氏名

ヒロセ ノリカズ

広瀬 統一

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0209904)

所属スポーツ科学学術院

(スポーツ科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
toitsu_hirose@waseda.jp
メールアドレス(その他)
toitsu_hirose@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒202-0021西東京市東伏見 3−4−1
電話番号
042-451-1022
fax番号
042-451-1022

URL等

WebページURL

http://hirose-labo.jimdo.com/

研究者番号
00408634

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

応用脳科学研究所

研究所員 2009年-2013年

発育発達研究所

研究所員 2016年-

スポーツ科学未来研究所

研究所員 2014年-2016年

学歴・学位

学歴

-1997年 早稲田大学 人間科学部 スポーツ科学科
-2004年 東京大学 総合文化研究科 身体運動科学

学位

博士(学術) 課程 東京大学 スポーツ科学

経歴

1998年02月-2006年02月東京ヴェルディ1969ユースアカデミーフィジカルコーチ
2007年02月-2009年01月名古屋グランパスユースアカデミーコンディショニングコーチ
2009年02月-2010年02月京都サンガユースアカデミーコンディショニングコーチ
2010年02月-2015年08月ジェフユナイテッド市原・千葉ユースアカデミーコンディショニングコーチ
2007年02月-JFAアカデミー福島女子チームコンディショニングアドバイザー
2008年02月-公益財団法人 日本サッカー協会サッカー女子日本代表フィジカルコーチ

所属学協会

日本フットボール学会

日本発育発達学会

日本臨床スポーツ医学会

日本体力医学会

日本体育学会

European College of Sports Science

委員歴・役員歴(学外)

2016年10月-2018年06月日本アスレティックトレーニング学会編集委員長
2016年04月-日本トレーニング学会編集委員

受賞

優秀ポスター賞

2015年12月授与機関:NSCAジャパン

タイトル:方向転換動作の遅速に寄与する顕在的因子、潜在的因子の抽出

受賞者(グループ):佐々部孝紀

若手科学的奨励研究者賞

2016年01月授与機関:日本トレーニング指導者協会

タイトル:足関節内反捻挫好発者の動的および静的バランスの質的評価と要因解析

受賞者(グループ):峯田晋史郎

最優秀ポスター賞

2017年12月授与機関:NSCAジャパン

受賞者(グループ):周藤晃平、峯田晋史郎、広瀬統一

研究分野

キーワード

アスレティックトレーニング、スポーツ外傷・障害予防、タレント識別、発育発達、サッカー

科研費分類

複合領域 / 健康・スポーツ科学 / スポーツ科学

研究テーマ履歴

スポーツ外傷、障害の予防

研究テーマのキーワード:スポーツ傷害、方向転換動作、姿勢制御

個人研究

ユースアスリートのタレント識別と育成

研究テーマのキーワード:生物学的成熟度、サッカー、運動能力

個人研究

論文

Efficacy of a Prevention Program for Medial Elbow Injuries in Youth Baseball Players

Sakata, Jun; Sakata, Jun; Nakamura, Emi; Suzuki, Tatsuhiro; Suzukawa, Makoto; Akaike, Atsushi; Shimizu, Kuniaki; Hirose, Norikazu

American Journal of Sports Medicine査読有り46(2)p.460 - 4692018年02月-

DOIScopus

詳細

ISSN:03635465

概要:© 2017, © 2017 The Author(s). Background: Youth baseball players are at high risk for elbow injuries, which can lead to future functional disability. Purpose: To evaluate the effectiveness of a prevention program to lower the risk of medial elbow injury in these athletes. Study Design: Cohort study; Level of evidence, 2. Methods: Youth baseball players, 8 to 11 years old, without a history of elbow and shoulder pain, were allocated to either the intervention (n = 136) or control (n = 169) group. The intervention consisted of 9 strengthening and 9 stretching exercises, performed during warm-up or at home, with high compliance defined as completion of the program 1 or more times per week. The following outcome variables were measured: clinical assessment of the elbow and shoulder joint, ultrasonography assessment of the elbow, and assessment of physical function (passive range of motion of the elbow, shoulder, and hip; strength of the shoulder and scapular muscles; and measurement of the thoracic kyphosis angle). The clinical and ultrasonography assessments were measured at baseline and at 3-month intervals over the 1-year follow-up. Physical function outcomes were measured at baseline and at the endpoint of the follow-up. The primary endpoint of effectiveness was the incidence of medial elbow injury. Secondary endpoints were absolute measures of physical function and change in these measures over the 1-year follow-up. Results: The incidence rate of medial elbow injury was significantly lower in the intervention group (0.8/1000 athlete-exposures) than the control group (1.7/1000 athlete-exposures) (hazard ratio, 50.8%; 95% CI, 0.292-0.882; P =.016). The program improved total range of shoulder rotation (dominant side), hip internal rotation (nondominant side), shoulder internal rotation deficit (bilaterally), lower trapezius muscle strength (dominant side), and the thoracic kyphosis angle. Improvements in the following variables of physical function were predictive of a lower rate of medial elbow injury: increased total shoulder total rotation (odds ratio [OR], 0.973; 95% CI, 0.950-0.997), increased hip internal rotation of the nondominant side (OR, 0.962; 95% CI, 0.936-0.989), and decreased thoracic kyphosis angle (OR, 1.058; 95% CI, 1.015-1.103). Conclu sion: A prevention program aiming to improve physical function can prevent medial elbow injury in youth baseball players.

高校年代投手におけるパフォーマンス維持のための適切な登板間隔の検討

小黒喬史、広瀬統一

日本アスレティックトレーニング学会誌査読有り4(2)p.141 - 1482018年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Effect of Hip-Focused Injury Prevention Training for Anterior Cruciate Ligament Injury Reduction in Female Basketball Players: A 12-Year Prospective Intervention Study

The American Journal of Sports Medicine査読有り46(2)2018年01月-

DOI

Tanner–Whitehouse Skeletal Ages in Male Youth Soccer Players: TW2 or TW3?

Malina, Robert M.; Malina, Robert M.; Coelho-e-Silva, Manuel J.; Figueiredo, António J.; Philippaerts, Renaat M.; Hirose, Norikazu; Reyes, Maria Eugenia Peña; Gilli, Giulio; Benso, Andrea; Vaeyens, Roel; Vaeyens, Roel; Deprez, Dieter; Guglielmo, Luiz G.A.; Buranarugsa, Rojapon

Sports Medicine48(4)p.991 - 10082018年01月-

DOIScopus

詳細

ISSN:01121642

概要:© 2017 Springer International Publishing AG, part of Springer Nature An Online First version of this article was made available online at https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs40279-017-0799-7on 29 October 2017. Errors were subsequently identified in the article, and the following corrections should be noted:

Cross-sectional comparison of age-related changes in the quadriceps femoris in Japanese basketball players

Sekine Y, Hirose N

査読有り232017年-

DOI

Two-year changes in anthropometric and motor ability values as talent identification indexes in youth soccer players.

Hirose Norikazu;Seki Taigo

Journal of science and medicine in sport査読有り19(2)p.158 - 1622016年-

PubMedDOI

詳細

ISSN:1878-1861

概要:OBJECTIVES:The present study examined 2-year changes in anthropometric variables and motor abilities in elite male youth soccer players to identify potential talent identification indexes.;DESIGN:This was a cross-sequential study examining two different age groups at two time points.;METHODS:Height, weight, 40-m sprint speed, muscular power (5-step bounding), and change of direction (COD) ability (10 m×5 COD) were measured in 12- and 14-year-old soccer players and repeated after 2 years (at 14 and 16 years of age). Correlations and changes in ranking between the two measurements were determined.;RESULTS:Both groups had small ranking changes in height (12-14-year-olds: r=0.80, 14-16-year-olds: r=0.89; p<0.01), weight (r=0.94, r=0.80; p<0.01), 40-m sprint speed (r=0.81, r=0.90; p<0.01), and muscular power (r=0.48, r=0.64; p<0.05), with a statistically significant correlation between the initial values and those obtained 2 years later. However, 10m×5 COD ability had a large ranking change, with no statistically significant correlation observed between the first- and second-year values.;CONCLUSIONS:Because of the minimal ranking change in sprint speed in normal circumstances of soccer practice, linear sprint speed has the potential to be a useful talent identification index for youth soccer players. On the other hand, muscular power and COD ability is changeable during growth period suggests that these parameters is not useful for talent identification index.

