氏名

クマノ ヒロアキ

熊野 宏昭

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0046704)

所属人間科学学術院

(人間科学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://hikumano.umin.ac.jp/(研究業績一覧など)

研究者番号
90280875

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

応用脳科学研究所

プロジェクト研究所所長 2009年-2013年

災害復興医療人類学研究所

研究所員 2014年-

応用脳科学研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-

環境医科学研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学歴

-1985年 東京大学 医学部 医学科

学位

博士(医学) 論文 東京大学 内科学一般(含心身医学)

取材ガイド

専門分野
認知行動療法、マインドフルネス、行動医学
自己紹介コメント
マインドフルネスやアクセプタンスなどの技法を含む「新世代の認知・行動療法」について、特に医療場面で短期間で大きな効果を上げることを目指した研究を行っている。

研究分野

科研費分類

社会科学 / 心理学 / 臨床心理学

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学

医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 精神神経科学

医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 内科学一般(含心身医学)

研究シーズ

脳活動測定による快適さ評価

シーズ分野:ライフサイエンス

注意訓練による気分障害の改善手法

シーズ分野:ライフサイエンス

論文

The reliability and validity for Japanese type 2 diabetes patients of the Japanese version of the acceptance and action diabetes questionnaire

Saito J, Shoji W, Kumano H

BioPsychoSocial Medicine12(9)p.1 - 72018年-2018年

DOI

詳細

概要:BACKGROUND: The purpose of this study was to determing which psychological traits of Japanese type 2 diabetes patients would provide reliability and validity to the Japanese version of the Acceptance and Action Diabetes Questionnaire (AADQ-J). METHODS: Various questionnaires were administered to type 2 diabetes patients who were registered on the database of the research service provider; data from a total of 600 patients (mean ± SD age was 57.50 ± 9.87 years, female 21.83%) were analyzed. RESULTS: Three items were excluded because of psychometric concerns related to the original 11-item AADQ. Confirmation factor analyses revealed that the eight-item version demonstrated the best indicators of a goodness of fit. The questionnaire showed adequate internal consistency. The questionnaire demonstrated high measurement accuracy in broad trait values by the test information function of Item Response Theory. The questionnaire showed stronger positive correlations with self-care activities and HbA1c than with diabetes distress and depressive mood. CONCLUSIONS: The eight-item Japanese version of AADQ has reliability and validity for type 2 diabetes patients.

Prediction of mind-wandering with electroencephalogram and non-linear regression modeling

Kawashima, Issaku; Kumano, Hiroaki

Frontiers in Human Neuroscience112017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 Kawashima and Kumano. Mind-wandering (MW), task-unrelated thought, has been examined by researchers in an increasing number of articles using models to predict whether subjects are in MW, using numerous physiological variables. However, these models are not applicable in general situations. Moreover, they output only binary classification. The current study suggests that the combination of electroencephalogram (EEG) variables and non-linear regression modeling can be a good indicator of MW intensity. We recorded EEGs of 50 subjects during the performance of a Sustained Attention to Response Task, including a thought sampling probe that inquired the focus of attention. We calculated the power and coherence value and prepared 35 patterns of variable combinations and applied Support Vector machine Regression (SVR) to them. Finally, we chose four SVR models: two of them non-linear models and the others linear models; two of the four models are composed of a limited number of electrodes to satisfy model usefulness. Examination using the held-out data indicated that all models had robust predictive precision and provided significantly better estimations than a linear regression model using single electrode EEG variables. Furthermore, in limited electrode condition, non-linear SVR model showed significantly better precision than linear SVR model. The method proposed in this study helps investigations into MW in various little-examined situations. Further, by measuring MW with a high temporal resolution EEG, unclear aspects of MW, such as time series variation, are expected to be revealed. Furthermore, our suggestion that a few electrodes can also predict MW contributes to the development of neuro-feedback studies.

Use of Multichannel Near Infrared Spectroscopy to Study Relationships Between Brain Regions and Neurocognitive Tasks of Selective/Divided Attention and 2-Back Working Memory.

Tomita N, Imai S, Kanayama Y, Kawashima I, Kumano H.

Percept Mot Skills124(3)p.703 - 7202017年-

DOIScopus

詳細

概要:While dichotic listening (DL) was originally intended to measure bottom-up selective attention, it has also become a tool for measuring top-down selective attention. This study investigated the brain regions related to top-down selective and divided attention DL tasks and a 2-back task using alphanumeric and Japanese numeric sounds. Thirty-six healthy participants underwent near-infrared spectroscopy scanning while performing a top-down selective attentional DL task, a top-down divided attentional DL task, and a 2-back task. Pearson's correlations were calculated to show relationships between oxy-Hb concentration in each brain region and the score of each cognitive task. Different brain regions were activated during the DL and 2-back tasks. Brain regions activated in the top-down selective attention DL task were the left inferior prefrontal gyrus and left pars opercularis. The left temporopolar area was activated in the top-down divided attention DL task, and the left frontopolar area and left dorsolateral prefrontal cortex were activated in the 2-back task. As further evidence for the finding that each task measured different cognitive and brain area functions, neither the percentages of correct answers for the three tasks nor the response times for the selective attentional task and the divided attentional task were correlated to one another. Thus, the DL and 2-back tasks used in this study can assess multiple areas of cognitive, brain-related dysfunction to explore their relationship to different psychiatric and neurodevelopmental disorders.

福島原子力発電所事故により県外避難する高齢者の個人レベルのソーシャル・キャピタルとメンタルヘルスとの関連

岩垣 穂大;辻内 琢也;増田 和高;小牧 久見子;福田 千加子;持田 隆平;石川 則子;赤野 大和;山口 摩弥;猪股 正;根ヶ山 光一;小島 隆矢;熊野 宏昭;扇原 淳

心身医学57(2)p.173 - 1842017年-2017年

CiNii

詳細

ISSN:0385-0307

概要:

本研究は, 原発事故によって福島県から東京都・埼玉県に避難されている高齢者の個人レベルのソーシャル・キャピタル (以下, SC) とメンタルヘルスの関連を明らかにすることを目的とした. 調査は2014年3, 4月に実施し, 3,599世帯を対象に自記式質問紙調査を行った. 回収できた772世帯分 (回収率21.5%) の中から, 65~85歳までの高齢者229名分を分析の対象とした. 多重ロジスティックモデルにより, 個人レベルのSCとストレスとの関連について分析したところ, 性, 年齢, 経済状況, 持病の有無, 転居回数を調整しても, 近隣住民への信頼・助け合いの意識などの認知的指標や近隣であいさつを交わす人数, 趣味・娯楽活動への参加頻度といった構造的指標が低い群ほど, 高いストレス状態にあることが統計学的に有意に認められた. したがって, 豊かなSCを醸成することによりメンタルヘルスを向上させる支援が今後重要になると考えられる.

Acceptance Process Questionnaireの作成および信頼性と妥当性の検討

嶋 大樹;川井 智理;柳原 茉美佳;大内 佑子;齋藤 順一;岩田 彩香;本田 暉;熊野 宏昭

行動療法研究43(1)p.1 - 132017年-2017年

CiNii

詳細

概要:

本研究では、第三世代の認知・行動療法で重視される行動的プロセスである"アクセプタンス"を測定するAcceptance Process Questionnaire(APQ)を作成し、その信頼性と妥当性を検討することを目的とした。学生を対象に調査を実施し、因子分析を実行した結果、APQはアクセプタンスの中長期的結果を測定する【行動レパートリーの拡大】と【現実の感受】、行動内容を測定する【私的出来事から回避しない選択】と【リアクションの停止】の4因子パタンをもつ、13項目で構成された。APQは、十分な構造的妥当性、内的整合性を有し、全体でアクセプタンスを測定すると判断されたが、収束的妥当性、再検査信頼性に課題を残した。今後、再検査信頼性についてはサンプルサイズを増やして検討を進めるともに、日常生活下での行動傾向とAPQの尺度得点の関係性を検討し、その有効性を確認する必要がある。

価値の明確化尺度の作成および信頼性と妥当性の検討

齋藤 順一;柳原 茉美佳;嶋 大樹;岩田 彩香;本田 暉;大内 佑子;熊野 宏昭

行動療法研究43(1)p.15 - 262017年-2017年

CiNii

詳細

概要:

本研究の目的は、アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)のコア・行動的プロセスである価値づけ、コミットされた行為を測定する尺度を作成し、その信頼性と妥当性を検討することであった。研究1における探索的因子分析の結果、本尺度は【動機づけ】・【行動継続】・【強化の自覚】の3因子から構成された。本尺度は、十分な内的整合性、収束的および弁別的妥当性が確認された。研究2では、構成概念妥当性を、共分散構造分析により検討した。その結果、【強化の自覚】・【動機づけ】が高まることで【行動継続】が高まり、主観的幸福感が増加することで、結果的に体験の回避が減少する可能性が示唆された。今後は、臨床群、異なる年齢層などの幅広い属性を持つ被験者を対象として、信頼性と妥当性を検討していくことで、本尺度の有用性を確認する必要がある。

Development and evaluation of an electromagnetic hypersensitivity questionnaire for Japanese people

Hojo, Sachiko; Hojo, Sachiko; Hojo, Sachiko; Tokiya, Mikiko; Mizuki, Masami; Miyata, Mikio; Kanatani, Kumiko T.; Takagi, Airi; Tsurikisawa, Naomi; Kame, Setsuko; Katoh, Takahiko; Tsujiuchi, Takuya; Tsujiuchi, Takuya; Kumano, Hiroaki; Kumano, Hiroaki

Bioelectromagnetics37(6)p.353 - 3722016年09月-2016年09月 

PubMedDOIScopus

詳細

ISSN:01978462

概要:© 2016 The Authors. Bioelectromagnetics Published by Wiley Periodicals, Inc.The purpose of the present study was to evaluate the validity and reliability of a Japanese version of an electromagnetic hypersensitivity (EHS) questionnaire, originally developed by Eltiti et al. in the United Kingdom. Using this Japanese EHS questionnaire, surveys were conducted on 1306 controls and 127 self-selected EHS subjects in Japan. Principal component analysis of controls revealed eight principal symptom groups, namely, nervous, skin-related, head-related, auditory and vestibular, musculoskeletal, allergy-related, sensory, and heart/chest-related. The reliability of the Japanese EHS questionnaire was confirmed by high to moderate intraclass correlation coefficients in a test–retest analysis, and high Cronbach's α coefficients (0.853–0.953) from each subscale. A comparison of scores of each subscale between self-selected EHS subjects and age- and sex-matched controls using bivariate logistic regression analysis, Mann–Whitney U- and χ2 tests, verified the validity of the questionnaire. This study demonstrated that the Japanese EHS questionnaire is reliable and valid, and can be used for surveillance of EHS individuals in Japan. Furthermore, based on multiple logistic regression and receiver operating characteristic analyses, we propose specific preliminary criteria for screening EHS individuals in Japan. Bioelectromagnetics. 37:353–372, 2016. © 2016 The Authors. Bioelectromagnetics Published by Wiley Periodicals, Inc.

