氏名

コシバ タケシ

小柴 健史

職名

教授 (https://researchmap.jp/koshiba)

所属

(教育学部)

連絡先

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/tkoshiba/

研究者番号
60400800
ORCID ID
0000-0001-8994-729X

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

学歴・学位

学位

博士(理学) 課程 東京工業大学 情報基礎理論

所属学協会

IACR(国際暗号学会)

ACM

IEEE

電子情報通信学会

情報処理学会

受賞

Award for Outstanding Research Achievement

2018年12月授与機関:Asia Pacific Society for Computing and Information Technology

Outstanding paper award

2018年10月授与機関:GameSec 2018 (Conference on the Decision and Game Theory for Security)

研究分野

キーワード

暗号理論,秘匿計算・プライバシー保護,量子計算,乱数

科研費分類

情報学 / 情報基礎学 / 情報基礎理論

情報学 / 計算基盤 / 情報セキュリティ

数物系科学 / 数学 / 数学基礎・応用数学

論文

Impossibility of perfectly-secure one-round delegated quantum computing for classical client

Tomoyuki Morimae, Takeshi Koshiba

Quantum Information & Computation査読有り19(3&4)p.214 - 2212019年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

New assumptions on isogenous pairing groups with applications to attribute-based encryption

Takeshi Koshiba, Katsuyuki Takashima

Lecture Notes in Computer Science (ICISC 2018)招待有り11396p.3 - 192019年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Outsourcing private equality tests to the cloud

Tushar Kanti Saha, Takeshi Koshiba

Journal of Information Security and Applications査読有り43p.83 - 982018年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Achieving strong security and member registration for lattice-based group signature scheme with verifier-local revocation

Maharage Nisansala Sevwandi Perera, Takeshi Koshiba

Journal of Internet Services and Information Security査読有り8(4)p.1 - 152018年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Perfectly secure message transmission against rational timid adversaries

Maiki Fujita, Kenji Yasunaga, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (GameSec 2018)査読有り11199p.127 - 1442018年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Achieving full security for lattice-based group signatures with verifier-local revocation

Maharage Nisansala Sevwandi Perera, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ICICS 2018)査読有り11149p.287 - 3022018年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Almost-fully secured fully dynamic group signatures with efficient verifier-local revocation and time-bound keys

Maharage Nisansala Sevwandi Perera, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (IDCS 2018)査読有り11226p.134 - 1472018年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Achieving strong security and verifier-local revocation for dynamic group signatures from lattice assumptions

Maharage Nisansala Sevwandi Perera, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (STM 2018)査読有り11091p.3 - 192018年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Achieving almost-full security for lattice-based fully dynamic group signatures with verifier-local revocation

Maharage Nisansala Sevwandi Perera, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ISPEC 2018)査読有り11125p.229 - 2472018年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Zero-knowledge proof for lattice-based group signature schemes with verifier-local revocation

Maharage Nisansala Sevwandi Perera, Takeshi Koshiba

Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies (TwCSec@NBiS 2018)査読有り22p.772 - 7822018年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Fourier-based function secret sharing with general access structure

Takeshi Koshiba

Springer Proceedings in Mathematics & Statistics (Mathematics and Computing, ICMC 2018)査読有り253p.417 - 4282018年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Fully dynamic group signature scheme with member registration and verifier-local revocation

Maharage Nisansala Sevwandi Perera, Takeshi Koshiba

Springer Proceedings in Mathematics & Statistics (Mathematics and Computing, ICMC 2018)査読有り253p.399 - 4152018年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Private comparison protocol and its application to range queries

Tushar Kanti Saha, Mayank, Deevashwer, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (IDCS 2017)査読有り10794p.128 - 1412018年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Universal construction of cheater-identifiable secret sharing against rushing cheaters based on message authentication

Masahito Hayashi, Takeshi Koshiba

Proceedings of 2018 IEEE International Symposium on Information Theory (ISIT 2018)査読有りp.2614 - 26182018年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Non-transferable proxy re-encryption for multiple groups

Ei Mon Cho, Lwin San, Takeshi Koshiba

International Journal of Space-Based and Situated Computing査読有り8(1)p.20 - 292018年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Privacy-preserving equality test towards big data

Tushar Kanti Saha, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (FPS 2017)査読有り10723p.95 - 1102018年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Physical implementation of oblivious transfer using optical correlated randomness

Tomohiro Ito, Hayato Koizumi, Nobumitsu Suzuki, Izumi Kakesu, Kento Iwakawa, Atsushi Uchida, Takeshi Koshiba, Jun Muramatsu, Kazuyuki Yoshimura, Masanobu Inubushi, Peter Davis

Scientific Reports査読有り7p.8444-1 - 8444-122017年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

An efficient privacy-preserving comparison protocol

Tushar Kanti Saha, Takeshi Koshiba

Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies (NBiS 2017)査読有り7p.553 - 5652017年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Function secret sharing using Fourier basis

Takuya Ohsawa, Naruhiro Kurokawa, Takeshi Koshiba

Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies (TwCSec@NBiS 2017)査読有り7p.865 - 8752017年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Secure non-transferable proxy re-encryption for group membership and non-membership

Ei Mon Cho, Lwin San, Takeshi Koshiba

Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies (TwCSec@NBiS 2017)査読有り7p.876 - 8872017年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Efficient protocols for private database queries

Tushar Kanti Saha, Mayank, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (DBSec 2017)査読有り10359p.337 - 3482017年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Secure SMS transmission based on verifiable hash convergent group signcryption

Ei Mon Cho, Takeshi Koshiba

Proceedings of the 18th IEEE International Conference on Mobile Data Management (MDM 2017)査読有りp.332 - 3352017年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Big data cloud deduplication based on verifiable hash convergent group signcryption

Ei Mon Cho, Takeshi Koshiba

Proceedings of the 3rd IEEE International Conference on Big Data Computing Service and Applications査読有りp.265 - 2702017年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Private equality test using ring-LWE somewhat homomorphic encryption

Tushar Kanti Saha, Takeshi Koshiba

Proceedings of the 3rd Asia-Pacific World Congress on Computer Science and Engineering (APWC on CSE 2016)査読有りp.1 - 92017年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Private conjunctive query over encrypted data

Tushar Kanti Saha, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (AFRICACRYPT 2017)査読有り10239p.149 - 1962017年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Secure deduplication in a multiple group signature setting

Ei Mon Cho, Takeshi Koshiba

Proceedings of the 31st IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2017)査読有りp.811 - 8182017年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Analysis of decreasing squared-sum of Gram-Schmidt lengths for short lattice vectors

Masaya Yasuda, Kazuhiro Yokoyama, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, Takeshi Koshiba

Journal of Mathematical Cryptology査読有り11(1)p.1 - 242017年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

An enhancement of privacy-preserving wildcards pattern matching

Tushar Kanti Saha, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (FPS 2016)査読有り10128p.145 - 1602017年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Privacy-preserving fuzzy commitment for biometrics via layered error-correcting codes

Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Narishige Abe, Shigefumi Yamada, Takashi Shinzaki, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (FPS 2015)査読有り9482p.117 - 1332016年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Secure statistical analysis using RLWE-based homomorphic encryption

Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, Kazuhiro Yokoyama, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ACISP 2015)査読有り9144p.471 - 4872015年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

New packing method in somewhat homomorphic encryption and its applications

Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, Kazuhiro Yokoyama, Takeshi Koshiba

Security and Communication Networks査読有り8(13)p.2194 - 22132015年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

On the exact decryption range for Gentry-Halevi's implementation of fully homomorphic encryption

Masaya Yasuda, Kazuhiro Yokoyama, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, Takeshi Koshiba

Journal of Mathematical Cryptology査読有り8(3)p.305 - 3292014年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Privacy-preserving wildcards pattern matching using symmetric somewhat homomorphic encryption

Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, Kazuhiro Yokoyama, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ACISP 2014)査読有り8544p.338 - 3532014年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Practical packing method in somewhat homomorphic encryption

Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, Kazuhiro Yokoyama, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (DPM 2013)査読有り8247p.34 - 502014年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Packed homomorphic encryption based on ideal lattices and its application to biometrics

Masaya Yasuda, Takeshi Shimoyama, Jun Kogure, Kazuhiro Yokoyama, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (MoCrySEn 2013)査読有り8128p.55 - 742013年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Ancilla-driven universal blind quantum computation

Takahiro Sueki, Takeshi Koshiba, Tomoyuki Morimae

Physical Review A査読有り87(6)p.060301-1 - 060301-52013年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Computational indistinguishability between quantum states and its cryptographic application

Akinori Kawachi, Takeshi Koshiba, Harumichi Nishimura, Tomoyuki Yamakami

Journal of Cryptology査読有り25(3)p.528 - 5552012年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Public discussion must be back and forth in secure message transmission

Takeshi Koshiba, Shinya Sawada

Lecture Notes in Computer Science (ICISC 2010)査読有り6829p.325 - 3372011年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Statistically-hiding quantum bit commitment from approximable-preimage-size quantum one-way function

Takeshi Koshiba, Takanori Odaira

Lecture Notes in Computer Science (TQC 2009)査読有り5906p.33 - 462009年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Reducing complexity assumptions for oblivious transfer

Kai Yuen Cheong, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (IWSEC 2009)査読有り5824p.110 - 1242009年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Strengthening the security of distributed oblivious transfer

Kai Yuen Cheong, Takeshi Koshiba, Shohei Nishiyama

Lecture Notes in Computer Science (ACISP 2009)査読有り5594p.377 - 3882009年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Simple direct reduction of string (1,2)-OT to Rabin's OT without privacy amplification

Kaoru Kurosawa, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ICITS 2008)査読有り5155p.199 - 2092008年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A combinatorial approach to deriving lower bounds for perfectly secure oblivious transfer reductions

Kaoru Kurosawa, Wataru Kishimoto, Takeshi Koshiba

IEEE Transactions on Information Theory査読有り54(6)p.2566 - 25712008年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

More on security of public-key cryptosystems based on Chebyshev polynomials

Kai Yuen Cheong, Takeshi Koshiba

IEEE Transactions on Circuits and Systems II査読有り54(9)p.795 - 7992007年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Low-density attack revisited

Tetsuya Izu, Jun Kogure, Takeshi Koshiba, Takeshi Shimoyama

Designs, Codes and Cryptography査読有り43(1)p.47 - 592007年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Progress in quantum computational cryptography

Akinori Kawachi, Takeshi Koshiba

Journal of Universal Computer Science招待有り12(6)p.691 - 7092006年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Universal test for quantum one-way permutations

Akinori Kawachi, Hirotada Kobayashi, Takeshi Koshiba, Rudy Raymond H. Putra

Theoretical Computer Science査読有り345(2-3)p.370 - 3852005年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Short exponent Diffie-Hellman problems

Takeshi Koshiba, Kaoru Kurosawa

Lecture Notes in Computer Science (PKC 2004)査読有り2947p.173 - 1862004年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Theoretical analysis of χ2 attack on RC6

Masahiko Takenaka, Takeshi Shimoyama, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ACISP 2003)査読有り2727p.142 - 1532003年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Multiple linear cryptanalysis of a reduced-round RC6

Takeshi Shimoyama, Masahiko Takenaka, Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (FSE 2002)査読有り2365p.76 - 882002年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

On sufficient randomness for secure public-key cryptosystems

Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (PKC 2002)査読有り2274p.34 - 472002年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Polynomial-time algorithms for the equivalence for one-way quantum finite automata

Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ISAAC 2001)査読有り2223p.268 - 2782001年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

A new aspect for security notions: Secure randomness in public-Key encryption schemes

Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (PKC 2001)査読有り1992p.87 - 1032001年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

The decision Diffie-Hellman assumption and the quadratic residuosity assumption

Taiichi Saito, Takeshi Koshiba, Akihiro Yamamura

IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences査読有りE84A(1)p.165 - 1712001年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A theory of randomness for public key cryptosystems: The ElGamal cryptosystem case

Takeshi Koshiba

IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences査読有りE83A(4)p.614 - 6192000年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Inferring pure context-free languages from positive data

Takeshi Koshiba, Erkki Mäkinen, Yuji Takada

Acta Cybernetica査読有り14(3)p.469 - 4772000年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A technique for boosting the security of cryptographic systems with one-way hash functions

Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ICISC 1999)査読有り1787p.76 - 812000年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Enhancing D-ABDUCTOR towards a diagrammatic user interface platform

Kazuo Misue, Kiyoshi Nitta, Kozo Sugiyama, Takeshi Koshiba, Robert Inder

Proceedings of the 2nd International Conference on Knowledge-Based Intelligent Electronic Systems査読有りp.359 - 3681998年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Computational learning theoretic cryptanalysis of language theoretic cryptosystems

Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (ICICS 1997)査読有り1334p.28 - 381997年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Learning deterministic even linear languages from positive examples

Takeshi Koshiba, Erkki Mäkinen, Yuji Takada

Theoretical Computer Science査読有り185(1)p.63 - 791997年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

On a hierarchy of slender languages based on control sets

Takeshi Koshiba

Fundamenta Informaticae査読有り31(1)p.41 - 471997年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A machine learning approach to knowledge acquisitions from text databases

Yasubumi Sakakibara, Kazuo Misue, Takeshi Koshiba

International Journal of Human-Computer Interaction査読有り8(3)p.309 - 3241996年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Decision tree learning systems with switching evaluators

Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (Canada-AI 1996)1081p.349 - 3611996年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Typed pattern languages and their learnability

Takeshi Koshiba

Lecture Notes in Computer Science (EUROCOLT 1995)査読有り904p.367 - 3791995年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

書籍等出版物

観測に基づく量子計算

小柴健史, 藤井啓祐, 森前智行(共著)

コロナ社2017年 03月-

乱数生成と計算量理論

小柴健史(単著)

岩波書店2014年 03月-

確率と計算―乱択アルゴリズムと確率的解析―

小柴健史,河内亮周(共訳)

共立出版2009年 04月-

量子暗号理論の展開

小芦雅斗, 小柴健史(共著)

サイエンス社2008年 11月-

講演・口頭発表等

Homomorphic Encrypion and Its Applications

Takeshi Koshiba

The 2018 International Conference for Top and Emerging Computer Scientists (IC-TECS 2018)(Asia Pacific Society for Computing and Information Technology)招待有り2018年12月22日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Taipei

安全な代理量子計算

小柴健史

情報理論研究会「若手研究者のための講演会」@第41回情報理論とその応用シンポジウム(SITA 2018)(電子情報通信学会 情報理論とその応用サブソサイエティ)招待有り2018年12月18日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:スパリゾートハワイアンズ, いわき市

観測に基づく量子計算と量子優位性

小柴健史

CREST暗号数理 平成30年度第2回全体会議 チュートリアルワークショップ招待有り2018年12月11日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:九州大学マスフォアインダストリ研究所, 福岡市

耐量子時代の擬似乱数生成

小柴健史

Small-workshop on Communications between Academia and Industry for Security (SCAIS 2018)(大阪大学、産業技術総合研究所)招待有り2018年01月22日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:新潟市

Secure Message Transmission : 可能性と限界

小柴健史

第6回誤り訂正符号のワークショップ(電子情報通信学会 情報理論とその応用サブソサイエティ)招待有り2017年09月06日

詳細

国内会議チュートリアル

Secure Message Transmission against Rational Adversaries

Takeshi Koshiba

Cryptographic Technologies for Securing Network Storage and Their Mathematical Modeling(Institute of Mathematics for Industry, Kyushu University)招待有り2017年06月13日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Composable Security of Blind Computation

Takeshi Koshiba

Quantum Science Symposium Asia 2013 (QSS-ASIA 2013)招待有り2013年11月26日

詳細

国際会議開催地:Tokyo Univ.

Quantum Oblivious Transfer and Quantum One-Way Functions

Takeshi Koshiba

Japan-Singapore Workshop on Multi-User Quantum Network招待有り2012年09月17日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:National University of Singapore

Interactive Hashing and BB84 States

Takeshi Koshiba

Quatum Information in Paris招待有り2010年05月27日

詳細

口頭発表(招待・特別)開催地:Telecom Paris Tech

On the Computational Power of BB84 States

Takeshi Koshiba

2010 International Workshop on Quantum Information Science招待有り2010年03月08日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Tokyo Univ.

Quantum Bit Commitment from Quantum One-Way Function

Takeshi Koshiba

International Conference on Quantum Information and Technology招待有り2009年12月02日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Tokyo Univ.

一方向性関数からの擬似乱数生成器の構成法について

小柴健史

第3回公開鍵暗号の安全な構成とその応用ワークショップ(産業技術総合研究所・情報セキュリティーセンター)招待有り2009年09月23日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:秋葉原

An Unusual Short Introduction to Quantum Computing

Takeshi Koshiba

(Universiti Putra Malaysia)招待有り2009年06月19日

詳細

セミナー開催地:Selangor

Quantum Computational Bit Commitments

Takeshi Koshiba

(International Islamic University Malaysia)招待有り2009年06月18日

詳細

セミナー開催地:Kuala Lumper

An Old and New Direction to Quantum Cryptography

Takeshi Koshiba

(MIMOS Berhad)招待有り2009年06月17日

詳細

セミナー開催地:Kuala Lumper

On Quantum Oblivious Transfer

Takeshi Koshiba

JST-CNRS Joint Workshop on Quantum Computation: Theory and Feasibility招待有り2008年09月26日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Institut Henri Poincare (IHP), Paris

量子計算入門

小柴健史

非線形問題勉強会(東京理科大学)招待有り2007年12月22日

詳細

国内会議チュートリアル開催地:東京理科大学

擬似乱数のつくりかた

小柴健史

第312回情報科学セミナー(東京電機大学)招待有り2007年06月22日

詳細

国内会議セミナー

計算量理論的な量子暗号の進展

小柴健史

第16回量子情報技術研究会 (QIT 16)招待有り2007年05月18日

詳細

国内会議チュートリアル開催地:NTT厚木

暗号理論における一方向性関数とその周辺の進展

小柴健史

科学研究費特定領域研究「新世代の計算限界-その解明と打破-」Complexity研究集会招待有り2006年12月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:東京工業大学

Quantum Public Key Cryptosystem

Takeshi Koshiba

Theory of Quantum Computation, Communication and Cryptography (TQC 2006)招待有り2006年02月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Atsugi

量子メカニズムと暗号通信

小柴健史

第3回情報科学技術フォーラム (FIT2004)招待有り2004年09月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:同志社大学

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(A)

量子プロトコル理論の線的展開

2016年04月-2021年03月

研究種別:基盤研究(A)

量子プロトコル理論の深化

2012年04月-2016年03月

研究種別:基盤研究(B)

量子情報理論と量子計算量理論の融合技術の展開

2009年04月-2012年03月

研究種別:基盤研究(B)

量子情報理論と量子計算量理論の融合とその応用

2006年04月-2009年03月

研究種別:挑戦的萌芽研究

通信複雑性に対するブラインド量子計算による方法論の確立

2014年04月-2017年03月

研究種別:挑戦的萌芽研究

量子暗号理論と古典暗号理論の互換技法の開発

2011年04月-2014年03月

研究種別:萌芽研究

脱量子化手法の確立と暗号理論応用

2008年04月-2011年03月

研究種別:

インセンティブを考慮した暗号基盤技術の構築

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥15860000

研究種別:

量子プロトコル理論の線的展開

2016年-0月-2021年-0月

配分額:¥41730000

研究種別:

通信複雑性に対するブラインド量子計算による方法論の確立

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

量子プロトコル理論の深化

2012年-0月-2017年-0月

配分額:¥36010000

研究種別:

統計力学からの計算限界解明へのアプローチ

2012年-0月-2017年-0月

配分額:¥81120000

研究種別:

量子暗号理論と古典暗号理論の互換技法の開発

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥3250000

研究種別:

マルチユーザ型量子ネットワーク

2011年-0月-2016年-0月

配分額:¥48620000

研究種別:

量子情報理論と量子計算量理論の融合技術の展開

配分額:¥14430000

研究種別:

脱量子化手法の確立と暗号理論応用

配分額:¥2600000

研究種別:

量子情報理論と量子計算量理論の融合とその応用

配分額:¥13660000

学内研究制度

特定課題研究

プライバシー保護可能な構造化クエリを許容する暗号化データベース

2017年度共同研究者:Saha Tushar Kanti, Mayank

研究成果概要:Ring LWE (Learning With Error)問題に基づく準同型暗号に対してデータ符号化法を工夫することで,ベクトルを暗号化したままの状態で内積計算の高速計算を実現する方法(報告者の既存研究成果)がある。この技術を応...Ring LWE (Learning With Error)問題に基づく準同型暗号に対してデータ符号化法を工夫することで,ベクトルを暗号化したままの状態で内積計算の高速計算を実現する方法(報告者の既存研究成果)がある。この技術を応用し,暗号化データベース内の複数データエントリに対して,論理和や論理積を用いて構造的な条件を満たすデータを高速に抽出できるような方法を開発し,従来手法と計算機比較実験をすることで新手法の実効性を実証した。

秘匿計算における鍵伝播メカニズムの解明

2017年度共同研究者:Go Sato, Tomoyuki Morimae

研究成果概要:量子計算の枠組みで秘匿代理計算を行う暗号プロトコルとしてBroadbent, Fitzsimons, Kashefiの方法(BFK09法)がある。BFK09法では量子情報を量子ワンタイムパッド法で完全秘匿を達成するのにパウリ行列X...量子計算の枠組みで秘匿代理計算を行う暗号プロトコルとしてBroadbent, Fitzsimons, Kashefiの方法(BFK09法)がある。BFK09法では量子情報を量子ワンタイムパッド法で完全秘匿を達成するのにパウリ行列X及びZをどう適用するのかという鍵情報を保持する。秘匿された量子情報に演算を施すことは鍵情報をどう変遷させるかに対応する。古典計算での実現可能性を究明するためにBFK09法の鍵伝播メカニズムを解明することを考えた。その検討過程としてBFK09法の発展版のHayashi-Morimaeプロトコルを解析し,副産物として公開検証可能はブラインド量子計算プロトコルを考案した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
応用数学1教育学部2019春学期
応用数学2教育学部2019秋学期
情報数学5教育学部2019春学期
情報数学6教育学部2019秋学期
数学演習1 K教育学部2019通年
数学演習2 K教育学部2019通年
数学序論2教育学部2019秋学期
情報数学研究指導(M-1)(小柴)大学院教育学研究科2019春学期
情報数学研究指導(M-2)(小柴)大学院教育学研究科2019秋学期
情報数学演習(M1-1)(小柴)大学院教育学研究科2019春学期
情報数学演習(M1-2)(小柴)大学院教育学研究科2019秋学期
情報数学演習(M2-1)(小柴)大学院教育学研究科2019春学期
情報数学演習(M2-2)(小柴)大学院教育学研究科2019秋学期
情報数学特論I-1大学院教育学研究科2019春学期
情報数学特論I-2大学院教育学研究科2019秋学期
数学科内容学研究指導(D-1)(小柴)大学院教育学研究科2019春学期
数学科内容学研究指導(D-2)(小柴)大学院教育学研究科2019秋学期
情報数学研究演習(D-1)(小柴)大学院教育学研究科2019春学期
情報数学研究演習(D-2)(小柴)大学院教育学研究科2019秋学期

社会貢献活動

物理乱数生成の理論的側面

役割:寄稿2011年12月-

主催者・媒体名:電子情報通信学会

イベント・番組・雑誌名:電子情報通信学会誌

場所・掲載箇所:pp.1072-1076

詳細

種別:会誌・広報誌対象:研究者

量子コンピューター時代の情報セキュリティ

役割:パネリスト2006年11月-

主催者・媒体名:会津大学

イベント・番組・雑誌名:夢の科学技術を子供たちの手に−シンポジウム2006

場所・掲載箇所:会津大学

詳細

種別:セミナー・ワークショップ対象:小学生

暗号論的擬似乱数

役割:寄稿2006年09月-

主催者・媒体名:サイエンス社

イベント・番組・雑誌名:数理科学

場所・掲載箇所:519:21-25

詳細

種別:新聞・雑誌対象:社会人・一般

量子コンピュータは公開鍵暗号にとって脅威なのか?

役割:寄稿2006年02月-

主催者・媒体名:情報処理学会

イベント・番組・雑誌名:情報処理

場所・掲載箇所:47(2):159-168

詳細

種別:会誌・広報誌対象:研究者

現代暗号への量子アルゴリズムによる攻撃

役割:寄稿2004年06月-

主催者・媒体名:サイエンス社

イベント・番組・雑誌名:数理科学

場所・掲載箇所:492:31-36

詳細

種別:新聞・雑誌対象:社会人・一般

情報論的学習理論とその応用

役割:編集2001年01月-

主催者・媒体名:情報処理学会

イベント・番組・雑誌名:情報処理

場所・掲載箇所:42(1)

詳細

種別:会誌・広報誌対象:研究者