氏名

シイナ タカユキ

椎名 孝之

職名

教授

所属

(創造理工学部)

プロフィール

最新の情報はリサーチマップ(https://researchmap.jp/7000002544)をご覧ください。

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

学内研究所等

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

経歴

2016年04月-早稲田大学
2008年04月-2016年03月千葉工業大学 社会システム科学部経営情報科学科
2000年06月-2001年09月Northwestern University客員研究員
1991年04月-2008年03月財団法人 電力中央研究所

委員歴・役員歴(学外)

2018年04月-日本オペレーションズ・リサーチ学会渉外理事
2017年04月-日本オペレーションズ・リサーチ学会渉外委員
2006年04月-2008年03月日本応用数理学会評議員
2002年04月-2007年03月日本オペレーションズ・リサーチ学会研究普及委員
1997年04月-2000年03月日本オペレーションズ・リサーチ学会機関誌編集委員

受賞

日本応用数理学会 2004年度論文賞

2004年09月

研究分野

キーワード

オペレーションズ・リサーチ、数理計画、最適化

科研費分類

複合領域 / 社会・安全システム科学 / 情報基礎理論

論文

鉄道の休⽇ダイヤに対する⾞両運⽤計画のための列⽣成アプローチ

今泉 淳, 椎名 孝之

スケジューリングシンポジウム論文集2018査読有り2018年09月-

プロ野球の試合において雨天中止の可能性を考慮したスケジュールの作成 -2017年セ・リーグ公式戦日程の場合-

星野 怜旺, 椎名 孝之, 森戸 晋, 今泉 淳

知能と情報査読有り30(4)p.652 - 6572018年09月-

DOI

Design of distribution network using power flow controller

Takayuki Shiina

Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing査読有り12(3)2018年05月-

DOI

Multistage stochastic programming model and solution algorithm for the capacity expansion of railway network

Takayuki SHIINA, Tomoaki TAKAICHI, Yige LI, Susumu MORITO, Jun IMAIZUMI

Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing査読有り12(3)2018年05月-

DOI

ROLLING STOCK ROSTERING OPTIMIZATION WITH DIFFERENT TYPES OF TRAIN-SETS

Susumu Morito, Naoto Fukumura, Takayuki Shiina, and Jun Imaizumi

Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017査読有りp.4 - 92017年-

MULTISTAGE STOCHASTIC PROGRAMMING MODEL FOR THE CAPACITY EXPANSION OF RAILWAY NETWORK -SOLUTION ALGORITHM BASED ON THE L-SHAPED METHOD-

Takayuki SHIINA

Proceedings of International Symposium on Scheduling 2017査読有りp.141 - 1462017年07月-

Optimal location problem for the installation of power flow controller

Shiina, Takayuki; Imaizumi, Jun; Morito, Susumu; Xu, Chunhui

Pesquisa Operacional37(3)p.509 - 5242017年09月-2017年09月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01017438

概要:© 2017 Brazilian Operations Research Society. In power delivery systems, the use of dispersed generation and security control to improve network utilization requires the optimal use of system control devices. The installation of loop controller allows the distribution system to operate in a loop configuration, achieving effective management of voltage and power flow. In the investment planning process, it is important to identify the optimal location and installed capacity of the equipment such that all operational constraints are satisfied. This paper presents a method for identifying the optimal location and capacity with the minimum installation cost. Our novel approach uses an economic model that considers the fixed costs. A slope scaling procedure is presented, and its efficiency is demonstrated using numerical experiments.

Rolling Stock Rostering Optimization Based on the Model of Giacco et al.: Computational. Evaluation and Model Extensions

Yuuta Morooka, Naoto Fukumura, Takuya Shiina, Jun Imaizumi, and Susumu Morito

Proceedings of RailLille2017査読有りp.709 - 7252017年04月-

Multistage stochastic programming model for optimizing allocation of running time supplements

SHIINA Takayuki;MORITO Susumu;IMAIZUMI Jun

Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing10(3)p.JAMDSM0043 - JAMDSM00432016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:1881-3054

概要:We consider the allocation of a running time supplement to a railway timetable. Previously, Vekas et al. examined the optimal way to allocate the running time supplement. The uncertain disturbances in a railway were modeled using random variables. In their model, it was assumed that there was an upper limit to the total supplement, but its allocation was not restricted. In this paper, we suggest an improvement to the previous model and present a new stochastic programming model in which there is a constraint on the running time supplement allocated to each trip to minimize the expected delay. Then a solution algorithm to solve the problem is developed. In the previous model, allocation of the running time supplement was biased because it was not allocated to all trips. We balance the amounts of supplements for trips by adding upper and lower bounds. The uctuations of the supplements for trips become small, and the probability of a delay decreases using our new model. Then the calculation times using the L-shaped algorithm and the former method solving a deterministic equivalent of large-scale problems are compared. It is shown that the large-scale problems can be solved effectively by using the L-shaped method.

確率計画法に基づく列車の余裕時分配分最適化

椎名 孝之;揚原 由統;森戸 晋;今泉 淳

日本応用数理学会論文誌26(3)p.307 - 3172016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

概要.本論文では,鉄道における余裕時分配分の最適化問題を考える.Vekas et al. らは駅や駅間の停車や走行に余裕時分と呼ばれる時間を設定し,遅延に対して頑健な列車ダイヤを生成する確率計画モデルを示した.本論文では,余裕時分に制限を与えたモデルを示し,L-shaped 法による解法を与える.また本モデルにより遅延が発生する確率が減少することを示す.

Multistage stochastic programming model for optimizing allocation of running time supplements

Shiina, Takayuki; Morito, Susumu; Imaizumi, Jun

Journal of Advanced Mechanical Design, Systems and Manufacturing10(3)2016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 The Japan Society of Mechanical Engineers.We consider the allocation of a running time supplement to a railway timetable. Previously, Vekas et al. examined the optimal way to allocate the running time supplement. The uncertain disturbances in a railway were modeled using random variables. In their model, it was assumed that there was an upper limit to the total supplement, but its allocation was not restricted. In this paper, we suggest an improvement to the previous model and present a new stochastic programming model in which there is a constraint on the running time supplement allocated to each trip to minimize the expected delay. Then a solution algorithm to solve the problem is developed. In the previous model, allocation of the running time supplement was biased because it was not allocated to all trips. We balance the amounts of supplements for trips by adding upper and lower bounds. The fluctuations of the supplements for trips become small, and the probability of a delay decreases using our new model. Then the calculation times using the L-shaped algorithm and the former method solving a deterministic equivalent of large-scale problems are compared. It is shown that the large-scale problems can be solved effectively by using the L-shaped method.

Optimization models for multi-period railway rolling stock assignment

Morito, Susumu; Takehi, Yuho; Imaizumi, Jun; Shiina, Takayuki

Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)9849 LNCSp.393 - 4022016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:03029743

概要:© Springer International Publishing Switzerland 2016.It is necessary for railway companies to construct daily schedules of assigning rolling stocks to utilization paths. A utilization path consists of a series of trains that a particular rolling stock performs in a day. A mixed integer programming model based on Lai et al. [1] is presented and is shown that straightforward applications of the model result in too much computational time and also inappropriate assignment schedules due to end effects. We show that the model can be modified to alleviate these difficulties, and also show that the repeated applications of the optimization model in the rolling horizon allow to generate a feasible assignment schedule for a longer period of time thus indicating the feasibility of the optimization approach.

不確実性を考慮した発電機起動停止法

椎名孝之

スマートグリッド査読有り57p.8 - 122016年-

Unit Commitment by Column Generation

Takayuki Shiina, Takahiro Yurugi, Susumu Morito and Jun Imaizumi

Operations Research Proceedings 2014査読有りp.559 - 5652015年-

link

発電機起動停止問題における列生成法の改善

萬木 貴大, 椎名 孝之, 森戸 晋, 今泉 淳

日本応用数理学会論文誌査読有り25p.21 - 302015年-

確率計画法によるロジスティクスネットワーク再編成

伊佐勇人, 椎名孝之, 森戸晋, 今泉淳

知能と情報査読有り27p.589 - 5982015年-

ロジスティクスネットワーク再編成問題に対する確率計画法の応用

椎名孝之、伊佐勇人、森戸晋、今泉淳

確率モデルシンポジウム報文集査読有りp.1 - 102014年01月-

Inventory distribution problem via stochastic programming

T. Shiina, M. Umeda, J. Imaizumi, S. Morito,. C. Xu

Asian J. of Management. Science and Applicationsp.261 - 2772014年-

Solution method for inventory distribution problem

Takayuki SHIINA

Proceedings of The 2013 International Conference on Operations Research査読有りp.443 - 4492014年-

link

分散を考慮した確率計画問題における下界

椎名孝之、多ヶ谷有、森戸晋

日本応用数理学会論文誌査読有り24p.59 - 682014年-

発電機起動停止問題に対する列生成に基づく解法

萬木貴大、椎名孝之、森戸晋、今泉淳

スケジューリングシンポジウム論文集2013査読有りp.223 - 2262013年09月-

需要の不確実性を考慮したロジスティクス・ネットワーク再編成問題に対する数理計画アプローチ

伊佐勇人、椎名孝之、森戸晋、今泉淳

スケジューリングシンポジウム論文集2013査読有りp.12 - 152013年09月-

Modeling portfolio rebalancing by modifying utility theory

C. Xu, Y. Huo, T. Shiina, M. Huang

The 2013 International DSI and Asia Pacific DSI Conference Proceedings査読有りp.1314 - 13172013年-

確率計画法による在庫融通問題

梅田, 真之, 椎名 孝之, 今泉 淳, 森戸 晋

知能と情報査読有り24(2)p.257 - 2652012年12月-

不確実な状況下での在庫転送問題

椎名孝之, 志摩英教

スケジューリングシンポジウム2012論文集査読有りp.97 - 1022012年09月-

Unit Commitment Problem with Stochastic Demand

Takayuki SHIINA

Journal of Computations & Modelling査読有り2(2)p.35 - 532012年09月-

Stochastic Programming Model for Discrete Lotsizing and Scheduling Problem on Parallel Machines

Kensuke Ishiwata,Jun Imaizumi,Susumu Morito

American Journal of Operations Research査読有り2(3)p.374 - 3812012年09月-

Solution Algorithm for Unit Commitment

Takayuki SHIINA

International Journal of Innovative Computing, Information and Control Express Letters査読有り6(8)p.2205 - 22122012年08月-

Dynamic Slope Scaling Procedure to solve Stochastic Integer Programming Problem

T. Shiina, C. Xu

Journal of Computations & Modelling査読有り2(4)p.133 - 1482012年03月-

起動停止問題の解法

椎名孝之

千葉工業大学研究報告 理工編査読有り59p.67 - 732012年02月-

多段階確率計画問題の解法

椎名孝之

千葉工業大学研究報告 理工編査読有り58p.19 - 252011年02月-

分散を考慮した2段階確率計画問題

椎名孝之, 多ヶ谷有, 森戸晋

Transactions of the Operations Research Society of Japan査読有り53p.114 - 1322010年12月-

Stochastic programming with binary second stage variables

Takayuki SHIINA

Procedia Computer Science査読有り1(1)p.1407 - 14162010年06月-

単純リコースを有する整数確率計画問題の Dynamic Slope Scaling Procedure を用いた解法

西岡歩美, 椎名孝之, 今泉淳, 森戸晋

知能と情報査読有り22(2)p.257 - 2652010年04月-

固定費を有する確率計画問題の電源計画への応用

椎名孝之

オペレーションズ・リサーチ査読有り54(12)p.735 - 7382009年12月-

Capacity Expansion Problem by Monte Carlo Sampling Method

Takayuki Shiina

Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics査読有り13(6)p.697 - 7032009年-

並列機械ロットスケジューリング問題に対する確率計画モデル

石渡健祐, 椎名孝之, 今泉淳, 森戸晋

スケジューリングシンポジウム論文集査読有りp.235 - 2402008年-

Column Generation Method for Unit Commitment

T. Shiina and J. Imaizumi

Proceedings of The 2008 International Conference on Scientific Computing査読有りp.64 - 702008年07月-

Stochastic Programming Problem with Fixed Charge Recourse

T. Shiina, Y. Tagaya and S. Morito

Journal of the Operations Research Society of Japan査読有り50(4)p.299 - 3142007年12月-

Optimization Method via Monte Carlo Sampling

T. Shiina, K. Tokoro and Y. Shinohara

International Journal of Computational Science査読有り1(3)p.256 - 2702007年10月-

リスクを考慮した確率計画問題の解法

椎名孝之, 多ヶ谷有, 森戸晋

スケジューリングシンポジウム論文集査読有りp.55 - 602007年09月-

Stochastic Programming with Integer Variables

Takayuki Shiina

Proceedings of The 2007 International Conference on Scientific Computing査読有りp.30 - 362007年07月-

Loop distribution system with LPC and its planning method

Naotaka Okada, Masahiro Takasaki, Takayuki Shiina

CIGRE Symposium Osaka 2007: System Development and Asset Management under Restructuring査読有りp.2007

リコース関数に固定費を有する確率計画問題の解法

椎名孝之, 多ヶ谷有, 西岡歩美, 森戸晋

スケジューリングシンポジウム2006論文集査読有りp.33 - 382006年09月-

Stochastic Programming via Importance Sampling

T. Shiina

Proceedings of The 2006 International Conference on Scientific Computing査読有りp.3 - 92006年07月-

不確実な状況下での最適化

椎名孝之

不確実性科学と意思決定の数理と応用, 京都大学数理解析研究所講究録 1457査読有り1457p.254 - 2612005年10月-

発電機起動停止問題の解法について

椎名孝之, 渡邊勇

スケジューリングシンポジウム2005論文集査読有りp.68 - 732005年09月-

Stochastic Programming via Monte Carlo Sampling

T. Shiina

Computational Science and its Applications (ICCSA 2005) Proceedings PART V査読有りp.127 - 1282005年05月-

確率計画法の電気事業への応用

椎名孝之

知能と情報査読有り16(6)p.528 - 5392004年12月-

Lagrangian relaxation method for price-based unit commitment problem

T. Shiina and I. Watanabe

Engineering Optimization査読有り36(6)p.705 - 7192004年11月-

A Lagrangian relaxation and column generation algorithm for stochastic unit commitment Problem

T. Shiina

Journal of Statistics and Management Systems査読有り7(3)p.519 - 5352004年10月-

Agent-based Simulation Model of Electricity Market with Stochastic Unit Commitment

I. Watanabe, N. Yamaguchi, T. Shiina and I. Kurihara

Proceedings of 8th International Conference on Probability Methods Applied to Power Systems査読有りp.200409

Price-based unit commitment problem

T. Shiina

不確実性と意思決定数理の諸問題, 京都大学数理解析研究所講究録1373査読有り1373p.194 - 2022004年05月-

Stochastic unit commitment problem

T. Shiina and J. R. Birge

International Transactions in Operational Research査読有り11(1)p.19 - 322004年01月-

Multistage stochastic programming model for electric power capacity expansion problem

T. Shiina and J. R. Birge

Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics査読有り20(3)p.379 - 3972003年09月-

確率計画法による発電機起動停止問題

椎名孝之

査読有り13(2)p.181 - 1902003年-

不確実な状況下での発電機起動停止問題

椎名孝之

不確定性の下での意思決定の数理 1306(京都大学数理解析研究所講究録1306)査読有り1306p.18 - 272003年-

Stochastic Programming Model for Unit Commitment Problem

T. Shiina and J. R. Birge

あいまいさと不確実性を含む状況の数理的意思決定 1252(京都大学数理解析研究所講究録1252)査読有り1252p.117 - 1232002年-

Stochastic Programming Applications to Electric Power Problems

T. Shiina and J. R. Birge

CRIEPI Report査読有りR010032002年-

Integer programming model and exact solution for concentrator location problem

Takayuki Shiina

Journal of the Operations Research Society of Japan査読有り43(3)p.291 - 3052000年-

L-shaped decomposition method for multi-stage stochastic concentrator location problem

Takayuki Shiina

Journal of the Operations Research Society of Japan査読有り43(3)p.317 - 3322000年-

コンピューターネットワーク設計に対する確率計画モデル

椎名孝之

日本応用数理学会論文誌査読有り10(1)p.37 - 502000年-

L-shaped Method for Stochastic Integer Programming Problem

T. Shiina

不確実・不確定性のもとでの数理的決定理論 1132(京都大学数理解析研究所講究録1132)1132p.154 - 1642000年-

Numerical solution technique for joint chance-constrained programming problem -An application to electric power capacity expansion-

T. Shiina

Journal of the Operations Research Society of Japan査読有り42(2)p.128 - 1401999年-

集線装置配置に対する整数計画モデル

椎名孝之

最適化:モデリングとアルゴリズム12 12(文部省統計数理研究所共同研究リポート113)査読有り113p.13 - 251998年-

電力設備補修計画に対する切除平面/分枝限定法

椎名孝之, 久保幹雄

日本応用数理学会論文誌査読有り8(2)p.157 - 1681998年-

椎名孝之, 多重選択条件を持つネットワーク設計に対する解法

椎名孝之

最適化:モデリングとアルゴリズム11 11(文部省統計数理研究所共同研究リポート104)査読有り104p.19 - 261997年-

電力設備補修計画における切除平面/分枝限定法

椎名孝之

問題発見とモデル化-現場の実例-シンポジウム論文集査読有りp.87 - 961996年-

確率的電力供給計画モデル

椎名孝之

第7回RAMPシンポジウム論文集査読有り7p.37 - 521995年-

An Estimation of Energy Saving Potential by Allocation of Co-generation Systems

S. Sagai, Y. Fujii and T. Shiina

System Modeling and Optimization, Lecture Notes in Control and Information Sciences 197査読有り197p.811 - 8201993年-

書籍等出版物

Handbook of Energy Finance: Theories, Practices and Simulations

(分担執筆)

World Scientific Publishing2019年 10月-

詳細

単行本(学術書)

Risk Management in Finance and Logistics

Xu, Chunhui, Shiina, Takayuki(共著)

Springer2018年 08月-

確率計画法 (応用最適化シリーズ5)

椎名 孝之(単著)

朝倉書店2015年 04月-

応用数理計画ハンドブック

(分担執筆)

朝倉書店2002年 05月-

OR事典2000

(分担執筆)

日本オペレーションズ・リサーチ学会2001年 05月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

鉄道の計画立案・意思決定の支援のための数理モデルに関する研究

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥2860000

研究種別:

多段階確率計画問題に対する効率的解法の開発と社会システムへの応用

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

数理的最適化に基づく鉄道の計画立案に関する研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

大規模確率計画問題の効率的解法の開発と投資リスク管理への応用

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥5070000

研究種別:

確率計画問題におけるシナリオ生成法と効率的解法の開発

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

投資時間の不確実性を取り入れたポートフォリオ選択問題に関する研究

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥3900000

学内研究制度

特定課題研究

確率計画法の効率的解法の研究と応用

2016年度

研究成果概要:確率計画法に基づく鉄道ダイヤの最適化本研究では,鉄道における余裕時分配分の最適化問題を考え、遅延の期待値を最小化するように,余裕時分を最適配分する確率計画モデルとその解法を示した.ネットワーク拡張問題に対する確率計画法の応用本研究...確率計画法に基づく鉄道ダイヤの最適化本研究では,鉄道における余裕時分配分の最適化問題を考え、遅延の期待値を最小化するように,余裕時分を最適配分する確率計画モデルとその解法を示した.ネットワーク拡張問題に対する確率計画法の応用本研究では、鉄道などの交通ネットワークへの多期間にわたる投資決定問題を対象とし、L-shaped法を用いることで計算時間を短縮することを可能にした。このような計画手法は、日本では都市の基幹交通を補完するようなLRTなどの導入計画に応用することが可能である。エネルギー供給システムにおける潮流制御機器の設置最適化手法エネルギー供給システムにおける潮流制御機器設置問題は(非線形)非凸型制約を有する組合せ最適化問題であり、通常の数理計画ソフトウェアを用いても解けない困難な問題であった。本研究では,近似手法により効率的な計算を行う手法を開発し、複数のシナリオを考慮した最適化を行うことを可能とした。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
理工文化論基幹理工学部2020春学期
理工文化論創造理工学部2020春学期
理工文化論先進理工学部2020春学期
共創ワークショップ演習創造理工学部2020春クォーター
経営システム工学総論創造理工学部2020春学期
経営システム工学総論  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020春学期
経営システム工学入門実験創造理工学部2020春学期
経営システム工学入門実験  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020春学期
基礎オペレーションズ・リサーチ創造理工学部2020秋学期
基礎オペレーションズ・リサーチ  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
オペレーションズリサーチ演習創造理工学部2020秋学期
オペレーションズリサーチ演習  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
経営システム工学演習A創造理工学部2020秋学期
経営システム工学演習A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
卒業研究演習A1創造理工学部2020春学期
卒業研究演習A1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020春学期
卒業研究演習A2創造理工学部2020秋学期
卒業研究演習A2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
卒業研究演習B1創造理工学部2020秋学期
卒業研究演習B1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
卒業研究演習B2創造理工学部2020春学期
卒業研究演習B2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020春学期
卒業研究(論文)創造理工学部2020通年
卒業研究(論文)  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020通年
経営システム工学演習B創造理工学部2020春学期
経営システム工学演習B  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020春学期
経営実践・国内プロジェクト創造理工学部2020通年
経営実践・海外プロジェクト創造理工学部2020通年
経営システム・国際プロジェクト創造理工学部2020通年
オペレーションズリサーチA創造理工学部2020春学期
最適化・シミュレーション演習創造理工学部2020秋学期
工場見学・実習創造理工学部2020通年
SHIP Collaborative Workshop創造理工学部2020秋クォーター
SHIP Collaborative Workshop [S Grade]創造理工学部2020秋クォーター
SHIP Research Planning and Skill A創造理工学部2020春クォーター
SHIP Research Planning and Skill A [S Grade]創造理工学部2020春クォーター
SHIP Field Practice A創造理工学部2020集中講義(春学期)
SHIP Field Practice A [S Grade]創造理工学部2020集中講義(春学期)
SHIP Research Planning and Skill B創造理工学部2020冬クォーター
SHIP Research Planning and Skill B [S Grade]創造理工学部2020冬クォーター
SHIP Field Practice B創造理工学部2020集中講義(秋学期)
SHIP Field Practice B [S Grade]創造理工学部2020集中講義(秋学期)
創造理工海外プロジェクトA大学院創造理工学研究科2020春学期
創造理工海外プロジェクトB大学院創造理工学研究科2020秋学期
修士論文(経営S)大学院創造理工学研究科2020通年
オペレーションズリサーチ研究大学院創造理工学研究科2020通年
数理計画特論大学院創造理工学研究科2020春学期
経営実践・国内プロジェクト大学院創造理工学研究科2020通年
経営実践・海外プロジェクト大学院創造理工学研究科2020通年
経営システム・国際プロジェクト大学院創造理工学研究科2020通年
オペレーションズリサーチA大学院創造理工学研究科2020春学期
最適化・シミュレーション演習大学院創造理工学研究科2020秋学期
オペレーションズリサーチ演習A1大学院創造理工学研究科2020春学期
オペレーションズリサーチ演習A2大学院創造理工学研究科2020秋学期
オペレーションズリサーチ演習B1大学院創造理工学研究科2020春学期
オペレーションズリサーチ演習B2大学院創造理工学研究科2020秋学期
オペレーションズリサーチ研究大学院創造理工学研究科2020通年
グローバル経営システム工学大学院創造理工学研究科2020通年