High prevalence of post-traumatic stress symptoms in relation to social factors in affected population one year after the Fukushima nuclear disaster

Tsujiuchi, Takuya; Tsujiuchi, Takuya; Tsujiuchi, Takuya; Yamaguchi, Maya; Masuda, Kazutaka; Masuda, Kazutaka; Tsuchida, Marisa; Tsuchida, Marisa; Inomata, Tadashi; Inomata, Tadashi; Kumano, Hiroaki; Kumano, Hiroaki; Kikuchi, Yasushi; Kikuchi, Yasushi; Augusterfer, Eugene F.; Mollica, Richard F.; Mollica, Richard F.

PLoS ONE11(3)2016年03月-2016年03月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 Tsujiuchi et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited.Objective: This study investigated post-traumatic stress symptoms in relation to the population affected by the Fukushima Nuclear Disaster, one year after the disaster. Additionally, we investigated social factors, such as forced displacement, which we hypothesize contributed to the high prevalence of post-traumatic stress. Finally, we report of written narratives that were collected from the impacted population. Design and Settings: Using the Impact of Event Scale-Revised (IES-R), questionnaires were sent to 2,011 households of those displaced from Fukushima prefecture living temporarily in Saitama prefecture. Of the 490 replies; 350 met the criteria for inclusion in the study. Multiple logistic regression analysis was performed to examine several characteristics and variables of social factors as predictors of probable post-traumatic stress disorder, PTSD. Results: The mean score of IES-R was 36.15±21.55, with 59.4% having scores of 30 or higher, thus indicating a probable PTSD. No significant differences in percentages of high-risk subjects were found among sex, age, evacuation area, housing damages, tsunami affected, family split-up, and acquaintance support. By the result of multiple logistic regression analysis, the significant predictors of probable PTSD were chronic physical diseases (OR = 1.97), chronic mental diseases (OR = 6.25), worries about livelihood (OR = 2.27), lost jobs (OR = 1.71), lost social ties (OR = 2.27), and concerns about compensation (OR = 3.74). Conclusion: Although there are limitations in assuming a diagnosis of PTSD based on self-report IES-R, our findings indicate that there was a high-risk of PTSD strongly related to the nuclear disaster and its consequent evacuation and displacement. Therefore, recovery efforts must focus not only on medical and psychological treatment alone, but also on social and economic issues related to the displacement, as well.

改訂Cognitive Fusion Questionnaire 13項目版および7項目版の妥当性の検討

嶋 大樹;川井 智理;柳原 茉美佳;熊野 宏昭

行動療法研究42(1)p.73 - 832016年01月-2016年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究は、思考内容と現実を混同する「認知的フュージョン」を測定する質問紙である、改訂CFQ13項目版および7項目版の信頼性と妥当性の検討を目的とした。大学生対象の調査の結果、13項目版は改定前同様に2因子構造を示し、7項目版は原版同様に1因子構造を示した。項目分析の結果、各下位尺度は個別に扱うことが適切であると判断された。これまでは第1下位尺度が認知的フュージョン、第2下位尺度が認知的フュージョンから抜け出す「脱フュージョン」に相当するとされてきたが、本研究の結果、第2下位尺度は脱フュージョンの機能の一部に相当する可能性が示唆されたため、第1下位尺度および7項目版を「認知的フュージョン」、第2下位尺度を脱フュージョンの機能の一部としての「自己と思考の弁別」とみなすことが適切である。そして今後は、外顕的な行動指標との関連も検討することで、別の側面から妥当性の有無を確認する方法も必要であると考えられる。

The relationship between attentional function and stuttering severity in adults who stutter

Haitani, Tomosumi; Kumano, Hiroaki

Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics57(2)p.217 - 2262016年01月-2016年01月 

Scopus

詳細

ISSN:00302813

概要:Recently, it has been demonstrated that children who stutter (CWS) have attentional difficulties. But little is known about attentional function in adults who stutter (AWS). Two groups of 17 AWS and 18 adults who do not stutter (AWNS) participated in the present study. We aimed to confirm (1) whether AWS also show attentional difficulties like CWS and (2) how attentional function relates to stuttering severity in AWS. Results indicated that AWS and AWNS showed similar levels of attentional function, but those who tended to react faster and more incorrectly to the experimental task showed worse stuttering severity. This outcome suggests that cognitive strategies non-specific to speech production can influence stuttering severity. We discussed intervention for the attentional function in AWS.

瞑想経験者における注意訓練中のEEG信号源推定の試み.

川島一朔,灰谷知純,杉山風輝子,臼井香,井上ウィマラ,熊野宏昭

マインドフルネス研究1(1)p.3 - 62016年-

社交不安者における特性不安および抑うつ症状と注意制御機能, 解釈バイアスの関連.

富田 望,西 優子,今井正司,熊野宏昭.

認知療法研究9(1)p.44 - 542016年-

吃音者における注意機能と吃症状,およびネガティブ感情との関連

灰谷 知純;熊野 宏昭

音声言語医学57(2)p.217 - 2262016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0030-2813

概要:近年,吃音児は注意機能の脆弱性を抱えうることが示されているが,青年期以降の吃音者を対象として網羅的な注意機能の検討,および注意機能と吃症状との関連の検討を行った研究は見られない.本研究は,青年期以降の吃音者20名,非吃音者 18名を分析対象とし,青年期以降の吃音者においても注意機能の脆弱性が認められるのかどうか,吃音者群内において注意機能と吃症状はどのように関連するのかを検討することを目的として行われた.その結果,吃音群と統制群で注意機能に関して統計的に有意な差は認められなかったものの,実験課題に対する反応が速く,エラーが多いものほど吃音の重症度が高いことが示され,発話に限定されない,より広範な文脈での注意の使い方が吃音の重症度に影響を与えている可能性が示唆された.青年期以降の吃音臨床において,注意機能に対する介入方略が有用である可能性について議論した.

福島県内仮設住宅居住者にみられる高い心的外傷後ストレス症状:—原子力発電所事故がもたらした身体・心理・社会的影響—

辻内 琢也;小牧 久見子;岩垣 穂大;増田 和高;山口 摩弥;福田 千加子;石川 則子;持田 隆平;小島 隆矢;根ヶ山 光一;扇原 淳;熊野 宏昭

心身医学56(7)p.723 - 7362016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0385-0307

概要:本研究は, 東日本大震災に伴って発生した福島原子力発電所事故の2年後に, 福島県内の仮設住宅において避難生活を送る住民の心的外傷後ストレス症状と, そのストレスに影響を与える身体・心理・社会的要因を明らかにしたものである. 2,425世帯に対して無記名で任意回答のアンケート用紙を配布し, 745名 (回答率30.7%) の回答を得た. 欠損値を除く661名の解析を行ったところ, IES-Rの平均値が34.20±20.56であり, PTSDの可能性に対する高いリスクを示すカットオフ値24/25を超えた者が62.56%であった. PTSDの可能性との関連を多重ロジスティック回帰分析で検討した結果, 「経済的困難」 (OR : 2.34, 95%CI : 1.30~4.24), 「賠償の心配」 (OR : 4.16, 95%CI 1.26~13.76), 「持病の悪化」 (OR : 2.94, 95%CI : 1.63~5.30), 「新疾患の罹患」 (OR : 2.20, 95%CI : 1.21~3.99), 「相談者の不在」 (OR : 1.92, 95%CI : 1.07~3.42) が有意な予測因子として認められた. これまでに世界各地で報告されてきた他の災害と比較しても, 原発事故被災者にきわめて高い外傷後ストレス症状が認められた理由として, 事故に対する補償や賠償といった問題など, 本災害の人為災害としての要素が重要であると考えられた.

Post-Event Processing (PEP) と注意制御機能の関連—PEP時における想起視点機能尺度作成の試みとともに—

富田 望;今井 正司;山口 摩弥;熊野 宏昭

不安症研究8(1)p.12 - 212016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

Post-event processing (PEP) とは社交状況の回顧を意味し,社交不安の維持要因とされる。近年,反芻や心配と注意制御機能の関連が報告されているが,同様の反復的思考であるPEPとの関連は明らかでない。また,PEP時の観察者視点を測定する指標も作成されていない。本研究では,PEP時における想起視点機能尺度の作成とともに,実験的な社交状況で生じるPEPと注意制御機能の関連性を明らかにした。大学生を対象に,注意制御に関する質問紙と認知課題,スピーチ課題を行った。翌日にPEPを測定し,PEPと注意制御との相関分析を行った。その結果,想起視点機能尺度の下位尺度を用いてPEPの観察者視点を測定できることが示唆された。また,PEPおよび回避的な観察者視点と選択的注意との間に有意な相関が示された。したがって,PEPを低減するためには特に選択的注意に着目することが有用であると考えられた。

記憶再固定化進行中の行動的介入による恐怖記憶のアップデート

仁田 雄介;髙橋 徹;熊野 宏昭

不安症研究8(1)p.58 - 662016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

消去訓練を行うと消去学習が成立し,恐怖条件づけによる恐怖反応が抑制される。しかし,消去学習は恐怖記憶を改変しないため,恐怖反応の再発が起こる。消去学習を利用した技法はエクスポージャー療法と呼ばれており,不安症の治療に用いられている。エクスポージャー療法後にも不安症が再発する可能性が示唆されており,再発を防ぐ治療法が必要とされている。そこで,記憶再固定化というメカニズムが注目されている。記憶痕跡は固定化すると改変できないと従来は考えられていた。しかし近年,想起によって固定化された記憶痕跡が不安定になり,その後再固定化することが明らかになった。再固定化が進行している間は,想起した恐怖記憶を改変できることが示されている。そして,再固定化進行中の消去訓練は恐怖反応の再発を防ぐことが,近年の研究によって示唆されている。今後,不安症に対する再固定化を利用した介入の有効性の検討を進める必要がある。

東日本大震災に伴う原発事故による県外避難者のストレス反応に及ぼす社会的要因

山口 摩弥;辻内 琢也;増田 和高;岩垣 穂大;石川 則子;福田 千加子;平田 修三;猪股 正;根ヶ山 光一;小島 隆也;扇原 淳;熊野 宏昭

心身医学56(8)p.819 - 8322016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0385-0307

概要:

本研究は, 東日本大震災から1年経過した時期および2年経過した時期に, 埼玉県内または東京都において避難生活を送る福島県民の世帯に対して行ったアンケート調査の結果である. 2011年に発生した東日本大震災は, 原子力発電所事故を伴ったことによって, 全国に県外避難者を生み出したことが, これまでの自然災害と決定的に異なる特徴である. 震災から1年後の2012年調査の結果からは, 男性において生活費の心配や失業がストレス反応に影響していることが示され, 女性において住宅の被災状況や人間関係, 原発に対する賠償問題などがストレス反応に影響していることが示された. 一方, 2013年調査の結果からは, 男女ともに苦しい経済状況, 健康状態の悪化, 避難者というスティグマ, 家族関係や近隣関係, 住環境などがストレス反応に影響していることが示され, 年月の経過とともに, ストレスが, 震災の直接的影響よりも避難生活に起因するものになってきていることが明らかとなった.

