氏名

ネツ トモミ

根津 朋実

職名

教授

所属

(教育学部)

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

学歴・学位

学歴

2001年04月-2002年03月 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 研究生
1996年04月-2001年03月 筑波大学 大学院博士課程教育学研究科 学校教育学専攻(一貫制、三年次編入、単位取得満期退学)
1995年04月-1996年03月 筑波大学 第二学群 人間学類(科目等履修生)
1992年04月-1995年03月 筑波大学 大学院修士課程教育研究科 教科教育専攻学校教育コース
1988年04月-1992年03月 筑波大学 第二学群 人間学類

学位

博士(教育学) 論文 筑波大学(博乙第1801号、2002年3月25日) 教育学

経歴

2020年04月-早稲田大学教育・総合科学学術院教授
2019年04月-2020年03月国立大学法人筑波大学人間系教授
2014年01月-2014年03月國立臺灣師範大學客員研究員
2011年10月-2019年03月国立大学法人筑波大学人間系准教授(所属改編による)
2009年01月-2011年09月国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科准教授
2004年04月-2008年12月国立大学法人筑波大学大学院人間総合科学研究科講師
2004年04月-2004年04月国立大学法人埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター講師(国立大学法人化による)
2002年04月-2004年03月埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター講師

所属学協会

日本カリキュラム学会

関東教育学会

日本学校教育学会

日本特別活動学会

日本教育学会

日本教師教育学会

教育目標・評価学会

委員歴・役員歴(学外)

2019年08月-2020年08月日本教育学会理事(関東地方区選出)、広報委員会副委員長、奨励賞委員会委員(-2021/08)
2017年07月-2017年11月関東教育学会選挙管理委員会委員
2014年06月-2020年07月日本カリキュラム学会理事・研究奨励賞審査委員会委員(2017.6- )、紀要編集委員会副委員長・研究奨励賞審査委員会副委員長・常任理事(2014.6-2017.6)
2013年07月-2019年08月日本学校教育学会理事(全国理事)、研究推進委員(2013-2016、2017.11-2019.08)
2013年04月-2021年08月日本特別活動学会紀要編集委員会委員(第9期)、同委員会常任委員(第10期)、理事(第11期)
2012年-2013年関東教育学会紀要編集委員会委員
2012年-2012年関東教育学会第60回大会実行委員会委員
2011年-2014年日本カリキュラム学会事務局幹事
2011年-2011年日本学校教育学会総会議長団(2011)
2010年-2010年関東教育学会総会議長(2010)
2009年-2010年筑波大学教育学会編集委員会委員・監査(2009-10年度)・選挙管理委員長(2010)
2009年-2009年日本特別活動学会第18回大会実行委員会事務局長
2008年-2011年日本カリキュラム学会理事・研究委員・事務局幹事
2005年-2008年日本カリキュラム学会事務局長

受賞

第4回関東教育学会研究奨励賞

2001年10月授与機関:関東教育学会

受賞者(グループ):根津朋実

日本カリキュラム学会研究奨励賞

2001年07月授与機関:日本カリキュラム学会

受賞者(グループ):根津朋実

研究分野

キーワード

カリキュラム開発、カリキュラム評価

科研費分類

社会科学 / 教育学 / 教育学

論文

Stenhouse, L.A.の履歴にみる諸特徴:"Teacher as Researcher"論の再検討に向けて

根津朋実

『筑波大学教育学系論集』査読有り44(1)p.37 - 472019年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03858979

Updating the Teacher-as-Researcher Concept in Japanese: Proposal of an Alternative Translation

根津朋実

『筑波大学教育学系論集』査読有り43(1)p.31 - 402018年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03858979

カリキュラムマネジメントの評価手法の比較検討 -評価システムの構築にむけて-

田村知子、本間学、根津朋実、村川雅弘

『カリキュラム研究』査読有り(26)p.29 - 422017年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0918354X

カリキュラム研究からみた「高大接続・連携」の諸課題 -「教科課程」、「断絶」、「大学0年生」-

根津朋実

『教育学研究』査読有り招待有り83(4)p.398 - 4102016年12月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:03873161

『國民中學 團體活動教師手册』の概要 — 台湾の前期中等教育「団体活動」の教師用手引 —

根津朋実

『共栄大学研究論集』査読有り(14)p.233 - 2432016年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:1880859X

「宮坂哲文の父と禅」補遺

根津朋実

『筑波学院大学紀要』査読有り(10)p.133 - 1362015年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)ISSN:18808859

台湾の前期中等教育における「団体活動」の特色

根津朋実

『日本特別活動学会紀要』査読有り(23)p.31 - 392015年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:13437151

宮坂喆宗、哲文における「行」 -戦中期の公刊物を手がかりに-

根津朋実

『筑波大学教育学系論集』39p.15 - 282015年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03858979

宮坂哲文『禅における人間形成』(1947)前史

根津朋実

『教育学研究』査読有り81(1)p.26 - 362014年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:03873161

宮坂哲文の父と禅:宮坂喆宗小論

根津朋実

『筑波学院大学紀要』査読有り(8)p.113 - 1222013年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:18808859

戦後初期「アメリカ児童画展」に関する覚え書き

根津朋実

『教育学研究』査読有り79(3)p.275 - 2852012年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:03873161

雑誌『小学生の自由研究』にみる戦後初期「自由研究」の一構想

根津朋実

『日本特別活動学会紀要』査読有り(20)p.29 - 382012年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:13437151

