氏名

タカタ ショウゾウ

高田 祥三

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0030111/)

所属

(創造理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
takata@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8555新宿区 大久保3-4-1 
電話番号
03-5286-3299
fax番号
03-3202-2543

URL等

WebページURL

http://www.takata.mgmt.waseda.ac.jp

http://www.takata.mgmt.waseda.ac.jp/index-j.html

研究者番号
50120340

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ライフサイクルマネジメント研究所

プロジェクト研究所所長 2002年-2005年

ライフサイクルマネジメント研究所

プロジェクト研究所所長 2005年-2009年

価値創造マネジメント研究所

プロジェクト研究所所長 2010年-2014年

価値創造マネジメント研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

理工学総合研究センター

兼任研究員 1992年-2006年

学歴・学位

学歴

-1972年 東京大学 工学部 精密機械工学科卒業
-1978年 東京大学 工学系研究科 精密機械工学専門課程博士課程修了

学位

工学博士 課程 東京大学 生産工学・加工学

経歴

1978年-1980年東洋大学工学部機械工学科 専任講師
1980年-1990年東洋大学工学部機械工学科 助教授
1990年-1992年大阪大学工学部電子制御機械工学科 助教授

所属学協会

精密工学会

日本機械学会

計測自動制御学会

日本経営工学会

日本設備管理学会

人工知能学会

CIRP (The International Academy for Production Engineering)

ASME (American Society of Mechanical Engineers)

SME (Society of Manufacturing Engineers)

委員歴・役員歴(学外)

2016年-ASTM InternationalMember of Editorial Board (Journal of Smart and Sustiainable Manufactueing Systems)
2009年-2014年CIRP (The International Academy for Production Engineering)Member of Editorial Committee
2010年-2013年CIRP (The International Academy for Production Engineering)Member of Council
1998年-2000年㈶製造科学技術センターFA国際標準化委員会委員
1995年-2004年㈶製造科学技術センターISO/TC184/SC5/WG1国内対策委員会委員
2004年-㈶製造科学技術センターISO/TC184/SC5 /WG7 国内対策委員会委員長
1996年-2000年㈶製造科学技術センターオープンコントローラ専門委員会委員長
2006年-㈶製造科学技術センター環境評価手法に関する国際標準化案製作委員会委員
2006年-2010年㈶製造科学技術センター産業オートメーション標準化推進委員会委員
2012年-2013年㈶製造科学技術センター生産システム環境評価手法委員会委員
2011年-2014年経済産業省日本工業標準調査会産業オートメーション技術専門委員会委員長
2014年-経済産業省日本工業標準調査会標準第一部会委員
2014年-経済産業省日本工業標準調査会産業機械技術専門委員会委員長
2014年-㈳日本鉄道車両機械技術協会 顧問
2002年-2003年㈳日本鉄道車両機械技術協会 機械設備メンテナンス委員会委員長
2004年-2005年㈶エンジニアリング振興協会メンテナンス情報高度活用技術開発委員会副委員長
1993年-㈳日本プラントメンテナンス協会TPM優秀賞審査委員
2004年-2008年㈳産業環境管理協会LCAフォーラム運営委員会
2003年-㈶日本LPガス器機検査協会マネジメントシステム審査登録委員会委員長
2010年-㈳科学技術と経済の会ライフサイクルメンテナンス研究会委員長

取材ガイド

カテゴリー
工学
専門分野
ライフサイクルエンジニアリング、メンテナンス工学、生産システム工学
自己紹介コメント
循環調和型生産の実現を目指した,製品・設備ライフサイクルの設計と運用に関する研究を行っている。特に,製品・設備ライフサイクルのコンピュータ内モデルに基づくシミュレーションにより,リユース,リサイクル,メンテナンス等の効果を評価する技術の開発を得意としている。また,生産設備などのモニタリングデータの解析に基づく製品品質向上や設備状態の診断,さらには,サプライチェーンのリスク管理なども手掛けている。
キーワード
環境調和型生産、メンテナンスマネジメント、環境調和型製品サービスシステム

研究分野

キーワード

環境調和型生産,メンテナンスマネジメント,環境調和型製品サービスシステム

科研費分類

複合領域 / 社会・安全システム科学 / 社会システム工学・安全システム

共同研究希望テーマ

ライフサイクルメンテナンスシステム(メンテナンスデータの分析と活用・メンテナンス計画・最適更新計画)

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

環境調和型生産のための循環マネジメント(リユース計画・グローバル循環計画・循環効果評価のためのライフサイクルシミュレーション)

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

環境調和型プロダクト・サービスステムの設計評価

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

IoT技術に基づく製造工程の診断 

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究

論文

Simulation System as a Tool for Improving Material Flow Management in Circular Manufacturing

K. Asai, D. Nishida, S. Takata

Proceedings of the 11th International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing査読有り2019年11月-2019年11月 

Life cycle simulation system as an evaluation platform for multitiered circular manufacturing systems

S. Takata, K. Suemasu, K. Asai

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り68p.21 - 242019年-

DOI

詳細

概要:A life cycle simulation (LCS) is a powerful tool for evaluating the life cycle scenarios of circular manufacturing. Although many LCSs have been developed so far, they were specific to particular scenarios and products. Therefore, we developed a general-purpose LCS system that can be used to evaluate various life cycle scenarios including multiple circulation paths such as closed-loop and cascade reuse and recycling. This system is useful for developing effective circular manufacturing systems with proper life cycle options. We applied it to a closed-loop and cascade reuse of lithium-ion batteries of electric vehicles in order to demonstrate its effectiveness.

Selecting the Optimum Inspection Method for Preventive Maintenance

N. Kuboki, S. Takata

Procedia CIRP査読有り80p.512 - 5172019年-

DOI

詳細

概要:Abstract With technological advances, our lives have become increasingly dependent on various facilities. It is important to detect deterioration or failure symptoms using inspection or monitoring devices for enabling preventive maintenance to keep them working. For this purpose, it is necessary to select the proper inspection method to detect deterioration and failure symptoms of each equipment item. In this paper, we propose a systematic method to determine the optimum combination of inspection methods to minimize the sum of inspection costs and the losses due to equipment failure considering the detection capability of both humans and inspection or monitoring devices. The proposed method was applied to the equipment in a distribution center to demonstrate its effectiveness. © 2019 The Authors. Published by Elsevier B.V. This is an open access article under the CC BY-NC-ND license (http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/3.0/) Peer-review under responsibility of the scientific committee of the 26th CIRP Life Cycle Engineering (LCE) Conference. Keywords: inspetion method; preventive maintenance; inspection and monitoring devices; causal relation; Genetic Altgorithm

Process-independent workstation layout for lean automation

K. Shigematsu, Y. Yamazaki, S. Kato, F. Kojima, S. Takata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り67p.475 - 4782018年08月-2018年08月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:Owing to increasing labor costs, manufacturing companies have placed importance on the implementation of inexpensive automation systems, especially in developing countries. In response to such requirements, we have proposed a lean automation system, wherein the waiting time of the material handling equipment is reduced. This is achieved by grouping the operations and allocating equipment to each operation group. With this design method, the workstations are not necessarily arranged in the order of the process sequence. In this study, we propose a method for optimizing the workstation layout to reduce the equipment transfer distance and to decrease the cost of equipment for each product. To verify the effectiveness of the proposed lean automation system, the method developed herein is applied to an electric engine control unit assembly line.

リーンオートメーションのためのマテリアルハンドリングシステム設計法

山崎 康彦,重松 研太,翁 嘉華,小島 史夫,髙田 祥三

日本機械学会論文集査読有り84(862)p.p. 17-005332018年-2018年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Design method of material handling systems for lean automation-Integrating equipment for reducing wasted waiting time

Yamazaki, Y.; Shigematsu, K.; Kato, S.; Kojima, F.; Onari, H.; Takata, S.

CIRP Annals - Manufacturing Technology2017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00078506

概要:© 2017.The production systems of today are required to meet changing market conditions. To date, most conventional flexible systems depend on human flexibility. However, the demand for flexible automation systems is increasing owing to rising labor costs and quality requirements, even in emerging countries. To implement automation systems in the unpredictable market, cost reduction is essential to reduce the investment risk. However, there is no systematic design method for reducing the cost of automation systems. In this study, we propose a new design method wherein the waiting time of material handling equipment is reduced by allocating multiple operations to the equipment.

Continuous Improvement of Criteria for Condition-based Maintenance by Means of Effects Evaluation of Treatments

Morimoto, Akihiro; Sato, Yusuke; Takata, Shozo

Procedia CIRP61p.293 - 2982017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:22128271

概要:© 2017 The Authors.With the advancement of sensor and network technologies, condition-based maintenance (CBM) is applied to various industrial equipment. In particular, mechatronics systems are suitable for CBM because of the sensors equipped in the systems. However, criteria for executing preventive maintenance should be properly determined by considering the tradeoff relations between false detections and oversights of symptoms, because the data from the sensors does not directly represent the component deterioration. In our previous paper, we proposed a method for determining the optimal criteria based on operation and maintenance data before applying CBM. This paper proposes a method to improve the criteria based on the data obtained while CBM is implemented. The method is applied to automatic ticket gates for verifying its effectiveness.

A method of selecting customer-oriented service and delivery modes in designing environmentally benign product service systems

Y. Dairokuno, J. Matsumura, S. Takata

Sustainability Through Innovation in Product Life Cycle Design査読有りp.343 - 3502017年-2017年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)ISSN:978-981-10-0469-8

概要:The increasing seriousness of environmental problems is forcing manufacturing companies to make their businesses sustainable. We propose a design method for environmentally benign (ePSS) business, in which the provider offers products through a combination of services, delivery modes, and life cycle options. This business type can meet customer needs while enabling the implementation of delivery modes and life cycle options requiring a group of customers. The method is verified via application to managed document services.

Determination of optimum criteria for condition-based maintenance of automatic ticket gates using remote monitoring data

Y. Sato, A Morimoto, S. Takata

Procedia CIRP査読有り59p.190 - 1952017年-2017年

DOIScopusWoS

詳細

ISSN:22128271

概要:© 2017 The Authors.Condition-based maintenance is effective in improving availability by preventing failure occurrences, especially in the case where the lives of equipment or components are unstable because of varying operating and environmental conditions. However, failure symptoms are not necessarily detected by monitoring systems in an accurate manner. In such cases, we need to determine the proper criteria for the effective execution of preventive maintenance to minimize the total effects, which include both the effects of successful preventive maintenance and those of unsuccessful ones. This paper proposes a method to determine the optimum criteria for executing the preventive maintenance of the mechatronics equipment. The error messages generated from the sensor signals do not have one-to-one correspondence with the component deterioration and failures because the mechatronics equipment usually use sensors, which are equipped for control purposes, to monitoring the failure symptoms. Therefore, we need to devise the method to relate the error messages with the deterioration and failures. We propose a four-step procedure for this purpose, in which a structural and functional analysis is integrated with a history data analysis. The proposed methods are applied to the automatic ticket gates installed in the train stations in Japan to verify their effectiveness.

片道利用と相乗りを考慮したカーシェアリングビジネスの設計

堀川 将芳;高田 祥三

精密工学会学術講演会講演論文集2017(0)p.913 - 9142017年-2017年

CiNii

詳細

概要:環境問題対策の一貫として,カーシェアリングの普及が注目されている.しかし,現状のカーシェアリングでは,自動車を好きなときに利用できないことや,片道利用の移動が難しいといったユーザの利便性が十分に満足されない問題がある.本研究では,片道利用の導入に加えて,相乗りを導入することで,片道利用にともなう自動車の偏在の問題を緩和し,自動車の稼働率増加の効果を持つカーシェアリングビジネスを設計する.

事業系ノートPCの管理回収によるモジュール組合せリマニュファクチャリング法

松林 真也;高田 祥三

精密工学会学術講演会講演論文集2017(0)p.889 - 8902017年-2017年

CiNii

詳細

概要:事業系ノートPCのリユースは,回収製品の量や質がばらつくことから,必ずしも適切に行われていない.本研究では,この問題を解決するために,製品を一定周期で回収してくる管理回収に基づいたリユースシナリオを検討する.複数オフィス内にあるPCを対象に,ユーザごとの製品の回収周期と提供する製品のモジュール組合せを最適化することで,効果的なリユースが可能になることを示す.

自動化生産設備の良品製造条件設定のためのモニタリングデータ解析

鈴木 拓哉;藤島 健太;高田 祥三;大澤 拓也;井上 徳幸;榊原 裕司

精密工学会学術講演会講演論文集2017(0)p.893 - 8942017年-2017年

CiNii

詳細

概要:自動化設備の高稼働率運用は熟練作業者の経験に基づく設備の調整に支えられているが,それらの方法は必ずしも形式知化されていない.本研究では,アルミダイカストマシンを例にとり,自動化生産設備の運転条件および設備状態の調整による良品製造条件の設定方法を提案することを目的として,設備の稼働状況のモニタリングデータと鋳巣の分布状態を解析した結果を報告する.

Determination of optimum criteria for condition-based maintenance of automatic ticket gates using remote monitoring data

Y. Sato, A Morimoto, S. Takata

Procedia CIRP査読有り59p.190 - 1952016年11月-2016年11月 

Continuous maintenance and the future - Foundations and technological challenges

Roy, R.; Stark, R.; Tracht, K.; Takata, S.; Mori, M.

CIRP Annals - Manufacturing Technology2016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00078506

概要:© 2016 The Authors.High value and long life products require continuous maintenance throughout their life cycle to achieve required performance with optimum through-life cost. This paper presents foundations and technologies required to offer the maintenance service. Component and system level degradation science, assessment and modelling along with life cycle 'big data' analytics are the two most important knowledge and skill base required for the continuous maintenance. Advanced computing and visualisation technologies will improve efficiency of the maintenance and reduce through-life cost of the product. Future of continuous maintenance within the Industry 4.0 context also identifies the role of IoT, standards and cyber security.

Service Selection Method for Facilitating Life Cycle Options in Environmentally Benign Product and Service Business

Matsumura, Juri; Dairokuno, Yutaka; Takata, Shozo

Procedia CIRP48p.90 - 952016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:22128271

概要:© 2016 The Authors.Designing environmentally benign businesses requires the selection of an appropriate combination of services that can facilitate life cycle options (LCOPs), reduce the environmental load, and satisfy user needs. This study proposes a method of identifying services for facilitating the effectiveness of LCOPs and combining them with those identified based on user needs. The effectiveness of the proposed method is demonstrated by applying it to a managed document service.