In-situ real-time monitoring of volatile organic compound exposure and heart rate variability for patients with multiple chemical sensitivity

Mizukoshi, Atsushi; Mizukoshi, Atsushi; Kumagai, Kazukiyo; Yamamoto, Naomichi; Noguchi, Miyuki; Yoshiuchi, Kazuhiro; Kumano, Hiroaki; Kumano, Hiroaki; Sakabe, Kou; Yanagisawa, Yukio

International Journal of Environmental Research and Public Health12(10)p.12446 - 124652015年10月-2015年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:16617827

概要:© 2015 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. In-situ real-time monitoring of volatile organic compound (VOC) exposure and heart rate variability (HRV) were conducted for eight multiple chemical sensitivity (MCS) patients using a VOC monitor, a Holter monitor, and a time-activity questionnaire for 24 h to identify the relationship between VOC exposure, biological effects, and subjective symptoms in actual life. The results revealed no significantly different parameters for averaged values such as VOC concentration, HF (high frequency), and LF (low frequency) to HF ratio compared with previous data from healthy subjects (Int. J. Environ. Res. Public Health 2010, 7, 4127–4138). Significant negative correlations for four subjects were observed between HF and amounts of VOC change. These results suggest that some patients show inhibition of parasympathetic activities along with VOC exposure as observed in healthy subjects. Comparing the parameters during subjective symptoms and normal condition, VOC concentration and/or VOC change were high except for one subject. HF values were low for five subjects during subjective symptoms. Examining the time-series data for VOC exposure and HF of each subject showed that the subjective symptoms, VOC exposure, and HF seemed well related in some symptoms. Based on these characteristics, prevention measures of symptoms for each subject may be proposed.

三つの自己の体験尺度の作成および信頼性と妥当性の検討

柳原 茉美佳;嶋 大樹;齋藤 順一;川井 智理;熊野 宏昭

行動療法研究41(3)p.225 - 2382015年09月-2015年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、ACTが注目する三つの自己の体験を測定する尺度を作成し、探索的因子分析と共分散構造分析を行うことで、その尺度の信頼性と妥当性を検討すること、そして、三つの自己に含まれるさまざまな行動の機能の重なりや相違点に基づいてより妥当性の高い行動クラスを見いだすことであった。33項目からなる尺度の原案を作成し、首都圏の大学生を対象に調査を行った。探索的因子分析の結果、本尺度は【アクティブ】・【概念化】・【視点取り】・【今この瞬間】の4因子20項目から構成されることが示され、さらに共分散構造分析の結果も踏まえて、三つの自己の体験は二つの行動クラスを含むことが明らかになった。また、それぞれを下位尺度とした場合、十分な内的整合性と収束的妥当性が確認された。今後は、本尺度を用いてACTが介入対象とするほかの行動的プロセスや臨床症状との関連性を検討し、精神的苦痛を促進・緩和する自己の体験についての理解をより深めていく必要がある。

Dysfunction of ventrolateral prefrontal cortex underlying social anxiety disorder: A multi-channel NIRS study

Yokoyama, Chika; Yokoyama, Chika; Kaiya, Hisanobu; Kumano, Hiroaki; Kumano, Hiroaki; Kumano, Hiroaki; Kinou, Masaru; Umekage, Tadashi; Umekage, Tadashi; Yasuda, Shin; Yasuda, Shin; Yasuda, Shin; Takei, Kunio; Takei, Kunio; Nishikawa, Masami; Nishikawa, Masami; Sasaki, Tsukasa; Sasaki, Tsukasa; Nishimura, Yukika; Hara, Naomi; Inoue, Ken; Kaneko, Yui; Kaneko, Yui; Suzuki, Shin Ichi; Suzuki, Shin Ichi; Tanii, Hisashi; Okada, Motohiro; Okazaki, Yuji

NeuroImage: Clinical8p.455 - 4612015年06月-2015年06月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 The Authors. Published by Elsevier Inc. Social anxiety disorder (SAD) is characterized by strong fear and anxiety during social interactions. Although ventrolateral prefrontal cortex (VLPFC) activity in response to emotional stimuli is related to pathological anxiety, little is known about the relationship between VLPFC activity and social anxiety. This study aimed to investigate whether VLPFC activity was involved in SAD and whether VLPFC activity was related to the level of social anxiety. Twenty-four drug-naïve patients with SAD and 35 healthy controls underwent near-infrared spectroscopy (NIRS) scanning while performing a verbal fluency task (VFT). Results indicated that, compared to the healthy controls, the SAD patients exhibited smaller changes of oxygenated hemoglobin (oxy-Hb) concentrations in the VLPFC during the VFT. Furthermore, the right VLPFC activation was negatively correlated with social avoidance. In contrast to the latter, the healthy controls exhibited a positive correlation between changes of oxy-Hb concentrations in the bilateral VLPFC and social fear. Our findings provide evidence for VLPFC dysfunction in SAD, and indicate that the VLPFC dysfunction may contribute to the difference between normal and abnormal social anxiety.

呼吸に気づきを向ける短期間のマインドフルネスのエクササイズが吃音者の苦手場面に与える影響.

灰谷知純,佐々木淳,熊野宏昭

コミュニケーション障害学32(1)p.20 - 262015年-

能動的注意制御における主観的側面と抑うつ及び不安との関連.

今井正司,熊野宏昭,今井千鶴子,根建金男

認知療法研究8(1)p.85 - 952015年-

行動療法・認知行動療法の現在と未来(一般公開シンポジウム)

神村 栄一;五十嵐 透子;若島 孔文;鶴 光代;熊野 宏昭;井上 雅彦

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)2015年-2015年

CiNii

抑うつ生起時の対処行動評価尺度の作成 : 妥当性の検討

篠浦 友希;嶋 大樹;熊野 宏昭;境 泉洋

徳島大学人間科学研究23p.57 - 672015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:21873968

身体像不満足感傾向が鏡の自覚的な見方に及ぼす影響

杉山 風輝子;喜入 瑞央;今井 正司;熊野 宏昭

心身医学54(3)p.266 - 2732014年03月-2014年03月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

概要:摂食障害(eating disorder : ED)の診断項目の一つである身体像不満足感(body image dissatisfaction : BID)傾向は,EDの行動的特徴であるボディチェッキング(body checking : BC)と関連があるといわれている.鏡エクスポージャー(mirror exposure : ME)は介入方法として効果を有しているが,ME実施中の認知処理様式は明らかになっていない.そこで本研究は,ED傾向,BID傾向,BCを行う認知を測定する尺度を用いて関連性を検討すること(研究1)と,BID傾向の差異による鏡の自覚的な見方を実験的に検討すること(研究2)を目的とした.結果より,研究1ではED傾向の程度にかかわらず,BIDとBCとの関連があることが示唆された.研究2ではBIDが高い者は,普段の身体像と鏡で確認したときに知覚される身体像に差があることが示された

社交不安障害とパニック障害を合併した患者に対する認知行動療法:機能分析に基づく介入効果.

岡島純子,岡島 義,熊野宏昭

認知療法研究7(2)p.189 - 1982014年-

怒り反潟に対するメタ認知的信念尺度の作成及び信頼性ど妥当性の検討.

金ヌルプルンソル,山口摩弥,今井正司,熊野宏昭,野村忍

認知療法研究7(2)p.180 - 1882014年-

複雑性悲嘆の予防に向けた介入の一例—第三世代の認知行動療法を援用した介入—.

高橋恵理子,岡山紀子,千葉宏明,熊野宏昭

カウンセリング研究47(1)p.20 - 292014年-

中学生における注意制御機能,ディタッチト・マインドフルネス,反芻,メタ認知的信念が抑うつに及ぼす影響

西優子,今井正司,金山裕介,熊野宏昭

認知療法研究7(1)p.55 - 652014年-

性にまつわる強迫観念に対する行動処方(口頭発表,行動療法コロキウム'12 in 信州美ヶ原開催報告,コロキウム報告)

岡嶋 美代;熊野 宏昭

行動療法研究39(3)p.173 - 1742013年09月-2013年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

認知行動療法の学問的背景から, 森田療法との対話の可能性を探る

熊野 宏昭

日本森田療法学会雑誌 = Japanese journal of Morita therapy24(1)2013年04月-2013年04月 

CiNii

詳細

ISSN:18812651

AUTISTIC TRAITS AFFECT NEURAL CORRELATES OF VISUOSPATIAL PERSPECTIVE TAKING

Kanayama, Yusuke;Moriguchi, Yoshiya;Oba, Kentaro;Terasawa, Yuri;Murakami, Hiroki;Mishima, Kazuo;Kumano, Hiroaki

PSYCHOSOMATIC MEDICINE75(3)p.A165 - A1652013年-2013年

WoS

詳細

ISSN:0033-3174

不安障害の個人認知行動療法の医療保険点数化のための実態1カ月調査の結果について

清水 栄司;佐々木 司;熊野 宏昭;貝谷 久宣;久保木 富房

不安障害研究4(1)p.44 - 592013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:1883-5619

マインドフルネスはなぜ効果をもつのか(押さえておきたい!心身医学の臨床の知45)

熊野 宏昭

心身医学52(11)p.1047 - 10522012年11月-2012年11月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

心理士による集団認知行動療法がうつ病患者のうつ症状の改善に及ぼす効果 : 対照比較研究(<特集>日本における心理士によるうつ病に対する認知行動療法のエビデンス)

伊藤 大輔;兼子 唯;巣山 晴菜;金谷 順弘;田上 明日香;小関 俊祐;貝谷 久宣;熊野 宏昭;鈴木 伸一

行動療法研究38(3)p.169 - 1792012年09月-2012年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、心理士による集団認知行動療法がうつ病患者のうつ症状の改善に及ぼす効果について、統制群を設定した対照比較を用いて検証することであった。集団認知行動療法は、認知療法や問題解決療法を基盤に構成された計12回のプログラムであった。薬物療法などの通常の治療に加えて、集団認知行動療法プログラムを受けた10名(CBGT併用群)、通常の薬物療法のみを受けた10名(TAU群)の2群のうつ症状の変化を測定した。うつ症状の評価にはBDI-IIが用いられ、計3時点(pre期、mid期、post期)において回答を求めた。ベースラインであるpre期のBDI-II得点を共変量として、群(CBGT併用群、TAU群)と測定時期(mid期、post期)を独立変数、BDI-II得点を従属変数とした2要因の共分散分析を行った。その結果、mid期に群間差はみられなかったものの、post期におけるCBGT併用群のBDI-II得点が、TAU群と比較して有意に低いことが示された。以上の結果から、通常の薬物療法に、心理士が行う認知行動療法を併用することで、うつ病患者のうつ症状の改音効果が高まり、その効果が維持されることが実証的に示された。

行動療法研究への手紙 : 原井論文を読んで、行動療法について考える : 原井(2012)へのリプライ(編集委員会への手紙)

高橋 史;大塚 明子;熊野 宏昭

行動療法研究38(3)p.259 - 2602012年09月-2012年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

Mindfulness-Based Psychotherapyを効果的に実践するために(自主企画シンポジウム3,テーマ:認知行動療法の「今」)

伊藤 義徳;熊野 宏昭;上田 幸彦;石井 朝子;宇留鷲 美紀

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.78 - 792012年09月-2012年09月 

CiNii

ちがう入り口から同じ広場に至る

熊野 宏昭

日本森田療法学会雑誌 = Japanese journal of Morita therapy23(1)2012年04月-2012年04月 

CiNii

詳細

ISSN:18812651

行動分析に基づく認知的反応への介入が奏功した窒息恐怖の症例

高橋 史;大塚 明子;熊野 宏昭

行動療法研究38(1)p.23 - 332012年01月-2012年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究は、嚥下失敗を含む身体的症状および窒息恐怖を示す40代男性に対して、内潜的な認知的反応と嚥下の反応連鎖に関する行動分析に基づいて介入を行うことで改善をみた症例の報告である。行動分析の結果、本症例では、口腔内の食塊と窒息に関する認知的反応が同時に提示されることで嚥下失敗が生じ、嚥下失敗が回避行動を強化する結果事象となっている可能性が考えられた。そこで、嚥下中の認知的反応の妨害と、嚥下に伴う身体感覚の単独提示を行った。具体的な治療手続きとしては、飲食物を口に含んでから飲み込みがすむまでの身体感覚を言語的に記述し続けることで、「死ぬかもしれない」といった認知的反応の抑止を行った。介入の結果、症状の軽減が認められ、介入効果は1カ月後および3カ月後のフォローアップ期においても維持されていた。

EEG source imaging during two Qigong meditations.