Extracurricular Activities Support Academic Achievement in Japan :Tip of the Iceberg (Session of Invited Speakers)

根津朋実

『東アジア諸国におけるカリキュラムおよび授業運営方法の特徴と変化』(韓国教育課程学会2011年秋季大会、於慶熙大学、ソウル)招待有りp.49 - 642011年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

雑誌『たのしい図画工作』にみる戦後初期「図画工作科」の一構想

根津朋実

『関東教育学会紀要』査読有り(38)p.1 - 132011年10月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:02859491

1951(昭和26)年学習指導要領一般編(試案)における教科外活動の課程化--木宮乾峰の所論を手がかりに

根津朋実

『学校教育学研究紀要』(筑波大学大学院人間総合科学研究科学校教育学専攻)(4)p.1 - 222011年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:18838839

「特別活動の評価」に関する課題と方法 --チェックリスト法の提案

根津朋実

『筑波大学教育学系論集』35p.55 - 652011年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03858979

木宮乾峰のカリキュラム論 ―1951(昭和26)年版学習指導要領一般編(試案)の改訂担当者として―

根津朋実

『カリキュラム研究』査読有り(20)p.15 - 282011年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0918354X

公立小中一貫校の動向にみる「カリキュラム・アーティキュレーション」の課題

安藤福光、根津朋実

『教育学研究』査読有り招待有り77(2)p.183 - 1942010年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:03873161

日本の学習指導要領に関する歴史的変遷

根津朋実

『2009年度 韓国日本教育学会秋季学術大会発表資料集 -韓・日新教育課程比較分析-』招待有りp.1 - 152009年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)

校内研修のプログラム開発に関する事例研究 --カンファレンスとワークショップ型研修とを対比しつつ

根津朋実

『筑波大学教育学系論集』32p.27 - 382008年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03858979

カリキュラム評価研究の立場から見た福祉教育・ボランティア学習の評価

根津朋実

『日本福祉教育・ボランティア学習学会年報』招待有り12p.12 - 292007年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2433152X

(翻訳)教師の諸義務(3、完)

根津朋実(訳)

『埼玉大学教育臨床研究』(3・4合)p.41 - 492007年03月-

詳細

ISSN:13484265

「羅生門的接近」再考 ー「羅生門式手法」との比較を通してー

根津朋実

『韓国日本教育学研究』招待有り11(1)p.107 - 1252006年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:12298581

少人数学級の一日--志木市立Q小学校の場合

根津朋実

『教科教育学研究』査読有り24p.89 - 1022006年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:13437143

教育実習に先行する学校参加体験の意義--埼玉大学教育学部生を対象とした質問紙調査を手がかりに

根津朋実、庄司康生

『埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要』(4)p.1 - 132005年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:13477420

チェックリスト法を用いたカリキュラム評価の試み--高等学校の「総合的な学習の時間」を事例として

根津朋実

『埼玉大学教育学部附属教育実践総合センター紀要』(4)p.69 - 822005年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:13477420

翻訳と解題 マイケル・スクリヴァン 教師の諸義務(2)

根津朋実(訳)

『埼玉大学教育臨床研究』2p.89 - 972004年03月-

詳細

ISSN:13484265

「少人数学級」の成立--埼玉県志木市を事例として

根津朋実

『筑波教育学研究』(筑波大学教育学会)査読有り(2)p.137 - 1512004年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:13479563

中高一貫校の異年齢構成による学校行事が果たすリーダー形成機能 : 筑波大学附属駒場中・高等学校「音楽祭」を事例として

根津朋実、井上正允、田中統治

『カリキュラム研究』査読有り(13)p.107 - 1202004年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0918354X

カリキュラム評価用チェックリストの提案

根津朋実

『埼玉大学紀要(教育学部)教育科学』52(2)p.167 - 1802003年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03879321

クラスサイズ研究の動向とその課題--実証的研究を中心に

根津朋実

『埼玉大学教育臨床研究』(埼玉大学教育学部学校教育(教育臨床)講座)1p.53 - 642003年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:13484265

翻訳と解題 マイケル・スクリヴァン 教師の諸義務(1)

根津朋実(訳)

『埼玉大学教育臨床研究』1p.39 - 512003年08月-

詳細

ISSN:13484265

Michael Scrivenに関する覚え書き--curriculum vitaeの検討を中心に

根津朋実

『埼玉大学紀要(教育学部)教育科学(I)』52(1)p.99 - 1092003年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03879321

各学校における総体的なメッセージとしての教育課程 : 教育課程を評価するための前提として

根津朋実

『学校教育研究』招待有り(17)p.32 - 442002年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

教師集団の多元的な視点による生徒評価の事例研究--ゴール・フリー評価(goal-free evaluation)の実践可能性

根津朋実

関東教育学会紀要査読有り(27)p.15 - 262000年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:02859491

カリキュラム評価の役割に関する理論的検討 : Scriven, M.による構成的/総括的評価の検討を中心に

根津朋実

『カリキュラム研究』査読有り(9)p.63 - 762000年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0918354X

ゴール・フリー評価によるカリキュラムの「意図せざる結果」の解明に関する理論的検討 ―学校教育の無意図的側面を解明するために―

根津朋実

日本学校教育学会編『学校教育研究』査読有り(14)p.134 - 1471999年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

「中高一貫校」のカリキュラムにおける接続の問題 : 筑波大学附属駒場中・高等学校を事例として

根津朋実

『筑波大学教育学系論集』査読有り23(2)p.97 - 1091999年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03858979