Condition based renewal and maintenance integrated planning

Iijima, Hiroki; Takata, Shozo

CIRP Annals - Manufacturing Technology2016年-2016年

DOIScopus

詳細

ISSN:00078506

概要:© 2016 CIRP.From the perspective of facility life cycle management, timely renewal and appropriate maintenance are important to minimizing life cycle cost and environmental loads. To determine whether a system should be renewed or the components replaced or repaired, we need to assess the condition and residual life of the items. This paper proposes a method for selecting the optimal treatment from among the following options: doing nothing, component replacement, and system renewal. This method takes into consideration the facility conditions and operation status identified through monitoring data, as well as the operation and maintenance history. The method was verified by application to the multi-split-type air-conditioning system of a commercial building.

Service Selection Method for Facilitating Life Cycle Options in Environmentally Benign Product and Service Business

Juri Matsumura, Yutaka Dairokunoa, Shozo Takata

Proc. of 23rd CIRP-LCE査読有りp.90 - 952016年-2016年

DOI

Service Selection Method for Facilitating Life Cycle Options in Environmentally Benign Product and Service Business

J. Matsumura, Y. Dairokuno, S. Takata

Procedia CIRP, Vol.48.査読有りp.90 - 952016年-2016年

WoS

詳細

概要:The 23rd CIRP Conference on Life Cycle Engineering

Lean Automation System Responding to the Changing Market

Y. Yamazaki, S. Takata, H. Onari, F. Kojima, S. Kato

Procedia CIRP査読有り57p.201 - 2062016年-2016年

WoS

モニタリングデータに基づくメカトロ機器の予防保全実施基準の決定法

佐藤 雄介;森本 晃弘;高田 祥三

精密工学会学術講演会講演論文集2016(0)p.381 - 3822016年-2016年

CiNii

詳細

概要:最近設備のリモートメンテナンスの構築が進められているが,課題として特にメカトロニクス機器の場合は,運転制御用のセンサが用いられているため,監視データが直接故障と対応しないことがある.本研究では運転制御用センサから得られるデータに対して適切な予防保全実施基準を決定する方法を提案し,またその手法を自動改札機に適用しその効果を確認する.

センサデータに基づくメカトロ機器の予防保全の効果評価と改善法

森本 晃弘;佐藤 雄介;高田 祥三

精密工学会学術講演会講演論文集2016(0)p.383 - 3842016年-2016年

CiNii

詳細

概要:メカトロ機器では,モニタリングデータに閾値を設定し異常状態を検知することにより,予防保全を実施する方法が多く採用されている.しかし,実施した予防保全の効果が十分評価されていないために,設定されている閾値の妥当性が分からず不適切な予防保全が行われる場合もある.本研究では,保全実施記録とモニタリングデータの推移から予防保全の実施効果を評価する方法と,それに基づく閾値の改善方法を示す.

Module-based Renewal Planning of Energy Using Products for Reducing Environmental Load and Life Cycle Cost

H. Iijima, S. Takata

The 22nd CIRP Conference on Life Cycle Engineering, Procedia CIRP査読有りVol.29p.162 - 1672015年05月-2015年05月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:For products whose environmental load during operation is significant, frequent product renewal could be a better option over the life cycle than longer use with intensive maintenance. However, such frequent renewal could result in an excess consumption of resources. To address such a problem, we propose the concept of module-based renewal in which only the modules that mainly contribute to the energy consumption are replaced. The concept is applied to the air-conditioning system of a commercial building to illustrate the effectiveness of such an approach. The results of a life cycle simulation show that module-based renewal is superior to whole renewal in terms of environmental load, resource consumption, and life cycle cost.

Maintenance-centered Circular Manufacturing

S. Takata

The 2nd International Through-life Engineering Services Conference, Procedia CIRP査読有り11p.23 - 312013年11月-2013年11月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:In the light of the growing problems of resource availability and environmental damage, it is indispensable to make best use of artifacts. For this purpose, maintenance and reuse are the most effective life cycle options. Maintenance and reuse are aimed at exhausting lives of artifacts, and use similar technologies such as condition diagnosis and restoration technologies. On the basis of this recognition, we reconsider the architecture of circular manufacturing and propose a concept of maintenance-centered circular manufacturing (MCCM), in which we do not discriminate between newly produced products and reused products as far as they can satisfy user requirements. As important issues in MCCM management, we discuss maintenance and reuse management from the aspect of operations and maintenance integration, and matching of the original use and the subsequent use. We also present maintenance and reuse management cases taking examples of the direct desulfurization facility at an oil refinery plant and the valve actuators of air-conditioning units.

Module Reconfiguration Management for Circular Factories without Discriminating between Virgin and Reused Products

K. Urano, S. Takata

Proc. of the 20th CIRP Conference on Life Cycle Engineering査読有りp.603 - 6082013年04月-2013年04月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:In the face of worsening environmental problems, the manufacturing industry is required to reduce environmental loads and resource consumption over product life cycles while also responding to diverse user needs and not increasing costs. In this paper, we consider a circular factory in which remanufacturing is carried out not as an auxiliary means but as an alternative to conventional manufacturing. In the circular factory, products are reconfigured using reused modules extracted from returned products and newly produced modules without discriminating between virgin and reused products. We discuss the optimal method to reconfigure modules in order to reduce costs and environmental load while satisfying various user needs. The proposed reconfiguration method is applied to copy machines to demonstrate its effectiveness.

BOM based supply chain risk management

Takata, Shozo;Yamanaka, Masato

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り62(1)p.479 - 4822013年-2013年

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0007-8506

概要:Although the application of supply chain management to reduce various losses increases the efficiency of supply chains, it decreases their robustness. Nowadays, supply chains involve risks such as natural disasters and system failures. Therefore, it is essential to both evaluate the risk and devise countermeasures as supply chain risk management (SCRM). However, manufacturers have difficulty identifying the complete supply chain structure, and this interferes with the implementation of SCRM. This paper proposes a method to evaluate the potential risks associated with the parts of products on the basis of the bill of material (BOM) without identifying suppliers. We applied this method to hard disk drive manufacturing to determine its effectiveness.

ライフサイクルメンテナンス

髙田 祥三

日本設計工学会誌47(11)p.493 - 4992012年11月-2012年11月 

CiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:09192948

A Method for Selecting Delivery Modes in Environmentally Benign Product Service System Design

E. Matsumoto, J. Ohtake, J. Okada, S. Takata

The philosopher's Stone for Sustainability- Proc. of the 4th CIRP International Conference on Industrial Product-Service Systems -査読有りp.375 - 3802012年-2012年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:The appropriate combinations of life cycle options (LCOPs) and delivery modes should be selected in the design of an environmentally benign product-service system (PSS). The LCOPs reduce the environmental load during product life cycles, and the delivery modes provide products and services to customers, affecting the effectiveness of the LCOPs. This paper analyzes the relationships between the two and proposes a procedure for selecting their proper combinations. A life cycle simulation is used to evaluate the selected combinations. The effectiveness of the proposed method is demonstrated by applying it to a laundry business.

Novel Reuse Management for Circular Manufacturing

S. Takata, K. Urano

Proc. of 10th Global Conference on Sustainable Manufacturing Towards Inplementing Sustainable Manufacturing査読有りp.359 - 3642012年-2012年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Toward integrated product and process life cycle planning-An environmental perspective

Umeda, Yasushi;Takata, Shozo;Kimura, Fumihiko;Tomiyama, Tetsuo;Sutherland, John W.;Kara, Sami;Herrmann, Christoph;Duflou, Joost R.

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り61(2)p.681 - 7022012年-2012年

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0007-8506

Reconfiguration Management of Remanufactured Products for Responding to Varied User Needs

T. Sakai,S. Takata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り61(1)p.21 - 242012年-2012年

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0007-8506

概要:In the face of worsening environmental problems, the manufacturing industry is required to reduce resource consumption and environmental loads during product life cycles while responding to diversified user needs without cost increases. In this paper, we propose a reconfiguration method to remanufacture a variety of products using modules extracted from returned products of multiple generations for responding to varied user needs. With this method, we can maximize the sales amount of remanufactured products, which meet the performance requirements of each user group. We demonstrate the effectiveness of the method by applying it to photocopiers.

Analysis of Key Success Factors for Eco-Business Through Case Studies in Japan

S. Kondoh, K. Kurakawa, S. Kato, Y. Umeda, S. Takata

Intl. journal of Automation Techonology査読有り6(3)p.275 - 2802012年-2012年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:In order to solve environmental problems, a transition from conventional business to environmentally conscious business (eco-business) is urgently needed. Support for finding eco-business ideas will help to promote this transition. As a step in this direction, this paper takes an approach that provides a business designer with general rules and prerequisites extracted from existing eco-businesses. This paper collects 130 examples of eco-businesses in Japan and then investigates and classifies them to develop general guidelines and checklists for success. As a result, four kinds of customer value provided by eco-businesses, eight rules that couple the the reduction of environmental load of society with the four customer values, and eight rules for cutting business costs are derived. A tool for planning a new eco-businesses is also proposed.

Life cycle maintenance planning method in consideration of operation and maintenance integration

M. Tsutsui,S. Takata

Production Planning & Control査読有り23(Nos.2-3)p.183 - 1932012年-2012年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:In this paper, we propose a maintenance planning method that takes into account the interrelation between maintenance and operations. In the proposed system, the maintenance plan is evaluated in terms of losses related to operations as well as maintenance. Operational losses include production losses due to both failure and maintenance operations. Maintenance losses include inspection costs, repair costs, and other losses such as those incurred due to operator injury. In addition, the system evaluates the risk of fatal failure. We have developed a prototype system that evaluates these losses using Monte Carlo simulation. The effectiveness of the system is demonstrated by applying the prototype to a heating furnace used in the direct desulfurization facility of an oil refinery plant.

Battery Life Cycle Management for Automatic Guided Vehicle Systems

T. Kawakami, S. Takata

Design for Innovative Value Towards a Sustainable Society Proc. of EcoDesign 2011査読有りp.402 - 4072012年-2012年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

概要:Battery Life Cycle Management for Automatic Guided Vehicle Systems

Systematic Categorization of Reuse and Identification of Issues in Reuse Management in the Closed Loop Manufacturing

S. Sakai, T. Takata

Proc. of the 18th CIRP conference on Life Cycle Engineering査読有りp.425 - 4302011年05月-2011年05月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:For reducing environmental loads induced by the manufacturing industry, reuse of manufactured products is an important measure. To obtain the maximum benefits of reuse, however, we have to understand the mechanisms of reuse and select the correct reuse type according to product characteristics. For this purpose, we propose a systematic categorization of reuse types and identify issues regarding reuse implementation in this study. We also investigate two typical issues that arise: determining the sales period of the reconditioned product and the order and stock management for the reconditioning process, taking copying machines as our example.

Human and robot allocation method for hybrid assembly systems

S. Takata,T. Hirano

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り60(1)p.9 - 122011年-2011年

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0007-8506

概要:Manufacturing companies today need to increase both changeability and efficiency of production systems in order to strengthen their competitiveness. Hybrid assembly systems have evolved as solutions to counter this issue. In this system, humans and robots cooperate to perform assembly tasks; the system has the advantage of maximizing robot efficiency and human flexibility. This paper proposes a method for planning human and robot allocation in hybrid assembly systems. The method enables us to select the initial human and robot allocation, that minimizes the expected total production cost including robot investment and labor cost taking into consideration possible scenarios of future changes in product models and production volumes.

Life Cycle maintenance in combinetion eith reuse - Application to valve actuators for reducing life cycle cost and environmental load

T. Momiyama, T. Takata

Proc. of the 17th CIRP conference on Life Cycle Engineering査読有りp.306 - 3112010年-2010年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

【ライフサイクルエンジニアリング専門委員会】ライフサイクル設計の研究動向

梅田 靖;髙田 祥三

精密工学会誌76(10)p.1113 - 11162010年-2010年

DOICiNii

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0912-0289

Life Cycle Maintenance Planning System in consideration of operation and maintenance integration

M. Tsutsui, S. Takata

Proc. of the 4th World Congress on Engineering Asset Management査読有りp.316 - 3252009年-2009年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

概要:In this paper, we propose a maintenance planning method that takes into account the interrelation between maintenance and operations. In the proposed system, the maintenance plan is evaluated in terms of losses related to operations as well as maintenance. Operational losses include production losses due to both failure and maintenance operations. Maintenance losses include inspection costs, repair costs, and other losses such as those incurred due to operator injury. In addition, the system evaluates the risk of fatal failure. We have developed a prototype system that evaluates these losses using Monte Carlo simulation. The effectiveness of the system is demonstrated by applying the prototype to a heating furnace used in the direct desulfurization facility of an oil refinery plant.

Maximizing utilization rate of office automation equipment by intraoffice circulation

S. Takata, K. Tsubouchi

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り58(1)p.33 - 362009年-2009年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:The utilization rate of products, which indicates the extent to which product functionality has been exhausted, must be improved to increase eco-efficiency of the products. In this paper, we propose an intraoffice circulation model that can increase the utilization rate of office automation equipment. The manufacturer makes a contract with an office to provide the required functionality for a certain period. An office would require machines in each section. In our model, machines are periodically reallocated among the different sections with different user characteristics. The algorithm for optimizing circulation plan is developed using genetic algorithm. The model is applied to the use of copiers installed in a university office. The results verify the effectiveness of our model for reducing the environmental load.

ライフサイクルを考慮したメンテナンス管理と効果評価

髙田祥三

技術と経済(504)2009年-2009年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Modelling Product Returns Taking Sales Modes into Account

S. Takata,T. Sakai

Int. J. of Automation Technology査読有り3(1)p.71 - 762009年-2009年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper presents a model for estimating the number of returned products, taking sales mode differences into account. The model is constructed using actual copier collection data. The analysis of the data makes it clear that users who own and users who lease behave quite differently from each other, and that users who lease can be divided into two types: those who are aware of the lease period and those who behave as if they were not leasing but owning.

Exhausting lifetime by multitiered reuse with forced circulation in closed-loop manufacturing

S. Takata, K. Tsubouchi, S. Yoshijima

Int. J. of Sustainable Manufacturing査読有り1(4)p.450 - 4622009年-2009年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:In closed-loop manufacturing, the reuse option is adopted to reduce the environmental load by exhausting the lifetimes of products and parts. There are two reasons why the reuse is effective. They are different frequencies of usage of products by users and different lifetimes of parts composing the product. It is, therefore, necessary to make use of these differences properly for effective implementation of the reuse option. For this purpose, this paper proposes a life cycle model that incorporates forced circulation and multitiered reuse. The effectiveness of this model was demonstrated by applying it to the case of photoconductor drum units of copy machines. Units were taken back by compulsion and circulated among other users depending on the volume of copies. When a unit's lifetime was exhausted, it was disassembled and its parts were reused to produce a new unit.

