氏名

ヤザワ カケル

矢澤 翔

職名

助教

所属

(国際教養学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
k-yazawa@aoni.waseda.jp

URL等

研究者番号
50844023
ORCID ID
0000-0002-0528-6103

学歴・学位

学歴

2016年04月-2020年03月 早稲田大学 国際コミュニケーション研究科(博士)
2014年04月-2016年03月 早稲田大学 国際コミュニケーション研究科(修士)
2010年04月-2014年03月 早稲田大学 国際教養学部(学士)

経歴

2020年09月-早稲田大学国際学術院助教
2020年09月-理化学研究所言語発達研究チーム客員研究員
2020年04月-2021年03月法政大学文学部兼任講師
2019年04月-2019年08月早稲田大学国際学術院助手
2018年04月-2019年03月日本学術振興会特別研究員(DC2)
2017年11月-2018年03月西シドニー大学マークス研究所訪問研究員
2014年01月-2019年03月理化学研究所言語発達研究チーム研究支援パートタイマー

所属学協会

International Phonetic Association

日本音声学会

日本第二言語習得学会

委員歴・役員歴(学外)

2019年04月-2019年08月New Sounds 2019実行委員

受賞

Oriental COCOSDA 2015 Best Student Oral Paper Award

2015年10月

研究分野

キーワード

音声学、第二言語習得、コーパス言語学

論文

日本人英語学習者による/ei/と/ou/の長音化の転移

矢澤翔

第34回日本音声学会全国大会予稿集査読有りp.50 - 552020年09月-

Language-dependent cue weighting: An investigation of perception modes in L2 learning

矢澤翔, James Whang, 近藤眞理子, Paola Escudero

Second Language Research査読有り36(4)p.557 - 5812020年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:This study examines relative weighting of two acoustic cues, vowel duration and spectra, in the perception of high front vowels by Japanese learners of English. Studies found that Japanese speakers rely heavily on duration to distinguish /iː/ and /ɪ/ in American English (AmE) as influenced by phonemic length in Japanese /ii/ and /i/, while spectral cues are more important for native AmE speakers. However, little is known as to whether and how this non-native perceptual weighting can change as a result of L2 learning. By employing computational and experimental methods, the present study shows that Japanese learners of English exhibit different cue weighting depending on which language they think they hear. The experiment shows that listeners use more spectral cues and less durational cues when they think they are listening to ‘English’ stimuli as opposed to ‘Japanese’ stimuli, despite the stimuli being identical. This result is generally in line with our computer simulation, which predicts distinct developmental paths in first language (L1) and second language (L2) perception. The Second Language Linguistic Perception (L2LP) model, which incorporates the language mode hypothesis, provides a comprehensive explanation for the current findings.

Acoustic characteristics of Japanese short and long vowels: Formant displacement effect revisited

矢澤翔, 近藤眞理子

Proceedings of ICPhS 20192019年-2019年

Perception of Japanese vowel length by Australian English listeners

James Whang, 矢澤翔, Paola Escudero

Proceedings of ICPhS 20192019年-2019年

Effects of phrase-final lengthening on English speakers’ manifestation of lexical accent in Japanese

矢澤翔, 近藤眞理子

Proceedings of GALA 2017: Language Acquisition and Developmentp.469 - 4822019年-2019年

日本語母語話者による英語高前舌母 音/iː, ɪ/の発話習得に関する研究

矢澤翔, 近藤眞理子

第32回日本音声学会全国大会p.173 - 1782018年-2018年

Modelling Japanese speakers’ perceptual learning of English /iː/ and /ɪ/ within the L2LP framework

矢澤翔, 近藤眞理子, Paola Escudero

Proceedings of PTLC 2017p.115 - 1192017年-2017年

L2 English speech rhythm of Japanese speakers: An alternative implementation of the Varco metrics

