氏名

フカザワ ヨシアキ

深澤 良彰

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0078156/)

所属

(基幹理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
fukazawa@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8555新宿区 大久保3-4-1 
電話番号
03-5286-3345
fax番号
03-5286-3345

URL等

WebページURL

http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/

http://www.fuka.info.waseda.ac.jp/index-j.html

研究者番号
30120934

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

理工学術院(先進理工学部)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

メディアネットワークセンター

兼任研究員 1989年-2004年

オープンソースソフトウェア研究所

プロジェクト研究所所長 2004年-2008年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2004年-2006年

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

ネットワーク社会総合研究所

研究員 2004年-2004年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2006年-2008年

オープンソースソフトウェア研究所

研究員 2004年-2008年

OSS研究所

研究員 2009年-2013年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2008年-2010年

メディアネットワークセンター

兼任研究員 2010年-2012年

OSS研究所

プロジェクト研究所所長 2009年-2013年

グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所

研究所員 2010年-2015年

グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所

研究所員 2015年-2019年

社会連携研究所(RBSL)

研究所員 2013年-2015年

国際オープン教育リソース研究所

研究所員 2013年-2015年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1976年 早稲田大学 理工学部 電気工学科

学位

博士(工学) 課程 早稲田大学(日本) ソフトウェア

経歴

1978年-1981年早稲田大学 助手
1981年-1983年相模工業大学 非常勤講師
1983年-1987年相模工業大学 講師
1987年-1992年早稲田大学 助教授

所属学協会

情報処理学会 編集委員会主査

電子情報通信学会 庶務幹事

日本ソフトウェア科学会 理事

IEEE

ACM

研究分野

キーワード

ソフトウェア工学、計算機科学

研究テーマ履歴

オブジェクト指向ソフトウェア開発技術

研究テーマのキーワード:オブジェクト, 再利用, 方法論

個人研究

最適化コンパイラ技術

研究テーマのキーワード:コード生成, 並列化

個人研究

コンピュータ援用設計

研究テーマのキーワード:シミュレーション, 設計

個人研究

論文

国際規格に基づく総合的なソフトウェア品質評価枠組みとその実製品適用による品質ベンチマーク

鷲崎弘宜,津田直彦,本田澄,中井秀矩,深澤良彰,東基衛, 込山俊博, 中野正,鈴木啓紹

SEC journal No.53査読有り14(1)p.26 - 412018年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Improved Searchability of Bug Reports Using Content-based Labeling with Machine Learning of Sentences

Yuki Noyori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hideyuki Kanuka, Keishi Ooshima and Ryosuke Tsuchiya

12th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering査読有り2018年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Notification Messages Considering Human Centered Design

Junko Shirogane, Yukari Arizono, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

12th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering査読有り2018年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Usability Evaluation Method of Applications for Mobile Computers Us    ing Operation Histories

Junko Shirogane, Misaki Matsuzawa, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

IECE TRANSACTIONS on Information and Systems査読有りE101-D(7)2018年07月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Characteristics of Source Code Degrading Quality in Software Development by Multiple Organizations

Ryo Ishizuka, Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura and Yuichiro Yasuda

3rd IEEE/ACIS International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering査読有り2018年07月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Machine Learning to Evaluate Evolvability Defects: Code Metrics Thresholds for a Given Context

Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yuichiro Yasuda and Shunsuke Sugimura

The 18th IEEE International Conference on Software Quality, Reliability & Security査読有り2018年07月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Retrospective based on Data-Driven Persona Significance in B-to-B Software Development

Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki, Takayoshi Suzuki and Takayoshi Suzuki

40th International Conference on Software Engineering査読有り2018年05月-2018年06月 

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Proposal on patterns for human heads modeling

Takayuki Yokokoji, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

AsianPLoP 2018査読有り2018年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

PVC: Visualizing C Programs on Web Browsers for Novices

Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

49th ACM Technical Symposium on Computer Science Education査読有り2018年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Metrics Visualization Techniques Based on Historical Origins and Functional Layers for Developments by Multiple Organizations

Ishizue, Ryosuke; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Inoue, Sakae; Hanai, Yoshiiku; Kanazawa, Masanobu; Namba, Katsushi

International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering28(1)p.123 - 1472018年01月-2018年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:02181940

概要:© 2018 The Author(s). Software developments involving multiple organizations such as Open Source Software (OSS)-based projects tend to have numerous defects when one organization develops and another organization edits the program source code files. Developments with complex file creation, modification history (origin), and software architecture (functional layer) are increasing in OSS-based development. As an example, we focus on an Android smart phone and a VirtualBox development project, and propose new visualization techniques for product metrics based on file origin and functional layers. One is the Metrics Area Figure, which can express duplication of edits by multiple organizations intuitively using overlapping figures. The other is Origin City, which was inspired by Code City. It can represent the scale and other measurements, while simultaneously stacking functional layers as 3D buildings. The contributions of our paper are to propose new techniques, implement them as web applications, and share the results of our questionnaire. Our proposed techniques are useful not only to visualize the measured metrics, but also to improve the product quality.

Discovery of Latent Requirements by Using Web Service Composition Techniques

Ryuichi Takahashi, Yasuo Tsurugai and Yoshiaki Fukazawa

Hong Kong International Conference on Engineering and Applied Sciences査読有り2018年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Automatic Generation of an Operation Procedure Presentation System Reusing User’s Inputted Data

Shimon Nakamura, Hajime Iwata, Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

International Conference on Human Computer Interaction Theory and Applications査読有り2018年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A Pattern Language for Knowledge Handover When People Transition

査読有り4p.1 - 322018年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Developer Experience Considering Work Difficulty in Software Development

Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yosiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yoshiiku Hanai and Masanobu Kanazawa

International Journal of Networked and Distributed Computing査読有り2018年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Student Placement and Skill Ranking Predictors for Programming Classes Using Class Attitude, Psychological Scales, and Code Metrics

Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Springer査読有りp.1 - 202018年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ID3P: Iterative Data-Driven Development of Personas to Improve Business Goals, Strategies, and Measurements

Yasuhiro Watanabe, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Yuki Noyori, Yoshiaki Fukazawa, Aoi Morizuki, Hiroyuki Shibata, Kentaro Ogawa, Mikako Ishigaki, Sachiyo Shiizaki, Teppei Yamaguchi and Tokoaki Yagi

JISE査読有り2018年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A Pattern Language for Knowledge Handover When People Transition

Kei Ito, Joseph W. Yoder, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

LNCS Transactions on Pattern Languages of Programming査読有り4p.1 - 322018年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A Student Placement Predictor for Programming Class Using Class Attitude, Psychological Scale, and Code Metrics

Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

25th International Conference on Computers in Education査読有り2017年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Web Application to Manage and Improve Software Development Projects by SEMAT Essence

Yuichiro Senzaki, Siyuan Liu, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hiroshi Kobayashi and Masaharu Adachi

5th International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality査読有り2017年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Utilization of ICTs in Quality Assurance and Accreditation of Higher Education: Systematic Literature Review

Ali Sajjad HARIS, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering査読有り2017年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Quantitative Learning Effect Evaluation of Programming Learning Tools

Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa and Yusuke Muto

6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering査読有り2017年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Empirical study on recognition of project situations by monitoring application results of software reliability growth model

Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Taga, Masahiro; Matsuzaki, Akira; Suzuki, Takayoshi

Proceedings - 2017 IEEE 28th International Symposium on Software Reliability Engineering Workshops, ISSREW 2017p.169 - 1742017年11月-2017年11月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 IEEE. Monitoring the results of software reliability growth models (SRGMs) helps evaluate project's situations. SRGMs are used to measure the reliability of software by analyzing the relations between the number of detected bugs and the detected time to predict the number of remaining bugs within the software. For example, development managers apply a SRGM to the number of detected bugs and the detected time to predict the number of remaining bugs. Sometimes the SRGM results cause managers to make incorrect decisions because the results are temporary snapshots that change as a development progresses. We propose a method to help evaluate a project's qualities by monitoring the results of SRGM applications. We collected the number of detected bugs and the detected time in the test phases for cloud services provided by e-Seikatsu Co., Ltd. to real estate businesses. The datasets contain about 34 cloud service features. The evaluation found that our method provides correct answers for 29 features and incorrect answers for 5 features.

Program Learning for Beginners: Survey and Taxonomy of Programming Learning Tools

Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa and Yusuke Muto

IEEE 9th International Conference on Engineering Education査読有り2017年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

新しい時代の図書館のあり方-情報技術による支援を中心として

深澤良彰

情報処理学会論文誌3(3)p.1 - 72017年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Combinations of Personal Characteristic Types and Learning Effectiveness of Teams

Washizaki, Hironori; Sunaga, Yusuke; Shuto, Masashi; Kakehi, Katsuhiko; Fukazawa, Yoshiaki; Yamato, Shoso; Okubo, Masashi; Tenbergen, Bastian

Proceedings - International Computer Software and Applications Conference1p.456 - 4572017年09月-2017年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:07303157

概要:© 2017 IEEE. In software and IT systems engineering, personal characteristics are expected to impact performance and attitude. To clarify the optimal composition in a team of students in academic education, we researched the relationship between student personality characteristics and learning effectiveness of teams using the Five Factor and Stress theory (FFS). The results taken from a Project-based Learning (PBL) course at Waseda University showed that educational effectiveness is highest when a team consists of management and anchor types without leadership types. In addition to FFS, we are currently adopting the Five Factor Model (FFM), which is a well-accepted personal characteristic model, to dig deeper the relationship in different courses on IT systems and software development conducted at various universities. Preliminary results show that although individual characteristics are not strongly correlated to learning effectiveness, there are a few strong team correlations. As our future work, we plan to acquire more data and investigate relationship between FFS measurements and FFM ones in terms of learning effectiveness.

A Method for Converting Colors for Color-impaired People, Considering Saturation and Contrast Ratio

Junko Shirogane, Yuko Iwase, Hajime Iwata

5th Conference on Multimedia査読有り2017年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics: Model and Applications

Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Washizaki, Hironori; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering27(6)p.967 - 9932017年08月-2017年08月 

DOIScopus

詳細

ISSN:02181940

概要:© 2017 World Scientific Publishing Company. Today's development environment has changed drastically; the development periods are shorter than ever and the number of team members has increased. Consequently, controlling the activities and predicting when a development will end are difficult tasks. To adapt to changes, we propose a generalized software reliability model (GSRM) based on a stochastic process to simulate developments, which include uncertainties and dynamics such as unpredictable changes in the requirements and the number of team members. We assess two actual datasets using our formulated equations, which are related to three types of development uncertainties by employing simple approximations in GSRM. The results show that developments can be evaluated quantitatively. Additionally, a comparison of GSRM with existing software reliability models confirms that the approximation by GSRM is more precise than those by existing models.

Relationship between the five factor model personality and learning effectiveness of teams in three information systems education courses

Shuto, Masashi; Washizaki, Hironori; Kakehi, Katsuhiko; Fukazawa, Yoshiaki; Yamato, Shoso; Okubo, Masashi; Tenbergen, Bastian

Proceedings - 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, SNPD 2017p.167 - 1742017年08月-2017年08月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 IEEE. Although working in teams is an effective method for students to learn skills necessary for information systems, the optimal combination of team members to maximize the learning effectiveness has yet to be clarified. This study investigates the relationship between the combination of students' personality characteristics and learning effectiveness in three information system lecture courses. Two Five Factor Model (FFM) questionnaires were used to determine each student's personality characteristic. For each course, which has different styles, several different relationships are found. This study should assist educators in maximizing students' learning effectiveness in information systems courses involving teamwork.

ID3P: Iterative data-driven development of persona based on quantitative evaluation and revision

Watanabe, Yasuhiro; Washizaki, Hironori; Honda, Kiyoshi; Noyori, Yuki; Fukazawa, Yoshiaki; Morizuki, Aoi; Shibata, Hiroyuki; Ogawa, Kentaro; Ishigaki, Mikako; Shiizaki, Satiyo; Yamaguchi, Teppei; Yagi, Tomoaki

Proceedings - 2017 IEEE/ACM 10th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering, CHASE 2017p.49 - 552017年06月-2017年06月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 IEEE. Personas are fictional characters used to understand users' requirements. Many researchers have proposed persona development methods from quantitative data (data-driven personas development). However, it is not assumed that personas in these works are used continuously and these personas cannot reflect on unpredictable changes in users. It is difficult to plan reliable strategies in a web service because users' preference dynamically changes. To develop more suitable personas for decision-making in a web service, this paper proposes Iterative Data-Driven Development of Personas (ID3P). In particular, to detect an unpredictable change in users' characteristics, our proposal includes an iterative process where the personas are quantitatively evaluated and revised in each iteration. Moreover, it provides a quantitative evaluation of business strategies based on GQM+Strategies and personas. To verify our proposal, we applied it to Yahoo! JAPAN's web service called Netallica.

Evaluating the Work of Experienced and Inexperienced Developers Considering Work Difficulty in Software Development

Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Inoue Sakae, Yosiiku Hanai and Kanazawa Masanobu

18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering査読有り2017年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Defect analysis and prediction by applying the multistage software reliability growth model

Chi, Jieming; Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Munakata, Kazuki; Morita, Sumie; Uehara, Tadahiro; Yamamoto, Rieko

Proceedings - 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice, IWESEP 2017p.7 - 112017年05月-2017年05月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 IEEE. In software development, defects are inevitable. To improve reliability, software reliability growth models are useful to analyze projects. Selecting an expedient model can also help with defect predictions, but the model must be well fitted to all the original data. A particular software reliability growth model may not fit all the data well. To overcome this issue, herein we use multistage modeling to fit defect data. In the multistage model, an evaluation is used to divide the data into several parts. Each part is fitted with its own growth model, and the separate models are recombined. As a case study, projects provided by a Japanese enterprise are analyzed by both traditional software reliability growth models and the multistage model. The multistage model has a better performance for data with a poor fit using a traditional software reliability growth model.

An Empirical Study on Relationship Between Requirement Traceability Links and Bugs

Rizki Amelia, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, Ryota Mibe and Ryosuke Tsuchiya

Journal of Software査読有り12(5)p.315 - 3252017年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Closing the Gap between Unit Test Code and Documentation

Stocker, Karsten; Stocker, Karsten; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings - 10th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation Workshops, ICSTW 2017p.304 - 3082017年04月-2017年04月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 IEEE. Test Driven Development as well as the documentation of tests and their architecture are today an important pillar of software quality assurance. The change of requirements during the implementation phase entails a need to change tests as well as the test documentation of the software. Since unit tests are specified in the implementation language, an interdisciplinary readable documentation must be maintained, which is structurally easier to comprehend and also make the test transparent for persons who are not involved into code writing. This leads to additional effort, costs and possibly inconsistencies between the test and its documentation. This gap in the workflow could be closed by Tanni - a domain specific language, which allows the specification of test cases in the form of interdisciplinary readable tables without requiring programming skills. Based on them executable test code for the respective unit test framework is generated. This merges specification and documentation of unit test cases to one step of work. By this the mentioned additional effort, costs and imminent inconsistencies can be reduced. The Language Workbench Meta Programming System from JetBrains serves as a technological base and is enabler for further positive effects which possibly could be gained by using the described language.

Impact of using a static-type system in computer programming

Harlin, Ismail Rizky; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings of IEEE International Symposium on High Assurance Systems Engineeringp.116 - 1192017年04月-2017年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:15302059

概要:© 2017 IEEE. Static-Type systems are a major topic in programming language research and the software industry because they should reduce the development time and increase the code quality. Additionally, they are predicted to decrease the number of defects in a code due to early error detection. However, only a few empirical experiments exist on the potential benefits of static-Type systems in programming activities. This paper describes an experiment that tests whether static-Type systems help developers create solutions for certain programming tasks. The results indicate that although the existence of a static-Type system has no positive impact when subjects code a program from scratch, it does allow more errors in program debugging to be fixed.

Learning environment model at runtime for self-adaptive systems

Tanabe, Moeka; Tei, Kenji; Fukazawa, Yoshiaki; Honiden, Shinichi

Proceedings of the ACM Symposium on Applied ComputingPart F128005p.1198 - 12042017年04月-2017年04月 

DOIScopus

詳細

概要:Copyright 2017 ACM. Self-adaptive systems alter their behavior in response to environmental changes to continually satisfy their requirements. Self-adaptive systems employ an environment model, which should be updated during runtime to maintain consistency with the real environment. Although some techniques have been proposed to learn environment model based on execution traces at the design time, these techniques are time consuming and consequently inappropriate for runtime learning. Herein, a technique using a stochastic gradient descent and the difference in the data acquired during the run-time is proposed as an efficient learning environment model. The computational time and accuracy of our technique are verified through a case study.

Hitomi Constraints on the 3.5 keV Line in the Perseus Galaxy Cluster

Aharonian, F. A.; Aharonian, F. A.; Akamatsu, H.; Akimoto, F.; Allen, S. W.; Allen, S. W.; Allen, S. W.; Angelini, L.; Arnaud, K. A.; Arnaud, K. A.; Audard, M.; Awaki, H.; Axelsson, M.; Bamba, A.; Bautz, M. W.; Blandford, R. D.; Blandford, R. D.; Blandford, R. D.; Bulbul, E.; Brenneman, L. W.; Brown, G. V.; Cackett, E. M.; Chernyakova, M.; Chiao, M. P.; Coppi, P.; Costantini, E.; Plaa, J. De; Herder, J. W.Den; Done, C.; Dotani, T.; Ebisawa, K.; Eckart, M. E.; Enoto, T.; Enoto, T.; Ezoe, Y.; Fabian, A. C.; Ferrigno, C.; Foster, A. R.; Fujimoto, R.; Fukazawa, Y.; Furuzawa, A.; Galeazzi, M.; Gallo, L. C.; Gandhi, P.; Giustini, M.; Goldwurm, A.; Gu, L.; Guainazzi, M.; Guainazzi, M.; Haba, Y.; Hagino, K.; Hamaguchi, K.; Hamaguchi, K.; Harrus, I.; Harrus, I.; Hatsukade, I.; Hayashi, K.; Hayashi, T.; Hayashida, K.; Hiraga, J.; Hornschemeier, A. E.; Hoshino, A.; Hughes, J. P.; Ichinohe, Y.; Iizuka, R.; Inoue, H.; Inoue, S.; Inoue, Y.; Ishibashi, K.; Ishida, M.; Ishikawa, K.; Ishisaki, Y.; Itoh, M.; Iwai, M.; Iyomoto, N.; Kaastra, J. S.; Kallman, T.; Kamae, T.; Kara, E.; Kataoka, J.; Katsuda, S.; Katsuta, J.; Kawaharada, M.; Kawai, N.; Kelley, R. L.; Khangulyan, D.; Kilbourne, C. A.; King, A. L.; King, A. L.; Kitaguchi, T.; Kitamoto, S.; Kitayama, T.; Kohmura, T.; Kokubun, M.; Koyama, S.; Koyama, K.; Kretschmar, P.; Krimm, H. A.; Krimm, H. A.; Kubota, A.

Astrophysical Journal Letters837(1)2017年03月-2017年03月 

DOIScopus

詳細

ISSN:20418205

概要:© 2017. The American Astronomical Society. All rights reserved. High-resolution X-ray spectroscopy with Hitomi was expected to resolve the origin of the faint unidentified E ≈ 3.5 keV emission line reported in several low-resolution studies of various massive systems, such as galaxies and clusters, including the Perseus cluster. We have analyzed the Hitomi first-light observation of the Perseus cluster. The emission line expected for Perseus based on the XMM-Newton signal from the large cluster sample under the dark matter decay scenario is too faint to be detectable in the Hitomi data. However, the previously reported 3.5 keV flux from Perseus was anomalously high compared to the sample-based prediction. We find no unidentified line at the reported high flux level. Taking into account the XMM measurement uncertainties for this region, the inconsistency with Hitomi is at a 99% significance for a broad dark matter line and at 99.7% for a narrow line from the gas. We do not find anomalously high fluxes of the nearby faint K line or the Ar satellite line that were proposed as explanations for the earlier 3.5 keV detections. We do find a hint of a broad excess near the energies of high-n transitions of S xvi (E ≃ 3.44 keV rest-frame) - a possible signature of charge exchange in the molecular nebula and another proposed explanation for the unidentified line. While its energy is consistent with XMM pn detections, it is unlikely to explain the MOS signal. A confirmation of this interesting feature has to wait for a more sensitive observation with a future calorimeter experiment.

A SQuaRE-based software quality evaluation framework and its case study

Nakai, Hidenori; Tsuda, Naohiko; Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Washizaki, Hironori; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCONp.3704 - 37072017年02月-2017年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:21593442

概要:© 2016 IEEE. Software stakeholders, including developers, managers, and end users, require high quality software products. Several works have aimed to identify software quality, but the quality of software products is often not comprehensively, specifically, or effectively defined because previous approaches have focused on certain quality aspects. Moreover, the evaluation results of quality metrics often depend on software stakeholders so that it is often hard to compare quality evaluation results across software products. ISO/IEC has tried to define evaluation methods for the quality of software products and provide common standards, called the SQuaRE (Systems and software Quality Requirements and Evaluation) series including ISO/IEC 25022:2016 and ISO/IEC 25023:2016. However, the SQuaRE series include ambiguous metrics so that it is not always easy to apply the series to products and compare results. In this paper, we propose a SQuaRE-based software quality evaluation framework, which successfully concretized many product metrics and quality in use metrics originally defined in the SQuaRE series 1 . Through a case study targeting a commercial software product, we confirmed that our framework is concretely applicable to the software package/service product.

Iterative process to improve GQM models with metrics thresholds to detect high-risk files

Tsuda, Naohiko; Takada, Masaki; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Sugimura, Shunsuke; Yasuda, Yuichiro; Futakami, Masanao

IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCONp.3813 - 38162017年02月-2017年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:21593442

概要:© 2016 IEEE. Manual code inspections are intense and time-consuming activities to improve the maintainability and reusability of source code. Although automatic detection of high-risk source code file by metrics thresholds can help inspectors, determining the optimal thresholds is difficult Thus, we propose an iterative process to define and improve GQM models with metrics thresholds to detect high-risk files Our process clarifies experts' viewpoints in the inspection and the measurement metrics using the GQM method, define how to interpret the metrics values, searches concrete thresholds for a specific project by supervised learning using some of the file in the project as training data, and analyzes how to improve models and thresholds. We implemented our tool in R language and evaluated our process using a industrial project. Small-sized embedded C++ systems require only a few training data.

Analysis of the learning effects between text-based and visual-based beginner programming environments

Saito, Daisuke; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

2016 IEEE 8th International Conference on Engineering Education: Enhancing Engineering Education Through Academia-Industry Collaboration, ICEED 2016p.208 - 2132017年02月-2017年02月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE. Although different programming environments have been developed to teach programming to beginners, the programming environment most suitable for introductory education is unknown in terms of the programming method such as text or visual. This study applies programming learning using a digital game, Minecraft, to compare the learning effect of textbased and visual-based programming in the LUA programming environment provided by a Minecraft extension. Both methods have certain learning effects, but visual-based programming has more significance than text-based programming on the attitude toward programming, indicating that visual-based programming is superior to text-based programming in introductory education.

Relation between Combinations of Personal Characteristic Types and Educational Effectiveness for a Controlled Project-Based Learning Course

Sunaga, Yusuke; Washizaki, Hironori; Kakehi, Katsuhiko; Fukazawa, Yoshiaki; Yamato, Shoso; Okubo, Masashi

IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing5(1)p.69 - 762017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2013 IEEE.To improve practical IT education, many Japanese universities are implementing project-based learning (PBL). Although a previous study examined the relationship between educational effectiveness and the scatter of personal characteristics, the relationship between educational effectiveness and the combination of personal characteristics in a team, which is important to optimize the team composition for PBL, has yet to be examined. Herein, we use the five factor and stress theory to measure personal characteristics and classify students enrolled in a PBL class at Waseda University into four types - leadership, management, tugboat, and anchor. Then, knowledge and skills questionnaires are used to measure educational effectiveness. The results show that educational effectiveness is highest when a team consists of management and anchor types without leadership types. The results are preliminary, because the practical usefulness of our results is limited as the experiment of the paper targeted only one PBL course of one university. For that reason, we need to collect data from other PBL course at the same or other university.

Identifying Potential Problems and Risks in GQM+Strategies Models Using Metamodel and Design Principles

Chimaki Shimura, Hironori Washizaki, Takanobu Kobori, Yohei Aoki, Kiyoshi Honda, Yoshiaki Fukazawa, Katsutoshi Shintani and Takuto Nonomura

50th Annual Hawaii International Conference on System Sciences査読有り2017年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Promotion of Educational Effectiveness by Translation-based Programming Language Learning Using Java and Swift

Juhua Li, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

50th Annual Hawaii International Conference on System Sciences査読有り2017年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

小学校におけるプログラミング教育において活用可能なルーブリックの提案

佐々木 綾菜;鷲崎 弘宜;齋藤 大輔;深澤 良彰;武藤 優介;西澤 利治

日本デジタル教科書学会年次大会発表原稿集6(0)p.33 - 342017年-2017年

CiNii

詳細

概要:

現在、小学生のプログラミング知識や能力を評価する指標として様々なものが存在するが、いずれも特定の対象に特化しており汎用性に乏しく、継続的に用いることが難しい。そこで我々は、 包括的かつ実効性を伴うルーブリック形式の評価基準を提案する。本基準の項目作成にあたって は我々が主催するワークショップにおけるアンケート結果および複数の既存の評価基準を取り 入れ、達成目標の設定はブルームの教育目標分類を参考にした。本基準は様々なプログラミング 教育機会において網羅的かつ一律的に生徒の学習効果を評価し学習計画を策定することに役立 つといえる。

Comparison of Text-Based and Visual-Based Programming Input Methods for First-Time Learners

Daisuke Saito, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Journal of Information Technology Education: Research査読有り2017年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Case Study: Project Management Using Cross Project Software Reliability Growth Model Considering System Scale

Honda, Kiyoshi; Nakamura, Nobuhiro; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings - 2016 IEEE 27th International Symposium on Software Reliability Engineering Workshops, ISSREW 2016p.41 - 442016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.We propose a method to compare software products developed by the same company in the same domain. Our method, which measures the time series of the number of detected faults, employs software reliability growth models (SRGMs). SRGMs describe the relations between faults and the time necessary to detect them. Herein our method is extended to classify past projects for comparison to current projects to help managers and developers decide when to end the test phases or release a project. Past projects are classified by three parameters: lines of code, number of test cases, and test density. Then SRGM is applied. Our extended method is applied to the datasets for nine projects developed by Sumitomo Electric Industries, Ltd. Classification by test density produces the best results.

Metrics Visualization Technique Based on the Origins and Function Layers for OSS-Based Development

Ishizue, Ryosuke; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Inoue, Sakae; Hanai, Yoshiiku; Kanazawa, Masanobu; Namba, Katsushi

Proceedings - 2016 IEEE Working Conference on Software Visualization, VISSOFT 2016p.71 - 752016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.Software developments involving multiple organizations such as OSS (Open Source Software)-based projects tend to have numerous defects when one organization develops and another organization edits the program source code files. Developments with complex file creation, modification history (origin), and software architecture (functional layer) are increasing in OSS-based development. As an example, here we focus on an Android smart phone development project and propose new visualization techniques for product metrics based on the file origin and functional layers. One is the Metrics Area Figure, which can express duplication of edits by multiple organizations intuitively using overlapping figures. The other is Origin City, which was inspired by Code City. It can represent the scale and other measurements, while simultaneously stacking functional layers as 3D buildings.

Evaluating Software Product Quality based on SQuaRE Series

Hidenori Nakai, Naohiko Tsuda, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

IEEE TENCON 2016査読有り2016年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A Pattern Language for Handovers

Kei Ito, Hironori Washizaki, Joseph W. Yoder and Yoshiaki Fukazawa

23rd Conference on Pattern Languages of Programs査読有り2016年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Exhaustive and efficient identification of rationales using GQM+Strategies with stakeholder relationship analysis

Kobori, Takanobu; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Hirabayashi, Daisuke; Shintani, Katsutoshi; Okazaki, Yasuko; Kikushima, Yasuhiro

IEICE Transactions on Information and SystemsE99D(9)p.2219 - 22282016年09月-2016年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09168532

概要:Copyright © 2016 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers.To achieve overall business goals, GQM+Strategies is one approach that aligns business goals at each level of an organization to strategies and assesses the achievement of goals. Strategies are based on rationales (contexts and assumptions). Because extracting all rationales is an important process in the GQM+Strategies approach, we propose the Context-Assumption-Matrix (CAM), which refines the GQM+Strategies model by extracting rationales based on analyzing the relationships between stakeholders, and the process of using GQM+Strategies with CAM effectively. To demonstrate the effectiveness of the CAM and the defined process, we conducted three experiments involving students majoring in information sciences at two different Japanese universities. Moreover, we applied the GQM+Strategies approach with CAM to the Recruit Sumai Company in Japan. The results reveal that compared to GQM+Strategies alone, GQM+Strategies with CAM can extract rationales of the same quality more efficiently and exhaustively.

Case Study: Project Management Using Cross Project Software Reliability Growth Model

Honda, Kiyoshi; Nakamura, Nobuhiro; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings - 2016 IEEE International Conference on Software Quality, Reliability and Security-Companion, QRS-C 2016p.39 - 462016年09月-2016年09月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.We propose a method to compare software products developed by the same company in the same domain. Our method, which measures the time series of the number of detected faults, employs software reliability growth models (SRGMs). SRGMs describe the relations between faults and the time necessary to detect them. Although several researchers have studied cross project defect predictions to determine defect locations using the features of previous software product's code such as lines of codes and complexities, past works on SRGMs did not compare products or develop comparison methods. Herein we propose a method to compare SRGMs across products. To provide managers and developers insight on advances of its products, our method is applied to the datasets for nine projects developed by Sumitomo Electric Industries, Ltd. SRGMs based on person hours are between 13% and 97% more precise than those based on calendar time.

An Industrial Case Study of Project Management Using Cross Project Software Reliability Growth Model

Honda, Kiyoshi; Nakamura, Nobuhiro; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings - 2016 IEEE International Conference on Software Quality, Reliability and Security-Companion, QRS-C 2016p.404 - 4052016年09月-2016年09月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.We propose a method to compare software products developed by the same company in the same domain. Our method, which measures the time series of the number of detected faults, employs software reliability growth models (SRGMs). SRGMs describe the relations between faults and the time necessary to detect them. Herein we propose a method to compare SRGMs across products. To provide managers and developers insight on advances of its products, our method is applied to the datasets for nine projects developed by Sumitomo Electric Industries, Ltd.

Initial Framework for Software Quality Evaluation Based on ISO/IEC 25022 and ISO/IEC 25023

Nakai, Hidenori; Tsuda, Naohiko; Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings - 2016 IEEE International Conference on Software Quality, Reliability and Security-Companion, QRS-C 2016p.410 - 4112016年09月-2016年09月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.Quality measured and evaluated based on organization-specific quality models cannot be compared to the quality of other software products. To alleviate this problem, ISO/IEC defined international standards called the SQuaRE (Systems and software Quality Requirements and Evaluation) series for comprehensive quality measurement and evaluation, however, these standards include ambiguous measurements, making them difficult to apply. Herein an initial comprehensive quality measurement framework, which includes a clear measurement plan based on ISO/IEC 25022 and 25023, is proposed. A case study confirms the usefulness of the framework. As future work, we will introduce the framework to various domains. And then, we revise and refine measurements and evaluation plans to improve feasibility and usefulness.

A Metamodel for Security and Privacy Knowledge in Cloud Services

Washizaki, Hironori; Fukumoto, Sota; Yamamoto, Misato; Yoshizawa, Masatoshi; Fukazawa, Yoshiaki; Kato, Takehisa; Ogata, Shinpei; Kaiya, Haruhiko; Fernandez, Eduardo B.; Kanuka, Hideyuki; Kondo, Yuki; Yoshioka, Nobukazu; Okubo, Takao; Hazeyama, Atsuo

Proceedings - 2016 IEEE World Congress on Services, SERVICES 2016p.142 - 1432016年08月-2016年08月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.We propose a metamodel for handling security and privacy in cloud service development and operation. The metamodel is expected to be utilized for building a knowledge base to accumulate, classify and reuse existing cloud security and privacy patterns and practices in a consistent and uniform way. Moreover the metamodel and knowledge base are expected to be utilized for designing and maintaining architectures for cloud service systems incorporating security and privacy.

Pairwise Coverage-Based Testing with Selected Elements in a Query for Database Applications

Tsumura, Koji; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Oshima, Keishi; Mibe, Ryota

Proceedings - 2016 IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation Workshops, ICSTW 2016p.92 - 1012016年08月-2016年08月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.Because program behaviors of database applications depend on the data used, code coverages do not effectively test database applications. Additionally, test coverages for database applications that focus on predicates in Structured Query Language (SQL) queries are not useful if the necessary predicates are omitted. In this paper, we present two new database applications using Plain Pairwise Coverage (PPC) and Selected Pairwise Coverage (SPC) for SQL queries called Plain Pairwise Coverage Testing (PPCT) and Selected Pairwise Coverage Testing (SPCT), respectively. These coverages are based on pairwise testing coverage, which employs selected elements in the SQL SELECT query as parameters. We also implement a coverage calculation tool and conduct case studies on two open source software systems. PPCT and SPCT can detect many faults, which are not detected by existing test methods based on predicates in the query. Furthermore, the case study suggests that SPCT can detect faults more efficiently than PPCT and the costs of SPCT can be further reduced by ignoring records filtered out by the conditions of the query.

Influence of the programming environment on programming education

Saito, Daisuke; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Annual Conference on Innovation and Technology in Computer Science Education, ITiCSE11-13-July-20162016年07月-2016年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:1942647X

概要:Although both visual and text environments have been used to teach programming, the most appropriate method for beginners is unknown. Herein we research the most suitable programming environment to introduce programming to beginners using Minecraft to provide different programming learning environments (Visual or Text) via ComputerCraftEdu as an extended function. The learning effects between these two environments are compared using a lecture course. The results show that a visual environment is more suitable to introduce programming to beginners.

Implementation support of security design patterns using test templates

Yoshizawa, Masatoshi; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Okubo, Takao; Kaiya, Haruhiko; Yoshioka, Nobukazu

Information (Switzerland)7(2)2016年06月-2016年06月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland.Security patterns are intended to support software developers as the patterns encapsulate security expert knowledge. However, these patterns may be inappropriately applied because most developers are not security experts, leading to threats and vulnerabilities. Here we propose a support method for security design patterns in the implementation phase of software development. Our method creates a test template from a security design pattern, consisting of an "aspect test template" to observe the internal processing and a "test case template". Providing design information creates a test from the test template with a tool. Because our test template is reusable, it can easily perform a test to validate a security design pattern. In an experiment involving four students majoring in information sciences, we confirm that our method can realize an effective test, verify pattern applications, and support pattern implementation.

Learning effectiveness of team discussions in various software engineering education courses

Shuto, Masashi; Washizaki, Hironori; Kakehi, Katsuhiko; Fukazawa, Yoshiaki; Yamato, Shoso; Okubo, Masashi

Proceedings - 2016 IEEE 29th Conference on Software Engineering Education and Training, CSEEandT 2016p.227 - 2312016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.Students working in teams to complete software tasks is an effective method to learn necessary skills. Previously we examined the educational effectiveness as a function of personal characteristics, but the findings were inconclusive. Because we hypothesize that team discussions impact learning and are related to educational effectiveness, this study investigates the influence of team discussions on learning effectiveness in various types of software engineering education courses. Students' responses to questionnaires about how much students contribute to discussions indicate that learning effectiveness and the number of remarks during a discussion are related. Additionally, upon comparing two learning courses (a system development course and a IT management course), two antithetical results are elucidated. We expect that this research will help improve the effectiveness of educators leading student team discussions.

GO-MUC: A strategy design method considering requirements of user and business by goal-oriented measurement

Uchida, Chihiro; Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Ogawa, Kentaro; Yagi, Tomoaki; Ishigaki, Mikako; Nakagawa, Masashi

Proceedings - 9th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering, CHASE 2016p.93 - 962016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 ACM.When developers operate a service, both the business objectives and users' requirements must be satisfied. However, the interest between a business strategy and an action for the users is often unclear. Moreover, users' requirements that are inferred from user data analysis may not correspond with users' real requirements. In this paper, we propose the GO-MUC method (Goal-oriented Measurement for Usability and Conflict) and apply it to Yahoo!Crowdsourcing. The GO-MUC method can develop a strategy considering requirements of both the user and the business. Our results validate this method; this method can find an interest between the business side and users side and plan more effective and user-friendly strategies to resolve a conflicting interest.

Which combinations of personal characteristic types are more effective in different project-based learning courses?

Sunaga, Yusuke; Shuto, Masashi; Washizaki, Hironori; Kakehi, Katsuhiko; Fukazawa, Yoshiaki; Yamato, Shoso; Okubo, Masashi

Proceedings - 2016 IEEE 29th Conference on Software Engineering Education and Training, CSEEandT 2016p.137 - 1412016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 IEEE.To improve practical IT education, many universities are implementing project-based learning (PBL). Although researchers have examined the relationship between projects and personality, they have not investigated the type of projects and team construction based on personality. We consider not to construct optimal team for the view of educational effectiveness if we do not understand the difference of each course characteristic. Herein the Five Factor & Stress theory is used to measure personal characteristics and classify students enrolled in two different PBL courses at a university into four types-leadership, management, tugboat, and anchor. Then knowledge and skills questionnaires are used to measure educational effectiveness. The results show that educational effectiveness is highest when a team consists of management and anchor types but not leadership types in the PBL course which teaches system development, and a team without management types is consisted in the PBL course which teaches IT management strategy.

A third-party extension support framework using patterns

Hao, Yiyang; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings - Asia-Pacific Software Engineering Conference, APSEC2016-Mayp.198 - 2052016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

ISSN:15301362

概要:© 2015 IEEE.Software extension is a fundamental challenge in software engineering which involves extending the functionalities of a software module without modifying it. Many modern software developers choose to adapt third-party extension platform to further improve customizability. As the project evolves, the requirements may change to include third-party extension support. However to design and to implement such platform is no trivial task, and should happen at the beginning of the project. In this paper, we have shown the four types of extensions that are often made to object-oriented software, namely Member Access Extension, Subclass Extension, Event-based Extension and Data Extension. And proposed a language-independent platform design that can be applied to an existing software project to support such third-party extensions. The platform exercises design patterns to implement its features. We also developed an Eclipse plugin that helps developers introduce the platform to existing Java software via semi-automatic code manipulation. We further conducted a comparative experiment to test our tool with volunteers from Waseda University and noticed a significant decrease of required effort.

THE FIRST FERMI LAT SUPERNOVA REMNANT CATALOG

Acero, F.; Ackermann, M.; Ajello, M.; Baldini, L.; Baldini, L.; Ballet, J.; Barbiellini, G.; Barbiellini, G.; Bastieri, D.; Bastieri, D.; Bellazzini, R.; Bissaldi, E.; Blandford, R. D.; Bloom, E. D.; Bonino, R.; Bonino, R.; Bottacini, E.; Brandt, T. J.; Bregeon, J.; Bruel, P.; Buehler, R.; Buson, S.; Buson, S.; Caliandro, G. A.; Caliandro, G. A.; Cameron, R. A.; Caputo, R.; Caragiulo, M.; Caraveo, P. A.; Casandjian, J. M.; Cavazzuti, E.; Cecchi, C.; Cecchi, C.; Chekhtman, A.; Chekhtman, A.; Chiang, J.; Chiaro, G.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Claus, R.; Cohen, J. M.; Cohen, J. M.; Cohen-Tanugi, J.; Cominsky, L. R.; Condon, B.; Conrad, J.; Conrad, J.; Conrad, J.; Cutini, S.; Cutini, S.; Cutini, S.; D'Ammando, F.; D'Ammando, F.; Angelis, A. De; Palma, F. De; Palma, F. De; Desiante, R.; Desiante, R.; Digel, S. W.; Venere, L. Di; Drell, P. S.; Drlica-Wagner, A.; Favuzzi, C.; Favuzzi, C.; Ferrara, E. C.; Franckowiak, A.; Fukazawa, Y.; Funk, S.; Fusco, P.; Fusco, P.; Gargano, F.; Gasparrini, D.; Gasparrini, D.; Gasparrini, D.; Giglietto, N.; Giglietto, N.; Giommi, P.; Giordano, F.; Giordano, F.; Giroletti, M.; Glanzman, T.; Godfrey, G.; Gomez-Vargas, G. A.; Gomez-Vargas, G. A.; Grenier, I. A.; Grondin, M. H.; Guillemot, L.; Guillemot, L.; Guiriec, S.; Gustafsson, M.; Hadasch, D.; Harding, A. K.; Hayashida, M.; Hays, E.; Hewitt, J. W.; Hill, A. B.; Hill, A. B.; Horan, D.; Hou, X.

Astrophysical Journal, Supplement Series224(1)2016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00670049

概要:© 2016. The American Astronomical Society. All rights reserved.To uniformly determine the properties of supernova remnants (SNRs) at high energies, we have developed the first systematic survey at energies from 1 to 100 GeV using data from the Fermi Large Area Telescope (LAT). Based on the spatial overlap of sources detected at GeV energies with SNRs known from radio surveys, we classify 30 sources as likely GeV SNRs. We also report 14 marginal associations and 245 flux upper limits. A mock catalog in which the positions of known remnants are scrambled in Galactic longitude allows us to determine an upper limit of 22% on the number of GeV candidates falsely identified as SNRs. We have also developed a method to estimate spectral and spatial systematic errors arising from the diffuse interstellar emission model, a key component of all Galactic Fermi LAT analyses. By studying remnants uniformly in aggregate, we measure the GeV properties common to these objects and provide a crucial context for the detailed modeling of individual SNRs. Combining our GeV results with multiwavelength (MW) data, including radio, X-ray, and TeV, we demonstrate the need for improvements to previously sufficient, simple models describing the GeV and radio emission from these objects. We model the GeV and MW emission from SNRs in aggregate to constrain their maximal contribution to observed Galactic cosmic rays.

Identifying misalignment of goal and strategies across organizational units by interpretive structural modeling

Aoki, Yohei; Kobori, Takanobu; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings of the Annual Hawaii International Conference on System Sciences2016-Marchp.4576 - 45852016年03月-2016年03月 

DOIScopus

詳細

ISSN:15301605

概要:© 2016 IEEE.To achieve the business objectives of an organization, the business goals and strategies must align. GQM+Strategies® is a method that aligns goals and strategies. By repeatedly defining lower-level goals and strategies, GQM+Strategies creates grids, which are specified from the initial set of goals and strategies, to link goals and strategies across different level units. Although the above approach can maintain consistency within a vertical refinement tree, horizontal relations at different branches may be missed. Herein we propose the Horizontal Relation Identification Method (HoRIM) to identify horizontal relations. HoRIM is an approach that detects the difference between the initial GQM+Strategies grid and a model obtained by applying Interpretive Structural Modeling (ISM) to the grid. ISM provides a hierarchical structure from the relation matrix that presents the relations between elements. An experiment confirms that HoRIM identifies about 1.5 times more horizontal relations than an ad hoc review. Additionally, an industrial application demonstrates the practical value of HoRIM.

Case Study: Software Reliability Growth Model Based on Person Hours

Kiyoshi Honda, Nobuhiro Nakamura, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

7th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice査読有り2016年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Software Reliability Growth Model Considering Uncertainty and Dynamics in Development

Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

23rd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering査読有り2016年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A Metamodel for Security and Privacy Knowledge in Cloud Services

Hironori Washizaki, Sota Fukumoto, Misato Yamamoto, Masatoshi Yoshizawa, Yoshiaki Fukazawa, Shinpei Ogata, Eduardo B. Fernandez, Nobukazu Yoshioka, Takehisa Kato, Haruhiko Kaiya, Hideyuki Kanuka, Yuki Kondo, Takao Okubo and Atsuo Hazeyama

3rd International Workshop on Patterns Promotion and Anti-patterns Prevention査読有り2016年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Relaxing Requirements with Environment Changes for Graceful Degradation

Kazuya Aizawa, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden

5th Asian Workshop of Advanced Software Engineering査読有り2016年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Handover Anti-patterns

Kei Ito, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

5th Asian Conference on Pattern Languages of Programs査読有り2016年02月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

2FHL: The SECOND CATALOG of HARD FERMI-LAT SOURCES

Ackermann, M.; Ajello, M.; Atwood, W. B.; Baldini, L.; Baldini, L.; Ballet, J.; Barbiellini, G.; Barbiellini, G.; Bastieri, D.; Bastieri, D.; Gonzalez, J. Becerra; Gonzalez, J. Becerra; Bellazzini, R.; Bissaldi, E.; Blandford, R. D.; Bloom, E. D.; Bonino, R.; Bonino, R.; Bottacini, E.; Brandt, T. J.; Bregeon, J.; Bruel, P.; Buehler, R.; Buson, S.; Buson, S.; Buson, S.; Caliandro, G. A.; Caliandro, G. A.; Cameron, R. A.; Caputo, R.; Caragiulo, M.; Caragiulo, M.; Caraveo, P. A.; Cavazzuti, E.; Cecchi, C.; Cecchi, C.; Charles, E.; Chekhtman, A.; Cheung, C. C.; Chiang, J.; Chiaro, G.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Cohen, J. M.; Cohen, J. M.; Cohen-Tanugi, J.; Cominsky, L. R.; Conrad, J.; Conrad, J.; Cuoco, A.; Cuoco, A.; Cutini, S.; Cutini, S.; Cutini, S.; D'Ammando, F.; D'Ammando, F.; Angelis, A. De; Palma, F. De; Palma, F. De; Desiante, R.; Desiante, R.; Mauro, M. Di; Venere, L. Di; Venere, L. Di; Domínguez, A.; Drell, P. S.; Favuzzi, C.; Favuzzi, C.; Fegan, S. J.; Ferrara, E. C.; Focke, W. B.; Fortin, P.; Franckowiak, A.; Fukazawa, Y.; Funk, S.; Furniss, A. K.; Fusco, P.; Fusco, P.; Gargano, F.; Gasparrini, D.; Gasparrini, D.; Giglietto, N.; Giglietto, N.; Giommi, P.; Giordano, F.; Giordano, F.; Giroletti, M.; Glanzman, T.; Godfrey, G.; Grenier, I. A.; Grondin, M. H.; Guillemot, L.; Guillemot, L.; Guiriec, S.; Harding, A. K.; Hays, E.; Hewitt, J. W.; Hill, A. B.; Hill, A. B.; Horan, D.

Astrophysical Journal, Supplement Series222(1)2016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00670049

概要:© 2016. The American Astronomical Society. All rights reserved.We present a catalog of sources detected above 50 GeV by the Fermi-Large Area Telescope (LAT) in 80 months of data. The newly delivered Pass 8 event-level analysis allows the detection and characterization of sources in the 50 GeV-2 TeV energy range. In this energy band, Fermi-LAT has detected 360 sources, which constitute the second catalog of hard Fermi-LAT sources (2FHL). The improved angular resolution enables the precise localization of point sources (∼1.′7 radius at 68% C. L.) and the detection and characterization of spatially extended sources. We find that 86% of the sources can be associated with counterparts at other wavelengths, of which the majority (75%) are active galactic nuclei and the rest (11%) are Galactic sources. Only 25% of the 2FHL sources have been previously detected by Cherenkov telescopes, implying that the 2FHL provides a reservoir of candidates to be followed up at very high energies. This work closes the energy gap between the observations performed at GeV energies by Fermi-LAT on orbit and the observations performed at higher energies by Cherenkov telescopes from the ground.

Work in progress: A comparison of programming way: Illustration-based programming and text-based programming

Saito, Daisuke; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Proceedings of 2015 IEEE International Conference on Teaching, Assessment and Learning for Engineering, TALE 2015p.220 - 2232016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE.Learning to programming language is difficult. One solution is to use a digital game, which increases motivation of first-time learners. In this paper, we were executing programming learning with MincraftEdu of sandbox game and ComputerCraftEdu of expansion function. In addition, learning method to programming has illustration-based programming and text-based programming in ComputerCraftEdu. We compare the programming way of illustration programming and text programming. In this result, there was a significant difference towards the illustration-based programming throughout the comparison. In this paper, we present the results.

Detection of unexpected situations by applying software reliability growth models to test phases

Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Munakata, Kazuki; Morita, Sumie; Uehara, Tadahiro; Yamamoto, Rieko

2015 IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering Workshops, ISSREW 2015p.2 - 52016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE.In software development, software reliability growth models (SRGMs) often provide values that do not meet expectations; sometimes the results of the SRGM and the actual data disagree and other times the SRGM overestimates the expected values. The former often occurs in model curves and the predicted number of faults. For example, the software reliability growth curve cannot describe the situation where developers stop testing multiple times because the equations in SRGMs cannot treat such information. The latter can arise when the total number of expected faults is 100, but the SRGM indicates 1000. If developers encounter such situations, they often doubt the SRGM results and hesitate using SRGMs for predictions. In this study, we apply two different cases of SRGM. Two projects of Fujitsu Labs Ltd. are analyzed using SRGM either for the entire dataset or each test phase. Based on the results and interviews with the developers, we found that the model using separate test phases provides a better fit because faults counted in each test phase have different viewpoints and the deviation between SRGM and expectations indicates a problem with development.

Exhaustive and Efficient Identification of Rationales Using GQM plus Strategies with Stakeholder Relationship Analysis

Kobori, Takanobu;Washizaki, Hironori;Fukazawa, Yoshiaki;Hirabayashi, Daisuke;Shintani, Katsutoshi;Okazaki, Yasuko;Kikushima, Yasuhiro

IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMSE99D(9)p.2219 - 22282016年-2016年

DOIWoS

詳細

ISSN:1745-1361

Exhaustive and Efficient Identification of Rationales Using GQM+Strategies with Stakeholder Relationship Analysis

KOBORI Takanobu;WASHIZAKI Hironori;FUKAZAWA Yoshiaki;HIRABAYASHI Daisuke;SHINTANI Katsutoshi;OKAZAKI Yasuko;KIKUSHIMA Yasuhiro

IEICE Transactions on Information and Systems99(9)p.2219 - 22282016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

To achieve overall business goals, GQM+Strategies is one approach that aligns business goals at each level of an organization to strategies and assesses the achievement of goals. Strategies are based on rationales (contexts and assumptions). Because extracting all rationales is an important process in the GQM+Strategies approach, we propose the Context-Assumption-Matrix (CAM), which refines the GQM+Strategies model by extracting rationales based on analyzing the relationships between stakeholders, and the process of using GQM+Strategies with CAM effectively. To demonstrate the effectiveness of the CAM and the defined process, we conducted three experiments involving students majoring in information sciences at two different Japanese universities. Moreover, we applied the GQM+Strategies approach with CAM to the Recruit Sumai Company in Japan. The results reveal that compared to GQM+Strategies alone, GQM+Strategies with CAM can extract rationales of the same quality more efficiently and exhaustively.

Relation between Combinations of Personal Characteristic Types and Educational Effectiveness for a Controlled Project-based Learning Course

Yusuke Sunaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, and Masashi Okubo

IEEE Transactions on Emerging Topics in Computing査読有り2016年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Repositoryprobe: Dataset creation support tool for repository mining

Takasawa, Ryohei; Sakamoto, Kazunori; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

Computer Software32(4)p.103 - 1142015年12月-2015年12月 

Scopus

詳細

ISSN:02896540

概要:The studies of Repository Mining have been actively conducted. However, it is difficult to search projects with specified languages, development scale, purposes and so on. In this paper, we propose RepositoryProbe, a dataset creation support tool fot the study of repository mining. It makes easier to search and collect the projects in project hosting service on the web, and supports the creation of datasets. In addition, it can collect the social metrics, the amount of development activities.

Recovering transitive traceability links among software artifacts

Nishikawa, Kazuki; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Oshima, Keishi; Mibe, Ryota

2015 IEEE 31st International Conference on Software Maintenance and Evolution, ICSME 2015 - Proceedingsp.576 - 5802015年11月-2015年11月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE.Although many methods have been suggested to automatically recover traceability links in software development, they do not cover all link combinations (e.g., links between the source code and test cases) because specific documents or artifact features (e.g., log documents and structures of source code) are used. In this paper, we propose a method called the Connecting Links Method (CLM) to recover transitive traceability links between two artifacts using a third artifact. Because CLM uses a different artifact as a document, it can be applied to kinds of various data. Basically, CLM recovers traceability links using the Vector Space Model (VSM) in Information Retrieval (IR) methods. For example, by connecting links between A and B and between B and C, CLM retrieves the link between A and C transitively. In this way, CLM can recover transitive traceability links when a suggested method cannot. Here we demonstrate that CLM can effectively recover links that VSM is hard using Open Source Software.

Finding and emulating keyboard, mouse, and touch interactions and gestures while crawling rias

Nakstad, Frederik H.; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki

International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering25(9-10)p.1777 - 17822015年11月-2015年11月 

DOIScopus

詳細

ISSN:02181940

概要:© 2015 World Scientific Publishing Company.Existing techniques for crawling Javascript-heavy Rich Internet Applications tend to ignore user interactions beyond mouse clicking, and therefore often fail to consider potential mouse, keyboard and touch interactions. We propose a new technique for automatically finding and exercising such interactions by analyzing and exercising event handlers registered in the DOM. A basic form of gesture emulation is employed to find states accessible via swiping and tapping. Testing the tool against 6 well-known gesture libraries and 5 actual RIAs, we find that the technique discovers many states and transitions resulting from such interactions, and could be useful for cases such as automatic test generation and error discovery, especially for mobile web applications.

Support method of usability evaluations for android applications based on operation histories

Matsuzawa, Misaki; Iwata, Hajime; Shirogane, Junko; Fukazawa, Yoshiaki

2015 5th International Conference on Digital Information Processing and Communications, ICDIPC 2015p.288 - 2932015年11月-2015年11月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE.Due to the prevalence of tablets, the usability of the User Interfaces (UIs) must be improved, but the number of support methods for usability evaluations for tablets is small. Herein we propose a method to automatically evaluate usability based on operation histories, including action frequency and operation times, and statistical analysis. Because our approach easily detects UI design problems, the burdens on developers and costs can be reduced. Using a small-scale case study and test with about 20 participants, we show that our approach can detect detailed problems with usability via a mostly automated process.

Systematic Mapping of Security Patterns Research

Yurina Ito, Hironori Washizaki, Masatoshi Yoshizawa, Yoshiaki Fukazawa, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya, Atsuo Hazeyama, Nobukazu Yoshioka and Eduardo B. Fernandez

22nd Conference on Pattern Languages of Programs Conference 2015査読有り2015年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Two-level Checklists and Perspectives: Software Reading Techniques for Pattern Writer’s Workshop

Tian Xia, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Joseph Yoder and Rebecca Wirfs-Brock

the 22nd Conference on Pattern Languages of Programs Conference 2015査読有り2015年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

THE THIRD CATALOG OF ACTIVE GALACTIC NUCLEI DETECTED BY THE FERMI LARGE AREA TELESCOPE

Ackermann, M.; Ajello, M.; Atwood, W. B.; Baldini, L.; Ballet, J.; Barbiellini, G.; Barbiellini, G.; Bastieri, D.; Bastieri, D.; Gonzalez, J. Becerra; Gonzalez, J. Becerra; Bellazzini, R.; Bissaldi, E.; Blandford, R. D.; Bloom, E. D.; Bonino, R.; Bonino, R.; Bottacini, E.; Brandt, T. J.; Bregeon, J.; Britto, R. J.; Bruel, P.; Buehler, R.; Buson, S.; Buson, S.; Caliandro, G. A.; Caliandro, G. A.; Cameron, R. A.; Caragiulo, M.; Caraveo, P. A.; Carpenter, B.; Carpenter, B.; Casandjian, J. M.; Cavazzuti, E.; Cecchi, C.; Cecchi, C.; Charles, E.; Chekhtman, A.; Chekhtman, A.; Cheung, C. C.; Chiang, J.; Chiaro, G.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Claus, R.; Cohen-Tanugi, J.; Cominsky, L. R.; Conrad, J.; Conrad, J.; Conrad, J.; Cutini, S.; Cutini, S.; Cutini, S.; D'Abrusco, R.; D'Ammando, F.; D'Ammando, F.; Angelis, A. De; Desiante, R.; Desiante, R.; Digel, S. W.; Di Venere, L.; Drell, P. S.; Favuzzi, C.; Favuzzi, C.; Fegan, S. J.; Ferrara, E. C.; Finke, J.; Focke, W. B.; Franckowiak, A.; Fuhrmann, L.; Fukazawa, Y.; Furniss, A. K.; Fusco, P.; Fusco, P.; Gargano, F.; Gasparrini, D.; Gasparrini, D.; Gasparrini, D.; Giglietto, N.; Giglietto, N.; Giommi, P.; Giordano, F.; Giordano, F.; Giroletti, M.; Glanzman, T.; Godfrey, G.; Grenier, I. A.; Grove, J. E.; Guiriec, S.; Guiriec, S.; Hewitt, J. W.; Hewitt, J. W.; Hill, A. B.; Hill, A. B.; Horan, D.; Itoh, R.; Jóhannesson, G.; Johnson, A. S.; Johnson, W. N.

Astrophysical Journal810(1)2015年09月-2015年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0004637X

概要:© 2015. The American Astronomical Society. All rights reserved. The third catalog of active galactic nuclei (AGNs) detected by the Fermi-LAT (3LAC) is presented. It is based on the third Fermi-LAT catalog (3FGL) of sources detected between 100 MeV and 300 GeV with a Test Statistic greater than 25, between 2008 August 4 and 2012 July 31. The 3LAC includes 1591 AGNs located at high Galactic latitudes (), a 71% increase over the second catalog based on 2 years of data. There are 28 duplicate associations, thus 1563 of the 2192 high-latitude gamma-ray sources of the 3FGL catalog are AGNs. Most of them (98%) are blazars. About half of the newly detected blazars are of unknown type, i.e., they lack spectroscopic information of sufficient quality to determine the strength of their emission lines. Based on their gamma-ray spectral properties, these sources are evenly split between flat-spectrum radio quasars (FSRQs) and BL Lacs. The most abundant detected BL Lacs are of the high-synchrotron-peaked (HSP) type. About 50% of the BL Lacs have no measured redshifts. A few new rare outliers (HSP-FSRQs and high-luminosity HSP BL Lacs) are reported. The general properties of the 3LAC sample confirm previous findings from earlier catalogs. The fraction of 3LAC blazars in the total population of blazars listed in BZCAT remains non-negligible even at the faint ends of the BZCAT-blazar radio, optical, and X-ray flux distributions, which hints that even the faintest known blazars could eventually shine in gamma-rays at LAT-detection levels. The energy-flux distributions of the different blazar populations are in good agreement with extrapolation from earlier catalogs.

Predicting Release Time for Open Source Software based on the Generalized Software Reliability Model

Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda and Yoshiaki Fukazawa

Agile Conference 2015査読有りp.604 - 6052015年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Finding and Emulating Keyboard, Mouse, and Touch Interactions and Gestures while Crawling RIA’s

Frederik Nakstad, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

the 27th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering査読有りp.631 - 6382015年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

How Does Defect Removal Activity of Developer Vary with Development Experience?

Reou Ando, Seiji Sato, Chihiro Uchida, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Hiroyuki Ono, Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa, Kazutaka Sone, Katsushi Namba and Mikihiko Yamamoto

the 27th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering査読有りp.540 - 5452015年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

FERMI LARGE AREA TELESCOPE THIRD SOURCE CATALOG

Acero, F.; Ackermann, M.; Ajello, M.; Albert, A.; Atwood, W. B.; Axelsson, M.; Axelsson, M.; Axelsson, M.; Baldini, L.; Ballet, J.; Barbiellini, G.; Barbiellini, G.; Bastieri, D.; Bastieri, D.; Belfiore, A.; Bellazzini, R.; Bissaldi, E.; Blandford, R. D.; Bloom, E. D.; Bogart, J. R.; Bonino, R.; Bonino, R.; Bottacini, E.; Bregeon, J.; Britto, R. J.; Bruel, P.; Buehler, R.; Burnett, T. H.; Buson, S.; Buson, S.; Caliandro, G. A.; Caliandro, G. A.; Cameron, R. A.; Caputo, R.; Caragiulo, M.; Caraveo, P. A.; Casandjian, J. M.; Cavazzuti, E.; Charles, E.; Chaves, R. C G; Chekhtman, A.; Chekhtman, A.; Cheung, C. C.; Chiang, J.; Chiaro, G.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Claus, R.; Cohen-Tanugi, J.; Cominsky, L. R.; Conrad, J.; Conrad, J.; Conrad, J.; Cutini, S.; Cutini, S.; Cutini, S.; D'Ammando, F.; D'Ammando, F.; Angelis, A. De; Deklotz, M.; Palma, F. De; Palma, F. De; Desiante, R.; Desiante, R.; Digel, S. W.; Venere, L. Di; Drell, P. S.; Dubois, R.; Dumora, D.; Favuzzi, C.; Favuzzi, C.; Fegan, S. J.; Ferrara, E. C.; Finke, J.; Franckowiak, A.; Fukazawa, Y.; Funk, S.; Fusco, P.; Fusco, P.; Gargano, F.; Gasparrini, D.; Gasparrini, D.; Gasparrini, D.; Giebels, B.; Giglietto, N.; Giglietto, N.; Giommi, P.; Giordano, F.; Giordano, F.; Giroletti, M.; Glanzman, T.; Godfrey, G.; Grenier, I. A.; Grondin, M. H.; Grove, J. E.; Guillemot, L.; Guillemot, L.; Guiriec, S.; Hadasch, D.