Exhausting Lifetime by Means of Forced Circulation in Closed-Loop Manufacturing

S. Takata, K. Tsubouchi

Proc. of the 15th CIRP conference on Life Cycle Engineering査読有りp.213 - 2172008年-2008年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:For incorporating the reuse option in closed-loop manufacturing, two factors should be taken into account: uneven use frequencies among users and uneven part lifetimes in the products. To deal with them, this paper proposes a life cycle model with forced circulation and multitiered reuse. The effectiveness of the model is demonstrated by applying it to photoconductor drum units of copy machines. The units are taken back by compulsion and Circulated to other type of users in terms of copy volume. When the unit lifetime is exhausted, they are disassembled and the parts are reused in the new unit production.

Adaptive Maintenance Planning According to Maintenace Date Accumulation

S. Ito, S. Takata

Proc. of EcoDesign 2007査読有りC3-4-3S2007年-2007年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Module-Based Model Change Planning for Improving Reusability in Consideration of Customer Satisfaction

K. Tsubouchi, S. Takata,

Proc. of 14th CIRP International conference on Life Cycle Engineering 査読有りp.11 - 162007年-2007年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:Enhancing reusability by extending a product’s life and improving its functions by means of frequent model changes creates a contradictory issue in implementing reuse scenarios that reduce the environmental load in closed-loop manufacturing. This paper proposes a concept of module-based model change planning as a solution to this problem. In the paper, a method of identifying relationships between customer satisfaction and modules based on conjoint analysis and a QFD method is proposed first. Then a procedure for generating a module-based model change plan, which creates the minimum environmental load, is discussed. The proposed method is applied to copying machines as an illustrative example.

メンテナンスの新潮流

髙田祥三

プラントエンジニア38(11)p.1 - 142006年-2006年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Collection Rate Estimation Model in Closed-Loop Manufacturing

S. Takata, M. Watanabe, Y. Ohbayashi

Proc. of 13th CIRP International conference on Life Cycle Engineering 査読有り2p.601 - 6052006年-2006年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper presents a model for estimating the number of discarded products, taking sales mode differences into account. The model is constructed using actual copying machine collection data. The analysis of the data makes it clear that users who own and users who lease behave quite differently from each other, and that users who lease can be divided into two types: those who are conscious of the lease period and those who behave as if they were not leasing but owning.

Module-Based Model Change Planning in Consideration of Environmental Impact and Customer Satisfaction

M. Watanabe, S. Takata

Proc. of EcoDesign 2005査読有り1C-2-1F2005年-2005年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

環境調和型ビジネスの設計支援技術に向けて

梅田靖,髙田祥三,近藤伸亮,蔵川圭,加藤悟

精密工学会誌査読有り71(10)p.1214 - 12182005年-2005年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Maintenance: Changing Role in Life Cycle Management

S. Takata,F. Kimura, F.J.A.M. van Houten, E. Westkamper, M. Shpitalni, D. Ceglarek, Jay Lee

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り53(2)p.643 - 6552004年-2004年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:As attention to environmental problems grows, product life cycle management is becoming a crucial issue in realizing a sustainable society. Our objective is to provide the functions necessary for such a society while minimizing material and energy consumption. From this viewpoint, we should redefine the role of maintenance as a prime method for life cycle management. In this paper, we first discuss the changing role of maintenance from the perspective of life cycle management. Then, we present a maintenance framework that shows management cycles of maintenance activities during the product life cycle. According to this framework, we identify technical issues of maintenance and discuss the advances of technologies supporting the change in the role of maintenance.

製品ライフサイクルのシミュレーション

髙田祥三

計測と制御43(5)p.395 - 4002004年-2004年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Framework for Systematic Evaluation of Life Cycle Strategy by means of Life Cycle Simulation

S. Takata, Y. Umeda, T. Ogawa. T. Inamura

Proc. of EcoDesign 2003査読有りp.198 - 2052003年-2003年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Life Cycle Simulation System for Life Cycle Process Planning

S. Takata,T. Kimura

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り52(1)p.37 - 402003年-2003年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:To realize closed loop manufacturing, it is essential to design product life cycles and to plan life cycle processes property. Life cycle simulation has been recognized as an effective tool in this direction. In this paper, we present a life cycle simulation system developed as a general tool for life cycle design and management. The system includes functions for modelling and controlling each life cycle process in a flexible manner. The system maintains usage history of products and parts independently taking the reuse of parts into account. Examples of the simulation are shown for both a rapid life cycle scenario and for a part sharing scenario over the product generations.

Framework for Systematic Assessment of Closed Loop Manufacturing Based on Life Cycle Simulation

S. Takata, Y. Umeda, Y. Furukawa

Proc. of 10th International Seminar on Life Cycle Engineering 査読有りp.315 - 3232003年-2003年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

統合的設計支援システムのためのモデリング環境

木村文彦,髙田祥三,平岡弘之,小林繁,岡本政弘,川島幸司,大林陽一郎

人工知能学会誌18(2)p.131 - 1372003年-2003年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Real-time Drill Wear Estimation Based on Spindle Motor Power

H. Y. Kim,J.H. Ahn, S.H. Kim, S. Takata

Journal of Materials Processing Technology査読有り124(3)p.267 - 2732002年-2002年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:In-process detection of drill wear is one of the most important technologies for unmanned machining systems. This study examines and proposes the method of on-line drill wear estimation based on spindle motor power consumption during the drilling process. Integration of the drilling process model with the spindle drive system model is the key feature of the proposed method. The drilling process model describes the relationship between drill wear and drilling torque, whereas the spindle drive system model describes the relationship between drilling torque applied to motor and spindle motor power. Evaluation tests have shown that the proposed method is a good real-time estimator for drill wear.

Facility Life Cycle Management based on Virtual and Actual Information Feedback

Shozo Takata, Atsushi Yamada

International Symposium on Artificial Intelligence, Robotics and Human Centered Technology for Nuclear Applications査読有りp.172 - 1792002年-2002年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

劣化予測に基づく産業用ロボットの作業設計

山田篤史,山元亮祐,髙田祥三

精密工学会誌査読有り68(1)p.53 - 572002年-2002年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper proposes a method for optimizing the operating conditions of industrial robots in order to improve their reliability, as an application of a facility life cycle simulation to life cycle management. In the life cycle simulation, operational and environmental stresses acting on components are evaluated and their deterioration processes and resultant functional degradation are simulated based on task descriptions, robotic models, and deterioration models. By means of hybrid genetic algorithm, a layout of the robot and velocity patterns for executing specific operations is optimized so as to minimize deterioration of the joint gear, while maintaining a constant total execution time for the operation. Application of the method to robot manipulators in an automatic assembly line is described as an illustrative example.

Reliability Improvement of Industrial Robots by Optimizing Operation Plans Based on Deterioration Evaluation

A. Yamada,S. Takata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り51(1)p.319 - 3222002年-2002年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper proposes a novel method for improving reliability of manufacturing facilities by optimizing operating conditions so as to reduce deterioration of critical components and to extend the life of facilities. The method is applied to an industrial robot. For deterioration evaluation, a life cycle simulation system has been developed. It evaluates wear of joint gears, which has critical effects on the accuracy of industrial robots. Optimization of operating conditions, defined in terms of layout of the robot and in motion pattern, is performed by means of a hybrid GA, which consists of genetic algorithm and simulated annealing. The effectiveness of the method has been verified by applying the method to assembly robots.

ライフサイクルメンテナンス

髙田祥三

安全工学41(4)p.218 - 2272002年-2002年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

設備ライフサイクル・データ・マネジメント

髙田祥三

日本設備管理学会誌14(1)p.35 - 402002年-2002年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

設備ライフサイクルシミュレーションに基づく産業用ロボットの関節歯車の摩耗予測システム

山田篤史,髙田祥三

精密工学会誌査読有り67(2)p.2010 - 20152001年-2001年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:To improve the productivity of manufacturing systems, it is necessary to make best use of the capacities of manufacturing facilities. However, the facilities suffer from operational and environmental stress during operation, and their functions degrade due to deterioration of their components. Hence, if the aging process of facilities can be estimated, this will be useful for various purposes such as reliability design of the facility, operational planning, and maintenance planning. For this purpose, we have studied a life cycle simulation in which the aging process of facility under specified operating conditions is evaluated. In this paper, we have applied the life cycle simulation to industrial robots equipped with wave gears for their joints, and proposed a method for evaluating wear of tooth surface of the gear taking account of the Elasto-Hydrodynamic Lubrication of grease. As a result of the simulation, we find that deterioration process of the gears is divided into two patterns depending on the magnitude of operational load. The results of the experiments gave good agreement with the value obtained by the system.

Standard API for Open-Architecture CNC and its Application to HMI and Operation Monitoring

S. Ueno, M. Mitsuishi, K. Muto, S. Takata

Initiatives of Precision Engineering at the Beginning of a Millennium, Kluwer Academic Publishers 査読有りp.789 - 7932001年-2001年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:JOP (Japan Open System Promotion Group) has been conducted the CNC API standardization for three years to provide the environment to implement custom HMI and communication tools with upper controllers. The specification of the API set: PAPI (Principal Application Program Interface) has defined and becomes new Japanese standard. This API has developed for open CNC systems that involve three types of open controllers including proprietary NC systems. PAPI consists of two group API sets such as Basic API and Extended API. This paper describes its development concept, specification and example results that could simultaneously control two different manufacturers controller by the same HMI. This development could accelerate the spread of open NC systems in real manufacturing field.

Development of Standard API for Open-Architecture CNC

K. Muto, M. Mitsuishi, S. Ueno, S. Takata

Proc. of CIRP 34th International Seminar on Manufacturing Systems 査読有りp.99 - 1032001年-2001年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Open CAM Framework with Feature-Based Machining Database

A. Okano, C. Sakamoto, N. Kakishita, Y. Saito, S. Takata

Proc. of CIRP 34th International Seminar on Manufacturing Systems査読有りp.359 - 3622001年-2001年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Disassembly Operation Support System with Motion Monitoring of a Human Operator

S. Takata, H. Isobe, H. Fujii

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り50(1)p.305 - 3082001年-2001年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:Improving efficiency of disassembling operations is one of the key issues to facilitate part reuse and material recycling. In this paper, we propose an operation support system that provides information, such as disassembly sequence, necessary tools, and disassembly directions, using 3D product models. To provide necessary information at the proper instant, the system has a function of monitoring operator's motion by means of 3D position sensors attached on the backs of both hands. The signals from the sensors are processed to extract features of disassembly operations. Based on the recognition of the operations, the system provides information for the operator via a head mount display. The effectiveness of the system has been verified by applying a prototype system to disassembly operations of copying machines.

Life Cycle Management of Industrial Robots Based on Deterioration Evaluation -Facility Layout and Motion Planning Taking Account of Joint Gear Wear-

S. Takata, A. Yamada

Proc. of EcoDesign 2001査読有りp.460 - 4652001年-2001年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A Multi-plant Maintenance System Based on Life Cycle Maintenance Management

S. Takata, Y. Kimura, T. Wakabayashi, Y. Ohue, Y. Nishi, T. Shiraishi, T. Sogabe, Y. Taniguchi, H. Ishimaru

Proc. of International Tribology Conference Nagasaki査読有りp.2351 - 23652000年-2000年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

21世紀のメンテナンスのあり方−ライフサイクル・メンテナンス技術の体系化に向けて−

髙田祥三

技術と経済(403)p.17 - 252000年-2000年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ライフサイクルエンジニアリング分科会の活動

髙田祥三,梅田靖,小野里雅彦

精密工学会誌66(6)p.851 - 8542000年-2000年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Life Cycle Maintenance of Assembly Robots -An Application to Simulation Based Fault Diagnosis-

A. Yamada, M. Narita, S. Takata, T. Yasui, K. Kikuchi,

Proc. of Maintenance And Reliability Conference査読有り2(2)p.52.01 - 52.112000年-2000年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

ライフサイクルデザインへのロードマップ

髙田祥三,梅田靖,加藤悟

精密工学会誌66(12)p.1853 - 18572000年-2000年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

設備ライフサイクル管理のための保全予防情報管理システム

井上祐,髙田祥三

精密工学会誌査読有り65(12)p.1735 - 17391999年-1999年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Network-centric Facility Management System—An Application to Diagnosis of Open Networked Robot—

A. Yamada, M. Arita, S. Takata, S. Sakakibara, T. Yasui

Proc. of 30th International Symposium on Robotics査読有りp.469 - 4751999年-1999年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Maintenance Data Management System

S. Takata, Y. Inoue, T. Kohda, H. Hiraoka, H. Asama

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り48(1)p.389 - 3921999年-1999年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:For the effective management of manufacturing facilities throughout their life cycle, it is important to collect maintenance data and make use of them for operation and maintenance planning or design of new machines. However, it is seldom that the maintenance data are properly recorded and utilized in a systematic way. To solve these problems, we have proposed a maintenance data management system. In this paper, two major modules of the system are discussed. The first one is a malfunction data collection system which can navigate users to input malfunction cases in a proper format. The second one is a feedback data generation system which induces common causes implied in the malfunction cases by means of the attribute-oriented induction algorithm. An experimental system is applied to malfunction cases of machine tools for demonstrating its effectiveness.

