氏名

オオタ トオル

太田 亨

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0129885/)

所属

(教育学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.dept.edu.waseda.ac.jp/ohta-lab/OhtaLab-website/index.html(研究室紹介)

研究者番号
40409610

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

学内研究所等

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-2000年 九州大学 理学部 地球惑星科学科
-2004年 早稲田大学 理工学研究科 環境資源及材料理工学専攻

学位

博士(理学) 課程 早稲田大学 地質学

経歴

2004年-2005年:早稲田大学理工学総合研究センター 客員研究員
2005年-2007年:早稲田大学教育・総合科学学術院 助手
2008年-2011年: 早稲田大学教育・総合科学学術院 専任講師
2012年-:早稲田大学教育・総合科学学術院 准教授
2013年-2013年:千葉大学理学研究科非常勤講師

所属学協会

アメリカ地球物理連合

地球惑星科学連合

国際堆積学者協会

日本鉱物科学会

日本地球化学会

日本情報地質学会

日本堆積学会

日本地質学会

委員歴・役員歴(学外)

2009年-:日本地質学会 選挙管理委員
2011年-2015年:日本堆積学会 行事委員
2012年-Island Arc誌 Associate Editor
2012年-2014年:教育学部教務副主任(教務担当)
2014年-2016年教育学部教務主任(入試担当)

研究分野

キーワード

堆積盆解析、堆積物重力流、砂岩組成、対数比解析

科研費分類

数物系科学 / 地球惑星科学 / 地質学

研究テーマ履歴

2007年-2010年下部白亜系関門層群の古土壌層の古風化条件と古環境解析

研究テーマのキーワード:古土壌,古環境,白亜紀

個人研究

2006年-2010年岩石風化作用による地球化学的挙動の解析

研究テーマのキーワード:風化作用,地球化学,風化指標

個人研究

2004年-2006年上部蝦夷層群大曲層の堆積相解析

研究テーマのキーワード:堆積相解析,白亜系,大曲層

個人研究

2005年-2006年定数和データの統計学的解析

研究テーマのキーワード:定数和,対数比解析,不変変量

個人研究

2000年-2008年黒瀬川帯における堆積作用変遷史

研究テーマのキーワード:黒瀬川帯,ジュラ系,白亜系,堆積岩

個人研究

論文

Future lunar mission Active X-ray Spectrometer development: Surface roughness and geometry studies

Naito M., Hasebe N, Kusano H., Nagaoka H., Kuwako M., Oyama Y., Shibamura E, Amano Y., Ohta T, Kim K.J., Matias Lopes J.A.

Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A788p.182 - 1872015年06月-

DOI

The evaluation of macroscopic and microscopic textures of sand grains using elliptic Fourier and principal component analysis: implications for the discrimination of sedimentary environments

Suzuki K., Fujiwara H. and Ohta T.

Sedimentology62(4)p.1184 - 11972015年06月-

DOI

Palaeo-Mesoproterozoic sedimentation and tectonics of the Singhbhum Craton, eastern India, and implications for global and craton-specific geological events

Mazumder R., De S., Ohta T., Flannery D., Mallik L., Chaudhury T., Chatterjiee P., Ranaivoson, M. A. and Arima M.

Geological Society Special Memoir43p.139 - 1492015年04月-

DOI

Characterization of submarine canyon bathymetries in northern Ionian Sea, Italy, using sediment geochemical variation induced by transportation distance and basin depth

Perri F., Ohta T. and Critelli S.

International Journal of Earth Sciences104p.1353 - 13642015年02月-

DOI

Geochemical and Sm-Nd isotopic characteristics of the Late Archaean-Palaeoproterozoic Dhanjori and Chaibasa metasedimentary rocks, Singhbum craton, East india: Implications for provenance, and contemporary basin tectonics

De S., Mazumder R., Ohta T., Henger E., Yamada K., Bhattacharyya T., Chiarenzelli J., Altermann W. and Arima M.

Precambrian Research256p.62 - 782015年01月-

DOI

An active X-ray spectrometer for the SELENE-2 rover

Kim K.J., Amano Y., Boyton W.V., Klingelhofer G., Brukner J., Hasebe N., Hamara D., Star R.D., Lim L.F., Ju G., Fagan T.J. Ohta T., Shibamura E.

Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences12p.Pk35 - Pk422014年11月-

低希釈ガラスビードによる岩石試料の蛍光X線分析:主成分元素と微量成分元素の同時測定法とその精度

太田 亨

学術研究(自然科学編)62p.1 - 92014年03月-

Paleoclimatic conditions and paleoweathering processes on Mesozoic continental red beds from Western-Central Mediterranean Alpine Chains

Perri F. and Ohta T.

Palaeogeography Palaeoclimatology Palaeoecology395p.144 - 1572014年01月-

DOI

Confirmation of a Middle Jurassic age for the Eedemt Formation in Dundgobi Province, southeast Mongolia: constraints from the discovery of new spinicaudatans (clam shrimps)

Li G., Ando H., Hasegawa H., Yamamoto M., Hasegawa T., Ohta T., Hasebe N. and Ichinnorov N.

Alcheringa38p.305 - 3162014年01月-

DOI

フーリエ解析とフラクタル次元による砕屑物粒子の定量方法と堆積場判別方法の提示

鈴木慶太・酒井邦彦・太田 亨

地質学雑誌119(3)p.205 - 2162013年03月-

DOI

紀伊半島東部四万十帯北帯的矢コンプレックスの放散虫化石層序

太田 亨・大竹奈保・森田信幸・上村哲哉・高橋奈美・香味早央理・坂 幸恭

学術研究 自然科学編61p.9 - 292013年02月-

三重県志摩半島東部の黒瀬川帯中生界から見出されたジュラ紀・白亜紀放散虫化石

太田 亨・今井智文・石田直人・坂 幸恭

地質学雑誌118p.588 - 5932012年12月-

Jurassic-Cretaceous lacustrine deposits in the East Gobi Basin, southeast Mongolia

Hisao Ando, Hitoshi Hasegawa, Takashi Hasegawa, Toru Ohta, Masanobu Yamamoto, Noriko Hasebe, Gang Li and Niiden Ichinnorov

Journal of Geological Society of Japan117(11)p.XI - XII2011年11月-

Identification of the Unchanging Reference Component of Compositional Data from the Properties of the Coefficient of Variation

Ohta T., Arai H. and Noda A.