Astrophysical Journal, Supplement Series218(2)2015年06月-2015年06月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00670049

概要:© 2015. The American Astronomical Society. All rights reserved.. We present the third Fermi Large Area Telescope (LAT) source catalog (3FGL) of sources in the 100 MeV-300 GeV range. Based on the first 4 yr of science data from the Fermi Gamma-ray Space Telescope mission, it is the deepest yet in this energy range. Relative to the Second Fermi LAT catalog, the 3FGL catalog incorporates twice as much data, as well as a number of analysis improvements, including improved calibrations at the event reconstruction level, an updated model for Galactic diffuse γ-ray emission, a refined procedure for source detection, and improved methods for associating LAT sources with potential counterparts at other wavelengths. The 3FGL catalog includes 3033 sources above significance, with source location regions, spectral properties, and monthly light curves for each. Of these, 78 are flagged as potentially being due to imperfections in the model for Galactic diffuse emission. Twenty-five sources are modeled explicitly as spatially extended, and overall 238 sources are considered as identified based on angular extent or correlated variability (periodic or otherwise) observed at other wavelengths. For 1010 sources we have not found plausible counterparts at other wavelengths. More than 1100 of the identified or associated sources are active galaxies of the blazar class; several other classes of non-blazar active galaxies are also represented in the 3FGL. Pulsars represent the largest Galactic source class. From source counts of Galactic sources we estimate that the contribution of unresolved sources to the Galactic diffuse emission is ∼3% at 1 GeV.

Erratum: THe second catalog of active galactic nuclei detected by the fermi large area telescope (Astrophysical Journal (2011) 743 (171))

Ackermann, M.; Ajello, M.; Allafort, A.; Antolini, E.; Antolini, E.; Atwood, W. B.; Axelsson, M.; Axelsson, M.; Axelsson, M.; Baldini, L.; Ballet, J.; Barbiellini, G.; Barbiellini, G.; Bastieri, D.; Bastieri, D.; Bechtol, K.; Bellazzini, R.; Berenji, B.; Blandford, R. D.; Bloom, E. D.; Bonamente, E.; Bonamente, E.; Borgland, A. W.; Bottacini, E.; Bouvier, A.; Bregeon, J.; Brigida, M.; Brigida, M.; Bruel, P.; Buehler, R.; Burnett, T. H.; Buson, S.; Buson, S.; Caliandro, G. A.; Cameron, R. A.; Caraveo, P. A.; Casandjian, J. M.; Cavazzuti, E.; Cecchi, C.; Cecchi, C.; Charles, E.; Cheung, C. C.; Chiang, J.; Ciprini, S.; Ciprini, S.; Claus, R.; Cohen-Tanugi, J.; Conrad, J.; Conrad, J.; Costamante, L.; Cutini, S.; De Angelis, A.; De Palma, F.; De Palma, F.; Dermer, C. D.; Digel, S. W.; Do Couto E Silva, E.; Drell, P. S.; Dubois, R.; Escande, L.; Favuzzi, C.; Favuzzi, C.; Fegan, S. J.; Ferrara, E. C.; Finke, J.; Focke, W. B.; Fortin, P.; Frailis, M.; Frailis, M.; Fukazawa, Y.; Funk, S.; Fusco, P.; Fusco, P.; Gargano, F.; Gasparrini, D.; Gehrels, N.; Germani, S.; Germani, S.; Giebels, B.; Giglietto, N.; Giglietto, N.; Giommi, P.; Giordano, F.; Giordano, F.; Giroletti, M.; Glanzman, T.; Godfrey, G.; Grenier, I. A.; Grove, J. E.; Guiriec, S.; Gustafsson, M.; Hadasch, D.; Hayashida, M.; Hayashida, M.; Hays, E.; Healey, S. E.; Horan, D.; Hou, X.; Hughes, R. E.; Iafrate, G.

Astrophysical Journal806(1)2015年06月-2015年06月 

DOIScopus

詳細

ISSN:0004637X

Interactive Recovery of Requirements Traceability Links Using User Feedback and Configuration Management Logs

Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima and Ryota Mibe

7th International Conference on Advanced Information Systems Engineering査読有りp.247 - 2622015年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

An Evaluation and Result in Workshop Using Minecraft for ICT Education

Daisuke Saito, Akira Takebayashi, Tsuneo Yamaura, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

3rd International Japan Game Studies Conference査読有りp.38 - 392015年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

TESEM: A Tool for Verifying Security Design Pattern Applications by Model Testing

Takanori Kobashi, Masatoshi Yoshizawa, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Haruhiko Kaiya and Takano Okubo

8th IEEE International Conference on Software Testing, Verification, and Validation査読有りp.1 - 82015年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

History-Based Test Case Prioritization for Black Box Testing on a New Product using Ant Colony Optimization

Tadahiro Noguchi, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Atsutoshi Sato and Kenichiro Ota

8th IEEE International Conference on Software Testing, Verification, and Validation査読有り2015年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

DePoT:Webアプリケーションテストにおけるテストコード自動生成テスティングフレームワーク

青井 翔平;坂本 一憲;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

情報処理学会論文誌56(3)p.835 - 8462015年03月-2015年03月 

CiNii

詳細

ISSN:1882-7764

概要:Webアプリケーションは大規模化にともないテストコードの作成コストが増大しているうえ,保守コストが膨大であるという問題がある.特に,Webアプリケーションは他のアプリケーションよりも仕様変更の頻度が高く,また,アサーションの記述に関して構造化する手法が存在していないため,可読性および変更容易性の低下により,保守コストが増大しがちである.本稿では,Webアプリケーションの頻繁な仕様変更に対応可能なページオブジェクトデザインパターンを利用した保守性の高い内部DSLおよび,内部DSLに基づくテストコードを自動生成するテスティングフレームワークDePoTを提案する.DePoTはテストコードの自動生成によりテストコードの作成コストを削減して,また,ページオブジェクトデザインパターンと内部DSLにより保守コストを削減する.我々は被験者実験によって人手でテストコードを記述する従来手法との比較を通して,DePoTの有用性を確認した.The sizes of web applications are increasing, thus, development costs to write test code for web applications are also increasing. Moreover, specification changes of web applications are frequently occured and there are no method to modularize assertions of test code. Such situation poses high maintenance costs by decreasing understandability and changeability. We propose a novel testing framework for web applications, named DePoT, which provides an internal DSL on the basis of the Page Object design pattern. DePoT reduces the development costs of test code by generating a skeleton test code using the internal DSL and reduces the maintenance costs of test code by using the Page Object design pattern and the internal DSL. We evaluate DePoT by comparing traditional testing methods.

Introducing Software Reading Techniques into Pattern Writer’s Workshop: Checklists and Perspectives

Hironori Washizaki, Tian Xia and Yoshiaki Fukazawa

4th Asian Conference on Pattern Languages of Programs査読有り2015年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Iterative Process to Improve GQM Models with Metrics Thresholds to Detect High-risk Files

Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda, and Masanao Futakami

22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering査読有り2015年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Support of Scenario Creation by Generating Event Lists from Conceptual Models

Kenta Goto, Shinpei Ogata, Junko Shirogane, Takako Nakatani and Yoshiaki Fukazawa

the third International Conference on Model-Driven Engineering and Software Development査読有りp.376 - 3832015年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Support to Apply Accessibility Guidelines to Web Applications

Tamaki Ohara, Hajime Iwata, Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

4th International Conference on Information Computer Application査読有り2015年02月-

DOI

Comparative Study on Programmable Robots as Programming Educational Tools

Shohei Yamazaki, Kazunori Sakamoto, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

17th Australasian Computing Education Conference査読有りp.155 - 1642015年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Model-Driven-Development-Based Stepwise Software Development Process for Wireless Sensor Networks

Tei, Kenji;Shimizu, Ryo;Fukazawa, Yoshiaki;Honiden, Shinichi

IEEE TRANSACTIONS ON SYSTEMS MAN CYBERNETICS-SYSTEMS45(4)p.675 - 6872015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:2168-2216

Recovering Traceability Links between Requirements and Source Code Using the Configuration Management Log

Tsuchiya, Ryosuke;Washizaki, Hironori;Fukazawa, Yoshiaki;Kato, Tadahisa;Kawakami, Masumi;Yoshimura, Kentaro

IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMSE98D(4)p.852 - 8622015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:1745-1361

Recovering Traceability Links between Requirements and Source Code Using the Configuration Management Log

TSUCHIYA Ryosuke;WASHIZAKI Hironori;FUKAZAWA Yoshiaki;KATO Tadahisa;KAWAKAMI Masumi;YOSHIMURA Kentaro

IEICE Transactions on Information and Systems98(4)p.852 - 8622015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0916-8532

概要:Traceability links between requirements and source code are helpful in software reuse and maintenance tasks. However, manually recovering links in a large group of products requires significant costs and some links may be overlooked. Here, we propose a semi-automatic method to recover traceability links between requirements and source code in the same series of large software products. In order to support differences in representation between requirements and source code, we recover links by using the configuration management log as an intermediary. We refine the links by classifying requirements and code elements in terms of whether they are common to multiple products or specific to one. As a result of applying our method to real products that have 60KLOC, we have recovered valid traceability links within a reasonable amount of time. Automatic parts have taken 13 minutes 36 seconds, and non-automatic parts have taken about 3 hours, with a recall of 76.2% and a precision of 94.1%. Moreover, we recovered some links that were unknown to engineers. By recovering traceability links, software reusability and maintainability will be improved.

まねっこダンス:真似て覚えるプログラミング学習ツール

坂本 一憲;本田 澄;音森 一輝;山崎 頌平;服部 真智子;松浦 由真;高野 孝一;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

コンピュータ ソフトウェア32(4)p.4_74 - 4_922015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0289-6540

概要:我々は初学者がプログラミングを学習する際に,障害1) 言語の構成要素,障害2) 教育ツールの動作デバイス,障害3) 教育ツールのユーザインタフェースにおいて,3点の障害があると考えている.我々が調査した限りでは,全ての障害を取り除いたプログラミング教育ツールは存在していない.
本論文では,特徴1) 可愛いと感じるぬいぐるみロボットおよびダンボール製ロボットをプログラムで操作する機能,特徴2) Androidスマートフォンおよびタブレット上で動作する,特徴3) 絵文字および日本語をベースにした新しいプログラミン言語を提供するという3点の特徴を備えたプログラミング教育ツールまねっこダンスを提案する.まねっこダンスの有用性を評価するため,国立情報学研究所のオープンハウスと早稲田大学のオープンキャンパスにて,高校生29名と一般参加者13名,主に中高生295名からアンケート調査を行ったところ,プログラミング学習の動機付け,プログラミングの印象改善,手続き・くり返し・条件分岐に関する理解の促進の効果が見られた.

RepositoryProbe: リポジトリマイニングのためのデータセット作成支援ツール

高澤 亮平;坂本 一憲;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

コンピュータ ソフトウェア32(4)p.4_103 - 4_1142015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0289-6540

概要:ソフトウェアの成果物,および開発プロセスの情報などを対象に分析を行うリポジトリマイニングの研究が盛んに行われている.しかし,数多くの公開されているプロジェクトから,分析の対象とする規模,言語,用途などを満たすプロジェクトを探すことは困難な作業である.そこで我々は,リポジトリマイニングのためのデータセット作成支援ツール,RepositoryProbeを提案する.本ツールではGitHub上で特定の条件を指定して検索を行うことで,目的のプロジェクト群を容易に見つけ出すことを可能にする.また,GitHub上での開発者の活動量のデータや,外部ツールで取得したソフトウェアメトリクスなどのデータを組み合わせて出力することで,データセットの構築を支援する.

Model-Driven-Development-Based Stepwise Software Development Process for Wireless Sensor Networks

Kenji Tei, Ryo Shimizu, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden

IEEE Transactions on Systems, Man, and Cybernetics: Systems査読有り45(4)p.675 - 6872015年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Investigating the Relationship Between Project Constraints and Appropriate Iteration Length in Agile Development through Simulations

Ryushi Shiohama, Hironori Washizaki, Shin Kuboaki, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa

International Journal of Computer Applications in Technology査読有り2015年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Continuous Product-Focused Project Monitoring with Trend Patterns and GQM

Hidenori Nakai, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada and Daisuke Miyazaki

2nd International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality査読有りp.69 - 742014年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Initial Industrial Experience of GQM-based Product-Focused Project Monitoring with Trend Patterns

Hidenori Nakai, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada and Daisuke Miyazaki

21st Asia-Pacific Software Engineering Conference査読有りp.43 - 462014年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A Tool to Suggest Similar Program Element Modifications

Yujiang Yang, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

21st Asia-Pacific Software Engineering Conference査読有りp.311 - 3182014年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Predicting Time Range of Development Based on Generalized Software Reliability Model

Kiyoshi Honda, Hidenori Nakai, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa , Ken Asoh, Kaz Takahashi, Kentarou Ogawa, Maki Mori, Takashi Hino, Yosuke Hayakawa, Yasuyuki Tanaka, Shinichi Yamada and Daisuke Miyazaki

21st Asia-Pacific Software Engineering Conference査読有りp.351 - 3582014年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Do Open Source Software Projects Conduct Tests Enough?

Ryohei Takasawa, Kazunori Sakamoto, Akinori Ihara, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement査読有り8892p.322 - 3252014年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Identifying Rationales of Strategies by Stakeholder Relationship Analysis to Refine and Maintain GQM+Strategies Models

Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Daisuke Hirabayashi, Katsutoshi Shintani, Yasuko Okazaki and Yasuhiro Kikushima

15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement査読有り8892p.78 - 922014年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

保守性・再利用性が低いファイルの予測:産業データを用いた研究

津田直彦;高田正樹;鷲崎弘宜;深澤良彰;杉村俊輔;保田裕一朗;二上将直

研究報告ソフトウェア工学(SE)2014(10)p.1 - 82014年11月-2014年11月 

CiNii

詳細

概要:再利用性の高い資産を蓄積するためには,保守性・再利用性の低いソースコードファイル (Unacceptable Files:FS) とそうでないファイル (Acceptable Files:Fs) を見分け,早い段階で UFs を発見し修正する必要がある.人手レビューには時間がかかるため,自動で UFs を検出するための研究がこれまでされてきた.しかし,言語や開発形態の違いなどからソフトウェアプロジェクト毎にメトリクス傾向は異なることが多い.そのため,GQM 法などを用いてあるプロジェクトに対して自動評価式を作成しても,他のプロジェクトに対しては適切でない評価をしてしまう場合がある.そこで,我々は GQM モデルを共通のドメインで再利用しつつ,メトリクスの値を解釈する評価式のパラメタ (閾値) 変更によってプロジェクトに合わせた自動評価をする仕組みを考えた.そして,可変部分である閾値を経験的に決めるのでなく,実際の人手レビュー結果に基づいて決めるための枠組みを考案した.本稿では建機メーカーの実プロダクト (C++) を用いて,提案する枠組みの有効性を実験的に確認した.その結果,評価する項目によってはファイルの自動評価を人手レビューに十分近似させることが可能とわかった (カッパ係数 0.7 以上の一致度).

Detect Low Maintainability and Reusability Files: Framework for Optimal Prediction in Consideration of a Project

Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda and Masanao Futakami

6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice査読有り2014年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Toward A Portability Framework with Multi-Level Models for Wireless Sensor Network Software

Ryo Shimizu, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden

the 2014 International Conference on Smart Computing査読有りp.253 - 2602014年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A Gamified Tool for Motivating Developers to Remove Warnings of Bug Pattern Tools

Satoshi Arai, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice査読有り2014年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Supporting Model Transformation Developments with Multi-Level Models: A Wireless Sensor Network Case

Ryo Shimizu, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden

11th International Conference Applied Computing 2014査読有りp.29 - 362014年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Verification Implementing of Security Design Patterns Using a Test Template

Masatoshi Yoshizawa, Takanori Kobashi, Hiroyoshi Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Takao Okubo, Haruhiko Kaiya and Nobukazu Yoshioka

9th International Conference on Availability, Reliability and Security査読有りp.178 - 1832014年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

HoppingDuster: Self-adaptive Cleaning Robot Based on Aerial Vehicle

Kenji Tei, Kazuya Aizawa, Shunichiro Suenaga, Ryuichi Takahashi, Shun Lee and Yoshiaki Fukazawa

The 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing査読有りp.271 - 2742014年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Analyzing Software Patterns Network obtained from Portland Pattern Repository

Hironori Washizaki, Suthinan Thanintranon, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa, Takeshi Kawamura and Joseph W. Yoder

21st Conference on Pattern Languages of Programs査読有り2014年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Using an Automatic Collection Method to Identify Patterns during Design Activity

Jonatan Hernandez, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

11th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering査読有り466p.491 - 5042014年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Support Method to Apply User Interface Guidelines to GUIs Using Guideline Templates

Junko Shirogane, Kazuya Sugiuchi, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

11th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering査読有りp.673 - 6872014年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

RefactoringScript: A Script and Its Processor for Composite Refactoring

Linchao Yang, Tomoyuki Kamiya, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

26th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering査読有りp.711 - 7162014年07月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Predicting the Release Time Based on a Generalized Software Reliability Model (GSRM)

Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

38th Annual IEEE International Computers, Software, and Applications Conference査読有り2014年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Network Analysis for Software Patterns including Organizational Patterns in Portland Pattern Repository

Hironori Washizaki, Masashi Kadoya, Yoshiaki Fukazawa and Takeshi Kawamura

the Agile 2014 Conference査読有りp.66 - 672014年07月-2014年08月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Efficient Identification of Rationales by Stakeholder Relationship Analysis to Refine and Maintain GQM+Strategies Models

Takanobu Kobori, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yukihiko Akasaka, Hisayoshi Adachi, Takae Arai, Yasushi Ishigai, Tatsuo Ide, Masahiro Ide, Yukihiko Ejiri, Yasuko Okazaki, Yasuhiro Kikushima, Tomoko Kishida, Katsutoshi Shintani, Atsushi Nishizawa, Norifumi Nomura, Daisuke Hirabayashi, Hideki Matsuoka, Kotaro Mita and Tatsuya Kimura

1st Asia Pacific Requirements Engineering Symposium査読有りp.77 - 822014年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

The Impacts of Personal Characteristic on Educational Effectiveness in controlled-Project Based Learning on Software Intensive Systems Development

Yusuke Yamada, Shota Inaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume and Manabu Tamaki

the 27th Conference on Software Engineering Education and Training査読有り2014年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

無線センサネットワークにおけるデータ品質改善の為の開発プロセス(情報ネットワーク,<特集>学生論文)

清水 遼;鄭 顕志;深澤 良彰;本位田 真一

電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム97(3)p.473 - 4872014年03月-2014年03月 

CiNii

詳細

ISSN:18804535

概要:無線センサネットワークアプリケーションの機能要求を達成するための主な手段は実世界のデータ取得であるため,開発においてデータに関する品質を改善することが重要となる.開発時には,低コストでプロトタイプを開発し早期に品質改善のための課題を発見すること,細やかな品質改善により要求を満たすことが求められる.しかし,既存の開発方法では単一の抽象度の言語を一貫して用いるため,記述能力と記述の容易さとの間にトレードオフによってこれらの要件を同時に満たせない.本論文では,抽象度の異なる複数のモデリング言語を併用することでデータ品質改善を支援する開発プロセスを提案する.本開発プロセスでは,設計対象ごとに適した抽象度を用いるようモデリング言語を定義し,これらの使い分けをプロセスとして提案する.また,上位モデルの設計を下位モデルへ反映させつつ実装へと近づける際の設計の伝播は,自動モデル変換規則を定義することで実現した.本開発プロセスが前述の要件を満たしつつ開発可能であることを,運用実績のあるWSNアプリケーションでのケーススタディを用い示した.

D-13-3 タブレット向けWebサイトのユーザビリティ評価の支援手法(D-13.知能ソフトウェア工学,一般セッション)

松澤 岬;白銀 純子;岩田 一;深澤 良彰

電子情報通信学会総合大会講演論文集2014(2)2014年03月-2014年03月 

CiNii

得点による競争原理を用いた静的解析ツールによる欠陥除去の促進

新井 慧;坂本 一憲;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス113(489)p.55 - 602014年03月-2014年03月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:プログラムの欠陥を検出する静的解析ツールは,ソフトウェアに作りこまれた欠陥の早期発見に役立つことが知られている.一方,欠陥の誤検出や些細な欠陥の報告が多すぎるといった問題点があり,その有用性にもかかわらず静的解析ツールの普及は進んでいない.上述の問題点を解決するため,より正確な静的解析を実現するための研究が広く進められている.しかし,これらの研究は,検出数の多さから欠陥が無視されがちになる問題を直接的に解決するための研究ではない.本論文では,静的解析ツールを利用する開発者の欠陥修正に対するモチベーションを向上させ,報告された欠陥がより多く修正されるような仕組みを提案する.静的解析によって報告される欠陥をより多く修正させるように動機づけることで,開発者が報告される欠陥を無視しがちになる問題を緩和し,ソフトウェアの品質向上を図る.提案する仕組みの有用性を確認するため,提案する仕組みを導入したツールを開発し,被験者実験を行った結果,ツールを利用することによっておよそ1.5倍ほど多くの欠陥が修正されることを確認した.

Relationships Between Variations of Personal Characteristics and Educational Effectiveness in Group Assignment of Software Intensive Systems Development

Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yamada, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume and Manabu Tamaki

8th International Technology, Education and Development Conference査読有りp.698 - 7062014年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Evaluating Structural Validity of UML Class Diagrams by Measuring the Number of Highly Responsible Classes

Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

13th IASTED International Conference on Software Engineering査読有り2014年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

GUI Prototype Generation from Scenarios in the Requirements Elicitation Phase

Junko Shirogane, Hiroshige Shibata, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

the IASTED International Conference on Software Engineering査読有りp.31 - 382014年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Automatic Assessment of End-User Adaptive Operation Styles for Software Tutorial Systems

Hajime Iwata, Nobuo Ikumi, Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

7th IADIS International Conference Information Systems 2014査読有りp.375 - 3772014年02月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

アスペクト指向プログラミングによる高性能・低消費電力化

鷲崎 弘宜;大河原 洸太;原 章浩;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. MSS, システム数理と応用113(421)p.29 - 342014年01月-2014年01月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:特定の品質要求を満足するためのプログラムコードはしばしば、プログラムの基本的なモジュール構成に対して横断的に散らばることが知られている。そのような横断的関心事のモジュール化を通じて保守性を維持あるいは高めることに有効な技術として、アスペクト指向プログラミング(Aspect-Oriented Programming:AOP)がある。本稿では、AOPの実行性能や品質向上に関する応用として、マルチコア環境における単体テスト実行時間の短縮を目的とした単体テストフレームワークJUnitのAspectJ(Java言語用のAOP処理系)によるマルチスレッド化と、ロボット制御プログラムの低消費電力化を目的としたハードウェア制御方式やアルゴリズムのAspectC(C言語用のAOP処理系)による追加および変更の事例をそれぞれ報告する。

アスペクト指向プログラミングによる高性能・低消費電力化

鷲崎 弘宜;大河原 洸太;原 章浩;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス113(422)p.29 - 342014年01月-2014年01月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:特定の品質要求を満足するためのプログラムコードはしばしば、プログラムの基本的なモジュール構成に対して横断的に散らばることが知られている。そのような横断的関心事のモジュール化を通じて保守性を維持あるいは高めることに有効な技術として、アスペクト指向プログラミング(Aspect-Oriented Programming:AOP)がある。本稿では、AOPの実行性能や品質向上に関する応用として、マルチコア環境における単体テスト実行時間の短縮を目的とした単体テストフレームワークJUnitのAspectJ(Java言語用のAOP処理系)によるマルチスレッド化と、ロボット制御プログラムの低消費電力化を目的としたハードウェア制御方式やアルゴリズムのAspectC(C言語用のAOP処理系)による追加および変更の事例をそれぞれ報告する。

Method for Consistent GUI Arrangements by Analyzing Existing Windows and Its Evaluation

Shirogane, Junko;Shirai, Seitaro;Iwata, Hajime;Fukazawa, Yoshiaki

IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMSE97D(5)p.1084 - 10962014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1745-1361

Method for Consistent GUI Arrangements by Analyzing Existing Windows and Its Evaluation

SHIROGANE Junko;SHIRAI Seitaro;IWATA Hajime;FUKAZAWA Yoshiaki

IEICE Transactions on Information and Systems97(5)p.1084 - 10962014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:0916-8532

概要:To realize usability in software, GUI (Graphical User Interface) layouts must be consistent because consistency allows end users to operate software based on previous experiences. Often consistency can be achieved by user interface guidelines, which realize consistency in a software package as well as between various software packages within a platform. Because end users have different experiences and perceptions, GUIs based on guidelines are not always usable for end users. Thus, it is necessary to realize consistency without guidelines. Herein we propose a method to realize consistent GUIs where existing software packages are surveyed and common patterns for window layouts, which we call layout rules, are specified. Our method uses these layout rules to arrange the windows of GUIs. Concretely, source programs of developed GUIs are analyzed to identify the layout rules, and then these rules are used to extract parameters to generate source programs of undeveloped GUIs. To evaluate our method, we applied it to existing GUIs in software packages to extract the layout rules from several windows and to generate other windows. The evaluation confirms that our method easily realizes layout consistency.

Detecting Design Patterns in Object-Oriented Program Source Code by using Metrics and Machine Learning

Satoru Uchiyama, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Special Issue on Design Patterns, Journal of Software Engineering and Applications査読有り7(12)2014年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Validating Security Design Pattern Applications by Testing Design Models

Takanori Kobashi, Nobukazu Yoshioka, Haruhiko Kaiya, Hironori Washizaki, Takao Okubo and Yoshiaki Fukazawa

International Journal of Secure Software Engineering査読有り5(4)p.1 - 302014年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Investigating the Relationship between Project Constraints and an Appropriate Iteration Length in Agile Development by Conducting Simulation

Ryushi Shiohama, Hironori Washizaki, Shin Kuboaki, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa

International Journal of Computer Applications in Technology査読有り2014年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Refactoring Script:複合リファクタリングを適用可能なリファクタリングスクリプトと処理系

神谷 知行;坂本 一憲;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)6(3)p.33 - 452013年12月-2013年12月 

CiNii

詳細

ISSN:1882-7802

概要:リファクタリングはコード体質改善の手法として広く知られているが,手動での実行はコストが高く欠陥を埋め込みやすいため,リファクタリングツールが多数提案されている.しかし,これらのツールは単体の単純なリファクタリングの実行を支援するものであり,リファクタリングによるデザインパターンの導入など,複雑なリファクタリングを行うのは難しい.すなわち,単体のリファクタリングを複数種類組み合わせて逐次実行したり,複数箇所に対してあるいは複数回数繰り返してリファクタリングを実行したりすることは困難である.そこで我々は,Javaソースコードを表現可能なモデルを用いて,リファクタリング内容やその適用箇所の指定を記述できるスクリプトおよびその処理系を提案する.複雑なリファクタリングを簡潔に記述でき,少ないコストで複雑なリファクタリングを実行できること,またプロジェクト横断的に再利用できることを評価実験で確認し,本手法の有用性を示した.Refactoring has been recognized widely as the way to improve the internal qualities of source codes. Because manual refactorings is time-consuming and error prone, many tools supporting automated refactoring have been suggested. However, because these tools are only for supporting a unit and simple refactoring, it is difficult to preform complicated refactorings such as a introduction of a design pattern. That is, it is difficult to apply a set of combined refactorings or to apply refactorings multiple times to multiple positions. In this research, we propose the script language and its interpreter that can describe how and where to refactor by using a model expressing source codes. From the results of evaluations, we concluded that our language and interpreter allow users to describe the steps of refactorings as scripts, replay and reuse them simply for multiple projects.

Effects of Organizational Changes on Product Metrics and Defects

Seiji Sato, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Hiroyuki Ono, Yoshiiku Hanai and Mikihiko Yamamoto

20th Asia-Pacific Software Engineering Conference査読有り2013年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

パターンの構造化を利用したパターンランゲージの拡充(研究速報,<特集>ソフトウェア基礎・応用論文)

中野 聡之;角谷 将司;鈴木 翔太;鷲崎 弘宜;深澤 良彰;羽生田 栄一;本橋 正成;三上 徹也

電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム96(11)p.2705 - 27092013年11月-2013年11月 

CiNii

詳細

ISSN:18804535

概要:数多くのパターンからパターンランゲージを構築することで,言語として体系化されたパターン名を利用した円滑なコミュニケーションが可能となり,思考や情報の共有が容易となる.しかしながら,パターンを抽出するための従来手法では,関連を伴う多くのパターンを抽出することは困難である.そこで我々は,既知のパターンのモデル化とそれに基づく構造変形を利用して,関連するパターンの候補群を導出する手法を提案する.本手法を用いることで,既知のパターンと関連するパターンを現実的な時間で導出することができる.

Learning System for Computational Thinking using Appealing User Interface with Icon-Based Programming Language on Smartphones

Kazunori Sakamoto, Koichi Takano, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

21st International Conference on Computers in Education査読有り2013年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

JavaScriptを使用したWebサイトのアクセシビリティ評価支援

大原 圭木;岩田 一;白銀 純子;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学113(277)p.53 - 582013年10月-2013年10月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:障害を持つユーザがWebサイトを利用するためにWebサイトを支援技術に対応させるためのガイドラインが存在する。しかしガイドラインは膨大であり、Webコンテンツに適用させるために必要なコストや労力が大きい。本研究では、動的なリッチインターネットアプリケーション(RIA)を実現する技術の中でもJavaScriptによるコンテンツに着目し、ガイドラインに対応しているかを評価する手法について提案する。本手法により、ガイドラン対応のためのコストや労力を軽減することができる。

A Pattern Language for the ET Robot Contest: On Embedded Software Engineering

Masashi Kadoya, Toshiyuki Nakano, Takamori Ozawa, Masahiko Wada, Hiroki Itoh, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

20th Conference on Pattern Languages of Programs査読有り2013年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Validating Security Design Pattern Applications Using Model Testing

Takanori Kobashi, Nobukazu Yoshioka, Haruhiko Kaiya, Hiroyoshi Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

8th International Conference on Availability, Reliability and Security査読有りp.62 - 712013年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

B-018 プロダクトライン開発におけるセミ形式化記述を用いた仕様整合支援ツール(B分野:ソフトウェア,一般論文)

小宮 紀之;久代 紀之;深澤 良彰

情報科学技術フォーラム講演論文集12(1)p.257 - 2602013年08月-2013年08月 

CiNii

B-019 要求、設計、評価工程をつなぐ仕様記述手法(B分野:ソフトウェア,一般論文)

久代 紀之;小宮 紀之;深澤 良彰

情報科学技術フォーラム講演論文集12(1)p.261 - 2622013年08月-2013年08月 

CiNii

Analyzing Effectiveness of Workshops for Learning Agile Development

Shota Suzuki, Hironori Washizaki, Ryushi Shiohama, Masashi Kadoya and Yoshiaki Fukazawa

Agile 2013 Conference査読有りp.50 - 592013年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Systematic Mapping of Workshops for Learning Agile Software Development Principles

Hironori Washizaki, Shota Suzuki, Ryushi Shiohama, Masashi Kadoya, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa

the International Conference on Edcuation and Educational Research査読有り2013年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Recovering Traceability Links between Requirements and Source Code in the Same Series of Software Products

Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Tadahisa Kato, Masumi Kawakami and Kentaro Yoshimura

17th International Software Product Line Conference査読有りp.121 - 1302013年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Portland Pattern Repositoryにおけるソフトウェアパターンに対するネットワーク分析

鷲崎 弘宜;川村 健;角谷 将司;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス113(159)p.31 - 362013年07月-2013年07月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:ソフトウェアパターンの収集サイトPortland Pattern Repository(以下PPR)にネットワーク分析の手法を適用し,パターンの参照関係の位置をしめす指標である中心性を算出し,パターン間の参照関係の構造的特徴を明らかにした.また,PPRに記載されている各パターンの履歴情報についてデータ分析を行った.分析の結果,使用頻度の高いと思われるパターンは次数中心性が高い傾向がみられた.このことは適用するパターンの検討や新たなパターンの抽出に有用であると考えられる.