教育活動評価における授業評価の位置づけに関する研究 ―教員養成系大学・学部教員及び学生に対する意識調査をてがかりに―

門脇厚司、田中統治、飯田浩之、角替弘規、根津朋実

日本教育大学協会第二常置委員会編『教科教育学研究』査読有り16p.191 - 2081998年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:13437143

「ゴール・フリー評価」(goal-free evaluation)の方法論的検討 : カリキュラム評価の質的な客観性を確保する視点を中心に

根津朋実

『カリキュラム研究』査読有り(7)p.15 - 261998年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:0918354X

「目標にとらわれない評価」(goal-free evaluation)の再検討 ―カリキュラム評価における意義とその必要性―

根津朋実

筑波大学大学院博士課程教育学研究科編 『教育学研究集録』21p.145 - 1541997年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)ISSN:03867927

書籍等出版物

『各教科等の学びと新しい学習評価』(理論・実践編2)

田中耕治編集代表(分担執筆)

ぎょうせい2020年 01月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:140-144ISBN:9784324107287

概要:根津朋実・「特別活動の評価」

『最新 教育キーワード 155のキーワードで押さえる教育』

藤田晃之・佐藤博志・根津朋実・平井悠介編(共編著)

時事通信社2019年 08月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:4-5, 8-9, 10-11, 54-55ISBN:9784788716193

概要:根津朋実・項目「学習指導要領」「カリキュラム・マネジメント」「社会に開かれた教育課程」「教育課程とカリキュラム」

『三訂 キーワードで拓く新しい特別活動』

日本特別活動学会編(分担執筆)

東洋館出版社2019年 08月-

詳細

事典・辞書担当ページ数:189ISBN:9784491036793

概要:根津朋実・項目「エスノグラフィ」

『改訂版 教職用語辞典』

橋本美保編集代表(分担執筆)

一藝社2019年 07月-

詳細

事典・辞書担当ページ数:85, 135-136, 217ISBN:9784863591851

概要:根津朋実・項目「学校に基礎をおくカリキュラム評価(SBCD)」「教育評価」「ゴール・フリー評価(目標にとらわれない評価)」

『教育内容・方法 改訂版』

根津朋実・樋口直宏編(共編著)

培風館2019年 05月-

詳細

教科書担当ページ数:1-19, 41-67ISBN:9784563058586

『教育課程』

根津朋実編(編著)

ミネルヴァ書房2019年 02月-

詳細

教科書総ページ数:199担当ページ数:95-108ISBN:9784623084869

概要:根津朋実・「カリキュラム・マネジメントの理解」

『教育社会学事典』

日本教育社会学会編(分担執筆)

丸善出版2018年 01月-

詳細

事典・辞書担当ページ数:382-383ISBN:9784621302330

概要:根津朋実・項目「カリキュラムの社会学」

『小学校教育課程実践講座 総則』

天笠茂編(分担執筆)

ぎょうせい2017年 10月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:217-234ISBN:9784324103029

概要:根津朋実・「新教育課程のカリキュラム・マネジメント」

『中学校教育課程実践講座 総則』

天笠茂編(分担執筆)

ぎょうせい2017年 10月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:209-226ISBN:9784324103173

概要:根津朋実・「新教育課程のカリキュラム・マネジメント」

『新小学校学習指導要領改訂のポイント』

水原克敏編(分担執筆)

日本標準2017年 06月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:114-119ISBN:9784820806202

概要:根津朋実・「『何のための特別活動か』が問われている」

『創る 2領域カリキュラムで子どもが変わる! 教師が変わる!』

香川大学教育学部附属高松小学校(分担執筆)

東洋館出版社2017年 01月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:150-151ISBN:9784491032931

概要:根津朋実・「子どもが変わる、教師が変わる」

『これからの学校教育を担う教師を目指す -思考力・実践力アップのための基本的な考え方とキーワード』

日本学校教育学会編(分担執筆)

学事出版2016年 09月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:84-90ISBN:9784761922740

概要:根津朋実・「教育実践をどのようにして研究論文にするか」

『「チーム学校」まるわかりガイドブック』

加藤崇英編(分担執筆)

教育開発研究所2016年 04月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:36-37ISBN:9784865607000

概要:根津朋実・「『チーム学校』によるアクティブ・ラーニングの推進」

『子どもの姿が見える評価の手法』

ぎょうせい編(分担執筆)

ぎょうせい2016年 03月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:34-37ISBN:9784324100707

概要:根津朋実・「新教育課程に生かす様々な評価方法」

『教育の方法・技術』

岩川直樹編(分担執筆)

学文社2014年 04月-

詳細

教科書担当ページ数:112-129ISBN:9784762016608

概要:根津朋実・「教育評価の基礎」

『学校教育のカリキュラムと方法』

大高泉・田中統治編(分担執筆)

協同出版2013年 12月-

詳細

教科書担当ページ数:101-115ISBN:9784319106622

概要:根津朋実・「第3章 カリキュラム開発の実践 第1節 教育課程の目標と評価」

『カリキュラム開発の促進条件に関する研究』

新井郁男編(分担執筆)

教育開発研究所2012年 08月-

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:8-18ISBN:9784873804316

概要:山口満・根津朋実「カリキュラム研究の動向とカリキュラム開発の課題」

『学校改善マネジメント 課題解決への実践的アプローチ』

篠原清昭編(分担執筆)

ミネルヴァ書房2012年 05月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:180-195ISBN:9784623062614

概要:根津朋実・「カリキュラム開発」

『学校をエンパワーメントする評価』

天笠茂編集代表・大脇康弘編(分担執筆)