Age differences in change-of-direction performance and its subelements in female football players.

Hirose Norikazu;Nakahori Chikako

International journal of sports physiology and performance査読有り10(4)p.440 - 4452015年-2015年

PubMedDOI

詳細

ISSN:1555-0265

概要:PURPOSE:To describe cross-sectional age differences in change-of-direction performance (CODp) in female football players and investigate the relationship between CODp and linear-sprint speed, muscle power, and body size.;METHODS:A sample of 135 well-trained female football players was divided into 8 age groups. Anthropometry (height, body mass, and lean body mass) and athletic performance (10-m sprint speed, 10-m×5-CODp, and 5-step bounding distance) were compared to determine interage differences using ANOVA. Then, the participants were divided into 3 age groups: 12- to 14-y-olds, 15- to 17-y-olds, and ≥18 y-olds. Simple- and multiple-regression analyses were conducted to determine the correlation between CODp and the other measurement variables in each age group.;RESULTS:Age-related differences were found for CODp (F=10.41, P<.01), sprint speed (F=3.27, P<.01), and bounding distance (F=4.20, P<.01). Post hoc analysis revealed that the CODp of 17-y-old players was faster than that of 16-y-old players (P<.01), with no interage differences in sprint speed and bounding distance. Sprint speed and bounding distance were weakly correlated with CODp in 15- to ≥18-y-old players, but only sprint speed was correlated with CODp in 12- to 14-y-old players.;CONCLUSIONS:CODp improves from 16 to 17 y of age in female players. Linear-sprint speed, muscle power, and body size were weakly correlated with the age differences in CODp.

Tendon properties and muscle architecture for knee extensors and plantar flexors in boys and men.

Kubo Keitaro;Teshima Takanori;Ikebukuro Toshihiro;Hirose Norikazu;Tsunoda Naoya

Tendon properties and muscle architecture for knee extensors and plantar flexors in boys and men.29(5)p.506 - 5112014年-2014年

DOI

詳細

ISSN:1879-1271

概要:BACKGROUND:The purpose of this study was to compare the elastic properties and size of tendinous structures and muscle architecture for knee extensors and plantar flexors in boys and men.;METHODS:Twenty-two early pubescent boys (9.6-12.7yrs) and 23 young adult men (19.8-26.2yrs) participated in this study. The maximal strain and thickness of tendinous structures for knee extensors and plantar flexors were measured using ultrasonography. In addition, the fascicle lengths of vastus lateralis and medial gastrocnemius muscles were measured.;FINDINGS:The maximal strain of tendinous structures for plantar flexors was significantly greater in boys than in men, while there was no difference in the maximal strain for knee extensors between the two groups. The relative thickness (to body mass(1/3)) of Achilles tendon was significantly greater in boys than in men, although there was no difference in that of patellar tendon between the two groups. The relative fascicle length (to limb length) of vastus lateralis muscle was significantly lower in boys than in men, although there was no difference in that of medial gastrocnemius muscle between the two groups.;INTERPRETATION:These results suggest that the amount of changes in the elastic properties and sizes of tendinous structures and in the fascicle lengths from early pubescence to maturity is different for different muscle groups (in particular, the knee extensors and the plantar flexors).

Growth Changes in Morphological and Mechanical Properties of Human Patellar Tendon in Vivo

Kubo, Keitaro;Teshima, Takanori;Hirose, Norikazu;Tsunoda, Naoya

JOURNAL OF APPLIED BIOMECHANICS査読有り30(3)p.415 - 4222014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1065-8483

A Cross-Sectional Study of the Plantar Flexor Muscle and Tendon during Growth.

Kubo K, Teshima T, Hirose N, Tsunoda N.

International Journal of Sports Medicine査読有り35(10)p.828 - 8342014年09月-

DOI

The bias toward biological maturation through the talent selection in Japanese elite youth soccer players

Hirose N, Hirano A

Int J Spo Health Sci10p.30 - 382012年-

Prediction of talent in youth soccer players: prospective study over 4-6 years

Norikazu Hirose

Football Science8p.1 - 72011年-

ユースサッカー選手のスポーツ傷害と発育発達

広瀬統一

バイオメカニクス研究第13第4号2010年03月-

Relationships among birth-month distribution, skeletal age and anthropometric characteristics in adolescent elite soccer players

Norikazu Hirose

Journal of Sports Science27(11)p.1159 - 11662009年08月-

DOI

サッカーのタレント発掘と育成(解説)

広瀬統一

トレーニング科学20(4)p.253 - 2592008年-

プロサッカー選手のタレント識別指標の検討(原著)

広瀬統一、福林徹

スポーツ科学研究5p.1 - 92008年-

スポーツ選手の骨成長と膝痛(解説)

広瀬統一

臨床スポーツ医学23p.1005 - 10122006年-

骨成長と思春期(解説)

広瀬統一、福林徹

子どもと発育発達3p.215 - 2192006年-

成長期サッカー選手の足部形態, 神経学的側面からみた装具使用の是非(解説)

広瀬統一、石栗建、平野篤

臨床スポーツ医学23p.429 - 4342006年-

Biological maturity and choice reaction time in Japanese adolescent soccer players (Paper)

Hirose N, Hirano A, Fukubayashi T

Research in sports medicine12p.45 - 582004年-

骨年齢と暦年齢でみた成長期サッカー選手の反応時間とステッピング能力の横断的変化(原著)

広瀬統一、平野篤、福林徹

体力科学51p.299 - 3062002年-

Effect of preventive intervention on asymmetry of single-leg landing, dynamic balance and lower muscle strength after anterior cruciate ligament reconstruction

Omi, Yorikatsu; Omi, Yorikatsu; Katoh, Munenori; Kurihara, Tomohisa; Seki, Daisuke; Inoue, Takumi; Inoue, Mizuho; Hirose, Norikazu

Rigakuryoho Kagaku33(1)p.109 - 1152018年01月-

DOIScopus

詳細

ISSN:13411667

概要:© 2018, Society of Physical Therapy Science (Rigaku Ryoho Kagakugakkai). All rights reserved. [Purpose] The purpose of this study was to examine whether preventive rehabilitation improves the asymmetry between the involved side and the uninvolved side of single-leg landing, dynamic balance, and lower limb muscular strength of young female athletes after anterior cruciate ligament reconstruction (ACLR). [Subjects and Methods] The subjects were twelve young females who returned to sports after preventive rehabilitation after ACLR. Two-dimensional analyses of single-leg landing and lower limb muscular strength (knee extension/flexion, hip abduction/external rotation), and the modified star excursion balance test (M-SEBT) were performed at the time of the return. The difference between the involved side and the uninvolved side of each measure was compared, and the limb symmetry index (LSI) was calculated. [Results] There were no differences in knee valgus and flexion angle in single-leg landing, and in the M-SEBT. LSI of lower limb muscular strength was over 90%. [Conclusion] The asymmetry between the involved side and the uninvolved side was improved by preventive rehabilitation.