Faber PL, Lehmann D, Tei S, Tsujiuchi T, Kumano H, Pascual-Marqui RD, Kochi K.

Cogn Process13(3)p.255 - 2652012年-

詳細

概要:Experienced Qigong meditators who regularly perform the exercises "Thinking of Nothing" and "Qigong" were studied with multichannel EEG source imaging during their meditations. The intracerebral localization of brain electric activity during the two meditation conditions was compared using sLORETA functional EEG tomography. Differences between conditions were assessed using t statistics (corrected for multiple testing) on the normalized and log-transformed current density values of the sLORETA images. In the EEG alpha-2 frequency, 125 voxels differed significantly; all were more active during "Qigong" than "Thinking of Nothing," forming a single cluster in parietal Brodmann areas 5, 7, 31, and 40, all in the right hemisphere. In the EEG beta-1 frequency, 37 voxels differed significantly; all were more active during "Thinking of Nothing" than "Qigong," forming a single cluster in prefrontal Brodmann areas 6, 8, and 9, all in the left hemisphere. Compared to combined initial-final no-task resting, "Qigong" showed activation in posterior areas whereas "Thinking of Nothing" showed activation in anterior areas. The stronger activity of posterior (right) parietal areas during "Qigong" and anterior (left) prefrontal areas during "Thinking of Nothing" may reflect a predominance of self-reference, attention and input-centered processing in the "Qigong" meditation, and of control-centered processing in the "Thinking of Nothing" meditation.

「認知/行動療法」特集 : ポスト3・11時代の心身医療に新たな息吹を吹き込むために(<特集>認知/行動療法)

熊野 宏昭

心身医学51(12)2011年12月-2011年12月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

A Novel Methodology to Evaluate Health Impacts Caused by VOC Exposures Using Real-Time VOC and Holter Monitors.

Mizukoshi A, Kumagai K, Yamamoto N, Noguchi M, Yoshiuchi K, Kumano H, Yanagisawa Y

Int J Environ Res Public Health7p.4127 - 41382010年-

詳細

概要:While various volatile organic compounds (VOCs) are known to show neurotoxic effects, the detailed mechanisms of the action of VOCs on the autonomic nervous system are not fully understood, partially because objective and quantitative measures to indicate neural abnormalities are still under development. Nevertheless, heart rate variability (HRV) has been recently proposed as an indicative measure of the autonomic effects. In this study, we used HRV as an indicative measure of the autonomic effects to relate their values to the personal concentrations of VOCs measured by a real-time VOC monitor. The measurements were conducted for 24 hours on seven healthy subjects under usual daily life conditions. The results showed HF powers were significantly decreased for six subjects when the changes of total volatile organic compound (TVOC) concentrations were large, indicating a suppression of parasympathetic nervous activity induced by the exposure to VOCs. The present study indicated these real-time monitoring was useful to characterize the trends of VOC exposures and their effects on autonomic nervous system.

Decreased response inhibition in middle-aged male patients with type 2 diabetes.

Ishizawa Kaya T;Kumano Hiroaki;Sato Atsushi;Sakura Hiroshi;Iwamoto Yasuhiko

Decreased response inhibition in middle-aged male patients with type 2 diabetes.4(1)2010年-2010年

DOI

詳細

ISSN:1751-0759

概要:BACKGROUND:This study was performed to examine whether patients with type 2 diabetes have cognitive deficits associated with the prefrontal cortex (PFC).;METHODS:Twenty-seven middle-aged patients with newly diagnosed type 2 diabetes and 27 healthy controls underwent physical measurements and neuropsychological tasks. Response inhibition, reward prediction, and executive function were assessed by the Go/NoGo task, the reversal and extinction tasks, and the Wisconsin Card Sorting Test (WCST). To examine the interactions of being overweight with diabetes on cognitive performance, performance data were analysed by two-way ANCOVA with diabetes and overweight as factors and age as a covariate.;RESULTS:Patients with type 2 diabetes showed significantly decreased response inhibition in the Go/NoGo task (discriminability index: P = 0.001). There was an interaction of being overweight with diabetes on reaction time in the Go trials of the Go/NoGo task (P = 0.009). Being overweight was related to retained responses to the presentiment of reward in the extinction task (P = 0.029). The four groups showed normal cognitive performance in the WCST.;CONCLUSIONS:Our results showed that middle-aged, newly diagnosed and medication-free patients with type 2 diabetes have a particular neuropsychological deficit in inhibitory control of impulsive response, which is an independent effect of diabetes apart from being overweight.

Meditators and Non-Meditators: EEG Source Imaging During Resting.

Tei S, Faber PL, Lehmann D, Tsujiuchi T, Kumano H, Pascual-Marqui RD, Gianotti LR, Kochi K

Brain Topogr22(3)p.158 - 1652009年-

詳細

概要:Many meditation exercises aim at increased awareness of ongoing experiences through sustained attention and at detachment, i.e., non-engaging observation of these ongoing experiences by the intent not to analyze, judge or expect anything. Long-term meditation practice is believed to generalize the ability of increased awareness and greater detachment into everyday life. We hypothesized that neuroplasticity effects of meditation (correlates of increased awareness and detachment) would be detectable in a no-task resting state. EEG recorded during resting was compared between Qigong meditators and controls. Using LORETA (low resolution electromagnetic tomography) to compute the intracerebral source locations, differences in brain activations between groups were found in the inhibitory delta EEG frequency band. In the meditators, appraisal systems were inhibited, while brain areas involved in the detection and integration of internal and external sensory information showed increased activation. This suggests that neuroplasticity effects of long-term meditation practice, subjectively described as increased awareness and greater detachment, are carried over into non-meditating states.

Evaluation of subjective symptoms of Japanese patients with multiple chemical sensitivity using QEESI((c)).

Hojo S, Sakabe K, Ishikawa S, Miyata M, Kumano H

Environ Health Prev Med14(5)p.267 - 2752009年-

Alterations in brain serotonin synthesis in male alcoholics measured using positron emission tomography.

Nishikawa M, Diksic M, Sakai Y, Kumano H, Charney D, Palacios-Boix J, Negrete J, Gill K

Alcohol Clin Exp Res33(2)p.233 - 2392009年-

Mindfulness-based stress reduction and cancer: a metaanalysis.

Ledesma D, Kumano H* *Corresponding author

Psychooncology18(6)p.571 - 5792009年-

詳細

概要:OBJECTIVE: This meta-analysis was conducted to investigate the effects of mindfulness-based stress reduction (MBSR) on the mental and physical health status of various cancer patients. METHODS: Ten studies (randomized-controlled trials and observational studies) were found to be eligible for meta-analysis. Individual study results were categorized into mental and physical variables and Cohen's effect size d was computed for each category. RESULTS: MBSR may indeed be helpful for the mental health of cancer patients (Cohen's effect size d=0.48); however, more research is needed to show convincing evidence of the effect on physical health (Cohen's effect size d=0.18). CONCLUSION: The results suggest that MBSR may improve cancer patients' psychosocial adjustment to their disease.

Panic disorder and locomotor activity.

Sakamoto N, Yoshiuchi K, Kikuchi H, Takimoto Y, Kaiya H, Kumano H, Yamamoto Y, Akabayashi A

Biopsychosoc Medicine2p.232008年-

Relationship between subtypes of irritable bowel syndrome and severity of symptoms associated with panic disorder.

Sugaya N, Kaiya H, Kumano H, Nomura S

Scand J Gastroenterol43(6)p.675 - 6812008年-

Working Committee on Clinical Practice Guidelines for Late-onset Hypogonadism; Japanese Urological Association/Japanese Society for Study of Aging Male. Clinical practice manual for late-onset hypogonadism syndrome.

Namiki M, Akaza H, Shimazui T, Ito N, Iwamoto T, Baba K, Kumano H, Koh E, Tsujimura A, Matsumiya K, Horie S, Maruyama O, Marumo K, Yanase T, Kumamoto Y

Int J Urol15(5)p.377 - 3882008年-

Eating attitudes and body dissatisfaction in adolescents: Cross-cultural study.

Kayano M, Yoshiuchi K, Al-Adawi S, Viernes N, Dorvlo AS, Kumano H, Kuboki T, Akabayashi A

Psychiatry Clin Neurosci62(1)p.17 - 252008年-

Clinical characteristics of physician-diagnosed patients with multiple chemical sensitivity in Japan.

Hojo S, Ishikawa S, Kumano H, Miyata M, Sakabe K

Int J Hyg Environ Health211(5,6)p.682 - 6892008年-

The development of a Japanese version of the Short-form McGill Pain Questionnaire.

Yamaguchi M, Kumano H, Yamauchi Y, Kadota Y, Iseki M

The Journal of the Japan Society of Pain Clinicians14p.9 - 142007年-

A real-time assessment of the effect of exercise in chronic fatigue syndrome.

Yoshiuchi K, Cook DB, Ohashi K, Kumano H, Kuboki T, Yamamoto Y, Natelson BH

Physiol Behav92(5)p.963 - 9682007年-

Tendency toward deliberate food restriction, fear of fatness and somatic attribution in cross-cultural samples.

Viernes N, Zaidan ZA, Dorvlo AS, Kayano M, Yoishiuchi K, Kumano H, Kuboki T, Al-Adawi S

Eat Behav8(3)p.407 - 4172007年-

"Mobile Nurse" platform for ubiquitous medicine.

Struzik ZR, Yoshiuchi K, Sone M, Ishikawa T, Kikuchi H, Kumano H, Watsuji T, Natelson BH, Yamamoto Y

Methods Inf Med46(2)p.130 - 1342007年-

Fluvoxamine, a selective serotonin reuptake inhibitor, and 5-HT2C receptor inactivation induce appetite-suppressing effects in mice via 5-HT1B receptors.

Nonogaki K, Nozue K, Takahashi Y, Yamashita N, Hiraoka S, Kumano H, Kuboki T, Oka Y

Int J Neuropsychopharmacol10(5)2007年-

Reliability of recalled self-report on headache intensity: investigation using ecological momentary assessment technique.

Kikuchi H, Yoshiuchi K, Miyasaka N, Ohashi K, Yamamoto Y, Kumano H, Kuboki T, Akabayashi A

Cephalalgia26(11)p.1335 - 13432006年-

Changes in heart rate with refeeding in anorexia nervosa: a pilot study.

Yoshida NM, Yoshiuchi K, Kumano H, Sasaki T, Kuboki T

J Psychosom Res61(4)p.571 - 5752006年-

Changes in cerebral glucose utilization in patients with panic disorder treated with cognitive-behavioral therapy.

Sakai Y*, Kumano H*, Nishikawa M, Sakano Y, Kaiya H, Imabayashi E, Ohnishi T, Matsuda H, Yasuda A, Sato A, Diksic M, Kuboki T *These authors contributed equally to this work.

Neuroimage33(1)p.218 - 2262006年-

Yearlong physical activity and depressive symptoms in older Japanese adults: cross-sectional data from the Nakanojo Study.

Yoshiuchi K, Nakahara R, Kumano H, Kuboki T, Togo F, Watanabe E, Yasunaga A, Park H, Shephard RJ, Aoyagi Y

Am J Geriatr Psychiatry14(7)p.621 - 6242006年-

Prospective study on influence of psychosocial factors on glycemic control in Japanese patients with type 2 diabetes.

Nakahara R, Yoshiuchi K, Kumano H, Hara Y, Suematsu H, Kuboki T

Psychosomatics47(3)p.240 - 2462006年-

Bulimia nervosa and abnormal cardiac repolarization.

Takimoto Y, Yoshiuchi K, Kumano H, Kuboki T

J Psychosom Res60(1)p.105 - 1072006年-

Does the Aging Males' Symptoms scale assess major depressive disorder?: a pilot study.

Yoshida NM*, Kumano H*, Kuboki T *These authors contributed equally to this work.

Maturitas.53(2)p.171 - 1752006年-

精神的外傷を引き起こす死別の社会文化的背景への一考察−説明モデルとしてのオマーンのZombification−.

Samir Al-Adawi, 鄭 志誠, 辻内琢也, 葉山玲子, 吉内一浩, 熊野宏昭, 久保木富房

心身医学45(12)p.933 - 9412005年-

過敏性腸症候群を伴うパニック障害患者の臨床的特徴.

菅谷 渚, 貝谷久宣, 熊野宏昭, 野村 忍

心身医学45(12)p.915 - 9222005年-

心身医療における“証言に基く医療”:文化人類学による質的研究(第2報).

鈴木勝己,辻内琢也,辻内優子,熊野宏昭,久保木富房

心身医学45(12)p.907 - 9142005年-

パーソナリティと生活習慣,食行動および生理指標との関連性の検討−Short Interpersonal Reactions Inventory (SIRI) 日本語短縮版を用いた分析.

織井優貴子,熊野宏昭,宗像正徳,福土審

心身医学45(11)p.849 - 8542005年-

Analysis of energy expenditure, endocrine function, and autonomic nervous activity in anorexia nervosa patients during refeeding: A pilot study.

Yoshida NM, Yoshiuchi K, Kumano H, Sasaki T, Kuboki T

Nutr Res25p.959 - 9702005年-

Harmony-seeking and the risk of prostate cancer: a prebioptic study.

Kumano H, Haseme E, Fujimoto H, Matsuoka N, Yoshiuchi K, Uchitomi Y, Akechi T, Nakano T, Kobayashi M, Agari I, Kuboki T

J Psychosom Res59p.167 - 1742005年-

Hikikomori, is it a culture-reactive or culture-bound temperament?: Nidotherapy and clinical vignette from Oman.

Sakamoto N, Martin RG, Kumano H, Kuboki T, Al-Adawi S

Int J Psychiatry Med35(2)p.191 - 1982005年-

A Placebo-controlled, randomized withdrawal study of Sertraline for panic disorder in Japan

Kamijima K, Kuboki T, Kumano H, Burt T, Cohen G, Arano I, Hamasaki T

Int Clin Psychopharm20(5)p.265 - 2732005年-

Use of QEESI© questionnaire for a screening study in Japan.

Hojo S, Yoshino H, Kumano H, Kakuta K, Miyata M, Sakabe K, Matsui T, Ikeda K, Nozaki A, Ishikawa S

Toxicol Ind Health21p.113 - 1242005年-

Cerebral glucose metabolism associated with a fear network in panic disorder.

Sakai Y*, Kumano H*, Nishikawa M, Sakano Y, Kaiya H, Imabayashi E, Ohnishi T, Matsuda H, Yasuda A, Sato A, Diksic M, Kuboki T *These authors contributed equally to this work.

NeuroReport16(9)p.927 - 9312005年-

心身医療における病いの語り:文化人類学による質的研究(第1報).

鈴木勝己,辻内琢也,辻内優子,熊野宏昭,久保木富房

心身医学45(6)p.449 - 4572005年-

Possible interactive effects of demographic factors and stress coping mechanisms on depression and anxiety in maintenance hemodialysis patients.

Takaki J, Nishi T, Shimoyama H, Inada T, Matsuyama N, Kumano H, Kuboki T

J Psychosom Res58(3)p.217 - 2232005年-

Explicit knowledge and intention to learn in sequence learning: an ERP study.

Miyawaki K, Sato A, Yasuda A, Kumano H, Kuboki T

NeuroReport16(7)p.705 - 7082005年-

日本人に対するQEESI応用の試み−QEESIのMCSおよびシックハウス症候群患者のスクリーニング用問診票として使用事例−.

北條祥子,吉野博,熊野宏昭,角田和彦,宮田幹夫,坂部貢,松井孝子,池田耕一,野崎敦夫,石川哲

臨床環境医学13(2)p.110 - 1192005年-

Symptom profile of multiple chemical sensitivity in actual life.

Saito M, Kumano H*, Yoshiuchi K, Kokubo N, Ohashi K, Yamamoto Y, Shinohara N, Yanagisawa Y, Sakabe K, Miyata M, Ishikawa S, Kuboki T *Corresponding author

Psychosom Med67p.318 - 3252005年-

Effects of value and reward magnitude on feedback negativity and P300.

Sato A, Yasuda A, Ohira H, Miyawaki K, Nishikawa M, Kumano H, Kuboki T

NeuroReport16(4)2005年-

民俗セクター医療を利用する患者の社会文化的背景—医療人類学的視点による質的研究.

辻内琢也,鈴木勝己,辻内優子,熊野宏昭,久保木富房

心身医学45(1)p.53 - 622005年-

Error-related negativity reflects detection of negative reward prediction error.

Yasuda A, Sato A, Miyawaki K, Kumano H, Kuboki T

NeuroReport15(16)p.2561 - 25652004年-

Laterality and imbalance of muscle stiffness relates to personality.

Nakaya N, Kumano H, Minoda K, Kanazawa M, Fukudo S

Behav Med30(1)p.5 - 92004年-

東大式社会不安尺度の開発と信頼性・妥当性の検討.

貝谷久宣,金井嘉宏,熊野宏昭,坂野雄二,久保木富房

心身医学44(4)p.279 - 2872004年-

Power law temporal auto-correlations in day-long records of human physical activity and their alteration with disease.

Nunes Amaral LA, Bezerra Soares DJ, da Silva LR, Lucena LS, Saito M, Kumano H, Aoyagi N, Yamamoto Y

Europhys Lett66(3)p.448 - 4542004年-

Preliminary study: psychological effects of the muscle relaxation on juvenile delinquents.

Nakaya N, Kumano H, Minoda K, Koguchi T, Tanouchi K, Kanazawa M, Fukudo S

Int J Behav Med11(3)p.176 - 1802004年-

QT interval and QT dispersion in eating disorders.

Takimoto Y, Yoshiuchi K, Kumano H, Yamanaka G, Sasaki T, Suematsu H, Nagakawa Y, Kuboki T

Psychother Psychosom73p.324 - 3282004年-

Comorbidity of irritable bowel syndrome, panic disorder and agoraphobia in a Japanese representative sample.

Kumano H, Kaiya H, Yoshiuchi K, Yamanaka G, Sasaki T, Kuboki T

Am J Gastroenterol99p.370 - 3762004年-

Application of Quick Environment Exposure Sensitivity Inventory (QEESI©) for Japanese population: study of reliability and validity of the questionnaire.

Hojo S, Kumano H, Yoshino H, Kakuta K, Ishikawa S

Toxicol Ind Health19p.41 - 492003年-

Interactions among a stressor, self-efficacy, coping with stress, depression, and anxiety in maintenance hemodialysis patients.

Takaki J, Nishi T, Shimoyama H, Inada T, Matsuyama N, Kumano H, Kuboki T

Behav Med29(3)p.107 - 1122003年-

広場恐怖を伴うパニック障害患者における一般性セルフ・エフィカシー尺度の特徴に関する検討.

陳峻文,形岡美穂子,鈴木伸一,川村由美子,熊野宏昭,貝谷久宣,坂野雄二

心身医学43(12)p.821 - 8282003年-

Possible variances of blood urea nitrogen, serum potassium and phosphorus levels and interdialytic weight gain accounted for compliance of hemodialysis patients.

Takaki J, Nishi T, Shimoyama H, Inada T, Matsuyama N, Sakaki T, Kumano H, Kuboki T

J Psychosom Res55p.525 - 5292003年-

Clinical worth of adiponectin levels in obesity and glycemic control of Japanese type 2 diabetic patients.

Nonogaki K, Kumano H, Ootsuka Y, Takeuchi A, Nonogaki N, Kuboki T

Diabetes Care26p.31982003年-

Behavioral power-law exponents in the usage of electric appliances correlate mood states in the elderly.

Yoshiuchi K, Yamamoto Y, Niwamoto H, Watsuji T, Kumano H, Kuboki T

International Journal of Sport and Health Sciences1(1)p.41 - 472003年-

High social desirability and prefrontal cortical activity in cancer patients: a preliminary study.

Tashiro T, Juengling F, Moser E, Reinhardt M, Kubota K, Yanai K, Sasaki H, Nitzsche EU, Kumano H, Itoh M

Med Sci Monit9(4)p.CR119 - 1242003年-

Clinical and psychological aspects of restless legs syndrome in uremic patients on hemodialysis.

Takaki J, Nishi T, Nangaku M, Shimoyama H, Inada T, Matsuyama N, Kumano H, Kuboki T

Am J Kidney Dis41(4)p.833 - 8392003年-

Reliability and validity of a Japanese version of the Eating Disorder Inventory.

