氏名

ハスイケ タカシ

蓮池 隆

職名

准教授

所属

(創造理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
thasuike@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.mgmt.waseda.ac.jp/faculty/hasuike-lab

研究者番号
50557949

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

学内研究所等

医療レギュラトリ―サイエンス研究所

研究所員 2016年-

データサイエンス研究所

研究所員 2015年-

社会シミュレーション研究所

研究所員 2016年-2018年

社会シミュレーション研究所

研究所員 2018年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-2005年 大阪大学 工学部 応用自然科学科
-2006年 大阪大学 情報科学研究科 情報数理学専攻
-2009年 大阪大学 情報科学研究科 情報数理学専攻

学位

博士(情報科学) 課程 大阪大学

経歴

2008年04月-2009年03月日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2009年04月-2009年04月日本学術振興会 特別研究員(PD)
2009年04月-2015年03月大阪大学 大学院情報科学研究科 助教
2011年07月-2011年12月情報・システム研究機構 統計数理研究所 外来研究員
2015年04月-早稲田大学 理工学術院 創造理工学部 経営システム工学科 准教授
(非常勤講師歴)
2007年度, 2008年度:大阪工業大学 工学部技術マネジメント学科
2008年度, 2009年度:大手前大学 現代社会学部
2012年度~2014年度:同志社大学 理工学部
2012年度~2014年度:甲南大学 知能情報学部

所属学協会

日本オペレーションズ・リサーチ学会

日本経営工学会

日本知能情報ファジィ学会

システム制御情報学会

応用統計学会

日本経営システム学会

IEEE Member

委員歴・役員歴(学外)

2013年07月-日本経営工学会 経営システム誌編集委員,研究委員会委員
2014年-日本知能情報ファジィ学会 将来構想委員会(~)
2015年05月-日本オペレーションズ・リサーチ学会 機関紙編集委員日本オペレーションズ・リサーチ学会

受賞

2013年度日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究賞奨励賞

2013年

平成25年度日本経営工学会 論文奨励賞

2013年

Young Researcher Award, IEEE Computational Intelligence Society, Japan Chapter

2013年09月

Young Researcher Award, IEEE Computational Intelligence Society, Japan Chapter

2012年11月

Best Paper Award, 2012 IAENG International Conference on Operations Research (ICOR2012)

2012年03月

Best Paper Award, 2010 IAENG International Conference on Operations Research (ICOR2010)

2010年03月

第9回 船井情報科学振興財団 研究奨励賞

2010年04月

Best Student Paper Award, 2009 IAENG International Conference on Operations Research (ICOR2009)

2009年03月

Best Student Paper Award, The 4th International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IWCIA2008)

2008年10月

Young Researcher Award, Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS2008)

2008年09月

Best Student Paper Award, 5th International Symposium on Management Engineering (ISME2008)

2008年03月

Excellent Student Paper, 4th International Symposium on Management Engineering (ISME2007)

2007年03月

大阪大学大学院情報科学研究科賞

2007年03月

First Place Award (Student paper), The 11th Annual International Conference on. Industrial Engineering Theory, Applications & Practice (IJIE2006)

2006年10月

その他基本情報

(招待講演(国内学会・研究会)) [1] 蓮池隆, “電気自動車を利用した観光における経路設計と充電スタンド配置問題”, 九州最適化研究集会「モビリティの数理」, 2014年. [2] 蓮池隆, “電気自動車利用による観光経路設計と充電スタンド配置問題”, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「不確実性システムにおける意思決定」研究部会 第5回研究会, 2013年. [3] 蓮池隆, “曖昧性を有する情報の妥当な数理的表現と意思決定問題との関わり”, 平成24年度 文部科学省「数学・数理科学と諸科学・産業との連携研究ワークショップ『数理科学の政策・経営の意思決定への応用』」, 同志社大学, 2013年. [4] 蓮池隆, “不確実性・時刻依存パラメータを含んだ観光経路作成問題”, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「不確実性環境下での意思決定科学」研究部会 第10回研究会, 兵庫県西宮市, 2012年. [5] 蓮池隆, “不確実・不確定状況下での農作物サプライチェーンにおける生産量在庫量最適化”, 日本オペレーションズ・リサーチ学会『食料・農業・環境における意思決定』研究部会 第7回研究会, 広島大学, 2012年. [6] 蓮池隆, “CPMを利用した不確実・不確定状況下におけるリスク回避型プロジェクト計画”, 日本経営工学会「若手研究者によるIE探究」研究部会 平成23年度第2回若手研究会, 岡山大学, 2012年. [7] 蓮池隆, “不確実・不確定状況におけるリスク回避型最短路問題”, 2010年度日本オペレーションズ・リサーチ学会東北支部定例研究会, 2010年. [8] 蓮池隆, “確率・ファジィ性を同時に考慮した数理計画問題に対するロバスト最適化”, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「数理モデルとその応用」研究部会,福井・芦原温泉, 2010年. [9] 蓮池隆, “不確実・不確定性による区間値を考慮したポートフォリオ選択問題”, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「不確実性下の意思決定モデリング」研究部会, 大阪, 2009年. [10] 蓮池隆, 石井博昭, “不確実性・不確定性を考慮したポートフォリオ選択問題に関する数理的研究とその応用”, 日本オペレーションズ・リサーチ学会『ORと実践』研究集会,金沢,2007年. (研究会・シンポジウム運営) [1] 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「リーンマネジメントシステム」研究部会(2014年度〜2015年度) 幹事 [2] 2014年度日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会 実行委員 [3] IEEM2013,Program Committee Member [4] HIS2013,International Program Committee [5] 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2013年度関西支部シンポジウム「異分野コミュニケーションによる最適化の広がり 〜最適化研究者のサイドストーリー〜」主宰 [6] IWCIA2013,Program Chair [7] IEEM2012,Program Committee Member [8] HIS2012,International Program Committee [9] 2012 IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会,プログラム委員長 [10] 第56回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'12),実行委員 (2012年) [11] 第55回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'12),実行委員 (2011年) [12] 日本オペレーションズ・リサーチ学会 「サービス産業における最適化と意思決定」研究部会(2011年度〜2013年度) 幹事 [13] 日本オペレーションズ・リサーチ学会「若手によるOR横断研究」「OR横断若手の会」「OR横断若手の会」(通称:KSMAP) 運営委員 (2009年4月〜2014年2月)

研究分野

キーワード

オペレーションズ・リサーチ、最適化、不確実性下での意思決定、多目的最適化、ネットワーク最適化、サプライチェーンマネジメント、観光科学、Webデータ分析

科研費分類

複合領域 / 社会・安全システム科学 / 社会システム工学・安全システム

情報学 / 人間情報学 / 感性情報学

共同研究希望テーマ

確率現象や曖昧さを伴う現実問題の最適化モデリング・最適化手法の開発と適用
数理科学的アプローチによる観光者・観光地双方の満足度向上施策の提案
農家から消費者まで一貫したWin-Win関係を築くアグリサプライチェーンマネジメント手法の開発

研究テーマ履歴

不確実性状況下における最適化・意思決定

研究テーマのキーワード:不確実性,非数値情報解釈の柔軟性や曖昧さ,人間感性,数理計画問題,ロバスト最適化

個人研究

金融工学をベースとした最適資産配分問題

研究テーマのキーワード:資産配分問題,金融工学,リスク管理

個人研究

最適化ベースの観光マネジメント

研究テーマのキーワード:観光科学, 最適化, 情報解析

個人研究

サプライチェーンマネジメントによる全体最適化

個人研究

論文

統計理論に基づく妥当なメンバシップ関数構築法と意思決定

蓮池隆, 片桐英樹, 椿広計

統計数理解析研究所 共同研究リポート3412015年-

オペレーションズ・リサーチにおけるメンバシップ関数設定の重要性

蓮池隆, 片桐英樹

知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)26((6))p.230 - 2362014年-

Data-driven Food Supply Chain Optimization under Uncertain Crop Productions and Consumers' Demands

Takashi Hasuike, Tomoko Kashima, Shimpei Matsumoto

Innovation and Supply Chain Management8((4))p.150 - 1562014年-

Risk-control approach for bottleneck transportation problem with randomness and fuzziness

Takashi Hasuike

Journal of Global Optimization60((4))p.663 - 6782014年-

Constructing an appropriate membership function integrating fuzzy Shannon entropy and human’s interval estimation

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroe Tsubaki

ICIC Express Letters8((3))p.809 - 8132014年-

Flexible route planning for sightseeing with fuzzy random and fatigue-dependent satisfactions

