氏名

ナガタ ヤスシ

永田 靖

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0016016/)

所属

(創造理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
ynagata@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.stat.mgmt.waseda.ac.jp

研究者番号
30198337

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院創造理工学研究科)

学内研究所等

データサイエンス研究所

研究所員 2015年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

1976年04月-1980年03月 京都大学 理学部 数学科
1980年04月-1982年03月 大阪大学大学院 博士前期課程 基礎工学研究科 数理系
1982年04月-1985年09月 大阪大学大学院 博士後期課程 基礎工学研究科 数理系

学位

工学博士 課程 大阪大学

所属学協会

応用統計学会

日本経営工学会

日本行動計量学会

日本統計学会

日本品質管理学会

品質工学会

委員歴・役員歴(学外)

1992年07月-1994年07月日本統計学会評議員
1998年07月-2000年07月日本統計学会理事
1994年04月-2000年03月応用統計学会編集委員
2000年06月-2002年06月応用統計学会評議員
1994年10月-1997年09月日本品質管理学会評議員
1999年10月-2001年10月日本品質管理学会編集委員
2000年10月-2003年10月日本品質管理学会理事
2001年10月-2003年10月日本品質管理学会理事,学会誌編集委員長
2005年10月-2007年10月日本品質管理学会理事
2005年10月-2007年10月日本品質管理学会理事,論文誌編集委員長
2007年10月-日本品質管理学会編集委員
2008年06月-2010年06月応用統計学会評議員
2008年06月-2012年06月応用統計学会編集理事
2011年11月-2013年11月日本品質管理学会理事
2012年06月-2016年05月応用統計学会編集委員
2012年06月-2014年06月応用統計学会評議員
2012年06月-2015年06月行動計量学会編集委員
2013年11月-2015年11月日本品質管理学会監事
2014年06月-応用統計学会評議員
2014年06月-応用統計学会理事
2015年11月-2017年11月日本品質管理学会理事,学会誌編集委員長
1995年01月-日本科学技術連盟デミング賞委員
2016年05月-2018年05月応用統計学会会長
2018年01月-日本科学技術連盟デミング賞審査委員会副委員長

受賞

デミング賞本賞

2019年11月

早稲田大学ティーチングアワード(2018年度春学期)

2019年02月

Best Paper Award,ANQ(Asian Network for Quality) Congress 2018

2018年09月

Best Paper Award,ANQ(Asian Network for Quality) Congress 2017

2017年09月

QMOD-ICQSS Conference, Best Paper Award Nomination

2017年08月

日経品質管理文献賞

2016年11月

Best Paper Award,ANQ(Asian Network for Quality) Congress 2016

2016年09月

Best Paper Award,ANQ(Asian Network for Quality) Congress 2015

2015年09月

Best Paper Award,ANQ(Asian Network for Quality) Congress 2014

2014年08月

日経品質管理文献賞

2013年11月

Best Paper Award,ANQ(Asian Network for Quality) Congress 2013(2件受賞)

2013年10月

Best Paper Award,ANQ(Asian Network for Quality) Congress 2012

2012年08月

日経品質管理文献賞

2012年11月

日本品質管理学会最優秀論文賞

2012年10月

日経品質管理文献賞

2010年11月

日経品質管理文献賞

2009年11月

クオリティマネジメント賞

2008年11月

日本品質管理学会最優秀論文賞

2004年10月

日経品質管理文献賞

1999年11月

日本品質管理学会論文奨励賞

1991年10月

研究分野

科研費分類

情報学 / 情報基礎学 / 統計科学

研究テーマ履歴

統計的決定理論

研究テーマのキーワード:許容性,ミニマックス性,推定量の改良

個人研究

統計的多重比較法

研究テーマのキーワード:第1種の誤り,検出力,モンテカルロ研究

個人研究

工程能力の統計的推測

研究テーマのキーワード:工程能力指数,規格

個人研究

多変量解析法

個人研究

実験計画法

個人研究

品質工学

個人研究

論文

Conditional anomaly detection based on a latent class model

Masato Okubo and Yasushi Nagata

Total Quality Management & Business Excellence, Volume査読有り30p.S227 - S2392019年10月-

親子の関わりが子どもの学力にもたらす効果の推定

神橋彩乃,大久保豪人,永田靖

行動計量学査読有り第46巻(第1号)p.1 - 102019年03月-

Application of AdaBoost to Taguchi’s MT Method.