ライフサイクルメンテナンス

髙田祥三

精密工学会誌65(3)p.349 - 3551999年-1999年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Computer Aided Facility Life Cycle Management

S. Takata, A. Yamada, Y. Inoue

Proc. of First International Symposium on Environmentally Conscious Design and Inverse Manufacturing, IEEE Computer Society査読有りp.856 - 8611999年-1999年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

概要:To make best use of functionality of a manufacturing facility, it is important to facilitate information flow among various activities performed during facility life cycle. This paper discuss information infrastructure for facility life cycle management which provides an environment for information sharing throughout the facility life cycle, and computer tools which support analysis and evaluation required for facility management. As examples of such tools, a life cycle simulation system and a trouble data management system are described. In the life cycle simulation, aging processes of the facility are evaluated when it carries out a specified task. The system was applied to assembling robots of a car parts manufacturing plant. The trouble data management system supports maintenance personnel in collecting trouble data in a unified way, and to generate feedback data for purposes of design improvement as well as operation and maintenance planning

ライフサイクルメンテナンス

髙田祥三

精密工学会誌65(3)p.349 - 3551999年-1999年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ネットワーク時代のFAシステム

髙田祥三

精密工学会誌64(1)p.23 - 261998年01月-1998年01月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Facility Life Cycle Management Based on Life Cycle Simulation

Shozo takata, Atsushi Yamada

Proc. of Mechatronics '98査読有り2p.722 - 7271998年-1998年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Life-cycle Simulation Applied to the Operation Planning of Robot Manipulators

A. Yamada, M. Kurihara, S. Takata, H. Asama, T. Kohda

Proc. of 5th International Seminar on Life Cycle Engineering査読有りp.265 - 2741998年-1998年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Life Cycle Simulation Applied to a Robot Manipulator -An Example of Aging Simulation of Manufacturing Facilities-

S. Takata, A. Yamada, T. Kohda, H. Asama

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り47(1)p.397 - 4001998年-1998年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ネットワーク時代のFAシステム

髙田祥三

精密工学会誌64(1)p.23 - 261998年-1998年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Proactive Maintenance for Facility Life Cycle Management

S. Takata, H. Hiraoka, T. Kohda, H. Asama

Proc. of AIR and IHAS'97p.177 - 1891997年-1997年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Information Infrastructure for Life Cycle Maintenance

S. Takata

Proc. of 1997 CIRP International Design Seminar査読有りp.133 - 1421997年-1997年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Case Based Evaluation of Potential Deterioration for Facility Life-cycle Management

S. Takata, H. Shiono, H. Hiraoka, H. Asama

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り46(1)p.385 - 3901997年-1997年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:Providing appropriate maintenance is essential to achieve effective production. For planning proper maintenance strategy, it is necessary to know potential deterioration of the facility which may lead to various problems. In this paper, we propose a case based approach to the evaluation of potential deterioration modes. Deterioration cases are represented in terms of the deterioration process in which basic deterioration mechanisms are combined. Algorithm for the qualitative evaluation of deterioration of the specified part of the facility is proposed. Propagation of effects of deterioration to other parts of the facility is also discussed. Effectiveness of the method is demonstrated using an experimental system.

設備モデルを活用した事例ベース設備劣化予測システム

塩野寛,髙田祥三

日本設備管理学会誌査読有り9(1)p.11 - 181997年-1997年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

FA制御装置のオープン化

髙田祥三

精密工学会誌63(5)p.621 - 6241997年-1997年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ライフサイクル保全とそのコンピュータ支援

髙田祥三

配管技術39(1)p.37 - 431997年-1997年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Computer Assisted Maintenance Management Using Model-Based Life Cycle Simulation

S. Takata, H. Hiraoka, T. Kohda, H. Asama

Proc. of Maintenance and Reliability Conf.査読有り2(2)p.73.01 - 73.151997年-1997年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

FA制御装置のオープン化

髙田祥三

精密工学会誌63(5)p.621 - 6241997年-1997年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Case Based Evaluation of Component Deterioration for Facility Maintenance

S. Takata, H. Shiono, H. Hiraoka, H. Asama

Manufacturing Science and Engineering / ASME査読有りMED-4p.563 - 5681996年-1996年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

動作性を用いた作業適応性評価に基づくマニピュレータ機構の設計

琴坂信哉,浅間一,髙田祥三,平岡弘之,幸田武久,松元明弘,遠藤勲

精密工学会誌査読有り61(9)p.1265 - 12691995年-1995年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Facility Model for Life Cycle Maintenance System

S. Takata, H. Hiraoka, H. Asama, N. Yamaoka, D. Saito

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り44(1)p.117 - 1211995年-1995年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

作業達成確率によるロボットアームの信頼性評価

琴坂信哉,髙田祥三,幸田武久,浅間一,平岡弘之,松元明弘,遠藤勲

精密工学会誌査読有り61(5)p.717 - 7211995年-1995年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

切削状態予測のためのモデルベース切削加工シミュレーションシステム

髙田祥三,山崎好幸

日本機械学会論文集(C編)査読有り61(581)p.266 - 2721995年-1995年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

実時間機械音認識による加工工程および工具摩耗監視システム

安重桓,林漢錫,髙田祥三,佐田登志夫

精密工学会誌査読有り60(8)p.1144 - 11481994年-1994年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Model Based NC Programming for End Milling Operations

S. Takata, M.D. Tsai

Manufacturing Science and Engineering / ASME査読有りPED-68(2)p.809 - 8181994年-1994年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Task Oriented Evaluation System for Maintenance Robots

H. Asama, S. Kotosaka, S. Takata, H. Hiraoka, T. Kohda, A. Matsumoto, K. Yamagishi and I. Endo

Proc. of Specialists' Meeting on Application of Artificial Intelligence and Robotics to Nuclear Plants (AIR'94)p.11 - 201994年-1994年

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

概要:The adaptability evaluation of maintenance robots to autonomous plants has been discussed. In this paper, a new concept of autonomous plant with maintenance robots are introduced, and a framework of autonomous maintenance system is proposed. Then, task-oriented evaluation of robot arms is discussed for evaluating their adaptability to maintenance tasks, and a new criterion called operability is proposed for adaptability evaluation. The task-oriented evaluation system is implemented and applied to structural design of robot arms. Using genetic algorithm, an optimal structure adaptable to a pump disassembly task is obtained.

Generation of a Machining Scenario and Its Applications to Intelligent Machining Operations

S. Takata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り42(1)p.531 - 5341993年-1993年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:A machining scenario is a description of a machining process in which the changes of machining states are described in terms of both geometrical and physical characteristics of machining processes such as geometry of tool-workpiece contact face, cutting force, and machining error. A machining scenario can be automatically generated by a model based cutting simulation. It provides useful information for pre-process optimization of cutting conditions. on-line adaptive control, and monitoring and diagnosis of abnormal occurrences. This paper describes the data structure of the machining scenario and how it can be utilized for the generation of efficient and reliable machining data and realizing intelligent machining operations. The results of experiments by a prototype system are also described to verify its effectiveness.

レーザドップラ振動計によるエンドミルの切削時の振動測定

岩崎節夫,髙田祥三

日本設備管理学会誌査読有り3(3)p.17 - 311992年-1992年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Operation Planning Based on Cutting Process Models

M. D. Tsai, S. Takata, M. Inui, F. Kimura, T. Sata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り40(1)p.95 - 981991年-1991年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper describes model based operation planning for pocket milling operations. The tool path and cutting conditions are determined based on the geometric model of workpieces and the physical models of the cutting process. The tool path is generated by using the Voronoi diagram of a cutting area. Cutting conditions to achieve the maximum metal removal rate are determined by evaluating the physical models of cutting torque, chatter vibration, and machining error. To maintain a favorable cutting state, the radial depth of cut is controlled by modifying the tool path distance at the circle path segment and by adding additional tool path segments at the corner. Examples are shown to demonstrate the effectiveness of the method.

自己診断・自己修復

髙田祥三

精密工学会誌57(12)p.2123 - 21261991年-1991年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Prediction of Chatter Vibration by Means of a Model-Based Cutting Simulation System

M. D. Tsai, S. Takata, M. Inui, F. Kimura, T. Sata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り39(1)p.447 - 4501990年-1990年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:10.1016/S0007-8506(07)61093-2

A Cutting Simulation System for Machinability Evaluation Using a Workpiece Model

S. Takata, M. D. Tsai, M.Inui, T. Sata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り38(1)p.417 - 4201989年-1989年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper describes a cutting simulation system to be used in the evaluation of machinability of products at various stages of the manufacturing processes. The system developed consists of geometric simulation and physical simulation. The geometric simulation is performed by using extended Z buffer models representing a workpiece and a tool swept volume. In the physical simulation, instantaneous cutting force vectors acting on a square end mill are computed based on the am of chip element removed by a thin divided section of a flute. The tool deflection induced by the cutting force is then calculated. The result is used to estimate the machining error caused by tool deflection. A series of cutting experiments are conducted to verify the effectiveness of the system.

Tool Breakage Detection by the Measurement of Spindle Rotational Speed Fluctuation

S. Takata

ASME, PED-vol. 33査読有り33p.129 - 1351988年-1988年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Tool Breakage Monitoring by Means of Fluctuations in Spindle Rotational Speed

S. Takata, T. Nakajima, J. H. Ahn, T. Sata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り36(1)p.49 - 521987年-1987年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper describes a monitoring method of multi-edge tools by means of fluctuation signals of spindle rotational speed. The fluctuation signal can be measured from a tachometer generator or a pulse generator as easily as the spindle motor current which is widely used for the cutting state monitoring, but it shows more clear correspondence with the cutting torque variation induced by intermittent cutting with multi-edge tools. An algorithm is proposed for detecting tool breakage, in which the speed fluctuation pattern during one revolution of the spindle is extracted in the form of a cutting state vector and is compared with a reference vector. The effectiveness of the method is proved by the monitoring experiments in which the breakage of a cutting edge of a face mill cutter was clearly recognized.

A Sound Monitoring System for Fault Detection of Machine and Machining State

S. Takata, J. H. Ahn, Y. Miyao, T. Sata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り35(1)p.289 - 2921986年-1986年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper describes a sound monitoring system using a speech recognition technique. The system provides the untended manufacturing system with the function of overall monitoring capability. It identifies various operational sounds emitted by the machine, and check if they are proper ones which are expected from the control information prior to the operation. We adopted the speaker-dependent isolated word recognition technique based on the short time spectrum analysis for sound recognition. The experimental system was developed using the speech recognition board equipped with the special LSI. The recognition tests of the operational sound of a vertical machining center showed the ability of the system to identify the sorts of operations including the cutting and non-cutting operations. It can also discriminate the cutting sound with a broken tool from the normal cutting sound. The ability to distinguish the variations of cutting parameters was also studied. The system distinguished the variation of cutting speed and depth of cut fairly well. The monitoring experiments were carried out for a series of machining operations of a test part. The results demonstrated the effectiveness of the system as an overall monitoring method.

Model Referenced Monitoring and Diagnosis - Application to the Manufacturing System

S. Takata, T. Sat

Computer in Industry査読有り7(1)p.31 - 431986年-1986年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This paper describes “model referenced monitoring and diagnosis” a systematic method of monitoring and diagnosis. In this method, a model is used either to generate standard values for the monitoring parameters, or to derive a systematic diagnostic algorithm. As examples of the model referenced monitoring in manufacturing systems, the cutting torque prediction system and tool breakage detection system are described. In the former example, the cutting torque values at each point in time, which can be used as reference values in monitoring the abnormal cutting condition, are evaluated based on a solid modelling system. In the latter, an autoregressive (AR) model is adaptively fitted to the cutting torque signal in order to detect any sudden change in the cutting state due to tool breakage. Two examples are also described for the case of model referenced diagnosis; the diagnosis of sequentially controlled machines using the state graph model, and diagnosis by means of a failure causality model. The former method is applicable to machines controlled by sequence control. Based on the state graph of the machine and the controller, the diagnostic programme can be generated in combination with the control programme. The failure causality model represents the propagation of the effects of failures in the machine. All possible combinations of failure causes are obtained by solving the simultaneous Boolean equations derived from the model.

設備診断技術の現状と将来

髙田祥三

計測と制御25(10)p.863 - 8701986年-1986年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Real-Time Monitoring System of Tool Breakage Using Kalman Filtering

S. Takata, M. Ogawa, P. Bertok, J. Ootsuka, K. Matsushima

Robotics and Computer-Integrated Manufacturing査読有り2(1)p.33 - 401985年-1985年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Analysis of Surface Roughness Generation in Turning Operation and its Application

T. Sata, M. Li, S. Takata, H. Hiraoka, C.Q. Li, X. Z. Xing, X. G. Xiao

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り34(1)p.473 - 4761985年-1985年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:Surface roughness generation in a turning operation is examined by using a FFT analyzer. It is found that the roughness profile of a workpiece is composed of several periodical components: the cutting tool feed component, the spindle rotational error component, and the chatter vibration error component. A block diagram of surface roughness generation in a turning operation has been drawn to give a clear illustration of the process. To examine the origin of these error components, a series of cutting tests were carried out with different spindle bearing arrangements and with different types of workpiece material. It has been shown that the method presented in this study is very helpful in evaluating the machinability of workpiece material and also in diagnosing the conditions of the machine tool spindle system.

計算機内立体モデルの基づく切削シミュレーションシステム

平岡弘之,ペーター・ベルトーク,髙田祥三,佐田登志夫

東京大学工学部紀要A査読有りA-23p.22 - 231985年-1985年

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

Identification of Machine and Machining States by Use of Pattern Recognition Techniques

T. Sata, F. Kimura, K. Matsushima, S. Takata, J. Otsuka

Manufacturing Systems査読有り14(3)1984年-1984年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A System for Monitoring the Machining Operation by Referring to a Predicted Cutting Torque Pattern

P. Bertok, S. Takata, K. Matsushima, J. Ootsuka, T. Sata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り32(1)p.439 - 4441983年-1983年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:A system for predicting the cutting torque by using a geometric modelling system, and its application to verification of NC data and monitoring of the cutting process are described in the paper. The cutting process is simulated geometrically in a modelling system. Based on data obtained from the geometrical simulation and on technological data of the NC program, the cutting torque is estimated, by using an empirical equation, as a linear combination of the volume of the removed material and of the tool-workpiece contact surface area. The torque measured in the experiments was in good agreement with the preliminarily estimate. The system also proved to be applicable when machining a cast part with geometrical inaccuracies within a few millimeters.

高圧油圧ポンプ故障自動監視システム

佐田登志夫,万徳安,髙田祥三

東京大学工学部紀要A査読有りA-21p.22 - 231983年-1983年

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

An Automatic Diagnostic Program Generator for Sequentially Controlled Machines

S. Takata, J.Schwager

Angewante Informatik査読有り8(82)p.421 - 4291982年-1982年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

統合保全工学を目指して

髙田祥三

精密機械48(1)p.7 - 101982年-1982年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

自動診断と自動保守

髙田祥三

システムと制御23(5)p.236 - 2441979年-1979年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

機械故障の監視と診断

髙田祥三

精密機械44(11)p.1308 - 13141978年-1978年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Adjustment Operation in Machine Production -Study on Automatic Adjustment System of Machine Level by Model Experiment-

T. Sata, S. Takata

CIRP Annals - Manufacturing Technology査読有り24(1)p.459 - 4641975年-1975年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

機械生産における調整問題-モデル実験による自動レベル調整システムの研究-

佐田登志夫,髙田祥三

精密機械査読有り41(7)p.718 - 7241975年-1975年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

旋削加工における加工精度の解析

髙田祥三,小尾誠,佐田登志夫

精密機械査読有り40(8)p.678 - 6841974年-1974年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

機械実用便覧

日本機械学会編、髙田祥三(分担執筆)

丸善2011年 12月-2011年 12月

機械工学便覧デザイン編β1(設計工学)

日本機械学会編、髙田祥三(分担執筆)

丸善2007年 05月-2007年 05月

詳細

担当ページ数:93-101

LCCを最適化する論理的・合理的設備管理ライフサイクル・メンテナンス

髙田祥三

JIPMソリューション2006年 04月-2006年 04月

機械工学便覧デザイン編β(生産システム工学)

日本機械学会編、髙田祥三(分担執筆)

丸善2005年 07月-2005年 07月

詳細

担当ページ数:62-67

インバース・マニュファクチャリングハンドブック−ポストリサイクルの循環型ものづくり−

インバース・マニュファクチャリングフォーラム監修、髙田祥三(分担執筆)

丸善2004年 03月-2004年 03月

生産管理用語辞典

日本経営工学会編、髙田祥三(分担執筆)

日本規格協会2002年 03月-2002年 03月

エコマテリアル学−基礎と応用

未踏科学技術協会「エコマテリアル研究会」監修、髙田祥三(分担執筆)

日科技連2002年 03月-2002年 03月

トライボロジーハンドブック

日本トライボロジー学会編、髙田祥三(分担執筆)

養賢堂2001年 03月-2001年 03月

新安全工学便覧

安全工学協会編、髙田祥三(分担執筆)

コロナ社1999年 07月-1999年 07月

Computer-Aided Maintenance: Methodologies and Practices

J. Lee and B. Wang (eds.),S.Takata(Capter 10)

Springer US1999年-1999年

詳細

総ページ数:428担当ページ数:209-230ISBN:978-1-4613-7421-3

生産システム便覧

精密工学会編、髙田祥三(分担執筆)

コロナ社1997年 11月-1997年 11月

設計とCAD

吉川弘之、木村文彦編、髙田祥三(分担執筆)

朝倉書店1993年 05月-1993年 05月

詳細

担当ページ数:208-222

異常の検出と予知

山崎弘郎編著、髙田祥三(分担執筆)

工業調査会1988年 10月-1988年 10月

詳細

担当ページ数:288-292

FFTアナライザ活用マニュアル

城戸健一編著、髙田祥三(分担執筆)

日本プラントメンテナンス協会1984年 02月-1984年 02月

詳細

担当ページ数:115-121

講演・口頭発表等

多段階リユース管理方式の評価・改善のためのライフサイクルシミュレーションシステムの開発

髙田 祥三,浅井 恵斗,西田 大

2019年度精密工学会秋季大会学術講演会(精密工学会)2019年09月05日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

運転要求・設備状態・メンテナンス作業負荷を考慮した ライフサイクル管理手法

青木 聡汰,髙田 祥三

創立30周年記念 春季研究発表大会(日本設備管理学会)2019年06月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

モニタリングデータを活用した破砕機のオペレーションとメンテナンス

金井 道正,髙田 祥三

創立30周年記念 春季研究発表大会(日本設備管理学会)2019年06月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

How to make use of IoT technologies for QCD Kaizen (improvement) activities

S. Takata

Workshop: Technologies for ZERO DEFECT MANUFACTURING Strategy: from Measurements to Knowledge招待有り2019年06月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:イタリア

統合循環生産システムの評価プラットフォームとしてのライフサイクルシミュレーションシステムの開発

髙田祥三,末益慧佑,中村昌弘

エコデザイン・プロダクツ&サービスシンポジウム2018(エコデザイン学会連合)2018年12月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京(新宿区)

経済環境と企業の為替取引のモニタリングに基づく推奨為替商品の特定

松本 有理子,高田 祥三

日本経営工学会2018年秋季大会(日本経営工学会)2018年10月

機器リユースを考慮した自動化生産ラインのマテリアルハンドリングシステム設計法

末政智也,髙田祥三

2018年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2018年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

運転制御用センサからのデータに基づくメカトロニクス機器の故障兆候検知法

栗林拓也,髙田祥三

2018年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2018年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

予防保全のためのモニタリング機器の導入を考慮した点検方式決定法

久保木宣喬,長谷美優,髙田祥三

平成30年度日本設備管理学会春季研究発表大会論文集2018年06月07日

詳細

国内会議

完全自動運転車を用いたモビリティサービスにおける待ち時間と運用台数を考慮した配車方法

塩田夏子(早稲田大)髙田祥三(早稲田大)

2018年度精密工学会度春季大会(精密工学会)2018年03月15日

詳細

口頭発表(一般)

モニタリングデータに基づいたアルミダイカストにおける鋳巣発生要因の分析

藤島 健太(早大)高森 修平(早大),井上 徳幸(デンソー),山岡 正(デンソー),木田 直宏(デンソー),高田 祥三(早大)

日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2018(日本機械学会)2018年03月14日

詳細

口頭発表(一般)

為替取引データに基づく企業の為替リスクヘッジ方 針の推定

佐藤 雄介、松本 有理子、髙田 祥三

日本経営工学会2017年秋季大会(日本経営工学会)2017年11月03日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

リーンオートメーションのためのマテリアルハンドリングシステム設計法

重松健太,髙田祥三,山崎康彦,小島史夫,加藤滋也

2017年度精密工学会秋季大会学術講演会2017年09月

事業系ノートPCの管理回収によるモジュール組合せリマニュファクチャリング法

松林真也、髙田祥三

2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集(2017/03)889-8902017年03月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

自動化生産設備の良品製造条件によるモジュール組合せリマニュファクチャリング法

鈴木拓哉、藤島健太、高田祥三(早稲田大)、大澤拓也、井上徳幸、榊原祐司(デンソー)

2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集(2017/03)893-894.2017年03月

片道利用と相乗りを考慮したカーシェアリングビジネスの設計

堀川将芳、高田祥三

2017年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集(201703)193-194.2017年03月

モニタリングデータに基づくメカトロ機器の予防保全実施基準の決定法

佐藤 雄介,森本 晃弘,高田 祥三

2016年度精密工学会耿季大会学術講演会講演論文集(2016/09)381-382.2016年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

概要: 最近設備のリモートメンテナンスの構築が進められているが,課題として特にメカトロニクス機器の場合は,運転制御用のセンサが用いられているため,監視データが直接故障と対応しないことがある.本研究では運転制御用センサから得られるデータに対して適切な予防保全実施基準を決定する方法を提案し,またその手法を自動改札機に適用しその効果を確認する.

センサデータに基づくメカトロ機器の予防保全の効果評価と改善法

森本晃弘,佐藤雄介,高田祥三

2016年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集(2016/09)383-384.2016年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

概要: メカトロ機器では,モニタリングデータに閾値を設定し異常状態を検知することにより,予防保全を実施する方法が多く採用されている.しかし,実施した予防保全の効果が十分評価されていないために,設定されている閾値の妥当性が分からず不適切な予防保全が行われる場合もある.本研究では,保全実施記録とモニタリングデータの推移から予防保全の実施効果を評価する方法と,それに基づく閾値の改善方法を示す.

A general Maintenance Framework for like Cycle Management of Artifacts

S. Takata

The 19th EA-RTM Symposiun on "Advanced Maintenance"招待有り2016年08月

詳細

口頭発表(招待・特別)

設備状態に応じた設備ライフサイクルコストの予測に基づく設備の更新時期と範囲の決定法

飯島大貴、高田祥三

2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2016年03月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

部品加工業におけるサプライチェーンリスクマネジメント—最適事後対処法とそれに必要な事前対策の決定手法—

河合 遼、高田祥三

2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2016年03月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

環境調和型PSS設計における顧客志向のサービスおよび提供方法の選択手法

大六野 優、髙田祥三

2016年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2016年03月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

A General Maintenance Framework for Utilizing Different Sector Maintenance Technologies

Shozo Takata

World Engineering Conference and Convention 2015招待有り2015年12月

詳細

概要: Our daily lives are supported by various artifacts that require maintenance for maximum efficiency throughout their life cycles. Although maintenance is a universal problem for various artifacts, each sector such as infrastructure, transportation systems, and manufacturing discuss maintenance separately. This hinders the effective use of various maintenance technologies developed by the different sectors. To facilitate technology sharing and knowledge that accumulates in different sectors, a general framework that addresses maintenance issues from the various sector perspectives is required. We propose such a framework in this paper from a maintenance planning perspective. We show the various factors affecting a maintenance strategy. Based on the categorization of these factors, we discuss typical maintenance management and suggest approach models.

顧客要求の違いを考慮した環境調和型製品サービス設計手法-マネージド・ドキュメント・サービスを例として-

松村樹理,大六野 優,髙田祥三

2016年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2015年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

エスカレータのライフサイクルメンテナンスにおける部品取替の同期化方法

中西哲章,髙田祥三

2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2015年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

太陽光パネルのライフサイクルビジネス設計

木山大地,髙田祥三

2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2015年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

モジュール組換リマニュファクチャリングにおける在庫管理方法

荻野俊光,髙田祥三

2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2015年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

新興国に対する低環境負荷リマニュファクチャリング自動車の提供シナリオ

土岐直弘,髙田祥三

2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2015年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

Advances in Remanufacturing Research

S. Takata

3rd Annual world remanufacturing summit招待有り2014年09月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

機器運用段階での特異故障抽出法

木村雄太,髙田祥三

2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2014年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

モジュール組合せマニュファクチャリングのためのモジュール単位モデルチェンジ計画

金 和寛,髙田祥三

2014年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2014年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

自動車部品を対象とした金属元素有効利用のための老廃特殊鋼のリサイクル先鋼種決定法

中村皓多,髙田祥三

2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2013年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

部品特性評価によるサプライチェーンリスク対策検討手法

山中優人,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2013講演論文集2013年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルメンテナンス

髙田祥三

JR東日本第19回R&Dシンポジウム,鉄道メンテナンスの革新-ICTを活用した業務革新をめざして-招待有り2012年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

緊急事後保全実施時の保全計画改訂法

保坂和紀,髙田祥三

エコデザイン2012ジャパンシンポジウム論文集 2012年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

運用中の劣化進展モデル更新に基づくオペレーションとメンテナンスの再計画手法

稲葉晋平,髙田祥三

エコデザイン2012ジャパンシンポジウム論文集 2012年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

モジュール組合せによる新造・再生を区別しないリマニュファクチャリング製品構成法

浦野克哉,髙田祥三

2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2012年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

製品設計段階での長期使用リスクマネジメント

山崎秀章,髙田祥三

2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2012年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

製品サービス提供形態が環境負荷削減方策に与える影響を考慮した環境調和型ビジネス設計支援法

大竹隼平,髙田祥三

2012年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2012年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

製品サービスシステムに基づく環境調和型ビジネスの評価-製品サービスシステムが製品循環に与える影響を考慮したライフサイクルシミュレーション-

松本永純,髙田祥三

2011年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2011年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

状態基準保全の導入効果評価に基づくメンテナンス計画手法

籾山泰良,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2011講演論文集2011年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

総合ロス最小化のためのオペレーションとメンテナンスの統合計画手法

筒井誠,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2011講演論文集2011年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

多様な顧客ニーズに対応したモジュール組合せによるリマニュファクチャリング製品提供方法

酒井貴子,髙田祥三

2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2011年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

機能操作に基づく環境調和型製品設計法

七澤安希子,髙田祥三

2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2011年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

寿命活用率の向上を目的としたOA機器の強制循環

柴田智久,髙田祥三

2011年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2011年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

Product Life Cycles Design -The Key Technology for Implementing Sustainable Manufacturing-

S. Takata

the 17th CIRP International Conference on Life Cycle Engineering招待有り2010年05月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

環境調和型製品サービスシステム設計法

佐藤雄太,髙田祥三

2010年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2010年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ハイブリッド型生産システムにおける変種変量を考慮した人とロボットの作業分担計画法

平野武雄,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2010講演論文集 2010年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

オペレーションとメンテナンスを統合したメンテナンス計画システム

筒井誠,髙田祥三

2009年度精密工学会秋季学術講演会講演論文集2009年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

メンテナンスとリユースを併用した空調設備機器のライフサイクル管理

籾山泰良,髙田祥三

2009年度精密工学会秋季学術講演会講演論文集2009年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

サスティナブルビジネスのトータルパフォーマンス設計 (第2報)-サスティナブルビジネスのキーサクセスファクタ-

近藤伸亮,三島 望,増井慶次郎,松本光崇,梅田 靖,髙田祥三

2008年度精密工学会秋季学術講演会講演論文集2008年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

循環生産における回収量変動を考慮した再生工程管理

酒井貴子,髙田祥三

2008年度精密工学会秋季学術講演会講演論文集2008年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

エンドオブライフ段階でのライフサイクルオプションの決定支援システム

和田知也,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門研究発表講演会2008講演論文集2008年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

製品の有効利用のためのユーザ分類に基づく強制循環計画

坪内健祐,髙田祥三

2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2008年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

適応的検査時期決定手法に基づく状態基準保全

伊藤周平,髙田祥三

2008年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2008年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

劣化進展パターンに基づく保全計画手法

伊藤周平,髙田祥三

日本機会学会生産システム部門講演会2007論文集2007年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

エコビジネス・アイデア生成支援ツールの開発

西岡卓哉,梅田靖,福重真一,近藤伸亮,蔵川圭,髙田祥三

2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2007年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

期待影響度に基づく保全計画評価手法

勝田祐司,髙田祥三

2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2007年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

構造・挙動・機能解析に基づく劣化・故障解析システム

金田亮,髙田祥三

2007年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2007年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

サプライチェーンリスクマネジメント

菅原真一,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門講演会2006講演論文集2006年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

重要度に基づく保全有効度の評価手法

勝田祐司,髙田祥三

平成18年度日本設備管理学会春季研究発表大会論文集2006年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

リユース促進と顧客満足を考慮したモジュール単位モデルチェンジ

渡邉愛,坪内健祐,髙田祥三

2006年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2006年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

循環ビジネス設計支援システムの開発

梅田靖,吉田直人,近藤伸亮,蔵川圭,髙田祥三

2006年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2006年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

AHPに基づく故障影響評価手法

勝田祐司,髙田祥三

2005年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2005年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

循環ビジネスの事例分析

近藤伸亮,蔵川圭,加藤悟,梅田靖,髙田祥三

2005年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2005年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

サプライチェーンリスクマネジメントのための影響評価手法~地震による供給能力低下への影響評価~

菅原真一,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門講演会2005講演論文集2005年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

劣化・故障解析と重要度評価に基づく基本保全計画

勝田祐司,髙田祥三

平成17年度日本設備管理学会春季研究発表大会論文集2005年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