Shimura M, Horie H, Kumano H, Sakano Y, Suematsu H

Psychological Reports92p.131 - 1402003年-

Relations among premorbid weight, referral weight, and psychological test scores for patients with anorexia nervosa.

Miyasaka N, Yoshiuchi K, Yamanaka G, Sasaki T, Kumano H, Kuboki T

Psychological Reports92p.67 - 742003年-

Associations and interactions of age, sex, and duration of hemodialysis with compliance in uremic patients.

Takaki J, Nishi T, Shimoyama H, Inada T, Matsuyama N, Sasaki T, Kumano H, Kuboki T

Dialysis Transplant32(1)p.12 - 162003年-

Effects of effort and distress coping processes on psychophysiological and psychological stress responses.

Suzuki S, Kumano H, Sakano Y

International Journal of Psychophysiology47p.117 - 1282003年-

Relationship of health status and social support to the life satisfaction of older adults.

Wang CW, Iwaya T, Kumano H, Suzukamo Y, Tobimatsu Y, Fukudo S

Tohoku J Exp Med198p.141 - 1492002年-

心療内科および神経科プライマリーケア施設における認知行動療法適用の実際.

大塚明子,形岡美穂子,村中泰子,川村有美子,鈴木伸一,熊野宏昭

行動療法研究28p.15 - 242002年-

反抗挑戦性障害(ODD)を併存した注意欠陥/多動性障害(ADHD)に対し家族療法と薬物療法を併用し改善した1例.

齊藤麻里子,佐々木直,熊野宏昭,竹内俊明,福島一成,佐藤亜貴子,児玉真澄,牛田洋一,長谷川啓三,久保木富房

心療内科6(3)p.210 - 2162002年-

心療内科入院治療を施行した不登校症例の病態特徴について−DSM(Ⅲ-R&Ⅳ)多軸評定に準じた形式での評定結果より−.

古口高志,山内祐一,熊野宏昭

心身医学42(7)p.468 - 4742002年-

化学物質過敏症における心身医学的検討.

辻内優子,熊野宏昭,吉内一浩,辻内琢也,中尾睦宏,久保木富房,岡野禎治

心身医学42(3)p.206 - 2162002年-

The effect of Qi-gong relaxation exercise on the control of type 2 diabetes mellitus: a randomized controlled trial.

Tsujiuchi T, Kumano H, Yoshiuchi K, He D, Tsujiuchi Y, Kuboki T, Suematsu H, Hirao K

Diabetes Care25p.241 - 2422002年-

Relationship between somatosensory amplification and alexithymia in a Japanese psychosomatic clinic.

Nakao M, Barsky AJ, Kumano H, Kuboki T

Psychosomatics43p.55 - 602002年-

視覚障害への心理的適応を測定する尺度 The Nottingham Adjustment Scale 日本語版の開発.

鈴鴨よしみ, 熊野宏昭, 岩谷力

心身医学41(8)p.609 - 6182001年-

外傷体験後、予期不安からパニック発作を繰り返してきた広場恐怖患者の認知行動療法.

大塚明子,熊野宏昭

行動療法研究27p.83 - 962001年-

Lateralization of the relationship between changes in NK activity and the change in the alpha wave.

Kamei T, Hata K, Toriumi Y, Otani H, Kumano H, Jimbo S

Photomedicine and Photobiology23p.85 - 912001年-

Relationship between trait anxiety, brain activity and natural killer cell activity in cancer patients: a preliminary PET study.

Tashiro M, Itoh M, Kubota K, Kumano H, Masud MM, Moser E, Arai H, Sasaki H

Psychooncology10(6)p.541 - 5462001年-

Short Interpersonal Reactions Inventory日本語短縮版(SIRI33)によるタイプC測定に関する弁別的妥当性の検討.

熊野宏昭,久保木富房,織井優貴子,福瀬達郎,平田敏樹,篠原一彦,瀬戸正弘,上里一郎,坂野雄二

心身医学41(8)p.593 - 5992001年-

中学生の自殺親和状態尺度作成の試み.

大塚明子,熊野宏昭,瀬戸正弘,上里一郎

カウンセリング研究34(1)p.21 - 302001年-

身体感覚増幅尺度日本語版の信頼性・妥当性の検討−心身症患者への臨床的応用について−.

中尾睦宏,熊野宏昭,久保木富房,Barsky AJ

心身医学41(7)p.540 - 5472001年-

摂食障害のサブタイプにおける認知的障害の程度は同じか?−認知行動理論からの検討−.

松本聰子,佐々木直,熊野宏昭,久保木富房,野村忍,坂野雄二,成尾鉄朗,野添信一

心身医学41(7)p.530 - 5372001年-

Tashiro M, Juengling FD, Reinhardt MJ, Mix M, Kumano H, Kubota K, Itoh M, Sasaki H, Nitzsche EU, Moser E

Depressive state and regional cerebral activity in cancer patients - a preliminary study.

Med Sci Monit7(4)p.687 - 6952001年-

Short Interpersonal Reactions Inventory日本語短縮版作成の試み(第2報)−33項目版への改定.

熊野宏昭,織井優貴子,山内祐一,瀬戸正弘,上里一郎,坂野雄二,宗像正徳,吉永馨,佐々木直,久保木富房

心身医学40(6)p.447 - 4542000年-

服薬コンプライアンス尺度(第2報)−心療内科における服薬コンプライアンスに関わる諸要因.

平塚祥子,熊野宏昭,片山潤,岸川幸生,菱沼隆則,山内祐一,水柿道直

薬学雑誌120p.224 - 2292000年-

服薬コンプライアンス尺度(第1報)−服薬コンプライアンス尺度の作成.

平塚祥子,熊野宏昭,片山潤,岸川幸生,菱沼隆則,山内祐一,水柿道直

薬学雑誌120p.224 - 2292000年-

赤光発光ダイオード光の前頭部への照射が末梢血中のナチュラルキラー細胞に与える効果.

亀井勉,鳥海善貴,熊野宏昭,大谷浩,安土光男,柳平雅俊,神保聖一

照明学会誌84(11)p.851 - 8542000年-

転換性障害を合併した難治性喘息の1例.

境洋二郎,江花昭一,川原健資,山本晴義,津久井要,桂戴作,熊野宏昭,久保木富房

心療内科4p.363 - 3672000年-

Use of Photic Feedback as an Adjunct Treatment in a Case of Miller Fisher Syndrome.

Kamei T, Toriumi Y, Kumano H, Fukada M, Matsumoto T

Perceptual and Moter Skills90p.262 - 2642000年-

Effect of Half the Standard Dose of Mao-Bushi-Saishin-To in Two MRSA Patients and One Decubitus Ulcer Patient.

Kamei T, Nagura S, Toriumi Y, Kumano H, Kondoh T, Tomioka H

American Journal of Chinese Medicine28p.301 - 3042000年-

The Effect a Traditional Chinese Prescription for a Case of Lung Carcinoma.

Kamei T, Kumano H, Iwata K, Nariai Y, Matsumoto T

The Journal of Alternative and Complementary Medicine6(6)p.557 - 5592000年-

Improvement of C-Reactive Protein Levels and Body Temperature of an Elderly Patient Infected with Pseudomonas aeruginosa on Treatment with Mao-Bushi-Saishin-To.

Kamei T, Kondoh T, Nagura S, Toriumi Y, Kumano H, Tomioka H

The Journal of Alternative and Complementary Medicine6(3)p.235 - 2392000年-

Decrease in Serum Cortisol during Yoga Exercise is Correlated with Alpha Wave Activation.

Kamei T, Toriumi Y, Kimura H, Ohno S, Kumano H, Kimura K

Perceptual and Motor Skills90p.1027 - 10322000年-

前頭部α波パルス光同調反応のnatural killer細胞への効果−脳腫瘍術後患者2例での検討.

亀井勉、山崎俊樹、熊野宏昭、森竹浩三

神経免疫研究12p.45 - 511999年-

Investigation of social influence on eating disorder tendencies and behavior among female students.

Matsumoto M, Kumano H, Sakano Y

Japanese Journal of Behavior Therapy25p.11 - 231999年-

在宅介護者のHealth Related QOLの測定.

古瀬みどり,鈴鴨よしみ,熊野宏昭

看護研究32p.483 - 4881999年-

Psychosocial Factors Associated with Peptic Ulcer in Aged Persons.

Furuse M, Kumano H, Yoshiuchi K, Yamauchi Y

Psychological Reports85p.761 - 7691999年-

Assessment of Ego State in Anorexia Nervosa and Bulimia Nervosa.

Nakao M, Kumano H, Nomura S, Kuboki T, Murata K

Acta Psychiatrica Scandinavica99(5)p.385 - 3871999年-

Age-Related Bone Loss: Relationship between Age Group and Regional Bone Mineral Density.

Kamei T, Aoyagi K, Matsumoto T, Ishida Y, Iwata K, Kumano H, Murakami Y, Kato Y

Tohoku Journal of Experimental Medicine187p.141 - 1471999年-

Short Interpersonal Reactions Inventory日本語短縮版作成の試み−タイプCパーソナリティ測定を中心として.

熊野宏昭,織井優貴子,鈴鴨よしみ,山内祐一,宗像正徳,吉永馨,瀬戸正弘,坂野雄二,上里一郎,久保木富房

心身医学39p.335 - 3411999年-

嫌悪状況下の心理的,生理的反応に及ぼす対処行動の効果.

鈴木伸一,熊野宏昭,坂野雄二

行動療法研究24p.85 - 971998年-

高齢のOFLX耐性の感染症3例にみられた1/2服用量の麻黄附子細辛湯投与によるCRP値改善と解熱.

亀井 勉,鳥海善貴,名倉 智,熊野宏昭,冨岡治明

和漢医薬学雑誌15p.462 - 4631998年-

SF-MPQからみた慢性疼痛の鑑別診断.

青山宏,山口真人,熊野宏昭,山内祐一,田口文人

慢性疼痛17p.72 - 751998年-

接触加熱型痛覚閾値測定システムによる慢性疼痛の評価.

山口真人,青山宏,山内祐一,水谷好成,山本光璋,田口文人,熊野宏昭

慢性疼痛17(1)p.45 - 481998年-

Influences of Long and Short-distance Driving on Alpha Waves and Natural Killer Cell Activity.

Kamei T, Kumano H, Iwata K, Yasushi M

Perceptual and Motor Skills87p.1419 - 14231998年-

ストレス対処過程におけるEffort、Distress次元が心理・生理的反応に及ぼす影響.

鈴木伸一,熊野宏昭,坂野雄二

心身医学38p.597 - 6051998年-

Psychosocial Factors Influencing the Short-term Outcome of Antithyroid Drug Therapy in Graves' Disease.

Yoshiuchi K, Kumano H, Nomura S, Yoshimura H, Ito K, Kanaji Y, Kuboki T, Suematsu H

Psychosomatic Medicine60p.592 - 5961998年-

スポーツ傷害発生における身体的・心理社会的要因について−ACL損傷の2症例−.

