氏名

アリムラ トシヒデ

有村 俊秀

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0064011/)

所属

(政治経済学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
arimura@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://researchers.waseda.jp/profile/ja.867a203aa9e80fa0589033e495116d90.html

http://www.f.waseda.jp/arimura/(研究紹介のHPです。)

研究者番号
70327865

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

理工学術院(大学院環境・エネルギー研究科)

学内研究所等

環境と貿易研究所

研究所員 2012年-2017年

環境経済・経営研究所

プロジェクト研究所所長 2016年-2020年

環境と貿易研究所

プロジェクト研究所所長 2012年-2016年

環境経済・経営研究所

研究所員 2016年-

熱エネルギー変換工学・数学融合研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学歴

1992年04月-1994年03月 筑波大学 環境科学研究科 環境科学
1987年04月-1992年03月 東京大学 教養学部 科学史・科学哲学
1994年09月-2000年 ミネソタ大学 経済学研究科 経済学

学位

Ph.D in Economics 課程 ミネソタ大学

経歴

2000年04月-2004年03月上智大学経済学部講師
2004年04月-2007年03月上智大学経済学部助教授
2007年04月-2011年03月上智大学経済学部准教授
2009年04月-2011年03月科学技術政策研究所客員研究官
2011年04月-2012年03月上智大学経済学部教授
2012年04月-早稲田大学政治経済学部教授
2015年08月-2017年07月文部科学省学術調査官

所属学協会

環境経済・政策学会 理事

環境資源経済学会

環境科学会 理事

環境経営学会 理事

日本経済学会

委員歴・役員歴(学外)

環境科学会理事
2006年04月-環境経済・政策学会理事
2010年04月-2010年07月行政刷新会議「規制・制度改革に関する分科会」ワーキンググループ構成員
2010年04月-2012年03月環境省「中央環境審議会」専門委員
2010年05月-2015年03月日本下水道事業団「総合評価制度等検討委員会」委員
2012年02月-2012年03月国土交通省「自動車運送事業者によるCO2削減努力の評価手法、付加価値創出手法の開発に関する検討会」委員
2014年01月-2014年03月経済産業省「環境と経済研究会」委員
2014年05月-2015年03月佐倉市「佐倉市大学等の誘致に関する懇話会」委員
2014年05月-2016年03月経済産業省「省エネ型陸上輸送実証事業検討会」委員
2014年05月-2016年03月環境省「カーボン・オフセット制度登録認証委員会」登録認証委員
2014年06月-2018年03月自動車リサイクル促進センター評議員
2015年02月-2015年03月経済産業省「JCMに基づくクレジット取引に関する研究会」委員
2015年07月-2016年03月環境省「事業化計画策定・FS調査等事業によるCO2削減効果検証・評価委員会」委員
2015年07月-2016年03月環境省「CO2削減ポテンシャル診断事業に係る検証・評価委員会」委員
2015年07月-2016年03月環境省「省エネ型自然冷媒機器普及促進等事業検証・評価委員会」委員
2015年07月-2015年12月経済産業省・環境省「二国間クレジット制度の国内運用のための規程類検討会」委員
2015年07月-2016年03月環境省「小規模火力発電等の環境保全に関する検討会」委員
2016年05月-2017年03月経済産業省「陸上輸送機器の実使用時燃費改善事業検討会」委員
2016年05月-2017年03月海外環境協力センター(環境省)「カーボン・オフセット制度登録認証委員会」登録認証委員
2016年08月-2017年03月環境省「ヒートポンプを活用した低炭素型農業推進事業審査委員会」委員

受賞

環境経営学会・学術貢献賞

2012年05月

環境経済政策学会・奨励賞

2012年09月

環境経済政策学会・学術賞

2018年09月授与機関:環境経済・政策学会

取材ガイド

カテゴリー
環境学
専門分野
温暖化・エネルギー政策、大気汚染(PM2.5)、景観保護
自己紹介コメント
温暖化政策、エネルギー政策について政府の審議会、委員会に関わってきました。その関連で、新聞でもコメントや研究を紹介していただきました。ラジオやテレビでも解説をしました。英語での取材、コメントも対応可能です。これまで専門書の執筆以外にも新書を執筆するなど専門知識をわかりやすく伝える仕事もしています。アメリカ生活もが合計8年近くにわたったので、米国の生活・政治についてもコメントできます。
キーワード
メジャーリーグ、アメリカ文化・音楽、テレビドラマ

研究分野

キーワード

環境経済学、エネルギー、気候変動、環境と貿易、自主的取り組み、PM2.5

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 経済政策

環境学 / 環境解析学 / 環境影響評価

研究テーマ履歴

PM2.5削減の経済分析

研究テーマのキーワード:PM2.5

国際共同研究

論文

世界で進むカーボンプライシングと日本での論点

有村俊秀・阿部達也

環境情報科学査読有り48(1)p.35 - 422019年03月-2019年03月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Information leverage: The adoption of clean cooking fuel in Bhutan

Ngawang Dendupa and Toshi H. Arimura

Energy Policy査読有り125p.181 - 1952019年02月-2019年02月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Labor Market Distortions and Welfare‑Decreasing International Emissions Trading

Shiro Takeda, Toshi. H. Arimura and Makoto Sugino

Environmental and Resource Economics査読有りpublished onlinep.1 - 232019年01月-2019年01月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Cost-efficient strategy for reducing PM 2.5 levels in the Tokyo metropolitan area: An integrated approach with air quality and economic models

Yushi Kunugi, Toshi H. Arimura, Kazuyuki Iwata, Eiji Komatsu and Yoshie Hirayama

PLOS ONE査読有り13(11)p.1 - 182018年11月-2018年11月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

仮想評価法を用いた観光地における無電柱化事業の研究 ―世界遺産である富岡製糸場を事例として―

功刀祐之・有村俊秀・大床太郎

WINPEC Working Paper Series, Waseda UniversityJ1803p.1 - 62018年11月-2018年11月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

炭素価格の二重の配当―環境と経済の同時解決に向けて―

有村俊秀・武田史郎・尾沼広基

環境経済・政策研究査読有り11(2)p.73 - 782018年09月-2018年09月 

How much household electricity consumption is actually saved by replacement with Light-Emitting Diodes (LEDs)?

Hiroki Onuma, Shigeru Matsumoto, & Toshi H. Arimura

Discussion Paper Series, Research Institute for Environmental Economics and Management, Waseda University1803p.1 - 382018年08月-2018年08月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

事業所データを用いたポーター仮説の検証-環境規制と日本企業の研究開発・経営業績-

陳舒蕾・ 功刀祐之・有村俊秀

環境情報科学査読有り31(3)p.136 - 1472018年05月-2018年05月 

Seemingly Unrelated Interventions: Environmental Management Systems in the Workplace and Energy Conservation Behaviors at Home

Toshi.H.Arimura, Kazuyuki Iwata, Hajime Katayama and Mari Sakudo

Discussion Paper Series, Faculty of Political Science and Economics, Waseda University1802p.1 - 412018年05月-2018年05月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

持続可能な地域経済発展のための社会基盤の研究:観光産業と社会基盤整備の関係について

有村俊秀

日交研シリーズ, 日本交通政策研究会A-716p.1 - 562018年05月-2018年05月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

Information Leverage: The Adoption of Clean Cooking Fuel in Bhutan

Ngawang Dendup and Toshi H. Arimura

Discussion Paper Series, Faculty of Political Science and Economics, Waseda University1801p.1 - 222018年02月-2018年02月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

International Cooperation on Climate Policy from the Japanese Perspective

Shiro Takeda and Toshi. H. Arimura

International Cooperation in East Asia to Address Climate Changep.23 - 262018年02月-2018年02月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

The Potential of Carbon Market Linkage between Japan and China

Toshi.H.Arimura

Asia Society Policy Institute (ASPI) reportp.103 - 1132018年-2018年

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

新興国・途上国の地球温暖化対策:クリーン開発メカニズムから二国間クレジット制度とカーボンプライシングへ

有村俊秀

公衆衛生81(12)p.1008 - 10132017年12月-2017年12月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

カーボンプライシングの経済分析:事前評価と事後評価

有村 俊秀

エネルギー・資源38(5)p.261 - 2672017年09月-2017年09月 

Same concerns, same responses? A Bayesian quantile regression analysis of the determinants for supporting nuclear power generation in Japan

Yukiko Omata, Hajime Katayama, Toshi. H. Arimura

Environmental Economics and Policy Studies査読有り19(3)p.581 - 6082017年07月-2017年07月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Technology Transfer and Cost Structure of Clean Development Mechanism Projects: An Empirical Study of Indian Cases

Nils Simon, Toshi. H. Arimura, Minoru Morita, Akihisa Kuriyama and Kazuhisa Koakutsu

Environmental Economic and Policy Studies査読有り19(3)p.609 - 6332017年07月-2017年07月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Multiplier Impacts and Emission Reduction Effects of Joint Crediting Mechanism: Analysis with a Japanese and International Disaggregated Input-Output Table

Makoto Sugino, Minoru Morita, Kazuyuki Iwata and Toshi. H. Arimura

Environmental Economic and Policy Studies査読有り19(3)p.635 - 6572017年07月-2017年07月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

EEPS special issue on Enhancing renewable energy and energy efficiency: Japanese and US policies with implications for Asia

Toshi. H. Arimura and Nori Tarui

Environmental Economic and Policy Studies19(3)p.451 - 4572017年07月-2017年07月 

都道府県による温室効果ガス排出削減計画書制度の計量分析-製造業部門の定量評価-

矢島猶雅・有村俊秀

環境科学会誌査読有り30(2)p.121 - 1302017年03月-2017年03月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Cooking Fuel Choices - Analysis of Socio-economic and Demographic Factors in Rural India-

Mriduchhanda Chattopadhyay, Toshi.H. Arimura, Hajime Katayama, Mari Sakudo and Hide-Fumi Yokoo

環境科学会誌査読有り30(2)p.131 - 1402017年03月-2017年03月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

主観的幸福度と自然資本 -ミクロデータを用いた分析-

功刀 祐之・有村 俊秀・中静 透・小黒 芳生

環境科学会誌査読有り30(2)p.96 - 1062017年03月-2017年03月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Do Social Norms Matter to Energy-Saving Behavior? Endogenous Social and Correlated Effects

Toshi H. Arimura, Hajime Katayama, Mari Sakudo

Journal of the Association of Environmental and Resource Economists査読有り3(3)p.525 - 5532016年07月-2016年07月 

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

電力部門での温室効果ガス排出削減の現状と課題-市場メカニズムの可能性-

有村俊秀

環境経済・政策研究査読有り9(9)p.71 - 752016年03月-2016年03月 

The Effect of ISO 14001 on Environmental Performance: Resolving Equivocal Findings

Toshi. H. Arimura

Journal of Environmental Management査読有り166(15)p.556 - 5662016年01月-2016年01月 

Voluntary agreements to encourage proactive firm action against climate change: an empirical study of industry associations' voluntary action plans in Japan

Masayo Wakabayashi and Toshi. H. Arimura

Journal of Cleaner Production査読有り112(4)p.2885 - 28952016年01月-2016年01月 

緩和と貿易

有村俊秀

<シリーズ環境政策の新地平2『気候変動のダイナミズム(新澤秀則・高村ゆかり編著)p.103 - 1242015年12月-

国内排出量取引の国際リンク及び関連経済分析の動向と展望

有村俊秀

環境経済・政策研究Vol.8(1)2015年03月-

Do households under- or over-estimate benefits from energy saving behaviors?: Evidence from the Japanese household survey

Arimura, T. H.(Co-Authors, Iwata, K., Katayama, H.)

Energy for Sustainable DevelopmentVol.25p.27 - 332015年-

Environmental Subsidies to Consumers

Toshi. H. Arimura (Co-Authors, Minoru Morita)

Environmental Subsidies to Consumers: How did they work in the Japanese market? Edited by Shigeru Matsumoto2015年-

温室効果ガス削減の方法-経済的手段の役割

有村俊秀(共著者:杉野誠)

環境情報科学Vol.44(1)p.36 - 412015年-

Multiplier Impacts and Emission Reduction Effects of Joint Crediting Mechanism: Analysis with a Japanese and International Disaggregated Input-Output Table

Makoto Sugino, Minoru Morita, Kazuyuki Iwata and Toshi. H. Arimura

TCER Working Paper Series査読有りA-01602015年-2015年

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Same concerns, same responses? A Bayesian quantile regression analysis of the determinants for supporting nuclear power generation in Japan

Yukiko Omata, Hajime Katayama, Toshi. H. Arimura

WINPEC Working Paper Series査読有りNo.E15172015年-

Output-based allocation of emissions permits for mitigating the leakage and competitiveness issues for the Japanese economy

Toshi H. Arimura(Co-Authors, S.Takeda, H. Tamechika, C Fischer & A. K. Fox)

Environmental Economics and Policy StudiesVol.16p.89 - 1102014年-

Adoption of ISO9001 through Supply Chain in Vietnam: Impacts of FDI and Product-related Environmental Regulation

Toshi. H. Arimura (Co-Authors, Hakaru Iguchi, Etsuyo michida)

IDE Discussion PaperNo. 4972014年-

The role of local government in the voluntary approach to environmental policy: A case study of policy mix and multilevel governance aimed at sustainable development in Japan

Toshi. H. Arimura (Co-author, Yoshika Yamamoto)

Governing Low-Carbon Development and the Economy, Edited by Hidenori Niizawa and Toru Morotomip.132 - 1462014年-

ISO14001 認証取得のインセンティブとその有効性−大企業と中小企業の比較分析−

有村俊秀(共著者:井口衡・呉暁芸)

環境科学会誌Vol. 27(6)p.345 - 3512014年-

A new insight into environmental innovation: Does the maturity of environmental management systems matter?

Toshi H. Arimura(Co-Autors, E. Inoue, M. Nakano)

Ecological EconomicsVol.94p.156 - 1632013年10月-

The effects of alternative carbon mitigation policies on Japanese industries

Toshi H. Arimura(Co-Authors, M.Sugino, R.Morgenstern)

Energy PolicyVol.62p.1254 - 12672013年-

1000円高速割引の費用便益分析

有村俊秀(共著者:浅田義久、藤原徹、功刀祐之)

「集積の経済を考慮した取り、交通分析」日交研シリーズ(日本交通政策研究会)A-558p.1 - 272012年12月-

排出量取引、カーボンオフセット、二国間メカニズム

有村俊秀

地球温暖化とグリーン経済(山本良一、高岡美佳編著)2012年12月-

エネルギー問題に経済学ができること

有村俊秀

経済セミナー(669)p.23 - 292012年12月-

研究室紹介

日本の環境研究室百選p.88 - 892012年10月-

温暖化対策における国境調整措置の動学的応用一般均衡分析

有村俊秀(共著者 武田史郎、鈴木晋)

ESRI Discussion Paper Series291p.1 - 492012年10月-

製品環境規制が与えるサプライチェーンへの影響-日本・タイ・ベトナムの調査より-

有村俊秀(共著者 井口衡、道田悦代)

アジ研 ワールド・トレンド(204)p.38 - 452012年09月-

企業の自主的取り組みと環境経営

有村俊秀(共著者 岩田和之、馬奈木俊介)

環境経済学(細田衛士編著)p.175 - 1992012年05月-

排出量取引

有村俊秀(共著者 杉野誠)

環境経済学(細田衛士編著)p.155 - 1742012年05月-

環境政策

有村俊秀

現代アメリカ経済論(地主敏樹・村山裕三・加藤一誠編著)p.290 - 3092012年04月-

地球温暖化対策税による産業・家計への影響-東京都税制調査会での検討案の評価-

有村俊秀(共著者 杉野誠、森田稔)

環境科学会誌25(2)p.126 - 1332012年03月-

A COMPUTABLE GENERAL EQUILIBRIUM ANALYSIS OF BORDER ADJUSTMENTS UNDER THE CAP-AND-TRADE SYSTEM: A CASE STUDY OF THE JAPANESE ECONOMY

TOSHI H. ARIMURA (Co-Authors, SHIRO TAKEDA, HORIE TETSUYA)

Climate Change Economics3(1)2012年02月-

DOI

The Impact on Japanese Industry of Alternative Carbon Mitigation Policies

Toshi H. Arimura(Co-Authors, Makoto Sugino, Richard Morgenstein)

RFF Discussion Paper12-17p.1 - 342012年-

Cost-Effectiveness of Electricity Energy Efficiency Programs

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Shanjun Li, Richard G. Newell, and Karen Palmer)

The Energy Journal33(2)2012年-

米国:エネルギー技術政策と気候変動政策

有村俊秀(共著者 堀江哲也)

気候変動と国際協調-京都議定書と多国間協調の行方-(亀山康子・高村ゆかり編著)p.210 - 2352011年11月-

ISOと環境管理

有村俊秀

OECC会誌p.10 - 122011年08月-

国内排出量取引の国際リンクによる経済的影響に関する研究:応用一般均衡分析によるアプローチ

有村俊秀(共著者 武田史郎、杉野誠)

環境研究p.95 - 1022011年05月-

気候政策がもたらす炭素リーケージと国際競争力への影響:国際的視点

有村俊秀(共著:Carolyn Fischer, Eric Moore, Richard Morgenstern)

上智経済論集第56巻(第1・2号合併号)p.43 - 562011年03月-

国際競争力に配慮した軽減措置対象業種の算定

有村俊秀(共著:杉野誠)

上智経済論集第56巻(第1・2号合併号)p.11 - 252011年03月-

温室効果ガスがもたらす日本経済への影響: 経済モデルの役割について

有村俊秀

エネルギー・資源32(2)p.9 - 132011年03月-

排出量取引を利用した二酸化炭素回収・貯留技術の促進について

有村俊秀(共著者 前田征児、和田潤、浦島邦子)

科学技術動向No.120p.20 - 322011年03月-

Case Study on Adoption of Environmental Management System and Environmental Management Practices in Japan

Toshihide Arimura(Coauthor, Akira Hibiki)

International Journal for Sustainable InnovationsVol.1(No.1)p.8 - 152011年-

Is ISO 14001 a Gateway to More Advanced Voluntary Action? A Case for Green Supply Chain Management

Toshihide Arimura(Coauthors, Nicole Darnall, Hajime Katayama)

Journal of Environmental Economics and Management61p.170 - 1822011年-

Promotion of Carbon Capture and Strage Technology Using Carbon

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Seiji Maeda, Jun Wada, and Kuniko Urashima)

Science & Technology Trends(40)p.44 - 572011年-

The Effects of Voluntary Action Plans on Energy-Saving Investment: An Empirical Study of the Japanese Manufacturing Sector

Toshihide Arimura(Coauthor, Makoto Sugino)

Environmental Economics and Policy StudiesVol.13(No.3)p.237 - 2572011年-

国内排出量取引の国際リンクによる経済的影響に関する研究:応用一般均衡分析によるアプローチ

有村俊秀(共著者 武田史郎、杉野誠)

環境研究161号2011年-

Measures to Protect the Environment and Conserve Energy Taken by the United States and Japan: Review of Quantitative Analysis

Toshi H. Arimura(Co-Author, Kazuyuki Iwata)

Far Eastern Studies9p.65 - 872010年-

ISO14001認証取得の決定要因とトルエン排出量削減効果に関する実証研究

有村俊秀(共著者 岩田和之、日引聡)

日本経済研究(62)p.16 - 382010年-

Carbon Policies, Competetiveness, and Emissions Leakage: An International Perspective

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Carolyn Fischer, Eric Moore, Richard Morgenstern)

RFF CONFERENCE SUMMARY2010年-

日・米の新エネルギー政策について

有村俊秀

JOYO ARC142(483)p.16 - 202010年-

日本国内の国内温暖化政策

有村俊秀

経済セミナー(652)p.22 - 262010年-

環境政策手段の選択と技術革新

有村俊秀

環境政策のポリシーミックス(諸富徹編著)p.145 - 1602009年10月-

自動車排気ガス対策の事後的政策評価

有村俊秀(共著者 岩田和之)

環境を考慮した交通政策とその評価手法の開発(日交研シリーズ、日本交通政策研究会)A-467p.1 - 182009年05月-

Cost-Effectiveness of Electricity Energy Efficiency Programs

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Richard G. Newell, Karen L. Palmer)

RFF Discussion Paper(9-48)2009年-

Economic Analysis of a Japanese Air Pollution Reguration: An Optimal Retirement Problem under Vehicle Type Reguration in the NOX-Particulate Matter Law

Toshi H. Arimura (Co-Author, Kazuyuki Iwata)

Transportation Research Part D14(3)p.157 - 1672009年-

オバマのグリーン・ニューディール政策 大胆な戦略的産業育成業

有村俊秀

時事通信オンデマンドブックレット-変わるアメリカがわかる-解剖 オバマ政権2009(42)p.94 - 962009年-

オバマ政権のクリーン・エネルギーと温暖化対策を見る(下)

有村俊秀

エネルギーと環境(2044)p.8 - 92009年-

オバマ政権のクリーン・エネルギーと温暖化対策を見る(上)

有村俊秀

エネルギーと環境(2042)p.6 - 62009年-

自動車排気ガス対策の事後的政策評価

有村俊秀(共著者 岩田和之)

自動車交通研究2009 環境と政策(日本交通政策研究会)p.14 - 152009年-

地球温暖化問題と技術革新:政府と市場の役割

有村俊秀

地球温暖化と経済発展:持続可能な成長を考える(宇沢弘文、細田裕子編著)p.273 - 2942009年-

米国: 州・地域、連邦レベルでの取り組み

有村俊秀

やさしく読み解く経済: 環境2 制度をどう考えるか(環境経済研究会編)p.21 - 422009年-

米国のキャップ&トレード:ケリー・ボクサー法案概要とその行方

有村俊秀

エネルギーと環境(2066)p.6 - 82009年-

RIAによる政策効率向上の可能性:自動車NOX・PM法における車種規制の経済分析

有村俊秀(共著者 岩田和之)

自動車関連環境施策の事後的評価と今後の対策に関する研究(日交研シリーズ、日本交通政策研究会)A-446p.19 - 402008年06月-

米国の地球温暖化対策: 修正リーバーマン・ウォーナー法案に見るその方向性

有村俊秀

環境新聞(2008年6月18日付、17面)2008年06月-

NOX・PM法における車種規制の経済分析: 定量的政策評価

有村俊秀(共著者 岩田和之)

環境科学会誌21(2)p.103 - 1142008年03月-

Is a Voluntary Approach an Effective Environmental Policy Instrument? A Case for Environmental Management Systems

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Akira Hibiki, Hajime Katayama)

Journal of Environmental Economics and Management55(3)p.281 - 2952008年-

温暖化対策としての「省エネルギー法によるエネルギー管理の徹底」の評価: 旅館・ホテル業を対象として

有村俊秀(共著者 岩田和之)

環境経済・政策研究1(1)p.79 - 892008年-

環境規制の技術革新への影響-企業レベル環境関連研究開発支出データによるポーター仮説の検証-

有村俊秀(共著者 杉野誠)

研究 技術 計画23(3)p.201 - 2112008年-

Pressured to Disclose? Understanding Corporate Voluntary Environmentak Disclosure and Verification

Toshi H. Arimura (Co-Authors, N. Darnall, K. Iwata)

Multi-leval Environmental Governance for Sustainable Development Discussion Paper(08-03)p.1 - 292008年-

各国で導入進む排出量取引の制度設計: 米国における論点について

有村俊秀

京都便り(389)p.5 - 82008年-

米国で進む地球温暖化政策: 排出量取引の国内制度設計を占う(下)

有村俊秀

エネルギーと環境(1996)p.5 - 62008年-

米国で進む地球温暖化政策: 排出量取引の国内制度設計を占う(上)

有村俊秀

エネルギーと環境(1994)p.8 - 92008年-

米国で進む地球温暖化政策: 排出量取引の国内制度設計を占う(中)

有村俊秀

エネルギーと環境(1995)p.5 - 62008年-

温暖化対策に熱心な民主支持州

有村俊秀

時事ニュースサイト 「Janet」 内 「週刊e-World」 2007年10月10日号2007年10月-

省エネルギー法によるエネルギー管理の徹底(旅館・ホテル)の評価

有村俊秀

H18年度地球温暖化問題対策調査「温暖化対策に関する政策評価調査」報告書p.2 - 312007年03月-

Does Stringent Environmental Regulation Stimulate Environment Related Technological Innovation?

Toshi H. Arimura (Co-Author, Makoto Sugino)

Sophia Economic Review152(1-2)p.1 - 142007年-

US Climate Policy Developments

Toshi H.Arimura (CO-Authors, D. Burtraw, A. Krupnick and K. Parmer)

Resources for the Future Discussion Paperp.7 - 452007年-

事業所レベルの環境マネジメントのインセンティブとステークホルダーの影響-環境管理に関するOECD事業所サーベイから-

有村俊秀(共著者 日引聡)

計画行政30(2)p.61 - 682007年-

地球温暖化対策としてのエネルギー管理の効果分析: 省エネ法の実証分析と米国エネルギースターとの比較研究

有村俊秀(共著者 岩田和之)

会計学研究(21)p.65 - 842007年-

An Empirical Study of Environmental R&D: What Encourages Facilities to be Environmetally-Innovative?

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Akira Hibiki, Nick Johnstone)

Environmental Policy and Corporate Behaviour (Edited by Nick Johnstone, Edward Elgar Publishing)p.142 - 1732007年-

Emprical analysis of the environmental innovation on environmental impacts and productivity

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Susumu Imai, Makoto Sugino, Akira Hibiki)

Meeting of Collaboration Projects 2005 (Economic Social Research Institute Cabinet Office, Goverment of Japan)2006年03月-

欧州における環境規制の流れとポスト京都への動きについて

有村俊秀

外務省・排出量取引研究会報告書2006年03月-

大都市における環境規制の流れとポスト京都への動きについて

有村俊秀

総務省 http://www.soumu.go.jp/hyouka/kekatou_f.htm 費用対効果性の試算と該当箇所の執筆2006年03月-

環境政策論のフロンティア

有村俊秀

環境経済・政策研究の動向と展望(環境経済・政策学会年報)(11)p.41 - 542006年-

省エネ法の効果分析ならびに高性能工業炉に関する諸政策の効果分析

有村俊秀(共著者 岩田和之、原野啓)

H17年度経済産業省委託調査「H17年度国際エネルギー使用合理化基盤整備事業(地球温暖化対策の費用対効果に関する政策評価調査)報告書p.54 - 762006年-

環境経営と環境政策の関係: 環境管理に関するOECD事業所サーベイから

有村俊秀(共著者 日引聡)

上智経済論集50(1-2)p.1 - 132005年03月-

Empirical analysis of the impact that environmental policy has on technological innovation

Toshi H. Arimura (Co-Authors, Susumu Imai, Makoto Sugino, Akira Hibiki)

the Meeting of Collaboration Projects 2004 (Economic Social Research Institute Cabinet Office, Goverment of Japan)2005年03月-

米国の二酸化硫黄承認証市場の実証研究: 報酬率規制の影響

有村俊秀

国民経済雑誌191(1)p.17 - 292005年01月-

わが国における未充足求人の実証分析-「雇用動向調査」個票を用いて-

有村俊秀(共著者 太田聰一)

内閣府経済社会総合研究所 Discussion Paper(108)p.1 - 352004年06月-

Environmental Policy Tools and Firm-Level Management in Japan

Toshi H. Arimura (Co-Author, Akira Hibiki)

OECD Web.  http://www.oecd.org/document/37/0,3343,en_2649_34333_2388581_1_1_1_1,00.htmlp.1 - 562004年-

自動車燃料税改革と環境負荷低減の効果: 離散選択モデルの車種選択への応用

有村俊秀 (共著者 日引聡)

環境税制に関する研究(道経研シリーズ)(A-103)p.36 - 592003年08月-

An Empirical Study of the SO2 Allowance Market: Effects of PUC Regurations

Toshi H. Arimura

Journal of Environmental Economics and Management44p.271 - 2892002年-

排出量取引の課題

有村俊秀

週刊エコノミスト80(45)2002年-

米国二酸化硫黄許可証市場の研究における課題

有村俊秀

上智経済論集47(1-2)p.87 - 952001年-

労働政策の評価-「構造推定アプローチ」と「実験的アプローチ」-

有村俊秀(共著者 今井晋、片山東)

日本労働研究雑誌(497)p.14 - 212001年-

経済の構造変化による二酸化炭素排出削減に関する研究(産業連関分析による日本及びマレーシアの研究)

有村俊秀

筑波大学大学院環境科学研究科修士論文1994年-

国土の多極分散化によって地球への負担が減らせる

有村俊秀 (共著者 森田恒幸)

地球環境50の仮説(西岡秀三編著)p.92 - 951994年-

累積債務問題が環境保全を困難にする

有村俊秀

地球環境キーワード: 環境経済学で読み解く(植田和弘監修)p.118 - 1191994年-

都市構造及び都市配置と地球温暖化: 都市計画論再考

有村俊秀 (共著者 松岡譲、森田恒幸)

環境研究(86)p.51 - 651992年-

Japanese Environmental Policy

Toshi. H. Arimura

The Routledge Handbook of Environmental Economics in Asia. Edited by Shunsuke Managip.516 - 531

書籍等出版物

温暖化対策の新しい排出削減メカニズム :二国間クレジット制度を中心とした経済分析と展望

有村俊秀編著

日本評論社2015年 03月-

詳細

ISBN:978-4-535-55809

地球温暖化対策と国際貿易-排出量取引と国境調整措置をめぐる経済学・法学的分析-

有村俊秀・蓬田守弘・川瀬剛志(編著)

東京大学出版会2012年 05月-

詳細

ISBN:978-4-13-046107-8

排出量取引と省エネルギーの経済分析-日本企業と家計の現状-

有村俊秀・武田史郎(編著)

日本評論社2012年 03月-

詳細

ISBN:978-4-535-55713-0

環境規制の政策評価-環境経済学の定量的アプローチ-

有村俊秀・岩田和之(共著)

上智大学出版2011年 09月-

詳細

ISBN:978-4-324-09236-1

入門 環境経済学

日引聡・有村俊秀(共著)

中央公論新社2002年 07月-

詳細

ISBN:4-12-101648-3

An Evaluation of Japanese Environmental Regulations –Quantitative Approaches from Environmental Economics-

Toshi. H. Arimura ( Co-Author, Kazuyuki Iwata)

Springer2015年 06月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:191ISBN:978-94-017-9946-1

環境経済学のフロンティア

有村俊秀・片山東・松本茂(編著)

日本評論社2017年 09月-

詳細

総ページ数:327ISBN:978-4-535-55857-1

講演・口頭発表等

Climate Policy Discussion in Japan and Emission Trading Schemes in North East Asia

Toshi. H. Arimura

19th Expert Working Group Meeting on Energy and Environment2019年04月

詳細

国際会議公開講演開催地:ハワイ

Monetary and Moral Incentives of Behavioral Interventions: Field Experimental Evidence from Hotel Guest Energy Efficiency Programs

有村俊秀

WEAI 15th International Conference(WEAI)2019年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)

カーボンプライシングの重要性と地方自治体のグリーン調達

有村俊秀

エコデザイン・プロダクツ&サービスシンポジウム2018招待有り2018年12月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

Seemingly Unrelated Interventions: Environmental Management Systems in the Workplace and Energy Conservation Behaviors at Home.

有村俊秀

43rd Annual Conference of the Federation of ASEAN Economic Associations(FAEA)2018年11月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:マニラ

Principled Populism: The Road from Disruption to Cooperation

有村俊秀

43rd Annual Conference of the Federation of ASEAN Economic Associations(FAEA)招待有り2018年11月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:フィリピン

けいはんなプラザホテルでの産学官共同の省エネ社会実証-地球にやさしいスマートホテルをめざして

有村俊秀

京都スマートシティエキスポ2018招待有り2018年10月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

日中韓三カ国のカーボンプライシングについて

有村俊秀

日中韓カーボンプライシング・メカニズム・フォーラム招待有り2018年10月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

Carbon Pricing in Japan: Experiences of Tokyo ETS and the future prospects.

有村俊秀

The 5th Asian Energy Modeling Workshop招待有り2018年09月

詳細

国際会議

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

省エネ行動における非価格要因の経済分析:構造アプローチと実験アプローチの融合

2015年-2018年

研究分野:経済政策

配分額:¥4420000

研究種別:基盤研究(A)

都市を大震災から守るための事前的対策と事後的対策についての時間整合性に関する研究

2013年-2017年

研究分野:財政・公共経済

配分額:¥30160000

研究種別:基盤研究(C)

家計における様々な省エネルギー促進政策の経済学的検討:震災影響を考慮した実証分析

2012年-2014年

研究分野:応用経済学

配分額:¥4940000

研究種別:基盤研究(B)

公共財と公共資源をめぐる紛争解決のための利害調整ルールの多面的研究

2010年-2012年

研究分野:財政学・金融論

配分額:¥17290000

研究種別:特定領域研究

環境政策のポリシー・ミックス

2006年-2011年

研究分野:持続可能な発展の重層的環境ガバナンス

配分額:¥78000000

研究種別:若手研究(B)

排出量取引の費用効果性に関する理論的実証的研究:二酸化硫黄排出量取引の事後的評価

2003年-2005年

研究分野:応用経済学

配分額:¥3500000

研究種別:

事前の防災対策と事後の救済・復興事業に関する時間整合性条件の検証

2018年-0月-2023年-0月

配分額:¥43810000

研究種別:

発展途上国のクリーン燃料普及による室内空気汚染改善の可能性:ミクロ計量分析

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥3380000

研究種別:

省エネ行動における非価格要因の経済分析:構造アプローチと実験アプローチの融合

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥17680000

研究種別:

都市を大震災から守るための事前的対策と事後的対策についての時間整合性に関する研究

2013年-1月-2018年-0月

配分額:¥40300000

研究種別:

家計における様々な省エネルギー促進政策の経済学的検討:震災影響を考慮した実証分析

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

公共財と公共資源をめぐる紛争解決のための利害調整ルールの多面的研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥17290000

研究種別:

環境政策のポリシー・ミックス

配分額:¥78000000

研究種別:

排出量取引の費用効果性に関する理論的実証的研究:二酸化硫黄排出量取引の事後的評価

配分額:¥3500000

研究資金の受入れ状況

提供機関:環境省制度名:環境研究総合推進費

カーボンプライシングの事後評価と長期的目標実現のための制度オプションの検討2017年04月-2020年03月

代表

提供機関:環境省制度名:環境研究総合推進費

気候変動対策の進捗評価を目的とした指標開発に関する研究((4)炭素市場・炭素税の主要国動向調査および評価に関する研究)2015年04月-2018年03月

分担

提供機関:公益財団法人旭硝子財団制度名:人文・社会科学系研究奨励寄付金

地域コミュニティのWellbeingに配慮した再生可能エネルギー促進策の経済分析:下関市安岡沖洋上風力発電開発の事例2015年04月-2016年03月

代表

提供機関:国際交流基金日米センター制度名:助成金

日米のエネルギー・ミックス政策の経済影響-再生可能エネルギーと省エネに着目した持続可能な政策提言とアジアへの還元-2013年04月-2016年03月

代表

提供機関:環境省制度名:環境経済の政策研究

新たな市場メカニズムの国際比較及び二国間クレジット制度の排出削減効果等の分析2012年04月-2015年03月

代表

提供機関:独立行政法人環境再生保全機構制度名:環境改善調査研究委託費

大気環境改善のための費用対効果分析を活用した排出コントロール戦略に関する調査研究2012年04月-2014年03月

分担

学内研究制度

特定課題研究

企業の研究開発活動に関する実証研究:サプライチェーンを通じた環境規制の影響

2012年度

研究成果概要: グリーン・イノベーションが、日本経済の成長戦略のキーワードの1つになっている。これを効率的に促進するためには、企業の研究開発活動がどのように行われているのかを明らかにしなければならない。 企業の研究開発は様々な分野に渡るが、グリ... グリーン・イノベーションが、日本経済の成長戦略のキーワードの1つになっている。これを効率的に促進するためには、企業の研究開発活動がどのように行われているのかを明らかにしなければならない。 企業の研究開発は様々な分野に渡るが、グリーン・イノベーションの観点から、環境関連の研究開発(環境R&D)に関心が寄せられている。そしてその契機の一つとして、環境規制の役割が注目されている。特に、ポーター仮説に関する検証がこれまで行われてきた。この仮説によると、環境規制は、企業がそれまで気づかなかった新たなイノベーションに結びつき、結果的に国際競争力を獲得する。例えば、浜本(1998)は、1970年代、1980年代の環境規制の強化が、同時期の日本経済の競争力強化につながっているという実証結果をえている。一方で、Arimura & Sugino (2007)は、1990年代の日本経済については、同様の結果が成立しないことを示している。国際的にもJaffe & Palmer(1997)以降、環境規制が研究開発や競争力へ与える影響については、その見解が分かれている。 このようにポーター仮説について異なる実証結果が存在する背景には、既往研究におけるある仮定の影響があると考えられる。その仮定とは、環境規制を受ける主体が研究開発を行うというものである。しかし、実際には、環境規制を受ける主体と、その環境規制に対応するために研究開発を実施する主体が異なる可能性が考えられる。例えば、自動車メーカーが燃費に関するトップランナー規制を受けたとき、その部品のサプライヤーである鉄鋼業界が、薄型ボディ用の鉄鋼製品の研究開発を行うような場合である。このような場合において、環境規制とイノベーションの関係をより明確に捉えるためには、サプライチェーンに着目し、環境規制を受ける主体とイノベーションを行う主体とを区別する必要がある。しかし、こういった規制対象と環境R&D実施主体の乖離について取り上げた包括的な研究は、これまで行われてきておらず、その実態は明らかになってこなかった。 また近年、サプライチェーンを通じた環境規制の影響が注目されている(Arimura, Darnall & Katayama, 2011)。サプライチェーンに着目すると、イノベーションに関してもう1つの見方ができる。近年、ステークホルダーが企業の環境取り組み、ひいては、イノベーションに影響を与える可能性が指摘されている。特に、企業がサプライチェーンのどの位置に属するかという点が重要となる可能性がある。例えば、消費者の環境意識の高まりにより、環境に優しい製品を好むようになったのではないかという指摘がある。つまり、消費者向けの最終製品を製造する企業は、消費者から大きな影響を受け、環境R&Dに積極的に取り組む可能性もあるのである。また一方で、中間製品を製造する企業の方が、顧客企業からの具体的な環境取り組み要求を受け、より積極的に環境R&Dに取り組むかもしれない。 さらに、サプライチェーンに関しては、欧州の製品環境規制の一つであるREACH規制にも関心が集まっている。従来の環境規制では、大気汚染の規制のように、製造過程に力点が置かれてきた。しかし、REACH規制は、製造過程ではなく、製品に関する化学物質規制である。温室効果ガス(Green House Gasses: GHG)についても、製造過程からの排出削減より、製品の使用段階での排出削減を重視する考え方もある。こういった点をふまえると、環境R&Dについても、それが製造過程を対象としたものなのか、製品自体を対象としたものなのかによって、その実態が大きく異なることが予想される。本研究では、以上の点をふまえ、環境関連の研究開発の実施状況を明らかにした。具体的には、2010年に、国内の上場企業を対象として行った調査の分析を行った。分析から、多くの日本企業が環境R&Dに従事していることが明らかになった。特に、温暖化に関する取り組みが盛んであること、次いで化学物質関連の研究開発も盛んであることが示された。これに対して、廃棄物削減への研究開発は2010年時点では、低い傾向にある。また、2004年の調査と比較すると、環境R&D実施企業の割合が6年間で10%近く上昇したことが明らかになった。環境R&Dの社会的な重要性が高まっていることが伺える。 企業が製造過程よりも、製品に関する研究開発に力をいれていることも明らかになった。これは環境規制が製造過程から製品規制に移行しつつあることの表れであると考えられる。これまで環境経済学・経営学は、製造過程の規制を分析することが多かったように思う。今後、製品規制の理論分析、実証分析が求められていくだろう。 また、サプライチェーンを通じた環境取り組み要求を受けている企業においては、要求する企業が、国内企業か国外企業かに関わらず、環境関連の研究開発予算をもつ傾向が高いことが示唆された。つまり、環境規制を受けている主体と、環境R&D実施主体が乖離していることを実証的に示す結果となっている。 以上の結果は、グリーン・イノベーションの促進において、サプライチェーンが重要な役割を果たすことを示している。ポーター仮説の検証においても、サプライチェーンの視点を取り入れた分析が求められているといえるだろう。 本研究ではイノベーションの源泉である研究開発に焦点を当てた。しかし、研究開発はイノベーションのインプットである。今後は、環境R&Dがもたらしたアウトプットである特許、あるいは生産性上昇などについての研究が必要であろう。参考文献Arimura, T. H. and Darnall, N. and Katayama, H., 2011, “Is ISO 14001 a Gateway to More Advanced Voluntary Action? A Case for Green Supply Chain Management,” Journal of Environmental Economics and Management, 61, pp.170-182 Arimura, T. H. and Sugino, M., 2007, “Does stringent environmental regulation stimulate environment related technological innovation?” Sophia Economic Review 52(1-2), pp.1-14,Jaffe, A. and Palmer, K., 1997, “Environmental regulation and innovation: a panel data study,” Review of Economics and Statistics, 79, pp. 610-619.浜本光紹,1998,「環境規制と産業の生産性」『経済論叢』, 第162 巻,第3 号,pp. 51-62.

地域住民に配慮した再生可能エネルギー促進策の経済分析:地熱・洋上風力発電の事例

2015年度共同研究者:森田稔, 功刀祐之

研究成果概要:気候変動対策やエネルギー安全保障の観点から再生可能エネルギーへの期待が大きいが、日本におけるポテンシャルは充分には実現されていない。一つの理由は、風力発電や地熱発電等の開発が地域の外部不経済、それに伴うコミュニュティの反発をもたら...気候変動対策やエネルギー安全保障の観点から再生可能エネルギーへの期待が大きいが、日本におけるポテンシャルは充分には実現されていない。一つの理由は、風力発電や地熱発電等の開発が地域の外部不経済、それに伴うコミュニュティの反発をもたらすからである。本研究では、下関市・安岡沖の洋上風力発電建設提案を取り上げ、開発の地域社会への環境影響(外部不経済)・経済影響について分析するため、現地調査・ヒアリングを行った。その結果、外部不経済を考慮しても、地域への社会的な便益は充分に大きいのではないかという示唆が得られた。今後は地域コミュニティへの便益に対する理解に向けて、自治体の役割が必要とされると考えられる。

省エネ行動における非価格要因の経済分析:構造アプローチと実験アプローチの融合

2017年度共同研究者:片山東

研究成果概要:個人の省エネ行動促進における非価格要因の研究を下記のテーマごとに分析した。 まず、企業での省エネ取組が家計の省エネ行動に与える影響については、計量分析を進め、国際学会でも発表した。 省エネの阻害要因として、リバウンドを取り上げた。...個人の省エネ行動促進における非価格要因の研究を下記のテーマごとに分析した。 まず、企業での省エネ取組が家計の省エネ行動に与える影響については、計量分析を進め、国際学会でも発表した。 省エネの阻害要因として、リバウンドを取り上げた。特に、エコポイント制度のリバウンド効果の計量分析を行った。 スマートメーターがもたらす省エネ効果については、ホテルの顧客を対象に、社会実験を行った。その結果、省エネメッセージと組み合わせることにより、宿泊客が節電に協力してもらえる可能性が示唆された。 また、家庭に対する省エネ情報提供の効果の検証では、情報提供実験の被験者の参加募集を行い、フィールド実験を実施した。

省エネ行動における非価格要因の経済分析:構造アプローチと実験アプローチの融合

2016年度共同研究者:片山東

研究成果概要:本研究では、家計のミクロデータを用いて、家計部門の省エネルギー促進策を分析した。分析対象としては、エアコンの夏季28度設定、冬20度設定を用いた。特に、ピア効果(友人が行うから自分も行う)が省エネ行動を促進するかに着目した。従来研...本研究では、家計のミクロデータを用いて、家計部門の省エネルギー促進策を分析した。分析対象としては、エアコンの夏季28度設定、冬20度設定を用いた。特に、ピア効果(友人が行うから自分も行う)が省エネ行動を促進するかに着目した。従来研究ではピア効果の変数の内生性を考慮せずに分析されてきたため、効果が過大推定されている可能性があった。本研究では、友人が行動すれば、自分行動を実施するというナッシュ均衡の理論モデルを取り入れて構造推定を実施した。その結果、従来研究では、推定結果が過大になっていることが確認された。サーベイ調査を用いた省エネのピア効果分析には、内生性を考慮した推定が必要であることが確認された。 

カーボンプライシングの事後評価と長期的目標実現のための制度オプションの検討

2018年度

研究成果概要:本研究は二つのアプローチで実施した。第一に、世界各国のカーボンプライシングの状況について、情報を収集しと各国制度の統計的な事業所レベルデータを用いた事後検証の研究のレビューを行った。その結果、各国でカーボンプライシングにより、削減...本研究は二つのアプローチで実施した。第一に、世界各国のカーボンプライシングの状況について、情報を収集しと各国制度の統計的な事業所レベルデータを用いた事後検証の研究のレビューを行った。その結果、各国でカーボンプライシングにより、削減効果があることが示唆された。また、経済影響については、大きな負の影響がないことが示唆され、経済成長との両立も確認された。第2に、東京都排出量取引制度について、事業所レベルデータを用いた事後検証を行った。計量分析の結果、電力価格上昇や震災の影響を考慮しても、排出量取引による削減効果が大きいことが示された。

外国人研究者等の受入れ状況

2018年11月-2019年01月

受入者の所属元機関:アリゾナ州立大学(アメリカ)

2018年07月-2018年08月

受入者の所属元機関:University of Philippines(フィリピン)

2018年06月-2018年11月

受入者の所属元機関:University of Hawaii at Manoa(アメリカ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
プレ経済学演習 (有村俊秀)政治経済学部2019冬クォーター
経済学演習 I (有村俊秀)政治経済学部2019春学期
経済学演習 II (有村俊秀)政治経済学部2019秋学期
経済学演習 III (有村俊秀)政治経済学部2019春学期
経済学演習 IV (有村俊秀)政治経済学部2019秋学期
経済学演習論文 (有村俊秀)政治経済学部2019春学期
経済学演習論文 (有村俊秀)政治経済学部2019秋学期
環境経済学(PM:有村俊秀)大学院政治学研究科2019秋学期
環境経済学研究指導A(有村俊秀)大学院経済学研究科2019春学期
環境経済学研究指導B(有村俊秀)大学院経済学研究科2019秋学期
Research Guidance on Environmental Economics A(Arimura, T)大学院経済学研究科2019春学期
Research Guidance on Environmental Economics B(Arimura, T)大学院経済学研究科2019秋学期
環境経済学(有村俊秀)大学院経済学研究科2019秋学期
環境経済学研究指導(演習)A(有村俊秀)大学院経済学研究科2019春学期
Research guidance(seminar) on Environmental Economics A(Arimura.T)大学院経済学研究科2019春学期
環境経済学研究指導(演習)B1(有村俊秀)大学院経済学研究科2019秋学期
Research guidance(seminar) on Environmental Economics B(Arimura.T)大学院経済学研究科2019秋学期
環境経済学研究指導(演習)B2(有村俊秀)大学院経済学研究科2019秋学期
エネルギー・イノベーションの社会科学大学院基幹理工学研究科2019春学期
エネルギー・イノベーションの社会科学大学院創造理工学研究科2019春学期
エネルギー・イノベーションの社会科学大学院先進理工学研究科2019春学期
事業創造演習大学院基幹理工学研究科2019集中講義(春学期)
事業創造演習大学院創造理工学研究科2019集中講義(春学期)
事業創造演習大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
環境経済学原論大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期