尾崎友泉, 矢澤翔, 近藤眞理子

Proceedings of PTLC 2017p.84 - 882017年-2017年

英語母語話者による日本語のダウンステップの実現

矢澤翔, 近藤眞理子

第30回日本音声学会全国大会p.120 - 1252016年-2016年

日本人英語学習者の挿入母音の持続時間長に関する研究

小西隆之, 矢澤翔, 近藤眞理子

第30回日本音声学会全国大会p.70 - 752016年-2016年

A study of the production of unstressed vowels by Japanese speakers of English using the J-AESOP corpus

矢澤翔, 尾崎友泉, Greg Short, 近藤眞理子

Proceedings of the 18th Oriental COCOSDA/CASLREp.96 - 1002015年-2015年

Vowel Epenthesis in Japanese Speakers' English

矢澤翔, 小西隆之, 半沢蛍子, Greg Short, 近藤眞理子

Proceedings of ICPhS 2015p.9692015年-2015年

講演・口頭発表等

日本人英語学習者による/ei/と/ou/の長音化の転移

第34回日本音声学会全国大会2020年09月27日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:Zoom

A feature-based account of new L2 category formation

New Sounds 20192019年09月01日

Acoustic characteristics of Japanese short and long vowels: Formant displacement effect revisited

ICPhS 20192019年08月06日

Perception of Japanese vowel length by Australian English listeners

ICPhS 20192019年08月05日

Phonemic and featural modeling of new L2 sound acquisition

HISPhonCog 20192019年05月24日

Developmental paths of English high vowel production by Japanese speakers

ICPEAL 17 - CLDC 92018年10月19日

日本語母語話者による英語高前舌母音/iː, ɪ/の発話習得に関する研究

第32回日本音声学会全国大会2018年09月15日

L2英語音声コーパスJ-AESOPの分析例:日本人英語学習者による/iː/-/ɪ/の発話と 英語習熟度の関係

J-SLA 20182018年06月16日

Predicting Australian English speakers’ perception of unfamiliar Japanese vowels

CoEDL Fest 20182018年02月05日

Effects of phrase-final lengthening on English speakers’ manifestation of lexical accent in Japanese

GALA 20172017年09月09日

Modelling Japanese speakers’ perceptual learning of English /iː/ and /ɪ/ within the L2LP framework

PTLC 20172017年08月10日

The role of input frequency in L2 speech perception

J-SLA 20172017年06月03日

英語母語話者による日本語のダウンステップの実現

第30回日本音声学会全国大会2016年09月18日

A study of the production of unstressed vowels by Japanese speakers of English using the J-AESOP corpus

The 18th Oriental COCOSDA/CASLRE2015年10月29日

Vowel epenthesis in Japanese speakers’ L2 English

ICPhS 20152015年08月11日

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

大規模日英音声コーパスを用いたL1音声ドリフトとL2習熟度の関連性の解明

2020年-0月-2022年-0月

配分額:¥2470000

学内研究制度

特定課題研究

大規模音声コーパスを用いた日本語母語話者による英語二重母音の発話習得研究

2019年度

研究成果概要:日本語の連母音「エイ」「オウ」は長母音「エー」「オー」として発話されることが多い(「形成」ケーセー、「構想」コーソー)が、「エイ」は魚類のエイのように長音化されずに発話され得るのに対し、「オウ」が長音化しない例は稀である。本研究で...日本語の連母音「エイ」「オウ」は長母音「エー」「オー」として発話されることが多い(「形成」ケーセー、「構想」コーソー)が、「エイ」は魚類のエイのように長音化されずに発話され得るのに対し、「オウ」が長音化しない例は稀である。本研究では、この日本語の特性が日本人英語学習者による英語の二重母音/eɪ/と/oʊ/の習得に転移するかを検証した。第二言語英語音声コーパスJ-AESOPを用いた分析の結果、日本人英語学習者は概して/eɪ/を正しく二重母音(「エイ」)として発話できていたが、/oʊ/に関しては上級者を除いて長母音(「オー」)のように発話しており、第一言語からの転移の影響が認められた。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
First Year Seminar A 93国際教養学部2020秋学期
First Year Seminar B 83国際教養学部2020秋学期

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2020年04月法政大学文学部兼任講師