Mathematical Geosciences43(4)p.421 - 4342011年05月-

DOI

Early Cretaceous Terrestrial Weathering in Northern China: Relationship between Paleoclimate Change and the Phased Evolution of the Jehol Biota

Ohta T., Li G., Hirano H., Sakai T., Kozai T., Yoshikawa T., Kaneko A.

Journal of Geology119p.81 - 962011年01月-

DOI

Anew geochemical weathering index for evaluating crustal weathering and paleoclimate

Ohta T., Kaneko A., Arai H.

Geochimica et Cosmochimica Acta73(13)p.A966 - A9662009年05月-

北海道北部天塩中川地域における空知層群ー蝦夷累層群境界の泥岩化学組成変動

小林誠之・太田 亨・平野弘道

三笠市立博物館紀要13p.21 - 342009年03月-

Measuring and adjusting the weathering and hydraulic sorting effects for rigorous provenance analysis of sedimentary rocks: a case study from the Jurassic Ashikita Group, SW Japan

Ohta T.

Sedimentology55p.1687 - 17012008年11月-

DOI

Statistical empirical index of chemical weathering in igneous rocks: A new tool for evaluating the degree of weathering

Ohta T. and Arai H.

Chemical Geology240p.280 - 2972007年06月-

DOI

組成データ解析における0値および欠損値の扱いについて

新井宏嘉・太田 亨

地質学雑誌112(7)p.439 - 4512006年07月-

対数比法における規格化成分選定プログラム—Woronow-Love-Schedl法の自動化—

新井宏嘉・太田 亨

地質学雑誌112(6)p.430 - 4352006年06月-

組成データ解析の問題点とその解決方法

太田 亨・新井宏嘉

地質学雑誌112(3)p.173 - 1872006年03月-

西九州黒瀬川帯における中生代堆積盆の埋積作用と堆積環境変遷史

太田 亨

平成16年度深田研究助成研究報告p.17 - 302005年12月-

First occurrence of Haugia cf. variabilis (d'Orbigny) (Ammonoidea) from

Ryoji Wani, Tohru Ohta and Hiromichi Hirano

Paleontological Research8(2)p.123 - 1282004年06月-

DOI

Deep-marine sedimentation and sequence-evolution of the Toyora Group in the Nagato Basin, Inner Zone of SW Japan

Tohru Ohta and Takashi Sakai

Journal of the Geological Society of Thailand, Special Issue(1)p.45 - 602004年05月-

Geochemistry of Jurassic to earlieat Cretaceous deposits in the Nagato Basin SW Japan: Implication of factor analysis to sorting effects and provenance signatures

Tohru Ohta

Sedimentary Geology171p.159 - 1802004年-

DOI

西九州海浦地域の黒瀬川構造帯中・古生界層序の改訂とジュラ系葦北層群(新称)の層序

太田 亨・坂井 卓

地質学雑誌109(12)p.671 - 6882003年12月-

Upper Jurassic-Cretaceous deposits of East Asian continental margin along the Amur River

Kirillova, G.L., Natal'in, S.V., Zyabrev, T., Sakai, T., Ishida, K., Ishida, N., Ohta, T., and Kozai, T.

Field excursion guidbook, The 4th International Symposium of IGCP4342002年08月-

P2-32 将来の惑星探査に向けた小型放射線分光装置の提案(ポスターセッション2,ポスター発表)

長岡 央;長谷部 信行;草野 広樹;内藤 雅之;柴村 英道;天野 嘉春;太田 亨;フェイガン ティモシー;Waseda AXS team

日本惑星科学会秋期講演会予稿集2014p."P2 - 32"2014年09月-2014年09月 

CiNii

フーリエ解析とフラクタル次元による砕屑物粒形の定量方法と堆積場判別方法の提示

鈴木 慶太;酒井 邦裕;太田 亨

地質学雑誌119(3)p.205 - 2162013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:0016-7630

概要:本論では,楕円フーリエ–主成分解析,mPD法フラクタル次元を用いて砕屑物粒子の形状を定量的に評価し,河川,前浜,氷河堆積物を形状から判別することを試みた.楕円フーリエ–主成分解析によって,粒子の伸長度(EF1)と突起度(EF2,EF3,EF2 + EF3)など全体的な形状を表す指標が,mPD法フラクタル次元では,表面構造(FD,FDCv)を示す定量的な指標が得られた.この結果に基づくと,砕屑物粒子は氷河,前浜,河川堆積物の順に円形から棒状に変化する.また,氷河,河川,前浜堆積物の順に表面構造が滑らかになり,かつ,滑らか度の標本ばらつきが少なくなる.これらの指標の中で,堆積場ごとの値の違いが顕著であるのはFD,次いでEF1であり,楕円フーリエ–主成分解析とフラクタル解析の結果を統合的に用いることによって,各堆積環境を明瞭に判別することが可能となった.

モンゴル南東部のジュラ-白亜系湖成堆積物から読み取る海洋無酸素事変(OAE)期の陸域古環境変動

安藤 寿男;長谷川 精;長谷川 卓;太田 亨;山本 正伸;長谷部 徳子;李 罡;イチノロフ ニーデン

日本地質学会学術大会講演要旨2010(0)p.123 - 1232010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:1348-3935

三重県南伊勢町に分布する白亜系的矢コンプレックスの堆積相解析および未固結時変形構造

松田 勇人;西口 達也;太田 亨

日本地質学会学術大会講演要旨2010(0)p.381 - 3812010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:1348-3935

紀伊半島東部の四万十帯に分布する海溝充填堆積物の堆積相と堆積環境

松田 勇人;太田 亨

日本地質学会学術大会講演要旨2011(0)p.442 - 4422011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:1348-3935

北海道天塩中川地域に分布する白亜系蝦夷層群の未成熟砂岩の起源

浅野 将;太田 亨

日本地質学会学術大会講演要旨2011(0)p.461 - 4612011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:1348-3935

北海道天塩中川地域の蝦夷層群における白亜紀OAE "風化仮説" の検証

上形 由布子;太田 亨

日本地質学会学術大会講演要旨2011(0)p.462 - 4622011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:1348-3935

運搬・淘汰作用による福島県,高瀬川河床堆積物の組成改変過程

酒井 邦裕;太田 亨

日本地質学会学術大会講演要旨2011(0)p.465 - 4652011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:1348-3935