Portland Pattern Repositoryにおけるソフトウェアパターンに対するネットワーク分析

鷲崎 弘宜;川村 健;角谷 将司;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学113(160)p.31 - 362013年07月-2013年07月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:ソフトウェアパターンの収集サイトPortland Pattern Repository(以下PPR)にネットワーク分析の手法を適用し,パターンの参照関係の位置をしめす指標である中心性を算出し,パターン間の参照関係の構造的特徴を明らかにした.また,PPRに記載されている各パターンの履歴情報についてデータ分析を行った.分析の結果,使用頻度の高いと思われるパターンは次数中心性が高い傾向がみられた.このことは適用するパターンの検討や新たなパターンの抽出に有用であると考えられる.

A Generalized Software Reliability Model Considering Uncertainty and Dynamics in Development

Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

14th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement査読有りp.342 - 3462013年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Extended Design Patterns in New Object-Oriented Programming Languages

Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering査読有り2013年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Comparative Evaluation of Programming Paradigm: Separation of Concerns with Object-, Aspect-, and Context-Oriented Programming

Fumiya Kato, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering査読有りp.594 - 5992013年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Intention-based Automated Composition Approach for Coordination Protocol

Ryuichi Takahashi, Fuyuki Ishikawa, Kenji Tei and Yoshiaki Fukazawa

IEEE 20th International Conference on Web Services査読有りp.260 - 2672013年06月-2013年07月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

開発における不確定性と時間変化を考慮した一般化信頼性モデル

本田 澄;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告2013(8)p.1 - 82013年05月-2013年05月 

CiNii

詳細

概要:欠陥の発見におけるソフトウェア信頼性モデルについて,確率過程を用いた一般化されたモデルを提案する.開発での様々な不確定要素と開発の時間変化をモデルに組み込み、定量的に開発工程を扱えるようにする.これにより,開発の時間変化や不確定要素を考慮した開発の予測が行える.特に多くの既存モデルでは扱っていない,時間変化に関して複数のタイプを例として扱い,実際の開発との比較を行う.本発表では既存のソフトウェア信頼性モデルと提案するモデルを比較し,提案するモデルでのシミュレーション結果を示し,時間変化と不確定要素について考察を行う.

開発における不確定性と時間変化を考慮した一般化信頼性モデル

本田 澄;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

情報処理学会研究報告. EMB, 組込みシステム2013(8)p.1 - 82013年05月-2013年05月 

CiNii

詳細

ISSN:09196072

概要:欠陥の発見におけるソフトウェア信頼性モデルについて,確率過程を用いた一般化されたモデルを提案する.開発での様々な不確定要素と開発の時間変化をモデルに組み込み、定量的に開発工程を扱えるようにする.これにより,開発の時間変化や不確定要素を考慮した開発の予測が行える.特に多くの既存モデルでは扱っていない,時間変化に関して複数のタイプを例として扱い,実際の開発との比較を行う.本発表では既存のソフトウェア信頼性モデルと提案するモデルを比較し,提案するモデルでのシミュレーション結果を示し,時間変化と不確定要素について考察を行う.

Goal-Oriented Requirements Analysis and an Extended Design Pattern using Scala for Artificial Intelligence Programming Contests

Kazunori Sakamoto, Hiroaki Hosono, Seiji Sato, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

3rd International Workshop on Games and Software Engineering査読有りp.32 - 352013年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Team Characteristics for Maximizing the Educational Effectiveness of Practical Lectures on Software Intensive Systems Development

Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yoshida, Kazuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki and Toshikazu Kanou

26th IEEE-CS Conference on Software Engineering Education and Training査読有りp.264 - 2682013年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

GUI Generation Based on User Interface Guidelines

Kazuya Sugiuchi, Junko Shirogane, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

IADIS International Conference Information Systems 2013,2013年03月-

OCCF: A Framework for Developing Test Coverage Measurement Tools Supporting Multiple Programming Languages

Kazunori Sakamoto, Kiyofumi Shimojo, Ryohei Takasawa, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

6th IEEE International Conference on Software Testing, Verification and Validation (ICST 2013), Testing Tools Trackp.1 - 82013年03月-

"POGen: A Test Code Generator Based on Template Variable Coverage in Gray-box Integration Testing for Web Applications

Kazunori Sakamoto, Kaizu Tomohiro, Daigo Hamura, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

6th International Conference on Fundamental Approaches to Software Engineering (FASE 2013), Held as Part of the European Joint Conferences on Theory and Practice of Software (ETAPS 2013)p.343 - 3582013年03月-

Web Accessibility Support for Visually Impaired Users Using Link Content Analysis

Hajime Iwata, Naofumi Kobayashi, Kenji Tachibana, Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

Springer Plus, 2:1162013年03月-

JavaScriptを使用したHTMLのアクセシビリティ評価支援

大原圭木, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会第75回全国大会2013年03月-

Traceability Measurement between a Design Model and its Source Code

Hiroki Itoh, Hiroyuki Tanabe, Rieko Namiki, Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

12th IASTED International Conference on Software Engineering (SE 2013)p.1 - 62013年02月-

UNICOEN: 複数プログラミング言語対応のソースコード処理フレームワーク

坂本 一憲, 大橋 昭, 太田 大地, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰

情報処理学会論文誌, 特集「ソフトウェア工学」54(2)p.945 - 9602013年02月-

複数言語対応かつ算出式変更可能なバグローカリゼーションフレームワークの提案

下條 清史;坂本 一憲;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. MSS, システム数理と応用112(457)p.45 - 502013年02月-2013年02月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:バグローカリゼーションとは,ソフトウェアテスティングで得られる情報からコード内のバグの位置を推定する手法で,近年その有用性が注目を浴びている.しかし,既存のバグローカリゼーションツールでは,単一のプログラミング言語および単一のSuspiciousness算出式にしか対応していない.そこで,我々は複数のプログラミング言語に対応し, Suspiciousness算出式が容易に変更可能なバグローカリゼーションフレームワークを提案する.複数のプログラミング言語に対してそれぞれのSuspiciousness算出式を適用し,比較を行うことで本手法の有用性を確認する.

複数言語対応かつ算出式変更可能なバグローカリゼーションフレームワークの提案

下條 清史;坂本 一憲;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス112(458)p.45 - 502013年02月-2013年02月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:バグローカリゼーションとは,ソフトウェアテスティングで得られる情報からコード内のバグの位置を推定する手法で,近年その有用性が注目を浴びている.しかし,既存のバグローカリゼーションツールでは,単一のプログラミング言語および単一のSuspiciousness算出式にしか対応していない.そこで,我々は複数のプログラミング言語に対応し, Suspiciousness算出式が容易に変更可能なバグローカリゼーションフレームワークを提案する.複数のプログラミング言語に対してそれぞれのSuspiciousness算出式を適用し,比較を行うことで本手法の有用性を確認する.

要求定義段階のモデルからのシナリオ生成

後藤健太, 小形真平, 白銀純子, 中谷多哉子, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2013・イン・那須2013年01月-

Simulinkモデルの保守性向上に向けたクラスタリングおよびUMLモデルとの双方向変換に関する研究(文書とモデリング)

小澤 貴之;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス112(373)p.49 - 532013年01月-2013年01月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:Simulinkモデルは組み込みソフトウェア開発に適している。一方、大規模で煩雑なモデルになりやすく検討・修正が困難である。サブシステムによるモデルを抽象化は属人性が強いためにモデルの理解性が低い。そこで、我々はSimulinkモデルの保守性の向上を目指して、クラスタリング手法を適用し、属人性の無い適切な抽象化を行う。さらに、SimullnkモデルとUMLモデルの双方向変換を提案する。UMLモデルの静的・動的なモデルに変換する事で、責務等を明らかにして理解性を向上させる。及び、双方向変換でモデル間の対応関係を維持する。

Web accessibility support for visually impaired users using link content analysis

Iwata, Hajime;Kobayashi, Naofumi;Tachibana, Kenji;Shirogane, Junko;Fukazawa, Yoshiaki

SPRINGERPLUS22013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:2193-1801

トレーサビリティリンク回復を通じたトレーサビリティ測定と改善支援

伊藤 弘毅;田邉 浩之;波木 理恵子;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

コンピュータ ソフトウェア30(3)p.3_123 - 3_1292013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:0289-6540

概要:トレーサビリティはソフトウェアの保守性を左右する1つの要素であり,これまで様々な管理手法が報告されてきた.しかし,現状ではトレーサビリティの達成度合を示す指標が提供されていないため,その認識は主観的なものになりがちである.我々は,UML記述の設計モデルとオブジェクト指向言語記述のソースコード間におけるトレーサビリティの定量的測定手法を提案する.具体的には,独自の半自動アルゴリズムにより設計と実装を対応付け,GQM法(Goal-Question-Metric approach)で定めた枠組みを利用し測定を実施する.提案手法を実際の設計モデルとソースコードの組に適用した結果,第三者でも少ない労力でトレーサビリティを把握できることを確認した.

情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係

伊永 祥太;鷲崎 弘宜;吉田 裕介;筧 捷彦;深澤 良彰;山戸 昭三;大久保 雅司;玉木 学

工学教育61(5)p.5_88 - 5_932013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:1341-2167

概要:In practical lectures on software intensive business systems, we do not yet have an established method for determining what kind of personal characteristics and team compositions are most beneficial to obtaining the maximal educational effectiveness. Here, we propose a framework for analyzing the effects of personal characteristics of team members on educational effectiveness. We also apply the framework to an actual practical lecture. As a result, we find that it is better for a team to have members with a similar degree of tendency of conservative for acquiring more knowledge and skills and the team members have similar characteristics of progressive or conservative. It is expected that in similar practical lectures, we can also obtain the desired educational effectiveness if we can compose a team with the suitable characteristics as based on our findings.

Modeling Dependability of IT Services Associated with Social and Economic Infrastructure Including Healthcare

Hiroshi Ohtaka and Yoshiaki Fukazawa

Pervasive and Mobile Sensing and Computing for Healthcare, Technological and Social Issues査読有りp.297 - 3132013年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ユーザビリティ向上に向けた要求定義段階におけるGUIプロトタイプ構築

柴田博成, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰

第19回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2012 in 湯布院2012年12月-

DePoT: Webアプリケーションテストにおけるテストコード自動生成テスティングフレームワーク

青井翔平, 坂本一憲,鷲崎弘宜,深澤良彰

第19回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2012) in 湯布院p.121 - 1302012年12月-

Webアプリの動的部分に着目したグレーボックス統合テストとテンプレート変数カバレッジの提案

坂本一憲,海津智宏,波村大悟,鷲崎弘宜,深澤良彰

第19回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2012) in 湯布院p.131 - 1402012年12月-

Ajaxアプリケーションの保守容易性推測のためのソフトウェアメトリクス

平山祐資,小野康一,深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会, Vol.2012-SE-178, No.23p.1 - 82012年11月-

クラウドを動的に利用するWebサービス連携のための動作記述

鶴見直樹 , 石川冬樹 , 本位田真一 ,深澤良彰

電子情報通信学会サービスコンピューティング研究会, 信学技報vol. 112(no. 299)p.25 - 302012年11月-

派生プロダクト群における要求・実装間のトレーサビリティ抽出

土屋良介,鷲崎弘宜,深澤良彰,加藤正恭,川上真澄,吉村健太郎

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 信学技報, vol. 112, no. 275, SS2012-442012年11月-

クラウドを動的に利用するWebサービス連携のための動作記述(「サービス・クラウドの応用及びマッシュアップ」及び一般)

鶴見 直樹;石川 冬樹;本位田 真一;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SC, サービスコンピューティング112(299)p.25 - 302012年11月-2012年11月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:Webサービスの動的な連携技術が盛んに研究され,連携を記述し実行可能な言語が活用されている.サービス連携は今後複数クラウトを跨って実行されると考えられる.WS-BPEL標準を用いた場合中央エンジンを介して連携が行われ,データが巨大な場合にネットワーク遅延問題が生じる.本研究では適切なクラウトにサービスコンポーネントを動的配置する技術を適用し,遅延を軽減することを可能とするサービス連携のためのクラウト制御の枠組みを提案する.クラウト制御とコンポーネント配備に関する振る舞いを連携フローから分離し,連携ロジックに付加するルールとして表現する.この分離により,連携ロジックを変更せず振る舞いを容易に追加,変更できる.

Analyzing Effect of Team Composition on Education in Practical Lecture of Information Systems Development

Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yoshida, Kazuhiko Kakehi,Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, Toshikazu Kanou

6th International Conference on Project Management (ProMAC 2012)2012年10月-

モデルテストによるセキュリティ分析・設計パターンの適用支援

小橋 孝紀 , 大久保 隆夫 , 海谷 治彦 , 吉岡 信和 , 伊永 祥太 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰

コンピュータセキュリティシンポジウム2012論文集p.655 - 6622012年10月-

派生プロダクト群における要求・実装間のトレーサピリテイリンク抽出

士屋 良介;鷲崎 弘宜;深澤 良彰;加藤 正恭;川上 真澄;吉村 健太郎

情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告2012(20)p.1 - 62012年10月-2012年10月 

CiNii

詳細

概要:派生開発されてきたプロダクト群に対して,保守や拡張を行う際には,要求と実装の間でトレーサピリティが明確化されていることが望ましい.しかし,大規模なプロダクト群に対して,これらの作業を人手のみで行うことは困難である.我々は,構成管理ログを用いて,要求資産とソースコード,それぞれの共通性・可変性分析結果間の対応関係を分析し,その結果を利用することで,要求・実装問のトレーサビリティリンクを自動的に抽出する手法を提案する.提案手法を,一定規模の派生プロダクト群に適用した結果,実用的な時間内で,妥当なトレーサビリティリンクを抽出できた.

Ajaxアプリケーションの保守容易性計測のためのソフトウェアメトリクス

平山 祐資;小野 康一;深澤 良彰

情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告2012(24)p.1 - 82012年10月-2012年10月 

CiNii

詳細

概要:我々は Ajax アプリケーションの保守容易性を測るソフトウェアメトリクスを定義するための研究を行っている.通常の Web アプリケーションを対象とする保守容易性ソフトウェアメトリクスは既に存在するが. Ajax の特徴を考慮したものはまだない.我々は実際に Ajax アプリケーションを作成し.保守を繰り返すことで保守容易性が変化する経過を観察し具体的データを得た.このデータをもとに回帰分析により保守容易性を測るための指標を求めた.

派生プロダクト群における要求・実装間のトレーサビリティリンク抽出(開発支援とマネジメント,ソフトウェアサイエンス、理論)

土屋 良介;鷲崎 弘宜;深澤 良彰;加藤 正恭;川上 真澄;吉村 健太郎

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス112(275)p.123 - 1282012年10月-2012年10月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:派生開発されてきたプロダクト群に対して,保守や拡張を行う際には,要求と実装の間でトレーサビリティが明確化されていることが望ましい.しかし,大規模なプロダクト群に対して,これらの作業を人手のみで行うことは困難である.我々は,構成管理ログを用いて,要求資産とソースコード,それぞれの共通性・可変性分析結果間の対応関係を分析し,その結果を利用することで,要求・実装間のトレーサビリティリンクを自動的に抽出する手法を提案する.提案手法を,一定規模の派生プロダクト群に適用した結果,実用的な時間内で,妥当なトレーサビリティリンクを抽出できた.

Ajaxアプリケーションの保守容易性計測のためのソフトウェアメトリクス(マネジメント,ソフトウェアサイエンス、理論)

平山 祐資;小野 康一;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス112(275)p.143 - 1502012年10月-2012年10月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:我々はAjaxアプリケーションの保守容易性を測るソフトウェアメトリクスを定義するための研究を行っている.通常のWebアプリケーションを対象とする保守容易性ソフトウェアメトリクスは既に存在するが.Ajaxの特徴を考慮したものはまだない.我々は実際にAjaxアプリケーションを作成し.保守を繰り返すことで保守容易性が変化する経過を観察し具体的データを得た.このデータをもとに回帰分析により保守容易性を測るための指標を求めた.

Supporting Commonality and Variability Analysis of Requirements and Structural Models

Kentaro Kumaki, Ryosuke Tsuchiya, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

4th International Workshop on Model-driven Approaches in Software Product Line Engineering (MAPLE2012), collocated with SPLC 20122012年09月-

Consistent GUI Arrangements by Analyzing ExistingWindows

Junko Shirogane, Seitaro Shirai, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

10th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering2012年08月-

Estimate of the appropriate iteration length in agile development by conducting simulation

Ryushi Shiohama, Hironori Washizaki, Shin Kuboaki, Kazunori Sakamoto and Yoshiaki Fukazawa

Agile 2012,2012年08月-

Evaluation of End User Accessibility Support Using Link Content Analysis

Hajime Iwata, Naofumi Kobayashi, Kenji Tachibana,Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

10th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering2012年08月-

Macro and Micro Patterns in the Software Design Activity

Jonatan Hernandez, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

10th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering2012年08月-

Ajaxアプリケーション保守容易性のメトリクス

平山祐資, 小野康一, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012(SES2012)2012年08月-

9-215 情報システム企画・開発の実践的な擬似プロジェクトベース教育(OS プロジェクトマネジメントとPBL-IV,口頭発表)

鷲崎 弘宜;吉田 裕介;筧 捷彦;深澤 良彰;山戸 昭三;大久保 雅司

工学教育研究講演会講演論文集24(60)p.460 - 4612012年08月-2012年08月 

CiNii

Towards a Unified Source Code Measurement Framework Supporting Multiple Programming Languages

Reisha Humaira, Kazunori Sakamoto, Akira Ohashi, Hironori Washizaki,Yoshiaki Fukazawa

The 24th International Conference on Software Engineering and Knowledge Engineering (SEKE2012)2012年07月-

Simulinkモデルにおけるグラフに基づく非完全一致モデルクローン検出(一般)

鷲崎 弘宜;村上 真一;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス112(164)p.7 - 122012年07月-2012年07月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:Simulinkモデルは,ブロック線図としてプログラムを表現したモデルであり,制御系を中心として組込みソフトウェア開発において使われつつある.大規模なモデルや,同一ドメインで複数のモデルを扱う場合,クローンと呼ばれる重複箇所の存在がモデルの保守性を低下させる可能性がある.この問題解決に向けて,完全に一致するクローンを検出する手法が提案されているが,コピー&ペースト後に部分的に変更されたような非完全一致ながら類似性の高いクローン(ギャップを含むクローン)を十分に検出できなかった.そこで我々は,完全一致のクローンを検出する既存の手法と,多頻度グラフ検出アルゴリズムを組み合わせることで,非完全一致のモデルクローンをSimulinkモデル群から効率よく検出する手法を提案する.提案手法を検出ツールとして実装し,複数の具体的な制御モデルに適用した結果,非完全一致のクローンを検出可能なことを確認した.提案手法により検出した結果を記録し管理することで,効率的な保守を実現することが期待できる.

Simulinkモデルにおけるグラフに基づく非完全一致モデルクローン検出(一般)

鷲崎 弘宜;村上 真一;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学112(165)p.7 - 122012年07月-2012年07月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:Simulinkモデルは,ブロック線図としてプログラムを表現したモデルであり,制御系を中心として組込みソフトウェア開発において使われつつある.大規模なモデルや,同一ドメインで複数のモデルを扱う場合,クローンと呼ばれる重複箇所の存在がモデルの保守性を低下させる可能性がある.この問題解決に向けて,完全に一致するクローンを検出する手法が提案されているが,コピー&ペースト後に部分的に変更されたような非完全一致ながら類似性の高いクローン(ギャップを含むクローン)を十分に検出できなかった.そこで我々は,完全一致のクローンを検出する既存の手法と,多頻度グラフ検出アルゴリズムを組み合わせることで,非完全一致のモデルクローンをSimulinkモデル群から効率よく検出する手法を提案する.提案手法を検出ツールとして実装し,複数の具体的な制御モデルに適用した結果,非完全一致のクローンを検出可能なことを確認した.提案手法により検出した結果を記録し管理することで,効率的な保守を実現することが期待できる.

Supporting Commonality and Variability Analysis of Requirements and Structural Models

Ryo Shimizu, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

4th International Workshop on Model-driven Approaches in Software Product Line Engineering (MAPLE2012)2012年06月-

Web Service Selection Algorithm using Vickrey Auction

Atsushi Watanabe, Fuyuki Ishikawa, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

The 10th International Conference on Web Services (ICWS 2012)2012年06月-

Automatic Generation of Consistent GUI by Analyzing Developed Windows

Seitaro Shirai, Junko Shirogane, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

IADIS International Conference Information Systems 2012, Berlin, Germany2012年03月-

MDAの基づいたGUIの自動生成

賀 エイデキ, 白銀 純子, 岩田 一, 深澤 良彰

電子情報通信学会 総合大会2012年03月-

UIガイドラインを適用したGUIの生成

杉内 一也, 白銀 純子, 岩田 一, 深澤 良彰

電子情報通信学会 総合大会2012年03月-

コンピュータプレイヤーのプログラム作成を通して競い合うゲームプラットホームの開発を支援するフレームワーク(ソフトウェア工学,<特集>学生論文)

坂本 一憲;大橋 昭;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム95(3)p.412 - 4242012年03月-2012年03月 

CiNii

詳細

ISSN:18804535

概要:近年,プロブラミングコンテスト,特にゲームソフトウェア上で自律的に動作するプレイヤーのプログラムを作成して競い合う形式のコンテストが,教育向けの枠組みとして注目を浴びている.一方,コンテストで利用されるゲームプラットホームは,一般的なゲームソフトウェアやエンタープライズシステムと異なり,開発手法や技術的な知見が体系化されていない.本論文では,過去の開発経験からゲームプラットホームの要求を分析した結果をもとに,開発における知見を設計原則としてまとめる.更に,ゲームプラットホームの品質を保証して,開発コストを低減させるため,設計原則を踏まえたアーキテクチャと汎用的な共通処理を提供するフレームワークを提案する.その上で,提案フレームワークを利用するゲームプラットホームとコンテストの事例報告をもとに,提案フレームワークを利用するゲームプラットホームが分析した要求を満たすかどうかという定性的評価と,ソフトウェアメトリックスや参加者のアンケートによる定量的評価の両方から提案フレームワークの有用性を示す.

D-3-9 UIガイドラインを適用したGUIの生成(D-3.ソフトウェアサイエンス,一般セッション)

杉内 一也;白銀 純子;岩田 一;深澤 良彰

電子情報通信学会総合大会講演論文集2012(1)2012年03月-2012年03月 

CiNii

D-3-10 MDAに基づいたGUIの自動生成手法(D-3.ソフトウェアサイエンス,一般セッション)

賀 エイデキ;白銀 純子;岩田 一;深澤 良彰

電子情報通信学会総合大会講演論文集2012(1)2012年03月-2012年03月 

CiNii

プログラムの構造に着目したFault-Localizationとデバッグ支援

下條 清史;坂本 一憲;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス111(481)p.97 - 1022012年03月-2012年03月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:Fault-Localizationはテスト結果からテスト失敗の原因となるコードの箇所を推定する手法で,デバッグ作業の支援に有効である。しかし、テストケースが十分でない場合,バグを十分に局所化できないため、Fault-Localization結果が信頼できない.本稿では,実際の開発形態に沿ったインクリメンタルな運用のもとでプログラム構造を用いてFault-Localization結果を改善する手法を提案する.Fault-Localization結果のトップランキングの高精度化とバグの修正を繰り返していく手法により,効率的なデバッギングの実現可能性を示す.

2512 情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係(一般セッション)

鷲崎 弘宜;吉田 裕介;筧 捷彦;深澤 良彰;山戸 昭三;大久保 雅司;粂 照彦;玉木 学;加納 寿一

プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集2012(0)p.387 - 3922012年03月-2012年03月 

CiNii

詳細

概要:実務経験を持たない大学生を対象とした演習中心の情報システムの受発注に関する実践的講座において,教育効果を高めるための適切なチーム構成の方法は知られていない.そこで我々は,チーム構成が教育効果にもたらす影響を分析するための枠組みを設計し,その枠組みを実際の2つの実践的講座に適用した.適用結果の分析により,チームにおける個人特性上のメンバのばらつきが教育効果に影響を与えることを明らかにした.

メタデータ制約を用いた協調プロトコルの自動合成手法

髙橋竜一,石川冬樹,本位田真一,深澤良彰

情報処理学会論文誌「分散処理とネットワークサービス」特集Vol.53(No.2)p.683 - 6972012年02月-

Towards Unified Source Code Measurement Framework Supporting Multiple Programming Languages

Reisha Humaira, Kazunori Sakamoto, Akira Ohashi, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

ウィンターワークショップ2012・イン・琵琶湖2012年01月-

ETロボットコンテストを題材としたプロセスが不明瞭な開発におけるパターンマイニングの提案

角谷将司,中野聡之,小澤貴之,和田雅彦,伊藤弘毅,鷲崎弘宜,深澤良彰

情報処理学会第177回ソフトウェア工学研究会 (SE)2012年-

UNICOEN: 複数プログラミング言語対応のソースコード処理フレームワーク

坂本一憲, 大橋昭, 太田大地, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2012(SES2012)2012年-

Webアプリケーションの動的部分に着目したグレーボックス統合テストの提案

坂本一憲,海津智宏,波村大悟,鷲崎弘宜,深澤良彰

情報処理学会第176回SE・第25回EMB合同研究発表会2012年-

情報システム企画・開発の実践的な疑似プロジェクトベース教育

鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司

日本工学教育協会 平成24年度工学教育研究講演会2012年-

Method to Improve Accessibility of Rich Internet Applications

Junko Shirogane, Takayuki Kato, Yui Hashimoto, Kenji Tachibana, HajimeIwata and Yoshiaki Fukazawa

USAB 2011 Information Quality in eHealth,Graz, Austria2011年11月-

保守性向上へ向けた設計モデルとソースコード間のトレーサビリティ解析

伊藤弘毅, 志水理哉, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

第18回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2011)2011年11月-

UMLモデルからの変換によるWebアプリケーションの形式検証

大須賀 隆彦, 小野 康一, 深澤 良彰

知能ソフトウェア工学研究会2011年11月-

設計段階における抽象度を考慮したソフトウェアの保守性評価枠組み

志水理哉、伊藤弘毅、田邉浩之、波木理恵子、鷲崎弘宜、深澤良彰

第18回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2011)2011年11月-

UMLモデルからの変換によるWebアプリケーションの形式検証

大須賀 隆彦;小野 康一;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学111(282)p.79 - 842011年11月-2011年11月 

CiNii

詳細

ISSN:0913-5685

概要:モデル検査法がアプリケーションソフトウェアの形式検証のために適用されつつある.ソフトウェア開発の上流工程ではモデルを開発成果物とすることが多く,その成果物としてUMLが普及している.UMLのモデルを形式検証に活用するために,モデルから検証可能なオートマトンへと変換する手法が提案されている.我々は,WebアプリケーションのUMLモデルを,検証可能なオートマトンへ変換する手法を提案する.従来手法では,オートマトン生成のための情報をモデルに付加していたが,本手法ではWebアプリケーションモデリング以外の情報をモデルの前提としない.モデリング対象は携帯電話向けのWebアプリケーションとし,検証条件はセッションに関するセキュリティ脆弱性の不存在とした.

Selection of Metrics for Prediction of the Application of Design Patterns by Using Machine Learning

Jonatan Hernandez Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

Asian PLOP 2011,Tokyo2011年10月-

ヴィックレイオークションを利用したWebサービス選択アルゴリズム

渡辺 敦, 石川 冬樹, 深澤 良彰, 本位田 真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011 (JAWS2011)2011年10月-

無線センサネットワークにおける対象追跡の分解能を調整可能なセンサモデル

鄭 顕志, 中里 彦俊, 深澤 良彰, 本位田 真一

電子情報通信学会論文誌Vol.J94-B(No.10)p.1351 - 13622011年10月-

無線センサネットワークにおける対象追跡の分解能を調整可能なセンサモデル(<特集>スマートな社会を支えるインターネットアーキテクチャ論文)

鄭 顕志;中里 彦俊;深澤 良彰;本位田 真一

電子情報通信学会論文誌. B, 通信94(10)p.1351 - 13622011年10月-2011年10月 

CiNii

詳細

ISSN:13444697

概要:無線センサネットワーク上で動作する移動体追跡アプリケーションには,期待する分解能を満たしつつ,データ送信回数を抑制することが求められる.この問題に対し,ソフトウェアによってセンサの計測値をフィルタし,分解能を抑えることでデータ送信回数を抑制するセンサモデルが提案されている.しかし,既存のセンサモデルでは分解能の調整が行えず,分解能とデータ送信回数の細かなトレードオフ調整が困難であった.そこで本論文では.(1)分解能とデータ送信回数のトレードオフを調整可能にするN-aryセンサモデルと,(2)ノードの配置状況に応じて地域ごとに得られる分解能を均一化するN-aryセンサモデル設定手法を提案する.更に,シミュレーション結果により,本手法を用いることで,システムに期待する分解能要求に合わせてシステムの分解能を調整し,過分な通信を抑えることが可能となることを示した.

要求・設計資産からのプロダクトラインアーキテクチャ抽出

熊木 健太郎, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰

日本ソフトウェア科学会第28回大会2011年09月-

Bridging the Gap between Semantic Web Service Composition and Common Implementation Architectures

Fuyuki Ishikawa, Satoshi Katafuchi, Florian Wagner, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

The 8th International Conference on Services Computing (SCC 2011)2011年07月-

Usability Evaluation Method by Integrating Various Types of Evaluations

Junko Shirogane, Yuichiro Yashita, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

the IADIS International Conference Interfaces and HumanComputer Interaction,Rome, Italy2011年06月-

大問題プロジェクトのステークホルダー分析

大高浩,深澤良彰

プロジェクトマネジメント学会論文誌Vol.13(No.3)p.19 - 252011年06月-

A Tool For Detecting Duplicated Test Code Based On Test Coverage to Assist TDD

坂本 一憲;和田 卓人;鷲崎 弘宜;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス111(107)p.41 - 462011年06月-2011年06月 

CiNii

詳細

ISSN:09135685

概要:The amount of test code has increased as the test technology has developed and the amount of duplicated test code that is redundant has also increased. Duplicated test code that does not change defects which are found when testing software even if it is removed. This increases the size of test code and decreases the efficiency of execution and maintenance of software testing. We therefore propose techniques of detecting duplicated test code based on test coverage supporting multiple programming languages. We define the inclusion relation of test code based on test coverage and present techniques of detection and the implementation of a detection tool supporting three programming languages: Java, C and Python. We explain an experiment for detecting duplicated test code in open source software with the detection tool and discuss the benefits of the proposed techniques. Moreover, we show that the duplicated test code that is detected with the detection tool does not influence the results obtained from measuring the test coverage and demonstrate that the change in using test coverage can change the measurement criteria.