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroe Tsubaki, Hiroshi Tsuda

Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics18((2))p.190 - 1962014年-

異分野コミュニケーション事始め -まずは半歩踏み出そう-

蓮池隆

ペレーションズ・リサーチ-経営の科学-59((5))p.278 - 2822014年-

統計理論に基づく数理的妥当性を有したメンバシップ関数構築法の開発

蓮池隆, 片桐英樹, 椿広計

統計数理解析研究所 共同研究リポート3052013年-

食料産業における適切な食材管理を目指した生産・流通・消費の情報共有システム

加島智子, 松本慎平, 蓮池隆, 松井孝典

人工知能学会誌28((4))p.567 - 5742013年-

Robust-based interactive portfolio selection problems with an uncertainty set of returns

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri

Fuzzy Optimization and Decision Making12p.263 - 2882013年-

Risk management of two-period inventory models for perishable or deteriorating products based on conditional Value-at-Risk

Takashi Hasuike

Journal of Japan Industrial Management Association64((2E))p.231 - 2432013年-

消費者需要に依存する品切れコスト設定にファジィ推論を適用した新聞売り子問題の最適性条件導出法

蓮池隆

知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)25((3))p.772 - 7852013年-

Tour planning for sightseeing with time-dependent satisfactions of activities and traveling times

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroe Tsubaki, Hiroshi Tsuda

American Journal of Operations Research3((3))p.369 - 3792013年-

Equilibrium pricing extending the Mean-Variance theory using the weighted possibilistic mean of investor's subjectivity

Takashi Hasuike

Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics17((2))p.237 - 2432013年-

Interactive decision making for uncertain minimum spanning tree problems with total importance based on a risk-management approach

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri

Applied Mathematical Modelling37p.4548 - 45602013年-

Robust shortest path problem based on a confidence interval in fuzzy bicriteria decision making

Takashi Hasuike

Information Sciences221p.520 - 5332013年-

Web intelligence for tourism using railway data by a simplified fuzzy reasoning method

Takashi Hasuike, Takumi Ichimura

Journal of Intelligent and Fuzzy Systems24p.251 - 2592013年-

不確定性表現の基盤としてのファジィ理論−未来へ目を向けるソフトコンピューティング−

蓮池隆, 片桐英樹, 椿広計

オペレーションズ・リサーチ 経営の科学57((10))p.551 - 5562012年-

ルートの重要性を考慮した不確実・不確定状況下での最短路問題

蓮池隆, 片桐英樹

京都大学数理解析研究所講究録1802p.13 - 192012年-

A random fuzzy minimum spanning tree problem through a possibility-based value at risk model

Hideki Katagiri, Kosuke Kato, Takashi Hasuike

Expert Systems with Applications39((12))p.10639 - 106462012年-

Risk-control approach for a bottleneck spanning tree problem with the total network reliability under uncertainty

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroshi Tsuda

Journal of Applied Mathematics2012年-

DOI

Socially responsible investment-based portfolio selection problems with fuzziness

Takashi Hasuike

International Journal of Innovative Computing, Information and Control8((8))p.5763 - 57742012年-

A two stage solution procedure for production planning system with advance demand information

Nobuyuki Ueno, Kiyotaka Kadomoto, Takashi Hasuike, Koji Okuhara

Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing6((5))p.633 - 6462012年-

On a robust Cost-Importance ratio shortest path problem

Takashi Hasuike

International Journal of Innovative Management, Information & Production2((4))p.93 - 982011年-

Exact and explicit solution algorithm for linear programming problem with a second-order cone

Takashi Hasuike

IAENG International Journal of Applied Mathematics41((3))p.213 - 2172011年-

Strict and efficient solution methods for robust programming problems with ellipsoidal distributions under fuzziness

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri

International Journal of Knowledge Engineering and Soft Data Paradigms3((1))p.57 - 682011年-

情報と感性の融合と意思決定

蓮池隆

生産と技術62((3))p.20 - 222010年-

Portfolio selection problems with normal mixture distributions including fuzziness

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

International Journal of Knowledge Engineering and Soft Data Paradigms2((3))p.207 - 2232010年-

Sensitivity analysis for random fuzzy portfolio selection model with investor’s subjectivity

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri

IAENG International Journal of Applied Mathematics40((3))p.185 - 1892010年-

様々な不確実・不確定状況下を考慮した最適生産量決定問題に関する数理的考察

蓮池隆, 角谷亨, 石井博昭

統計数理解析研究所 共同研究リポート『最適化とモデリング』2009年-

可能性・必然性測度を用いた多目的ランダムファジィ線形計画問題に対する効率的厳密解法の構築

蓮池隆,片桐英樹,石井博昭

知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)21((6))p.1057 - 10662009年-

