氏名

コバヤシ テツノリ

小林 哲則

職名

教授

所属

(基幹理工学部)

連絡先

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

インタラクティブ・エンタテイメント研究所

プロジェクト研究所所長 2004年-2005年

空間科学研究所

研究員 2004年-2005年

バイオインフォマティクス研究所

研究員 2004年-2006年

インタラクティブ・エンタテイメント研究所

研究員 2004年-2006年

知覚情報システム研究所

研究所員 2010年-2010年

コミュニケーション科学研究所

研究員 2006年-2010年

音声_認識_基盤技術研究所

プロジェクト研究所所長 2005年-2009年

知覚情報システム研究所

プロジェクト研究所所長 2010年-2010年

音声_認識_基盤技術研究所

研究員 2005年-2009年

デジタルエンタテインメント研究所

研究員 2007年-2011年

グローバルロボットアカデミア研究所

研究所員 2016年-2017年

波動コミュニケーション研究所

研究所員 2011年-2013年

セキュリティ・セイフティ研究所

研究所員 2012年-2013年

知覚情報システム研究所

研究所員 2010年-2015年

知覚情報システム研究所

プロジェクト研究所所長 2010年-2015年

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2013年-2017年

グローバルロボットアカデミア研究所

研究所員 2011年-2016年

次世代ロボット研究機構

運営委員 2016年-2018年

次世代ロボット研究機構

運営委員 2014年-2016年

ヒューマノイド研究所

研究所員 2015年-2017年

中部地域産業振興研究所

研究所員 2012年-2017年

ことばの科学研究所

研究所員 2013年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

ヒューマン・ロボット共創研究所

研究所員 2015年-

知覚情報システム研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-2019年

知覚情報システム研究所

研究所員 2015年-

波動場・コミュニケーション科学研究所

研究所員 2016年-

ことばの科学研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学位

工学博士 課程 早稲田大学 知能ロボティクス

所属学協会

人工知能学会 評議員

言語処理学会 理事

電子情報通信学会 会誌編集特別幹事

日本音響学会 会誌編集委員

情報処理学会 フロンティア領域財務委員

IEEE

ACM

受賞

American Publishers Awards for Professional and Scholarly Excellence

2009年02月

電子情報通信学会 論文賞

2001年

研究分野

キーワード

音声処理、画像処理、ロボット工学、パターン認識

科研費分類

情報学 / 人間情報学 / 知能ロボティクス

共同研究希望テーマ

音声認識

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談

知能ロボット

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究

小型音源定位・分離マイクの開発

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:共同研究

研究テーマ履歴

会話システム

研究テーマのキーワード:音声認識,音声合成,ロボットビジョン,知能ロボット

個人研究

画像処理

研究テーマのキーワード:顔画像認識,ジェスチャ認識,情景解析

個人研究

音声言語処理

研究テーマのキーワード:音声認識,音声合成

個人研究

音響処理

研究テーマのキーワード:音源分離,音源定位,雑音抑圧

個人研究

知覚情報システムのソフトウェア工学

研究テーマのキーワード:ユーザインタフェース設計,インタフェース設計支援,WEB2.0

個人研究

論文

Speech enhancement using a square microphone array in the presence of directional and diffuse noise

Tetsuji Ogawa, Shintaro Takada, Kenzo Akagiri, and Tetsunori Kobayashi

IEICE Trans. FundamentalsE93-E(5)2010年05月-

会話ロボットとその聴覚機能

藤江真也,小川哲司,小林哲則

日本ロボット学会誌28(1)p.23 - 262010年01月-

Influence of Lombard effect: accuracy analysis of simulationbased assessments of noisy speech recognition systems for various recognition conditions,

Tetsuji Ogawa and Tetsunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and SystemsE92-D(5)p.2244 - 22522009年11月-

Upper-body Contour Extraction Using Face and Body Shape Variance Information,

Kazuki Hoshiai, Shinya Fujie, and Tetsunori Kobayashi

Advances in Image and Video TechnologyNLCS(5414)p.862 - 8732009年01月-

Ears of the robot: Direction of arrival estimation based on pattern recognition using robot-mounted microphones

Naoya Mochiki, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and SystemsE91-D(5)p.1522 - 15302008年05月-

Mutual Information Based Dynamic Integration of Multiple Feature Streams for Robust Real-Time LVCSR,

Shoei Sato, Akio Kobayashi, Kazuo Onoe, Shinichi Homma, Toru Imai,Tohru Takagi, Tetsunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and Systems (ED)E91-D(3)p.815 - 8242008年03月-

Gender Classification Based on Integration of Multiple Classifiers Using Different Features of Facial and Neck Imgaes

Kazuya Ueki, and Tetsunori Kobayashi

The Institute of Image Information and Television Engineers61(12)p.1803 - 18092007年12月-

Ears of the robot: Three simultaneous speech segregation and recognition using robot-mounted microphones

Naoya Mochiki, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and Systems (ED)E90-D(9)p.1465 - 14682007年09月-

Fusion-based Age-group Classification Method Using Multiple Two-Dimensional Feature Extraction Algorithms

IEICE Trans. on Information and Systems (ED)E90-D(6)p.923 - 9342007年06月-

音声スタータ: 有声休止による発話開 始の指定が可能な音声入力インタフェース

後藤 真孝,北山広治,伊藤克亘,小林 哲則

情報処理学会論文誌48(5)p.2001 - 20112007年05月-

音声スポッタ: 人間同士の会話中に音 声認識が利用可能な音声入力インタフェース

後藤 真孝,北山広治,伊藤克亘,小林 哲則

情報処理学会論文誌48(3)p.1275 - 12832007年03月-

Hybrid Voice Conversion of Unit Selection and Generation Using Prosody Dependent HMM

Masashi Okubo, Ryo Mochizuki, Tetsunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and Systems (ED)E89-D(11)p.2775 - 27822006年11月-

対話ロボットの動作に頑健な頭部ジェスチャ認識

中島慶,江尻康,藤江真也,小川哲司,松坂要佐,小林哲則

電子情報通信学会論文誌J89-D(7)p.1514 - 15222006年07月-

MONEA:効率的多機能ロボット開発環境を実 現するメッセージ指向ネットワークロボットアーキテクチャ

中野鐵兵,藤江真也,小林哲則

日本ロボッ ト学会誌24(4)p.115 - 1252006年04月-

Genetic Algorithm Based Optimization of Partly-Hidden Markov Model Structure Using Discriminative Criterion

Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and Systems (ED)E89-D(3)p.939 - 9452006年03月-

韻律情報を用いたスペクトル変換方式の検討

望月 亮, 大久保 雅史, 小林 哲則

電子情報通信学会論文誌Vol.J88-D-II(No.11)p.2269 - 22762005年11月-

Extension of Hidden Markov Models for Multiple Candidates and its Application to Gesture Recognition

Yosuke Sato, Tetsunoji Ogawa and Testunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and Systems (ED)Vol.E88-D(No.6)p.1239 - 12472005年06月-

Extension of Hidden Markov Models for Multiple Candidates and its Application to Gesture Recognition

Yosuke Sato, Tetsunoji Ogawa and Testunori Kobayashi

IEICE Trans. on Information and Systems (ED)Vol.E88-D(No.6)p.1239 - 12472005年06月-

音高の意図的な変化を利用した音声入力インタフェース

尾本幸宏,後藤真孝,伊藤克亘,小林哲則

電子情報通信学会 論文誌Vol.J-88-DII(No.3)p.469 - 4892005年03月-

肯定的/否定的発話態度の認識とその音声対話システムへの応用

藤江真也,江尻 康,菊池英明,小林哲則,

電子情報通信学会 論文誌Vol.J-88-DII(No.3)p.488 - 4982005年03月-

対話型情報検索システムにおける提案要求表現の適応的理解

細川健一郎,藤江真也,小林哲則

電子情報通信学会 論文誌Vol.J-88-DII(No.3)p.619 - 6282005年03月-

心的態度表現に寄与する韻律/スペクトル包絡特徴の評価

大久保雅史,望月亮,小林哲則

電子情報通信学会論文誌Vol. J88-D-II(No.2)p.441 - 4442005年02月-

人間形会話ロボット —パラ言語の生成・理解機能を持つマルチモーダルインタフェース—

小林哲則,藤江真也,松坂要佐,白井克彦

日本音響学会誌vol.61(No.2)p.85 - 902005年02月-

A low-band spectrum envelope reconstruction method for PSOLA-based F0 modification

Ryo Mochizuki, Tetsunori Kobayashi

IEICE Transaction of Information and SystemVol.E87-D(No.10)p.2426 - 24292004年10月-

Design and Implementation of Data Sharing Architecture for Multifunctional Robot Development

Yosuke Matsusaka, Kentaro Oku, Tetsunori Kobayashi

Systems and Computers in JapanVol.35(NO.8)p.54 - 652004年07月-

部分隠れマルコフモデルにおける状態・出力間依存関係の拡張と連続音声認識への適用

小川 哲司 小林 哲則

電子情報通信学会論文誌(D-ll)Vol.J87-D-ll(No.6)p.1216 - 12232004年04月-

Dictation of Multiparty

Noriyuki Murai, Tetsunori Kobayashi

Systems and Computer in JapanVol. 34(No.30)p.103 - 1112003年11月-

車運転時における音声利用の心的負荷評価

宗近 純一,松坂 要佐,小林 哲則

第2回 情報科学技術フォーラム FIT2003 情報技術レターズvol.2p.105 - 1062003年09月-

多機能ロボット開発のための情報共有アーキテクチャの設計と実装

松坂要佐, 於久健太郎, 小林哲則

電子情報通信学会論文誌vol.j86-D-I(No.5)p.318 - 3292003年05月-

Conversation Robot Participating in Group Conversation

Yosuke Matsusaka, Tsuyoshi Tojo, Tetsunori Kobayashi

IEICE Transaction of Information and SystemVol. E86-D(NO.1)p.26 - 362003年01月-

Conversation Robot Participating in Group Conversation

Yosuke Matsusaka, Tsuyoshi Tojo, Tetsunori Kobayashi

IEICE Transaction of Information and SystemVol. E86-D(NO.1)p.26 - 362003年01月-

音声対話研究の現状と動向

小林哲則

人工知能学会誌Vol.17(NO.3)p.266 - 2702002年05月-

Humanoid Robots in Waseda University ---Hadaly2 and WABIAN---

S.Hashimoto,T.Kobayashi

Automous RobotsVol.12(No.1)p.25 - 382002年01月-

グループ会話に参与する対話ロボットの構築

松坂要佐, 東條剛史,小林哲則

電子情報通信学会 論文誌DIIVol.J84-D-II(No.6)p.898 - 9082001年06月-

DARPA音声プロジェクトと日本の音声認識研究

小林哲則

日本音響学会誌No.12001年01月-

単語・クラス統計の融合と汎用コーパスの選択的利用に基づく小規模目的コーパスからの頑健な言語モデル作成法

和田陽介, 小林紀彦, 小林哲則

電子情報通信学会 論文誌DIIVol.J83-D-II(No.11)p.2379 - 24062000年11月-

部分隠れマルコフモデルとそのジェスチャ認識への応用

益満健, 小林哲則

情報処理学会論文誌Vol.41(No.11)p.3060 - 20692000年11月-

部分隠れマルコフモデルによる単語音声認識

古山純子, 小林哲則

電子情報通信学会論文誌DIIVol.J83-D-II(No.11)p.2379 - 23872000年11月-

話者性と発話交替を考慮した複数話者対話音声の認識

村井則之, 小林哲則

電子情報通信学会 論文誌DIIVol.J83-D-I(No.11)p.2465 - 27422000年11月-

JNAS: Japanese speech corpus for large vocabulary continuous speech recognition reseach

K.Ito, M.Yamamoto, K.Takeda, T.Takezawa, T.Matsuoka, T.Kobayashi, K.Shikano and S.Itahashi

Journal of the Acoustical Society of Japan EVol.20(No.3)p.199 - 2071999年05月-

Japanese dictation toolkit: 1997 version

T.Kawahara, A.Lee, T.Koabayshi, K.Takeda, N.Minematsu, K.Ito, A.Itoh, M.Yamamoto, A.Yamada, T.Utsuro, K.Shikano

Journal of the Acoustical Society of Japan EVol.20(No.3)p.233 - 2391999年05月-

大語彙連続音声認識における連鎖語の追加による語彙拡大の効果

和田陽介,小林紀彦,中野裕一郎,小林哲則

情報処理学会論文誌Vol.40(No.4)p.1413 - 14201999年04月-

日本語ディクテーション基本ソフトウェア-1997年版-(共著)

河原達也, 李晃伸, 小林哲則, 武田一哉, 峯松信明, 嵯峨山茂樹, 伊藤克亘, 伊藤彰則, 山本幹雄, 山田篤, 宇津呂武仁, 鹿野清宏

日本音響学会誌Vol.55(No.3)p.175 - 1801999年03月-

日本語ディクテーション基本ソフトウェア—1998/年版

河原達也, 李晃伸, 小林哲則, 武田一哉, 峯松信明, 伊藤克亘, 伊藤彰則, 山本幹雄, 山田篤, 宇津呂武仁, 鹿野清宏

日本音響学会誌Vol.55(No.3)p.175 - 1801999年03月-

ヒューマノイド —人間形高度情報処理ロボット—

橋本周司,成田誠之助,白井克彦,小林哲則,高西淳夫,菅野重樹,笠原博徳

情報処理学会誌/情報処理学会Vol.38(No.11)p.959 - 9691997年10月-

花開く音声処理技術

白井克彦,小林哲則,工藤育男

情報処理学会誌/情報処理学会Vol.38(No.11)p.971 - 9751997年10月-

Speech Recognition in Nonstationary Noise Based on Parallel HMMs and Spectral Subtraction

Ryuji Mine, Tetsunori Kobayashi, Katsuhiko Shirai

Systems and Computers in Japan/ Scripta Technica,Inc.Vol.27(No.14)p.37 - 441996年12月-

マルチモーダル入力環境下における音声の協調的利用-音声作図システムS-tgifの設計と評価-(共著)

西本 卓也,志田 修利,小林 哲則,白井 克彦

電子情報通信学会誌DIIJ78-D-II(No.12)p.2176 - 21831996年12月-

An application of Dempster and Shafer's probability theory to speech recognition

Tetsunori Kobayashi

The Journal of the Acoustical Sosiety of AmericaVol.100(No.4 Pt.2)p.27571996年10月-

An application of dempster and shafer's probability theory to speech recognition

Tetsunori Kobayashi

The Journal of the Acoustical Society of AmericaVol.100(No.4 Pt.2)p.27571996年-

情報量を基準とした音韻性抽出に基づく連続音声中の音韻認識(共著)

大川茂樹,小林哲則,白井克彦

日本音響学会誌Vol.50(No.9)p.702 - 7101994年09月-

音声対話インターフェースにおける発話権管理による割り込みへの対処(共著)

菊池英明, 工藤育男, 小林哲則, 白井克彦

電子情報通信学会論文誌VolJ77-D(No.8)p.1502 - 15111994年08月-

対話音声の認識技術

小林哲則

日本音響学会誌Vol.50(No.7)p.563 - 5671994年07月-

並列HMMとスペクトルサブトラクションによる非定常雑音環境下における音声認識(共著)

嶺竜治, 小林哲則, 白井克彦

電子情報通信学会誌 DIIJ78-D-II(7)p.1021 - 10271994年07月-

Characterization of fluctuations in fundamental periods of speech based on fractal analysis

Tetsunori Kobayashi

The Journal of the Acoustical Society of AmericaVol.95(No.5 Pt.2)p.28241994年05月-

Phoneme Recognition Using Probability Ratio between Phoneme-Group-Pair

T.Kobayashi, Y.Hamano, S.An, K.Shirai

Trans. IEICEVol.J77-A(No.2)p.128 - 1341994年03月-

音素群対確率比空間における音素認識(共著)

小林哲則, 浜野康和, 安成雨, 白井克彦,

電子情報通信学会論文誌Vol.J77-A(No.2)p.128 - 1341994年02月-

隠れマルコフモデルに基づく音声認識

小林哲則

電気学会論文誌C分冊Vol.113(No.5)p.295 - 3011993年05月-

Design and creation of speech and text corpora of dialogue(共著)

S.Hayamizu, S.Itahashi, T.Kobayashi and T.Takezawa

IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE76-A(1)p.17 - 221993年-

High quality syntheic speech generation using synchronized oscillators(共著)

K.Hashimoto, T.Mochida, Y.Satoh, T.Kobayashi, K.Shirai

IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE76-A1993年-

Phrase recognition in conversational speech using prosodic and phonemic information(共著)

S.Okawa, T.Endo, T.Kobayashi and K.Shirai

IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer SciencesE76-Ap.44 - 501993年-

日本音響学会研究用連続音声データベース(共著)

小林, 板橋, 速水, 竹沢

日本音響学会誌Vol.48(No.12 )p.888 - 8931992年12月-

Phoneme recognition in continuous speech based on mutual information considering phonemic duration and connectivity(共著

K.Shirai, S.Okawa and T.Kobayashi

Proc. of ICSLPp.1479 - 14821992年11月-

音声生成過程の可視化と色表示(共著)

白井克彦,小林哲則

可視化情報学会誌11(43)p.216 - 2211991年10月-

Estimation of articulatory motion using neural networks(共著)

K.Shirai, T.Kobayashi, M.Yagyu

Journal of Phonetics19p.379 - 3851991年08月-

合成音の自然性に対する基本周期揺らぎの役割(共著)

小林哲則,関根英敏

日本音響学会誌47(8)p.539 - 5441991年08月-

Quantification Theory Dealing with Categorical Dependency and Its Application to the Modeling of Spectral Difference of Phoneme,

T.Kobayashi, T.Matsuda, K.Watanabe

Trans. IEICE-AJ74-A(3)p.345 - 3521991年-

The Role of Fluctuations in Fundamental Period for Natural Speech Synthesis

T.Kobayashi,H.Sekine

Journal of Acoustical Society of Japan47(8)p.539 - 5441991年-

母音および無声破裂子音スペクトルの音韻環境依存性

小林,渡辺,松田

電子情報通信学会論文誌AJ74-A(3)p.353 - 3591991年-

範疇間の依存関係を扱う数量化理論とその音韻スペクトル 変形のモデル化に対する応用

小林,松田,渡辺

電子情報通信学会論文誌AJ74-A(3)p.345 - 3521990年-

A Collaborative Lexical Data Design System for Speech Recognition Application Developers

Hiroshi Sasaki, Teppei Nakano, Shinya Fujie, and Tetsunori Kobayashi

ACM CSCW 20102010年02月-

A Meeting Assistance System with a Collaborative Editor for Argument Structure Visualization

Yasutomo Arai, Teppei Nakano, Shinya Fujie, and Tetsunori Kobayashi

ACM CSCW 20102010年02月-

Robot auditory system using head-mounted square microphone array

Kosuke Hosoya, Tetsuji Ogawa, and T. Kobayashi

Proceedings of the 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systemsp.2736 - 27412009年10月-

Conversation robot participating in and activating a group communication

Shinya Fujie, Yoichi Matsuyama, Hikaru Taniyama, and Tetsunori Kobayashi

Interspeech2009p.264 - 2672009年09月-

Direction-of-arrival estimation under noisy condition using four-line omni-directional microphones mounted on a robot head

Tetsuji Ogawa, Kosuke Hosoya, Kenzo Akagiri, and T. Kobayashi

Proc. EUSIPCO2009p.879 - 8832009年08月-

Designing Communication Activation System in Group Communication

Yoichi Matsuyama, Hikaru Taniyama, Shinya Fujie, and Tetsunori Kobayashi

Proc. Humanoids2008p.629 - 6342008年12月-

Multi-modal Integration for Personalized Conversation: Towards a Humanoid in Daily Life

Shinya Fujie, Daichi Watanabe, Yuhi Ichikawa, Hikaru Taniyama, Kosuke Hosoya, Yoichi Matsuyama, and Tetsunori Kobayashi

Proc. Humanoids2008p.617 - 6222008年12月-

Upper-body Contour Extraction and Tracking Using Face and Body Shape Variance Information

Kazuki Hoshiai, Shinya Fujie, and Tetsunori Kobayashi

Proc. Humanoids2008p.391 - 3982008年12月-

Class Distance Weighted Locality Preserving Projection for Automatic Age Estimation

Kazuya Ueki, Masakazu Miya, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. Biometrics: Theory, Applications and Systems (BTAS) 20082008年10月-

An ASM fitting method based on machine learning that provides a robust parameter initialization for AAM fitting

Matthias Wimmer, Shinya Fujie, Freek Stulp, Tetsunori Kobayashi, Bernd Radig

Proc. International Conference on Automatic Face and Gesture Recognition2008年09月-

Design and Formulation for Speech Interface Based on Flexible Shortcuts

Teppei Nakano, Tomoyuki Kumai, Tetsunori Kobayashi, Yasushi Ishikawa

ISCA Proc. Interspeech 2008p.2474 - 24772008年09月-

Ears of the robot: noise reduction using four-line ultra-micro omni-directional microphones mounted on a robot head

Tetsuji Ogawa, Hirofumi Takeuchi, Shintaro Takada, Kenzo Akagiri, Tetsunori Kobayashi

Proc. Eusipco 20082008年08月-

Speech enhancement using square microphone array for mobile devices

Shintaro Takada, Tetsuji Ogawa, Kenzo Akagiri, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. ICASSP 20082008年04月-

Extensible speech recognition system using Proxy-Agent

Teppei Nakano, Shinya Fujie, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. ASRU 20072007年12月-

Sound Source Separation using Null-Beamforming and Spectral Subtraction for Mobile Devices

Shintaro Takada, Satoshi Kanba, Tetsuji Ogawa, Kenzo Akagiri, Tetsunori Kobayashi

IEEE Workshop on Applications of Signal Processing to Audio and Acoustics (WASPAA 2007)p.MP1 - 042007年10月-

Dynamic Integration of Multiple Feature Streams for Robust Real-Time LVCSR

Shoei Sato, Tetsunori Kobayashi, et al.,

ISCA Proc. Interspeech 20072007年08月-

Adequency analysis of simulation-based assessment of speech recognition system

Tetsuji Ogawa, Satoshi Kanba, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. ICASSP 2007p.1153 - 11572007年04月-

Adequency analysis of simulation-based assessment of speech recognition system

Tetsuji Ogawa, Satoshi Kanba, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. ICASSP 2007p.1153 - 11572007年04月-

Conversation robot with the function of gaze recognition

Shinya Fujie, Toshihiko Yamahata, and Tetsunori Kobayashi,

IEEE-RAS Int'l Conf. on Humanoid Robotsp.364 - 3692006年12月-

Realization of rhythmic dialogue on spoken dialogue system using para-linguistic information

Shinya Fujie and Tetsunori Kobayashi

4th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan2006年11月-

A Method for Solving the Permutation Problem of Frequency-Domain BSS Using Reference Signal

Takashi Isa, Toshiyuki Sekiya, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

Proc. EUSIPCO 2006 (14th European Signal Processing Conference)2006年09月-

Manifold HLDA and Its Application to Robust Speech Recognition

Toshiaki Kubo, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

p.1949 - 19532006年09月-

Source Separation Using Multiple Directivity Patterns Produced by ICA-based BSS

Takashi Isa, Toshiyuki Sekiya, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

Proc. EUSIPCO 2006 (14th European Signal Processing Conference)2006年09月-

Two-dimensional Heteroscedastic Linear Discriminant Analysis for Age-group Classification

Kazuya Ueki, Teruhide Hayashida, and Tetsunori Kobayashi

Proceedings of the 18th International Conference on Pattern Recognition (ICPR2006)p.585 - 5882006年08月-

Spoken Dialogue System Using Recognition of User's Feedback for Rhythmic Dialogue

Shinya Fujie, Riho Miyake, Tetsunori Kobayashi

Proc. SP2006 (Speech Prosody 2006)2006年05月-

MONEA: Message-Oriented Networked-Robot Architecture

Teppei Nakano, Shinya Fujie, Tetsunori Kobayashi

Proc. Internarional Conference on Robotics and Automation (ICRA2006)2006年04月-

Subspace-based Age-Group Classification using Facial Images under Various Lighting Condition

Kazuya Ueki, Teruhide Hayashida, Tetsunori Kobayashi

Proc. FG20062006年04月-

A Method for Solving the Permutation Problem of Frequency-Domain Blind Source Separation Using Reference Signal

Takashi Isa, Toshiyuki Sekiya, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

M2-12p.152005年09月-

Back-channel feedback generation using linguistic and nonlinguistic information and its application to spoken dialogue syste

Shinya Fujie, Kenta Fukushima, and Tetsunori Kobayashi

Proc. 9th European Conf. on Speech Communication and Technology, Interspeech2005p.889 - 8922005年09月-

Optimizing the Structure of Parly-Hidden Markov Models Using Weighted Likelihood-Ratio Maximization Criterion

Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

Proc. 9th European Conf. on Speech Communication and Technology, Interspeech2005p.3353 - 33562005年09月-

Speech recognition in the blind condition based on multiple directivity patterns using a microphone array

Toshiyuki Sekiya, Tetsunori Kobayashi

ICASSP 2005Vol.1p.1373 - 13762005年03月-

A Conversation Robot with Back-Channel Feedback Function based on Linguistic and Nonlinguistic Information

Shinya Fujie, Kenta Fukushima, and Tetsunori Kobayashi

Proc. International Conf. on Autonomous Robots and Agents, ICARA2004p.379 - 3842004年12月-

Prosody based Attitude Recognition with Feature Selection and Its Application to Spoken Dialog System as Para-Linguistic Information

Shinya Fujie, Daizo Yagi, Hideaki Kikuchi, and Tetsunori Kobayashi

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing, ICSLP2004vol.4p.2841 - 28442004年10月-

Recognition of three simultaneous utterance of speech by four-line directivity microphone mounted on head of robot

Naoya Mochiki,Toshiyuki Sekiya,Tetsuji Ogawa and Tetsunori Kobayashi

International Conference on Spoken Language Processing (ICSLP2004)2004年10月-

Speech Recognition Interface for Music Information Retrieval: Speech Completion'' and ``Speech Spotter

Masataka Goto, Katunobu Itou, Koji Kitayama and Tetsunori Kobayashi

ISMIR20042004年10月-

Speech Spotter: On-demand Speech Recognition in Human-Human Conversation on the Telephone or in Face-to-Face Situations

Masataka Goto, Koji Kitayama, Katunobu Itou, Tetsunori Kobayashi

International Conference on Spoken Language Processing (ICSLP2004),2004年10月-

A Conversation Robot Using Head Gesture Recognition as Para-Linguistic Information

Shinya Fujie, Yasuhi Ejiri, Kei Nakajima, Yosuke Matsusaka, and Tetsunori Kobayashi

Proceedings of 13th IEEE International Workshop on Robot and Human CommunicationRO-MAN 2004p.159 - 1642004年09月-

A Method of Gender Classification by Integrating Facial, Hairstyle, and Clothing Images

Kazuya Ueki, Hiromitsu Komatsu, Satoshi Imaizumi, Kenichi Kaneko, Satoshi Imaizumi, Nobuhiro Sekine, Jiro Katto, Tetsunori Kobayashi

Proc. ICPR 2004p.446 - 4492004年08月-

A Low-band Spectrum Envelope Modeling For High Quality Pitch Modification

Ryo Mochizuki and Tetsunori Kobayashi

Proc. ICASSP2004Vol.1p.645 - 6482004年05月-

Speech Enhancement based on Multiple Directivity patterns using a Microphone Array

Toshiyuki Sekiya, Tetsunori Kobayashi,

International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP 2004)2004年05月-

Spoken Dialogue System Using Prosody as Para-Linguistic Information

Shinya Fujie, Daizo Yagi, Yosuke Matsusaka, Hideaki Kikuchi,

International Conference on Speech Prosody 2004 (SP2004)p.387 - 3902004年03月-

Multi-Layer Audio Segregation and its Application to Double Talk

Toshiyuki Sekiya, Tomohiro Sawada Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

SWIM(Lectures by Masters in Speech Processing)2004年01月-

Recognition of Para-Linguistic Information and Its Application to Spoken Dialogue System

Shinya FUJIE, Yasushi EJIRI, Yosuke MATSUSAKA, Hideaki KIKUCHI and Tetsunori KOBAYASHI

IEEE ASRU2003(Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop)p.231 - 2362003年12月-

Speech Recognition of Double Talk using SAFIA-based Audio Segregation

Toshiyuki Sekiya, Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

Proc.ISCA-EUROSPEECH2003p.1285 - 12882003年09月-

Speech Starter: Noise-Robust Endpoint Detection by Using Filled Pauses

Koji Kitayama, Masataka Goto, Katunobu Itou and Tetsunori Kobayashi

Proc.ISCA-EUROSPEECH2004vol. 2p.1237 - 12402003年09月-

Hybrid modeling of PHMM and HMM for speech recognition

Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

ICASSP2003Vol.1p.140 - 1432003年04月-

Inter-Module Cooperation Architecture for Interactive Robot

KyeongJu Kim, Yosuke Matsusaka, Tetsunori Kobayashi

Proc. IROS2002p.2286 - 22912002年10月-

Generalization of State-Observation-Dependency in Partly Hidden Markov Models

Tetsuji Ogawa, Tetsunori Kobayashi

Proc. ICSLP2002p.2673 - 26762002年09月-

Extension of Hidden Markov Models to Deal with Multiple Candidates of Observations and its Application to Mobile-robot-oriented Gesture Recognition