High lateral plantar pressure is related to an increased tibialis anterior/fibularis longus activity ratio in patients with recurrent lateral ankle sprain

査読有り8p.123 - 1312017年06月-

DOI

Differences in electromyographic activity of thehamstring, gluteus maximus, and erector spinae muscles in a vriety of kinetic changes

Hirose N, Tsuruike M

Journal of Strength and Conditioning Research査読有りin print2018年04月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

アスリートのコンディショニングにおけるディトレーニング

広瀬統一

体育の科学64(10)p.707 - 7122014年-

シンガポールユースオリンピック日本代表選手における発育期のスポーツ活動状況(選手へのアンケート調査から) 3)専門競技開始年齢群別の比較

広瀬統一

トップアスリート育成のための追跡調査報告書 第一報p.33 - 342014年-

陳旧性足関節外側靱帯損傷に対するテーピングならびに装具療法

上松大輔、広瀬統一

臨床スポーツ医学30(7)p.659 - 6652013年-

スポーツ障害のリハビリテーション—持久力トレーニングについて—

広瀬統一

Medical Rehabilitation137p.127 - 1332011年-

女子サッカー選手を育て・鍛え・守ることに関わるトレーニングのあり方と課題—女子サッカー選手のスポーツ外傷予防の取り組み—

広瀬統一

日本女子体育大学付属基礎体力研究所紀要p.33 - 362011年-

フィジカルチェック結果からみた日本人選手の特徴

安松幹展、広瀬統一

トレーニング科学20(4)p.307 - 3122010年-

大学ラグビー選手の頭部衝撃既往は認知機能に影響を及ぼしているか?

熊崎晶、星川精豪、太田千尋、鳥居俊、広瀬統一

臨床スポーツ医学in press2014年-

The effect of changes in cerebral blood flow on cognitive function during exercise.

Ogoh Shigehiko;Tsukamoto Hayato;Hirasawa Ai;Hasegawa Hiroshi;Hirose Norikazu;Hashimoto Takeshi

The effect of changes in cerebral blood flow on cognitive function during exercise.査読有り2(9)p.1 - 82014年-2014年

DOI

詳細

ISSN:2051-817X

概要::No studies have identified the direct effect of changes in cerebral blood flow (CBF) on cognitive function at rest and during exercise. In this study, we manipulated CBF using hypercapnic gas to examine whether an increase in CBF improves cognitive function during prolonged exercise. The speed and the accuracy of cognitive function were assessed using the Stroop color-word test. After the Stroop test at rest, the subjects began exercising on a cycling ergometer in which the workload was increased by 0.5 kilopond every minute until a target heart rate of 140 beats/min was achieved. Then, the subjects continued to cycle at a constant rate for 50 min. At four time points during the exercise (0, 10, 20, 50 min), the subjects performed a Stroop test with and without hypercapnic respiratory gas (2.0% CO2), with a random order of the exposures in the two tests. Despite a decrease in the mean blood flow velocity in the middle cerebral artery (MCA Vmean), the reaction time for the Stroop test gradually decreased during the prolonged exercise without any loss of performance accuracy. In addition, the hypercapnia-induced increase in MCA Vmean produced neither changes in the reaction time nor error in the Stroop test during exercise. These findings suggest that the changes in CBF are unlikely to affect cognitive function during prolonged exercise. Thus, we conclude that improved cognitive function may be due to cerebral neural activation associated with exercise rather than global cerebral circulatory condition.

脛骨内側ストレス症候群を有した選手における足部の特徴

秋山圭、広瀬統一、福林徹

臨床スポーツ医学in press2014年-

骨盤傾斜の変化が動作の遅速に及ぼす影響

柳下幸太郎、広瀬統一

スポーツ科学研究(10)p.198 - 2092013年11月-

Estimation of Tensile Force in the Hamstring Muscles during Overground Sprinting

Ono T, Higashihara A, Hirose N, Fukubayashi T

Int J Sports MedEpub2014年09月-

Milk peptide intake may reduce muscle damage after eccentric exercise.

Hirose N, Sato M, Yanagisawa O, Fukubayashi T.

Int J Spo Health Sci(11)p.20 - 282013年01月-

FIFA Woman’s world cup Germany 2011 「9. フィジカル」 (解説)

広瀬統一

JFA Technical reportp.16 - 172011年-

Relationship between quadriceps femoris muscle volume and muscle torque after anterior cruciate ligament rupture

Konishi Y, Oda S, Tsukazaki S, Hirose N, Fukubayashi T

Knee Surgery, Sports Traumatology, Arthroscopy査読有り19(4)p.641 - 6452012年11月-

DOI

育成年代の指導者のかかわり ⅰ‐フィジカルトレーニング‐ (解説)

広瀬統一

JFA女子テクニカルレポート2009p.35 - 372009年-

アスレティックトレーナーによる実践テーピングセミナー、種目特性を踏まえたテーピングテクニック サッカー とくにボールを蹴るという競技の特性に応じたテーピング(解説)

広瀬統一

臨床スポーツ医学25p.43 - 502008年-

フィジカルコーチからみた『なでしこJAPAN』の体力特性, —北京オリンピックから— (解説)

広瀬統一

フットボールの科学4(1)p.4 - 92008年-

成長期エリートサッカー選手の生まれ月分布と生物学(原著)

広瀬統一、平野篤

発育発達研究37p.17 - 242008年-

痛みに対する徒手療法(解説)

覚張秀樹、広瀬統一

理学療法23p.178 - 1842006年-

サッカーパフォーマンスと選択反応時間及び生物学的成熟度の関係(原著)

三好健夫、広瀬統一、福林徹

スポーツ科学研究2p.128 - 1362005年-

ウォーミングアップとクーリングダウンにおけるストレッチング(解説)

覚張秀樹、広瀬統一

理学療法21p.1482 - 14912004年-

サッカー少年の心とその発達(解説)

広瀬統一、志岐幸子

2p.19 - 222004年-

Effects of lidocaine into knee on QF strength and EMG in patients with ACL lesion (paper)

Konishi Y, Suzuki Y, Hirose N, Fukubayashi T

Medicine & Science in Sports & Exercise35p.1805 - 18082003年-

スポーツ外傷・障害の理学診断 Osgood-Schlatter病(解説)

平野篤、広瀬統一

臨床スポーツ医学18p.267 - 2722001年-

骨年齢と身長からみた成長期サッカー選手の障害調査(学会発表抄録)

広瀬統一、平野篤、石栗建、福林徹

サッカー医・科学研究21p.80 - 842001年-

スポーツ選手の骨年齢と暦年齢−成長期男子サッカー選手の調査−(研究資料)

平野篤、広瀬統一

CLINICAL CALCIUM10p.50 - 562000年-

成長期サッカー選手の選択的全身反応時間の変化−暦年齢・骨年齢・身長との関連から−(発表抄録)

広瀬統一、平野篤、石栗建、福林徹

サッカー医・科学研究20p.69 - 732000年-

スポーツ選手の骨年齢と暦年齢:成長期男子サッカー選手の調査(研究資料)

平野篤、広瀬統一

体育の科学149p.634 - 6381999年-

成長期サッカー選手の反応時間およびステッピング能力の発達(発表抄録)

広瀬統一、平野篤、石栗建、福林徹

サッカー医・科学研究19p.101 - 1041999年-

骨年齢を活かしたジュニア・ジュニアユース年代のトレーニング(学会発表抄録)

広瀬統一

サッカー医・科学研究22p.254 - 270

Analysis of the talocrural and subtalar joint motions in patients with medial tibial stress syndrome

Akiyama, Kei; Akiyama, Kei; Noh, Byungjoo; Fukano, Mako; Miyakawa, Shumpei; Hirose, Norikazu; Fukubayashi, Toru

Journal of Foot and Ankle Research査読有り8(1)2015年07月-2015年07月 

DOIScopusWoS

詳細

ISSN:1757-1146

概要:© 2015 Akiyama et al. Background: The rearfoot motion during sports activities in patients with the medial tibial stress syndrome (MTSS) is unknown. This study aimed to investigate the difference in kinematics of the rearfoot in MTSS patients (eight male soccer players) and control participants (eight male soccer players) during a forward step. Methods: Sixteen male soccer players, including eight players with MTSS, participated. Forward step trials were recorded with cineradiographic images obtained at a sampling rate of 60 Hz. Geometric bone models of the tibia and talus/calcaneus were created from computed tomography scans of the distal part of one lower limb. Following a combination of approaches, anatomical coordinate systems were embedded in each bone model. The talocrural joint motion (relative motion of the talus with respect to the tibia) and subtalar joint motion (relative motion of the calcaneus with respect to the talus) were examined. Results: A significantly larger range of internal/external rotation and inversion/eversion motion was observed in the subtalar joint of MTSS patients compared to healthy controls (P < 0.05) from heel contact to heel off. There were no significant differences between the MTSS patients and healthy participants in the ranges of all talocrural joint angles during the forward step. Conclusion: Our results indicate that the range of subtalar joint motion is greater in patients with MTSS during the stance phase of the forward step. The kinematic results obtained of this study may have important clinical implications and add quantitative data to an in vivo database of MTSS patients.

