氏名

ナカガキ タカオ

中垣 隆雄

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0136297/)

所属

(創造理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
takao.nakagaki@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/takao.nakagaki/

研究者番号
30454127

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

理工学術院(大学院環境・エネルギー研究科)

学内研究所等

自動車用触媒研究所

研究所員 2014年-2019年

自動車用電動パワーシステム研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-

燃焼・伝熱工学研究所

研究所員 2014年-

自動車用触媒研究所

研究所員 2014年-

ナノプロセス研究所

研究所員 2012年-2014年

ナノプロセス研究所

研究所員 2015年-

各務記念材料技術研究所

兼任研究員 2017年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

環境総合研究センター

兼任研究員 2017年-

電動車両研究所(EdVs研究所)

研究所員 2014年-2019年

電動車両研究所(EdVs研究所)

研究所員 2019年-

燃焼・伝熱工学研究所

研究所員 2014年-2019年

燃焼・伝熱工学研究所

研究所員 2019年-

自動車用触媒研究所

研究所員 2019年-

自動車用電動パワーシステム研究所

研究所員 2014年-2019年

自動車用電動パワーシステム研究所

研究所員 2019年-

自動車用新材料および新製造プロセス研究所

研究所員 2016年-2019年

自動車用新材料および新製造プロセス研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

-1992年 早稲田大学 工学研究科 機械工学専攻

学位

博士(工学) 論文 早稲田大学 熱工学

所属学協会

日本鉄鋼協会

日本技術士会 機械部会幹事

日本機械学会 動力エネルギーシステム部門広報委員,企画委員,関東支部商議員

化学工学会 エネルギー部会 新エネルギーシステム分科会代表

委員歴・役員歴(学外)

2007年-日本機械学会 論文査読委員
2011年-日本機械学会 発電用規格専門委員会 火力専門委員会 委員 〜
2010年-化学工学会 エネルギー部会幹事
化学工学会次世代エネルギー社会検討委員会副委員長2013年〜
2011年-化学工学会 エネルギー部会 新エネルギー・エネルギーシステム分科会長
2009年-2010年日本機械学会 動力エネルギー部門 シンポジウム企画幹事・委員長
2012年-2016年日本機械学会 動力エネルギー部門 広報委員長
2014年-日本機械学会 動力エネルギー部門 企画委員
2014年-日本機械学会 関東支部 商議員
2009年-2013年日本技術士会 機械部会幹事

受賞

日本ガスタービン学会 技術賞

2008年04月

日本機械学会 奨励賞(技術)

1999年04月

研究分野

キーワード

化学再生、エクセルギー、二酸化炭素分離回収

科研費分類

工学 / 機械工学 / 熱工学

工学 / 総合工学 / エネルギー学

工学 / プロセス・化学工学 / 触媒・資源化学プロセス

研究テーマ履歴

2014年-炭素循環製鉄に向けたCO2吸収セラミックス利用システムの開発

研究テーマのキーワード:リチウムシリケート,固体酸化物形電解電池

国内共同研究

2009年-化学吸収法による石炭火力の二酸化炭素分離回収

研究テーマのキーワード:吸収速度,反応熱,気液平衡,劣化

国内共同研究

2010年-熱化学再生による高温炉利用プロセスの燃料消費削減

研究テーマのキーワード:天然ガス,水蒸気改質,水素製造

個人研究

2010年-2012年CO2吸収セラミックスを利用した分散電源用二酸化炭素回収システム

研究テーマのキーワード:リチウムシリケート,固体酸化物形燃料電池

国内共同研究

2008年-2013年メタンの電気化学的部分酸化による排熱のエクセルギー再生

研究テーマのキーワード:メタン,固体酸化物形燃料電池,排熱取り込み

個人研究

2011年-2011年実装可能な技術による我が国の未来エネルギーシステムの構築

研究テーマのキーワード:省エネルギー技術,火力,原子力,再生可能エネルギー

国内共同研究

2011年-2013年炭素循環型製鉄プロセスのエクセルギー解析

研究テーマのキーワード:高炉,CO2還元,プロセスフロー線図

国内共同研究

2007年-中低温廃熱を利用した化学再生発電システムの高効率化研究

研究テーマのキーワード:化学再生 触媒 水蒸気改質 コージェネレーションシステム 廃熱

個人研究

2008年-2010年CO2回収型新水素製造法の研究

研究テーマのキーワード:CO2吸収セラミックス,石炭ガス化,ケミカルループ燃焼

個人研究

2008年-固体高分子形燃料電池内の熱・電子・物質輸送現象の研究

研究テーマのキーワード:ガス拡散層,触媒層,リブチャネル構造

国内共同研究

論文

Enhanced hydrogen production process from coal integrated with CO2 separation using dual chemical looping

Nakagaki, et al.

Energy ProcediaVol.4p.324 - 3322011年01月-

化学再生発電システムによる燃料削減効果

OHM99(6)p.4 - 52012年06月-

化学反応による廃熱のエクセルギー増進

中垣隆雄

クリーンエネルギー第19巻(6号)p.17 - 212010年06月-

電気化学的部分酸化による排熱のエクセルギー再生に関する調査研究

尾関高行,中垣隆雄

日本機械学会論文集第76巻(第763号B編)p.44 - 462010年03月-

PEFC内部における熱・物質輸送現象の評価・解析技術の開発

中垣隆雄,勝田正文,久保則夫

燃料電池Vol.9(No.2)p.30 - 362009年11月-

化学再生発電:化学反応による廃熱のエクセルギー増進

中垣隆雄

化学工学第73巻(第9号)p.435 - 4372009年09月-

DME化学再生ガスタービンの実証試験

中垣隆雄,大橋幸夫,高橋武雄,山中矢,佐藤純一,笹部和宏,渡邊恒典

日本機械学会論文集第72巻(第718号B編)p.513 - 5142009年03月-

DME化学再生発電システムの開発 —マイクロガスタービンによる実証試験—

山中,中垣ほか5名

日本ガスタービン学会誌36(3)p.219 - 2242008年05月-

DME改質触媒の化学再生ガスタービンへの適用性評価

中垣ほか3名

日本機械学会論文集72(718B)p.1633 - 16402006年06月-

化学再生発電システム

中垣隆雄

化学工学会誌70(3)p.159 - 1622006年03月-

化学再生ガスタービンシステムの技術開発(2)

中垣隆雄

火力原子力発電技術協会誌56(11)p.1071 - 10772005年11月-

DMEを燃料とする化学再生発電システムの開発

技術情報誌「OHM」2005年09月-

PERFORMANCE PREDICTION OF HIGH-TEMPERATURE CO2 CAPTURE SYSTEM UTILIZING LITHIUM SILICATE FOR PULVERIZED COAL-FIRED POWER PLANT

Nakagaki, et al.

Proc. ASME Power052005年04月-

Chemically Recuperated Gas Turbine using Dimethyl Ether as Fuel

Nakagaki, et al.

IERE News Letter2005年01月-

化学再生ガスタービンシステムの技術開発(1)

中垣隆雄

火力原子力発電技術協会誌55(11)p.1190 - 11952004年11月-

R&D最前線:ジメチルエーテルを燃料とする化学再生発電システムの開発

中垣隆雄

東芝レビュー2004年11月-

天然ガス改質型化学再生ガスタービンの要素研究 第2報 要素技術の実験的検討

中垣ほか3名

日本機械学会論文集69(688B)p.2725 - 27322003年12月-

天然ガス改質型化学再生ガスタービンの要素研究 第1報 化学再生ガスタービンのシステム特性と改質器の設計

中垣ほか3名

日本機械学会論文集69(687B)p.2545 - 25522003年11月-

Development of Components for Chemically Recuperated Gas Turbine with Natural Gas Steam-Reforming

Nakagaki, et al.

Proc. International Conference on Power Engineering-032003年11月-

DEVELOPMENT OF CHEMICALLY RECUPERATED MICRO GAS TURBINE

Journal of Engineering for Gas Turbines and Power, ASME125p.391 - 3972003年10月-

化学再生ガスタービンコージェネレーションシステム

中垣隆雄

日本設計工学会誌37(12)p.620 - 6252002年12月-

溶融炭酸塩型燃料電池用ガスシール構造に関する研究 第2報 ガスシール構造の実験的検討

中垣ほか3名

日本機械学会論文集63(688B)p.1273 - 12802002年04月-

Pressure losses at dividing and combining junctions in a molten carbonate fuel cell stack

Hirata, H., Nakagaki, T. and Hori, M.

Journal of Power Sources102p.118 - 1232001年-

Development of Methanol Steam Reformer for Chemical Recuperation

Nakagaki, et al.

Journal of Engineering for Gas Turbines and Power, ASME123p.727 - 7332001年10月-

Effect of gas channel height on gas flow and gas difusion in a molten carbonate fuel cell stack

Hirata, H., Nakagaki, T. and Hori, M.

Journal of Power Sources83p.41 - 491999年-

溶融炭酸塩型燃料電池用ガスシール構造に関する研究

中垣ほか3名

日本機械学会論文集63(616B)p.4055 - 40601997年12月-

Tackling Power Outages in Japan: The Earthquake Compels a Swift Transformation of the Power Supply

Fukushima, Yasuhiro;Kikuchi, Yasunori;Kajikawa, Yuya;Kubota, Mitsuhiro;Nakagaki, Takao;Matsukata, Masahiko;Kato, Yukitaka;Koyama, Michihisa

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN44(6)p.365 - 3692011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-9592

Present Status and Points of Discussion for Future Energy Systems in Japan from the Aspects of Technology Options

Koyama, Michihisa;Kimura, Seiichiro;Kikuchi, Yasunori;Nakagaki, Takao;Itaoka, Kenshi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN47(7)p.499 - 5132014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-9592

Numerical Analysis for CO2 Absorption and Regeneration Behavior in Porous Solid Sorbent by Modified Unreacted-Core Model

Tanaka, Takahiro;Tabata, Eiki;Nakagaki, Takao;Mizunuma, Mamoru;Maruo, Yasuko Y.

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN47(7)p.561 - 5682014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-9592

Quantitative Evaluation of CO2 Emission Reduction of Active Carbon Recycling Energy System for Ironmaking by Modeling with Aspen Plus

Suzuki, Katsuki;Hayashi, Kentaro;Kuribara, Kohei;Nakagaki, Takao;Kasahara, Seiji

ISIJ INTERNATIONAL55(2)p.340 - 3472015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0915-1559

Process Evaluation of Use of High Temperature Gas-cooled Reactors to an Ironmaking System Based on Active Carbon Recycling Energy System

Hayashi, Kentaro;Kasahara, Seiji;Kuribara, Kouhei;Nakagaki, Takao;Yan, Xing L.;Inagaki, Yoshiyuki;Ogawa, Masuro

ISIJ INTERNATIONAL55(2)p.348 - 3582015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:0915-1559

骨太エネルギー技術ロードマップ技術の紹介(1) : 社会とエネルギー

中垣 隆雄

化学工学 = Chemical engineering75(3)p.126 - 1292011年03月-2011年03月 

CiNii

詳細

ISSN:03759253

「東日本エネルギー危機に関する緊急提言」のフォローアップレポート

菊池 康紀;梶川 裕矢;加藤 之貴;窪田 光宏;中垣 隆雄;福島 康裕;松方 正彦;古山 通久

化学工学 = Chemical engineering76(3)p.154 - 1572012年03月-2012年03月 

CiNii

詳細

ISSN:03759253

次世代エネルギー社会検討委員会の活動報告「プロセス安全管理」第1回研究会を平成25年6月10日に開催

中垣 隆雄

化学工学 = Chemical engineering77(10)2013年10月-2013年10月 

CiNii

詳細

ISSN:03759253

電気化学的部分酸化による排熱のエクセルギー再生に関する調査研究(<特集>第14回動力・エネルギー技術シンポジウム)

尾関 高行;中垣 隆雄

日本機械学會論文集. B編76(763)p.406 - 4082010年03月-2010年03月 

CiNii

詳細

ISSN:03875016

概要:Electrochemical partial oxidation (EPOx) of methane can convert exhaust heat into electricity as much as difference between change of Gibbs free energy and change of enthalpy. In this paper, we considered 30kW power generation system combined Micro Gas Turbine and the Partial Oxdation Solid Oxide Fuel Cell using Gadolinium Doped Ceria as the electrolyte that has high oxide ion conductivity below 600℃. The cylindrical-shaped POSOFC is operated at 572℃ recovering turbine exhaust heat of 593℃ and accompanying production of hydrogen and carbon monoxide. According to the result of process simulation coupling with SOFC simulation including detailed polarization models, only addition of 16 liter POSOFC can increases the power generation efficiency by 8.5 points at fuel utilization of 80.1%.

J081052 固体高分子形燃料電池の内部圧力分布計測に関する研究 : WAX系感温塗料の圧力計測への適用([J08105]燃料電池(5))

塚田 大祐;中垣 隆雄;長 大介

年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan2011p."J081052 - 1"-"J081052-3"2011年09月-2011年09月 

CiNii

詳細

概要:Decreasing the contact resistance between components with high sensitivity of the contact pressure in the Polymer Electrolyte Fuel Cell improves the cell performance accompanied with the complex interaction between the transport phenomenon of heat, reactants and electrons, especially, under the high current density operation of Fuel Cell Vehicles. This work aims to establish the method of measuring pressure distribution in the cell by quantifying the discoloration level of irreversible temperature-sensitive paint which also has pressure sensitivity. Three paint samples, which discolor at 95, 100 and 105 °C, were prepared in uniform thickness and pressurized during the fixed time under the condition of constant temperature and humidity. The discoloration level was quantified with the peak value of the brightness spectrum which is obtained by image processing of the sample picture of the microscope. A linear correlation between pressure and discoloration level was obtained in some paints, and at 70°C and relative humidity of 70 %, one of paints could quantify pressure range from 0.5 to 2.5 MPa and one of the other paints could quantify the lower pressure range.

J081054 固体高分子形燃料電池ガス拡散層の電子輸送抵抗に関する研究([J08105]燃料電池(5))

金 柱城;中垣 隆雄;長 大介

年次大会 : Mechanical Engineering Congress, Japan2011p."J081054 - 1"-"J081054-5"2011年09月-2011年09月 

CiNii

詳細

概要:The cost of PEFC (Polymer Electrolyte Fuel Cell) vehicle should be reduced to spread widely, and to realize cost reduction, high current density operation under the condition of high temperature and low humidification is required. It is important for reduction of ohmic loss at the severe operating conditions to evaluate properly electron transport phenomena derived electric resistance of cell components such as GDL (Gas Diffusion Layer). This research approached to explain difference in electrical resistances among commercially available GDLs made of fabricated carbon fibers from both macroscopic and microscopic viewpoints, which are bulk density of GDLs and graphitization of carbon fibers and binders measured by Raman spectroscopy. The results of measurements indicated that electrical resistivity significantly correlated with both characteristics.

ICOPE-15-1038 Quantitative Evaluation of CO_2 Emission Reduction and Energy Conservation in Iron Making Process by Using In-plant CO Recycling System

SUZUKI Katsuki;NAKAGAKI Takao;SUMI Ikuhiko;ISHII Jun

Proceedings of the International Conference on Power Engineering : ICOPE2015(12)p."ICOPE - 15-1038-1"-"ICOPE-15-1038-8"2015年11月-2015年11月 

CiNii

詳細

概要:Japanese iron and steel manufacturing industries import a significant amount expensive coking coal (coke); reduction of coke consumption is a great challenge for the industry. In this paper, we propose an in-plant CO recycling system which supplements coke with gaseous CO as a reducing agent in the blast furnace. Process flow diagrams including a blast furnace with CO recycling, coke oven, and hot blast stove were built in Aspen Plus and the effect of CO recycling on coal conservation, exergy efficiency, and CO_2 emission were quantitatively evaluated. In the blast furnace the input exergy, effective exergy ratio, overall CO_2 emissions, and the input coke decreased as the degree of CO circulation was increased. The recirculated CO gas was separated from the Blast Furnace Gas (BFG), the coke oven gas, and the converter gas. The separation and recycling of CO into the blast furnace resulted in the decrease of input coke, and input exergy by 13.0% and 10.3%, respectively. On the other hand, overall CO_2 emissions increased by 2.6%

ICOPE-15-1132 Transport system of unused heat from bagasse-boiler by using chemical heat storage in sugar milling and refinery process

FUJII Shoma;SATOH Ryuichi;KANEMATSU Yuichiro;KIKUCHI Yasunori;NAKAGAKI Takao

Proceedings of the International Conference on Power Engineering : ICOPE2015(12)p."ICOPE - 15-1132-1"-"ICOPE-15-1132-11"2015年11月-2015年11月 

CiNii

詳細

概要:In Tanegashima, the sugar mill, which is the main industry recycles sugarcane bagasse as a fuel but concurrently generates the massive amounts of unused heat at 200℃. Raw sugar is shipped to a sugar-refinery in Osaka where the sugar products are produced. The sugar-refinery uses a city gas boiler to generate a massive quantity of heat at 150℃ for refining. In order to resolve this spatial and temporal mismatch, we propose the application of chemical heat storage. Steam adsorption and desorption cycle of zeolite was employed in this work. Process flow diagram of the sugar mill was developed and potential heat storage capacity, the transport capacity for zeolite and reduction rates of city gas consumption at Osaka were calculated. From the results, it was revealed that the transport capacity for zeolite was restricting factor in the heat storage and transport system. In fact, heat storage capacity depends on desorption amount and regeneration rates, so potential heat storage capacity, the transport capacity for zeolite and fuel reduction rates at Osaka were recalculated using the results of the adsorption/regeneration tests.

電気化学的部分酸化による排熱のエクセルギー再生を目的とした固体酸化物形燃料電池の性能評価

尾関 高行;中垣 隆雄

日本機械学会論文集 B編79(804)p.1583 - 15932013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:0387-5016

概要:Electrochemical partial oxidation (EPOx) of methane can convert exhaust heat into electricity as much as difference between change of Gibbs free energy and change of enthalpy. To quantify recuperated heat and converted electric power of EPOx, we simulated the performance of EPOx in the microtubular Solid Oxide Fuel Cell (SOFC) using Gadolinium Doped Ceria as electrolyte. The quasi-two dimensional and non-isothermal model applied to this SOFC simulation, which consisted of three solid layers and two gas layers, considering with mass, energy and chemical species conservation equations as well as detailed electrochemical reaction. The simulation computed temperature and current density distributions, and evaluated energy flow in SOFC. The simulation code was validated by consistency between the simulation result of power generation using H2 as fuel and the result of previous experimental report. The results showed that EPOx could convert 40% of theoretically recuperated heat into the electric power at the operation condition maximizing total regenerated heat.

化学反応による排熱回収で高効率発電:—化学再生発電による天然ガスの高度利用—

中垣 隆雄

電気学会誌134(3)p.156 - 1602014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1340-5551

概要:本記事に「抄録」はありません。

Numerical Analysis for CO₂ Absorption and Regeneration Behavior in Porous Solid Sorbent by Modified Unreacted-Core Model (Special Issue for the International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems 2013 (IMPRES2013))

TANAKA Takahiro;TABATA Eiki;NAKAGAKI Takao;Mizunuma Mamoru;Maruo Yasuko Y.

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN47(7)p.561 - 5682014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:0021-9592

概要:Lithium ortho-silicate (Li4SiO4) is a suitable solid sorbent for capturing CO2 from solid oxide fuel cells. CO2 absorption reactors packed with porous-solid spherical pellets of Li4SiO4 show unsteady temperature distribution and capture ratio behavior owing to the unsteady CO2 absorption rate and highly exothermic process. The CO2 absorption rate of this sorbent reportedly depends on temperature, CO2 concentration, and CO2 accumulation, expressed as the weight change of the sorbent. Nevertheless, discussions of detailed mechanisms of CO2 absorption by this sorbent are rare. In this study, the modified unreacted core model is proposed to explain the mechanism of CO2 absorption of a porous-solid spherical pellet, and numerical analysis was conducted to simulate the unsteady behavior of the sorbent. Important properties such as the reaction rate constant, the gas film mass transfer coefficient, and the coefficient for effective diffusion through the product layers were empirically derived using thermogravimetry and a diluted packed-bed reactor. Numerical analysis by applying these parameters to the modified unreacted core model adequately explained the complicated CO2 absorption and regeneration behaviors.

Present Status and Points of Discussion for Future Energy Systems in Japan from the Aspects of Technology Options

KOYAMA Michihisa;KIMURA Seiichiro;KIKUCHI Yasunori;Nakagaki Takao;Itaoka Kenshi

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN47(7)p.499 - 5132014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:0021-9592

概要:It has been an important target to realize a sustainable energy usage in the future, regardless of the country. Japan is now compelled to consider a new paradigm of energy policy due to the nuclear power plant failures after March 11, 2011. To discuss the ideal or a favorable future of Japan's energy, understanding the present status as well as the available energy options in the future will be an initial step, followed by discussion of the issues related to each option. The aim of this article is to summarize the present status of Japan's energy systems and to clarify the major points of discussions for the realization of future sustainable energy systems. In addition, the major options of both energy supply and demand sides are summarized. The issues for realizing the future energy systems are discussed from the large-scale penetration of renewable systems, the demand side energy management and savings, the mobility, and the centralized electricity grid viewpoints, to provide a common basis for the discussion of future energy systems in Japan.

実装可能な技術による将来エネルギーシステムの設計

菊池 康紀;梶川 裕矢;窪田 光宏;古山 通久;松方 正彦;中垣 隆雄;福島 康裕;藤岡 恵子;加藤 之貴

日本LCA学会研究発表会講演要旨集2011(0)p.10 - 102011年-2011年

CiNii

詳細

概要:震災に端を発したエネルギー問題により将来の日本におけるシナリオ解析に基づくシステム設計の必要性を認識することとなった。本研究では、個別のエネルギー技術のモデル化を通し、将来日本において実装可能な技術によるエネルギー需給構造を分析した。エネルギー技術の専門家へのヒアリングなども通し、将来の技術導入を予測し、現実的な解析に基づくエネルギーシステムの将来シナリオを提案する。

PEFC用MEAの熱抵抗及び発電中のMEA内温度の計測

高田 慎一郎;吉村 祐哉;足立 拓也;草鹿 仁;中垣 隆雄;久保 則夫;鈴江 祥典;青谷 幸一郎

日本伝熱シンポジウム講演論文集2010(0)p.209 - 2092010年-2010年

CiNii

詳細

概要:燃料電池のコスト低減には高電流密度運転が有効であるが、MEA内の温度上昇(相対湿度低下)に伴う分極増大(プロトン輸送損失増大)がその阻害要因となっている。本研究では、MEA内の温度上昇の支配因子となるセル構成部材の熱抵抗(部材間の接触熱抵抗を含む)を定常熱流法で計測した。また、電気伝導度に温度感度を有する金属微細線(絶縁被覆付与)を用い、発電中のMEA内温度を計測する手法を開発した。本手法で計測したMEA内温度は、熱抵抗の実測値から簡易モデルで求めた計算値と良好に一致することを確認した。

Process Evaluation of Use of High Temperature Gas-cooled Reactors to an Ironmaking System Based on Active Carbon Recycling Energy System

Hayashi Kentaro;Kasahara Seiji;Kuribara Kouhei;Nakagaki Takao;Yan Xing L.;Inagaki Yoshiyuki;Ogawa Masuro

ISIJ International55(2)p.348 - 3582015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0915-1559

概要:Reducing coking coal consumption and CO2 emissions by application of iACRES (ironmaking system based on active carbon recycling energy system) was investigated using process flow modeling to show effectiveness of HTGRs (high temperature gas-cooled reactors) adoption to iACRES. Two systems were evaluated: a SOEC (solid oxide electrolysis cell) system using CO2 electrolysis and a RWGS (reverse water-gas shift reaction) system using RWGS reaction with H2 produced by iodine-sulfur process. Both reduction of the coking coal consumption and CO2 emissions were greater in the RWGS system than those in the SOEC system. It was the reason of the result that excess H2 not consumed in the RWGS reaction was used as reducing agent in the blast furnace as well as CO. Heat balance in the HTGR, SOEC and RWGS modules were evaluated to clarify process components to be improved. Optimization of the SOEC temperature was desired to reduce Joule heat input for high efficiency operation of the SOEC system. Higher H2 production thermal efficiency in the IS process for the RWGS system is effective for more efficient HTGR heat utilization. The SOEC system was able to utilize HTGR heat to reduce CO2 emissions more efficiently by comparing CO2 emissions reduction per unit heat of the HTGR.

Quantitative Evaluation of CO2 Emission Reduction of Active Carbon Recycling Energy System for Ironmaking by Modeling with Aspen Plus

Suzuki Katsuki;Hayashi Kentaro;Kuribara Kohei;Nakagaki Takao;Kasahara Seiji

ISIJ International55(2)p.340 - 3472015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:0915-1559

概要:The use of the Active Carbon Recycling Energy System in ironmaking (iACRES) has been proposed for reducing CO2 emissions. To evaluate the performance of iACRES quantitatively, a process flow diagram of a blast furnace model with iACRES was developed using Aspen Plus, a chemical process simulator. The CO2 emission reduction and exergy analysis was predicted by using the mass and energy balance obtained from the simulation results. iACRES used a solid oxide electrolysis cell (SOEC) with CO2 capture and separation (CCS), an SOEC without CCS, and a reverse water-gas shift reactor as the CO2 reduction reactor powered by a high-temperature gas-cooled reactor. iACRES could provide a CO2 emission reduction of 3–11% by recycling carbon monoxide and hydrogen, whereas the effective exergy ratio decreased in all cases.

燃料電池MEA構成部材の電子伝導度と接触抵抗の分離解析手法の開発

小高 敏和;高田 慎一郎;酒井 政信;福山 陽介;青木 敦;田渕 雄一郎;久保 則夫;酒井 弘正;中垣 隆雄

日本伝熱シンポジウム講演論文集2011(0)p.266 - 2662011年-2011年

CiNii

詳細

概要:固体高分子型燃料電池の低コスト化のためには高電流密度運転化が有効であり,その達成には電子抵抗低減によるIR損失の低減が不可欠である.その為には接触抵抗の分離を含めたセル構成要素の抵抗の把握が必要となる.接触抵抗の分離には厚さ違いサンプルを用いた手法が主であるが,特にガス拡散層のような多孔体においては厚さのみを変化させることが困難であり,実構造データに基づいた多孔体バルク抵抗解析手法を開発したので報告する

固体高分子形燃料電池ガス拡散層内の水蒸気有効拡散係数の計測

酒井 隆志;近藤 友樹;勝田 正文;中垣 隆雄;久保 則夫;青木 敦

日本伝熱シンポジウム講演論文集2011(0)p.276 - 2762011年-2011年

CiNii

詳細

概要:PEFCのMEA内部で,面圧において熱・電子輸送抵抗とトレードオフの関係にある物質輸送抵抗を評価すべく,ガス拡散層内の水蒸気有効拡散係数を実測した.空気中における一方向拡散として扱える鉛直設置・拡散距離可変の円筒容器でキャピラリープレートを用いて対流の影響を排除し,恒温槽内で上端に乾燥空気を流しながら下端の水面低下時間を測定した.ガス拡散層を積層して所望の面圧下で測定した結果を気孔率,屈曲度および拡散抵抗と面圧との関係で整理し,X線CTから求めた構造ベースとした簡易モデル計算により検証した.

Material and heat flow analysis in thermal energy storage and transport system utilizing unused heat from bagasse boiler

FUJII Shoma;KANEMATSU Yuichiro;KIKUCHI Yasunori;NAKAGAKI Takao

Mechanical Engineering Journal3(5)p.16 - 00334-16-003342016年-2016年

CiNii

詳細

概要:

Sugar production is the main industry in Tanegashima, Japan. Whilst the sugar mill recycles sugarcane bagasse as a fuel, it concurrently generates large amounts of unused 200 °C heat during operation. Raw sugar is shipped to a refinery in Osaka for the final stages of production, which uses a city gas boiler to continuously generate a large quantity of 150 °C heat. However, factories in Tanegashima need a continuous supply of process steam at temperatures of up to 120 °C. To resolve this spatial and seasonal mismatch of heat, we propose a thermal energy storage and transport system using a zeolite adsorption/regeneration cycle. A process flow diagram of the sugar mill has been developed, and the amount of available heat, the potential storage capacity, and the transportable amount of heat have been calculated. Two scenarios were analyzed, in which the stored heat is shipped to Osaka, or used on the island. This was achieved by calculating the rate-based storage capacity of zeolite, based upon an adsorption and regeneration test. The transportable quantity of zeolite determines the feasibility of using waste heat. In the first case, transport of heat to the sugar refinery in Osaka has little possibility of being implemented. In the second case, transport of heat to a liquor factory in Tanegashima can potentially reduce its usage of heavy oil by 83 %, equivalent to 33 kL/year.

Distributed Cogeneration of Power and Heat within an Energy Management Strategy for Mitigating Fossil Fuel Consumption

Kikuchi, Yasunori; Kikuchi, Yasunori; Kikuchi, Yasunori; Kikuchi, Yasunori; Kanematsu, Yuichiro; Sato, Ryuichi; Nakagaki, Takao

Journal of Industrial Ecology20(2)p.289 - 3032016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10881980

概要:© 2016, Yale University.Distributed energy sources, such as self-power generation, steam boilers, and combined heat and power production (CHP), are operated to manage the supply of energy by optimizing the costs of meeting the demand for electricity and heat. This article was written in conjunction with reports by the United Nations Environment Program's International Resource Panel that quantifies and compares the environmental and natural resource impacts and benefits of using demand-side efficient technologies for greenhouse gas mitigation scenarios from now until 2050. In this article, we examine the potential of using distributed energy sources in future energy systems. First, we reviewed the existing research into several energy technologies, especially into cogeneration systems for CHP, using a bibliometric analysis. The current energy supply/demand in the demand-side sectors in Japan is also reviewed using available statistical data, and an investigation into the energy requirements of industrial manufacturers was performed. After systematizing the results of our review on progress in current research, a scenario analysis was conducted on the potential of distributed energy sources to clarify the contribution of the various technology options. A mismatch between the quality of energy produced, especially heat, or any benefits arising from scale from other energy technologies, can decrease the incentive to implement distributed energy technologies. As a requirement of a regional energy system design and management, distributed energy sources should be considered so that the appropriate technology options can be adopted for the desired energy supply in the demand-side sector. The possibility exists to replace conventional single-generation technologies, such as boilers or power generators, with multigeneration technologies. A change in the grid power mix is one of the most sensitive parameters affecting the performance of cogeneration technologies.

Thermal power generation

Nakagaki, Takao

Energy Technology Roadmaps of Japan: Future Energy Systems Based on Feasible Technologies Beyond 2030p.239 - 2552016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© Springer Japan 2016.Thermal power plants will be a promising power source even in the 2050s, because they can generate a vast amount of electricity with low cost, high reliability, and stability. The plants will also have strong flexibility and controllability to compensate the gap between power demand and supply with coexistence of a certain amount of unstable renewable power sources. Coal, oil, and liquefied natural gas (LNG) are mainly used for thermal power generation in the electricity business and are evenly mixed because of energy security, the so-called best mix. After the Great East Japan Earthquake, thermal power generation of all electric companies drastically increased by 164 TWh (+33.9 %), to compensate their nuclear power generation. Japan now has world-class, excellent thermal power technologies with heavyduty steam turbines under the ultra-supercritical (USC) steam condition and highefficiency 1600 AC class LNG-fired gas turbines. By 2030, if technical development projects of “advanced USC” and 1700 AC class gas turbines are completed successfully, 46 and 57% net thermal efficiencies at the sending end (higher heating value, HHV) will be achieved in commercial power plants, respectively. By 2050, the integrated coal gasification fuel cell combined cycle (IGFC) is expected to appear, and CO2 capture and storage (CCS) will move forward with full-scale implementation. However, introduction costs of these cutting-edge technologies are uncertain, and another technology for mitigation of operating restriction or life extension of aging plants may be preferable, depending on the situation after unbundling and electricity market liberalization by the “Electricity System Reform” in a few years.

Electric power generation and its backend technology

Nakagaki, Takao

Energy Technology Roadmaps of Japan: Future Energy Systems Based on Feasible Technologies Beyond 2030p.236 - 2382016年01月-2016年01月 

DOIScopus

Energy technology roadmaps of Japan: Future energy systems based on feasible technologies beyond 2030

Kato, Yukitaka; Koyama, Michihisa; Fukushima, Yasuhiro; Nakagaki, Takao

Energy Technology Roadmaps of Japan: Future Energy Systems Based on Feasible Technologies Beyond 2030p.1 - 5732016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

概要:© Springer Japan 2016.This book, edited by members of the Committee of Future Energy and Social Systems, The Society of Chemical Engineers, Japan, describes energy technology roadmaps for Japan post-Fukushima. In this work, energy technology experts show quantitatively the advantages and disadvantages of major energy technologies with which they are involved, in a unified chapter structure with figures illustrating the technology development perspectives. The future energy vision for Japan together with the pathway is quantitatively discussed, explicitly considering the contributions of individual energy technology by referring to the technology roadmaps. The pathways for future energy vision thus derived will be useful not only for all energy researchers but also for graduate students in the field to grasp the potential of the technologies and future energy system of Japan.

Effect of solidification and cooling methods on the efficacy of slag as a feedstock for CO2mineralization

Adam Myers, Corey; Nakagaki, Takao

ISIJ International58(2)p.211 - 2192018年01月-2018年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09151559

概要:© 2018 ISIJ. Iron and steel making (ISM) slag is often utilized to partially offset CO 2 emissions associated with metal production. Currently, the primary recycling method for slag is as-Ca 2 SiO 4 utilized in the cement industry, termed ground granulated blast furnace slag (ggbs). However, the cement market is not large enough to exploit the entirety of ISM slag as ggbs, relegating a large quantity of slag to reuse pathways with minor impacts on CO 2 reduction. Recent years have seen an increase in research into mineralizing CO 2 using the Ca and Mg content of ISM slags as a feedstock. Unfortunately, it has not been widely recognized that the solidification and cooling processes of slag dramatically effects its efficacy as a CO 2 mineralizing feedstock via modification of mineralogy, crystallinity, grain size, and micromorphology. This paper clarifies the key properties determining mineralization effectiveness and elucidates how to control these properties during the solidification and cooling process. The effect of solidification and cooling method on net CO 2 reduction is shown to be strongly dependent on solidification and cooling method along with the CO 2 intensity of energy generation..

書籍等出版物

エクセルギーデザイン学の理解と応用 続熱管理士教本

大阪大学出版会2012年 12月-

詳細

ISBN:978-4872594140

これからのエネルギーと省エネ—エネルギーあなたはどれを選ぶ?〈3〉

さえら書房2012年 07月-

詳細

ISBN:978-4378012438

これまでのエネルギー—エネルギーあなたはどれを選ぶ?〈1〉

さえら書房2012年 04月-

詳細

ISBN:978-4378012414

ゼロから見直すエネルギー

丸善出版2012年 04月-

詳細

ISBN:9784621085134

DMEハンドブック

オーム社2006年 04月-

詳細

ISBN:4-274-20229-1

Science and technology in catalysis 2006

Elsevier2007年 05月-

詳細

ISBN:978-4-06-213429-3

講演・口頭発表等

Experimental study on CO2 solubility in aqueous Piperazine/alkanolamines solutions at stripper conditions

GHGT112012年11月

詳細

ポスター発表

実構造をベースとした燃料電池用ガス拡散層の有効電子伝導度の計測・解析

第53回電池討論会2012年11月

詳細

口頭発表(一般)

実構造をベースとした燃料電池用ガス拡散層の有効拡散係数の計測・解析

第53回電池討論会2012年11月

詳細

口頭発表(一般)

実構造をベースとした燃料電池用ガス拡散層の有効熱伝導度の計測・解析

第53回電池討論会2012年11月

詳細

口頭発表(一般)

高温炉熱を利用した熱化学再生の高純度アルミナ管によるメタン水蒸気改質試験

化学工学会第44回秋季大会2012年09月

詳細

口頭発表(一般)

成分系混合吸収液のCO2吸収反応熱に関する研究

化学工学会第44回秋季大会2012年09月

詳細

口頭発表(一般)

セラミックス吸収材充填層の温度分布の時間変化によるCO2吸収量の評価

化学工学会第44回秋季大会2012年09月

詳細

口頭発表(一般)

2成分系混合吸収液におけるCO2吸収速度に与えるpHの影響

化学工学会第44回秋季大会2012年09月

詳細

口頭発表(一般)

マイクロチューブ型SOFCを用いたメタンの電気化学的部分酸化による中低温排熱のエクセルギー再生(中低温で高性能なSOFC作製方法の確立)

第17回日本機械学会動力エネルギー技術シンポジウム2012年06月

詳細

口頭発表(一般)

固体高分子形燃料電池用ガス拡散層内のガス拡散係数計測手法の開発

第49回日本伝熱シンポジウム2012年05月

詳細

口頭発表(一般)

この1年で見えてきた電力供給システムの課題

化学工学会 緊急提言委員会シンポジウム2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

中低温廃熱の化学再生用Ni/Cu系触媒の特性評価

化学工学会 第77年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

系統電源の構成分析と将来予測

化学工学会 第77年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

固体高分子形燃料電池用ガス拡散層の輸送特性に与える面圧の影響

第52回電池討論会2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

化学再生発電システムによる燃費削減効果

INCHEM TOKYO20112011年11月18日

詳細

口頭発表(一般)

今夏の電力供給の概要

化学工学会第43回秋季大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

高温炉熱を利用した熱化学再生の無触媒メタン水蒸気改質試験

化学工学会第43回秋季大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

DRCを用いたCO2吸収液の反応熱に関する研究

化学工学会第43回秋季大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

2成分系混合化学吸収液の気液平衡特性評価

化学工学会第43回秋季大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

セラミックス吸収材充填層による断熱型CO2分離回収反応器の基礎特性

化学工学会第43回秋季大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

固体高分子形燃料電池の内部圧力分布計測に関する研究 WAX系感温塗料の圧力計測への適用

日本機械学会2011年度年次大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

固体高分子形燃料電池ガス拡散層の電子輸送抵抗に関する研究

日本機械学会2011年度年次大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

今夏の電力供給の概要と今後の見込み

化学工学会札幌大会20112011年08月

詳細

口頭発表(一般)

EXERGY RECUPERATION OF MID AND LOW QUALITY HEAT BY CHEMICAL REACTIONS

ASME ES-Fuel Cell 20112011年08月

詳細

口頭発表(一般)

円筒型SOFCを用いたメタンの電気化学的部分酸化による排熱のエクセルギー再生(数値計算による熱取込量と発電性能の定量化)

第16回日本機械学会動力エネルギー技術シンポジウム2011年06月

詳細

口頭発表(一般)

蒸気噴射型ガスタービンコージェネレーション運用事業所の化学再生化による有効性の検討

第16回日本機械学会動力エネルギー技術シンポジウム2011年06月

詳細

口頭発表(一般)

固体高分子形燃料電池ガス拡散層内の水蒸気有効拡散係数の計測

第48回日本伝熱シンポジウム2011年05月

詳細

口頭発表(一般)

燃料電池MEA構成部材の電子伝導度と接触抵抗の分離解析手法の開発

第48回日本伝熱シンポジウム2011年05月

詳細

口頭発表(一般)

今夏および数年間の電力供給見込み

シンポジウム:東日本大震災に伴う電力不足対策に関する緊急提言2011年04月

詳細

口頭発表(一般)

MDEA/PZ系混合化学吸収液のCO2吸収速度評価

化学工学会第76年会2011年03月

詳細

口頭発表(一般)

骨太エネルギー技術の紹介(1) 社会とエネルギーおよびエネルギーレビュー

化学工学会第76年会2011年03月

詳細

口頭発表(一般)

Enhanced hydrogen production process from coal integrated with CO2 separation using dual chemical looping

GHGT102010年09月

詳細

ポスター発表

DME改質による中低温廃熱の化学再生用触媒のCO生成特性

第42回化学工学会秋季大会2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

2040年のCO2排出量予測 骨太のエネルギーロードマップ第2版

第42回化学工学会秋季大会2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

DMEを利用した中低温廃熱の化学再生用触媒の実験的研究

第15回日本機械学会動力エネルギー技術シンポジウム2010年06月

詳細

口頭発表(一般)

CO2回収型新水素製造法の研究 -黒鉛/CuOによるガス化試験-

第15回日本機械学会動力エネルギー技術シンポジウム2010年05月

詳細

口頭発表(一般)

PEFC用MEAの熱抵抗及び発電中のMEA内温度の計測,講演論文集(査読なし)

第47回日本伝熱シンポジウム2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

新水素製造法用CO2吸収材と酸素キャリアの性能評価

化学工学会第41回秋季大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

中低温廃熱を利用したジメチルエーテル改質型化学再生発電システム用触媒の実験的評価

化学工学会第41回秋季大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

電気化学的部分酸化による排熱のエクセルギー再生に関する調査研究

日本機械学会第14回動力エネルギー技術シンポジウム2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

化学再生サイクル − 現状と展望 −

日本冷凍空調学会 CO2を含む将来冷媒の先進熱交換器に関する調査研究 第7回講演会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

30kW発電試験によるDME化学再生ガスタービンの性能評価

日本機械学会第13回動力エネルギー技術シンポジウム2008年06月

詳細

口頭発表(一般)

Development of DME-fueled Chemically Recuperated Gas Turbine System Demonstration Tests using 30kw Micro Gas Turbine

第4回アジアDME会議2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

化学再生ガスタービン発電システムの開発

平成19年度火力原子力発電大会講演論文集2007年10月

詳細

口頭発表(一般)

DME化学再生発電システムの開発

第35回ガスタービン定期講演会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

マイクロタービンを用いたDME化学再生発電試験

化学工学会第39回秋季大会講演論文集2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

DME化学再生発電システムの開発

日本機械学会関西支部第130回燃焼懇話会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

施設園芸用CO2高度利用技術の概念検討

日本機械学会第16回環境工学総合シンポジウム講演論文集2006年07月

詳細

口頭発表(一般)

A Novel Carbon Dioxide Enrichment System Utilizing Lithium Silicate for Greenhouse

2006年06月

詳細

ポスター発表

ジメチルエーテルを燃料とする化学再生ガスタービンシステム用改質器の設計

第11回日本機械学会動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集2006年06月

詳細

口頭発表(一般)

化学再生ガスタービン

日本ガスタービン学会第34回ガスタービンセミナー資料集2006年01月

詳細

口頭発表(一般)

ジメチルエーテルを燃料とする化学再生ガスタービンシステム用改質触媒の実験的評価

日本機械学会第10回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集2005年06月

詳細

口頭発表(一般)

化学再生ガスタービンシステムの技術開発

火力原子力発電技術協会関東支部講演会2005年04月

詳細

口頭発表(一般)

ジメチルエーテル改質型化学再生ガスタービンシステムの性能予測

日本機械学会第9回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集2004年06月

詳細

口頭発表(一般)

化学再生ガスタービンシステム.

日本機械学会RC196調査研究分科会第13回報告会2004年05月

詳細

口頭発表(一般)

DEVELOPMENT OF CHEMICALLY RECUPERATED MICRO GAS TURBINE

2001年08月

詳細

口頭発表(一般)

水素分離・非平衡型化学再生ガスタービンの検討

化学工学会第33回秋季大会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

化学再生ガスタービン用改質器の性能検討

日本機械学会 第7回動力・エネルギー技術シンポジウム2000年06月

詳細

口頭発表(一般)

DEVELOPMENT OF METHANOL STEAM REFORMER FOR CHEMICAL RECUPERATION

1999年07月

詳細

口頭発表(一般)

MCFCの耐熱サイクル性向上に関する研究

第37回電池討論会講演論文集1966年10月

詳細

口頭発表(一般)

溶融炭酸塩型燃料電池用ガスシール構造に関する研究

日本機械学会 第73期通常総会講演会講演論文集(Ⅱ)1996年04月

詳細

口頭発表(一般)

MCFC用薄板製柔構造セパレータの開発(1)

第35回電池討論会講演論文集1994年10月

詳細

口頭発表(一般)

特許

整理番号:1176

二酸化炭素分離装置(日本)

中垣 隆雄

特願2011- 88039、特開2012-217959

整理番号:1199

二酸化炭素分離システム(日本)

中垣 隆雄

特願2011-121841、特開2012-245510

整理番号:1219

二酸化炭素回収方法および装置(日本)

中垣 隆雄

特願2011-162946、特開2013- 22577、特許第5561788号

整理番号:1287

二酸化炭素分離回収装置(日本)

中垣 隆雄

特願2012- 91676、特開2013-220953

整理番号:1325

二酸化炭素回収方法および装置(日本)

中垣 隆雄

特願2012-166628、特開2014- 24715

整理番号:1448

二酸化炭素の回収方法及び回収装置(日本)

井上 翔太, 中垣 隆雄

特願2013-155283、特開2015- 24374、特許第6170366号

整理番号:2362

二酸化炭素の固定化方法(日本)

マイヤズ・コーリ, 中垣 隆雄, Myers, Corey Adam

特願2020-106905

整理番号:2380

二酸化炭素の固定化方法(日本)

中垣 隆雄, マイヤズ・コーリ

特願2020-132855

整理番号:421-JP

セル構造体及びその製造方法並びに燃料電池および二次電池(日本)

中垣 隆雄

特願2019-531848、特許第6755540号

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

炭素循環製鉄用CO2吸収材の形状設計に関する研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

電気化学的部分酸化による排熱のエクセルギー再生

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥5330000

研究種別:

CO_2回収型新水素製造法の研究

配分額:¥4550000

研究種別:

3Dプリンタを用いた三相界面の微細構造作製による固体電解質形燃料電池の性能向上

2016年-0月-2017年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

エネルギー供給に関する萌芽技術のコスト構造分析

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥13520000

研究種別:

CCUのための高温CO2吸収材の実用化に関する研究

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

データ同化を用いた単一分子計測法の高度化と階層性微細孔内での吸着・拡散挙動の解明

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥17420000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

炭素循環型製鉄プロセスのエクセルギー解析2011年-

実施形態:共同研究

実装可能な技術による我が国の未来エネルギーシステムの構築2011年-2011年

実施形態:共同研究

CO2吸収セラミックスを利用した分散電源用二酸化炭素回収システム2010年-

実施形態:受託教育

熱化学再生による高温炉利用プロセスの燃料消費削減2010年-

実施形態:共同研究

化学吸収法による石炭火力の二酸化炭素分離回収2009年-

実施形態:共同研究

固体高分子形燃料電池の熱・電子・物質輸送抵抗の計測2010年-

実施形態:共同研究

固体高分子型燃料電池セル内温度分布直接計測2008年-2009年

実施形態:共同研究

DME化学再生発電システムの開発2007年-2007年

学内研究制度

特定課題研究

CO2 分離回収用セラミックス吸収材の吸放出挙動の解明と性能向上のための材料設計

2013年度

研究成果概要:分散電源から排出されるCO2の大気への放散回避のため,一時貯留媒体として最適な固体の吸収材を組み合わせるCO2分離回収技術の確立を目指している.CO2吸収材には,600℃付近で吸収,700℃以上で放出して繰返し使用可能なセラミック...分散電源から排出されるCO2の大気への放散回避のため,一時貯留媒体として最適な固体の吸収材を組み合わせるCO2分離回収技術の確立を目指している.CO2吸収材には,600℃付近で吸収,700℃以上で放出して繰返し使用可能なセラミックス吸収材Li4SiO4(lithium ortho-silicate, 以下LS)を用いるが,実用的な充填層反応器の設計と性能評価のためには,大きな発熱を伴うLS充填層内の反応と熱流動現象を詳細に解明することが必要である.吸放出速度はCO2濃度,温度およびCO2貯蓄量に依存して非定常に変化する複雑な現象であることが分かっており,その物質輸送と反応に起因する挙動は,気相境膜の物質輸送と吸収済みの生成物層内への拡散を経た未反応層との界面付近で反応している可能性が高く,未反応核モデルによるシミュレーションによれば生成物層の物質輸送抵抗を緩和すれば,時間とともに低下する吸収速度を高く維持し,分離回収の性能向上が望める可能性がある.本研究ではさらに,①未反応核モデルで乖離の大きい条件での予測精度を向上させるべく,未反応核モデルにおいて,多孔質体の空隙率を代表値とした吸収による構造変化を吸収の前後で線形補間したモデルで表現して計算した.また,発熱による温度分布を考慮した非等温モデルとして粒子単体のエネルギー保存式も連成して計算した.その結果,Bi数が小さく熱分散は迅速であり温度分布はほぼ無視できるため,エネルギー保存式の連成では乖離の縮小には至らなかったが,空隙率のモデル化では実験結果を良好にトレースした.一方,反応と拡散の並進を考慮したモデルで吸収のフラックス分布を汎関数とした変分法のコードも作成し,計算した結果では未反応核によるモデリングは高濃度域ではやや実現象と解離している可能性があることがわかった.②物質輸送抵抗緩和のため,新形状の吸収材を設計し,成型して試験を実施する予定であったが,予算不足で未達である.本研究を基に,科学研究費補助金基盤(C)がとれたため,引き続き研究を遂行する.(例えば丸棒のように半径方向に対する長手方向のアスペクト比が極端に大きい形状など)

電気化学的部分酸化用SOFCの高出力化

2015年度

研究成果概要:固体酸化物型燃料電池(SOFC)の出力密度向上のために燃料極の反応が生じる三相界面(TPB)の密度の拡大のため,Ni/GDC比を変化させたAFLを介挿したSOFCによる発電試験で出力密度が約2.2倍となった.さらなる有効TPB密度...固体酸化物型燃料電池(SOFC)の出力密度向上のために燃料極の反応が生じる三相界面(TPB)の密度の拡大のため,Ni/GDC比を変化させたAFLを介挿したSOFCによる発電試験で出力密度が約2.2倍となった.さらなる有効TPB密度の拡大のため,3DプリンタによるTPBの成形を目指し,1µmボクセルでの立体構造とその成形法を考案した.その上で,NiおよびGDCに高分散と粘度を調整した数種類のスラリーで吐出試験を行った.微細構造の形成に不利なサテライト数の低減のため,3Dプリンタの制御変数である電歪素子に印加する電圧と時間勾配を検討した結果,直径50 µm程度の液滴が吐出可能となった.

ゼオライトによるバガス由来廃熱の蓄熱とボイラ協調蒸気送出システムの研究

2016年度共同研究者:菊池康紀

研究成果概要:In Tanegashima, there is a spatial and seasonal mismatch in terms of heat between sugar mill and heat demands. The ...In Tanegashima, there is a spatial and seasonal mismatch in terms of heat between sugar mill and heat demands. The sugar mill exhausts unused heat from bagasse from winter to spring and heat demands use imported oil all year around. Thermochemical energy storage and transport system using zeolite steam adsorption and regeneration cycle is one of possible solutions to make up for this mismatch. In this study, we focused on the heat release unit which is called “Zeolite boiler”. A moving bed with indirect heat exchangers was employed as a basic design of zeolite boiler. To evaluate the effect of this zeolite boiler experimentally, the small zeolite boiler with zeolite mass flow of 20 kg/h was designed using the simulation code and installed in our campus. Developed simulation code could simulate experimental result when injection steam mass flow is 1.7 kg/h, and 67% of heat recovery rate was expected when 4.0 kg/h of steam is injected.

SOFCの性能向上を目指した3Dプリンタによる三相界面の微細構造作製

2017年度共同研究者:吉田誠, 梅津信二郎

研究成果概要:コージェネレーションシステムの原動機として利用されているSOFCのさらなる普及には出力密度向上による原材料費の削減が必要である.本研究では3Dプリンタを用いて有効なTPBが100%となる微細構造の作製を検討し,単位体積当たりの反応...コージェネレーションシステムの原動機として利用されているSOFCのさらなる普及には出力密度向上による原材料費の削減が必要である.本研究では3Dプリンタを用いて有効なTPBが100%となる微細構造の作製を検討し,単位体積当たりの反応場の増大による出力密度の向上を目標としている.共焼結時における応力分布に起因するクラックを回避するため焼結工程を追加、さらに粒子間の結合剤となるスラリーのバインダーを高い粘着性を示すPVBに変更した.その結果,スラリーの吐出回数増によって高く積層可能で,共焼結後のレーザー顕微鏡による観察からクラックのない柱状焼結体を電解質層上に確認した.

脱塩プラントのかん水を利用したCO2鉱化に関する基礎研究

2017年度

研究成果概要:海水淡水化による廃液かん水中Mgを用いたCO2固定化プロセスを検討した.本プロセスでは,まず,蒸発濃縮によりかん水からCaSO4・2H2Oを析出分離する.その後,HCl添加によりNa・Kを塩化物として析出分離する.HCl生産に起因...海水淡水化による廃液かん水中Mgを用いたCO2固定化プロセスを検討した.本プロセスでは,まず,蒸発濃縮によりかん水からCaSO4・2H2Oを析出分離する.その後,HCl添加によりNa・Kを塩化物として析出分離する.HCl生産に起因するCO2排出削減のため,低水和数MgCl2添加によりHClを回収する.回収後,Mgスラリーの一部は乾燥により再利用され,残りはCO2固定化に利用される.蒸発濃縮,HCl添加,HCl回収の各操作を実験とAspen Plusの計算により検証した.本プロセスを世界の淡水化工場に適用した場合,CO2固定化量は年間約161Mtであり,同時に生産される淡水,石膏,塩,骨材の上市により,CO2固定化1tあたり213~373ドルの歳入が見込まれる.

発熱粒子の充填層内壁面熱伝達の実験的評価と次元解析に基づく一般化

2018年度

研究成果概要:種子島島内のゼオライトを用いた未利用熱蓄熱輸送システムにおける出熱装置として,水蒸気吸着熱を利用したゼオライトボイラが考案されている.内部の伝熱過程の支配因子の1つに粒子と管壁間の熱伝達が挙げられるが,従来までの伝熱モデルでは発熱...種子島島内のゼオライトを用いた未利用熱蓄熱輸送システムにおける出熱装置として,水蒸気吸着熱を利用したゼオライトボイラが考案されている.内部の伝熱過程の支配因子の1つに粒子と管壁間の熱伝達が挙げられるが,従来までの伝熱モデルでは発熱を仮定しておらず,発熱により変化するとの報告もある.そこで本研究では,ゼオライトボイラを模擬した充填層反応器により発熱下における温度変化を非定常で計測すると共に,従来までの伝熱モデルを組み込んだ数値解析を実施した.その結果,数値解析結果は実験結果の温度履歴を概ね模擬できたことから,従来までの伝熱モデルはゼオライトボイラに適用可能であることが明らかになった.

3Dプリンタによる固体酸化物形燃料電池の三相界面微細構造の作製

2018年度

研究成果概要:固体酸化物形燃料電池(SOFC)は発電効率が高く,分散電源として有望であるが,製造コストが高く,普及の障害となっている.SOFCのコスト分析では原材料費が多くを占めており,出力密度の向上によるによる原材料費の削減が必要である.SO...固体酸化物形燃料電池(SOFC)は発電効率が高く,分散電源として有望であるが,製造コストが高く,普及の障害となっている.SOFCのコスト分析では原材料費が多くを占めており,出力密度の向上によるによる原材料費の削減が必要である.SOFCの電池反応は電子,酸化物イオン,燃料ガスの3つのネットワークが途切れなく出会う場である有効な三相界面(TPB) にのみ生じ,その形成状態は発電性能に大きな影響を与える.微細構造を3D プリンタで立体的に形成することで,有効なTPB の増大と出力密度の向上が見込める.そこで本研究ではインクジェット式3DプリンタであるDimatixに電池材料微粒子が溶媒中に良好に分散されたインクを給してセルの燃料極/電解質間にTPBの拡大を目的とした微細構造の実装を目指した.微細構造を実装したセルは①燃料極基盤を作製し,②その上に微歳構造の積層および加熱脱脂,③その後電解質の焼結,④さらに空気極の焼結をして得る.②の微細構造の積層においてDimatixの吐出可能なインクが低粘度に限られるため,液滴が基盤に着弾すると液滴は水平方向に広がり積層幅が50μm程度になるが,鉛直方向の高さは1μm以下となる.この制限から微細構造は多孔質燃料極と緻密電解質の線が交互に並んだ線状構造体を積層し,その上に90度回転させた同様の線状構造体の積層を繰り返すものとした.また本研究においてDimatixによる吐出実績のない燃料極インクを添加する造孔材の粒径とインク粘度への影響からアクリル粒子を選定・調整した.さらに,微細構造のパラメータである線幅,線厚みが燃料極間における過電圧に与える影響を数値計算で予測しながら形状を決定した.②微細構造の積層,加熱脱脂後および③の電解質の焼結後の顕微鏡観察によりクラックフリーの構造体を確認し,ドライメタンによる600℃での発電試験により302mW/cm2の最大出力密度が得られたことから,微細構造を実装したSOFCの作製工程を確立した.

電気化学デバイスの電極電解質界面の構造最適化

2019年度

研究成果概要:固体酸化物形燃料電池(SOFC)の出力密度向上による原材料費の削減が望まれる.SOFCのアノードにおける反応は電子,酸化物イオン,燃料ガスがネットワークの断裂無く介在する有効な三相界面(TPB)のみで生じる.3DプリンタによりTP...固体酸化物形燃料電池(SOFC)の出力密度向上による原材料費の削減が望まれる.SOFCのアノードにおける反応は電子,酸化物イオン,燃料ガスがネットワークの断裂無く介在する有効な三相界面(TPB)のみで生じる.3DプリンタによりTPBの微細構造を作製し,有効なTPB密度増大による出力密度向上を目標とした.発電試験結果から拡散抵抗の増大により出力密度向上に至らなかったため,基板内空隙率30%を目標とし造孔剤添加量の調整により改善を図った.材料変更に伴う電解質層に発生した欠陥は基板脱脂温度を1100 ℃に変更することで抑制した.拡散抵抗低減が見込める空隙率を有し,3Dプリンティングによる微細構造を含む単セルの作製工程を確立した.

ガラス溶融炉における熱化学再生燃焼の適用研究

2010年度

研究成果概要:CO2排出削減が急務となっている高温炉熱利用型産業における1000℃域を超える廃熱の利用方法の一つとして,熱化学再生(TCR)が注目されている.TCRは,火炉用燃料を水蒸気改質反応させ,得られた水素リッチガスを燃料として投入する方...CO2排出削減が急務となっている高温炉熱利用型産業における1000℃域を超える廃熱の利用方法の一つとして,熱化学再生(TCR)が注目されている.TCRは,火炉用燃料を水蒸気改質反応させ,得られた水素リッチガスを燃料として投入する方法であり,10%前後の燃料の削減とそれに伴うCO2削減が期待できる.本研究では,天然ガス吹きの窯業やガラス溶融炉などの1300℃以上の高温廃熱利用を前提に,平衡論ではほぼ完全に進行するはずであるメタンの水蒸気改質反応が,無触媒・低S/Cの条件下で,気相中でどの程度の速度で進行するかを実験的に検証し,TCRシステムの基礎データを得ることを目的とする. 実験装置は,窒素で約80%に希釈したメタンと約300℃の過熱蒸気をS/C=2の条件で混合する原料供給系,800℃まで昇温する予熱器および外径12mm,長さ1000mmのSUS310S管に純度99.9%,直径2mmのアルミナボールを充填した反応管で構成した.反応器内部に挿入したK型熱電対で,反応温度が900℃から1150℃まで所望の温度になるように電気炉を制御し,メタンの流量を50,200,400および800ml/minとすることで滞留時間を0.02~0.2秒の範囲でパラメータとした改質試験を行った.反応系の定常状態を確認してから,生成ガスの凝縮成分を分離し,ガスクロマトグラフィによって分析した.その結果,生成ガス中には未反応のCH4のほかCO,CO2およびH2のみが検出され,Cベースの物質収支もこれらのみで釣り合ったことからC2や炭素の析出も無視できる量であること,CH4転化率は温度とともに非線形的に増加し,滞留時間の最も長い流量50ml/minにおいて1150℃の場合35%,LHV増加率して7.2%となることを確認した.一方,ChemkinにGRI-Mechを適用し,1150℃においてS/C=2.0の条件で0次元気相反応による数値計算で経過時間ごとの成分を予測したところ,水素生成は見られるものの,実験結果よりも格段に遅い結果となったことから,管内壁あるいは充填物の表面反応が寄与している可能性があることも分かった.本実験結果によるメタンの消滅反応速度は,r[mol/s]=99.5・exp(-21930/T)・PCH4^0.15・PH2O^0.09と整理された.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
理工学基礎実験2A 総合機械創造理工学部2020春学期
理工学基礎実験2A 総合機械創造理工学部2021春学期
エンジニアリング・サーモダイナミクス創造理工学部2020秋学期
エンジニアリング・サーモダイナミクス創造理工学部2021秋学期
エンジニアリング・サーモダイナミクス  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
エンジニアリング・サーモダイナミクス  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2021秋学期
フルードダイナミクスF創造理工学部2020秋学期
フルードダイナミクスF創造理工学部2021秋学期
フルードダイナミクスF 【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
フルードダイナミクスF 【前年度成績S評価者用】創造理工学部2021秋学期
Mechanical Engineering Laboratory Fundamentals (Japanese)創造理工学部2020春学期
メカニカルエンジニアリングラボF創造理工学部2020春学期
Mechanical Engineering Laboratory Fundamentals (Japanese)創造理工学部2021春学期
メカニカルエンジニアリングラボF創造理工学部2021春学期
メカニカルエンジニアリングラボF  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020春学期
メカニカルエンジニアリングラボF  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2021春学期
Mechanical Engineering Laboratory Advanced (Japanese)創造理工学部2020秋学期
メカニカルエンジニアリングラボA創造理工学部2020秋学期
Mechanical Engineering Laboratory Advanced (Japanese)創造理工学部2021秋学期
メカニカルエンジニアリングラボA創造理工学部2021秋学期
メカニカルエンジニアリングラボA  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020秋学期
メカニカルエンジニアリングラボA  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2021秋学期
ゼミナール創造理工学部2020通年
ゼミナール創造理工学部2021通年
ゼミナール  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020通年
ゼミナール  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2021通年
エンジニアリング・プラクティス創造理工学部2020通年
エンジニアリング・プラクティス創造理工学部2021通年
エンジニアリング・プラクティス  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020通年
エンジニアリング・プラクティス  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2021通年
卒業論文・計画創造理工学部2020通年
卒業論文・計画創造理工学部2021通年
卒業論文・計画  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2020通年
卒業論文・計画  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2021通年
フルードダイナミクスA創造理工学部2020春学期
フルードダイナミクスA創造理工学部2021春学期
Thermal Energy Engineering (Japanese)創造理工学部2020春学期
熱エネルギー工学創造理工学部2020春学期
Thermal Energy Engineering (Japanese)創造理工学部2021春学期
熱エネルギー工学創造理工学部2021春学期
Transport Phenomena (Japanese)創造理工学部2020秋学期
移動速度論創造理工学部2020秋学期
Transport Phenomena (Japanese)創造理工学部2021秋学期
移動速度論創造理工学部2021秋学期
熱機関創造理工学部2020秋学期
Thermal Power Plant (Japanese)創造理工学部2021秋学期
熱機関創造理工学部2021秋学期
Graduation Thesis A創造理工学部2020秋学期
Graduation Thesis A創造理工学部2021秋学期
Graduation Thesis A 【S Grade】創造理工学部2020秋学期
Graduation Thesis A 【S Grade】創造理工学部2021秋学期
Graduation Thesis B創造理工学部2020春学期
Graduation Thesis B創造理工学部2021春学期
Graduation Thesis B [S Grade]創造理工学部2020春学期
Graduation Thesis B [S Grade]創造理工学部2021春学期
Mechanical Engineering Laboratory A創造理工学部2020春学期
Mechanical Engineering Laboratory A創造理工学部2021春学期
Mechanical Engineering Laboratory B創造理工学部2020秋学期
Mechanical Engineering Laboratory B創造理工学部2021秋学期
Seminar C創造理工学部2020春学期
Engineering Practice C創造理工学部2020春学期
Engineering Thermodynamics創造理工学部2020秋学期
Engineering Thermodynamics創造理工学部2020秋学期
Engineering Thermodynamics創造理工学部2021秋学期
Engineering Thermodynamics創造理工学部2021秋学期
Engineering Thermodynamics [S Grade]創造理工学部2021秋学期
Seminar A創造理工学部2020春学期
Seminar A創造理工学部2020春学期
Seminar A創造理工学部2021春学期
Seminar A創造理工学部2021春学期
Seminar A [S Grade]創造理工学部2021春学期
Engineering Practice A創造理工学部2020春学期
Engineering Practice A創造理工学部2020春学期
Engineering Practice A創造理工学部2021春学期
Engineering Practice A創造理工学部2021春学期
Engineering Practice A [S Grade]創造理工学部2021春学期
Seminar B創造理工学部2020秋学期
Seminar B創造理工学部2020秋学期
Seminar B創造理工学部2021秋学期
Seminar B創造理工学部2021秋学期
Seminar B [S Grade]創造理工学部2021秋学期
Engineering Practice B創造理工学部2020秋学期
Engineering Practice B創造理工学部2020秋学期
Engineering Practice B創造理工学部2021秋学期
Engineering Practice B創造理工学部2021秋学期
Engineering Practice B [S Grade]創造理工学部2021秋学期
Seminar C創造理工学部2021春学期
Seminar C創造理工学部2021春学期
Engineering Practice C創造理工学部2021春学期
Engineering Practice C創造理工学部2021春学期
Graduation Thesis Spring創造理工学部2021春学期
Graduation Thesis Fall創造理工学部2021秋学期
修士論文(総合機械)大学院創造理工学研究科2020通年
Research on Exergy Engineering大学院創造理工学研究科2020通年
エクセルギー工学研究大学院創造理工学研究科2020通年
Research on Exergy Engineering大学院創造理工学研究科2021通年
エクセルギー工学研究大学院創造理工学研究科2021通年
エクセルギー工学特論大学院創造理工学研究科2020春学期
エクセルギー工学特論大学院創造理工学研究科2021春学期
熱機関特論大学院創造理工学研究科2020秋学期
熱機関特論大学院創造理工学研究科2021秋学期
環境・エネルギー学実習A大学院創造理工学研究科2020春学期
環境・エネルギー学実習A大学院創造理工学研究科2021春学期
環境・エネルギー学実習B大学院創造理工学研究科2020春学期
環境・エネルギー学実習B大学院創造理工学研究科2021春学期
エクセルギー工学演習A大学院創造理工学研究科2020春学期
エクセルギー工学演習A大学院創造理工学研究科2021春学期
エクセルギー工学演習B大学院創造理工学研究科2020秋学期
エクセルギー工学演習B大学院創造理工学研究科2021秋学期
環境・エネルギー特別演習A大学院創造理工学研究科2020春学期
環境・エネルギー特別演習A大学院創造理工学研究科2021春学期
環境・エネルギー特別演習B大学院創造理工学研究科2020秋学期
環境・エネルギー特別演習B大学院創造理工学研究科2021秋学期
Master's Thesis (Department of Modern Mechanical Engineering)大学院創造理工学研究科2020通年
Advanced Seminar on Environment and Energy Engineering A大学院創造理工学研究科2020春学期
Advanced Seminar on Environment and Energy Engineering A大学院創造理工学研究科2021春学期
Advanced Seminar on Environment and Energy Engineering B大学院創造理工学研究科2020秋学期
Advanced Seminar on Environment and Energy Engineering B大学院創造理工学研究科2021秋学期
Seminar on Exergy Engineering A大学院創造理工学研究科2020春学期
Seminar on Exergy Engineering A大学院創造理工学研究科2021春学期
Seminar on Exergy Engineering B大学院創造理工学研究科2020秋学期
Seminar on Exergy Engineering B大学院創造理工学研究科2021秋学期
エクセルギー工学研究大学院創造理工学研究科2020通年
エクセルギー工学研究大学院創造理工学研究科2021通年
環境・エクセルギー工学研究A(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エクセルギー工学研究A(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エクセルギー工学研究B(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2020秋学期
環境・エクセルギー工学研究B(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2021秋学期
環境・エクセルギー工学研究C(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エクセルギー工学研究C(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エクセルギー工学研究D(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2020秋学期
環境・エクセルギー工学研究D(修士課程)大学院環境・エネルギー研究科2021秋学期
環境・エクセルギー工学特論大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エクセルギー工学特論大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エクセルギー工学演習A大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エクセルギー工学演習A大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エクセルギー工学演習B大学院環境・エネルギー研究科2020秋学期
環境・エクセルギー工学演習B大学院環境・エネルギー研究科2021秋学期
環境・エネルギー学演習A大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エネルギー学演習A大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エネルギー学特別演習A大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エネルギー学特別演習A大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エネルギー学特別演習B大学院環境・エネルギー研究科2020秋学期
環境・エネルギー学特別演習B大学院環境・エネルギー研究科2021秋学期
環境・エクセルギー工学研究A(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エクセルギー工学研究A(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エクセルギー工学研究B(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2020秋学期
環境・エクセルギー工学研究B(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2021秋学期
環境・エクセルギー工学研究C(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エクセルギー工学研究C(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エクセルギー工学研究D(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2020秋学期
環境・エクセルギー工学研究D(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2021秋学期
環境・エクセルギー工学研究E(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2020春学期
環境・エクセルギー工学研究E(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2021春学期
環境・エクセルギー工学研究F(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2020秋学期
環境・エクセルギー工学研究F(博士後期課程)大学院環境・エネルギー研究科2021秋学期

社会貢献活動

日本経済新聞

2012年03月-

イベント・番組・雑誌名:日本経済新聞

詳細

概要:日曜に考える イノベーション エネルギーの質の向上へ

AERA

2012年02月-

イベント・番組・雑誌名:AERA

詳細

概要:脱東電で電気代節約

日本経済新聞

2011年09月-

イベント・番組・雑誌名:日本経済新聞

詳細

概要:経済教室 ゼミナール欄 エネルギーと技術18

日本経済新聞

2011年09月-

イベント・番組・雑誌名:日本経済新聞

詳細

概要:経済教室 ゼミナール欄 エネルギーと技術17

日本経済新聞

2011年08月-

イベント・番組・雑誌名:日本経済新聞

詳細

概要:経済教室 ゼミナール欄 エネルギーと技術⑤

日本経済新聞

2011年08月-

イベント・番組・雑誌名:日本経済新聞

詳細

概要:経済教室 ゼミナール欄 エネルギーと技術④

日本経済新聞

2011年08月-

イベント・番組・雑誌名:日本経済新聞

詳細

概要:経済教室 ゼミナール欄 エネルギーと技術③