氏名

サカモト シズオ

坂本 静男

職名

教授

所属

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
s.sakamoto@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192所沢市 三ヶ島2-579-15 
電話番号
04-2947-6713
fax番号
04-2947-6713

URL等

研究者番号
00266032

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2014年-2014年

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2013年-2017年

スポーツ栄養研究所

研究所員 2013年-2017年

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2015年-

アクティヴ・エイジング研究所

研究所員 2018年-2022年

学歴・学位

学歴

-1976年 弘前大学 医学部 医学

学位

医学博士 論文 聖マリアンナ医科大学

経歴

1986年-1989年国際武道大学 講師
1989年-1991年国際武道大学 助教授
1991年-1994年国際武道大学 教授
2003年-早稲田大学スポーツ科学部 教授
2003年-順天堂大学医学部循環器内科客員教授
2004年-東京女子医科大学第2病院内科客員教授

所属学協会

日本臨床スポーツ医学会 理事

アジアスポーツ医学連盟 理事

日本臨床スポーツ医学会 評議員

日本体力医学会 評議員

日本運動生理学会

日本臨床生理学会

日本循環器学会

日本ゴルフ学会 評議員

アメリカスポーツ医学会

日本肥満学会

日本体力医学会 理事

日本糖尿病学会

日本内科学会

日本心電学会

日本体育学会

日本産業衛生学会

受賞

秩父宮記念スポーツ医・科学奨励賞(国体選手の医・科学サポートに関する研究班)

2000年

その他基本情報

運動またはスポーツを医学的に研究していくことの重要性を、最近になって再認識をしている。高齢化社会をむかえて、健康で長生きしていくためには、当然のことだがスポーツ医・科学のサポートがなければ不可能と思われるので。

研究分野

キーワード

スポーツ医学,循環器内科学、運動処方と運動療法、ヘルスプロモーション、心臓病態学、健康管理、成人保健、スポーツのためのメディカルチェック、スポーツ選手のコンディショニング

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / 応用健康科学

医歯薬学 / 内科系臨床医学 / 循環器内科学

医歯薬学 / 社会医学 / 衛生学・公衆衛生学

共同研究希望テーマ

生活習慣病に対する運動の効果

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:共同研究

スポーツ選手のコンディショニング

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:共同研究

研究テーマ履歴

2004年-基礎体力の向上をめざす生涯にわたる健康教育の総合的研究

研究テーマのキーワード:基礎体力、健康教育

国内共同研究

1993年-2002年国体選手の医科学サポートに関する研究

研究テーマのキーワード:国体選手,医科学サポート

国内共同研究

1984年-2003年冠危険因子に対するスポーツの効果に関する研究

研究テーマのキーワード:冠危険因子,スポーツ

機関内共同研究

1986年-1996年運動のためのメディカルチェックにおけるダイビング反射試験の意義

研究テーマのキーワード:ダイビング反射試験,メディカルチェック

国内共同研究

2001年-2003年ハンドボール選手の競技力向上のためのコンディショニングの検討

研究テーマのキーワード:ハンドボール選手, コンディショニング, 栄養調査

機関内共同研究

2003年-ウエスト/身長比と生活習慣病に関する検討

研究テーマのキーワード:ウエスト、内臓脂肪型肥満、生活習慣病

個人研究

脂質代謝異常に対する運動の効果

研究テーマのキーワード:脂質代謝異常、運動

個人研究

スポーツ選手に対するトータルコンディショニングの検討

研究テーマのキーワード:スポーツ選手、トータルコンディショニング

個人研究

生活習慣病に好ましい運動処方

研究テーマのキーワード:生活習慣病、運動処方

個人研究

論文

運動実施時間帯の違いが一過性持久性運動における代謝関連指標ならびにホルモン応答に及ぼす影響

金 鉉基、高橋将記、小西真幸、田端宏樹、遠藤直哉、沼尾成晴、鈴木克彦、坂本静男

日本臨床スポーツ医学会誌22(3)p.497 - 5052014年-

Comparative study between western and asian pharmaceutical plants: The efficacy of the Greek mastic and the Japanese ume

Tomoko Fukazawa, Hias Smyrnioudis, Masayuki Konishi, Masaki Takahashi, Hyeon-Ki Kim, Shigeharu Numao, Shizuo Sakamoto

Journal of the History of HellenicMedicine43p.31 - 382014年12月-

高脂肪食負荷下における朝や夕の自発的慢性運動がマウス体重増加抑制に与える影響

安藤加里菜、小西真幸、柴田重信、坂本静男

日本臨床生理学会雑誌44(3)p.149 - 1552014年08月-

Strong influence of dietary intake and physical activity on body fatness in elderly Japanese men: age-associated loss of polygenic resistance against obesity

Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Xiaomin Sun, Ryuken Ise, Satomi Oshima, Zhen-Bo Cao, Shizuo Sakamoto, Masashi Tanaka, Mitsuru Higuchi

Genes Nutr9p.416 - 4242014年07月-

DOI

High cardiorespiratory fitness can reduce glycated hemoglobin levels regardless of polygenic risk for Type 2 diabetes mellitus in nondiabetic Japanese Men

Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Xiaomin Sun, Ryuken Ise, Satomi Oshima, Zhen-Bo Cao, Shizuo Sakamoto, Masashi Tanaka, Mitsuru Higuchi

Physiol Genomics46p.497 - 5042014年05月-

DOI

The difference of the influence between acute swimming and running on cardiac fatigue in young males

Naoya Endo, Masayuki Konishi, Hyeon Ki Kim, Masaki Takahashi, Mio Nishimaki, Shigeharu Numao, Shizuo Sakamoto

Jpn J Clin Physiol44(2)p.77 - 892014年05月-

Effects of a single bout of aerobic exercise on short-term low- carbohydrate/high-fat intake-induced postprandial glucose metabolism during an oral glucose tolerance test

Shigeharu Numao, Hiroshi Kawano, Naoya Endo, Yuka Yamada, Masayuki Konishi, Masaki Takahashi, Shizuo Sakamoto

Metabolism Clinical and Experimental62(10)p.1406 - 14152013年10月-

DOI

Does cardiorespiratory fitness modify the association between birth weight and insulin resistance in adult life?

Tomoko Aoyama, Kazuyo Tsushita, Nobuyuki Miyatake, Takeyuki Numata, Motohiko Miyachi, Izumi Tabata, Zhen-Bo Cao, Shizuo Sakamoto, Mitsuru Higuchi

PLOS ONE8(9)p.1 - 62013年09月-

DOI

The association between physical activity and sex-specific oxydative stress in older adults

Masaki Takahashi, Masashi Miyashita, Jong-Hwan Park, Hyun-Shik Kim, Yoshio Nakamura, Shizuo Sakamoto, Katsuhiko Suzuki

Journal of Sports Science and Medicine12p.571 - 5782013年09月-

The effect of sports drink osmolality on fluid intake and immunoendocrine responses to cycling in hot conditions

Suzuki katsuhiko, Hashimoto Hideki, Oh Taewoong, Ishijima Toshimichi, Mitsuda Hiromichi, Peake Jonathan M., Sakamoto Shizuo, Muraoka Isao, Higuchi Mitsuru

Nutritional Sciences59(3)p.206 - 2122013年06月-

スポーツにおける内因性突然死

坂本静男

循環器内科73(1)p.95 - 1022013年01月-

Effect of different modes of exercise on appetite and appetite-rgulating hormones

Hiroshi Kawano, Mayuko Mineta, Meiko Asaka, Masashi Miyashita, Shigeharu Numao, Yuko Gando, Takafumi Ando, Shizuo Sakamoto, Mitsuru Higuchi

Appetite66(1)p.26 - 332013年-

Effect of one night of sleep deprivation on maximal fat oxidation during graded exercise

Masayuki Konishi, Masaki Takahashi, Naoya Endo, Shigeharu Numao, Shun Takagi, Masashi Miyashita, Taishi Midorikawa, Katsuhiko Suzuki, Shizuo Sakamoto

J Phys Fitness Sports Med2(1)p.121 - 1262013年-

Low-volume exercise training attenuate oxidative stress and neutrophils activation in older adults

Masaki Takahashi, Masashi Miyashita, Noriaki Kawanishi, Jong-Hwan Park, Harumi Hayashida, Huan-Shik Kim, Yoshio Nakamura, Shizuo Sakamoto, Katsuhiko Suzuki

Eur J Appl Physiol113p.1117 - 11262013年-

小児メタボリックシンドロームへの遺伝・運動・栄養の影響

坂本静男、緑川泰史、青山友子

日本小児科学会雑誌116(11)p.1688 - 16962012年11月-

Exercise prescription for fat metabolism disorder - From the view point of fat oxidationrate

Sakamoto Shizuo, Konishi Masayuki, Kim Hyeon Ki, Endoh Naoya, Takahashi Masaki, Takagi Syun, Midorikawa Taishi

The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine1(3)p.499 - 5042012年09月-

Short-term low carbohydrate/high-fat diet intake increases postprandial plasma glucose and glucagon-like peptide-1 levels during an oral glucose tolerance test in halthy men

Numao Shigeharu, Kawano Hiroshi, Endo Naoya, Yamada Yuka, Konishi Masayuki, Takahashi Masaki, Sakamoto Shizuo

European Journal of Clinical Nutrition66p.926 - 9312012年06月-

DOI

Appetite after rope skipping may differ between males and females

Kawano Hiroshi, Motegi Fumiya, Ando Takafumi, Gando Yuko, Mineta Mayuko, Numao Shigeharu, Miyashita Masashi, Sakamoto Shizuo, Higuchi Mitsuru

Obesity Research & Clinical Practice6(2)p.e121 - e1272012年04月-

スポーツと突然死—スポーツによる内科的急性障害

坂本静男

日本臨床スポーツ医学会誌20(2)p.236 - 2392012年04月-

食欲を抑制させる運動様式の探索

河野 寛、宮下政司、沼尾成晴、丸藤祐子、坂本静男、樋口 満

第27回健康医科学研究助成論文集p.52 - 612012年03月-

断眠の交感神経副腎髄質系およびHPA系に及ぼす影響—唾液中ストレス指標による検討—

小西真幸、高橋将記、遠藤直哉、沼尾成晴、高木 俊、宮下政司、緑川泰史、鈴木克彦、坂本静男

日本臨床生理学会雑誌41(3)p.129 - 1352011年06月-

Level of Resting Anabolic and Catabolic Hormones and Acute Hormonal Responses to Resistance Exercise in Male Rugby Footballers and Non-athletes

Yamada Yuka, Konishi Masayuki, Takagi Syun, Midorikawa Taishi, Goto Kazushige, Sakamoto Shizuo

Inaugural International Academy of Sportologyp.182 - 1882011年05月-

スポーツにおける内科的メディカルチェックUp To Date

坂本静男

日本臨床スポーツ医学会誌19(2)p.185 - 1892011年04月-

中等度強度以下の持久性運動が血中の活性酸素生成および白血球活性化マーカーに及ぼす影響

高橋将記、鈴木克彦、的場秀樹、佐竹昌之、坂本静男、小原繁

日本補完代替医療学会誌8(1)p.25 - 282011年03月-

Association between muscular strength and metabolic risk in Japanese women, but not in men