Shear modulus of the lower leg muscles in patients with medial tibial stress syndrome

Akiyama, Kei; Akagi, Ryota; Hirayama, Kuniaki; Hirose, Norikazu; Takahashi, Hideyuki; Fukubayshi, Toru

Ultrasound in Medicine and Biology査読有り42(8)p.1779 - 17832016年08月-

DOIScopus

詳細

ISSN:03015629

概要:© 2016 World Federation for Ultrasound in Medicine & Biology.This study aimed to investigate the in vivo kinematics of shear modulus of the lower leg muscles in patients with medial tibial stress syndrome (MTSS). The study population included 46 limbs with MTSS and 40 healthy limbs. The shear modulus of the medial head of the gastrocnemius, lateral head of the gastrocnemius, soleus, peroneus longus and tibialis anterior muscles were measured using shear wave ultrasound elastography. As a result, the shear modulus of the lower leg muscles was significantly greater in patients with MTSS than in healthy patients (p < 0.01). Based on the differences in shear modulus of lower leg muscles between the patients with MTSS and healthy patients, the measurements obtained via shear wave ultrasound elastography could be used to evaluate risk factors of MTSS.

バスケットボール選手のジャンプ動作の年代別特徴

星川 精豪 , 藤田 基弘 , 広瀬 統一

トレーニング科学査読有り26(4)p.211 - 2192015年-

Relationship between quadriceps femoris muscle volume and muscle torque after anterior cruciate ligament rupture

Konishi, Yu;Oda, Toshiaki;Tsukazaki, Satoshi;Kinugasa, Ryuta;Hirose, Norikazu;Fukubayashi, Toru

KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY19(4)p.641 - 6452011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0942-2056

スポーツフィールドと科学の架け橋 : リコンディショニングの科学

福田 崇;広瀬 統一;泉 重樹;岡田 隆;小粥 智浩;倉持 梨恵子

体力科學60(1)2011年02月-2011年02月 

CiNii

詳細

ISSN:0039906X

04生-24-ポ-35 Yo-Yo IR1テストの走行距離は有酸素性能力に依存する(運動生理学,ポスター発表,一般研究発表抄録)

江波戸 智希;広瀬 統一

日本体育学会大会予稿集(63)2012年08月-2012年08月 

CiNii

発27-017 東京オリンピック1964出場選手の生まれ月(07 発育発達,一般研究発表抄録)

勝亦 陽一;広瀬 統一;杉崎 範英;池田 達昭;森丘 保典;川原 貴

日本体育学会大会予稿集(65)2014年08月-2014年08月 

CiNii

04生-26-口-12 暑熱環境下での間欠的運動時における中間冷却が持久的パフォーマンスに及ぼす影響(04 運動生理学,一般研究発表,2020東京オリンピック・パラリンピックと体育・スポーツ科学研究)

坂井 禎良;広瀬 統一

日本体育学会大会予稿集(66)2015年08月-2015年08月 

CiNii

Mechanism of anterior cruciate ligament injury in female soccer players

Kaneko, Satoshi; Sasak, Shogo; Hirose, Norikazu; Nagano, Yasuharu; Fukano, Mako; Fukubayashi, Toru

Asian Journal of Sports Medicine8(1)2017年03月-

DOIScopus

詳細

ISSN:2008000X

概要:© 2016, Sports Medicine Research Center. Background: The risk of anterior cruciate ligament (ACL) injury is higher in female soccer players than in male soccer players. The most common reason for non-contact ACL injury has been found to be a cutting or stopping maneuver combined with deceleration and landing from a jump. In a previous study, there was no difference in the incidence of ACL injury between offensive and defensive players and in the risk of ACL injury between goalkeepers and other players. Recently studies reported that the most frequent injury situation was pressing in male players. However, the most common type of situation associated with ACL injury in female soccer players has not been clarified. Objectives: The purpose of the present study was to identify the most common type of situation associated with ACL injury in female soccer players. Methods: We handed out questionnaires to 80 female soccer players with a history of ACL injury (90 ACL injuries). The players were asked about the injury characteristics, injury circumstance, maneuver being performed when the injury occurred, and playing type associated with the injury. The players responded to the questionnaire under the guidance of the medical staff of each team. Results: The 80 female soccer players reported a total of 90 ACL injuries during soccer. Among 55 non-contact injuries, 29 (55%) occurred during a cutting maneuver and 22 (44%) occurred during pressing. On assessing the frequency distributions of playing type (pressing vs. others) and body contact (contact vs. no contact), we found that non-contact injuries at pressing were significantly more common than contact injuries at pressing (odds ratio: 3.03; 95% confidence interval, 1.11 - 8.25, P = 0.036) Conclusions: ACL injury often occurs as non-contact injury during pressing at the time of defense, regardless of the playing area, in female soccer players.

カッティング動作における慢性足関節不安定症例の膝関節運動特性―Point Cluster法を用いて―

板花 俊希;深野 真子;広瀬 統一;福林 徹;井田 博史

理学療法学Supplement2015(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:【はじめに,目的】慢性足関節不安定症(CAI)は足関節捻挫受傷後の後遺症であり,足関節構造及び機能の問題から反復性の足関節捻挫を引き起こす。CAIは動作時に足関節運動の変化をもたらすと報告されているが,近年は膝関節運動にも変化が生じ,特に膝関節矢状面上での角度変化が報告されている。一方,足関節捻挫が頻発するとされるカッティング動作において膝関節運動を3運動面から詳細に検討した研究はない。本研究ではカッティング動作課題にて,Point Cluster法を用いてCAIの膝関節運動を詳細に検討した。【方法】被験者は健常群8名(男性4名,女性4名)とCAI群8名(男性4名,女性4名)とした。両群において身体的特徴に差は認められなかった。動作解析には3次元動作解析システム(Motion Analysis社)を用い,赤外線カメラ(Motion Analysis社;サンプリング周波数250Hz)8台,床反力計(Kistler社;サンプリング周波数1000Hz)1枚を使用した。被験者にはボディスパッツを着用で,Andriacchiら(J Biomech Eng, 1998.)の方法に基づき,身体の各ランドマークに加えて検査脚大腿部に10個,下腿部に6個のクラスターマーカーを,そして全身に41個の反射マーカーを貼付した。動作課題は1歩のサイドステップからの180度方向の方向転換動作とした。データは床反力垂直成分が10Nを超えた時間を初期接地(IC)と定義して,IC前後100msを解析区間とし,Point Cluster法を用いて膝関節屈曲・外転・内旋角度を算出した。膝関節の運動は,立位からの変位で示した。統計解析にはSPSS ver.22(International Business Machines社)を用い,健常群とCAI群のIC前後100msにおける膝関節角度の差を対応の無いt検定(有意水準95%)を行った。なお,時間の影響を考慮するため3データポイント以上連続して有意差が認められた場合のみ有意差ありとした。【結果】IC前100ms~68ms及びIC後40ms~80msにおいて健常群よりもCAI群の屈曲角度が有意に小さかった(p<0.05)。また,IC前20ms~IC後36ms及びIC後52ms~76msにおいて健常群よりもCAI群の内旋角度が有意に小さかった(p<0.05)。外転角度は2群間で有意差が認められなかった(p>0.05)。【結論】本研究では新たな知見として,カッティング動作においてCAIはIC前後で膝関節内旋角度が小さくなる,つまり膝関節外旋傾向にあることが示された。接地時に足関節が固定された状態での膝関節外旋角度の増大は,足関節内旋ストレスを高めて足関節捻挫の受傷リスクを高める可能性がある。今後は足関節運動についても検討していく必要がある。また,膝関節のScrew home movementから,膝関節屈曲角度変化と膝関節内旋角度変化の関連性も考慮する必要がある。

