氏名

スズキ シンイチ

鈴木 伸一

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0058238/)

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
ssuzuki@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192埼玉県 所沢市 三ケ島2-579-15

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/ssuzuki/

研究者番号
00326414

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

学内研究所等

医療レギュラトリ―サイエンス研究所

研究所員 2016年-

応用脳科学研究所

研究所員 2010年-

社会連携研究所(RBSL)

研究所員 2013年-2016年

学歴・学位

学歴

-2000年 早稲田大学 人間科学研究科 健康科学専攻

学位

博士(人間科学) 課程 早稲田大学 臨床心理学

経歴

2000年-2003年岡山県立大学保健福祉学部 講師
2003年-2007年広島大学大学院教育学研究科 助教授
2007年-2010年早稲田大学人間科学学術院 准教授
2017年03月-2017年08月ロンドン大学精神医学研究所客員研究員
2017年10月-日本学術会議第24期・第25期連携会員

所属学協会

日本サイコオンコロジー学会 理事

日本不安障害学会 評議員

生活習慣病認知行動療法研究会 幹事

日本うつ病学会

日本産業精神保健学会

日本ストレス学会 評議員

日本健康心理学会

日本循環器心身医学会 理事

日本心理学会 代議員

日本認知療法・認知行動療法学会 幹事

日本心身医学会

国際行動医学会

日本行動医学会 理事

日本認知・行動療法学会 理事

受賞

日本行動療法学会 内山記念賞(連名受賞)

2013年08月

日本ストレス学会 学会賞(連名受賞)

2013年11月

国際心身医学会2013 ベストポスター賞(連名受賞)

2013年09月

日本循環器心身医学会 学会賞(連名受賞)

2013年11月

第3回アジア認知行動療法会議 ベストポスター賞(連名受賞)

2011年07月

日本行動療法学会 内山記念賞(連名受賞)

2011年11月

日本うつ病学会 学会奨励賞(連名受賞)

2009年07月

日本うつ病学会 学会奨励賞(連名受賞)

2007年06月

日本ストレス学会 学会賞(連名受賞)

2006年11月

日本心身医学会 石川賞(筆頭受賞)

2001年05月

日本行動医学会 内山記念賞(筆頭受賞)

2001年03月

日本行動療法学会 内山記念賞(筆頭受賞)

1999年11月

研究分野

キーワード

臨床心理学、認知行動療法、臨床ストレス科学、行動医学、医療心理学

科研費分類

社会科学 / 心理学 / 臨床心理学

研究テーマ履歴

不安・抑うつの形成・維持メカニズムの解明とその治療法

研究テーマのキーワード:不安 うつ 認知行動療法

国内共同研究

チーム医療を基盤とした身体疾患患者のメンタルケア・システムに関する医療心理学的研究

研究テーマのキーワード:医療心理学、チーム医療、メンタルケア

がん患者が抱える心理社会的問題とそのケアに関する研究

研究テーマのキーワード:がん、メンタルケア、認知行動療法、サイコオンコロジー

認知行動療法の質保証に向けたコア・コンピテンスの解明と教育研修プログラムの精緻化

研究テーマのキーワード:認知行動療法、質保証、均てん化、トレーニングガイドライン

論文

Behavioral activation therapy for depression and anxiety in cancer patients: a case series study

査読有り(9)2019年-

抗うつ薬による治療に同意しないうつ病の乳がん患者に行動活性化療法が奏功した一例

平山貴敏、小川祐子、鈴木伸一、清水研

総合病院精神医学査読有り31(2)p.199-2062019年-

2型糖尿病患者の抑うつ・不安がせるっふけあ行動に及ぼす影響

佐々木美保

認知行動療法研究査読有り44(2)p.81 - 922018年05月-

英国のCBTトレーニングにおける基本構成要素と教育方法:日本におけるCBTトレーニング・ガイドライン策定に向けた取り組み

鈴木伸一

認知行動療法研究査読有り44(2)p.93 - 1002018年05月-

がん患者に対する行動活性化療法の構成要素に関する文献レビュー

畑琴音

認知療法研究査読有り11(1)p.42 - 522018年02月-

Cognitive behavioral therapy changes functional connectivity between medial prefrontal and anterior cingulate cortices

Yoshimura, Shinpei; Okamoto, Yasumasa; Matsunaga, Miki; Onoda, Keiichi; Okada, Go; Kunisato, Yoshihiko; Yoshino, Atsuo; Ueda, Kazutaka; Suzuki, Shin ichi; Yamawaki, Shigeto

Journal of Affective Disorders208p.610 - 6142017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:01650327

概要:© 2016 Elsevier B.V.Background Depression is characterized by negative self-cognition. Our previous study (Yoshimura et al. 2014) revealed changes in brain activity after cognitive behavioral therapy (CBT) for depression, but changes in functional connectivity were not assessed. Method This study included 29 depressive patients and 15 healthy control participants. Functional Magnetic Resonance Imaging was used to investigate possible CBT-related functional connectivity changes associated with negative emotional self-referential processing. Depressed and healthy participants (overlapping with our previous study, Yoshimura et al. 2014) were included. We defined a seed region (medial prefrontal cortex) and coupled region (ACC) based on our previous study, and we examined changes in MPFC-ACC functional connectivity from pretreatment to posttreatment. Results CBT was associated with reduced functional connectivity between the MPFC and ACC. Symptom change with CBT was positively correlated with change in MPFC-ACC functional connectivity. Limitations Patients received pharmacotherapy including antidepressant. The present sample size was quite small and more study is needed. Statistical threshold in fMRI analysis was relatively liberal. Conclusions CBT for depression may disrupt MPFC-ACC connectivity, with associated improvements in depressive symptoms and dysfunctional cognition.

Avoidance behavior associated with depressive symptoms in patients with implantable cardioverter defibrillators

Ichikura, Kanako; Ichikura, Kanako; Kobayashi, Sayaka; Kobayashi, Sayaka; Matsuoka, Shiho; Matsuoka, Shiho; Suzuki, Tsuyoshi; Nishimura, Katsuji; Shiga, Tsuyoshi; Hagiwara, Nobuhisa; Ishigooka, Jun; Suzuki, Shin ichi

International Journal of Clinical and Health Psychology17(1)p.1 - 82017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:16972600

概要:© 2016 Asociación Española de Psicología ConductualObjective: Many patients with implantable cardioverter defibrillators experience depressive symptoms. In addition, avoidance behavior is a common problem among patients with implantable cardioverter defibrillators. We examined the association between avoidance behaviors and depressive symptoms in patients with implantable cardioverter defibrillators. Method: We conducted a single-center, cross-sectional study with self-completed questionnaires between May 2010 and March 2011. We measured avoidance behaviors (avoidance of places, avoidance of objects, and avoidance of situations) and depressive symptoms (using the Beck Depression Inventory, Version II) in 119 participants. An avoidance behaviors instrument was developed for this study and we confirmed its internal consistency reliability. Results: Ninety-two (77.3%) patients were aged older than 50 years, and 86 (72.3%) were men. Fifty-one (42.9%) patients reported “avoidance of places”, 34 (28.6%) reported “avoidance of objects”, and 63 (52.9%) reported “avoidance of activity”. Avoidance behavior was associated with increased odds for the presence of depressive symptoms (OR 1.31; 95% CI 1.06–1.62). Conclusions: This was the first study to identify the relationship between avoidance behavior and depressive symptoms among patients with implantable cardioverter defibrillators; however, there are a few methodological limitations.

broodingが言語性ワーキングメモリ容量におよぼす影響の検討

佐藤 秀樹;竹林 唯;巣山 晴菜;伊藤 理紗;鈴木 伸一

Journal of Health Psychology Research2017年-2017年

CiNii

詳細

概要:

Effects of brooding, a negative component of cognitive information processing during rumination, and possible effects of depressive symptoms on verbal working memory capacity were investigated. Healthy undergraduate and graduate students (N=37) participated in a test for assessing reading span and recall, and also completed the Japanese version of the Ruminative Responses Scale (RRS), the Japanese version of Center for Epidemiologic Studies Depression Scale (CES-D) and the Stanford Sleepiness Scale. Results of t-tests conducted on recall and reading span scores with high and low brooding as independent variables indicated no significant differences. Moreover, an analysis of variance on recall and reading span scores, with high and low brooding and high and low depressive symptoms as independent variables also indicated no significant differences. These results suggest that characteristics of verbal working memory capacity are not impaired by brooding and rather that brooding might cause impairments of visuospatial working memory capacity.

公認心理師に期待されるスタンダード・コンピテンス

鈴木 伸一

心身医学56(7)p.691 - 6912016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0385-0307

拒絶に対する過敏性がうつ症状の経時的変化に及ぼす影響の検討

巣山 晴菜;兼子 唯;伊藤 理紗;野口 恭子;貝谷 久宣;鈴木 伸一

心身医学55(9)p.1047 - 10542015年09月-2015年09月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

概要:本研究の目的は,うつ病患者の拒絶に対する過敏性のうちどの特徴が同時点のうつ症状,およびうつ症状の変化を予測するかについて明らかにすることであった.外来うつ病患者27名を対象に,6カ月の間隔を空けて2度の質問紙調査を実施し,拒絶に対する過敏性とうつ症状を測定した.分析の結果,同時点に測定されたうつ症状は,拒絶に対する過敏性のうち「他者を傷つける不安による非主張性」以外のすべてと関連を示したが,うつ症状の変化は「他者を傷つける不安による非主張性」および「他者評価追従」と関連を示した.これらの結果から,ある一時点におけるうつ症状は,他者から拒絶されることを恐れる認知と特に関連を示すが,その後のうつ症状の変化は,拒絶されることを避けるための行動を選択するかどうかによって変わってくる可能性が示された.

いじめ体験からPTSD様症状を発症した女性に対するエクスポージャー療法(口頭発表,コロキウム報告)

田中 恒彦;鈴木 伸一

行動療法研究41(3)p.278 - 2792015年09月-2015年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

補完代替療法を受ける外来がん患者を対象とした主治医と話すことへのためらいの構成概念の検討

小川 祐子;武井 優子;古賀 晴美;島田 真衣;長尾 愛美;佐々木 美保;国里 愛彦;谷川 啓司;鈴木 伸一

心身医学55(7)p.873 - 8832015年07月-2015年07月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

概要:患者と医師とのコミュニケーションは,がん患者の身体的・精神的負担の軽減において重要な役割を担っている.しかし,主治医に話すことにためらいを感じ,伝えるべきことを伝えられずにいるがん患者は少なくない.本研究では,がん患者が標準治療について主治医に話すことへのためらいの因子構造を検討し,主治医に話すことをためらうがん患者の傾向を明らかにすることを目的とした.補完代替療法を行うがん専門クリニックに通院する成人がん患者52名に質問紙調査を実施した結果,がん患者が主治医と話すことへのためらいは「情報の取捨選択に対する葛藤」と「主治医に対するあきらめ」の2因子で構成されていた.また,患者の年齢,ステージ,就業形態,再発の有無によってためらいの程度が異なっていた.患者から主治医へのコミュニケーションの改善には,患者の状況を踏まえたうえで主治医に話すことへのためらいを軽減するかかわりが必要であるといえる.

