氏名

アベ ヒロユキ

安倍 博之

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0066632/)

所属

(先進理工学部)

連絡先

URL等

研究者番号
10402760

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

自己組織系物理ホリスティック研究所

研究所員 2009年-2014年

ホリスティック物理学研究所

研究所員 2015年-2019年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

ホリスティック物理学研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学位

修士(理学) 課程 広島大学 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

博士(理学) 課程 広島大学 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

所属学協会

日本物理学会

受賞

第3回素粒子メダル奨励賞

2009年03月

研究分野

キーワード

素粒子理論

科研費分類

数物系科学 / 物理学 / 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理

研究テーマ履歴

素粒子標準理論を超える物理

研究テーマのキーワード:超対称性、高次元時空、超重力・超弦理論

個人研究

論文

Behaviors of two supersymmetry breaking scales in N=2 supergravity

Hiroyuki Abe, Shuntaro Aoki, Sosuke Imai and Yutaka Sakamura

Journal of High Energy Physics査読有り19(11-101)p.0 - 242019年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Revisiting instabilities of S1/Z2 models with loop-induced Fayet-Iliopoulos terms

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Shohei Uemura and Junji Yamamoto

Physical Review D査読有り100(6)p.065020-1 - 065020-102019年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Interpolation of partial and full supersymmetry breakings in N=2 supergravity

Hiroyuki Abe, Shuntaro Aoki, Sosuke Imai and Yutaka Sakamura

Nuclear Physics B査読有り946(114690)p.1 - 272019年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Polonyi–Starobinsky supergravity with inflaton in a massive vector multiplet with DBI and FI terms

Hiroyuki Abe, Yermek Aldabergenov, Shuntaro Aoki and Sergei V. Ketov

Classical and Quantum Gravity査読有り36(7)p.075012-1 - 075012-242019年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Massive vector multiplet with Dirac-Born-Infeld and new Fayet-Iliopoulos terms in supergravity

Hiroyuki Abe, Yermek Aldabergenov, Shuntaro Aoki and Sergei V. Ketov

Journal of High Energy Physics査読有り18(09-094)p.0 - 212018年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

N=1 superfield description of BPS solutions in 6D gauged SUGRA with 3-branes

Hiroyuki Abe, Shuntaro Aoki, Sosuke Imai and Yutaka Sakamura

Journal of High Energy Physics査読有り18(09-073)p.0 - 282018年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Quark mass matrices in magnetized orbifold models with localized Fayet-Iliopoulos terms

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Shintaro Takada, Shio Tamba and Takuya H. Tatsuishi

Physical Review D査読有り98(106017)p.106017-1 - 106017-82018年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effects of localized mu-terms at the fixed points in magnetized orbifold models

Hiroyuki Abe, Makoto Ishida and Yoshiyuki Tatsuta

Nuclear Physics B査読有り947p.1 - 202019年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Full diffeomorphism and Lorentz invariance in 4D N = 1 superfield description of 6D SUGRA

Hiroyuki Abe, Shuntaro Aoki and Yutaka Sakamura

Journal of High Energy Physics査読有り17(11-146)p.0 - 372017年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Kahler moduli stabilization in semirealistic magnetized orbifold models

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Keigo Sumita and Shohei Uemura

Physical Review D査読有り96(2)p.026019-1 - 026019-112017年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Supersymmetric models on magnetized orbifolds with flux-induced Fayet-Iliopoulos terms

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Keigo Sumita and Yoshiyuki Tatsuta

Physical Review D査読有り95(1)p.15005-1 - 15005-142017年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Flavor structure in SO(32) heterotic string theory

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Hajime Otsuka, Yasufumi Takano and Takuya H. Tatsuishi

Physical Review D査読有り94(12)p.126020-1 - 126020-102016年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Dynamical supersymmetry breaking on magnetized tori and orbifolds

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi and Keigo Sumita

Nuclear Physics B査読有り911p.606 - 6222016年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Wavefunctions on magnetized branes in the conifold

Hiroyuki Abe, Akane Oikawa and Hajime Otsuka

Journal of High Energy Physics査読有り16(07-054)p.0 - 342016年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Gauge coupling unification in SO(32) heterotic string theory with magnetic fluxes

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Hajime Otsuka, Yasufumi Takano and Takuya H. Tatsuishi

査読有り2016(5)p.053B012016年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Superfield description of (4+2n)-dimensional SYM theories and their mixtures on magnetized tori

Abe, Hiroyuki; Horie, Tomoharu; Sumita, Keigo

Nuclear Physics B査読有り900p.331 - 3652015年11月-

DOIScopus

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:05503213

概要:© 2015 The Authors.We provide a systematic way of dimensional reduction for (4+2n)-dimensional U(N) supersymmetric Yang-Mills (SYM) theories (n=0, 1, 2, 3) and their mixtures compactified on two-dimensional tori with background magnetic fluxes, which preserve a partial N=1 supersymmetry out of full N=2,3 or 4 in the original SYM theories. It is formulated in an N=1 superspace respecting the unbroken supersymmetry, and the four-dimensional effective action is written in terms of superfields representing N=1 vector and chiral multiplets, those arise from the higher-dimensional SYM theories. We also identify the dilaton and geometric moduli dependence of matter Kähler metrics and superpotential couplings as well as of gauge kinetic functions in the effective action. The results would be useful for various phenomenological/cosmological model buildings with SYM theories or D-branes wrapping magnetized tori, especially, with mixture configurations of them with different dimensionalities from each other.

N = 1 superfield description of six-dimensional supergravity

Abe, Hiroyuki; Sakamura, Yutaka; Sakamura, Yutaka; Yamada, Yusuke

Journal of High Energy Physics査読有り15(10-181)p.0 - 272015年10月-

DOIScopus

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:11266708

概要:© 2015, The Author(s). Abstract: We express the action of six-dimensional supergravity in terms of four-dimensional N=1$$ \mathcal{N}=1 $$ superfields, focusing on the moduli dependence of the action. The gauge invariance of the action in the tensor-vector sector is realized in a quite nontrivial manner, and it determines the moduli dependence of the action. The resultant moduli dependence is intricate, especially on the shape modulus. Our result is reduced to the known superfield actions of six-dimensional global SUSY theories and of five-dimensional supergravity by replacing the moduli superfields with their background values and by performing the dimensional reduction, respectively.

Realistic three-generation models from SO(32) heterotic string theory

Abe, Hiroyuki; Kobayashi, Tatsuo; Otsuka, Hajime; Takano, Yasufumi

Journal of High Energy Physics査読有り15(09-056)p.0 - 272015年09月-

DOIScopus

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:11266708

概要:© 2015, The Author(s). Abstract: We search for realistic supersymmetric standard-like models from SO(32) heterotic string theory on factorizable tori with multiple magnetic fluxes. Three chiral ganerations of quarks and leptons are derived from the adjoint and vector representations of SO(12) gauge groups embedded in SO(32) adjoint representation. Massless spectra of our models also include Higgs fields, which have desired Yukawa couplings to quarks and leptons at the tree-level.

LHC phenomenology of natural MSSM with non-universal gaugino masses at the unification scale

Abe, Hiroyuki; Kawamura, Junichiro; Omura, Yuji

Journal of High Energy Physics査読有り15(08-089)p.0 - 152015年08月-

DOIScopus

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:11266708

概要:© 2015, The Author(s). Abstract: In this letter, we study collider phenomenology in the supersymmetric Standard Model with a certain type of non-universal gaugino masses at the gauge coupling unification scale, motivated by the little hierarchy problem. In this scenario, especially the wino mass is relatively large compared to the gluino mass at the unification scale, and the heavy wino can relax the fine-tuning of the higgsino mass parameter, so-called μ-parameter. Besides, it will enhance the lightest Higgs boson mass due to the relatively large left-right mixing of top squarks through the renormalization group (RG) effect. Then 125 GeV Higgs boson could be accomplished, even if the top squarks are lighter than 1 TeV and the μ parameter is within a few hundreds GeV. The right-handed top squark tends to be lighter than the other sfermions due to the RG runnings, then we focus on the top squark search at the LHC. Since the top squark is almost right-handed and the higgsinos are nearly degenerate, 2b + ET miss channel is the most sensitive to this scenario. We figure out current and expected experimental bounds on the lightest top squark mass and model parameters at the gauge coupling unification scale.

D-brane instanton induced mu terms and their hierarchical structure

Abe, Hiroyuki;Kobayashi, Tatsuo;Tatsuta, Yoshiyuki;Uemura, Shohei

Physical Review D査読有り92(2)p.026001-1 - 026001-62015年07月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1550-7998

Matter coupled Dirac-Born-Infeld action in four-dimensional N=1 conformal supergravity

Abe, Hiroyuki;Sakamura, Yutaka;Yamada, Yusuke

Physical Review D査読有り92(2)p.025017-1 - 025017-82015年07月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1550-7998

Towards natural inflation from weakly coupled heterotic string theory

Abe, Hiroyuki;Kobayashi, Tatsuo;Otsuka, Hajime

Progress of Theoretical and Experimental Physics査読有り2015(6-063E02)p.1 - 222015年06月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2050-3911

Massive vector multiplet inflation with Dirac-Born-Infeld type action

Abe, Hiroyuki;Sakamura, Yutaka;Yamada, Yusuke

Physical Review D査読有り91(12)p.125042-1 - 125042-92015年06月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1550-7998

N=1 superfield description of vector-tensor couplings in six dimensions

Abe, Hiroyuki;Sakamura, Yutaka;Yamada, Yusuke

Journal of High Energy Physics査読有り15(04-035)p.0 - 252015年04月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1029-8479

Natural inflation with and without modulations in type IIB string theory

Abe, Hiroyuki;Kobayashi, Tatsuo;Otsuka, Hajime

Journal of High Energy Physics査読有り15(04-160)p.0 - 192015年04月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1029-8479

Illustrating SUSY breaking effects on various inflation mechanisms

Hiroyuki Abe, Shuntaro Aoki, Fuminori Hasegawa and Yusuke Yamada

Journal of High Energy Physics査読有り1501p.0262015年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Higgs boson mass and SUSY spectra in 10D SYM theory with magnetized extra dimensions

Hiroyuki Abe, Junichiro Kawamura, Keigo Sumita

Nuclear Physics B査読有り888p.194 - 2132014年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Gaussian Froggatt-Nielsen mechanism on magnetized orbifolds

Abe, Hiroyuki;Kobayashi, Tatsuo;Sumita, Keigo;Tatsuta, Yoshiyuki

Physical Review D査読有り90(10)p.105006-1 - 105006-132014年11月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1550-7998

Moduli inflation in five-dimensional supergravity models

Abe, Hiroyuki;Otsuka, Hajime

Journal of Cosmology and Astroparticle Physics査読有り14(11-027)p.0 - 312014年11月-

DOIWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:1475-7516

The 126 GeV Higgs boson mass and naturalness in (deflected) mirage mediation

Hiroyuki Abe, Junichiro Kawamura

Journal of High Energy Physics査読有り14(07-077)p.0 - 262014年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Non-Abelian discrete flavor symmetries of 10D SYM theory with magnetized extra dimensions

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki, Keigo Sumita, Yoshiyuki Tatsuta

Journal of High Energy Physics査読有り14(06-017)p.0 - 402014年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Flavor landscape of 10D SYM theory with magnetized extra dimensions

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki, Keigo Sumita, Yoshiyuki Tatsuta

Journal of High Energy Physics査読有り14(04-007)p.0 - 252014年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Phenomenological aspects of 10D SYM theory with magnetized extra dimensions

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki, Akane Oikawa, Keigo Sumita

Nuclear Physics B査読有り870(1)p.30 - 542013年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Higgs boson mass in a natural minimal supersymmetric standard model with nonuniversal gaugino masses at the grand unification theory scale

Hiroyuki Abe, Junichiro Kawamura, Hajime Otsuka

Progress of Theoretical and Experimental Physics査読有り2013(1-013B02)p.1 - 132013年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Superfield description of 10D SYM theory with magnetized extra dimensions

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki, Keigo Sumita

Nuclear Physics B査読有り863(1)p.1 - 182012年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

SUSY Flavor Structure of Generic 5D Supergravity Models

Hiroyuki Abe, Hajime Otsuka, Yutaka Sakamura, Yusuke Yamada

The European Physical Journal C査読有り72(5)p.1 - 222012年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Non-Abelian Discrete Flavor Symmetries on Orbifolds

Hiroyuki Abe, Kang-Sin Choi, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki, Manabu Sakai

International Journal of Modern Physics A査読有り26(23)p.4067 - 40822011年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Flavor structure from magnetic fluxes and non-Abelian Wilson lines

Hiroyuki Abe, Kang-Sin Choi, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki

Physical Review D査読有り81(12)p.126003-1 - 126003-142010年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Magnetic flux, Wilson line and orbifold

Hiroyuki Abe, Kang-Sin Choi, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki

Physical Review D査読有り80(12)p.126006-1 - 126006-102009年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Higher Order Couplings in Magnetized Brane Models

Hiroyuki Abe, Kang-Sin Choi, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki

Journal of High Energy Physics査読有り09(06-080)p.0 - 192009年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Non-Abelian Discrete Flavor Symmetries from Magnetized/Intersecting Brane Models

Hiroyuki Abe, Kang-Sin Choi, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki

Nuclear Physics B査読有り820(1-2)p.317 - 3332009年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Three generation magnetized orbifold models

Hiroyuki Abe, Kang-Sin Choi, Tatsuo Kobayashi, Hiroshi Ohki

Nuclear Physics B査読有り814(43102.0)p.265 - 2922009年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Flavor structure with multi moduli in 5D supergravity

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Physical Review D査読有り79(04)p.045005-1 - 045005-162009年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Duality cascade of softly broken supersymmetric theories

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki, Tatsuo Kobayashi, Kazutoshi Ohta, Yuji Omura, Haruhiko Terao

Physical Review D査読有り79(4)p.045003-1 - 045003-112009年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Moduli stabilization in 5D gauged supergravity with universal hypermultiplet and boundary superpotentials

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Nuclear Physics B査読有り796(1-2)p.224 - 2452008年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Magnetized orbifold models

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi and Hiroshi Ohki

Journal of High Energy Physics査読有り08(09-043)p.0 - 202008年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Non-perturbative moduli superpotential with positive exponents

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki, Tatsuo Kobayashi and Osamu Seto

Physical Review D査読有り78(2)p.025007-1 - 025007-82008年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Dynamically sequestered F-term uplifting in extra dimension

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki, Tatsuo Kobayashi and Yuji Omura

Journal of High Energy Physics査読有り08(04-072)p.0 - 242008年04月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Metastable supersymmetry breaking vacua from conformal dynamics

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi and Yuji Omura

Physical Review D査読有り77(6)p.065001-1 - 065001-52008年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Sequestering in models of F-term uplifting

Hiroyuki Abe

American Institute of Physics, Conference Proceedings 1078, SUSY08, the 16th International Conference on Supersymmetry and the Unification of Fundamental Interactionsp.411 - 4132008年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Off-shell dimensional reduction of 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe

素粒子論研究116(1)p.A146 - A1482008年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

R-symmetry, supersymmetry breaking and metastable vacua in global and local supersymmetric theories

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi and Yuji Omura

Journal of High Energy Physics査読有り07(11-044)p.0 - 282007年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

More about F-term uplifting

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki and Tatsuo Kobayashi

Physical Review D査読有り76(10)p.105003-1 - 105003-122007年11月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

TeV scale partial mirage unification and neutralino dark matter

Hiroyuki Abe, Yeong Gyun Kim, Tatsuo Kobayashi and Yasuhiro Shimizu

Journal of High Energy Physics査読有り07(09-107)p.0 - 162007年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Relaxed fine-tuning in models with non-universal gaugino masses

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi and Yuji Omura

Physical Review D査読有り76(1)p.015002-1 - 015002-82007年07月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Supersymmetry breaking in a warped slice with Majorana-type masses

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Journal of High Energy Physics査読有り07(03-106)p.0 - 212007年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Moduli stabilization, F-term uplifting and soft supersymmetry breaking terms

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki, Tatsuo Kobayashi and Yuji Omura

Physical Review D査読有り75(2)p.025019-1 - 025019-72007年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Roles of Z2-odd N = 1 multiplets in off-shell dimensional reduction of 5D supergravity

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Physical Review D査読有り75(2)p.025018-1 - 025018-172007年01月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

安倍 博之

素粒子論研究114(6)p.F372007年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

Supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

Hiroyuki Abe

素粒子論研究114(5)p.E138 - E1412007年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

安倍 博之

素粒子論研究114(4)p.D1042007年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

Remark on integrating out heavy moduli in flux compactification

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki and Tatsuo Kobayashi

Physical Review D査読有り74(4)p.045012-1 - 045012-82006年08月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Consistent dimensional reduction of five-dimensional off-shell supergravity

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Physical Review D査読有り73(12)p.125013-1 - 125013-132006年06月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Moduli-mixing racetrack model

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki and Tatsuo Kobayashi

Nuclear Physics B査読有り742(43103.0)p.187 - 2072006年03月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Scherk-Schwarz SUSY breaking from the viewpoint of 5D conformal supergravity

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Journal of High Energy Physics査読有り06(02-014)p.0 - 162006年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Kachru-Kallosh-Linde-Trivedi-type models with moduli-mixing superpotential

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki and Tatsuo Kobayashi

Physical Review D査読有り73(4)p.046005-1 - 046005-132006年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Patterns of supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

Hiroyuki Abe

American Institute of Physics, Conference Proceedings 903, SUSY06, the 14th International Conference on Supersymmetry and the Unification of Fundamental Interactionsp.517 - 5202006年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Effective N=1 description of 5D conformal supergravity

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

素粒子論研究112(5)p.E59 - E612006年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Dynamical radion superfield in 5D action

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Physical Review D査読有り71(10)p.105010-1 - 105010-152005年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Gauged U(1)R supergravity on orbifold

Hiroyuki Abe

American Institute of Physics, Conference Proceedings 805, Particles, strings and cosmologyp.342 - 3452005年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Fayet-Iliopoulos terms in 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe

素粒子論研究110(6)p.F67 - F692005年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Gauged U(1)R symmetries and Fayet-Iliopoulos terms in 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe and Kiwoon Choi

Journal of High Energy Physics査読有り04(12-069)p.0 - 182004年12月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Superfield description of 5D supergravity on general warped geometry

Hiroyuki Abe and Yutaka Sakamura

Journal of High Energy Physics査読有り04(10-013)p.0 - 252004年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Scherk-Schwarz supersymmetry breaking for quasi-localized matter fields and supersymmetry flavor violation

Hiroyuki Abe, Kiwoon Choi, Kwang-Sik Jeong and Ken-ichi Okumura

Journal of High Energy Physics査読有り04(09-015)p.0 - 332004年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Fayet-Iliopoulos terms in 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe, Kiwoon Choi and Ian-Woo Kim

Journal of High Energy Physics査読有り04(09-001)p.0 - 262004年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Fayet-Iliopoulos terms in 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe

Supersymmetry and unification of fundamental interactions. Proceedings, 12th International Conference, SUSY 2004, Tsukuba, Japan, June 17-23, 2004 (Edited by K. Hagiwara, J. Kanzaki, N. Okada. Tsukuba)p.813 - 8162004年-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Dynamical symmetry breaking on a brane with bulk gauge theory

Hiroyuki Abe

素粒子論研究109(1)p.A37 - A382004年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Wave-function profile and SUSY breaking in 5D model with Fayet-Iliopoulos terms

Hiroyuki Abe, Tetsutaro Higaki and Tatsuo Kobayashi

Progress of Theoretical Physics査読有り109(5)p.809 - 8302003年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Field localization in warped gauge theories

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Nobuhito Maru and Koichi Yoshioka

Physical Review D査読有り67(4)p.045019-1 - 045019-142003年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Wave-function profile and SUSY breaking in 5D model with Fayet-Iliopoulos term

安倍 博之

素粒子論研究108(1)p.A212003年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

Schwinger-Dyson 方程式を用いたbulk Yang-Mills 理論によるbrane 上での対称性の動的破れの解析

安倍 博之

素粒子論研究107(4)p.D452003年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

Schwinger-Dyson analysis of dynamical symmetry breaking on a brane with bulk Yang-Mills theory

Hiroyuki Abe and Tomohiro Inagaki

Physical Review D査読有り66(8)p.085001-1 - 085001-122002年10月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Chiral phase transition of bulk Abelian gauge theories in the Randall-Sundrum background

Hiroyuki Abe, Kenji Fukazawa and Tomohiro Inagaki

Progress of Theoretical Physics査読有り107(5)p.1047 - 10602002年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Randall-Sundrum 時空中のU(1) ゲージ理論の相構造について

安倍 博之

素粒子論研究104(4)p.D34 - D352002年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)

Fermion mass generation in extra dimensions

Hiroyuki Abe

素粒子論研究102(6)p.F125 - F1342001年-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

Dynamical fermion masses under the influence of Kaluza-Klein fermions in extra dimensions

Hiroyuki Abe, Hironori Miguchi and Taizo Muta

Modern Physics Letters A査読有り15(6)p.445 - 4542000年02月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Path-integral formulation of casimir effects in supersymmetric quantum electrodynamics

Hiroyuki Abe, Junya Hashida, Taizo Muta and Agus Purwanto

Modern Physics Letters A査読有り14(16)p.1033 - 10421999年05月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

``Dynamical fermion masses under the infuence of Kaluza-Klein fermions in Randall-Sundrum background'' in Fluctuating Paths and Fields (Editorial Board: W. Janke, A. Pelster, H.-J. Schmidt, M. Bachmann)

Hiroyuki Abe, Tomohiro Inagaki and Taizo Muta(その他)

World Scientific, Singapore2001年-

詳細

その他担当ページ数:185 - 195

講演・口頭発表等

MSSM with non-universal gaugino masses at the unification scale

Hiroyuki Abe

The first NRF-JSPS workshop in particle physics, cosmology, and gravitation招待有り2018年07月21日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Chitose

Moduli stabilization and F-term uplifting in semi-realistic magnetized orbifold models

Hiroyuki Abe

The 17th edition of the String Phenomenology Conference2018年07月04日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Warsaw

Phenomenological aspects of magnetized SYM theories in higher dimensions

Hiroyuki Abe, Tatsuo Kobayashi, Keigo Sumita and Yoshiyuki Tatsuta

20th European Meeting From the Planck Scale to the Electroweak Scale2017年05月25日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Warsaw

Phenomenological aspects of magnetized SYM theories in higher dimensions

Hiroyuki Abe

5th String Theory in the Greater Tokyo Area招待有り2016年11月28日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Tokyo

Wavefunction localization and particle physics

Hiroyuki Abe

HU-IBS Summer Institute招待有り2016年08月23日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Sapporo

Aspects of dynamical supersymmetry breaking and its mediation on magnetized tori

Hiroyuki Abe, Keigo Sumita and Tokihiro Watanabe

The 23rd International Conference on Supersymmetry and the Unification of Fundamental Interactions2015年08月25日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Tahoe

Phenomenological aspects of SYM theories on magnetized tori

Hiroyuki Abe

Workshop on geometry, extra dimensions and string phenomenology in Miyazaki招待有り2014年11月05日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:宮崎

Effective theories of magnetized D-branes and their phenomenological aspects

Hiroyuki Abe

The 21st International Conference on Supersymmetry and the Unification of Fundamental Interactions2013年08月30日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Trieste

Extra dimensions and a mass hierarchy of elementary particles

Hiroyuki Abe

The 5th GCOE International Symposium, 'Weaving Science Web beyond Particle-Matter Hierarchy'(Tohoku University Global COE program, “Weaving Science Web beyond Particle-Matter Hierarchy”)招待有り2013年03月05日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Sendai

Phenomenological aspects of multiple moduli in 5D orbifold

安倍博之,小林達夫,阪村豊

日本物理学会第64 回年次大会,立教大学(日本物理学会)2009年03月28日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Extra dimensions and a mass hierarchy of elementary particles

Hiroyuki Abe

The 1st GCOE International Symposium, 'Weaving Science Web beyond Particle-Matter Hierarchy'(Tohoku University GCOE, "Weaving Science Web beyond Particle-Matter Hierarchy")2009年03月06日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Sendai

Wave-function localization and flavor structure in supergravity

Hiroyuki Abe

The 16th Yukawa International Seminar Conference, 'Progress in Particles Physics 2008'2009年02月16日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Kyoto

Flavor issues in nonperturbative moduli stabilization

安倍博之,小林達夫,大木洋,大村雄司,阪村豊

日本物理学会2008 年秋季大会,山形大学(日本物理学会)2008年09月22日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:山形

Sequestering in models of F-term uplifting

Hiroyuki Abe

The 16th International Conference on Supersymmetry and the Unification of Fundamental Interactions2008年06月17日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Seoul

Sequestering in models of F-term uplifting

Hiroyuki Abe

The 14th International Symposium on Particles, Strings and Cosmology2008年06月03日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Waterloo

Sequestering and F-term uplifting in 5D orbifold

安倍博之,檜垣徹太郎,小林達夫,大村雄司

日本物理学会第63 回年次大会,近畿大学(日本物理学会)2008年03月26日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東大阪

Non-universal gaugino masses and MSSM fine-tuning

安倍博之,小林達夫,大村雄司

日本物理学会第62 回年次大会,北海道大学(日本物理学会)2007年09月24日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:札幌

超対称余剰次元の現象論

安倍博之,小林達夫,大村雄司

日本物理学会第62 回年次大会,北海道大学(日本物理学会)招待有り2007年09月22日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:札幌

Off-shell dimensional reduction of 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe

Summer Institute 2007, Fuji-Yoshida, Japan2007年08月06日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Fuji-Yoshida

Low energy implications of moduli-mixing nonperturbative effects in flux compactification

Hiroyuki Abe

Tenth European Meeting From the Planck Scale to the Electroweak Scale2007年06月12日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Warsaw

Low energy implications of moduli-mixing nonperturbative effects in flux compactification

Hiroyuki Abe

The 6th edition of the String Phenomenology Conference2007年06月05日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Frascati

Integrating out heavy moduli in flux compactification

安倍博之,檜垣徹太郎,小林達夫

日本物理学会2007 年春季大会,首都大学東京(日本物理学会)2007年03月26日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

安倍博之

研究会「弦理論と場の量子論における新たな進展」,京都大学基礎物理学研究所2006年09月12日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都

Supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

Hiroyuki Abe

International Workshop on Supersymmetry, Electroweak Symmetry Breaking and Particle Cosmology (Summer Institute 2006)2006年08月05日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Pohang

Supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

安倍博之

研究会「素粒子物理学の進展」,京都大学基礎物理学研究所2006年08月02日

詳細

国内会議ポスター発表開催地:京都

Patterns of supersymmetry breaking in moduli-mixing racetrack model

Hiroyuki Abe

The 14th International Conference on Supersymmetry and the Unification of Fundamental Interactions2006年06月13日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Irvine

Moduli-mixing racetrack model

安倍博之,檜垣徹太郎,小林達夫

日本物理学会第61 回年次大会,愛媛大学・松山大学(日本物理学会)2006年03月27日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:松山

N=1 description of 5D conformal supergravity

安倍博之,阪村豊

日本物理学会第2005 年秋季大会,大阪市立大学(日本物理学会)2005年09月13日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:大阪

Effective N=1 description of 5D conformal supergravity

Hiroyuki Abe

Summer Institute 2005, Fuji-Yoshida, Japan2005年08月17日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Fuji-Yoshida

Gauged U(1)R supergravity on orbifold

Hiroyuki Abe

The 11th International Symposium on Particles, Strings and Cosmology2005年06月03日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Gyeongju

Gauged supergravities on orbifold and Fayet-Iliopoulos terms

Hiroyuki Abe

APCTP Workshop on Particle Physics and Cosmology2004年10月21日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Cheju Island

Fayet-Iliopoulos terms in 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe

Summer Institute 2004, Fuji-Yoshida, Japan2004年08月17日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Fuji-Yoshida

Fayet-Iliopoulos terms in 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe

The 12th International Conference on Supersymmetry and Unification of Fundamental Interactions2004年06月22日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Tsukuba

Fayet-Iliopoulos terms in 5D orbifold supergravity

Hiroyuki Abe

The 3rd KAIST-KIAS Joint Workshop on Recent Development in Particle Physics and Cosmology2004年06月07日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Daejeon

Dynamical symmetry breaking on a brane with bulk gauge theory

Hiroyuki Abe

Summer Institute 2003, Fuji-Yoshida, Japan2003年08月14日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Fuji-Yoshida

Wave-function profile and SUSY breaking in 5D model with Fayet-Iliopoulos term

安倍博之,檜垣徹太郎,小林達夫

‘Extra dimmensions とBrane world —素粒子理論, 現象論, 宇宙論—’ 研究会2003年01月07日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都

Schwinger-Dyson 方程式を用いたbulk Yang-Mills 理論によるbrane 上での対称性の動的破れの解析

安倍博之,稲垣知宏

日本物理学会第2002 年秋季大会,立教大学(日本物理学会)2002年09月15日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Schwinger-Dyson 方程式を用いたbulk Yang-Mills 理論によるbrane 上での対称性の動的破れの解析

安倍博之

研究会「素粒子物理学の進展」,京都大学基礎物理学研究所2002年07月10日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都

バルクゲージ理論によるブレイン上でのカイラル相転移について

安倍博之,稲垣知宏,深澤謙次

日本物理学会第57 回年次大会,立命館大学(日本物理学会)2002年03月26日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:草津

Randall-Sundrum 時空中でのバルクアーベリアンゲージ理論のカイラル相転移について

安倍博之,稲垣知宏,深澤謙次

日本物理学会2001 年秋季大会,沖縄国際大学(日本物理学会)2001年09月25日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:宜野湾

Randall-Sundrum 時空中のU(1) ゲージ理論の相構造について

安倍博之

研究会「新世紀の素粒子像」,京都大学基礎物理学研究所2001年07月11日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都

Randall-Sundrum 時空中のゲージ理論における対称性の動的破れについて

安倍博之,稲垣知宏,大倉健作,香月保彦,深澤謙次,見口博則,向川政治,牟田泰三

日本物理学会第56 回年次大会,中央大学(日本物理学会)2001年03月27日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Randall-Sundrum 時空におけるフェルミオン質量の動的生成

安倍博之,稲垣知宏,大倉健作,深澤謙次,見口博則,向川政治,牟田泰三

日本物理学会第55 回年次大会,新潟大学(日本物理学会)2000年09月24日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:新潟

Fermion mass generation in extra dimensions

Hiroyuki Abe

Post Summer Institute 2000 Workshop ‘Neutrino’2000年08月23日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Fuji-Yoshida

カルツァ・クラインフェルミオン影響下でのフェルミオンの動的質量生成

安倍博之,牟田泰三,見口博則

日本物理学会2000 年春の分科会,近畿大学(日本物理学会)2000年04月01日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東大阪

Dynamical fermion masses under the influence of Kaluza-Klein fermions in extra dimensions

安倍博之,牟田泰三,見口博則

研究会「Extra Dimension の物理」,京都大学基礎物理学研究所2000年03月02日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

高エネルギー実験と宇宙観測に基づく現実的な高次元超対称模型の探索

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥2860000

研究資金の受入れ状況

非自明なゲージ背景上の超重力・超弦理論に基づく素粒子模型の現象論2013年04月-2016年03月

代表

詳細

概要:非自明なゲージ背景上の超重力理論や超弦理論の低エネルギー有効理論として現れる、磁化された高次元超対称非可換ゲージ理論に基づく素粒子模型の現象論的性質を詳細に解析し、最新の実験観測データと整合する背景磁場の配位の同定と分類を系統的に行った。また、特に超弦理論との整合性の観点から模型自身及び解析手法に対する幾つかの拡張を提案した。これらの成果は、様々な観点から素粒子統一理論の有力候補と考えられている高次元超対称非可換ゲージ理論の現象論的側面を照らす大変興味深い結果であると同時に、超弦理論に基づく現実的な素粒子模型の構築に数多くの指針を与えるものと考えている

学内研究制度

特定課題研究

高次元超重力理論における素粒子世代構造の研究

2009年度

研究成果概要:超弦理論の予言する超対称性と余剰次元の存在に注目し、低エネルギー有効理論として得られる高次元超重力理論において、素粒子標準理論の世代構造を実現する機構を解明するという目的で研究を行った。本研究では、超弦理論から標準理論へと向かうト...超弦理論の予言する超対称性と余剰次元の存在に注目し、低エネルギー有効理論として得られる高次元超重力理論において、素粒子標準理論の世代構造を実現する機構を解明するという目的で研究を行った。本研究では、超弦理論から標準理論へと向かうトップダウン・アプローチと、逆に標準理論から超弦理論へと向かうボトムアップ・アプローチという、2つの方向から解析を行った。トップダウン・アプローチでは、超弦理論の交叉Dブレーン系に双対な記述として知られている、余剰次元に背景磁場が存在するような系を考え、磁場により引き起こされる波動関数の局在化とウィルソンラインの存在及びオービフォルド化の相乗効果が、クォーク・レプトンの質量や混合などの世代構造にどのような影響を与えるかを系統的に調べた。そして、質量行列の対称性と磁束の数及びウィルソンラインの値の関係を明らかにして、その主要な部分を論文[1]に、詳細は論文[2]に発表した。この研究成果に関して、特に富士吉田で開催されたSummer Institute 2009における共同研究者との議論は大変有意義であった。また、余剰次元に磁場を持つ超対称ゲージ理論の低エネルギー有効理論を系統的に導出する手法の開発にも重要な進展が得られた。一方のボトムアップ・アプローチでは、これまでのオービフォルド上の5次元超重力理論の解析を、物質場がモジュライ多重項の下でより一般的な電荷を持っている場合に拡張して、その低エネルギー有効理論の世代構造を同定した。

素粒子の超弦模型における世代構造の研究

2010年度

研究成果概要:超弦理論は重力を含めた素粒子の統一理論の有力候補であると考えられているが、これまでに観測されている素粒子の様々な性質をこれが完全に予言できるのかどうかは未だ分かっておらず、超弦理論の現象論的解析は重要な研究課題である。超弦理論の低...超弦理論は重力を含めた素粒子の統一理論の有力候補であると考えられているが、これまでに観測されている素粒子の様々な性質をこれが完全に予言できるのかどうかは未だ分かっておらず、超弦理論の現象論的解析は重要な研究課題である。超弦理論の低エネルギー有効理論として素粒子標準理論のようなカイラルな理論が得られるためには、低エネルギーの4次元時空で左右対称性が破れなければならない。これまでに考えられてきた素粒子の超弦模型では、このような左右非対称性を生成するメカニズムとしてオービフォルドと呼ばれる射影空間がよく用いられている。本研究ではこのような空間がもつ非可換離散対称性を素粒子世代構造の観点から分類した。これは超弦理論や高次元時空の場の理論に基づく素粒子模型における世代構造を解析する際に有用であると考えられる。これらの成果は論文[1]にまとめ学術雑誌に掲載された。また、これとは別にII型超弦理論の低エネルギー有効理論として素粒子の標準理論を再現するような超弦模型の構築において、交差するDブレーン系とその双対である磁場をもつDブレーンの系が有望であると考えられているが、後者では素粒子の世代構造を決定する湯川結合の値が有効理論の枠内で精度よく計算可能であることが知られている。本研究では、磁場をもつ超対称非可換ゲージ理論を超空間で定式化することにより、磁場をもつDブレーン系の4次元有効理論を系統的に導出する方法を考案した。これにより既知の素粒子の世代構造を再現する磁場に対して未知の超対称粒子の世代構造を同定することができるため、超弦模型の検証に有用であると考えられる。これらの成果に関しては日本物理学会2010年秋季大会で研究協力者が発表した。

超重力・超弦理論に基づく素粒子模型の現象論

2011年度

研究成果概要:互いに排他的な側面をもつ素粒子標準理論と重力理論とを統合する試みにおいて、基本構成要素を点粒子から紐に拡張して考える超弦理論は、そのような統一理論の最有力候補として盛んに研究されている。超弦理論が矛盾なく定義できるのは時空の次元が...互いに排他的な側面をもつ素粒子標準理論と重力理論とを統合する試みにおいて、基本構成要素を点粒子から紐に拡張して考える超弦理論は、そのような統一理論の最有力候補として盛んに研究されている。超弦理論が矛盾なく定義できるのは時空の次元が10の場合であり、超対称性と呼ばれる、ボーズ場とフェルミ場の入れ換えの下での不変性も要求され、その低エネルギー有効理論としては高次元時空の超重力理論や超対称ヤン・ミルズ理論が現れることが知られている。本研究では、超弦理論の予言する超対称性と余剰次元空間の存在に注目し、超重力理論や超弦理論に軸足を置いた素粒子模型の構築と、それらの現象論を系統的に解析する手法の開発に向けた研究を行った。まずボトムアップ・アプローチでは、フレーバー電荷の違いから観測されている素粒子の世代間階層構造を説明することが可能な5次元超重力理論に基づく模型を構築し、そこでの超対称性の破れの構造を精密に解析することで、今後の発見が期待されている超対称パートナー粒子の性質を明らかにした。この結果では、超重力理論でしばしば問題となる超対称スカラー粒子の不安定性やそれらの粒子が引き起こす過剰な世代間遷移の問題を回避可能なフレーバー電荷の組み合わせが存在することが示され、これは超重力理論に基づく素粒子模型の構築に対して重要な指針を与える。これらの成果に関しては International Workshop: Extra Dimensions in the Era of the LHC (12-14 December 2011, Osaka University) と日本物理学会第67回年次大会において研究協力者が発表を行った。また、成果をまとめた論文[1]は学術雑誌に掲載された。一方、トップダウン・アプローチでは、10次元超対称ヤン・ミルズ理論の余剰次元に磁束が存在するような場合に、作用を4次元時空の超対称性の言葉で書き表した後に次元縮減を行うことを提案し、これに基づき4次元有効理論を系統的に導出する手法の開発を行った。背景磁場が存在する場合の様々なDブレーン配位に対する低エネルギー有効理論の導出にこの手法を応用することが可能であると考えられるため、超弦理論に基づく素粒子模型の構築とその現象論的解析に有用である。これらの成果に関しては、日本物理学会2011年秋季大会・第67回年次大会において研究協力者が発表を行った。また、成果をまとめた論文[2]は学術雑誌に掲載された。

超重力・超弦理論に基づく素粒子模型の現象論

2012年度

研究成果概要:磁場を持つ6次元トーラス上にコンパクト化された10次元超対称ゲージ理論のゼロモードの一部を素粒子標準理論の粒子群に同定した場合には、物質粒子の世代数が磁束の本数で決まり、更にはこれら物質場の波動関数が磁場の効果で余剰次元空間に局在...磁場を持つ6次元トーラス上にコンパクト化された10次元超対称ゲージ理論のゼロモードの一部を素粒子標準理論の粒子群に同定した場合には、物質粒子の世代数が磁束の本数で決まり、更にはこれら物質場の波動関数が磁場の効果で余剰次元空間に局在するため、4次元有効理論における湯川結合定数の階層構造が生じる。このような機構に基づき、本研究では観測されている素粒子の質量固有値や混合値の階層性を再現するような磁場とウィルソンラインの値を同定し、更にそれらの下での素粒子現象論を解析した。超対称性を局所化した場合には余剰次元の幾何学的構造を司る力学的自由度はモジュライと呼ばれる超対称多重項として有効理論に現れるが、ここでは特にモジュライが伝達する超対称性の破れの大きさに対して実験から強い制限がかけられることを示した。これは超弦理論に基づく素粒子模型の構築に重要な指針を与える結果として論文[1]に発表し学術雑誌に掲載されると共に、日本物理学会では研究協力者によりこれらの成果に関する発表が行われた。また、2012年初夏に大型ハドロン衝突型加速器(LHC)においてヒッグス粒子とみられる新粒子が発見されその質量が同定されたが、これが実際にヒッグス粒子である場合には最小超対称標準理論のパラメターに対して厳しい制限が加えられることになる。LHCで未だ超対称粒子が発見されていないという事実からこれらの粒子の質量は電弱スケールよりもかなり大きくなければならないが、このような状況で観測されたヒッグス粒子の質量を再現するためには多くの場合パラメターの微調整が必要になる。本研究ではゲージ粒子の超対称パートナーの質量比に対するこれらの制限を精密に解析し、パラメターの微調整なしにヒッグス粒子の質量値が再現できるパラメター領域を同定した。これは背後にあるより基本的な理論を考える上で大変重要な指針となる。これらの成果は論文[2]として発表し学術雑誌に掲載された。

高エネルギー実験と宇宙観測に基づく現実的な高次元超対称模型の探索

2019年度共同研究者:小林達夫, 阪村豊, 青木俊太朗, 今井颯亮, 竹本賢太

研究成果概要:素粒子統一理論の有力候補とされる高次元超対称理論に基づき、物質場の現実的なスペクトラムの生成と、現象論的に要請される超対称性の自発的破れを伴う余剰次元の安定化を、単一の枠組みで実現可能な理論のパラメータ領域の絞り込みを行った。この...素粒子統一理論の有力候補とされる高次元超対称理論に基づき、物質場の現実的なスペクトラムの生成と、現象論的に要請される超対称性の自発的破れを伴う余剰次元の安定化を、単一の枠組みで実現可能な理論のパラメータ領域の絞り込みを行った。このような領域ではヒッグスボソンにも非自明な世代構造が現れる傾向があり、これが高エネルギー実験に及ぼす影響についても考察した。さらに、高次元超対称模型の4次元有効理論は必然的に、拡張された超対称性をもつことが知られており、本研究では通常の2倍の超電荷をもつN=2拡張超対称理論における超対称性の破れの構造を調べた。以上の成果をもとに、同模型が持つパラメータの許容領域を更に絞っていくことで、素粒子統一理論の探求に向けた強い指針が得られると期待している。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
理工学基礎実験1A IIIブロック基幹理工学部2020春学期
理工学基礎実験1A IIIブロック創造理工学部2020春学期
理工学基礎実験1A IIIブロック先進理工学部2020春学期
理工学基礎実験1B IIIブロック基幹理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B IIIブロック創造理工学部2020秋学期
理工学基礎実験1B IIIブロック先進理工学部2020秋学期
力学A 物理・応物(2)先進理工学部2020春学期
力学B 物理・応物(2)先進理工学部2020秋学期
物理入門 (応物)先進理工学部2020春学期
物理入門 (物理)先進理工学部2020春学期
物理入門 (応物) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
物理入門 (物理) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020春学期
応用物理学実験B先進理工学部2020通年
物理実験B先進理工学部2020通年
応用物理学実験B 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020通年
物理実験B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020通年
卒業研究先進理工学部2020通年
卒業研究【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020通年
量子力学C先進理工学部2020秋学期
量子力学C先進理工学部2020秋学期
量子力学C  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
量子力学C  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020秋学期
応用物理学演習先進理工学部2020通年
物理学演習B先進理工学部2020通年
応用物理学演習  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020通年
物理学演習B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020通年
卒業研究先進理工学部2020通年
卒業研究  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2020通年
Graduation Thesis A (Physics)先進理工学部2020秋学期
Graduation Thesis A (Physics) [S Grade]先進理工学部2020秋学期
Graduation Thesis A (Applied Physics)先進理工学部2020秋学期
Graduation Thesis A (Applied Physics) [S Grade]先進理工学部2020秋学期
Graduation Thesis B (Physics)先進理工学部2020春学期
Graduation Thesis B (Physics) [S Grade]先進理工学部2020春学期
Graduation Thesis B (Applied Physics)先進理工学部2020春学期
Graduation Thesis B (Applied Physics) [S Grade]先進理工学部2020春学期
Current Topics in Physics先進理工学部2020秋学期
Current Topics in Physics先進理工学部2020秋学期
Current Topics in Physics先進理工学部2020秋学期
Current Topics in Physics [S Grade]先進理工学部2020秋学期
Quantum Mechanics B先進理工学部2020秋学期
Quantum Mechanics B先進理工学部2020秋学期
量子力学概説大学院基幹理工学研究科2020通年
量子力学概説大学院創造理工学研究科2020通年
量子力学概説大学院先進理工学研究科2020通年
修士論文(物理応物)大学院先進理工学研究科2020通年
Research on Theoretical Particle Physics大学院先進理工学研究科2020通年
素粒子理論研究大学院先進理工学研究科2020通年
Advanced Quantum Mechanics A大学院先進理工学研究科2020春学期
量子力学特論A大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Theoretical Particle Physics C大学院先進理工学研究科2020春学期
素粒子理論演習C大学院先進理工学研究科2020春学期
Seminar on Theoretical Particle Physics D大学院先進理工学研究科2020秋学期
素粒子理論演習D大学院先進理工学研究科2020秋学期
Master's Thesis (Department of Pure and Applied Physics)大学院先進理工学研究科2020通年
素粒子理論研究大学院先進理工学研究科2020通年
物理学及応用物理学海外特別演習A大学院先進理工学研究科2020通年
物理学及応用物理学海外特別演習B大学院先進理工学研究科2020通年
物理学及応用物理学海外特別演習C大学院先進理工学研究科2020通年
物理学及応用物理学海外特別演習D大学院先進理工学研究科2020通年