ぎょうせい2011年 10月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:122-138ISBN:9784324093436

概要:根津朋実・「カリキュラムを評価する」

『教育内容・方法』

根津朋実・吉江森男編(共編著)

培風館2010年 07月-

詳細

教科書総ページ数:211担当ページ数:2-20, 41-67ISBN:9784563058531

『カリキュラム評価入門』

田中統治・根津朋実編(共編著)

勁草書房2009年 05月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:295担当ページ数:29-49ISBN:9784326298914

『資料解説 学校教育の歴史・現状・課題』

日本学校教育学会編(分担執筆)

教育開発研究所2009年 01月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:205-216ISBN:9784873803937

概要:根津朋実・「各種学力調査等の結果にみる子どもの学力と課題」

『「活用型」学習をどう進めるか ―表現力・思考力と知識活用能力をどう伸ばすか』

浅沼茂編(分担執筆)

教育開発研究所2008年 06月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:68-71ISBN:9784873809960

概要:根津朋実・「目標にとらわれない評価による知識・認識の広がりと活用型学習」

『教師をダメにするカウンセリング依存症 ─学級の子どもを一番よく知っているのは担任だ! 』

吉田武男・藤田晃之編(分担執筆)

明治図書2007年 09月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:100-111ISBN:9784180040223

概要:根津朋実・「大学生による教育実習外のボランティア活動を、教職員はどう見たのか」

『子どもの「社会的自立」の基礎を培う』

山口満編(分担執筆)

教育開発研究所2007年 04月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:130-133ISBN:9784873809557

概要:根津朋実・「子どもの社会的自立と指導・工夫の手立て」

『カリキュラム評価の方法 : ゴール・フリー評価論の応用』

根津朋実(単著)

多賀出版2006年 10月-

LINK

詳細

単行本(学術書)総ページ数:328ISBN:4811571215;

概要:日本学術振興会・研究成果公開促進費(185298)による。

『市民と創る教育改革 検証:志木市の教育政策』

渡部昭男・金山康博・小川正人編 志木市教育政策研究会著(分担執筆)

日本標準2006年 03月-

詳細

単行本(一般書)担当ページ数:62-71ISBN:4820802623

概要:根津朋実・「『25人程度学級』の経験者はどう考えているか -児童・保護者・教師への質問紙調査にみる成果と課題-」

『第二版 現代カリキュラム研究』

山口満編(分担執筆)

学文社2005年 04月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:364担当ページ数:287-300ISBN:9784563058531

概要:根津朋実・「研究開発学校におけるカリキュラム評価の実態と課題 —研究報告書を手がかりとして— 」

『現代カリキュラム研究』

山口満編(分担執筆)

学文社2001年 08月-

詳細

単行本(学術書)担当ページ数:287-300ISBN:476201074X

概要:根津朋実・「研究開発学校におけるカリキュラム評価の実態と課題 —研究報告書を手がかりとして— 」

『現代カリキュラム事典』

日本カリキュラム学会編(分担執筆)

ぎょうせい2001年 02月-

詳細

事典・辞書担当ページ数:499ISBN:4324062110

概要:根津朋実・項目「スクリヴァン、M. (Michael Scriven)」

講演・口頭発表等

講演:カリキュラムを研究開発する?

根津朋実

第16回研究開発学校フォーラム(令和元年度研究開発学校研究協議会)(文部科学省)招待有り2020年01月17日

詳細

国内会議公開講演開催地:学術総合センター、一橋講堂(東京)

「評価する恐怖」の提起:valuephobia概念を参照して

根津朋実

教育目標・評価学会 第30回大会(教育目標・評価学会)2019年12月08日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都府立大学

全国学力・学習状況調査における質問紙調査の再分析(11) —校長および教務主任を対象とした独自学校調査における因子構造の検討—

○松本明日香、吉澤寛之、谷伊織、杉本英晴、寺尾香那子、根津朋実、田村知子

日本心理学会 第83回大会(日本心理学会)2019年09月11日

詳細

国内会議ポスター発表開催地:立命館大学

カリキュラム・マネジメントの研修をどう設計・実施・評価・改善するか ~カリマネ研修のカリマネを考える~

村川雅弘、倉本哲男、吉田尚史、畑中一良、(コメンテーター)根津朋実

日本カリキュラム学会主催 「秋のセミナー2018」(日本カリキュラム学会)招待有り2018年11月18日

詳細

国内会議セミナー開催地:筑波大学東京キャンパス文京校舎

"Teacher as researcher"論の再検討 — 訳語「調査する教師」の提案 —

根津朋実

日本教師教育学会 第28回大会(日本教師教育学会)2018年09月30日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京学芸大学

全国学力・ 学習状況調査における質問紙調査の再分析(6) ―担任教師を対象とした独自学校調査における因子構造の検討―

○松本明日香、吉澤寛之、谷伊織、杉本英晴、寺尾香那子、根津朋実、田村知子

日本心理学会 第82回大会(日本心理学会)2018年09月25日

詳細

国内会議ポスター発表開催地:東北大学

教師の指導計画と児童の学習活動に対する期待、行動の関連 ―管理職・学級担任の教員評定データと児童評定データを用いた検討―

○寺尾香那子、吉澤寛之、谷伊織、杉本英晴、松本明日香、根津朋実、田村知子

日本心理学会 第82回大会(日本心理学会)2018年09月25日

詳細

国内会議ポスター発表開催地:東北大学

Stenhouse, L. A.の履歴にみる諸特徴 ―"Teacher as Researcher"論の再検討に向けて―

根津朋実

日本カリキュラム学会 第29回大会(日本カリキュラム学会)2018年06月30日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:北海道教育大学旭川校