Dysfunction of ventrolateral prefrontal cortex underlying social anxiety disorder: A multi-channel NIRS study

Yokoyama, Chika; Yokoyama, Chika; Kaiya, Hisanobu; Kumano, Hiroaki; Kumano, Hiroaki; Kumano, Hiroaki; Kinou, Masaru; Umekage, Tadashi; Umekage, Tadashi; Yasuda, Shin; Yasuda, Shin; Yasuda, Shin; Takei, Kunio; Takei, Kunio; Nishikawa, Masami; Nishikawa, Masami; Sasaki, Tsukasa; Sasaki, Tsukasa; Nishimura, Yukika; Hara, Naomi; Inoue, Ken; Kaneko, Yui; Kaneko, Yui; Suzuki, Shin Ichi; Suzuki, Shin Ichi; Tanii, Hisashi; Okada, Motohiro; Okazaki, Yuji

NeuroImage: Clinical8p.455 - 4612015年06月-2015年06月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 The Authors. Published by Elsevier Inc. Social anxiety disorder (SAD) is characterized by strong fear and anxiety during social interactions. Although ventrolateral prefrontal cortex (VLPFC) activity in response to emotional stimuli is related to pathological anxiety, little is known about the relationship between VLPFC activity and social anxiety. This study aimed to investigate whether VLPFC activity was involved in SAD and whether VLPFC activity was related to the level of social anxiety. Twenty-four drug-naïve patients with SAD and 35 healthy controls underwent near-infrared spectroscopy (NIRS) scanning while performing a verbal fluency task (VFT). Results indicated that, compared to the healthy controls, the SAD patients exhibited smaller changes of oxygenated hemoglobin (oxy-Hb) concentrations in the VLPFC during the VFT. Furthermore, the right VLPFC activation was negatively correlated with social avoidance. In contrast to the latter, the healthy controls exhibited a positive correlation between changes of oxy-Hb concentrations in the bilateral VLPFC and social fear. Our findings provide evidence for VLPFC dysfunction in SAD, and indicate that the VLPFC dysfunction may contribute to the difference between normal and abnormal social anxiety.

外傷後ストレス障害患者の症状と生活支障度に関連する要因の比較検討 : トラウマや症状に対する認知的評価、対処方略を用いた検討

伊藤 大輔;中澤 佳奈子;加茂 登志子;氏家 由里;鈴木 伸一;金 吉晴

行動療法研究41(1)p.19 - 292015年01月-2015年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、PTSD症状と生活支障度の関連を検討し、認知行動的要因がそれぞれに及ぼす影響を明らかにすることであった。主にDVをきっかけに医療機関を受診した女性のPTSD患者41名を対象に、出来事チェックリスト(ECL)、PTSD症状(IES-R)、生活支障度(SDISS)、認知的評価(CARS)、PTSD症状に対する否定的解釈(NAP)、対処方略(TAC)を実施した。IES-RとSDISSに弱い相関が見られたため、階層的重回帰分析を行った結果、PTSD症状には、トラウマの脅威性の認知、症状に対する否定的予測と意味づけ、回避的思考の有意な正の影響性が見られた。一方、生活支障度には、トラウマの脅威性の認知、放棄・諦めの有意な正の影響がみられ、肯定的解釈、責任転嫁の有意な負の影響が見られた。これらのことから、DVに起因したPTSD患者には、生活支障度の改善に焦点を当てた介入を積極的に行う必要性が示唆された。

社交不安障害の状態像による注意バイアスの違いの検討

兼子 唯;中澤 佳奈子;大月 友;伊藤 大輔;巣山 晴菜;伊藤 理紗;山田 和夫;吉田 栄司;貝谷 久宣;鈴木 伸一

行動療法研究41(1)p.43 - 542015年01月-2015年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、社交不安障害(SAD)を、全般型(GSAD)と非全般型(NGSAD)のみでなく、自覚された生理的覚醒の高低で分類し、社交不安症状、注意バイアスの違いを検討することであった。SAD者16名と健常者6名を対象に質問紙調査と修正ドット・プローブ課題を実施した。課題では、自動的/統制的処理段階における否定的評価、肯定的評価、生理的覚醒に対する注意バイアスを測定した。分散分析の結果、GSAD・NGSAD・健常者の比較、自覚している生理的覚醒の高・低・健常者の比較では有意な差は示されなかった。しかし注意バイアス得点を0と比較した結果、NGSAD群は自動的処理段階で肯定的評価に対して、自覚された生理的覚醒の高いSAD群は統制的処理段階で生理的覚醒に対して、注意バイアスが大きいことが示された。この結果から、SADの状態像を検討する必要性とそれぞれに有効な介入方法について考察された。

外来がん患者が抱える主治医と話すことへのためらいと患者のコミュニケーション行動との関連

小川 祐子;長尾 愛美;谷川 啓司;鈴木 伸一

行動医学研究21(1)p.22 - 302015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1341-6790

概要:患者と医師とのコミュニケーションは、がん患者の身体的・精神的負担の軽減において重要な役割を担っている。しかし、主治医に話すことにためらいを感じ、伝えるべきことや聞きたいことを伝えられずにいるがん患者は少なくない。外来患者が主治医に話す際に抱くためらいについては、「情報の取捨選択に対する葛藤」と「主治医へのあきらめ」の2因子で構成されていることが示されている。本研究では、患者の満足度と関連する患者のコミュニケーション行動を明らかにし、次に、主治医に話すことへのためらいが外来がん患者のコミュニケーション行動とどのように関連しているのかを明らかにすることを目的とした。補完代替療法を行っている都内のがん専門クリニックに通院する成人がん患者51名に質問紙調査を実施した。調査内容は、フェイスデータ、診察場面において患者が主治医に話すことへのためらい、診察場面における患者のコミュニケーション行動、および診察に対する満足度であった。なお、対象者は、当該クリニック(補完代替療法)の医師ではなく、がんの主たる治療を行っている病院の主治医とのコミュニケーションについての評価を行った。患者のコミュニケーション行動と診察に対する満足度との関連を検討するために、患者の年齢、がん種、就業状態を制御変数として、患者のコミュニケーション行動の各下位尺度と診察に対する満足度について、偏相関係数を算出した。その結果、情報提供行動および行動の全体評価と診察に対する満足度について、有意な弱い正の相関関係が認められた(p<0.05)。また、情報検証行動と診察に対する満足度については、年齢を制御変数とした場合には有意な弱い正の相関関係(p<0.05)、がん種および就業状態を制御変数とした場合には、有意傾向の弱い正の相関関係が認められた(p<0.10)。医師に話すことに対する患者のためらいと患者のコミュニケーション行動との関連を検討するために、患者の年齢、がん種、就業状態を制御変数として医師に話すことへの患者のためらいの下位尺度と患者のコミュニケーション行動との関連を検討した。その結果、葛藤について、情報提供行動、質問行動、希望表明行動、情報検証行動、行動合計得点との間に有意(p<0.05)または有意傾向(p<0.10)の負の相関関係が認められた。また、あきらめについて、希望表明行動、行動合計得点との間に有意(p<0.05)または有意傾向(p<0.10)の負の相関関係が認められた。 本研究の結果から、診察に対する患者の満足度の向上には、情報提供行動および情報検証行動が特に重要であることが示された。また、それらの行動は、患者の情報の取捨選択に対する葛藤によって阻害されている可能性が示された。主治医は患者からの詳細な情報提供を望んでおり、診察場面において患者からより多くの質問を望んでいることから、患者が質問することに対する主治医の希望について、患者へ心理教育を行うことが有用であると考えられる。また、看護師や心理士による、主治医から患者へのコミュニケーションを橋渡しする関わりも同様に求められるといえる。

社交不安障害患者の解釈バイアスが社交不安症状に及ぼす影響:—曖昧な場面の肯定的解釈・中性的解釈・否定的解釈からの検討—

伊藤 理紗;巣山 晴菜;島田 真衣;兼子 唯;伊藤 大輔;横山 仁史;貝谷 久宣;鈴木 伸一

不安症研究6(2)p.63 - 712015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:2188-7578

概要:本研究は,SAD患者の曖昧な場面の中性的・否定的解釈の関連の検討,および曖昧な場面の肯定的・中性的・否定的解釈がSAD症状の重症度に及ぼす影響について検討を行った。SAD患者50名を対象に,(1)Liebowitz Social Anxiety Scale(朝倉ら,2002),(2)曖昧な場面の解釈の質問紙について回答を求めた。相関分析の結果,曖昧な社会的場面の中性的解釈と否定的解釈の間に相関は認められず,曖昧な社会的場面の肯定的解釈と否定的解釈の間のみに負の相関が認められた(r=-.48, p<.001)。重回帰分析の結果,曖昧な社会的場面の否定的解釈(β=.34, p<.05)のSAD症状の重症度への影響が有意であった。本研究の結果から,曖昧な場面の否定的解釈の低減にあたり,肯定的解釈の活性化の有効性が示唆された。

P2-5 反すうと抑うつがワーキングメモリ容量に及ぼす影響(一般演題)

佐藤 秀樹;兼子 唯;巣山 晴菜;伊藤 理紗;松元 智美;樋上 巧洋;並木 伸賢;矢島 涼;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.192 - 1932015年-2015年

CiNii

P3-46 乳がん患者における疾患認識の構成概念の検討 : 尺度検討の今後の展望として(一般演題)

原 沙彩;竹内 恵美;小川 祐子;石川 愛海;長谷川 由美;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.388 - 3892015年-2015年

CiNii

P3-40 子育て中のがん患者の親子間コミュニケーションの現状 : がん患者遺族を対象とした質的調査(一般演題)

小川 祐子;原 沙彩;小林 明希;河原 正典;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.376 - 3772015年-2015年

CiNii

P3-23 うつ病休職者の復職支援において管理職者が感じる困難に関する質的検討 : 復職支援の制度の観点から(一般演題)

並木 伸賢;松元 智美;巣山 晴菜;兼子 唯;伊藤 理紗;佐藤 秀樹;樋上 巧洋;矢島 涼;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.342 - 3432015年-2015年

CiNii

P3-15 エクスポージャー中の安全確保行動の機能の検討 : 文献レビュー(一般演題)