大問題プロジェクトのステークホルダー分析

大高 浩;深澤 良彰

プロジェクトマネジメント学会誌13(3)p.19 - 252011年06月-2011年06月 

CiNii

詳細

ISSN:1345031X

概要:IT分野において,社会・経済活動に大きな影響を及ぼす大問題プロジェクトの原因としては,プロジェクト・マネージャーだけでなく,顧客,上司,営業担当(以下,この三者のステークホルダーを企画責任者と呼ぶ)も係わりうる.しかし,従来,企画責任者と大問題プロジェクトとの因果関係について,客観的な手法で,明らかにされていなかった.本稿では,結果が恣意的に導かれないような手続きを用いることで,(独)情報処理推進機構にて収集・開示された失敗プロジェクト事例の中から,大問題プロジェクト事例を抽出・分析し,両者の因果関係について調べる.また,大問題プロジェクトの回避のための,企画責任者も含めた標準化の必要性について述べる.

Model Driven Development for Rapid Prototyping and Optimization of Wireless Sensor Network Applications

Ryo Shimizu, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

2nd International Workshop on Software Engineering for Sensor Network Applications (SESENA ’11), inconjunction with ICSE, Waikiki, Honolulu, Hawaii2011年05月-

Design Pattern Detection using Software Metrics and Machine Learning

Satoru Uchiyama, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

5th International Workshop on Software Quality and Maintainability (SQM2011)2011年03月-

既存ウインドウ情報の解析による一貫性を持ったGUI自動生成手法

白井盛太郎, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰

知能ソフトウェア工学研究会2011年03月-

既存ウインドウ情報の解析による一貫性を持ったGUI自動生成手法

白井 盛太郎;白銀 純子;岩田 一;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学110(468)p.67 - 722011年03月-2011年03月 

CiNii

詳細

ISSN:09135685

概要:ソフトウェアの使いやすさを意味するユーザビリティにとって重要な要素のひとつとして,一貫性が挙げられる.GUIに一貫性を持たせることで,ユーザの操作方法の学習や効率化を助けることができる.しかし,ソフトウェアのGUIに一貫性を持たせることはソフトウェア開発者にとって大きな負担となっている.そこで本手法では,ソフトウェアの既存ウインドウ情報を解析することによりレイアウトのルールを発見し,GUIウィジェットをルールに沿って自動レイアウトする.これにより,開発者がGUIを作成するプロセスを短縮することや,一貫性のあるレイアウトを容易に生成することを可能にする.

シナリオのイベント順序におけるユーザビリティ評価のためのGUIプロトタイプ生成

柴田博成, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺2011年01月-

設計原則への分解を用いたアーキテクチャパターン選択支援

中野由貴, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺2011年01月-

設計段階におけるソフトウェア品質特性の評価枠組み

志水理哉, 伊藤弘毅, 田邉浩之, 波木理恵子, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2011・イン・修善寺2011年01月-

AOJS:JavaScriptのためのアスペクト指向プログラミング・フレームワーク

大橋昭, 久保淳人, 水町友彦, 江口和樹, 村上真一, 高橋竜一, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 鹿糠秀行, 小高敏裕, 杉本信秀, 永井洋一, 山本里枝子, 吉岡信和, 石川冬樹, 碇尚史

コンピュータソフトウェアVol. 28(No. 3)p.1 - 152011年-

Open Code Coverage Framework: A Framework for Consistent, Flexible and Complete Measurement of Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages

Sakamoto, Kazunori;Ishikawa, Fuyuki;Washizai, Hironori;Fukazawa, Yoshiaki

IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMSE94D(12)p.2418 - 24302011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0916-8532

AOJS:JavaScriptのためのアスペクト指向プログラミング・フレームワーク

大橋 昭;久保 淳人;水町 友彦;江口 和樹;村上 真一;高橋 竜一;鷲崎 弘宜;深澤 良彰;鹿糠 秀行;小高 敏裕;永井 洋一;山本 里枝子;吉岡 信和;石川 冬樹;錠 尚史

コンピュータ ソフトウェア28(3)p.114 - 1312011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:0289-6540

概要:JavaScriptはスクリプト言語の1つであり,Webにおけるクライアントサイドプログラミングに広く用いられている.一方で,プログラムの大規模化により,ロギングなどの横断的関心事を効率よく管理することが課題となっており,その解決手法としてアスペクト指向プログラミングが提案されている.JavaScriptにおいてアスペクト指向プログラミングを実現するフレームワークは幾つか存在するが,元のプログラムからアスペクトに関する記述を完全に分離できないという問題がある.本稿では,JavaScriptのためのアスペクト指向プログラミング・フレームワークAOJS(Aspect-Oriented JavaScript)を提案する.AOJSは,従来のモジュールとアスペクトの完全分離記述を実現し,アスペクトの織り込み処理をプロキシ上で行うことにより,アスペクトの織り込みを強制する.AOJSを用いることで,既存のアプリケーションに修正を加えることなく動作ログを取得するなどの応用が考えられる.

Evaluation of Design Patterns by Machine Learning

Jonatan Hernandez, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

IWESEP 2010 in Nara2010年12月-

TCD: a text-based UML class diagram notation and its model converters

Hironori Washizaki, Masayoshi Akimoto, Atsushi Hasebe, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukazawa

2010 International Conference on Advanced Software Engineering and Its Applications2010年12月-

JavaFX ScriptのRIAに対するアクセシビリティライブラリ自動適用手法

加藤宝章, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

知能ソフトウェア工学研究会2010年11月-

Webサービスのリファクタリング検出と自動修正

福留康之, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

第17回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2010)2010年11月-

テスティングフレームワークにおける問題と考察

坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

第17回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE 2010)2010年11月-

多面的テストの統合によるユーザビリティ評価

矢下雄一郎, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰

第17回ソフトウェア工学の基礎ワークショップFose 2010 in 越後湯沢p.131 - 1362010年11月-

JavaFX ScriptのRIAに対するアクセシビリティライブラリ自動適用手法

加藤 宝章;橘 賢二;岩田 一;白銀 純子;深澤 良彰

電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学110(305)p.19 - 242010年11月-2010年11月 

CiNii

詳細

ISSN:09135685

概要:本研究ではJavaFX Scriptにより作成されたRIA(Rich Internet Applications)のアクセシビリティを向上させる手法について提案する。具体的には、JavaFX ScriptのGUIに対し、アクセシビリティを向上させるためのライブラリを自動的に適用するための方法を提案する。これにより、設計者がアクセシビリティを確保する労力の削減を目指す。

既開発部分の解析によるレイアウト調整済みGUIの生成

白井盛太郎, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰

FIT2010 第9回情報科学技術フォーラム2010年09月-

動的なコードの評価機構を備えた言語に対するテストカバレッジ測定ツール

坂本一憲, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第27回大会, 20102010年09月-

Method of GUI Layout Arrangement Along With User Interface Guidelines", Proc. of the 9th. Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE'10), Ka

Junko Shirogane, Takeaki Fukumoto, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

9th. Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE'10)2010年08月-

テストカバレッジに基づく重複テストコードの検出ツール

坂本 一憲, 和田 卓人, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010)2010年08月-

要求・設計資産からのプロダクトラインアーキテクチャ抽出

熊木 健太郎, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2010 (SES2010)2010年08月-2010年09月 

B-011 既開発部分の解析によるレイアウト調整済みGUIの生成(B分野:ソフトウェア,一般論文)

白井 盛太郎;白銀 純子;岩田 一;深澤 良彰

情報科学技術フォーラム講演論文集9(1)p.287 - 2882010年08月-2010年08月 

CiNii

A Model for a Manageable Dependability of IT Services Associated with Social and Economic Infrastructures

Hiroshi Ohtaka, Koichiro Oshika, Masashi Gotou, Tsutomu Yoshitani and Yoshiaki Fukazawa

International Journal of Information Processing and ManagementVol. 1(No. 1)p.15 - 242010年07月-

組合せによる条件付き品質を考慮したWebサービス選択の高速化手法

渡辺敦, 片渕聡, 高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム2010年07月-

無線センサネットワークの為のモデル駆動開発に向けたDSL非依存モデルの提案

清水遼, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム2010年07月-

Generation of an Operation Learning Support System by Log Analysis

Hajime Iwata, Junko Shirogane, Yoshiaki Fukazawa, Generation of an Operation

2nd International Conference on Software Engineering and Data Mining(SEDM 2010), Chengdu, China2010年06月-

Verification of a Dependability Model of IT Services for Social and Economic Infrastructures

Hiroshi Ohtaka, Koichiro Oshika, Masashi Gotou, Tsutomu Yoshitani and Yoshiaki Fukazawa

3rd International Conference on Information Sciences and Interaction Sciences (ICIS'10)2010年06月-

イベント駆動型Webサービス検索のためのイベントマッチング

片渕 聡, 鄭 顕志, 高橋 竜一, 深澤 良彰, 石川 冬樹, 本位田 真一

2010年度人工知能学会全国大会(第24回)JSAI20102010年06月-

Accessibility Evaluation for GUI Software Using Source Programs and Its Evaluation

Junko Shirogane, Takashi Mori, Hajime Iwata, Yoshiaki Fukazawa

IEICE Transactions on Information and SystemsVol. E93-D(No. 4)p.721 - 7322010年04月-

N-ary Sensor Model for Target Tracking in Wireless Sensor Networks

Kenji Tei, Hikotoshi Nakazato, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

1st International Workshop on Energy Aware Design and Analysis of Cyber Physical Systems (WEA-CPS’10), in conjunction with CPSWEEK in Stockholm, Sweden2010年04月-

GUI Prototype Generation Based on an MDA Process

Junko Shirogane, Hiroshi Mukaeda, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

IADIS International Conference Information Systems 20102010年03月-

Managing Risk Symptom: A Method to Identify Major Risks of Serious Problem Projects in SI Environment Using Cyclic Causal Model

Hiroshi Ohtaka and Yoshiaki Fukazawa

Project Management JournalVolume 41(Issue 1)2010年03月-

Method for Validating Appropriate Realization of Scenarios Using Operation Histories

Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

IADIS International Conference on Information Systems, Avila, Spainp.276 - 2802010年03月-

JavaFX Scriptで記述されたRIAのアクセシビリティ向上支援

加藤宝章, 橋本優惟, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

第52回福祉情報工学研究会2010年03月-

REST形式Webサービスのテスト実行に基づく高精度な検索

重井康宏, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

第167回ソフトウェア工学研究発表会2010年03月-

利用ログに対するウィンドウ遷移の解析による操作学習システム生成

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会 第167回ソフトウェア工学研究発表会2010年03月-

Evaluation of the Application of Design Patterns by Using a Classification with a Support Vector Machine

J.Hernandez, A.Kubo, H.Washizaki, Y.Fukazawa

IPSJ/SIGSE Winter Workshop 2010 in Kurashiki2010年01月-

Open Code Coverage Framework: A Consistent and Flexible Framework for Measuring Test Coverage Supporting Multiple Programming Languages

Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 10th International Conference on Quality Software (QSIC2010), Zhangjiajie, China2010年01月-

Notification型Webサービス特有のQoSによるサービス選択に向けてのアプローチ

片渕聡, 鄭顕志, 高橋竜一, 石川冬樹, 本位田真一, 深澤良彰

ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷2010年01月-

サービス設計における付随機能の考慮によるQoSの向上

高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 本位田真一, 深澤良彰

ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷2010年01月-

ソフトウェアの評価とソフトウェア工学研究の評価

深澤良彰

ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷2010年01月-

テスト実行に基づくREST形式Webサービスの高精度な検索

重井康宏, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷2010年01月-

ユーザの操作を基にしたユーザビリティ自動評価手法

矢下雄一郎, 白銀純子, 岩田 一, 深澤良彰

電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会, 2010年1月研究会2010年01月-

組み合わせQoSを考慮した自動サービス合成に関する研究

渡辺敦, 片渕聡, 高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 深澤良彰, 本位田真一

ウィンターワークショップ2010・イン・倉敷2010年01月-

Model-Driven Security Patterns Application and Validation

Yuki Shiroma, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Atsuto Kubo, Nobukazu Yoshioka, Eduardo B. Fernandez

17th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP 2010)2010年-

パターン適用前のソースコードを用いたデザインパターン検出

鷲崎弘宜, 深谷和宏, 久保淳人, 深澤良彰

コンピュータソフトウェアVol.27(No.2)p.136 - 1412010年-

Accessibility Evaluation for GUI Software Using Source Programs and Its Evaluation

Shirogane, Junko;Mori, Takashi;Iwata, Hajime;Fukazawa, Yoshiaki

IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMSE93D(4)p.721 - 7322010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0916-8532

パターン適用前のソースコードを用いたデザインパターン検出

鷲崎 弘宜;深谷 和宏;久保 淳人;深澤 良彰

コンピュータ ソフトウェア27(2)p.136 - 1412010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:0289-6540

概要:設計の理解支援のためオブジェクト指向プログラムからのデザインパターン検出手法が提案されている.しかしながら,デザインパターン適用後のソースコードに対する静的解析を用いた従来手法では検出精度が低い.本稿では,デザインパターン適用前のソースコードの静的解析を併用して検出精度を高めた検出手法を提案する.提案手法により,構造が類似するデザインパターン群を高精度に判別し,保守目的の参照者の設計理解を支援することができる.

Study on Improvement of Dependability of IT Services for Social and Economic Infrastructures

Hiroshi Ohtaka, Koichiro Oshika(IPA/JRI), Masashi Gotou(IPA/Intec) and Yoshiaki Fukazawa

APIEMS2009, Kitakyusyu, Japan2009年12月-

ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援

雁行進夢, 久保淳人, 鈴木三紀夫, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会論文誌Vol.50(No.12)2009年12月-

アスペクト指向によるAjaxデザインパターンの適用

江口和樹, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会FOSE 2009 in 箱根2009年11月-

マルチエージェントシステムにおけるメタデータを用いた協調プロトコル合成手法

高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 本位田真一, 深澤良彰

電子情報通信学会, ソフトウェアエージェントとその応用特集号Vol.J92-D(No.11)p.1827 - 18392009年11月-

メトリクスと機械学習によるデザインパターン検出

内山諭, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会FOSE 2009 in 箱根2009年11月-

構造および語の類似性に基づくアナリシスパターンの自動抽出

野本悠太郎, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会FOSE 2009 in 箱根2009年11月-

A Proposal for Applying the MIERUKA of IT Project to Non Japanese Asian Countries

Hiroshi Ohtaka, Yoshiki Mitani(IPA/SEC) and Yoshiaki Fukazawa

Serial Session (Special Lecture2) in ProMAC2009, Bangkok, Thailand2009年10月-

GUIレイアウトに対するガイドラインの自動適用手法

福本丈晃, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム20092009年09月-

ユーザ要求に対するパッケージソフトウェアの適合度導出手法

白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会 2009年9月研究会2009年09月-

携帯端末用Webページから通常端末用ページを構成する手法

勝俣浩樹, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2009年09月-

Webサービス検索のための操作カテゴリ分類手法の提案

片渕聡, 鄭顕志, 高橋竜一, 石川冬樹, 本位田真一, 深澤良彰

サービスコンピューティング時限研究専門委員会 第1回研究会2009年07月-

サービス合成におけるメタデータを用いた協調プロトコル合成手法

高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 本位田真一, 深澤良彰

サービスコンピューティング時限研究専門委員会 第1回研究会2009年07月-

テスト実行に基づくWebサービスの高精度な検索

重井康宏, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

サービスコンピューティング時限研究専門委員会 第1回研究会2009年07月-

AOJS: Aspect-Oriented JavaScript Programming Framework

H.Washizaki, A.Kubo, T.Mizumachi, K.Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, N.Yoshioka, H.Kanuka, T.Kodaka, N.Sugimoto, Y.Nagai and R.Yamamoto

Sixth Asian Workshop on Foundations of Software (AWFS 2009)2009年04月-

User-oriented Preparative Treatments for Requirements Engineering

Fei He, Yoshiaki Fukazawa

Sixth Asian Workshop on Foundations of Software (AWFS 2009)2009年04月-

AOJS: Aspect-Oriented Programming Framework for JavaScript

Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa

8th International Conference on Aspect-Oriented Software Development (AOSD'09) Demonstration Track2009年03月-

JavaFX Script による動的コンテンツのアクセシビリティ向上手法

加藤宝章, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

Webサイトの画像に対する代替テキスト記述の評価手法

柳田育孝, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会2008年度総合大会2009年03月-

操作履歴を利用したユーザビリティ評価手法

矢下雄一郎, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

並列コピーの導入による生存区間分割手法の性能向上

中林淳一郎, 片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会論文誌:プログラミングVol.2(No.2)p.70 - 792009年03月-

Aspect-Oriented JavaScript Programming Framework for Web Development

Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Tomohiko Mizumachi, Kazuki Eguchi, Yoshiaki Fukazawa, Nobukazu Yoshioka, Hideyuki Kanuka, Toshihiro Kodaka, Nobuhide Sugimoto, Yoichi Nagai, Rieko Yamamoto

Proc. of the 8th Workshop on Aspects, Components, and Patterns for Infrastructure Softwarep.31 - 362009年02月-

Web画像に対する代替記述の適切性の評価手法

柳田育孝, 橘賢二, 白銀純子, 岩田一, 深澤良彰

第46回福祉情報工学研究会(共催:聴覚研究会)2009年02月-

An Efficient Node Selection Metric for In-network Process Deployment

Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

Proc. of The Fourth International Wireless Internet Conference (WICON 2008)2008年11月-

AOJS: アスペクトを完全分離記述可能なJavaScriptアスペクト指向プログラミング・フレームワーク

久保淳人, 水町友彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 鹿糠秀行, 小高敏裕, 杉本信秀, 永井洋一, 山本里枝子, 吉岡信和

第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島 (FOSE2008)2008年11月-

MDAモデル変換プロセスに沿ったGUIプロトタイプ生成

迎田宙, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島 (FOSE2008)2008年11月-

ガイドラインに則したGUIレイアウトの自動調整手法

福本丈晃, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島 (FOSE2008)2008年11月-

ステークホルダの意思決定を支援するプロダクトライン再生シナリオの提案

位野木万里, 杉本信秀, 深澤良彰

第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島 (FOSE2008)2008年11月-

無線センサネットワークにおける計測記述言語のための規範モデル導出手法の構築

鄭顕志,深澤良彰,本位田真一

第15回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ in 淡路島 (FOSE2008)p.69 - 752008年11月-

PatternRank: A Software-Pattern Search System Based on Mutual Reference Importance

Atsuto Kubo, Hiroyuki Nakayama, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 15th Pattern Languages of Programming (PLoP2008), Nashville, USA2008年10月-

ユビキタスコンピューティングにおけるアプリケーション開発手法に関する研究動向

鄭顕志,中川博之,川俣洋次郎,吉岡信和,深澤良彰,本位田真一

日本ソフトウェア科学会 コンピュータソフトウェア「エージェント」特集Vol.25(No.4)p.121 - 1322008年10月-

協調プロトコル合成における制御構造付与のためのハイレベルオペレーション

高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 深澤良彰, 本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム2008 (JAWS-2008)2008年10月-

適応エージェントのためのユビキタスコンピューティングミドルウェア

鄭顕志, 石川冬樹, 吉岡信和, 深澤良彰, 本位田真一

日本ソフトウェア科学会, コンピュータソフトウェア「エージェント」特集Vol.25(No.4)p.11 - 192008年10月-

並列コピーの導入による生存区間分割手法の性能向上

中林淳一郎, 片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

第71回情報処理学会プログラミング研究会2008年10月-

Coordination Protocol Composition Approach Using Metadata in Multi-agent Systems

Ryuichi Takahashi, Kenji Tei, Fuyuki Ishikawa, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

Proc. of the The 12th IEEE International EDOC Conference (EDOC 2008), Munich, Germany2008年09月-

Study on Organizational Project Management of SI Companies Compared with KAIZEN

Hiroshi Ohtaka and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 4th. International Project Management Conference (ProMAC 2008)2008年09月-

ソフトウェアパターン選択支援の現状と展望

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェア開発のパターンとアーキテクチャ (ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008併設ワークショップ)2008年09月-

ユースケース間の関係を考慮した網羅的な受け入れテストの支援

雁行進夢,久保淳人,鈴木三紀夫,鷲崎弘宜,深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008p.71 - 782008年09月-

動的Webアプリケーションのユーザビリティ評価について

濱邉将太, 小野康一, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第25回大会2008年09月-

通信コストと計測精度を考慮したトラッキングのためのセンサモデルの提案

中里彦俊, 中村善行, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウムp.195 - 2042008年07月-

無線センサネットワークにおける省資源性を考慮したセンサセレクション手法

中村善行, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2008)シンポジウム2008年07月-

Region-based Sensor Selection for Wireless Sensor Networks

Yoshiyuki Nakamura, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the The IEEE International Workshop on Ad Hoc and Ubiquitous Computing (AHUC 2008)2008年06月-

効率の良いネットワーク内処理のためのノード選択指標の提案

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

情報処理学会論文誌Vol.49(No.6)p.1872 - 18842008年06月-

Classifying security patterns

Eduardo Fernandez, Hironori Washizaki, Nobukazu Yoshioka, Atsuto Kubo, Yoshiaki Fukazawa

Proc. of The 10th Asia Pacific Web Conference (APWeb2008), Shenyang, China2008年04月-

A Flexible Protocol Composition for Multi-party Coordination Protocols in Multi-agent Systems

Ryuichi Takahashi, Kenji Tei, Fuyuki Ishikawa, Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the International Workshop on Agent Technologies for Pervasive Communities, In Conjunction with the Sixth IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications2008年03月-

MDA体系に沿ったGUIモデル変換手法

迎田宙, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ ソフトウェアサイエンス研究会(SIGSS)2008年03月-

MDA体系に沿ったGUIモデル変換手法

迎田宙, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ ソフトウェアサイエンス研究会(SIGSS)2008年03月-

Webサイトの画像に対する代替テキスト記述の評価手法

柳田育孝, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会2008年度総合大会2008年03月-

ガイドラインに則したGUIレイアウトの自動調整手法

福本丈晃, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会2008年総合大会2008年03月-

レジスタ干渉グラフの分割による高速化手法に関する研究

山崎 敬史, 中林 淳一郎, 片岡 正樹, 古関 聰, 小松 秀昭, 深澤 良彰

第70回情報処理学会全国大会2008年03月-

レジスタ干渉グラフの分割による高速化手法に関する研究

山崎 敬史, 中林 淳一郎, 片岡 正樹, 古関 聰, 小松 秀昭, 深澤 良彰

第70回情報処理学会全国大会2008年03月-

学習管理システムJapricoとその特徴

深澤良彰

平成19年度大学教育・情報戦略大会, 私立大学情報教育協会p.241 - 2442008年03月-

要求仕様とモデルの共通性・可変性分析によるソフトウェアプロダクトライン構築

松本 卓郎, 久保 淳人, 鷲崎 弘宜, 深澤良彰

第70回情報処理学会全国大会2008年03月-

要求仕様とモデルの共通性・可変性分析によるソフトウェアプロダクトライン構築

松本 卓郎, 久保 淳人, 鷲崎 弘宜, 深澤良彰

第70回情報処理学会全国大会, March 13-15, 2008.2008年03月-

Correspondence Validation Method for GUI Operations and Scenarios by Operation History Analysis

Junko Shirogane, Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 2008 International Conference on Intelligent User Interfaces2008年01月-

A Metrics Suite for Measuring Quality Characteristics of JavaBeans Components

Hironori Washizaki, Hiroki Hiraguchi and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 9th International Conference on Product-Focused Software Process Improvement (Profes 2008), Springer LNCSVol.5089p.45 - 602008年-

Accessibility Evaluation for GUI Software Using Source Programs

Junko Shirogane, Takashi Mori, Hajime Iwata and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 8th Joint Conference on Knowledge - Based Software Engineering 20082008年-

GUI Change Method according to Roles of Widgets and Change Patterns

Junko Shirogane, Kazuhiro Fukaya, Hajime Iwata, Kouji Watanabe, Yoshiaki Fukazawa

IEICE Transactions on Information and SystemsVol.E91-D(No.4)p.907 - 9202008年-

重要度算出に基づくソフトウェアパターン検索システム

中山弘之, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

コンピュータソフトウェアVol.25(No.2)p.114 - 1342008年-

非再試行型レジスタ割付けとその評価

片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会論文誌誌:プログラミングVol.49(No.SIG1(PRO35))p.96 - 1022008年-

Design Pattern Detection Using Source Code of Before Applying Design Patterns

Kazuhiro Fukaya, Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu'07) at the 14th Asia Pacific Software Engineering Conference2007年12月-

Extracting Relationships among Security Patterns

Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa

1st International Workshop on Software Patterns and Quality (SPAQu'07) co-located with the 14th Asia Pacific Software Engineering Conferencep.31 - 362007年12月-

Java EE アプリケーションにおける実装からの層状構造判別法

斉藤勇樹, 小野康一, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2007)p.215 - 2202007年11月-

パターン適用前の状況を活用したデザインパターン検出

深谷和宏, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2007)p.95 - 1042007年11月-

モデル駆動開発におけるソフトウェア測定法の変換による再利用

原浩太, 久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2007)p.143 - 1482007年11月-

操作学習支援システム生成におけるログの解析利用

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2007)p.167 - 1722007年11月-

操作履歴解析によるシナリオとGUI操作との整合性検証手法

白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2007)p.15 - 242007年11月-

Real-time POI Detection and Rating Using Floating Car Data

Osamu Masutani, Hirotoshi Iwasaki, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

The 14th World Congress on Intelligent Transport Systems, October 9-13, 20072007年10月-

マルチエージェントシステムにおける柔軟なプロトコル合成言語

高橋竜一, 鄭顕志, 石川冬樹, 深澤良彰, 本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007 (JAWS2007)2007年10月-

ユビキタスコンピューティングにおけるアプリケーション開発手法に関する研究動向

鄭顕志,中川博之,川俣洋次郎,吉岡信和,深澤良彰,本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007 (JAWS2007)2007年10月-

ユビキタスコンピューティングにおけるコンテキストのモデル化,管理に関する研究動向

中村善行, 清家良太, 鄭顕志, 吉岡信和, 深澤良彰,本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007 (JAWS2007)2007年10月-

ユビキタスコンピューティングにおける分散協調・連携技術の研究動向

石川冬樹, 阿部玲, 高橋竜一, 吉岡信和, 深澤良彰, 本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007 (JAWS2007)2007年10月-

A Metric for Measuring Abstraction Level of Design Pattern

Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Yoshizaki Fukazawa

14th Conference on Pattern Languages of Programs (PLoP2007), Monticello, Illinois2007年09月-

MDAモデル変換によるGUIプロトタイプ生成手法

迎田宙, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)2007年09月-

Applying Design Patterns to Wireless Sensor Network Programming

Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

The First International Workshop on Wireless Mesh and Ad Hoc Networks (WiMAN 2007) in conjunction with ICCCN 2007, Honolulu, Hawaii.2007年08月-

Webアプリケーションのページ遷移の自動抽出と検証

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム20072007年08月-

Webアプリケーションのページ遷移の自動抽出と検証

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム20072007年08月-

生存区間分割時に発生する偽干渉を避けるための同時コピー中間コードの利用

中林淳一郎, 片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

2007年並列/分散/協調処理に関する『旭川』サマー・ワークショップ(SWoPP旭川2007), 情処研報Vol.2007, No.79p.91 - 962007年08月-

非再試行型レジスタ割付けとその評価

片岡 正樹, 古関 聰, 小松 秀昭, 深澤 良彰

2007年並列/分散/協調処理に関する『旭川』サマー・ワークショップ(SWoPP旭川2007)2007年08月-

KAOSによる無線センサーネットワークのための計測処理中間モデルの導出

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2007)2007年07月-

MANETにおけるコスト基準経路探索プロトコルへのコスト基準拡張リング探索の適用

河村美嗣, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2007)2007年07月-

学習管理システムJapricoの開発とその評価

深澤良彰, 梅沢 功, 藤田 彰, 小豆川泰男

平成19年度全国大学IT活用教育方法研究発表会, 私立大学情報教育協会, C-6p.66 - 672007年07月-

無線センサーネットワークにおける計測処理記述のためのデザインパターンの抽出と適用

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2007)2007年07月-

Non-Retrial Register Allocation and Its Spill Optimization Method

Masaki Kataoka, Akira Koseki, Hideaki Komatsu, Yoshiaki Fukazawa

The 2007 International Conference on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications2007年06月-

Software Product Line Evolution Method Based on Kaizen Approach

Mari Inoki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 2007 ACM SIGAPP Symposium on Applied Computing2007年03月-

Support Method for Changing GUIs according to Roles of Widgets and Change Patterns

Junko Shirogane, Hajime Iwata, Kazuhiro Fukaya and Yoshiaki Fukazawa

IAENG International Conference on Software Engineering (ICSE'07)2007年03月-

Javaにおけるリフレクションの特殊化

杉本駿, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰,

情報処理学会第69回全国大会2007年03月-

UMLクラス図のためのテキストベース言語および変換処理系

長谷部篤史, 鷲崎 弘宜, 久保 淳人, 深澤良彰

情報処理学会第69全国大会2007年03月-

ログ解析による操作学習支援システム自動生成

岩田一,白銀純子,深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会,信学技報vol. 106, SS2006-81p.13 - 182007年02月-

パターンランク法 によるパターン間関係と重要度の比較

中山弘之, 鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰

ウィンターワークショッ プ2007・イン・那覇2007年01月-

文書類似度によるパターン間関連分析手法の拡張

久保淳人, 鷲崎弘宜, 高須淳宏, 深澤良彰

ウィンターワークショップ2007・イン・那覇2007年01月-

エンタープライズ系アプリケーションシステム向けプロダクトライン構築のためのプラクティス

位野木万里, 橋本憲之, 吉田和樹, 深澤良彰

第14回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2007)2007年-

エンタープライズ系アプリケーションシステム向けプロダクトライン構築手法:プラクティスの適応

位野木万里, 橋本憲之, 吉田和樹, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2007 (SES2007)2007年-

プロダクトラインの開発と進化:パターン指向コアアセット改善手法

位野木万里, 深澤良彰

情報処理学会論文誌Vol.48(No.8)p.2508 - 25212007年-

開発情報からのチュートリアルシステム自動生成手法とその評価

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

コンピュータソフトウェアVol.24,(No,3)p.63 - 742007年-

A Coupling-Based Complexity Metric for Remote Component-Based Software Systems Toward Maintainability Estimation

Hironori Washizaki, Tomoki Nakagawa, Yuhki Saito and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 13th. Asia Pacific Software Engineering Conferencep.79 - 862006年12月-

A Precise Estimation Technique for Test Coverage of Components in Object-Oriented Frameworks

Yuji Sakata, Kazutoshi Yokoyama, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 13th. Asia Pacific Software Engineering Conferencep.11 - 182006年12月-

Adaptive Geographically Bound Mobile Agents

Kenji Tei, Christian Sommer, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden and Pierre-Loic Garoche

he 2nd International Conference on Mobile Ad-hoc and Sensor Networks (MSN 2006)2006年12月-

MANET における省資源性を考慮した位置依存情報収集手法

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

電子情報通信学会論文誌Vol.J89-D(No.12)2006年12月-

Introducing Auction Scheme to Route Allocation to Prolong the Lifetime of Ad-hoc Networks

Kenji Tei, Hiromi Muto, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden

International Conference on Intelligent Agents, Web Technologies and Internet Commerce (IAWTIC 2006)2006年11月-2006年12月 

