氏名

カミヤ ユウシ

紙屋 雄史

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0050787/)

所属

(大学院環境・エネルギー研究科)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kamiya@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/kamiya/

研究者番号
90287962

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(創造理工学部)

理工学術院(大学院情報生産システム研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

電動車両(EdVs)研究所

プロジェクト研究所所長 2008年-2011年

燃焼・伝熱工学研究所

研究所員 2014年-

電動車両研究所(EdVs研究所)

研究所員 2014年-2019年

電動車両研究所(EdVs研究所)

プロジェクト研究所所長 2014年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

太陽光発電システム研究所

研究所員 2014年-2019年

太陽光発電システム研究所

研究所員 2019年-

電動車両研究所(EdVs研究所)

研究所員 2019年-

燃焼・伝熱工学研究所

研究所員 2019年-

燃焼・伝熱工学研究所

研究所員 2014年-2019年

自動車用電動パワーシステム研究所

研究所員 2014年-2019年

自動車用電動パワーシステム研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

-1993年 早稲田大学 理工学部 電気工学科
-1997年 早稲田大学 理工学研究科 電気工学

学位

博士(工学) 課程 早稲田大学 電力工学・電力変換・電気機器

経歴

1996年04月-1998年03月早稲田大学 助手(理工学部)
1998年04月-2000年03月運輸省交通安全公害研究所 運輸技術研究員
1999年04月-2003年03月早稲田大学 客員研究員(理工学総合研究センター)
1999年12月-2000年03月群馬大学 非常勤講師
2000年04月-2003年12月群馬大学 専任講師(教育学部)
2002年04月-2008年03月独)交通安全環境研究所 客員研究員
2003年04月-2006年03月早稲田大学 客員助教授
2004年01月-2006年03月群馬大学 助教授(教育学部)
2006年04月-2007年03月早稲田大学 客員助教授(専任扱い)(環境総合研究センター)
2006年04月-2008年03月群馬大学 非常勤講師
2007年04月-2009年03月早稲田大学 准教授(大学院環境・エネルギー研究科)
2008年10月-早稲田大学 電動車両研究所 所長
2009年04月-早稲田大学 教授(理工学術院)
2010年09月-2014年09月早稲田大学 大学院環境・エネルギー研究科 教務主任

所属学協会

自動車技術会

IEEE

電気学会

委員歴・役員歴(学外)

2002年11月-2005年03月国土交通省 次世代低公害車開発促進プロジェクトハイブリッド自動車ワーキンググループ検討員
2003年03月-2005年03月国土交通省 次世代低公害車開発促進プロジェクト燃料電池バス実証試験ワーキンググループ検討員
2005年08月-2010年03月国土交通省 次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクトハイブリッド自動車ワーキンググループ検討員
2005年10月-2007年03月国土交通省 燃料電池バス技術検討会 検討員
2008年02月-2009年03月国土交通省 プラグインハイブリッド車排出ガス・燃費測定方法策定検討会 検討員
2009年05月-2011年03月神奈川県 かながわ次世代電気バス開発・普及検討会 委員
2009年06月-2010年03月奈良県 奈良市における電動バスを用いた低炭素型環境交通システム実証実験推進会議 委員
2010年02月-2012年06月埼玉県熊谷市 地域公共交通会議 委員
2010年05月-2011年03月国土交通省 次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクトIPSハイブリッド自動車ワーキンググループ 検討員
2010年10月-2011年03月鹿児島県 屋久島CO2フリーの島づくりに関する研究会 特別委員
2010年12月-2011年05月国土交通省 電動バス実証実験検討委員会 委員
2010年12月-2011年05月国土交通省 環境対応車を活用したまちづくり検討委員会 委員
2011年05月-2012年03月国土交通省 電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業検討会 委員
2011年09月-2012年03月国土交通省 次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクト新型動力システム系ワーキンググループ 検討員
2011年11月-2012年03月国土交通省 電動バスの運行における充電施設整備のあり方に関する調査検討委員会 委員
2012年05月-国土交通省 電気自動車による地域交通のグリーン化事業検討会 委員
2012年08月-2014年03月国土交通省 次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクト電動車両WG 検討員
2012年12月-2013年03月国土交通省 自動車エネルギー利用効率化推進事業・審査委員会 委員
2012年12月-現在 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)分野横断的公募事業 書面審査員
2013年02月-国土交通省 超小型モビリティの導入促進事業検討会 委員
2013年10月-2014年03月国土交通省 次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクト大型プラグインハイブリッド自動車に係る試験法サブWG 座長
2013年11月-現在 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) NEDO技術委員
2014年10月-2015年03月国土交通省 次世代大型車開発・実用化促進プロジェクト電動車両WG 検討員
2014年11月-2015年03月環境省 都市・交通の低炭素化支援サブワーキンググループ 委員
2014年12月-2015年03月国土交通省 次世代大型車開発・実用化促進プロジェクト大型プラグインハイブリッド自動車に係る試験法サブWG 座長