伊藤 理紗;兼子 唯;巣山 晴菜;佐藤 秀樹;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.326 - 3272015年-2015年

CiNii

P3-12 職場における生産性とうつ症状の検討 : 環境要因と個人内要因からの検討(一般演題)

松元 智美;巣山 晴菜;兼子 唯;伊藤 理紗;佐藤 秀樹;樋上 巧洋;並木 伸賢;田上 明日香;伊藤 大輔;清水 馨;横山 仁史;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.320 - 3212015年-2015年

CiNii

P3-6 拒絶に対する過敏性の認知的特徴と拒絶予期・知覚および気分反応の関連の検討(一般演題)

巣山 晴菜;兼子 唯;小川 祐子;伊藤 理紗;佐藤 秀樹;松元 智美;樋上 巧洋;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.308 - 3092015年-2015年

CiNii

P3-3 組織風土におけるコーピングがうつ症状に及ぼす影響(一般演題)

矢島 涼;松浪 奈緒;矢田 さゆり;兼子 唯;巣山 晴菜;伊藤 理紗;佐藤 秀樹;樋上 巧洋;松元 智美;並木 伸賢;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.302 - 3032015年-2015年

CiNii

P2-38 安全確保行動からネガティブ情動への影響の検討(一般演題)

兼子 唯;巣山 晴菜;国里 愛彦;伊藤 理紗;鈴木 伸一

日本認知・行動療法学会大会プログラム・抄録集(41)p.254 - 2552015年-2015年

CiNii

通常学級に在籍する自閉性スペクトラム障害児に対する社会的スキル訓練 : 般化効果・維持効果に焦点を当てて

岡島 純子;谷 晋二;鈴木 伸一

行動療法研究40(3)p.201 - 2112014年09月-2014年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究では、通常学級に在籍し、仲間との関係がうまくもてない自閉症スペクトラム障害(ASD)児に対して社会的スキル訓練(SST)を実施し、般化効果、維持効果について検討した。その際、(1)機能的アセスメントの実施、(2)標的とされた社会的スキルに関する概念的理解を深めるために、ASDの特性に合わせた教示の実施、(3)標的とした社会的スキルを行動リハーサルする機会を十分に設定するために保護者とリハーサルをするためのホームワークを行った。機能的アセスメントから特定された標的スキルは、働きかけに反応するスキル、エントリースキル、主張性スキル、感情のコントロールスキル、問題解決スキルであり、10セッションからなる個別SSTが行われた。その結果、社会的スキル得点が向上し、放課後に友達と遊びに行く割合が増え、1ヵ月後も維持していた。

不安症状と気分症状の併存する症例に対する認知行動療法(口頭発表,行動療法コロキウム'13 in Kyoto開催報告,コロキウム報告)

兼子 唯;西 優子;菅野 純;鈴木 伸一;田中 恒彦

行動療法研究40(3)p.222 - 2232014年09月-2014年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

女性がん患者の男性配偶者が感じる夫婦間コミュニケーションにおける困難 : 乳がん患者に関する検討

古賀 晴美;塩崎 麻里子;鈴木 伸一;三條 真紀子;下阪 典子;平井 啓

心身医学54(8)p.786 - 7952014年08月-2014年08月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

概要:本研究では,乳がん患者の配偶者368名を対象に質問紙調査を実施し,(1)サポートの必要性を感じている配偶者の割合,(2)病気に関連した夫婦間コミュニケーションにおいて感じている困難の内容,(3)困難の程度と関連のある属性を明らかにし,配偶者への心理的支援について提言することを目的とした.調査の結果,乳がん患者の配偶者の半数以上(56.5〜76.1%)が,なんらかのサポートがあれば助けになると回答した.半数以上の配偶者が,妻の診断当時の夫婦間コミュニケーションにおいて,患者の気持ちや何をしてあげられるのかわからないと感じていた.このような困難は,時間の経過により減少するものの,時間が経過しても1〜3割の配偶者が困難を感じていた.また,困難の程度と関連がみられた属性は,再発,抗がん剤治療の経験,配偶者のがん罹患経験であった.これらの結果から,乳がん患者の配偶者への心理支援について考察した.

本邦における拒絶に対する過敏性の特徴の検討 : 非定型うつ病における所見

巣山 晴菜;貝谷 久宣;小川 祐子;小関 俊祐;小関 真実;兼子 唯;伊藤 理紗;横山 仁史;伊藤 大輔;鈴木 伸一

心身医学54(5)p.422 - 4302014年05月-2014年05月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

概要:本研究の目的は,他者からの拒絶に対する過敏性(以下,拒絶に対する過敏性)を測定する尺度であるInterpersonal Sensitivity Measure(IPSM;Boyce&Parker,1989の日本語版(J-IPSM)の信頼性および妥当性を検討し,本邦における拒絶に対する過敏性の因子構造について明らかにするとともに,非定型うつ病患者のうつ症状との関連を検討することであった.まず,尺度の信頼性・妥当性を検討するために大学生301名を対象に質問紙調査を行った.因子分析の結果,J-IPSMは「関係破綻の不安」,「他者を傷つける不安による非主張性」,「批判されることへの懸念」,「社会的自己像と真の自己像の不一致」,「他者評価追従」の5因子,27項目から構成され,内的整合性は高かった(α=0.78〜0.91).さらに,類似概念である「対人的傷つきやすさ尺度」(鈴木・小塩,2002)と強い正の相関が示され,J-IPSMは十分な信頼性・妥当性を備えた尺度であることが示された.次に,うつ症状との関連を検討するため,非定型うつ病患者を対象に質問紙調査を行った.その結果,J-IPSMにより測定される拒絶に対する過敏性とうつ症状との間に強い相関が認められた.

模擬患者用ストレス調査票(SPSSQ)2013年度版の開発と信頼性・妥当性の検証 : 模擬患者の健康と継続参加を志向したストレス状態の包括的測定

看護科学研究12(1)p.1 - 232014年03月-2014年03月 

CiNii

詳細

ISSN:13456644

概要:実践的医療者教育において重要な役割を担う模擬患者(以下、SP)のストレス状態を包括的に測定する模擬患者用ストレス調査票(以下、SPSSQ)を開発し、信頼性・妥当性を検証した。対象は、成人SP 401名(回収率68.2%、有効回答率87.6%)で、無記名質問紙による郵送法で実施した。ストレス要因は、6因子構造からなる43項目(バリマックス回転)が抽出され、α信頼性係数0.926、累積寄与率48.14%、SRS-18(鈴木 他 1997)との相関係数0.20〜0.40(p < 0.0001)、GFI = 0.873、AGFI = 0.845、RMSEA = 0.058であった。ストレス反応(プロマックス回転)は、3因子17 項目が抽出され、α信頼性係数0.844、累積寄与率42.99%、因子相関行列0.295〜0.567(p < 0.0001)、SRS-18との相関係数0.40〜0.85(p < 0.0001)、GFI = 0.903、AGFI= 0.868、RMSEA = 0.071であった。以上より、モデルの適合度に若干の課題はあるものの、SPSSQの適用可能性が確認された。

臨床心理士の育成と認知行動療法のトレーニング

鈴木伸一

認知療法研究7p.29 - 342014年-

身体疾患患者の不安・抑うつのマネージメントに活かす医療心理学と認知行動療法

鈴木伸一

分子精神医学14p.66 - 702014年-

Impact of clustered depression and anxiety on mortality and rehospitalization in patients with heart failure

Suzuki, Tsuyoshi;Shiga, Tsuyoshi;Kuwahara, Kazue;Kobayashi, Sayaka;Suzuki, Shinichi;Nishimura, Katsuji;Suzuki, Atsushi;Minami, Yuichiro;Ishigooka, Jun;Kasanuki, Hiroshi;Hagiwara, Nobuhisa

JOURNAL OF CARDIOLOGY64(5-6)p.456 - 4622014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:0914-5087

概要:BACKGROUND:Anxiety is often present in patients with depression. The aim of this study was to evaluate the impact of clustered depression and anxiety on mortality and rehospitalization in hospitalized patients with heart failure (HF).;METHODS:A total of 221 hospitalized patients with HF, who completed the questionnaires, were analyzed in this prospective study (mean age 62±13 years; 28% female). One-third patients had implanted cardiac devices. Depression was defined as a Zung Self-Rating Depression Scale index score of ≥60 and anxiety was defined as a State-Trait Anxiety Inventory score of ≥40 (male) or ≥42 (female). The primary outcome was the composite of death from any cause or rehospitalization due to worsened HF and refractory arrhythmia.;RESULTS:Of the 221 HF patients, 29 (13%) had depression alone, 80 (36%) had anxiety alone, and 46 patients (21%) had both depression and anxiety. During an average follow-up of 41±21 months, patients with depression alone and those with clustered depression and anxiety were at an increased risk of the primary outcome [hazard ratio (HR) 2.24, 95% confidence interval (CI): 1.17-4.28, p=0.01 and HR 2.75, 95% CI: 1.51-4.99, p=0.01, respectively] compared to patients with no symptoms. Multivariate analysis after adjusting for age, gender, New York Heart Association functional class, B-type natriuretic peptide, device implantation, renal dysfunction, and left ventricular dysfunction showed clustered depression and anxiety, but not depression alone or anxiety alone, was an independent predictor of the primary outcome (HR 1.96, 95% CI: 1.00-3.27, p=0.04).;CONCLUSIONS:Our results showed that clustered depression and anxiety were associated with worse outcomes in patients with HF.

教員志望の大学生の不安と抑うつに及ぼす拒絶に対する過敏性と自動思考の影響

小関 俊祐;巣山 晴菜;兼子 唯;鈴木 伸一

健康心理学研究27(1)p.35 - 442014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:0917-3323

概要:Effects of interpersonal rejection sensitivity and automatic thoughts relating to social phobia, trait anxiety, and depression, in university students in a teacher education course were investigated to determine if these effects differed between pre- and post-practicum students. We administered questionnaires to first year students (n=84; 37 boys and 47 girls) with no practicum experience (no practicum group) and to fourth year students (n=82; 51 boys and 31 girls) with a practicum experience (practicum group). The results showed that in the no practicum group, "Dependence on Evaluation by Others" and "Negative Expectations for the Future" significantly affected interpersonal rejection sensitivity and automatic thoughts related to social phobia, whereas "Negative Expectation for the Future" had a significant effect on these variables in the practicum group. In addition, "Negative Thoughts about the Self" significantly affected trait anxiety. Furthermore, "Fear of Relationship Failure" and "Unassertive Interpersonal Behavior significantly affected the "Fear of Hurting Others" in the no practicum group, whereas there was a significant effect of "Fear of Criticism by Others" on these variables in the practicum group. In both groups, there was a significant effect of "Negative Expectation for the Future" on depression, whereas in the no practicum group, there was a significant effect of "Positive Automatic Thoughts" on depression.

重症社交不安障害患者における拒絶に対する過敏性とうつ症状が社交不安症状に与える影響性の検討

巣山 晴菜;兼子 唯;伊藤 理紗;横山 仁史;伊藤 大輔;国里 愛彦;貝谷 久宣;鈴木 伸一

不安障害研究6(1)p.7 - 162014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1883-5619

概要:本研究の目的は,社交不安障害(以下,SAD)患者の拒絶に対する過敏性がうつ症状およびSAD症状に与える影響について明らかにすることであった。SAD患者81名を対象に拒絶に対する過敏性,うつ症状,SAD症状を測定する質問紙調査を実施した。分析の結果,拒絶に対する過敏性はうつ症状を介してSAD症状と関連していることが示唆された。また,拒絶に対する過敏性の中でも,「社会的自己像と真の自己像の不一致」と「他者評価追従」が特にうつ症状との関連が強いことが明らかとなった。本研究の結果から,SADの経過における拒絶過敏性やうつ症状とSAD症状の関連について考察するとともに,拒絶に対する過敏性に焦点を当てたアプローチの可能性について考察した。

就職活動の失敗の後、強迫症状を呈した青年の事例(口頭発表,行動療法コロキウム'12 in 信州美ヶ原開催報告,コロキウム報告)

宮村 忠伸;鈴木 伸一

行動療法研究39(3)p.169 - 1702013年09月-2013年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

I-1. 成人がん患者と医師間の会話の戸惑いについて(一般演題,第117回日本心身医学会関東地方会演題抄録)

古賀 晴美;市倉 加奈子;中澤 佳奈子;松岡 志帆;武井 優子;犬塚 真由子;島田 真衣;長尾 愛美;谷川 啓司;オスタペンコ バレンチナ;鈴木 伸一

心身医学53(7)2013年07月-2013年07月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

不安うつ病尺度の開発と信頼性・妥当性の検討

巣山 晴菜;横山 知加;小松 智賀;野口 恭子;兼子 唯;鈴木 伸一;貝谷 久宣

行動療法研究39(2)p.87 - 972013年05月-2013年05月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、「不安うつ病尺度(Anxious Depression Scale; ADS)」の開発であった。不安障害にうつ病を併発した患者114名、うつ病を併発していない不安障害患者153名、大うつ病患者80名、大学生97名を対象に質問紙調査を行った。ADSは「行動・情動症状」、「身体症状」、「攻撃的情動(動的情動)」、「非攻撃的情動(静的情動)」の4因子で構成され、内的整合性は高かった(α=0.72〜0.92)。また、ADSは他の対象者と比較して不安うつ病患者において有意に高得点であり、うつ症状評価尺度と中程度の正の相関関係にあった。以上の結果から、ADSは高い信頼性と妥当性を有することが明らかにされた。

小児がん経験者の病気のとらえ方の特徴と退院後の生活における困難との関連

武井 優子;尾形 明子;小澤 美和;盛武 浩;平井 啓;真部 淳;鈴木 伸一

行動療法研究39(1)p.23 - 332013年01月-2013年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、小児がん患者の病気に対するとらえ方の特徴と、それらが患者の心理社会的問題や適応とどのような関連があるのかを検討することであった。小児科外来通院中の21名の小児がん患者を対象に半構造化面接を実施し、病気に対するとらえ方と退院後の生活における困難について聴取した。また、健康関連QOL尺度(Peds-QL)を測定した。Fisherの直接確率検定の結果、退院後の生活で経験する困難が病気のとらえ方に影響を及ぼしている可能性が示唆された。また、重回帰分析の結果、前向きなとらえ方がQOLに正の影響を、後ろ向きなとらえ方やあきらめの姿勢が負の影響を及ぼす様相が示唆されたが、統計的には有意ではなかった。今後は、対象者数を増やし、量的検討を実施していく必要がある。

行動療法コロキウム'11 in 多摩湖開催報告(コロキウム報告)

鈴木 伸一

行動療法研究39(1)2013年01月-2013年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

The relationship between positive and negative automatic thought and activity in the prefrontal and temporal cortices: A multi-channel near-infrared spectroscopy (NIRS) study.

Shunsuke Koseki, TakamasaNoda, SatoshiYokoyama, YoshihikoKunisato, Daisuke Ito, HarunaSuyama, TaroMatsuda, YujiSugimura, NaokoIshihara, YuShimizu, KanakoNakazawa, SumikoYoshida, KunimasaArima, Shin-ichiSuzuki

Journal of Affective Disorders,151p.352 - 3592013年-

Cognitive behavioral therapy for depression changes medial prefrontal and ventral anterior cingulate cortex activity associated with self-referential processing.

Yoshimura, S., Okamoto, Y., Onoda, K., Matsunaga, M., Kunisato, Y., Yoshino, A., Ueda, K., Suzuki, S., & Yamawaki, S.

Social Cognitive and Affective Neuroscience,2013年-

DOI

不安うつ病尺度の作成と信頼性・妥当性の検討 行動療法研究

巣山晴菜・横山知加・小松智賀・野口恭子・兼子唯・鈴木伸一・貝谷久宣

行動療法研究39p.87 - 962013年-

企業従業員における報酬と罰の感受性とストレッサー,ストレス反応との関連  

伊藤大輔・田上明日香・大野真由子・清水馨・奈良元壽・鈴木伸一

ストレス科学27p.291 - 3002013年-

死性トラウマによって生じた外傷後ストレス症状に及ぼす影響

伊藤大輔・鈴木伸一

ストレス科学27p.208 - 2902013年-

行動活性化療法

鈴木伸一

Depression Frontier11p.65 - 682013年-

うつ病休職者に対する心理職による集団認知行動療法の効果:うつ症状、社会機能、職場復帰の困難感の視点から 

田上明日香・伊藤大輔・清水馨・大野真由子・白井麻里・嶋田洋徳・鈴木伸一

行動療法研究38(3)p.193 - 2022012年09月-2012年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、うつ病休職者に対して集団形式の認知行動療法による介入を行い、うつ症状や社会機能、職場復帰の困難感に対する効果について検討することであった。単極性のうつ病と診断された22名を対象に、ガイダンス1回、プログラム9回の全10回の集団認知行動療法プログラムを実施した。その結果、認知行動療法の実施後に、うつ症状の低減と社会機能の回復が示された。つまり、認知行動療法は、うつ症状の改善や日常生活を送るうえで必要とされる社会機能の回復には効果的であると考えられた。一方で、認知行動療法の実施後に職場復帰の困難感の低減は見られなかったことから、うつ病休職者の職場復帰の困難感を低減させるためには、従来の認知行動療法のみならず、新たな介入コンポーネントや手続きの再考が必要である可能性が示唆された。最後に、職場復帰の困難感の低減のための支援について議論がなされた。

心理士が中心に実施したうつ病の集団認知行動療法:大学病院における取組から 

松永美希・鈴木伸一・岡本泰昌・吉村晋平・国里愛彦・神人蘭・吉野敦雄・西山佳子・山脇成人

行動療法研究38(3)p.181 - 1922012年09月-2012年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本稿では、広島大学病院において心理士が中心になって実施しているうつ病の集団認知行動療法(cognitive behavioral group therapy:CBGT)について、薬物療法との併用効果を検討した。当院のCBGTプログラムは、心理教育、セルフモニタリング、行動活性化、認知再構成といった技法を用いた12セッションから構成されている。本プログラムの効果を検討するため、うつ病患者74名について、CBGT前・後・12ヵ月後で、ベック抑うつ質問票(BDI)、ハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D)、DSM-IVの全体的機能評価(GAF)、36-item Short-Form Health Survey(SF-36) 、自動思考尺度改訂版(ATQ-R)、非機能的態度尺度(DAS)を実施した。その結果、CBGT後において抑うつ症状(BDI,HAM-D)、非機能的認知(DAS,ATQ-R)の得点が有意に減少しており、また社会的機能(GAF,SF-36)の得点は有意に上昇していた。したがって、すべての指標において改善が認められた。またこれらの改善は1年以上維持されている可能性が示唆された。

心理士による集団認知行動療法がうつ病患者のうつ症状の改善に及ぼす効果

伊藤大輔・兼子唯・巣山晴菜・金谷順弘・田上明日香・小関俊祐・貝谷久宣・熊野宏昭・鈴木伸一

行動療法研究38(3)p.169 - 1802012年09月-

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、心理士による集団認知行動療法がうつ病患者のうつ症状の改善に及ぼす効果について、統制群を設定した対照比較を用いて検証することであった。集団認知行動療法は、認知療法や問題解決療法を基盤に構成された計12回のプログラムであった。薬物療法などの通常の治療に加えて、集団認知行動療法プログラムを受けた10名(CBGT併用群)、通常の薬物療法のみを受けた10名(TAU群)の2群のうつ症状の変化を測定した。うつ症状の評価にはBDI-IIが用いられ、計3時点(pre期、mid期、post期)において回答を求めた。ベースラインであるpre期のBDI-II得点を共変量として、群(CBGT併用群、TAU群)と測定時期(mid期、post期)を独立変数、BDI-II得点を従属変数とした2要因の共分散分析を行った。その結果、mid期に群間差はみられなかったものの、post期におけるCBGT併用群のBDI-II得点が、TAU群と比較して有意に低いことが示された。以上の結果から、通常の薬物療法に、心理士が行う認知行動療法を併用することで、うつ病患者のうつ症状の改音効果が高まり、その効果が維持されることが実証的に示された。

P1-46 2型糖尿病患者の抑うつ・不安がセルフケア行動に及ぼす影響の検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

佐々木 美保;宮尾 益理子;奥山 朋子;七尾 道子;越坂 理也;佐田 晶;石川 耕;水野 有三;熊野 宏昭;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.202 - 2032012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-26 うつ病に対する集団認知行動療法におけるドロップアウトをする患者の治療前の状態に関する検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

兼子 唯;巣山 晴菜;伊藤 大輔;貝谷 久宣;熊野 宏昭;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.302 - 3032012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-28 うつ病に対する集団認知行動療法における認知的介入でうつ症状に改善が認められた者と行動的介入で改善が認められた者の,治療前の状態の検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

巣山 晴菜;兼子 唯;伊藤 大輔;貝谷 久宣;熊野 宏昭;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.306 - 3072012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-36 職場の組織風土が精神的健康とポジティブ側面に与える影響(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

岡山 紀子;清水 馨;田上 明日香;伊藤 大輔;巣山 晴菜;横山 仁史;国里 愛彦;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.322 - 3232012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-39 社交不安障害患者の曖昧な場面に対する解釈が,社交不安症状およびうつ症状に及ぼす影響 : 肯定的解釈・中性的解釈・否定的解釈の相互的影響(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

伊藤 理紗;巣山 晴菜;島田 真衣;伊藤 大輔;横山 仁史;貝谷 久宣;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.328 - 3292012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-41 復職者と上司が必要と考えるソーシャルサポートの質的差異の検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

矢田 さゆり;石黒 恵子;宣 聖美;清水 馨;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.332 - 3332012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-59 外傷後ストレス障害(PTSD)患者の外傷後ストレス症状と生活支障度の関連の検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

伊藤 大輔;中澤 佳奈子;加茂 登志子;氏家 由里;鈴木 伸一;金吉 晴

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.368 - 3692012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-69 職場におけるストレス対処法が生産性,仕事や生活への満足度に及ぼす影響(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

宣 聖美;清水 馨;田上 明日香;伊藤 大輔;巣山 晴菜;横山 仁史;国里 愛彦;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.388 - 3892012年09月-2012年09月 

CiNii

育児自動思考尺度(ATQ-CR)の開発(内山記念賞受賞講演2,テーマ:認知行動療法の「今」)

岡島 純子、佐藤 容子、鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)2012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-22 評価過敏性および誇大性が不安うつ傾向に与える影響(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

佐藤 貴宣、藤井 智枝、小川 祐子、巣山 晴菜、鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.294 - 2952012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-34 心疾患患者の抱える抑うつ症状に対する心理的介入に関する研究展望(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

島田 真衣、佐々木 美保、武井 優子、小川 祐子、長尾 愛美、尾城 友美、松田 敦子、堂園 知惠、国里 愛彦、鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.318 - 3192012年09月-2012年09月 

CiNii

P2-37 ポジティブおよびネガティブな自動思考のバランスと脳機能の関連 : 多チャンネルNIRSを用いた検討(一般演題(ポスター),テーマ:認知行動療法の「今」)

横山 仁史;野田 隆政;小関 俊祐;国里 愛彦;伊藤 大輔;巣山 晴菜;杉村 有司;石原 奈保子;清水 悠;中澤 佳奈子;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(38)p.324 - 3252012年09月-2012年09月 

CiNii

小児がん患者における病気のとらえ方の検討

武井 優子;尾形 明子;平井 啓;小澤 美和;盛武 浩;真部 淳;鈴木 伸一

心身医学52(7)p.638 - 6452012年07月-2012年07月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

概要:本研究の目的は,小児がん患者の病気のとらえ方の特徴を明らかにすること,また,個人の属性によって病気のとらえ方に違いがみられるのかを検討することであった.小児科外来通院中の25名の小児がん患者を対象に半構造化面接を実施した結果,病気のとらえ方に関する11の構成要素が抽出された.また,患者の属性による違いを検討したところ,「視野,考え方が広がった」「人の痛みが分かるようになった」「貴重な体験だと思う」「病気になったのは仕方がない,諦めている」の4つの構成要素において,19歳以上の患者の方がそれ以外の年代の患者よりも回答頻度が高かった.これらの結果から,小児がん患者は,成長に伴い多角的なとらえ方をするようになることが示された.

循環器心身症への認知行動療法:不安・抑うつのマネジメントを中心に,

松岡志帆, 鈴木伸一

日本心療内科学会誌16(1)p.37 - 442012年02月-2012年02月 

CiNii

詳細

ISSN:13429558

うつ病休職者の職場復帰の困難感と社会機能およびうつ症状との関連 : 職場復帰の困難感尺度の作成

田上 明日香;伊藤 大輔;清水 馨;大野 真由子;白井 麻理;嶋田 洋徳;鈴木 伸一

行動療法研究38(1)p.11 - 222012年01月-2012年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、うつ病休職者の職場復帰の困難感を測定する尺度を作成し、さらにその尺度をもとに職場復帰の困難感の特徴を明らかにすることであった。単極性のうつ病と診断された34名を対象に職場復帰の困難感について自由記述による回答を求め、項目案を作成した。次に、単極性のうつ病と診断された休職者60名を対象にその項目について探索的因子分析を行い、「職場で必要な体力面の困難」「職場復帰後の対人面の困難」「職務に必要な認知機能面での困難」の3因子10項目から構成されることが示され、十分な信頼性と内容的妥当性、併存的妥当性が確認された。そこで、職場復帰の困難感尺度を使用してタイプ分類を実施したところ、四つの類型を得た(全般困難型、復職後の対人関係困難型、体力・認知機能困難型、困難少型)。最後に、それぞれの類型にあわせた支援について議論がなされた。

社交不安に対するビデオフィードバックの効果 : パフォーマンスの解釈バイアスの観点からの検討

巣山 晴菜;大月 友;伊藤 大輔;兼子 唯;中澤 佳奈子;横山 仁史;鈴木 伸一

行動療法研究38(1)p.35 - 452012年01月-2012年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、パフォーマンスの解釈バイアス(以下、解釈バイアス)が社交不安に対するビデオフィードバック(以下、VFB)の効果を規定する要因の一つであるかを検討することであった。大学生27名を対象に、VFBを挟んだ2度の3分間スピーチからなる実験を行い、スピーチ前の主観的不安感、スピーチ中の主観的不安感、スピーチの自己評価および他者評価、心拍数を測定した。パフォーマンスの質については解釈バイアスの大小による差は見られなかった。しかし、解釈バイアスの大きい者ほどVFBを受けることで自己評価は改善し、スピーチ前およびスピーチ中の不安感は低下することが明らかにされた。本研究の結果から、解釈バイアスが大きい者の社交不安症状に対してVFBが一層有効である可能性が示唆された。

Clinicians’ perspectives on support for children with a parent who is diagnosed with breast cancer.

Yuko Takei,Miwa Ozawa,Yasushi Ishida,Shin-ichi Suzuki,Shinji Ohno,Atsushi Manabe

Breast Cancer2012年-

Effects of depression on reward-based decision making and variability of action in probabilistic learning

Yoshihiko Kunisato, Yasumasa Okamoto, Kazutaka Ueda, Keiichi Onoda, Go Okada,Shinpei Yoshimura, Shin-ichi Suzuki, Kazuyuki Samejima, Shigeto Yamawaki

Journal of Behavior Therapy and Experimental Psychiatry43p.1088 - 10942012年-

行動活性化療法

鈴木伸一

臨床精神医学41p.1001 - 10052012年-

免疫療法受療中のがん患者におけるQuality of lifeの検討

長尾愛美・武井優子・小川祐子・島田真衣・谷川啓司・鈴木伸一

癌と化学療法39p.1785 - 17872012年-

通常学級に在籍する自閉症スペクトラム障害児に対する社会的スキル訓練—欧米との比較による日本における現状と課題

岡島純子・鈴木伸一

カウンセリング研究45(4)p.21 - 302012年-

認知行動療法を学ぶ—医療場面への適用

市倉加奈子・鈴木伸一

臨床心理学132012年-

生活習慣病への認知行動療法

佐々木美保・武井優子・小川祐子・島田真衣・長尾愛美・国里愛彦・鈴木伸一

認知療法研究5p.128 - 1362012年-

[Examination of the quality of life in the cancer patients under immunotherapy].

Nagao Ayami;Takei Yuko;Ogawa Yuko;Shimada Mai;Tanigawa Keishi;Suzuki Shinichi

[Examination of the quality of life in the cancer patients under immunotherapy].39(12)2012年-2012年

詳細

ISSN:0385-0684

概要::In recent years, quality of life(QOL) has received much attention as a subjective health outcome by which to measure and adopt patient treatment. Few studies, however, have examined how the QOL of cancer patients differs depending on treatment methods, or the effects of immunotherapy on patients' QOL. Thus, this study aimed to reveal: 1) the differences in QOL between patients treated with immunotherapy and other methods, and 2) whether the QOL of cancer patients treated with immunotherapy improves in accordance with the duration of immunotherapy. Thirty-nine cancer patients receiving immunotherapy who completed a Quality of Life Questionnaire for Cancer Patients Treated with Anti-Cancer Drugs(QOL-ACD) were the subjects for statistical analyses. The result indicated that patients treated with immunotherapy exhibited a higher physical conditions score than did patients receiving chemotherapy (p<0.01). Given that the side effects of immunotherapy are fewer than those of chemotherapy, the results suggested that the presence of side effects during cancer treatment plays an important role in determining patients' QOL.

うつ病の認知行動療法の実際

清水馨・鈴木伸一

心身医学51(12)p.1079 - 10872011年12月-2011年12月 

CiNii

詳細

ISSN:03850307

概要:うつ病は最もよくある精神医学的な状態であり,本邦においても,一生のうちに,6.7%の人が患うといわれるほど,珍しくない病気の1つである.また,近年では,うつ病性障害は自殺の原因・動機の27.6%を占めており,就労者の自殺の約7割がうつ病だといわれていることからも,厚生労働省における自殺対策において,うつ病対策がその取り組みの中核となっている.本稿では,2010年4月の診療報酬の改定で,認知行動療法(CBT)がうつ病治療において保険点数化されたことに伴い,うつ病治療におけるCBTの近年の動向を示すとともに,実施にあたっての具体的な内容とその適応のポイントについて,概観した.