Sensor Middleware for Lightweight Relocatable Sensing Programs

Makoto Ishiguro, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden

International Conference on Intelligent Agents, Web Technologies and Internet Commerce (IAWTIC 2006)2006年11月-2006年12月 

MVC Model2 への通知予約/変化通知機構の導入

小原圭央, 鈴木恒一, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2006)2006年11月-

コンポーネント指向Webアプリケーションフレームワークにおけるモジュール性の向上のための一手法

荻野慶, 小野康一, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2006)2006年11月-

ソフトウェア設計パターンの抽象度測定法

久保淳人, 鷲崎弘宜, 高須淳宏, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2006)2006年11月-

性能モデル検査によるステートチャートとシーケンスチャートの整合性検証

長谷川哲夫, 深澤良彰

電子情報通信学会,人工知能と知識処理研究会研究報告Vol.2006-11-AI2006年11月-

性能モデル検査によるステートチャートとシーケンスチャートの整合性検証

長谷川哲夫, 深澤良彰

電子情報通信学会,人工知能と知識処理研究会研究報告Vol.2006-11-AI2006年11月-

性能モデル検査によるステートチャートとシーケンスチャートの整合性検証

長谷川哲夫, 深澤良彰

電子情報通信学会,人工知能と知識処理研究会研究報告Vol.2006-11-AI2006年11月-

文書間類似度によるソフトウェアパターン間関連分析と複合関連の導出

久保 淳人, 鷲崎 弘宜, 高須 淳宏, 深澤 良彰

情報処理学会 第154回ソフトウェア工学研究会(SIGSE-154)2006年11月-

GUIソフトウェアに対するアクセシビリティチェック

森崇,岩田一,白銀純子,深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2006 (SES2006)2006年10月-

センサーの資源制約を考慮したセンシングプログラムの退避行動手法の提案

石黒真, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2006)2006年10月-

プロダクトラインの開発と進化 : パターン活用手法の提案

位野木万理, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム20062006年10月-

無線センサーネットワークミドルウェアの研究動向とエージェント技術の適用可能性

鄭顕志,深澤良彰,本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム (JAWS2006)2006年10月-

Web上におけるソフト ウェアパターン検索システム

中山弘之, 鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰

21st IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE2006) Japanese Workshop on Leveraging Web2.0 Technologies in Software Development Environments (WebSDE)2006年09月-

要求パターン抽出支援ツールの提案

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

21st IEEE/ACM International Conference on Automated Software Engineering (ASE2006) Japanese Workshop on Requirements Engineering Tools2006年09月-

MANETにおける情報収集プログラム再配備手法の提案と評価

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2006)2006年07月-

MANETにおける送信遅延と電力消費を考慮したルーティングプロトコルの提案

河村美嗣, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2006)2006年07月-

MVC Model2への通知予約/変化通知機構の導入

小原圭央, 鈴木恒一, 深澤良彰

マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2006)2006年07月-

センシングプログラムの軽量な退避行動を実現するセンサーミドルウェア開発

石黒真, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム (DICOMO2006)2006年07月-

Visualization of Binary Component-based Software Structure with Component Functional Size

Hironori Washizaki, Satoru Takano, and Yoshiaki Fukazawa

the International Conference on Applied Computer Science (ACOS'06)2006年04月-

Automatic Generation of Tutorial Systems from Development Specification

Hajime Iwata, Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

Fundamental Approaches to Software Engineering (FASE 2006)2006年03月-

Java GUIプログラムに対するアクセシビリティチェック

森 崇, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会福祉情報工学研究会 第29回研究会2006年03月-

シーケンス図からの時間性能モデル検査用オブザーバ生成手法

長谷川哲夫, 深澤良彰

情報処理学会研究報告Vol.2006(35)p.143 - 1502006年03月-

音階表現によるグラフ形状の理解支援

浅野真介, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会福祉情報工学研究会,第29回研究会2006年03月-

非反復型レジスタ割付けとそのスピル最適化手法

片岡正樹, 小川健一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

第8回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ(PPL2006)2006年03月-

分岐の相関を利用した効率的なパスプロファイリング

野崎晋也, 片岡正樹, 古関聰,小松秀昭, 深澤良彰

第58回プログラミング研究会(PRO-2005-5)2006年03月-

ページ・機能のモジュール性を高めるWebアプリケーションフレームワークの提案

原口孝雄, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 2006年2月研究会2006年02月-

Javaにおける例外 処理の実行時情報を利用した最適化

廣澤健, 片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

第57回プログラミング研究会(PRO-2005-4)2006年01月-

コンパイル速度の向上を目的とした非反復型レジスタ割付け手法

小川健一, 片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

第57回プログラミング研究会(PRO-2005-4)2006年01月-

業務システム開発における要求獲得パターンランゲージ

鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰

情報処理学会ウィンターワークショップ2006・イン・鴨川論文集2006年01月-

検索のためのソフトウェアパターン重要度とその正規化

中山弘之, 鷲崎弘宜,久保淳人, 深澤良彰

情報処理学会ウィンターワークショップ2006・イン・鴨川論文集2006年01月-

統合化されたコンポーネント指向ソフトウェア開発環境の実現に関する研究

深澤良彰, 鷲崎弘宜

文部科学省科学研究費補助金特定領域研究, ITの深化の基盤を拓く情報学研究研究成果最終報告書, A01 新しいソフトウェアの実現2006年01月-

非対称関連によるソフトウェアパターンの粒度測定法

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ・イン・鴨川20062006年01月-

頻出メソッド管理テーブルを用いたinvokeinterface命令の実行高速化手法

藤本勝平, 片岡正樹, 古関聰,小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会 第57回プログラミング研究会2006年01月-

A Flexible Connection Model for Software Components

Hironori Washizaki, Daiki Hoshi and Yoshiaki Fukazawa

IEICE Transactions on Information and SystemsVol.E89-D(No.4)p.1421 - 14312006年-

A System for Visualizing Binary Component-based Software Structure with Component Functional Size

Hironori Washizaki, Satoru Takano, and Yoshiaki Fukazawa

WSEAS Transactions on Information Science and ApplicationsVol.7(No.3)p.1222 - 12302006年-

Extracting Relations among Embedded Software Design Patterns

Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Atsuhiro Takasu and Yoshiaki Fukazawa

Journal of Design & Process Science2006年-

Performance of Pheromone Model for Predicting Traffic Congestion

Yasushi Ando, Osamu Masutani, Hirotoshi Iwasaki, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

The Fifth International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi Agent Systems (AAMAS 2006)2006年-

Support Method for Source Code Modification in Changing GUI Widgets

Junko Shirogane, Kazuhiro Fukaya, Yoshiaki Fukazawa

Joint Conference on Knowledge-based Software Engineering 2006 (JCKBSE'06)2006年-

プロダクトラインの開発と進化 : パターン活用手法の提案

位野木万理, 深澤良彰

ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム20062006年-

Automatic Generation of Software Component Wizards based on the Wizard Pattern

Hironori Washizaki, Shinichi Honiden, Rieko Yamamoto, Takao Adachi, and Yoshiaki Fukazawa

International Conference on Systems, Computing Sciences and Software Engineering (SCS2 05)2005年12月-

Traffic Prediction using Pheromone Model

Osamu Masutani, Hiroshi Sasaki, Hirotoshi Iwasaki, Yasushi Ando, Yoshiaki Fukazawa, and Shinichi Honiden

Proc. of 12th World Congress on Intelligent Transport Systems2005年11月-

アドホックネットワーク上のメッセージルーティングへの市場原理の適用

武藤宏美, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS2005)2005年11月-

オープンソースソフトウェアによる教務事務システム構築の経験

深澤良彰

第25回医療情報連合大会, 「医療におけるオープンソースの展開と課題」ワークショップ2005年11月-

ソフトウェアの操作学習支援ツール:操作マップの自動生成手法

黒岩大輔, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2005)2005年11月-

パターンマイニングによるソフトウェア要求の 獲得知識の記述

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2005)2005年11月-

プロダクトライン型ソフトウェア開発におけるコアアセット設計手法

位野木万里, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2005)2005年11月-

位置に束縛したモバイルエージェントによる位置依存情報の収集

鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS2005)2005年11月-

開発情報からのチュートリアルシステム自動生成手法

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2005)2005年11月-

重要度算出に基づくソフトウェアパターン検索システム

中山弘之, 鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2005)2005年11月-

大学におけるオープンソースソフトウェアの研究と実践

深澤良彰

日本e-Learning学会、2005年度学術講演会、特別講演2005年11月-

Using Mobile Agent for Location-Specific Data Retrieval in MANET

Kenji Tei, Nobukazu Yoshioka, Yoshiaki Fukazawa, and Shinichi Honiden

he 2005 IFIP International Conference on Intelligence in Communication Systems (INTELLCOMM 2005)2005年10月-

組込みシステム開発におけるソフトウェアパターンの重要度

中山弘之, 鷲崎弘宜, 久保淳人, 深澤良彰

組込みソフトウェアシンポジウム20052005年10月-

Generating Wizards for Software Components by Dynamic Analysis

Hironori Washizaki, Takao Adachi and Yoshiaki Fukazawa

Workshop on New Approaches to Software Construction (WNASC2005)2005年09月-

Javaソースコードに対するアクセシビリティチェック

森崇, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)2005年09月-

XCASTを利用した統合コミュニケーション環境の構築

小原圭央, 鈴木恒一, 深澤良彰

第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)2005年09月-

バイナリコンポーネントベースソフトウェアの構造の機能規模を伴う視覚化

鷲崎弘宜, 高野悟, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第22回大会2005年09月-

音階を用いたグラフ形状の表現システム

浅野真介, 橘賢二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)2005年09月-

コンポーネント指向Webアプリケーションフレームワークにおけるモジュール性の向上のための一手法

荻野慶, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 2005年8月研究会2005年08月-

Geographically Bound Mobile Agent in MANET

Kenji Tei, Nobukazu Yoshioka, Yoshiaki Fukazawa, and Shinichi Honiden

The Second Annual International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Networking and Services (MobiQuitous 2005),2005年07月-

Pheromone Model: Application to Traffic Congestion Prediction

Osamu Masutani, Hiroshi Sasaki, Hirotoshi Iwasaki, Yasushi Ando, Yoshiaki Fukazawa, and Shinichi Honiden

The Fourth International Joint Conference on Autonomous Agents and Multi Agent Systems(poster session)2005年07月-

Pheromone Model: Application to Traffic Congestion Prediction

Yasushi Ando, Osamu Masutani, Hiroshi Sasaki, Hirotoshi Iwasaki ,Yoshiaki Fukazawa, and Shinichi Honiden

Workshop on Engineering Self-Organizing Applications2005年07月-

Extracting Relations among Embedded Software Design Patterns

Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the 8th International Conference on Integrated Design and Process Technology (IDPT2005)2005年06月-

Relation Analysis among Patterns on Software Development Process

Hironori Washizaki, Atsuto Kubo, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa

The 6th International Conference on Product Focused Software Process Improvement (PROFES 2005)2005年06月-

A Model-View Separation Architecture for GUI Application Components

Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

IEEE International Conference on Information Technology: Coding and Computing (ITCC2005)2005年04月-

Analyzing Relations among Software Patterns based on Document Similarity

Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa

IEEE International Conference on Information Technology: Coding and Computing (ITCC2005)2005年04月-

Safe Component Extension for Adding Domain-Independent Services

Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of the IADIS Software Engineering and Applications 2005 Conference (SEA2005)2005年04月-

オブジェクト指向フレームワーク上のコンポーネントに対する 精度の高いテスト網羅率計測方式の提案

坂田祐司, 岡本隆史, 横山和俊, 松田栄之, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会, 2005年4月研究会2005年04月-

IPPに基づく論理回路の消費電力見積り手法

酒井智史, 新井浩志, 深澤良彰

電子情報通信学会2005年03月-

Webサービス自動選択のためのサービスブローカの導入とその一実装

張晨, 山根一樹, 深澤良彰

情報処理学会67回大会2005年03月-

Webサービス用リッチクライアントの自動生成に関する研究

城野公臣, 深澤良彰

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

プログラムの信頼性向上を目的とした補助スレッドの効率的利用

本山英典, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

第12回「ハイパフォーマンスコンピューティングとアーキテクチャの評価」に関する北海道ワークショップ(HOKKE-2005)2005年03月-

スライシングによるバイナリで提供されたコンポーネントのテスト網羅率測定

岡本隆史, 鷲崎弘宜,横山和俊, 松田栄之, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ・イン・伊豆20052005年01月-

ソフトウェアパターン・マイニングに関する考察

鷲崎弘宜,深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ・イン・伊豆20052005年01月-

ソフトウェアパターン検索システムの構築

中山弘之, 鷲崎弘宜,深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ・イン・伊豆20052005年01月-

受け入れテストフレームワークFITによる高生産開発

鷲崎弘宜

ソフトウェアテストシンポジウム2005 (JaSST'05)2005年01月-

抽象化に基づくリモートコンポーネントベースシステムの複雑度測定

中川知基, 鷲崎弘宜,斉藤勇樹, 深澤良彰

ソフトウェアテストシンポジウム20052005年01月-

抽象化に基づくリモートコンポーネントベースシステムの複雑度測定

中川知基, 鷲崎弘宜,斉藤勇樹, 深澤良彰

ソフトウェアテストシンポジウム2005(JaSST'05)2005年01月-

文書類似度に基づくパターン間関連解析手法

久保淳人, 鷲崎弘宜,高須淳宏, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ・イン・伊豆20052005年01月-

A Component-Extraction-based Program Reuse System

Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

WSEAS Transactions on Information Science and Applications2005年-

A Technique for Automatic Component Extraction from Object-Oriented Programs by Refactoring

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

J. Science of Computer ProgrammingVol.56(No.1-2)p.99 - 1162005年-

A Web-based Trial Execution System for Software Components

Hironori Washizaki, Mai Motomura and Yoshiaki Fukazawa

WSEAS Transactions on Computers2005年-

センシングプログラムの退避行動を考慮した柔軟なセンサーネットワーク構築

石黒真, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

情報処理学会モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会, 第35回研究会2005年-

フェロモンモデル: 交通渋滞予測への適用

安藤靖志,深澤良彰,増谷修,佐々木宏,岩崎弘利,本位田真一

電子情報通信学会論文誌D-1Vol.J88-D-1(9)p.1287 - 12982005年-

モバイルエージェントによるバッテリ切れ避難システム:EASTER

粂野文洋, 金子平祐, 吉岡信和, 深澤良彰, 本位田真一

電子情報通信学会論文誌D-1, Vol.J88-D-1(No.9)p.1388 - 14012005年-

レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付けへのプロセッサ並列度の考慮

片岡正樹, 古関聰,小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会論文誌:プログラミング46(SIG1)p.10 - 182005年-

二次利用を促進するコンテンツ管理モデル

土方正夫, 深澤良彰, 蘆田良貴, 鈴木重徳, 佐野元之, 酒寄保隆

情報システム学会, 第1回研究発表大会2005年-

P2Pグリッドにおけるモバイルエージェントを用いた生存性の高いサービスの構築

鄭顕志, 吉岡信和, 深澤良彰, 本位田真一

第11回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2004)2004年12月-

文書中のパターン間の文書類似度による関連分析

久保淳人, 鷲崎弘宜,高須淳宏, 深澤良彰

日本データベース学会論文誌 DBSJ Letters3(3)2004年12月-

Generating Tutorial System from Sequence Diagrams in UML

Hajime Iwata and Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa

Software Engineering and Applications (SEA 2004)2004年11月-

Model 2アーキテクチャのコンポーネント間関係に基づいたWebアプリケーション開発支援

石山智朗, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2004年11月-

文書解析に基づくソフトウェアパターンの体系化

久保淳人, 鷲崎弘宜,深澤良彰

第11回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2004)2004年11月-

A SearchSystem for Java Programs by using Extracted JavaBeans Components

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Companion to the 19th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming,Systems, Languages, and Applications (OOPSLA 2004)2004年10月-

A Technique of Transforming parts of Object-Orineted Class Library into Structurally Reusable Components, and ItsApplication

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of Software Transformation Systems Workshop at 3rd International Conference on Generative and Programming and Component Engineering (GPCE'04)/19th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming,Systems, Languages, and Applications (OOPSLA 2004)2004年10月-

JavaBeansコンポーネントの品質メトリクスの提案

鷲崎弘宜,平口裕紀, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェアジャパン20042004年10月-

JavaBeansコンポーネントの品質メトリクスの提案

鷲崎弘宜,平口裕紀, 深澤良彰

情報処理学会ソフトウェアジャパン20042004年10月-

MDDロボコンワークショップ

二上貴夫, 小林靖英, 満田成紀, 鷲崎弘宜,渡辺博之

組込みソフトウェアシンポジウム2004 (ESS2004)2004年10月-

P2Pグリッドにおけるサービスの効率的信頼性向上

鄭顕志, 吉岡信和, 深澤良彰, 本位田真一

エージェント合同シンポジウム(JAWS 2004)2004年10月-

パネル: デザインパターン再考

鷲崎弘宜

情報処理学会ソフトウェアジャパン20042004年10月-

フェロモンモデル:交通渋滞予測への適用

安藤靖志, 増谷修, 岩崎弘利, 本位田真一, 深澤良彰

エージェント合同シンポジウム(JAWS 2004)2004年10月-

ホットスポットにおけるリソースレンタルシステムの提案と評価

武藤宏美,鄭顕志, 田原康之, 深澤良彰, 本位田真一

エージェント合同シンポジウム(JAWS 2004)2004年10月-

再利用性の高いコンポーネント間接続方式の提案

星大樹, 鷲崎弘宜,深澤良彰

情報処理学会ソフトウェアジャパン20042004年10月-

再利用性の高いコンポーネント間接続方式の提案

星大樹, 鷲崎弘宜,深澤良彰

情報処理学会ソフトウェアジャパン20042004年10月-

組み込みシステムパターンに対するパターン間関連分析手法の適用

久保淳人, 鷲崎弘宜,高須淳宏, 深澤良彰

組込みソフトウェアシンポジウム2004(ESS2004)2004年10月-

A SearchSystem for Object-Oriented Programs by using Extracted Components

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of Workshop on New Approaches to Software Construction (WNASC 2004)2004年09月-

ソフトウェアの操作学習支援をする操作マップの自動生成手法

黒岩大輔, 岩田一,白銀純子, 深澤良彰

第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004)2004年09月-

リモートコンポーネントベースシステムの抽象化に基づく複雑度測定

鷲崎弘宜,中川知基, 斉藤勇樹, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第21回大会2004年09月-

リモートコンポーネントベースシステムの保守のための複雑度測定

中川知基, 鷲崎弘宜,斉藤勇樹, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第21回大会2004年09月-

補助スレッドによるプログラムの信頼性向上

本山英典, 古関聰,小松秀昭, 深澤良彰

第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004)2004年09月-

Search and Trial Execution System for OO Programs by Component Extraction

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of 6th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE2004), Frontiers in Artificial Intelligence and Applications2004年08月-

Component-Extraction-based Search System for Object-Oriented Programs

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of 8th International Conference on Software Reuse(ICSR)Vol.31072004年07月-

Conditional Test for JavaBeans Components

Hironori Washizaki, Yuhki Sakai, and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of 5th International Conference on Extreme Programming and AgileProcesses in Software Engineering (XP2004)Vol.30922004年06月-

アスペクト指向技術の適用によるドメインフレームワークのモジュール性向上

下之園孝, 小野康一, 深澤良彰

情報処理学会論文誌45(6)p.1546 - 15532004年06月-

A Conditional Test Suite for Fine-Grained Software Components

Hironori Washizaki, Yuhki Sakai, and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of 2nd ACIS International Conference on Software Engineering Research, Management and Applications (SERA2004)2004年05月-

レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付けへのプロセッサ並列度の考慮

片岡正樹, 古関聰,小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会 第49回プログラミング研究会2004年05月-

オブジェクト指向クラス間依存解析に基づくコンポーネント抽出

鷲崎弘宜, 深澤良彰

コンピュータソフトウェア21(2)p.37 - 432004年03月-

ソフトウェアパターンの自動的な体系化の試み

久保淳人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会ウィンターワークショップ・イン・石垣島論文集p.73 - 742004年01月-

ソフトウェアパターンランゲージ工学に向けて

鷲崎弘宜, 深澤良彰

ウィンターワークショップ・イン・石垣島2004年01月-

A Support Method for Widget Replacement to Realize High Usability and Its Evaluation

Junko Shirogane, Hajime Iwata, Kouji Watanabe and Yoshiaki Fukazawa

IEICE Transactions on Information and SystemsVol. E87-D(No. 4)p.868 - 8762004年-

A Technique for Automatic Component Extraction from Object-OrientedPrograms by Refactoring

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Journal of Science of Computer Programming, Elsevier Science2004年-

ソフトウェアパターン文書の自動解析と体系化

久保淳人, 鷲崎弘宜,深澤良彰

第3回情報科学技術フォーラム(FIT2004)2004年-

ソフトウェアの利用実演による操作学習支援手法

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア 工学の基礎ワークショップ (FOSE2003)2003年11月-

フレームワークに対するアスペクト指向技術によるホットスポットのモジュール性向上

下之園孝, 小野康一, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2003)2003年11月-

柔軟なコンポーネント間接続方式の提案と実装

星大樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンンス研究会,SIGSSp.37 - 422003年11月-

標準的使用法の提示によるオブジェクト指向フレームワークの対話的理解支援

宮城真弓, 小野康一, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2003)2003年11月-

"Extracting Components from Object-Oriented Programs for Reuse in Memory-Constrained Environments,"

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of First Workshop on Reuse in Constrained Environments (RICE'03) at the 18th Annual ACM SIGPLAN Conference on Object-Oriented Programming, Systems, Languages, and Applications (OOPSLA 2003)2003年10月-

モバイルエージェントを用いた小規模Grid構築

鄭顕志, 吉岡信和, 本位田真一, 深澤良彰

エージェント合同シンポジウム(JAWS 2003)2003年10月-

ユーザコミュニケーションを支援する携帯電話上アプリケーション向けシステム

直原正樹, 本位田真一, 深澤良彰

エージェント合同シンポジウム(JAWS 2003)2003年10月-

"A Metrics Suite for Measuring Reusability of Software Components,"

Hironori Washizaki, Hirokazu Yamamoto and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of 9th International Symposium on Software Metrics (Metrics 2003), IEEE CS, 2003年09月-

MVCコンポーネント間関係記述に基づくWebアプリケーション開発

石山智朗, 小野康一, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第20回記念大会2003年09月-

WWWからのオブジェクト指向プログラムの収集と検索

鷲崎弘宜, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第20回大会2003年09月-

オブジェクト指向プログラムのためのコンポーネント抽出型検索システム

鷲崎弘宜, 深澤良彰

オブジェクト指向2003シンポジウム(OO2003)p.77 - 842003年08月-

ループパーティショニングを用いたショートベクトル化技法

片岡正樹,佐渡,古関聰,小松秀昭,深澤良彰

並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ(SWoPP2003)2003年08月-

"Automated Extract Component Refactoring,"

Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of 4th International Conference on eXtreme Programming and Agile Processes in Software Engineering (XP2003), Lecture Notes in Computer Science (LNCS) ,Springer-VerlagVol.26752003年05月-

シーケンス図による操作学習機能の自動付加手法

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2003年05月-

ソフトウェアパターン研究の現在と未来

鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会第141回ソフトウェア工学研究会SIGSE-141p.31 - 382003年05月-

柔軟な接続を実現するコンポーネントモデルの提案

星大樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会第65回全国大会2003年03月-

標準的使用法の提示によるオブジェクト指向フレームワークの対話的理解支援

宮城真弓, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2003年03月-

軽量ソフトウェア開発手法のためのコンポーネント抽出リファクタリング

鷲崎弘宜, 深澤良彰

ウィンターワークショップ・イン・神戸2003年01月-

細粒度コンポーネント環境における動的かつ階層的Undo機構の実現

鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会論文誌44(1)2003年01月-

自然言語解析技術を応用したイベントフローの統合によるプログラム理解

菊川正人, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2003年01月-

自然言語解析技術を利用したイベントフロー抽出手法

白銀純子, 菊川正人, 深澤良彰

ウィンターワークショップ・イン・神戸2003年01月-

"A Method of Scenario-based GUI Prototype Generation and Its Evaluation"

J. Shirogane and Y. Fukazawa

ACIS International Journal of Computer and Information ScienceVol. 4,(1)2003年-

Mobile Agent Based Evacuation System When The Battery Runs Out: Easter

H. Kaneko, Y. Fukazawa, F. Kumeno, N. Yoshioka, S. Honiden

Proc. of  IEEE Annual Conference on Pervasive Computing and Communications (PerCom)2003年-

大学 間協力体制の未来

細川正義、澤木勝茂、田中一昭、深澤良彰、八田英二

大学時報288p.16 - 312003年-

Web-based Software Component Trial System and its Evaluation

H. Washizaki, M.Motomura and Y. Fukazawa

Proc. of 6th IASTED International Conference on Software Engineering and Applications (SEA 2002)2002年11月-

PCクラスタ対応マルチエージェントフレームワーク

吉岡信和, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一

エージェント合同シンポジウム(JAWS 2002)2002年11月-

モバイルエージェントによるバッテリ切れ避難システム : Easter

金子平祐, 深澤良彰, 粂野文洋, 吉岡信和, 本位田真一

エージェント合同シンポジウム(JAWS 2002)2002年11月-

携帯電話アプリケーション開発のためのスクリプトシステムの提案(JAWS 2002)

直原正樹,吉岡信和,深澤良彰,本位田真一

電子情報通信学会 JAWS 20022002年11月-

Software Component Metrics and It's Experimental Evaluation

H. Washizaki, H. Yamamoto and Y. Fukazawa

Proc. of International Symposium on Empirical Software Engineering (ISESE 2002)2002年10月-

アスペクト指向の導入による フレームワークの理解容易性の向上

下之園孝, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2002年10月-

A Retrieval Technique for Software Components Using Directed Replaceability Similarity

H. Washizaki and Y. Fukazawa

Proc. of 8th International Conference on Object-Oriented Information Systems (OOIS'02), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-VerlagVol.24252002年09月-

A Support Method for Widget Replacement to Realize High Usability

J. Shirogane, K. Watanabe and Y. Fukazawa

5th Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering (JCKBSE2002)2002年09月-

オブジェクト指向クラス間依存解析に基づくコンポーネント抽出

鷲崎弘宜, 深澤良彰

第19回日本ソフトウェア科学会大会2002年09月-

オブジェクト指向フレームワークの標準的使用法に基づいた対話的理解支援

宮城真弓, 小野康一, 深澤良彰

情報科学技術フォーラム(FIT2002)2002年09月-

コンポーネント環境における独立条件記述に基づく条件テスト手法

坂井悠樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

コンピュータソフトウェアVol.19(5)2002年09月-

シーケンス図によるチュートリアル自動生成手法

岩田一, 白銀純子, 深澤良彰

第1回情報科学技術フォーラムFIT20022002年09月-

レジスタの有効利用を考慮した部分冗長性除去

佐藤淳, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報科学技術フォーラム(FIT2002)2002年09月-

再利用特性に基づくコンポーネントメトリクスの提案と検証

山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

コンピュータソフトウェアVol.19(5)2002年09月-

領域分割レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付けへの動的計画法の適用

浅原英雄, 近藤伸宏, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会論文誌:ハイパフォーマンスコンピューティングシステムVol.43(No. SIG 6 (HPS 5))2002年09月-

ユーザビリティ向上のためのウィジェット変更支援

白銀純子, 渡部宏志, 深澤良彰

オブジェクト指向2002シンポジウム(OO2002)2002年08月-

レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け及びコードスケジューリング技法

片岡正樹, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

並列/分散/協調処理に関するサマー・ワークショップ(SWoPP2002)2002年08月-

拡張シグネチャ適合に基づく柔軟なコンポーネント間接続

鷲崎弘宜, 佐藤淳, 深澤良彰

オブジェクト指向2002シンポジウム(OO2002)2002年08月-

利用情報解析に基づくコンポーネントウィザードの自動付加

安達孝夫, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

電子情報通信学会ソフトウェアサイエンス研究会2002年07月-

A method of scenario-based GUI prototype generation

J. Shirogane and Y. Fukazawa

3rd ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD'02)2002年06月-

有向置換性類似度に基づくコンポーネント検索方式の提案と評価

鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会論文誌Vol.43(6)2002年06月-

ループパーティショニングを用いたショートベクトル化技法

佐渡昭彦, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

JSPP2002(並列処理シンポジウム) 2002年05月-

領域分割レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付けへの動的計画法への適用

浅原英雄, 近藤伸宏, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

JSPP2002(並列処理シンポジウム)2002年05月-

自然言語解析技術の応用によるシナリオからのイベントフロー抽出手法

菊川正人,白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会 2002年総合大会 2002年03月-

GUI Prototype Generation by Merging Use Cases

J. Shirogane and Y. Fukazawa

Intelligent User Interfaces (IUI2002)2002年01月-

GUI部品の変更時のプログラム自動変更支援

渡部宏志, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会、 信学技報SS2001-372002年01月-

Web上におけるコンポーネント流通の試み

鷲崎弘宜, 深澤良彰

ウィンターワークショップ・イン・伊豆2002年01月-

コンポーネント試行システムの開発と評価

鷲崎弘宜, 元村五月, 深澤良彰

コンピュータソフトウェアVol.19(1)2002年01月-

コンポーネント環境における独立条件記述に基づいた条件テスト手法

坂井悠樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2001)2001年11月-

ユースケースの縒合せによるGUIプロトタイプ生成手法

白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2001)2001年11月-

再利用特性に基づくコンポーネントメトリクスの提案と検証

山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE2001)2001年11月-

モデル/ビュー分離アーキテクチャBeaMの機構と その評価

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会論文誌42(10)p.2454 - 24652001年10月-

携帯情報機器におけるアプリケーションソフトウェアの自律的サバイバル

金子平祐, 深澤良彰, 粂野文洋, 本位田真一

2001年ソフトウェア技術に関するジョイントワークショップ JWST(Joint Workshop on Software Technology) 2001年10月-

Retrieving Software Components Using Directed Replaceability Distance

H.Washizaki and Y.Fukazawa

Proc. of the Third International Conference on Generative and Component-Based Software Engineering (GCSE2001), Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlagvol.21862001年09月-

ウィジェット操作の抽象化によるGUI部品の変更支援

渡部宏志,白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会第63回全国大会2001年09月-

コンポーネント試行システムの開発とその評価

鷲崎弘宜, 元村五月, 深澤良彰

日本ソフトウェア科学会第18回19(1)2001年09月-

独立条件記述に基づくコンポーネント条件テスト手法

坂井悠樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会第63回全国大会2001年09月-

利用情報の解析によるコンポーネントウィザードの自動生成

安達孝夫, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

情報処理学会第63回全国大会 2001年09月-

Scenario-based Extraction of GUI Control Structure and Its Prototype Generation

J. Shirogane and Y. Fukazawa

Software Engineering and Applications (SEA 2001)2001年08月-

有向置換性距離に基づくコンポーネント検索方式の実現と評価

鷲崎弘宜, 深澤良彰

オブジェクト指向2001シンポジウム (OO2001)2001年08月-

フレームワーク製作者の意図を考慮した再構成手法

吉本宇, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会 ソフトウェア研究会2001年07月-

ループパーティショニングを用いたショートベクトル化技法

佐渡昭彦, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

SWoPP(Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing)2001年07月-

制御依存の緩和を考慮した並列性抽出手法

伊藤佑一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

SWoPP(Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing)2001年07月-

A Metric for Frameworks Based on the Deviation of User's Understanding from the Manufacturer's Intention