受賞

自動車技術会関東支部 ベスト・ペーパー賞

2018年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:燃料電池ゴミ収集車の環境性能および実用性に関する研究(第3報)

自動車技術会関東支部 ベスト・ペーパー賞

2018年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:燃料電池ゴミ収集車の環境性能および実用性に関する研究(第4報)

自動車技術会関東支部 ベスト・ペーパー賞

2017年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:プラグインハイブリッド自動車における低炭素効果の走行距離依存性に対する考察

自動車技術会関東支部 ベスト・ペーパー賞

2017年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:燃料電池ゴミ収集車の環境性能および実用性に関する研究(第1報)

自動車技術会関東支部 ベスト・ペーパー賞

2016年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:短距離走行・高頻度充電型電動小型バスの開発と性能評価

自動車技術会関東支部 ベスト・ペーパー賞

2016年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:電動車両用リチウムイオン電池におけるOCV推定手法の精度向上に関する研究

自動車技術会 出版功績感謝状

2016年授与機関:自動車技術会

自動車技術会関東支部 ベスト・ペーパー賞

2014年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:プラグインハイブリッド自動車の動力システムモデリング詳細化に関する研究

自動車技術会 論文賞

2014年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:各種電動車両に搭載したリチウムイオン蓄電池の許容劣化度に関する検討

自動車技術会関東支部 ベスト・ポスター賞

2014年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:離島における電動軽トラックの優位性評価

自動車技術会関東支部 ベスト・ポスター賞

2013年03月授与機関:自動車技術会

タイトル:リン酸鉄リチウムイオン電池の劣化メカニズム解析(第1報)

電気学会 優秀論文発表賞

1993年03月授与機関:電気学会

タイトル:ラッセル係数の有限長リニア誘導機解析への適用の検討

取材ガイド

カテゴリー
工学
専門分野
電気工学、自動車工学、環境・エネルギー工学
自己紹介コメント
「電動バス」や「プラグインハイブリッド自動車」等の”ヒト”と”地球”に優しい車の研究
キーワード
電動バス、プラグインハイブリッド自動車、重量車(バス,トラック)

研究分野

キーワード

電気自動車、ハイブリッド自動車、燃料電池自動車

科研費分類

工学 / 電気電子工学 / 電力工学・電力変換・電気機器

研究シーズ

研究テーマ履歴

電気自動車

国内共同研究

ハイブリッド自動車

国内共同研究

燃料電池自動車

国内共同研究

論文

燃料電池ごみ収集車の走行エネルギー消費解析とさらなる削減の可能性

自動車技術会論文集査読有り49(2, 20184183)p.301 - 3062018年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

プラグインハイブリッド自動車における低炭素効果とエネルギーコスト削減効果の走行距離依存性に対する考察

自動車技術会論文集査読有り48(6, 20174845)p.1259 - 12642017年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

