氏名

キハラ ケイショウ

木原 圭翔

職名

講師(任期付)

所属

(文学部)

学内研究制度

特定課題研究

映画監督・森﨑東のテレビドラマ作品に関する研究̶̶1960-80 年代を中心に

2015年度

研究成果概要: 本研究は、映画監督・森﨑東(1927- )が携わったテレビ番組を研究対象とし、その作家的特質及びテレビ史における意義を明らかにすることを目的とする。森﨑は1960年代を中心にドキュメンタリー番組もいくつか手がけているが、本研究で... 本研究は、映画監督・森﨑東(1927- )が携わったテレビ番組を研究対象とし、その作家的特質及びテレビ史における意義を明らかにすることを目的とする。森﨑は1960年代を中心にドキュメンタリー番組もいくつか手がけているが、本研究では連続ものと単発ドラマの両方をこなし、質量ともに最も充実していた1960-80年代のテレビドラマ作品に焦点を絞る。特に、演劇博物館が所蔵する森﨑のテレビ脚本や、企画書等の一次資料及びテレビ専門雑誌等を網羅的に調査し、森﨑の作家的特質、テレビ史における位置づけを明らかにするための基盤構築を行った。

映画監督・森﨑東とテレビドラマ―演劇博物館所蔵脚本の調査・研究

2016年度

研究成果概要: 本研究は、申請者が2015年度に行った特定課題(新任の教員等)の研究「映画監督・森﨑東のテレビドラマ作品に関する研究——1960-80年代を中心に」を発展的に引き継ぎ、森﨑東が携わったテレビドラマに関する一次資料の調査・研究を目... 本研究は、申請者が2015年度に行った特定課題(新任の教員等)の研究「映画監督・森﨑東のテレビドラマ作品に関する研究——1960-80年代を中心に」を発展的に引き継ぎ、森﨑東が携わったテレビドラマに関する一次資料の調査・研究を目的として実施されたものである。特に、早稲田大学演劇博物館が所蔵する森﨑のテレビ脚本や、企画書等の一次資料を活用しながら、森﨑の作家的特質とテレビドラマ史における位置づけを明らかにしていくことを目指した。

和田勉作品を中心とした初期テレビドラマ技法の基礎研究

2017年度

研究成果概要: 本研究では、テレビ演出家・和田勉の初期テレビドラマ作品(1957-69年)を対象とし、「アップのベン」の異名で知られた和田独特の演出技法の分析と、テレビドラマ史における和田作品の意義を検証した。しばしばフルショットやロングショッ... 本研究では、テレビ演出家・和田勉の初期テレビドラマ作品(1957-69年)を対象とし、「アップのベン」の異名で知られた和田独特の演出技法の分析と、テレビドラマ史における和田作品の意義を検証した。しばしばフルショットやロングショットが多用される映画との対比として、クロースアップはテレビ的技法として言及される。しかし、初期の和田作品はほとんど現存していないため、その実態は不明な点が多い。本研究では、演劇博物館が所蔵する台本資料と、和田作品に複数の脚本を提供した映画評論家・飯島正旧蔵のスクラップブックを中心に、テレビ特有のクロースアップ技法の実態を明らかにするための基礎的な調査と分析を行なった。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
必修基礎演習 57文学部2019春学期
文学部 選択基礎演習 2文学部2019秋学期
演劇映像演習16(映画系個別研究)文学部2019春学期
演劇映像演習(卒論)春学期(木原 圭翔)文学部2019春学期
演劇映像演習(卒論)秋学期(木原 圭翔)文学部2019秋学期