R.Kuroda, K.Ono and Y.Fukazawa

Proc. of the 4th. International Conference on Information Systems Modelling ( ISM'01 )p.103 - 1102001年05月-

An Implementation of Mixed-Language Text Editor - mledit

K.Uezono, T.I.Kataoka, Y.Fukazawa and K.Kakehi

Proc. of the 19th. International Conference on Computer Processing of Oriental Languages ( ICCPOL'01 )p.294 - 2962001年05月-

静的側面から見たソフトウェアコンポーネントの品質

山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会、信学技報SS2001-102001年05月-

Web情報収集エージェントMobeetの評価

森川景介, 深澤良彰, 吉岡信和, 大須賀昭彦, 本位田真一

第62回情報処理学会全国大会2001年03月-

コンポーネントにおける静的側面の自動品質測定

山本浩数, 鷲崎弘宜, 深澤良彰

2001年電子情報通信学会総合大会2001年03月-

シナリオからの GUI 制御構造の把握とプロトタイプ生成

白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会2001年03月-

バッテリ残量を気にするモバイルエージェントの退避行動

金子平祐, 深澤良彰, 粂野文洋, 本位田真一

第62回情報処理学会全国大会2001年03月-

パターン: 引用からの品質

鷲崎弘宜, 深澤良彰

JapanPLoP、第7回パターン研究会2001年03月-

設計意図からの逸脱度に基づくフレームワークの評価メトリクス

黒田隆一, 小野康一, 深澤良彰

第62回情報処理学会全国大会2001年03月-

中間信号を利用した効果的な特徴関数の生成法について

樋山恒文, 新井浩志, 深澤良彰

第62回情報処理学会全国大会2001年03月-

片方向引用情報に基づく論文の品質評価

鷲崎弘宜, 深澤良彰

2001年電子情報通信学会総合大会2001年03月-

有向置換性距離に基づくコンポーネント検索システム

鷲崎弘宜, 深澤良彰

プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ(SPA2001)2001年03月-

Dynamic Hierarchical Undo Facility in a Fine-Grained Component Environment

H.Washizaki and Y.Fukazawa

Proc. of the 40th International Conference on Technology of Object-Oriented Languages and Systems (TOOLS Pacific 2002)2001年02月-

Dynamic Hierarchical Undo Facility in a Fine-Grained Component Environment

H.Washizaki and Y.Fukazawa

the 40th International Conference on Technology of Object-Oriented Languages and Systems (TOOLS Pacific 2002)2001年02月-

パターンによって補完される諸特性の分析

太田健太郎, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会2001年01月-

ユースケース記述からのGUI生成手法

白銀純子, 深澤良彰

ウィンターワークショップ・イン・金沢2001年01月-

細粒度コンポーネント環境への着目とUndo機能追加実装

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

ウィンターワークショップ・イン・金沢2001年01月-

シリーズパラレル型レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け技法とその評価

近藤伸宏, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会論文誌 41(11)2000年11月-

ユーザの実装逸脱度に基づくフレームワークの設計評価メトリクス

黒田隆一, 小野康一, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2000)2000年11月-

細粒度コンポーネント環境における履歴クラスタリング

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2000)2000年11月-

制約記述の導入によるフレームワークのカスタマイズ作法の提示

増田ゆりか, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会 2000年11月-

ユースケース記述にもとづくGUI開発手法

白銀純子, 深澤良彰

第 61 回情報処理学会全国大会2000年10月-

暗黙的制約情報を用いたフレームワークの理解支援

増田ゆりか, 小野康一, 深澤良彰

第61回情報処理学会全国大会2000年10月-

並列要求駆動シミュレーションにおける要求伝搬の保留処理について

岸間航, 新井浩志, 深澤良彰

第61回情報処理学会全国大会2000年10月-

Model-View Separation Architecture BeaM and Its Evaluation

H.Washizaki,J.Shirogane,Y.Fukazawa

Proc. of 4th. Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering 2000年09月-

仕様からの適用型ユーザナビゲーションシステムの生成

原田真太郎, 白銀純子, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会2000年09月-

シリーズパラレル型レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付けへの動的計画法の適用

浅原英雄, 近藤伸宏, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

SWoPP(Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing)2000年08月-

メタ情報を用いたコンポーネント指向ソフトウェア開発支援

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

オブジェクト指向2000シンポジウム2000年08月-

安全なコンポーネント拡張に基づく共通機能付加技法

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

オブジェクト指向2000シンポジウム2000年08月-

プロトタイプのビジュアル・カスタマイズによる GUI の自動生成手法

白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会論文誌41(7)2000年07月-

バイトコードパターンマッチによるJavaインタプリタの高速化手法

安江, 仲顕照, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会、第29回プログラミング研究会 2000年06月-

IA-64におけるプレディケートの生成および割り付け手法

毛軍, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会第60回全国大会2000年03月-

コンポーネント技術に基づくUndo/Redo機能実装手法

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

プログラミングおよび応用のシステムに関するワークショップ (SPA2000)2000年03月-

ショートベクトルプロセッサ向けループ並列化技法

岸秀明, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

「ハイパフォーマンスコンピューティングとアーキテクチャの評価」に関する北海道ワークショップ(HOKKE-2000)2000年03月-

マルチメディアアプリケーション開発のためのパターン抽出と整理

増田ゆりか, 白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会第60回全国大会2000年03月-

早稲田大学の新図書館システムWINE99が目指すもの

深澤良彰

早稲田大学図書館紀要47巻2000年03月-

大学構内モバイル環境実現における履歴収集機能拡張

筧捷彦, 深澤良彰, 平野泰

2000年電子情報通信学会総合大会2000年03月-

バイトコードパターンマッチングを用いたJavaインタプリタの高速化

仲顕照, 安江俊明, 小松秀昭, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会SS90(60)2000年-

A Light-Weight Broker for GUI Applications

H.Washizaki,J.Shirogane,Y.Fukazawa

International Workshop on Domain Oriented Systems Development(DOSD1999) in Asia Pacific Software Engineering Conference(APSEC'99)1999年12月-

A Metric for Frameworks Based on a Developer's Deviation from the StandardImplementation

R.Kuroda, K.Ono and Y.Fukazawa

Workshop on Software Architecture and Components (Held in conjunction with APSEC'991999年12月-

MVC指向アーキテクチャBeaMの機構とその評価

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ (FOSE'99)1999年11月-

フレームワークを用いた実装におけるテストの視点からの支援手法

嶋村威一郎, 小野康一, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE'99)1999年11月-

新世代再利用技術における古典的ソフトウェア開発技法

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会、知能ソフトウェア工学研究会 1999年11月-

スライシングを用いたフレームワークの再構成支援技法

施暁波, 小野 康一, 深澤 良彰

ソフトウェア工学研究会(SIGSE)第124回研究会 in 島根県松江1999年10月-

動的モデリングからの適応型ユーザナビゲーションシステムの開発,

情報処理学会第59回全国大会1999年09月-

A Method to Generate CharacteristicFunctions for Large Scale Circuits by Splitting Output FunctionVector

H.Arai and Y.Fukazawa

Proc. 4th. World Conference on Integrated Design and Process Technology 1999年06月-

Widget-allocation oriented design method and its support tool

J. Shirogane and Y. Fukazawa

Proc. 4th. World Conference on Integrated Design and Process Technology 1999年06月-

オブジェクト指向フレームワークの利用支援について

深澤良彰

JISA会報No.53 1999年03月-

GPDGを用いた命令レベル並列アーキテクチャのための最適コンパイラの実現

楊巍, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会第58回全国大会1999年-

WebアプリケーションサーバアーキテクチャへのJavaの貢献

深澤良彰

情処研報、ソフトウェア工学 124-14 124(14)1999年-

アプリケーション部品についてのMVCパターンの適用

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会第58回全国大会1999年-

シリーズパラレル型レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け技法とその評価

近藤伸宏, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

並列処理シンポジウム JSPP'99論文集1999年-

ソフトウェアを援用した投機的例外処理機構

影井慶大, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

並列処理シンポジウム JSPP'99論文集1999年-

ソフトウェアアーキテクチャにおける再利用性と実行効率

鷲崎弘宜, 白銀純子, 深澤良彰

サマーワークショップ・イン・小樽1999年-

ネットワーク上で成長・発展可能な分散コンポーネントウェア開発方法

青山幹雄, 深澤良彰

第4回発展機構を備えたソフトウェア構成原理研究会1999年-

プログラムからのデザインパターン抽出技法とその評価

金子崇之, 深澤良彰

電子情報通信学会, ソフトウェアサイエンス研究会SS98(40)1999年-

モバイルキャンパスの実現を目指して

筧, 深澤良彰, 平野

平成11年度第13回私情協大会資料1999年-

ユーザの実装逸脱度に基づくフレームワークの設計評価メトリクス

情報処理学会第59回全国大会1999年-

ループバージョニングのためのプレディケート抽出方法の提案とその評価,情処研報

計算機アーキテクチャ1999年-

真のプラガブルアーキテクチャをめざして

ウィンターワークショップ・イン・高知1999年-

大学環境におけるモバイル環境実現の経験とその評価

情報処理学会第59回全国大会1999年-

Method of User-Customizable GUI Generation and Its Evaluation

J. Shirogane and Y. Fukazawa

Asia Pacific Software Engineering Conference(APSEC'98)1998年12月-

パターン解析による形式的仕様記述言語からのプロトタイプ生成系,

橘賢二, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE'98)1998年11月-

ビジュアル・カスタマイズ方式によるソフトウェアの開発手法

白銀純子, 深澤良彰

ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE'98)1998年11月-

Program Understanding via Domain Model

S. Arasaki and Y Fukazawa

Domain Oriented Systems Development: Principles and Approaches1998年03月-

オブジェクト指向プログラムからのデザインパターンの抽出

金子崇之, 深澤良彰

情報処理学会第56回全国大会/情報処理学会1998年03月-

ソフトウェアを援用した投機的例外処理機構の実現と評価

古関聰, 影井慶太, 仲顕照, 小松秀昭, 深澤良彰

計算機アーキテクチャ研究会報告/情報処理学会128(21)1998年03月-

A method for Applying Loop Unrolling and Software Pipelining to Instruction-level Parallel Architectures

N.Kondo, A.Koseki, H.Komatsu and Y.Fukazawa

Systems and Computers in JapanVol.29(9)p.62 - 731998年-

Method of User-Customizable GUI Generation and Its Evaluation(jointly worked)

J. Shirogane and Y. Fukazawa

Asia Pacific Software Engineering Conference(APSEC'98)1998年-

21世紀の再利用技術への視点

深澤良彰

情報処理学会オブジェクト指向シンポジウム'98論文集1998年-

オブジェクト指向による再利用性向上に対する要因評価

深澤良彰

情処研報,ソフトウェア工学120(20)1998年-

オブジェクト指向の産業界での普及を示す参照モデルの構築

野見山健, 深澤良彰

情報処理学会第57回全国大会1998年-

ソフトウェアアーキテクチャの今日的価値

岸秀明, 友枝, 深澤良彰

情報処理Vol.39(10)p.1016 - 10191998年-

ネットワーク上で成長・発展可能な分散コンポーネントウェア開発方法

青山幹雄, 深澤良彰

第3回発展機構を備えたソフトウェア構成原理研究会1998年-

ネットワーク上で成長・発展可能な分散コンポーネントウェア開発方法(共著)

青山幹雄, 深澤良彰

第3回発展機構を備えたソフトウェア構成原理研究会1998年-

フレームワーク・ナビゲータ—フレームワークを用いたアプリケーション実装の支援

野見山健, 深澤良彰

情報処理学会第57回全国大会1998年-

プレディケート付き依存グラフを用いたバージョニング手法

桑原睦子, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会第57回全国大会1998年-

モバイル端末によるWWWページ閲覧のためのモバイルサーバの実現

玉木宏治, 深澤良彰

情報処理学会第57回全国大会1998年-

レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け手法の改善

情報処理学会第57回全国大会1998年-

計算機資源を考慮したパイプライン並列性抽出手法

情報処理学会研究報告, ハイパフォーマンスコンピューティング研究会74-131998年-

新しい図書館システムWINE99に向けて

ふみくら/601998年-

他人の褌の積極的利用法

新鐘/591998年-

A Method for Estimating Optimal Unrolling Times for Nested Loops

A. Koseki, H. Komatsu and Y. Fukazawa

Proc. of 1997 International Symposium on Parallel Architectures, Algorithms and Networksp.376 - 3821997年12月-

アプリケーションフレームワークを利用したソフトウェア構築支援の要件

深澤良彰

情報処理学会 ウィンターワークショップ・イン・恵那1997年12月-

拡張VLIWプロセッサGIFTにおけるブランチハンドリング機構

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会論文誌38;121997年12月-

GUIの自動生成におけるプロトタイプ修正方式とその評価

白銀純子, 深澤良彰

信学技報,ソフトウェアサイエンスSS97-331997年11月-

命令レベル並列アーキテクチャのためのループアンローリング及びソフトウェアパイプライニング適用技法

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

電子情報通信学会論文誌J80-D-I;101997年10月-

ペトリネットからのGUIの自動生成について

白銀純子, 深澤良彰

情報処理学会第55回全国大会1997年09月-

形式的記述言語パターン解析によるプロトタイプ生成系について

橘賢二, 深澤良彰

情報処理学会第55回全国大会/情報処理学会1997年09月-

要求駆動アルゴリズムによる論理回路の分散並列シミュレーション手法

黄山, 新井浩志, 深澤良彰

情報処理学会第55回全国大会/情報処理学会1997年09月-

A Register Allocation Technique Using Register Existence Graph

A. Koseki, H. Komatsu and Y. Fukazawa

Proc. of the 26th International Conference on Parallel Processing1997年08月-

ソフトウェアによる投機的例外処理の実現

影井慶太, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

計算機アーキテクチャ研究会報告/情報処理学会1251997年08月-

共有メモリ型並列計算機を対象としたループ並列化技法とその評価

金丸智一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

並列処理シンポジウムJSPP'97論文集/情報処理学会p.197 - 2041997年05月-

インクリメンタルシミュレーションを高速化するための回路分割手法について

森達也, 新井浩志, 深澤良彰

情報処理学会第54回全国大会/情報処理学会1997年03月-

出力変数の分割による大規模回路の特徴関数生成手法

田治米純二, 新井浩志, 深澤良彰

設計自動化研究会報告/情報処理学会831997年03月-

命令レベル並列アーキテクチャのためのコードスケジューラ及びレジスタアロケータの協調技法(共著)

古関聰, 小松秀昭, 百瀬浩之, 深澤良彰

情報処理学会論文誌38/3,584-5941997年03月-

コンポーネントウェアにおける方法論とツールの協調関係

深澤良彰

ウィンターワークショップ・イン・松山論文集/情報処理学会p.44 - 481997年01月-

Program Understanding via Domain Model, in Domain Oriented Systems Development : Principles and Approaches(jointly worked)

S. Arasaki and Y Fukazawa

GORDON AND BREACH SCIENCE PUBLISHERS1997年-

ループステージング : 共有メモリ型並列計算機を対象としたループ並列化技法とその評価(共著)

金丸智一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

並列処理シンポジウムJSPP'97論文集/,197-2041997年-

レクチャーノート/ソフトウェア学19ソフトウェア工学の基礎(]G0004[)(共著)

深澤良彰, 青山編

近代科学社1997年-

┣DBプログラミング-考え方と言語-(/)-┫DB

深澤良彰

┣DB電子情報通信工学シリーズ,森北出版(/)-┫DB1997年-

命令レベル並列アーキテクチャのためのループアンローリング及びソフトウェアパイプライニング適用技法(共著)

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

電子情報通信学会論文誌J80-D-I/10,824-8351997年-

A Dialog-Oriented User Interface Generation Mechanism

J. Baeg and Y. Fukazaka

Proc. of Asia Pacific Software Engineering Conference '96p.310 - 3171996年12月-

A Consistency Verification Method for Design Models in Design Environments

H. Arai and Y. Fukazawa

Systems and Computers in JAPAN/Scripta Technica27(10)p.811 - 8181996年10月-

A Backward Navigator and Its User Model

J. Baeg and Y. Fukazaka

Proc. of the Second Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineeringp.230 - 2331996年09月-

ドメインモデルを利用したプログラム理解支援について

荒崎秀一, 深澤良彰

ソフトウェア開発のためのドメイン分析・モデリング技術シンポジウム論文集/情報処理学会1996年09月-

周辺回路を考慮した論理検証のための特徴関数の生成

田治米純二, 新井浩志, 深澤良彰

情報処理学会第53回全国大会/情報処理学会1996年09月-

レジスタ生存グラフを用いたレジスタ割付け手法

百瀬浩之, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

ハイパフォーマンスコンピューティング研究会報告/情報処理学会1996年08月-

拡張VLIWプロセッサGIFTにおける投機的実行支援機構

作家昭夫, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

計算機アーキテクチャ研究会報告/情報処理学会119(12)1996年08月-

多重ループステージングにおける通信遅延隠蔽技法

金丸智一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

計算機アーキテクチャ研究会報告/情報処理学会1191996年08月-

A Parallel Reduction Algorithm with Communication Delay

M. Sakakura, S. Kurino, B. Zhang and Y. Fukazaka

Proc. of the Second International Symposium on Parallel Architectures,Algorithms,and Networksp.434 - 4391996年06月-

多重ループにおける最適ループ展開数算定技法

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会論文誌37;6p.1138 - 11481996年06月-

非数値計算の高速実行を目的としたVLIWにおける命令供給機構の設計と評価

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

並列処理シンポジウムJSPP'96論文集/情報処理学会p.121 - 1281996年06月-

命令レベル並列アーキテクチャのための大域的コードスケジューリング技法

小松秀昭, 古関聰, 深澤良彰

情報処理学会論文誌37;6p.1149 - 11611996年06月-

命令レベル並列プロセッサのためのコードスケジューリング及びレジスタ割付けの協調技法

小松秀昭, 古関聰, 百瀬浩之, 深澤良彰

並列処理シンポジウムJSPP'96論文集/情報処理学会1996年06月-

A Register Allocation Technique Using Guarded PDG

A. Koseki, H. Komatsu and Y. Fukazawa

Proc. of 1996 International Conference on Supercomputingp.270 - 2771996年05月-

A Parallel reduction Algorithm with Communication Delay

Y. Fukazawa, S. Kurino, Y. Nonomura

The Massive Parallel Processing System JUMP-1/Ohmusyap.50 - 561996年03月-

An Object-Oriented Design Support Tool Based On Design Patterns

B. Zhang, Y. Fukazaza

情報処理学会第52回全国大会予稿集/情報処理学会1996年03月-

共有メモリ型並列計算機における多重ループステージングによるパイプライン実行

金丸智一, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情処研報, 計算機アーキテクチャ1996年03月-

Application of Verification Method and a Decomposition Method to Program Modification

K. Ono, K. Maruyama and Y. Fukazawa

Systems and Computers in Japan/Scripta Technica27(1)p.12 - 261996年01月-

Application of Verification Method and a Decomposition Method to Program Modification

K. Ono, K. Maruyama and Y. Fukazawa

Systems and Computers in JapanVol.27(No.1)p.12 - 261996年-

スライシング技法の応用によるプログラムの検証法

小野康一, 丸山勝久, 深澤良彰

第1回ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE'94,レクチャーノート/ソフトウェア学14ソフトウェア工学の基礎(]G0001[),近代科学社p.61 - 701996年-

An Adaptive User Navigation Mechanism and Its Evaluation

J. Baeg, A. Hirahara and Y. Fukazawa

International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering5(4)p.29 - 371995年12月-

A New Incremental Simulation Algorithm for Large Scale Circuits and its Evaluation

H. Arai and Y. Fukazawa

Proc. of IEEE TENCON '95p.343 - 3461995年11月-

仕様記述言語ZZと実行時仕様

鈴木修, 小野康一, 深澤良彰

情報処理学会第51回全国大会予稿集/情報処理学会1995年09月-

コードスケジューリングとレジスタ割付けの協調による最適化

百瀬浩之, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情処研報,ハイパフォーマンスコンピューティング57(23)1995年08月-

拡張VLIWプロセッサGIFTの命令供給機構とその評価

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

SWoPP別府 '95予稿集1995年08月-

設計支援環境におけるデータモデルの整合性検証手法について

新井浩志, 深澤良彰

電子情報通信学会論文誌D/電子情報通信学会J78-D-2;51995年05月-

多重ループにおける最適ループ展開数算定技法とその評価

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

1995年並列処理シンポジウム予稿集1995年05月-

A Global Code Scheduling Technique Using Guarded PDG

A. Koseki, H. Komatsu and Y. Fukazawa

Proc. of IProc. of IEEE First International Conference on Algorithms And Architectures for Parallel Processing CA3PP-95p.661 - 6691995年04月-

インクリメンタルシミュレーションの大規模回路への適用

新井浩志, 羽毛田, 深澤良彰

電子情報通信学会論文誌D/電子情報通信学会J78-D-2(4)p.640 - 6491995年04月-

述語論理に基づく仕様から実行可能コードの導出手法

小野康一, 河野, 深澤良彰

早稲田大学情報科学研究教育センター紀要/情報科学研究教育センター181995年03月-

An Adaptive User Navigation Mechanism and its Evaluation(jointly worked)

J. Baeg, A. Hirahara and Y. Fukazawa

International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering5/4,541-5581995年-

拡張VLIWプロセッサGIFTの命令供給機構(共著)

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情処研報,計算機アーキテクチャ113-61995年-

柔軟性のある会話表現モデルによるUIシステム設計(共著)

松浦俊, 深澤良彰

情報処理学会第50回全国大会1995年-

重力場での多体問題へのフィボネットの応用(共著)

栗野俊一, 野々村洋, 深澤良彰

文部省重点領域研究「超並列原理に基づく情報処理基本体系」第6回シンポジウム予稿集/,1-59-1-721995年-

分割操作による論理回路のトップダウン設計手法について(共著)

大和明宏, 新井浩志, 深澤良彰

情処研報,設計自動化73-51995年-

命令レベル並列アーキテクチャのためのレジスタ割付け技法(共著)

小松秀昭, 神力, 古関聰, 深澤良彰

情報処理学会論文誌36/12,2819-28301995年-

要求仕様再利用を目的とした問題領域のモデル化(共著)

情報処理学会第50回全国大会1995年-

論理回路のトップダウン設計を支援する回路図エディタ(共著)

新井浩志, 上田, 田上, 深澤良彰

日本電子機械工業会,EDAテクノウェア'95ユニバーシティプラザ大学研究室による研究発表資料集1995年-

A Development Strategy of User Navigation Systems for GUI Applications(jointly worked)

Proc. of IEEE 18th. Annual International Computer Software & Applications Conference COMPSAC'94/,163-1681994年-

A Method for Accelaration of Logic Simulations(jointly worked)

Proc. of IEEE Region 10's Ninth Annual International Conference on Frontiers of Computer Technology(IEEE TENCON'94)2/,828-8361994年-

An Adaptive User Navigation Mechanism and its Evaluation(jointly worked)

Proc. of Asia Pacific Software Engineering Conference '94(APSEC'94)/,29-371994年-

インクリメンタルシミュレーションのゲートレベルへの適用

羽毛田卓哉, 新井浩志, 深澤良彰

情処研報,設計自動化70(1)1994年-

クリティカルパス情報とSSA形式を利用したプログラム最適化(共著)

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情処研報,ハイパフォーマンスコンピューティング52(13)1994年-

スライシング技法の応用によるプログラムの検証法

小野康一, 丸山勝久, 深澤良彰

第1回ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE'94論文集p.57 - 641994年-

ソフトウェア部品検索における形式的仕様の活用

栗野俊一, 松澤裕史 深澤良彰

第1回ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE'94論文集p.117 - 1221994年-

プログラム変更に対する正当性検証技法と分割技法の適用

小野康一, 丸山勝久, 深澤良彰

電子情報通信学会論文誌Vol.J77-D-I(11)p.747 - 7581994年-

差分概念辞書を用いた過度の仕様抽象度の修正(共著)

落合勝博, 松澤, 深澤良彰

情報処理学会第49回全国大会1994年-

重力場での多体問題へのフィボネットの応用(共著)

栗野俊一, 野々村洋, 深澤良彰

文部省重点領域研究「超並列原理に基づく情報処理基本体系」第5回シンポジウム予稿集/,1-39-1-471994年-

数値演算ループの多次元展開技法(共著)

今野明, 古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情報処理学会第49回全国大会1994年-

設計モデルの整合性検証手法とネットリスト情報への適用(共著)

新井浩志, 深澤良彰

情報処理学会DAシンポジウム'94論文集/,119-1241994年-

多重ループにおける最適ループ展開数算定技法(共著)

古関聰, 今野明, 小松秀昭, 深澤良彰

信学技法,コンピュータシステムCPSY94-971994年-

適応型ユーザナビゲーション機構とその評価(共著)

白貞元, 平原, 深澤良彰

情処研報,ソフトウェア工学99-131994年-

非対称並列計算の埋込み可能な対称ネットワーク

野々村洋, 栗野俊一, 深澤良彰

信学技法,コンピュータシステムp.94 - 501994年-

命令レベル並列アーキテクチャのための大域的コードスケジューリング技法とその評価(共著)

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

並列処理シンポジウムJSPP'94論文集/,1-81994年-

命令レベル並列プロセッサ向けレジスタ割り付け手法とその評価(共著)

神力哲夫, 小松秀昭, 古関聰, 深澤良彰

情処研報,ハイパフォーマンスコンピューティング52-121994年-

理論型仕様の理解支援のための一手法(共著)

山本修, 小野康一, 深澤良彰

情報処理学会第48回全国大会1994年-

論理回路のトップダウン設計における分割操作の適用可能性について(共著)

大和明宏, 新井浩志, 深澤良彰

情報処理学会第49回全国大会1994年-

A Design Model Integration Mechanism in the Design Environment DATE(jointly worked)

H. Arai, Y. Fukazawa and T. Kadokura

Systems and Computers SCRIPTA TECHNICAL INC.24/12,54-631993年-

An Attempt to Increase Software Quality by Detecting Irregular Styles(jointly worked)

M. Sakakura and Y. Fukazawa

Proc. of Software Engineering Standards Symposium(SESS'93)/,273-2791993年-

Software Modification Support with Design Histories and Petri Nets(jointly worked)

J. Baeg, Y. Murase, K. Ono and Y. Fukazawa

Proc of Info Science '93/,200-2071993年-

GUIアプリケーションのユーザナビゲーションの開発手法(共著)

平原厚志, 深澤良彰

インタラクティブシステムとソフトウェア(]G0001[),第1回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップWISS'93p.113 - 1201993年-

インクリメンタルシミュレーションにおけるイベント保存/評価効率の改善

羽毛田卓哉, 新井浩志, 深澤良彰

情報処理学会第46回全国大会1993年-

オブジェクト指向に基づく分析結果とプログラムからの設計上の決定抽出

白貞元, 小野康一, 深澤良彰

情報処理学会第47回全国大会1993年-

ガード付きPDGを用いた大域的コードスケジューリング技法

古関聰, 小松秀昭, 深澤良彰

情処研報,アルゴリズム34(7)1993年-

クリティカルパス情報を利用したレジスタ割付け手法

神力哲夫, 小松秀昭, 深澤良彰

情処研報,アルゴリズム34(8)1993年-

ソフトウェア・リエンジニアリング支援技術

深澤良彰

第7回ソフトウェア生産性向上のための最先端技術と応用,第7回ソフトウェア生産性向上シンポジウムp.129 - 1451993年-

プログラム変更に対する正当性検証手法と分割技法の適用

丸山勝久, 小野康一, 門倉敏夫

情処研報,ソフトウェア工学90(12)1993年-

ペトリネットを用いたオンラインヘルプシステム作成支援

平原厚志, 深澤良彰

情報処理学会第47回全国大会1993年-

拡張VLIWプロセッサGIFTにおける命令レベル並列処理機構(共著)

情報処理学会論文誌34/12,2599-26101993年-

形式的仕様による部品検索に基づいた部品合成手法について(共著)

情報処理学会第47回全国大会1993年-

述語論理型仕様を用いた部品検索とその評価(共著)

信学技報,ソフトウェアサイエンスSS93-281993年-

設計履歴とペトリネットを用いたソフトウェア変更支援(共著)

情処研報,ソフトウェア工学90-41993年-

通信遅延を仮定したときの計算アルゴリズムおよびネットワークについて(共著)

文部省重点領域研究「超並列原理に基づく情報処理基本体系」第3回シンポジウム予稿集/,37-461993年-

通信遅延を仮定した時の最適なリダクション計算(共著)

情報処理学会第47回全国大会1993年-

要求仕様の変更における影響分析の支援方法について(共著)

情報処理学会第46回全国大会1993年-

論理回路図の配置処理におけるトップダウン設計過程の反映手法について(共著)

情報処理学会第47回全国大会1993年-

A Mechanism Which Makes an Unexecutable Specification Executable(jointly worked)

Proc. of International Computer Symposium '92(ICS'92)1992年-

A Resolution Method From Predicate Logic Specification into Executable Code(jointly worked)

Proc of 25th. Hawaii International Conference on System Sciences(HICSS-25)/,480-4871992年-

An Integration Mechanism for Design Models in the Design Environment DATE(jointly worked)

Lecture Notes in Artificial Intelligence, 5th IEA/AIE92/,411-4201992年-

Definition and Detection of User Defined Irregular Styles(jointly worked)

Proc of International Software Quality Exchange(ISQE'92)1992年-

Extraction of Design Intention from Specification and Program(jointly worked)

Proc of Joint Conference on Software Engineering(JCSE'92)1992年-

ソフトウェア変更時の効率的なテストケース生成手法

古谷信俊, 小野康一, 深澤良彰, 門倉敏夫

情処研報,ソフトウェア工学83(1)1992年-

ディジタルハードウェアのための設計支援環境

新井浩志, 深澤良彰

情報処理33(7)p.803 - 8101992年-

プログラム-仕様=設計上の決定

福田, 白貞元, 深澤良彰, 門倉敏夫

知能ソフトウェア工学の動向と展望シンポジウム論文集102(108)1992年-

プログラム変更に対する正当性検証技法の適用

丸山勝久, 小野康一, 門倉敏夫, 深澤良彰

情報処理学会第45回全国大会1992年-

拡張PDGを利用した最適ループ展開数算定法(共著)

情報処理学会第45回全国大会1992年-

質問に対する回答者選択を設計固有情報を用いて支援する方法について(共著)

情報処理学会第45回全国大会1992年-

実行時仕様の導入による形式的仕様の実行系(共著)

ソフトウェア・シンポジウム'921992年-

設計環境におけるツールの更新に対する影響範囲の決定手法(共著)

情報処理学会第44回全国大会1992年-

設計支援環境DATEにおける設計モデルの統合化手法(共著)

