氏名

カワシマ コウヘイ

川島 浩平

職名

教授

所属

(スポーツ科学部)

プロフィール

2018年4月1日に着任しました。スポーツ史研究、スポーツ人類学研究を基盤として、スポーツ文化を考えます。現在の研究テーマはアメリカスポーツ史の再編成・再構築およびアメリカスポーツの日本での受容等です。

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kawashimakohei@waseda.jp

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学歴

1987年09月-1992年05月 ブラウン大学大学院修士・博士課程 史学部
1985年04月-1987年03月 筑波大学大学院 歴史人類学研究科 西洋史専攻

学位

文学博士号 論文 ブラウン大学大学院博士課程 ヨーロッパ史・アメリカ史

文学修士号 課程 ブラウン大学大学院 ヨーロッパ史・アメリカ史

文学修士号 論文 筑波大学大学院 ヨーロッパ史・アメリカ史

経歴

1998年04月-2017年03月武蔵大学人文学部助教授・准教授・教授
1994年04月-1998年03月神田外語大学外国語学部講師
1992年06月-1994年03月共立女子大学国際文化学部研究助手

所属学協会

アメリカ学会 理事

日本アメリカ史学会

日本スポーツ人類学会

アメリカ歴史学会

北米スポーツ史学会

委員歴・役員歴(学外)

2014年04月-2017年03月武蔵大学大学教務部長
2013年07月-2016年06月アメリカ学会国際委員長
2013年07月-2016年06月アメリカ学会常務理事
2013年04月-2014年03月武蔵大学国際センター長
2010年04月-2012年03月武藏大学国際センター長
2008年07月-2013年06月アメリカ学会国際委員
2007年04月-2008年03月武蔵大学大学入試委員長
2006年04月-2007年03月武蔵大学大学入試副委員長
2004年07月-2013年06月アメリカ学会評議員
2004年07月-2008年06月アメリカ学会英文ジャーナル編集委員
2003年04月-2005年03月武蔵大学人文学部教務委員長
1995年09月-1996年08月アメリカ史研究会編集委員長
1994年09月-1995年08月アメリカ史研究会代表

受賞

アメリカ学会清水博賞

2003年06月授与機関:アメリカ学会

タイトル:都市コミュニティと階級・エスニシティ―ボストン・バックベイ地区の形成と変容、1850‐1940

マサチューセッツ歴史協会アンドリュー・W・メロン奨学金

1990年09月授与機関:マサチューセッツ歴史協会

タイトル:ボストンバックベイ地区の発展に関するプロジェクト

フルブライト奨学金

1987年09月授与機関:フルブライト委員会

タイトル:大学院博士課程留学奨学金

ロータリー財団奨学金

1983年07月授与機関:国際ロータリー財団

タイトル:1年間のアメリカ大学学部留学奨学金

取材ガイド

カテゴリー
人文学
専門分野
スポーツ文化研究/スポーツ史研究、アメリカ研究、アメリカ史
自己紹介コメント
アメリカ都市史専攻、アメリカ経済史/アメリカ女性史/ヨーロッパ科学史を副専攻としてブラウン大学で博士号を取得、その後スポーツ研究を志し、現在では歴史学、人類学、文化研究などの方法論に基づきスポーツ文化、スポーツ史を研究分野にしている
キーワード
スポーツ文化/スポーツ史、アメリカ研究、性/人種/社会階級