認知/行動療法の第三の波はどこまで届いたか(大会企画シンポジウム3,現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

熊野 宏昭;越川 房子;武藤 崇;鈴木 伸一;遊佐 安一郎

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.74 - 752011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-13 職場における個人要因がうつ症状に及ぼす影響(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

宣 聖美;清水 馨;田上 明日香;伊藤 大輔;巣山 晴菜;横山 仁史;国里 愛彦;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.186 - 1872011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-14 職場サポート要因におけるメンタルヘルスへの影響性の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

岡山 紀子;清水 馨;田上 明日香;伊藤 大輔;巣山 晴菜;横山 仁史;国里 愛彦;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.188 - 1892011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-16 メンタル不調に繋がる兆候に関する検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

清水 馨;田上 明日香;大野 真由子;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.192 - 1932011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-34 成人がん患者における痛みの特徴とQOLの関連性の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

小川 祐子;武井 優子;島田 真衣;長尾 愛美;安田 理恵;谷川 啓司;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.228 - 2292011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-38 2型糖尿病患者の抑うつ・不安とセルフケア行動の関連の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

佐々木 美保;宮尾 益理子;七尾 道子;奥山 朋子;越坂 理也;佐田 晶;石川 耕;水野 有三;熊野 宏昭;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.236 - 2372011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-40 植込み型除細動器(ICD)植込み後の患者における回避行動と抑うつの関連性の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

島田 真衣;市倉 加奈子;松岡 志帆;小林 清香;鈴木 豪;西村 勝治;志賀 剛;萩原 誠久;石郷岡 純;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.240 - 2412011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-56 トラウマ体験者の外傷後ストレス症状の表出過程の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

伊藤 大輔;中澤 佳奈子;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.272 - 2732011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-58 PTSD症状を呈する者における受診行動に影響する要因の検討 : 罪責感の特性・認知・情動的側面からの検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

中澤 佳奈子;伊藤 大輔;加茂 登志子;氏家 由里;鈴木 伸一;金 吉晴

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.276 - 2772011年11月-2011年11月 

CiNii

P1-63 拒絶過敏性尺度作成の試みおよび社交不安症状との関連の検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

巣山 晴菜;伊藤 大輔;兼子 唯;横山 仁史;貝谷 久宣;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.286 - 2872011年11月-2011年11月 

CiNii

P2-77 自動思考と客観的および主観的鬱症状との関連 : 多チャンネルNIRSを用いた検討(一般演題(ポスター),現在から未来へ 我が国における認知行動療法の展開)

横山 仁史;野田 隆政;小関 俊祐;国里 愛彦;伊藤 大輔;巣山 晴菜;杉村 有司;石原 奈保子;清水 悠;中澤 佳奈子;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(37)p.480 - 4812011年11月-2011年11月 

CiNii

1型糖尿病患児の罹病期間、セルフエフィカシーとセルフケア行動との関係‐1型糖尿病患児を対象としたキャンプを通して‐

佐々木美保・尾形明子・伊藤有里・武井優子・兼子 唯・宮河真一郎・神野和彦・小林正夫・鈴木伸一

行動療法研究37(3)p.157 - 1692011年09月-2011年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、1型糖尿病患児を対象としたキャンプが、患児のセルフケア行動に及ぼす影響について長期的な検討を行うとともに、セルフケア行動に影響を及ぼす要因として指摘されている罹病期間、セルフエフィカシーとの関連について検討を行うことであった。1型糖尿病患児20名に対して、キャンプ前後、1カ月後、6カ月後にセルフケア行動とセルフケア行動に対するセルフエフィカシー、罹病期間を測定した。分析の結果、キャンプ参加によってセルフケア行動が一時的には増加するものの、長期的にはセルフケア行動は維持されず、また、罹病期間が長い、もしくは、セルフエフィカシーが低い患児は、セルフケア行動の遂行が十分ではないことが示された。罹病期間とセルフエフィカシーを考慮したキャンプでの関わりが、患児のセルフケア行動を高めるために重要であることが示唆された

心不全患者の終末期に対する心臓専門医と看護師の認識 : ICD認定施設の全国調査

松岡 志帆;奥村 泰之;市倉 加奈子;小林 未果;鈴木 伸一;伊藤 弘人;野田 崇;横山 広行;鎌倉 史郎;野々木 宏

日本心臓病学会誌 =Journal of cardiology. Japanese edition6(2)p.115 - 1212011年06月-2011年06月 

CiNii

詳細

ISSN:18824501

幼児を持つ母親の育児自動思考尺度の開発とストレス反応の関連

岡島純子・佐藤容子・鈴木伸一

行動療法研究37(1)p.1 - 112011年01月-2011年01月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、幼児を持つ母親の自動思考を測定する育児自動思考尺度(ATQ-CR)を開発し、ストレス反応との関連について検討することであった。予備調査1にて、育児ストレス場面を抽出し、予備調査2にて、四つの育児ストレス場面、78の自動思考項目を抽出した。本調査では、探索的因子分析、高次因子分析を行い、ネガティブ思考29項目、ポジティブ思考14項目が抽出された。ATQ-CRの内的整合性は高く(ネガティブ思考因子α=.90、ポジティブ思考因子α=.76)、妥当性は、内容妥当性と基準関連妥当性の観点から確認された。SOMモデルに基づき、自動思考のバランスとストレス反応の関連性について検討した結果、ネガティブ寄り群、中立群のほうがポジティブ寄り群よりもストレス反応が有意に高かった。本研究の結果から、育児中の母親に対して自動思考に焦点を当てたストレスマネジメント介入の必要性が示唆された。

うつ病の認知行動療法の展開と実践の工夫

臨床心理学11p.751 - 7552011年-

外傷後ストレス障害の形成・維持に認知要因が果たす役割 -認知モデルに基づいた介入技法の実際と課題

伊藤大輔・鈴木伸一

認知療法研究4p.27 - 362011年-

心不全患者の終末期に対する心臓専門医と看護師の認識 —ICD認定施設の全国調査—

松岡志帆・奥村泰之・市倉加奈子・小林未果・鈴木伸一・伊藤弘人・野田崇・横山広行・鎌倉史郎・野々木宏

心臓病学会誌6p.115 - 1212011年-

 「うつ」で休職中の患者への認知行動療法:適応と限界

鈴木伸一

精神科治療学26p.181 - 1872011年-

Depression and Outcomes in Hospitalized Japanese Patients With Cardiovascular Disease - Prospective Single-Center Observational Study

Suzuki, Tsuyoshi;Shiga, Tsuyoshi;Kuwahara, Kazue;Kobayashi, Sayaka;Suzuki, Shinichi;Nishimura, Katsuji;Suzuki, Atsushi;Omori, Hisako;Mori, Fumiaki;Ishigooka, Jun;Kasanuki, Hiroshi;Hagiwara, Nobuhisa

CIRCULATION JOURNAL75(10)p.2465 - 24732011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:1346-9843

喪失体験からの回復過程における認知と対処行動の変化

武井 優子;嶋田 洋徳;鈴木 伸一

カウンセリング研究44(1)p.50 - 592011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:0914-8337

概要:本研究の目的は,喪失体験経験後の回復過程における認知的および行動的な変化の特徴を明らかにすることである。喪失体験から回復した女子大学生8名を対象に,半構造化面接を行い,喪失体験を経験してから現在までの経過を修正版M-GTAで分析した。また,日本語版外傷後認知尺度(Japanese version of the Posttraumatic Cognitive Inventory; JPTCI),日本語版外傷体験後成長尺度(Posttraumatic Growth Inventory; PTGI),対処方略尺度(Tri-Axial Coping Scale; TAC-24),喪失体験のとらえ方(Visual Analogue Scale)を測定した。その結果,喪失体験からの回復には,肯定的な認知が増えることと,行動が活性化することが重要であることが示された。

SY-6 コミュニケーション・モードとしてのケース・フオーミュレーション(3) : ケース・フォーミュレーションの共通メOSモは生成可能か?(自主企画シンポジウム,切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

武藤 崇;伊藤 絵美;鈴木 伸一;熊野 宏昭

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.104 - 1052010年12月-2010年12月 

CiNii

P1-12 小児がん患者における病気のとらえ方と退院後の困難の関連性の検討(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

武井 優子;尾形 明子;小澤 美和;盛武 浩;真部 淳;平井 啓;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.164 - 1652010年12月-2010年12月 

CiNii

P1-46 通常学級に在籍する広汎性発達障害児に対する社会的スキル訓練 : 日本における現状と課題(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

岡島 純子;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.232 - 2332010年12月-2010年12月 

CiNii

P2-2 うつ病休職者の職場復帰支援 : 認知行動療法はどの程度寄与できているのか?(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

田上 明日香;伊藤 大輔;清水 馨;大野 真由子;白井 麻理;嶋田 洋徳;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.296 - 2972010年12月-2010年12月 

CiNii

P2-3 うつ病休職者の復職に向けた準備に関する検討(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

大野 真由子;田上 明日香;伊藤 大輔;清水 馨;白井 麻理;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.298 - 2992010年12月-2010年12月 

CiNii

P2-4 うつ病休職につながる変調の検討 : 休職者本人を取り巻く周囲との比較から(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

清水 馨、田上 明日香、伊藤 里奈子、大野 真由子、鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.300 - 3012010年12月-2010年12月 

CiNii

P2-32 社交不安の生理的側面に対する ビデオフィードバックの効果 : 解釈バイアスの観点から(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

巣山 晴菜;大月 友;伊藤 大輔;兼子 唯;中澤 佳奈子;鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.356 - 3572010年12月-2010年12月 

CiNii

P2-52 特性罪責感が外傷性ストレス体験後の認知とPTSD症状に及ぼす影響(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

中澤 佳奈子、伊藤 大輔、鈴木 伸一

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.396 - 3972010年12月-2010年12月 

CiNii

P2-53 トラウマ体験者の外傷後ストレス症状に対する 解釈の測定(一般演題(ポスター発表),切れる最新の理論と途切れない地道な実践)

伊藤 大輔、中澤 佳奈子、鈴木 伸一、金 吉晴

日本行動療法学会大会発表論文集(36)p.398 - 3992010年12月-2010年12月 

CiNii

Guided Exposureによって治療を終結した30代女性の強迫性障害治療(口頭発表,コロキウム報告)

西川 公平;鈴木 伸一

行動療法研究36(3)p.235 - 2362010年09月-2010年09月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

外傷後ストレス障害に対する認知行動療法の効果 -メタ分析を用いた検証-

伊藤大輔・兼子唯・小関俊祐・清水悠・中澤佳奈子・田上明日香・大月友・鈴木伸一 

行動療法研究36(2)p.119 - 1292010年06月-2010年06月 

CiNii

詳細

概要:本研究の目的は、近年の外傷後ストレス障害(PTSD)に対する認知行動療法の効果をメタ分析によって検証することと、PTSDの効果研究に関する今後の検討課題を明らかにすることであった。メタ分析の結果、PTSDに対する認知行動療法の有効性が明らかにされ、その適用範囲も拡張しつつあることが示された。さらに、今後の課題として、(1)対象者の症状プロフィールや状態像を考慮した介入法の検討を行うこと、(2)薬物療法と認知行動療法を組み合わせた際の効果について検証すること、(3)治療効果に作用する治療技法および要因を特定し、効率的かつ適切な介入法を検討すること、(4)治療効果に影響を及ぼす治療技法以外の要因について検討すること、などが指摘された。

うつ病患者のうつ症状と社会適応状態に関連する要因の検討 : 自動思考とストレス対処方略および社会的スキルを関連要因として(原著)

田上 明日香;伊藤 大輔;大野 真由子;白井 麻理;嶋田 洋徳;鈴木 伸一

行動療法研究36(2)p.95 - 1062010年06月-2010年06月 

CiNii

詳細

ISSN:09106529

概要:本研究の目的は、うつ病の治療において、うつ症状とともに評価が必要とされている社会的機能に着目し、うつ症状と社会的機能に関連する心理的要因を明らかにすることである。単極性のうつ病と診断された66名を対象に、自動思考尺度(ATQ-R)、対処方略尺度(TAC)、ソーシャルスキル尺度(KISS)、うつ症状尺度(BDHI)、社会適応状態尺度(SASS)を実施した。その結果、うつ症状に対しては、"自己に対する非難"が関連していたが、社会適応状態には"肯定的思考"と"肯定的解釈と気そらし""社会的スキル"が関連しており、うつ症状と社会適応状態では関連する要因が異なることが示唆された。これらのことから、うつ病患者への支援においては、うつ症状だけでなく社会適応状態に関連する要因を検討する必要性が議論され最後に本研究の限界について述べられた。

Psychosocial functioning in patients with treatment-resistant depression after group cognitive behavioral therapy

Matsunaga, M., Okamoto, Y., Suzuki, S., Kinoshita, A., Yoshimura, S., Kunisato, Y., Yoshino, A., and Yamawaki, S.

