氏名

フジタ ゼンヤ

藤田 善也

職名

准教授 (https://researchmap.jp/7000011929/)

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

URL等

研究者番号
30633226

本属以外の学内所属

学内研究所等

ヒューマンパフォーマンス研究所

研究所員 2017年-2021年

学歴・学位

学歴

-2007年 早稲田大学 スポーツ科学部
-2012年 早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科

学位

博士(スポーツ科学) 課程 早稲田大学 スポーツ科学

経歴

2012年04月-2015年03月国立スポーツ科学センタースポーツ科学研究部契約研究員

所属学協会

日本体育学会

日本バイオメカニクス学会

日本コーチング学会

受賞

バイオメカニクス研究最優秀論文賞

2016年09月授与機関:日本バイオメカニクス学会

タイトル:クロスカントリースキー競技のV2スケーティング走法中の滑走速度とスキー板に対する力の各軸方向成分との関係

受賞者(グループ):藤田善也,吉岡伸輔,桜井義久,石毛勇介

取材ガイド

カテゴリー
複合領域
専門分野
スポーツバイオメカニクス、コーチング科学
自己紹介コメント
スポーツバイオメカニクス的手法(動作分析,力センサ,慣性センサ,GPS)や各種体力測定手法(呼気ガス分析,血中乳酸測定)を用いて、スポーツの競技力向上とコーチング実践に関する研究を行っています。対象は主にクロスカントリースキー競技です。
キーワード
クロスカントリースキー、スポーツバイオメカニクス、コーチング

研究分野

キーワード

スポーツ科学

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

論文

クロスカントリースキー競技における用具の長さ情報を利用したクラシカル走法のサイクル特性分析アプリケーションの開発

藤田善也

スポーツ科学研究査読有り16p.26 - 322019年09月-2019年09月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:クロスカントリースキー競技において,競技パフォーマンスである滑走速度とサイクル特性との関係は深く,走法によって異なる関係性があることが知られている.本研究の目的は,競技現場で取得可能な用具の長さ情報を用いたサイクル特性の分析アプリケーションを開発し,その精度を検証したうえで,選手のサイクル特性を事例的に明らかにすることであった.その結果,1)簡単なマウス操作とキーボード操作によって,競技現場のコーチや選手が滑走速度,ストライド長,サイクル頻度,ポーリング時間およびスイング時間を容易に取得できること,2)開発したアプリケーションの精度について,従来の DLT 法と同程度であること,が示された.また,今回開発したアプリケーションを用いて日本代表選手と大学生選手のダブルポーリング走法中のサイクル特性を比較した結果,日本代表選手の滑走速度が高いこと,男子日本代表選手はストライド長を長くしてより高い滑走速度を獲得していること,女子日本代表選手はサイクル頻度を高くしてより高い滑走速度を獲得していることが示唆された.

トピックス/クロスカントリースキー競技のスキー反力センサシステムの開発

藤田善也

共和技報558p.4397 - 43992019年05月-

link

クロスカントリースキー競技における平昌オリンピックのコースプロフィール取得とプレ大会の公式記録からみるレースの展望::男子15km+15km スキーアスロン種目を対象として

谷中拓哉, 中里浩介, 藤田善也, 石毛勇介

体育学研究査読有り印刷中

DOIlink

Pose tracking with rate gyroscopes in alpine skiing

Shinsuke Yoshioka

Sports Engineering査読有りp.1 - 122017年11月-2017年11月 

DOIlinkScopus

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1369-7072

概要:© 2017 International Sports Engineering Association The motion capture of alpine skiing is technically challenging. Motion capture systems using inertial sensors such as gyroscopes and accelerometers have begun to be used in sport. The capture volume of the system can be large enough to cover the whole area of a particular sporting event, because sensors are affixed to the human body itself. The current study developed a method of tracking the pose of an alpine skier using gyroscopes for 3 min with a tracking error of 2° (RMSE). The technical significance of the presented method, which uses one common simple algorithm to improve measurement of pose, applies to many experimental conditions. The adoption of a high resolution (24 bit) analog-to-digital converter and high sampling rate (1 kHz) also contribute to the improvement of measurement time.

クロスカントリースキー競技における競技パフォーマンスに優れた選手のダイアゴナル走法のキネマティクス的特徴

藤田善也

スポーツ科学研究査読有り14p.47 - 562017年07月-2017年07月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:本研究の目的は,クロスカントリースキー競技中のダイアゴナル走法を対象に競技パフォーマンスに優れた選手のキネマティクス的特徴を明らかにすることであった.15 kmクラシカル競技に参加した成人男子クロスカントリースキー選手を6度の上り坂の地点で撮影した.被験者は,競技成績によって上位群と下位群に分類した.比較の結果,競技パフォーマンスに優れた選手は,(1)大きいストライド長を獲得していること,(2)スキーを離地させてからポールを接地させるまでの滑走時間が長いこと,(3)ポールを接地してから比較的早い段階で肘を伸展させていること,(4)プッシュオフ動作時にスキーと雪面とをすばやくグリップさせ,その後,膝関節をすばやくかつ大きく伸展させていることが明らかとなった.