電気バスを対象とした“短距離走行高頻度充電型”と“日中走行夜間充電型”の比較設計と性能評価

自動車技術会論文集査読有り48(3, 20174444)p.673 - 6782017年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

短距離走行・高頻度充電型電動バスの性能評価(第3報)―長期営業運行中に得られた実走行データに基づく低炭素効果の分析と走行エネルギー低減策の検討―

自動車技術会論文集査読有り47(2, 20164177)p.401 - 4062016年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

リチウムイオン電池におけるOpen Circuit Voltage推定手法の精度向上に関する研究

自動車技術会論文集査読有り47(2, 20164180)p.419 - 4242016年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

短距離走行・高頻度充電型電動バスの性能評価(第1報)—開発車両の長期営業運行中に得られた非接触給電装置に係る各種データの詳細分析—

自動車技術会論文集査読有り46(2, 20154213)p.367 - 3722015年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

短距離走行・高頻度充電型電動バスの性能評価(第2報)—開発車両の長期営業運行中に進行したバッテリ劣化現象の詳細分析—

自動車技術会論文集査読有り46(2, 20154213)p.373 - 3782015年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

短距離走行・高頻度充電コンセプトを採用した電動中型バスの設計・製作・性能評価

自動車技術会論文集査読有り45(2, 20144280)p.291 - 2962014年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Analysis of adverse effects on performance due to battery deterioration installed in BEV and HEV

Journal of Energy and Power Engineering査読有り8(1)p.183 - 1892014年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

各種電動車両に搭載したリチウムイオン蓄電池の許容劣化度に関する検討

自動車技術会論文集査読有り44(2, 20134199)p.423 - 4282013年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

プラグインハイブリッド自動車における搭載リチウムイオン蓄電池の許容劣化度についての検討

自動車技術会論文集査読有り43(2, 20124254)p.491 - 4962012年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

非接触急速充電装置を搭載した先進電動マイクロバスの設計製作ならびに公道実証試験による環境調和性評価

紙屋 雄史;大聖 泰弘

自動車技術招待有り65(3)p.98 - 1042011年03月-

CiNii

詳細

ISSN:03857298

実験用二人乗り燃料電池自動車の開発と性能評価

自動車技術会論文集査読有り41(2, 20104234)p.477 - 4822010年02月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Environmental performance evaluation of plug-in hybrid electric vehicles

World Electric Vehicle Journal, WEVA査読有り3(ISSN 2032-6653)p.1 - 82009年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

小型電動車両用非接触誘導充電装置の開発ならびに搭載車両の性能評価

自動車技術会論文集査読有り40(2, 20094194)p.493 - 4982009年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

高齢者に優しい電動コミュニティバス

IATSS Review査読有り33(4)p.341 - 3482008年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

電動車両用非接触急速誘導充電装置の開発と性能評価(第1報) - 送電部と受電部の設計最適化ならびに機器の性能評価 -

自動車技術会論文集査読有り38(6, 20074808)p.175 - 1802007年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Development and Performance Evaluation of an Advanced Electric Micro Bus Transportation System - Development and Performance Evaluation of Waseda Advanced Electric Micro Bus (WEB) -

Review of Automotive Engineering (JSAE)査読有り28(2)p.259 - 2662007年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A Study Regarding Effects of Proton Exchange Membrane Fuel Cell Poisoning Due To Impurities on Fuel Cell Performance

Society of Automotive Engineers (SAE) paper査読有り2007-01(0698)p.1 - 102007年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

路線バス用シリーズハイブリッドシステムのエネルギ効率(実走行条件における車上発電エネルギの充放電損失等に関する検討)

日本機械学会論文集(B編)査読有り70-697(03-0861)p.2474 - 24812004年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

固体高分子型燃料電池における不純物被毒の分析(第2報,被毒予測式と被毒係数を用いたメタノール改質ガス被毒の評価)