劣化・故障解析と重要度評価に基づくメンテナンス計画手法

柳川明史,金田亮,辻本知史,髙田祥三

2005 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2005年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

Evaluation of Product Life Cycle Strategy by means of Life Cycle Simulation

S. Takata

the 6th International Conference on Frontiers of Design and Manufacturing招待有り2004年06月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

循環型製品の回収予測に関する研究

渡邉愛,髙田祥三,大林陽一郎

2004年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2004年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルシミュレーションに基づく循環プロセス管理方式の検討-部品リユースを考慮した部品発注方式-

髙田祥三,木村孝

日本機械学会生産システム部門講演会2004講演論文集2004年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

鉄リサイクルアライアンスの構想

田上裕起,鈴木広人,伊藤博志,髙田祥三,大野高弘

2004 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2004年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

コンピュータマネキンを用いた組立作業の仮想改善 -作業困難度評価の適用-

松永浩利,髙田祥三

2004 年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2004年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

コンピュータマネキンを用いた組立作業の仮想改善

松永浩利,髙田祥三

2003年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2003年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

設備ライフサイクルのための劣化・故障データ管理システム

福山宗央,髙田祥三

日本機械学会 2003年度年次大会2003年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

再使用性設計のための部品寿命予測

髙田祥三

2003年度IMS研究成果講演論文集2003年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

部品循環性評価のためのライフサイクルシミュレーションシステム

木村孝,髙田祥三

日本経営工学会平成15年度春季大会予稿集2003年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

コンピュータマネキンを用いた人による組立作業の仮想改善システム

松永浩利,菅原悠介,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門講演会2003講演論文集2003年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

循環工程管理機能を有したライフサイクルシミュレーションシステム

木村孝,髙田祥三

エコデザイン2002ジャパンシンポジウム論文集2002年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

部品循環性評価のためのライフサイクルシミュレーションシステム

木村孝,髙田祥三

2002年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2002年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ユニット再使用のためのOA機器の劣化診断

松永浩利,越智公央,髙田祥三,大林洋一郎

日本機械学会2002年度年次大会講演論文集2002年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

OA機器のユニット再使用のための評価に関する研究

越智公央,髙田祥三,大林陽一郎

2002年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2002年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

部品リユースのための部品発注計画と製品分解計画

高橋健一,木村孝,村田裕樹,髙田祥三

日本機械学会生産システム部門講演会2002講演論文集2002年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルメンテナンス-情報化時代のメンテナンス技術-

髙田祥三

計測自動制御学会2002年度産業応用部門大会招待有り2002年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

21世紀のメンテナンスのありかた

髙田祥三

日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集招待有り2002年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

設備モデルに基づく劣化・故障解析支援システム

長島聡,髙田祥三

2001年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集2001年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

診断機能を有した保全情報収集システム,2001年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 (2001/3) 372.

丁黎,長島聡,髙田祥三

2001年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2001年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

劣化予測に基づく産業用ロボットのライフサイクル管理-関節歯車の摩耗を考慮した設備配置と動作条件の最適化-

山田篤史,山元亮祐,髙田祥三,安井俊徳,犬飼利宏

2001年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2001年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルシミュレーションによるNC工作機械の劣化予測

山田拡行,堀内洋,大塚則幸,髙田祥三

2001年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集2001年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

21世紀におけるメンテナンス

髙田祥三

日本プラントメンテナンス協会創立20周年記念講演会招待有り2001年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

作業状態の認識機能を有した分解作業支援システム

磯辺宏樹,藤井寛,髙田祥三

エコデザイン2000ジャパンシンポジウム論文集2000年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

部品循環型製品のライフサイクルデザインの研究

髙田祥三,大成尚,棟近雅彦

2000年度IMS研究成果講演論文集2000年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

循環型社会におけるメンテナンス技術の役割

髙田祥三

日本プラントメンテナンス協会,第1回メンテナンス技術全国大会発表資料集招待有り2000年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ネットワークセントリック設備管理システム-劣化予測に基づく組立て作業診断への適用-

成田光輝,山田篤史,髙田祥三,淺間一,幸田武久,平岡弘之

日本機会学会第9回設計工学・システム部門講演会講演論文集1999年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルシミュレーションに基づくロボットの作業設計支援システム

山元亮祐,山田篤史,髙田祥三,安井俊徳,榊原聡

1999年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集1999年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

フィーチャーベースCAMを用いた加工知識獲得

折田勝弘,山田拡行,髙田祥三

1999年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集1999年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

MP情報管理システム-不具合対策のための知識抽出-

井上祐,髙田祥三,淺間一,幸田武久,平岡弘之

1999年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集1999年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ネットワークセントリック設備管理システム-組立ロボットのリモートモニタリングへの適用-

山田篤史,髙田祥三,成田光輝,久保崇,小島正年

1999年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集1999年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

製品・設備ライフサイクルマネジメント

髙田祥三

日本学術会議50周年記念シンポジウム「設計の質的転換」講演論文集招待有り1999年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

MP情報管理システム

井上祐,髙田祥三

日本機械学会第8回設計工学・システム部門講演会講演論文集1998年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

MP (保全予防)情報管理のための不具合事例入力システム

井上祐,髙田祥三,淺間一,幸田武久,平岡弘之

1998年度精密工学会秋季大会学術講演論文集1998年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルシミュレーションを用いたロボットの作業設計-速度パターンの最適化による劣化の低減-

山田篤史,髙田祥三,淺間一,幸田武久,平岡弘之

1998年度精密工学会秋季大会学術講演論文集1998年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

製品・設備のライフサイクル管理

髙田祥三

1998年度精密工学会秋季大会学術講演論文集1998年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

定量情報を考慮した設備劣化予測システム

小西規雄,髙田祥三,浅間一,幸田武久

1998年度精密工学会春季大会学術講演論文集1998年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

作業設計の改善によるロボットの信頼性向上

栗原雅,髙田祥三,浅間一,幸田武久

1998年度精密工学会春季大会学術講演論文集1998年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクル・シミュレーションを用いたロボットの作業診断

山田篤史,髙田祥三,浅間一,幸田武久

1998年度精密工学会春季大会学術講演論文集1998年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

保全作業を行なう群ロボットの自律分散適応スケジュールリングシステムの開発

浅間一,先野嘉人,鈴木剛,藤井輝夫,髙田祥三,平岡弘之,幸田武久,嘉悦早人,佐藤一省,遠藤勲

1997年度精密工学会春季大会学術講演論文集1997年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクル・シミュレーションによるロボットマニピュレータの劣化予測

山田篤史,髙田祥三,平岡弘之,浅間一,幸田武久,松元明弘

1997年度精密工学会春季大会学術講演論文集1997年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

設備モデルを活用した事例ベース設備劣化予測システム

塩野寛,髙田祥三

平成8年度日本設備管理学会秋季研究発表大会論文集1996年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

事例に基づく設備劣化予測-部品間の影響伝播を考慮に入れた劣化予測-

塩野寛,髙田祥三,平岡弘之,浅間一,幸田武久,松元明弘

1996年度精密工学会秋季大会学術講演論文集1996年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

事例に基づく設備劣化予測

塩野寛,髙田祥三,平岡弘之,浅間一,琴坂信哉,幸田武久,松元明弘

1996年度精密工学会春季大会学術講演論文集1996年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

設備モデルからの機構情報の抽出

斉藤大典,平岡弘之,髙田祥三,浅間一,琴坂信哉,幸田武久,松元明弘

1996年度精密工学会春季大会学術講演論文集1996年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

設備ライフサイクルを考慮したメンテナンスマネジメント

髙田祥三

日本設備管理学会ライフサイクル保全シンポジウム'96招待有り1996年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルシミュレーションのための設備モデル

斉藤大典,平岡弘之,江守慎一,髙田祥三,浅間一,琴坂信哉,幸田武久

1995年度精密工学会春季大会学術講演論文集1995年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

ライフサイクルメンテナンスとモデルベース劣化予測

髙田祥三

日本トライボロジー学会JASTトライボロジー・フォーラム'95招待有り1995年

詳細

国内会議口頭発表(一般)

設備モデルに基づく劣化モード解析システム

山岡延行,髙田祥三,浅間一,琴坂信哉,平岡弘之,幸田武久

1994年度精密工学会秋季大会学術講演論文集1994年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

モデルベース劣化モード解析システム

山岡延行,髙田祥三

日本設備管理学会春季研究発表大会論文集1994年03月

詳細

国内会議口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

生産システムの垂直立上げのための仮想改善システム

配分額:¥3500000

研究種別:基盤研究(C)

部品循環性を向上させた製品開発のための評価システム

2000年-2001年

研究分野:設計工学・機械要素・トライボロジー

配分額:¥3000000

研究種別:

仮想生産のためのプロセスシミュレーションの統合化に関する研究

配分額:¥20400000

研究種別:

モデルベースFMEAのための生産設備モデル

配分額:¥2000000

研究種別:

仮想生産システムのモデリングと分散シミュレーションに関する研究

配分額:¥19000000

研究種別:

事例推論を用いた生産設備の劣化予測に関する研究

配分額:¥2100000

研究種別:

センサ融合に基づく異常処理機能を有したインテリジェント工作機械の開発

配分額:¥38700000

研究種別:

生産設備の自己劣化診断に関する研究

配分額:¥1800000

研究種別:

予測切削力変化パタ-ンを用いた工作機械の予見制御に関する研究

配分額:¥1700000

研究種別:基盤研究(C)

環境調和型プロダクト・サービス・ビジネスの設計支援システムの開発

2012年-2014年

研究分野:社会システム工学・安全システム

配分額:¥4550000

研究種別:

環境調和型プロダクト・サービス・ビジネスの設計支援システムの開発

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥4550000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