モンゴル南東部,ゴビ砂漠における湖成堆積物中のジュラ系-下部白亜系カイエビの古生物学的研究

村田 崇行;Li Gang;安藤 寿男;長谷川 精;長谷川 卓;太田 亨;山本 正伸;長谷部 徳子;Ichinnorov Niiden

日本地質学会学術大会講演要旨2011(0)p.504 - 5042011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:1348-3935

An Active X-Ray Spectrometer for the SELENE-2 Rover

Ja KIM Kyeong;AMANO Yoshiharu;V. BOYNTON William;KLINGELHÖFER Gostar;BRÜCKNER Johannes;HASEBE Nobuyuki;HAMARA Dave;D. STARR Richard;F. LIM Lucy;JU Gwanghyeok;J. FAGAN Timothy;OHTA Tohru;SHIBAMURA Eido

TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN12(29)p.Pk_35 - Pk_422014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0485

概要:The Active X-ray Spectrometer (AXS) for the Japanese SELENE-2 rover has been proposed for elemental analysis on the lunar surface to measure the major elements: Mg, Al, Si, Ca, Ti, and Fe; the minor elements, Na, K, P, S, Cl, Cr, and Mn and the trace element Ni, all depending on their concentrations at a landing site. The elemental data of the AXS allow us to not only classification but also quantification of surface rocks on the Moon. The AXS is a compact low-weight instrument for elemental analysis based on the principle of X-ray fluorescence spectrometry using an X-ray spectrometer and two (four) pyroelectric crystals as X-Ray Generators (XRG). This paper introduces the current status of the pre-project to develop an AXS for the SELENE-2 Rover including the investigations on the generation of X-ray flux of the XRG, required surface roughness for the XRS measurement, and a thermal design of the AXS.

モンゴルの白亜系湖成層中に見られる堆積リズムの起源:海洋無酸素事変時の陸域環境変動解明に向けて

長谷川 精;安藤 寿男;長谷川 卓;太田 亨;山本 正伸;長谷部 徳子;Li Gang;Ichinnorov Niiden

日本地球化学会年会要旨集58(0)p.22 - 222011年-2011年

CiNii

詳細

概要:本研究はモンゴルのアプチアン期湖成層(シネフダグ層)を対象に,OAE1a時の陸域環境変動の解明を試みている.シネフダグ湖成層は,頁岩とドロマイトのリズミカルな互層(数10cm,数m,10~20 mサイクル)からなる.本研究では,その堆積メカニズムを解明するため,堆積相解析,鉱物組成分析,有機地球化学分析を行った.C/N比およびロックエバル分析の結果,シネフダグ湖成層の有機物は主に湖内の藻類に由来することが示唆された.またドロマイト層準では藻類やバクテリアが卓越するのに対し,頁岩層準では藻類に加えて湖岸からの高等植物起源有機物の流入も寄与していたことが示唆された.これらの結果と堆積相解析から,シネフダグ湖成層に見られる頁岩とドロマイトのリズミカルな互層(数千年,数万年,数10万年サイクルに相当)は,地球軌道要素の変動に起因した湖水位の変動,すなわち湿潤-乾燥といった気候変動に対応している可能性が示唆された.

Future lunar mission Active X-ray Spectrometer development: Surface roughness and geometry studies

Naito, M.; Hasebe, N.; Hasebe, N.; Kusano, H.; Nagaoka, H.; Nagaoka, H.; Kuwako, M.; Oyama, Y.; Shibamura, E.; Amano, Y.; Ohta, T.; Kim, K. J.; Lopes, J. A M; Lopes, J. A M

Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment788p.182 - 1872015年07月-2015年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01689002

概要:© 2015 Elsevier B.V. All rights reserved. The Active X-ray Spectrometer (AXS) is considered as one of the scientific payload candidates for a future Japanese mission, SELENE-2. The AXS consists of pyroelectric X-ray generators and a Silicon Drift Detector to conduct X-Ray Fluorescence spectroscopy (XRF) on the Moon to measure major elements: Mg, Al, Si, Ca, Ti, and Fe; minor elements: Na, K, P, S, Cr and Mn; and the trace element Ni depending on their concentration. Some factors such as roughness, grain size and porosity of sample, and the geometry of X-ray incidence, emission and energy will affect the XRF measurements precision. Basic studies on the XRF are required to develop the AXS. In this study, fused samples were used to make homogeneous samples free from the effect of grain size and porosity. Experimental and numerical studies on the XRF were conducted to evaluate the effects from incidence and emission angles and surface roughness. Angle geometry and surface roughness will be optimized for the design of the AXS on future missions from the results of the experiment and the numerical simulation.

Corrigendum to "Geochemical and Sm-Nd isotopic characteristics of the Late Archaean-Palaeoproterozoic Dhanjori and Chaibasa metasedimentary rocks, Singhbhum craton, E. India: Implications for provenance, and contemporary basin tectonics" [Precambrian Res. 256 (2015) 62-78]

De, S.; De, S.; Mazumder, R.; Ohta, T.; Hegner, E.; Yamada, K.; Bhattacharyya, T.; Chiarenzelli, J.; Altermann, W.; Arima, M.

Precambrian Research262p.121 - 1222015年06月-2015年06月 

DOIScopus

詳細

ISSN:03019268

Erratum to Characterization of submarine canyon bathymetries in northern Ionian Sea, Italy, using sediment geochemical variation induced by transportation distance and basin depth (Int J Earth Sci (Geol Rundsch), (2015), 10.1007/s00531-015-1150-x)

Perri, Francesco; Ohta, Tohru; Critelli, Salvatore

International Journal of Earth Sciences104(7)2015年08月-2015年08月 

DOIScopus

詳細

ISSN:14373254

Morphology and phylogenetic origin of the spinicaudatan Neodiestheria from the Lower Cretaceous Dalazi Formation, Yanji Basin, north-eastern China

Li, Gang; Ohta, Tohru; Batten, David J.; Batten, David J.; Sakai, Takashi; Kozai, Takeshi

Cretaceous Research62p.183 - 1932016年07月-2016年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01956671

概要:© 2015 Elsevier Ltd. The spinicaudatan Neodiestheria Chen is an important component of the diverse Early Cretaceous Yanjiestheria fauna in eastern Asia. Examination under a scanning electron microscope of newly collected and well-preserved specimens of Neodiestheria dalaziensis Chen from the Albian Dalazi Formation of Zhixin, Jilin Province, north-eastern China, has revealed morphological features of the carapace not recognized previously, namely that puncta are not only evenly distributed on growth bands near the umbo and gradually merge into a punctate fine reticulation and dense radial lirae on each growth band in the upper-middle part of the carapace, but also occur on growth lines and within the lumina of a fine reticulum, and between radial lirae on growth bands in the middle and lower parts of the carapace. Growth bands in anteroventral, ventral and posteroventral parts of the carapace are also ornamented with transversely elongate large pits (depressions) surrounded by swellings, appearing as a large reticulum superimposed over fine reticulation and radial lirae. These ontogenetically developing morphological patterns on the growth bands of the juvenile stage of the carapace indicate that Neodiestheria is closely related phylogenetically to Triglypta Wang.