Yosuke Sato,Tetsunori Kobayashi

Proc.ICPR2002p.515 - 5192002年08月-

Extension of Hidden Markov Models to Deal with Multiple Candidates of Observations and its Application to Mobile-robot-oriented Gesture Recognition

Yosuke Sato,Tetsunori Kobayashi

Proc.ICPR2002p.515 - 5192002年08月-

Media-Integrated Biometric Person Recognition Based on the Dempster-Shafer Theory

Yoshiaki Sugie, Tetsunori Kobayashi

Proc.ICPR2002p.381 - 3842002年08月-

System Architecture to Realize Widely Applicable and Interactive Behavior of the Robot

Yosuke Matsusaka, Tetsunori Kobayashi

Proc. PRICAI-02 WS-3 International Workshop on Lifelike Animated Agents -Tools, Affective Functions, and Applications-p.77 - 822002年08月-

System Software for Collaborative Development of Interactive Robot

Yosuke Matsusaka and Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc.HUMANOID2001p.271 - 2772001年11月-

Modeling of conversational strategy for the robot participating in the group conversation

Yosuke Matsusaka, Shinya Fujie, Tetsunori Kobayashi

Proc. Interspeech01/ISCAp.2173 - 21762001年09月-

Modeling of conversational strategy for the robot participating in the group conversation

Yosuke Matsusaka, Shinya Fujie, Tetsunori Kobayashi

Proc. Interspeech01/ISCAp.2173 - 21762001年09月-

Estimating positions of multiple adjacent speakers based on MUSIC spectra correlation using a microphone array

Hidetomo Tanaka, Tetsunori Kobayashi

Proc.ICASSP01/IEEEp.3045 - 30482001年05月-

Free software toolkit for japanese large vocabulary continuous speech recognition(共著)

T.Kawahara, A.Lee, T.Kobayashi, K.Takeda, N.Minematsu, S.Sagayama, K.Itou, A.Ito, M.Yamamoto, A.Yamada, T.Utsuro, K.Shikano

Proc. Int'l Conf. Spoken Language Processing(ICSLP)Vol.4p.476 - 4792000年09月-

Humanoid robots in waseda university-hadaly2 and WABIAN-

S.Hashimoto et al

IEEE HUMANOIDS20002000年09月-

A conversational robot utilizing facial and body expressions

Tsuyoshi Tojo, Yosuke Matsusaka, Tomotada Ishii, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. International Conf. on System, Man and Cyberneticsp.858 - 8632000年06月-

A conversational robot utilizing facial and body expressions

Tsuyoshi Tojo, Yosuke Matsusaka, Tomotada Ishii, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. International Conf. on System, Man and Cyberneticsp.858 - 8632000年06月-

Dictation of multi-party conversation using statistical turn taking model and speaker models(共著)

Noriyuki Murai, Tetsunori Kobayashi

IEEE Proc. ICASSPp.1575 - 15782000年06月-

Class-combined Word N-gram for Robust Language Modeling

Noriyuki Kobayashi, Tetsunori Kobayashi

Proc. Eurospeech 99p.1599 - 16021999年09月-

Multi-person Conversation via Multi-modal Interface : A Robot who Communicate with Multi-user

Yosuke Matsusaka, Tsuyoshi Tojo, Sentaro Kubota, Kenji Furukawa, Daisuke Tamiya, Shinya Fujie, Tetsunori Koabyashi,

Proc. Eurospeech 99p.1723 - 17261999年09月-

Multi-person Conversation Robot using Multi-modal Interface

Yosuke Matsusaka, Tsuyoshi Tojo, Sentaro Kubota, Kenji Furukawa,Shinya Fujie, Tetsunori Koabyashi

Proc. SCI/ICAS'99Vol.7p.450 - 4551999年07月-

Controlling Dialogue Strategy According to Performance of Processing

Hideaki Kikuchi, Tetsunori Kobayashi, Katsuhiko Shirai

Proc. ESCA Workshop on Interactive Dialogue in Multi-Modal Systemsp.85 - 881999年06月-

Partly Hidden Markov Model and its Application to Speech Recognition

T.Kobayashi, K.Masumitsu, J.Furuyama,

Proc. ICASSP99/IEEEVol.Ip.121 - 1241999年03月-

Partly Hidden Markov Model and its Application to Speech Recognition

T.Kobayashi, K.Masumitsu, J.Furuyama,

Proc. ICASSP99/IEEEVol.Ip.121 - 1241999年03月-

Sharable software repository for Japanese large vocabulary continuous speech recognition

T.Kawahara, T.Kobayashi, K.Takeda, N.Minematsu, K.Itou, M.Yamamoto, A.Yamada, T.Utsuro, K.Shikano

Proc. ICSLP98p.3257 - 32601998年12月-

Source-Extended Language Model for Large Vocabulary Continuous Speech Recognition

Tetsunori Kobayashi, Norihiko Kobayashi and Yosuke Wada

Proc. ICSLP98p.2431 - 24341998年12月-

The Design of the Newspaper-Based Japanese Large Vocabulary Continuous Speech Recognition Corpus

K.Itoh, M.Yamamoto, K.Takezawa, T.Matsuoka, K.Shikano, T.Kobayashi, S.Itahashi,

Proc. ICSLP98p.3261 - 32641998年12月-

Controlling Gaze of Humanoid in Communication with Human

H.Kikuchi,M.Yokoyama,K.Hoashi,Y.Hidaki,T.Kobayashi,K.Shirai

Proc.IROS98/IEEEp.255 - 2601998年10月-

Common Platform of Japanese Large Vocabulary Continuous Speech Recognizer—Proposal and Initial Results

T.Kawahara, A.Lee, T.Kobayashi, K.Takeda, N.Minematsu, K.Itou, A.Ito, M.Yamamoto, A.Yamada, T.Utsuro, K.Shikano

Proc. of First International Workshp on East-Asian Language Resorces and Evaluationp.117 - 1221998年05月-

Design and Development of Japanese Speech Corpus for Large Vocabulary Continuous Speech Recognition Assessment

K.Itou,K.Takeda,T.Takezawa,T.Matsuoka,K.Shikano,T.Kobayashi,S.Itahashi,M.Yamamoto

Proc. of First International Workshp on East-Asian Language Resorces and Evaluationp.98 - 1031998年05月-

音声による人間と機械の対話

堂下修司,新美康永,白井克彦,田中穂積,溝口理一郎,共著

オーム社第5編第6章301-312,第6編第4章担当340-3481998年02月-

Development of ASJ Continuous Speech Corpus --- Japanese Newspaper Article Sentences (JNAS) ---

Shuichi ITAHASHI, Mikio YAMAMOTO, Toshiyuki TAKEZAWA, Tetsunori KOBAYASHI

Proc. COCOSDA'971997年09月-

Humanoid Robot ---Development of an Information Assistant Robot Hadaly---

Hashimoto, S, Narita, H. Kasahara, A. Takanishi, S. Sugano, K. Shirai, T. Kobayashi, H. Takanobu, T. Kurata, K. Fujiwara, T. Matsuno, T. Kawasaki and K. Hoashi

Proc. of International Workshop on Robot and Human Communication/IEEEp.106 - 1111997年09月-

Partly Hidden Markov Model and its Application to Gesture Recognition

Tetsunori Kobayashi, Sataoshi Haruyama,

Proc. ICASSP97/IEEEVol.VIp.3081 - 30841997年04月-

Human interface of the humanoids

Tetsunori Kobayashi

Proc. International Workshop on Human Interface Technologyp.631997年03月-

ALICE : Acquisition of Language In Conversational Environment-An approach to weakly supervised training of spoken language system for language porting-

Tetsunori Kobayashi

Proc. ICSLP1996年10月-

ALICE : Acquisition of Language In Conversational Environment : An Approach to Weakly Supervised Training of Spoken Language System for Language Porting

Tetsunori Kobayashi

Proc. ICSLP961996年09月-

ALICE: Acquisition of Language in Conversational Environment

Tetsunori Kobayashi

電子情報通信学会技術報告SP95-74p.7 - 141995年07月-

Improving human interface in drawing tool using speech, mouse and key-board(共著)

Takuya Nishimoto, Nobutoshi Shida, Tetsunori Kobayashi and Katsuhiko Shirai

IEEE Proc. International Workshop on Robot and Human Communicationp.107 - 1121995年-

Generation of prosody in speech synthesis using large speech data-base(共著)

Naohiro Sakurai, Takemi Mochida, Tetsunori Kobayashi and Katsuhiko Shirai

Proceedings of 3rd International Conference on Spoken Language Processing(ICSLP)S14.10p.747 - 7501994年09月-

Multimodal drawing tool using speech, mouse and key-board(共著)

T.Nishimoto, N.Shida, T.Kobayashi K.Shirai

Proceedings of 3rd International Conference on Spoken Language Processing(ICSLP)S22-12p.1287 - 12901994年09月-

Phoneme recognition in various styles of utterance based on mutual information criterion(共著)

Shigeki Okawa, Tetsunori Kobayashi and Katsuhiko Shirai

Proceedings of 3rd International Conference on Spoken Language Processing(ICSLP)p.1911 - 19171994年09月-

Generation of prosody in speech synthesis using large speech data-base(共著)

Naohiro Sakurai, Takemi Mochida, Tetsunori Kobayashi and Katsuhiko Shirai

Proceedings of 3rd International Conference on Spoken Language Processing(ICSLP)S14.10p.747 - 7501994年09月-

Multimodal drawing tool using speech, mouse and key-board(共著)

T.Nishimoto, N.Shida, T.Kobayashi K.Shirai

Proceedings of 3rd International Conference on Spoken Language Processing(ICSLP)S22-12p.1287 - 12901994年09月-

Phoneme recognition in various styles of utterance based on mutual information criterion(共著)

Shigeki Okawa, Tetsunori Kobayashi and Katsuhiko Shirai

Proceedings of 3rd International Conference on Spoken Language Processing(ICSLP)p.1911 - 19171994年09月-

Automatic training of phoneme dictionary based on mutual information criterion(共著)

Shigeki Okawa, Tetsunori Kobayashi and Katsuhiko Shirai

Proceedings of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing(ICASSP)p.241 - 2441994年04月-

Markov model based noise modeling and its application to noisy speech recognition using dynamical features of speech(共著)

Tetsunori Kobayashi, Ryuji Mine and Katsuhiko Shirai

Proceedings of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing(ICASSP)p.57 - 601994年04月-

Automatic training of phoneme dictionary based on mutual information criterion(共著)

Shigeki Okawa, Tetsunori Kobayashi and Katsuhiko Shirai

Proceedings of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing(ICASSP)p.241 - 2441994年04月-

Phoneme Recognition Using Probability Ratio between Phoneme-Group-Pair

T.Kobayashi, Y.Hamano, S.An, K.Shirai

Trans. IEICEVol.J77-A(No.2)p.128 - 1341994年03月-

Speech synthesis of japanese sentences using large waveform data-base(共著)

Takemi Mochida, Tetsunori Kobayashi, Katsuhiko Shirai

1993 International Workshop on Speech Processingp.95 - 1001993年11月-

Speech recognition under the unstationary noise based on the noise markov model and spectral subtraction(共著)

T.Kobayashi, R.Mine and K.Shirai

Proc. of Eurospeechp.833 - 8361993年09月-

Word spotting in conversational speech based on phonemic likelihood by mutual information criteion(共著)

S.Okawa, T.Kobayashi and K.Shirai

Proc. of Eurospeechp.1281 - 12841993年09月-

Spectral mapping onto probabilistic domain using neural networks and its application to speaker adaptive phoneme recognition

T.Kobayashi

Proc. of ICSLPp.385 - 3881992年11月-

Speaker adaptive phoneme recognition based on spectral mapping to probabilistic domain(共著)

T.Kobayashi, Y.Uchiyama, J.Osada and K.Shirai

IEEE Proc. of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processingp.457 - 4601992年03月-

Fractal dimension of fluctuations in fundamental period of speech

K.Shirai, T.Kobayashi, M.Yagyu

Proc. of International Conference on Noise in Physical Systems and 1/f Fluctuations1991年11月-

Text speech synthesizer using superposition of sinusoidal waves generated by synchronized oscillators(共著)

K.Shirai, K.Hashimoto, T.Kobayashi

Proc. of Eurospeech2p.39 - 421991年09月-

Analysis of cotextual dependency of phonetic features and its application to speech recognition

T.Kobayashi, K.Watanabe, Y.Uchiyama

Proc. Korea-Japan joint workshop on advanced technology of speech recognition and synthesisp.92 - 971991年07月-

Application of neural networks to articulatory motion estimation(共著

T.Kobayashi, M.Yagyu, K.Shirai

IEEE Proc. of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processingp.489 - 4921991年05月-

Dependence of phonemic feature on context

T.Kobayashi,H.Sekine

Proc. of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing '90, Albuquerquep.769 - 7721990年-

Statistical properties of fluctuation of pitch intervals and its modeling for natural synthetic speech

T.Kobayashi,H.Sekine

IEEE Proc. of International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing '90, Albuquerquep.321 - 3241990年-

書籍等出版物

音声言語処理の潮流

白井克彦,小林哲則 他23名

コロナ社2010年 03月-

詳細

ISBN:978-4-339-00810-4

情報システムとヒューマンインタフェース

小林哲則 他32名

早稲田大学出版部2010年 03月-

詳細

ISBN:978-4-657-10109-9

The Handbook of Robotics

Tetsunori Kobayashi, et al.

Springer2008年-

詳細

ISBN:978-3-540-23957-4

感性情報学:感性的ヒューマンインタフェース最前線

小林哲則,他26名

工作舎2004年 04月-

マルチメディア処理入門

新田恒雄, 岡村好庸, 杉浦彰彦, 小林哲則, 金沢靖, 山本真司

朝倉書店2002年-

人間型ロボットのはなし

早稲田大学ヒューマノイドプロジェクト編著(橋本、成田、高西、菅野、小林、高信)

日刊工業新聞1999年 05月-

Cで学ぶプログラミング技法

小林哲則

培風館1997年-

特許

整理番号:155

音声入力モード変換システム(日本)

小林 哲則, 尾本 幸宏

特願2002-097581、特開2003-295884

整理番号:294

顧客情報収集管理方法及びそのシステム(日本)

小林 哲則, 甲藤 二郎

特願2003-147217、特開2004-348618、特許第4125634号

整理番号:307

音声分離方法およびそのシステム、並びに音声認識方法およびそのシステム(日本)

小林 哲則, 関矢 俊之

特願2003-307811、特開2005- 77731、特許第4457221号

整理番号:349

領域検出方法およびそのシステム(日本)

小林 哲則, 松坂 要佐

特願2004- 60498、特開2005-250863

整理番号:361

音源分離方法およびそのシステム(日本)

小林 哲則

特願2004- 43719、特開2005-234246、特許第4594629号

整理番号:379

人物属性識別方法およびそのシステム(日本)

小林 哲則, 金子 賢一, 植木 一也, 甲藤 二郎

特願2004- 58342、特開2005-250712、特許第4511850号

整理番号:380

顔検出装置およびその方法(日本)

小林 哲則, 金子 賢一, 植木 一也, 甲藤 二郎

特願2004- 50266、特開2005-242582

整理番号:536

音源分離システムおよび音源分離方法、並びに音響信号取得装置(日本)

小林 哲則, 赤桐 健三, 勘場 智之

特願2005-270931、特開2006-197552、特許第4873913号

整理番号:537

マイクロフォン感度調整方法およびそのシステム(日本)

小林 哲則, 赤桐 健三, 勘場 智之

特願2005-318931、特開2007-129373

整理番号:566

認識器構築システム、認識器構築方法、組立サービス提供システム、およびプログラム(日本)

小林 哲則, 中野 鐵兵, 藤江 真也, 小川 哲司

特願2006- 39907、特開2007-219175

整理番号:664

音源分離装置、音源分離方法、音源分離プログラム及び記録媒体(日本)

小林 哲則, 赤桐 健三, 高田 晋太郎

特願2006-311718、特開2008-131183、特許第5190859号

整理番号:665

エコーキャンセラ及びエコーキャンセル方法(日本)

小林 哲則, 赤桐 健三, 藤江 真也, 小川 哲司

特願2006-331686、特開2008-147914

整理番号:746

音声対話装置、音声対話方法及びロボット装置(日本)

小林 哲則, 藤江 真也, 前田 真吾

特願2007-161998、特開2009-003040、特許第5051882号

整理番号:859

顧客情報収集管理システム(日本)

甲藤 二郎, 小林 哲則

特願2008-068038、特許第4778532号

整理番号:902

対話活性化ロボット(日本)

小林 哲則, 松山 洋一, 谷山 輝, 赤池 辰介, 藤江 真也

特願2008-304140、特開2010-128281、特許第5294315号

整理番号:904

項目選択方法および装置(日本)

小林 哲則, 中野 鐵兵

特願2008-250640、特開2010- 79848

整理番号:948

音源分離装置、方法及びプログラム(日本, 中華人民共和国, アメリカ)

小林 哲則, 赤桐 健三, 小川 哲司

特願2009-282024、特開2011-124872、特許第4986248号

整理番号:949

音源分離装置、方法及びプログラム(日本)

赤桐 健三, 小川 哲司, 小林 哲則

特願2009-282025、特開2011-124873、特許第5170465号

整理番号:950

音源分離装置、プログラム及び方法(日本)

小林 哲則, 赤桐 健三, 小川 哲司

特願2009-282026、特開2011-123370、特許第5105336号

整理番号:980

情報処理システム、情報処理装置及び情報処理方法(日本)

小林 哲則, 中野 鐵兵, 藤江 真也

特願2009-164060、特開2011- 18288、特許第5467298号

整理番号:1021

音声認識用音響モデル作成装置とその方法と、プログラム(日本)

小林 哲則, 久保 陽太郎

特願2010-020619、特開2011-158727、特許第5152931号

整理番号:1106

情報処理装置及び情報処理方法(日本)

中野 鐵兵, 小林 哲則, 秋田 慶

特願2010-170607、特開2012- 32932、特許第5466593号

整理番号:1125

会話ロボット(日本)

小林 哲則, 藤江 真也, 松山 洋一

特願2010-221556、特開2012- 76162、特許第5751610号

整理番号:1723

言語確率算出方法、言語確率算出装置および言語確率算出プログラム(日本)

小林 哲則, 森岡 幹

特願2015-249375、特開2017-117045

整理番号:1928

予測装置、予測方法および予測プログラム(日本)

小林 哲則, 小川 哲司, 森岡 幹

特願2017-135374、特開2019-016324

整理番号:2050

予兆検知システムおよびプログラム(日本)

小川 哲司, 小林 哲則, 沖本 祐典

特願2018- 57336、特開2019-169011

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

高齢者におけるSNS利用障壁の調査とその改善に関する研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:基盤研究(B)

リズムある会話を可能とするコミュニケーションロボットに関する研究

2008年-2010年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥15990000

研究種別:基盤研究(B)

実体モデルに基づく声質生成機構の構築

2007年-2010年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥18070000

研究種別:

出力単語の語彙属性を用いた対話韻律制御に基づく音声合成

配分額:¥18280000

研究種別:基盤研究(B)