日本機械学会論文集(B編)査読有り69-687(02-1211)p.157 - 1632003年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Deterioration in fuel cell performance resulting from hydrogen fuel containing impurities - Poisoning effects by CO, CH4, HCHO and HCOOH -

Society of Automotive Engineers of Japan (JSAE) Review査読有り24p.41 - 462003年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

短一次リニア誘導モータにおける二次セクション境界間導電性ワイヤー接続型構造の提案と性能評価

電気学会論文誌D査読有り122-D(12)p.1129 - 11342002年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Boundary structure for improving performances of single-sided linear induction motors

Journal of applied physics査読有り91(10)p.6988 - 69902002年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

固体高分子型燃料電池における不純物被毒の分析(第1報:被毒予測式と被毒係数を用いた被毒分析法の提案)

日本機械学会論文集(B編)査読有り68-668(01-1154)p.317 - 3222002年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Electricity flow analysis in the series hybrid system by the charge-discharge tester

Society of Automotive Engineers (SAE) paper査読有り2001-01(0784)p.1 - 72001年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

巻線型二次方式を部分的に採用した短一次リニア誘導モータの諸特性

電気学会論文誌査読有り120-D(4)p.526 - 5312000年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A novel block feeding method in the single-sided linear induction motor with a short secondary member

IEEE transactions on energy conversion査読有り14(4)p.1323 - 13281999年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Dynamic characteristics of synchronous motors applying a plural sub-magnets scheme to the rotor

IEEE Transactions on magnetics査読有り35(5)p.3574 - 35761999年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Characteristics analysis of linear induction motor with two types of secondary structure based on electromagnetic field and electric circuit analysis

IEEE Transactions on magnetics査読有り35(5)p.4022 - 40241999年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Propulsive characteristics of a novel linear hybrid motor with both induction and synchronous operations

IEEE Transactions on magnetics査読有り35(5)p.4025 - 40271999年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

回転−リニア併進誘導機の性能向上に関する研究

電気学会論文誌査読有り119-D(3)p.321 - 3261999年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

短二次片側式リニアモータのブロック給電長を短縮化する新たなスイッチング法

電気学会論文誌査読有り118-D(11)p.1315 - 13201998年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

定電圧源駆動短二次リニア誘導モータの一次コイル結線法の検討

電気学会論文誌査読有り116-D(12)p.1283 - 12881996年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

3D eddy current analysis by the finite element method using double nodes technique

IEEE Transactions on magnetics査読有り32(3)p.741 - 7441996年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

分割磁極型永久磁石を有するリニア同期モータの二次構成に関する検討

電気学会論文誌D査読有り116-D(1)p.88 - 931996年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

三次元有限要素法によるskewを施したラダー形リニア誘導モータの特性解析

電気学会論文誌D査読有り115-D(3)p.211 - 2161995年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

三次元有限要素法によるリニア誘導機二次導体スリットの解析

電気学会論文誌D査読有り114-D(11)p.1122 - 11291994年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

次世代パワートレイン開発と燃料技術

シーエムシー出版2013年 10月-

グリーン・エレクトロニクス No.6

CQ出版社2011年 08月-

交通論おもしろゼミナール2, 交通と乗り物文化 -人力車からジェットコースターまで-

成山堂書店2008年 03月-

新時代への視点

上毛新聞社2006年 10月-

燃料電池自動車のすべて〜世界の潮流〜

山海堂2005年 07月-

図解燃料電池のすべて

工業調査会2003年 12月-

固体高分子型燃料電池<2001年版>

技術情報協会2001年 04月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

永久磁石を用いた分割磁極型同期モータの実用化に関する研究

1997年-1998年

研究分野:電力工学・電気機器工学

配分額:¥1900000

研究資金の受入れ状況

実施形態:受託教育

環境省 CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業「EVバス早期普及にむけた充電設備を乗用車と共有するワイヤレス充電バスの実証研究」2014年-