Suguru Sekine and Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.4p.65 - 742019年02月-

Analysis of data including missing values in the Taguchi’s T method

Yuto Nakao and Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.4p.53 - 642019年02月-

Using Change Point Identification in Financial Data to Detect Turning Points in Companies

Satoshi Kawamata and Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.4p.41 - 522018年10月-

Anomaly detection in high-dimensional data with the Mahalanobis–Taguchi system

Masato Ohkubo and Yasushi Nagata

Total Quality Management & Business Excellence査読有り29p.5 - 142018年-

ロバスト・パラメータ設計を用いた最適株式ポートフォリオ選択

神山紘樹,永田 靖

日本品質管理学会誌査読有り48(3)p.64 - 752018年07月-

一対比較法を順位推定に用いたスイスドロー式トーナメントの提案

梅村和弘,永田靖

日本経営工学会論文誌査読有り69(1)p.21 - 322018年04月-

A proposal of regression hybrid modeling for combining random forest and x-means methods

Yuma Ueno and Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有り3(1)p.1 - 102017年08月-

グラフィカル・モデリングに基づくマハラノビス・タグチ法

大久保豪人,永田靖

応用統計学査読有りVol.46(No.1)p.13 - 262017年07月-

Detection of change points in panel data based on Bayesian MT method

Takumi Enomoto and Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.2p.36 - 472016年06月-

Study of model evaluation method and of selection method of tuning parameter in Lass

Tatsuki Inoue and Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.2p.27 - 352016年07月-

Asymptotic theory of Taguchi's natural estimators of the signal to noise ratio for dynamic robust parameter design

Koji Tsukuda, Yasushi Nagata

Communications in Statistics, Theory and Methods査読有り44p.4734 - 47412015年11月-

Robust parameter design with covariates of multiple noise factors

Kensuke Goto, Hironao Sato, Masami Miyakawa, Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.1p.77 - 882015年06月-

Validation of and improvement to cyclic designs.

Yutaro Kaido, Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.1p.32 - 402015年04月-

An application of a generalized inverse regression estimator

Hiroshi Kawada, Yasushi Nagata

Total Quality Science査読有りVol.1p.12 - 212015年04月-

タグチのT法における項目選択に関する研究

河田紘志,永田靖

日本品質管理学会誌査読有り45p.179 - 1932015年05月-

MTシステムにおける小標本データの解析方法

大久保豪人,永田靖

日本経営工学会論文誌査読有り66p.30 - 382015年04月-

信号因子が複数存在するシステムに対する動特性ロバストパラメータ設計

佃康司,永田靖

日本品質管理学会誌査読有り44p.83 - 912014年04月-

MTシステムの諸性質と改良手法

永田靖

応用統計学査読有り42p.93 - 1192013年12月-

タグチのT法およびその改良手法と重回帰分析の性能比較

稲生淳紀,永田靖,堀田慶介,森有紗

日本品質管理学会誌査読有り42p.265 - 2772012年04月-

タグチのRT法における同一次元でない連続量データへの適用方法

大久保豪人,永田靖

日本品質管理学会誌査読有り42p.248 - 2642012年04月-

工程能力指数の点推定の改良について

永田靖

日本品質管理学会誌査読有り41p.392 - 3982011年07月-

タグチのRT法で用いる距離の性質とその改良

永田 靖,土居大地

日本品質管理学会誌査読有り39p.364 - 3752009年-

項目数がn-1以上の場合のMTシステムの第1種の距離

永田 靖,久冨 剛

日本品質管理学会誌査読有り38巻p.142 - 1462008年-

マハラノビス・タグチ・システムにおける多重共線性対策について

宮川雅巳,永田靖

日本品質管理学会誌査読有り33巻p.467 - 4752003年-

A test of the equality of several SN ratios for the systems with dynamic characteristics