研究分野

キーワード

スポーツ文化/スポーツ史、アメリカ史/アメリカ研究、人種/エスニシティ/ジェンダー/社会階級

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / 地域研究

共同研究希望テーマ

アメリカスポーツ文化・スポーツ史理解の深化

希望連携機関:大学等の研究機関との共同研究

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

希望内容:アメリカのスポーツ文化およびスポーツ史の理解を学術的な研究に基づいて深める

アメリカスポーツ文化と性・人種・階級:文化人類学的方法論による分析

希望連携機関:大学等の研究機関との共同研究

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

希望内容:アメリカのスポーツ文化を性・人種・階級を分析のツールとして文化人類学的に考察する

近代日本におけるアメリカンスポーツの受容と発展

希望連携機関:大学等の研究機関との共同研究

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

希望内容:野球、バスケ、アメフトなどの代表的なアメリカスポーツの日本に於ける受容と発展を調査する

研究テーマ履歴

2017年04月-2022年03月スポーツ史の分野横断的/国際的記述―アメリカ合衆国の社会/文化と身体/身体運動

研究テーマのキーワード:スポーツ 歴史、文化、通史記述、身体、身体運動

個人研究

2011年04月-2017年03月人種表象の日本型グローバル研究

研究テーマのキーワード:ミックスレイス、ムラート、スポーツ、アスリート、身体能力

国際共同研究

2008年04月-2013年03月アメリカ合衆国における黒人身体能力神話およびスポーツへの固執と対抗言説・戦略

研究テーマのキーワード:黒人、身体能力、人種、運動能力、言説、表象

個人研究

1998年04月-2003年03月ボストン上流社会とコミュニティ変容

研究テーマのキーワード:ボストン、ニューイングランド、階級、上流社会、近隣居住区、バックベイ、ビーコンヒル

個人研究

論文

日本におけるアメリカスポーツの受容:明治・大正・昭和時代(1868年~1934年)と野球、バスケットボール、アメリカンフットボール

川島浩平

武藏大学人文学会雑誌42(2)p.113 - 1302018年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

「我々は戦い続けるのみ」:日本におけるアメリカンフットボールおよびスーパーボウルの過去、現在、未来

川島浩平

スポーツ史国際雑誌査読有り招待有り2017年07月-

「アメリカンスポーツ発展期における混血(ムラトー)アスリートの人種意識(アイデンティティ)」

川島浩平

『人種神話を解体する 第3巻 血の政治学を超えて』査読有り招待有り2016年-

ヒト遺伝子調査、人種、エスニシティと集団ラベリング:日本における学際的ワークショップからの提案

川島浩平(共著者)

BMC医学倫理査読有り15(33)2014年-

「帝国日本における『黒人身体能力』との遭遇と人種・民族秩序の再編成」

川島浩平

現代スポーツ評論査読有り招待有り272012年-

「日本社会における「黒人身体能力神話」の受容―「人種」/「黒人」という言葉・概念との遭遇とその習得を中心に―」

川島浩平

人文學報査読有り1002011年-

書籍等出版物

「血」の政治学を越えて : hybridity

川島浩平, 竹沢泰子編

東京大学出版会2016年-2016年

LINK

詳細

ISBN:9784130541435;

人種とスポーツ : 黒人は本当に「速く」「強い」のか

川島浩平著

中央公論新社2012年-2012年

LINK

詳細

ISBN:9784121021632;

個人と国家のあいだ「家族・団体・運動」

久保文明, 有賀夏紀編著

ミネルヴァ書房2007年-2007年

LINK

詳細

ISBN:9784623049479;

アメリカのスポーツと人種 : 黒人身体能力の神話と現実

ジョン・ホバマン著 ; 川島浩平訳

明石書店2007年-2007年

LINK

詳細

ISBN:9784750325583;

都市コミュニティと階級・エスニシティ : ボストン・バックベイ地区の形成と変容、1850-1940

川島浩平著

御茶の水書房2002年-2002年

LINK

詳細

ISBN:4275019385;

21世紀アメリカ社会を知るための67章

赤尾千波 [ほか] 編

明石書店2002年-2002年

LINK

詳細

ISBN:4750316199;

地図でよむアメリカ : 歴史と現在

川島浩平 [ほか] 編

雄山閣出版1999年-1999年

LINK

詳細

ISBN:4639016492;

現代アメリカ社会を知るための60章

明石紀雄, 川島浩平編著

明石書店1998年-1998年

LINK

詳細

ISBN:4750310921;

アメリカ中産階級の現在

日本国際問題研究所1994年-1994年

LINK

アメリカの地域 : 合衆国の地域性

井出義光編

弘文堂1992年-1992年

LINK

詳細

ISBN:4335520239;

講演・口頭発表等

両大戦間期のアメリカンフットボール:日米両国における高等教育、スポーツ、余暇についての一考察

川島浩平

シンポジウムC「アメリカ史のなかの「余暇」」日本アメリカ史学会年次大会(日本アメリカ史学会)2017年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:愛知県立大学

「合評会」『人種神話を解体する-「血」の政治学を越えて』

川島浩平

出版記念連続セミナー合評会 (京都大学人文科学研究所)招待有り2017年07月

詳細

国内会議セミナー開催地:東京

「アメリカのスポーツと「混血」」『人種神話を解体する-「血」の政治学を越えて』

川島浩平

出版記念連続セミナー第三回「混血」から歴史を読み直す(京都大学人文科学研究所)招待有り2017年07月

詳細

国内会議開催地:東京

近代日本におけるアメリカスポーツの導入と展開

川島浩平

日本スポーツ人類学会第18回大会(日本スポーツ人類学会)2017年03月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:埼玉県朝霞市東洋大学