A robust multi-criteria fuzzy programming problem considering possibility measure

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

International Journal of Innovative Computing, Information and Control5((12B))p.4907 - 49142009年-

An efficient solution method for the fuzzy random 0-1 programming problem based on the degree of possibility

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

International Journal of Japan Association for Management Systems1((1))p.55 - 612009年-

Portfolio selection problems with random fuzzy variable returns

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroaki Ishii

Fuzzy Sets and Systems160((18))p.2579 - 25962009年-

Portfolio selection problem using the scenario model including fuzzy returns

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Asia Pacific Management Review14((3))p.335 - 3482009年-

On flexible product-mix decision problems under randomness and fuzziness

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Omega -The International Journal of Management Science-37((4))p.770 - 7872009年-

Multi-criteria random fuzzy linear programming problems based on the possibility maximization model

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroaki Ishii

Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics13((4))p.373 - 3792009年-

Probability maximization model of portfolio selection problem under ambiguity

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Central European Journal of Operations Research17((2))p.159 - 1802009年-

Safety first models of portfolio selection problems considering the multi-scenario including fuzzy returns

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

International Journal of Innovative Computing, Information and Control5((6))p.1463 - 14742009年-

Efficient strict solution methods for 0-1 random fuzzy programming problems based on the necessity measure

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroaki Ishii

IAENG International Journal of Applied Mathematics39((2))p.115 - 1212009年-

Product mix problems considering several probabilistic conditions and flexibility of constraints

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Computers & Industrial Engineering56((3))p.918 - 9362009年-

A multi-criteria product mix problem considering multi-period and several uncertainty conditions

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

International Journal of Management Science and Engineering Management4((1))p.60 - 712009年-

Portfolio selection problems considering fuzzy returns of future scenarios

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

International Journal of Innovative Computing, Information and Control4((10))p.2493 - 25062008年-

Robust portfolio selection problems including uncertainty factors

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

IAENG International Journal of Applied Mathematics38((3))p.151 - 1572008年-

An efficient solution method for 0-1 random fuzzy programming problems considering the relaxation problems

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii, Hideki Katagiri

The Open Operational Research Journal2p.38 - 432008年-

An efficient solution method of project selection problem considering randomness and flexibility

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Scientiae Mathematicae Japonicae68((1))p.117 - 1272008年-

不確実・不確定状況下でのマルチシナリオポートフォリオ選択問題

蓮池隆, 石井博昭

神戸学院大学経済学論集39((1,2))p.17 - 312007年-

収益率にいくつかの可能性を考慮したポートフォリオ選択問題

蓮池隆, 石井博昭

京都大学数理解析研究所講究録1526p.181 - 1892006年-

人の心を巧みに操る価格マジック(<特集>高校生に伝えるOR)

蓮池 隆

オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学60(9)p.521 - 5252015年09月-2015年09月 

CiNii

詳細

ISSN:00303674

概要:人気店・施設で,人は行列を作ってモノを買い求めたり,飲食などのサービスを受けたりしている.その店・施設で提供されるモノやサービスが優れているから行列ができるのだが,一方で客の殺到を抑えるために,適切な価格を設定することも重要である.また店・施設を安定して運営するためには,新規客の獲得と,リピーターの強化が必要となる.本稿では,特に価格設定の観点から,人の心や行動を巧みに操る技術の一端を,高校生が理解でき,しかも簡単な値や関数の変更でさまざまな状況を実践できる数理科学的手法により,価格マジックの種を明かす.

2-C-6 Web上データの有効利用を想定した観光地のバス運用計画に関する一考察(観光科学とビッグデータ)

蓮池 隆;片桐 英樹;椿 広計;津田 博史

日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集2015p.206 - 2072015年09月-2015年09月 

CiNii

Development and application of the renewable energy regional optimization utility tool for environmental sustainability: REROUTES

Hori, Keiko; Matsui, Takanori; Hasuike, Takashi; Fukui, Ken ichi; Machimura, Takashi

Renewable Energy93p.548 - 5612016年08月-2016年08月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09601481