電子情報通信学会論文誌J75-D-(]G0002[)/5,936-9461992年-

設計支援環境における設計モデルの整合性検証手法について(共著)

情報処理学会DAシンポジウム'921992年-

設計履歴とドキュメントを用いたソフトウェア変更支援(共著)

情報処理学会第45回全国大会1992年-

部品検索システムの持つべき性質とその実現方法(共著)

情報処理学会ソフトウェア再利用技術シンポジウム/,53-621992年-

分割統治法を用いた変換系の検証手法について(共著)

情報処理学会第44回全国大会1992年-

変換系の検証における分割統治法の有効性について(共著)

情処研報,ソフトウェア工学84-41992年-

命令レベル並列計算機用最適化コンパイラにおけるループアンローリング技法(共著)

信学技報,ソフトウェアサイエンスCOMP92-191992年-

命令レベル並列処理アーキテクチャ向けループ展開におけるGIFTの有効性(共著)

信学技報,コンピュータシステムCPSY92-311992年-

The Applicability of Formal Specification to Maintenance of Large Scale Software(jointly worked)

Journal of Information Processing14/3,301-3091991年-

トップダウン設計手法に基づいた回路図エディタ

小野康一, 松並, 深澤良彰, 門倉敏夫

情報処理学会第43回全国大会1991年-

機能仕様と品質を用いた部品検索のための一手法(共著)

情報処理学会第43回全国大会1991年-

帰納的に定義された自然数列の計算の超並列化(共著)

情処研報,数値解析37-111991年-

条件実行アーキテクチャGIFTのメモリインタフェース(共著)

情処研報,計算機アーキテクチャ89-141991年-

条件実行アーキテクチャGIFTの最適化コンパイラ(共著)

情処研報,計算機アーキテクチャ91-41991年-

推論過程における類推の積極的な利用法について(共著)

情報処理学会第43回全国大会1991年-

設計環境DATEにおける論理設計支援機能-PLAtoolsの統合化-(共著)

情報処理学会DAシンポジウム'91論文集1991年-

非決定的システムの形式的仕様に対する動作確認手法

新井俊哲, 小野康一, 深澤良彰, 門倉敏夫

情報処理学会第43回全国大会1991年-

部分関数定義の解釈による仕様言語Z++の実行系(共著)

日本ソフトウェア科学会第8回大会1991年-

埋込みモデルにおけるエラー埋込みの自動化について(共著)

情処研報,ソフトウェア工学80-151991年-

無限の大きさを持つ木の公平な重み付けについて(共著)

日本ソフトウェア科学会第8回大会1991年-

トレーサビリティリンク回復を通じたトレーサビリティ測定と改善支援

伊藤 弘毅、田邊 浩之、波木 理恵子、鷲崎 弘宜、深澤 良彰

コンピュータ・ソフトウェア

A Model-View Separation Architecture for GUI Application Components

Hironori Washizaki, and Yoshiaki Fukazawa

Proc. of IEEE International Conference on Information Technology: Coding and Computing (ITCC2005),

Analyzing Relations among Software Patterns based on Document Similarity

Atsuto Kubo, Hironori Washizaki, Atsuhiro Takasu, and Yoshiaki Fukazawa,

Proc. of IEEE International Conference on Information Technology: Coding and Computing (ITCC2005)

標準的実装からの逸脱度によるフレームワークの設計評価

黒田隆一, 小野康一, 深澤良彰

電子情報通信学会、ソフトウェアサイエンス研究会

プログラム・デバックにおける記号的実行の応用

深沢良彰, 袖山欣大, 門倉敏夫

相模工業大学紀要査読有り第19巻(第1号)1985年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

書籍等出版物

"XAC Project: Towards a Middleware for Open Wireless Sensor Networks", chapter in book "Designing Solutions-Based Ubiquitous and Pervasive Computing: New Issues and Trends"

Kenji Tei, Shunichiro Suenaga, Yoshiyuki Nakamura, Yuichi Sei, Hikotoshi Nakazato, Yoichi Kaneki, Nobukazu Yoshioka, Yoshiaki Fukazawa, Shinichi Honiden

Information Science Publishing2010年 03月-

トップエスイー実践講座2 ソフトウェアパターン パターン指向の実践ソフトウェア開発

深澤良彰, 鷲崎弘宜, 丸山勝久, 山本里枝子, 久保淳人

㈱近代科学社2007年 12月-

ソフトウェアアーキテクチャ

岸知二, 野田夏子, 深澤良彰

共立出版2005年-

オブジェクト指向に強くなる

深澤良彰,羽生田栄一他

技術評論社2003年 03月-

Chapter 4, Realization of Fully Independent Component Architecture

H.Washizaki and Y.Fukazawa

"Domain Oriented Systems Development - Practices and Perspectives"Taylor and Francis2002年-

レクチャーノート/ソフトウェア工学の基礎IV

深澤良彰, 青山幹雄編

近代科学社1997年 12月-

プログラミング—考え方と言語—,

深澤良彰

電子情報通信工学シリーズ,森北出版1997年 04月-

オブジェクト指向最前線

青山幹雄,深澤良彰編

朝倉書店1996年 06月-

ソフトウェア部品検索における形式的仕様の活用

栗野俊一, 松澤裕史, 深澤良彰

第1回ソフトウェア工学の基礎ワークショップFOSE'94,レクチャーノート/ソフトウェア学14ソフトウェア工学の基礎(]G0001[),近代科学社1996年-

特許

整理番号:577

著作権管理システム(日本, PCT)

土方 正夫, 深澤 良彰, 亀山 渉, 関 亜紀子, 蘆田 良貴, ラスカウスキー テルミ

特願2005-373009、特開2009- 58983

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

センサーソフトウェア工学の確立に関する研究

2013年-2017年

研究分野:ソフトウェア

配分額:¥11050000

研究種別:基盤研究(B)

ソフトウェアプロダクトラインの構築・保守方式の確立に関する研究

2009年-2012年

研究分野:ソフトウエア

配分額:¥14950000

研究種別:重点領域研究

超並列計算システムのモデル化と超並列アルゴリズム

1992年-1994年

配分額:¥1000000

研究種別:

センサーソフトウェア工学の確立に関する研究

2013年-0月-2018年-0月

配分額:¥17550000

研究種別:

ソフトウェアプロダクトラインの構築・保守方式の確立に関する研究

2009年-0月-2013年-0月

配分額:¥14950000

研究種別:

超並列計算システムのモデル化と超並列アルゴリズム

配分額:¥1000000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

Global GRIDの研究1999年-2003年

提供機関:文部科学省

DSPを含むシステム向きハード・ソフト協調設計プロジェクト1999年-2003年

実施形態:共同研究

ソフトウェアエージェントに関する研究1990年-1990年

実施形態:共同研究

最適化コンパイラ技術に関する研究1987年-1987年

実施形態:共同研究

コンピュータ援用設計技術に関する研究1987年-1987年

学内研究制度

特定課題研究

3次元表示環境向けGUIの提案およびその開発支援手法に関する研究

2013年度

研究成果概要: 3次元ディスプレイが登場し市販され、3次元で情報を表現できるようになったことにより、従来、2次元で表現をしていたGUIも、立体的に表現することにより、より多くの情報を含めることができたり、操作性を向上させることができたりなど、操... 3次元ディスプレイが登場し市販され、3次元で情報を表現できるようになったことにより、従来、2次元で表現をしていたGUIも、立体的に表現することにより、より多くの情報を含めることができたり、操作性を向上させることができたりなど、操作性の大幅な革新が期待できる。本研究では、3次元でGUIを表現する際の操作性の向上を目的とし、表現方法のガイドラインの策定及び3次元でのGUIを容易に開発するための手法についての予備研究を行う。本研究では、3次元ディスプレイを用いて、疑似的ではない真の3次元のGUIの実現を目指している。真の3次元GUIについての研究はまだほとんど存在せず、実用化には至っていない。我々の研究では、3次元のウィンドウを構成し、そこに3次元のウィジェット(GUIの構成要素)を配置していく。2次元のウィンドウでは、基本的には、ウィジェットを上からオーバーラップさせ、下位ウィジェットを隠ぺいすることしかできなかった。しかし、3次元のウィンドウ内では、多くのウィジェットに対して奥行きをもたせて配置することが可能となる。つまり、より必要性の高いウィジェットを前面に、必要性が低いウィジェットを背面に配置することにより、操作性を上げることができると考えている。また、3次元のウィジェットを新たに創出することにより、一つのウィジェットのもつ機能を増加させることができる。これは、3次元向きの新しい入力デバイスの提案にもつながり、大きな技術革新につながっていくと考えられる。 今年は、以下のような研究を行い、次年度の科研費・萌芽研究に採択されるための予備研究とした。・現在、プラットフォームごとに、ガイドラインを作成し、それを遵守したGUIを開発し、ソフトウェアの利用容易性をあげようとしている。これらをサーベイし、3次元環境にそのまま適用できそうなものと、できなさそうなものに、分類した。後日、3次元に特有なガイドラインを作成し、これに加えることによって、3次元用のGUIガイドラインを構築することとなる。・3次元の環境を、通常のGUIパッケージとして開発するのか、Web用のパッケージとして開発するのかで、研究の方法は大きく変わってくる。本年度は、JavaScriptを使用したWebサイトのアクセシビリティ評価支援を考え、これを3次元に流用可能かどうかについての考察を行った。その結果として、かなりの部分の流用が可能であろうという感触を得ている。・近年タブレットが広く普及してきており、タブレットに対しても、3次元化が可能かどうかの検証をおこなった。その結果として、画面の大きさや解像度から、通常のディスプレイと同様の手法の適用は難しいという結果を現時点では得ている。

3次元表示環境向けGUIとその開発支援手法に関する研究

2014年度

研究成果概要:  これまでに行ってきた2次元のGUIに関する研究を発展させ、3次元の入出力をソフトウェアで利用するために、3次元GUIの表現方法やその操作方法、開発手法の確立を目指した。このために、3 次元でのGUI の表現について、...  これまでに行ってきた2次元のGUIに関する研究を発展させ、3次元の入出力をソフトウェアで利用するために、3次元GUIの表現方法やその操作方法、開発手法の確立を目指した。このために、3 次元でのGUI の表現について、どのような表現方法および操作方法が可能であるか、様々なものを試行し、それらの操作性を評価してみた。健常者や障碍者、若年者や高齢者など、ユーザのタイプによる、表現方法や操作性もあわせて検討した。さらに、どのような表現および操作が実現可能で、どのような表現および操作が、現状では実現が難しいかを明らかにしつつある。その上でより適切な表現および操作方法を確定し、それに基づいて、開発の方法や操作性の向上に関するガイドラインを策定することも考えていたが、これについては、今後の課題とした。

センサー・アプリケーションの開発方法に関する研究

2014年度

研究成果概要: センサーソフトウェア開発者は、データ計測・処理をセンサーノードが散在するネットワーク上での分散処理として実現する必要がある。しかし、この時、センサーノードの通信、センサーノードへのタスク割当てを決定する必要があり、データフローと... センサーソフトウェア開発者は、データ計測・処理をセンサーノードが散在するネットワーク上での分散処理として実現する必要がある。しかし、この時、センサーノードの通信、センサーノードへのタスク割当てを決定する必要があり、データフローとセンサーノードの振舞いとの間に乖離が存在する。この乖離が、センサーソフトウェアの開発を困難にする一つの要因となっている。この乖離による困難さを低減するため、データフローからセンサーノードの振舞いを段階的に決定可能なモデル駆動開発が必要となる。そこで、3段階の開発プロセスを提案・実現した。また、モデル間の変換規則を導入することにより、モデルの詳細化の支援を行った

IoTソフトウェア工学の確立に関する研究

2016年度

研究成果概要:   IoTの重要性が広く認識されるようになるにつれて、高い生産性で、高い信頼性をもったIoTソフトウェアの開発が急務となってきている。本研究では、これまでの各種手法の中で、対象ソフトウェアをIoTソフトウェアに限定した...   IoTの重要性が広く認識されるようになるにつれて、高い生産性で、高い信頼性をもったIoTソフトウェアの開発が急務となってきている。本研究では、これまでの各種手法の中で、対象ソフトウェアをIoTソフトウェアに限定した場合に、どのような手法をどのように適応させていくべきかを明確にすることを目的とした。  これまで我々は、パターンの検出に関して、さまざまな研究を行ってきた。本研究では、これら先行研究結果を、IoTソフトウェアの重要な一部であるセンサーソフトウェアに適用することによって、センサーソフトウェアパターンの抽出を行った。この結果を分析し、これまで提案してきたアルゴリズムのカスタマイズを行った。

仮想現実技術の利用によるソフトウェア理解に関する研究

2017年度

研究成果概要: ソフトウェア開発において、要求仕様書、設計仕様書、プログラムとの間には、どの要求が、どのようにして設計仕様書のどこで表現され、その設計結果は、どのようにしてプログラムのどこで表現されているのかという関係が存在をする。この三者の部... ソフトウェア開発において、要求仕様書、設計仕様書、プログラムとの間には、どの要求が、どのようにして設計仕様書のどこで表現され、その設計結果は、どのようにしてプログラムのどこで表現されているのかという関係が存在をする。この三者の部分ごとの対応関係をたどることができることをトレーサビリティがあると呼び、この各々の関係をトレーサビリティリンクと呼ぶ。 一方、近年、仮想現実(以下VRと記す)に関する研究・実用化が進んできている。本研究では、ソフトウェア開発・保守で使用される各種の文書の理解にVRを用いることができるか、用いることができるとすると、どのように表現することが最も効率的であるかを明らかにした。

3次元入出力デバイスを用いた高操作性GUI開発に関する研究

2017年度

研究成果概要:本研究では、これまでに行ってきた2次元のGUIに関する研究を発展させ、3次元の入出力をソフトウェアで利用するために、3次元GUIの表現方法やその操作方法、開発手法の確立を目指した。具体的には、3 次元でのGUI の表現について、ど...本研究では、これまでに行ってきた2次元のGUIに関する研究を発展させ、3次元の入出力をソフトウェアで利用するために、3次元GUIの表現方法やその操作方法、開発手法の確立を目指した。具体的には、3 次元でのGUI の表現について、どのような表現方法および操作方法が可能であるか、様々なものを試行し、それらの操作性を評価した。健常者や障碍者、若年者や高齢者など、ユーザのタイプによる、表現方法や操作性もあわせて検討した。その上でより適切な表現および操作方法を確定し、それに基づいて、開発の方法や操作性の向上に関するガイドラインを策定した。

新世代汎用プロセッサGIFTの並列処理機能向上に関する研究

1998年度

研究成果概要: プロセッサの動作速度の上昇に伴い、レジスタやALUといったプロセッサ資源を有効に活用することが、計算機の性能の向上のために重要となってきている。従来より、さまざまなレジスタ割付け技法やコードスケジューリング技法が提案され、プロセ... プロセッサの動作速度の上昇に伴い、レジスタやALUといったプロセッサ資源を有効に活用することが、計算機の性能の向上のために重要となってきている。従来より、さまざまなレジスタ割付け技法やコードスケジューリング技法が提案され、プロセッサ資源の有効活用がはかられてきた。 プロセッサの性能を引き出すためには、レジスタ割付けやコードスケジューリングといった、プロセッサ資源の使用に関する最適化が不可欠である。命令レベル並列プロセッサの登場や、レジスタ数の増加などにより、これらの最適化の重要性は非常に高まっている。しかしながら一般に広く使われているレジスタ割付け手法では、プロセッサの並列性について十分に考慮されているとは言えない。本研究では、レジスタ生存グラフと呼ばれる、命令間の依存関係とコード中の並列性を構造に含むグラフを用いた手法を提案した。本手法では、このグラフをシリーズパラレル型のグラフに変形することによりコード中の並列性の抽出を行ない、この結果と協調しながら同時にレジスタ割付けを行なう。本手法を用いることにより、プロセッサの並列性を生かしたレジスタ割付け及びコードスケジューリングを行なうことが可能となる。 本手法は、プログラム中の最内ループに適用され、その部分の命令レベル並列プロセッサ向けに最適化されたコード生成を行なう。具体的には、まず、入力されたGPDGからシリーズパラレル型レジスタ生存グラフを生成する。次に、そのシリーズパラレル型レジスタ生存グラフにおいて、Sスイート、Pスイートを抽出する。その次に、抽出したSスイート、Pスイートを用いて、生成されたシリーズパラレル型レジスタ生存グラフの最大干渉度低減操作を行なう。最後に、最大干渉度を実レジスタ以下に低減させたシリーズパラレル型レジスタ生存グラフ上におけるレジスタの使用の時間順序を守るための依存を元のGPDGに加え、そのGPDGに対してコードスケジューリング及びレジスタ割付けを行なう。

ソフトウェアによる投機的例外処理の実現に関する研究

1999年度

研究成果概要: 計算機の高速化の主要な技術として命令レベルでの並列処理が挙げられる。命令レベル並列処理においてその並列性を高く引き出すためには、命令の投機的実行を行ない、同時に実行可能な命令の数を増やすことが重要である。しかしながら、ロード命令... 計算機の高速化の主要な技術として命令レベルでの並列処理が挙げられる。命令レベル並列処理においてその並列性を高く引き出すためには、命令の投機的実行を行ない、同時に実行可能な命令の数を増やすことが重要である。しかしながら、ロード命令等の例外を起こす可能性のある命令を投機的に実行することは、プログラムの実行時間に大きな遅延を起こさせる可能性がある。この問題を解決する投機的実行支援機構がいくつか提案されているが、それらにはハードウェア制御を行なうためにハードウェアの使用量が増大する、あるいは再実行の必要のない命令まで再実行するためにレジスタを多く必要としてしまうという問題点が存在する。 本方式では、投機的例外をソフトウェアで処理することでハードウェアの使用量が増大するという問題を解決した。同時に、例外を起こした投機命令およびそれに依存する投機命令の命令アドレスをたどることで、必要のある命令だけの再実行を行ない、レジスタの使用量が増大するという問題も解決した。 具体的には、本方式では、投機的例外処理をセンチネルスケジューリングやnon-excepting 命令方式と同様に、ソフトウェアで制御を行なう。また、例外を起こした投機命令およびそれに依存する投機命令の命令アドレスをたどることにより、必要な命令、即ち例外を起こした命令に依存する投機命令だけを再実行する。これにより、再実行のために保証されなければならないレジスタの数が増大することを防ぐことができ、並列性を高めることができる。本方式では、この機能をハードウェアの負担をできる限り少なくするように、例外が起こったときに起動される割込みハンドラにその処理法を記述する。 評価結果を分析してみると、本方式は、性能という点でブースティング方式、non-exceping命令方式、センチネルスケジューリング方式より高い並列性を引き出せているといえる。また、本方式と同様にソフトウェアで投機的例外処理を制御する、non-excepting命令方式やセンチねスケジューリング方式と比較して、近年の多くのプロセッサが所有するレジスタ数32で明確な性能の差が現れている。本評価では小規模なコードを対象としているが、既存のプロセッサにより大規模なコードに本方式を適用した場合、その性能の差は顕著に表れてくるものと推察される。

フレームワークを用いたアプリケーション開発支援環境に関する研究

2001年度

研究成果概要: オブジェクト指向フレームワークはある特定のアプリケーションドメインにおける設計や実装を再利用するためのクラスライブラリである。フレームワークはフレームワークを構成するクラス間に協調関係を持ち、ライブラリ全体でアプリケーションの... オブジェクト指向フレームワークはある特定のアプリケーションドメインにおける設計や実装を再利用するためのクラスライブラリである。フレームワークはフレームワークを構成するクラス間に協調関係を持ち、ライブラリ全体でアプリケーションの骨組みを体現する。フレームワークの利用者は、個々のクラスではなくクラスの階層構造全体を再利用し、必要に応じてフレームワークにカスタマイズを行なうことでアプリケーションを構築する。クラス間の関係まで再利用できるため、設計と実装のコストを大幅に削減することが期待でき、また、他のアプリケーションにも用いられるため、高い品質の設計及びコーディングの誤りの低減なども期待できる。 しかし、将来そのアプリケーションドメインにおいて必要とされる機能を予測することは困難であり、ただ一度の設計で必要十分な機能を提供するフレームワークを構築することは非常に難しい。その原因としては、フレームワークの構築の初期においては、ドメイン分析が不十分であったり、アプリケーション開発の経験が不足していることが多くあり、このためにフローズンスポットとホットスポットの適切な分離が困難であることがあげられる。その他に、フレームワークの設計がそのベースに用いた具体的なアプリケーションプログラムに強く依存する事も原因として挙げられる。そのため、フレームワークのライフサイクルにおいて成熟・洗練のプロセスは必須で、成熟・洗練はフレームワークの再構成によって達成される。 未成熟なフレームワークの再構成ではドメイン分析は不十分であるため、クラス間の関係が厳密には定義されていない。そこで、再構成にあたりフレームワークを静的に解析する場合もサンプルの情報を利用する場合にも製作者の意図を補足する情報が必要であると我々は考えている。本稿では、フレームワーク製作者の設計意図を記述する形式的言語を導入し、その記述に基づいて、フレームワークを再構成する手法を提案した。

フレームワークを用いたアプリケーション開発支援環境に関する研究

2004年度共同研究者:鷲崎 弘宜

研究成果概要:オブジェクト指向フレームワークにおけるホットスポットは、抽象クラスやインタフェースのような抽象要素によって表現された、特定の要求に応じて適合される基礎的要素ある。オブジェクト指向フレームワークはオブジェクトの協調関係によって設計が...オブジェクト指向フレームワークにおけるホットスポットは、抽象クラスやインタフェースのような抽象要素によって表現された、特定の要求に応じて適合される基礎的要素ある。オブジェクト指向フレームワークはオブジェクトの協調関係によって設計が表現されているため、特定の拡張要求に対する適合を複数のホットスポットの具象化によって実現しなければならない場合がある。このような場合には、ある拡張可能な機能単位を独立したホットスポット、すなわち単独の抽象クラスまたはインタフェースによって与えることは困難である。このことは、与えられた開発要件に対して具象化すべきホットスポットの同定を困難にする。さらに、複数のホットスポットを含んだ協調関係の理解やそれらの円滑な具象化を妨げる要因となる。本研究では、アスペクト指向技術を応用し、拡張要件に応じた複数オブジェクトにまたがる協調関係をモジュール化してホットスポットの構成要素とする手法を提案する。個々の拡張すべき要件に関して必要なオブジェクトの協調関係を局所化することで、アプリケーション開発者に対し、簡潔かつ明快なホットスポットが明示できる。これにより、フレームワークの具象化コストを削減できる。

パターン活用環境の実現による大規模知識再利用

2006年度

研究成果概要: ソフトウェアパターンとは,ソフトウェア開発の各局面で繰り返し現れる問題に対する解法・指針である.ソフトウェアパターンを学習することにより,熟練したソフトウェア技術者が持つ様々な経験を,ソフトウェアパターンによって利用できるように... ソフトウェアパターンとは,ソフトウェア開発の各局面で繰り返し現れる問題に対する解法・指針である.ソフトウェアパターンを学習することにより,熟練したソフトウェア技術者が持つ様々な経験を,ソフトウェアパターンによって利用できるようになる.パターンカタログは,統一された記述形式のパターンの集合である.パターンカタログに,実際の利用や組み合わせのための指針を加えたものがパターン体系である. ソフトウェアパターンに関する取り組みの初期においては,パターンの収集が重要であるとされたが,現在では,すでに多数のソフトウェアパターンがWorld Wide Web (WWW) や書籍で公開されているため,今後の取り組みにおいては,パターンの収集と共に既存パターンの体系化が重要である.パターン体系は,対象パターン集合について,パターン間の関連を明確化し,利用や組み合わせのための指針を提供する.  現状では,パターン間関連の考察は,主に人手によって行われているが,パターン数の増加に伴って,関連を考察すべきパターン組の個数が爆発的に増加する.そのため,人手によるパターン体系化はスケーラビリティに欠ける.よく関連分析されたパターン集合は,特に大規模なものでも70 個程度であり,組み合わせ爆発を考えれば,人手のみで関連分析可能なパターン集合の規模は,現実的には数百個程度であると推測される.これに対して,少なくとも約700 個のソフトウェアパターンが存在することが確認されている.さらに,国際会議でパターンが発表されているため,実際のパターン数はさらに多く,これらのパターン間の関連分析は人手では困難である.我々は,パターン間関連分析の自動化のために,文書類似度を基礎としたソフトウェアパターン間関連分析手法を提案した.本研究では,すでに提案された分析手法とは異なるパターン間関連を得るために提案手法を拡張した.提案手法を用いることで,人手による多数のパターン間関連分析を支援することができる.

パターン活用環境による大規模知識再利用の実現に関する研究

2007年度

研究成果概要: ソフトウェアパターンとは,ソフトウェア開発の各局面で繰り返し現れる問題に対する解法・指針である.ソフトウェアパターンを学習することにより,熟練したソフトウェア技術者が持つ様々な経験を,ソフトウェアパターンによって利用できるように... ソフトウェアパターンとは,ソフトウェア開発の各局面で繰り返し現れる問題に対する解法・指針である.ソフトウェアパターンを学習することにより,熟練したソフトウェア技術者が持つ様々な経験を,ソフトウェアパターンによって利用できるようになる.  ソフトウェアパターンに関する取り組みの初期においては,パターンの収集が重要であるとされたが,現在では,すでに多数のソフトウェアパターンがWorld Wide Web (WWW) や書籍で公開されているため,今後の取り組みにおいては,パターンの収集と共に既存パターンの体系化が重要である.パターン体系は,対象パターン集合について,パターン間の関連を明確化し,利用や組み合わせのための指針を提供する  現状では,パターン間関連の考察は,主に人手によって行われているが,パターン数の増加に伴って,関連を考察すべきパターン組の個数が爆発的に増加する.我々は,パターン間関連分析の自動化のために,文書類似度を基礎としたソフトウェアパターン間関連分析手法を提案してきている.本研究では,昨年度までに,すでに提案された分析手法とは異なるパターン間関連を得るために提案手法を拡張した.提案手法を用いることで,人手による多数のパターン間関連分析を支援することができることを確認した. これを本年度は以下のように拡張した.ソフトウェア設計には,ソフトウェア全体構造の設計から実装に近い詳細な動作の設計まで幅広い抽象度が存在するが,その分類は数段階のおおまかなものでしかなかった.さらに,あるパターンカタログに存在する多様な抽象度のパターンをすべて同列に扱っていた.本研究では,上述の問題に対処するためパターンの抽象度測定法および可視化手法を提案した. 提案手法は以下の長所を持つ.(1)パターン間の半順序関係を用いることで,パターンカタログをまたいだ分析が可能である.(2)各パターン間の参照関係のみからパターン集合全体における位置づけとなる抽象度値が得られる.(3)2種類の可視化手法を用いることで,直感的な粒度の把握が可能である.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
情報理工学実験A基幹理工学部2019秋学期
情報理工学実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
情報理工学実験B基幹理工学部2019春学期
情報理工学実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
ソフトウェア工学A基幹理工学部2019春学期
ソフトウエア工学 13前再基幹理工学部2019春学期
ソフトウェア工学A基幹理工学部2019春学期
ソフトウエア工学 13前再  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
ソフトウェア工学A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
卒業論文A基幹理工学部2019通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
卒業論文B基幹理工学部2019通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
情報社会論基幹理工学部2019秋学期
情報社会論基幹理工学部2019秋学期
プロジェクト研究A基幹理工学部2019春学期
情報理工学実験C基幹理工学部2019秋学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2019秋学期
ソフトウェア工学B基幹理工学部2019秋学期
ソフトウェア工学B基幹理工学部2019秋学期
情報通信実験A基幹理工学部2019秋学期
情報通信実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
情報通信実験B基幹理工学部2019春学期
情報通信実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
卒業論文A基幹理工学部2019通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
卒業論文B基幹理工学部2019通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019通年
プロジェクト研究A基幹理工学部2019春学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2019秋学期
Research Project B基幹理工学部2019春学期
Research Project B基幹理工学部2019春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019春学期
Research Project B 【S Grade】基幹理工学部2019春学期
Research Project C基幹理工学部2019秋学期
Research Project C基幹理工学部2019秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2019秋学期
Research Project C 【S Grade】基幹理工学部2019秋学期
Software Engineering基幹理工学部2019秋学期
Software Engineering基幹理工学部2019秋学期
Software Engineering基幹理工学部2019秋学期
Software Engineering基幹理工学部2019秋学期
Research Project A基幹理工学部2019秋学期
Research Project A基幹理工学部2019秋学期
Research Project D基幹理工学部2019春学期
Research Project D基幹理工学部2019春学期
Communications and Computer Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A [S Grade]基幹理工学部2019秋学期
Introduction to Computers and Networks基幹理工学部2019春学期
ソフトウェア工学A大学院基幹理工学研究科2019春学期
ソフトウエア工学 18前再大学院基幹理工学研究科2019春学期
ソフトウェア工学A大学院創造理工学研究科2019春学期
ソフトウエア工学 18前再大学院創造理工学研究科2019春学期
ソフトウェア工学A大学院先進理工学研究科2019春学期
ソフトウエア工学 18前再大学院先進理工学研究科2019春学期
修士論文(情報・通信)大学院基幹理工学研究科2019通年
Research on Software Development Engineering大学院基幹理工学研究科2019通年
ソフトウェア開発工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
ソフトウェア開発工学特論大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Special Laboratory A in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2019春学期
情報理工・情報通信特別実験A大学院基幹理工学研究科2019春学期
Special Laboratory B in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2019秋学期
情報理工・情報通信特別実験B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
プロジェクト研究大学院基幹理工学研究科2019通年
Seminar on Software Development Engineering A大学院基幹理工学研究科2019春学期
ソフトウェア開発工学演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Software Development Engineering B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
ソフトウェア開発工学演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Seminar on Software Development Engineering C大学院基幹理工学研究科2019春学期
ソフトウェア開発工学演習C大学院基幹理工学研究科2019春学期
Seminar on Software Development Engineering D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
ソフトウェア開発工学演習D大学院基幹理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Computer Science and Communications Engineering)大学院基幹理工学研究科2019通年
ソフトウェア開発工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
ソフトウェア開発工学研究大学院基幹理工学研究科2019通年
情報理工・情報通信特別演習A大学院基幹理工学研究科2019春学期
情報理工・情報通信特別演習B大学院基幹理工学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

教育内容・方法の工夫

オンデマンド教材のコーディネイト

2005年09月-

詳細

概要:オープンソースソフトウェア研究所で開発したオンデマンド講義「オープンソースソフトウェア入門」のコーディネートを行い、早稲田大学メディアネットワークセンターの講義として提供している。

講義資料のWebによる公開

2000年04月-

詳細

概要:担当している「ソフトウェア工学」(理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科3年次配当)、「ソフトウェア開発工学特論」(大学院理工学研究科)について、すべての講義資料とPowerPoint化し、それをpdfにしたものを、Webにより公開している。

作成した教科書・教材・参考書

ツールとしてのUNIX

1993年04月

詳細

概要:UNIXというオペレーティングシステムの使用法について、早稲田大学での環境に合わせた形式で記述した。

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

学習管理システムJapricoとその特徴

2007年09月

詳細

概要:学習管理システムJapricoとその特徴について、私立大学情報教育協会の平成19年度大学教育・情報戦略大会で発表した。