対話状況に応じた自発的コミュニケーション機構の研究

2005年-2007年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥15360000

研究種別:

言語・パラ言語の生成・理解能力を有する会話システムに関する研究

配分額:¥13300000

研究種別:

映像コンテンツ制作におけるマルチモーダル感情表出モデルの構築に関する研究

配分額:¥41990000

研究種別:

未登録語を含むタスク外発話を受理する音声認識方式の研究

配分額:¥14000000

研究種別:

レコード・テープ文化財の非接触・非破壊読み取りによる保存

配分額:¥55120000

研究種別:

韻律に着目した音声言語情報処理の高度化

配分額:¥54200000

研究種別:特定領域研究(B)

韻律制御に主体をおいた対話システム

2000年-2003年

配分額:¥54600000

研究種別:

状態・出力に相互依存性を有する確率モデルに基づく高精度な音声・ジェスチャ認識

配分額:¥3600000

研究種別:基盤研究(A)

人間共存型ロボットに関する研究

1999年-2002年

研究分野:知能機械学・機械システム

配分額:¥41710000

研究種別:

知覚・行動による実世界とのインタラクションに基づく言語の理解・獲得と行動生成

配分額:¥400000

研究種別:

韻律に着目した音声言語情報処理の高度化に関する調査研究

配分額:¥3100000

研究種別:

マルチモーダルコミュニケーションにおける音声とジェスチャの統合についての研究

配分額:¥9200000

研究種別:

多点制御による音のVRネットワーク構築に関する研究

配分額:¥2000000

研究種別:

多点制御による音のVRシステム構築に関する研究

配分額:¥2800000

研究種別:

マルチモーダルインターフェスを持つ知的CAIの語学教育への応用に関する研究

配分額:¥5800000

研究種別:重点領域研究

多点制御による音のVRシステム構築に関する研究

1995年-1995年

配分額:¥2200000

研究種別:重点領域研究

音声言語による対話過程のモデル化に関する研究

1993年-1995年

配分額:¥113200000

研究種別:奨励研究(A)

時間変化する雑音環境下における音声認識に関する研究

1993年-1993年

研究分野:計測・制御工学

配分額:¥900000

研究種別:重点領域研究

音声における心情・感情の表現と理解に関する研究

1992年-1992年

配分額:¥1500000

研究種別:一般研究(B)

信号処理を中心とする特定用途向けVLS[アーキテクチャ設計支援システムの研究

1991年-1993年

研究分野:情報工学

配分額:¥6600000

研究種別:重点領域研究

音声特徴抽出手法の高度化に関する研究

1987年-1989年

配分額:¥12500000

研究種別:重点領域研究

音声特徴抽出手法の高度化に関する研究

1987年-1989年

配分額:¥14500000

研究種別:重点領域研究

音声特徴抽出法の高度化に関する研究

1987年-1988年

配分額:¥10000000

研究種別:

音声メディアを利用した情報伝達における相互行為の時間構造的特徴と伝達効率の関係

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥44720000

研究種別:

リアルタイムMRI動画による日本語調音運動データベースの構築と公開

2020年-0月-2024年-0月

配分額:¥17420000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

マルチモーダルコラボレーションロボット1997年-2001年

提供機関:文部科学省

人と環境に優しい次世代情報処理技術1999年-2003年

実施形態:受託教育

音源分離2006年-2008年

実施形態:受託教育

顔画像処理2002年-2007年

実施形態:共同研究

ヒューマノイドロボット1991年-

学内研究制度

特定課題研究

会話システムのプロトコルとアーキテクチャに関する研究

2019年度

研究成果概要: 提案する音声会話の4階層プロトコルのうち,ターンテイク層の機能の実現法を検討した。 ターンテイク層では,リズムの良い会話の実現のために,文脈に応じてシステムが番をとるべきかとらざるべきか,とるとするならばどの程度の時間をおいてと... 提案する音声会話の4階層プロトコルのうち,ターンテイク層の機能の実現法を検討した。 ターンテイク層では,リズムの良い会話の実現のために,文脈に応じてシステムが番をとるべきかとらざるべきか,とるとするならばどの程度の時間をおいてとるべきかを決定する。この問題の解決のために,ETCNN(Event-Timing Controllable Neural Network)とよぶ,イベントの出力タイミングを制御可能なニューラルネットワークを提案した。ETCNNは,出力タイミングが,ユーザ発話の韻律,ユーザなどに従って制御できるEnd-to-Endの枠組みである。この手法の適用によって,発話タイミングの推定誤差を従来手法に比べ平均約20%減じるとともに,格段に推定の外れ値を減ずることに成功した。

確率過程の精密なモデル化とその音声認識・ジェスチャ認識への応用に関する研究

1998年度共同研究者:橋本 周司, 笠原 博徳

研究成果概要:本研究では、時系列パターンマッチングのための確率過程のモデルを精密化するとともに、それを用いて音声認識、ジェスチャー認識の性能を向上させることを試みた。音声やジェスチャーの認識に代表される時系列のパターン認識においては、確率過程の...本研究では、時系列パターンマッチングのための確率過程のモデルを精密化するとともに、それを用いて音声認識、ジェスチャー認識の性能を向上させることを試みた。音声やジェスチャーの認識に代表される時系列のパターン認識においては、確率過程のモデルが重要な役割を果たす。従来この確率モデルとしては、隠れマルコフモデル(HMM)が用いられてきた。しかしながら、HMMは区分定常の確率過程しか扱うことができず、結果として種々の不都合を生じていた。この問題を解決するために、2重のマルコフモデルから発して、時間の古い状態を観測不能な隠れ状態に、時間の新しい方の状態を可観測状態においた、新たな確率モデル、部分隠れマルコフモデル(PHMM)を提案した。HMMでは、出力、次状態ともに前状態にのみ依存して決まるのに対し、PHMMでは、出力、状態ともに、状態と前出力に依存して決まる枠組となっている。この構造のため、モデルの複雑化を抑えた上で、HMMに比べ過渡部の表現能力の高い確率過程のモデルが実現できた。 PHMMのパラメータ推定法としては、EMアルゴリズムを用いた定式化を行ない、厳密なパラメータ推定法を確立した。シミュレーション実験を通じてPHMMとHMMの特性を比較したところ、HMMでは出力確率が主に状態推移のタイミングを決め、状態遷移確率はほとんど無意味であるのに対し、PHMMでは遷移確率が状態推移のタイミングを決めていることが分かった。遷移部の動特性の違いを区別する上でも、PHMMはHMMより有効であることが分かった。 PHMMを用いて、ジェスチャ認識実験と音声認識実験を行なったところ、ジェスチャ認識、音声認識ともにHMMより高い性能が得られ、PHMMの時系列パターン認識への有効性が確認された。

状況把握と身体表現機能を有する複数話者との会話ロボット-人間と空間を共有する情報端末の実現に向けて

2000年度共同研究者:菊池 英明, 高西 淳夫

研究成果概要: 複数話者と会話するロボットの実現に向けて、1)複数話者の音声の分離・認識、2)複数話者間におけるコミュニケーションチャネルの認識、3)身体による意志表現、4)情報統合技術、の4点について検討を行った。 1)に関しては、通常音声認... 複数話者と会話するロボットの実現に向けて、1)複数話者の音声の分離・認識、2)複数話者間におけるコミュニケーションチャネルの認識、3)身体による意志表現、4)情報統合技術、の4点について検討を行った。 1)に関しては、通常音声認識に用いられる、音響モデルと、言語モデルに加え、発話のターンテーキングに関する発話間言語モデル、および話者の交代を統計的に表わす話者モデルをさらに加えた4つの確率モデルを用いて、最も尤もらしい話者の交代と発話内容を推定するアルゴリズムを確立した。 2)に関しては、音源の定位と発話者の顔方向の組合せによって、誰が誰に向かって話しているのかを認識することを可能とした。音源定位に関しては、MUSICスペクトルの相関を用いた方法を提案し、定位精度を飛躍的に改善した。顔方向に関しては、ICAを基礎とした特徴抽出手法を提案し、高精度の顔方向の認識を実現した。 3)に関しては、ロボットハードウェアとして、従来からあった目、手などに加え、眉、口、手などを付加することで、表現能力を拡充した。また、それらの単純化された身体を用いて、効果的に内部状態を表現するための動作と、その提示戦略を確立した。 4)に関しては、黒板システムにサブスクライブ/パブリッシュ機能を付加した情報伝達機構を考え、これをロボットを構成する多種多様なプロセッサ構成の中で、透過な形で実装した。 以上の成果を用いて、外部状況を視覚的あるいは聴覚的に把握し、ときにジェスチャ等の非言語的手段による意思表示をしながら、複数の相手を対象にして会話できるロボットを実現した。

会話ロボットの利用に基づくパラ言語理解・生成機構の定量的モデル化に関する研究

2007年度共同研究者:藤江 真也

研究成果概要: これまでに開発したパラ言語情報の理解・表出機能を持つ音声会話ロボットを用いて,自然な音声会話コミュニケーションを成立させるために必要となるパラ言語情報の役割を定量的に明らかにすること試みた。 我々人間は,会話的コミュニケーション... これまでに開発したパラ言語情報の理解・表出機能を持つ音声会話ロボットを用いて,自然な音声会話コミュニケーションを成立させるために必要となるパラ言語情報の役割を定量的に明らかにすること試みた。 我々人間は,会話的コミュニケーションにおいて,音声で言語情報を伝える傍らにおいて,会話参与の状態(情報を受け付ける状態にあるのかどうか,正常に情報を受け付けたかどうか,受けた情報をどのように評価しているのか等)を表情によって伝達しており,これが基礎となって円滑な情報交換が成立している。これらの情報は,パラ言語と呼ばれる情報の一部であるが,これらパラ言語の重要性を定性的に指摘する研究は存在するものの,これをどの程度厳格にモデル化すれば自然なコミュニケーションは成立するのかについて定量的に検討する試みはなされていない。 そこで本研究では,特にターンテーキングの円滑化に係るロボットの表情表出動作として,視線表現を選定し,その定量的モデル化を試みた。一般に,ターンを渡すためには発話終了に合わせて聴取者に視線を向け,ターンを保持するためには視線をずらすとされている。表現のバリエーション(視線の外し方,合わせ方)およびその頻度,時間構造をパラメタとするモデルを作成し,種々のパラメタ設定でパラ言語情報を生成する会話ロボットと被験者の会話実験を行い,その自然性を評価した。この結果,自然な視線表現を実現するパラメータの関係式と,連続動作させるときのパラメタセットの組み合わせに関する知見が得られ,これに従って視線を動作させるとき,会話が自然に進行することを確認した。