概要:© 2016 Elsevier Ltd. To expand the use of renewable energy, it is necessary to optimize energy production at a local level through an appropriate combination of different renewable energy resources. Additionally, the environmental impacts from the use of renewable resources must be considered from different perspectives. Thus, this study aims to develop a decision tool that evaluates and optimizes the renewable energy mix at a regional scale with regard to various environmental impacts. This tool was developed by creating a municipal energy database that includes five renewable energies (solar, wind, small- and medium-scale hydro, geothermal and biomass energy) and six evaluation indicators (proportion of developed renewable energy, economic balance, installed wind power, decrease in CO2 emissions, circulation rate of biomass resource, and impacted ecosystem area). Specifying different constraints in the model allowed investigation of the optimal renewable energy combination in a study area for two different scenarios, with the results highlighting the trade-offs between the scenarios. We also optimized the combination of different renewable energies for every municipality across Japan, while incorporating the natural conditions and varying demand structure. In conclusion, the tool developed in this study could support decision-making regarding the development of renewable energy resources.

A Route Recommendation System for Sightseeing with Network Optimization and Conditional Probability

Hasuike, Takashi; Katagiri, Hideki; Tsubaki, Hiroe; Tsuda, Hiroshi

Proceedings - 2015 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2015p.2672 - 26772016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 IEEE. This paper proposes a route recommendation system for sightseeing based on a network optimization problem. Traveling and sightseeing times are randomly changed dependent on current traffic and congestion conditions, and hence, Time-Expanded Network (TEN) to contain a copy to the set of nodes in the underlying static network for each discrete time step is introduced. In addition, in order to select the next sightseeing site, conditional probabilities are introduced, which are calculated by current conditions, statistical and Web data. Our proposed model is formulated as a nonlinear and discrete optimization problem, and it is hard to solve it directly and efficiently. Therefore, an efficient algorithm is also developed based on dynamic programming and transformation of the main problem into the recursive equation.

書籍等出版物

"Biobjective Sightseeing Route Plannning with Uncertainty Dependent on Tourist's Tiredness Responding Various Conditions", Book Chapter of Transactions on Engineering Technologies (International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2014)

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroe Tsubaki, Hiroshi Tsuda

Springer2015年-

“確率計画法”, ものづくりの辞典 -役立つ経営工学の知識200-

蓮池隆

朝倉書店2014年-

“Robust Portfolio Selection Model with Random Fuzzy Returns Based on Arbitrage Pricing Theory and Fuzzy Reasoning Method”, Book Chapter of IAENG Transactions on Engineering Technologies (Special Issue of the International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2012)

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroshi Tsuda

Springer2013年-

“On a Solution Algorithm for Fuzzy Linear Programming Problem with Second-Order Cone”, Book Chapter of IAENG Transaction on Engineering Technologies, Volume 7

Takashi Hasuike

World Scientific2012年-

“Optimal Production Decision in the Closed-Loop Supply Chain Considering Risk-Management and Incentives for Recycling”, Book Chapter of Post-Consumer Waste Recycling and Optimal Production

Takashi Hasuike

InTech2012年-

“Entropy Model of a Fuzzy Random Portfolio Selection Problem”, Book Chapter of Intelligent Decision Technologies Smart Innovation, Systems and Technologies, Volume 15

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri

Springer2012年-

“Development of Solution Algorithm and Sensitivity Analysis for Random Fuzzy Portfolio Selection Model”, Book Chapter of IAENG Transactions on Engineering Technologies, Volume V (Editors: Sio-long Ao et al.)

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri

American Institute of Physics2010年-

“Mathematical Approaches for Fuzzy Portfolio Section Problems with Normal Mixture Distributions”, Book Chapter of Fuzzy Optimization: Recent Advances and Applications, (Editors: Weldon A. Lodwick and Janusz Kacprzyk)

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Springer2010年-

“Risk-management models based on the portfolio theory using historical data under uncertainty”, Book Chapter of Intelligent Soft Computation and Evolving Data Mining: Integrating Advanced Technology, (Editors: Leon S.L. Wang and Tzung-Pei Hong)

Takashi Hasuike

IGI Global2010年-

“Single-Period Inventory Models with Fuzzy Shortage Costs Dependent on Random Demand”, in Integrated Uncertainty Management and Applications (Editors: V.N. Huynh et al.)

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Springer2010年-

“A Maximin Approach for the Bi-criteria Random Fuzzy Programming Problem Based on the Necessity Measure”, Book Chapter of IAENG Transactions on Engineering Technologies, Volume III (Editors: Sio-long Ao et al.)

