWoS

詳細

ISSN:0921-3449

Hybrid LCA of a design for disassembly technology: active disassembling fasteners of hydrogen storage alloys for home appliances.

Nakamura Shinichiro;Yamasue Eiji

Hybrid LCA of a design for disassembly technology: active disassembling fasteners of hydrogen storage alloys for home appliances.44(12)2010年-2010年

DOI

詳細

ISSN:0013-936X

概要::In the current recycling system of end-of-life (EoL) appliances, which is based on shredding, alloying elements tend to end up in the scrap of base metals. The uncontrolled mixing of alloying elements contaminates secondary metals and calls for dilution with primary metals. Active disassembling fastener (ADF) is a design for disassembly (DfD) technology that is expected to solve this problem by significantly reducing the extent of mixing. This paper deals with a life cycle assessment (LCA) based on the waste input-output (WIO) model of an ADF developed using hydrogen storage alloys. Special attention is paid to the issue of dilution of mixed iron scrap using pig iron in an electric arc furnace (EAF). The results for Japanese electrical and electronic appliances indicate superiority of the recycling system based on the ADF over the current system in terms of reduced emissions of CO(2). The superiority of ADF was found to increase with an increase in the requirement for dilution of scrap.

Assessment of soil remediation technologies by comparing health risk reduction and potential impacts using unified index, disability-adjusted life years

Sakaguchi, Iwao;Inoue, Yasushi;Nakamura, Shinichiro;Kojima, Yoshihiro;Sasai, Ryo;Sawada, Kayo;Suzuki, Kenji;Takenaka, Chisato;Katayama, Arata

CLEAN TECHNOLOGIES AND ENVIRONMENTAL POLICY17(6)p.1663 - 16702015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:1618-954X

A waste input-output life cycle cost analysis of the recycling of end-of-life electrical home appliances

NAKAMURA Shinichiro;KONDO Yasushi

Working paper series310p.1 - 26

CiNii

詳細

概要:Life cycle assessment (LCA) enables one to compare the environmental impact of alternative product systems, and identify the one with the least impact. However environmentally sound a product system is however, it cannot be widely introduced into the economy unless it is also economically affordable. Without a wide ranging introduction into the economy, its potential to reduce environmental impact remains unexploited. The aspect of cost is thus of great importance for assessing the economic affordability and hence the economic sustainability of a product system which is found environmentally sound by an LCA. The aspect of cost that maters here is not limited to the conventional one referring to that of manufacturing only, but should be a broader one referring to the life cycle cost that encompasses the use and the end-of-life cost as well. Life cycle costing (LCC) is concerned with the comparison of life cycle costs among alternative product systems. This paper presents a new methodology of LCC, WIO-price model, that builds upon the WIO quantity model, a hybrid LCA tool developed by us that is specially designed for application to waste management (Nakamura and Kondo, 2002). The applicability of the methodology has been illustrated by a case study comparing the LCC of alternative treatment methods of End of Life-Electrical Home Appliances (TV sets, refrigerators, washing machines, and air conditioners), landfilling, intensive recycling that is consistent with Japanese law on the recycling of EL-EHA, and the advanced form of intensive recycling augmented by reuse of components with Design for Disassembling (DfD). In the Japanese recycling law on EL-EHA, the cost of recycling is not internalized in the cost to manufacturers, but is to be paid by final consumers at the time of disposal. The results indicate that internalization of the recycling cost can increase the average price of EHA by less than l%, and that implementation of DfD can be effective in reducing this price increase by a wide margin. Internalization of the recycling cost is thus expected to give a strong incentive to EHA manufacturers to implement Design for Environment strategies including DfD for reducing life cycle costs. Combined with the result that minimization of environmental loads (global warming and landfill) is achieved under the reuse with DfD strategy, it follows that revising the current recycling law to internalize the recycling cost is effective in making environmentally benign strategy economically affordable as well.