実施形態:受託教育

NEDO リチウムイオン電池応用・実用化先端技術開発事業「港湾設備を中心とした産業用機械のEV/HEVを実現する大型蓄電池の実用化開発」2012年-2014年

実施形態:受託教育

環境省 低炭素地域づくり集中支援モデル事業「実用的な電動マイクロバスシステムの構築実証事業」2011年-2013年

実施形態:受託教育

環境省 産学官連携環境先端技術普及モデル策定事業「地域普及型の電動マイクロバスシステムの開発と普及モデルの構築」2009年-2010年

実施形態:受託教育

経済産業省 モデル事業「奈良市内における電動バスを用いた低炭素型観光交通システム実証試験事業」2009年-2009年

実施形態:受託教育

NEDO 基盤技術開発「次世代自動車用高性能蓄電池基盤技術の研究開発/数値シミュレーションによる蓄電池運用条件の調査」2007年-2011年

実施形態:受託教育

NEDO 実用化開発「非接触給電装置の研究開発」2007年-2008年

実施形態:受託教育

NEDO FS事業「先進電動バスシステムの大都市近郊への適合性に関する調査事業」2006年-2006年

実施形態:受託教育

NEDO 先導研究開発「非接触給電装置の研究開発」2005年-2006年

実施形態:受託教育

NEDO モデル評価事業「先進電動マイクロバス交通システムモデル事業」2004年-2005年

実施形態:受託教育

NEDO FS事業「先進電動バスシステムの開発・導入可能性に関する2002年-2002年

学内研究制度

特定課題研究

電磁界数値解析ならびに電力潮流解析に基づいた電動車両の性能向上に関する研究

2007年度

研究成果概要:本研究は,電動車両の開発ならびに性能向上を目指したものであり,近年の計算機の発達によって実用化されつつある電磁界数値解析技術ならびに電力潮流解析技術を性能向上ツールとして適用していることが特長といえる。これを用いることで得ることの...本研究は,電動車両の開発ならびに性能向上を目指したものであり,近年の計算機の発達によって実用化されつつある電磁界数値解析技術ならびに電力潮流解析技術を性能向上ツールとして適用していることが特長といえる。これを用いることで得ることの出来た詳細な情報をもとに,機器の特性改善のための形状最適化等を図り,高性能電動車両等の開発に成功した。成果を以下にまとめる。①電動車両の「バッテリ・充電問題」に対処することを目的とした新たなコンセプト車両について検討した。具体的には,利便性の高い非接触急速誘導充電装置を採用して頻繁に急速充電を行うことで,コストや性能面で何かと問題を抱えている「バッテリ」の搭載量を大幅に削減すると同時に,航続距離や充電の問題(時間や手間,そして安全性の問題等)の改善を図る事とした。我々は,当コンセプトを採用するモビリティーとしてはバス交通が最も適していると考え,市販の充電装置を搭載した電動バスの開発を行い,その優れた性能を電力潮流解析技術を用いて評価した。開発車両はWEB(Waseda advanced Electric Micro Bus)と命名され,早大創立125周年記念イベントにも出展された。②電動車両(主に電気自動車やプラグインハイブリッド自動車を想定)への充電を安全・簡単・短時間で行える非接触急速誘導充電装置を開発した。本装置は特にトラック(送電部)とピックアップ(受電部)の形状最適化により高効率化(総合効率92%),小型軽量化(35kg),薄型化(30mm),長エアギャップ化(100mm)を実現できたものである。最適化は有限要素法電磁界解析に基づき行われた。ここで開発した機器の充電効率は,2007年現在で世界最高性能となっている。