「部会F スポーツをとおして見るアメリカ(司会・討論 )」

川島浩平

アメリカ学会2014年年次大会(アメリカ学会)2014年06月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:沖縄県

「第三部 Hybridity「血」の政治学を越えて」

川島浩平

国際シンポジウム「人種神話を解体する」(京都大学人文科学研究所)招待有り2012年12月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:京都

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:科学研究費基盤C

スポーツ史の分野横断的/国際的記述―アメリカ合衆国の社会/文化と身体/身体運動

2017年04月-2022年03月

研究分野:スポーツ史 スポーツ文化

研究種別:科学研究費基盤 S

人種表象の日本型グローバル研究

2011年04月-2017年03月

研究種別:科学研究費基盤 C

アメリカ合衆国における黒人身体能力神話およびスポーツへの固執と対抗言説・戦略

2008年04月-2013年03月

研究分野:スポーツ史 スポーツ文化

研究種別:

スポーツ史の分野横断的/国際的記述―アメリカ合衆国の社会/文化と身体/身体運動

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

人種表象の日本型グローバル研究

2010年-0月-2015年-0月

配分額:¥214500000

研究種別:

アメリカ合衆国における黒人身体能力神話およびスポーツへの固執と対抗言説・戦略

2008年-0月-2013年-0月

配分額:¥4810000

研究種別:

人種の表象と表現をめぐる融合研究

配分額:¥46930000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 01スポーツ科学部2019春学期
スポーツ教養演習II 01スポーツ科学部2019秋学期
演習I(スポーツ史学)スポーツ科学部2019秋学期
演習II(スポーツ史学)スポーツ科学部2019春学期
演習III(スポーツ史学)スポーツ科学部2019秋学期
スポーツ文化論スポーツ科学部2019春学期
スポーツ人類学スポーツ科学部2019秋学期
スポーツ文化基礎演習スポーツ科学部2019春学期
アメリカ・スポーツ文化論スポーツ科学部2019夏クォーター
スポーツ文化論研究指導A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
スポーツ文化論研究指導B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
スポーツ文化論演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
スポーツ文化論演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
スポーツ文化論演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
スポーツ文化論演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
スポーツ文化論特論大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
Historical Foundations of Modern Sport大学院スポーツ科学研究科2019春クォーター
スポーツ文化論研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
スポーツ文化論研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
Sport Sciences 2 01グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター

作成した教科書・教材・参考書

「15章スポーツ・娯楽」『アメリカ文化事典』(共編)丸善2017年

2017年12月

「サーカス」『アメリカ文化事典』丸善

2017年12月

「コラム:エクストリームスポーツ」『アメリカ文化事典』丸善

2017年12月

「アメリカスポーツ史」『21世紀スポーツ大辞典』大修館書店

2015年01月

「26 スポーツと人種」『21世紀スポーツ大辞典』大修館書店

2015年01月

「スポーツ能力と人種」『21世紀スポーツ大辞典』大修館書店

2015年01月

「アメリカにおけるスポーツとキリスト教」『21世紀スポーツ大辞典』大修館書店

2015年01月

「黒人アスリートをめぐる問題」『21世紀スポーツ大辞典』大修館書店

2015年01月

『新時代アメリカ社会を知るための60章』(共著)明石書店

2013年09月

『教養としてのスポーツ人類学』(共著)大修館書店

2004年09月

『21世紀アメリカ社会を知るための67章』(共編)明石書店

2002年09月

『地図で読むアメリカ』(共編)雄山閣

1999年09月

『現代アメリカ社会を知るための60章』(共編)明石書店

1998年09月

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2012年04月- 2013年03月カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ)客員研究員
2008年04月- 2011年03月ラトガース大学(アメリカ)客員研究員
2005年09月- 2006年03月ブラウン大学(アメリカ)客員研究員
2000年08月- 2000年09月富山大学(日本)非常勤講師
1997年08月- 1997年09月富山大学(日本)非常勤講師
1996年04月- 1998年03月国際基督教大学(日本)非常勤講師
1996年04月- 1997年03月津田塾大学(日本)非常勤講師
1996年04月- 1996年07月東京女子大学(日本)非常勤講師
1995年04月- 1998年03月慶応義塾大学(日本)非常勤講師
1994年04月- 1998年03月日本女子大学(日本)非常勤講師