氏名

ムラセ トシオ

村瀬 俊朗

職名

准教授

所属

(商学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
tmurase@waseda.jp
メールアドレス(その他)
tmurase@waseda.jp

本属以外の学内所属

学内研究所等

クレジットビジネス研究所

研究所員 2017年-

イノベーション研究所

研究所員 2018年-

グローバル・ストラテジック・リーダーシップ研究所

研究所員 2018年-

アジア・サービス・ビジネス研究所

研究所員 2018年-

学歴・学位

学位

博士 University of Central Florida

経歴

2011年-2012年Northwestern UniversityDepartment of Industrial Engineering and Management SciencesPost-Doctoral Fellowship
2012年-2014年Georgia Institute of TechnologySchool of PsychologyPost-Doctoral Fellowship
2014年-2017年Roosevelt UniversityPsychology DepartmentAssistant Professor

受賞

The Top Paper Award in the Group Communication Division of the 2015 National Communication Association Conference

2015年授与機関:National Communication Association Conference

Best Conference Poster Award in INGRoup

2015年授与機関:Interdisciplinary Network for Group Research

研究分野

科研費分類

社会科学 / 経営学 / 経営学

論文

Leadership across levels: Levels of leaders and their levels of impact

The Leadership Quarterly査読有り2010年-2010年

Searching for outcomes of leadership: A 25-year review

Journal of Management査読有り2011年-2011年

Coworker informational work accommodations to family: Scale development and validation

査読有り2010年-2010年

Mental model metrics and team adaptability: A multi-facet, multi-method examination

Group Dynamics: Theory, Research, and Practice査読有り2010年-2010年

Teams are changing: Time to “Think Networks”

Industrial and Organizational Psychology: Perspectives on Science and Practice査読有り2012年-2012年

Information elaboration, team effectiveness, and environmental turbulence: a motivated information processing perspective corresponding

Organizational Behavior and Human Decision Processes2014年-2014年

Mind the Gap: Leadership and the Development of Shared Understanding Between Teams

The Leadership Quarterly2014年-2014年

The pipeline project: Pre-publication independent replications of a single laboratory’s research pipeline.

Journal of Experimental Social Psychology査読有り

Descriptor: Data from a pre-publication independent replication initiative examining ten moral judgement effects.

Scientific Data招待有り

書籍等出版物

Sequential Analysis of Process

Poole, M. S., Lambert, N. J., Murase, T., McDonald, J. D., & Asencio, R.(分担執筆)

Sage Publication2016年-2016年

Leadership and emergence collective cognition

Murase, T., Resick, C. J., Jiménez, M., Sanz, E., & DeChurch, L. A.(分担執筆)

Taylor and Francis2011年-

Sequential Synchrony Analysis

Murase, T., Poole, Asencio, R. & McDonald, J. D.

Springer Nature2017年-2017年

講演・口頭発表等

The effects of participative safety and support for innovation on group creativity

the 86th Annual Convention of Western Psychological Association

2005年

詳細

国際会議ポスター発表

Language-specific features and categorization

the 86th Annual Convention of Western Psychological Association2005年

詳細

国際会議ポスター発表

Relationships among teamwork knowledge skills and abilities, organizational citizenship behavior, the big five, and self-monitoring

the 17th Annual Convention of American Psychological Society2006年

詳細

ポスター発表

A multilevel investigation of individual differences and group performance

The 86th Annual Convention of Western Psychological Association2006年

詳細

国際会議ポスター発表

Personality and teamwork: Cognitive motivation as a multi-level linking mechanism

the Annual Conference of the Society for Industrial and Organizational Psychology2007年

詳細

国際会議ポスター発表

Strategic mental model consensus and adaptation in decision-making teams

the Annual Conference of Society for Industrial and Organizational Psychology2007年

詳細

国際会議ポスター発表

Leadership research methodology: The state of the science

the Forum for Graduate Student Research at University of Central Florida2008年

詳細

ポスター発表

Modeling team adaptation: What role does external leader sensemaking play?

the Annual Conference of Society for Industrial and Organizational Psychology

2008年

詳細

国際会議ポスター発表

Coworker informational work accommodations to family: Scale development and validation.