Cognitive Function and Dynamic Cerebral Blood Flow Regulation in Multiple Concussions

査読有り2017年-

DOI

Characteristics of the Foot Static Alignment and the Plantar Pressure Associated with Fifth Metatarsal Stress Fracture History in Male Soccer Players: a Case-Control Study

査読有り3(1)p.272017年-

DOI

Very-short-duration, low-intensityhalf-time re-warm up increases subsequent intermittent sprint performance

Yanaoka T, Hamada Y, Kashiwabara K, Kurata K, Yamamoto R, Miyashita M, Hirose N

Jounral of Strength and Conditioning Research査読有りin pring2018年06月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Kerlan-Jobe Orthopaedic Clinic (KJOC) score and scapural dyskinesis test in collegiate baseballplayers

Tsuruike M, Ellenbecker T, Hirose N

Journal of Shoulder and Elbow Surgery査読有りin print2018年07月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The effect of half-time re-warm up duration on intermittent sprint performance

Yanaoka T, Kashiwabara K, Masuda Y, Yamagami J, Kurata K, Takagi S, Miyashita M, HiroseN

Journal of Sports Science and Medicine査読有り17(2)p.269 - 2782018年02月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The effect of upper extremityrhythmical exercise on core stabilty muscle activities during standing position

Tsuruike M, Munson M, Hirose N

Translational Sports Medicine査読有り1p.132 - 1392018年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

足関節捻挫予防のテーピングおよび足関節底屈筋疲労がバウンディングパフォーマンスに及ぼす影響

棒田英明、広瀬統一

日本アスレティックトレーニング学会誌査読有り4(2)p.149 - 1582018年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

大学生男子サッカー選手における方向転換動作の動作方向が足底圧分布に与える影響.

松田匠生, 福林徹, 広瀬統一

日本アスレティックトレーニング学会誌査読有り4(2)p.159 - 1642018年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

膝前十字靭帯再建術後の片脚着地動作、動的バランス、下肢筋力の非対称性に対する予防介入の効果

理学療法科学査読有り33(1)p.109 - 1152018年01月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

骨盤傾斜の変化が動作開始速度に及ぼす影響

柳下幸太郎, 広瀬統一

日本アスレティックトレーニング学会誌査読有り3(1)2017年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

足関節機能的不安定性を有するサッカー選手の片脚着地時における下肢キネマティクスと筋活動

飯田聡, 広瀬統一

日本アスレティックトレーニング学会誌査読有り3(2)2017年03月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

女子サッカー選手の最大下間欠的運動能力評価法の有用性の検討

江波戸智希, 広瀬統一

日本アスレティックトレーニング学会誌査読有り2016年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

運動選手における睡眠及びマットレスの種類が筋硬度に及ぼす影響

米津貴久, 佐保泰明, 大平正軌, 広瀬統一, 福林徹

スポーツ科学研究査読有り12p.38 - 472015年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

脛骨内側ストレス症候群を有した選手における足部の特徴

秋山圭, 広瀬統一, 福林徹

臨床スポーツ医学査読有り23(1)p.25 - 322015年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

大学ラグビー選手の頭部衝撃既往は認知機能に影響を及ぼしているか?

熊崎晶、星川精豪、太田千尋、鳥居俊、広瀬統一

臨床スポーツ医学査読有り23(1)p.66 - 732015年08月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

ユニバーシアードサッカー日本女子代表選手の体力特性

川本竜史, 堀野博幸, 太田真司, 山口由美子, 島田真梨子, 黒澤尚, 岩崎陸, 広瀬統一

トレーニング科学査読有り26(3)p.169 - 1762015年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

バスケットボール選手のジャンプ動作の年代別特徴

星川精豪 , 藤田基弘 , 広瀬統一

トレーニング科学査読有り26(4)p.211 - 2192015年-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

骨盤傾斜の変化が動作の遅速に及ぼす影響

柳下幸太郎、広瀬統一

スポーツ科学研究査読有り10p.198 - 208

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

アスレティックトレーニング入門 「栄養」

広瀬統一(訳) (中村千秋 監訳)

大修館書店2010年-

教養としてのスポーツ科学 「リコンディショニングに必要な知識」

広瀬統一 (早稲田大学スポーツ科学学術院編)

大修館書店2011年-

教養としてのスポーツ科学 「トレーナーがカバーする領域」

広瀬統一 (早稲田大学スポーツ科学学術院編)

大修館書店2011年-

競技種目特性からみたリハビリテーションとリコンディショニング 「競技における素早さ」

広瀬統一 (小林寛之、福林徹 編)

文光堂2014年-

スポーツ指導者に必要な生理学と運動生理学の知識 「応急処置」

広瀬統一(村岡功 編)

市村出版2013年-

加齢と発育の科学 「第二部−2 子どもの運動不足と体力低下」

広瀬統一 (高石昌弘 監修、樋口満、佐竹隆 編)

大修館書店2012年-

運動療法学 「Ⅱ-7 スポーツ傷害の運動療法」

覚張秀樹、広瀬統一 (柳沢健 編)

金原出版2011年-

リスクマネジメントに基づいたアプローチ− 「Ⅲ.リハビリテーションとリコンディショニングの手法、全身持久力」

広瀬統一 (小林寛和、福林徹 編)

文光堂2011年-

アスリートのリハビリテーションとコンディショニング -リスクマネジメントに基づいたアプローチ− 「Ⅲ.リハビリテーションとリコンディショニングの手法、キック動作」

広瀬統一 (小林寛和、福林徹 編)

文光堂2011年-

スポーツ損傷予防と競技復帰のためのコンディショニング 「ⅱコンディショニングの評価とその活用 −具体的な評価手法とその応用− 下肢の柔軟性」

広瀬統一 (山本利春 編)

文光堂2011年-

スポーツトレーナーマニュアル 第Ⅲ部−2−E 「コーディネーションエクササイズ」

広瀬統一(武藤芳照、鹿倉二郎、小林寛和 編)

南江堂2011年-

スポーツトレーナーマニュアル 第Ⅲ部−2−D 「バランスエクササイズ」

広瀬統一(武藤芳照、鹿倉二郎、小林寛和 編)

南江堂2011年-

アスリートのリハビリテーションとリコンディショニング 「⑦スポーツ動作の観察 ”蹴る”」

広瀬統一(小林寛和、福林徹 編)

文光堂2010年 11月-

現場で役立つスポーツ損傷ガイド 「ボディコンディショニングとメンテナンス」

広瀬統一訳 (鳥居俊 監訳)

NAP2009年 12月-

新版スポーツ外傷・障害の理学診断 理学療法ガイド 「Osgood-Schlatter病」

平野篤、広瀬統一 (日本臨床スポーツ医学会 編)

文光堂2003年 06月-

競技種目別 コーディネーションエクササイズ 「サッカーで活かすコーディネーションエクササイズ」

広瀬統一 (東根明人 編)

全国書籍出版2004年 09月-

運動療法学 「スポーツ傷害の運動療法」

覚張秀樹、広瀬統一 (柳澤健 編)

金原出版2006年 05月-

アスレティックケア-リハビリテーションとコンディショニング

小山貴之(分担執筆)

NAP2016年 05月-

大人女子の体幹ストレッチ

広瀬統一(単著)

学研プラス2015年 12月-

女子の体幹レッスン

広瀬統一(単著)

学研プラス-2014年 12月

「疲れにくい体」をつくる 非筋肉トレーニング

広瀬統一(単著)

KADOKAWA/角川書店2015年 04月-

講演・口頭発表等

Maturity Offset法を用いたユースサッカー選手の成熟度評価の妥当性と運動能力の変化に対する影響

日本フットボール学会2010年12月22日

詳細

ポスター発表

The spurt in skeletal maturation does not explain the advances in skeletal maturation in elite youth soccer players.