ライフサイクルマネジメントのためのモデルと評価技術1999年-2003年

実施形態:受託研究

複写機のライフサイクル管理のための循環モデリングの研究2003年-2004年

実施形態:共同研究

ビルのライフサイクルマネジメントに関する研究2013年-2014年

実施形態:受託研究

サプライチェーンリスク評価シミュレータの研究2011年-2012年

実施形態:受託研究

空調用バルブアクチュエータのライフサイクルメンテナンス研究2008年-2010年

実施形態:受託研究

固体識別システムを用いた設備・制御機器のライフサイクル管理に関する調査研究2008年-2008年

実施形態:受託研究

制御機器プロファイリング項目と手法に関する調査2007年-2007年

実施形態:受託研究

製品ライフサイクルを考慮した設計支援システムの研究2007年-2007年

実施形態:受託研究

エスカレーターの予兆監視項目拡大に関する調査研究2006年-2006年

実施形態:受託研究

電子機器メンテナンスの在り方に関する調査研究2005年-2005年

実施形態:受託教育

製品ライフサイクルを考慮した設計支援システムの研究2005年-2006年

実施形態:受託研究

現場診断システムの支援ソフトの開発研究2004年-2004年

実施形態:受託研究

劣化予測とリモート監視を統合した保全方式に関する研究2004年-2004年

実施形態:受託研究

エスカレータをモデルとした保全最適化プログラムの開発2004年-2004年

実施形態:受託研究

合理的なオペレーション&メンテナンスのためのライフサイクルメンテナンス研究2003年-2003年

実施形態:受託研究

サプライチェーンマネジメントに関わるリスクの研究2003年-2003年

実施形態:受託研究

部品特性に応じた寿命推定方法に関する研究2002年-2003年

実施形態:受託研究

劣化モデルに基づく寿命評価システムに関する研究2001年-2001年

実施形態:受託教育

製品の全ライフサイクルを考慮した統合的設計支援のためのモデリング環境の研究2000年-2004年

実施形態:共同研究

製品ライフサイクルとその支援情報インフラストラクチャの構築1999年-2000年

実施形態:受託研究

部品循環型製品のライフサイクルデザインの研究1999年-1999年

実施形態:共同研究

「横断的メンテナンス技術の研究開発」における「メンテナンスシステムの開発(システムの詳細設計とネットワークモデルの試作)」1998年-2000年

実施形態:受託研究

仮想生産環境に関する研究1998年-1999年

実施形態:共同研究

生産設備の大規模データ解析手法の研究2015年-2015年

実施形態:共同研究

空調機におけるデータを活用したライフサイクルマネジメントに関する研究2015年-2015年

実施形態:共同研究

鉄道駅設備におけるメンテナンスのあり方 Ⅱ2015年-2015年

実施形態:共同研究

鉄道駅設備におけるメンテナンスのあり方2014年-2014年

実施形態:共同研究

顧客満足と環境を考慮した製品のモデルチェンジ計画に関する研究2005年-2005年

学内研究制度

特定課題研究

環境調和型プロダクト・サービス・ビジネスの設計支援技術の開発

2011年度

研究成果概要:1. 序論 環境問題の深刻化にともない,製造業は循環型生産に基づく環境調和型ビジネスへの移行が求められている.環境調和型ビジネスとは,「環境負荷削減方策を組込むことで,顧客価値と収益性を保ちながら従来よりも環境負荷削減を実現するビ...1. 序論 環境問題の深刻化にともない,製造業は循環型生産に基づく環境調和型ビジネスへの移行が求められている.環境調和型ビジネスとは,「環境負荷削減方策を組込むことで,顧客価値と収益性を保ちながら従来よりも環境負荷削減を実現するビジネス」と定義する.従来の売切り型ビジネスでは,多くの場合3R (Reduce, Reuse, Recycling) の組込みは難しい.それは,使用・廃棄段階においてメーカによる管理ができず,使用履歴の把握や回収が容易でないからである.このような売切り型ビジネスからの脱却,およびそれによる環境負荷削減の期待から,近年,製品サービスシステム(以下PSS)の概念が注目されている.しかし,PSSに基づく環境調和型ビジネス設計手法に関する従来研究は,事例に基づいたものが多いが,成功事例が少なくPSSビジネスと環境負荷削減効果の間の関係について十分な知見が得られていない[1]. 本研究では,PSSビジネスにおける製品サービス提供形態に着目し,環境負荷削減効果との関係を検討する.ここで,製品サービス提供形態とは,「機能実現のための製品・サービスの構成,およびそれらを提供するための契約方法の組み合わせ」と定義する.まず,製品サービス提供形態と環境負荷削減方策の対応関係をそれらのメカニズムに基づいて分析する.そして,作成した対応表を基に,対象製品の特性に応じて選択される環境負荷削減方策を有効に機能させる上で効果のあるサービスと契約方法の組み合わせを導出し,環境調和型ビジネス設計支援に役立てることを目的とする.なお,本研究では,既存の提供形態の改善設計を目的としているため,製品改善や新規ビジネス設計は対象としない.2. 製品サービス提供形態と環境負荷削減方策の整理2.1. 製品サービス提供形態の構成要素 従来,製品サービス提供形態の変更,例えば,売切り型からレンタルへの変更による環境負荷削減の可能性などは議論されている[1].しかし,レンタルにより,組込み可能となる具体的な環境負荷削減方策とその削減メカニズムは明確にされていない.このことから,製品サービス提供形態を特徴づける要素を明らかにし,それらが個々に,環境負荷削減方策に対して与える影響を分析することが必要である.本研究では,製品循環の中で顧客と関連する要素として,所有権,期間,使用者,使用場所,メンテナンス実行者,回収者,引取場所の7つを製品サービス提供形態の構成要素として扱う.2.2. サービスの分類 サービスは,提供物の面から,行為,情報,金融に分類できる.また,梅田の環境サービスの分類を基にすると,製品および製品LCに関する「LC管理型サービス」と,直接顧客に提供される「ユーザ指向型サービス」に分類できる[2].本研究では,このうち製品のLC管理に直接影響を与え,環境負荷削減効果が高いと考えられるLC管理型サービスを扱う.また,提供物としては,行為の提供として「作業請負」,「場所提供」,「回収」を,情報の提供として「助言」を考える.2.3. 環境負荷削減方策の整理 環境負荷削減方策は,木村ら[3]に整理されたものを拡張して,メンテナンス,製品リユース,部品リユース,リサイクル,適正条件使用,適正環境使用,共同利用,複数量処理を考える.3. 製品サービス提供形態と環境負荷削減方策の対応表(1)環境負荷削減方法の整理 使用段階の主な環境負荷削減対象として,資源とエネルギがある.資源の削減方法は,生涯台数と運用台数の削減に分類できる.生涯台数は,各顧客が一定期間中に使用する台数を意味する.運用台数は,ある期間において同時に運用する台数を意味する.生涯台数の削減は,「メンテナンス」,「適正条件使用」,「適正環境使用」,「製品リユース」に対応する.運用台数の削減は,「共同利用」に対応する.エネルギは,原単位の低減と使用量の削減の2つがある.原単位の低減は製品改善にあたるので今回は扱わない.使用量の削減は,使用回数,使用時間の削減,および運転状態の改善に分類できる.使用回数の削減は,「適正条件使用」,「複数量処理」,使用時間の削減,運転状態の改善は「適正条件使用」に対応する. 製造段階の環境負荷削減対象は,主に資源である.資源の削減方法としては,「部品リユース」,「リサイクル」がある. (2)製品サービス提供形態の構成要素との対応付け 各環境負荷削減方策が「人」,「場所」,「提供方法」,「LCフロー」のどれにより実行されるのかという実行因子を把握する.そして,「人」,「場所」は,代替・促進,「提供方法」は配置方法,「LCフロー」は介入の改善策を適用し,製品サービス提供形態の構成要素と対応付ける.「人」は,使用者,保守実行者と対応する.「場所」は,使用場所と対応する.「提供方法」は,所有権,期間と対応する.最後に,「LCフロー」は,回収者,引取場所と対応する.各改善策の定義は以下に示す.・代替:従来より適切に行える人,場所に変更すること・促進:使用者に従来より適切な使用を促すこと・配置方法:製品循環または,人の集合により使用すること・介入:使用から廃棄のLCフローに介入し,再投入を実現すること 例えば,「適正条件使用」は,実行因子が人であり,改善策として代替・促進が対応する.そのため,使用者の変更のために作業請負サービス,または使用者の行動改善のために助言サービスを付加することが有効である.4. 製品サービス提供形態の導出方法(1)環境負荷削減方策の決定 LCAから環境負荷の大きいLC段階を把握する.削減対象より,製品に有効な環境負荷削減方策を選定する.(2)製品サービス提供形態の構成要素の値の決定 環境負荷削減を有効に機能させるために,必要な製品サービス提供形態の構成要素の値を変更する.5. 掃除機への適用(1)環境負荷削減方策の決定 掃除機の製品耐用寿命は7年,製品価値寿命は8年である.環境負荷はLCAより,材料調達・部品製造段階が4割,使用段階が3割を占める[3].価値寿命のほうが長いため,生涯台数削減として,「メンテナンス」を適用する.また,掃除機は,使用時期のばらつきおよび非稼働時間が比較的多い製品である.そのため,運用台数削減として「共同利用」を適用する.エネルギ削減には,使用時間の削減をするため,「適正条件使用」を適用する.最後に,主要部品の最長寿命が10年であるため,「部品リユース」は行わず,「リサイクル」を適用する.以上より,今回は4つの環境負荷削減方策を組込む.(2)製品サービス提供形態の構成要素の値の決定 掃除機の特性上,使用場所は「顧客」となる.「共同利用」は,配置方法の改善策から所有権,期間を変更する.次に,「適正条件使用」は,代替・促進の改善策から使用者の変更,もしくは,使用者の行動改善をする.「メンテナンス」は,代替・促進の改善策から,保守実行者を変更する.最後に,「リサイクル」は, LCフローの改善策から,回収者,引取場所を変更する.これら4つの環境負荷削減方策の組み合わせを考え, 今回は29の製品サービス提供形態が導出できた.6. 考察 まず,環境負荷削減方策間のコンフリクトを考察する.「共同利用」により,製品の稼働率が増加する一方,劣化速度は速くなる.それに対して,「適正条件使用」により,劣化速度の減少およびエネルギ消費の抑制が可能となる.また,「メンテナンス」により,状態量の回復という効果もある.「リサイクル」による新規素材投入量の削減も可能となる.そのため,今回の場合,環境負荷削減方策間でのコンフリクトはなく,方策が多く組み込まれている案1,2が環境面では望ましいと考えられる.  次に,環境負荷削減方策の効果の優先順位を考察する.「共同利用」は運用台数を削減するため,最も環境負荷削減の効果が期待できる.また,今回の場合,掃除機の平均使用時間が比較的短く,「適正条件使用」による使用時間の削減およびそれによる環境負荷削減効果は低いと考えられる.そのため,「メンテナンス」による長期使用の実現とそれによる環境負荷削減効果のほうが高いと考えられる.「リサイクル」は最後に必ず行われるものであり,全ての製品サービス提供形態に含まれる.以上より,今回の場合,環境負荷削減方策の効果の優先順位は,「共同利用」,「メンテナンス」,「適正条件使用」である.これに基づき,3つの方策を組込む場合の製品サービス提供形態の優先順位が付けられる.7. 結論 本研究は,製品サービス提供形態と環境負荷削減方策との関係をメカニズムに基づいて,分析的に解明することで,環境調和型ビジネスの設計支援法を提案し,掃除機へ適用した.実際の環境負荷削減効果はLCSによる検証が必要である.参考文献[1]佐藤雄太,環境調和型製品サービスシステム設計法,精密工学会春季大会学術講演会,2010, pp177-178.[2]梅田靖,持続可能社会に向けた環境サービスイノベーション,精密工学会誌,Vol76,No.3,2010,pp257-260.[3]木村文彦他,インバースマニュファクチャリングハンドブック,丸善,2004,pp57-60.[4]小林英樹,製品ライフサイクルプランニング,オーム社,2003.

状態基準メンテナンス・更新統合計画法

2017年度

研究成果概要:本研究では,複数アイテムから構成される設備について,アイテム間の相互作用を考慮しながら,構成要素の交換を行うべきか,あるいは設備自体の更新を行うべきかなどの意思決定を最適化する手法を提案した.意思決定は,運転データから判断される設...本研究では,複数アイテムから構成される設備について,アイテム間の相互作用を考慮しながら,構成要素の交換を行うべきか,あるいは設備自体の更新を行うべきかなどの意思決定を最適化する手法を提案した.意思決定は,運転データから判断される設備構成要素の処置タイミング,監視データから故障の予兆を検知したタイミング,設備構成要素が故障したタイミングで行うものとし,各時点での最適な処置内容と範囲は,運転履歴や監視データから推定する構成要素の余寿命と今後の運転状態などを考慮して決定する.提案手法を商業用ビルに設置されたマルチエアコンに適用し,運転方法等の違いに応じた適切な意思決定が可能なことを確認した.

設備更新計画を統合した状態基準メンテナンス処理内容決定法

2016年度

研究成果概要:Forreducing the life cycle cost of the facilities, it is important to select theproper treatment based on the facil...Forreducing the life cycle cost of the facilities, it is important to select theproper treatment based on the facility condition at the time of decision makingsuch as the time of preventive maintenance. For example, we need to decide whetherwe should replace a lower level item or an upper level item in the case of alower level item failure of the facilities with a hierarchical structure. Inthis study, we propose a method to estimate the expected extent ofdeterioration and failure effects which would occur in the future, based on theoperation and maintenance history as well as the current operating conditions,and to determine the appropriate treatments. In this method, we take the complementaryfunctional relationships among facility components in the case of redundantstructure into consideration in evaluating the failure effects. The method hasbeen applied to the multi-sprit type air-conditioning system of a commercialbuilding to illustrate its effectiveness.

コスト競争力強化のための機器リユースを考慮したリーンオートメーション設計手法

2018年度

研究成果概要: 近年、変化に対して柔軟に対応できる自動化ラインが求められている。これに関して、最近提案されたリーンオートメーション設計法では、マテハン機器がライン上を移動しながら複数マテハン作業を実行するため、生産要求が変化しても各機器の実行す... 近年、変化に対して柔軟に対応できる自動化ラインが求められている。これに関して、最近提案されたリーンオートメーション設計法では、マテハン機器がライン上を移動しながら複数マテハン作業を実行するため、生産要求が変化しても各機器の実行する作業を組み替えることで機器構成の変更を最小限に抑え、変更コストを削減できる可能性がある。しかし、現状の設計法では、将来の変更を考慮していない。そこで本研究では、モンテカルロ感度分析を用いて、将来発生するであろうライン変更で必要となるコスト増加が小さいマテハン機器の組み合わせを選択する設計方法を開発し、自動車のエンジンECUに適用することで有効性を確認した。

生産設備のライフサイクルシミュレーション

1995年度

研究成果概要: 生産の設備依存度が高まる中で,設備をライフサイクルを通じて適切に維持管理していくことがますます重要となっている。そのためには,設備に将来起こるであろう劣化とそれが原因となる故障を予測することが必要である。それにより,設備開発段... 生産の設備依存度が高まる中で,設備をライフサイクルを通じて適切に維持管理していくことがますます重要となっている。そのためには,設備に将来起こるであろう劣化とそれが原因となる故障を予測することが必要である。それにより,設備開発段階における信頼性・保全性設計,運用段階での保全計画などを適切に行うことができるようになる。本研究は,設備の運用にともない各部に生じる劣化とそれによって引き起こされる機能低下を,設備のモデルを基にコンピュータ上でシミュレートするライフサイクルシミュレーション技術の確立を目指すものである。 設備の例としてロボット・マニピュレータを例にとり研究を進めた。シミュレーションは以下の手順で行う。1)指定されたロボットの構造と与えられた作業から,各関節に加わる負荷を計算する。2)関節を構成する部品に加わるストレスを各関節負荷と関節構造のモデルに基づき計算する。3)関節を構成する部品の中で,歯車ところがり軸受けについて,摩耗と疲労損傷に関するモデル式を設定し,劣化の進行を予測する。4)関節部品の摩耗によって生じる各関節の誤差から,手先の位置,姿勢誤差を評価する。5)見積もられた誤差と作業遂行のための条件を対照させて作業の達成可能性を評価する。 以上のシミュレーションを実行するシステムをEWS上で試作した。マニピュレータとして,ピューマ型,スタンフォード型,ひじ型を例にとり,簡単な溶接作業を想定したシミュレーションを行った。この結果,マニピュレータおよび作業の違いによって各関節部品の劣化の進行に違いが生じること,またその結果として各作業点での誤差にもかなりの差が生じることが明らかとなった。

生産システムのライフサイクル・メンテナンス

1997年度共同研究者:大成 尚, 棟近 雅彦

研究成果概要:生産設備をそのライフサイクルを通じて適切に管理するためには、想定される設備の使用環境、運転状況に基づき、設備の設計、運用、保全の内容を十分に事前検討し対策を施すことが必要である。さらに、それでも運用段階で生じる種々の問題に関しては...生産設備をそのライフサイクルを通じて適切に管理するためには、想定される設備の使用環境、運転状況に基づき、設備の設計、運用、保全の内容を十分に事前検討し対策を施すことが必要である。さらに、それでも運用段階で生じる種々の問題に関しては、的確に情報を収集し、運用、保全計画ならびに設計改善にフィードバックする必要がある。本研究では、このようなフィードフォワードとフィードバックのループを効果的に回すことで、常に設備の進化を図りながらその管理をするための設備ライフサイクルメンテナンスのフレームワークとそれに必要なツールの開発を行った。前者に関しては、種々の変化に適応してメンテナンス方式を選択する基本計画機能を軸にして、3つの管理ループを持った仕組みを提案した。また、設備の使用にともなう種々の問題を事前検討するためのツールとして、設備を特定の運転条件で使用したとき、その各部に生じる劣化とそれにともなう機能低下を、設備モデルと劣化モデルに基づいて予測する、ライフサイクルシミュレーションシステムを開発した。これを、実際の自動組立ラインで用いられている産業用ロボットに適用し、過去数年間の故障履歴とシミュレーションの結果を比較することにより、システムの妥当性を検証した。さらに、設備の運用段階で生じる種々の不具合に関する情報を適切に収集し、それを基に運転、保全、ならびに設計においてそれぞれ改善すべき項目を抽出するためのMP情報管理システムの検討を行った。まず、不具合情報の内容を分析し、そこに盛り込まれる項目の分類と設計にフィードバックすべき情報の整理を行った。さらに、設備の劣化にともなう不具合を、一定の形式で表現するための不具合情報入力システムを開発した。このシステムでは、現象を不具合を引き起こす基本的なメカニズムの組合せとして表現するとともに、不具合が生じた部位を3次元ソリッドモデルに基づく設備モデル上に表現できるようにした。これにより、情報の欠落やあいまいな表現を避け、統一的で再利用可能な不具合情報の収集が可能となった。

設備ライフサイクル管理のためのMP情報システム

1998年度

研究成果概要: 設備の効率的運用のためには、開発・設計部門と運用部門の密接な連携による設備ライフサイクル全体にわたる保全活動が不可欠である。とりわけ、設備の開発・設計段階において運用段階における設備の信頼性や保全性を確保する保全予防(MP:Ma... 設備の効率的運用のためには、開発・設計部門と運用部門の密接な連携による設備ライフサイクル全体にわたる保全活動が不可欠である。とりわけ、設備の開発・設計段階において運用段階における設備の信頼性や保全性を確保する保全予防(MP:Maintenance Prevention)活動が重要であり、そのためには、既存の設備から得られる諸情報(MP情報)を開発・設計段階へ適切にフィードバックする必要がある。 MP情報の収集と活用に関する実態調査を行った結果によると、収集に関しては、保全員により表現に個人差があったり、必要な情報が記述されていないなどの問題がある。また、その活用に関しても、収集された不具合事例が、開発・設計部門への要望事項(フィードバック情報)の作成に十分に参照されず、むしろ保全員の記憶に依存している面が強いという問題がある。 本研究では、これらの問題点を解決するために、MP情報のうち、既存の設備の運用段階で発生した劣化、故障などの不具合に関する情報の収集と活用を計算機により支援するシステムを構築した。まず、不具合事象の表現手法として、疲労、摩耗といった基本的事象とそれを生起させる要因とを組合わせた劣化・故障メカニズムを考え、不具合事象をこれらのメカニズムの連鎖として記述する方法を提案した。一方、それらの事象が生起する箇所については、設備を構成する要素の特性とそれらの間の組立構造を記述した設備モデルを用いて表現する方法を提案した。これらの方法に基づき、不具合事象入力支援システムを試作した。このシステムでは、入力形式や記述に必要な用語がコンピュータにより示されるので、不具合事象を、現象とそれが発生した設備箇所の両面から統一的に表現することができる。 また、このシステムで蓄積された不具合事例を概念階層を用いて汎化し、そこから、共通する因果関係を属性指向アルゴリズムを応用して抽出するフィードバック情報生成システムも試作した。さらに、これらのシステムを、MP情報管理システムとして統合し、機械加工工場の旋削加工機に適用しその有効性を確認した。

部品循環性を向上させた製品開発のための評価システム

2000年度

研究成果概要: 資源・環境問題が深刻化する中で、生産活動における環境負荷や資源消費量を押さえながら、社会に必要な機能を提供する循環型生産の実現が強く求められている。ものを循環させる場合、なるべく内側のループをたどることが効率的と考えられるので、... 資源・環境問題が深刻化する中で、生産活動における環境負荷や資源消費量を押さえながら、社会に必要な機能を提供する循環型生産の実現が強く求められている。ものを循環させる場合、なるべく内側のループをたどることが効率的と考えられるので、材料リサイクルよりも、製品・部品リユースの促進が望まれる。OA機器を代表とする多くの民生用製品に見られるように、頻繁にモデルチェンジや新製品開発が行われる場合は、部品の再使用性を高めることにより、複数世代の製品にわたって同一部品を使用できるようにすることが必要となる。本研究では、そのための部品寿命評価技術と分解作業時間推定技術の開発を行った。 部品寿命評価に関しては、機構の劣化シミュレーションシステムの検討を行った。特に、摩耗の進行にともなって機構の挙動が変化し、その結果がまた摩耗の進行に影響するといった、劣化と挙動の相互作用が存在する機構の劣化進行過程を解析する目的で、撃力ベース手法に基づく摩耗シミュレーションシステムの構築を試みた。撃力ベース手法では、物体に働く力をすべて衝突力に置き換えてモデル化することにより、ガタのある機構のような複雑な運動の解析が統一的に行える。本研究では、2次元のシミュレータを試作し、軸受け摩耗の解析に適用した。この結果、偏摩耗の進行過程を明らかすることができた。 また、製品設計段階で分解作業時間の推定を正確に行うことは、易分解性設計のために重要である。これまでにも、分解性評価手法については、種々の手法が検討されているが、そのほとんどは、部品特性やそれらの接続特性に基づいて分解性を評価するもので、特定の作業環境の基で作業時間そのものを推定するものではない。本研究では、コンピュータマネキンを用いて一連の分解作業をモデル化し、それより得られる作業中の人体各部の動きのデータを用いて、手を伸ばす、運ぶ、回す、圧す、つかむ、定置する、放す、引き離す、歩行といったMTMの標準要素作業を識別し、それらに標準要素作業時間を割り当てることにより、総作業時間を推定するシステムの開発を行った。

ライフサイクル設計のためのエージェントベースライフサイクルシミュレーション

2004年度

研究成果概要: 資源・環境問題の深刻化にともなって循環型生産システムの実現が必要とされている.これからの生産システムは,モノを社会に提供することではなく,資源は循環させながら,社会に必要な機能を提供することが求められる.しかし,これまでの,生産... 資源・環境問題の深刻化にともなって循環型生産システムの実現が必要とされている.これからの生産システムは,モノを社会に提供することではなく,資源は循環させながら,社会に必要な機能を提供することが求められる.しかし,これまでの,生産・流通・販売の仕組みを前提とするのでは,ビジネスとして成立する循環型生産の実現は困難であり,循環に関わる種々の主体の行動様式とそれを規定する条件を変更することで,初めて循環型ビジネスが成立すると考えられる.このためには,製品ライフサイクルを適切に設計するとともに,製品ライフサイクルを構成する,製造,流通,販売,使用,回収,再生などのプロセスに関わる個々の主体の振舞いを評価する必要がある.本研究では,これらの独立した主体が形成する循環型生産システムの振舞いを評価するために,マルチエージェントシミュレーション技術を用いたライフサイクルシミュレーションの実現を目的としている. 本年度は,このための要素技術開発として,リース型製品の回収予測についての検討を行った.これは,使用者が,どのようなタイミングで製品の使用を中止するのかを予測するためのモデルを構築することを目的としている.具体的には,リース契約が多い複写機を例にとり,実際の販売および回収データを用いて分析を行った.この結果,リース契約のユーザの中には,リース期間が満了するまでにほぼ使用を中止するリース型ユーザと,リース期間に関わらず買取の場合と同じような使用中止行動をする買取型ユーザの2種類があることが分かった.また,使用中止割合の時間推移に関わる要因を分析した結果,期末の回収量が増えるといった季節変動成分と,使用期間が,3年,4年といったきりのよい時期に回収量が増える年変動成分が存在することが明らかになった.さらに,これらの各要因を考慮することで,使用時間に対する使用中止割合の基本変化パターンを販売量の推移に基づいて再構成することで,特定時点の回収量が予測できることを示した.

ライフサイクルメンテナンス計画システムの構築

2005年度

研究成果概要: グローバル生産環境における競争力の強化,循環型社会の実現に向けた資源活用などの面から,生産設備の効率的な運用のためのメンテナンス技術の高度化は,ますます重要な課題になっている.一方,熟練技術者の不足,容赦のないコスト低減要求から... グローバル生産環境における競争力の強化,循環型社会の実現に向けた資源活用などの面から,生産設備の効率的な運用のためのメンテナンス技術の高度化は,ますます重要な課題になっている.一方,熟練技術者の不足,容赦のないコスト低減要求から,メンテナンス活動の質の低下が問題となっている.一方で非効率的なメンテナンス作業を放置しながら,他方で重要性の高いメンテナンス作業を省略した結果,故障や事故を引き起こすといった事例が後を絶たない.このような状況をもたらしている原因は,メンテナンス方式を合理的に決定するための実用的な手法が未だ確立していないことにあると考えられる. このような背景の下で,本研究では,これまで検討してきた劣化・故障予測技術,劣化知識管理技術および設備モデルなどの研究を基に,実用性の高いメンテナンス計画手法を確立することを目指した.まず,設備に生じる劣化・故障特性や適用可能なメンテナンス技術などに関する技術的評価と,設備故障の重要度などに関する管理的評価を統合してメンテナンス方式の決定をおこなう手順を提案した.特に,重要度評価に関しては,AHPに基づく評価項目の選択と重み付けの方法を開発した. さらに,メンテナンス計画を合理的に行おうとすると,設備の劣化・故障に関する網羅的な解析が必要となり作業量が多くなるという問題を解決するために,劣化故障解析を支援するツールを検討した.その結果,部品接続グラフを解析することで,運動伝達機能に関して,故障の伝播経路を自動探索するアルゴリズムを開発した.また,それに基づく支援ツールを作成し,それをミシンの機構に適用し,その有効性を確認した.

顧客満足と環境負荷を考慮したモジュールベースモデルチェンジ計画

2007年度

研究成果概要:持続可能な社会の実現のためには,製品の機能を向上させながら,その製品の製造から廃棄までにかかる環境負荷を削減しなくてはならないが,これらの両立は一般には容易でない.環境負荷削減には,部品や製品のリユースが有効であり,リユース対象物...持続可能な社会の実現のためには,製品の機能を向上させながら,その製品の製造から廃棄までにかかる環境負荷を削減しなくてはならないが,これらの両立は一般には容易でない.環境負荷削減には,部品や製品のリユースが有効であり,リユース対象物の製造期間を長くすることで,リユースの効果も高くなる.一方,機能向上のためのモデルチェンジはその製品の製造期間を短くするため,限界リユース率を下げることになる.本研究は,リユースによる環境負荷の削減と製品機能の向上を両立させるために,モジュール単位でのモデルチェンジ計画の立案方法を開発したものである.具体的には,顧客満足とモジュールの関係をコンジョイント分析とQFDの手法を用いて同定し,顧客の要求を満足するように品質特性値を向上させるために,一部のモジュールをモデルチェンジする一方で,環境負荷削減効果が大きくなるように別のモジュールのモデルチェンジを抑えるという考え方に基づき,モジュールごとのモデルチェンジ計画を立案する方法を提示した.また開発手法をコピー機に適用し,その有効性を確認した.

海外研究活動

研究課題名: 循環型生産のための製品ライフサイクルエンジニアリング

2006年10月-2007年03月

機関: ベルリン工科大学(ドイツ)、シェフィールド大学(イギリス)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
経営システム工学総論創造理工学部2019春学期
経営システム工学総論  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
経営システム工学入門実験B創造理工学部2019秋学期
経営システム工学入門実験B  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
生産工学基礎創造理工学部2019春学期
生産工学基礎  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
経営システム工学演習A創造理工学部2019秋学期
経営システム工学演習A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
経営システム工学総合実験創造理工学部2019春学期
経営システム工学総合実験  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A1創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A2創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習A2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B1創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B2創造理工学部2019春学期
卒業研究演習B2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究(論文)創造理工学部2019通年
卒業研究(論文)  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019通年
経営システム工学演習B創造理工学部2019春学期
経営システム工学演習B  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
経営デザイン概論創造理工学部2019秋学期
経営実践・国内プロジェクト創造理工学部2019通年
経営実践・海外プロジェクト創造理工学部2019通年
経営システム・国際プロジェクト創造理工学部2019通年
生産・流通マネジメント創造理工学部2019春学期
製品開発工学創造理工学部2019春学期
製造プロセス工学創造理工学部2019秋学期
設備管理創造理工学部2019秋学期
経営システム工学専門実習(生産システム工学)創造理工学部2019春学期
経営システム工学専門実習(設計・製作)創造理工学部2019秋学期
工場見学・実習創造理工学部2019通年
修士論文(経営D)大学院創造理工学研究科2019通年
経営実践・国内プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
経営実践・海外プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
経営システム・国際プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
設備管理大学院創造理工学研究科2019秋学期
製品開発工学大学院創造理工学研究科2019春学期
製造プロセス工学大学院創造理工学研究科2019秋学期
生産・流通マネジメント大学院創造理工学研究科2019春学期
ライフサイクルエンジニアリング研究大学院創造理工学研究科2019通年
生産システム工学研究大学院創造理工学研究科2019通年
環境調和型生産システム大学院創造理工学研究科2019秋クォーター
環境調和型生産システム大学院創造理工学研究科2019秋クォーター
品質・信頼性工学大学院創造理工学研究科2019夏クォーター
ライフサイクルエンジニアリング演習A1大学院創造理工学研究科2019春学期
ライフサイクルエンジニアリング演習A2大学院創造理工学研究科2019秋学期
ライフサイクルエンジニアリング演習A3大学院創造理工学研究科2019春学期
ライフサイクルエンジニアリング演習A4大学院創造理工学研究科2019秋学期
ライフサイクルエンジニアリング演習B1大学院創造理工学研究科2019春学期
ライフサイクルエンジニアリング演習B2大学院創造理工学研究科2019秋学期
ライフサイクルエンジニアリング演習B3大学院創造理工学研究科2019春学期
ライフサイクルエンジニアリング演習B4大学院創造理工学研究科2019秋学期
プロジェクト研究演習B大学院創造理工学研究科2019春学期
プロジェクト研究演習B大学院創造理工学研究科2019春学期
プロジェクト研究演習D大学院創造理工学研究科2019秋学期
プロジェクト研究演習D大学院創造理工学研究科2019秋学期
生産システム工学演習A1大学院創造理工学研究科2019春学期
生産システム工学演習A2大学院創造理工学研究科2019秋学期
生産システム工学演習A3大学院創造理工学研究科2019春学期
生産システム工学演習A4大学院創造理工学研究科2019秋学期
生産システム工学演習B1大学院創造理工学研究科2019春学期
生産システム工学演習B2大学院創造理工学研究科2019秋学期
生産システム工学演習B3大学院創造理工学研究科2019春学期
生産システム工学演習B4大学院創造理工学研究科2019秋学期
経営デザイン実習(インターンシップ)大学院創造理工学研究科2019通年
ライフサイクルエンジニアリング研究大学院創造理工学研究科2019通年
生産システム工学研究大学院創造理工学研究科2019通年
イノベーション創出思考法 1 (学部生用) 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(春学期)
イノベーション創出思考法 1 (学部生用) 02グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)
イノベーション創出思考法 2 (学部生用) 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(春学期)
イノベーション創出思考法 2 (学部生用) 02グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)
ビジネスアイディア創出法 (学部生用)グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
ビジネスモデル仮説検証(エッセンシャル) (学部生用) 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(春学期)
ビジネスモデル仮説検証(エッセンシャル) (学部生用) 02グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)
ビジネスモデル仮説検証(プレミアム) (学部生用) 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)
イノベーション創出思考法 1 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(春学期)
イノベーション創出思考法 1 02グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)
イノベーション創出思考法 2 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(春学期)
イノベーション創出思考法 2 02グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)
ビジネスアイディア創出法グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
ビジネスモデル仮説検証(エッセンシャル) 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(春学期)
ビジネスモデル仮説検証(エッセンシャル) 02グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)
ビジネスモデル仮説検証(プレミアム) 01グローバルエデュケーションセンター2019集中講義(秋学期)