小西由里子,山本利春,有馬三郎,熊野宏昭,山内祐一

アスレティック・リハビリテーション1(1)p.45 - 511998年-

Autonomic Nervous Functions and Psycho-behavioral Factors on Genesis of White Coat Hypertension.

Hiraizumi T, Kumano H, Munakata M, Yoshinaga K, Taguchi F, Yamauchi Y

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine38(6)p.397 - 4051998年-

Responses of Healthy Individuals to Ninjin-Yoei-To Extract: Enhancement of Natural Killer Cell Activity.

Kamei T, Kumano H, Beppu K, Iwata K, Masumura S

American Journal of Chinese Medicine26(1)p.91 - 951998年-

Stress and Smoking were Associated with Graves' Disease in Women, but Not in Men.

Yoshiuchi K, Kumano H, Nomura S, Yoshimura H, Ito K, Kanaji Y, Ohashi Y, Kuboki T, Suematsu H

Psychosomatic Medicine60p.182 - 1851998年-

Fatigue Mood as a Discrimination Indicator between Anorexia Nervosa and Bulimia Nervosa.

Nakao M, Kumano H, Nomura S, Kuboki T, Murata K

Acta Psychiatrica Scandinavica97p.202 - 2051998年-

Assessment of Patients by DSM-III-R and DSM-IV in a Japanese Psychosomatic Clinic.

Nakao M, Nomura S, Yamanaka M, Kumano H, Kuboki T

Psychotherapy and Psychosomatics67p.43 - 491998年-

ロールシャッハ・テストによる摂食障害患者の臨床像の特徴についての考察.

原田眞理,熊野宏昭,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医学38(2)p.143 - 1521998年-

心身症と神経症の臨床的特徴−DSM-Ⅲ-Rによる検討−.

中尾睦宏,野村忍,熊野宏昭,山中学,久保木富房

心身医学38(1)p.47 - 541998年-

Influence of Forehead Exposure to Red Photodiode Light on NK Activity.

Kamei T, Kumano H, Matsumoto T, Yasushi M, Jimbo S

Photomedicine and Photobiology19p.145 - 1481997年-

光フィードバックの繰り返し施行による生理心理学的変化.

渡辺宙子,熊野宏昭,山内祐一,藤本敏彦,安士光男

心身医学37(8)p.575 - 5841997年-

EEG-driven Photic Stimulation Effect on Plasma Cortisol and B-endorphin.

Kumano H, Horie H, Kuboki T, Suematsu H, Sato H, Yasushi M, Kamei T, Masumura S

Applied Psychophysiology and Biofeedback22(3)p.193 - 2081997年-

Brain Imaging of Patients Suffering from Cancer.

Tashiro M, Kamada M, Itoh M, Kumano H, Kubota K, Nakagawa Y, Fukushima T, Nakayama K, Higuchi M, Sasaki H

Journal of International Society of Life Information Science15(2)p.408 - 4111997年-

成人型アトピー性皮膚炎の心身医学的研究(第2報)−末梢血好酸球数,LDH,IgEと心理指標の検討−.

川原健資,山本晴義,江花昭一,津久井要,佐々木篤代,加藤一郎,向井秀樹,熊野宏昭

心身医学37(7)p.503 - 5091997年-

大腿四頭筋の筋疲労による筋力低下が歩容に及ぼす影響.

小西由里子,熊野宏昭,佐藤明,大森浩明

バイオメカニクス研究1(1)p.30 - 401997年-

どのようなダイエット行動が摂食障害傾向やBinge Eatingと関係しているか.

松本聰子,熊野宏昭,坂野雄二

心身医学37(6)p.425 - 4321997年-

Relationships among Type A Behavior Pattern, Job Stress, and Life Styles (2nd Report).

Suzukamo Y, Kumano H, Yamauchi Y

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine37(6)p.417 - 4241997年-

絶食療法における自律神経機能の検討.

川原健資,山本晴義,江花昭一,津久井要,佐々木篤代,熊野宏昭,末松弘行

心身医学37(6)p.407 - 4151997年-

成人型アトピー性皮膚炎の心身医学的研究(第1報)−特に重症度・臨床経過からみた心理学的特徴の検討−.

川原健資,山本晴義,江花昭一,津久井要,佐々木篤代,加藤一郎,向井秀樹,熊野宏昭

心身医学37(5)p.337 - 3461997年-

タイプA行動パターンと職場ストレスおよび生活習慣の関連について.

鈴鴨よしみ,熊野宏昭,山内祐一

心身医学37(5)p.327 - 3361997年-

Clinical Effects of Blood Pressure Biofeedback Treatment on Hypertension by Auto-shaping.

Nakao M, Nomura S, Shimosawa T, Yoshiuchi K, Kumano H, Kuboki T, Suematsu H, Fujita T

Psychosomatic Medicine59p.331 - 3381997年-

Changes of Immunoregulatory Cells Associated with Psychological Stress and Humor.

Kamei T, Kumano H, Masumura S

Perceptual and Motor Skills84p.1296 - 12981997年-

Hemodynamic and Endocrine Responsiveness to Mental Arithmetic Task and Mirror Drawing Test in Patients with Essential Hypertension.

Yoshiuchi K, Nomura S, Ando K, Ohtake T, Shimosawa T, Kumano H, Kuboki T, Suematsu H, Fujita T

American Journal of Hypertension10p.243 - 2491997年-

白衣現象と精神ストレス負荷時昇圧反応の類似点と相違点−心理・行動特性,自律神経機能の側面から−.

平泉武志,熊野宏昭,山内祐一,宗像正徳,吉永馨,田口文人

Therapeutic Research18(2)p.533 - 5361997年-

Cognitive Behavior Therapy for Eating Disorders: Its Advantages and Shortcomings.

Kumano H, Yamauchi Y, Matsumoto S, Sakano Y, Kuboki T, Suematsu H

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine37(1)p.55 - 601997年-

人参養栄湯により陰陽虚実のスコアの逆転とともに腫瘍マーカーの改善がみられた原発性肺癌の一症例.

亀井勉,熊野宏昭,成相泰夫,武田勇

和漢医薬学雑誌13p.494 - 4951996年-

長距離運転と短距離運転がα波とNK細胞活性に与える影響について.

亀井勉,安士光男,熊野宏昭

神経免疫研究9(別冊)p.53 - 571996年-

阪神・淡路大震災におけるストレスと漢方治療.

辻内琢也,吉内一浩,熊野宏昭,伊藤克人,赤林朗,野村忍,久保木富房,末松弘行

日本東洋心身医学研究10(1,2)p.63 - 711996年-

阪神・淡路大震災における心身医学的諸問題(II)−身体的ストレス反応を中心として.

辻内琢也,吉内一浩,嶋田洋徳,伊藤克人,赤林朗,熊野宏昭,野村忍,久保木富房,坂野雄二,末松弘行

心身医学36(8)p.657 - 6651996年-

急性ストレス障害の阪神・淡路大震災被災者に対する眼球運動による脱感作(EMD)の適用.

市井雅哉,熊野宏昭

ブリーフサイコセラピー研究5p.53 - 681996年-

Treatment of a Depressive Disorder Patient with EEG-driven Photic Stimulation.

Kumano H, Horie H, Shidara T, Kuboki T, Suematsu H, Yasushi M

Biofeedback and Self-Regulation21p.323 - 3341996年-

Whole-body Metabolic Map with Positron Emission Tomography of a Man after Running.

Fujimoto T, Itoh M, Kumano H, Tashiro M, Ido T

Lancet348p.2661996年-

心身医学的教育の現状と展望.

野村忍,久保木富房,俵里英子,熊野宏昭,大島京子,吉内一浩,中尾睦宏,末松弘行

心身医学36(3)p.249 - 2541996年-

A Study of Patients Who Died of Eating Disorders.

Kuboki T, Nomura S, Kumano H, Suematsu H

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine36(2)p.107 - 1131996年-

心身医学に行動科学的治療研究を導入する意義.

熊野宏昭,佐々木直,堀江はるみ,久保木富房,末松弘行

心身医学36(1)p.39 - 461996年-

気管支喘息児のαリズムの変化とアレルギー関連検査値の変動との関連性についての検討.

亀井勉,木村浩,安士光男,熊野宏昭,桝村純生

神経免疫研究8(別冊)p.59 - 631995年-

心理社会的要因が非インスリン依存型糖尿病に及ぼす影響(その2)−6か月後のフォローアップデータを用いた研究−.

堀江はるみ,熊野宏昭,久保木富房,末松弘行,羽倉稜子

心身医学35(6)p.501 - 5091995年-

神経性食欲不振症の行動療法−不食型と大食型の比較−.

大林正博,櫻本美輪子,赤松えり子,佐々木直,高野晶,井出雅弘,熊野宏昭,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療7(3)p.377 - 3821995年-

Exercise Tolerance Evaluated by Respiratory Gas Analysis during Treadmill Exercise Test in Panic Disorder Patients.

Kumano H, Kuboki T, Ide M, Okabe F, Suematsu H

Japanese Journal of Psychosomatic Medicine35(8)p.671 - 6791995年-

呼吸回数が心拍変動に与える影響について.

中尾睦宏,熊野宏昭,久保木富房,安士光男,高島香代子

心身医学35(6)p.455 - 4621995年-

光駆動反応によるαリズムの変化が末梢血球数に及ぼす影響.

亀井勉,安士光男,熊野宏昭,末松弘行,山崎俊樹,森竹浩三,桝村純生

神経免疫研究7(別冊)p.153 - 1571994年-

The Japanese Concept of Interdependency.

Berger D, Ono Y, Kumano H, Suematsu H

American Journal of Psychiatry151(4)p.628 - 6291994年-

新しい気分調査票の開発とその信頼性・妥当性の検討.

坂野雄二,福井知美,熊野宏昭,堀江はるみ,川原健資,山本晴義,野村忍,末松行弘

心身医学34(8)p.629 - 6361994年-

自己脳波フィードバック光駆動療法の臨床応用に関する研究(第1報)−心理・生理指標に及ぼす効果の検討−.

川原健資,山本晴義,江花昭一,津久井要,青沼忠子,佐々木篤代,熊野宏昭,安士光男

心身医学34(7)p.581 - 5901994年-

神経性食欲不振症の認知行動療法−マニュアルを用いた治療研究について−.

佐々木直, 熊野宏昭,堀江はるみ,野村忍,久保木富房,末松弘行,大林正博,櫻本美輪子

心身医学34(2)p.175 - 1821994年-

日本語版 Eating Disorder Inventory-91 の因子構造について.

志村翠,堀江はるみ,熊野宏昭,久保木富房,末松弘行,坂野雄二

行動療法研究20(2)p.8 - 151994年-

心身社会的要因が糖尿病の血糖コントロールに及ぼす影響−数量化I類による多元的な解析による−.

堀江はるみ,熊野宏昭,野村忍,久保木富房,末松弘行,羽倉稜子

心身医学33(8)p.667 - 6741993年-

心療内科におけるコンサルテーション活動について−東大心療内科における研究−.