the Annual Conference of Society for Industrial and Organizational Psychology2008年

詳細

国際会議ポスター発表

The motivational bases of effective teamwork

the 3rd Annual Conference of INGRoup2008年

詳細

国際会議ポスター発表

Personality, values, and team effectiveness: Examining the role of cognitive motivation

Annual Conference of Academy of Management2008年

詳細

国際会議ポスター発表

Understanding the inspirational motivation of transformational leadership and followers’ psychological mechanisms

the Showcase of Undergraduate Research Excellence at University of Central Florida2009年

詳細

ポスター発表

A taxonomy of platforms for MTS research: A critical review

the Annual Conference of Society for Industrial and Organizational Psychology2009年

詳細

国際会議ポスター発表

Modeling multiteam dynamics: Using SURREALISM to investigate complex inter-team interactions

the Annual Conference of Society for Industrial and Organizational Psychology2009年

詳細

国際会議ポスター発表

Elaboration of information and team decision-making effectiveness in uncertain environments

the Annual Conference of Society for Industrial and Organizational Psychology2009年

詳細

国際会議ポスター発表

Strategic mental model consensus and adaptation in decision-making teams

Annual Conference of the Interdisciplinary Network of Group Researchers2009年

詳細

国際会議ポスター発表

The inferential capacity of leadership research: A 20-Year Review

the Annual Conference of Academy of Management2009年

詳細

国際会議ポスター発表

20 year summary of USA-based leadership research

the Annual Conference of Japanese Industrial Organizational Psychology2009年

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Team decision making in uncertain environments: Strategic consensus, collective leadership and elaboration of information

the 3rd Conference on Management & Social Networks: Stretching Boundaries

詳細

国際会議ポスター発表

Trust and information sharing within and across team boundaries

the Annual Meeting of the Society for Industrial and Organizational Psychology2010年

詳細

国際会議ポスター発表

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

チーム共有認識発達メカニズムにおけるリーダーのビジョン提示効果の検証

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥4030000

学内研究制度

特定課題研究

未来を創造するミドルリーダーシップの探索

2017年度

研究成果概要:本研究は、ミドルリーダーが部署間の連携を高めるため、どのような心理的・社会的障害を見定め、組織の将来の方向性や価値観の部門を越えた形成を探るのが目的である。2017年の活動は、文献レビューを中心に行った。レビューを通じてわかったの...本研究は、ミドルリーダーが部署間の連携を高めるため、どのような心理的・社会的障害を見定め、組織の将来の方向性や価値観の部門を越えた形成を探るのが目的である。2017年の活動は、文献レビューを中心に行った。レビューを通じてわかったのが、共通の価値観や認知(Shared mental model)がチームワークでは重要だが、これらの概念が部門間の連携の状況では応用されていない点である。そして、部門間を越えた共通の価値観を構築するとき、リーダーがどのような行動を取るかもあまり理解されていない。2018年は、この理解を更に具体化し、部門間を越えた価値観を形成する過程のリーダーシップの障害と、その生涯を解消する行動をsense makingやshared mental modelの理論に基礎として、モデルを固める。そのモデルに沿ってインタビュー調査を行う予定である。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
組織行動論 1商学部2019春学期
ビジネス入門 1商学部2019春学期
Science of Teamwork 1商学部2019秋学期
組織行動研究IA商学部2019春学期
組織行動研究IB商学部2019秋学期
組織行動研究IIA商学部2019春学期
組織行動研究IIB商学部2019秋学期
実験手法とアンケート方法論大学院商学研究科2019秋学期
チーム・リーダーシップ演習大学院商学研究科2019春学期
チーム・リーダーシップ演習大学院商学研究科2019秋学期
チーム・リーダーシップ研究指導 (M)大学院商学研究科2019春学期
チーム・リーダーシップ研究指導 (M)大学院商学研究科2019秋学期
チーム・リーダーシップ研究指導 (D)大学院商学研究科2019春学期
チーム・リーダーシップ研究指導 (D)大学院商学研究科2019秋学期