氏名

ヨシダ サトシ

吉田 知史

職名

教授

所属

(国際教養学部)

本属以外の学内所属

学内研究所等

規範科学総合研究所

研究所員 2019年-

規範科学総合研究所

研究所員 2018年-2019年

学歴・学位

学歴

1994年-1998年 東京大学 理学部 生物学科
1998年-2000年 東京大学 理学系研究科修士課程
2000年-2003年 東京大学 理学系研究科博士課程

学位

博士

経歴

2003年-2009年ハーバード大学医学部博士研究員
2003年-2009年ダナファーバー癌研究所博士研究員
2009年-2014年ブランダイス大学教養学部助教授
2009年-2014年ブランダイス大学ローゼンスティール基礎医科学研究所主任研究員
2014年-2018年群馬大学未来先端研究機構准教授
2014年-2018年群馬大学生体調節研究所准教授
2018年-2020年早稲田大学国際教養学部准教授
2018年10月-科学技術振興機構さきがけ研究員
2020年-早稲田大学国際教養学部教授

所属学協会

日本分子生物学会 会員

酵母遺伝学フォーラム 運営委員

アメリカ細胞生物学会 会員

日本遺伝学会 会員

委員歴・役員歴(学外)

2018年04月-文部科学省NISTEP専門調査員
2019年04月-2020年03月日本学術振興会日加先端科学シンポジウム PGM Chair
2017年01月-2017年12月日本学術振興会日加先端科学シンポジウム PGM

受賞

早稲田大学リサーチアワード

2020年01月授与機関:早稲田大学

酵母コンソーシアムフェロー

2019年10月授与機関:大隅基礎科学創成財団

日本遺伝学会BP賞

2019年09月授与機関:日本遺伝学会

さきがけ研究員

2018年10月授与機関:科学技術振興事業団

酵母遺伝学フォーラム会長賞

2018年09月授与機関:酵母遺伝学フォーラム

MLSC New Investigator Award

2010年10月授与機関:Massachussetts Life Science Center

Medical Foundation Fellow

2007年07月授与機関:Charles King Trust

IUBMB Young Scientists' Prize

2006年06月授与機関:International Union for Biochemistry and Molecular Biology

日本学術振興会海外特別研究員

2005年04月授与機関:日本学術振興会

日本学術振興会特別研究員(DC2)

2001年04月授与機関:日本学術振興会

研究分野

キーワード

シグナル伝達、ATP、代謝、老化、酵母

論文

Reliable imaging of ATP in living budding and fission yeast

M Takaine, M Ueno, K Kitamura, H Imamura, S Yoshida

Journal of Cell Science査読有り2019年03月-

PubMedDOIlink

Spindle pole body movement is affected by glucose and ammonium chloride in fission yeast

H Ito, T Sugawara, S Shinkai, S Mizukawa, A Kondo, H Senda, K Sawai, K Ito, S Suzuki, M Takaine, S Yoshida, H Imamura, K Kitamura, T Namba, S Tate, M Ueno

Biochemical and Biophysical Research Communications査読有り2019年03月-

PubMedDOI

Kynurenine aminotransferase activity of Aro8/Aro9 engage tryptophan degradation by producing kynurenic acid in Saccharomyces cerevisiae.

Ohashi K, Chaleckis R, Takaine M, Wheelock CE, Yoshida S

Scientific Reports査読有り7(1)p.121802017年09月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Ypk1 and Ypk2 kinases maintain Rho1 at the plasma membrane by flippase-dependent lipid remodeling after membrane stresses.

Hatakeyama R, Kono K, Yoshida S

Journal of Cell Science査読有り130(6)p.1169 - 11782017年03月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Zds1/Zds2-PP2ACdc55 complex specifies signaling output from Rho1 GTPase

Jonasson EM, Rossio V, Hatakeyama R, Abe M, Ohya Y, Yoshida S

Journal of Cell Biology査読有り212(1)p.51 - 612016年01月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The budding yeast Polo-like kinase Cdc5 is released from the nucleus during anaphase for timely mitotic exit.

