氏名

リー マージ クリスティン

リー マージ クリスティン

職名

教授

所属

(国際教養学部)

連絡先

URL等

研究者番号
60548931

本属以外の学内所属

兼担

国際学術院(大学院国際コミュニケーション研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

アジア研究機構 アジア北米研究所

プロジェクト研究所所長 2009年-2011年

アジア研究機構 アジア北米研究所

研究所員 2009年-2011年

アジア研究機構 アジア北米研究所

プロジェクト研究所所長 2011年-2012年

現代韓国研究所

研究所員 2009年-2009年

日韓グローバル研究所

研究所員 2010年-2012年

アジア研究機構 アジア北米研究所

研究所員 2012年-2013年

アジア研究所

研究所員 2011年-2012年

アジア研究機構 アジア北米研究所

研究所員 2011年-2012年

アジア研究所

研究所員 2012年-2013年

アジア研究機構 アジア北米研究所

プロジェクト研究所所長 2012年-2013年

日韓グローバル研究所

研究所員 2012年-2013年

日韓グローバル研究所

研究所員 2013年-2014年

アジア研究所

研究所員 2013年-2014年

アジア研究機構 アジア北米研究所

研究所員 2013年-2014年

アジア研究機構 アジア北米研究所

プロジェクト研究所所長 2013年-2014年

アジア研究所

研究所員 2015年-2015年

日韓グローバル研究所

研究所員 2014年-2014年

アジア研究所

研究所員 2014年-2014年

アジア研究機構 アジア北米研究所

研究所員 2014年-2014年

アジア研究機構 アジア北米研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-2014年

日韓グローバル研究所

研究所員 2015年-2015年

アジア研究所

研究所員 2016年-

アジア北米研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-2018年

日米研究所

研究所員 2019年-

アジア北米研究所

研究所員 2015年-2018年

学内研究制度

特定課題研究

日本のコロニアリズムにおける女性教育史

2013年度

研究成果概要:日本のコロニアリズムにおける女性教育史特定課題研究成果概要の報告リーマージ2013A-644519世紀後半の女子教育の発展の視点から各国における共通性は明確である。バージニアウルフのThree Guineas (1938)では,女...日本のコロニアリズムにおける女性教育史特定課題研究成果概要の報告リーマージ2013A-644519世紀後半の女子教育の発展の視点から各国における共通性は明確である。バージニアウルフのThree Guineas (1938)では,女性のための教育の場が全くなく,女性が外部者に留まる程処遇が良くなるという社会が描かれている。ウルフは女子のための初等教育と中等教育が受け入れられた時と場において著書を書いた。大学教育は議論が分かれたままであった。19世紀の英国における論争は初等教育の権利についてであり,特に19世紀においては両性の低い社会階層に教育が行われるべきかそうかについてであった。しかし,女子に対する読みの教育については論争の余地はなかった。対照的に,韓国の近代女子教育の発展において独特だと考えられるのは,儒教原理が歴史の状況と視野に影響を与えた範囲である。

The Shift in Burden of Proof in Transfer Pricing Litigations

2015年度

研究成果概要:The Shift in Burden of Proof in Transfer Pricing Litigations  This text is a part of the outcome of research p...The Shift in Burden of Proof in Transfer Pricing Litigations  This text is a part of the outcome of research performed under a Waseda Univeristy Grant for Special Research Project 2015K-297.  The outcome of the research has been partly presented at International Conference on Innovation in and Management in January 2016.This article focused on analysis of transfer pricing litigations in Japan in relation to the criteria of the burden of proof in arm’s length pricing methods. Transfer pricing cases are used as primary data and the study analyzed the process of how hypothetical or secret comparables affect the final court decisions.  Transferpricing cannot be “an exact science” within the Japanese litigation system becauseburden of proof is primarily on the tax authority. Since the burden of productionis based on the judge’s psychological conviction, the taxpayer’s comparablesfor the arm’s length price can be rejected. This article attempted to prove that an arm’s length price in transferpricing encompasses a mechanism that involves estimation or hypotheticalcomparables.

Alterity in Japan-Korea Relationship through Media Analysis

2016年度

研究成果概要:Cyberspacecreated a sphere where anyone can express his or her opinion about any theme. Onlinenewspaper articles in...Cyberspacecreated a sphere where anyone can express his or her opinion about any theme. Onlinenewspaper articles in Japanese and in Korean created a distinctive local mediacoverage shaping the general public’s perception of Japan-Korea relationship. Thisresearch focused on how events or themes in online newspaper articles inJapanese and in Korean are differently interpreted. In this study, Japan-Koreaindicates Japan and the Republic of Korea or South Korea. The primary data usedfor this research are online newspaper articles limited to 300 articles publishedin 2014 and 300 individual blogs via search engines using Korea-Japan as a keyword in Japanese and in Korean. The notion of alterity or “the Other” isadopted as a part of the critical theoretical departure.  For the data selection, the year 2014 wasparticularly chosen because it was years after two historical landmark legalcases were brought by the district courts in Korea against the Japanese firms.Two cases that reversed the prior rulings are the former Mitsubishi HeavyIndustries and Nippon Steel. The Mitsubishi case had lasted for 16 years since thebeginning of the initial suit. The rulings were significant since Supreme Courtin Republic of Korea based their decisions on the illegality of Japan’s Protectoratetreaty against Korea in 1905 and invalidity of statute of limitations on tortdamages. Although the Korean media covered these two rulings extensively, onlyfew articles appeared in the Japanese newspapers. The rulings can be an examplefor both Korea and Japan to be able to step into the shoes of "the Other."

海外研究活動

研究課題名: Language and Legal Communications

2014年09月-2016年09月

機関: Thomas Jefferson School of Law, Texas A&M School of Law(United States of America)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
Korean I 04国際教養学部2019春学期
Korean I 54国際教養学部2019秋学期
Korean IV 01国際教養学部2019春学期
Korean IV 51国際教養学部2019秋学期
Culture and Law 51国際教養学部2019秋学期
Seminar on Culture 13国際教養学部2019春学期
Seminar on Culture 63国際教養学部2019秋学期
Legal Communications大学院国際コミュニケーション研究科2019秋学期