WIO-MFAモデルを利用した金属の国際マテリアルフロー分析

中島 謙一;南斉 規介;松八重 一代;中村 愼一郎;長坂 徹也

日本LCA学会研究発表会講演要旨集2010(0)p.83 - 832010年-2010年

CiNii

詳細

概要:近年、リサイクル資源を含めた資源の需給構造、および国際的な物質バランスを定量化するための手法として、マテリアルフロー分析(MFA)が有益とされている。本稿では、WIO-MFAモデルを応用した国際マテリアルフロー分析に関する研究事例として、鉄やアルミニウムを対象元素として取り上げて日本を中心とした国際マテリアルフローを明らかにする。

WIO-MFAによる鉄鋼製品の国際貿易に随伴するCr, Ni, Moフロー解析

大野 肇;松八重 一代;中島 謙一;中村 愼一郎;長坂 徹也

日本LCA学会研究発表会講演要旨集2011(0)p.121 - 1212011年-2011年

CiNii

詳細

概要:我が国は鉄鋼合金元素の一次資源のほぼ全量を海外から輸入している。これらの多くは特殊鋼鋼材に含まれ、最終的に様々な製品に組み込まれ、国内で消費及び蓄積されるか、再び海外へと輸出される。 本研究では、廃棄物産業連関分析に基づくマテリアルフロー分析手法(WIO-MFA)と、貿易統計等から得られる貿易量情報を組み合わせることにより、合金元素の海外を含めた最終需要先を明らかにし、資源有効利用の可能性を検討する。

耐久財の動的廃棄物産業連関分析:乗用車利用の場合

加河 茂美;中村 愼一郎;近藤 康之;松八重 一代;長坂 徹也

日本LCA学会研究発表会講演要旨集2011(0)p.54 - 542011年-2011年

CiNii

詳細

概要:Replacement demand of durable goods such as automobile is not only an important driving force of economic growth but also a key factor in emissions reduction. Considering the future replacement demand largely depend on engineering scrappage reflecting physical wear and tear which increases with products age and/or use (Greenspan and Cohen, 1999), this study proposed a novel method to forecast the replacement demand of durable goods and the life cycle emissions by incorporating product lifetime distributions reflecting the engineering scrappage into the waste input-output analysis (Nakamura and Kondo, 2009).

中山間地域における治水対策に関する研究会-持続可能な地域の在り方に関する検討-

五名 美江;中村 晋一郎;乃田 啓吾;木村 匡臣;渡部 哲史;西原 是良

水文・水資源学会研究発表会要旨集29(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:本研究グループは、森林水文学、農業工学および河川工学分野の若手研究者による議論を重ね、中山間地域の水害に焦点を当て、分野の枠組みを越えた治水計画の在り方について検討することを目的とし設立された。本年度は農業経済学分野の若手研究者にメンバーに加わっていただいた。これまでの活動としては、2013年度に3回、2014年度に7回の勉強会および、2015年度に3回の現地調査を、2009年に大水害が発生した兵庫県佐用町を対象に実施した。第1回調査では、本研究グループの活動内容およびアンケート調査への協力を依頼するため、佐用町役場で定期的に開催されている地域リーダー会議に出席し、趣旨説明を行った。会議後、カウンターパートとなって下さる地域リーダー(大西氏)と出会い、幕山地区の地域づくり協議会の取り組みについて説明を受けた。翌日には、2009年に大水害の影響を強く受けた佐用地区(中心市街)および農家を再び訪ねて、現在の生活および水害後の変化についてヒアリングを実施した。第2回調査では、住民の生活満足度に関するアンケート配布を実施するとともに、カウンターパートの大西氏の案内で幕山地区における中山間地域としての課題について現地調査を実施した。分散分析の結果、地域内における生活満足度に対して、地域差や生活の変化による影響があることが確認された。生活の変化としては、特に職場環境・家族構成の変化の影響が確認できたが、自然災害による満足度との直接的な関係は本アンケート結果では見いだされなかった。職場・家族構成の変化は、地域経済の変化との連動によって引き起こされるものであり、その原因については、さらなる調査・分析が必要といえる。第3回調査では、地域リーダー・自治会長参加のもとワークショップを開催し、佐用町幕山地区における水文学・水資源に関する問題の抽出を行った。その結果、2009年水害以降、「水害」はインシティブな問題となったこと(集落ごとに温度差)、いずれも市民・行政・研究者の協働でしか解決できない問題が多々存在することが明らかになった。今後の展開としては、持続可能な地域の在り方に関する検討には、水害だけでなく水資源全般に関する中山間地域の実態を把握するために、例えば、水資源量とその伝統的水管理法の調査などの実施も視野に入れていく必要性を感じた。

UPIOM: a new tool of MFA and its application to the flow of iron and steel associated with car production.