赤松えり子,熊野宏昭,竹内香織,大林正博,蓼原学宗,松波聖冶,俵里英子,井出雅弘,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医学33(8)p.675 - 6811993年-

抑うつ神経症へのα波フィードバック光駆動療法の適用に関するシングルケース研究.

熊野宏昭,堀江はるみ,久保木富房,末松弘行,安士光男,斉藤聡,千々岩克,福井知美,坂野雄二

心身医学33(8)p.651 - 6581993年-

α波フィードバック光駆動療法により軽快した乗り物恐怖の1例.

中尾睦宏,熊野宏昭,堀江はるみ,野村忍,久保木富房,末松弘行,福井知美,高島香代子,坂野雄二,安士光男,坂口正三郎

心身医療5(6)p.821 - 8241993年-

α波フィードバック光駆動装置がもたらす心理学的および生理学的効果−自律訓練法との比較による検討−.

中本智恵美,熊野宏昭,堀江はるみ,野村忍,久保木富房,末松弘行,安士光男,斉藤聡,千々岩克

心身医学33(5)p.371 - 3801993年-

Irrational Beliefs and Images of Body Types in Adolescent Students and Eating Disorders Cases.

Koshikawa F, Nedate K, Kumano H, Suematsu H, Agari I

Japanese Health Psychology2p.54 - 631993年-

摂食障害の治療過程における心理的指標と身体的指標の関連についての研究(第1報).

小川志郎,大林正博,熊野宏昭,堀江はるみ,赤林朗,長瀧真理,赤松えり子,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療5(4)p.509 - 5151993年-

DOI

恐慌性障害患者における空間恐怖の治療.

井出雅弘、大林正博,熊野宏昭,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療5(2)p.233 - 2381993年-

Decrease of Plasma Substance P Caused by Photic Feedback.

Kamei T, Yasushi M, Chijiiwa M, Kumano H, Suematsu H, Masumura S

Photomedicine and Photobiology14p.89 - 941992年-

治療経過中著明な腹水を認めた神経性大食症の一例.

小川志郎,大林正博,松山典正,熊野宏昭,赤松えり子,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療4(7)p.832 - 8361992年-

東大心療内科におけるコンサルテーション活動(1)−概要−.

大林正博,竹内香織,熊野宏昭,松波聖治,井出雅弘,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療3(4)p.550 - 5551991年-

音楽療法が奏功を示した多汗症の1症例.

竹内香織,大林正博,熊野宏昭,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療3(4)p.556 - 5581991年-

心療内科データベースに関する研究−第1報−.

野村忍,井出雅弘,熊野宏昭,久保木富房,末松弘行

心身医療3(3)p.85 - 931991年-

自律訓練法と循環器系反応.

野村忍,竹内香織,熊野宏昭,大林雅弘,久保木富房,末松弘行

自律訓練研究12(1,2)p.35 - 401991年-

Interrelationship between Serume Enzymes and a Low T3 in Anorexia Nervosa.

Kumano H, Kuboki T, Tawara R, Sasaki T, Nomura S, Suematsu H, Ogata E

Endocrinologia Japonica37(4)p.583 - 5891990年-

Panic Disorderにおける乳酸負荷.

大林正博,井出雅弘,熊野宏昭,津久井要,苅部千恵,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療2(6)p.894 - 9031990年-

多食症に対する心理教育的アプローチ−認知行動療法的アプローチと交流分析療法を経時的に施行した二症例−.

熊野宏昭,和田迪子,長瀧真理,野村忍,久保木富房,末松弘行

交流分析研究14(1,2)p.43 - 491990年-

Panic Disorderの臨床研究.

井出雅弘,久保木富房,熊野宏昭,野村忍,末松弘行

心身医療1(8)p.1180 - 11851989年-

フィンガーペインティングを用いた心因性難聴の一例.

赤松えり子,熊野宏昭,松波聖治,高野晶,野村忍,久保木富房,末松弘行

心身医療1(4)p.553 - 5571989年-

Why are cadaveric renal transplants so hard to find in Japan? An analysis of economic and attitudinal aspects.

Ohi G, Hasegawa T, Kumano H, Kai I, Takenaga N, Taguchi Y, Saito H, Ino T

Health Policy6(3)p.269 - 2781986年-

クレゾール中毒.

熊野宏昭,黒木啓文,堤晴彦,豊岡秀訓,三井香児,西原カズヨ

月刊薬事28(8)p.1697 - 17011986年-

書籍等出版物

ストレスに負けない!心のストレッチ-はじめてのマインドフルネス.

熊野宏昭

NHK出版2017年-2017年

実践!マインドフルネス-今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン.

熊野宏昭,富田望, 樋沼友子, 荒木美乃里, 黒田彩加

サンガ2016年-2016年

新世代の認知行動療法.

熊野宏昭

日本評論社2012年-2012年

マインドフルネスそしてACTへ-二十一世紀の自分探しプロジェクト.

熊野宏昭

星和書店2011年-2011年

二十一世紀の自分探しプロジェクト-キャラの檻から出て、街に出かけよう.

熊野宏昭

サンガ2009年-2009年

ストレスに負けない生活-心・身体・脳のセルフケア.

熊野宏昭

筑摩書房2007年-2007年

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

アレキシサイミアにおける、自己意識・メタ認知に関する統合的脳機能画像研究

2011年-0月-2016年-0月

配分額:¥18850000

研究種別:

化学物質過敏症およびシックハウス症候群の病態解明と診断に有用な問診票の作成

配分額:¥4680000

研究種別:

化学物質過敏症患者の日常生活における化学物質曝露と健康影響に関する研究

配分額:¥32370000

研究種別:

携帯情報端末を用いた「治療の科学化」推進システムの開発

配分額:¥11940000

研究種別:

身体活動時系列の信号解析・解釈に関する研究

配分額:¥11700000

研究種別:

がん患者における大脳辺縁系機能抑制に関しての画像的研究

配分額:¥3200000

研究種別:基盤研究(B)

身体活動時系列の信号解析・解釈に関する研究

2003年-2005年

研究分野:身体教育学

配分額:¥11700000

研究種別:基盤研究(C)

がん患者における大脳辺縁系機能抑制に関しての画像的研究

1998年-1999年

研究分野:放射線科学

配分額:¥3200000

研究種別:

仏教学・心理学・脳科学の協同による止観とマインドフルネスに関する実証的研究

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥24570000

研究種別:

社交不安症における自己注目と脅威モニタリング:注意制御不全への介入方法の最適化

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

うつ病の病態維持に関わる前頭葉機能異常と注意制御機能訓練の治療効果

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

多世代型アプローチによる認知症高齢者支援プログラムの開発

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥14430000

学内研究制度

特定課題研究

うつ病の病態維持に関る前頭葉機能異常と注意制御機能訓練の治療効果

2012年度

研究成果概要: 本研究の進捗状況としては、注意訓練(Attention Training; ATT)課題、効果の評価課題、光トポグラフィ(NIRS)と機能性核磁気共鳴画像(fMRI)のそれぞれを用いた実験のプロトコールを作成し、予備的検討を続け... 本研究の進捗状況としては、注意訓練(Attention Training; ATT)課題、効果の評価課題、光トポグラフィ(NIRS)と機能性核磁気共鳴画像(fMRI)のそれぞれを用いた実験のプロトコールを作成し、予備的検討を続けてきた。また、本研究の基礎になる観点を総説論文の形にまとめ、『心身相関医学の最新知識』に発表した。 ATT課題では、音源を複数用意し、研究従事者及び大学院生に聞き取りやすさ等を調査し、適切な音源を作成した。また、予備実験として、大学生を対象とした介入実験を行った。実験は、統制期間10日間、介入期間10日間とし、ATTを行う前には心理教育を実施した。介入期間には被験者にホームワークを課し、ATTを1日15分行うように伝えた。そして、ATTを行った時間・場所・周囲の状況・集中度・雑念が浮かんだ時の対処法の記入も求めた。結果は、抑うつには効果はみられなかったものの、反芻には有意な改善がみられた。抑うつに効果がみられなかったことに関しては、介入期間の短さや、元々の抑うつの低さが原因として考えられた。 NIRS用の評価課題としては、注意制御機能の3 つのコンポーネント(注意の選択、転換、分割)の測定が可能となる両耳分離聴課題を作成している。作成に当たっては、研究従事者及び大学院生に課題の難易度、聴覚刺激の聞き取りやすさ等に関する意見を求め、修正を繰り返している。fMRI用の評価課題としては、脳機能レベルで両耳分離聴課題(上記とは別課題)、PASATを、行動レベルでEmotional Distraction課題を作成した。後者については、情動刺激を選定し、プログラムの改良と予備実験を繰り返している。両耳分離聴課題とPASATについては、fMRIを用いた予備実験を5名実施した結果に基づいて課題を改良し、再度、課題やプロトコールの評価のために予備実験を10名について実施することを予定している。現在、6名実施し、結果の整理、分析を随時実施している。 以上の成果を踏まえて提出した研究計画が、平成25年~27年度の基盤研究(C)に採択されたので、予備実験の結果を踏まえてこれから本実験に取り掛かる予定である。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
ケースフォーミュレーション(心理的アセスメント) 01人間科学部2018春学期
東洋医学の人間科学(井深大基金講座)人間科学部2018秋学期
行動医学人間科学部2018秋学期
専門ゼミI(行動医学)人間科学部2018春学期
専門ゼミII(行動医学)人間科学部2018秋学期
健康福祉医学概論人間科学部2018秋学期
行動医学 01人間科学部(通信教育課程)2018秋学期
行動医学 02人間科学部(通信教育課程)2018秋学期
行動医学 03人間科学部(通信教育課程)2018秋学期
行動医学研究指導 A大学院人間科学研究科2018春学期
行動医学研究指導 B大学院人間科学研究科2018秋学期
行動医学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2018春学期
行動医学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2018秋学期
行動医学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2018春学期
行動医学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2018秋学期
臨床心理査定特論I(心理的アセスメントに関する理論と実践)大学院人間科学研究科2018春学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)A 01大学院人間科学研究科2018春学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)A 02大学院人間科学研究科2018春学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)B 01大学院人間科学研究科2018秋学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)B 02大学院人間科学研究科2018秋学期
臨床心理実習 IIA 01大学院人間科学研究科2018春学期
臨床心理実習 IIA 02大学院人間科学研究科2018春学期
臨床心理実習 IIB 01大学院人間科学研究科2018秋学期
臨床心理実習 IIB 02大学院人間科学研究科2018秋学期
心理実践実習 VIIA 01大学院人間科学研究科2018春学期
心理実践実習 VIIA 02大学院人間科学研究科2018春学期
心理実践実習 VIIB 01大学院人間科学研究科2018秋学期
心理実践実習 VIIB 02大学院人間科学研究科2018秋学期
マインドフルネスの実践と科学大学院人間科学研究科2018集中講義(春学期)
行動医学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2018春学期
行動医学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2018秋学期
脳科学入門 グローバルエデュケーションセンター2018春季集中

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度