Takashi Hasuike, Hideki Katagiri, Hiroaki Ishii

American Institute of Physics2009年-

“Robust Expectation Optimization Model Using the Possibility Measure for the Fuzzy Random Programming Problem”, in Applications of Soft Computing: From Theory to Praxis (Editors: J. Mehnen et al.)

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Springer2009年-

“Robust Programming Problems Based on the Mean-Variance Model Including Uncertainty Factors”, Book Chapter of IAENG Transactions on Engineering Technologies, Volume I (Editors: Sio-long Ao et al.)

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

American Institute of Physics2008年-

“Portfolio selection problem based on possibility theory using the scenario model with ambiguous future return”, in Theoretical Advances and Applications of Fuzzy Logic and Soft Computing (Editors: Oscar Castillo et al.)

Takashi Hasuike, Hiroaki Ishii

Springer2007年-

講演・口頭発表等

電気自動車を利用した観光経路設計のための解法構築

IEEE SMC Hiroshima Chapter若手研究会

詳細

口頭発表(一般)

食材廃棄量最小化と品質保持を目指したグリーンサプライチェーンマネジメントの一考察

スケジューリング・シンポジウム2014

詳細

口頭発表(一般)

環境配慮型食材流通サプライチェーンにおける数理モデルの貢献

2014年度人工知能学会全国大会(JSAI2014)

詳細

口頭発表(一般)

最適化手法に基づく個人観光経路決定システムに対する環境負荷因子導入の効果

2013年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

多様な情報からの観光満足度設定手法を利用した観光経路構築

2013年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

観光経路情報を利用した観光者行動コーパス構築への一考察

2013年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

数理計画問題おける妥当なメンバシップ関数構築法の一考察

第29回ファジィシステムシンポジウム(FSS2013)

詳細

口頭発表(一般)

最適化手法とWeb情報の有効利用による個人観光経路決定システム

シンポジウム「モバイル’13」

詳細

口頭発表(一般)

不確実状況に対する柔軟性を有した観光経路作成問題

2013年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

マイカー移動における不確実性・不確定性を考慮した最適観光経路作成問題

第55回自動制御連合講演会

詳細

口頭発表(一般)

Web情報を有効活用した観光経路決定システム

第28回ファジィシステムシンポジウム(FSS2012)

詳細

口頭発表(一般)

投資家の主観性を導入した平均分散理論の拡張による均衡価格の導出

第28回ファジィシステムシンポジウム(FSS2012)

詳細

口頭発表(一般)

ネットワークの信頼性・不確実状況下でのロバスト性を考慮したボトルネック型スパニングツリー問題

2012年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

重み付きTSファジィ推論における逆推論

2011年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

ロバスト性向上を考慮したファジィポートフォリオ選択問題

第27回ファジィシステムシンポジウム(FSS2011)

詳細

口頭発表(一般)

ガウス型メンバシップ関数における重み付きTSファジィ逆推論

2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会

詳細

口頭発表(一般)

メンバシップ関数同定の妥当性評価に関する一考察

2011 IEEE SMC Hiroshima Chapter 若手研究会

詳細

口頭発表(一般)

コストと信頼性を考慮した不確定状況下での最短路問題

第55回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11)

詳細

口頭発表(一般)

内示情報とMCPSの特性解析

第45回日本経営システム学会 全国研究発表大会

詳細

口頭発表(一般)

企業の社会的責任を考慮したファジィポートフォリオ選択問題

第26回ファジィシステムシンポジウム(FSS2010)

詳細

口頭発表(一般)

ランダムファジィポートフォリオ選択問題の投資パフォーマンスに対する主観性の影響

第25回ファジィシステムシンポジウム(FSS2009)

詳細

口頭発表(一般)

可能性・必然性測度を用いた多目的ランダムファジィ線形計画問題に対する効率的厳密解法の構築

第25回ファジィシステムシンポジウム(FSS2009)

詳細

口頭発表(一般)

様々な不確実・不確定状況下を考慮した最適生産量決定問題に関する数理的考察

第23回統計数理研究所研究集会「最適化:モデリングとアルゴリズム」

詳細

口頭発表(一般)

投資家の主観性を考慮したポートフォリオ選択問題

2009年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

多目的確率計画問題に対する重み幅を考慮した重み係数法による効率的解法

2008年度日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

様々なポートフォリオ選択問題に関する数理的研究

第10回計画数学関係研究集会「数理モデルによる決定とその応用」

詳細

口頭発表(一般)

線形計画問題に推定式制約を含んだ逆凸計画問題の大域的最適解の導出

2006年度日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会

詳細

口頭発表(一般)

推定された制約をもつポートフォリオ選択問題

第9回計画数学関係研究集会「数理決定の展開とその応用」

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

混雑の緩和を実現する経路推薦アルゴリズムの開発

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥6240000

研究種別:

就農者の経営安定化に資する農産物サプライチェーンマネジメントの数理的研究

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥17550000

研究種別:

観測データに基づく人の移動履歴の推定

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

データ駆動型統計的観光科学の確立とその有効性の実証

2014年-0月-2019年-0月

配分額:¥17550000

研究種別:

意思決定問題における最適解の数理的な妥当性を保証するメンバシップ関数構築法の開発

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

確率・ファジィ要因を適用した数理的リスク管理手法による生産量管理モデルの開発

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

初期計画と適応的変更計画の同時生成を可能とする最適化モデルの開発

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥2910000

研究種別:

効率性分析の工学への応用のためのツールの開発

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥8060000

研究種別:

科学的政策決定のための統計数理基盤整備とその有効性実証

2010年-0月-2015年-0月

配分額:¥49010000

研究種別:

電気自動車による物流とエネルギーの統合管理システムの開発

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥9490000

研究種別:

使いやすいデザインと情報推奨を考慮した高齢農家のための情報共有システムの研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4160000

学内研究制度

特定課題研究

非数値情報の主観的解釈を考慮した意思決定支援手法の開発

2015年度

研究成果概要:熟練者の経験を組み入れた意思決定や,集団における意思決定では,数値に表れない情報解釈技術,各人の感性解釈といった主観性が大きな影響を与えるだけでなく,第三者がその意思決定を受諾するか否かを判断する際には,数値化の透明性・客観性が重...熟練者の経験を組み入れた意思決定や,集団における意思決定では,数値に表れない情報解釈技術,各人の感性解釈といった主観性が大きな影響を与えるだけでなく,第三者がその意思決定を受諾するか否かを判断する際には,数値化の透明性・客観性が重要となる.本研究において,申請者が開発してきた非数値情報の数値化技術を意思決定問題に応用する.特に観光地の魅力度のように,人の感性が地域活性化に大きく影響を与える観光分野における意思決定支援手法の開発を行う.また上記の意思決定の精度を高めるための,情報フィードバックの仕組みも検討し,より精密な人間感性と実社会の客観的データ解析の融合を行う.

多様な主観性を一つの合意形成案へ集約させる対話型意思決定手法の開発

2017年度

研究成果概要:意思決定者が複数いる場合における合意形成において,各意思決定者の意思決定に対する主観性をメンバシップ関数の拡張系により表現した.さらに,それらを効用関数と見立て,効用の目標レベルを設定することで,意思決定問題を数理計画問題で表現し...意思決定者が複数いる場合における合意形成において,各意思決定者の意思決定に対する主観性をメンバシップ関数の拡張系により表現した.さらに,それらを効用関数と見立て,効用の目標レベルを設定することで,意思決定問題を数理計画問題で表現した場合に,目標レベルを対話的に変更することで,意思決定者の満足度を損なうことなく合意形成を実現する基礎手法を開発した.

情報システムと最適化問題の融合による次世代農産物サプライチェーンマネジメント

2016年度共同研究者:松本慎平, 加島智子

研究成果概要:本研究において,就農者・小売店・消費者がWin-Winの関係を築けるような,農産物サプライチェーンの数理モデルを提案した.特に,これまで負担の大きかった就農者の利益を最優先させるために,就農者と小売間での契約関係を明示的にとらえ,...本研究において,就農者・小売店・消費者がWin-Winの関係を築けるような,農産物サプライチェーンの数理モデルを提案した.特に,これまで負担の大きかった就農者の利益を最優先させるために,就農者と小売間での契約関係を明示的にとらえ,その中で最適な契約価格と最適生産量を導出できる数理計画問題を提案した.この問題は確率変数や非線形性が含まれているため,通常の解法では最適解を導くことが困難である.そこで,情報共有システムの利活用も考慮して,シナリオベースの効率的解法を開発し,実社会での応用も視野に入れたシステム構築を行った.

状況に適応した人の迷いや不安に関する高精度数値化手法の開発

2018年度共同研究者:中道上

研究成果概要:人の置かれている状況に応じた不安や,そこから生じる迷い行動に関して,本研究ではペアテスティング手法を用いて,ある目的達成に向けて動く人のGPSデータおよび迷い状態を取得し,一連のデータを部分行動に分解するアルゴリズムを開発すること...人の置かれている状況に応じた不安や,そこから生じる迷い行動に関して,本研究ではペアテスティング手法を用いて,ある目的達成に向けて動く人のGPSデータおよび迷い状態を取得し,一連のデータを部分行動に分解するアルゴリズムを開発することで,人の行動が部分行動の組合せにより表現できることを示した.また,この部分行動の変化を混合マルコフモデルにより表現することで,どういった部分行動が迷いにつながるかを明らかにし,テストデータからその有用性を確認した.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
数学A2(線形代数) 経営 15前再創造理工学部2019集中講義(春学期)
経営システム工学総論創造理工学部2019春学期
経営システム工学総論  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
経営システム工学入門実験A創造理工学部2019春学期
経営システム工学入門実験A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
情報処理基礎演習創造理工学部2019秋学期
情報処理基礎演習  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
確率とその応用創造理工学部2019春学期
確率とその応用  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
基礎オペレーションズ・リサーチ創造理工学部2019秋学期
基礎オペレーションズ・リサーチ  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
オペレーションズリサーチ演習創造理工学部2019秋学期
オペレーションズリサーチ演習  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
経営システム工学演習A創造理工学部2019秋学期
経営システム工学演習A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
経営システム工学総合実験創造理工学部2019春学期
経営システム工学総合実験  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A1創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A2創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習A2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B1創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B2創造理工学部2019春学期
卒業研究演習B2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究(論文)創造理工学部2019通年
卒業研究(論文)  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019通年
経営システム工学演習B創造理工学部2019春学期
経営システム工学演習B  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
経営実践・国内プロジェクト創造理工学部2019通年
経営実践・海外プロジェクト創造理工学部2019通年
経営システム・国際プロジェクト創造理工学部2019通年
オペレーションズリサーチB創造理工学部2019春学期
工場見学・実習創造理工学部2019通年
修士論文(経営S)大学院創造理工学研究科2019通年
計画数理学研究大学院創造理工学研究科2019通年
経営実践・国内プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
経営実践・海外プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
経営システム・国際プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
オペレーションズリサーチB大学院創造理工学研究科2019春学期
計画数理学特論大学院創造理工学研究科2019秋学期
計画数理学演習A1大学院創造理工学研究科2019春学期
計画数理学演習A2大学院創造理工学研究科2019秋学期
計画数理学演習B1大学院創造理工学研究科2019春学期
計画数理学演習B2大学院創造理工学研究科2019秋学期
計画数理学研究大学院創造理工学研究科2019通年
グローバル経営システム工学大学院創造理工学研究科2019通年

教育内容・方法の工夫

教育Webシステムを理論中心の座学授業へ有効活用の実践

2013年-

詳細

概要:離散数学など基礎理論がメインとなる座学授業において,2013年度は120名強の学生のクラスに対し,図や予習範囲を授業前にWebシステムにあげておき,全て板書で行うことで,学生のノートテイクとの呼吸を合わせつつ難易度の調整,また授業終了20分前には演習と授業つぶやきを提出させレスポンスを返すことで,学生の勉学意識と定着度の向上をはかった.

大学初学年時における情報活用基礎授業の評価

2011年-2014年

詳細

概要:大学初学年時生に対し,取得情報の真偽や重要性の判断,またその情報に対する自分の意思表現力を身につける観点で,テーマ発見から討論中心のグループワーク,発表・質疑応答まで一貫したプレゼンスキル向上を目指した授業を展開し,学生満足度の5段階評価が3.91,平均以下の評価となる2をつけた学生が全くいないという高い評価を得ている.

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

県立広島大学 観光マネジメント人材育成セミナー 講師

2012年

詳細

概要:「Webインテリジェンスによる観光者動向の予測と観光資源の有効活用」という題目で,Web上の情報から観光情報を収集し,観光者数の予測を行うとともに,その観光者が十分満足できる,広島を活性化できるような施策は何かということについて,人流の観点からいくつかの提案を行った.

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2016年04月神奈川大学 工学部経営工学科