Botchkarev VV Jr, Rossio V, Yoshida S.

Cell Cycle査読有り13(20)p.3260 - 32702014年10月-2014年10月 

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Comparative genetic analysis of PP2A-Cdc55 regulators in budding yeast

Rossio V, Kazatskaya A, Hirabayashi M, Yoshida S

Cell Cycle査読有り13(13)p.2073 - 20832014年06月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Nuclear PP2A-Cdc55 prevents APC-Cdc20 activation during the spindle assembly checkpoint

Rossio V, Michimoto T, Sasaki T, Ohbayashi I, Kikuchi Y, Yoshida S

Journal of Cell Science査読有り126(19)p.4396 - 44052013年10月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Inhibition of Cdc42 during mitotic exit is required for cytokinesis

Atkins BD, Yoshida S, Saito K, Wu CF, Lew DJ, Pellman D

Journal of Cell Biology査読有り202(2)p.231 - 2402013年07月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Mih1/Cdc25 is negatively regulated by Pkc1 in Saccharomyces cerevisiae

Yano K, Uesono Y, Yoshida S, Kikuchi A, Kashiwazaki J, Mabuchi I, Kikuchi Y

Genes to Cells査読有り18(6)p.425 - 4412013年06月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A yeast GSK-3 kinase Mck1 promotes Cdc6 degradation to inhibit DNA re-replication

Ikui AE, Rossio V, Schroeder L, Yoshida S

PLoS Genetics査読有り8(12)p.e10030992012年12月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

DNA damage checkpoint triggers autophagy to regulate the initiation of anaphase

Dotiwala F, Eapen VV, Harrison JC, Arbel-Eden A, Ranade V, Yoshida S, Haber JE

Proceedings of National Academy of Science U S A査読有り110(1)p.E41 - E492013年01月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Proteasomal degradation resolves competition between cell polarization and cellular wound healing

Kono K, Saeki Y, Yoshida S, Tanaka K, Pellman D

Cell査読有り150(1)p.151 - 1642012年07月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Spatial regulation of Cdc55-PP2A by Zds1/Zds2 controls mitotic entry and mitotic exit in budding yeast

Rossio V, Yoshida S

Journal of Cell Biology査読有り193(3)p.445 - 4542011年05月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Mechanisms for concentrating Rho1 during cytokinesis.

Yoshida S, Bartolini S, Pellman D

Genes Dev査読有り23(7)p.810 - 8232009年04月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Symmetry breaking: scaffold plays matchmaker for polarity signaling proteins

Atkins BD, Yoshida S, Pellman D

Current Biology査読有り招待有り18(24)p.R1130 - R11322008年12月-

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Plugging the GAP between cell polarity and cell cycle

Yoshida S, Pellman D

EMBO Reports査読有り招待有り9(1)p.39 - 412009年01月-2009年01月 

PubMedDOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Yeast formins Bni1 and Bnr1 utilize different modes of cortical interaction during the assembly of actin cables

Buttery SM, Yoshida S, Pellman D

Molecular Biology of the Cell査読有り18(5)p.1826 - 18382007年05月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Polo-like kinase Cdc5 controls the local activation of Rho1 to promote cytokinesis

Yoshida S, Kono K, Lowery DM, Bartolini S, Yaffe MB, Ohya Y, Pellman D

Science査読有り313(5783)p.108 - 1112006年07月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

MEN signaling: daughter bound pole must escape her mother to be fully active

Yoshida S, Guillet M, Pellman D

Developmental Cell査読有り招待有り9(2)p.168 - 1702005年08月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

出芽酵母M期終了制御因子の空間的な挙動の解析

吉田知史

学位論文博理第4395号2003年03月-

詳細

掲載種別:学位論文(博士)

Ras recruits mitotic exit regulator Lte1 to the bud cortex in budding yeast

Yoshida S, Ichihashi R, Toh-e A

Journal of Cell Biology査読有り161(5)p.889 - 8972003年06月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Mitotic exit network controls the localization of Cdc14 to the spindle pole body in Saccharomyces cerevisiae

Yoshida S, Asakawa K, Toh-e A

Current Biology査読有り12(11)p.944 - 9502002年06月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Budding yeast Cdc5 phosphorylates Net1 and assists Cdc14 release from the nucleolus

Yoshida S, Toh-e A

Biochemical and Biophysical Research Communication査読有り294(3)p.687 - 6912002年06月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Regulation of the localization of Dbf2 and Mob1 during cell division of saccharomyces cerevisiae

Yoshida S, Toh-e A

Genes and Genetic Systems査読有り76(2)p.141 - 1472001年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

A novel functional domain of Cdc15 kinase is required for its interaction with Tem1 GTPase in Saccharomyces cerevisiae

Asakawa K, Yoshida S, Otake F, Toh-e A

Genetics査読有り157(4)p.1437 - 14502001年04月-

PubMed

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:さきがけ

細胞外小胞生成に必要な遺伝子の網羅的同定 とその解析

2018年-2022年

配分額:¥52000000

研究種別:特定調査研究

細胞外小胞生成に必要な遺伝子の網羅的同定とその解析

2017年-2018年

配分額:¥1300000

研究種別:基盤研究(B)

環境変化に応答してRho1GTPaseがシグナルアウトプットを変化させる仕組み

2016年-2019年

研究分野:細胞生物学

配分額:¥17810000

研究種別:基盤研究(C)

分子標的薬の開発を目的としたRho paradoxの解明

2019年04月-2022年03月

配分額:¥4290000

研究資金の受入れ状況

提供機関:武田科学振興財団制度名:医学系研究奨励

RhoのGTPase活性を標的とした抗がん剤開発の合理性を明らかにする2016年04月-2019年03月

代表

提供機関:大隅基礎科学創成財団制度名:基礎研究助成(酵母)実施形態:寄付金

細胞内ATPの可視化によりエネルギー恒常性の基盤を解明する2019年11月-2021年10月

学内研究制度

特定課題研究

細胞内エネルギー状態を可視化し、代謝状態と老化および疾患との関連を明らかにする

2018年度

研究成果概要:採択者は2018年に群馬大学生体調節研究所から早稲田大学国際教養学部へと異動した。本特定課題研究によるサポートにより早稲田大学で新しく研究室を立ち上げるのに必須な器具類の購入が可能となった。研究室のセットアップは少しずつではあるが...採択者は2018年に群馬大学生体調節研究所から早稲田大学国際教養学部へと異動した。本特定課題研究によるサポートにより早稲田大学で新しく研究室を立ち上げるのに必須な器具類の購入が可能となった。研究室のセットアップは少しずつではあるが進んでおり2018年度には本研究課題に関連した「細胞内エネルギーATPの可視化」に関する2報の共同研究論文(Ito et al., BBRC. 2019, および Takaine et al., J. Cell Sci. 2019)を出版することができた。さらに本研究課題を発展させた新規プロジェクトの提案「細胞外微粒子に必須な遺伝子群の網羅的同定」が科学技術振興機構のさきがけに採択された。早稲田大学で研究を発展させていくための基盤が徐々に整いつつあると考えている。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
Intermediate Seminar 14国際教養学部2020春学期
Intermediate Seminar 64国際教養学部2020秋学期
First Year Seminar A 28国際教養学部2020春学期
Life and Environment国際教養学部2020春学期
Basics of Life Science 51国際教養学部2020秋学期
Invitation to Natural Sciences 01国際教養学部2020春学期
Biomedical Sciences 51国際教養学部2020秋学期
Seminar on Life and Environment 02国際教養学部2020春学期
Seminar on Life and Environment 52国際教養学部2020秋学期