Depositional ages and characteristics of Middle-Upper Jurassic and Lower Cretaceous lacustrine deposits in southeastern Mongolia

Hasegawa, Hitoshi; Hasegawa, Hitoshi; Ando, Hisao; Hasebe, Noriko; Ichinnorov, Niiden; Ohta, Tohru; Hasegawa, Takashi; Yamamoto, Masanobu; Li, Gang; Erdenetsogt, Bat Orshikh; Heimhofer, Ulrich; Murata, Takayuki; Shinya, Hironori; Enerel, G.; Oyunjargal, G.; Munkhtsetseg, O.; Suzuki, Noriyuki; Irino, Tomohisa; Yamamoto, Koshi

Island Arc2018年01月-2018年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10384871

概要:© 2018 John Wiley & Sons Australia, Ltd. Lower Cretaceous lacustrine oil shales are widely distributed in southeastern Mongolia. Due to the high organic carbon content of oil shale, many geochemical studies and petroleum exploration have been conducted. Although most of the oil shales are considered to be Early Cretaceous in age, a recent study reveals that some were deposited in the Middle Jurassic. The present study aims at establishing depositional ages and characteristics of the Jurassic and Cretaceous lacustrine deposits in Mongolia. The Lower Cretaceous Shinekhudag Formation is about 250m thick and composed of alternating beds of shale and dolomite. The Middle Jurassic Eedemt Formation is about 150m thick and composed of alternating beds of shale, dolomitic marl, and siltstone. The alternations of shale and dolomite in both formations were formed by lake level changes, reflecting precipitation changes. Shales were deposited in the center of a deep lake during highstand, while dolomites were formed by primary precipitation during lowstand. Based on the radiometric age dating, the Shinekhudag Formation was deposited between 123.8±2.0 Ma and 118.5±0.9 Ma of the early Aptian. The Eedemt Formation was deposited at around 165-158Ma of Callovian-Oxfordian. The calculated sedimentation rate of the Shinekhudag Formation is between 4.7±2.6 cm/ky and 10.0±7.6 cm/ky. Shales in the Shinekhudag Formation show micrometer-scale lamination, consisting of algal organic matter and detrital clay mineral couplets. Given the average thickness of micro-laminae and calculated sedimentation rate, the micro-lamination is most likely of varve origin. Both Middle-Upper Jurassic and Lower Cretaceous lacustrine oil shales were deposited in intracontinental basins in the paleo-Asian continent. Tectonic processes and basin evolution basically controlled the deposition of these oil shales. In addition, enhanced precipitation under humid climate during the early Aptian and the Callovian-Oxfordian was another key factor inducing the widespread oil shale deposition in Mongolia.

Sedimentation history of the Paleoproterozoic Singhbhum Group of rocks, eastern India and its implications

De, Shuvabrata; De, Shuvabrata; Mallik, Leena; Mazumder, Rajat; Chatterjee, Priyanka; Ohta, Tohru; Saito, Satoshi; Chiarenzelli, Jeff

Earth-Science Reviews163p.141 - 1612016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00128252

概要:© 2016 Elsevier B.V.This paper reviews the sedimentological, geochemical and stratigraphic characteristics of the Paleoproterozoic Chaibasa and Dhalbhum Formations (the Singhbhum Group) of eastern India and presents a comparative study with other Paleoproterozoic lithostratigraphic units of India. Both the formations are entirely siliciclastic and deformed and metamorphosed, generally at greenschist to upper amphibolite facies. The older Chaibasa Formation consists of sandstone, shale and sandstone-shale interbanded (heterolithic) facies. It conformably overlies the Late Archean-Paleoproterozoic Dhanjori Formation of terrestrial (alluvial fan-fluvial) origin. The Lower Chaibasa Member formed in a marine setting; the shale and heterolithic facies formed in a continental shelf setting below and above the storm wave base, respectively. The sandstone facies formed in a subtidal setting during sea level fall. In contrast, the Upper Chaibasa Member formed in a shallow-marine setting; both the shale and heterolithic facies formed above the storm wave base. In significant contrast, the overlying Dhalbhum Formation is dominated by finer clastics with much lower proportion of sandstones. The base of the terrestrial Dhalbhum Formation is a sequence boundary (unconformity). Sedimentary facies analysis clearly shows two broad facies association of terrestrial origin (fluvial and aeolian). The aeolian facies association overlies the fluvial facies association. The Dhalbhum sandstones show typical REE pattern of quartz dilution with lower concentrations compared to the mudstones. The Dhalbhum finer clastics mimic typical REE patterns resembling abundances in the continental crust. Rare earth element plots display a good match with Post-Archean Australian Shales (PAAS) including similar concentrations, steep negative slope for LREEs, negative Eu anomaly, and nearly flat HREES. The Singhbhum Paleoproterozoic succession is devoid of both chemical sediments and Paleoproterozoic glacial deposits in contrast to neighboring cratons.