Yasushi Nagata, Masami Miyakawa, Toshiyuki Yokozawa

Journal of the Japanese Society for Quality Control査読有りVol.33p.351 - 3602003年-

重回帰分析における偏回帰係数の解釈について

仁科健, 永田靖

日本品質管理学会誌査読有り32巻p.396 - 4052002年-

誤差分散のスタイン型改良信頼区間の最適性について

永田靖

岡山大学経済学会雑誌30巻p.767 - 7761999年-

工程能力指数Cpkの統計的推測

永田靖

福島大学経済学会商学論集67巻p.21 - 381999年-

多重比較法の実際

永田靖

応用統計学査読有り27巻p.93 - 1081998年-

回帰分析における母寄与率の推定量の比較

永田靖

日本品質管理学会誌査読有り27巻p.214 - 2241997年-

Optimality of the Stein-type estimator for variance

Yasushi Nagata

The Japanese Economic Review査読有りVol.48p.113 - 1171997年-

回帰分析における誤差分散のスタイン型改良信頼区間の諸性質

永田靖

岡山大学経済学会雑誌28巻p.1037 - 10601997年-

Stein type confidence interval of the disturbance variance in a linear regression model with multivariate Student-t distributed errors

Yasushi Nagata

Communications in Statistics, Theory and Methods査読有りVol.26p.503 - 5231997年-

The Neyman accuracy and the Wolfowitz accuracy of the Stein type confidence interval for the disturbance variance

Yasushi Nagata

Communications in Statistics, Theory and Methods査読有りVol.25p.985 - 10041996年-

On normal approximation to the distribution of the estimated process capability index Cpk^

Yasushi Nagata

Journal of the Japan Statistical Society査読有りVol.25p.159 - 1711995年-

The relationship between the improvement on the point estimation and the interval estimation for the disturbance variance in a linear regression model

Yasushi Nagata

Communication in Statistics, Theory and Methods査読有りVol.24p.1687 - 17041995年-

Fixed-width sequential confidence interval for the mean of a gamma distribution

Yosikazu Takada, Yasushi Nagata

Journal of Statistical Plannning and Inference査読有りVol.44p.277 - 2891995年-

Point estimation of the process capability index Cpk

Yasushi Nagata

岡山大学経済学会雑誌26巻p.663 - 6771995年-

An inequality in the condition for iproving on an equal-tails confidence interval of normal variance

Taichi Inaba, Yasushi Nagata

Journal of the Japan Statistical Society査読有りVol.24p.181 - 1841994年-

Approximation formulas for the lower confidence limits of process capability indices

Hidekazu Nagahata, Yasushi Nagata

岡山大学経済学会雑誌25巻p.1121 - 11341994年-

Confidence interval of process capability indices based on the discrete data

Hidekazu Nagahata, Yasushi Nagata

岡山大学教育学部研究集録97巻p.87 - 931994年-

Approximation formulas for the confidence intervals of process capability indices

Yasushi Nagata, Hidekazu Nagahata

Reports of Statistical Application Research, JUSEVol.39, No.3p.15 - 291992年-

多重比較における下降手順に対応する同時信頼区間の非妥当性についての考察

永田靖,松田眞一

岡山大学経済学会雑誌23巻p.449 - 4661991年-

工程能力指数の区間推定

永田靖

日本品質管理学会誌査読有り21巻p.109 - 1141991年-

指数分布の尺度母数の改良信頼区間

永田靖

日本品質管理学会誌査読有り21巻p.5 - 101991年-

多重比較における新たな検出力の提案と各手法の特徴比較

松田眞一,永田靖

応用統計学査読有り19巻p.93 - 1131990年-

分散比の改良信頼区間とその性能について

永田靖

岡山大学経済学会雑誌22巻p.267 - 2821990年-

Improvements of interval estimations for the variance and the ratio of two variances

Yasushi Nagata

Journal of the Japan Statistical Society査読有りVol.19p.151 - 1611989年-

直交表におけるプーリングを伴った誤差分散の推定

永田靖

日本品質管理学会誌査読有り19巻p.12 - 191989年-

Unbiased variable selection procedure in regression models

Yasushi Nagata

Journal of the Japan Statistical Society査読有りVol.17p.175 - 1831987年-

変量模型の分散分析における実際的なプーリング手法

永田靖

日本品質管理学会誌査読有り17巻p.276 - 2821987年-

Minimaxity and nonminimaxity of a preliminary test estimator for the multivariate normal mean

Taichi Inaba, Yasushi Nagata

Annals of the Institute of Statistical Mathematics査読有りVol.39p.49 - 541987年-

Data-compatible model selection and a minimax family of model selection and estimation procedure for a multivariate normal mean

Yasushi Nagata

Journal of the Japan Statistical Society査読有りVol.16p.67 - 731986年-

Minimaxity and inadmissibility of the model selection and estimation procedure for the mean of a multivariate normal distribution