パネルディスカッション「『新学習指導要領に向けた授業改善』 -「主体的・対話的で深い学び」で変わること・変わらないこと-」

谷川彰英、山野有紀、吉本恒幸、根津朋実、宮本信也

中央教育研究所主催 教育シンポジウムin東京 2018(第22回)(中央教育研究所)招待有り2018年02月10日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京都北区立王子桜中学校・王子小学校

新学習指導要領の可能性と課題

根津朋実

大塚学校経営研究会 2017年度夏季合宿研究会(大塚学校経営研究会)招待有り2017年07月29日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:向丘地域活動センター(東京)

概要: シンポジウム:新学習指導要領における「カリキュラム・マネジメント」の可能性と課題(石田有記、根津朋実、高橋里奈、指定討論者:小島弘道)

カリキュラムマネジメント評価の3手法の特徴の検証とシステムの試作 -カリキュラムマネジメントの評価手法の比較検討(4)-

○本間学、根津朋実、村川雅弘、田村知子

日本カリキュラム学会 第28回大会(日本カリキュラム学会)2017年06月25日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:岡山大学

カリキュラム評価の理論的到達点と課題

根津朋実

日本カリキュラム学会 第28回大会(日本カリキュラム学会)招待有り2017年06月24日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:岡山大学

概要: 課題研究I:カリキュラム改善のためのカリキュラム評価(根津朋実、原田信之、岡田さつき 指定討論者:田村知子)

カリキュラムマネジメント評価の3手法の妥当性の検証とシステムの試作 -カリキュラムマネジメントの評価手法の比較検討(3)-

○本間学、○根津朋実、村川雅弘、田村知子

日本カリキュラム学会(日本カリキュラム学会)2016年07月02日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:香川大学

分かち合い,共に未来を創造する子どもの育成(3) - 見方・考え方を育む教科学習 -

○堀場規朗、○磯田文雄、○石井英真、○山森光陽、根津朋実

日本カリキュラム学会 第27回大会(日本カリキュラム学会)2016年07月02日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:香川大学

シンポジスト「主体的、共感・協同的、創造的な学びの在り方」

無藤隆、山森光陽、石井英真、根津朋実

平成27年度 初等教育研究発表会(香川大学教育学部附属高松小学校)招待有り2016年02月05日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:香川大学教育学部附属高松小学校

台湾の前期中等教育における『綜合活動』の実際 ―國立臺灣師範大學附属高級中學國中部を事例として―

根津朋実

日本特別活動学会 第24回近畿大会(日本特別活動学会)2015年08月23日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:関西学院大学

公立小学校教員の教育評価観にみる「甘さ」と「救い」 ―学級担任へのインタビュー調査をもとに―

○田代優歩、根津朋実

日本学校教育学会 第30回研究大会(日本学校教育学会)2015年07月18日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:目白大学

分かち合い,共に未来を創造する子どもの育成(2)- 異学年合宿にみる「創造活動」の実際 -

○山西達也、○山森光陽、○根津朋実、磯田文雄、石井英真

日本カリキュラム学会 第26回大会(日本カリキュラム学会)2015年07月05日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:昭和女子大学

カリキュラムマネジメント支援システムの機能に関する考察 -カリキュラムマネジメントの評価手法の比較検討(2)-

○本間学、○田村知子、○村川雅弘、根津朋実

日本カリキュラム学会 第26回大会(日本カリキュラム学会)2015年07月04日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:昭和女子大学

シンポジスト「『教科学習』『創造活動』の2領域カリキュラムで資質・能力を養う学びの展開」

天笠茂、山森光陽、岡田涼、根津朋実

平成26年度 初等教育研究発表会(香川大学教育学部附属高松小学校)招待有り2015年02月06日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:香川大学教育学部附属高松小学校

教育実践をどのようにして研究論文にするか

根津朋実

日本学校教育学会 第1回公開研究会(日本学校教育学会)招待有り2014年10月26日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:キャンパスイノベーションセンター東京(田町)

台湾の前期中等教育における「団体活動」の特色

根津朋実

日本特別活動学会 第23回大会(日本特別活動学会)2014年08月24日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:福岡教育大学

カリキュラムマネジメントの評価手法の比較検討

○村川雅弘、○田村知子、根津朋実、本間学

日本カリキュラム学会 第25回大会(日本カリキュラム学会)2014年06月28日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:関西大学千里山キャンパス

分かち合い,共に未来を創造する子どもの育成 -2領域で見方・考え方を育む指導と評価の在り方-

○黒田拓志、○磯田文雄、○石井英真、○根津朋実

日本カリキュラム学会 第25回大会(日本カリキュラム学会)2014年06月28日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:関西大学千里山キャンパス

公立中学校の修学旅行に関する研究動向と実態 −教員へのインタビューを通して−

○方朕朕、根津朋実

関東教育学会 第61回大会(関東教育学会)2013年11月16日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:玉川大学

宮坂哲文『禅における人間形成』前史にみる教科外活動への関心

根津朋実

日本特別活動学会 第22回大会(日本特別活動学会)2013年08月18日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:鎌倉女子大学

日高一二三、日高乾峰、木宮乾峰の著述に関する一考察

根津朋実

日本カリキュラム学会 第24回大会(日本カリキュラム学会)2013年07月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:上越教育大学