Aoyama Tomoko, Asaka Meiko, Ishijima Toshimichi, Kawano Hiroshi, Cao Zhen-Bo, Sakamoto Shizuo, Tabata Izumi, Higuchi Mituru

J Physiol Anthropol30(4)p.133 - 1392011年-

Characteristics of body composition and resting energy expenditure in lean young women

Hasegawa Ayana, Usui Chiyoko, Kawano Hiroshi, Sakamoto Shizuo, Higuchi Mitsuru

J Nutr Sci Vitaminol57p.74 - 792011年-

Prediction and validation of total and regional fat mass by B-mode ultrasound in Japanese prepubertal children

MIDORIKAWA Taishi, OHTA Megumi, HIKIHARA Yuki, TORII Suguru, MICHAEL G. Bemben and SAKAMOTO Shizuo

British Journal of Nutrition106(6)p.944 - 9502011年-

ランプ負荷法で決定した最大脂質酸化量を示す運動強度における長時間運動中の自覚的運動強度と脂質酸化量

高木 俊、小西真幸、緑川泰史、坂本静男、勝村俊仁

体力・栄養・免疫学雑誌21(1)p.37 - 442011年-

中高年男性における心肺体力と身体活動の量およびその強度との関係

青山友子、浅香明子、金子香織、石島寿道、河野 寛、坂本静男、田畑 泉、樋口 満

体力科学59(2)p.191 - 1972010年04月-

Metabolic profiles and fat distribution in Japanese college Sumo wrestlers

MIDORIKAWA Taishi, SAKAMOTO Shizuo, OHTA Megumi, TORII Suguru, KONISHI Masayuki, TAKAGI Shun, MICHAEL G. Bemben and KONDO Masakatsu

International Journal of Body Composition Research8(2)p.57 - 602010年-

Visceral Fat is a Strong Predictor of Insulin Resistance Regardless of Cardiorespiratory Fitness in Non-Diabetic People

USUI Chiyoko. ASAKA Meiko, KAWANO Hiroshi, AOYAMA Tomoko, ISHIJIMA Toshimichi, SAKAMOTO Shizuo, HIGUCHI Mitsuru

J Nutr Sci Vitaminol56p.109 - 1162010年-

同一の運動トレーニング習慣を有する集団における最高酸素摂取量,最大脂質酸化量,および最大脂質酸化量を示す運動強度の関連

高木俊、小西真幸、緑川泰史、坂本静男、勝村俊仁

体力・栄養・免疫学雑誌20(1)p.31 - 372010年-

栄養状態診査—スポーツ栄養アセスメント

坂本静男

臨床スポーツ医学26(Suppl)p.84 - 882009年11月-

貧血—疾病リスク低減と栄養・食事・運動

坂本静男

臨床スポーツ医学26(Suppl)p.148 - 1522009年11月-

中高年者における心肺体力とメタボリックシンドローム危険因子との関係—“健康づくりのための運動基準2006”を用いた検討—

青山友子,浅香明子,石島寿道,河野 寛,薄井澄誉子,坂本静男,田畑 泉,樋口 満

体力科学58(3)p.341 - 3512009年06月-

はじめのことば:スポーツドクター養成制度のあらまし—スポーツドクターとアスリート

坂本静男

体育の科学59(4)p.228 - 2332009年04月-

急性睡眠遮断後の20分または2時間仮眠の運動耐容能、内分泌機能に及ぼす影響

小西真幸、高木 俊、緑川泰史、鈴木克彦、坂本静男

日本臨床生理学会雑誌39(2)p.113 - 1192009年04月-

脂質代謝異常と運動—疾患のある人の運動

坂本静男

体育の科学58(8)p.529 - 5352008年08月-

脂質異常症における運動療法

坂本静男

動脈硬化予防7(2)p.23 - 312008年07月-

スポーツのためのメディカルチェックで認められた異常所見のとらえ方

坂本静男

日本臨床スポーツ医学会誌16(2)p.153 - 1592008年04月-

メタボリックシンドロームに対する運動の効果

坂本静男

日本歯科医師会雑誌61(1)p.6 - 162008年04月-

若年男性スポーツ選手および一般外来患者における最大脂質燃焼量と脂質代謝の検討

坂本静男、渡辺尚彦、赤間高雄、鳥居 俊、福林 徹、橋本俊彦

日本臨床スポーツ医学会誌15(2)p.236 - 2422007年04月-

TF8スポーツ分類 TF9薬物と競技能力増進物質—循環器疾患を有する人の「新しい」競技参加許可条件

坂本静男

臨床スポーツ医学23(7)p.837 - 8452006年07月-

メタボリックシンドロームと生活習慣—メタボリックシンドロームと運動

坂本静男

体育の科学56(7)p.550 - 5532006年07月-

オーバートレーニング症候群とその対処法について教えてください—プライマリ・ケア医のためのスポーツ障害・外傷の診かた

坂本静男

治療/南山堂88(6)p.1797 - 17992006年06月-

若年成人女性におけるウエスト周囲径およびウエスト/身長比と冠危険因子との関連

坂本静男、川久保 清

肥満研究11(3)p.296 - 3002005年12月-

Relation between waist circumference or waist/height ratio and coronary risk factors in young women

SAKAMOTO Shizuo, TOBA Yasumitsu, KAWAKUBO Kiyoshi

The proceeding of 4th European Sports Medicine Congress ( Lemesos 2005 )p.117 - 1222005年11月-

減量には、ウォーキングよりも筋トレがよいの?—健康づくりの新常識

坂本静男

季刊クリニックQ & A/研友企画出版(533)p.92005年07月-

僧帽弁逸脱症候群—突然死

坂本静男

日本臨床/日本臨床社63(7)p.1195 - 12002005年07月-

スポーツ選手の貧血

坂本静男

整形・災害外科/金原出版48(5)p.671 - 6762005年05月-

ジュニアレスリング選手における試合に向けた減量の実態

相沢勝治、久木留 毅、増島 篤、中嶋公平、坂本静男、鳥羽泰光、西牧健吾、細川 完、青山晴子、大庭治雄

日本臨床スポーツ医学会誌13(2)p.214 - 2192005年04月-

肥満型耐糖能障害例に対する運動療法

坂本静男

耐糖能障害—基礎・臨床研究の最新情報—/日本臨床社63(増刊)p.517 - 5202005年02月-

早稲田大学スポーツ医科学クリニック構想

坂本静男

体育の科学54(4)p.277 - 2802004年04月-

肥満指標としてのウエストあるいはウエスト/身長比の有用性—内臓脂肪面積との関連性

坂本静男、中島佳子、飯島敏彦

肥満研究10(1)p.37 - 402004年04月-

運動によって増加するHDL-コレステロール亜分画

坂本静男

体育の科学/杏林書院54(1)p.32 - 372004年01月-

Exercise therapy for lifestyle-related diseases-hyperlipemia, from theory to health insurerance care

SAKAMOTO,Shizuo

Japanese Journal of Clinical Sports Medicine11(3)p.434 - 4422003年08月-

Hyperlipemia: the exercise therapy of life-style related disease-from the theory to the medical treatment by insurance

SAKAMOTO,Shizuo

The Journal of Clinical Sports Medicine11(3)p.434 - 4422003年08月-

高脂血症:生活習慣病の運動療法−理論から保険診療

坂本静男

日本臨床スポーツ医学会誌11(3)p.434 - 4422003年08月-

スポーツ選手における貧血の原因と対策ー質疑応答Q & A

坂本静男

日本医事新報(4108)p.108 - 1092003年03月-

Relationship between changes of exercise frequency and changes of HDL2-cholesterol level

SAMOTO,Shizuo

ⅩⅩⅦ FIMS world congress of sports medicinep.153 - 1582002年11月-

10年間のウォーキングにおける身体データの推移

坂本静男

スポーツメディスン14(9)p.46 - 472002年09月-

スポーツのためのメディカルチェックースポーツ現場でのリスクマネージメント

坂本静男

Mebio19(9)p.125 - 1312002年09月-

夏のスポーツ障害ー貧血

坂本静男

日経メディカル(417)p.127 - 1292002年08月-

旅行時のウォーキング、食事と体重変動

坂本静男

スポーツメディスン14(8)p.36 - 372002年08月-

スポーツ行事と安全管理

坂本静男

臨床スポーツ医学19(7)p.1053 - 10592002年07月-

僧帽弁逸脱症と突然死ーアスリートにおける突然死

坂本静男

臨床スポーツ医学19(7)p.903 - 9092002年07月-

簡単な指標による肥満のみかたー運動療法指導ノート

坂本静男

スポーツメディスン14(5)p.48 - 492002年05月-

The health management of athletes

SAKAMOTO, Shizuo

The Journal of Clinical Sports Medicine19(4)p.427 - 4372002年04月-

ウォーキングとHDL2-コレステロールー運動療法指導ノート

坂本静男

スポーツメディスン14(4)p.46 - 492002年04月-

競技選手の健康管理

坂本静男

臨床スポーツ医学/文光堂19(4)p.427 - 4372002年04月-

Relationship Between Changes of Exercise Frequency and Changes of HDL<SUB>2</SUB>-Cholesterol Level

SAKAMOTO, Shizuo

XXVⅡ FIMS World Congress of Sports Medicinep.153 - 1582002年-

The health management of athletes

SAKAMOTO,Shizuo

The Journal of Clinical Sports Medicine19(4)p.427 - 4372002年-

Efficacy of metformin in non-obese type 2 diabetic patients with secondary failure to sulfonylurea therapy

IIJIMA,Toshihiko SAKAMOTO,Shizuo NAKAJIMA,Yoshiko TOBA,Yasumitsu

General Medicine2(1)p.11 - 162001年12月-

肥満タイプによる最大脂質燃焼量—運動療法指導ノート

坂本静男

スポーツメディスン/ブックハウスHD13(9)p.46 - 472001年12月-

肥満者に対する安全かつ効果的な運動処方作成のためのメディカルチェック

坂本静男、飯島敏彦

肥満研究/日本肥満学会7(3)p.224 - 2272001年12月-

長距離走と抗ストレスホルモンの動態

坂本静男

体育の科学/杏林書院51(10)p.789 - 7932001年10月-

冠動脈疾患—スポーツ参加・禁止基準

坂本静男

臨床スポーツ医学/文光堂18(7)p.795 - 8012001年07月-

運動と内科—突然死・熱中症

坂本静男

臨床スポーツ医学/文光堂18(4)p.441 - 4522001年04月-

国体選手における医・科学サポートとガイドライン(共著)

中嶋寛之、坂本静男 他

日本体育協会2001年03月-

The guideline and support of sports medicine and science for athletes participating national sports festival

2001年-

The usefulness of exercise therapy to male obese fatty liver patients-from a point of view of the difference of maximal lipid combustion rate

NAKAJIMA, Yoshiko, SAKAMOTO, Shizuo, IIJIMA,Toshihiko

Journal of Japan Society for the Study of Obesity5(2)p.91 - 931999年04月-

Effect of combination therapy of a sulfonylurea drug and α-glucosidase inhibitor on endogenous insulin secretion

IIJIMA, Toshihiko, SAKAMOTO,Shizuo, TAKANO, Kikuo, NAKAJIMA, Yoshiko

The Journal of Japanese Society for Clinical Physician of Internal Medicine13(6)p.236 - 2391999年-

α-グルコシダーゼ阻害薬併用の内因性インスリン分泌能に及ぼす影響(SU剤治療中NIDDMにおける検討)

飯島敏彦、坂本静男、高野喜久雄、中嶋佳子

日本臨床内科医会会誌13(6)p.236 - 2391999年-

男性肥満型脂肪肝患者に対する運動療法の有用性-最大脂質燃焼量の差異に着目して-

中嶋佳子、飯島敏彦、坂本静男、鳥羽泰光、相沢邦彦、南谷和利、田中健毅

肥満研究5(2)p.91 - 931999年-

内科疾患に対する運動療法

坂本静男、中嶋佳子、田中健毅、相沢邦彦、田中洋子、飯島敏彦

順天堂医学44(3)p.231 - 2401998年12月-

The research of contents of the judgement "necessity for thorough examination" in medical check-up to athletes participating the National Sports Festival

SAKAMOTO, Shizuo, KAWAHARA, Takashi, FUKUBAYASHI, Tohru, NAKAJIMA, Hiroyuki

The Journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine15(3)p.161 - 1671998年07月-

国体選手のメディカルチェック総合判定要精査の内容の検討

坂本静男、川原 貴、福林 徹、中嶋寛之

日本臨床スポーツ医学会誌6(3)p.161 - 1671998年07月-

脂肪肝・糖尿病など代謝疾患患者に対する運動療法

坂本静男、飯島敏彦

順天堂医学43(3)p.377 - 3851997年12月-

脂肪肝の現状

飯島敏彦、坂本静男

順天堂医学43(3)p.369 - 3761997年12月-

12週間ウォーキング講座継続・脱落者における感情プロフィール(POMS)

川久保 清、坂本静男

日本臨床スポーツ医学会誌5(1)p.27 - 301997年01月-

Profile of Mood States(POMS) of Persons who continued or dropped out walking during 12 weeks

The Journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine5(1)p.27 - 301997年-

The exercise therapy to the patient possessing abnormal metabolism that is fatty liver and/or diabetes mellitus et al

Juntendo Medical Journal43(3)p.377 - 3851997年-

The present of fatty liver

Juntendo Medical Journal43(3)p.369 - 3761997年-

アンケート調査から見たゴルフ場の事故の実態(IV-1)

ゴルフの科学9(1)p.1 - 101996年05月-

Safety Measures in Golf(IV-1) Accidents and Injuries obtained through a Questionnaire Survey in Chugoku and Shikoku Districts

Japan Journal of Golf Sciences9(1)p.1 - 101996年-

The Study of the Effectiveness of Exercise Prescription based on Maximal Lipid Combustion Rate

The Journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine.4(1)p.47 - 501996年-

最大脂質燃焼量を参考にした運動処方の有効性の検討

日本臨床スポーツ医学会誌4(1)p.47 - 501996年-

最大脂質燃焼量を参考にした運動処方の有効性の検討

坂本静男、平野清孝、村永信吾、鳥羽泰光

臨床スポーツ医学12(7)p.839 - 8421995年07月-

女子長距離走選手に対する内科的健康管理-特に貧血およびオーバートレーニング症候群に関して-

坂本静男、中元淑江、野村亜紀、川野哲英

トレーニング科学6(2)p.139 - 1461995年02月-

最大脂質燃焼量の運動処方および運動の効果判定への応用に関する研究

坂本静男、江藤昌子、平野清孝、村永信吾、鳥羽泰光

日本臨床スポーツ医学会誌3(1)p.57 - 621995年01月-

The Study Concerning with the Application of Maximal Lipid Combustion Rate to Exercise Prescription and Judgment for the Effect of Exercise

The Journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine3/1,57-621995年-

The Study of the Usefulness of Exercise Prescription based on Maximal Lipid Combustion Rate

The Journal of Clinical Sports Medicine12/7,839-8421995年-

肥満体育大学生の体脂肪率、血中脂質およびapolipoproteinと体育大学生における肥満および脂質代謝異常の現状

坂本静男、山本利春、尾方景純、金久博昭、武藤正博、新井重信、吉原 紳、鳥羽泰光、朝日洋一、川久保 清

日本臨床スポーツ医学会誌2(2)p.167 - 1721994年03月-

% Body Fat, Serum Lipid and Apolipoprotein in Obese Students of Faculty of Physical Education, and the Real State of Obesity and Abnormal Lipid Metabolism in Students of Faculty of Physical Education

The Journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine2/2,167-1721994年-

Internal Health Management to Female Long Distance Runners-Particularly Anemia and Overstraining Syndrome-

Journal of Training Science6/2,139-1461994年-

一般市民スポーツ愛好家における冠危険因子保有状況およびトレッドミル時間からみた運動の効果

坂本静男、大久保浩司、朝日洋一、村山正博

臨床スポーツ医学9(5)p.535 - 5391992年05月-

The Real State of Coronary Risk Factors Possessed by Amateur Sports Men, and the Effect of Exercise in the Point of View of Treadmill Time

The Journal of Clinical Sports Medicine9/5,535-5391992年-

ゴルフ愛好家における冠危険因子の実態

坂本静男、朝日洋一、吉原 紳、大久保浩司

ゴルフの科学4(2)p.24 - 301991年03月-

潜水徐脈からみた迷走神経緊張度の日内変動と潜水徐脈に対する水温の影響

坂本静男、武藤正博、山本利春

国際武道大学紀要6p.31 - 331991年03月-

日常生活動作における心拍反応およびそれに相応した運動負荷試験の臨床応用について

坂本静男

日本臨床生理学会雑誌21(1)p.17 - 281991年02月-

Heart Rate Response to Usual Daily Activities and the Clinical Application of a High Level Single Stage Protocol in Exercise Stress Test

Japanese Journal of Applied Physiology21/1,17-281991年-

The Daily Profile of Vagal Tonus Presumed by Diving Bradycardia and the Effect of Water Temperature to Diving Bradycardia

The International Budo University Journal6/,31-331991年-

The Real States of Coronary Risk Factors of Amateur Golfers

Japan Journal of Golf Sciences4/2,24-301991年-

diving reflexにおける徐脈反応について

村山正博、坂本静男

体育科学17p.190 - 1931990年02月-

The Effect to Human Body by Long-Distance Walking

The Journal of Clinical Sports Medicine7/Suppl,122-1261990年-

長距離ウォーキングの人体への影響

臨床スポーツ医学7(Suppl)p.122 - 1261990年-

Bradycardia during Diving Reflex Test

Rep. Res. Cent. Phys. Ed.17/,190-1931989年-

中高年者のトレッドミル運動負荷試験におけるend-pointについて

村山正博、坂本静男

体育科学15p.203 - 2061988年02月-

The End-point of a Treadmill Exercise Testing for Middle and Higher-aged Men

Rep. Res. Cent. Phys. Ed.15/,203-2061988年-

運動外来開設1年余における受診者の検討

村山正博、坂本静男

体育科学14p.195 - 2001987年02月-

単一急激運動負荷方式におけるST変化と循環および血中カテコラミン動態

村山正博、坂本静男

体育科学14p.153 - 1571987年02月-

Experiences in a Medical-Clinic for Exercise

Rep. Res. Cent. Phys. Ed.14/,195-2001987年-

健康者におけるメディカルチェックのための運動負荷試験について

坂本静男、

最新医学41(8)p.1911 - 19141986年08月-

Changes in ST Hemodynamics and Blood Catecholamines during Single Sudden Strenuous Exercise Loading

Rep. Res. Cent. Phys. Ed.14/,153-1571986年-

Exercise Stress Test for Medical Check in Healthy People

The Saishin-Igaku41/8,1911-19141986年-

高齢者におけるジョギングおよびマラソン中のHolter心電図

坂本静男、村山正博、松浦宏明、野田晴彦、川原 貴、大城雅也、黒田善雄

臨床スポーツ医学2(5)p.553 - 5631985年09月-

Holter Electrocardiography during Jogging and Marathon in Old-Age

The Journal of Clinical Sports Medicine2/5,553-5631985年-

Effects of Different Intensities of Endurance Exercise on Oxidative Stress and Leukocyte Activation Markers

Takahashi, Masaki;Suzuki, Katsuhiko;Matoba, Hideki;Sakamoto, Shizuo;Obara, Shigeru

JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE27p.382 - 3822012年-2012年

WoS

詳細

ISSN:0884-8734

Effects Of 6 Month-rowing Training On The Risk Factors Of Lifestyle-related Diseases In Elderly Men

Asaka, Meiko;Kawano, Hiroshi;Aoyama, Tomoko;Ishijima, Toshimichi;Sakamoto, Shizuo;Higuchi, Mitsuru

JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE27p.516 - 5162012年-2012年

WoS

詳細

ISSN:0884-8734

Prediction and validation of total and regional skeletal muscle volume using B-mode ultrasonography in Japanese prepubertal children

Midorikawa, Taishi;Ohta, Megumi;Hikihara, Yuki;Torii, Suguru;Sakamoto, Shizuo

BRITISH JOURNAL OF NUTRITION114(8)p.1209 - 12172015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0007-1145

Effects of Different Intensities of Endurance Exercise in Morning and Evening on the Lipid Metabolism Response

Kim, Hyeon-Ki;Ando, Karina;Tabata, Hiroki;Konishi, Masayuki;Takahashi, Masaki;Nishimaki, Mio;Xiang, Mi;Sakamoto, Shizuo

JOURNAL OF SPORTS SCIENCE AND MEDICINE15(3)p.467 - 4762016年-2016年

WoS

詳細

ISSN:1303-2968

スポーツにおける内科的メディカルチェック Up To Date

坂本 静男

日本臨床スポーツ医学会誌 = The journal of Japanese Society of Clinical Sports Medicine19(2)p.185 - 1892011年04月-2011年04月 

CiNii

詳細

ISSN:13464159

Cardiorespiratory Fitness is a Strong Predictor of the Cardio-ankle Vascular Index in Hypertensive Middle-aged and Elderly Japanese Men

Tanisawa Kumpei;Ito Tomoko;Sun Xiaomin;Kawakami Ryoko;Oshima Satomi;Gando Yuko;Cao Zhen-Bo;Sakamoto Shizuo;Higuchi Mitsuru

Journal of Atherosclerosis and Thrombosis22(4)p.379 - 3892015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1340-3478

概要:Aim: This study aimed to examine whether cardiorespiratory fitness (CRF) is associated with arterial stiffening, evaluated using the cardio-ankle vascular index (CAVI), independent of visceral fat (VF) in middle-aged and elderly Japanese men. We also examined whether the relationship between CRF and the CAVI is modified by age and/or hypertension.
Methods: The CAVI was determined in 157 Japanese men (age range, 30-79 years), including 96 hypertensive subjects (61.1%). CRF was assessed by measuring the peak oxygen uptake (O2peak). The subjects were divided into low- and high-CRF groups, and the VF area was assessed using magnetic resonance imaging.
Results: The O2peak correlated with the CAVI following adjustment for age and body mass index in the middle-aged and elderly groups (all the subjects: r=−0.285, p<0.001; middle-aged: r=−0.240, p=0.040; elderly: r=−0.225, p=0.049). VF also correlated with the CAVI (r=0.230, p=0.004). A multiple linear regression analysis revealed that age (β=0.406, p<0.001) and the O2peak (β=−0.186, p=0.015) were associated with the CAVI independently of VF and the mean blood pressure. Twoway ANCOVA adjusted for age demonstrated that the hypertensive individuals had higher CAVI values than the normotensive individuals in the low-CRF group, whereas no significant differences in the CAVI were observed in the high-CRF group (p for interaction <0.05).
Conclusions: In the present study, CRF was found to be associated with the CAVI, independent of age and VF, in hypertensive middle-aged and elderly Japanese men.

メタボリックシンドロームに対する安全で効果的な運動内容とは −薬物使用者も含めて−

坂本 静男

体力科学65(1)p.81 - 812016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0039-906X

皮膚温の2℃低下に着目した生理・生化学的な検討 −実験室および現地調査の報告−

小西 真幸;坂本 静男

体力科学66(1)p.56 - 562017年-2017年

CiNii

気候性地形療法を基本にした「クアオルト健康ウオーキング」の過去・現在・未来

坂本 静男;小関 信行

体力科学66(1)p.51 - 512017年-2017年

CiNii

Association between muscular strength and metabolic risk in Japanese women, but not in men.

Aoyama Tomoko;Asaka Meiko;Ishijima Toshimichi;Kawano Hiroshi;Cao Zhen-Bo;Sakamoto Shizuo;Tabata Izumi;Higuchi Mitsuru

Association between muscular strength and metabolic risk in Japanese women, but not in men.30(4)2011年-2011年

詳細

ISSN:1880-6805

概要::We examined whether cardiorespiratory fitness (maximal oxygen uptake, VO(2)max) and muscular strength (grip strength) are associated with individual and clustered metabolic risk factors independently of abdominal adiposity in Japanese men (n=110) and women (n=110) aged 20-69 years. Blood pressure, triglycerides (TG), HDL cholesterol, and fasting plasma glucose (FPG) were assessed and metabolic risk score was calculated, which is the sum of the z scores for each individual risk factor. Waist circumference was measured and the area of visceral fat was assessed by MRI. Multiple linear regression analysis revealed that VO(2)max was inversely associated with TG in men (p<0.05) and grip strength was negatively associated with FPG and metabolic risk score in women (p<0.001 and p<0.05, respectively), independently of waist circumference. Adjusting for visceral fat instead of waist circumference, similar results were obtained in women (p<0.01 and p<0.05, respectively), but the association between VO(2)max and TG in men was attenuated to nonsignificant. This cross-sectional study demonstrates that muscular strength is inversely associated with plasma glucose levels and clustered metabolic risk factors independently of abdominal adiposity in Japanese women, but not in men.

The association between physical activity and sex-specific oxidative stress in older adults.

Takahashi Masaki;Miyashita Masashi;Park Jong-Hwan;Kim Hyun-Shik;Nakamura Yoshio;Sakamoto Shizuo;Suzuki Katsuhiko

Journal of sports science & medicine12(3)2013年-2013年

PubMed

詳細

ISSN:1303-2968

概要::Oxidative stress increases with advancing age and is a mediator of several diseases including cancer, cardiovascular disease, and diabetes. Moreover, postmenopausal women have a lower estrogen concentration, which is associated with elevated oxidative stress. However, there is no definitive evidence regarding the relationship between daily physical activity and oxidative stress status in older adults, including postmenopausal women. Twenty-nine adults (age, 70.1 ± 1.0 years, mean ± SE; 12 women and 17 men) were examined in this cross-sectional study. Prior to blood collection, the participants were asked to wear a uniaxial accelerometer for 4 consecutive weeks to determine their level of physical activity. After a 48-h period of physical activity avoidance and a 10-h overnight fast, venous blood samples were obtained from each participant. Fasting plasma derivatives of reactive oxygen metabolites (d-ROMs) and malondialdehyde (MDA) concentrations of oxidative stress markers were negatively correlated with the amount of physical activity in women (d-ROMs; r = -0.708, p = 0.002) (MDA; r = -0.549, p = 0. 028), but not in men. Fasting plasma biological antioxidant potential of antioxidant capacity marker was positively correlated with the amount of physical activity in women (BAP; r = 0.657, p = 0.006) (GSH; r = 0.549, p = 0.028), but not in men. Moreover, superoxide dismutase activity of antioxidant capacity marker was positively correlated with the amount of physical activity in men (r = 0.627, p = 0.039), but not in women. There were no associations between physical activity and other oxidative stress markers (reduced and oxidized glutathione, glutathione peroxidise, thioredoxin). These findings suggest that regular physical activity may have a protective effect against oxidative stress by increasing total antioxidant capacity, especially in postmenopausal women. Key PointsIt is important to consider daily physical activity status when evaluating antioxidant capacity.Sex differences affect the alteration of oxidative stress markers induced by daily physical activity.Regular physical activity may have a protective effect against oxidative stress by increasing total antioxidant capacity, especially in postmenopausal women.

Prediction and validation of total and regional skeletal muscle volume using B-mode ultrasonography in Japanese prepubertal children

Midorikawa, Taishi; Ohta, Megumi; Hikihara, Yuki; Torii, Suguru; Sakamoto, Shizuo

British Journal of Nutrition114(8)p.1209 - 12172015年08月-2015年08月 

PubMedDOIScopus

詳細

ISSN:00071145

概要:© The Authors 2015. Very few effective field methods are available for accurate, non-invasive estimation of skeletal muscle volume (SMV) and mass in children. We aimed to develop regression-based prediction equations for SMV, using ultrasonography, in Japanese prepubertal children, and to assess the validity of these equations. In total, 145 healthy Japanese prepubertal children aged 6-12 years were randomly divided into two groups: the model development group (sixty boys, thirty-seven girls) and the validation group (twenty-nine boys, nineteen girls). Reference data in the form of contiguous MRI with 1-cm slice thickness were obtained from the first cervical vertebra to the ankle joints. The SMV was calculated by the summation of digitised cross-sectional areas. Muscle thickness was measured using B-mode ultrasonography at nine sites in different regions. In the model development group, strong, statistically significant correlations were observed between the site-matched SMV (total, arms, trunk, thigh and lower legs) measured by MRI and the muscle thickness×height measures obtained by ultrasonography, for both boys and girls. When these SMV prediction equations were applied to the validation groups, the measured total and regional SMV were also very similar to the values predicted for boys and girls, respectively. With the exception of the trunk region in girls, the Bland-Altman analysis for the validation group did not indicate any bias for either boys or girls. These results suggest that ultrasonography-derived prediction equations for boys and girls are useful for the estimation of total and regional SMV.

Diurnal variation in the diving bradycardia response in young men

Konishi, Masayuki; Kawano, Hiroshi; Xiang, Mi; Kim, Hyeon Ki; Kim, Hyeon Ki; Ando, Karina; Tabata, Hiroki; Nishimaki, Mio; Nishimaki, Mio; Sakamoto, Shizuo

Clinical Autonomic Research26(2)p.135 - 1402016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09599851

概要:© 2016, Springer-Verlag Berlin Heidelberg.Purpose: The present study aimed to examine diurnal variation of the diving bradycardia responses on the same day. Methods: Eighteen young men (age 26 ± 2 years; height 174.2 ± 6.0 cm; body mass 70.2 ± 8.1 kg; body fat 18.0 ± 3.8 %; mean ± standard deviation) participated in this study. Oral temperature, heart rate variability (HRV) from 5-min of electrocardiogram data, and diving bradycardia responses were measured at 0900, 1300, and 1700 hours daily. All participants performed diving reflex tests twice in the sitting position with the face immersed in cold water (1.9–3.1 °C) and apnea at midinspiration for a minimum of 30 s and as long as possible, in consecutive order. Results: Oral temperature was found to be less in the morning (0900) than in the afternoon (1300) and evening (1700). In the frequency domain parameters of heart rate variability, the natural logarithms of high-frequency power were higher in the morning than in the evening. All participants showed bradycardia response to the two diving reflex tests. The peak values of R–R interval during the diving reflex test both for as long as possible and 30 s were longer in the morning than in the afternoon and evening. Conclusion: Our results indicated that the maximal bradycardia during the diving reflex test exhibits a diurnal variation, with peak levels at morning and gradual decrease towards the evening. The HRV indexes show the same variation.

Sex-related difference in muscle deoxygenation responses between aerobic capacity-matched elderly men and women

Takagi, Shun; Takagi, Shun; Kime, Ryotaro; Niwayama, Masatsugu; Osada, Takuya; Murase, Norio; Sakamoto, Shizuo; Katsumura, Toshihito

Advances in Experimental Medicine and Biology876p.55 - 612016年01月-2016年01月 

PubMedDOIScopus

詳細

ISSN:00652598

概要:© Springer Science+Business Media, New York 2016.Muscle O2 dynamics during ramp cycling exercise were compared between aerobic capacity-matched elderly men (n=8, age 65±2 years) and women (n=8, age 66±3 years). Muscle O2 saturation (SmO2) and relative change in deoxygenated (Δdeoxy-Hb) and total hemoglobin concentration (Δtotal-Hb) were monitored continuously during exercise in the vastus lateralis (VL) and gastrocnemius medialis (GM) by near infrared spatial resolved spectroscopy. SmO2 was significantly higher during exercise in women than in men in VL, but not in GM. In VL, Δdeoxy-Hb and Δtotal-Hb were significantly higher in men than in women, especially during high intensity exercise. However, no significant difference was observed in Δdeoxy-Hb or Δtotal-Hb in GM. Sex-related differences in muscle deoxygenation response may be heterogeneous among leg muscles in elderly subjects.

Characteristics of body composition and resting energy expenditure in lean young women.

Hasegawa Ayana;Usui Chiyoko;Kawano Hiroshi;Sakamoto Shizuo;Higuchi Mitsuru

Characteristics of body composition and resting energy expenditure in lean young women.57(1)2011年-2011年

詳細

ISSN:1881-7742

概要::The number of lean young women has been increasing. Fear of being fat may induce unnecessary attempts to reduce body weight, which can cause several types of illness. Many investigations have demonstrated dysfunction of the hypothalamus and metabolic differences in patients with anorexia nervosa. However, it is unclear whether there are any differences in physical characteristics between women with lower body weight and no illness compared to those of normal body weight. In this study, we investigated the differences in body composition, biochemical parameters, and resting energy expenditure (REE) between young women with low and normal body mass index (BMI). Twenty lean women (BMI<18.5 kg/m(2)) and 20 normal women (18.5≤BMI<25 kg/m(2)) were recruited for this study. Body composition, biochemical parameters, and REE (REEm: measurement of REE) were measured, and the REE (REEe: estimation of REE) was estimated by using a prediction model. Marked differences were found in body composition. All of the values of blood analysis were in the normal ranges in both groups. REEm (kcal/d and kcal/kg BW/d) was significantly lower in lean than in normal women, but there were no significant differences in the REEm to fat free mass (FFM) ratio between the two groups. In addition, there was good agreement between REEm and REEe obtained from the specific metabolic rates of four tissue organs. These data indicate that the lean women without any illness have normal values of biochemical parameters and energy metabolism compared to women with normal BMI.