Yasushi Nagata

Journal of the Japan Statistical Society査読有りVol.15p.177 - 1821985年-

Contribution to the theory of successive inference from a practical and a theoretical view point

Yasushi Nagata

Dissertation(Osaka University)査読有り1985年-

Minimaxity of a preliminary test estimator for the mean of normal distribution

Yasushi Nagata, Taichi Inaba

Annals of the Institute of Statistical Mathematics査読有りVol.37p.437 - 4421985年-

Practical pooling method in a fixed ANOVA model, size and power trade-off

Yasushi Nagata, Takaharu Araki

Reports of Statistical Application Research, JUSE査読有りVol.32, No.2p.1 - 91985年-

Interval estimation of a cell mean in a fixed ANOVA model under a preliminary test

Yasushi Nagata, Takaharu Araki

Reports of Statistical Application Research, JUSE査読有りVol.32, No.1p.1 - 101985年-

Admissibility of some preliminary test estimators for the mean of normal distribution

Yasushi Nagata

Annals of the Institue of Statistical Mathematics査読有りVol.35p.365 - 3731983年-

An admissible estimator in the one-parameter exponential family with ambiguous information

Yasushi Nagata

Annals of the Institute of Statistical Mathematics査読有りVol.35p.193 - 1991983年-

Estimationn of the Pareto parameter and its admissibility

Yasushi Nagata

Mathematica Japonica査読有りVol.28p.149 - 1551983年-

品質管理のための統計的方法

永田靖

プラスティック成形加工学会誌.招待有り第31巻p.132 - 1362019年03月-

連載講座「統計的方法の考え方を学ぶ」,第6回 実験計画法の考え方

永田靖

QCサークル誌p.54 - 612016年06月-

連載講座「統計的方法の考え方を学ぶ」,第5回 推定と検定の考え方

永田靖

QCサークル誌p.54 - 612016年05月-

連載講座「統計的方法の考え方を学ぶ」,第4回 時間的な変化を調べる

永田靖

QCサークル誌p.52 - 592016年04月-

連載講座「統計的方法の考え方を学ぶ」,第3回 母集団を理解する

永田靖

QCサークル誌p.52 - 592016年03月-

連載講座「統計的方法の考え方を学ぶ」,第2回 2次元でデータを見ることの効用

永田靖

QCサークル誌p.56 - 632016年02月-

連載講座「統計的方法の考え方を学ぶ」,第1回 不良と異常の違い

永田靖

QCサークル誌p.52 - 592016年01月-

実験計画法のルーツ

永田靖

日本品質管理学会誌41(4)p.441 - 4452011年10月-

回帰分析と実験計画法

永田靖

日本食品機械研究会誌「食品加工技術」30p.20 - 262010年03月-

実務に役立てるSQC教育とそのステップアップ

永田 靖

日本品質管理学会誌39(1)p.7 - 142009年01月-

複数の測定箇所が存在する場合の工程能力指数

飯島洋平,永田 靖

統計数理研究所共同研究リポート No.212 「極値理論の工学への応用(5)」p.33 - 422008年-

タグチメソッドとSQCの“友好的”推進

永田 靖 (2007).

クオリティマネジメント58p.10 - 172007年08月-

ダネットの方法におけるサンプルサイズの決め方について

永田靖

医薬安全性研究会会報50p.51 - 592005年-

「サンプルサイズの決め方」の講義における問の成績の分析

永田靖

医薬安全性研究会会報50p.47 - 502005年-

サンプルサイズの決め方

永田靖

医薬安全性研究会会報50p.1 - 462005年-

工程能力指数の正しい理解に向けて

永田靖

日本品質管理学会誌34巻p.133 - 1362004年-

企業におけるSQC教育への取組みの工夫と課題

永田靖

クオリティマネジメント54,11月号p.28 - 342003年-

TQCツールボックス「統計的方法」「多変量解析法」「実験計画法」

永田靖

日本品質管理学会誌32巻p.294 - 2962002年-

連載「クオリティマネジメント講座」第4回科学的方法

永田靖

クオリティマネジメント53巻,4月号p.43 - 462002年-

SQC教育で育む組織の風土

永田靖

日本品質管理学会誌31巻p.532 - 5422001年-

多重比較法としてのDuncan's multiple range testの適否

永田靖

日本医事新報3967p.116 - 1172000年-

工程能力指数の区間推定のすすめ

永田靖

品質管理12月号p.55 - 621993年-

QC手法べからず集,第9回実験計画法編(1)要因配置実験・乱塊法・分割法

永田靖

品質管理9月号p.75 - 831992年-

決定樹方式での統計手法の利用の注意点

永田靖

医薬安全性研究会会報34巻p.26 - 391991年-

各手法の特徴比較(その3)

永田靖

統計数理研究所共同研究リポート27巻,「リスク評価のための毒性・薬効データ解析法の研究」p.23 - 401991年-

この手法・概念をこう教える−“推定”と“予測”の違い−

永田靖

日本品質管理学会誌21巻p.63 - 631991年-

各手法の特徴比較(その2)

永田靖

統計数理研究所共同研究リポート22巻,「毒性・薬効データ解析における多重比較法の利用」p.27 - 451990年-

各手法の特徴比較

永田靖

統計数理研究所共同研究リポート18巻,「多重比較方式の諸問題」p.15 - 301989年-

実験計画法をめぐる諸問題−プーリング・逐次検定−

永田靖

日本品質管理学会誌18巻p.196 - 2041988年-

書籍等出版物

統計的方法の考え方を学ぶ

永田靖

日科技連出版社2016年-

開発・設計に必要な品質管理

日本品質管理学会中部支部産学連携研究会(編)(代表:永田靖)

日本規格協会2015年 11月-

アンスコム的な数値例で学ぶ統計的方法23講

廣野元久、永田靖

日科技連出版社2013年 01月-

工程能力指数

永田靖,棟近雅彦

日本規格協会2011年 11月-

開発・設計における“Qの確保”

日本品質管理学会中部支部産学連携研究会編(代表:永田靖)

日本規格協会2010年 05月-

データ解析に役立つExcel関数

芳賀敏郎,永田靖

日科技連出版社2009年 12月-

新版 品質保証ガイドブック

(社)日本品質管理学会編(永田靖:編集委員,分担執筆)

日科技連出版社2009年-

統計的品質管理

永田靖

朝倉書店2009年-

統計データ科学事典

杉山高一,藤越康祝,杉浦成昭,国友直人編(永田靖:分担執筆)

朝倉書店2007年-

品質管理のための統計手法

永田靖

日本経済新聞社2006年-

おはなし統計的方法

永田靖(編著)

日本規格協会2005年-

統計学のための数学入門30講

永田靖

朝倉書店2005年-

クォリティマネジメント用語辞典

吉澤正編(永田靖:編集委員・分担執筆)

日本規格協会2004年-

サンプルサイズの決め方

永田靖

朝倉書店2003年-

SQC教育改革

永田靖

日科技連出版社2002年-

生産管理用語辞典

(永田靖:分担執筆)

日本規格協会2002年-

多変量解析法入門

永田靖,棟近雅彦

サイエンス社(中国語訳:陳耀茂訳,全華科技図書股イ分有限公司,2003.)2001年-

入門実験計画法

永田靖

日科技連出版社(中国語訳:陳耀茂訳,中衛發展中心,2004.)2000年-

グラフィカルモデリングの実際

日本品質管理学会テクノメトリックス研究会編(代表:永田靖)

日科技連出版社1999年-

統計的多重比較法の基礎

永田靖,吉田道弘

サイエンティスト社1997年-

統計的方法のしくみ

永田靖

日科技連出版社1996年-

入門統計解析法

永田靖

日科技連出版社1992年-

日科技連品質管理セミナーベーシックコーステキスト第5章「計数値データの解析」

永田靖

日本科学技術連盟1992年-

日科技連品質管理セミナーベーシックコーステキスト第11章「実験計画法」

永田靖,棟近雅彦

日本科学技術連盟1999年-

日科技連品質管理セミナーベーシックコーステキスト第8章「分散分析」

永田靖

日本科学技術連盟2006年-

日本規格協会品質管理と標準化セミナーテキスト「統計的方法の基礎」

永田靖

日本規格協会2006年-

日本規格協会品質管理と標準化セミナーテキスト「検定と推定」

永田靖

日本規格協会2006年-

日本規格協会品質管理と標準化セミナーテキスト「感性品質の評価」

池山豊,永田靖

日本規格協会2006年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

タグチメソッドの拡張的研究

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4030000

研究種別:

タグチメソッドの体系的な理論化

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

品質工学(タグチメソッド)の理論と応用に関する学術的研究

配分額:¥32630000

研究種別:

実験計画法と多変量解析法におけるサンプルサイズの設計

配分額:¥3270000

研究種別:

因果推論のための統計モデルとその推測法

配分額:¥2700000

研究種別:

グラフィカルモデリングを中心とした新しい多変量解析法とそのソフトウェアの開発

配分額:¥2600000

研究種別:

グラフィカルモデリングによる品質情報解析システムの開発

配分額:¥3200000

研究種別:

複雑なデータ環境に適用できるタグチメソッドの研究

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥3770000

学内研究制度

特定課題研究

実験計画法の工程解析への応用

2000年度

研究成果概要: 次の4つの内容に取り組んだ。(1)工程能力指数のロバスト推定 将来の「安定した母集団分布」を想定して、それとは異質の母集団分布からのデータが混在している状況を設定し、得られるデータに基づいて「安定した母集団分布」に基づく工程能力... 次の4つの内容に取り組んだ。(1)工程能力指数のロバスト推定 将来の「安定した母集団分布」を想定して、それとは異質の母集団分布からのデータが混在している状況を設定し、得られるデータに基づいて「安定した母集団分布」に基づく工程能力指数の推定の研究を行った。通常の最尤法に基づく推定方法が異質な母集団分布からのデータにより大きく影響を受けることを示し、次にそのようなデータからの影響が小さいロバストな推定方法を提案し,その数学的性質および定量的な数値評価を行った。(2)回帰分析における寄与率の推定 回帰分析における寄与率の点推定の方法を研究した。モデルを確定した下で寄与率を精度よく推定するための研究は従来から行われていたが、本研究では、モデル選択を行う過程を定式化し、その下で寄与率を推定する問題を研究した。自由度調整済寄与率の精度が比較的良好であるという結果を得た。 現在、既存の推定方法の比較検討の段階に留まっているが、今後、新たな推定量の提案と区間推定の問題、さらには、回帰分析を拡張したモデルに対しても取り組んでいきたい。(3)統計的多重比較法に関する研究 ダネットの方法およびそれを拡張した方法について研究した。今後、具体的な解析を行うための数値表などを整備する予定である。また、ダンカンの多重比較法についても検討した。(4)学部学生・大学院生向けのテキストの作成 学部学生や大学院学生がこの分野の研究に入って行くにあたって、効率的にその内容を学べるようなテキストを作成した。これらには、筆者が研究している内容も取り入れている。

フィッシャー流実験計画法と田口流実験計画法との融合

2002年度

研究成果概要:次の8つの課題に取り組んだ.(1)検出力とサンプルサイズの検討 広く使われている標準的な統計的方法について検定における検出力と区間推定に基づく観点から,非心分布の各種の近似式を検討し,実務的に使える近似式を整理した.それに基づいて...次の8つの課題に取り組んだ.(1)検出力とサンプルサイズの検討 広く使われている標準的な統計的方法について検定における検出力と区間推定に基づく観点から,非心分布の各種の近似式を検討し,実務的に使える近似式を整理した.それに基づいて,サンプルサイズの設計方式を整理した.今後の教育・研究に活用するため,それらの結果を,200ページあまりの冊子にまとめた.特に,今後は,多重比較法について,検出力とサンプルサイズの設計の問題を取り組んでいきたい.今回の成果は,その基礎となるものである.(2)SN比についての検定 測定機の性能を測る量としてSN比が提案されている.本研究では,複数の測定器のSN比の一様性の検定方法を導き,検定のサイズと検出力について検討した.簡便でリーズナブルな精度をもつ検定方式を得ることができた.(3)重回帰分析における偏回帰係数の解釈について 重回帰分析における偏回帰係数の解釈の問題は困難である.これを,グラフィカルモデリングの観点からの解釈と関連させて整理した.(4)実験計画法における最適水準での推定量の統計的性能について 分散分析表に基づいて,最適水準を決定して母平均の推定量を構成する場合,最適水準の選択による上方へのバイアスと,効果があるのにそれを無視してしまうことによる下方へのバイアスが存在する.それらを適切に評価し,制御することが,精度のよい推定につながる.本研究では,これらの観点から,推定量のバイアスと平均2乗誤差を評価し,どのような推定方式がよいのかを検討した.(5)重回帰分析における寄与率の推定 重回帰分析では,寄与率や自由度調整済み寄与率は基本的な統計量であり,常に参照される量である.しかし,それらが真の寄与率を精度良く推定できているとは限らない.モデルを固定させたときに,これらの推定精度を研究した論文は存在したが,本研究では,変数選択を伴った状況で,これらの推定精度について研究した.(6)偏相関係数行列の感度分析 偏相関係数行列はグラフィカルモデリングにおいて重要である.本研究では,偏相関係数行列について,個々のデータがどのような影響を有するのかという観点から,感度分析の研究を行った.(7)MTA法についての研究 MTA法はタグチメソッドにおいて最近開発された方法である.通常のマハラノビスの距離のかわりに,余因子に基づいて距離を作成する.本研究では,その問題点を整理し,2つの軸により尺度を構成する方法を提案した.(8)実践的な統計教育の研究 企業における多変量解析法や実験計画法に関する統計教育の問題点を整理し,改良案を提案した.

統計的多重比較法の研究

2004年度

研究成果概要: 次の6つの課題に取り組んだ.(1)検出力とサンプルサイズの検討 統計的方法の基礎的な手法についてサンプルサイズの設計の方法を,検出力と区間推定の立場からまとめ,成書とした.このようなまとまった書籍はこれまでになかったものである.... 次の6つの課題に取り組んだ.(1)検出力とサンプルサイズの検討 統計的方法の基礎的な手法についてサンプルサイズの設計の方法を,検出力と区間推定の立場からまとめ,成書とした.このようなまとまった書籍はこれまでになかったものである.(2)多重比較法におけるサンプルサイズの検討 多重比較法におけるサンプルサイズの設計方法について検討した.(3)工程能力指数の研究 工程能力指数について,データが正規分布に従っていない場合も含めて,推定方法や精度などについて研究した.(4)実験計画法における推定方法の改良について 実験計画法で得られるデータに基づいて,効果の推定や誤差分散の推定の方法について,従来方法の改良方法を開発し,その推定精度について研究した.(5)新しい多変量解析の適用についての研究 グラフィカルモデルを用いた因果推論について,回帰分析の枠組みを発展させる方向で研究した.また,マハラノビスタグチシステムについて,新しい尺度の構成方法などについて研究した.(6)統計学のための数学のまとめ 統計学を学ぶために必要な数学を吟味し,まとめた.

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
経営システム工学総論創造理工学部2019春学期
経営システム工学総論  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
統計解析法創造理工学部2019春学期
統計解析法  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
統計解析法演習創造理工学部2019春学期
統計解析法演習  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
経営システム工学演習A創造理工学部2019秋学期
経営システム工学演習A  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
経営システム工学総合実験創造理工学部2019春学期
経営システム工学総合実験  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A1創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究演習A2創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習A2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B1創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B1  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019秋学期
卒業研究演習B2創造理工学部2019春学期
卒業研究演習B2  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
卒業研究(論文)創造理工学部2019通年
卒業研究(論文)  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019通年
経営システム工学演習B創造理工学部2019春学期
経営システム工学演習B  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期
経営実践・国内プロジェクト創造理工学部2019通年
経営実践・海外プロジェクト創造理工学部2019通年
経営システム・国際プロジェクト創造理工学部2019通年
多変量解析法A創造理工学部2019春学期
多変量解析法B創造理工学部2019春学期
数理統計学創造理工学部2019秋学期
経営システム工学専門実習(生産システム工学)創造理工学部2019春学期
工場見学・実習創造理工学部2019通年
修士論文(経営S)大学院創造理工学研究科2019通年
統計科学研究大学院創造理工学研究科2019通年
実験計画法特論大学院創造理工学研究科2019春学期
経営実践・国内プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
経営実践・海外プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
経営システム・国際プロジェクト大学院創造理工学研究科2019通年
多変量解析法A大学院創造理工学研究科2019春学期
数理統計学大学院創造理工学研究科2019秋学期
統計科学演習A1大学院創造理工学研究科2019春学期
統計科学演習A2大学院創造理工学研究科2019秋学期
統計科学演習B1大学院創造理工学研究科2019春学期
統計科学演習B2大学院創造理工学研究科2019秋学期
統計科学研究大学院創造理工学研究科2019通年
グローバル経営システム工学大学院創造理工学研究科2019通年