氏名

サカモト タツヤ

坂本 達哉

David Hume and Adam Smith: A Japanese Perspective

職名

教授(任期付)

所属

(政治経済学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
saka@aoni.waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8050東京都 新宿区 西早稲田1-61 早稲田大学政治経済学術院

学歴・学位

学歴

1975年-1979年 慶應義塾大学 経済学部
1979年-1981年 慶應義塾大学大学院 経済学研究科修士課程
1981年-1984年 慶應義塾大学大学院 経済学研究科博士課程

学位

博士(経済学)

経歴

1982年-1989年慶應義塾大学経済学部助手
1984年-1986年グラスゴウ大学経済学科日本学術振興会海外特別研究員
1989年-1996年慶應義塾大学経済学部助教授
1996年-2019年慶應義塾大学経済学部教授
1997年-1998年ボストン大学哲学科訪問研究員
2005年05月-2009年05月学校法人 慶應義塾常任理事
2012年-2012年ケンブリッジ大学ダウニング・カレッジ客員フェロー
2019年04月-早稲田大学政治経済学術院教授(任期付)
2019年04月-慶應義塾大学名誉教授

所属学協会

経済学史学会 常任幹事・幹事

社会思想史学会 代表幹事(2016-2019)

日本イギリス哲学会 会長(2014-2016)

The Hume Society

The Eighteenth-Century Scottish Studies Society

委員歴・役員歴(学外)

2004年-2011年日本私立大学連盟国際交流委員会委員
2009年-2012年文部科学省中央教育審議会専門委員
2009年-2011年The World Economic ForumGlobal Agenda Council on Diversity & Talent
2012年-2020年学校法人常磐大学評議員会委員
2015年-2017年大学評価・学位授与機構国立大学評価委員会

受賞

義塾賞

1996年授与機関:慶應義塾大学

サントリー学芸賞

1996年授与機関:サントリー文化財団

日本学士院賞

2001年授与機関:日本学士院

研究分野

キーワード

社会思想史 経済思想史 経済学史 ヒューム スコットランド啓蒙思想

論文

Review of Dennis Rasmussen’s The Infidel and the Professor: David Hume, Adam Smith, and the Friendship that Shaped Modern Thought

Tatsuya Sakamoto

The Journal of the History of Economic Thought2019年09月-

アダム・スミスと福沢諭吉――<共感>と<独立自尊>のあいだ

坂本達哉

福沢諭吉年鑑招待有り44p.115 - 1322017年12月-

会長講演――イギリス思想史におけるヒューム

坂本達哉

イギリス哲学研究招待有り39p.5 - 182016年03月-

Review of the Oxford Handbook of Adam Smith

Tatsuya Sakamoto

Eighteenth-Century Scotland29p.15 - 162015年06月-

Hume's Early Memoranda and the Making of His Political Economy

Tatsuya Sakamoto

Hume Studies査読有り37(2)p.131 - 1642011年11月-

アマルティア・セン『デイヴィッド・ヒュームと倫理学の諸要求』(翻訳と解題)

坂本達哉

思想(1052)p.198 - 2132011年12月-

ヒューム社会科学における「懐疑」と「自然」

坂本達哉

思想(1052)p.45 - 612011年12月-

日本におけるイギリス思想史研究の一特質――いわゆる「市民社会」論の伝統をめぐって

坂本達哉

政治思想研究(6)p.34 - 602006年05月-

スコットランド啓蒙における学問の国と社交の国

坂本達哉

一橋大学社会科学古典資料センター年報(22)p.8 - 142002年03月-

戦後『市民社会』思想の再検討に向けて

坂本達哉

神奈川大学評論(26)p.63 - 751997年03月-

Anonymous Writings of David Hume

Tatsuya Sakamoto

Journal of the History of Philosophy査読有り28(2)p.271 - 2821990年07月-

「啓蒙」思想史としての「社会思想史」

坂本達哉

社会思想史研究査読有り招待有り(44)p.18 - 362020年09月-2020年09月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:978-4-86578-283-7

書籍等出版物

社会思想の歴史――マキアヴェリからロールズまで

坂本達哉(単著)

名古屋大学出版会2014年-

ヒューム 希望の懐疑主義――ある社会科学の誕生

坂本達哉(単著)

慶應義塾大学出版会2011年-

ヒュームの文明社会――勤労・知識・自由

坂本達哉(単著)

創文社1995年-

社会思想史事典

社会思想史学会(共編著)

丸善出版-2019年

The Diffusion of Western Economic Ideas in East Asia

Malcolm Warner(共著)

Routledge2017年-

詳細

担当ページ数:Chap. 16 “Adam Smith’s Sympathy in Modern Japanese Perspectives”

やさしい行動経済学

(共著)

日本経済新聞社2017年-

詳細

担当ページ数:第1章「日本人は競争が嫌い?」

The Adam Smith Review Vol. 9

Fonna Forman(共著)

Routledge2016年-

詳細

担当ページ数:pp. 127–144; “Smith’s Dialogue with Rousseau and Hume: Yoshihiko Uchida and the birth of The Wealth of Nations”

The Oxford Handbook of Hume

Paul Russell(共著)

Oxford University Press2016年-

詳細

担当ページ数:Chap.28 “Hume’s Philosophical Economics”

徳・商業・文明社会

坂本達哉・長尾伸一

京都大学学術出版会2015年-

詳細

担当ページ数:編者後書き

The Mizuta library of rare books in the history of European social thought : a catalogue of the collection held at Nagoya University Library

Hiroshi Mizuta, Eriko Nakai and Tatsuya Sakamoto(共著)

Edition Synapse & Routledge2014年-

詳細

担当ページ数:Preface

古典から読み解く経済思想

経済学史学会(共著)

ミネルヴァ書房2012年-

詳細

担当ページ数:第3部4章

回想 小林昇

竹本洋・服部正治(共著)

日本経済評論社2011年-

詳細

担当ページ数:第2章「小林昇における学史と思想史の試行錯誤的往反をめぐって」

高橋誠一郎 人と学問

塩澤修平(共著)

慶應義塾大学出版会2010年-

詳細

担当ページ数:第5章「社会思想史家としての高橋誠一郎」

経済学の源流――欧米諸都市が育んだ100の古典

坂本達哉(単著)

2010年-

A Companion to Hume

Elizabeth Radcliffe(共著)

Blackwell Publishing2006年-

詳細

担当ページ数:Chap. 20, “Hume’s Economic Theory”

黎明期の経済学

坂本達哉(編著)

日本経済評論社2005年-

詳細

担当ページ数:pp.i-v,213-260

ヒューム読本

中斎敏郎(共著)

法政大学出版局2005年-

詳細

担当ページ数:pp.230-253

The Rise of Political Economy in the Scottish Enlightenment

Tatsuya Sakamoto and Hideo Tanaka(共編著)

Routledge2003年-

詳細

担当ページ数:Chap.6 "Hume's Political Economy as a System of Manners"

哲学・思想翻訳語事典

柴田 隆行・石塚 正英(共著)

論創社2003年-

詳細

担当ページ数:項目「共感/同感」

自由と秩序の経済思想史

高哲男(共著)

名古屋大学出版会2002年-

詳細

担当ページ数:pp.13-34

アダム・スミスを語る

(共著)

ミネルヴァ書房1993年-

詳細

担当ページ数:pp.1-28,41-123

David Hume and Adam Smith: A Japanese Perspective

Tatsuya Sakamoto(単著)

Edition Synapse (Japan) and Routledge (UK and USA)2020年 09月-2020年 09月

詳細

単行本(学術書)総ページ数:xxi+297ISBN:978-4-86166-221-8

講演・口頭発表等

内田義彦『経済学の生誕』の生誕――市民社会の「正義」をもとめて

坂本達哉

経済学史学会第82回全国大会(経済学史学会)招待有り2018年06月03日

詳細

開催地:東京大学経済学部

私のヒューム研究と日本の社会思想史研究

坂本達哉

第8回名古屋大学高等研究院レクチャー「近代を問う東アジア」(名古屋大学高等研究院)招待有り2013年01月

詳細

開催地:名古屋大学

“What was important about Adam Smith?: The Case of Yoshihiko Uchida’s The Birth of Economic Science”

Tatsuya Sakamoto

Adam Smith in International Contexts: An Adam Smith Workshop(Academia Sinica)招待有り2012年12月

詳細

国際会議開催地:Taipei, Taiwan

いまなぜヒュームかーイギリス哲学における利己心と利他心

坂本達哉

日本イギリス哲学会第35回研究大会2011年03月

詳細

国内会議開催地:京都大学

The Legacy of Fukuzawa and the Future of Keio

Tatsuya Sakamoto

(British Library. Keio University)招待有り2009年11月

詳細

口頭発表(招待・特別)開催地:The British Library

Impact of the Global Financial Crisis on International Higher Education in Japan

Tatsuya Sakamoto

Annual Conference of the APRU(Asociation of Pacific Rim Universities)(APRU)2009年03月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:University of Melbourne

Quality Access in Japanese Higher Education and Its Challenges

Tatsuya Sakamoto

招待有り2008年10月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:OECD, Paris

私悪は公益?-日本におけるイギリス思想史研究の一特質

坂本達哉

2005年度政治思想学会研究会(政治思想学会)招待有り2005年05月

Hume as a Social Scientist

Tatsuya Sakamoto

The 30th Hume Society Conference招待有り2003年07月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:University of Nevada

Hume's Early Memoranda and the Shaping of His Political Economy

Tatsuya Sakamoto

The Conference on David Hume's Political Economy招待有り2003年05月

詳細

開催地:Barnard College, Columbia University

Genesis of David Hume's Political Economy as a System of Manners

Tatsuya Sakamoto

The 6th Conference of the European Society for the History of Economic Thought2002年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:University of Crete

ヒュームにおける文明社会と政治

坂本達哉

日本政治学会99年度研究会招待有り1999年10月

Radicalism and Moderation in Francis Hutcheson's Social Theory

Tatsuya Sakamoto

The Tenth International Congress on the Enlightenment1999年07月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:University College Cork, Ireland

ヒュームにおける文明社会の危機と名誉革命体制の危機

坂本達哉

経済学史学会第59回大会招待有り1995年10月

一八世紀における所有と自由

坂本達哉

日本イギリス哲学会第15回研究大会1991年03月

詳細

シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

名誉革命体制をめぐるヒュームとウォーレス

坂本達哉

社会思想史学会第12回大会1987年10月

詳細

シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:日本

社会思想と社会思想史のあいだ

坂本達哉

社会思想史学会第44回大会(社会思想史学会)招待有り2019年10月26日

詳細

国内会議口頭発表(基調)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
アカデミックリテラシー演習(経済思想史入門) 01政治経済学部2020春学期
経済学史I 01政治経済学部2020春学期
経済学史II 01政治経済学部2020秋学期
経済学研究(経済思想の古典を読む) 01政治経済学部2020秋学期
国際政治経済研究(経済思想の古典を読む) 01政治経済学部2020秋学期
History of Economic Thought I 01政治経済学部2020秋学期
History of Economic Thought II 01政治経済学部2020春学期
経済学史(坂本達哉)大学院経済学研究科2020春学期
思想史としての経済学史(坂本達哉)大学院経済学研究科2020秋学期
経済学史研究指導A(坂本達哉)大学院経済学研究科2020春学期
経済学史研究指導B(坂本達哉)大学院経済学研究科2020秋学期
経済学史研究指導(演習)A(坂本達哉)大学院経済学研究科2020春学期
経済学史研究指導(演習)B(坂本達哉)大学院経済学研究科2020秋学期