Nakamura Shinichiro;Kondo Yasushi;Matsubae Kazuyo;Nakajima Kenichi;Nagasaka Tetsuya

UPIOM: a new tool of MFA and its application to the flow of iron and steel associated with car production.45(3)2011年-2011年

DOI

詳細

ISSN:1520-5851

概要::Identification of the flow of materials and substances associated with a product system provides useful information for Life Cycle Analysis (LCA), and contributes to extending the scope of complementarity between LCA and Materials Flow Analysis/Substances Flow Analysis (MFA/SFA), the two major tools of industrial ecology. This paper proposes a new methodology based on input-output analysis for identifying the physical input-output flow of individual materials that is associated with the production of a unit of given product, the unit physical input-output by materials (UPIOM). While the Sankey diagram has been a standard tool for the visualization of MFA/SFA, with an increase in the complexity of the flows under consideration, which will be the case when economy-wide intersectoral flows of materials are involved, the Sankey diagram may become too complex for effective visualization. An alternative way to visually represent material flows is proposed which makes use of triangulation of the flow matrix based on degrees of fabrication. The proposed methodology is applied to the flow of pig iron and iron and steel scrap that are associated with the production of a passenger car in Japan. Its usefulness to identify a specific MFA pattern from the original IO table is demonstrated.

Thermodynamic Considerations of Contamination by Alloying Elements of Remelted End-of-Life Nickel- and Cobalt-Based Superalloys

Lu, Xin; Matsubae, Kazuyo; Nakajima, Kenichi; Nakamura, Shinichiro; Nagasaka, Tetsuya

Metallurgical and Materials Transactions B: Process Metallurgy and Materials Processing Science47(3)p.1785 - 17952016年06月-2016年06月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10735615

概要:© 2016, The Minerals, Metals & Materials Society and ASM International.Cobalt and nickel are high-value commodity metals and are mostly used in the form of highly alloyed materials. The alloying elements used may cause contamination problems during recycling. To ensure maximum resource efficiency, an understanding of the removability of these alloying elements and the controllability of some of the primary alloying elements is essential with respect to the recycling of end-of-life (EoL) nickel- and cobalt-based superalloys by remelting. In this study, the distribution behaviors of approximately 30 elements that are usually present in EoL nickel- and cobalt-based superalloys in the solvent metal (nickel, cobalt, or nickel-cobalt alloy), oxide slag, and gas phases during the remelting were quantitatively evaluated using a thermodynamic approach. The results showed that most of the alloying elements can be removed either in the slag phase or into the gas phase. However, the removal of copper, tin, arsenic, and antimony by remelting is difficult, and they remain as tramp elements during the recycling. On the other hand, the distribution tendencies of iron, molybdenum, and tungsten can be controlled by changing the remelting conditions. To increase the resource efficiency of recycling, preventing contamination by the tramp elements and identifying the alloying compositions of EoL superalloys are significantly essential, which will require the development of efficient prior alloy-sorting systems and advanced separation technologies.

Quantifying Recycling and Losses of Cr and Ni in Steel Throughout Multiple Life Cycles Using MaTrace-Alloy

Nakamura, Shinichiro; Kondo, Yasushi; Nakajima, Kenichi; Ohno, Hajime; Pauliuk, Stefan

Environmental Science and Technology51(17)p.9469 - 94762017年09月-2017年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0013936X

概要:© 2017 American Chemical Society. Alloying metals are indispensable ingredients of high quality alloy steel such as austenitic stainless steel, the cyclical use of which is vital for sustainable resource management. Under the current practice of recycling, however, different metals are likely to be mixed in an uncontrolled manner, resulting in function losses and dissipation of metals with distinctive functions, and in the contamination of recycled steels. The latter could result in dilution loss, if metal scrap needed dilution with virgin iron to reduce the contamination below critical levels. Management of these losses resulting from mixing in repeated recycling of metals requires tracking of metals over multiple life cycles of products with compositional details. A new model (MaTrace-alloy) was developed that tracks the fate of metals embodied in each of products over multiple life cycles of products, involving accumulation, discard, and recycling, with compositional details at the level of both alloys and products. The model was implemented for the flow of Cr and Ni in the Japanese steel cycle involving 27 steel species and 115 final products. It was found that, under a high level of scrap sorting, greater than 70% of the initial functionality of Cr and Ni could be retained over a period of 100 years, whereas under a poor level of sorting, it could plunge to less than 30%, demonstrating the relevance of waste management technology in circular economy policies.