Effects of different intensities of endurance exercise in morning and evening on the lipid metabolism response

Kim, Hyeon Ki; Kim, Hyeon Ki; Ando, Karina; Tabata, Hiroki; Konishi, Masayuki; Takahashi, Masaki; Nishimaki, Mio; Xiang, Mi; Sakamoto, Shizuo

Journal of Sports Science and Medicine15(3)p.467 - 4762016年09月-2016年09月 

Scopus

詳細

概要:© Journal of Sports Science and Medicine.To study the effects of different exercise intensity performed at different exercise times on lipid metabolism response during prolonged exercise. Nine young men performed endurance exercise at different exercise intensities (60%VO2max or Fatmax) in the morning (9 am to 10 am) or evening (5 pm to 6 pm); blood samples were collected before exercise and immediately and one and two hours after exercise completion. Expired gas was analyzed from the start of exercise until two hours after exercise completion. There were no significant changes in cate-cholamine (adrenaline and noradrenaline) and free fatty acid levels between morning and evening trials for each endurance exercise intensity. However, the morning and evening trials both exhibited significantly higher lipid oxidation at Fatmax than that at 60%VO2max. These results suggest that exercise at Fatmax offers greater lipid oxidation than that at 60%VO2max, regardless of exercise timing.

Short-term high-fat diet alters postprandial glucose metabolism and circulating vascular cell adhesion molecule-1 in healthy males

Numao, Shigeharu; Numao, Shigeharu; Kawano, Hiroshi; Endo, Naoya; Yamada, Yuka; Takahashi, Masaki; Konishi, Masayuki; Sakamoto, Shizuo

Applied Physiology, Nutrition and Metabolism41(8)p.895 - 9022016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:17155312

概要:© 2016, Canadian Science Publishing. All rights reserved.Short-term intake of a high-fat diet aggravates postprandial glucose metabolism; however, the dose-response relationship has not been investigated. We hypothesized that short-term intake of a eucaloric low-carbohydrate/high-fat diet (LCHF) would aggravate postprandial glucose metabolism and circulating adhesion molecules in healthy males. Seven healthy young males (mean ± SE; age: 26 ± 1 years) consumed either a eucaloric control diet (C, approximately 25% fats), a eucaloric intermediatecarbohydrate/ intermediate-fat diet (ICIF, approximately 50% fats), or an LCHF (approximately 70% fats) for 3 days. An oral meal tolerance test (MTT) was performed after the 3-day dietary intervention. The concentrations of plasma glucose, insulin, glucagonlike peptide-1 (GLP-1), intercellular adhesion molecule-1, and vascular cell adhesion molecule-1 (VCAM-1) were determined at rest and during MTT. The incremental area under the curve (iAUC) of plasma glucose concentration during MTT was significantly higher in LCHF than in C (P = 0.009). The first-phase insulin secretion indexes were significantly lower in LCHF than in C (P = 0.04). Moreover, the iAUC of GLP-1 and VCAM-1 concentrations was significantly higher in LCHF than in C (P = 0.014 and P = 0.04, respectively). The metabolites from ICIF and C were not significantly different. In conclusion, short-term intake of eucaloric diet containing a high percentage of fats in healthy males excessively increased postprandial glucose and VCAM-1 concentrations and attenuated first-phase insulin release.

Validity of segmental bioelectrical impedance analysis for estimating fat-free mass in children including overweight individuals

Ohta, Megumi; Midorikawa, Taishi; Hikihara, Yuki; Masuo, Yoshihisa; Sakamoto, Shizuo; Torii, Suguru; Kawakami, Yasuo; Fukunaga, Tetsuo; Kanehisa, Hiroaki

Applied Physiology, Nutrition and Metabolism42(2)p.157 - 1652017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:17155312

概要:© 2017, Canadian Science Publishing. All rights reserved.This study examined the validity of segmental bioelectrical impedance (BI) analysis for predicting the fat-free masses (FFMs) of whole-body and body segments in children including overweight individuals. The FFM and impedance (Z) values of arms, trunk, legs, and whole body were determined using a dual-energy X-ray absorptiometry and segmental BI analyses, respectively, in 149 boys and girls aged 6 to 12 years, who were divided into model-development (n = 74), cross-validation (n = 35), and overweight (n = 40) groups. Simple regression analysis was applied to (length)2/Z (BI index) for each of the whole-body and 3 segments to develop the prediction equations of the measured FFM of the related body part. In the model-development group, the BI index of each of the 3 segments and whole body was significantly correlated to the measured FFM (R2 = 0.867-0.932, standard error of estimation = 0.18-1.44 kg (5.9%-8.7%)). There was no significant difference between the measured and predicted FFM values without systematic error. The application of each equation derived in the model-development group to the crossvalidation and overweight groups did not produce significant differences between the measured and predicted FFM values and systematic errors, with an exception that the arm FFM in the overweight group was overestimated. Segmental bioelectrical impedance analysis is useful for predicting the FFM of each of whole-body and body segments in children including overweight individuals, although the application for estimating arm FFM in overweight individuals requires a certain modification.

Visceral fat area is a strong predictor of leukocyte cell-derived chemotaxin 2, a potential biomarker of dyslipidemia

Tanisawa, Kumpei; Tanisawa, Kumpei; Tanisawa, Kumpei; Tanisawa, Kumpei; Taniguchi, Hirokazu; Sun, Xiaomin; Ito, Tomoko; Kawakami, Ryoko; Sakamoto, Shizuo; Sakamoto, Shizuo; Higuchi, Mitsuru; Higuchi, Mitsuru

PLoS ONE12(3)2017年03月-2017年03月 

PubMedDOIScopus

詳細

概要:© 2017 Tanisawa et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Background Leukocyte cell-derived chemotaxin 2 (LECT2) is a hepatokine linking obesity to skeletal muscle insulin resistance. Although previous studies reported that obesity was associated with high levels of circul ating LECT2 in human, the associations of detailed body fat distribution with LECT2 levels have not been examined. Furthermore, although animal study suggested that exercise decreased circulating LECT2 levels, it remains unknown whether physical fitness is associated with LECT2 levels in human. We therefore examined the relationship of plasma LECT2 levels with various adiposity indices and cardiorespiratory fitness (CRF) in middle-aged and elderly Japanese men. Furthermore, we examined the relationship of LECT2 levels with the presence of metabolic syndrome, hypertension, insulin resistance and dyslipidemia to determine the clinical significance of measuring circulating LECT2. Materials and methods This was a cross-sectional study of 143 Japanese men (age: 30-79 years). Participants' plasma LECT2 levels were measured by an enzyme-linked immunosorbent assay. To assess their abdominal fat distributions, visceral fat area (VFA) and subcutaneous fat area (SFA) were measured using magnetic resonance imaging. CRF was assessed by measuring peak oxygen uptake (VO 2 peak). Results All adiposity indices measured in this study were positively correlated with plasma LECT2 levels, while VO 2 peak was negatively correlated with LECT2 levels after adjustment for age. The correlations, except for VFA were no longer significant with further adjustment for VFA. Stepwise multiple linear regression analysis revealed that VFA was the strongest predictor of plasma LECT2 levels. Plasma LECT2 levels differed based on the presence of metabolic syndrome and dyslipidemia, but not hypertension and insulin resistance. Logistic regression analyses revealed that plasma LECT2 levels were significantly associated with dyslipidemia independently of VFA; VFA was not significantly associated with dyslipidemia after adjustment for LECT2. Conclusion VFA was the strongest predictor of plasma LECT2 that is a potential biomarker linking visceral obesity to dyslipidemia.

Predicting skeletal muscle mass from dual-energy X-ray absorptiometry in Japanese prepubertal children

Midorikawa, T.; Ohta, M.; Hikihara, Y.; Torii, S.; Sakamoto, S.

European Journal of Clinical Nutrition71(10)p.1218 - 12222017年10月-2017年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09543007

概要:© 2017 Macmillan Publishers Limited, part of Springer Nature. All rights reserved. Background/Objective:We aimed to develop regression-based prediction equations for estimating total and regional skeletal muscle mass (SMM) from measurements of lean soft tissue mass (LSTM) using dual-energy X-ray absorptiometry (DXA) and investigate the validity of these equations.Subjects/Methods:In total, 144 healthy Japanese prepubertal children aged 6-12 years were divided into 2 groups: the model development group (62 boys and 38 girls) and the validation group (26 boys and 18 girls). Contiguous MRI images with a 1-cm slice thickness were obtained from the first cervical vertebra to the ankle joints as reference data. The SMM was calculated from the summation of the digitized cross-sectional areas. Total and regional LSTM was measured using DXA.Results:Strong significant correlations were observed between the site-matched SMM (total, arms, trunk and legs) measured by MRI and the LSTM obtained by DXA in the model development group for both boys and girls (R 2 (adj) =0.86-0.97, P < 0.01, standard error of the estimate (SEE)=0.08-0.44 kg). When these SMM prediction equations were applied to the validation group, the measured total (boys 9.47±2.21 kg; girls 8.18±2.62 kg) and regional SMM were very similar to the predicted values for both boys (total SMM 9.40±2.39 kg) and girls (total SMM 8.17±2.57 kg). The results of the Bland-Altman analysis for the validation group did not indicate any bias for either boys or girls with the exception of the arm region for the girls.Conclusions:These results suggest that the DXA-derived prediction equations are precise and accurate for the estimation of total and regional SMM in Japanese prepubertal boys and girls.

The association between physical activity and sex-specific oxidative stress in older adults

Takahashi, Masaki; Miyashita, Masashi; Park, Jong Hwan; Kim, Hyun Shik; Nakamura, Yoshio; Sakamoto, Shizuo; Suzuki, Katsuhiko

Journal of Sports Science and Medicine12(3)p.571 - 5782013年09月-2013年09月 

Scopus

詳細

概要:Oxidative stress increases with advancing age and is a mediator of several diseases including cancer, cardiovascular disease, and diabetes. Moreover, postmenopausal women have a lower estrogen concentration, which is associated with elevated oxidative stress. However, there is no definitive evidence regarding the relationship between daily physical activity and oxidative stress status in older adults, including postmenopausal women. Twenty- nine adults (age, 70.1 ± 1.0 years, mean ± SE; 12 women and 17 men) were examined in this cross-sectional study. Prior to blood collection, the participants were asked to wear a uniaxial accelerometer for 4 consecutive weeks to determine their level of physical activity. After a 48-h period of physical activity avoidance and a 10-h overnight fast, venous blood samples were obtained from each participant. Fasting plasma derivatives of reactive oxygen metabolites (d-ROMs) and malondialdehyde (MDA) concentrations of oxidative stress markers were negatively correlated with the amount of physical activity in women (d-ROMs; r = -0.708, p = 0.002) (MDA; r = -0.549, p = 0.028), but not in men. Fasting plasma biological antioxidant potential of antioxidant capacity marker was positively correlated with the amount of physical activity in women (BAP; r = 0.657, p = 0.006) (GSH; r = 0.549, p = 0.028), but not in men. Moreover, superoxide dismutase activity of antioxidant capacity marker was positively correlated with the amount of physical activity in men (r = 0.627, p = 0.039), but not in women. There were no associations between physical activity and other oxidative stress markers (reduced and oxidized glutathione, glutathione peroxidise, thioredoxin). These findings suggest that regular physical activity may have a protective effect against oxidative stress by increasing total antioxidant capacity, especially in postmenopausal women. © Journal of Sports Science and Medicine.

Body mass-to-waist ratio strongly correlates with skeletal muscle volume in children

Ohta, Megumi; Midorikawa, Taishi; Hikihara, Yuki; Sakamoto, Shizuo; Kawakami, Yasuo; Fukunaga, Tetsuo; Kanehisa, Hiroaki

PLoS ONE12(5)2017年05月-2017年05月 

PubMedDOIScopus

詳細

概要:© 2017 Ohta et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Purpose We hypothesized that body mass-to-waist ratio is strongly associated with the total-body skeletal muscle volume (SMV) in children. The purpose of the present study was to examine this hypothesis. Methods By using magnetic resonance imaging, total-body SMV (SMV MRI ) was determined in 70 boys and 53 girls aged 6 to 12 years. Waist was measured at each of the level of umbilicus (Wumb) and the minimum circumference (Wmin), and the ratio of body mass to each of the two measured values was calculated (BM/Wumb and BM/Wmin, respectively). A single regression analysis was used to examine the relationships between SMV MRI and either BM/Wumb or BM/Wmin. On the basis of the obtained regression equations, SMV MRI was estimated and referred to as SMVBM/Wumb or SMV BM/Wmin . Results In both boys and girls, SMV MRI was highly correlated to BM/Wumb (r = 0.937 for boys and r = 0.939 for girls, P < 0.0001) and BM/Wmin (r = 0.915 and 0.942, P < 0.0001). R 2 and the standard error of estimate for SMVBM/Wumb were 0.878 and 706.2 cm 3 , respectively, in boys and 0.882 and 825.3 cm 3 , respectively, in girls, and those for SMVBM/Wmin were 0.837 and 814.0 cm 3 , respectively, in boys and 0.888 and 804.1 cm3, respectively, in girls. In both boys and girls, there were no significant differences between SMV MRI and either SMVBM/Wumb or SMV BM/Wmin , without systematic errors in Band-Altman plots. There was no significant effect of model on the absolute values of the residuals in both boys and girls. Conclusion The current results indicate that body mass-to-waist ratio can be a convenient outcome measure for assessing the total-body skeletal muscle volume in children.

書籍等出版物

健康運動指導士養成講習会テキスト上・下(共著)

坂本静男

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団2014年 03月-

スポーツ医学【内科】—はじめて学ぶ 健康・スポーツ科学シリーズ(共著)

坂本静男

化学同人2014年 03月-

詳細

ISBN:978-4-7598-1705-8

メタボリックシンドロームに効果的な運動・スポーツ(編著)

坂本静男

ナップ社2011年 11月-

健康・スポーツ科学テキスト−トレーニング科学(共著)

坂本静男

文光堂2011年 11月-

ローイングの健康スポーツ科学(共著) 中高年ローイング愛好者の健康管理−メディカルチェック

坂本静男

市村出版2011年 09月-

運動処方の指針−運動負荷試験と運動プログラム(共著) 監訳 日本体力医学会体力科学編集委員会

坂本静男

南江堂2011年 07月-

スポーツ現場に生かす運動生理・生化学(共著) スポーツ選手の体調管理と生理学的指標

坂本静男

市村出版2011年-

スポーツ・健康科学 初版(共著) 運動プログラムの管理と運動負荷試験、生活習慣病予防と運動・スポーツ(1)、生活習慣病に対する適切な運動療法

坂本静男

放送大学教育振興会2009年 03月-

運動処方 ケーススタディでみるACSMガイドライン 初版(共著 監訳) ケーススタディとリスク層別化、運動処方の基本原則:新しい指標”酸素摂取量予備能”とともに、多肢選択問題形式のケーススタディ

坂本静男

ナップ2009年 05月-

メタボリックシンドロームディクショナリ 初版(共著) 脂質異常症(高脂血症)

坂本静男

診断と治療社2009年 05月-

予防としてのスポーツ医学(共著) 不整脈ー内科・その他の疾患とその予防

坂本静男

文光堂2008年 11月-

運動療法と運動処方 第2版(共著) 運動療法のための運動処方箋の書き方と注意点

坂本静男

文光堂2008年 10月-

健康教育への招待(共著) 大学生の健康教育の課題

坂本静男

東洋館出版社2008年 06月-

健康運動指導マニュアル(共著) 生活習慣病と運動プログラム—高脂血症(脂質異常症)

坂本静男

文光堂2008年 02月-

メタボリックシンドローム解消ハンドブック(共著) 症例別にみた運動時における注意点—高脂血症

坂本静男

杏林書院2008年 01月-

スポーツ歯科臨床マニュアル(共著) 内科疾患に対する運動療法とリハビリテーション

坂本静男

医学情報社2007年 09月-

最新整形外科学大系—スポーツ傷害(共著) 突然死

坂本静男

中山書店2007年 11月-

高齢社会における運動支援実践ガイド(共著) ジョギング・ウォーキング—高齢者を対象とした運動指導と注意点

坂本静男

文光堂2005年 11月-

公認スポーツプログラマー専門科目テキスト(共著) フィットネス・エクササイズと体調

坂本静男

2005年 04月-

公認スポーツ指導者養成テキスト共通科目Ⅰ(共著) スポーツ指導者に必要な医学的知識Ⅰ—スポーツと健康

坂本静男

2005年 02月-

スポーツ医学研修ハンドブック応用科目(共著) 競技選手の健康管理

坂本静男

文光堂2004年 10月-

スポーツ医学研修ハンドブック基本科目(共著) 運動と内科—スポーツによる生理的変化と病的変化

坂本静男

文光堂2004年 10月-

スポーツ医学研修ハンドブック基本科目(共著) 運動と内科—突然死、熱中症

坂本静男

文光堂2004年 10月-

健康運動指導士養成講習会テキストⅢ(第四次改訂版)(共著) 内科的障害(1)(2)ー運動障害と予防

坂本静男

健康・体力づくり事業財団2002年 04月-

診断・指導に活かすPOMS事例集(横山和仁 他 編)(共著) オーバートレーニング症候群ーその2 予防

坂本静男

金子書房2002年 01月-

新スポーツのためのメディカルチェック(共著) 中高年のジョギング・内科—スポーツ種目別のメディカルチェックポイントバレーボール・内科—スポーツ種目別のメディカルチェックポイントゲートボール・内科—スポーツ種目別のメディカルチェックポイント心電図メディカルチェックの実際

坂本静男

南江堂2002年 11月-

高脂血症(下)(共著) 運動療法の臨床的意義とその実際

坂本静男

日本臨床社2001年 03月-

ABC of Sports Medicine(共著) ウォータースポーツ

坂本静男

ナップ2001年 11月-

最新スポーツ医科学ハンドブック—スポーツの効果とリスク—(共著)(監訳) 第1章:健康増進のために必要な最適のタイプの身体活動とはどのようなものか第2章:身体活動を増進させる戦略の体系的総説第3章:プライマリ・ケアにおける身体活動の奨励の体系的総説

坂本静男(監訳)

ナップ2001年 02月-

ケーススタディ-運動療法 (監修)(共著)

坂本静男

杏林書院2000年 04月-

新体カテスト(共著)—実施上の一般的注意.健康状態のチェック.

坂本静男

文部省2000年 03月-

アスレチックトレーナーのためのスポーツ医学(共著) メディカルチェック—内科

坂本静男

文光堂1998年 07月-

スポーツ医学(基礎と臨床)(共著)

坂本静男

朝倉書店1998年-

スポーツ現場の応急処置(共著)

坂本静男

ナップ1998年-

スポーツメディシンバイブル (共著)(翻訳)

坂本静男

ナップ1997年 04月-

大学生のための健康科学(共著)

坂本静男

医歯薬出版1997年 03月-

健康スポーツの医学-内科(共著)  代謝障害、血液疾患、スポーツ障害

坂本静男

建帛社1996年 06月-

スポーツでなぜ死ぬの-運動中の突然死を防ぐには- (共著)

坂本静男

メトロポリタン1995年 01月-

スポーツ健康管理学

坂本静男

高文堂1990年 11月-

スポーツは必要か

坂本静男

研成社1989年 09月-

スポーツのための心電図メディカルチェック (共著)

坂本静男、小堀悦孝、川原 貴、村山正博

文光堂1987年-

Benefits and hazards of exercise

SAKAMOTO, Shizuo

NAP2001年 02月-

Case Study - Exercise Therapy

Kyorin Syoin2000年-

The New Physical Fitness Test

the Ministry of Education2000年-

Sport First Aid

SAKAMOTO,Shizuo

NAP1998年-

Sports Medicine(Basic and Clinical Medicine)

Asakura Syoten1998年-

The Health Science for Students

Ishiyaku Publishers1997年-

The Sports Medicine Bible

NAP1997年-

Medicine concerning Sports for Health-Internal Medicine

Kenpakusha1996年-

Why Does People Die during Sports? -The Method Protecting Exercise-Induced Sudden Death-

Metropolitan1995年-

Sports and Health Care

Kobundo1990年-

Does People Need Sports?

Kenseisha1989年-

Electrocardiographic Medical Check for Sports

Bunkodo1987年-

Sports Medicine for Athletic Trainer

Bunkodo

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

安全な運動実践のシステムづくりに関する総合的研究

1985年-

健康づくりのための健康診断およびそのマンパワーに関する研究

1985年-1987年

有酸素運動とその効果に関する研究

1987年-

国体選手の健康管理に関する研究

1990年-1992年

国体選手の医・科学サポートに関する研究

1993年-2002年

水泳の安全性に関するメディカルチェック-ダイビング反射試験を中心に-

1995年-

体力・運動能力調査の在り方に関する調査研究

1995年-1998年

「日本人の生活体力」に関する調査研究

1999年-

レスリング選手の減量に関する調査研究

1999年-

心疾患患者の学校, 職域, スポーツにおける運動許容条件に関するガイドライン合同研究

2001年-

健康増進施設を活用した健康づくり事業モデル推進のための検討

2002年-

ウエスト/身長比と冠危険因子との関連に関する研究

2003年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

ローイング運動が高齢者の大腰筋量と歩行能力に及ぼす影響

2008年-2010年

研究分野:応用健康科学

配分額:¥4550000

研究種別:

高血圧関連遺伝子多型解析からみた運動誘発性高振幅血圧日内変動の発現と消失の予測

配分額:¥3100000

研究種別:基盤研究(A)

スポーツ科学の観点からみた介護予防プログラムの開発とその運営システムの構築

2004年-2007年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥35880000

研究種別:基盤研究(B)

異なる中等度運動強度及び朝・夕の運動実施時間帯の相違による総脂質酸化量の変動

2012年-2014年

研究分野:応用健康科学

配分額:¥12480000

研究種別:挑戦的萌芽研究

食欲減衰のための縄跳び運動の可能性

2011年-2012年

研究分野:応用健康科学

配分額:¥3770000

研究種別:基盤研究(B)

小児メタボリックシンドロームへの遺伝、運動・栄養の影響-親子間での検討

2009年-2011年

研究分野:応用健康科学

配分額:¥8450000

研究種別:

脂質代謝能力の違いは中高年の生活習慣病の発症リスクと関連するか?

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥6240000

研究種別:

脂質代謝能力と身体特性・生活習慣および遺伝子との関連ー大規模コホートによる検討ー

2016年-0月-2018年-0月

配分額:¥3510000

研究種別:

持久性運動開始前の糖質摂取は本当にインスリン・ショックを引き起こすか

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥2470000

研究種別:

潜水反射に伴う徐脈は循環器系疾患のリスク指標になり得るのか?

2013年-0月-2015年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

スポーツ種目の違いが動脈粘性と左心室機能とのカップリングに及ぼす影響に関する研究

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4810000

研究種別:

潜水徐脈反応と運動後心拍回復の関連に関する研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

異なる中等度運動強度及び朝・夕の運動実施時間帯の相違による総脂質酸化量の変動

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥12480000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

基礎体力の向上をめざす生涯にわたる健康教育の総合的研究2004年-

実施形態:共同研究

生活体力に関する調査研究2001年-

実施形態:共同研究

心疾患患者の学校, 職域, スポーツにおける運動許容条件に関するガイドライン2001年-

実施形態:共同研究

脂質代謝異常に対する運動あるいは抗高脂血症剤の及ぼす影響-特にHDL2-コレステロールに注目して2001年-

実施形態:共同研究

コミュニティメディスンプロジェクト-浦安市生涯保健医療プログラムの開発2001年-

実施形態:共同研究

臓器移植者の運動・スポーツ参加を促進する諸要因の国際比較2001年-

実施形態:共同研究

事業モデル実践のための技術支援と普及推進の取組み方について2002年-

学内研究制度

特定課題研究

脂肪代謝能力の違いは生活習慣病の発症リスクと関連するか?

2018年度共同研究者:澤田亨, 小西真幸

研究成果概要:PURPOSE:Maximal fat oxidation (MFO), which is the capacity to oxidize fat for energysubstrates, may be associated w...PURPOSE:Maximal fat oxidation (MFO), which is the capacity to oxidize fat for energysubstrates, may be associated with lifestyle-related diseases. However, limiteddata are available on the relationship of MFO with the prevalence oflifestyle-related diseases. We conducted a cross-sectional study to investigatethe relationship between relative MFO (MFO/free fat mass) with the prevalenceof hypertension, diabetes mellitus (DM), and dyslipidemia among Japanese inWASEDA'S Health Study.METHODS: Participants were 911 Japanese who completeda medical examination and graded exercise stress test. Participants weredivided into tertiles based on relative MFO. Odds ratios for the prevalence oflifestyle-related diseases were obtained using logistic regression models whileadjusting for sex, age, alcohol intake, cigarette smoking, maximal oxygenuptake, physical activity, and energy intake.RESULTS: 390 participants had hypertension, 117 hadpre-DM/DM, and 443 had dyslipidemia. Using the lowest relative MFO asreference, the odds ratios for the second and thirdtertiles were 1.35 and 1.17, Ptrend = 0.402 for hypertension, 1.46and 1.87, Ptrend = 0.024 for pre-DM/DM, and 1.07 and 0.93, Ptrend = 0.707for dyslipidemia, respectively.CONCLUSION: These results may suggest that relative MFO is associated with the prevalence of pre-DM/DM among Japanese. 

脂肪の燃えやすさは代謝異常と関連するか?-疾患別の最適な運動強度の提案-

2019年度共同研究者:田端宏樹, 澤田 亨, 小西真幸

研究成果概要:PURPOSE:The exercise intensity which elicits maximal fat oxidation rate is called Fatmax,which is recommended for t...PURPOSE:The exercise intensity which elicits maximal fat oxidation rate is called Fatmax,which is recommended for the exercise prescription for improving obesityand type 2 diabetes mellitus (DM). Fatmax is affected by lifestyle-relateddiseases, whereas limited data are available on the relationship of Fatmaxwith the prevalence of lifestyle-related diseases in Japanese. We conducted across-sectional study to investigate the relationship between Fatmaxwith the incidence of hypertension, pre-DM/DM, and dyslipidemia among Japanesein WASEDA'S Health Study.METHODS: Participants were 1100 Japanese who completeda medical examination and graded exercise stress test. Maximal oxygen uptakeand Fatmax were measured by indirect calorimetry. Participants weredivided into tertiles based on relative Fatmax. Odds ratios for theprevalence of lifestyle-related diseases were obtained using logisticregression models while adjusting for sex, age, body mass index, alcoholintake, cigarette smoking, maximal oxygen uptake.RESULTS: 386 participants had hypertension, 143 hadpre-DM/DM, and 488 had dyslipidemia. Using the highest Fatmaxtertiles as a reference, the oddsratios for the second and third tertiles were 1.17 and 1.27, P for trend = 0.27for hypertension, 0.98 and 0.88, P for trend = 0.67 for pre-DM/DM, and 1.18 and 1.31, P fortrend = 0.15 for dyslipidemia, respectively.CONCLUSION: These results may suggest that Fatmax is not associated with the prevalence of lifestyle-related diseases amongJapanese. 

若年健常者におけるウエスト/身長比と冠危険因子との関連

2003年度

研究成果概要:[背景]生活習慣病が多方面から問題視されており、特に内臓脂肪型肥満の早期発見と早期治療が重要視されている。それゆえ定期健康診断や人間ドックの際に、簡便で有用な内臓脂肪型肥満の判定指標が必要となる。中高年者の有用指標としては、ウエス...[背景]生活習慣病が多方面から問題視されており、特に内臓脂肪型肥満の早期発見と早期治療が重要視されている。それゆえ定期健康診断や人間ドックの際に、簡便で有用な内臓脂肪型肥満の判定指標が必要となる。中高年者の有用指標としては、ウエストやウエスト/身長比が推奨されている。[目的]今回の研究目的は、若年女性におけるウエストやウエスト/身長比の内臓脂肪型肥満の判定指標としての有用性、そしてこの指標と冠危険因子との関連性について、検討することであった。[対象と方法]対象は某健康センターの健康度チェックを受けた21~30歳の女性42名であった。対象は空腹時に採血、体組成測定、安静時心電図検査、脈波伝導速度、そして保健師より問診を受けた。さらに循環器専門医の診察を受け、その後運動負荷試験(運動負荷心電図検査)を受けた。最後に体力測定を受け、後日運動処方が作成された。ウエスト又はウエスト/身長比と体脂肪率との相関関係を検討した。また総コレステロール、HDL-コレステロール、中性脂肪、血糖、尿酸、収縮期血圧、拡張期血圧および脈波伝導速度などの冠危険因子と、ウエスト又はウエスト/身長比との関連を検討した。[結果]インピーダンス法による体脂肪率とウエストとの相関係数はr=0.77、また体脂肪率とウエスト/身長比との相関係数はr=0.75と、高い正相関を認めた。各種冠危険因子との関連では、HDL-コレステロールのみがウエストとの相関係数がr=-0.49、ウエスト/身長比との相関係数がr=-0.45と高い負相関を認めた。[考察]肥満ないしは内臓脂肪型肥満を判定する上でウエスト又はウエスト/身長比は、若年健常女性においても有用と考えられた。冠危険因子ではHDL-コレステロール異常の有無の推測でウエストとウエスト/身長比は有用だが他の冠危険因子で有用とはいえず、若年健常女性でのウエストやウエスト/身長比の使用には制限があると推測された。

最大脂質燃焼量と肥満関連遺伝子多型、脂質代謝関連酵素、冠危険因子との相関関係

2006年度共同研究者:緑川泰史, 近藤正勝

研究成果概要:大学生相撲部員の身体組成、心肺機能および脂質代謝の特長―同年代の他の種目の大学生選手および一般若年者との比較も含めて―坂本静男1)、緑川泰史1)、近藤正勝2)1)早稲田大学スポーツ科学学術院2)日本大学【目的】大学生相撲部員群の身...大学生相撲部員の身体組成、心肺機能および脂質代謝の特長―同年代の他の種目の大学生選手および一般若年者との比較も含めて―坂本静男1)、緑川泰史1)、近藤正勝2)1)早稲田大学スポーツ科学学術院2)日本大学【目的】大学生相撲部員群の身体組成、心肺機能、脂質代謝を測定し、他のスポーツ選手群、一般健常人群、一般外来患者群のそれらの値と比較検討して、若年者の運動や生活習慣病保有が身体組成、心肺機能、脂質代謝に及ぼす影響を検討することを、今回の研究目的とした。【対象と方法】対象はすべて男性で、大学生相撲部員群19名、大学生長距離走選手群12名、類似年代のサッカー選手群14名、一般健常人群13名、一般外来患者群11名であった。早朝空腹時に採血し、血清脂質、血清脂質関連酵素、β3アドレナリンレセプター遺伝子多型を測定した。呼気ガス分析を含む運動負荷試験を行い、ピーク時酸素摂取量、最大脂質燃焼量を測定した。これらの測定値に関して5群間にて比較検討した。【結果と考察】大学生相撲部員群の身体組成結果は、相撲部員が内臓脂肪型肥満症であることを示していた。血液検査からはLPL低値、レプチン高値を示す者が多く、HDL-コレステロール低値を示す者が約30%、HDL2-コレステロール高値を示す者が皆無で、大学生相撲部員群が脂質代謝異常を有することを推測させた。呼気ガス分析結果は、大学生相撲部員群の心肺持久性および脂質燃焼能力が他のスポーツ選手群や一般健常人群よりも劣っていることを推測させた。またβ3アドレナリンレセプター遺伝子多型の分析によりTry/Argヘテロ接合体が1/3を占めていたことより、遺伝的素因も以上の脂質代謝異常に関係しているように推測された。 【結論】運動種目の相違や生活習慣病保有が、身体組成、心肺機能、脂質代謝に対して影響することが推測された。さらに対象数を増加させて検討することが、必要かと考えられる。

親子間で検討した小児メタボリックシンドロームに対する遺伝、運動・栄養の影響と対策

2008年度

研究成果概要:【目的】メタボリックシンドロームに対する遺伝的関与を検討するために、小学生を対象に出生時体重、3ヶ月時体重および1歳時体重と小児期における身体組成との関連を比較検討した。【対象と方法】対象は小学生男子58名(7~12歳)であった。...【目的】メタボリックシンドロームに対する遺伝的関与を検討するために、小学生を対象に出生時体重、3ヶ月時体重および1歳時体重と小児期における身体組成との関連を比較検討した。【対象と方法】対象は小学生男子58名(7~12歳)であった。母子手帳を利用して、出生時体重、3ヶ月時体重および1歳時体重を調査した。これらの値より出生時から3ヶ月時までの体重の伸び率および1歳時までの体重伸び率も求めた。身長計、体重計およびDEX装置を用いて、身長、体重、体脂肪率および除脂肪量を測定した。またMRI装置を用いて、臍上で腹部の横断像を撮影し、腹部の皮下脂肪面積と内臓脂肪面積を計測した。そして出生時体重、3ヶ月時体重、1歳時体重、出生時から3ヶ月時までの体重の伸び率および出生時から1歳時までの体重伸び率と、小児期における現在の体重、体脂肪率、除脂肪量、皮下脂肪面積、内臓脂肪面積および内臓脂肪面積/皮下脂肪面積比との相関関係を検討した。統計学的有意水準はp<0.05とした。【結果】小児期における現在の体重は、3ヶ月時体重および1歳時体重との間に有意な正相関を認めた。小児期における現在の体脂肪率は、3ヶ月時体重および1歳時体重との間に有意な正相関を認めた。小児期における除脂肪量、皮下脂肪面積は、3ヶ月時体重および1歳時体重との間に有意な正相関を認めた(内臓脂肪面積は3ヶ月時体重との間に有意な正相関を認めた)。小児期における内臓脂肪面積/皮下脂肪面積比は、3ヶ月時体重および1歳時体重との間に有意な負相関を認めた。【考察】今回の小児期の身体組成は、出生時体重との間には相関関係は認めず、3ヶ月時体重および1歳時体重との間に正相関を認めた。出生時体重よりも3ヶ月時体重や1歳時体重の方が、出生後の成長・発育に関連する環境要素が強く影響しているように推測され、そのことが原因となって今回のような研究結果になったように考えられる。それゆえ小児期肥満を予防する上では、幼児期の栄養摂取および日常生活活動内容に注意していく育児が重要と思われる。