有限要素法を用いたリニアモーターの性能向上に関する研究

1997年度

研究成果概要:本研究は、搬送の高速性・保守の容易性などの特長を有し、次世代の運搬装置としての実用化が期待されているリニアモータの性能向上を目的としている。本研究の特色としては、近年の計算機の発達によって実用化されつつある電磁界数値解析技術を用い...本研究は、搬送の高速性・保守の容易性などの特長を有し、次世代の運搬装置としての実用化が期待されているリニアモータの性能向上を目的としている。本研究の特色としては、近年の計算機の発達によって実用化されつつある電磁界数値解析技術を用いることで、従来の研究では得ることの出来なかった詳細な情報をもとに機器の性能評価を行っている点があげられる。今年度の研究は大きく3つに分類でき、以下に各研究の成果をまとめる。研究1)短二次リニアモータにおける新たなブロック給電法の提案とその実用化 短二次リニアモータにおいては消費電力の観点から通常ブロック給電法が採用されるが、昨年度までの研究で、従来のセクション毎におこなうブロック給電法に比べて励磁区間を格段に短縮できる新たな給電方式を提案し、種々の検討をおこなってきた。本年度は、提案方式におけるシフト回数を加速度の過大な脈動を生じない程度に減じることで、機器の簡素化・製作コスト削減を図り、さらなる実用化を目指した。研究2)リニア同期モータの損失評価に関する一考察 電気機器の特性解析は、種々の損失を考慮することではじめて実機に即したものとなる。本研究では、永久磁石型リニア同期モータを解析モデルとして、鉄損(うず電流損)・銅損・機械損を解析結果に組み込むことでそれらの損失を考慮する新たな手法を展開した。研究3)短一次巻線型リニア誘導モータにおける一次・二次コイル結線法の検討 本研究では、短一次リニアモータへの巻線型二次方式の部分的な採用を提案し、巻線区間および塊状導体区間、さらに境界部での良好な走行を可能にする一次・二次コイル結線法を明らかにした。検討結果より、二次コイルには特性・構造の簡単さの点から直列結線が、一次コイルには二次巻線区間、二次塊状区間、さらに両者の境界において良好な特性を示す並列結線を採用することが妥当であるという結論を得た。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
環境・エネルギー学実習A大学院創造理工学研究科2019春学期
環境・エネルギー学実習B大学院創造理工学研究科2019春学期
環境・エネルギー特別演習A大学院創造理工学研究科2019春学期
環境・エネルギー特別演習B大学院創造理工学研究科2019秋学期
Advanced Seminar on Environment and Energy Engineering A大学院創造理工学研究科2019春学期
Advanced Seminar on Environment and Energy Engineering B大学院創造理工学研究科2019秋学期
環境・電気エネルギー研究A(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・電気エネルギー研究B(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期
環境・電気エネルギー研究C(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・電気エネルギー研究D(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期
環境・電気機械システム論大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期
環境・電気エネルギー演習A大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・電気エネルギー演習B大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期
環境・エネルギー学演習A大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・エネルギー学特別演習A大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・エネルギー学特別演習B大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期
環境・電気エネルギー研究A(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・電気エネルギー研究B(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期
環境・電気エネルギー研究C(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・電気エネルギー研究D(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期
環境・電気エネルギー研究E(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2019春学期
環境・電気エネルギー研究F(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期

社会貢献活動

BSフジ「ガリレオX」#76「電源ケーブルが消える?ワイヤレス給電」

2014年05月-

イベント・番組・雑誌名:BSフジ「ガリレオX」#76「電源ケーブルが消える?ワイヤレス給電」

詳細

概要:ワイヤレス給電装置

NHKおはよう日本

2009年05月-

イベント・番組・雑誌名:NHKおはよう日本

詳細

概要:ワイヤレス給電装置

NHK首都圏ネットワーク

2009年04月-

イベント・番組・雑誌名:NHK首都圏ネットワーク

詳細

概要:先進電動小型バス

BS日テレ財部ビジネス研究所

2008年11月-

イベント・番組・雑誌名:BS日テレ財部ビジネス研究所

詳細

概要:先進電動小型バス