氏名

カネオカ コウジ

金岡 恒治

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0213026/)

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kaneoka@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.waseda.jp/sem-kaneoka/

研究者番号
80323294

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学歴・学位

学位

博士(医学) 課程 筑波大学 整形外科学

経歴

2000年-筑波大学 臨床医学系 講師
2004年-国立大学法人 筑波大学大学院人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻 講師
2007年-早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授
2012年-早稲田大学スポーツ科学学術院 教授

所属学協会

日本整形外科学会

日本整形外科スポーツ医学会

日本臨床スポーツ医学会

日本臨床バイオメカニクス学会

日本脊椎脊髄病学会

水と健康医学研究会

日本体力医学会

Orthopaedic Research Society

委員歴・役員歴(学外)

(公財)日本水泳連盟 理事 医事委員長
(財)日本スポーツ協会スポーツ医・科学専門委員会 委員 
(財)日本スポーツ協会アスレティックトレーナー部会員
(財)日本オリンピック委員会強化スタッフ・スポーツドクター
(財)日本オリンピック委員会選手強化本部・情報・医・科学専門部会 医学サポート部門メンバー
(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会アドバイザー
(独行)日本スポーツ振興センタースポーツ事故防止対策協議会
(一社)日本身体機能研究会代表理事

取材ガイド

カテゴリー
医歯薬学
専門分野
腰痛の運動療法、スポーツ整形外科、運動器障害の発生メカニズム解明
キーワード
体幹深部筋、アスレティックリハビリテーション

研究分野

キーワード

腰痛、脊椎の外傷、スポーツ障害、水泳、椎間板変性、インパクトバイオメカ

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

医歯薬学 / 外科系臨床医学 / 整形外科学

研究シーズ

研究テーマ履歴

2017年-2020年運動器障害に対するアスレティックリハビリテーション方法の開発

個人研究

2010年-2012年競技スポーツ選手の腰部障害発生機序解明と予防策の考案

研究テーマのキーワード:椎間板変性、腰痛、競技スポーツ、体幹筋

国内共同研究

2011年-2011年学校プールでの安全な飛び込み方法の解明

研究テーマのキーワード:頚椎損傷、水泳、飛び込み事故、安全

個人研究

2007年-2009年競技スポーツ選手の腰椎椎間板変性要因の解明と予防策の立案

研究テーマのキーワード:椎間板変性、腰痛、競技スポーツ、体幹筋

国内共同研究

2006年-2007年腰椎ローカル筋群の腰椎安定化に及ぼす影響

研究テーマのキーワード:腰痛、腰椎安定性、腰椎ローカル筋

個人研究

2005年-2006年微少重力環境における脊椎挙動解析 (宇宙環境利用に関する公募地上研究)

研究テーマのキーワード:微小重力、脊椎挙動、腰痛

個人研究

論文

Evaluation of psoas major and quadratus lumborum recruitment using difuusion-weighted imaging before and after 5 trunk exercises

Imai, Atsushi; Okubo, Yu; Kaneoka, Koji

Journal of Orthopaedic and Sports Physical Therapy47(2)p.108 - 1142017年02月-2017年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01906011

概要:© 2017 Journal of Orthopaedic & Sports Physical Therapy.STUDY DESIGN: Controlled laboratory study, with a pretest-posttest design. BACKGROUND: Diffusion-weighted imaging is a noninvasive magnetic resonance imaging technique that can be used to assess the recruitment of the psoas major (PM) and quadratus lumborum (QL). The recruitment of these muscles during trunk exercises has not been evaluated. OBJECTIVE: To evaluate the diffusion of water movement in several trunk muscles using diffusion-weighted imaging before and after specifc trunk exercises and thereby to understand the level of recruitment of each muscle during each exercise. METHODS: Nine healthy male participants performed the right side bridge, knee raise, and 3 front bridges, including the hand-knee, elbow-knee, and elbow-toe bridges. Diffusion-weighted imaging was performed before and after each exercise. After scanning, the apparent diffusion coefcient (ADC) map was constructed, and ADC values of the rectus abdominis, lateral abdominal muscles, QL, PM, and back muscles were calculated. RESULTS: The right PM following the elbow-toe bridge demonstrated the largest increase in ADC values, a change signifcantly greater than that demonstrated by the hand-knee bridge (P<.001) and side bridge (P =.002) exercises. The ADC change in the right QL following the side bridge exercise was signifcantly larger than that of other exercises (P<.008). CONCLUSION: Of the 5 exercises investigated, the elbow-toe bridge and side bridge exercises elicit the greatest recruitment of the PM and QL, respectively.

寛骨傾斜介入による寛骨傾斜角の変化と足圧偏位の関係性の検討

手塚 武士;成田 崇矢;今井 厚;小野田 圭祐;北原 悠貴;宮尾 貴裕;金岡 恒治

理学療法学Supplement2016(0)2017年-2017年

CiNii

詳細

概要:

【はじめに,目的】

腰痛の原因の1つに仙腸関節由来の腰痛があるが,その診断方法は確立されておらず,MRI,CTでも特異的な画像所見が得られないため,見逃される例が多い。仙腸関節は,仙骨が両寛骨間を矢状面において回旋する前屈,後屈挙動を有している。先行研究において寛骨の傾斜が重心動揺面積や重心位置に影響を与える事が報告されている。しかし,寛骨の傾斜と重心偏位の関係性は明らかにされていない。寛骨傾斜の方向と重心偏位の関係性が明らかとなると,仙腸関節運動評価の一助になりうると考える。本研究は,寛骨を傾斜させる介入により寛骨傾斜角と重心(足圧)にどのような影響を与えるのか明らかにすることを目的とした。

【方法】

対象は,健常男性5名(平均年齢24.0±1.7歳)とした。

重心は,重心動揺計グラビコーダGR-31を2つ使用し,各重心動揺計に片脚ずつ乗せた両脚立位にて,左右の足圧を測定した。(重心動揺計は足圧中心を算出するため,重心を足圧と表記する)

寛骨傾斜誘導方法は,膝関節抵抗運動により生じる寛骨の代償運動を利用した。

寛骨前方傾斜(前傾)は,被検者を腹臥位とし,膝関節最大伸展位から90度まで屈曲する運動に対して徒手的抵抗運動を10回行わせた。寛骨後方傾斜(後傾)は,床に足底がつかない状態の端座位とし,膝関節90度から最大伸展位まで伸展する運動に対して徒手的抵抗運動を10回行わせた。

プロトコールは,足圧測定,右側寛骨後傾誘導介入,足圧測定,左側寛骨前傾誘導介入,足圧測定の順で実施した。足圧測定時に,上前腸骨棘,上後腸骨棘にマーカーを貼付け,矢状面から静止画撮影をした。静止画をもとに,画像解析ソフトimageJを用い,寛骨傾斜角を測定した。なお,寛骨傾斜角は,上前腸骨棘と上後腸骨棘を結ぶ線と床への垂線がなす角とした。

寛骨誘導介入前後の寛骨傾斜,足圧偏移の変化量の比較をt検定にて行った。有意水準は5%未満とした。

【結果】

寛骨傾斜角は,開始肢位の寛骨傾斜角を基準とし,正の変化を前傾,負の変化を後傾とした。左寛骨は前傾誘導介入により,92.65°から95.11°と2.46°前傾し,有意差を認めた。右寛骨は後傾誘導介入により,95.09°から93.91°と1.18°後傾したが,有意差を認めなかった。

足圧は,開始肢位の足圧中心を基準とし,正の変化を前方偏位,負の変化を後方偏位とした。左寛骨前傾誘導介入後は,左足圧が-2.42cmから-1.06cmと1.36cm前方偏移し,有意差を認めた。右寛骨後傾誘導介入後は,右足圧が-1.44cmから-1.6cmと0.16cm後方偏移したが,有意差を認めなかった。

【結論】

今回,介入による寛骨前傾に伴い,同側の足圧は有意な前方偏位を認めた。しかし,介入による寛骨後傾の効果は認めず,この場合,同側の足圧は偏位を認めなかった。この結果から,寛骨傾斜と足圧偏位には関係性があることが示唆された。そのため,足圧偏位の方向が仙腸関節運動を捉える一つの指標になり得ると考えた。

Calf muscle activity alteration with foot orthoses insertion during walking measured by fine-wire electromyography

Akuzawa, Hiroshi; Imai, Atsushi; Iizuka, Satoshi; Matsunaga, Naoto; Kaneoka, Koji

Journal of Physical Therapy Science28(12)p.3458 - 34622016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09155287

概要:© 2016 The Society of Physical Therapy Science. Published by IPEC Inc.[Purpose] The purpose of the study was to assess the muscle activity change of the tibialis posterior, flexor digitorum longus, and peroneus longus during gait with orthoses. [Subjects and Methods] Sixteen healthy males participated in this study. Activity of each muscle was measured by using fine-wire and surface electromyography. Gait task was performed by the participants barefoot, with footwear and with orthoses. The electromyography data from a stance phase of each gait trial were used for analysis. The stance phase was divided into contact, midstance, and propulsion phases. The data from ten participants were extracted for final analysis, as electromyography measurements were unsuccessful for the other six. [Results] The results demonstrated that orthoses significantly reduced the tibialis posterior muscle activity in the propulsion phase compared to that in the barefoot condition. Although there was a significant difference in the midstance phase, post hoc analysis did not indicate significant differences among the phases. No significant electromyography amplitude change was detected in flexor digitorum longus and peroneus longus. [Conclusion] Orthothes reduced the tibialis posterior activity level during gait. This result may be beneficial for patients with injuries related to excessive activity of tibialis posterior.

Consensus statement on the methodology of injury and illness surveillance in FINA (aquatic sports)

Mountjoy, M.; Mountjoy, M.; Mountjoy, M.; Junge, A.; Junge, A.; Alonso, J. M.; Alonso, J. M.; Clarsen, B.; Pluim, B. M.; Pluim, B. M.; Shrier, I.; Van Den Hoogenband, C.; Marks, S.; Marks, S.; Gerrard, D.; Gerrard, D.; Heyns, P.; Kaneoka, K.; Dijkstra, H. P.; Khan, K. M.; Khan, K. M.

British Journal of Sports Medicine50(10)p.590 - 5962016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

ISSN:03063674

概要:Background Injury and illness surveillance in the aquatic disciplines has been conducted during the FINA World Championships and Olympic Games. The development of an aquatic-specific injury and illness surveillance system will improve the quality of the data collected and the development of preventive measures. Our ultimate objective is to enhance aquatic athlete health and performance. Objective The objective was to refine the injury and illness surveillance protocols to develop aquatic-specific definitions of injury and illness; define aquatic-specific injury location and causation; better describe overuse injuries; regard pre-existing and recurrent injuries; more accurately define aquatic athlete exposures and develop a protocol to capture out-of-competition aquatic athlete health parameters. Methods FINA compiled an Injury and Illness Surveillance Expert Working Group comprised of international experts to review the scientific literature in the field. A consensus meeting was convened to provide an opportunity for debate, following which recommendations were collated. Results Aquatic-specific injury and illness surveillance protocols covering both the in-competition and out-ofcompetition time periods were developed. Definitions for all relevant variables were outlined, and documentation forms for athletes and for clinicians were proposed. Recommendations for the implementation of an injury and illness surveillance system for FINA are presented. Conclusion The FINA consensus authors recommend ongoing in-competition and out-of-competition surveillance to determine injury and illness trends over time. The implementation of the definitions and methodology outlined in this paper will improve the accuracy and value of injury and illness surveillance, and provide important information for injury prevention.

The effect of dynamic stretching on hamstrings flexibility with respect to the spino-pelvic rhythm

Hasebe, Kiyotaka; Hasebe, Kiyotaka; Okubo, Yu; Kaneoka, Koji; Takada, Kohei; Suzuki, Daisuke; Sairyo, Koichi

Journal of Medical Investigation63(1-2)p.85 - 902016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:13431420

概要:© 2016, Journal of Medical Investigation. All rights reserved.Objectives: To ascertain the dynamic stretch effects of flexibility of the hamstrings on lumbar spine and pelvic kinematics. Background: Tight hamstrings are positively correlated with low back pain. However, it is unclear how flexibility of the hamstrings affects spino-pelvic rhythm. Methods: Twelve healthy men participated in the study. The straight leg raising (SLR) angle, finger floor distance (FFD), and spino-pelvic rhythm was measured before and after the 6-week stretching protocol. The forward bending task was divided into 4 phases. The paired t-test was used to determine significant differences before and after the FFD, SLR angle, lumbar motion, and pelvic motion, and spino-pelvic rhythm in each phase (p 0.05). Results: After 6 weeks of stretching, significant improvements were seen in the FFD with maximum forward bending and in the SLR angle. Total pelvic rotation was also significantly increased in contrast to total lumbar flexion. A decreased spino-pelvic ratio was seen in the final phase. Conclusion: Dynamic stretching could change the spino-pelvic rhythm to a pelvis-dominant motion, indicating that flexible hamstrings are important for preventing low back pain.

The effect of dynamic stretching on hamstrings flexibility with respect to the spino-pelvic rhythm

Hasebe Kiyotaka;Okubo Yu;Kaneoka Koji;Takada Kohei;Suzuki Daisuke;Sairyo Koichi

The Journal of Medical Investigation63(1)p.85 - 902016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:1343-1420

概要:Objectives: To ascertain the dynamic stretch effects of flexibility of the hamstrings on lumbar spine and pelvic kinematics. Background: Tight hamstrings are positively correlated with low back pain. However, it is unclear how flexibility of the hamstrings affects spino-pelvic rhythm. Methods: Twelve healthy men participated in the study. The straight leg raising (SLR) angle, finger floor distance (FFD), and spino-pelvic rhythm was measured before and after the 6-week stretching protocol. The forward bending task was divided into 4 phases. The paired t-test was used to determine significant differences before and after the FFD, SLR angle, lumbar motion, and pelvic motion, and spino-pelvic rhythm in each phase (p<0.05). Results: After 6 weeks of stretching, significant improvements were seen in the FFD with maximum forward bending and in the SLR angle. Total pelvic rotation was also significantly increased in contrast to total lumbar flexion. A decreased spino-pelvic ratio was seen in the final phase. Conclusion: Dynamic stretching could change the spino-pelvic rhythm to a pelvis-dominant motion, indicating that flexible hamstrings are important for preventing low back pain. J. Med. Invest. 63: 85-90, February, 2016

Analysis of muscle activity during active pelvic tilting in sagittal plane

TAKAKI Sho;KANEOKA Koji;OKUBO Yu;OTSUKA Satoru;TATSUMURA Masaki;SHIINA Itsuo;MIYAKAWA Shumpei

Physical Therapy Research19(1)p.50 - 572016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

Background: Pelvic tilting is performed to improve lumbopelvic flexibility or retrain the motor control of local muscles. However, few studies investigated the activity of local muscles during pelvic tilting. Purpose: The purpose of this study was to investigate muscle activity during anterior and posterior pelvic tilting. Method: Twelve healthy males (age, 22.6 ± 1.4 years) participated. Fine-wire electrodes were inserted into the bilateral lumbar multifidus (MF) and transversus abdominis (TrA). Surface electrodes were used to record activity of the bilateral rectus abdominis, external oblique, and erector spinae (ES), and the unilateral right latissimus dorsi, gluteus maximus, semitendinosus, and rectus femoris muscles. The electromyographic activities during anterior and posterior pelvic tilting in a standing position were recorded and expressed as a percentage of the maximum voluntary contraction (%MVC) for each muscle. Results: The activities of the bilateral MF (right: 23.9 ± 15.9 %MVC, left: 23.9 ± 15.1 %MVC) and right ES (19.0 ± 13.3 %MVC) were significantly greater than those of the other muscles during anterior pelvic tilting. The activity of the left TrA (14.8 ± 16.4 %MVC) was significantly greater than that of the other muscles during posterior pelvic tilting. Conclusions: The results suggested that the MF and ES are related to anterior pelvic tilting. The activity of the TrA, which was classified as a local muscle, was greater during posterior pelvic tilting. This study indicated that local muscles such as the MF and TrA may be related to pelvic tilting.

着地動作時の後脛骨筋,長腓骨筋,中殿筋の筋活動開始時間

阿久澤 弘;金岡 恒治

理学療法学Supplement2015(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:【はじめに,目的】着地動作は多くのスポーツに含まれる動作であり,適切に遂行するために多くの筋が協調して活動している。特に後脛骨筋や,長腓骨筋,中殿筋はそれぞれ足関節周囲,股関節周囲の安定性を担っており,動作や姿勢保持に重要な役割を果たしている。姿勢保持のためにそれぞれの筋が協調的に活動し,お互いの機能を補完し合っているとの報告は散見されるが,着地動作中の筋の筋活動開始時間を比較した研究はみられない。本研究の目的は,着地動作中の後脛骨筋,長腓骨筋,中殿筋の筋活動開始時間を比較検討することである。【方法】対象は健常成人男性6名(平均年齢20.6±1.6歳)とした。除外基準は下肢に外傷や疼痛があり,着地動作を行えないものとした。実験試技は片脚着地動作として,高さ30cmの台上で右脚片脚立位をとった姿勢から,台の30cm前方に設置したフォースプレート上に飛び降り,右脚で着地するように行った。試技は5回行い,そのうち3回の成功試技を記録した。被験筋は後脛骨筋,長腓骨筋,中殿筋として着地動作中の筋活動を測定した。後脛骨筋の筋活動測定にはワイヤ筋電図を用いた。ワイヤ電極の刺入は下腿内側近位1/3の位置にて,超音波エコーで筋を描出しながら行った。長腓骨筋と中殿筋の測定は表面筋電図を用いた。筋電図のフィルタ設定はhigh pass 20Hz,low pass 500Hzとし,得られた筋活動データに対して全波整流処理を行った。一連の着地動作のうち身体が宙空にある接地200msec前から接地までの期間を解析し,各筋の筋活動開始時間をintegrated profile methodに基づいて算出した。3回の試技の平均値を各筋の筋活動開始時間として,接地の何msec前から活動を開始したか記録とした。統計解析には一元配置分散分析を使用し,post hoc testとしてBonferroni法を用いた。有意水準は5%未満とした。【結果】各筋の筋活動開始時間は,後脛骨筋が-59.7±28.6msec,長腓骨筋が-70.9±26.6msec,中殿筋が-116.8±22.7msecであった。統計解析の結果,中殿筋の筋活動開始時間は,後脛骨筋,長腓骨筋と比較して有意に早いものであった(p<0.05)。後脛骨筋と長腓骨筋の筋活動開始時間に有意差はみられなかった。【結論】本研究の結果より,着地動作において中殿筋が後脛骨筋,長腓骨筋よりも早期に活動を開始することが示された。中殿筋の機能が不十分だと片脚立位時の足圧中心偏位量が増加するとされている。また,中殿筋の疲労が起こると着地時に長腓骨筋の筋活動量が増加し,筋活動開始時間も早くなるとの報告もある。それらのことからも,身体重心に近い中殿筋から筋活動を開始し,近位部分を安定化させることで,下肢全体の安定性を向上させていると考えられる。臨床的にも,足部の安定性改善を図る場合,中殿筋などの股関節周囲筋も含めた運動が行われているが,その理論的な根拠の一つとなる結果が示唆された。

Immediate Effects of Different Trunk Exercise Programs on Jump Performance

Imai, Atsushi; Kaneoka, K.; Okubo, Y.; Shiraki, H.

International Journal of Sports Medicine37(3)p.197 - 2012015年12月-2015年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01724622

概要:© Georg Thieme Verlag KG.The aim of this study was to investigate the immediate effects of trunk stabilization exercise (SE) and conventional trunk exercise (CE) programs on jump performance. 13 adolescent male soccer players performed 2 kinds of jump testing before and immediate after 3 experimental conditions: SE, CE, and non-exercise (NE). The SE program consisted of the elbow-toe, hand-knee, and back bridge, and the CE program consisted of the sit-up, sit-up with trunk rotation and back extension. Testing of a countermovement jump (CMJ) and rebound jump (RJ) were performed to assess jump performance. Jump height of the CMJ and RJ-index, contact time, and jump height of the RJ were analyzed. The RJ index was improved significantly only after SE (p=0.017). However, contact time and jump height did not improve significantly in the SE condition. Moreover, no significant interaction or main effects of time or group were observed in the CMJ. Consequently, this study showed the different immediate effect on the RJ between the SE and CE, and suggested the possibility that the SE used in this study is useful as a warm-up program to improve the explosive movements.

Noninvasive Evaluation of Trunk Muscle Recruitment after Trunk Exercises using Diffusion-weighted MR Imaging

Yanagisawai, Osamu;Matsunaga, Naoto;Oicubo, Yu;Kaneoka, Koji

MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES14(3)p.173 - 1812015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:1347-3182

飛込競技における入水姿勢:-前方回転,後方回転の入水姿勢の違い-

手塚 武士;成田 崇矢;谷口 徹;野村 孝路;金岡 恒治

水泳水中運動科学17(1)p.12 - 152015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1880-6937

水中大股歩行時の体幹・下肢筋活動(平成24年度研究助成報告書)

大久保 雄;金岡 恒治;神舘 盛充;原 有美;遠藤 光平

理学療法学41(2)p.88 - 892014年04月-2014年04月 

CiNii

詳細

ISSN:02893770

概要:様々な運動器疾患に対し水中運動療法が行われている中で,水中大股歩行が近年注目され実施されている。そこで本研究では,大股歩行を水中と陸上で行った際の体幹・下肢筋活動を測定し,水中大股歩行の有効性を検討した。健常男性6名に対し,水中および陸上で大股歩行を行わせた際の筋電図および画像データを収集した。1歩行周期を立脚期,遊脚期,二重支持期にphase分けし,各phaseにおける筋活動量を比較した。その結果,歩行周期全体を通して,体幹・下肢の筋活動量は水中大股歩行で有意に小さかった。特に,水中大股歩行において,脊柱起立筋および大腿二頭筋は二重支持期で,大腿直筋は遠心性収縮の活動様式である遊脚後期で活動量が有意に小さかった。本結果より,水中歩行は陸上歩行よりも筋活動量が少なくなり,荷重負荷とともに筋への負荷が少ない運動であることが示唆された。

Critical factors for the prevention of low back pain in elite junior divers

Narita, Takaya;Kaneoka, Koji;Takemura, Masahiro;Sakata, Yoshihiro;Nomura, Takamichi;Miyakawa, Shumpei

BRITISH JOURNAL OF SPORTS MEDICINE48(11)2014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0306-3674

Trunk muscle activity with different sitting postures and pelvic inclination

Watanabe, Masahiro;Kaneoka, Koji;Wada, Yusuke;Matsui, Yasushi;Miyakawa, Shumpei

JOURNAL OF BACK AND MUSCULOSKELETAL REHABILITATION27(4)p.531 - 5362014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1053-8127

Lumbar intervertebral disc degeneration in collegiate rowers

Sekine Chie;Hirayama Kuniaki;Yanagisawa Osamu;Okubo Yu;Hangai Mika;Imai Atsushi;Kaneoka Koji

The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine3(5)p.525 - 5302014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:2186-8131

概要:The aim of this study was to clarify the prevalence and distribution of disc degeneration in collegiate rowers and investigate the relationship between disc degeneration progression and low back pain (LBP). In this cross-sectional study, 68 collegiate rowers were evaluated for lumbar disc degeneration using the Pfirrmann classification based on T2-weighted magnetic resonance imaging (MRI). After 2 years, 20 participants underwent follow-up MRI. Injury surveillance to check LBP was conducted between the first examination and follow-up study. The relationship between symptoms and disc degeneration was investigated. Thirty-one (45.6%) rowers had disc degeneration: 48.8% of male rowers and 40.0% of female rowers. After 2 years, disc degeneration progression was observed in 5 (25%) rowers. During the 2 years, 6 rowers reported LBP. In the LBP group, disc degeneration progression was observed in 4 (66.7%) rowers. Significantly more participants in the LBP group than in the non-LBP group (7.1%) (p = 0.014) showed disc degeneration progression. The prevalence of disc degeneration among collegiate rowers was 45.6%, high at the level of the lower lumbar spine. Progression of lumbar disc degeneration was observed in significantly more LBP than non-LBP rowers during the longitudinal study.

Effects of two types of trunk exercises on balance and athletic performance in youth soccer players.

Imai Atsushi;Kaneoka Koji;Okubo Yu;Shiraki Hitoshi

Effects of two types of trunk exercises on balance and athletic performance in youth soccer players.9(1)2014年-2014年

詳細

ISSN:2159-2896

概要:PURPOSE/BACKGROUND:Many athletes perform trunk stabilization exercises (SE) and conventional trunk exercises (CE) to enhance trunk stability and strength. However, evidence regarding the specific training effects of SE and CE is lacking and there have been no studies for youth athletes. Therefore, the purpose of this study was to investigate the training effects of SE and CE on balance and athletic performance in youth soccer players.;METHODS:Twenty-seven male youth soccer players were assigned randomly to either an SE group (n = 13) or CE group (n = 14). Data from nineteen players who completed all training sessions were used for statistical analyses (SE, n = 10; CE, n = 9). Before and after the 12-week intervention program, pre- and post-testing comprised of a static balance test, Star Excursion Balance Test (SEBT), Cooper's test, sprint, the Step 50, vertical jump, and rebound jump were performed. After pre-testing, players performed the SE or CE program three times per week for 12 weeks. A two-way repeated-measures ANOVA was used to assess the changes over time, and differences between the groups. Within-group changes from pre-testing to post-testing were determined using paired t-tests. Statistical significance was inferred from p < 0.05.;RESULTS:There were significant group-by-time interactions for posterolateral (p = 0.022) and posteromedial (p < 0.001) directions of the SEBT. Paired t-tests revealed significant improvements of the posterolateral and posteromedial directions in the SE group. Although other measurements did not find group-by-time interactions, within-group changes were detected indicating significant improvements in the static balance test, Cooper's test, and rebound jump in the only SE group (p < 0.05). Vertical jump and sprint were improved significantly in both groups (p < 0.05), but the Step 50 was not improved in either group (p > 0.05).;CONCLUSIONS:Results suggested that the SE has specific training effects that enhance static and dynamic balance, Cooper's test, and rebound jump.;LEVEL OF EVIDENCE:3b.

Trunk muscle activity with different sitting postures and pelvic inclination.

Watanabe Masahiro;Kaneoka Koji;Wada Yusuke;Matsui Yasushi;Miyakawa Shumpei

Trunk muscle activity with different sitting postures and pelvic inclination.27(4)2014年-2014年

DOI

詳細

ISSN:1878-6324

概要:BACKGROUND AND OBJECTIVE:Sitting posture may often place large burden on trunk muscles, while trunk muscle activities in the sitting posture have not been well clarified. In this study, a difference in trunk muscle activity between two kinds of sitting postures was evaluated, focusing on low back pain induced by posture holding.;MATERIAL AND METHODS:An experiment was conducted on the subjects sitting on a stable-seat and on an unstable-seat, with the pelvis inclined forward, backward, rightward, and leftward.;RESULTS:With the pelvis inclined forward, rightward and leftward, muscle activities were significantly increased in a stable-seat sitting posture. In contrast, no significant increase in muscle activity was observed with the pelvis inclined in every direction in an unstable-seat sitting posture.;CONCLUSIONS:With the pelvis inclined in the stable-seat sitting posture, muscle activities were imbalanced, while with the pelvis inclined in the unstable-seat sitting posture, muscle activities were not imbalanced. Thus, it is suggested that with the pelvis inclined to the maximum extent in the stable-seat sitting posture, low back pain may be induced by imbalanced muscle activities.

Comparison of the immediate effect of different types of trunk exercise on the star excursion balance test in male adolescent soccer players.

Imai Atsushi;Kaneoka Koji;Okubo Yu;Shiraki Hitoshi

Comparison of the immediate effect of different types of trunk exercise on the star excursion balance test in male adolescent soccer players.9(4)2014年-2014年

詳細

ISSN:2159-2896

概要:PURPOSE/BACKGROUND:Trunk exercises, such as trunk stabilization exercises (SE) and conventional trunk exercises (CE), are performed to improve static or dynamic balance. Recently, trunk exercises have also been often used as part of warm-up programs. A few studies have demonstrated the immediate effects of SE and CE on static balance. However, immediate effects on dynamic balance are not yet known. Therefore, the purpose of this study was to compare the immediate effect of SE with that of CE on the Star Excursion Balance Test (SEBT).;METHODS:Eleven adolescent male soccer players (17.9 ± 0.3 years, 168.5 ± 5.4 cm, and 60.1 ± 5.1 kg) participated in this study. A crossover design was used, and each participant completed three kinds of testing sessions: SE, CE, and non-exercise (NE). Experiments took place for three weeks with three testing sessions, and a 1-week interval was provided between different conditions. Each testing session consisted of three steps: pretest, intervention, and posttest. To assess dynamic balance, the SEBT score in the anterior, posteromedial, and posterolateral directions was measured before and 5 minutes after each intervention program. The data of reach distance were normalized with the leg length to exclude the influence of the leg length on the analysis.;RESULTS:The SEBT composite score was significantly improved after the SE (p < 0.05) but did not change after the CE and NE (p > 0.05). Furthermore, in the SE condition, SEBT scores of the posterolateral and posteromedial directions were significantly improved at the posttest, compared with those at the pretest (p < 0.05).;CONCLUSIONS:This study demonstrated the immediate improvements in the posteromedial and posterolateral directions of the SEBT only after the SE. This result suggests that the SE used in this study is effective in immediately improving dynamic balance.;LEVELS OF EVIDENCE:3b.

上肢挙上運動時の体幹深部筋の筋反応時間解析

和田 裕介;金岡 恒治;竹村 雅裕;山元 勇樹;渡邊 昌宏;宮川 俊平

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine21(2)p.396 - 4022013年04月-2013年04月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

ハムストリングスの伸張性が腰椎骨盤リズムに及ぼす影響

松永 直人;大久保 雄;金岡 恒治

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine21(1)p.70 - 752013年01月-2013年01月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

飛込選手の腰椎器質的変化 : 側弯に注目して

成田 崇矢;金岡 恒治;竹村 雅裕;大久保 雄;半谷 美夏;辰村 正紀;椎名 逸雄;宮川 俊平

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine21(1)p.125 - 1302013年01月-2013年01月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

剣道選手のアキレス腱断裂の予後調査

松永 直人;大久保 雄;金岡 恒治

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine21(1)p.228 - 2332013年01月-2013年01月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

Trunk muscle activity while lifting objects of unexpected weight

Watanabe, Masahiro;Kaneoka, Koji;Okubo, Yu;Shiina, Itsuo;Tatsumura, Masaki;Miyakawa, Shumpei

PHYSIOTHERAPY99(1)p.78 - 832013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0031-9406

Association Analysis of ACE and ACTN3 in Elite Caucasian and East Asian Swimmers

Wang, Guan;Mikami, Eri;Chiu, Li-Ling;De Perini, Alessandra;Deason, Michael;Fuku, Noriyuki;Miyachi, Motohiko;Kaneoka, Koji;Murakami, Haruka;Tanaka, Masashi;Hsieh, Ling-Ling;Hsieh, Sandy S.;Caporossi, Daniela;Pigozzi, Fabio;Hilley, Alan;Lee, Rob;Galloway, Stuart D. R.;Gulbin, Jason;Rogozkin, Viktor A.;Ahmetov, Ildus I.;Yang, Nan;North, Kathryn N.;Ploutarhos, Saraslanidis;Montgomery, Hugh E.;Bailey, Mark E. S.;Pitsiladis, Yannis P.

MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE45(5)p.892 - 9002013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0195-9131

Abdominal Muscle Activity During a Standing Long Jump

Okubo, Yu;Kaneoka, Koji;Shiina, Itsuo;Tatsumura, Masaki;Miyakawa, Shumpei

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC & SPORTS PHYSICAL THERAPY43(8)p.577 - 5822013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:0190-6011

体操選手における倒立時の筋活動様式

大久保 雄;金岡 恒治;田中 康久;長谷部 清貴

日本理学療法学術大会2012(0)p.48101694 - 481016942013年-2013年

CiNii

詳細

概要:【はじめに、目的】倒立は体操や飛込競技の演技で頻繁に行われる動作であり,高い点数を得るためには身体を一直線に保つ能力が必要とされる.倒立は上肢で体重を支持しながら重心をコントロールするため,立位姿勢とは異なった筋活動様式を示すと考えられる.そこで本研究では,体操選手の倒立姿勢と立位姿勢保持時の筋活動量を比較し,倒立姿勢時の筋活動様式を明らかにすることを目的とした.【方法】対象は体操競技経験10 年以上の大学男子体操選手7 名とした.マット上で直立立位および倒立姿勢を3 秒間保持させた際の筋電図を測定した.倒立姿勢は実際の演技を想定し,できる限り身体を一直線にして静止させた.被験筋は右側の腹直筋,外腹斜筋,内腹斜筋,胸部脊柱起立筋(第9 胸椎レベル),腰部脊柱起立筋(第3 腰椎レベル),大腿直筋,上腕三頭筋,広背筋であり,表面電極を貼付した.立位,倒立ともに姿勢が安定した1 秒間の筋活動量を,等尺性最大随意収縮時の活動量で正期化した%MVCを算出した.各筋において,立位と倒立時の筋活動量をWilcoxonの符号付順位検定を用いて比較した.なお,有意水準は5%とした.【倫理的配慮、説明と同意】本研究はヘルシンキ宣言に基づいた倫理的配慮の下行った。被験者には口頭にて,実験の概要,方法,研究による危険性とその対処法,自由意志による同意であること,同意を示された方でもいかなる場合においても理由を問われることなく実験への同意を撤回することができること,個人の人権を擁護することを説明し,実験参加の同意を得られた後,実験を行った.【結果】腹直筋(立位:0.3 ± 0.1%MVC,倒立:6.5 ± 4.2"%MVC),外腹斜筋(立位:1.0 ± 0.4%MVC,倒立:6.4 ± 5.1"%MVC),大腿直筋(立位:0.6 ± 0.2%MVC,倒立:3.5 ± 2.2"%MVC),上腕三頭筋(立位:0.6 ± 1.0%MVC,倒立:13.5 ± 7.0"%MVC),広背筋(立位:0.5 ± 0.4%MVC,倒立:1.9 ± 1.3"%MVC)は倒立時の活動量が立位時よりも有意に大きかった.腰部脊柱起立筋(立位:4.7 ± 3.6%MVC,倒立:1.6 ± 1.2"%MVC)は立位時の活動量が倒立時よりも有意に大きかった.内腹斜筋,胸部脊柱起立筋に有意差は認めなかった.【考察】本結果より,倒立時には腹直筋,外腹斜筋,大腿直筋,上腕三頭筋,広背筋の活動量が大きかった.倒立時には上肢で体重を支持するため手関節および肩関節のトルクが大きくなることが報告されており(Kerwin DG and Trewartha G,2001),上腕三頭筋や広背筋など上肢筋の活動量が大きくなったと考える.また,倒立姿勢の重心をコントロールするために体幹・股関節の運動制御が必要とされ,腹直筋,外腹斜筋,大腿直筋の活動量が大きくなったと考える.上級者の倒立は初心者よりも股関節伸展方向への角度変位量が少ないことが示されていることから(Gautier G et al., 2009),体幹・股関節屈筋群を活動させて,安定した倒立姿勢を維持している可能性が示唆された.一方,腰部脊柱起立筋は有意に立位で活動量が大きく,胸部脊柱起立筋も有意差は認めなかったが,立位で活動量が大きかった(立位:2.6 ± 0.8%MVC,倒立:1.7 ± 1.1"%MVC).脊柱起立筋群は立位姿勢においては抗重力筋として活動するが,倒立姿勢では抗重力作用を必要としないため活動量が減少する可能性が示唆された.以上から,体幹筋群において立位では体幹背面筋群が活動し,倒立では体幹前面筋群の活動量が大きくなる傾向を示した.今後は,重心位置やアライメントを計測し,抗重力作用と筋活動との関連を明らかにしながら,身体を一直線に維持するための倒立技術を解明する必要がある.【理学療法学研究としての意義】倒立は体操競技だけでなく様々な競技のトレーニング現場で用いられている.本研究では一流体操選手の倒立筋活動を明らかにしたことから,スポーツ現場において倒立パフォーマンスを向上させるための有用な情報になると考える.

異なる体幹エクササイズが静的バランスに及ぼす即時効果

今井 厚;金岡 恒治;大久保 雄;白木 仁

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine20(3)p.469 - 4742012年08月-2012年08月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

慢性腰痛者に対する体幹深層筋に注目した運動療法の効果 : 腹筋群の筋厚と非対称性の変化

太田 恵;金岡 恒治;半谷 美夏;小泉 圭介;村松 俊樹

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine20(1)p.72 - 782012年01月-2012年01月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

慢性腰痛者に対する体幹深層筋に注目した運動療法の効果.

太田恵, 金岡恒治, 小泉圭介, 半谷美夏, 村松俊樹.

日本臨床スポーツ医学会誌20(1)p.72 - 782012年-

Age-related changes in the thickness of the deep and superficial abdominal muscles in women

Ota, Megumi;Ikezoe, Tome;Kaneoka, Koji;Ichihashi, Noriaki

ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS55(2)p.E26 - E302012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0167-4943

腰椎 Stabilization Exercise 時の四肢挙上による体幹筋活動変化

大久保 雄;金岡 恒治;今井 厚;椎名 逸雄;辰村 正紀;泉 重樹;宮川 俊平

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine19(1)p.94 - 1012011年01月-2011年01月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

水泳

半谷美夏,金岡恒治

新版スポーツ整形外科学 南江堂p.407 - 4122011年-

Differences in abdominal muscle thicknesses between chronic low back pain patients and healthy subjects.

Ota M, Kaneoka K.

J Phys Ther Sci23(6)p.855 - 8582011年-

競泳選手に生じた有痛性三角骨の3例

臨床スポーツ医学28(10)p.1195 - 11982011年-

Effectiveness of lumbar stabilization exercises for reducing chronic low back pain and improving quality-of-life

Megumi OTA, Koji KANEOKA, Mika HANGAI, Kei MIYAMOTO, Keisuke KOIZUMI, Toshiki MURAMATSU

J Phys Ther Sci2(4)p.679 - 6812011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0915-5287

Electromyographic Analysis of Transversus Abdominis and Lumbar Multifidus Using Wire Electrodes During Lumbar Stabilization Exercises.

Yu Okubo, Koji Kaneoka, Atsushi Imai, Itsuo Shiina, Masaki Tatsumura, Shigeki Izumi, Shumpei Miyakawa.

J Orthop Sports Phys Ther40p.743 - 7502011年-

スポーツと腰椎椎間板障害-病態と保存的治療

金岡恒治

脊椎脊髄ジャーナル24(9)p.867 - 8722011年-

スポーツと腰痛—腰椎椎間板性腰痛・椎間板ヘルニア

金岡恒治、半谷美夏

第21回腰痛シンポジウム講演記録集p.39 - 472011年-

ワイヤ筋電図を用いた垂直跳び時の腹部筋活動解析

大久保 雄;金岡 恒治;椎名 逸雄;辰村 正紀;宮川 俊平

日本理学療法学術大会2010(0)p.CbPI1220 - CbPI12202011年-2011年

CiNii

詳細

概要:【目的】近年,腰痛治療やパフォーマンス向上において体幹深部筋(腹横筋,多裂筋など)機能が重要であることが明らかにされている.その体幹深部筋は四肢を運動させる際,主動筋に先行して活動し,体幹安定性を制御していることが報告されている(Hodges et al., 1997).四肢を激しく運動させるスポーツ動作においても,体幹安定性が確保された上での運動が要求されると推察できるが,体幹深部筋活動は表面電極では導出が困難であるため,スポーツ動作時の体幹深部筋活動を測定した研究は少ない.そこで本研究では,ワイヤ筋電図を用いて垂直跳び時の腹部筋反応時間を明らかにすることを目的とした.

【方法】本実験に参加した健常成人男性16名中,測定不備がなかった11名を対象とした(年齢:24.2±1.9歳,身長:171.7±7.2cm,体重:67.3±8.1kg,値はmean±SD).上肢を胸の前で組ませ,安静立位から最大努力性の垂直跳びを行った際の筋電図および画像データを収集した.被験筋は左側の腹直筋,外腹斜筋,腹横筋,脊柱起立筋,多裂筋であり,腹横筋,多裂筋には滅菌したワイヤ電極を超音波画像ガイド下にて整形外科医が刺入し,刺入後電気刺激装置を用いて収縮を確認した.試技中の筋電波形から筋活動が開始した時点を視覚的に求め,画像で確認した離地時を基準(0秒)として筋反応時間を算出した.一元配置分散分析にて腹筋群(腹直筋,外腹斜筋,腹横筋)の筋反応時間を比較し,有意差が認められた場合はTukey-KramerのHSD検定により多重比較を行った.なお,有意水準は5%とした.

【説明と同意】本研究はヘルシンキ宣言に基づいた倫理的配慮の下行った。被験者には口頭及び文書にて,実験の概要,方法,研究による危険性とその対処法,自由意志による同意であること,同意を示された方でもいかなる場合においても理由を問われることなく実験への同意を撤回することができること,個人の人権を擁護することを説明し,同意書に署名後,実験を行った.なお,本研究は筑波大学人間総合科学研究科研究倫理委員会の承認を得ている(承認番号:590).

【結果】各筋の筋反応時間は早い順に,多裂筋:-0.90±0.20sec,脊柱起立筋:-0.90±0.20sec,腹横筋:-0.41±0.18sec,外腹斜筋:-0.32±0.10sec,腹直筋:-0.22±0.12secであった.また,腹筋群の筋反応時間を統計処理した結果,腹横筋は腹直筋よりも有意に早く活動を開始していた(p=0.0061).

【考察】本結果より,垂直跳び動作時にはまず背筋群が活動した後,腹筋群が活動することが示された.垂直跳び動作は体幹の前傾から動作が開始されるため,まず背筋群から活動を開始し,その後腹筋群が活動したと考えられる.また,腹筋群の中では腹横筋が腹直筋よりも有意に早く活動を開始した.ドロップジャンプ動作では着地前に腹横筋が活動を開始し,その活動は腹直筋よりも有意に早かったことが報告されている(河端ら,2008).ドロップジャンプは跳躍の前に着地動作が行われるため,着地に対する腹部筋反応が現れるが,垂直跳び動作においても同様の結果が得られた.腹横筋は腹腔内圧を高め腰椎の分節的安定性を制御しているのに対し,腹直筋や外腹斜筋などの体幹表層筋はトルクを産生し体幹の運動方向を制御している.従って,腹横筋の活動により体幹安定性を高めた後,表層筋を活動させることでジャンプ動作の推進力を産生していることが示唆された.さらに,腰痛患者では腹横筋の先行的活動が遅延すると報告されている(Hodges et al., 1996)ため,今後は腰痛患者が行うスポーツ動作において腹横筋反応時間が遅延しているか否かを検討することで,アスリートの腰痛治療や予防につながる可能性がある.

【理学療法学研究としての意義】本研究により,健常者が行う垂直跳び動作では,体幹深部筋から表層筋へと順に活動することが明らかとなった.本結果は,ジャンプ動作の体幹筋活動に関する基礎的データであり,リハビリテーションやトレーニング現場においてジャンプ動作を指導する際に有用な知見になると考える.

腹筋群の筋厚と年齢および体格との関連

太田 恵;池添 冬芽;金岡 恒治;佐久間 香;長谷川 洋介;藤田 千早;沼澤 拓也;舞弓 正吾;市橋 則明

日本理学療法学術大会2010(0)p.CcOF1065 - CcOF10652011年-2011年

CiNii

詳細

概要:【目的】
老化に伴う退行性変化として骨格筋の萎縮が起きることは周知の事実であり,リハビリテーションの分野では高齢者における筋の機能の維持および向上が重要な課題のひとつとなっている.この筋萎縮の評価法のひとつとして,近年,超音波画像診断装置による筋厚測定がよく用いられている.超音波画像診断装置は,MRIやCTと比較して,安価で簡便であり,信頼性と妥当性も高いことから,超音波画像診断装置を使用した研究が多くなされている.しかしながら,超音波法を用いて筋厚の加齢変化を調べた先行研究の多くは四肢の筋を対象としており,体幹筋,特に腹筋群について言及した研究は少ない.また,筋萎縮に関する横断研究の場合は,加齢による影響だけでなく,身長や体重,BMIといった体格の差異による影響も考慮する必要がある.しかしながら,腹筋群の筋厚にはどのような体格要因が関連するのかについては明らかではない。そこで本研究では,超音波画像診断装置を使用して腹筋群の筋厚を測定し,年齢や体格との関連について明らかにすることを目的とした.
【方法】
被験者は,健常成人120名(男性60名,女性60名)とした.男性被験者の年齢は33.1±18.1歳(20~84歳)であり,身長は170.5±6.8cm,体重は67.2±11.8kg,BMIは23.0±3.1であった.女性被験者の年齢は57.2±19.2歳(20~83歳)であり,身長は154.2±7.1m,体重は52.0±9.0kg,BMIは21.9±3.4であった.いずれも独歩または歩行補助具を使用し自立歩行が可能な者とした.筋厚の測定には超音波診断装置を使用した.対象筋は,腹直筋,外腹斜筋,内腹斜筋,腹横筋とした.測定肢位は安静背臥位で,いずれも安静呼気時に測定した.測定部位は腹直筋が臍から外側4cmの部位,外腹斜筋,内腹斜筋,腹横筋は臍高位の腋窩線から内側2.5cmの部位とし,いずれも右側を測定した.腹筋群の筋厚と年齢,身長,体重,BMIとの関係について,各筋厚を目的変数とし,年齢,身長,体重, BMIを説明変数として,男女別にそれぞれ重回帰分析を用いて検討した.いずれも有意水準は5%未満とした.
【説明と同意】
本研究の目的と方法について,すべての被験者に対し口頭および文書にして十分に説明し,同意を得た.
【結果】
腹直筋の筋厚の平均値は男性12.8±3.3mm,女性8.3±2.4mmであった.重回帰分析の結果,男女ともに年齢のみ筋厚に影響を与える有意な因子として抽出され(標準偏回帰係数:男性-0.58,女性-0.71),自由度調整済決定係数は男性0.59,女性0.59であった.外腹斜筋の筋厚の平均値は男性8.6±2.9mm,女性5.4±1.9mmであった.重回帰分析の結果,男女ともに年齢のみ有意な因子として抽出され(標準偏回帰係数:男性-0.56,女性-0.61),自由度調整済決定係数は男性0.48,女性0.43であった.内腹斜筋の筋厚の平均値は男性12.2±3.9mm,女性8.1±2.5mmであった.重回帰分析の結果,男女ともに年齢のみ有意な因子として抽出され(標準偏回帰係数:男性-0.66,女性-0.43),自由度調整済決定係数は男性0.44,女性0.23であった.腹横筋の筋厚は男性4.4±1.2mm,女性3.3±0.9mmであった.重回帰分析の結果,男女ともにいずれの説明変数も筋厚に影響を与える因子として抽出されなかった.
【考察】
本研究では,腹筋群における筋厚と年齢,身長,体重,BMIとの関連を明確にするため,若年者から高齢者までの男女の筋厚を測定し,重回帰分析を用いて検討した.その結果,腹直筋,外腹斜筋,内腹斜筋の筋厚については,年齢が影響を及ぼす因子として抽出されたが,腹横筋の筋厚では年齢は抽出されなかった。このことから,腹筋群のなかでも腹横筋の筋厚は加齢変化が少ないことが示唆された.また,身長,体重, BMIといった体格はすべての腹筋群の筋厚において影響を及ぼす因子として抽出されなかった.骨格筋の筋萎縮の程度を横断的に比較検討する際,四肢筋の筋厚については体格の差異を考慮し,体格要因で補正した筋厚が用いられることがある.本研究の結果,腹筋群の筋厚については体格による違いを考慮する必要性は少ないと考えられた.
【理学療法学研究としての意義】
本研究により,腹直筋,外腹斜筋,内腹斜筋の筋厚は,加齢に伴って減少するが,腹横筋の筋厚は加齢変化が少ないことが示された.また,腹筋群の筋厚は体格要因による影響は少ないことが示唆された.本研究の結果は腹筋群の筋萎縮の程度を評価する上で考慮すべき重要な知見であると考える.

The relationship between low back pain and competitive sports activities during youth.

Hangai M, Kaneoka K et al.

Am J Sports Med38p.791 - 7962010年-

Trunk Muscle Activity During Lumbar Stabilization Exercises on Both a Stable and Unstable Surface.

Imai A, Kaneoka K et al.

J Orthop Sports Phys Ther.40(6)p.369 - 3752010年-

COMPARISON OF THE ACTIVITIES OF THE DEEP TRUNK MUSCLES MEASURED USING INTRAMUSCULAR AND SURFACE ELECTROMYOGRAPHY

Okubo, Yu;Kaneoka, Koji;Imai, Atsushi;Shiina, Itsuo;Tatsumura, Masaki;Izumi, Shigeki;Miyakawa, Shumpei

JOURNAL OF MECHANICS IN MEDICINE AND BIOLOGY10(4)p.611 - 6202010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0219-5194

物体挙上動作時の質量予測不一致による体幹筋収縮(潜時変化)

渡邊昌宏, 金岡恒治, 岡浩一朗, 宮川俊平.

Journal of Spine Research1(7)p.1283 - 12892010年-

Low back pain in elite competitive swimmers.

Kaneoka K, Marks S.

FINA Aquatic World Magazine2p.102 - 1052010年-

Relationship Between Low Back Pain and Competitive Sports Activities During Youth

Hangai, Mika;Kaneoka, Koji;Okubo, Yu;Miyakawa, Shumpei;Hinotsu, Shiro;Mukai, Naoki;Sakane, Masataka;Ochiai, Naoyuki

AMERICAN JOURNAL OF SPORTS MEDICINE38(4)p.791 - 7962010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0363-5465

Trunk Muscle Activity During Lumbar Stabilization Exercises on Both a Stable and Unstable Surface

Imai, Atsushi;Kaneoka, Koji;Okubo, Yu;Shiina, Itsuo;Tatsumura, Masaki;Izumi, Shigeki;Shiraki, Hitoshi

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC & SPORTS PHYSICAL THERAPY40(6)p.369 - 3752010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0190-6011

Electromyographic Analysis of Transversus Abdominis and Lumbar Multifidus Using Wire Electrodes During Lumbar Stabilization Exercises

Okubo, Yu;Kaneoka, Koji;Imai, Atsushi;Shiina, Itsuo;Tatsumura, Masaki;Izumi, Shigeki;Miyakawa, Shumpei

JOURNAL OF ORTHOPAEDIC & SPORTS PHYSICAL THERAPY40(11)p.743 - 7502010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0190-6011

腰痛患者に対する運動療法がQOLに及ぼす影響

太田 恵;金岡 恒治;小泉 圭介;半谷 美夏;宮本 渓;村松 俊樹

日本理学療法学術大会2009(0)p.C3O1109 - C3O11092010年-2010年

CiNii

詳細

概要:【目的】
腰痛患者に対する運動療法の有効性について、多くの報告がされている。しかし、その効果の検討は運動機能にとどまっており、生活の質(Quality of Life:以下QOL)ついての報告は少ない。そこで本研究では、腰痛患者に運動療法を施行し、それによる疼痛の程度およびQOLの変化について明確にすることを目的とした。
【方法】
対象者は、公立昭和病院整形外科外来を受診し、運動療法の適応があると医師によって判断された腰痛患者16名(男性3名、女性13名、年齢50.6±14.7歳、身長158.9±8.7cm、体重58.0±10.6kg)で、いずれも日常では杖または独歩で生活している者とした。病態は椎間板性腰痛3名、椎間関節性腰痛3名、筋・筋膜性腰痛1名、既記のいずれの病態にも分類されない非特異性腰痛9名であった。除外基準は、明らかな腰椎由来の下肢の麻痺症状がある者、脊椎炎、脊髄腫瘍、その他内臓器の疾患が原因とされる腰痛患者、腰部以外の部位に重篤な障害を有する者とした。
運動療法は、臍の引き込み運動および四つ這い位での四肢の挙上運動とした。いずれも被験者に合わせて段階的に難易度を上げた。初回に運動療法を指導し、自宅にて毎日継続するよう指導した。介入期間は1ヶ月間とした。
腰部および下肢の疼痛の程度の評価には、視覚的アナログ尺度(Visual Analogue Scale:以下VAS)を用いた。VASは、評価日以前の1週間以内で最も強かった疼痛を想起させ、回答させた。
QOLの評価には、日本整形外科学会が作成した腰痛評価質問票(JOA Back Pain Evaluation Questionnaire:以下JOABPEQ)を用いた。JOABPEQは、疼痛関連障害、腰痛機能障害、歩行機能障害、社会生活障害、心理的障害の5項目で構成されている。25問の質問について評価日以前の1週間以内の状態を回答させ、定められた計算式に基づいて5項目の重症度スコアを算出する。各項目は100ポイント満点で、値が大きいほど良好であることを示し、介入前より介入後の方が20ポイント以上増加した場合、または介入前に90ポイント未満で介入後に90ポイント以上だった場合のみ改善があったと判定するよう規定されている。
介入前および介入1ヶ月後に同様の評価を実施した。介入前後におけるVASおよびJOABPEQの変化については、Wilcoxon符号付順位和検定を用いて解析した。いずれも有意水準は5%とした。
【説明と同意】
対象者には、本研究の趣旨について口頭および文書にて十分な説明をし、文書にて同意を得た。
【結果】
介入前のJOABPEQの中央値(最小値-最大値)は、疼痛関連障害の項目が71.0ポイント(0-100)、腰痛機能障害の項目が58.0ポイント(17-100)、歩行機能障害の項目が86.0ポイント(0-100)、社会生活障害の項目が62.0ポイント(3-100)、心理的障害の項目が52.5ポイント(39-89)であった。VASの中央値(最小値-最大値)は5.4cm(1-10)であった。
介入後のJOABPEQの中央値(最小値-最大値)は、疼痛関連障害の項目が93.0ポイント(43-100)、腰痛機能障害の項目が100ポイント(58-100)、歩行機能障害の項目が100ポイント(29-100)、社会生活障害の項目が82.0ポイント(38-100)、心理的障害の項目が66.0ポイント(42-89)であった。VASの中央値(最小値-最大値)は3.9cm(0-10)であった。
介入前後の比較では、VASについては有意差がみられた(p<0.05)。JOABPEQについては、いずれの項目においても改善の傾向がみられ、腰痛機能障害・歩行機能障害・社会生活障害・心理的障害の項目においては有意に改善していた(p<0.05)。
【考察】
本研究では、腰痛患者に対して1ヶ月間の運動療法を施行し、それによる疼痛およびQOLの変化を検討した。その結果、VAS、JOABPEQの腰痛機能障害・歩行機能障害・社会生活障害・心理的障害の項目においては有意に改善していた。疼痛関連障害の項目においては有意な改善はなかったが、いずれの項目においても改善の傾向がみられた。以上のことから、腰痛患者に対する運動療法の効果として、疼痛の改善だけでなく、QOLの向上にも関与することが示された。
【理学療法学研究としての意義】
本研究では、腰痛患者に対して理学療法士が評価および指導し、1ヶ月間の運動療法を実施した結果、疼痛の改善だけでなく、QOLの向上がみられた。腰痛患者に対する運動療法の有効性を示す結果となったといえる。
尚、本研究は(財)日本スポーツ治療医学研究会の平成20年度研究助成金を受けた。

大学サッカー選手の腰部固有受容感覚機能

大久保 雄;金岡 恒治;竹村 雅裕;小川 遼;宮川 俊平

日本理学療法学術大会2009(0)p.C3O1140 - C3O11402010年-2010年

CiNii

詳細

概要:【目的】腰部固有受容感覚は体幹運動をコントロールするために重要な機能である.その腰部固有受容感覚は慢性腰痛により低下すると報告されている一方,腰痛患者と健常者で差がないと報告している研究もあり,見解が分かれている.また,大学生アスリートの腰部固有受容感覚機能を調査した報告は少ない.そこで本研究では,大学サッカー選手の腰部固有受容感覚機能を測定し,腰痛経験との関係を検討することを目的とした.

【方法】対象はT大学に所属する男子大学サッカー選手で,腰痛経験のない健常群14名(年齢:20.6±1.1歳,身長:175.0±4.0cm,体重:65.6±4.2kg,競技歴:12.6±2.5年)と今までに腰痛経験を有する腰痛群14名(年齢:20.7±1.1歳,身長:172.3±4.7cm,体重:65.3±4.9kg,競技歴:12.9±2.1年)とした.腰部固有受容感覚は,磁気式三次元位置センサーを用いたrepositioning testにより評価した.センサーを第12胸椎(T),第3腰椎(L),第1仙椎(S)棘突起高位の体表に貼付し,試技中にセンサーが動かないよう固定した.試技は,閉眼座位にて課題角度まで体幹を傾斜させ,10秒間静止してその課題角度(D)を記憶させた.その後,最大前後屈動作を5回行わせ,記憶した課題角度に戻した際の角度(D')を測定し,D'とDの差をrepositioning error(RE)とした.課題角度はTのセンサーが前屈40゜,後屈15゜,右側屈20゜,左側屈20゜となった角度とし,それぞれ3回ずつ,順番をランダムに施行した. 各課題角度において,T,L,SそれぞれのREの3回の平均値を算出し,健常群と腰痛群のREをWilcoxonの符号付順位検定により比較した.尚,有意水準は5%とした.

【説明と同意】口頭及び文書にて,実験の概要,方法,研究による危険性とその対処法,被験者の自由意志による同意であること,同意を示された方でもいかなる場合においても理由を問われることなく実験への同意を撤回することができること,個人の人権を擁護することを説明し,同意書に署名後,実験を行った.

【結果】年齢,身長,体重,競技歴に両群で有意差は認められなかった.T,L,Sの順に,健常群の屈曲REは5.8±4.0゜,4.7±2.5゜,3.7±1.2゜,腰痛群の屈曲REは3.9±2.5゜,3.5±1.4゜,2.5±1.4゜で,SのREが腰痛群で有意に低い値を示した.健常群の伸展REは5.6±2.3゜,3.8±1.9゜,3.4±2.6゜,腰痛群の伸展REは3.7±2.0゜,3.6±2.0゜,4.4±2.5゜で,TのREが腰痛群で有意に低い値を示した.健常群の右側屈REは2.3±1.1゜,2.0±0.8゜,1.7±0.7゜,腰痛群の右側屈REは2.1±1.4゜,1.9±1.0゜,1.6±0.7゜で,全ての高位に群間で有意差はみられなかった.健常群の左側屈REは3.1±1.9゜,3.2±2.0゜,2.5±1.3゜,腰痛群の左側屈REは2.2±0.7゜,2.3±1.2゜,2.7±1.3゜で,全ての高位に群間で有意差はみられなかった(値は全てmean±SD).

【考察】本研究での健常群の屈曲REは3.7゜~5.8゜,伸展REは3.4゜~5.6゜,側屈REは1.7゜~3.2であり,一般健常人を測定した先行研究と類似の値を示した.しかし,今回は非アスリートの測定を行っていないため,今後は同年代の非アスリートのREを測定し,大学サッカー選手の腰部固有受容感覚機能の特性を明らかにする必要があると考える.また,本研究の結果から,腰痛群におけるSの屈曲REやTの伸展REが健常群に比べ有意に低い値を示した.Newcomerらは腰痛経験者のREは健常者よりも有意に低いという本研究と同様の結果を報告している.痛み刺激は椎間関節に存在するメカノレセプターの数や感度を増加させると報告されており,本研究でも同様の機序が作用し,腰痛群の腰部固有受容感覚機能を向上させた可能性が考えられる.腰部固有受容感覚の低下をもたらすのは腰椎の分節的不安定性を有する腰痛患者に限定されるとの報告もあるため,今後は腰痛を病態別に分類した上で腰部固有受容感覚機能を検証する必要があると考える.

【理学療法学研究としての意義】本研究により,大学サッカー選手の腰部固有受容感覚機能が明らかになり,腰痛群の固有受容感覚機能は健常群よりも鋭敏であることが示唆された.本結果は,アスリートの腰痛経験が腰部固有受容感覚に影響を及ぼしている一知見となると考える.

Lumbar Intervertebral Disk Degeneration in Athletes

Mika Hangai, Koji Kaneoka, Shiro Hinotsu, Ken Shimizu, Yu Okubo, Shumpei Miyakawa, Naoki Mukai, Masataka Sakane, Naoyuki Ochiai.

Am J Sports Med37p.149 - 1552009年01月-

整形外科的疾患を考慮した運動指導法と指導に必要な基礎知識.

個別運動プログラム作成・実践ガイド.杏林書院p.45 - 522009年01月-

Evaluation Criteria for the Reduction of Minor Neck Injuries during Rear-end Impacts Based on Human Volunteer Experiments and Accident Reconstruction Using Human FE Model Simulations

Koshiro Ono, Susumu Ejima, Kunio Yamazaki, Fusako Sato, Jonas Aditya Pramudita, Koji Kaneoka, and Sadayuki Ujihashi

Proceedings of International IRCOBI conferencep.103 - 1132009年-

腰痛椎間板変性とStabilizationExercise

金岡恒治

日本臨床スポーツ医学会誌17(3)p.452 - 4582009年-

Factors associated with lumbar intervertebral disc degeneration in the elderly

Mika Hangai, Koji Kaneoka, Shinya Kuno, Shiro Hinotsu, Masataka Sakane, Naotaka Mamizuka, Shinsuke Sakai, Naoyuki Ochiai.

The spine journal8-5p.732 - 7402008年-

Lubar intervertebral disk degeneration in elite competitive swimmers. A case controlol study

Koji Kaneoka, Ken Shimizu, Mika Hangai, Toru Okuwaki, Naotaka Mamizuka, Masataka Sakane, Naoyuki Ochiai.

Am J Sports Med35p.1341 - 13452007年-

A kinematical quantification method for patella tendon reflex using a tri-axial accelerometer

Mamizuka N, Sakane M, Kaneoka K, Hori N, Ochiai N.

Journal of Biomechanics40p.2107 - 21112007年-

Neck injury mechanisms during direct face impact

Fukushima M, Kaneoka K, Ono K, Sakane M, Ujihashi S, Ochiai N

Spine31(8)p.903 - 9082006年-

Relationships between Lumbar Spine MRI Findings and Muscle Volumes & Low Back Pain in the Elderly

Mika Hangai, Koji Kaneoka, Tetsuo Fukunaga, Shinya Kuno, Naoyuki Ochiai

International Journal of Sport and Health Science4(2)p.414 - 4212006年-

The Relationships between Low Back Pain & Knee Pain and Muscle Volumes of Extremities and Trunk

Mika Hangai, Koji Kaneoka, Tetsuo Fukunaga, Shinya Kuno, Naoyuki Ochiai

International Journal of Sport and Health Science4(2)p.422 - 4262006年-

Prediction of Neck Injury Risk Based on the Analysis of Localized Cervical Vertebral Motion of Human Volunteers during Low-speed Rear Impacts.

Koshiro Ono K, Suzuki Y, Ejima S, Kaneoka K, Fukushima M, Ujihashi S.

Proceedings of International IRCOBI conferencep.103 - 1132006年-

Development and Validation of Human Neck Muscle Model under Impact Loading.

Ejima S, Ono K, Kaneoka K, Fukushima M.

Proceedings of International IRCOBI conferencep.245 - 2552005年-

Biomechanical Responses of the Head/Neck/Torso to Lateral Impact Loading on the Shoulders of Male and Female Volunteers.

Ono K, Ejima S, Yamada S, Kaneoka K, Fukushima M, Compigne S, Ujihashi S.

Proceedings of International IRCOBI conferencep.383 - 3962005年-

Influence of Neck Muscle Tension on Cervical Vertebral Motions during Direct Loading on Human Head.

Ono K, Uwi H, Kaneoka K, Fukushima M, Ujihashi S.

Proceedings of International IRCOBI conferencep.283 - 2962004年-

A cervical myelopathy due to invaginated laminae of the axis into the spinal canal.

Sakai S, Sakane M, Harada S, Kaneoka K, Amano K, Ochiai N.

Spine29(4)p.E82 - 842004年-

The Human Cervical Spine Motion during rear-Impact Collisions: A Proposed Cervical Facet Injury Mechanism during Whiplash Trauma

Kaneoka K, Ono K, Inami S, Ochiai N, Hayashi, K.

J Whiplash & Related Disorders1(1)p.85 - 972002年-

Biomechanical responce of human cervical spine to direct loading of the head

Ono K, Kaneoka K, Sun E, Takhounts EG, Eppinger R.

Proceedings of International IRCOBI conferencep.189 - 1992001年-

Types of synovial fold in the cervical facet joint

Inami S, Kaneoka K, Hayashi K, Ochiai N.

J Orthop Sci5(5)p.475 - 4802000年-

Influence of seat characteristics on occupant motion in low-speed rear impacts

Watanabe Y, Ichikawa H, Kayama O, Ono K, Kaneoka K, Inami S.

Accid Anal Prev32(2)p.243 - 2502000年-

A Simulation Analysis of Human Cervical Spine Motion During low Speed Rear-End Impacts.

Yamazaki K, Ono K, Kaneoka K.

SAE paper No.2000-01-0154p.1 - 82000年-

Motion Analysis of Cervical Vertebrae During Whiplash Loading

Kaneoka K, Ono K, Inami S, Hayashi K.

Spine24(8)p.763 - 7701999年-

Motion Analysis of Human Cervical Vertebrae During Low Speed Rear Impacts by the Simulated Sled

Ono K, Kaneoka K.

J Crash Prevention and Injury Control1(2)p.87 - 991999年-

アメリカンフットボールにおけるコンタクトプレー時の頚椎の動作解析

福田崇, 工藤建太, 下條仁士, 金岡恒治, 宮永豊.

整スポ会誌19(1)p.50 - 551999年-

Relationship between Localized Spine Deformation and Cervical Vertebral Motion for Low Speed Impacts Using Human Volunteers.

Ono K, Inami S, Kaneoka K, Kisanuki Y, Sakuma S, Miki K.

Proceedings of the International IRCOBI Conferencep.165 - 1781999年-

Increase in serum vascular endothelial growth factor levels during altitude training.

Asano M, Kaneoka K, Nomura T et al

Acta Physiol Scand162(4)p.455 - 4591998年-

Influence of seat properties on human cervical vertebral motion and head/neck/torso kinematics during rear-end impacts

Ono K, Kaneoka K, Inami S.

Proceedings of International IRCOBI conferencep.303 - 3181998年-

中高年者の水中運動に伴う整形外科的障害

金岡恒治, 片山直樹, 武藤芳照, 太田美穂.

水健医誌1(1)p.27 - 311998年-

Human volunteer studies on whiplash injury mechanisms.

Kaneoka K, Ono K.

“Frontiers in Head and Neck Trauma: Clinical and Biomechanical ” IOS press, Editors: Yoganandan N et alp.313 - 3251998年-

Human Cervical Spine Kinematics During Whiplash Loading

Kaneoka K, Ono K, Yokoi N, Inami S, Hayashi K.

Proceedings of International Conference on New Frontiers in Biomechanical Engineeringp.265 - 2681997年-

Cervical Injury Mechanism Based on the Analysis of Human Cervical Vertebral Motion and Head-Neck-Torso Kinematics During Low Speed Rear Impacts

Ono K, Kaneoka K, Wittek A, Kajzer J.

41st STAPP Car Crash Conference, Society of Automotive Engineering (SAE) Paper No. 973340p.339 - 3561997年-

高所トレーニングにおける血液像の変化ーエリスロポエチン値を中心としてー.

金岡恒治, 野村武男, 萬久博敏, 福林徹, 林浩一郎.

臨床スポーツ医学13(1)p.55 - 601996年-

足部の柔軟性がバタ足キックに及ぼす影響について.

大庭昌照, 金岡恒治, 萬久博敏, 野村武男.

筑波大学運動学研究11p.89 - 951995年-

書籍等出版物

もう2度と痛まない強い腰になる

金岡恒治(単著)

主婦の友社2017年 03月-

その腰痛は治る!

金岡恒治(単著)

河出書房出版2016年 09月-

腰痛の病態別運動療法―体幹筋機能向上プログラム

金岡恒治(編著)

文光堂2016年 03月-

腰部&体幹 まるわかり大事典

金岡恒治(単著)

ベースボールマガジン社2015年 05月-

腰痛さよなら体操

金岡恒治・成田崇矢(共著)

宝島社2015年 02月-

腰痛がスーッと消える

金岡恒治・成田崇矢(共著)

学研2014年 09月-

体が生まれ変わる「ローカル筋」トレーニング (神経と筋肉のつながりを促す最強メソッド)

金岡恒治・小泉圭介(共著)

マキノ出版2013年 06月-

一生痛まない強い腰をつくる

金岡恒治(単著)

高橋書店2013年 04月-

最新腰痛症ハンドブック

遠藤健司, 金岡恒治

シュプリンガー・ジャパン2008年 05月-

詳細

ISBN:9784431100232

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

運動器障害に対するアスレティックリハビリテーション方法の開発

2017年04月-2020年03月

配分額:¥4680000

研究種別:

学校プールでの安全な飛び込み方法の解明

2011年-0月-2012年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

競技スポーツ選手の腰部障害発生機序解明と予防策の考案

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥15860000

研究種別:

競技スポーツ選手の腰椎椎間板変性要因の解明と予防策の立案

配分額:¥10140000

研究種別:

腰椎ローカル筋群の腰椎安定化に及ぼす影響

配分額:¥3200000

研究種別:

運動器障害に対するアスレティックリハビリテーション方法の開発

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥4680000

学内研究制度

特定課題研究

高脂血症はウサギ椎間板の変性を促進させるか?

2008年度共同研究者:辰村正紀

研究成果概要:【背景】腰痛の原因の一つとされる椎間板変性症は、加齢に伴いある一定の頻度で発生するため、進行する高齢化社会により今後増加することが予測される。この椎間板変性の促進要因として、加齢、遺伝的要因、に加えて肥満、重労働、スポーツ活動など...【背景】腰痛の原因の一つとされる椎間板変性症は、加齢に伴いある一定の頻度で発生するため、進行する高齢化社会により今後増加することが予測される。この椎間板変性の促進要因として、加齢、遺伝的要因、に加えて肥満、重労働、スポーツ活動などの力学的過負荷が挙げられている。また我々の行った中高齢者を対象とした横断調査の結果として、高脂血症などの生活習慣病関連因子も椎間板変性促進因子として疑われている。 高脂血症により椎間板への栄養動脈である分節動脈に粥状硬化が生じると髄核への栄養供給が阻害され、プロテオグリカン生成が抑制され椎間板変性が生じると推察される。この際、椎間板内の低酸素状態に反応し、血管新生を促すサイトカインであるVEGF(vascular endotherial growth factor)が発現し、椎間板内の血管新生が生じることが疑われる。Agrawalらは、椎間板内の低酸素状態が反応性にHIF(hypoxia inducible factor)を介してVEGFを発現し血管新生が生じることを報告している。高脂血症が椎間板変性を促進させるか否かの検証のために、高脂血症ウサギを対象として、椎間板内のVEGF発現を検証する研究を行った。【仮説】高脂血症ウサギの椎間板内にVEGFの発現を認める。【方法】遺伝的に高脂血症を発症するWatanabe Heredity Hyper-Lipidemia (WHHL)ウサギ3羽(平均6ヶ月齢)を対象とし、屠殺後に下位胸椎から仙椎までの腰椎を摘出し、合計12椎間の椎間板を採取し組織標本を作成し、VEGFを一次抗体として免疫染色を行った。コントロールとして正常ウサギ1羽の6椎間板を用いた。【結果】高脂血症ウサギの12椎間板及び正常ウサギ6椎間板のいずれも線維輪、髄核組織内にVEGFの発現は認められなかった。【考察】高脂血症が椎間板変性を促進する機序として、動脈硬化による椎間板内の低酸素状態を疑い、高脂血症ウサギ椎間板内のVEGF発現を評価したが、その発現を認めなかった。この結果から、高脂血症が椎間板変性を促進する機序としては本仮説とは異なる機序によるものと推察する。

スポーツ動作時の骨盤・胸郭挙動解析 ―腰椎分離症の予防対策考案に向けてー

2009年度

研究成果概要:スポーツ動作時に生じる体幹不安定性が腰椎分離症や椎間板障害を引き起こす一因であると考えられている。本研究では代表的な体幹回旋運動である、野球のバッティング動作、テニスのサービス動作、バドミントンのラケットスイング動作中の体幹筋群の...スポーツ動作時に生じる体幹不安定性が腰椎分離症や椎間板障害を引き起こす一因であると考えられている。本研究では代表的な体幹回旋運動である、野球のバッティング動作、テニスのサービス動作、バドミントンのラケットスイング動作中の体幹筋群の活動を解析し、これらの動作時に体幹安定性を得るために必要とされている筋活動様式を明らかにする。【方法】健常人男性7名(年齢22.4±1.5歳)を被験者とした。被験筋は両側の腹直筋、外腹斜筋、脊柱起立筋、腹横筋、多裂筋とし、表層筋である腹直筋、外腹斜筋、脊柱起立筋は表面電極、体幹深部筋である腹横筋、多裂筋はワイヤー電極を用いて筋活動計測を行った。まず各被験筋の最大随意収縮(MVC)を測定した後、バッティング動作、テニスサービス動作、バドミントンラケットスイング動作を行わせ、その際の各筋の筋活動を解析した。またバッティングの際には重量の異なる4種類のバットで素振りを行わせた。【結果】右打ちのバッティング、右利きのテニスサービス、右利きのバドミントンフォアハンドスイングのいずれにおいても動作時には左の腹横筋の筋活動が増した。またバットの重量の違いによって体幹深部筋の筋活動には有意な変化を認めなかった。【考察】体幹を左回旋させる運動を行う際には左腹横筋の活動量増加を認めた。上肢を体幹から離れた位置で運動させる際に体幹には大きな回旋モーメントが発生する。その外力に対抗し体幹を安定させるために左腹横筋の活動を必要としたと考える。またバットの重量を変化させても深部筋活動に影響が出なかったことから、より重いバットを用いた際に増加した外力は腰椎への負荷として作用することが疑われ、これが腰椎分離症などの腰部障害の一因であることが示唆された。

インターネットを用いた慢性腰痛者に対する運動療法介入研究

2012年度

研究成果概要:【緒言】腰痛を主訴として医療機関を受診し、画像検査によって明らかな疼痛出現部位を特定できる特異的腰痛は約2割程度であり、そのほかの約8割は明らかな原因を特定することのできない非特異的腰痛と言われている。特異的腰痛は主に整形外科にお...【緒言】腰痛を主訴として医療機関を受診し、画像検査によって明らかな疼痛出現部位を特定できる特異的腰痛は約2割程度であり、そのほかの約8割は明らかな原因を特定することのできない非特異的腰痛と言われている。特異的腰痛は主に整形外科において加療され、その治療方法は科学的に検証され、適正な治療方法が選択されている。病態が不明瞭な非特異的腰痛に対する治療方法の科学的検証は乏しく、最適な対処方法は明らかにされてはいないが、運動療法の有効性は数多く報告され、我々は中高齢者の慢性腰痛患者に対して体幹深部筋群のトレーニングを行いその有効性を確認している。今回同様の手法を用いて運動療法実施者の運動実践コンプライアンスをたかめ、より有効性を高めるために“インターネットを用いた慢性腰痛者に対する運動療法介入研究”を計画した。そのシステムの構築には相応の予算を必要とするため、今回の研究では実施には至らなかった。そのため、今後システムが構築された際に必要となる、非特異的腰痛者の病態解明を目的とした調査研究を実施した。【目的】非特異的腰痛者の腰痛発現部位を推定し、その実態を明らかにすること。【対象と方法】2008年から2012年の期間に腰痛を主訴に大学内の診療施設を受診した大学運動部員115名を対象とし、脊柱所見、圧痛部位、神経学的所見などの機能的診察所見から腰痛の病態分類を行った。【結果】腰椎の前屈時痛を有した者は59名(39%)で神経学的所見を伴った者は24名(16%、椎間板ヘルニア疑い)、伴わなかった者は35名(23%、椎間板障害疑い)であった。腰椎の伸展時痛を有した者は74名で後側方への伸展負荷(Kemp手技)で腰痛を誘発した者は56名(37%、椎間関節障害・分離症疑い)、伴わなかった者は18名であった。仙腸関節に圧痛を認めた者は24名で仙腸関節へのストレス負荷テストが陽性であった者は18名(12%、仙腸関節障害疑い)、認めなかった者は3名であった。また腰椎の前屈と伸展いずれも腰痛を誘発しない者は10名で傍脊柱筋に局所的圧痛を認めたものは1名(1%、筋筋膜性腰痛)、認めなかった者は9名であった。【考察】腰椎の機能的診察所見から腰部障害の病態を推定したところ、椎間板障害の疑いが39%、椎間関節障害の疑いが37%、仙腸関節障害の疑いが12%であった。これらの障害部位頻度が全ての世代の非特異的腰痛者に当てはまるとは限らないが、今後インターネットを介して、腰痛者の病態をアンケート等による遠隔診断を行う際の参考データとして有用であると考える。

競技スポーツ選手の体幹深部筋機能の解明 -腰部障害予防と運動機能向上に向けて-

2013年度

研究成果概要:体幹深部筋機能を向上させることで競技力の向上が期待される。そのため最も有効で実践的な体幹深部筋トレーニングの方法やトレーニング用具を開発することを目的として2013年度は研究を行ってきた。ジャンプ動作の前に体幹深部筋トレーニングを...体幹深部筋機能を向上させることで競技力の向上が期待される。そのため最も有効で実践的な体幹深部筋トレーニングの方法やトレーニング用具を開発することを目的として2013年度は研究を行ってきた。ジャンプ動作の前に体幹深部筋トレーニングを行うことでジャンプ力が向上すると報告されているが、トレーニングの最適な量や、実施する時期は明らかにされていない。そのためトレーニング量を変化させた際の効果の違い、トレーニング実施後の経過時間による効果の違いを検討するため以下の実験を行った。実験①トレーニング量と効果の検証:大学ラグビー選手30名を対象に、体幹深部筋トレーニング介入前後の垂直跳び到達高を計測し比較解析した。対象者を、一種目90秒合計360秒実施する群、45秒間合計180秒実施する群、介入しないコントロール群に分けて比較した。その結果、45秒群の跳躍高増加率はコントロールと比べて有意な増加を認めなかったのに対して、90秒群はコントロール群に比して有意に増加した。このことからトレーニング量は効果に影響を及ぼすことが明らかにされた。実験②トレーニング後の効果の持続時間の検証:競泳選手19名を対象に、トレーニング介入前後の蹴伸び(水中で壁を蹴って進む基本動作)の速度、最大到達距離を計測し、トレーニング後の時間経過による変化を解析した。体幹深部筋トレーニングは、Back Bridge、Side Bridgeドローイン、Prone Bridge(エルボーニー+手挙げ、エルボーニ―+脚挙げ)の5種目とした。各種目60秒、合計300秒実施した。蹴伸び試技の計測は、介入前、介入直後、15分後、30分後に行った。到達距離は指先の到達位置を目視で測定した。またハイスピードカメラを水中の2.5mと7.5m地点に設置し、被験者の右側から蹴伸び動作を撮影した。解析はImage Jを使用し、撮像した画像から座標を算出し、2.5m~7.5mの5m間の平均速度を算出した。また2.5mから前後10ms、計20msからそれぞれの瞬間速度を算出した。結果として、当初の予想に反して介入直後、15分後、30分後のいずれにおいても介入前と比べて、蹴伸びの速度、到達距離ともに有意な増加を認めなかった。今回の被験者は大学一流競泳選手であり、通常より体幹深部筋のトレーニングを行ってきていたため介入による変化を認めなかったことが考えられる。今後はより詳細な条件設定を行い効果を検証していく。

関節安定化機能を持つ深部筋群の機能解析研究

2016年度共同研究者:今井厚

研究成果概要:本研究の目的は各関節の深部筋の機能を明らかにすることであり、体幹・肩甲帯の機能が上肢障害にどのように関わっているのかをwire電極を使用した後脛骨筋や菱形筋の筋活動解析を実施した。 肩甲骨の安定に関与する菱形筋の筋活動解析では、姿...本研究の目的は各関節の深部筋の機能を明らかにすることであり、体幹・肩甲帯の機能が上肢障害にどのように関わっているのかをwire電極を使用した後脛骨筋や菱形筋の筋活動解析を実施した。 肩甲骨の安定に関与する菱形筋の筋活動解析では、姿勢の変化による影響について検討し、耳孔、肩峰、大転子が一直線に保たれている良姿勢に対し、耳孔及び肩峰が前方に突出している不良姿勢の菱形筋の筋活動量が低値を有意に示した。つまり不良姿勢では深部筋が適切に活動しておらず、適切なアライメント保持ができていない可能性があるといえる。足部のアーチ保持に関与する後脛骨筋の筋活動解析では、wire電極を用いて歩行や走行時の筋活動パターンを検証した。その結果、歩行の立脚期では、立脚初期と後期に二峰性の活動波形を示すことを確認した。一方、走行では筋活動波形は一峰性となったが、立脚初期に筋活動のピークが来ることが示された。このことから、立脚初期の活動は、接地と共に足部が回内し、内側縦アーチが低下するのを制動する役割を果たしていると考えられる。足部は歩行や走行時、唯一地面と接地する部位である。そのため、足部過回内による足部安定性の欠如は、床反力からの適切な荷重伝達を妨げ、運動機能異常に繋がる可能性がある。後脛骨筋は、このような運動機能異常を防ぐ動的関節安定化機能であると考える。 

サーフェス性状の違いによる体幹筋エクササイズ時の筋活動解析

2018年度共同研究者:松永直人

研究成果概要:健常若年男性14名を対象に、スリングを用いたトレーニングであるTRX条件、摩擦抵抗を減らしたサーフェス上でのトレーニングであるFLOWIN条件、通常の床面上で行うコントロール条件で、体幹と上下肢の筋活動量を筋電計を用いて測定し、条...健常若年男性14名を対象に、スリングを用いたトレーニングであるTRX条件、摩擦抵抗を減らしたサーフェス上でのトレーニングであるFLOWIN条件、通常の床面上で行うコントロール条件で、体幹と上下肢の筋活動量を筋電計を用いて測定し、条件間で比較した。トレーニング種目はpush up、body saw、flow out、back bridge、backward lunge、hip adductionの6種目とした。その結果、hip adductionにおいて、FLOWIN条件でのトレーニングではコントロール条件より、体幹深部筋である内腹斜筋/腹横筋と内転筋の活動が高いことが明らかとなった。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(スポーツ障害の診かた)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(スポーツ障害の診かた)スポーツ科学部2020春学期
演習III(スポーツ障害の診かた)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(スポーツ障害の診かた)スポーツ科学部2020春学期
スポーツ英語D:文献(医科学:外科)スポーツ科学部2020春学期
基礎解剖学スポーツ科学部2020春学期
健康スポーツ論 01スポーツ科学部2020秋学期
健康スポーツ論 02スポーツ科学部2020春学期
基礎スポーツ医学スポーツ科学部2020春学期
スポーツ医学(外科系)スポーツ科学部2020秋学期
トレーナー基礎演習スポーツ科学部2020春学期
スポーツ整形外科学研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ整形外科学研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ整形外科学演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ整形外科学演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ整形外科学演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ整形外科学演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ整形外科学特論大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ整形外科学研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ整形外科学研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期