国内インラインスピードスケート選手のフラットトラックにおけるカーブ滑走動作に関する技術的要因の研究

岡部文武, 藤田善也, 土屋純

コーチング学研究査読有り30(2)p.97 - 1082017年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

特集/エンデュランス・トレーニング 現在の体力レベルを知りトレーニング強度を算出する 

藤田善也

コーチング・クリニック31(4)p.12 - 152017年03月-

Automatic Identification of Subtechniques in Skating-Style Roller Skiing Using Inertial Sensors

Yoshihisa Sakurai, Zenya Fujita, Yusuke Ishige

Sensors査読有り16(4)2016年-2016年04月 

DOIlinkScopus

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1424-8220

概要:© 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. This study aims to develop and validate an automated system for identifying skating-style cross-country subtechniques using inertial sensors. In the first experiment, the performance of a male cross-country skier was used to develop an automated identification system. In the second, eight male and seven female college cross-country skiers participated to validate the developed identification system. Each subject wore inertial sensors on both wrists and both roller skis, and a small video camera on a backpack. All subjects skied through a 3450 m roller ski course using a skating style at their maximum speed. The adopted subtechniques were identified by the automated method based on the data obtained from the sensors, as well as by visual observations from a video recording of the same ski run. The system correctly identified 6418 subtechniques from a total of 6768 cycles, which indicates an accuracy of 94.8%. The precisions of the automatic system for identifying the V1R, V1L, V2R, V2L, V2AR, and V2AL subtechniques were 87.6%, 87.0%, 97.5%, 97.8%, 92.1%, and 92.0%, respectively. Most incorrect identification cases occurred during a subtechnique identification that included a transition and turn event. Identification accuracy can be improved by separately identifying transition and turn events. This system could be used to evaluate each skier’s subtechniques in course conditions.

クロスカントリースキー競技クラシカル種目におけるスキー板およびサブ走法の選択に関する研究:スケーティング走法専用スキー板を使用したダブルポーリング走法およびヘリンボーン走法に着目して

藤田 善也;桜井 義久;石毛 勇介

体育学研究査読有り61(1)p.271 - 2792016年-2016年

DOICiNiilink

詳細

ISSN:0484-6710

概要: The purpose of this study was to identify differences in (1) total skiing time and (2) lap time for different course situations in cross-country skiing (uphill, flat and downhill) between classical-style sub-techniques using classical skis and double poling and herringbone sub-techniques using skating skis. The subjects were 5 college cross-country skiers who performed at maximal effort in 2 different trials: classical-style sub-techniques while wearing classical-style skis (CL), and double poling and herringbone sub-techniques while wearing skating-style skis (DP). Skiing velocity was measured with a global navigation satellite system module and mobile PDA. The sub-techniques employed were recorded with a small video camera. It was found that a strategy using DP (1) significantly increased the skiing time, (2) increased the skiing velocity on downhill and decreased it on uphill, and (3) was associated with a tendency to use double poling on uphill.

Automated Identification and Evaluation of Subtechniques in Classical-Style Roller Skiing.

Yoshihisa Sakurai, Zenya Fujita, Yusuke Ishige.

Journal of Sports Science and Medicine査読有り13p.651 - 6572014年-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1303 - 2968

概要:The aims of the present study were (1) the development of an automated system for identifying classical-style ski subtechniques using angular rate sensors, and (2) the determination of the relationships among skiing velocity, ski course conditions, and ski subtechniques using a global navigation satellite system (GNSS) and the developed automated identification system. In the first experiment, the performance of a male cross-country skier was used to develop an automated system for identifying classical-style ski subtechniques. In the second one, the performances of five male and five female college cross-country skiers were used to validate the developed identification system. Each subject wore inertial sensors on both wrists and both roller skis, a small video camera on the helmet, and a GNSS receiver. All subjects skied a 6,900-m roller ski course using the classical-style at their maximum speed. The adopted subtechniques were identified by the automated method based on the data obtained from the sensors, and also by visual count from a video recording of the same ski run. The results showed that the automated identification method could be definitively used to recognize various subtechniques. Specifically, the system correctly identified 9,307 subtechnique cycles out of a total of 9,444 counted visually, which indicated an accuracy of 98.5%. We also measured the skiing velocity and the course slope using the GNSS module. The data was then used to determine the subtechnique distributions as a function of the inclination and skiing velocity. It was observed that male and female skiers selected double poling below 6.7° and 5.5° uphill, respectively. In addition, male and female skiers selected diagonal stride above 0.7° and 2.5° uphill, and below 5.4 m/s and 4.5 m/s velocity, respectively. These results implied that the subtechnique distribution plot could be used to analyze the technical characteristics of each skier.

クロスカントリースキー競技のV2スケーティング走法中の滑走速度とスキー板に対する力の各軸方向成分との関係

藤田善也, 吉岡伸輔, 桜井義久, 石毛勇介.

