氏名

ナカジマ セイオ

中嶋 聖雄

職名

教授 (https://researchmap.jp/7000007402/)

所属

(大学院アジア太平洋研究科)

本属以外の学内所属

学内研究所等

現代中国研究所

研究所員 2017年-

国際戦略研究所

研究所員 2017年-

デジタル・ソサエティ研究所

研究所員 2015年-2016年

デジタル・ソサエティ研究所

研究所員 2016年-

現代中国研究所

研究所員 2016年-2016年

自動車・部品産業研究所

プロジェクト研究所所長 2016年-2018年

自動車部品産業研究所

プロジェクト研究所所長 2018年-2023年

次世代ロジスティクス研究所

研究所員 2018年-

自動車部品産業研究所

研究所員 2016年-2018年

自動車部品産業研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学位

博士

取材ガイド

カテゴリー
社会科学
専門分野
現代中国映画、アジアにおけるクリエイティブ産業、中国・東アジア社会・文化論
自己紹介コメント
専門は、現代中国映画産業の社会学的分析ですが、より広くアジアにおけるクリエイティブ産業、中国・東アジア社会論についても、研究を進めています。近年、コンテンポラリー・アート全般、メディアと社会についての論文も執筆しています。アメリカの大学院を卒業し、現地の大学での教員経験もあるので、アメリカの高等教育の現状についてもコメントできます。
キーワード
コンテンポラリー・アート、メディアと社会、アメリカの高等教育制度

論文

The genesis, structure and transformation of the contemporary Chinese cinematic field: Global linkages and national refractions

Nakajima, Seio

Global Media and Communication12(1)p.85 - 1082016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:17427665

概要:© 2016 SAGE Publications. By putting to work Pierre Bourdieu's approach to the 'field of cultural production', I analyze interactions of politics and economy as they play out in what I call the 'contemporary Chinese cinematic field'. How has the Chinese field of film production emerged, stabilized and changed in the era of Reform and Opening? Through archival data and in-depth interviews, I answer the question by discussing four sub-fields of film production, namely political 'main melody film', commercial film, 'international Chinese film' and independent film. How has globalization affected the transformation of the cinematic field? Contra Bourdieu's emphasis on the weakening autonomy of various national social fields under globalization, I highlight the processes through which globalization is appropriated by social actors in the cinematic field to alter domestic power relations. This article moves towards a better understanding of the field of cultural production amidst global linkages and national refractions.

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

スタジオ間共同製作からみた現代中国映画産業:ネットワーク分析からのアプローチ

2014年-0月-2016年-0月

配分額:¥1820000

研究種別:

現代中国映画産業の経済社会学:スタジオ間共同製作のネットワーク分析

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4420000

学内研究制度

特定課題研究

現代中国インディペンデント映画:生産・流通・消費を通じた批判的公共言説の生成

2017年度

研究成果概要:2017年月4日22日(土)、「中国インディペンデント・ドキュメンタリーの縁(エッジ)顧桃(グー・タオ)監督を迎えて」と題する公開研究会を共催。2017年8月1日(火)、15:00~17:00、中国インディペンデント・ドキュメンタ...2017年月4日22日(土)、「中国インディペンデント・ドキュメンタリーの縁(エッジ)顧桃(グー・タオ)監督を迎えて」と題する公開研究会を共催。2017年8月1日(火)、15:00~17:00、中国インディペンデント・ドキュメンタリー映画作品、Faith in Ailao Mountainを上映。監督であるCi Zhang氏を招いて、ディスカッション。関連研究として、下記の成果を出版した。中嶋聖雄,「国際派中国映画の変遷――『第五世代』映画監督作品の変遷」,『東亜』No. 598, 2017.4:90~91頁.中嶋聖雄,「中国インディペンデント映画のカッティング・エッジ」,『東亜』No. 601, 2017.7:90~91頁.中嶋聖雄,「現代中国映画のダイナミズムを理解するために」,『東亜』No. 604, 2017.10:90~91頁.

現代中国映画産業のネットワーク分析:スタジオ間共同製作からみた市場の社会的構造化

2014年度

研究成果概要:As is epitomized in thebox-office successes of a number of Chinese films in the global film markets, theChinese fil...As is epitomized in thebox-office successes of a number of Chinese films in the global film markets, theChinese film industry has become one of the crucial players in theinternational film business. In response to thisrising interest, the academia has also begun to payattention to some important aspects of the industry. However, due to a lack ofreliable and comprehensive quantitative dataset comparable to the InternetMovie Database (IMDb) for the U.S. film industry, existing research remains ata qualitative historical-institutional analysis of general trends of theChinese film industry, and few studies have presented a rigorous quantitativeanalysis, which would be imperative for a better understanding oforganizational and strategic dynamics of industry participants. In this project, I have attempted to take a pioneering role in fillingthis gap, first, by constructing a reliable and comprehensive database offilmmaking personnel (directors, producers, and actors) and productionorganizations (film studios/production companies) for all films produced (orco-produced) in China using the data available in the China Film Yearbook(1979-2009). Second, I have investigated thisdataset building upon several, yet coherent, theoretical constructs fromeconomic sociology and organization theories.

現代中国映画産業の経済社会学:スタジオ間共同製作のネットワーク分析

2015年度

研究成果概要:The Chinese film industry has become one of the crucial players inthe international film markets asis epitomized in...The Chinese film industry has become one of the crucial players inthe international film markets asis epitomized in the box-office successes of a number of Chinese films in theglobal film scene. In response to therising presence, academic studies have begun to pay attention to someimportant aspects of the industry. Nevertheless,due to a lack of reliable and comprehensive quantitative datasetcomparable to the Internet Movie Database (IMDb) for the U.S. film industry,existing research remains qualitative historical-institutional analyses of general trends of the industry, andvirtually no study has achieved a rigorous quantitativeanalysis, which would be imperative for a better understanding oforganizational and strategic dynamics of industry participants. In this project, I have attempted to take a pioneering role in fillingthis gap, first, by constructing a reliable and comprehensive database offilmmaking personnel (directors, producers, and actors) and productionorganizations (film studios/production companies) for all films produced (orco-produced) in China using the data available in the China Film Yearbook(1979-2009). Second, I have investigated thisdataset building upon several, yet coherent, theoretical constructs fromeconomic sociology and organization theories, as well as putting to work various methods of quantitative networkanalysis.

批判的・公共的オラリティとしての現代中国インディペンデント映画

2018年度

研究成果概要: 本研究は、現代中国のインディペンデント映画――政府の検閲を通らない、比較的低予算の映画――に焦点を当て、その生産・流通・消費を通じた批判的公共言説(critical public discourse)の生成メカニズムを、中国国内... 本研究は、現代中国のインディペンデント映画――政府の検閲を通らない、比較的低予算の映画――に焦点を当て、その生産・流通・消費を通じた批判的公共言説(critical public discourse)の生成メカニズムを、中国国内事情を越えるトランスナショナルなつながりをも視野に入れて、明らかにすることを目的とした。特に、「国家と社会」、「生産と消費」、「テキストとコンテキスト」、「人とモノ」、「研究者と研究対象」、「ナショナルとトランスナショナル」の「六つの関係性」に焦点を当て、本質主義を超える、「関係学」・「関係性的アプローチ」(relational approach)の彫琢を目指した。その上で、関連研究活動・学会発表を行い、査読付き英文論文一編(Nakajima,Seio. Forthcoming.“OfficialChinese Film Awards and Film Festivals: History, Configuration and TransnationalLegitimation.” Journalof Chinese Cinemas.)を掲載決定とした。

日中ミレニアル世代の社会性-ビリビリ動画とニコニコ動画における「弾幕」の比較研究

2018年度

研究成果概要:本研究においては、中国と日本のミレニアル世代――新千年紀の2000年代に成人し、社会で活躍するデジタル・ネイティブ世代――に人気のある動画共有サイト「ビリビリ動画」(中)と「ニコニコ動画」(日)における「弾幕」の比較分析を行った。...本研究においては、中国と日本のミレニアル世代――新千年紀の2000年代に成人し、社会で活躍するデジタル・ネイティブ世代――に人気のある動画共有サイト「ビリビリ動画」(中)と「ニコニコ動画」(日)における「弾幕」の比較分析を行った。中国における若者文化とサイバー・スペースに関する研究は端緒についたばかりであり、その多くが、インターネットに対する中国特有の政治的検閲や経済的規制に着目し、サイバー・スペースがオルターナティブな民主的参加を促す政治的ツールとなり得るのか、または、非・政治的な商業・娯楽主義の方向に進んでいるのか、といった二元論をとることが多い。それら先行研究の重要性も認識しながら、本研究は、政治経済学的な問いではなく、社会学的な問い、すなわち社会学者ゲオルグ・ジンメルが言うところの「社会化の諸形式」に焦点を合わせた。研究成果として、下記、英文論文一編を掲載決定とした。Nakajima, Seio. Forthcoming. “The Sociability of Millennialsin Cyberspace: A Comparative Analysis of Nico Nico Douga and bilibili.” In China’s Youth Cultures and Collective Spaces: Creativity, Sociality,Identity and Resistance, edited by Vanessa Frangville and Gwennaël Gaffric. London: Routledge.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
アジアの地域ガバナンス・地域協力 (E)大学院アジア太平洋研究科2019春クォーター
アジア産業論(J)大学院アジア太平洋研究科2019秋クォーター
アジア産業論(E)大学院アジア太平洋研究科2019秋クォーター
アジアにおけるクリエイティブ産業 (J)大学院アジア太平洋研究科2019春クォーター
アジアにおけるクリエイティブ産業 (E)大学院アジア太平洋研究科2019春クォーター
アジアのポピュラーカルチャー (MA Seminar)大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)@夏学期(アジア)
アジアのポピュラーカルチャー (MA Seminar)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)@冬学期(アジア)
現代アジアにおけるクリエイティブ産業の発展と課題(研究指導)大学院アジア太平洋研究科2019春学期(アジア)@夏学期(アジア)
現代アジアにおけるクリエイティブ産業の発展と課題(研究指導)大学院アジア太平洋研究科2019秋学期(アジア)@冬学期(アジア)

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度