氏名

ワカバヤシ マサヒロ

若林 正丈

職名

教授

所属

(政治経済学部)

連絡先

URL等

研究者番号
60114716

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

台湾研究所

研究所員 2010年-2011年

台湾研究所

プロジェクト研究所所長 2018年-2022年

台湾研究所

研究所員 2012年-2013年

台湾研究所

研究所員 2011年-2012年

アジア研究所

研究所員 2012年-2013年

アジア研究所

研究所員 2013年-2014年

台湾研究所

研究所員 2013年-2014年

アジア研究機構 日越マルチメディア研究所

研究所員 2013年-2014年

台湾研究所

プロジェクト研究所所長 2013年-2014年

アジア研究所

研究所員 2014年-2014年

台湾研究所

研究所員 2014年-2014年

アジア研究機構 日越マルチメディア研究所

研究所員 2014年-2014年

台湾研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-2014年

アジア研究所

研究所員 2015年-2015年

アジア研究所

研究所員 2016年-

台湾研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-2017年

台湾研究所

研究所員 2015年-2018年

台湾研究所

研究所員 2018年-

東アジアメディア研究所

研究所員 2015年-2018年

学歴・学位

学位

博士

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

台湾政治体制移行期の民主進歩党:「改革型」民主化とナショナリズムの相克

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥16770000

研究種別:

和解なき安定―民主成熟期台湾の国際政治経済学―

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥17680000

研究種別:

台湾政治における反対党の誕生:国際体制・孤立国家・市民社会とナショナリズム

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥12740000

研究種別:

戦後日本における中国研究と中国認識

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥18200000

研究種別:

繁栄と自立のディレンマ - ポスト民主化台湾の国際政治経済学

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥13780000

研究種別:

地域研究における『地域』の可塑性と重層性に関する比較研究

配分額:¥17420000

研究種別:

魂の脱植民地化~日本とその周辺諸国のポストコロニアル状況を解消するための歴史学~

配分額:¥20280000

研究種別:

漢字文化圏の「近代」に関する総合的研究

配分額:¥5310000

研究種別:

脱植民地化諸地域における政治と思想日本植民地主義と西欧植民地主義の比較と国際環境

配分額:¥48230000

研究種別:

民主主義体制定着の条件に関する比較研究

配分額:¥16300000

研究種別:

漢字文化圏の言語と「近代」に関する総合的研究

配分額:¥3800000

研究種別:

現代中国の国民統合:周辺地域のエスニック諸集団に関する学術調査

配分額:¥5500000

研究種別:

中華世界の求心力と遠心力:周辺地域の民族的アイデンティティをめぐる研究

配分額:¥21400000

研究種別:

近現代アジアにおける地域形成と言語文化に関する比較史的研究

配分額:¥5800000

研究種別:

中国の政治経済改革に関する総合研究

配分額:¥4500000

研究種別:

アジアの宗教・文化圏における国民統合の比較史的研究

配分額:¥3800000

研究種別:

東アジアの発展モデルII:政治と国際関係

配分額:¥4900000

研究種別:重点領域研究

東アジアの発展モデルII:政治と国際関係

1987年-1989年

配分額:¥6000000

研究種別:重点領域研究

東アジアの発展モデルII:政治と国際関係

1987年-1987年

配分額:¥3900000

研究種別:

対中依存構造化と中台のナショナリズム―ポスト馬英九期台湾の国際政治経済学―

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥44330000

研究種別:

東アジアにおける歴史和解のための総合的研究

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥38480000

研究種別:

南アジア近代における「民主主義と開発」の歴史的研究-東アジア・モデルとの比較-

配分額:¥49660000

研究種別:

帝国と植民地法制に関する比較法制史的研究

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥38610000

学内研究制度

特定課題研究

台湾政治におけるオポジションの形成に関する基礎的研究

2010年度

研究成果概要: 次のような作業を行った。(1)中国民主党結成と挫折の過程(1950年代末~60年代初め)、「美麗島」集団の「党名の無い党」の結成と挫折(1979年)、民進党結成過程(1983-86年)に関する先行研究の収集と初歩的吟味を行った。... 次のような作業を行った。(1)中国民主党結成と挫折の過程(1950年代末~60年代初め)、「美麗島」集団の「党名の無い党」の結成と挫折(1979年)、民進党結成過程(1983-86年)に関する先行研究の収集と初歩的吟味を行った。これにより、台湾のオポジション形成研究にとっていわゆる「党外雑誌」と「党外書籍」が、オポジション自身の政治的発信の手段として重要であることが判明したので、(2)台北の台湾大学図書館で電子化されている前者の入手を開始し、『大学雑誌』、『台湾政論』、『這一代』、『美麗島』、『深耕』を入手した。(3)後者については、台湾の協力者を通じて一部入手を開始するとともに、すでに手元に収集しているものについての書誌情報の電子化を行った。(4)初歩的吟味を行った先行研究の参考文献リストを利用して、(3)の書誌情報を加えて、「台湾政治におけるオポジション形成研究文献目録(初稿)」を作成した。 これらの成果は、同様のテーマで第29回財団法人桜田会「政治研究助成」(2010年2月から1年)を獲得したので、来年度も引き続き研究を進め、次項のような初歩的研究成果の発表を目指す。

海外研究活動

研究課題名: および台湾の対中関係と社会的アカウンタビリティーの研究

2016年03月-2018年02月

機関: 台湾大学(台湾)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎演習 62政治経済学部2019春学期
基礎演習 73政治経済学部2019春学期
アカデミックリテラシー演習(台湾地域研究) 01政治経済学部2019秋学期
地域研究(台湾地域研究論) 01政治経済学部2019春学期
地域研究(台湾地域研究論) (地域研究入門・再履修者用)政治経済学部2019春学期
国際政治経済研究(中華民国台湾化の政治史) 01政治経済学部2019秋学期
現代アジア政治専門研究セミナーA(PS:若林正丈)大学院政治学研究科2019春学期
現代アジア政治専門研究セミナーB(PS:若林正丈)大学院政治学研究科2019秋学期
東アジア政治B(PS,J:若林正丈)大学院政治学研究科2019秋学期
現代アジア政治専門研究セミナー(博士:若林正丈)大学院政治学研究科2019春学期
現代アジア政治専門研究セミナー(博士:若林正丈)大学院政治学研究科2019秋学期
現代アジア政治研究演習A(若林正丈)大学院経済学研究科2019春学期
現代アジア政治研究演習B(若林正丈)大学院経済学研究科2019秋学期
東アジア政治B(若林正丈)大学院経済学研究科2019秋学期
帝国思想と台湾 1グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
帝国思想と台湾 2グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
台湾政治研究 1グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
台湾政治研究 2グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター
地域研究としての台湾 1グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
地域研究としての台湾 2グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター