氏名

イヌジマ ヒロシ

犬島 浩

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0113121/)

所属

(大学院情報生産システム研究科)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
inujima-hiroshi@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒808-0135北九州市若松区 ひびきの2-7
電話番号
093-692-5176
fax番号
093-692-5176

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/inujima-hiroshi/(研究室紹介)

研究者番号
60367167

本属以外の学内所属

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 2002年-2006年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1975年03月 北海道大学 工学部 電子工学科

学位

工学博士 論文 早稲田大学 計測工学

経歴

1975年-1989年:三菱電機中央研究所
1976年-1981年:動力炉核燃料開発事業団大洗工学センター嘱託(兼務)
1989年-2002年:三菱電機産業システム研究所
1995年-1998年:動力炉核燃料開発事業団敦賀新型炉センター客員研究員(兼務)
1998年-2000年:早稲田大学大学院理工学研究科非常勤講師(兼務)
2002年-2003年:早稲田大学大学院情報生産システム研究科開設準備室教授
2003年-:早稲田大学大学院情報生産システム研究科教授(現在に至る)
2007年-2010年:東京大学先端技術研究センター客員研究員(兼務)蚋

所属学協会

日本原子力学会

電気学会 電子・情報・システム部門役員会 会計

計測自動制御学会

情報処理学会 関西支部会計幹事

日本機械学会

自動車技術会

土木学会

日本経済学会

委員歴・役員歴(学外)

1991年-1993年:情報処理学会、関西支部会計幹事
1993年-:電気学会、平成6年電子・情報・システム部門大会実行委員会委員
1994年-:電気学会、平成7年電子・情報・システム部門大会委員会幹事
1993年-1995年:電気学会、電子・情報・システム部門役員会会計
1997年-2000年:原子力学会、炉雑音計測法の高度化と新しい応用研究専門委員会委員
1998年-2000年:電気学会、設備診断更新技術調査専門委員会幹事
2000年-2002年:電気学会、産業用電気設備更新技術に関する調査専門委員会委員
2001年-2003年:電気学会、ウェーブレット解析の産業応用に関する協同研究委員会委員
2003年-2006年:電気学会、工場電気設備更新実施方法調査専門委員会委員
2003年-2005年:電気学会、ウェーブレットとその周辺技術に関する協同研究委員会委員
2004年-2005年:電気学会、平成17年C部門大会開催地区実行委員会委員
2005年-2007年:電気学会、ウェーブレットと知識発見技術に関する協同研究委員会委員
2007年-2008年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員
2008年-2009年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員
2008年-2010年:電気学会、ウェーブレットと知識抽出に関する協同研究委員会委員
2008年-2010年:電気学会、工場電気設備の診断・更新に関する課題と将来展望調査専門委員会委員
2009年-2010年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員
2010年-2011年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員
2010年-2012年:電気学会、診断・監視と周辺技術に関する協同研究会委員
2011年-2012年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員
2012年-2014年:工場電気設備におけるプロアクティブ保全技術調査専門委員会委員
2012年-2013年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員
2013年-2014年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員
2014年-2015年:日本機械学会、ISO/TC108/SC5 機械の状態監視と診断国内委員会委員

受賞

第66回電気学術振興賞(論文賞)

2010年05月

発明協会近畿地方発明奨励賞

1997年11月

電気学会論文賞

1991年05月

小平記念賞

1991年06月

研究分野

キーワード

設備診断、劣化検出、監視、統計解析、システム同定、信号処理、保守点検、アナログ回路

科研費分類

工学 / 電気電子工学 / 計測工学

工学 / 電気電子工学 / 電子デバイス・電子機器

工学 / 総合工学 / 原子力学

共同研究希望テーマ

設備診断

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

論文

工場電気設備保全へのプロアクティブ手法の活用

電気学会 工場電気設備におけるプロアクティブ保全技術調査専門委員会編

電気学会技術報告No.14242018年05月-

独立成分分析に基づく橋梁劣化診断技術

李 開一、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成30年電気学会全国大会講演論文集No.4-193p.314 - 3152018年03月-

電気設備・機器の診断技術の現状と今後の展望

犬島 浩

電気計算2008/2(電気書院)Vol.86(No.2)p.20 - 242018年02月-

診断・監視技術の共通基盤

電気学会 診断・監視技術の共通基盤に関する共同研究委員会編

電気学会技術報告No.14062017年10月-

Automatic Parking Space Searching System Using an Onboard Mono-Camera

Chen Wenwei, Hiroshi Inujima, Ogai Harutoshi, Luo Xiao

Proceedings of the SICE Annual Conference 2017p.1121 - 11262017年09月-

磁気式回転角度センサに用いる磁気遮蔽技術の開発

武舎 武史,犬島 浩

平成29年電気学会基礎・材料・共通部門大会論文集19-B-a2-22017年09月-

Development of Phase Modulated Signal Generation Technology in Position Tracking

Musha, Takeshi; Nakajima, Hajime; Inujima, Hiroshi

Electronics and Communications in JapanVol.99(No.11)p.65 - 712016年11月-2016年11月 

DOIScopus

詳細

ISSN:19429533

概要:© 2016 Wiley Periodicals, Inc.We carry out a technological examination for improving the positional detection accuracy of position tracking. In this paper, we focus on positional detection technology that uses a scale in which slits are carved at a certain constant period. We develop phase modulation signal generation technology that removes a signal of two frequencies of a one-signal detection track. We report on the detection principle and the results of the principle verification experiment.

自車位置推定の高精度化による電気自動車の自動運転

呉 楠、王 璽尋、劉 偉俊、大貝 晴俊、犬島 浩、立野 繁之、神野 明

自動車技術会2016年秋季大会学術講演会講演予稿集(文献番号20166214)p.1122 - 11272016年10月-

リラックスおよび安眠効果に有用な植物芳香成分の探索

八谷百合子、柴田 美雅、大島 浩

コスメトロジー研究報告Vol.24p.190 - 1982016年09月-

ウェーブレット変換を利用した橋梁劣化診断

谷末 昂浩、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成27年電気学会産業応用部門大会 2-S14-3p.53 - 542015年09月-2015年09月 

詳細

掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

Small EV autonomous driving control using wireless handhold device

Zhao, Yawen; Wu, Nan; Hu, Beier; Niu, Geng; Ogai, Harutoshi; Inujima, Hiroshi; Tateno, Shigeyuki

54th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2015p.1441 - 14462015年09月-2015年09月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 The Society of Instrument and Control Engineers-SICE. In this paper, by using the Android mobile terminal, we make a application of performing autonomous driving control small electric car as the target. Small EV car (COMS) is treated as experimental subjects. This application will help the Elderly, driving poor people, fast, accurate to park the car and call the car coming for users easily. Moreover, it is also considered that it becomes possible to inform the vehicle information for users. For this study, it introduce that how making the communication system with the car. Also using Map management tool 'Mapinfo' for design the path for a small electric vehicle, for example the path to/from parking place. On top of that, we seek a control method to safely autonomous driving on the basis of the data around the vehicle. Also for other cars and pedestrians traveling the parking lot, we aim to correspond to the safety and smooth.

Autonomous driving experiments by small electric vehicle in simulated road

Wu, Nan; Zhang, Qieshi; Pan, Xun; Beier, Hu; Ogai, Harutoshi; Kamata, Sei Ichiro; Inujima, Hiroshi; Tateno, Shigeyuki

54th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2015p.1451 - 14522015年09月-2015年09月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 The Society of Instrument and Control Engineers-SICE. In the city of Kitakyushu, a quarter more of people are older than 65 years old. Especially a large proportion of elderly people are living on their own. So how to let old people easily access the communal facilities like hospitals need be attended. Therefore, the bad connection between public transportation and home is need to be solved. Based on the survey result and road situation in Kitakyushu city, a new type small single-seat electrical vehicle (sEV) is studied to provide a solution for elder to easily access the public transportation. In this research, low cost and safe automatic driving electrical vehicle based on limited number of sensors is focused.

最新設備保全技術—プロアクティブ手法の活用 ・プロアクティブ手法をより効果的に進めるために—他分野技術との連携への期待

清水 博幸、犬島 浩

技術総合誌オーム 2015年07月号(第102巻第7号通巻1273号)Vol.102(No.7)p.29 - 302015年07月-

携帯端末を用いた小型電気自動車の自律走行制御

趙雅雯 呉楠 胡貝璽 牛庚 大貝晴俊 犬島浩

第2回計装自動制御学会制御部門マルチシンポジウム652-3p.1 - 62015年03月-

ウェーブレット変換を利用した橋梁診断技術

谷末 昂浩、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成27年電気学会全国大会論文集DVD:4-207p.348 - 3492015年03月-

電気設備の劣化診断技術の動向

犬島 浩

電気計算Vol.83(No.2)p.20 - 262015年02月-

位置・角度検出に用いる位相変調信号生成技術の開発

武舎 武史、仲嶋 一、犬島 浩

電気学会論文誌D(産業応用部門誌)Vol.135(No.7)p.734 - 7392015年04月-

CiNii

詳細

ISSN:0913-6339

概要:We carry out a technological examination for improving the positional detection accuracy of position tracking. In this paper, we focus on positional detection technology that uses a scale in which slits are carved at a certain constant period. We develop phase modulation signal generation technology that removes a signal of two frequencies of a one-signal detection track. We report on the detection principle and the results of the principle verification experiment.

連続ウェーブレット変換を用いた橋梁の劣化診断

下脇 僚太、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

第15回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集CD:3C2-4p.1957 - 19582014年12月-

ウェーブレット変換による橋梁の劣化診断

下脇 僚太、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成26年度電気・情報関係学会九州支部連合大会論文集CD:04-1P-03p.1502014年09月-

植物芳香成分吸引時における疲労感の変化

八谷 百合子、柴田 美雅、犬島 浩

日本産業看護学会 第3回学術集会 産業看護の深化と進化P-7p.632014年09月-

変電設備をはじめとした電気設備の劣化診断技術

犬島 浩

電気評論(電気評論社)Vol.99(No.4)p.18 - 232014年04月-

ウェーブレット変換を用いた橋梁診断技術

下脇 僚太、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成26年電気学会全国大会論文集DVD:4-202p.343 - 3442014年03月-

植物芳香成分吸引時における心拍変動の検討

八谷 百合子、柴田 美雅、犬島 浩

電気学会研究会資料 知覚情報研究会PI-14-075p.63 - 672014年09月-

大学院の国際化・産学連携への取組ーグローバル技術人材育成拠点の創造ー

犬島 浩、藤村 茂

電気評論(電気評論社)Vol.98(No.12)p.29 - 332013年12月-

ウェーブレット変換を応用した橋梁の診断技術

塩谷 淳史、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成25年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会論文集CD:292013年10月-

ウェーブレット変換を用いた橋梁の診断技術

塩谷 淳史、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成25年度電気関係学会九州支部連合大会(第66回連合大会)CD-ROM:05-1P-05p.1922013年09月-

磁性体スリットを用いた角度検出技術の基礎検討

武舎 武史、仲嶋 一、犬島 浩

2013年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集p.783 - 7842013年03月-

ウェーブレット変換を用いた橋梁診断技術

塩谷 淳史、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成25年電気学会全国大会論文集DVD:3-076p.109 - 1102013年03月-

Insulation Deterioration Detection by Zero-Sequence Current Analysis for Induction Motor

Hideki Iwanaga, Hiroshi Inujima

IEEE International Conference on Industrial, TechnologyEMD 5 - Electrical Machines and Drives 52013年02月-

誘導電動機の零相電流分析による絶縁劣化診断システムの開発

岩永 英樹、犬島 浩

電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌Vol.132(No.12)p.1084 - 10902012年12月-

CiNii

詳細

ISSN:09136339

概要:Generally, the insulation breakdown of motors, the main fault associated with motors, is caused by the compound factor of thermal, electrical, mechanical, and environment deterioration. For preventive maintenance for insulation breakdown, the insulation test of a stator coil is performed for motors in the power and industry plant once in several years, periodically.Insulation failure expensively deteriorates the plant operation. Therefore, for the maintenance of these motors, various tests such as an insulation test and research and development of insulation deterioration diagnosis, on-line PD (partial discharge) monitoring, etc. have been actively carried out. On the other hand, the maintenance of LV (low voltage) motors have stayed in BDM (Break Down Maintenance) because many and many LV motors are running in plant and the maintenance of LV motors should consider cost-effectiveness from HV (High Voltage) motors.This paper shows that the method of insulation deterioration detection, using analysis of the deference wave of zero-sequence current between the normal condition and the fault condition, can realize life management with an on-line diagnosis system and CBM (condition-based maintenance) for induction motors.

ARMAモデル及びローパスフィルタを用いた橋梁診断技術

松竹 良平、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成24年度電気関係学会九州支部連合大会(第65回連合大会)CD:07-2P08p.566 - 5672012年09月-

ARMAモデルを用いた橋梁診断技術

松竹 良平、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成24年電気学会全国大会論文集DVD 4-212p.359 - 3602012年03月-

誘導電動機の零相電流分析による絶縁劣化兆候検出の検討

岩永 英樹、犬島 浩

電気学会論文誌D(産業応用部門誌)Vol.131(No.12)p.1457 - 14642011年12月-

詳細

ISSN:09136339

工場電気設備の診断・更新に関する課題と将来展望

工場電気設備の診断・更新に関する課題と将来展望調査専門委員会編

電気学会技術報告(No.1238)2011年11月-

診断に使われるセンサ技術とデータ処理技術

犬島 浩、山下 泉

オーム社技術総合誌 OHMVol.98(No.11)p.59 - 622011年11月-

自己回帰モデルによる橋梁診断技術

寺崎 稔晃、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成23年電気学会全国大会論文集DVD:4-185p.322 - 3232011年03月-

自己回帰モデルを用いた橋梁診断技術

寺崎 稔晃、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-11-119~133p.19 - 222011年03月-

自己回帰モデルを用いた橋梁診断術

藤岡 祐二、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-10-184~192p.5 - 82010年12月-

信号解析による新たな橋梁診断技術の開発

羽鳥 貴大、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-10-184~192p.1 - 42010年12月-

光学式エンコーダスリットの出力波形歪ギャップ依存性の検討

中島一、鷲見和彦、犬島浩

IEEJ Transactions on Industry ApplicationsVol.130(No.12)p.1356 - 13622010年12月-

DOIScopus

詳細

ISSN:09136339

概要:When the rectangular slit of an optical encoder projects an image, the containment of higher-order components in the projected image depends on the gap distance. Therefore, we performed the Fourier series expansion of the function describing Fresnel diffraction pattern to obtain a simple relational expression that can show the relation between the gap distance and the containment of each order component and then carried out an experiment to verify the obtained expression. Using this expression, we found that certain orders of the wave components disappear depending on the slit opening ratio and also that the use of a slit with an opening ratio smaller than 0.5 results in lesser distortion of the waveform over a wide range of gap values. Reduction of waveform distortion over such a wide range can prevent increment of errors caused by shaft displacement in the axial direction and assembly errors. Thus, robust performance of the encoder can be achieved. The results of this study are expected to be useful in the design of robust optical encoders. © 2010 The Institute of Electrical Engineers of Japan.

High-Precision Absolute Rotary Angular Measurement by Using a Multielectrode Circular Position-Sensitive Detector

Hajime Nakajima, Kazuhiko Sumi, Hiroshi Inujima

IEEE Transactions on Instrujmentation and MeasurementVol.59(No.11)p.3041 - 30482010年11月-

詳細

ISSN:00189456

自己回帰モデルを用いた橋梁診断技術

藤岡 祐二、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成22年度土木学会全国大会DVD:V-362p.723 - 7242010年09月-

独立成分分析による橋梁診断システムの開発

羽鳥 貴大、犬島 浩、大貝 晴俊、丸山 泉、永田 伸二

平成22年度土木学会全国大会DVD:V-361p.721 - 7222010年09月-

A foresight methodology for exploring prior R & D topics in software field: Calculation and resolution of conflicts

Kobayashi, Shin Ichi; Kumeno, Fumihiro; Shirai, Yasuyuki; Inujima, Hiroshi

International Journal of Foresight and Innovation PolicyVol.6(No.1-3)p.88 - 1132010年04月-

DOIScopus

詳細

ISSN:17402816

概要:To reinforce the research development power, it is necessary to clarify the methodology of formulating the R&D strategies. This paper focuses on the methodology of setting the themes for R&D. We propose the NeXT model, which consists of two stages: foresight of the priority areas based on the conflicts between near-future trends and verifying the priority areas. We show a method for calculating a Degree of Conflict using FURPS+ model. The NeXT model comes in compliance with the characteristics of the current society in which the link between technology and society is stronger than ever before. Copyright © 2010 Inderscience Enterprises Ltd.

ソフトウェア分野における研究開発重点分野策定の方法論とその評価ー対立度の定量的計算手法の導入ー

小林 慎一、粂野 文洋、白井 康之、犬島 浩

研究 技術 計画Vol.24(No.2)p.192 - 2062010年03月-

伝達関数による橋梁亀裂診断法と実橋梁への適用

ショウ チン、大貝 晴俊、犬島 浩、丸山 泉、永田 伸二

第10回計測自動制御学会制御部門大会資料CD:186-1-32010年03月-

独立成分分析による橋梁診断システムの開発

羽鳥 貴大、犬島 浩、大貝 晴俊

平成22年電気学会全国大会講演論文集CD:4-195p.324 - 3252010年03月-

クラウドコンピューティングによる電気設備診断 −センサ技術・データ処理技術ー

犬島 浩、西村 誠介、岩村 学、蒲 新太郎、高木 義之、吉野 久男、大高 巌、山下 泉

電気学会研究会資料(一般産業研究会)Vol.GID-10-001~008p.13 - 162010年01月-

ユビキタステクノロジーとクラウドコンピューティングを適用した設備診断

山下 泉、犬島 浩

電気学会研究会資料(一般産業研究会)Vol.GID-10-001~008p.23 - 262010年01月-

クラウドコンピューティングによるウェーブレット変換を適用した設備診断

犬島 浩

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-09-165~169p.1 - 42009年12月-

多電極円形位置検出素子を用いた絶対回転角度計測

仲嶋 一、鷲見 和彦、犬島 浩

電気学会論文誌D129(10)p.989 - 9942009年10月-

クラウドコンピューティングによる設備診断

犬島 浩

電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:OS6-1p.487 - 4882009年09月-

Remaining Service Life Diagnostic Technology of Insulators for Power Distribution Equipment

Miki,S., Okazawa,H., Hasegawa,T., Tsunoda,S., Inujima,H.

Electrical Engineering in Japan167(2)p.1 - 92009年02月-

配線用遮断器接点の接触抵抗増加メカニズム

三木 伸介、梅村 園子、伏見 征浩、山崎 悟、犬島 浩

電子情報通信学会論文誌J92-C(2)p.47 - 542009年02月-

Bridge Diagnosis by using Transfer Function

YongChangn Ma, Hiroshi Inujima, Harutoshi Ogai

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-08-171~175p.25 - 302008年12月-

ウェーブレットと知識発見技術

電気学会ウェーブレットと知識発見技術に関する協同研究委員会

電気学会技術報告第1134号(1134)2008年09月-

温度ゆらぎによる配電盤母線接続部劣化診断手法の開発

高木 義之、犬島 浩

電気学会論文誌D128(5)p.584 - 5872008年05月-

Remainning service Life Diagnostic Technology of Phenol Insulators for circuit Breakers

Miki,S., Hasegawa,T., Umemura,s., Okazawa,H., Otsuka,Y., Matsuki,H., Tsunoda,S., Inujima,H.

IEEE Transactions on Dielectrics and Electrical Insulation15(2)p.476 - 4832008年04月-

複素数ウェーブレット変換による配電盤導体接続部劣化診断

千代島 昭広、犬島 浩

電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集CD:A-18-1p.329 - 3292008年03月-

ウェーブレット変換による配電盤導体接続部劣化診断

千代島 昭広、犬島 浩

MSRC第一回ウェーブレット変換およびその応用に関するワークショップCD:121.pdfp.1 - 62007年10月-

化学的分析とマハラノビス・タグチ(MT)法の適用による遮断器用絶縁物の劣化評価

三木 伸介、岡澤 周、犬島 浩

電気学会論文誌B127(9)p.1033 - 10402007年09月-

複素型ウェーブレット変換による電気配線接続部劣化診断

千代島 昭広、犬島 浩

平成19年電気学会産業応用部門大会講演論文集CD:2-64p.423 - 4262007年08月-

受配電設備絶縁物の余寿命診断技術

三木 伸介、岡澤 周、長谷川 武敏、角田 誠、犬島 浩

電気学会論文誌B127(7)p.863 - 8692007年07月-

ウェーブレット変換による電気配線接続部劣化診断

千代島 昭広、犬島 浩

平成19年電気学会全国大会講演論文集CD:4-S19p.17 - 202007年03月-

ウェーブレット変換を用いた電気配線接続部劣化診断の可能性

千代島 昭広、依藤 泰介、犬島 浩

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-06-144~149p.7 - 122006年12月-

1変量最近隣モデルによる電力線劣化検出に関する研究

依藤 泰介、犬島 浩

電気・情報関連学会中国支部第57回連合大会講演論文集CD:4-12p.4412006年10月-

ウェーブレット変換を用いた電気配線接続部劣化診断の可能性

千代島 昭広、依藤 泰介、犬島 浩

電気・情報関連学会中国支部第57回連合大会講演論文集CD:4-13p.4422006年10月-

機器の劣化診断及び余寿命推定技術

犬島 浩、吉野 久男、山下 泉

平成18年電気学会産業応用部門大会講演論文集CD:2-S1-5p.21 - 262006年08月-

MTS法に基づく配電盤余寿命推定手法の評価

高木 義之、犬島 浩、松本 正昭

電気学会論文誌D126(6)p.804 - 8112006年06月-

ソフトウェア分野における研究開発テーマ策定の方法論とその評価

小林 慎一,白井 康之、粂野 文洋、西山 聡、佐野 紳也、浅井 直樹、佐藤 明男、犬島 浩

経営情報学会誌15(1)p.15 - 292006年06月-

ウェーブレットとその周辺技術

電気学会ウェーブレットとその周辺技術に関する協同研究委員会

電気学会技術報告第1052号CD2006年05月-

1変量最近隣モデルによる電力線劣化検出に関する研究

依藤 泰介、高野 純一、犬島 浩、山内 規義

平成18年電気学会全国大会講演論文集CD-4-172p.275 - 2752006年03月-

A Foresight Methodology for Exploring Prior R&D Topics in Software Field-Calculation and Resolution of Conflicts-

Kobayashi, S., Kumeno,F., Shirai,Y., Inujima, H.

International Journal of Technology Management, Special Issue on: "The Foresight in New Era"2006年-

A Methodology for Planning R&D Topics in IT Field

Kobayashi,S., Kumeno,F., Shirai,Y., Sano,S., Nishiyama,S., Asai,N., Sato,A., Inujima,H.

Proceedings of the Thirty-Ninth Annual Hawaii International Conference on System Sciences2006年-

変電設備保全へのIT適用に関する調査報告

電気学会変電設備保全へのIT適用に関する調査専門委員会

電気学会技術報告第1041号(1041)2005年12月-

独立成分分析を用いた画像分類への応用

木川 洋一、大貝 晴俊、阿部 宏和、山内 規義、犬島 浩

平成17年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:MC3-1p.565 - 5682005年09月-

離散ウェーブレット変換と独立成分分析による部分放電検出評価

高野 純一、犬島 浩、大貝 晴俊、山内 規義

平成17年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:MC3-4p.575 - 5782005年09月-

連続ウェーブレット変換による電力線劣化検出

依藤 泰介、高野 純一、犬島 浩、山内 規義

平成17年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:MC3-5p.579 - 5792005年09月-

Experiments on Quantitative Technology Trends Analysis from the Internet News Resouces

Kobayashi,S., Shirai,Y., Hiyane,K., Kumeno,F., Inujima,H., Yamauchi,N.

ISSI-2005, Stochholm, 24-28 July 20052p.544 - 5552005年07月-

離散ウェーブレット変換と独立成分分析による部分放電検出評価

犬島 浩、 高野 純一

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会)IIC-05-98~103p.23 - 262005年06月-

Thechnology Trends Analysis from the Internet Resources

Kobayashi,S., Shirai,Y., Hiyane,K., Kumeno,F., Inujima,H., Yamauchi,N

PAKDD-2005, Hanoi, 18-20 May 2005p.820 - 8252005年05月-

インターネットリソースを用いた技術動向の時系列的分析

小林 慎一,白井 康之、比屋根 一雄、粂野 文洋、犬島 浩,山内 規義

電気学会論文誌C125(5)p.720 - 7292005年05月-

独立成分分析を用いた信号と雑音の分離手法に関する研究

高野 純一、犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊

平成17年電気学会全国大会講演論文集2005年03月-

ウェーブレット変換の高速計算手法と実データへの応用

中西 理、犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊

平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:OS10-9p.581 - 5812004年09月-

ユビキタス・インテリジェントセンサの開発

犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊、譚 宗涛

平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:OS10-7p.578 - 5792004年09月-

技術ロードマップのための未知語切り出し手法の提案

多田 圭人、犬島 浩、山内 規義、小林 慎一、白井 康之、比屋根 一雄

平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:OS10-8p.580 - 5802004年09月-

部分放電の時間周波数解析

譚 宗涛、犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊

平成16年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:OS10-10p.582 - 5822004年09月-

ユビキタスシステムLSIの設備診断応用ー変電設備絶縁劣化診断への適用ー

犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊、譚 宗涛

計測自動制御学会第4回制御部門大会資料 04SY0004p.723 - 7262004年05月-

ユビキタスネットワーク用機能融合システムLSI

山内 規義、犬島 浩、井上 靖秋、大貝 晴俊、吉原 努、吉増 敏彦、漆原 育子、鮎澤 篤、佐藤 光、保坂 寛、佐々木 健、板生 清

計測自動制御学会第4回制御部門大会資料 04SY0004p.719 - 7222004年05月-

独立成分分析の画像分類への応用

木川 洋一、大貝 晴俊、犬島 浩、山内 規義、阿部 宏和、

計測自動制御学会第4回制御部門大会資料 04SY0004p.255 - 2582004年05月-

ウェーブレット変換の高速計算手法に関する研究

中西 理、犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊

平成16年電気学会全国大会講演論文集CD:3-098p.142 - 1422004年03月-

技術ロードマップにおけるキーワード切り出し手法の開発

多田 圭人、犬島 浩、山内 規義、小林 慎一、白井 康之、比屋根 一雄

平成16年電気学会全国大会講演論文集CD:3-094p.136 - 1362004年03月-

部分放電の時間周波数解析

譚 宗涛、犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊

平成16年電気学会全国大会講演論文集CD:4-181p.288 - 2892004年03月-

変電設備保全のIT化展望ーユビキタス・インテリジェントセンサの適用ー

犬島 浩、山内 規義、大貝 晴俊、譚 宗涛

平成16年電気学会全国大会講演論文集CD:6-S9-7p.25 - 282004年03月-

産業用電気設備更新の考え方と進め方

電気学会産業用電気設備更新技術に関する調査専門委員会

電気学会技術報告第940号(940)2003年12月-

ウェーブレット解析の産業応用

電気学会ウェーブレット解析の産業応用に関する協同研究委員会

電気学会技術報告第939号CD(939)2003年10月-

ユビキタス・インテリジェントセンシングシステムの開発

犬島 浩

電気学会研究会資料(産業計測制御研究会IIC-03-81)p.41 - 442003年03月-

ユビキタス・インテリジェントセンサにおける信号処理とパターン認識

犬島 浩

早稲田大学情報生産システムシンポジウム20022002年12月-

ウェーブレット変換を用いたエンジン音の診断

犬島 浩

平成14年電気学会 電子・情報・システム部門大会講演論文集CD:MC7-9p.698 - 7022002年09月-

石油掘削における電磁波地中双方向通信システムの開発

井上 悟、秋月 影雄、犬島 浩、実森 彰郎、宇佐美 照夫、栃川 哲郎

電気学会論文誌C122(7)p.1120 - 11262002年07月-

ウェーブレット解析 ーエンジン音の時間・周波数解析と診断への適用

犬島 浩

産業応用フォーラム資料DF-IIC02-3 p.21 - 252002年06月-

マルチプルツリー理論によるネットワーク上の不規則信号の推定

Sembiring Jaka、秋月 影雄、犬島 浩

電気学会論文誌C122(3)p.492 - 4972002年03月-

送電線故障原因判別手法の開発

山崎 努、野末 明秀、犬島 浩、前川 洋

電気学会研究会資料(一般産業研究会GID-01-22)p.13 - 142001年09月-

半導体検出器の劣化診断2

伊藤 晴夫、犬島 浩、泉 伸幸

日本原子力学会2001年秋の年会 H27p.310 - 3102001年09月-

16N測定用積層型CdZnTe半導体検出器の試作

西沢 博志、犬島 浩、藤原 博次、中村 裕明

電気学会論文誌E121(8)p.458 - 4632001年08月-

工場電気設備の診断・更新技術

電気学会設備診断更新技術調査専門委員会

電気学会技術報告第831号(831)2001年07月-

真空電離箱のエネルギー特性の向上

西浦 竜一、西沢 博志、犬島 浩、平野 剛

日本原子力学会2001年春の年会 C40p.93 - 932001年03月-

送電線故障原因判別手法の開発

山崎 努、野末 明秀、犬島 浩、前川 洋

平成13年電気学会全国大会 6-289p.2696 - 26982001年03月-

半導体検出器の劣化診断

伊藤 晴夫、犬島 浩、泉 伸幸

日本原子力学会2001年春の年会 H5p.358 - 3582001年03月-

Response calculation of a stacked CdZnTe detector for 16Nγ-ray measurement

Nishizawa,H., Inujima,H., Usami,T., Fujiwara,H., Nakamura,H.

Nuclear Instruments and Methods in Physics Research (section A )A 463p.268 - 2742001年-

アナログ電子回路の劣化診断

犬島 浩

電気学会論文誌A120(4)p.410 - 4132000年04月-

Estimation of Radioactive Resin Shape Using SPM Method

Nishiura,R., Oka,T., Fujiwara,H., Inujima,H., Tsutaka,Y., Yasue,S., Nakamura,H.

IMEKO XV1999年06月-

異音の診断

犬島 浩

電気学会研究会資料(一般産業研究会GID-99-8)p.7 - 101999年03月-

ウェーブレット変換を用いた異音認識法の研究

池田 昌広、犬島 浩

平成8年電気学会電子・情報・システム部門大会 A-11-6p.253 - 2541996年06月-

水力発電におけるシステム同定

小門 俊次、平位 隆史、犬島 浩、

平成8年電気学会電子・情報・システム部門大会 A-11-5p.251 - 2521996年06月-

異音の診断技術

池田 昌広、犬島 浩

自動車技術50(3)p.75 - 801996年03月-

放射線計装設備の信頼性向上

津高 良和、片岡 秀郎、楳田 義一、犬島 浩、早川 利文、星 純一

三菱電機技報(1995.9)69(9)p.16 - 211995年09月-

Development of Abnormal Signal Separation Method in Nuclear Power Plant

Umeda,Y., Inujima,H.

The 6th International Conference on Human-Computer Interactionp.1057 - 10621995年07月-

Development of Partial Discharge Detection Method Using an Autoregressive Model in Gas-Insulated Switchgears(GIS)

Inujima,H., Masui,T., Maekawa,H.

Electrical Engineering in Japan115(1)p.1 - 91995年01月-

An Efficient Calculation Method of Wavelet Transform and its Application to Signal Extraction Embedded in Noise

Asano,N., Ohba,M., Akizuki,K., Inujima,H.

Proceedings of the 26th ISCIE International Symposiumon Stochastic Systems Theory and Its Applicationsp.191 - 1961994年10月-

原子力プラントにおける異常信号弁別手法の開発

楳田 義一、犬島 浩

日本原子力学会1994秋の大会 H64p.572 - 5721994年09月-

雑音電波のウェーブレット変換による解析

犬島 浩、徳丸 芳孝、小澤 明夫、石橋 武

平成6年電気学会電力・エネルギー部門大会 597p.776 - 7771994年07月-

ガスセンサ

犬島 浩

日本電子工業振興協会新計測手法調査研究報告書Ⅲ(94-基-12)p.144 - 1561994年03月-

Partial Dischrge Locating System for GIS

Maekawa,H., Masui,T., Inujima,H., Miyamoto,N.

The Institution of Electrical Engineers Advances in Power System Control, Operation and Management APSCOM-931993年12月-

自己回帰モデルを用いたガス絶縁開閉装置(GIS)部分放電検出法の開発

犬島 浩、桝井 健、前川 洋

電気学会論文誌B113(11)p.1292 - 12971993年11月-

GIS部分放電位置標定システムの開発・その3

宮本 憲繁、桝井 健、前川 洋、小林 誠治、犬島 浩

平成5年電気学会電力・エネルギー部門大会1993年07月-

GIS部分放電位置標定システムの開発・その2

桝井 健、佐久間 秀一、小林 誠治、前川 洋、犬島 浩

平成5年電気学会全国大会 144111p.12 - 121993年-

ガス絶縁開閉装置における部分放電検出法の開発

犬島 浩、桝井 健、前川 洋

平成5年電気学会全国大会 144011p.10 - 111993年-

信号処理によるノイズ除去はどこまで可能か?

犬島 浩

エレクトロニクス(オーム社)1992年10月号37(10)p.31 - 341992年10月-

鉄鋼プラントにおける知識ベース診断

中之薗 利彦、犬島 浩

第35回自動制御連合講演会 3045p.475 - 4761992年10月-

フラクタル次元による異常診断の可能性について

犬島 浩

マイクロエレクトロニクス開発機構第9回ワークショップ・プロシーディングス「カオス」p.18 - 311992年09月-

Kullback識別情報量による異常信号の識別法

比屋根 一雄、犬島 浩

第31回計測自動制御学会学術講演会 DS18-3p.201 - 2021992年07月-

鉄鋼プラントにおけるエキスパート技術を用いた操業支援システム

吉田 幸彦、杉谷 穣、犬島 浩、島川 博光、吉川 幸司

三菱電機技報(1992.7)66(7)p.72 - 751992年07月-

Development of Detection methods of Internal Abnormality of integrated Circuits on the Electronic Control System

Katusuyama,Y., Maeda,M., Inujima,H., Yasue,S.

International Symposium on Nuclear Power Plant Instrumentation and Controlp.1 - 151992年05月-

分散推論とグラフィカルユーザインターフェイスを用いた運転支援システム

吉川 幸司、島川 博光、犬島 浩

第17回システムシンポジウム第14回知能システムシンポジウム第1回ニューラルネットワークシンポジウム合同シンポジウムp.435 - 4381991年10月-

信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツール2 ー回転機診断システムへの適用ー

犬島 浩

日本原子力学会1991春の年会p.236 - 2361991年03月-

電動機診断システムー信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールの適用ー

犬島 浩

平成3年電気学会全国大会 674(6)p.161 - 1621991年-

Degradation Detection Methods for Electronic Circuits

Inujima,H.

16th Annual conference of The IEEE Industrial Electronics Society1990年11月-

信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

犬島 浩

日本原子力学会1990秋の大会 A52p.52 - 521990年10月-

電子・電気部品の劣化

犬島 浩

安全(中央労働災害防止協会発行)41(10)p.15 - 201990年10月-

Degradation Defection methods for Electronic Circuits

Inujima,H., Kichijima,U.

Electrical Engineering in Japan110(1)p.96 - 1051990年08月-

信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

犬島 浩

電気学会論文C110(8)p.479 - 4831990年08月-

信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツール −信号解釈システム−

犬島 浩

データベース・システム研究会 78-13p.119 - 1281990年07月-

信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

犬島 浩

情報処理学会研究報告90-DBS-7890(63)p.119 - 1281990年07月-

信号処理に基づくエキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

犬島 浩

電子情報通信学会技術研究報告 DE90-1490(146)p.39 - 481990年07月-

電子回路の劣化診断

犬島 浩

90 TPM中部地区大会 カンファレンス・テキスト(日本プラントメンテナンス協会中部支部)p.27 - 451990年06月-

電子制御装置の劣化診断

犬島 浩

第20回安全工学シンポジウム 1291990年06月-

アナログ半導体のサージに起因する劣化と経年変化

犬島 浩

電気学会論文誌C110(5)p.335 - 3401990年05月-

信号処理に基づくプラント診断エキスパートシステム構築ツールー信号解釈システムー

犬島 浩

三菱電機技報(1990.5)64(5)p.66 - 691990年05月-

ディジタルICの劣化診断

犬島 浩、安江 悟

日本原子力学会1990年会 F37p.315 - 3151990年04月-

予防保全技術

木村 佑二、犬島 浩、犬房 和夫、安江 悟

三菱電機技報(1990.3)64(3)p.39 - 431990年03月-

信号解釈システム(SIPS)

犬島 浩

第22回計測自動制御学会北海道支部学術講演会論文集p.89 - 901990年02月-

信号解釈システム

犬島 浩

平成2年電気学会全国大会 639(6)p.121 - 1221990年-

工場設備におけるICの劣化診断

犬島 浩、吉島 宇一

電学論C109(12)p.862 - 8681989年12月-

電子回路の劣化診断

犬島 浩、吉島 宇一

電気学会論文誌C109(7)p.499 - 5061989年07月-

アナログ電子回路の劣化診断

犬島 浩、秋月景雄

平成元年電気学会全国大会 1724(13)p.140 - 1411989年04月-

電子制御装置の劣化診断

犬島 浩、安江 悟

日本原子力学会昭63秋の大会 A16p.16 - 161988年10月-

電子回路の異常診断

新谷 光治、森 秀夫、犬島 浩、吉島 宇一

日本原子力学会昭62秋の大会 B46p.112 - 1121987年-

Feasibility Study of LMFBR Local Core Anomaly Detection by Use of Temperature and Flow Fluctuations

Takamichi OGINO, Hiroshi INUJIMA, Kazuo HAGA

Journal of Nuclear Science and Technology21(3)p.172 - 1861984年03月-

ナトリウム冷却高速炉異常検出実験流量ゆらぎを用いた局所沸騰検出

犬島 浩、荻野 敬迪、羽賀 一男、中本 香一郎

日本原子力学会昭和58年秋1983年-

ナトリウム冷却高速炉異常検出実験(Ⅲ)局所沸騰情報の温度ゆらぎによる伝達

犬島 浩、荻野 敬迪、山口 勝久、羽賀 一男

日本原子力学会昭56秋の分科会 E101981年-

統計的手法を用いた異常診断の適用例ーゆらぎ信号を用いた異常診断ー

荻野 敬迪、犬島 浩、秋月 景雄

システムと制御24(11)p.710 - 7181980年11月-

炉心初期異常検出システムー温度流量ゆらぎ信号によるー

荻野 敬迪、犬島 浩、羽賀 一男、魚谷 正樹

第24回システムと制御研究発表講演会日本自動制御協会 E3p.43 - 441980年05月-

ナトリウム冷却高速炉炉心異常検出実験(Ⅱ)流量ゆらぎを用いた被覆管破損検出

犬島 浩、荻野 敬迪、羽賀 一男、魚谷 正樹

日本原子力学会昭和55年春 A231980年03月-

Feasibility Study of Local Core Anomaly Detection by Use of Temperature and Flow Fluctuations at LMFBR Fuel Subassembly Outlet

T.Ogino, H.Inujima, K.Haga, A.Ohtsubo, K.Akizuki

ANS/ENS International meeting on Fast reactor safety technology p.1 - 101979年08月-

温度・流量ゆらぎを用いた高速増殖炉炉心局所事故の検出

荻野 敬迪、犬島 浩、羽賀 一男、秋月 景雄

日本機械学会研究会「大規模プラントの異常状態検知と故障予測に関する研究、研究成果報告書」 p. 1 - 341979年-

自己回帰モデルを用いた炉内異常検出法高速炉炉心出口温度ゆらぎへの適用

荻野 敬迪、犬島 浩、羽賀 一男、魚谷 正樹

日本原子力学会昭和54年秋 A481979年-

高速増殖炉炉心局所事故の検出ー温度・流量ゆらぎを用いた方式ー

羽賀 一男、荻野 敬迪、犬島 浩、秋月 景雄、米沢 繁雄、飯島 建滋

計測自動制御学会異常検出予測技術シンポジウム p.43 - 461978年11月-

ナトリウム冷却高速炉炉心異常検出実験(Ⅰ) 37本ピンバンドル内ガス放出による出口温度・流量ゆらぎ

羽賀 一男、荻野 敬迪、犬島 浩

日本原子力学会昭53秋の分科会1978年-

局所流路閉塞試験ー4中心24本サブチャンネルが閉塞された37本ピンバンドルにおける温度ゆらぎ

菊池 義弘、荻野 敬迪、犬島 浩

日本原子力学会昭和52年秋の分科会1977年10月-

書籍等出版物

工場電気設備 - 設備診断・余寿命推定から更新へ - (共著)

電気学会・工場電気設備更新実施方法調査委員会 編

オーム社2006年 09月-

詳細

ISBN:ISBN4-274-20294-1

ウェーブレット解析の産業応用(共著)

電気学会・ウェーブレット解析の産業応用に関する協同研究委員会 編

朝倉書店2005年 09月-

詳細

ISBN:ISBN4-254-22042-1

図説ウェーブレット変換ハンドブック(共訳)

P.S.アジソン著 / 新 誠一、中野 和司、田原 鉄也、豊田 幸裕、犬島 浩、井上 勝裕、笹岡 英毅、訳

朝倉書店2005年 04月-

詳細

ISBN:ISBN4-254-22148-7

診断法別事例集(共著)

日本プラントメンテナンス協会・設備診断技術委員会編

日本プラントメンテナンス協会1994年 02月-

詳細

ISBN:ISBN4-88956-086-6

講演・口頭発表等

Bridge Diagnosis Technology Using Wavelet Transform

2014年11月12日

詳細

ポスター発表

特許

整理番号:314

プロセスの状態類似事例検索方法および状態予測方法並びに記録媒体(日本)

内田 健康, 犬島 浩, 松下 直樹

特願2003-367716、特開2005-135010、特許第4268500号

整理番号:610

信号処理方法、信号処理プログラムおよび記録媒体(日本)

大貝 晴俊, 犬島 浩, 山内 規義, 謝 明原

特願2006- 98791、特開2007-270552

整理番号:757

大型建造物の診断データ収集システムおよび方法(日本)

大貝 晴俊, 山内 規義, 犬島 浩, 武捨 裕太

特願2007- 95819、特開2008-255570

整理番号:758

大型建造物の診断システム、大型建造物の診断プログラム、記録媒体および大型建造物の診断方法(日本)

大貝 晴俊, 山内 規義, 犬島 浩, 町田 郁子, 片座 慎吾

特願2007-095820、特開2008-255571、特許第5145501号

整理番号:837

配電盤劣化診断システム、配電盤劣化診断装置、配電盤劣化診断方法およびプログラム(日本)

犬島 浩

特願2007-186524、特開2009- 27796、特許第4943961号

整理番号:882

蓄電池劣化診断システム、蓄電池劣化診断装置、蓄電池劣化診断方法およびプログラム(日本)

犬島 浩

特願2008-136304、特開2009-281955

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

無線センサネットワークによる社会基盤の安全・高効率化の基礎研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥16770000

研究種別:

安全な光による生体透視と機能イメージングを実現するシステムの創成

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥17680000

研究種別:

位相共役波による時間反転原理を用いた新たな散乱体内部分光計測技術の開発

2016年-0月-2018年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

ナノNi粒子による応力緩和型高温実装用インタコネクション技術研究

2015年-1月-2018年-0月

配分額:¥4680000

研究資金の受入れ状況

提供機関:産業医科大学実施形態:共同研究

リラックスおよび安眠効果に有用な植物芳香成分の探索2013年-2014年

提供機関:三菱電機株式会社実施形態:受託教育

放射線検出器波形診断の研究2012年-2013年

実施形態:受託教育

放射線検出器波形診断の研究2011年-2012年

実施形態:受託教育

高圧電動機の部分放電データにおける統計的計算処理2011年-2012年

実施形態:受託教育

高圧電動機の部分放電データにおける統計的計算処理2010年-2011年

実施形態:受託教育

高圧電動機の部分放電データにおける統計的計算処理2009年-2010年

実施形態:受託教育

電気設備の状態監視と異常兆候を事前察知する技術の研究2009年-2009年

実施形態:受託教育

状態監視保全関連の整備2007年-2008年

実施形態:受託教育

ユビキタス情報処理用システムLSIに関する研究2005年-2008年

実施形態:受託教育

インテリジェント避雷器の開発2004年-2007年

実施形態:受託教育

超音波血管自動探索装置の研究2004年-2007年

実施形態:受託教育

鉄道車両用ユビキタスセンシングシステムの研究2003年-2007年

実施形態:受託教育

圧縮機調芯アルゴリズムの研究開発2004年-2005年

実施形態:受託教育

ユビキタスインテリジェントセンサの研究2003年-2005年

実施形態:受託教育

信号処理の研究2002年-2003年

提供機関:三菱電機株式会社実施形態:共同研究

機器劣化診断技術の高度化2016年-2017年

学内研究制度

特定課題研究

構造物劣化診断向けの人工知能に関する研究

2018年度

研究成果概要:1.背景 日本において、構造物(橋梁など)は高度経済成長期に多数建設されている。これら橋梁は全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2023年で43%、20...1.背景 日本において、構造物(橋梁など)は高度経済成長期に多数建設されている。これら橋梁は全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2023年で43%、2033年で67%に増加する。このため、国および各自治体単位の定期的な診断・修復が必要とされている。一方、検査手法は、目視および打音検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存している。地方自治体における財政・人材不足に起因し5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。また、診断ノウハウも継承されていない。 本研究においては、構造物で観測された信号解析し、機械学習の入力信号とし、損傷の有無、及び損傷の程度を評価する人工知能を提案する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号からAR(Auto-Regressive:自己回帰)モデルを推定する。推定されたARモデルのAR係数を衝撃試験毎に見比べ、損傷に起因すると推定されるAR係数を選定する。3.結果 正常状態において推定されたAR係数と損傷状態におけるAR係数にはベクトル空間上差異が観測された。差異の特徴量抽出指標としては、AR係数のn次空間領域を学習データとするのが適当であった。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、ARモデル推定を推定しAR係数を選択する。次に選択されたAR係数は、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。AR係数だけでは抽出困難な損傷も存在することがわかった。今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。研究成果概要(学内公開用)

電気設備劣化検出手法の開発

2013年度

研究成果概要:電気設備劣化検出手法の開発1.背景電動機の絶縁劣化診断の一つの手法として、零相電流波形を高速フーリエ変換することで判定できることが分かっている。本研究では、絶縁劣化を含む構造的劣化評価できる信号処理法探索をめざす。特に最近の電動機...電気設備劣化検出手法の開発1.背景電動機の絶縁劣化診断の一つの手法として、零相電流波形を高速フーリエ変換することで判定できることが分かっている。本研究では、絶縁劣化を含む構造的劣化評価できる信号処理法探索をめざす。特に最近の電動機はインバータ制御になっており、供給されている電源波形は正弦波に似せた波形となっており、従来の研究成果は十分に生かせない可能性がある。電気設備は劣化すると、部分放電が発生する場合が多い。この場合、振動計などの零相電流計以外の信号を用いた劣化検出の可能性も探索する。このために、適当な帯域通過フィルタを設計する。劣化診断のための信号処理法は個々の対象により、最適な処理法が存在すると想定される。このため、複数の処理法や、各処理法で使用するパラメータの探索も実施する。2.方法対象となる電気設備に設置されたセンサで観測された信号を、アナログ回路を用いて変動成分を抽出する。次にA/D変換し、統計モデル(例えば自己回帰モデル;ARモデル)を作成し、劣化判断する。(1)測定する対象電気設備の物理量:振動など(2)センサの選定:AEセンサ(3)アナログ回路の設計:バンドパスフィルタと増幅器(4)サンプリングレートの選定:(5)信号処理の選定:連続ウェーブレット変換本研究では、振動データを用いてウェーブレット変換による解析を行い、現在の診断手法よりも容易に実施が可能で損傷の判断が容易な診断手法を提案する。3.結果 ウェーブレット変換とは信号解析の手法の一つで、ウェーブレットと呼ばれる波形を拡大縮小(スケール)・平行移動(シフト)して信号と畳み込み演算を行い、相関の強さを表現する手法である。連続信号x(t)のウェーブレット変換は連続ウェーブレット変換(CWT)と呼ばれ、まずウェーブレットψ(t)を拡大縮小・平行移動をしてウェーブレット基底ψ_(a,b) (t)を作る。信号x(t)のウェーブレット変換x ̃(a,b)はウェーブレット基底を用いて定義される。ただし、a,bはそれぞれスケール,シフトパラメータと呼ばれる。 劣化電動機と正常電動機に、連続ウェーブレット変換の特定スケールに違いが観測された。4.結論(1) 劣化電動機と正常電動機には、通常のスペクトル解析では検出できない変化が、連続ウェーブレット変換を用いることで、その特定スケールに差異が観測できた。(2) 劣化判定には、多数の電動機を調査して、統計的に閾値を決定する必要がある。(3) 劣化現象と判定指標の物理的関係を明確にする必要がある。

機械学習による劣化診断手法の研究

2013年度

研究成果概要:機械学習による劣化診断手法の研究1.背景 機械学習の例題として、橋梁の診断を想定する。橋梁は構造物であり、構造物診断のひとつとして、ハンマリングによる加振試験は、一般的によく用いられている。わかりやすい例としては、鉄道車両の車輪の...機械学習による劣化診断手法の研究1.背景 機械学習の例題として、橋梁の診断を想定する。橋梁は構造物であり、構造物診断のひとつとして、ハンマリングによる加振試験は、一般的によく用いられている。わかりやすい例としては、鉄道車両の車輪の検査、バスなどのタイヤを固定しているボルトの緩みの検査などがよく知られている。上記の例は、人間の聴覚や触覚による熟練を要する。一方で、ハンマリングを可視化する装置は市販されている。こうした装置によるハンマリング試験では、インパルスハンマで対象の装置に打撃を加え、各部分の振動を加速度センサで計測、FFT で振動数を測定している。これは、ハンマによる衝撃入力に対し、固有振動数を測定している。この振動特性は診断対象固有のもので、主に診断対象の剛性や質量に依存することが多い。2.方法橋梁の診断は、このハンマリングによる加振試験の拡張である。ハンマの代わりに重錘と呼ばれる重量物を橋梁に加えて、適当な位置に設置した加速度信号を計測している。一般的なFFTによる試験では橋梁の正常状態と損傷状態では区別ができなかった。次に、FFTは、時間情報を周波数情報に変換してしまい、時間情報の欠如が検出不可の原因と考えた。時間-周波数解析手法である短時間FFT解析を試みたが、同様に区別できなかった。3.結果時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数は一般的によく用いられるガボール関数を選択している。結果はよくなかった。そこで、橋梁の正常状態おけるFFT解析結果から、機械学習のための必要と推定される周波数ピークを4点抽出し、その周波数情報を連続ウェーブレット変換の基底関数であるガボール関数に組み込んだ。その結果、損傷状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論 実用化に向け、類似度を用いた定量評価を行っている。解析結果のスケール値の大きい部分や時間経過部分の類似度を比較することで、損傷の進行を推定することも可能にしている。また、既設橋梁に対しての応用を想定し、健全状態以外のデータから基底関数を作成する解析も行った。前述解析と比較し、損傷度合いの推定が可能であることも示している。 以上、本研究成果は、機械学習のための特徴抽出に有効であり、橋梁の診断手法の機械学習として期待できるものと考えられる。

稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究

2014年度

研究成果概要:稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究1.背景 産業用途に使用されている蓄電池のうち、工場電気設備において主流は鉛蓄電池である。ここでは制御弁式据置鉛蓄電池の稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究を検討する。2.方法 蓄電池劣化の...稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究1.背景 産業用途に使用されている蓄電池のうち、工場電気設備において主流は鉛蓄電池である。ここでは制御弁式据置鉛蓄電池の稼働中蓄電池システムの劣化診断手法研究を検討する。2.方法 蓄電池劣化の程度は、内部抵抗と密接な関係があることが知られている。実際に運用されている現場における約3年間の内部抵抗測定データである。時間-周波数解析手法である短時間FFT解析を試みたが、同様に区別できなかった。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。結果はよくなかった。そこで、離散ウェーブレット変換に解析手法を変更した。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 実用化に向け、再現性の定量評価を行っている。解析結果から最適スケール値を決定する必要がある。以上、本研究成果は、稼働中蓄電池システムの劣化診断手法として有効であり、蓄電池の診断手法として期待できるものと考えられる。

統計モデルを用いた大気汚染を誘発する物質の微量検出手法の研究開発

2014年度

研究成果概要:1.背景 大気で発生した汚染物質をいち早く検知することは、人の健康をまもる上で重要な課題と考えられる。レベルが変わらなくとも、スペクトル成分などの計測信号の特性が変化している場合がある。この特性変化をつかまえることができれば、大気...1.背景 大気で発生した汚染物質をいち早く検知することは、人の健康をまもる上で重要な課題と考えられる。レベルが変わらなくとも、スペクトル成分などの計測信号の特性が変化している場合がある。この特性変化をつかまえることができれば、大気汚染を誘発する微量物質を検知できる。2.方法 信号の特性を表現方法は種々あり、一つの例題として自己回帰モデル(AR)モデルである。大気汚染がない状態における推定したARモデルを用いて線形予測し、その予測誤差を評価して、信号の特性変化をより敏感に検知できる。3.結果 微量大気汚染がある状態における残差と大気汚染がない状態における観測信号の残差では、特性が異なることが判明した。計測信号全体を正常部のARモデルで線形予測した残差は、異常の発生時刻以前と以降で信号特性が大きく変化すると推定される。4.結論 大気汚染がない状態における推定したARモデルを用いて線形予測し、その予測誤差を評価して、微量大気汚染がある状態の信号特性変化をより敏感に検知できることが示唆された。

機械学習によるライフコンディションセンシング

2014年度

研究成果概要:1.背景 高齢化の進行に伴い、介護が必要な高齢者や認知症高齢者の出現まえに見守る必要がある。こうした現状に対し、コストがかからない自動化された見守りシステムための機械学習によるライフコンディションセンシング技術が要請されている。2...1.背景 高齢化の進行に伴い、介護が必要な高齢者や認知症高齢者の出現まえに見守る必要がある。こうした現状に対し、コストがかからない自動化された見守りシステムための機械学習によるライフコンディションセンシング技術が要請されている。2.方法 コンピュータが常時自宅高齢者を見守るしくみのための基礎的な一つ技術を検討した。実際に実現するには、電力線に設置する電流センサと無線センサによるセンシングとした。センシングされたデータから、在宅高齢者の状況を判断するのは、クラウドコンピュータとした。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数は一般的によく用いられるガボール関数を選択している。使用している電気機器の判別が可能であることが示唆された。4.結論 本研究成果である連続ウェーブレット変換を用いた電力線に重畳している電気機器の負荷変動は、機械学習のための特徴抽出に有効であることが期待できる。ライフコンディション診断手法の機械学習として期待できるものと考えられる。

音響信号の時間・周波数解析と診断への適用

2002年度

研究成果概要:音響信号の時間・周波数解析と診断への適用1.背景 設備の異常早期発見および保守技術は、重要な課題と一般に位置づけられている。運転中にシステムとして機能喪失までには至らないが、故障発生は皆無ではない。これらの故障の発生要因を早期に検...音響信号の時間・周波数解析と診断への適用1.背景 設備の異常早期発見および保守技術は、重要な課題と一般に位置づけられている。運転中にシステムとして機能喪失までには至らないが、故障発生は皆無ではない。これらの故障の発生要因を早期に検知して除去することに大きな要請がある。2.方法 ウェーブレット変換による手法の適用を試みる。ウェーブレット変換は、大別して連続ウェーブレット変換と離散ウェーブレット変換の二種類に分類される。ここでは、連続ウェープ‘レット変換を単にウェーブレット変換と呼ぶ。3.結果 3種類の音響信号a、b、cについて検討した。aは正常音、bは熟練者が判定できる異常音、cは明確な異常音である。ウェーブレット変換による解析結果は、bの場合でもaの解析結果と明確に違うことがわかる。4.結論および今後の課題 ウェーブレット変換を用いることで、フーリエ変換では検出できないような異音を検出できることがわかった。また、熟練者でなければ検知できないレベルの異音であることもわかった。

橋梁等構造物の劣化診断手法研究

2015年度

研究成果概要:橋梁等構造物の劣化診断手法研究 1.背景 日本において、橋梁は高度経済成長期に多数建設されている。全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2013年で18%...橋梁等構造物の劣化診断手法研究 1.背景 日本において、橋梁は高度経済成長期に多数建設されている。全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2013年で18%、2023年で43%、2033年で67%に増加する。このため、国および各自治体単位の定期的な診断・修復が必要とされている。一方、検査手法は、目視および打音検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存している。地方自治体における財政・人材不足起因し5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。。 本研究においては、実際の橋梁において衝撃実験の加速度信号を利用し、ウェーブレット変換による信号解析し、従来の診断手法と比較して損傷の有無、及び損傷の程度を評価する診断手法を提案する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号、離散ウェーブレット変換・逆変換し、スケール毎に分解する。分解した信号を衝撃試験毎に見比べ、相違が観測される信号を合成する。次に、連続ウェーブレット変換し特徴抽出する。本報告では、基底関数はいかのとおりである。離散ウェーブレット変換ではDaubechie、連続ウェーブレット変換ではメキシカンハット関数を選択した。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数はガボール関数を選択している。結果は期待したほど、良好ではなかった。そこで、離散ウェーブレット変換・逆変換の解析手法導入しフィルタリングを試みた。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、離散ウェーブレット変換・逆変換し、適当なスケール成分選択する。次に選択されたスケール成分に連続ウェーブレット変換すると、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。離散ウェーブレット変換・逆変換によるフィルタリングし、連続ウェーブレット変換だけでは抽出困難な損傷を評価できることがわかった。今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。

ウェーブレット変換による構造物劣化診断手法の研究

2016年度

研究成果概要:ウェーブレット変換による構造物劣化診断手法の研究 1.背景 構造物の劣化診断・検査手法は、目視および打音(ハンマリング)検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存していることが多い。熟練技能者の退職および予算減少により、人材...ウェーブレット変換による構造物劣化診断手法の研究 1.背景 構造物の劣化診断・検査手法は、目視および打音(ハンマリング)検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存していることが多い。熟練技能者の退職および予算減少により、人材および財政不足起因しする、構造物の監視・診断が放置されている傾向にある。ある自治体では、構造物(橋梁やトンネルなど)の検査、5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。 本研究においては、実橋梁を例題として研究をすすめる。橋梁に衝撃を与え、観測される加速度信号に、ウェーブレット変換による信号解析する。従来の診断手法と比較して損傷の有無、及び損傷の程度を評価する診断手法を提案する。また、他の診断手法の検討も実施する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号、離散ウェーブレット変換・逆変換し、スケール毎に分解する。分解した信号を衝撃試験毎に見比べ、相違が観測される信号を合成する。次に、連続ウェーブレット変換し特徴抽出する。本報告では、基底関数はいかのとおりである。離散ウェーブレット変換ではDaubechie、連続ウェーブレット変換ではメキシカンハット関数を選択した。3.結果 時間-周波数解析手法、連続ウェーブレット変換を適用した。基底関数はガボール関数を選択している。結果は期待したほど、良好ではなかった。そこで、離散ウェーブレット変換・逆変換の解析手法導入しフィルタリングを試みた。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、離散ウェーブレット変換・逆変換し、適当なスケール成分選択する。次に選択されたスケール成分に連続ウェーブレット変換すると、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。離散ウェーブレット変換・逆変換によるフィルタリングし、連続ウェーブレット変換だけでは抽出困難な損傷を評価できることがわかった。 今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。また、独立成分分析による、診断・監視にも、解析対象データは、少数ながら、期待が持てる可能性がみいだされている。

機械学習機能を有する橋梁等構造物劣化診断手法の研究

2017年度

研究成果概要:1.背景 日本において、橋梁は高度経済成長期に多数建設されている。全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2013年で18%、2023年で43%、2033年...1.背景 日本において、橋梁は高度経済成長期に多数建設されている。全国で約70万橋存在し、その内、約50万橋が市町村道に設置されている。寿命とされる50年を迎えた2m以上の橋梁は、2013年で18%、2023年で43%、2033年で67%に増加する。このため、国および各自治体単位の定期的な診断・修復が必要とされている。一方、検査手法は、目視および打音検査などの手法で実施され、診断技術者の技能に依存している。地方自治体における財政・人材不足起因し5年に1度という低頻度で検査されており不十分といえる。。 本研究においては、実際の橋梁において衝撃実験の加速度信号を利用し、独立成分分析による信号解析し、機会学習の入力信号とし、損傷の有無、及び損傷の程度を評価する診断手法を提案する。2.方法 衝撃試験で観測された加速度信号を独立成分分析し、各独立成分に分解する。分解した信号を衝撃試験毎に見比べ、損傷に起因すると推定される信号を選定する。本報告では、独立成分分析のための入力信号は5入力とした。3.結果 正常状態において独立成分分析した結果と損傷状態において独立成分分析した結果には差異が観測された。差異の特徴量抽出指標としては、周波数領域で、スペクトルピークに着目するのが適当であった。離散ウェーブレット変換・逆変換の解析手法導入しフィルタリングを試みた。その結果、劣化状態の特徴的変化を検出することができた。4.結論および今後の課題 正常状態と損傷状態における加速度信号に、独立成分分析し、適当な独立成分を選択する。次に選択された独立成分は、損傷程度に対応して変化している。正常状態の橋梁および橋梁損傷程度に対応する加速度信号で、損傷状態を推定する見通しが得られた。独立成分分析だけでは抽出困難な損傷を評価できることがわかった。今後の課題としては、複数のセンサによる判定精度向上が挙げられる。

劣化診断のための最適信号処理探索システムの研究

2017年度

研究成果概要:1.拝啓 劣化設備診断では,これまで定期点検を主体に行われてきた。最近では個々の設備状態に応じて保全内容や時期を判断する状態監視保全の重要性が認識され,取り入られている。さらに,将来的には設備の劣化や異常兆候の進展を定量的に判断し...1.拝啓 劣化設備診断では,これまで定期点検を主体に行われてきた。最近では個々の設備状態に応じて保全内容や時期を判断する状態監視保全の重要性が認識され,取り入られている。さらに,将来的には設備の劣化や異常兆候の進展を定量的に判断し,それに基づいて効果的で合理的な保全を行う予測保全へ移行していくことが予想される。設備の状態や異常兆候を的確に把握し保全する技術が重要になっている。2.方法 「IoT」は、私たちのまわりにある物体にセンサ一を設置して、種々の情報(電圧、電流、温度、振動、画像など)をインターネットに伝達し、ネットワークを構成することである。上記システムは一度構築すると、その後ほとんど人間を介さず、様々な情報が自動的・恒常的に、それを必要とする企業や公的機関の部暑に集約されることになる。3.結果 設備診断には,必然的に多数のセンサが分散配置されるようになると考えられることから,センサに以下の特性が望まれる。小型・軽量,安価,メンテナンスフリー,長寿命,低消費電力,低電圧動作,機械的剛構造,防爆構造,無害・安全な材料による構成などである。設備診断のための信号処理には,主成分分析などの多変量解析,ニューラルネットワーク,遺伝的アルゴリズム,ファジィ推論,ウェーブレット変換などを利用して分析することにより,診断精度を向上させる。4.結論および今後の課題 設備診断の方式が定期点検(TBM)から状態監視(CBM)に移行し,故障の前兆現象である劣化監視の要請にともない従来の手法では対応が困難な状況を呈している。無線センサにより,センサのIC化とデータ伝送が無線で実行され,センサ価格とデータ伝送設置コストの低減化がはかられる。また,クラウドコンピューティングシステムにより,診断システムの設置コストの低減化が実現される。さらに,診断アルゴリズムの高度化も推進されることが期待できる。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スペクトル解析大学院情報生産システム研究科2019春学期
生産システム実験大学院情報生産システム研究科2019秋学期
設備診断技術研究(修士) 春大学院情報生産システム研究科2019春学期
設備診断技術研究(修士) 秋大学院情報生産システム研究科2019秋学期
設備診断技術特論大学院情報生産システム研究科2019秋学期
設備診断技術大学院情報生産システム研究科2019秋学期
設備診断技術演習A大学院情報生産システム研究科2019秋学期
設備診断技術演習B大学院情報生産システム研究科2019春学期
設備診断技術演習C大学院情報生産システム研究科2019春学期
設備診断技術演習D大学院情報生産システム研究科2019秋学期
設備診断技術研究(博士) 春大学院情報生産システム研究科2019春学期
設備診断技術研究(博士) 秋大学院情報生産システム研究科2019秋学期

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2018年04月- 2018年09月北九州市立大学非常勤講師