指定討論者「第3部 カリキュラム実践の評価」

根津朋実

フォーラム「大学体育の新時代に向かって」(筑波大学体育センター)招待有り2013年02月10日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:筑波大学東京キャンパス文京校舎

シンポジスト「自ら学び、自信をもって共に伸びる子の育成」

西岡加名恵、山森光陽、久利知光、根津朋実

平成24年度 初等教育研究発表会(香川大学教育学部附属高松小学校)招待有り2013年02月08日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:香川大学教育学部附属高松小学校

生きる力をはぐくむ特別活動

根津朋実

第35回 宮城県連合中学校教育研究会 特別活動研究大会 大河原地区大会講演会(宮城県連合中学校教育研究会)招待有り2012年10月31日

詳細

国内会議セミナー開催地:宮城県刈田郡蔵王町「蔵王町ふるさと文化会館」

宮坂哲文の父と禅:宮坂喆宗小論

根津朋実

日本カリキュラム学会 第23回大会(日本カリキュラム学会)2012年07月07日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:中部大学

Extracurricular Activities Support Academic Achievement in Japan :Tip of the Iceberg

根津朋実

『東アジア諸国におけるカリキュラムおよび授業運営方法の特徴と変化』(韓国教育課程学会)招待有り2011年11月18日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:慶熙大学、ソウル

21世紀初頭の日本の学校教育をどう見るか

新井保幸、金子真理子、根津朋実、増田修治

関東教育学会 第59回大会(関東教育学会)招待有り2011年11月13日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京学芸大学

カリキュラム開発とその評価

根津朋実

第59回 全国私学教育研究集会(全国私学教育研究集会)招待有り2011年10月28日

詳細

国内会議セミナー開催地:エテルナ高崎(群馬県高崎市)

雑誌『小学生の自由研究』にみる戦後初期「自由研究」の構想

根津朋実

日本特別活動学会 第20回大会(日本特別活動学会)2011年08月20日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:宇都宮大学

雑誌『たのしい図画工作』にみる戦後初期「図画工作科」の構想

根津朋実

日本学校教育学会 第26回大会(日本学校教育学会)2011年08月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:常葉学園大学

木宮乾峰のカリキュラム論 -教科外活動の課程化を中心に-

根津朋実

関東教育学会 第58回大会(関東教育学会)2010年10月24日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:聖徳大学

「特別活動の評価」に関する課題と方法

根津朋実

日本特別活動学会 第19回大会(日本特別活動学会)2010年08月22日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:名古屋学院大学

基調講演:日本の学習指導要領に関する歴史的変遷

根津朋実

韓国日本教育学会 秋季学術大会(韓国日本教育学会)招待有り2009年11月14日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:ソウル教育大学校人文館

施設分離型の小中一貫校におけるカリキュラム開発の課題 -教員を対象とした調査の結果から-

○安藤福光、根津朋実

日本カリキュラム学会 第20回大会(日本カリキュラム学会)2009年07月11日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:神田外語大学

カリキュラム研究の立場から

根津朋実

日本カリキュラム学会 第20回大会(日本)招待有り2009年07月11日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:神田外語大学

概要: 公開シンポジウム『小中連携・一貫とカリキュラム開発』 シンポジスト:斉藤一弥、長谷川孝夫、磯田文雄、根津朋実 指定討論者:冨士原紀絵、八木雅之

「教える人、教える内容」の課題

根津朋実

【ザ・トークショー第4弾】(公開座談会・参加型)ぷらすわん塾(教育職人伝導塾)第17回(ぷらすわん塾(教育職人伝導塾))招待有り2009年01月09日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:丸井志木店8階「ふれあいプラザ」

ゴール・フリー評価論の応用 ーカリキュラム評価の方法ー

根津朋実

第5回 佐賀大学学習評価研究会(佐賀大学学習評価研究会)招待有り2008年12月20日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:佐賀大学文化教育学部

児童生徒の意識にみる小中一貫カリキュラムの成果と課題 -複数の質問紙調査をもとに-

○安藤福光、根津朋実

日本カリキュラム学会 第18回大会(日本カリキュラム学会)2007年07月08日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:埼玉大学

校内研修のプログラム開発に関する事例研究 -カンファレンスとワークショップ型研修とを対比しつつ-

根津朋実

日本カリキュラム学会 第18回大会(日本カリキュラム学会)2007年07月08日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:埼玉大学

質問紙調査にみる興本扇学園の児童・生徒像 ―経年比較を手がかりに―

根津朋実、安藤福光

あだち教育フォーラム2007 学びの連続性を考える(東京都足立区)招待有り2007年03月24日

詳細

国内会議公開講演開催地:足立区役所 庁舎ホール

中高一貫校における才能教育とリーダー育成のためのカリキュラム開発研究(3) -駒場卒業生へのグループ・インタビューの結果を中心に-

○安藤福光、○平田知之、小林汎、宮崎章、井上正允、根津朋実、藤田晃之、田中統治

筑波大学教育学会 第6回研究大会(筑波大学教育学会)2007年03月17日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:筑波大学附属駒場中・高等学校

課題別研究:福祉教育・ボランティア学習における評価の位置 カリキュラム評価研究の立場から

根津朋実

日本福祉教育・ボランティア学習学会 第12回埼玉大会(日本福祉教育・ボランティア学習学会)招待有り2006年11月25日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京国際大学

カリキュラム研究の立場から

根津朋実

第10回 地方発信教育政策研究会(地方発信教育政策研究会)招待有り2006年09月03日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:埼玉県志木市立志木小学校

「羅生門的接近」再考 -「羅生門的手法」との比較を通して-

根津朋実

日本カリキュラム学会 第17回大会(日本カリキュラム学会)2006年07月08日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:奈良教育大学

中高一貫校における才能教育とリーダー育成のためのカリキュラム開発研究(2) -卒業生のニーズ調査結果をもとにした単元構想を中心に-

○田中統治、根津朋実、井上正允

日本カリキュラム学会 第17回大会(日本カリキュラム学会)2006年07月08日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:奈良教育大学

シンポジスト「教育の質の向上を図る =学ぶ楽しさを味わわせるための取り組み=」

根津朋実

平成17年度 初等教育研究発表会(香川大学教育学部附属幼稚園高松園舎・附属高松小学校)招待有り2006年02月03日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:香川大学教育学部附属幼稚園高松園舎・附属高松小学校

カリキュラム研究からみた「少人数学級」

根津朋実

筑波大学教育学会 平成17年度 第1回研究会(筑波大学教育学会)2005年06月29日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:筑波大学

志木市少人数学級施策の成果と課題 —児童・担任・保護者を対象とした質問紙調査を手がかりにー

根津朋実

日本カリキュラム学会 第16回大会(日本カリキュラム学会)2005年06月18日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京学芸大学

中高一貫校における才能教育とリーダー育成のためのカリキュラム開発研究(1)

○田中統治、○根津朋実、藤田晃之、井上正允

筑波大学教育学会 第4回研究大会(筑波大学教育学会)2005年03月19日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:筑波大学附属小学校

志木市少人数学級施策の効果と課題 ―保護者・担任教員を対象とした質問紙調査をもとにー

根津朋実

第8回 志木教育政策研究会(志木教育政策研究会)招待有り2005年02月06日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:埼玉県志木市立志木小学校

少人数学級の一日 -埼玉県志木市を事例として-

根津朋実

関東教育学会 第52回大会(関東教育学会)2004年10月24日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:工学院大学

指定討論者「教員にとっての教育改革とは ―その功罪と意味―」

根津朋実

日本学校教育学会 第19回研究大会(日本学校教育学会)招待有り2004年08月08日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:目白大学

志木市「ハタザクラプラン」の教育研究上の位置づけ

根津朋実

第3回 志木教育政策研究会(志木教育政策研究会)招待有り2003年08月10日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:埼玉県志木市立志木小学校

「少人数学級」の成立 -埼玉県志木市を事例として-

根津朋実

日本学校教育学会 第18回研究大会(日本学校教育学会)2003年08月02日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:富山大学

カリキュラム評価用チェックリストの提案

根津朋実

日本カリキュラム学会 第14回大会(日本カリキュラム学会)2003年07月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:上越教育大学

メッセージとしての教育課程 -教育課程評価のために-

根津朋実

日本カリキュラム学会 第13回大会(日本カリキュラム学会)2002年07月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:九州大学

「学校に基礎をおくカリキュラム開発」論再考 -その再評価のために-

根津朋実

日本カリキュラム学会 第12回大会(日本カリキュラム学会)2001年07月01日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東北大学

入学時期の違いからみた中高一貫教育の評価 -A校卒業生調査の分析を通して-

根津朋実

日本学校教育学会 第15回研究大会(日本学校教育学会)2000年08月06日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:盛岡大学

教師集団の多元的な視点による生徒評価の事例 -ゴール・フリー評価の可能性を中心に-

根津朋実

関東教育学会 第47回大会(関東教育学会)1999年10月30日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:山梨県立大学

「中高一貫校」のカリキュラムにおける接続の問題 -筑波大学附属駒場中・高等学校を事例として-

根津朋実

日本カリキュラム学会 第10回大会(日本カリキュラム学会)1999年07月04日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:名古屋大学

カリキュラムの「意図せざる結果」からみたゴール・フリー評価の有効性

根津朋実

日本カリキュラム学会 第9回大会(日本カリキュラム学会)1998年07月04日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:福島大学

教員養成大学・学部教員の教育活動評価

田中統治、飯田浩之、○角替弘規、○根津朋実

平成9年度 日本教育大学協会研究集会(日本教育大学協会)1997年10月04日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:筑波大学

Scriven, M.の「目標にとらわれない評価」論 -評価バイアスを中心に-

根津朋実

日本カリキュラム学会 第8回大会(日本カリキュラム学会)1997年06月29日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:高知大学

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

教員は評価アイデンティティをどう形成するのか

2017年04月-2021年03月

配分額:¥2730000

研究種別:基盤研究(C)

宮坂哲文にみる戦後教科外活動の源流

2013年04月-2016年03月

配分額:¥2080000

研究種別:基盤研究(B)

アジア比較に基づく基礎教育課程の「一貫制」に関する理論的・実践的研究

2012年04月-2016年03月

配分額:¥16770000

研究種別:基盤研究(C)

特別活動のカリキュラム評価に関する基礎的研究

2010年04月-2013年03月

配分額:¥2730000

研究種別:研究成果公開促進費:学術図書

カリキュラム評価の方法

2006年04月-2007年03月

配分額:¥1700000

研究種別:若手研究(B)

「羅生門的接近」を応用した現職教員研修プログラムの開発

2006年03月-2009年03月

配分額:¥2080000

研究種別:萌芽研究

中高一貫校における才能教育とリーダー育成のためのカリキュラム開発研究

2004年04月-2007年03月

配分額:¥3500000

研究種別:若手研究(B)