Youth Sports 20102010年12月03日

詳細

ポスター発表

Talent Identification in Football

KNSU International Conference 20102010年10月26日

詳細

口頭発表(一般)

生物学的成熟度を考慮したタレント発掘、育成システム

JISSサテライトミーティング2006年11月

こどもの骨年齢とスポーツ

日本体育学会東京支部シンポジウム2006年10月

これからのサッカー育成ヴィジョン

第53回トレーニングカンファレンス2006年08月

成長期障害に対するスポーツ用装具の連用は是か否か

第6回スポーツ用装具を考える会

骨年齢を活かしたジュニア・ジュニアユース年代のフィジカルトレーニング

第22回サッカー医科学研究会2002年01月

小学生サッカー選手の選考会における合格者、不合格者の生理的、形態的およびファミリーバックグラウンドの比較〜タレント発掘を意識して〜

第54回日本体力医学会1998年09月

詳細

口頭発表(一般)

成長期サッカー選手の反応時間およびステッピング能力の発達

第19回サッカー医科学研究会1999年01月

詳細

口頭発表(一般)

成長期サッカー選手の選択的反応時間およびステッピングの縦断的変化

第50回日本体育学会1999年10月

詳細

口頭発表(一般)

成長期サッカー選手の選択的全身反応時間の変化−暦年齢・骨年齢・身長との関連から−

第20回サッカー医科学研究会2000年01月

詳細

口頭発表(一般)

成長期サッカー選手の敏捷性の骨年齢・暦年齢での比較‐2年間の継続調査‐

第55回日本体力医学会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

骨年齢と身長からみた成長期サッカー選手の障害調査

第21回サッカー医科学研究会2001年01月

詳細

口頭発表(一般)

成長期サッカー選手の骨成熟と反応時間の関係

第1回日本発育発達学会2002年12月

詳細

ポスター発表

成長期サッカー鍛錬児童における生物学的成熟度からみたEEG・EMGの変化

第58回日本体力医学会2003年09月

詳細

ポスター発表

Jリーグ下部組織サッカー鍛錬児童の中枢刺激伝達能力と骨年齢の横断的変化

第1回日本フットボール学会2004年01月

詳細

ポスター発表

Cross-sectional change of biological maturity and neuromuscular response ability in adolescent soccer players

51th American College of Sports Medicine2004年06月

詳細

ポスター発表

骨年齢からみた足部縦アーチの変化

第3回日本フットボール学会2006年03月

詳細

ポスター発表

プロサッカー選手の身体的、生理学的特徴に関するプロスペクティブスタディ

第4回日本フットボール学会2006年12月

詳細

ポスター発表

Possible predictor of talent identification of professional football players ~ Prospective study~

5th World Congress on Science & Football2007年01月

詳細

ポスター発表

成長期サッカー選手のタレント発掘と成熟度の関係に関する縦断的調査

第5回日本発育発達学2007年03月

詳細

ポスター発表

Relationship between date of birth, skeletal age, and anthropometric characteristics in adolescent elite soccer players

12th European College of Sports Sciences2007年07月

詳細

ポスター発表

成長期サッカー選手のタレント発掘と成熟度

第62回日本体力医学会2007年09月

詳細

ポスター発表

成長期サッカー選手の障害発症率と足部内側縦アーチ高、成熟Phaseの関係

第18回日本臨床スポーツ医学会2007年11月

詳細

ポスター発表

成長期サッカー選手のタレントセレクションと成熟度、体格の関係

第5回日本フットボール学会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

成長期サッカー選手の産まれ月による形態的特徴と成熟度

第6回日本発育発達学会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

Milk peptide intake might reduce muscle damage after eccentric exercise

13th European College of Sports Sciences2008年07月

詳細

ポスター発表

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

第17回アジア大会、サッカー女子日本代表、準優勝

フィールドワーク2014年09月-

第18回AFCアジアカップ (サッカー女子日本代表) 優勝

フィールドワーク2014年05月-

Algarve Cup、サッカー女子日本代表、準優勝

フィールドワーク2014年03月-

Algarve Cup、サッカー女子日本代表

フィールドワーク2013年03月-

EAFF女子東アジアカップ、サッカー女子U23日本代表、3位

フィールドワーク2013年09月-

第4回 東アジアサッカー選手権 サッカー女子日本代表 準優勝

フィールドワーク2013年02月-

第30回夏季オリンピック大会(ロンドン) (サッカー女子日本代表) 準優勝

フィールドワーク2012年08月-

Sweden Cup (サッカー女子日本代表) 準優勝

フィールドワーク2012年06月-

KIRINチャレンジカップ (サッカー日本女子代表) 優勝

フィールドワーク2012年04月-

Algarve Cup (サッカー女子日本代表) 準優勝

フィールドワーク2012年03月-

AFC オリンピックアジア予選 (サッカー女子日本代表) 優勝

フィールドワーク2011年09月-

FIFAサッカー女子ワールドカップ (サッカー女子日本代表) 優勝

フィールドワーク2011年07月-

第17回AFCアジアカップ (サッカー女子日本代表) 3位

フィールドワーク2010年-

第3回東アジア女子サッカー選手権大会 (サッカー女子日本代表) 優勝

フィールドワーク2010年02月-

第3回Nike Premier Cup サッカークラブワールドカップ(U15)

フィールドワーク1999年-

第4回Nike Premier Cup サッカークラブワールドカップ(U15) 準優勝

フィールドワーク2000年-

第8回Nike Premier Cup サッカークラブワールドカップ(U15)

フィールドワーク2006年-

第11回Manchester Premier Cup サッカークラブワールドカップ(U15)、2006、6位

フィールドワーク2006年-

第56回オリンピック大会、サッカー日本女子代表 4位

フィールドワーク2008年08月-

第2回東アジア選手権大会、サッカー日本女子代表 優勝

フィールドワーク2008年02月-

第16回AFC女子アジアカップ、サッカー日本女子代表 3位

フィールドワーク2008年05月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

女性アスリートの方向転換能力向上要因分析と年代別トレーニングプログラム構築

2012年-2014年

研究分野:スポーツ科学

配分額:¥5330000

研究種別:

生物学的成熟度を考慮した球技系トップアスリートのタレント発掘指標

配分額:¥2590000

研究種別:

成長期トップレベルアスリートの事象関連電位の変化と骨年齢の関係

配分額:¥2710000

研究種別:

運動機能回復に関わるエラーモニタリングの神経機序解明

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥17160000

研究種別:

成長期男女サッカー選手の成熟度を考慮した運動能力発達と成熟度簡易評価指標の検討

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥17420000

学内研究制度

特定課題研究

子供の身体発育・体力発達に対する食育プログラム介入の影響

2010年度

研究成果概要: 本研究は児童の発育発達と生活習慣や食習慣の関係、および食育・生活習慣教育による行動変容が発育発達にもたらす影響について検討することを目的とする。本年度は対象とする児童の体格と体力の横断的変化を分析し、次年度以降の研究遂行に対する... 本研究は児童の発育発達と生活習慣や食習慣の関係、および食育・生活習慣教育による行動変容が発育発達にもたらす影響について検討することを目的とする。本年度は対象とする児童の体格と体力の横断的変化を分析し、次年度以降の研究遂行に対する基礎資料作成を行うとともに、先行研究で示される日本人一般児童のデータとの比較から、対象群の身体特性を把握することを目的とした。 専門的な競技に週3回未満従事する7歳から15歳の男子141名(各年齢:11、18、20、23、26、20、16、4、3名)、女子114名(10、12、10、10、19、10、22、11、10名)の身長、体重、20m走、立ち幅跳び、反復横跳びを測定した。そして各測定項目の年齢間の平均値の差を一元配置分散分析で検討し、有意差が認められた場合に多重比較検定(Sheffe法)を行った。統計学的有意水準は危険率5%未満とした。 その結果、男女ともに年齢が高くなるにつれて有意に身長は高く、体重は重く、20m走・反復横跳び・立ち幅跳びは優れた値を示した(p<0.01)。一方、年齢群間比較では、男子の身長(12-13歳;10.7cm、p<0.01)と女子の身長(9-10歳;8.8cm、p<0.05:11-12歳;9.1歳、p<0.01)、体重(11-12歳;12.9kg、p<0.01)、20m走(9-10歳;0.48秒、p<0.05)のみに有意な差が認められた。この結果は本対象群が、女子の身長発育スパートが男子に先行するという一般的な傾向を有することを示している。また、本研究の各測定項目の平均値を、先行研究の一般日本児童の年齢別平均値+/-標準偏差と比較すると、14歳,15歳女子の立幅跳び以外の全項目は、一般児童の平均値+/-1標準偏差内の値であった。 これらの結果から、本研究の対象児童は専門的な競技を行っているものの、体格および体力は一般児童と同程度であり、本対象群の発育発達と食習慣・生活習慣の関係や教育を通じた行動変容による発育発達への影響を検討することで、日本人一般児童へ還元できる妥当性の高い分析が可能であると考えられた。

日本人ジュニアアスリートの簡便な成熟度評価指標の検討

2011年度

研究成果概要: 成長期には早熟、晩熟といった生物学的成熟度の個人差が大きく存在する。この成熟度の遅速は体格や運動能力の優劣に影響するため、選手評価やフィットネスプログラミングの際に考慮する必要があると考えられている。しかしながら生物学的成熟度と... 成長期には早熟、晩熟といった生物学的成熟度の個人差が大きく存在する。この成熟度の遅速は体格や運動能力の優劣に影響するため、選手評価やフィットネスプログラミングの際に考慮する必要があると考えられている。しかしながら生物学的成熟度として用いられている骨年齢や性成熟評価法は、技術的問題や倫理的問題があるため一般化することが困難である。上述した問題を考慮し、近年身長、体重、座高、暦年齢をもとに身長最大増加時期(PHVA)からの年齢を推定するMaturity Offset(MO)法が提唱されている。スポーツ現場で簡便に評価可能であるものの、同方法は米国のデータを用いた方法であり、日本人児童を対象とした研究は認められない。日米の児童の発育過程が異なることから、日本人児童における有用性の検討が必要と考えられる。そこで本研究はMO値の妥当性について、BTT法によるPHV年齢算出値と比較し、検討することを目的とした。また各種体力要素との関係について検討し、成長期サッカー選手の体力評価への応用について検討することを目的とした。対象は小学校6年生(11.5-12.5歳)の成長期サッカー選手61名とした。身長、体重、座高を測定し、暦年齢とともにMaturity Offset値に暦年齢を加え、PHV年齢を算出した。また、各学校で行われている定期健康診断時の身長をアンケート調査により過去5年分を得て、AUXAL3.0(Scientific software international社)を用いてBTT法によるPHV年齢を推定した。さらに運動能力とMO値およびRUSスコアで評価した成熟度との関係を検討するために、10m・40m走タイム、5段飛びを測定した。 MO値とBTT法、およびMO値・RUSスコア・運動能力の関係はピアソン相関係数を用いて分析した。統計学的有意水準は危険率5%未満とした。まず、各種測定項目の平均値を表1に示す。次にMO法とBTT法で推定したPHV年齢の関係をみると、両者には強い相関関係が認められた(r=0.728、p<0.01)。さらにMO値およびRUSスコアと各種運動能力との関係をみると、両者ともに40m走タイムや5段跳びとは強い相関が認められたものの、10m走タイムには相関が認められなかった。また、各種運動能力とRUSスコアおよびMO値との間の相関係数は近似していた。本研究の結果において、MO法はBTT法で得られたPHV年齢と強い相関が認められることから、小学校6年生サッカー選手のPHV年齢推定法として妥当性のある方法だと考えられた。しかしながら一部の選手においてはMO値がBTT法よりもPHV年齢を1歳程度高く推定する、すなわち測定時点での成熟度を晩熟に見積もる傾向も示されている。今後対象人数や対象年齢層を増やし、これらの傾向を生み出す要因について精査する必要がある。 一方、MO値およびRUSスコアと運動能力の関係をみると、両者ともに40mと緩やかな相関を、また5段跳びと強い相関を示した。また両者の相関係数が近似することから、小学校6年生を対象として40m走タイムや5段跳びの能力を評価する際には、Maturity Offset値で補正することで、成熟度の遅速を考慮して運動能力を評価可能であることが示唆された。

エリートサッカー選手に必要な運動能力強化戦略-育成・性差の観点から-

2011年度

研究成果概要:IntroductionIt has the very important role to develop the player who has excellence in soccer, talent identificatio...IntroductionIt has the very important role to develop the player who has excellence in soccer, talent identification and development process. In the possible predictor of talent identification, physiological and anthropometric factors were thought to be as usual index (William and Reilly, 2000). However, there are few researches in the case of female elite soccer players. Thus in this study, we aimed to investigate the possible predictor of talent identification index from the motor ability and anthropometric characteristics. To reveal this issue, we clarified characteristics of motor ability and anthropometrics of female elite soccer players.MeasurementParticipants were 97 female national team soccer players (Japanese female national team player and there sub-team , National team aged under nineteen year-old, National team aged under sixteen year-old). Players were divided into “elite” or “sub-elite” players by coaches' subjective assessment. Elite players have took part in the FIFA World Cup or Olympic game. Then their speed (40m sprint test), agility (10m×5 agility test), power (5 step bounding power test) endurance (Yo-Yo intermittent recovery test level1), stature and lean body mass were measured. The significant difference among each category was analyzed by ANOVA and Tukey’s test. Then comparison between “Elite” and “Sub-elite” players was analyzed using Student’s t-test. Statistical significance was p<0.05. Result and DiscussionIn our study, Elite players in A and U16 were significantly faster in 40m sprint (Elite vs. sub-elite; 6.08±0.20 sec. vs. 6.25±0.26 sec for A, p<0.05; 6.20±0.22 sec. vs. 6.43±0.21 sec. for U16, p<0.01) and agility (11.72±0.23 sec. vs. 11.95±0.29 sec. for A, p<0.05; 12.31±0.30 vs. 12.75±0.39 sec. for U16, p<0.01). Moreover, in all categories, elite players had stronger 5 step bounding power than sub-elite players (10.70±0.45 m vs. 10.13±0.40m for A, p<0.001; 10.33±0.66m vs. 9.69±0.36m for U19, p<0.01; 10.31±0.32m vs. 9.91±0.38m for U16, p<0.01). These tendencies have been reported in the male soccer players (Gil et al. 2007; Reilly et al, 2001; Tsukoshi and Asai, 2010). Thus our results might imply the highly demand for the speed, agility and power in female elite soccer players’ selection process as well as male footballers. On the other hand, when we compare motor abilities among each age category, there was no significant difference in 40m sprint time among three categories. This result may be explained by the general development of sprint ability because general girl’s 50m sprint ability tend to complete around 12 years-old (Minister of education, culture, sports, science and technology-Japan, 2009). In contrast to the development of sprint ability, adult and U19 (, 10.00±0.61m) players tend to have better agility (11.87±0.29sec. for adult and 12.02±0.30sec. for U19) than U16 (12.52±0.40sec.) players. This result may imply that agility develops rapidly after 16 years old, and this development is not necessarily accompanied by development of speed and power.