34時間完全断眠の運動時の循環機能への影響ー糖代謝、心拍出量からの検討ー

2011年度

研究成果概要:本年度は34時間完全断眠による運動時の循環機能への影響を主に検討した。若年者10名を対象とし、断眠による自律神経機能および内分泌機能への影響を調べ、そのうえで運動時の循環機能の変化との関連を検討した。その結果、断眠により朝および午...本年度は34時間完全断眠による運動時の循環機能への影響を主に検討した。若年者10名を対象とし、断眠による自律神経機能および内分泌機能への影響を調べ、そのうえで運動時の循環機能の変化との関連を検討した。その結果、断眠により朝および午後の時間帯における自律神経活動全体の亢進、特に午後の時間帯における副交感神経活動の亢進が認められ、また、朝および昼の副腎皮質刺激ホルモン濃度の増加が認められた。ただし、副腎皮質刺激ホルモンによって分泌が促進されるコルチゾールには断眠の影響が認められなかった。また、断眠は午後の最大運動時における運動時心拍数を低下させた。これらの結果より、断眠は副交感神経活動の亢進および内分泌機能の低下を引き起こすことが示唆され、それらの変化が運動時心拍数の低下に寄与することが示唆された。断眠による運動時の循環機能への影響を明らかにするうえで、重要なデータを提供すると考えている。これらの研究成果は、16th Annual Congress of the European College of Sport ScienceおよびThe 5th International Sport Science Symposium on "Sport Sciences for the Promotion of Active Life"にてポスター発表により公表をおこなった。また、原著論文として国際誌(International Journal of Sports Medicine)へ投稿中である。さらに、若年男性10名を対象とし、34時間断眠の血糖値、インスリン、遊離脂肪酸への影響を検討した。その結果、断眠により血糖値およびインスリンが高値を示し、朝の時間帯における遊離脂肪酸濃度が高値を示した。近年、睡眠不足と2型糖尿病発症リスクの関連が指摘されており、今回の結果は睡眠不足によるインスリン感受性の低下の可能性を示唆している。ただし、今回の検討では糖負荷試験をおこなっておらず、断眠のインスリン感受性への影響については今後の更なる検討が必要である。断眠の身体への様々な影響を明らかにするために、被験者数を増加させ、糖負荷試験や心拍出量の測定を含めた包括的かつ多角的な検討をしていくことが重要であると考えている。

水中と陸上での長時間持久運動が循環動態と脂質代謝に与える影響の違いについて

2012年度

研究成果概要:20歳代および30歳代の健常男性8名を対象とし、2012年6月~2013年3月にかけて以下の実験を行った。事前測定としてランニング中および水泳中の最大酸素摂取量(VO2max)を測定した。次に本試験として水泳(S)、ランニング(R...20歳代および30歳代の健常男性8名を対象とし、2012年6月~2013年3月にかけて以下の実験を行った。事前測定としてランニング中および水泳中の最大酸素摂取量(VO2max)を測定した。次に本試験として水泳(S)、ランニング(R)及びコントロール(C)の3試行を実施した。対象者は、SおよびR試行ではそれぞれ水泳もしくはランニングを、65%VO2max強度で60分間おこない、C試行では60分間の安静を保った。それぞれの試行において、負荷(安静)開始直前および60分の負荷(安静)終了直後、負荷(安静)終了60分後、120分後に採血、心臓超音波検査、身体組成、血圧および心拍数の測定を行った。有酸素性能力を表すVO2maxは、ランニングと水泳間で有意差を認めなかった。最高到達心拍数(HRmax)は水泳中に比べランニング中で有意に高かったが、80%HRmax以下の心拍数においては両群間で有意差を認めなかった。最大脂質酸化量は水泳で高い傾向を認め、最大脂質酸化量時運動強度は水泳で有意に高かった。S、RおよびC試行時における各種検査データを以下に示す:運動負荷中の%VO2maxはSおよびR試行間で有意差を認めず、運動強度はほぼ同一と考えられた;運動負荷中の心拍数及び%HRmaxも両試行間に有意差を認めなかった;心エコー図検査上、左室流入速度波形拡張早期波および心房収縮期波の比であるE/A比はR試行で運動負荷終了直後のみC試行に比べ有意に低値を示し、S試行のE/A比はC試行に比べて運動負荷終了120分後まで有意に低値を示し、運動負荷開始前に比較して運動負荷終了120分後まで有意に低値を示した;血中心筋トロポニンT濃度はS試行で運動負荷終了120分後にR試行およびC試行に比べ有意に高値を示した;血中遊離脂肪酸はSおよびR試行で運動負荷終了直後にC試行に比べて有意に高値を示し、運動負荷終了120分後にはC試行よりもR施行で、またR試行よりもS試行で有意に高値を示した。以上の結果から、水泳とランニングでは最大脂質酸化量時運動強度に違いがあり、また最大脂質酸化量自体にも違いがあることが示された。また、65%VO2max強度で60分運動をした場合、運動により動員される遊離脂肪酸が運動終了後120分経過してからも水泳で高値が維持されることが示された。運動負荷に伴う心臓拡張機能の低下や心筋障害は、ランニングよりも水泳においてより大きく、より長い時間起こっていることが推測された。

気候性地形を活用した新たな運動療法(クアオルトウォーキング)の有用性の検証

2014年度

研究成果概要:気候性地形療法の特徴である「体表面温度が2℃低下された」効果を検討することを、研究目的とした。健常若年男性10名を対象に、1週間間隔で皮膚温低下(STD)試行とコントロール(C)施行を60%VO2強度で60分間トレッドミル運動を行...気候性地形療法の特徴である「体表面温度が2℃低下された」効果を検討することを、研究目的とした。健常若年男性10名を対象に、1週間間隔で皮膚温低下(STD)試行とコントロール(C)施行を60%VO2強度で60分間トレッドミル運動を行い、呼気ガス分析で代謝測定した。皮膚・直腸温を継時的に、運動前・終了直後・1時間後に採血しストレス・免疫指標を測定した。STD試行では、運動前と比較して終了直前皮膚温は1.7±0.7℃低下、C施行に比較し終了直前で3.1±1.1℃低かった。STD試行はC施行に比較し、運動中の心拍数は有意に減少、主観的運動強度は低下傾向、脂質酸化量は差を認めなかった。ゆえに当療法は一般市民に有用と推測される。

妊娠期の生活習慣が出産後の母親の健康及び子供の初期発育に与える影響 -日本と中国を対象にして

2015年度

研究成果概要:2015年度は研究計画どおり、妊娠期の生活習慣(特に栄養・運動)が出産後の母親のメタボリックシンドロームに関する健康及び子供の初期発育に与える影響を解明するために、2014年度に追加調査した対象者に対して出産6か月後の母親の体重保...2015年度は研究計画どおり、妊娠期の生活習慣(特に栄養・運動)が出産後の母親のメタボリックシンドロームに関する健康及び子供の初期発育に与える影響を解明するために、2014年度に追加調査した対象者に対して出産6か月後の母親の体重保留、出産後の身体活動量、栄養摂取現状、育児ストレスおよび子供の体重、身長の発育などについての追跡調査を行った。そして、追跡査したデータを整理しながら解析した。また部分の解析したデータを纏め、国際シンポジウムで発表した。さらに、2015年度においてこの課題について一本論文を投稿し、もう一本論文初稿を完成したところである。

気候性地形を活用した新たな運動療法形式(クアオルトウォーキング)の有用性の検討

2015年度

研究成果概要:20-30歳代の健常成人男性10名に対し、最高酸素摂取量の60-65%となる強度での60分のトレッドミル運動を、皮膚温を約2℃低下させる条件とコントロール条件で実施した。皮膚温低下試行では運動前と比較して皮膚温が平均1.7℃低下し...20-30歳代の健常成人男性10名に対し、最高酸素摂取量の60-65%となる強度での60分のトレッドミル運動を、皮膚温を約2℃低下させる条件とコントロール条件で実施した。皮膚温低下試行では運動前と比較して皮膚温が平均1.7℃低下した。運動中の酸素摂取量には試行間に差がなかった。運動中の心拍数は皮膚温低下試行の方がコントロール試行より有意に低値を示し、運動終了直前で10拍/分ほど低かった。また主観的運動強度は運動60分で皮膚温低下試行の方が有意に低値を示した。ストレスホルモン等の血液指標には試行間に差は認められなかった。皮膚温の2℃低下は運動中の心拍数の増加を抑制することが示唆された。

高齢者の身体運動が器官組織レベルの身体組成と基礎代謝量に及ぼす影響

2018年度共同研究者:緑川泰史, 樋口 満

研究成果概要:There is limited information on organ-tissue level bodycomposition in elderly people. Among the several organ-tissu...There is limited information on organ-tissue level bodycomposition in elderly people. Among the several organ-tissues, we focused onbone measured using dual energy x-ray absorptiometry (DXA).The purpose of this study was to investigate therelationship between the site-matched bone mineral density (BMD) and lean softtissue mass (LSTM), which mostly consists of skeletal muscle mass and comprisesan index of physical activity in the arms and legs with a large sample of maleJapanese middle-aged and older subjects.Three hundred and eighty-six Japanesemiddle-aged and older men participated in this study (ages, 40s: n = 127, 50s:n = 133, 60s: n = 93, 70s: n = 33). BMD and LSTM were measured using DXA(Delphi A-QDR, Hologic) for the anatomical regions of the arms and legs.There was a significant correlation between ageand BMD for the arms, but only trend significance was observed for the legs inall subjects. Moreover, significant relationships between BMD and LSTM in thearms and legs were observed using partial regression analysis controlling forage.These results suggested that the preservation ofLSTM might be a key factor for maintaining appendicular BMD in Japanesemiddle-aged and older men.

海外研究活動

研究課題名: カナダにおけるスポーツ医・科学の現状について

2009年10月-2010年09月

機関: ウェスタンオンタリオ大学他(カナダ他)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習IV(スポーツ医学(内科系))スポーツ科学部2020春学期
基礎解剖学スポーツ科学部2020春学期
健康スポーツ論 01スポーツ科学部2020秋学期
健康スポーツ論 02スポーツ科学部2020春学期
スポーツ医学(内科系)スポーツ科学部2020春学期
健康スポーツ原論A(運動療法論)スポーツ科学部2020秋学期
循環器リハビリテーションスポーツ科学部2020秋学期
運動処方実習スポーツ科学部2020夏季集中
アスリート論スポーツ科学部2020春学期
スポーツ健康管理学研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ健康管理学研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ健康管理学演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ健康管理学演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ健康管理学演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ健康管理学演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ内科学特論大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ健康管理学研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ健康管理学研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
こころとからだの健康 1 02グローバルエデュケーションセンター2020秋クォーター