氏名

ニイミ アキヒコ

新美 哲彦

職名

教授

所属

(教育学部)

連絡先

URL等

研究者番号
90390492

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

文学学術院(大学院文学研究科)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

『源氏物語』における本文の変遷とその受容に関する研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

黒川家旧蔵資料の書誌的調査に基づく古典学の形成と知識流通に関する調査研究

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

『源氏物語』『枕草子』における本文の変遷とその受容に関する研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

黒川家旧蔵資料を通して見た江戸期知識層の形成と知識流通に関する研究

配分額:¥4160000

研究種別:

古典籍の書写と書写環境の相関性に関する総合的研究

配分額:¥11960000

研究種別:

室町後期禁裏本の復元的研究

配分額:¥12080000

研究種別:

『源氏物語』『枕草子』における本文の変遷とその受容に関する研究

配分額:¥3000000

研究種別:

黒川家旧蔵資料の調査研究──江戸期の知識流通体系及び古典学の形成基盤の解明──

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

『源氏物語』古注釈の展開と平安文学の受容に関する基礎的研究

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

『源氏物語』周辺文化の形成に関する研究

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

近世前期における九条家蔵書の復元とその文献学的研究

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

中近世期における九条家蔵書の形成と流伝に関する研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4550000

学内研究制度

特定課題研究

前田家本『枕草子』に関する研究

2017年度

研究成果概要:前田家本『枕草子』を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、そのうち前田家本『枕草子』は鎌倉期の書写で、諸本の中で格段の古さを有する。しかし、先行研究において、堺本と能因本の合成...前田家本『枕草子』を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、そのうち前田家本『枕草子』は鎌倉期の書写で、諸本の中で格段の古さを有する。しかし、先行研究において、堺本と能因本の合成本文とされている。そのため顧みられることが少なかったが、鎌倉期において熱心な編集作業をしている点、『源氏物語』とは異なる古典享受の一環として興味深い。本研究では、前田家本の正確な翻刻、注釈、訳を付した注釈書を作成することを目的とする。本年の作業としては、『枕草子』の先行研究書を収集した。また、前田家本の翻刻のチェックに手を付けた。

古典文学の本文と享受に関する研究

2015年度

研究成果概要:初期の『源氏物語』注釈書である定家作『奥入』は、『源氏物語』写本の巻末に付載されていることも多い。その巻末付載『奥入』について、「池田本『源氏物語』巻末付載『奥入』について」(天理図書館報『ビブリア』144号2015年10月)で、...初期の『源氏物語』注釈書である定家作『奥入』は、『源氏物語』写本の巻末に付載されていることも多い。その巻末付載『奥入』について、「池田本『源氏物語』巻末付載『奥入』について」(天理図書館報『ビブリア』144号2015年10月)で、池田本巻末付載『奥入』について考察した上で、『奥入』諸本全般の見通しを立てた。 また、従来、大島本・明融本が、『源氏物語』最善本と言われてきた。これらを精査するため、中古文学会関西部会第39回例会シンポジウム「源氏物語 本文研究の可能性」で行った発表「定家本『源氏物語』の諸問題―大島本と明融本の比較から見えるもの―」(2014年11月)の論文化にもつとめた。

平安・鎌倉散文作品に関する研究

2018年度

研究成果概要:前田家本『枕草子』と中世王朝物語を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、前田家本『枕草子』は鎌倉期において熱心な編集作業をしている点、興味深い。本研究では、前田家本の注釈書作成...前田家本『枕草子』と中世王朝物語を中心に研究を行った。『枕草子』諸本は三巻本、能因本、前田家本、堺本の四系統に分類されており、前田家本『枕草子』は鎌倉期において熱心な編集作業をしている点、興味深い。本研究では、前田家本の注釈書作成を目的とする。本年の作業としては、前田家本『枕草子』の書誌調査を行った。中世王朝物語は、個々の作品についての基礎研究が積み重ねられている段階で、これらの成立過程や成立圏が判明してくることで、当時の歌壇や『源氏物語』享受圏との重なりも見えてこよう。中世王朝物語については、『我が身にたどる姫君』や『恋路ゆかしき大将』についての調査を進め、論文化に手を付けた。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
中等国語科インターンシップ教育学部2019通年
ゼミナール B教育学部2019通年
中古文学演習I B教育学部2019通年
中古文学演習II B教育学部2019通年
日本文学講義3大学院文学研究科2019春学期
国文学特論3(古典文学)大学院教育学研究科2019春学期
中等国語科インターンシップ(大学院)大学院教育学研究科2019通年
国文学研究指導(M-1)(新美)大学院教育学研究科2019春学期
国文学研究指導(M-2)(新美)大学院教育学研究科2019秋学期
国文学演習(古典文学)(M1-1)(新美)大学院教育学研究科2019春学期
国文学演習(古典文学)(M1-2)(新美)大学院教育学研究科2019秋学期
国文学演習(古典文学)(M2-1)(新美)大学院教育学研究科2019春学期
国文学演習(古典文学)(M2-2)(新美)大学院教育学研究科2019秋学期
国語科内容学研究指導(D-1)(新美)大学院教育学研究科2019春学期
国語科内容学研究指導(D-2)(新美)大学院教育学研究科2019秋学期
古典文学研究演習(D-1)(新美)大学院教育学研究科2019春学期
古典文学研究演習(D-2)(新美)大学院教育学研究科2019秋学期