音声会話システムの総合的研究

2011年度共同研究者:藤江 真也, 小川 哲司, 松山 洋一, 岩田 和彦

研究成果概要:ロボットを用いた会話コミュニケーションの実現に向けて,以下のテーマの研究を行った。(1)音声会話プロトコルの解明 音声会話プロトコルのモデル化を,会話の観察に基づて行った。特に多人数で会話を行うとき,会話相手の選択,発話の番の制御...ロボットを用いた会話コミュニケーションの実現に向けて,以下のテーマの研究を行った。(1)音声会話プロトコルの解明 音声会話プロトコルのモデル化を,会話の観察に基づて行った。特に多人数で会話を行うとき,会話相手の選択,発話の番の制御などが,どのような身体表現を伴って行われるかを整理した。(2) 魅力ある会話の実現 会話が魅力的であるために,ロボットの発話はどうあるべきかについて整理した。特に相手が話しやすくすることに配慮しながら,まず,単に聞かれたことに答えるだけでなく,質問に答えながら関連した新たな話題を含めるしくみを用意した。これによって利用者は発話をつなぎやすくった。(3)要素技術の開発 3-1)視覚情報処理: 会話参加者の姿勢は,その会話参加者の会話への参加の意思等を特定するのに重要である。また,視線が直接の通信相手を表すこと,表情が情報伝達の成功/不成功や,相手の興味の有無を表現することなどは,既に良く知られている。この「姿勢と表情」の自動認識システムを開発した。姿勢認識・表情推定に必要となる画像特徴点の抽出問題に対し,ロボットに装着したカメラだけでなく,部屋の天井に設置したカメラでも情報を収集した上でそれらを統合利用するシステムを実現した。 3-2)聴覚情報処理: 多人数の音声会話をハンズフリーで行うとき生じる様々な問題を解決した。主に目的話者の背後から到来する指向性雑音の除去と,残響の問題を,提案する6マイクの帯状ビームフォーマ[4]で処理した。また,会話では,一息で多くの文を話したり,ひとつの文をとぎれとぎれに話したりするが,この発話単位と意味の纏まりの異なりが,会話音声認識の問題を難しくしている。ここでは,話し方(間のおき方)の違いは,一種のプロトコルにかかわる情報を発話に含めた結果と解釈し,それが引き起こす特有の韻律現象を,デコードに積極利用する方法を検討した。(4)統合システム 以上(1)-(4)を統合し,複数人を対象に,ゲームをしながら会話を楽しむことができるシステムを実現した。通所介護施設の高齢者との会話実験を行い,好評をいただいた。 

グループ会話環境下における場の活性化要素としての会話ロボットに関する研究

2012年度共同研究者:松山洋一, 岩田和彦

研究成果概要: 少人数での会議や談笑に見られる会話参加者間で動的な発話やりとりを特徴とする「グループ会話(多人数会話)」を対象として,これに参与して,場を活性化する機械システムを実... 少人数での会議や談笑に見られる会話参加者間で動的な発話やりとりを特徴とする「グループ会話(多人数会話)」を対象として,これに参与して,場を活性化する機械システムを実現するための枠組みについて検討した。 具体的には,1)会話に入れない人に参加を促す際のプロトコル2)興味を引く発話の自動生成3)会話システム用顔画像処理技術の高度化4)会話システム用音声合成技術の高度化の4つのサブテーマをとりあげた。各テーマの成果は以下の通りである。 「1)会話に入れない人に参加を促す際のプロトコル」は,発話する機会も,話しかけられる機会も少ない会話参加者を見つけて,その人に話しかけ,会話に入ってもらうためには,どのような仕組みが必要かについて検討したものである。このとき,システムは,対象となる人を探す機能,話しかける適切な内容を決める機能,話しかけても全体の調和を乱さないタイミングを決める機能,などが必要となる。ここでは,①参加者の発話状態,視線などからそれぞれの参与役割を推定し,発話者にも主たる聞き手にもなっていない割合が高い人を話しかけるべき対象者とする,②CRFを用いて話題を適切に追うことで発話するべき内容を定める,③現話題の下での会話に参加して「調和的会話参加者」になってから対象者に話かける,などの仕組みを実装することで,所望の機能を実現した。 「2)興味を引く発話の自動生成」は,会話参加者からの質問にたいする回答内容を自動的に用意する方法について検討したものである。興味を引く発話を行うために,回答内容には,システムの主体的感想,評価的内容を含めることとした。この目的のため,システムは,レビューサイトをクロールし,関連する話題について評価を述べた部分を抜き出し,口語調に表現を変えた上で,内容のふさわしさを評価ランキングし,上位の文を回答文とする方式を考案した。ここで,ランキングには低頻度形容詞を多用している文を評価尺度とした。これによって,情報の多い意外性のある文を選ぶ仕組みが実現し,効果的な回答文を生成することに成功した。 「3)会話システム用顔画像処理技術の高度化」は,会話システムに必要となる顔検出を安定に行う技術について検討したものである。AAMを改良することで,顔と顔部品の検出精度を飛躍的に改善することができた。 「4)会話システム用音声合成技術の高度化」は,会話調の音声合成方式について検討したものである。文脈に応じて,適切な声質・抑揚で発話できる合成器を,心理空間上での文脈のクラスタリング,語末表現のクラスタリング等を精緻に行うことで実現した。

音声会話:情報遭遇を含む多様な情報行動による情報アクセスに関する研究

2017年度共同研究者:小川哲司, 林良彦

研究成果概要: 従来,音声会話は,質問応答を対象として実現されてきた。しかし,快適な情報アクセスには,これに加えシステム側から主体的に情報提供する機能が必要とされ,さらにこれらのモードがリズム良く遷移できること求められる。ここでは,これら複雑な... 従来,音声会話は,質問応答を対象として実現されてきた。しかし,快適な情報アクセスには,これに加えシステム側から主体的に情報提供する機能が必要とされ,さらにこれらのモードがリズム良く遷移できること求められる。ここでは,これら複雑な情報行動に即応性高く対応できる音声会話システムを実現する立場から,「シナリオ主導型会話システム」を提案した。伝えようとする文書の解析に基づいて,文書のあらすじを伝えるシナリオの主計画と,想定される質問に答える副計画とが事前に準備され,これらに沿って会話が進められる。実験の結果,従来型の会話システムに比べ,ユーザに必要な情報だけ効率的に伝達できるシステムが実現できた。

会話システムのプロトコルとアーキテクチャに関する研究

2017年度

研究成果概要:会話プロトコルを,通信系になぞらえて,a)物理層,b)参与構造形成層,c)メッセージ送信層,d)ターンテイク層に整理した。a)は通信系の物理層に相当し,人を模した表現手段としての身体を持つことで,人同士と同じ方法でのデータ授受を可...会話プロトコルを,通信系になぞらえて,a)物理層,b)参与構造形成層,c)メッセージ送信層,d)ターンテイク層に整理した。a)は通信系の物理層に相当し,人を模した表現手段としての身体を持つことで,人同士と同じ方法でのデータ授受を可能にする。b)はデータリンク/ネットワーク層相当に相当し,身体表現によって,会話への参加状態と,その変更手続きを与える。c)はトランスポート層に相当し,相槌等によってデータ授受の成否を伝える。d)はセッション層に相当し,セッション開始・終了を定義する。これら円滑な会話に必要となる振る舞いを,機能・役割レベルと,具体的身体動作レベルに分けて記述し,ハードウェアに依存部を下位に隠蔽した。

参加者間の共鳴状態を誘導する音声会話システム

2014年度共同研究者:林良彦, 小川哲司, 松山洋一, 藤江真也, 中野鐵兵

研究成果概要: 新たな会話制御技術と情報提供技術により,会話を共鳴状態(参加者が響きあうよう呼応して会話する状態)に導く音声会話システムを実現した。 会話制御に関しては,全会話参加者が等しい発話機会を持つための調整機能を提案した。会話では特定の... 新たな会話制御技術と情報提供技術により,会話を共鳴状態(参加者が響きあうよう呼応して会話する状態)に導く音声会話システムを実現した。 会話制御に関しては,全会話参加者が等しい発話機会を持つための調整機能を提案した。会話では特定の人が頻繁に発話を繰り返し,一部は会話に入れないことがある。ここでは,会話に割り込んで主導権をとった後,発話機会の少ない人に話題をふる機能を実装しこの問題を解決した。 情報提供に関しては,レビュー記事にある投稿者の主観的発話を,システムの主観の如く発話する機能を実装した。会話相手を楽しませる効果を持つ発話の選択手法と,選ばれる複数の文の主観が一貫性を持つため枠組みを提案した。