Unintentional Flow of Alloying Elements in Steel during Recycling of End-of-Life Vehicles

Ohno, Hajime;Matsubae, Kazuyo;Nakajima, Kenichi;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

JOURNAL OF INDUSTRIAL ECOLOGY18(2)p.242 - 2532014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1088-1980

Thermodynamic Analysis for the Refining Ability of Salt Flux for Aluminum Recycling

Hiraki, Takehito;Miki, Takahiro;Nakajima, Kenichi;Matsubae, Kazuyo;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

MATERIALS7(8)p.5543 - 55532014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1996-1944

Forecasting Replacement Demand of Durable Goods and the Induced Secondary Material Flows A Case Study of Automobiles

Kagawa, Shigemi;Nakamura, Shinichiro;Kondo, Yasushi;Matsubae, Kazuyo;Nagasaka, Tetsuya

JOURNAL OF INDUSTRIAL ECOLOGY19(1)p.10 - 192015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:1088-1980

Identification of the driving force of waste generation using a high-resolution waste input-output table

Liao, Meng-i;Chen, Pi-cheng;Ma, Hwong-wen;Nakamura, Shinichiro

JOURNAL OF CLEANER PRODUCTION94p.294 - 3032015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0959-6526

Toward the efficient recycling of alloying elements from end of life vehicle steel scrap

Ohno, Hajime;Matsubae, Kazuyo;Nakajima, Kenichi;Kondo, Yasushi;Nakamura, Shinichiro;Nagasaka, Tetsuya

RESOURCES CONSERVATION AND RECYCLING100p.11 - 202015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0921-3449

Optimal Recycling of Steel Scrap and Alloying Elements: Input-Output based Linear Programming Method with Its Application to End-of-Life Vehicles in Japan

Ohno, Hajime; Matsubae, Kazuyo; Nakajima, Kenichi; Kondo, Yasushi; Nakamura, Shinichiro; Fukushima, Yasuhiro; Nagasaka, Tetsuya

Environmental Science and Technology51(22)p.13086 - 130942017年11月-2017年11月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0013936X

概要:© 2017 American Chemical Society. Importance of end-of-life vehicles (ELVs) as an urban mine is expected to grow, as more people in developing countries are experiencing increased standards of living, while the automobiles are increasingly made using high-quality materials to meet stricter environmental and safety requirements. While most materials in ELVs, particularly steel, have been recycled at high rates, quality issues have not been adequately addressed due to the complex use of automobile materials, leading to considerable losses of valuable alloying elements. This study highlights the maximal potential of quality-oriented recycling of ELV steel, by exploring the utilization methods of scrap, sorted by parts, to produce electric-arc-furnace-based crude alloy steel with minimal losses of alloying elements. Using linear programming on the case of Japanese economy in 2005, we found that adoption of parts-based scrap sorting could result in the recovery of around 94-98% of the alloying elements occurring in parts scrap (manganese, chromium, nickel, and molybdenum), which may replace 10% of the virgin sources in electric arc furnace-based crude alloy steel production.

書籍等出版物

Waste Input-Output Analysis: Concepts and Application to Industrial Ecology

Shinichiro Nakamura and Yasushi Kondo

Spinger2009年 02月-

詳細

ISBN:978-1-4020-9901-4

ライフサイクル産業連関分析

中村愼一郎他

早稲田大学出版部2007年 10月-

廃棄物経済学をめざして

中村愼一郎

早稲田大学出版部2002年-

Recycling of electrical home appliances : its impacts on the economy and environment

Electronics Goes Green 2000+, Proceedings2000年-

Adjustments of Employment and Working Hours under Long-term Employment

The Frontier of Research in Japanese Economy, Yuhikaku1993年-

An interindustry translog model of prices and technical change for the West German Economy

Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems1984年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

金属資源利用・散逸時間経路及びその温暖化ガス排出の廃棄物産業連関

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥13520000

研究種別:

廃棄物産業連関分析に基づくマテリアルフロー分析モデルの動学化とその応用

配分額:¥4290000

研究種別:

素材産業をプラットホームとした再生可能エネルギー・資原の創成

配分額:¥3100000

研究種別:

廃棄物循環分析用産業連関表を用いた廃棄物処理費用負担制度の分析

配分額:¥2300000

研究種別:

多元物質フロー解析モデルの開発と随伴元素成分を考慮した鉄鋼リサイクルへの応用

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

希少合金元素の高効率リサイクルを目指した多元物質ストック・フロー解析モデルの開発

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥17290000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

循環型社会に向けた総合的技術開発2001年-2005年

実施形態:共同研究

廃棄物処理の経済分析1996年-2000年

実施形態:共同研究

廃棄物産業連関を用いた廃棄物処理費用分析1999年-2001年

実施形態:受託教育

製品等ライフサイクル二酸化炭素排出実証等技術開発」プロジェクトにおける廃家電処理の評価手法開発2003年-

実施形態:共同研究

サステナビリティ指標としての物質・材料フロー2003年-

学内研究制度

特定課題研究

合金元素動的MFAモデルの開発

2015年度

研究成果概要:これまで,動的MFA に資するモデルMaTrace (Nakamura et. al., Environmental Science & Technology, 2014, 48 (13), pp 7207-7214) を...これまで,動的MFA に資するモデルMaTrace (Nakamura et. al., Environmental Science & Technology, 2014, 48 (13), pp 7207-7214) を開発したが,それはいくつかの弱くない制約条件を受けている。その一つが,使用済み製品から発生するスクラップに対し,常にそれを丁度吸収するだけの需要が存在する仮定である。これは,多くの動的MFA研究において採用されているが,日本が鉄スクラップの輸出国であるといった現実を分析するには適切ではない。この問題に対処するため,MaTraceを廃棄物産業連関(WIO, Nakamura and Kondo, Journal of Industrial Ecology Vol. 6, No.1, pp.39-64, 2002.)の枠組みに入れ,最終需要からのend of life products をWeibull 分布で記述し,製品マテリアル組成をスクラップに変換する転換行列を介すことで製品からスクラップへのマテリアルフローを表現することができた。

ミクロ動学モデルによる生産関数非相似性の研究

1995年度

研究成果概要: 伸縮的でありながら大局的な凹性を持つ一般尾崎 McFadden 費用関数 (GOM) を導出し,これを我が国紙/紙パルプ製造業の企業パネルデータに応用した。この費用関数型はNakamura (1990) による一般尾崎費用関数... 伸縮的でありながら大局的な凹性を持つ一般尾崎 McFadden 費用関数 (GOM) を導出し,これを我が国紙/紙パルプ製造業の企業パネルデータに応用した。この費用関数型はNakamura (1990) による一般尾崎費用関数(GO) に大局的な凹性を付加したものであり,Komiya (1962), Ozaki (1969) 等によって考慮された非線形Leonief固定係数モデルを特殊例として含んでいる。さらに本研究では,パネルデータを用いることから,通常の時間趨勢の代わりにBaltagi-Griffin (1987) による一般的な技術変化指標を用いた。 推定の結果GOMモデルは大局的な凹性を自動的に満たした。更に,スルーツキー行列の対称性も棄却されない。結局,推定されたGOMモデルは積分可能条件を満たしている。比較のためにトランスログモデルも推定したが,観察点の約8パーセントにおいて凹性が満たされていない,と言う結果を得た。GOMモデルの正則域の方がトランスログモデルのそれよりも標本をよく内包すると考えられる。 しかしながら,GOMとトランスログモデルのどちらにおいても相似性は強く棄却された。特に,資本労働比率が生産量の増加とともに増加することが見いだされた。要素制約性に関しては統一的な結果は得られなかった。

ミクロパネルデータを用いた生産関数の形状と生産性変動に関する研究

1996年度

研究成果概要: 筆者が1990年に発表した一般型尾崎費用関数を、これが伸縮性を失うことなく、要素価格について大局的に凹性を満たすように改良した、一般型尾崎-McFadden費用関数を作成した。この関数の実証的挙動を分析するために、紙・パルプ産業... 筆者が1990年に発表した一般型尾崎費用関数を、これが伸縮性を失うことなく、要素価格について大局的に凹性を満たすように改良した、一般型尾崎-McFadden費用関数を作成した。この関数の実証的挙動を分析するために、紙・パルプ産業の企業パネルデータについて推定した。 推定の結果、大局的な凹性は自動的に満たされていた。さらに、スルツキー行列の対称性も棄却されなかった。トランスログ関数を、同じデータについて推定し、挙動を比較した。トランスログ関数を用いると、標本の10%ほどに於いて凹性が満たされなかった。これに対して、非相似性は、一般型尾崎-McFadden、トランスログのどちらを用いても棄却できなかった。 一般型尾崎-McFaddenが、トランスログよりも経済学的に望ましい結果を示しうる例を得た。更に、非相似性が頑健であり関数型に依存しない事を確認した。

廃棄物処理と再利用の産業連関分析

1997年度

研究成果概要:1 従来の産業連関表に、廃棄物発生・処理・循環再利用を加えて拡張するための理論的検討を行った。特に、廃棄物ストックを所与としたときに、その循環再利用と廃棄に関わる環境負荷を求めるための線形模型を作成し、オランダNAMEAデータによ...1 従来の産業連関表に、廃棄物発生・処理・循環再利用を加えて拡張するための理論的検討を行った。特に、廃棄物ストックを所与としたときに、その循環再利用と廃棄に関わる環境負荷を求めるための線形模型を作成し、オランダNAMEAデータによってその挙動を検討した。2 実証モデル作成の準備として、自治体収集ゴミの再資源化率が6割近いという北海道富良野市の現地視察を行った。収集した資料を基に、同市についての廃棄物発生・循環再利用・廃棄処分の流れを記述する廃棄物勘定を、前出拡張産業連関模型の応用する形で作成する事を試みた。3 廃棄物発生・循環再利用を含む生産模型においては、Georgescu-Roegen・鷲田豊明等の指摘した「資源散逸条件」を適切に考慮する事が重要である。特に、鷲田が線形模型について導出した条件を、廃棄物を含有資源量ではなくて総量で計測した場合について導出し、鷲田模型との理論的関連を明確にした。研究成果の発表An Interindustry Approach to Analyzing Economic and Environmental Effects of the Recycling of Waste, Ecological Economics, Elsevier,受理済み

廃棄物循環再利用多部門線形モデルにおける資源散逸条件の理論的実証的分析

1998年度

研究成果概要: 理論的分析:①再資源化を含む生産モデルにおいて重要な資源散逸条件(鷲田豊明・Georgescu-Roegen)を線形多部門モデルについて導出した。②複数の廃棄物及び廃棄物処理過程と再資源化過程を整合的に記述する産業連関形式の廃棄... 理論的分析:①再資源化を含む生産モデルにおいて重要な資源散逸条件(鷲田豊明・Georgescu-Roegen)を線形多部門モデルについて導出した。②複数の廃棄物及び廃棄物処理過程と再資源化過程を整合的に記述する産業連関形式の廃棄物循環勘定体系を開発した。③この勘定体系に依拠した分析用線形モデルを導出した。①では鷲田豊明の結果を拡張し、②ではオランダ統計局が進めている NAMEA の簡略形と見なされる勘定体系を得た、③では、従来、不等式を含む線形計画法として解かざるを得なかった問題を、廃棄物適正処理情報から得られる変換係数を用いて等式体系として解けることを示した。 実証的分析:①全国一の一般廃棄物の再資源化率を誇る北海道のF市について聞き取り・視察を行い、同市についての廃棄物循環勘定を作成し、拡張産業連関モデルを推定し、堆肥化とRDF化を中心とする同市の廃棄物処理政策を埋立処分場への負荷と化石燃料消費の観点から評価した。F市廃棄物政策の際だった特徴は可燃ごみの再資源化にあるので、分析対象を可燃ごみに限定した。1996年の排出割合をコントロールとし、排出割合について以下の三シナリオを想定した1 [シナリオ 1: 再資源化無し] 全ての可燃ごみは焼却される2 [シナリオ 2: RDFのみ] RDFの割合はコントロールと同じだが、それ以外は全て焼却される3 [シナリオ 3: 有機肥料のみ]有機肥料のの割合はコントロールと同じだが、それ以外は全て焼却される再資源化を全く行わず[シナリオ1] "全量単純焼却 → 焼却灰埋立" とすると、単純焼却量は 132% 増加し埋立処分量も26%増加する。生ゴミを単純焼却しRDFのみ生産する[シナリオ2]場合、単純焼却量は89%増加し埋立は28%増加する。これに対してRDFごみを単純焼却し有機肥料のみ生産する[シナリオ3]場合には、焼却量が43%増加するのに対して、埋立量は微減する(RDF を生産しない方が埋立が微減するのは、RDF生産による他部門への生産誘発を通じる埋立誘発が微減するためと考えられるが、僅かな値なので無視する)。すなわち、再資源化を一切行わないと焼却量は約2.3倍に増えるが、その約7割は生ごみの再資源化を行わないために生じる。生ごみからの有機肥料生産は、埋立処分の減量対策として極めて有効に機能しているのである。 次に、RDFについてのエネルギー的な有効性を検討する。エネルギー投入の尺度として、各シナリオの下で誘発される石油・石炭製品と電力の生産額合計を用いた。F市の焼却炉では助燃が行われていないので、投入ベクトルにおけるエネルギー投入が焼却量に比例するとは考えにくい。従って、エネルギー必要量から焼却量の増加に比例する部分を除いた方が適当であると考えられるので、表の数値は焼却に関する部分を除いている。エネルギー投入は再資源化を全く行わない[シナリオ1]と0.006%と僅かではあるが減少する。しかし、RDFに限定すると[シナリオ2]エネルギー投入は0.07%減少する事から、RDF事業が少なくともエネルギー的に有効であることがわかる。この意味で、F市のRDF化事業は廃棄物処理事業ではなくて生産事業である。この結果は、工学的な見地から廃棄物処理関連部門に限定してRDFのエネルギー分析を行った金贏載、松藤敏彦、田中信寿(1995)の結果と整合的である。

廃棄物循環分析用IO表の推定とゼロエミッション化の分析

2000年度

研究成果概要: 財の生産と消費は不可避的に廃棄物を発生させる。静脈部門で適正処理・処分を経た廃棄物は、最終的に「環境負荷因子」として環境に放出される。静脈部門はその活動のために動脈部門からの財投入を必要とするが、一方で、それ自身廃棄物を発生させ... 財の生産と消費は不可避的に廃棄物を発生させる。静脈部門で適正処理・処分を経た廃棄物は、最終的に「環境負荷因子」として環境に放出される。静脈部門はその活動のために動脈部門からの財投入を必要とするが、一方で、それ自身廃棄物を発生させる。又、廃棄物再資源化は静脈から動脈への財供給である。動脈部門と静脈部門との間の財と廃棄物の循環を巡る、投入・産出・排出・処理・処分の相互依存関係を数量的に把握する分析装置として「廃棄物産業連関勘定及びモデル」を開発した。廃棄物産業連関の概念を既存研究との関連も含めて明確にし、理論的展開方向をで示した。全国表の推定作業を通じて各種統計資料からの廃棄物産業連関表の推定方法のマニュアル化を行い、Excelをインターフェースとして用いる廃棄物産業連関モデルのMATLABシステムを開発している。平成7年度の我が国公表産業連関表等を用いて、60産業部門、24種類の廃棄物、及び破砕・焼却から溶融・埋立までの廃棄物処理・処分部門からなる全国規模の廃棄物産業連関表モデルを推定した。応用として、広域化による集中処理・ごみ発電、廃プラスチックの高炉還元利用等が、産業生産活動・最終処分量・二酸化炭素排出量に及ぼす効果を評価検討した持続的経済社会の実現を目指す廃棄物管理政策にあっては、動脈と静脈の連関を考慮した全体的な環境負荷軽減を計ることが必要である。廃棄物産業連関は、中村者がこの目的に資するために独自に開発した物で、廃棄物発生のみならず廃棄物変換過程としての廃棄物処理と再資源化・処理に伴う動脈との連関を明示的に扱っている点、及び廃棄物処理に関して工学的モデルを入れ子の形で用いている点において、類似研究であるレオンチェフの公害除去産業連関モデル(及びその発展型)やSNAに基づく環境・経済統合勘定NAMEAと比較して大きな特色がある。

廃棄物地域産業連関最適化モデルの開発

2002年度共同研究者:栗山 浩一

研究成果概要:これまでに筆者らは,伝統的な産業連関表・モデルを廃棄物管理諸策の分析に適用可能なように拡張した廃棄物産業連関表・モデルを開発してきた。 また,シナリオ分析の方法により,環境・経済への影響評価についての 定量分析 (LCA) を行っ...これまでに筆者らは,伝統的な産業連関表・モデルを廃棄物管理諸策の分析に適用可能なように拡張した廃棄物産業連関表・モデルを開発してきた。 また,シナリオ分析の方法により,環境・経済への影響評価についての 定量分析 (LCA) を行ってきた。この分析モデルを最適化問題のかたちへと拡張し,「最適な」廃棄物管理策探索の枠組みを提供することを主目的とする。 固定投入・排出係数を前提とすると,これまでの廃棄物産業連関分析モデルは線形方程式系として表現される。 解の一意性確保のためには,生産物 (変数) と生産技術 (係数行列の列) とが 一対一に対応しなければならない。 したがって,廃棄物処理・再資源化等の代替的技術の導入は 別の係数行列として表現され,新たに方程式系を解く必要が生じる.モデルを線型方程式系から線形計画問題へと拡張することで, この煩雑さを解消し,シナリオ選択における恣意性を排除することが出来る。 加えて,政策目標に即した目的関数 (例えば,最終処分場消費最小化) を設定することで,「最適な」廃棄物管理計画の策定が可能となる。最適な」廃棄物管理計画探索の枠組みを提供するだけでなく, 既存モデルでは困難であったシナリオ (温暖化ガス排出量削減目標など) が 自然なかたちで容易に導入可能となった。応用事例として,筆者らが開発した廃棄物産業連関表データを用い,厨芥のメタンガス化発電(残渣は堆肥利用),廃プラスチックの高炉還元利用,および焼却の広域化を選択しとし,目的関数としてCO2および最終処分場消費量を設定した分析を行った。埋立容量は最大で25%削減可能であり,その場合,CO2 も0.9% 削減される。CO2は最大で 1.9% 削減できるが,最終処分場消費削減を優先すると 0.9%しか削減されない。その一方で,CO2は最大で 1.9%削減できるが,その場合,埋立容量は7%以上増加してしまう。埋立容量削減を優先しても CO2排出が基準値より増加することはない。しかし,逆に CO2排出削減を優先すると埋立容量が増加してしまう,という意味で相反関係(トレードオフ)の存在が見いだされた。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎演習 44政治経済学部2020春学期
産業エコロジー 01政治経済学部2020秋学期
プレ経済学演習 (中村愼一郎)政治経済学部2020冬クォーター
経済学演習 I (中村愼一郎)政治経済学部2020春学期
経済学演習 II (中村愼一郎)政治経済学部2020秋学期
経済学演習 III (中村愼一郎)政治経済学部2020春学期
経済学演習 IV (中村愼一郎)政治経済学部2020秋学期
経済学演習論文 (中村愼一郎)政治経済学部2020春学期
経済学演習論文 (中村愼一郎)政治経済学部2020秋学期
Industrial Ecology 01政治経済学部2020春学期
Hybrid input-output analysis in Industrial Ecology(Nakamura, S)大学院経済学研究科2020秋学期
産業エコロジー研究指導A(中村愼一郎)大学院経済学研究科2020春学期
産業エコロジー研究指導B(中村愼一郎)大学院経済学研究科2020秋学期
産業エコロジー(中村愼一郎)大学院経済学研究科2020秋学期
Research Seminar on Industrial Ecology and Econometrics B(Kondo, Y/Nakamura, S)大学院経済学研究科2020秋学期
産業エコロジー研究指導(演習)A(中村慎一郎)大学院経済学研究科2020春学期
産業エコロジー研究指導(演習)B(中村慎一郎)大学院経済学研究科2020秋学期

教育内容・方法の工夫

Erasmus Mundus MS Programme on Industrial Ecology, MIND

2011年08月-

詳細

概要:コンソーシアム形成当初から参加,早稲田の mobile partnerとしての参加を実現