少人数学級が児童・保護者・学校組織にもたらす教育効果の研究

2003年04月-2006年03月

配分額:¥2500000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
教育課程編成論(中・高) F教育学部2020春クォーター
教育課程編成論(中・高) G教育学部2020秋クォーター
教育実習演習(中・高)(3週間) AR教育学部2020春学期
教育実習演習(中・高)(2週間) AR教育学部2020春学期
教職実践演習(中・高) AR教育学部2020秋学期
現代の教育課題IV教育学部2020秋クォーター
教育学演習I I教育学部2020通年
教育課程論教育学部2020春学期
教育学演習II I教育学部2020通年
カリキュラム研究教育学部2020秋学期
教育内容・方法研究指導(M-1)(根津)大学院教育学研究科2020春学期
教育内容・方法研究指導(M-2)(根津)大学院教育学研究科2020秋学期
教育内容・方法演習(M1-1)(根津)大学院教育学研究科2020春学期
教育内容・方法演習(M1-2)(根津)大学院教育学研究科2020秋学期
教育内容・方法演習(M2-1)(根津)大学院教育学研究科2020春学期
教育内容・方法演習(M2-2)(根津)大学院教育学研究科2020秋学期
教育学研究指導(D-1)(根津)大学院教育学研究科2020春学期
教育学研究指導(D-2)(根津)大学院教育学研究科2020秋学期
教育内容・方法学研究演習(D-1)(根津)大学院教育学研究科2020春学期
教育内容・方法学研究演習(D-2)(根津)大学院教育学研究科2020秋学期
カリキュラム開発の理論と実践大学院教育学研究科2020春クォーター
カリキュラム・マネジメントの理論と実践 A大学院教育学研究科2020春クォーター
カリキュラム評価の理論と方法大学院教育学研究科2020冬クォーター

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2020年09月- 2022年03月学習院女子大学非常勤講師(担当科目「特別活動指導論」)
2019年04月- 2020年02月京都大学教育学研究科非常勤講師(担当科目「教育方法学特論III」)
2019年04月- 2019年06月早稲田大学教育学研究科高度教職実践専攻非常勤講師(担当科目「カリキュラム・マネジメントの理論と実践」)
2019年04月放送大学大学院客員教授
2018年09月- 2021年03月茨城大学農学部非常勤講師(担当科目「学校教育課程論」、隔年開講、2018は「特別活動の指導法」を含む)
2018年04月- 2019年03月放送大学大学院客員准教授
2017年12月- 2018年01月放送大学大学院修士論文審査員(副査3件)
2016年12月- 2017年01月放送大学大学院修士論文審査員(副査2件)
2015年09月- 2018年03月淑徳大学人文学部兼任講師(担当科目「教育課程論」)
2015年04月- 2015年11月共栄大学教育学専攻科非常勤講師(担当科目「学級経営特論」、「特別活動指導実践特論」)
2015年04月- 2015年08月お茶の水女子大学非常勤講師(担当科目「特別活動の研究」)
2014年08月- 2016年06月早稲田大学非常勤講師(担当科目「教育課程編成論(中・高)」F、G)
2014年03月- 2014年03月國立嘉義大學特別講義
2014年02月- 2014年02月國立臺灣師範大學客員研究員 (Special Theme Speech)
2012年- 2015年山梨県立大学国際政策学部非常勤講師(担当科目「特別活動の指導法」(中高養):吉田武男・筑波大学教授と分担)
2007年04月- 2015年03月筑波学院大学非常勤講師(担当科目「教育課程論」(2007)、「特別活動研究(2007-2015))
2006年08月- 2010年03月流通経済大学非常勤講師(担当科目「教育課程論」)
2006年08月- 2009年08月埼玉県立大学保健医療福祉学部非常勤講師(担当科目「教育課程論」)
2004年09月- 2004年10月東京都立保健科学大学非常勤講師(担当科目「教育評価」、看護教員養成講座)
2004年09月- 2004年09月東北大学教育学部非常勤講師(担当科目「カリキュラム論講義III」)
2004年- 2004年埼玉大学教育学部非常勤講師(担当科目「フィールドワーク演習」)
2003年12月- 2003年12月筑波大学大学院修士課程教育研究科非常勤講師(担当科目「教育課程論特講」)
2003年10月- 2003年12月筑波大学図書館情報専門学群非常勤講師(担当科目「教育課程論」)
2000年- 2001年茨城県立つくば看護専門学校非常勤講師(担当科目「教育学」)

社会貢献活動

第3期つくば市教育振興基本計画策定委員会・委員

2019年12月-

主催者・媒体名:茨城県つくば市

詳細

対象:行政機関

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)運営指導委員会・委員

役割:助言・指導2019年06月-

主催者・媒体名:お茶の水女子大学附属高等学校

詳細

対象:教育関係者

中央教育審議会・臨時委員(第10期、初等中等教育分科会・教育課程部会)

役割:助言・指導2019年06月-

主催者・媒体名:文部科学省

詳細

対象:行政機関

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)運営指導委員会・委員

役割:助言・指導2017年06月-

主催者・媒体名:茗溪学園中学校高等学校

詳細

対象:教育関係者

文部科学省指定研究開発学校・運営指導委員会・委員

役割:助言・指導2017年04月-

主催者・媒体名:新潟大学教育学部附属長岡校園

詳細

対象:教育関係者

教育研究開発企画評価会議・協力者委員

役割:助言・指導2003年10月-

主催者・媒体名:文部科学省

詳細

対象:行政機関