会話:意図性の異なる多様な情報行動による情報享受の実現

2016年度共同研究者:林良彦, 藤江真也

研究成果概要: 能動的(検索的)情報行動と受動的(遭遇的)情報行動の双方を交えたリズム良い情報授受によって,ニュース内容を伝える会話システムを実現した。即応性を重要するため,予想されるユーザの応答に応じた分岐を含む会話進行のシナリオを準備し,こ... 能動的(検索的)情報行動と受動的(遭遇的)情報行動の双方を交えたリズム良い情報授受によって,ニュース内容を伝える会話システムを実現した。即応性を重要するため,予想されるユーザの応答に応じた分岐を含む会話進行のシナリオを準備し,これを切り替えながら会話を進める方法をとった。シナリオは,ニュースの根幹を伝える主計画と,ユーザの反応に応じて補足情報を提示する副計画からなる。前者は,話題性を考慮して重要語を定め,これを含むようニュースを要約して定めた。後者は,各呼気段落内の重要自立語に対し質問タイプを網羅して回答を用意して定めた。以上によって,所期の目的を達成する会話システムを実現できた。

深層学習に基づく雑音抑圧処理歪の補正と雑音下音声認識への適用に関する研究

2016年度共同研究者:小川哲司

研究成果概要: 本研究では,申請者が研究を続けてきた高速・高精度な音源分離手法であるエリア収音技術と深層学習を利用した低歪の雑音抑圧技術を融合することで,拡散性雑音抑圧フィルタを完成度の高い形で実現する方式の検討を行った. 提案方式では,エリア... 本研究では,申請者が研究を続けてきた高速・高精度な音源分離手法であるエリア収音技術と深層学習を利用した低歪の雑音抑圧技術を融合することで,拡散性雑音抑圧フィルタを完成度の高い形で実現する方式の検討を行った. 提案方式では,エリア収音により目的音と雑音を分離した後,目的音に残留した雑音成分を抑圧するフィルタを構築する.そのために,エリア収音により得られた目的音が支配的な信号と拡散性雑音が支配的な信号のパワースペクトルを入力とする深層ニューラルネットワークによって帯域ごとのSNRを推定した. 提案方式は,従来のマルチチャネルウィナーフィルタと比較して,処理歪を抑えながら高い雑音抑圧性能を達成した.

会話システムのプロトコルとアーキテクチャに関する研究

2018年度

研究成果概要: 我々が提案する音声会話の4階層プロトコルのうち,参与構造形成層,メッセージ送信層の機能実現法を検討した。 参与構造形成層では,参与構造形成のためのシステムの行動を,センサー情報からEnd-to-Endで決める手法を検討した。発話... 我々が提案する音声会話の4階層プロトコルのうち,参与構造形成層,メッセージ送信層の機能実現法を検討した。 参与構造形成層では,参与構造形成のためのシステムの行動を,センサー情報からEnd-to-Endで決める手法を検討した。発話や視線の認識を副タスクとするマルチタスクNeural Networksを導入することで,従来のルールに基づく方法に比べ,精度を30ポイント以上向上できた。 メッセージ送信層では,段落内における各文の重要度をBERTに基づく解析結果を用いて求め,これに応じて文間の「間」を静的に制御するする手法を提案した。一対比較によるプリファレンス評価において,本手法導入後のシステムは,導入以前に対し,77%という極めて高い値を達成した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
情報理工学実験A基幹理工学部2020秋学期
情報理工学実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
情報理工学実験B基幹理工学部2020春学期
情報理工学実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
卒業論文A基幹理工学部2020通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
卒業論文B基幹理工学部2020通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
プロジェクト研究A基幹理工学部2020春学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2020秋学期
情報通信実験A基幹理工学部2020秋学期
情報通信実験A 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
情報通信実験B基幹理工学部2020春学期
情報通信実験B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
最適化と認識・学習基幹理工学部2020秋学期
最適化と認識・学習基幹理工学部2020秋学期
最適化と認識・学習 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
情報通信実験C基幹理工学部2020秋学期
情報通信実験C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
卒業論文A基幹理工学部2020通年
卒業論文A  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
卒業論文B基幹理工学部2020通年
卒業論文B  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020通年
情報理論B基幹理工学部2020春学期
情報理論B基幹理工学部2020春学期
プロジェクト研究A基幹理工学部2020春学期
プロジェクト研究B基幹理工学部2020秋学期
Research Project B基幹理工学部2020春学期
Research Project B基幹理工学部2020春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020春学期
Research Project B 【S Grade】基幹理工学部2020春学期
Research Project C基幹理工学部2020秋学期
Research Project C基幹理工学部2020秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2020秋学期
Research Project C 【S Grade】基幹理工学部2020秋学期
Pattern Recognition and Machine Learning基幹理工学部2020春学期
Pattern Recognition and Machine Learning基幹理工学部2020春学期
Perceptual Computing基幹理工学部2020秋学期
Perceptual Computing基幹理工学部2020秋学期
Research Project A基幹理工学部2020秋学期
Research Project A基幹理工学部2020秋学期
Research Project D基幹理工学部2020春学期
Research Project D基幹理工学部2020春学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A基幹理工学部2020秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2020秋学期
Computer Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2020秋学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory A [S Grade]基幹理工学部2020秋学期
Introduction to Computers and Networks基幹理工学部2020春学期
Project Research基幹理工学部2020春学期
Computer Science and Communications Engineering Laboratory B基幹理工学部2020春学期
実体情報学概論大学院基幹理工学研究科2020春学期
実体情報学概論大学院創造理工学研究科2020春学期
実体情報学概論大学院先進理工学研究科2020春学期
実体情報学演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
実体情報学演習A大学院創造理工学研究科2020春学期
実体情報学演習A大学院先進理工学研究科2020春学期
実体情報学演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習B大学院創造理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習B大学院先進理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
実体情報学演習C大学院創造理工学研究科2020春学期
実体情報学演習C大学院先進理工学研究科2020春学期
実体情報学演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習D大学院創造理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習D大学院先進理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習E大学院基幹理工学研究科2020春学期
実体情報学演習E大学院創造理工学研究科2020春学期
実体情報学演習E大学院先進理工学研究科2020春学期
実体情報学演習F大学院基幹理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習F大学院創造理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習F大学院先進理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習G大学院基幹理工学研究科2020春学期
実体情報学演習G大学院創造理工学研究科2020春学期
実体情報学演習G大学院先進理工学研究科2020春学期
実体情報学演習H大学院基幹理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習H大学院創造理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習H大学院先進理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習I大学院基幹理工学研究科2020春学期
実体情報学演習I大学院創造理工学研究科2020春学期
実体情報学演習I大学院先進理工学研究科2020春学期
実体情報学演習J大学院基幹理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習J大学院創造理工学研究科2020秋学期
実体情報学演習J大学院先進理工学研究科2020秋学期
実体情報学特別演習大学院基幹理工学研究科2020通年
実体情報学特別演習大学院創造理工学研究科2020通年
実体情報学特別演習大学院先進理工学研究科2020通年
イノベーション事例研究特論(基礎)大学院基幹理工学研究科2020春クォーター
イノベーション事例研究特論(基礎)大学院創造理工学研究科2020春クォーター
イノベーション事例研究特論(基礎)大学院先進理工学研究科2020春クォーター
イノベーション事例研究特論(実践)大学院基幹理工学研究科2020秋クォーター
イノベーション事例研究特論(実践)大学院創造理工学研究科2020秋クォーター
イノベーション事例研究特論(実践)大学院先進理工学研究科2020秋クォーター
修士論文(情報・通信)大学院基幹理工学研究科2020通年
Research on Perceptual Computing大学院基幹理工学研究科2020通年
知覚情報システム研究大学院基幹理工学研究科2020通年
Perceptual Computing大学院基幹理工学研究科2020秋学期
知覚情報システム大学院基幹理工学研究科2020秋学期
知覚情報システム大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Special Laboratory A in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2020春学期
情報理工・情報通信特別実験A大学院基幹理工学研究科2020春学期
Special Laboratory B in Computer Science and Communications Engineering大学院基幹理工学研究科2020秋学期
情報理工・情報通信特別実験B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Pattern Recognition and Machine Learning大学院基幹理工学研究科2020春学期
パターン認識と機械学習大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Perceptual Computing A大学院基幹理工学研究科2020春学期
知覚情報システム演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Perceptual Computing B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
知覚情報システム演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Seminar on Perceptual Computing C大学院基幹理工学研究科2020春学期
知覚情報システム演習C大学院基幹理工学研究科2020春学期
Seminar on Perceptual Computing D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
知覚情報システム演習D大学院基幹理工学研究科2020秋学期
Master's Thesis (Department of Computer Science and Communications Engineering)大学院基幹理工学研究科2020通年
知覚情報システム研究大学院基幹理工学研究科2020通年
知覚情報システム研究大学院基幹理工学研究科2020通年
情報理工・情報通信特別演習A大学院基幹理工学研究科2020春学期
情報理工・情報通信特別演習B大学院基幹理工学研究科2020秋学期
最先端ロボティクスにおける論文の分析および議論大学院創造理工学研究科2020春学期@秋学期
Analysis and Discussion of Papers on Advanced Robotics大学院創造理工学研究科2020春学期@秋学期
最先端ロボティクスにおける論文の分析および議論大学院創造理工学研究科2020春学期@秋学期
体系的ロボット工学特別演習大学院創造理工学研究科2020秋学期
体系的ロボット工学特論大学院創造理工学研究科2020秋学期
体系的ロボット工学特論大学院先進理工学研究科2020秋学期
体育各部1年目 (航空部)グローバルエデュケーションセンター2020通年
体育各部2年目 (航空部)グローバルエデュケーションセンター2020通年
イノベーションとテクノロジー基礎 α:人工知能・先端ロボットテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶ (学部生用)グローバルエデュケーションセンター2020春クォーター
イノベーションとテクノロジー実践 α:人工知能・先端ロボットテクノロジー実践 (学部生用)グローバルエデュケーションセンター2020秋クォーター
イノベーションとテクノロジー基礎 α:人工知能・先端ロボットテクノロジーの基礎とスタートアップを学ぶグローバルエデュケーションセンター2020春クォーター
イノベーションとテクノロジー実践 α:人工知能・先端ロボットテクノロジー実践グローバルエデュケーションセンター2020秋クォーター