バスケットボール選手の足部アライメント不良による下肢傷害発症メカニズムの検証

2012年度

研究成果概要:バスケットボールでは下肢、特に足部・足関節や膝関節の傷害が好発し、主にジャンプの着地時に頻発する。下肢スポーツ傷害を引き起こす内的要因のひとつとして足部形態、特に足部内側縦アーチ(以下、足部アーチ)や踵骨傾斜角度が挙げられる。足部...バスケットボールでは下肢、特に足部・足関節や膝関節の傷害が好発し、主にジャンプの着地時に頻発する。下肢スポーツ傷害を引き起こす内的要因のひとつとして足部形態、特に足部内側縦アーチ(以下、足部アーチ)や踵骨傾斜角度が挙げられる。足部アーチと踵骨傾斜角度は荷重時に変位することで荷重ストレスの緩衝に寄与するが、過度なアーチ低下や踵骨角度変位は衝撃緩衝能の低下や、運動連鎖の観点から膝関節の挙動に影響を与え、下肢傷害の危険因子となりうる。したがってジャンプ動作時の足部形態と足部および膝関節の挙動の関係を検討することは下肢傷害発症リスクとメカニズムを明らかにし、傷害予防指針を作成する上で重要である。そこで本研究では次元足型計測機を使用し、男子バスケットボール選手の足部形態測定を行い、足部形態と足関節・膝関節挙動との関係を解析し、下肢の傷害発症メカニズムとの関係について検討することを目的とした。本研究の結果、男子バスケットボール選手の足部アーチ高は12歳(40.5mm)から15歳(46.2mm)まで上昇し、さらに踵骨が回外方向へ変化することが示された。これらの選手のうち、踵骨回内/アーチ高の低下(扁平足)と踵骨回外/上昇(ハイアーチ)が認められた選手12名(両群各6名)を対象に、両上前腸骨、大転子、膝関節内側/外側裂隙、足関節内外踝、踵骨上端、下端にマーカーを貼付し、片脚ランニングジャンプをハイスピードカメラ4台で撮影した。動作をジャンプへの踏み込み期とジャンプからの着地期に二分し、さらに踏み込みと着地期のHeel strike(Initial contact)期、Foot flat期、膝関節最大屈曲期の合計6期における1)膝関節屈曲角度、2)骨盤外転角度、3)骨盤回旋角度、4)膝関節回旋角度、5)膝関節変位量(膝関節の回内方向への変位)、6)踵骨傾斜角度を解析した。これらの値を回内群と回外群でT検定を用いて比較検討した。統計学的有意水準は危険率5%未満とした。その結果、踵骨回内群は着地時により大きな踵骨回内挙動を示し(回内群 25.2°vs. 回外群 18.3°)、特に踵骨回内+アーチ低下を呈するものの変化が顕著であることが示された。この結果は踵骨過回内の場合には、同骨の挙動に関与する後脛骨筋や長母指屈筋などの伸張性ストレスを増大し、足部や下腿の障害リスクとなる得ることを示唆するものと考えられる。また、踵骨過回内、過回外による膝関節の挙動には変化が少なく、この要因として着地時の骨盤の挙動変位が少ないことが推察された。このことから膝関節の傷害発症リスクを検討する際には足部と骨盤の双方からの検討が必要であると考えられた。本研究結果から、バスケットボール選手のアーチ高や踵骨傾斜角度は経年的に上昇あるいは回外変位することが明らかとなった。このような変化を示す中で、踵骨の過回内や過回外を呈する選手はジャンプ着地時の踵骨角度変化の増大を引き起こし、傷害発症リスクが増大する可能性が示唆された。一方で、膝関節の傷害発症に関しては、骨盤帯の影響も大きく、今後傷害予防指針作成に向けてはインソールなどの足部アライメントに対する対策に加え、骨盤帯の挙動にも着目する必要があると考えられた。

球技系女性アスリートの体力・運動能力向上トレーニングの科学的基礎構築

2015年度共同研究者:内藤

研究成果概要: 本研究では大学生男女サッカー選手のACTN3遺伝子多型による運動能力の差異を横断的に比較した。対象は大学生男子(87名)と女子(80名)サッカー選手とし、摂取された口腔粘膜からACTN3遺伝子多型の同定(RR、RX、XX)を行い... 本研究では大学生男女サッカー選手のACTN3遺伝子多型による運動能力の差異を横断的に比較した。対象は大学生男子(87名)と女子(80名)サッカー選手とし、摂取された口腔粘膜からACTN3遺伝子多型の同定(RR、RX、XX)を行い、スピード(50m走)、パワー(5段跳び)、間歇的持久力(Yo-Yo intermittent recovery test)の測定値をRR、RX、XX群間で比較した。その結果、男子大学サッカー選手におけるRR型はXX型よりも50m走スピードで有意に速い値を示した(6.67 ± 0.31s vs 6.86± 0.27s, p=0.038)。一方、女子大学サッカー選手においては、フィジカル測定項目の全てにおいて遺伝子多型間に有意差は認められず、特に女子選手においてはACTN3遺伝子多型間が運動能力に影響していないことが示唆された。

大学ラグビー選手の脳震盪および頭部打撃受傷回数と脳機能の関係

2015年度

研究成果概要:本研究は脳震盪既往数と認知機能の関係について明らかにすることを目的とした。対象は大学生ラグビー選手448名とした。認知機能評価にはCogSportを用い、脳震盪様症状の既往歴数から対象者を脳震盪経験無し(113名),既往歴1~3回...本研究は脳震盪既往数と認知機能の関係について明らかにすることを目的とした。対象は大学生ラグビー選手448名とした。認知機能評価にはCogSportを用い、脳震盪様症状の既往歴数から対象者を脳震盪経験無し(113名),既往歴1~3回(218名),既往歴4回以上(137名)に群分けして測定値を比較した。その結果、単純・選択反応時間、長期・短期記憶課題の4項目において1~3回群よりも>4回群は反応時間が遅延していた。このように複数回の頭部外傷既往者の認知機能が大学生の時点で遅延していることから、衝突系スポーツを行う選手に対して低年齢からの安全管対策立案,および継続的な頭部外傷と認知機能の関係についての検討が必要であると考えられた。

海外研究活動

研究課題名: サッカー選手の体力特性分析とコンディション評価指標の検討

2015年09月-2016年09月

機関: サンノゼ州立大学(米国)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
演習I(リコンディショニング)スポーツ科学部2019秋学期
演習II(リコンディショニング)スポーツ科学部2019春学期
演習III(リコンディショニング)スポーツ科学部2019秋学期
演習IV(リコンディショニング)スポーツ科学部2019春学期
アスレティックトレーニング論スポーツ科学部2019春学期
アスレティックトレーナー論・実習スポーツ科学部2019夏季集中
トレーナー実習スポーツ科学部2019春学期
トレーナー基礎演習スポーツ科学部2019春学期
スポーツ傷害評価論スポーツ科学部2019春クォーター
スポーツ傷害評価実習基礎(下肢) 01スポーツ科学部2019春クォーター
スポーツ傷害評価実習基礎(下肢) 02スポーツ科学部2019秋クォーター
アスレティックトレーニング研究指導A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
アスレティックトレーニング研究指導B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
アスレティックトレーニング演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
アスレティックトレーニング演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
アスレティックトレーニング演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
アスレティックトレーニング演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
アスレティックトレーニング特論大学院スポーツ科学研究科2019秋クォーター
アスレティックトレーニング研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2019春学期
アスレティックトレーニング研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2019秋学期
実践の中で生かすスポーツ科学βグローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
Sport Sciences 1 01グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター