氏名

イナムラ カズタカ

稲村 一隆

職名

准教授

所属

(政治経済学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kinamura@waseda.jp

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(大学院文学研究科)

学内研究所等

国際和解学研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学位

博士 ケンブリッジ大学古典学部

修士 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻

学士 東京大学教養学部総合社会科学科(相関社会科学コース)

委員歴・役員歴(学外)

2018年09月-Japanese Journal of Political Scienceeditor

論文

J. S. Mill on Liberty, Socratic Dialectic and the Logic behind Political Discourse

Kazutaka Inamura

Journal of the History of Ideas査読有り802019年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Scientific Classification and Essentialism in the Aristotelian Typology of Constitutions

Kazutaka Inamura

History of Political Thought査読有り402019年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

リベラル優生学の問題点

稲村一隆

生命倫理査読有り23p.46 - 532013年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

自由主義と弁証法:ジョン・ロールズの反照的均衡について

稲村一隆

思想1072p.50 - 722013年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Civic Virtue and Fraternity: Problems of Rawls's Luck Neutralizing Approach

Kazutaka Inamura

Studies in Social and Political Thought査読有り21p.19 - 352013年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

市民性の教育:クリック・レポートとアリストテレスの教育論

稲村一隆

Studia Classica査読有り4p.1 - 252013年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Democratic and Aristocratic Aristotle: An Aristotelian Response to Nussbaum's Capabilities Approach

Kazutaka Inamura

Polis査読有り29p.286 - 3082012年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Role of Reciprocity in Aristotle's Theory of Political Economy

Kazutaka Inamura

History of Political Thought査読有り32p.565 - 5872011年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

市民的共和主義における政治哲学の基礎づけ--アリストテレスとホッブズとの対比を通して

稲村一隆

思想1051p.29 - 502011年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

アリストテレスの「市民の徳」と市民的共和主義

稲村一隆

政治思想研究査読有り11p.248 - 2782011年05月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

アリストテレスの市民的友愛論とその政治哲学的含意

稲村一隆

哲学査読有り62p.141 - 1552011年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

アリストテレスの政治哲学における応報的平等の意義

稲村一隆

社会思想史研究査読有り34p.85 - 1032010年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

Justice and reciprocity in Aristotle's political philosophy

Kazutaka Inamura(単著)

Cambridge University Press2015年 09月-2015年 09月

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:266ISBN:9781107110946;

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

アリストテレス倫理学の再定位を通した新たな自然主義的倫理学の構想

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥12090000

研究種別:

古代ギリシアの弁証術に関する探究を通した倫理学方法論の確立

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥3900000

学内研究制度

特定課題研究

弁証術を通した政治哲学の方法論(反照的均衡)の論理的基礎の解明

2017年度

研究成果概要:This research has examined reflective equilibrium as a method for normative political philosophy from theperspectiv...This research has examined reflective equilibrium as a method for normative political philosophy from theperspective of Aristotelian dialectic. John Rawls’s reflective equilibrium isdialectical in the sense that it refers to people’s common opinions orconsidered judgements as a starting point for enquiry to formulate theprinciples of justice. However, this method iscriticised by Richard Hare and Stephen Stich in that people’s common opinionsmight be biased, and that these opinions cannot offer objective bases for moralitybecause they might be coloured by individual differences, local cultures orgenetic factors. The current research has addressed this epistemological problem inlight of the recent argument on the dialectical conception of epistemicjustification, and considered how this method offers a reliable basis forformulating ethical values. The analysis has described the process ofethical reasoning, particularly theoretical acceptance, thereby showing how thereflective equilibrium method works according to humans’ natural process ofconcept formation and how it contributes to creating a unified, systematic andobjective scheme of ethical values. The current research has concluded that a dialectical approach contributes positively to the purpose of ethical theory, which is to clarify the ideas of ethical values and offer a conceptual framework for issuing ethical judgements.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎演習 13政治経済学部2019春学期
公共の哲学 01政治経済学部2019春学期
公共の哲学 02政治経済学部2019秋学期
プレ政治学演習 (稲村一隆)政治経済学部2019冬クォーター
政治学演習 I (稲村一隆)政治経済学部2019春学期
政治学演習 II (稲村一隆)政治経済学部2019秋学期
政治学演習 III (稲村一隆)政治経済学部2019春学期
政治学演習 IV (稲村一隆)政治経済学部2019秋学期
政治学演習論文 (稲村一隆)政治経済学部2019春学期
政治学演習論文 (稲村一隆)政治経済学部2019秋学期
History of Political Thought 01政治経済学部2019秋学期
政治哲学・思想史専門研究セミナーA(PS,J:稲村一隆)大学院政治学研究科2019春学期
政治哲学・思想史専門研究セミナーB(PS,J:稲村一隆)大学院政治学研究科2019秋学期
公共の哲学(稲村一隆)大学院政治学研究科2019春学期
政治哲学・思想史専門研究セミナー(博士:稲村一隆)大学院政治学研究科2019春学期
政治哲学・思想史専門研究セミナー(博士:稲村一隆)大学院政治学研究科2019秋学期
公共の哲学(稲村一隆)大学院政治学研究科2019秋学期
哲学研究指導6-1 M大学院文学研究科2019春学期
哲学研究指導6-2 M大学院文学研究科2019秋学期
哲学演習6-1大学院文学研究科2019春学期
哲学演習6-2大学院文学研究科2019秋学期