バイオメカニクス研究査読有り18(1)p.2 - 82014年-

詳細

概要:The purpose of this study was to identify relationships between the skiing velocity and each axial force components on the ski during V2-skate technique. Fifteen elite cross-country skiers performed at their maximal efforts. Ski reaction forces were measured using specific ski sensors, the A/D converter, the transmitter, and the personal computer. The skiing velocity was recorded by the laser distance meter. Skiers exerted the skier generated force on downward in vertical, medial, and posterior directions in the coordinate system of the ski during the push-off phase. The peak force on downward in the vertical direction of the ski positively correlated with the skiing velocity. In contrast, the peak force on the medial direction of the ski negatively correlated with the skiing velocity. Those results suggested that cross-country skiers increased the skiing velocity by increasing the force on downward in the vertical direction and decreasing the force on the medial direction of the ski during the push-off phase in the V2-skate technique.

クロスカントリースキー競技における競技パフォーマンスとサイクル特性との関係:男子10 km クラシカル競技種目を対象として

藤田善也,石毛勇介,吉岡伸輔,竹田正樹

体育学研究査読有り59(1)p.275 - 2822014年-

link

詳細

概要:The purpose of this study was to evaluate the relationships between race performance and cycle characteristics in a 10-km classic-style men's cross-country ski competition. The subjects were competitors in the 89th Japan National Ski Championships. Skiing motions of the subjects on flat stretches (1.5 km and 6.5 km) and uphill slopes (1.7 km and 6.7 km) were videotaped using two high-speed cameras. Cycle characteristics were calculated based on measurement of hip displacement and cycle time. It was revealed that elite competitors (1) performed at high velocity at all measurement points, (2) reduced their velocity in the last half of the race, (3) achieved a high velocity in double poling and diagonal stride, (4) increased their cycle length and cycle rate when employing the double poling technique, and (5) increased their cycle length when employing the diagonal stride technique.

クロスカントリースキー競技におけるバイオメカニクス的観点からの競技サポート

藤田善也

バイオメカニクス研究17p.189 - 2002013年-

クロスカントリースキーのバイオメカニクス

藤田善也, 吉岡伸輔.

体育の科学63p.227 - 2342013年-

女子クロスカントリースキー選手の滑走速度を高める技術に関する事例研究:フライト局面発生を伴ったV2スケーティング走法に着目して

藤田善也, 吉岡伸輔, 石毛勇介, 田内健二, 土屋純.

体育学研究査読有り57(2)p.653 - 6622012年-

link

詳細

概要:The aim of this study was to clarify how coaching in the V2 skate technique, intentionally including the flight phase, affects the skating velocity of female cross-country skiers. First, seven female skiers performed the V2 skate technique at maximal effort. Next, five subjects who did not have any flight phase in their V2 skate technique were trained to perform it along with the flight phase for about 10 minutes, and were then asked to execute the flight phase. In this test, the subjects used poles and skis equipped with force sensors, and their velocity was recorded. After the test, each subject was interviewed about her subjective experience of the V2 skate including the flight phase. It was found that the training caused all of the subjects to change the V2 skate so that it included the flight phase. Moreover, during skating attempts with the flight phase, both the skating velocity and the peak and average forces of the pole and ski increased significantly. The interviews revealed that three subjects felt a sense of fear when they were airborne, and that four subjects felt close to loss of balance. These results suggest that training in the V2 skate with a flight phase was effective for increasing the skating velocity of the female skiers. Moreover, it was evidently difficult for the female skiers to learn to skate with flight phases through a normal training method because of the sense of fear they experienced during the maneuver.

クロスカントリースキー・V2スケーティング走法中の推進力に対する上肢と下肢の貢献

藤田善也, 吉岡伸輔, 石毛勇介, 田内健二, 土屋純.

スポーツ科学研究査読有り9p.41 - 552012年-

link

詳細

概要:This study aims to quantify the degree of contribution of arms and legs during V2 skate in cross-country skiing from the viewpoint of the force along the direction of acceleration. Method: Six male cross-country skiers performed V2 skate at a speed of 6 m/s, and the pole and ski reaction forces were measured. In addition, using a high-speed camera, the three-dimensional coordinates of each part of the body were obtained, and the velocity, the pole, and ski angles were calculated, which were then converted to the force along the direction of movement. Results: The peak and mean forces along the direction of movement were 100 ± 20 and 63 ± 12 N, respectively, for the pole (one side) and 202 ± 48 and 106 ± 18 N, respectively, for the ski (one side). Those suggested that in V2 skate at a speed of 6 m/s, the degree of contribution of the force due to arms(push of both poles)and leg(push-off of right or left ski)are approximately the same. Furthermore, when pushing off with the ski, although the force component perpendicular to the ski comprises a large proportion, it was shown that the force can be divided into lateral and horizontal directions by converting it to a global coordinate system using the ski edge and orientation angle. In addition, ski edge angle was changed depending on abduction of hip joint. Ski force propulsion was generated by bduction of hip joint and extension of hip and knee joint. Hence, this implies that in order to increase the force of push-off for hip abduction and extension and knee extension movement, it is important to point the force along the direction of movement while exerting a force perpendicular to the ski.

クロスカントリースキー競技・スプリント種目の疲労の影響によるバイオメカニクス的変化―ダブルポーリング走法に着目して―

藤田善也, 石毛勇介, 吉岡伸輔, 田内健二, 土屋純.

バイオメカニクス研究査読有り16(2)p.64 - 732012年-

詳細

概要:Purpose: This study aims to clarify the biomechanical changes in double poling performance in a sprint race of cross-country skiing caused by fatigue. Methods: Five cross-country skiers including those representing Japan national team performed double poling for 3 min in a flat ski circuit (320 m long), and their movement and force at around 30 m and 670 m were compared. Results: Because of fatigue, (1) the velocity significantly decreased because of a decrease in the cycle rate during 1 cycle, (2) the cycle rate decreased because of the slowly change in the upper body movement, (3) while body became to erect standing position and (4) the leg motion supported the upper body motion, and it was controlled together with upper body motion. These results show that in order to maintain the velocity of double poling in the second half of a race, it is important to maintain the movement of the upper body.

テニスのフォアハンドストロークにおけるクロススタンス打法のキネマティクス

トレーニング科学査読有り22p.31 - 382012年-

クロスカントリースキーのスタート局面におけるクラシカル走法の技術の特徴

藤田善也

スポーツ科学研究査読有り2011年-2011年

link

詳細

ISSN:2187-7173

概要:本研究は,クロスカントリースキー競技クラシカル種目のスタート局面におけるダブルポーリング走法およびダイアゴナル走法をキネマティクス的手法を用いて解析し,それぞれの走法の特徴を明らかにすることで,加速局面においてより高い滑走速度を得るための示唆を得ることを目的とした.被験者は,日本代表を含む大学クロスカントリースキー競技者 5 名とした.被験者には,雪上での 50m の直線コースにおいて,ダブルポーリング走法およびダイアゴナル走法,さらに被験者が最も滑走速度が高くなるように前述の 2 走法を自由に組み合わせた試技(以下,コンビネーション試技)を用いて静止した状態から最大努力で滑走させた.被験者の実施をレーザー瞬時速度測定器と高速度ビデオカメラを用いて記録し,50m の所要時間,10m 毎の平均速度および最高速度,総サイクル数,ピッチおよびストライドを算出した.その結果,(1) 50m の所要時間に差はみられなかった,(2) 最高速度はダブルポーリング走法がダイアゴナル走法と比較して有意に高値を示した,(3) 滑走速度は,10-20m 区間においてはダイアゴナル走法がダブルポーリング走法より有意に高値を示し,(4) 30-50m 区間においてはダブルポーリング走法がダイアゴナル走法より有意に高値を示した,(5) コンビネーション試技は,スタート直後にダイアゴナル走法を実施し,その後ダブルポーリング走法に切り替えて実施されていた.以上の結果から,クラシカル種目におけるスタート局面では,まずスタート直後の加速に優れるダイアゴナル走法を用いて,次にダイアゴナル走法より最高速度の高いダブルポーリング走法に切り替えるというコンビネーション技術が,高い滑走速度を得るために重要となることが示唆された.

A relationship between the occurrence of the flight phase and the increase velocity during V2 skating

Zenya Fujita, Yusuke Ishige, Shinsuke Yoshioka, Kenji Tauchi, Shigeo Iso, Senshi Fukashiro, Jun Tsuchiya.

International Journal of Sport and Health Sciences査読有り8p.113 - 1202010年-

link

詳細

概要:Two types of profiles of ski reaction forces during V2 skating have been reported by previous investigations. One of the differences between these two profiles is in the existence of the “flight phase,” i.e., the phase in between gliding and kicking off, in which the skis float above the snow while skiing. It has been suggested that the difference is caused by the skating velocity. The purpose of this study is to clarify whether or not there is a relationship between the occurrence of the flight phase and the increase in velocity during V2 skating. Seven elite male cross-country skiers performed two types of trials at different velocities (high and medium speeds). The high and medium speeds correspond to the competitive pace for a sprint race and a 10-km race, respectively. The kinematics was measured for each trial using two video cameras and a panning direct linear transformation technique. The flight phase was determined by the ski load data obtained from a sensor attached to the ski. No flight phase was confirmed during medium-speed skating, but a flight phase was confirmed during high-speed skating, indicating the existence of the flight phase is related to an increase in skating velocity. However, the hip- and knee-joint angles and the vertical displacement of the center of mass were not changed by an increase in skating velocity. These results suggested that the flight phase was a small change from the standpoint of kinematics, but it may cause changes in muscle activity since the leg muscle groups experience no ground reaction force.

やり投の日本トップ選手における動作分析データの活用事例 ‐世界トップレベルとの相違点を提示して‐

田内健二, 村上幸史, 藤田善也, 礒繁雄.

スポーツパフォーマンス研究査読有り1p.151 - 1612009年-

書籍等出版物

疲労と身体運動 宮下充正(編)

藤田善也(分担執筆)

杏林書院2018年 02月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:234担当ページ数:152-155ISBN:978-4-7644-1187-6

21世紀スポーツ大事典 中村敏雄(編)

藤田善也(分担執筆)

大修館書店2015年 01月-

詳細

事典・辞書ISBN:978-4469062359

Sports Performance Kazuyuki Kanosue(Eds.)

