氏名

ヒオノ ユウイチ

日尾野 裕一

職名

講師(任期付)

所属

(文化構想学部)

本属以外の学内所属

学内研究所等

ヨーロッパ文明史研究所

研究所員 2017年-2018年

ヨーロッパ文明史研究所

研究所員 2018年-

学内研究制度

特定課題研究

産業革命期イギリスの鉄輸入業と製鉄業における相互利害:軍艦建造用鉄納入を巡って

2017年度

研究成果概要: 産業革命期の初期に当たる七年戦争期及びその戦後における海軍の軍艦建造用鉄納入状況と、調達方法、その物資に対する評価を研究の対象とした。この時期の海軍は、17世紀以来造船用鉄として重要な地位を占めていたスウェーデン産鉄を重要な物資... 産業革命期の初期に当たる七年戦争期及びその戦後における海軍の軍艦建造用鉄納入状況と、調達方法、その物資に対する評価を研究の対象とした。この時期の海軍は、17世紀以来造船用鉄として重要な地位を占めていたスウェーデン産鉄を重要な物資と位置づけ、スペイン産鉄、ロシア産鉄を補助的に利用していたことが海軍関係史料から明らかとなった。一方で、コークス製鉄法は18世紀初頭に発明されてはいたものの、1760年代のブリテン産鉄生産量は多いものではなく、海軍に利用されてはいなかった。しかし、「国産」という観点では、北米植民地で生産された鉄が1760年代以降、造船用物資として次第に海軍に購入されていた。海軍はこの物資に一定の評価を与え、少量ではありながらも継続的に調達を行っていく。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
必修基礎演習 25文化構想学部2019春学期
文化構想学部 選択基礎演習 9文化構想学部2019秋学期
近代イギリス帝国のネットワーク:ヒト、モノ、情報の移動と帝国文化構想学部2019春学期
近代イギリス帝国のネットワーク:ヒト、モノ、情報の移動と帝国文学部2019春学期
近代ヨーロッパと海:地中海から太平洋まで文化構想学部2019秋学期
近代ヨーロッパと海:地中海から太平洋まで文学部2019秋学期
社会構築論系演習(社会構造論8)文化構想学部2019春学期
社会構築論系演習(社会構造論15)文化構想学部2019秋学期