氏名

タニサワ クンペイ

谷澤 薫平

職名

講師(専任)

所属

(スポーツ科学部)

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学歴

2006年04月-2010年03月 早稲田大学 スポーツ科学部 スポーツ医科学科
2010年04月-2012年03月 早稲田大学 スポーツ科学研究科 修士課程
2012年04月-2015年03月 早稲田大学 スポーツ科学研究科 博士後期課程

学位

博士

経歴

2014年04月-2015年03月日本学術振興会特別研究員DC2
2015年04月-2019年03月日本学術振興会特別研究員PD
2015年04月-東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム協力研究員
2016年04月-2019年03月医薬基盤・健康・栄養研究所身体活動研究部流動研究員
2018年07月-2019年03月University of BrightonSchool of Sport and Service ManagementVisiting Researcher
2019年04月-医薬基盤・健康・栄養研究所身体活動研究部協力研究員
2019年04月-早稲田大学スポーツ科学学術院講師(専任)

所属学協会

日本体力医学会 会員

日本基礎老化学会 会員

老化促進モデルマウス(SAM)学会 会員

American College of Sports Medicine 会員

Gerontological Society of America 会員

受賞

ネスレ栄養科学会議論文賞

2015年11月授与機関:ネスレ栄養科学会議

小野梓記念学術賞

2015年03月授与機関:早稲田大学

濱野吉生記念褒賞

2015年03月授与機関:早稲田大学スポーツ科学研究科

第36回日本基礎老化学会大会、日本基礎老化学会奨励賞

2013年06月授与機関:日本基礎老化学会

SAM研究協議会第27回研究発表会、若手研究奨励賞

2012年07月授与機関:SAM研究協議会

The 20th International Congress on Sports Sciences for Students, Special Award

2012年04月授与機関:Semmelweis University

研究分野

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

医歯薬学 / 基礎医学 / 人類遺伝学

医歯薬学 / 社会医学 / 疫学・予防医学

論文

Response to the Letter to the Editor Regarding "Effect of Vitamin D Supplementation on Body Composition and Physical Fitness in Healthy Adults: A Double-Blind, Randomized Controlled Trial"

Sun X, Tanisawa K, Zhang Y, Ito T, Oshima S, Higuchi M, Cao ZB

Annals of Nutrition and Metabolism76(1)p.872020年05月-

PubMedDOI

Sport and Exercise Genomics: the FIMS 2019 Consensus Statement Update

Tanisawa K, Wang G, Seto J, Verdouka I, Twycross-Lewis R, Karanikolou A, Tanaka M, Börjesson M, Di Luigi L, Dohi M, Wolfarth B, Swart J, Bilzon J, Badtieva V, Papadopoulou T, Geistlinger M, Bachl N, Pigozzi F, Pitsiladis Y

British Journal of Sports Medicine査読有りin press2020年01月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Micronutrient Intake Adequacy in Men and Women with a Healthy Japanese Dietary Pattern

Ito T, Tanisawa K, Kawakami R, Usui C, Ishii K, Suzuki K, Sakamoto S, Muraoka I, Oka K, Higuchi M

Nutrients査読有り12(1)p.pii: E62019年12月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effect of Vitamin D Supplementation on Body Composition and Physical Fitness in Healthy Adults: A Double-Blind, Randomized Controlled Trial

Sun X, Tanisawa K, Zhang Y, Ito T, Oshima S, Higuchi M, Cao ZB

Annals of Nutrition and Metabolism査読有りin press2019年12月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Ageing affects the association between serum 25- hydroxyvitamin D concentrations and cardiorespiratory fitness in middle-aged and elderly men

Sun X, Tanisawa K, Ito T, Oshima S, Higuchi M, Cao ZB

Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition査読有り28(3)p.614 - 6202019年09月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Renormalized basal metabolic rate describes the human aging process and longevity

Kitazoe Y, Kishino H, Tanisawa K, Udaka K, Tanaka M

Aging Cell査読有り18(4)p.e129682019年06月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Altitude Training and Recombinant Human Erythropoietin: Considerations for Doping Detection

Sutehall S, Muniz-Pardos B, Lima G, Wang G, Malinsky FR, Bosch A, Zelenkova I, Tanisawa K, Pigozzi F, Borrione P, Pitsiladis Y

Current Sports Medicine Reports査読有り18(4)p.97 - 1042019年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Validity of an observational assessment tool for multifaceted evaluation of faecal condition

Ohno H, Murakami H, Tanisawa K, Konishi K, Miyachi M

Scientific Reports査読有り9(1)p.37602019年03月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Association of Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations With Glucose Profiles in Male Collegiate Football Athletes

Sun X, Cao ZB, Tanisawa K, Oshima S, Higuchi M

International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism査読有り26p.1 - 62019年02月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Dietary patterns and abdominal obesity in middle-aged and elderly Japanese adults: Waseda Alumni's Sports, Exercise, Daily Activity, Sedentariness and Health Study (WASEDA'S Health Study)

Ito T, Kawakami R, Tanisawa K, Miyawaki R, Ishii K, Torii S, Suzuki K, Sakamoto S, Muraoka I, Oka K, Higuchi M; WASEDA'S Health Study Group

Nutrition査読有り58p.149 - 1552019年02月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

運動誘発性低血糖時の血糖変化量の再評価:安静時との比較

近藤 早希, 谷澤 薫平, 鈴木 克彦, 寺田 新, 樋口 満

日本スポーツ栄養研究誌査読有り122019年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Preexercise Carbohydrate Ingestion and Transient Hypoglycemia: Fasting versus Feeding

Kondo S, Tanisawa K, Suzuki K, Terada S, Higuchi M

Medicine & Science in Sports & Exercise査読有り51(1)p.168 - 1732019年01月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effects of short-term endurance exercise on gut microbiota in elderly men

Taniguchi H*, Tanisawa K*, Sun X, Kubo T, Hoshino Y, Hosokawa M, Takeyama H, Higuchi M (*equal contribution)

Physiological Reports査読有り6(23)p.e139352018年12月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Serum 25-Hydroxyvitamin D Concentrations Are Inversely Correlated with Hepatic Lipid Content in Male Collegiate Football Athletes

Sun X, Cao ZB, Tanisawa K, Oshima S, Higuchi M

Nutrients査読有り10(7)p.pii: E9422018年07月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effects of Ingestion of Different Amounts of Carbohydrate after Endurance Exercise on Circulating Cytokines and Markers of Neutrophil Activation

Tanisawa K, Suzuki K, Ma S, Kondo S, Okugawa S, Higuchi M

Antioxidants査読有り7(4)p.pii: E512018年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Inverse Association Between Height-Increasing Alleles and Extreme Longevity in Japanese Women

Tanisawa K, Hirose N, Arai Y, Shimokata H, Yamada Y, Kawai H, Kojima M, Obuchi S, Hirano H, Suzuki H, Fujiwara Y, Taniguchi Y, Shinkai S, Ihara K, Sugaya M, Higuchi M, Arai T, Mori S, Sawabe M, Sato N, Muramatsu M, Tanaka M

The Journals of Gerontology, Series A: Biological Sciences and Medical Sciences査読有り73(5)p.588 - 5952018年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effects of chronic endurance exercise training on serum 25(OH)D concentrations in elderly Japanese men

Sun X, Cao ZB, Tanisawa K, Taniguchi H, Kubo T, Higuchi M

Endocrine査読有り59(2)p.330 - 3372018年02月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effect of an Acute Bout of Endurance Exercise on Serum 25(OH)D Concentrations in Young Adults

Sun X, Cao ZB, Taniguchi H, Tanisawa K, Higuchi M

The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism査読有り102(11)p.3937 - 39442017年11月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

An Alpha-kinase 2 Gene Variant Disrupts Filamentous Actin Localization in the Surface Cells of Colorectal Cancer Spheroids

Nishi K, Luo H, Nakabayashi K, Doi K, Ishikura S, Iwaihara Y, Yoshida Y, Tanisawa K, Arai T, Mori S, Sawabe M, Muramatsu M, Tanaka M, Sakata T, Shirasawa S, Tsunoda T

Anticancer Research査読有り37(7)p.3855 - 38622017年07月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Method for preparing DNA from feces in guanidine thiocyanate solution affects 16S rRNA-based profiling of human microbiota diversity

Hosomi K, Ohno H, Murakami H, Natsume-Kitatani Y, Tanisawa K, Hirata S, Suzuki H, Nagatake T, Nishino T, Mizuguchi K, Miyachi M, Kunisawa J

Scientific Reports査読有り7(1)p.43392017年06月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

持久性運動開始直前の糖質摂取による運動誘発性低血糖(インスリン・ショック)の発生を規定する要因の解明

谷澤 薫平, 近藤 早希, 伊藤 智子, 孫 暁敏, 鈴木 克彦

デサントスポーツ科学査読有り38p.80 - 882017年06月-

Visceral fat area is a strong predictor of leukocyte cell-derived chemotaxin 2, a potential biomarker of dyslipidemia

Tanisawa K, Taniguchi H, Sun X, Ito T, Kawakami R, Sakamoto S, Higuchi M

PLoS One査読有り12(3)p.e01733102017年03月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Exome-wide Association Study Identifies CLEC3B Missense Variant p.S106G as Being Associated With Extreme Longevity in East Asian Populations

Tanisawa K, Arai Y, Hirose N, Shimokata H, Yamada Y, Kawai H, Kojima M, Obuchi S, Hirano H, Yoshida H, Suzuki H, Fujiwara Y, Ihara K, Sugaya M, Arai T, Mori S, Sawabe M, Sato N, Muramatsu M, Higuchi M, Liu YW, Kong QP, Tanaka M

The Journals of Gerontology, Series A: Biological Sciences and Medical Sciences査読有り72(3)p.309 - 3182017年03月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Positive association between physical activity and PER3 expression in older adults

Takahashi M, Haraguchi A, Tahara Y, Aoki N, Fukazawa M, Tanisawa K, Ito T, Nakaoka T, Higuchi M, Shibata S

Scientific Reports査読有り7p.397712017年01月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Acute endurance exercise lowers serum fibroblast growth factor 21 levels in Japanese men

Taniguchi H, Tanisawa K, Sun X, Higuchi M

Clinical Endocrinology 査読有り85(6)p.861 - 8672016年12月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

中高年を対象とした食事調査票からの食事パターンの抽出と栄養素摂取量の評価

伊藤 智子, 谷澤 薫平, 川上 諒子, 樋口 満

日本公衆衛生雑誌査読有り63(11)p.653 - 6632016年11月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Genetic risk score based on the lifetime prevalence of femoral fracture in 924 consecutive autopsies of Japanese males

Zhou H, Mori S, Ishizaki T, Tanaka M, Tanisawa K, Mieno MN, Sawabe M, Arai T, Muramatsu M, Yamada Y, Ito H

Journal of Bone and Mineral Metabolism査読有り34(6)p.685 - 6912016年11月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Vitamin D supplementation reduces insulin resistance in Japanese adults: a secondary analysis of a double-blind, randomized, placebo-controlled trial

Sun X, Cao ZB, Tanisawa K, Ito T, Oshima S, Higuchi M

Nutrition Research査読有り36(10)p.1121 - 11292016年10月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Endurance Exercise Reduces Hepatic Fat Content and Serum Fibroblast Growth Factor 21 Levels in Elderly Men

Taniguchi H*, Tanisawa K*, Sun X, Kubo T, Higuchi M (*equal contribution)

The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism査読有り101(1)p.191 - 1982016年01月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Gene-exercise interactions in the development of cardiometabolic diseases

Tanisawa K, Tanaka M, Higuchi M

The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine査読有り招待有り5(1)p.25 - 362016年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Associations between the orexin (hypocretin) receptor 2 gene polymorphism Val308Ile and nicotine dependence in genome-wide and subsequent association studies

Nishizawa D, Kasai S, Hasegawa J, Sato N, Yamada H, Tanioka F, Nagashima M, Katoh R, Satoh Y, Tagami M, Ujike H, Ozaki N, Inada T, Iwata N, Sora I, Iyo M, Yamada M, Kondo N, Won MJ, Naruse N, Uehara-Aoyama K, Itokawa M, Ohi K, Hashimoto R, Tanisawa K, Arai T, Mori S, Sawabe M, Naka-Mieno M, Yamada Y, Yamada M, Sato N, Muramatsu M, Tanaka M, Irukayama-Tomobe Y, Saito YC, Sakurai T, Hayashida M, Sugimura H, Ikeda K

Molecular Brain査読有り8p.502015年08月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Associations between the Serum 25(OH)D Concentration and Lipid Profiles in Japanese Men

Sun X, Cao ZB, Tanisawa K, Ito T, Oshima S, Ishimi Y, Tabata I, Higuchi M

Journal of Atherosclerosis and Thrombosis査読有り22(4)p.355 - 3622015年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Cardiorespiratory Fitness is a Strong Predictor of the Cardio-ankle Vascular Index in Hypertensive Middle-aged and Elderly Japanese Men

Tanisawa K, Ito T, Sun X, Kawakami R, Oshima S, Gando Y, Cao ZB, Sakamoto S, Higuchi M

Journal of Atherosclerosis and Thrombosis査読有り22(4)p.379 - 3892015年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The relationship between serum 25-hydroxyvitamin D concentration, cardiorespiratory fitness, and insulin resistance in Japanese men

Sun X, Cao ZB, Tanisawa K, Ito T, Oshima S, Higuchi M

Nutrients査読有り7(1)p.91 - 1022014年12月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

遺伝とライフスタイル

谷澤 薫平

介護福祉・健康づくり招待有り1(2)p.124 - 1282014年12月-

元気高齢者の栄養

樋口 滿, 伊藤 智子, 谷澤 薫平, 孫 暁敏

介護福祉・健康づくり招待有り1(2)p.110 - 1132014年12月-

Cardiorespiratory fitness and visceral fat are key determinants of serum fibroblast growth factor 21 concentration in Japanese men

Taniguchi H*, Tanisawa K*, Sun X, Cao ZB, Oshima S, Ise R, Sakamoto S, Higuchi M (*equal contribution)

The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism査読有り99(10)p.E1877 - E18842014年10月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

運動療法の効果発現と遺伝子多型

谷澤 薫平. 樋口 満, 田中 雅嗣

月刊糖尿病招待有り6(9)p.84 - 942014年10月-

Strong influence of dietary intake and physical activity on body fatness in elderly Japanese men: age-associated loss of polygenic resistance against obesity

Tanisawa K, Ito T, Sun X, Ise R, Oshima S, Cao ZB, Sakamoto S, Tanaka M, Higuchi M

Genes & Nutrition査読有り9(5)p.4162014年09月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

High cardiorespiratory fitness can reduce glycated hemoglobin levels regardless of polygenic risk for Type 2 diabetes mellitus in nondiabetic Japanese men

Tanisawa K, Ito T, Sun X, Ise R, Oshima S, Cao ZB, Sakamoto S, Tanaka M, Higuchi M

Physiological Genomics査読有り46(14)p.497 - 5042014年07月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Common single nucleotide polymorphisms in the FNDC5 gene are associated with glucose metabolism but do not affect serum irisin levels in Japanese men with low fitness levels

Tanisawa K*, Taniguchi H*, Sun X, Ito T, Cao ZB, Sakamoto S, Higuchi M (*equal contribution)

Metabolism査読有り63(4)p.574 - 5832014年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Polygenic risk for hypertriglyceridemia is attenuated in Japanese men with high fitness levels

Tanisawa K, Ito T, Sun X, Cao ZB, Sakamoto S, Tanaka M, Higuchi M

Physiological Genomics査読有り46(6)p.207 - 2152014年03月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

老化促進モデルマウス(SAM)の促進老化・短寿命を規定する非同義置換の網羅的探索

谷澤 薫平, 田中 雅嗣

基礎老化研究招待有り37(3)p.37 - 402013年09月-

Exome sequencing of senescence-accelerated mice (SAM) reveals deleterious mutations in degenerative disease-causing genes

Tanisawa K, Mikami E, Fuku N, Honda Y, Honda S, Ohsawa I, Ito M, Endo S, Ihara K, Ohno K, Kishimoto Y, Ishigami A, Maruyama N, Sawabe M, Iseki H, Okazaki Y, Hasegawa-Ishii S, Takei S, Shimada A, Hosokawa M, Mori M, Higuchi K, Takeda T, Higuchi M, Tanaka M

BMC Genomics査読有り14p.2482013年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

Nutrigenomics and personalized nutrition for the prevention of hyperglycemia and type 2 diabetes mellitus: In Molecular Nutrition: Carbohydrates 1st Edition

Tanisawa K, Higuchi M

Elsevier2019年 11月-

詳細

総ページ数:442担当ページ数:339-352ISBN:9780128498866

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

筋量・体力と真に関連するマイオカインの同定と心血管代謝リスク因子との因果関係解明

2019年04月-2022年03月

配分額:¥17810000

研究種別:若手研究(B)

非肥満者における高LDLコレステロール血症の予防法開発に向けた遺伝疫学研究

2017年04月-2019年03月

配分額:¥4160000

研究種別:特別研究員奨励費

日本人における2型糖尿病の遺伝的背景・成因を考慮した個別化予防システムの構築

2016年04月-2019年03月

配分額:¥5200000

研究種別:特別研究員奨励費

運動に対する身心のストレス耐性の遺伝的差異に着目した運動処方の開発

2014年04月-2016年03月

配分額:¥2170000

研究資金の受入れ状況

提供機関:石本記念デサントスポーツ科学振興財団制度名:研究助成

持久性運動直前の糖質摂取による運動誘発性低血糖(インスリン・ショック)の発生を規定する要因の解明2016年04月-2017年03月

代表

提供機関:花王健康科学研究会制度名:第13回研究助成

時計遺伝子多型に基づく生活習慣病予防に向けた時間栄養学的研究2016年09月-2017年10月

代表

学内研究制度

特定課題研究

筋量・体力と真に関連するマイオカインの同定と心血管代謝リスク因子との因果関係解明

2019年度

研究成果概要: 本研究の目的は、筋量・体力に関連するマイオカインの血中濃度を規定する一塩基多型(SNP)をゲノムワイド関連解析により同定し、それらを操作変数としたメンデルランダム化解析により血中マイオカイン濃度と心血管代謝リスクの因果関係を解明... 本研究の目的は、筋量・体力に関連するマイオカインの血中濃度を規定する一塩基多型(SNP)をゲノムワイド関連解析により同定し、それらを操作変数としたメンデルランダム化解析により血中マイオカイン濃度と心血管代謝リスクの因果関係を解明することである。本年度は、これらの解析を実施するために必要なジェノタイプデータの取得とクオリティーコントロールを行った。 男女864名を対象としてジェノタイピングを行い、約55万個のSNPについてジェノタイプデータを取得した。PLINKによるクオリティーコントロールの結果、857名、251,125個のSNPが解析対象となった。今後はこの857名のデータを用いて各種解析を実施し、血中マイオカイン濃度と心血管代謝リスクの因果関係解明を目指す。 

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 04スポーツ科学部2020春学期
スポーツ教養演習II 04スポーツ科学部2020秋学期
演習I(健康スポーツの生化学・遺伝学)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(健康スポーツの生化学・遺伝学)スポーツ科学部2020春学期
演習III(健康スポーツの生化学・遺伝学)スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ英語D:文献(健康スポーツ) 03スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ英語D:文献(健康スポーツ) 04スポーツ科学部2020秋学期
基礎栄養学スポーツ科学部2020秋学期
健康スポーツ論 01スポーツ科学部2020秋学期
健康スポーツ論 02スポーツ科学部2020春学期
生化学・運動生化学スポーツ科学部2020秋学期
健康スポーツの体力・栄養科学スポーツ科学部2020夏クォーター
スポーツ生化学・遺伝学特論大学院スポーツ科学研究科2020春学期
論文作成技法 05大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ科学演習 04大学院スポーツ科学研究科2020春学期
Sport Sciences 1 01グローバルエデュケーションセンター2020春クォーター