Zenya Fujita(分担執筆)

Springer2015年-

詳細

単行本(学術書)

講演・口頭発表等

招待講演 平成31年度秋田県スキー連盟競技本部「クロスカントリー部会第1次強化合宿」

(秋田県スキー連盟)招待有り2018年07月14日

招待講演 平成29年度スキーと駅伝のまちづくり事業 スキー・駅伝選手育成強化競技別プログラム「世界の傾向とジュニアが身に付けるべきスキル」

藤田善也

平成29年度スキーと駅伝のまちづくり事業 スキー・駅伝選手育成強化競技別プログラム(鹿角市教育委員会)招待有り2017年07月16日

詳細

国内会議公開講演開催地:秋田県鹿角市

招待講演 平成29年度宮崎県体育協会「宮崎ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト育成プログラム・目標設定」

藤田善也

平成29年度宮崎ワールドアスリート発掘・育成プロジェクト育成プログラム(公益財団法人宮崎県体育協会)招待有り2017年04月16日

詳細

国内会議講義等

招待講演 富山県高等学校体育保健学会主催 「平成28年度富山県高等学校保健体育研究協議会」

藤田善也

平成28年度富山県高等学校保健体育研究協議会(富山県高等学校体育保健学会)招待有り2016年11月09日

詳細

国内会議公開講演開催地:富山県

招待講演 新潟県スキー連盟主催 「平成28年度クロスカントリー部コーチセミナー」

藤田善也

平成28年度(公財)新潟県スキー連盟クロスカントリー部コーチセミナー(公益財団法人 新潟県スキー連盟)招待有り2016年07月16日

詳細

国内会議セミナー開催地:新潟県

招待講演 青森県教育委員会主催 「平成27年度第2回トップ指導者招聘事業」

藤田善也

平成27年度第2回トップ指導者招聘事業(青森県教育委員会)招待有り2015年11月13日

詳細

国内会議セミナー開催地:北海道

招待講演 青森県教育委員会主催 「平成27年度第1回トップ指導者招聘事業」

藤田善也

平成27年度第1回トップ指導者招聘事業(青森県教育委員会)招待有り2015年08月29日

詳細

国内会議セミナー開催地:青森県

国際学会発表 Contribution of upper- and lower-limb to propulsive force during V2 skate in cross-country skiing

Zenya Fujita, Jun Tsuchiya

The 5th International Sport Science Symposium on “Active Life”(Waseda University)2011年08月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Tokyo

国際学会発表 Characteristics of classic style technique during starting phase in cross-country skiing

Zenya Fujita, Kenji Tauchi, Ryuta Kinugasa, Jun Tsuchiya

The 4th International Sport Science Symposium on "Active Life"(Waseda University)2011年02月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Tokyo

国際学会発表 The time course changes of the kinematics and kinetics during double-poling technique in cross-country sprint skiing. The 5th International Congress of Science and Skiing

Zenya Fujita, Yusuke Ishige, Shinsuke Yoshioka, Jun Tsuchiya

The 5th International Congress of Science and Skiing(Dept of Sport Science and Kinesiology, University of Salzburg)2010年12月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:St Christoph. Am Arlberg

国際学会発表 The time course changes of the kinematics and kinetics during double-poling technique in cross-country sprint skiing

Zenya Fujita, Jun Tsuchiya

The 3rd International Sport Science Symposium on "Active Life"(Waseda University)2010年09月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Tokyo

国際学会発表 Relationship between reaction force and velocity during the V2-skate technique in cross-country skiing –roller ski study-

Zenya Fujita, Jun Tsuchiya

The 2nd International Sport Science Symposium on "Active Life"(Waseda University)2010年03月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Tokyo

国内学会発表 クロスカントリースキー競技で使用されるグリップワックスの有無が競技パフォーマンスに及ぼす影響

藤田善也, 桜井義久, 石毛勇介

日本体育学会第66回大会(日本体育学会)2015年08月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:東京

国内学会発表 クロスカントリースキー競技におけるローラースキーによる上肢のパフォーマンス評価方法の検討

藤田善也, 藤田佑平, 井川純一, 鈴木典

第26回冬季スポーツ科学フォーラム2015新潟・湯沢(冬季スポーツ研究フォーラム)2015年08月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:新潟県

国内学会発表 クロスカントリースキー競技スケーティング種目におけるサブ走法の自動識別手法の検討

藤田善也, 桜井義久, 中里浩介, 石毛勇介

第23回日本バイオメカニクス学会大会(日本バイオメカニクス学会)2014年09月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:東京

国内学会発表 クロスカントリースキー競技のスキー反力センサシステムの開発

藤田善也, 石毛勇介

日本体育学会第65回大会(日本体育学会)2014年08月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:岩手県

国内学会発表 クロスカントリースキー競技クラシカル種目における競技パフォーマンスと各サブ走法との関係

藤田善也, 吉岡伸輔, 石毛勇介

日本体育学会第64回大会(日本体育学会)2013年08月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:滋賀県

国内学会発表 クロスカントリースキー競技のV2スケーティング走法中の滑走速度と各軸方向の力との関係

藤田善也, 吉岡伸輔, 石毛勇介

第22回日本バイオメカニクス学会大会(日本バイオメカニクス学会)2012年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:北海道

国内学会発表 クロスカントリースキー競技におけるクラシカル種目の各走法のサイクル特性と競技成績との関係

藤田善也, 吉岡伸輔, 石毛勇介

日本体育学会第63回大会(日本体育学会)2012年08月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:神奈川県

国内学会発表 ランニング動作中の二関節筋の長さ変化

藤田善也, 藤懸大也, 中内まどか, 山内潤一郎

第65回日本体力医学会大会(日本体力医学会)2010年09月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:千葉県

国内学会発表 クロスカントリースキー競技の加速局面における滑走技術の比較 -クラシカル種目を対象として-

藤田善也, 石毛勇介, 田内健二, 吉岡伸輔, 深代千之, 土屋純

日本体育学会第61回大会(日本体育学会)2010年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:愛知県

国内学会発表 3分間のクロスカントリースキー・ダブルポーリング滑走中の動作と力の変化

藤田善也, 石毛勇介, 吉岡伸輔, 田内健二, 深代千之, 土屋純

第21回日本バイオメカニクス学会大会(日本バイオメカニクス学会)2010年08月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京都

国内学会発表 クロスカントリースキーのV2スケーティング動作中の滑走速度と力成分の関係

藤田善也, 石毛勇介, 吉岡伸輔, 礒繁雄, 深代千之, 土屋純

日本体育学会第60回記念大会(日本体育学会)2009年08月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:広島県

国内学会発表 クロスカントリースキーのV2スケーティング滑走動作における運動力学的分析

藤田善也, 石毛勇介, 吉岡伸輔, 深代千之, 礒繁雄

日本体育学会第59回大会(日本体育学会)2008年08月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京都

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究(B)

クロスカントリースキー競技における上肢と下肢による力の貢献度の走法間比較

2018年04月-2021年03月

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥4030000

研究種別:若手研究(B)

バイオメカニクス的手法を用いたクロスカントリースキー競技の滑走技術の評価

2014年04月-2016年03月

研究分野:スポーツバイオメカニクス

配分額:¥3640000

研究種別:

クロスカントリースキー競技における上肢と下肢による力の貢献度の走法間比較

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥4030000

研究種別:

バイオメカニクス的手法を用いたクロスカントリースキー競技の滑走技術の評価

2014年-0月-2016年-0月

配分額:¥3640000

研究資金の受入れ状況

提供機関:一般財団法人上月財団制度名:第12回(2014年度)スポーツ研究助成事業実施形態:研究助成金

センシング技術を用いたクロスカントリースキー競技における滑走技術の検討 ~GNSS・慣性センサを用いたスケーティング走法の自動識別と評価~2014年04月-2015年03月

代表

詳細

概要: クロスカントリースキー競技のスケーティング種目では,選手はコースの斜度や滑走速度に合わせて3種類のサブ走法 (V1スケーティング走法, V2スケーティング走法, V2オルタイネトスケーティング走法) を切り替えて滑走する.これらのサブ走法は,生理学的およびバイオメカニクス的観点でいくつかの違いが報告されており,選手は各サブ走法の利点を活かすことで,合理的に滑走速度を増加あるいは維持させていることが予想されるが,実際の滑走においてサブ走法の良し悪しとパフォーマンスとの関連を明らかにした研究は見当たらない.これらは,実際の滑走中の滑走速度の測定や,各サブ走法の評価方法が確立されていないためである.一方で,近年開発が進められている各種の小型センサを用いることにより,滑走中の速度や高度,選手の動きの同定が可能であることが明らかとなってきている.そこで本研究の目的は,全地球航法衛星システム (GNSS) と四肢に取り付けた慣性センサを用いて,クロスカントリースキー競技のスケーティング種目における3種類のサブ走法を自動識別し,滑走中のパフォーマンスを評価することとした. 本研究では,(1)各サブ走法を自動で識別するためのプログラム開発とそのデータ取得のための実験,(2)開発されたプログラムを用いた評価実験の2つの実験を実施した.まず,1名の対象の両前腕およびローラースキーに慣性センサを取り付け,3種類のサブ走法中の角速度を記録した.記録された角速度の特徴をもとに各サブ走法を自動で識別するプログラムを開発した.次に自動識別プログラムの精度を評価するために,対象の胸部にビデオカメラを下向きに取り付け,実際に行ったサブ走法を記録した.対象の滑走速度および高度を評価するためにGNSSを対象に取り付け,滑走速度と高度を記録した.対象には,3.45 kmのローラースキー専用コースを最大努力で滑走させ,滑走中の各データを取得した.得られたデータに対して自動識別プログラムを実行し,識別結果を得た.自動識別プログラムによって得られた識別結果とビデオカメラから得られた結果より,プログラムの精度と正解率を算出した. その結果,開発された自動識別プログラムは,平均では92.3 %の高精度で各サブ走法を自動で識別できることが明らかとなった.また対象は,最大努力の滑走において,平地ではV2スケーティング走法あるいはV2オルタネイト走法が用い,上り坂では,V1スケーティング走法あるいはV2走法を用いることが明らかとなった.さらに,競技パフォーマンスの異なる2名の対象の滑走速度を比較したところ,コース前半の平地において,V2スケーティング走法中の滑走速度に違いがみられた.これらの結果より,競技パフォーマンスの低かった対象Bは,コース前半の平地において,V2スケーティング走法を用いて滑走速度をより高められるようなトレーニングを行うことが競技パフォーマンスの向上に寄与する可能性があることが示唆された.本研究によって開発された自動識別プログラムを用いることで,滑走速度と高度,サブ走法を対象ごとに比較することにより,競技パフォーマンスを高めるための具体的な方策を検討することが可能となった.

学内研究制度

特定課題研究

クロスカントリースキー競技における競技中の滑走動作と競技パフォーマンスとの関係

2015年度共同研究者:土屋 純

研究成果概要:本研究の目的は,クロスカントリースキー競技において,競技パフォーマンスの高い選手の優れた滑走動作を明らかにすることであった.対象となる滑走動作は第94回全日本スキー選手権男子15kmクラシカル競技における7.0km地点の上り坂のダ...本研究の目的は,クロスカントリースキー競技において,競技パフォーマンスの高い選手の優れた滑走動作を明らかにすることであった.対象となる滑走動作は第94回全日本スキー選手権男子15kmクラシカル競技における7.0km地点の上り坂のダイアゴナル走法とした.競技成績の上位9名の選手を上位群,上位群の所要時間より10%程度上回る所要時間であった10名を下位群とした.選手の滑走動作を分析した結果,競技パフォーマンスに優れた選手のダイアゴナル走法は,(1)滑走速度が高く,ストライド長が長い,(2)ポールプッシュ局面およびポールリカバリ局面の肘関節角度がより伸展位である,(3)スキー板接地前の足関節角度がより屈曲位であることが示された.

世界一流障がい者クロスカントリースキー選手のバイオメカニクス的分析

2017年度

研究成果概要:本研究の目的は,クロスカントリースキー競技を対象に(1)競技コースの詳細な距離および標高データを取得すること,(2)片腕に障害をもつ世界一流クロスカントリースキー選手のスプリント種目中の滑走速度および心拍数の変化を明らかにすること...本研究の目的は,クロスカントリースキー競技を対象に(1)競技コースの詳細な距離および標高データを取得すること,(2)片腕に障害をもつ世界一流クロスカントリースキー選手のスプリント種目中の滑走速度および心拍数の変化を明らかにすることであった.(1)の目的を明らかにするために競技コース内に基地局を設置し,さらに被験者の頭部および背部にGNSSデータロガーを装着させて距離および標高データを取得した.その結果,従来は困難であった山間部でのミリ単位のデータ取得が可能であることが示唆された.(2)の目的を明らかにするために,競技中の滑走速度および心拍数を計測した.その結果,雪のコンディションによって滑走速度が変化すること,一流選手ではスプリント種目の決勝において最も高い心拍数で競技が行われることが示された.

バイオメカニクス的手法を用いた障がい者クロスカントリースキー競技の滑走技術の評価

2016年度

研究成果概要:片腕に障害をもつアスリートが行うサイクリックな運動を対象とした非対称性が運動の遂行に及ぼす影響に着目した研究は少ない.本研究の目的は,片腕に障害をもつクロスカントリースキー選手を対象に,滑走中のバイオメカニクス的特徴を明らかにする...片腕に障害をもつアスリートが行うサイクリックな運動を対象とした非対称性が運動の遂行に及ぼす影響に着目した研究は少ない.本研究の目的は,片腕に障害をもつクロスカントリースキー選手を対象に,滑走中のバイオメカニクス的特徴を明らかにすることであった.片腕に障害をもつ世界一流クロスカントリースキー選手を対象に上り坂におけるダイアゴナル走法中の動作分析を実施した.その結果,ポールを持つ側のプッシュオフ局面では滑走速度の立ち上がりが早いこと,同局面中の平均速度が高いこと,およびその後のグライド局面中の平均速度が高い傾向にあることが示唆された.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ教養演習I 03スポーツ科学部2020春学期
スポーツ教養演習II 03スポーツ科学部2020秋学期
演習I(スキーのコーチング)スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ方法実習I(スキー)スポーツ科学部2020春季集中
スポーツ方法実習I(スノーアクティビティ)スポーツ科学部2020春季集中
スポーツコーチング概論スポーツ科学部2020春学期
アスリート実習I(ナショナル)スポーツ科学部2020春学期
スポーツコーチング基礎演習スポーツ科学部2020春学期
アスリート論スポーツ科学部2020春学期
アスリートサポート論スポーツ科学部2020秋学期
アスリートサポート実習Iスポーツ科学部2020春学期
アスリートサポート実習IIスポーツ科学部2020夏季集中
エリートコーチング研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
エリートコーチング研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
冬季スポーツコーチング学演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
冬季スポーツコーチング学演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
エリートコーチング演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
エリートコーチング演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
冬季スポーツコーチング学演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
冬季スポーツコーチング学演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
冬季スポーツコーチング学特論大学院スポーツ科学研究科2020秋クォーター
スポーツ科学演習 06大学院スポーツ科学研究科2020春学期
早稲田スポーツを学ぶ 1(早稲田大学校友会支援講座)グローバルエデュケーションセンター2020秋クォーター

その他教育活動

所沢市児童生徒体力向上推進委員

2015年04月-

社会貢献活動

海外派遣 ノルディックジュニア世界選手権・U23世界選手権(2018/ゴムス・スイス)

役割:その他2018年01月-2018年02月

海外派遣 第28回ユニバーシアード冬季競技大会(2017/アルマティ)

役割:その他2017年01月-2017年02月

主催者・媒体名:公益財団法人 日本オリンピック委員会

イベント・番組・雑誌名:第28回ユニバーシアード冬季競技大会(2017/アルマティ)

場所・掲載箇所:アルマティ・カザフスタン

詳細

種別:その他対象:その他

海外派遣 ノルディックジュニア世界選手権・U23世界選手権(2016/ラシュノフ)

役割:その他2016年02月-2016年02月

主催者・媒体名:公益財団法人 全日本スキー連盟

イベント・番組・雑誌名:ノルディックジュニア世界選手権・U23世界選手権(2016/ラシュノフ)

場所・掲載箇所:ラシュノフ・ルーマニア

詳細

種別:その他対象:その他

URL:http://data.fis-ski.com/dynamic/event-details.html?event_id=37583&cal_suchsector=CC

概要:日本代表スタッフ(スキー/クロスカントリー・フィジカルコーチ)としての派遣

海外派遣 ノルディックジュニア世界選手権・U23世界選手権(2015/アルマトイ)

役割:その他2015年02月-2015年02月

主催者・媒体名:公益財団法人 全日本スキー連盟

イベント・番組・雑誌名:ノルディックジュニア世界選手権・U23世界選手権(2015/アルマトイ)

場所・掲載箇所:アルマトイ・カザフスタン

詳細

種別:その他対象:その他

URL:http://data.fis-ski.com/dynamic/event-details.html?event_id=35544&cal_suchsector=CC

概要:日本代表スタッフ(スキー/クロスカントリー・フィジカルコーチ)としての派遣

海外派遣 第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/グラナダ・ストラプスケプレソ・オスルブルエ)

役割:その他2015年01月-2015年02月

主催者・媒体名:公益財団法人 日本オリンピック委員会

イベント・番組・雑誌名:第27回ユニバーシアード冬季競技大会(2015/グラナダ・ストラプスケプレソ・オスルブルエ)

場所・掲載箇所:ストラプスケプレソ・スロバキア

詳細

種別:その他対象:その他

URL:http://www.joc.or.jp/games/univ/2015_winter/

概要:日本選手団(スキー/クロスカントリー・技術スタッフ)としての派遣

海外派遣 第26回ユニバーシアード冬季競技大会(2013/トレンティーノ)

役割:その他2013年12月-2013年12月

主催者・媒体名:公益財団法人 日本オリンピック委員会

イベント・番組・雑誌名:第26回ユニバーシアード冬季競技大会(2013/トレンティーノ)

場所・掲載箇所:トレンティーノ・イタリア

詳細

種別:その他対象:その他

URL:http://www.joc.or.jp/games/univ/2013_winter/

概要:日本選手団(スキー/クロスカントリー・技術スタッフ)としての派遣

海外派遣 第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)

役割:その他2011年01月-2011年02月

主催者・媒体名:財団法人 日本オリンピック委員会

イベント・番組・雑誌名:第25回ユニバーシアード冬季競技大会(2011/エルズルム)

場所・掲載箇所:エルズルム・トルコ共和国

詳細

種別:その他対象:その他

URL:http://www.joc.or.jp/games/univ/2011_winter/

概要:日本選手団(スキー/クロスカントリー・技術スタッフ)としての派遣

海外派遣 第24回ユニバーシアード冬季競技大会(2009/ハルピン)

役割:その他2009年02月-2009年02月

主催者・媒体名:財団法人 日本オリンピック委員会

イベント・番組・雑誌名:第24回ユニバーシアード冬季競技大会(2009/ハルピン)

場所・掲載箇所:ハルピン・中華人民共和国

詳細

種別:その他対象:その他

URL:http://www.joc.or.jp/games/univ/2009_winter/

概要:日本選手団(スキー/クロスカントリー・技術スタッフ)としての派遣

公益財団法人全日本スキー連盟クロスカントリー部 コーチ

2016年08月-

特定非営利法人日本障がい者スキー連盟クロスカントリー委員会 フィジカルコーチ

2015年04月-

公益社団法人全日本学生スキー連盟クロスカントリー部 副部長

2016年08月-

詳細

概要:2009- 競技本部情報・医・科学委員会 専門委員

早稲田大学スキー部 助監督 兼 コーチ(クロスカントリー部門)

2016年06月-

詳細

概要:2007- 早稲田大学スキー部 コーチ(クロスカントリー部門)