中国・新疆ウイグル地域の中生代古環境解析 : 大陸衝突による古気候変遷

内門 亮;太田 亨;Li Gang

日本地質学会学術大会講演要旨2016(0)2016年-2016年

CiNii

砂岩モード組成、全岩化学組成を用いた三重県四万十帯砕屑物の後背地解析

葛原 弘毅;太田 亨

日本地質学会学術大会講演要旨2016(0)2016年-2016年

CiNii

書籍等出版物

日本の地質構造百選

日本地質学会構造地質部会編

朝倉書店2012年 05月-

詳細

ISBN:978-4-254-16273-8 C3

講演・口頭発表等

深海堆積物の地球化学組成による堆積水深・堆積速度・運搬距離の推定方法:イタリア、イオニア海を例として

日本堆積学会2015年つくば大会2015年04月26日

詳細

口頭発表(一般)

次期月惑星着陸探査計画に向けた蛍光X線分析法の検討 —試料の表面粗さと特性X線強度比の関係—

日本地球惑星科学連合2015年05月25日

詳細

口頭発表(一般)

月着陸探査に向けた能動型蛍光X線分光計の開発状況

日本地球惑星科学連合2015年05月25日

詳細

口頭発表(一般)

中期白亜紀における海洋無酸素事変の新作業仮説“風化仮説”の室内実験検証

地質学会第121年学術大会2014年09月13日

詳細

ポスター発表

沖縄県における秩父帯および四万十帯砕屑物の全岩化学組成と砂岩モード組成を用いた後背地解析

地質学会第121年学術大会2014年09月13日

詳細

ポスター発表

タイ北東部に分布するコラート層群の全岩化学組成を用いた後背地および古環境解析

地質学会第121年学術大会2014年09月13日

詳細

ポスター発表

新疆−ウイグル自治区に分布する白亜系湖成層の可視分光・化学分析による古環境解析

地質学会第121年学術大会2014年09月13日

詳細

ポスター発表

多変量統計学による花崗岩由来の腐食岩・土壌の物性値と化学組成の関係解析

地質学会第121年学術大会2014年09月13日

詳細

ポスター発表

石英粒子のカソード・ルミネッセンス特性による 源岩の判別方法の提示

地質学会第121年学術大会2014年09月13日

詳細

ポスター発表

モンゴルの年縞湖成層のラミナレベル解析: 白亜紀中期“超温室期”の年スケール気候システム変動の解明に向けて

日本堆積学会2014年03月15日

詳細

口頭発表(一般)

変動係数による組成データ内の不変成分の特定とその検証

地質学会第120年学術大会2013年09月13日

詳細

口頭発表(一般)

東アジア大陸における下部白亜系の後背地風化過程と古気候帯の復元

地質学会第120年学術大会2013年09月14日

詳細

口頭発表(一般)

石英粒子のカソード・ルミネッセンス特性による源岩の判別方法の提示

地質学会第120年学術大会2013年09月14日

詳細

口頭発表(一般)

モンゴル南東部白亜系湖成層における鉱物・全岩化学組成を用いた湖水面および古気温変動の解読

地質学会第120年学術大会2013年09月14日

詳細

口頭発表(一般)

東アジア大陸における白亜紀大陸地殻風化度:海洋無酸素事変と風化度増大の関係性

地質学会第120年学術大会2013年09月14日

詳細

口頭発表(一般)

楕円フーリエ解析を用いた砕屑物粒形の定量法と堆積場判別方法の提示

地質学会第120年学術大会2013年09月14日

詳細

口頭発表(一般)

SELENE-2用月面探査車搭載に向けた化学分析装置AXSの開発

宇宙科学シンポジウム2013年01月08日

詳細

ポスター発表

セレーネ2搭載用能動型 X 線分光計

2012年08月02日

詳細

口頭発表(一般)

モンゴル南東部ゴビ砂漠シネフダグ地域の湖成相(下部白亜系)におけるカイエビ化石とその有律的産状

古生物学会2012年06月30日

詳細

ポスター発表

インド北東部に分布する始生代~前期原生代スィンブーム堆積盆 の発達史

堆積学会2012年06月17日

詳細

ポスター発表

運搬・淘汰作用による河床堆積物の組成改変過程;源岩組成復元法の提示

堆積学会2012年06月17日

詳細

ポスター発表

ニュージーランド沖における IODP 第 329 次掘削試料の岩相層序 ,地球化学組成,鉱物組成:南太平洋における白亜紀-第三紀の古環境変遷

堆積学会2012年06月16日

詳細

ポスター発表

中国北部,遼寧省・黒竜江省における前期白亜紀の後背地風化過程と古地理・古気候 の関係

堆積学会2012年06月16日

詳細

ポスター発表

フーリエ解析とフラクタル次元による砕屑物粒形の定量方法と 堆積場判別方法の提示

堆積学会2012年06月16日

詳細

ポスター発表

北中国における下部白亜系の古気候解析と熱河動植物群進化の関係

堆積学会2012年06月16日

詳細

口頭発表(一般)

モンゴル南東部白亜系湖成層の鉱物・全岩化学組成を用いた湖水面変動の解読

堆積学会2012年06月16日

詳細

口頭発表(一般)

モンゴル南東部白亜系湖成層の鉱物・堆積有機物組成から見る湖水位および 湖生物生産の変動:OAE1a–1b 期における陸域気候変動復元に向けて(概報)

堆積学会2012年06月16日

詳細

口頭発表(一般)

モンゴル白亜系湖成層に記録される湖水位および湖生物生産のオービタルスケール変動: OAE1a-1b期の陸域気候変動復元に向けて

日本地球惑星科学連合2012年大会2012年05月24日

詳細

口頭発表(一般)

SELENE-2搭載に向けた能動型蛍光X線分光計AXS

応用物理学会2012年03月16日

詳細

口頭発表(一般)

月面でのその場元素分析のための能動型蛍光X線分光計AXSの開発状況

第12回宇宙科学シンポジウム2012年01月05日

詳細

ポスター発表

モンゴル南東部のジュラ系−白亜系湖成頁岩層から復元する海洋無酸素事変期の陸域古環境

日本堆積学会2011年12月23日

詳細

口頭発表(一般)

モンゴルの白亜系湖成層中に見られる堆積リズムの起源:白亜紀海洋無酸素事変期の陸域環境変動解明に向けて

日本堆積学会2011年12月23日

詳細

口頭発表(一般)

SELENE-2搭載に向けたその場元素分析のための能動型蛍光X線分光計AXSの開発

太陽系科学シンポジウム2011年11月16日

詳細

口頭発表(一般)

アポロ試料の主要元素組成に基づく宇宙風化度の定量

日本鉱物科学会2011年学術大会2011年09月11日

詳細

口頭発表(一般)

モンゴル南東部,ゴビ砂漠における湖成堆積物中のジュラ系ー下部白亜系カイエビの古生物学的研究

日本地質学会第118年学術大会2011年09月11日

詳細

ポスター発表

運搬・淘汰作用による福島県,高瀬川河床堆積物の組成改変過程

日本地質学会第118年学術大会2011年09月10日

詳細

ポスター発表

北海道天塩中川地域の蝦夷層群における白亜紀OAE”風化仮説”の検証

日本地質学会第118年学術大会2011年09月10日

詳細

ポスター発表

北海道天塩中川地域に分布する白亜系蝦夷層群の未成熟砂岩の起源

日本地質学会第118年学術大会2011年09月10日

詳細

ポスター発表

九州黒瀬川帯西部日奈久地域の下部白亜系層序と堆積相解析

日本地質学会第118年学術大会2011年09月10日

詳細

ポスター発表

紀伊半島東部の四万十帯に分布する海溝充填堆積物の堆積相と堆積環境

日本地質学会第118年学術大会2011年09月09日

詳細

ポスター発表

モンゴル南東部のジュラ系ー白亜系湖成頁岩層から復元する海洋無酸素事変期の陸域古環境(概報)

日本古生物学会第160回例会2011年01月28日

詳細

口頭発表(一般)

三重県南伊勢市に分布する白亜系的矢コンプレックスの堆積相解析および未固結時変形構造

日本地質学会第117年学術大会2010年09月

詳細

ポスター発表

モンゴルのジュラ系–白亜系湖成層を対象とした陸域古環境変遷の高解像度復元

日本地球惑星科学連合2010年大会2010年05月

詳細

ポスター発表

中国東北部の白亜紀前期熱河層群の堆積盆テクトニクス

日本地質学会第116年学術大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

中国東北部・河北省の下部白亜系河川ー湖沼堆積物の後背地風化過程と古気候解析

日本地質学会第116年学術大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

中国東北部下部白亜系大店子層にみられる淡水二枚貝密集層

日本古生物学会2009年年会2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

A new geochemical index for evaluating crustal weathering and paleoclimate

2009年06月

詳細

ポスター発表

東アジア東縁部の前期白亜紀堆積盆の堆積サイクル

日本地質学会第115年学術大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

風化作用と淘汰作用による砕屑物組成の改変過程と源岩組成の復元方法

日本地質学会第115年学術大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

Paleowethering and paleoclimate conditions of the Lower Cretaceous fluvio-lacustrine deposits in Luanping, Hebei Province, NE China

2008年08月

詳細

ポスター発表

Mid-Cretaceous basin tectonis in Tan-Lu fault system, continental margin of east Asia: An approach from sequence stratigraphy

2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

統計学的経験則に基づく岩石風化の指標開発ならびに古気候解析への応用

日本地質学会第114年学術大会要旨2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

中国黒竜江省の非海成白亜紀前期鶏西盆の堆積作用とシーケンス層序

日本地質学会第114年学術大会要旨2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

Stable isotope stratigraphy of the non-marine Cretaceous Chengzihe Formation, NE China and the correlation

2007年08月

詳細

口頭発表(一般)

Palynostratigraphy of the Lower Cretaceous Chengzihe Formation, Jixi Group of the eastern Heilongjian, northeast China

2007年08月

詳細

口頭発表(一般)

Statistical empirical index of chemical weathering: a new tool for evaluating the weathering intensity and paleoclimate

2007年08月

詳細

口頭発表(一般)

Late Cretaceous accretionary Matoya Complex in the Shimanto North Belt, eastern Kii peninsula, Southwest Japa

2007年08月

詳細

口頭発表(一般)

北海道天塩中川地域に分布する上部白亜系蝦夷超層群の砂岩モード組成:前弧海盆(空知−蝦夷帯)と海溝充填堆積物(日高帯)における後背地の共通性

日本地質学会第112年学術大会要旨2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

Sequence stratigraphy of the Early Cretaceous coal-bearing Jixi Group in Heilongijang Province, NE China

2006年08月

詳細

口頭発表(一般)

Assessment of chemical weathering and provenance of sediments based on a new ternary diagram with logcontrast principal component vertices

2006年08月

詳細

口頭発表(一般)

Global correlation of the Lower Cretaceous Jixi Group, NE China by means of stable isotope stratigraphy

2006年08月

詳細

口頭発表(一般)

High-resolution stratigraphy of the non-marine Cretaceous in NE China: δ13C record of sedimentary organic matter for the Chengzihe Formation of the Jixi Group

2006年06月

詳細

口頭発表(一般)

三重県南島町,四万十帯北帯の的矢コンプレックス

日本地質学会第112年学術大会要旨2005年09月

詳細

ポスター発表

ポイントカウント法におけるデータ処理の問題点と是正法

日本地質学会第112年学術大会要旨2005年09月

詳細

ポスター発表

アイチソン幾何学に基づく砂岩モード組成のトレンド解析

日本地質学会第112年学術大会要旨2005年09月

詳細

ポスター発表

因子分析による砕屑岩組成変化要因の特定

日本地質学会第111年学術大会2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

Sedimentation and tectonics of the Yenchau Basin in north Vientnam

2003年10月

詳細

口頭発表(一般)

北ベトナム白亜紀堆積盆のテクトニクスとインドシナ変動

日本地質学会第110年学術大会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

砕屑物組成データにおける定数和効果のlogratio法による査定

日本地質学会第110年学術大会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

西九州海浦地域の黒瀬川構造帯,中・古生界層序の改訂とジュラ系葦北層群(新称)の層序

日本地質学会第109年学術大会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

Radiolarians from the accretionary and forearc-basin facies, downstream of the Amur River, Far East Russia

2002年08月

詳細

口頭発表(一般)

Examination of the Late Jurassic-Early Cretaceous subduction complexes along the Amur River: A new perspective on the accretionary terrane in Far East Russia

2002年08月

詳細

ポスター発表

Sandstone petrology and provenance of the Cretraceous sediments along the Amur River, Far East Russia

2002年08月

詳細

口頭発表(一般)

極東ロシア,アムール川下流域の付加体–前弧海盆堆積相より産する放散虫

日本古生物学会2002年年会2002年07月

詳細

口頭発表(一般)

Tectonics and sedimentary records of the Jurassic to Early Cretaceous basins in SW Japan

2002年06月

詳細

口頭発表(一般)

九州黒瀬川構造帯田浦地域の小崎層から前期ジュラ紀アンモナイトの産出

日本地質学会第108年学術大会2001年09月

詳細

ポスター発表

Geochemistry of Jurassic to earliest Cretaceous sequences of the

2001年06月

詳細

口頭発表(一般)

ジュラ〜白亜紀最前期豊浦・豊西層群の後背地変化

日本地質学会第107年学術大会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

J/K boundary of the Late Mesozoic forarc basins in East and South Asia

2000年06月

詳細

口頭発表(一般)

Tectonic evolutional history of Jurassic to Earlt Cretaceous Nagato Basin, Inner Zone of SW Japan

2000年06月

詳細

口頭発表(一般)

田浦地域の豊西-川口岩石区の層序,堆積相と砂岩組成の吟味

日本地質学会西日本支部第139回例会1999年12月

詳細

口頭発表(一般)

長門,黒瀬川構造帯のジュラ〜白亜紀最前期堆積盆の堆積シーケンスの発達と石英質砂岩の起源

日本地質学会第106年学術大会1999年09月

詳細

ポスター発表

Tectonics, sedimentation and eustasy of the Jurassic and Cretaceous Systems in SW Japan

1999年06月

詳細

口頭発表(一般)

Sedimentation and tectonics of the Jurassic to Cretaceous sutural forearc basins in SW Japan

1998年12月

詳細

口頭発表(一般)

長門構造帯西部のジュラ紀・白亜紀堆積盆に関する2,3の新知見

日本地質学会西日本支部第136回例会1998年12月

詳細

口頭発表(一般)

豊浦・豊西層群の堆積相とジュラ〜白亜紀大陸縁辺層序

日本地質学会第105年学術大会要旨1998年09月

詳細

口頭発表(一般)

インド東北部スインブーム地塊に分布する前期原生代潮汐堆積物のウェーブレット解析:20億年前の地球自転速度の推定

宮田浩之・太田亨

日本地質学会第122年学術大会2015年09月12日

楕円フーリエ−主成分分析法を用いた砕屑物粒子形状の定量化および堆積場判別手法の検証

橋本朋子・太田亨

日本地質学会第122年学術大会2015年09月12日

四万十帯砕屑物組成の時間・空間変化様式:琉球と三重地域の広域比較

広瀬健・葛原弘毅・太田亨

日本地質学会第122年学術大会2015年09月12日

北海道蝦夷層群における白亜紀海洋無酸素事変の原因としての“風化仮説”の検証

上形由布子・高木悠花・太田亨

日本地質学会第122年学術大会2015年09月12日

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

楕円フーリエ・主成分分析による粒子形状の定量と古波浪強度解析の新指標

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥2990000

研究種別:

気候による化学風化作用の定量と古気候解析の新指標の提示

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥4030000

研究種別:

白亜紀中期における陸域湿潤化:温室地球システム解明に向けたモンゴル白亜系調査

配分額:¥16380000

研究種別:

蝦夷層群と熱河層群相当層の化石・炭素同位体・シーケンス層序による対比と古環境解析

配分額:¥13390000

研究種別:

白亜紀環境変動の進化古生物学・層序学・地球化学的研究

配分額:¥8500000

研究種別:

東アジア大陸における白亜紀古気候の時空変化:温暖期の大気循環システムの解明

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥2730000

研究種別:

モンゴル白亜系湖成層のコア掘削:数万年精度でのOAE期の陸-海環境リンケージ解明

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥17420000

学内研究制度

特定課題研究

楕円フーリエ解析による粒子形状の定量化と古波浪強度解析の新指標の提示

2014年度

研究成果概要:石英粒子の形状をEF-PCA分析によって定量化し、堆積環境を識別する研究と、その形状指標から、有義波高などの波浪物性値を割り出す方法を開発した。前者の目標に関しては、粒子の巨視的な形状を記述する指標と微視的な形状を記述する指標の開...石英粒子の形状をEF-PCA分析によって定量化し、堆積環境を識別する研究と、その形状指標から、有義波高などの波浪物性値を割り出す方法を開発した。前者の目標に関しては、粒子の巨視的な形状を記述する指標と微視的な形状を記述する指標の開発に成功した。そして、氷河、河川、風成、前浜の砂の堆積環境をある程度識別できた。しかしながら、形状指標値は同じ堆積環境でも地域間によって変動することもわかった。前浜の砂粒子では、指標値は波浪営力の強い順に指標値が増大した。この事実は、営力の増大に応じて指標値がすることを示している。この関係を利用すれば、粒子の形状から波浪強度や河川規模などが予知できると考えられる。

20億年前の潮汐堆積物のウェブレット解析:太古地球の自転速度の解明

2014年度

研究成果概要:インドに分布する20億年前の潮汐堆積物に対して、ウェブレット層厚周期解析をおこない、20億年前の地球自転速度と1年の日数を復元した。解析の結果、2.47、4.11、6.93、14.0、23.1、32.8のラミナ周期性が検知されたが...インドに分布する20億年前の潮汐堆積物に対して、ウェブレット層厚周期解析をおこない、20億年前の地球自転速度と1年の日数を復元した。解析の結果、2.47、4.11、6.93、14.0、23.1、32.8のラミナ周期性が検知されたが、2.47から23.1のラミナ周期は突発的イベントを示していることがわかる。このことから、32.8が20億年前の大潮−小潮サイクルであると考えられる。よって、朔望月、恒星月あたりの太陽日は33.8、31.4日になる。この値から求められる20億年前の1年の日数は439日、1日の長さは20.0時間と算出される。

白亜紀における亜熱帯高圧帯の緯度方向シフト:地球温暖化に伴うハドレー循環の拡大と縮小

2017年度共同研究者:Higuchi taro, Mazmuder Rajat

研究成果概要:The present study investigated the geochemistry and clay mineralogy ofmudstones collected from the lower to middle ...The present study investigated the geochemistry and clay mineralogy ofmudstones collected from the lower to middle Cretaceous strata distributed inVietnam and Borneo island, in order to assess the paleoclimate. We found that mineralogical and geochemical differences that the presentsample bear are due the differences in the degree of hinterland weathering. Duringearly Cretaceous, Vietnam was exposed to a severe weathering environment, whilehinterland weathering almost halted in middle Cretaceous. As for Borneo, earlyCretaceous was a time of severe weathering, which slightly calmed in middleCretaceous. The reason for the decrease can be attributed to the aridification.Two new findings can beproposed by the present result. First,the area that undergone middle Cretaceous aridification was more extensive thanpreviously thought, reaching to Vietnam, and probably prevailed further to theequatorial region (Borneo). Secondly, note that Sichuan, Simao and Korat basinsare located in the continental interior, while the studied Vietnam and Borneoregion are located in the coastline of southeast Asia. Therefore, this suggeststhat the aridification is not due to the simple enhancement of the inland dryclimate, but more likely related to a major turnover in the climate system inmid-Cretaceous.

淘汰作用による砕屑物組成の改変過程と源岩組成の復元

2006年度

研究成果概要: 本研究では,砕屑物の淘汰作用による組成変化を補正して,砕屑物の初生的な化学組成を復元する指標の提示を試みた.この特定課題の研究期間には,北海道天塩中川地域に分布する上部白亜系蝦夷超層群並びに熊本県田浦地域に分布するジュラ系葦北層... 本研究では,砕屑物の淘汰作用による組成変化を補正して,砕屑物の初生的な化学組成を復元する指標の提示を試みた.この特定課題の研究期間には,北海道天塩中川地域に分布する上部白亜系蝦夷超層群並びに熊本県田浦地域に分布するジュラ系葦北層群の砕屑岩試料の鉱物モード組成・化学組成の分析を行った. 両地域の砕屑岩試料とも淘汰作用による組成の改変を受けていることがわかった.細粒な砕屑岩試料ではAl2O3やK2Oなどが相対的に濃集していた.逆に,粗粒な砕屑岩試料ではSiO2やNa2Oなどの相対量が増大していた.これは,淘汰作用によって層状珪酸塩鉱物が細粒相に分離・濃集した結果を表していると考えられる.したがって,砕屑岩の化学組成データは,初生的な源岩の情報を保持していないことが明らかになった.そこで,本研究ではこの淘汰作用による鉱物・化学組成の改変過程を逆に利用し,組成変化の軌跡から源岩の組成を特定する手法を提唱する. 砕屑岩類は粒度・淘汰度を反映してSiO2/Al2O3¬―Na2O/K2Oダイアグラム上で線型に配列することがわかった.淘汰作用による組成変化はこの直線上の変動のみに集約されるので,源岩が同一であればすべての試料が同一直線上に配列する.しかし,源岩が異なる場合は,その化学組成に依存して回帰直線の傾きが変化することが判明した.さらに,この回帰直線の起点を求めることによって源岩の化学組成が復元できることが明らかとなった.すなわち,この判別ダイアグラム上では,回帰直線の傾きがおよそ0°の場合,砕屑物の源岩は堆積岩類であると判断できる.傾きが45°の場合は酸性火成岩類由来であり,90°に近い場合は塩基性火成岩類由来と判別できる. この研究成果によって,今後は源岩が不明な未知試料であっても,淘汰作用の影響を補正した上で,源岩の化学組成を議論できるようになった.

現世土壌の化学組成に基づく古気候解析の新しい指標の提示

2009年度

研究成果概要:本研究課題は,土壌の化学組成データから化学風化度の程度を,申請者が新たに開発したW値(8つの酸化物組成の主成分分析に基づく風化指標)によって抽出し,その土壌生成場の気候と化学組成の関係を解明することにある.さらに,この現世土壌デー...本研究課題は,土壌の化学組成データから化学風化度の程度を,申請者が新たに開発したW値(8つの酸化物組成の主成分分析に基づく風化指標)によって抽出し,その土壌生成場の気候と化学組成の関係を解明することにある.さらに,この現世土壌データの解析結果を,古土壌の化学組成(XRF分析)に対して適応し,古気候解析の新たな指標を提示することにある. 前者の目的「気候帯が既知である現世土壌を分析して,気候を判別するW値の閾値を明らかにする」に関しては,1200個の土壌データの予察的解析を試みた.その結果,W値より気候を判定できることが判明した(Ohta et al., 2009a).しかし,温帯気候の土壌に関しては,気候判定精度が十分でない問題点も浮き彫りとなった.おそらくこの原因は,温帯気候帯が多様性に富むにもかかわらず,一括して解析した事に起因していると考えられる.この問題点解決のため,この研究期間中に,より細分化した気候帯(例えば,湿潤性大陸気候,大陸性混合林気候,地中海性気候,西岸海洋性気候など)を網羅したデータベースの作成に従事し,さらに総計2000個の土壌データを加算した. 後者の「古気候解析への応用」については,中国北東部に分布する前期白亜紀の堆積岩類への応用を試みた.この時代のこの地域は,鳥類・被子植物の祖先や原始的なほ乳類化石を産することから,生物進化学上,重要視されてきた.しかし,なぜこの地域のこの時期に爆発的な進化が起きたのかは不明であった.W値による解析の結果,爆発的な進化が起こった層準(時期)にW値が有意に上昇している事が判明した(太田ほか,2009;Ohta et al., 2009b).W値の上昇は気温の上昇や降雨量の上昇を意味する.したがって,爆発的進化の背景には,古動植物の繁栄をもたらすような気候の好転が関与していた可能性が明らかになった(太田ほか,2009;Ohta et al., 2009b). また,北海道の空知層群・蝦夷累層群に対してもW値の測定を行った(小林ほか,2009).前者と後者では後背地風化過程が大きく異なり,空知-蝦夷境界において,北海道における大きな地帯構造変動があったことが示唆されることが明らかになった(小林ほか,2009).

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
地質学入門-地球の歴史教育学部2019秋学期
地球科学演習教育学部2019春学期
地球科学実習教育学部2019夏季集中
堆積学基礎演習教育学部2019秋学期
堆積学演習教育学部2019通年
堆積学I教育学部2019春学期
堆積学II教育学部2019秋学期
地質調査実習教育学部2019通年
地質図学演習教育学部2019秋学期
修士論文(地球資源)大学院創造理工学研究科2019通年
堆積学研究大学院創造理工学研究科2019通年
日本列島の地体構造論大学院創造理工学研究科2019秋学期
堆積学演習A大学院創造理工学研究科2019春学期
堆積学演習B大学院創造理工学研究科2019秋学期
堆積学演習C大学院創造理工学研究科2019春学期
堆積学演習D大学院創造理工学研究科2019秋学期
堆積学研究大学院創造理工学研究科2019通年
地質学特別演習大学院創造理工学研究科2019通年