BMC Psychiatry 2010年-

派遣社員の期待充足がストレス反応に及ぼす影響:キャリアカウンセリング来談者を対象として

田上明日香・水島秀聡・嶋田洋徳・鈴木伸一

カウンセリング研究43p.141 - 1492010年-

認知行動療法:最新の進歩

鈴木伸一

精神科17p.567 - 5722010年-

高校新入生ストレッサー尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

国里愛彦・伊藤大輔・浅本有美・長原啓三・鈴木伸一

ストレス科学24p.271 - 2802010年-

高校新入生のストレッサーとコーピングがストレス反応に及ぼす影響 -4ヵ月フォローアップによる経時的検討-

伊藤大輔・国里愛彦・浅本有美・長原啓三・鈴木伸一

ストレス科学24p.261 - 2702010年-

トラウマ体験者の外傷後ストレス反応の形成過程に不安感受性が及ぼす影響

伊藤大輔・金吉晴・鈴木伸一

認知療法研究3p.49 - 582010年-

うつ病患者のうつ症状と社会適応に関する要因の検討 -自動思考とストレス対処方略および社会的スキルを関連要因として-

田上明日香・伊藤大輔・大野真由子・白井麻理・嶋田洋徳・鈴木伸一

行動療法研究36p.95 - 1052010年-

小児がん患者が退院後に抱える心理社会的問題に関する研究の現状と課題

武井優子,尾形明子,小澤美和,真部淳,鈴木伸一

小児がん 47p.84 - 902010年-

小学校1年生に対する集団社会的スキル訓練の試み:取り組みやすく、動機づけを高める集団SSTプログラム

浅本有美・国里愛彦・村岡洋子・在原理沙・堂谷千香子・田所健児・伊大輔・伊藤有里・佐々木美保・尾形明子・鈴木伸一

行動療法研究36p.57 - 582010年-

うつ病のCBTと再燃・再発ケア

鈴木伸一・大野真由子・松永美希

臨床心理学10p.22 - 282010年-

Prevalence and Persistence of Depression in Patients with Implantable Cardioverter Defibrillator: A 2-year Longitudinal Study

Suzuki, Tsuyoshi;Shiga, Tsuyoshi;Kuwahara, Kazue;Kobayashi, Sayaka;Suzuki, Shinichi;Nishimura, Katsuji;Suzuki, Atsushi;Ejima, Koichiro;Manaka, Tetsuyuki;Shoda, Morio;Ishigooka, Jun;Kasanuki, Hiroshi;Hagiwara, Nobuhisa

PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY33(12)p.1455 - 14612010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0147-8389

Rostral anterior cingulate cortex activity mediates the relationship between depressive symptoms and medial prefrontal cortex activity.

Yoshimura, S., Okamoto, Y., Onoda Y., Matsunaga, M.,Ueda, K.Suzuki S., and Yamawaki S

Journal of Affective Disorders122p.76 - 852009年-

Negative interpretation of bodily sensations in social anxiety.

Kanai, Y., Sasagawa, S., Chen, J., Suzuki, S., Shimada, H., & Sakano, Y.

Journal of Cognitive Therapyp.292 - 3072009年-

植え込み型除細動器(ICD)患者の抑うつおよび不安に対する精神科的支援の現状と展望

市倉加奈子・奥村泰之・松岡志帆・鈴木伸一・野田崇・鎌倉史郎

臨床精神医学38p.1359 - 13722009年-

小児抑うつ尺度(Children’s Depression Inventory)日本語版作成の試み

真志田直希・尾形明子・大園秀一・小関俊祐・佐藤寛・石川信一・戸ケ崎泰子・佐藤容子・佐藤正二・佐々木和義・嶋田洋徳・山脇成人・鈴木伸一

行動療法研究35p.219 - 2322009年-

身体疾患に伴う不安障害への認知行動療法

鈴木伸一・西村勝治・小林清香・筒井順子・堀川直史

認知療法研究2p.30 - 392009年-

外傷後ストレス障害に対するエクスポージャー法の諸理論:行動・認知・生理的観点からの検討

伊藤大輔・鈴木伸一

認知療法研究2p.56 - 652009年-

社交不安障害に対する認知行動療法に基づく心理教育グループの実践

小林清香・井上敦子・鈴木伸一・坂元薫・石郷岡純

認知療法研究2p.66 - 742009年-

小学校における集団社会的スキル訓練が対人的自己効力感と学校生活満足度に及ぼす影響

在原理沙・古澤裕美・堂谷知香子・田所健児・尾形明子・竹内博行・鈴木伸一 

行動療法研究35p.177 - 1882009年-

I 型糖尿病患児を対象としたキャンプがセルフエフィカシー,病気に対する知識,ストレス反応,HbA1cに及ぼす影響 

藤目文子・尾形明子・在原理沙・宮河真一郎・神野和彦・小林正夫・鈴木伸一

行動療法研究35p.167 - 1752009年-

非致死性トラウマ体験後の認知尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

伊藤大輔・鈴木伸一

行動療法研究35p.155 - 1662009年-

トラウマ体験の致死性の有無が外傷後ストレス反応および外傷体験後の認知に及ぼす影響

伊藤大輔・鈴木伸一

行動療法研究35p.13 - 222009年-

トラウマの開示が心身の健康に及ぼす影響 -構造化開示・自由開示・統制群の比較-

伊藤大輔・佐藤健二・鈴木伸一

行動療法研究35p.1 - 122009年-

Self-referential processing of negative stimuli within the ventral anterior cingulate gyrus and right amygdala.

Yoshimura, S., Ueda, K., ; Suzuki; S., Onoda; K., Okamoto; Y., Yamawaki, S.

Brain and Cognition 69p.218 - 2252008年-

軽いうつ状態に対する認知行動療法の適応

鈴木伸一

精神科治療学23p.957 - 9622008年-

認知行動療法の基本

鈴木伸一

臨床スポーツ医学25p.1431 - 14372008年-

ヨーガと認知行動療法を行った摂食障害合併1型糖尿病の1症例

筒井順子・中野完・村永鉄郎・鈴木伸一・野添新一・乾明夫

心身医学48p.803 - 8082008年-

高次脳機能障害者における社会行動障害についての検討(2):受傷後の生活状況との関連

駒澤敦子・鈴木伸一・久保義郎・丸石正治

高次脳機能研究28p.231 - 2352008年-

親の期待認知が高校生の強迫傾向に及ぼす影響

藤目文子・東條光彦・鈴木伸一

行動療法研究34p.127 - 1352008年-

高次脳機能障害者における社会行動障害についての検討(1):社会適応障害調査票作成と信頼性・妥当性の検討

駒澤敦子・鈴木伸一・久保義郎・丸石正治

高次脳機能研究28p.20 - 292008年-

Cloningerの気質・性格モデルとBig Fiveモデルとの関連性

国里愛彦・山口陽弘・鈴木伸一

パーソナリティー研究16p.324 - 3342008年-

大学病院精神科における取り組み—集団認知行動療法プログラムによる復職・社会復帰支援−

松永美希・岡本泰昌・鈴木伸一・木下亜紀子・吉村晋平・吉野敦雄・山脇成人

精神科11p.468 - 4742008年-

不安による自己関連処理が記憶再生の低下に及ぼす影響

尾形明子・宮谷真人・中尾敬・島津明人・鈴木伸一

行動療法研究34p.33 - 422008年-

コーピング選択における認知過程の検討

鈴木伸一

心理学研究76p.527 - 5332006年-

The influences of psychosocial aspects and anxiety symptoms on quality of life of patients with arrhythmia.

Suzuki, S & Kasanuki, H

International Journal of Behavior Medicine11p.104 - 1092004年-

3次元(接近-回避,問題-情動,行動-認知)モデルによるコーピング分類の妥当性の検討

鈴木伸一

心理学研究74p.504 - 5112004年-

Effects of effort and distress coping processes on psychophysiological and psychological stress responses.

Suzuki, S, Kumano, H., & Sakano, Y.

International Journal of Psychophysiology47p.117 - 1282003年-

認知行動療法の実践で必要とされるコンプテンスの概念構成の検討:英国のImproving Access to Psychological Therapy制度における実践家養成モデルに基づく検討

柳井優子

認知行動療法研究査読有り44(2)p.115 - 126-2018年05月 

書籍等出版物

レベルアップしたい実践家のための事例で学ぶ認知行動療法テクニックガイド

鈴木伸一・神村栄一(編著)

北大路書房2013年 06月-

60のケースから学ぶ認知行動療法

坂野雄二(監修) 東条光彦・大河内浩人・嶋田洋徳・鈴木伸一・金井嘉宏(編著)

2012年-

エビデンスベイスト心理療法シリーズ 社交不安障害

鈴木伸一(監訳)

2011年-

 うつ病の集団認知行動療法実践マニュアル 

鈴木伸一・岡本泰昌・松永美希(編著)

2011年-

うつ病の行動活性化療法 

熊野宏昭・鈴木伸一(監訳)

2011年-

DVDで学ぶ新しい認知行動療法 うつ病の復職支援 

神村栄一・鈴木伸一・小林奈緒美

2011年-

医療心理学の新展開:チーム医療に活かす心理学の最前線

鈴木伸一(編著)

2008年-

慢性うつ病の精神療法:CBASPの理論と技法

古川壽亮・大野裕・岡本泰昌・鈴木伸一(監訳)

2005年-

実践家のための認知行動療法テクニックガイド

鈴木伸一・神村栄一(著) 坂野雄二(監修)

2005年-

がん患者の認知行動療法:メンタルケアと生活支援のための実践ガイド

鈴木伸一 (監訳)

北大路書房2016年 03月-

からだの病気のこころのケア:チーム医療に活かす心理職の専門性

鈴木伸一(編著)

北大路書房2016年 04月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

新たなトラウマ定義に基づく震災被災地域の要支援者への心理・教育・就労の統合的支援

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥3250000

研究種別:

認知行動療法の質保証に向けたコア・コンピテンスの解明と教育研修プログラムの精緻化

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥13260000

研究種別:

うつ病復職者の職場見守りシステム構築に向けた管理職用ツールと研修プログラムの開発

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4810000

研究種別:

外傷性ストレス体験者の否定的・肯定的な認知や活動に着目した認知行動論的研究

2012年-0月-2014年-0月

配分額:¥2990000

研究種別:

うつ病休職者の復職・職場適応支援と再発予防のためのプログラム開発

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:基盤研究(B)

携帯情報端末を用いた「治療の科学化」推進システムの開発

2005年-2007年

研究分野:内科学一般(含心身医学)

配分額:¥11940000

研究種別:

うつ病の生物・心理・社会的病態モデルの検討とそれに及ぼす認知行動療法の効果

配分額:¥3700000

研究種別:

視覚障害者の単独歩行に伴う心理・生理的ストレス反応と歩行に及ぼす影響

配分額:¥2200000

学内研究制度

特定課題研究

うつ病復職者の職場見守りシステム構築に向けた管理職用ツールの開発

2014年度

研究成果概要: 本研究の目的は、復職をはたしたうつ病休職経験者の再発予防のための「職場における見守りシステム」を構築することをねらいとして、復職者のメンタル不調につながる兆候を,上司等が簡便に評価可能な「日常業務でみられる行動面の兆候」に焦点を... 本研究の目的は、復職をはたしたうつ病休職経験者の再発予防のための「職場における見守りシステム」を構築することをねらいとして、復職者のメンタル不調につながる兆候を,上司等が簡便に評価可能な「日常業務でみられる行動面の兆候」に焦点を当てた他者評価チェックリストを開発することであった.研究の結果,うつ症状の重症度と精神疾患罹患の可能性を他者から見た行動的な兆候にて捉えることが可能なチェックリストが開発され,予測力が高い項目の組み合わせとカットオフ値を用いることにより,うつ症状の重症度と精神疾患罹患の可能性とを区別して判断することが可能であることが示唆された.

チーム医療を基盤とした新たなメンタルケアシステムのあり方と心理職の役割

2008年度

研究成果概要: 本研究の目的は、チーム医療における心理職業務の現状を明らかにすることをねらいとしている.本年度は,研究の基盤づくりを行うとともに、心理職業務に関する予備的調査を行い、実態調査に向けた基礎資料を得ることを目的とした。 まず、全国の... 本研究の目的は、チーム医療における心理職業務の現状を明らかにすることをねらいとしている.本年度は,研究の基盤づくりを行うとともに、心理職業務に関する予備的調査を行い、実態調査に向けた基礎資料を得ることを目的とした。 まず、全国の医療機関に勤務する心理職のネットワークを構築する為に、各施設への研究協力の依頼を行うとともに、ネットワークへの参加募集を行った。その結果、46施設、77名の心理職がネットワークへの参加に応じ、情報交換のためのメーリングリストが構築された。次に、メーリングリストを活用して各施設の現状および問題点について情報を収集した結果、チーム医療における役割が不明確なこと、一人職場が多く情報交換や連携の機会が不足していること、収入や社会保障等の待遇が貧弱であることなどが問題点として挙げられた。さらに、ネットワークメンバーの情報交換と共同研究の打ち合わせをねらいとした会合を開催し、次年度に向けて実態調査の内容について議論が行われた。その結果,調査項目案として,勤務形態、心理職の人数、対象者、対象疾患、連携診療科、業務内容、採用条件・雇用形態、収入、研修機会、他職種の連携における問題点などの点を調査していくことになった。 次年度以降は、上記の調査を行うとともに、他職種に対する調査も行っていく予定である。

チーム医療における心理職の専門性と他職種との連携に関する研究

2009年度

研究成果概要:本研究の目的は、医療現場で働く心理職の業務の現状を把握するとともに、チーム医療に求められる心理職の専門性は何かを明らかにし、チーム医療におけるメンタルケアシステムあり方と心理職の役割および他職種との連携のあり方について考察すること...本研究の目的は、医療現場で働く心理職の業務の現状を把握するとともに、チーム医療に求められる心理職の専門性は何かを明らかにし、チーム医療におけるメンタルケアシステムあり方と心理職の役割および他職種との連携のあり方について考察することであった。まず、これまでの取り組みで構築されてきたネットワークを活用して、全国の医療機関で働く心理士のチーム医療における専門性と職務上の問題点について相互の情報交換を行った。また、日本心理学会等においては、医療心理学における若手研究者育成に関するワークショップを開催し、情報発信を行った。さらに、全国の医療心理学の実践家、研究者によるMedical Psychologist Networkミーティングを開催し、がん医療、慢性疾患医療、精神医療における医療心理学の現状と課題について議論を行った。また、精神科医師を招聘し、精神科医と心理の連携についてのパテルディスカッションも行った。 以上の研究から、医療機関における心理士の役割は、医療に対する患者のニーズの多様化や全人的医療への意識の高まりに呼応して、重要視されるようになっているが、チーム医療に行ける心理士のワーキングモデルが確立していないために、十分に機能的な活動ができていないことが明らかにされた。今後は、相互の情報交換を深めながら、チーム医療にける心理士の役割と専門性を明確にしていくことが必要であると考えられる。

うつ病復職者の職場見守りシステム構築に向けた管理職用ツールの開発

2015年度

研究成果概要: 本研究の目的は、復職をはたしたうつ病休職経験者の再発予防のための「職場における見守りシステム」を構築することをねらいとして、復職者のメンタル不調につながる兆候を,上司等が簡便に評価可能な「日常業務でみられる行動面の兆候」に焦点を... 本研究の目的は、復職をはたしたうつ病休職経験者の再発予防のための「職場における見守りシステム」を構築することをねらいとして、復職者のメンタル不調につながる兆候を,上司等が簡便に評価可能な「日常業務でみられる行動面の兆候」に焦点を当てた他者評価チェックリストを開発することであった.研究の結果,復職者のメンタル不調につながる兆候を測定する9項目版の尺度とその短縮版の3項目版の尺度の信頼性と妥当性が検討され,職場で活用可能な有用な尺度であることが示唆された.また,実用においては,3項目セットの項目の得点を算出し,簡便なスクリーニングを行ない,その上で,兆候尺度の9項目セットによって,うつ症状の重症度について,現状予測と1ヵ月後の未来予測の両方のスクリーニングが行える可能性があることが示唆された.

うつ病復職者の職場見守りシステム構築に向けた管理職用ツールの開発

2016年度共同研究者:並木伸賢, 佐藤秀樹, 伊藤理沙

研究成果概要: 本研究では,復職支援を行う管理職者への研修プログラムを検討することを目的として,復職支援において管理職者が抱える困難感を客観的に把握するために,困難感尺度を作成し,因子構造と頼性・妥当性の確認を行った。また,困難感尺度と,復職支... 本研究では,復職支援を行う管理職者への研修プログラムを検討することを目的として,復職支援において管理職者が抱える困難感を客観的に把握するために,困難感尺度を作成し,因子構造と頼性・妥当性の確認を行った。また,困難感尺度と,復職支援で提供されるサポートごとに管理職者が有用と考えている程度(有用感)の関連性を検討した。その結果,管理職者の対応としてのリーダーシップ・視点取得,職場で提供されるサポートの有用感は困難感と関連が少ないが,サポートを活用することが困難感との重要な関連因子である可能性が示唆された。

医療心理学領域における心理士養成システムに関する研究

2017年度

研究成果概要:本研究は、終末期のメンタルケアおけるスピリチュアルケアや自然療法などを活用したホリスティックケアの中心的地域であるハワイにおいて,先進的な臨床技法を習得し,今後の臨床研究に還元していくことを目的とした。具体的には、Kekaimal...本研究は、終末期のメンタルケアおけるスピリチュアルケアや自然療法などを活用したホリスティックケアの中心的地域であるハワイにおいて,先進的な臨床技法を習得し,今後の臨床研究に還元していくことを目的とした。具体的には、Kekaimalinoにおいてハワイの伝統的な自然療法およびスピリチュアルセラピーの研究を行うとともに、Daishojiにてマインドフルネス瞑想の理論と実践について研究を行った。さらに、Universityof Hawaiʻi at Hiloにおいては、ハワイ大学におけるカウンセリングコースのトレーニングプログラムの概要と臨床実習制度についての情報収集を行った。

医療心理学領域における心理士養成システムに関する研究

2018年度共同研究者:伊藤大輔, 小関俊祐, 小川祐子, 柳井優子

研究成果概要:わが国の臨床心理学専門家教育は一定の成果を上げているが,身体疾患患者を対象とした医療心理学の領域においては,欧米に大きく遅れを取っている.我が国では,臨床心理の国家資格化制度のスタートにあたり,がんや心臓疾患,生活習慣病をはじめと...わが国の臨床心理学専門家教育は一定の成果を上げているが,身体疾患患者を対象とした医療心理学の領域においては,欧米に大きく遅れを取っている.我が国では,臨床心理の国家資格化制度のスタートにあたり,がんや心臓疾患,生活習慣病をはじめとする主要な身体疾患患者のメンタルケアをチーム医療の一員として担うことができる医療心理学の専門家の教育・実習システムの確立が急務である. このような問題意識を背景に、医療心理学の専門家の養成システムや,医療機関でのメンタルケアシステムの先進的な取り組みを調査し,日本における臨床心理学教育の方向性を検討を行った。

海外研究活動

研究課題名: 医療心理学領域におけるr心理士養成システムに関する研究

2017年03月-2018年02月

機関: King’s Collage London(United Kingdom)、Kekaimalino(USA)、Exeter University(United Kingdom)、Oxford University(United Kingdom)、University of Hawaiʻi at Hilo(USA)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
健康福祉科学概論人間科学部2019夏クォーター
ケースフォーミュレーション(心理的アセスメント) 01人間科学部2019春学期
健康・医療心理学人間科学部2019春学期
専門ゼミI(医療心理学/職場メンタルヘルス学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(医療心理学/職場メンタルヘルス学)人間科学部2019秋学期
健康福祉科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 03人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康・医療心理学 01人間科学部(通信教育課程)2019春学期
健康・医療心理学 02人間科学部(通信教育課程)2019春学期
健康・医療心理学 03人間科学部(通信教育課程)2019春学期
健康・医療心理学 04人間科学部(通信教育課程)2019春学期
健康・医療心理学 05人間科学部(通信教育課程)2019春学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
臨床心理面接法特論 II大学院人間科学研究科2019春学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)A 01大学院人間科学研究科2019春学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)A 02大学院人間科学研究科2019春学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)B 01大学院人間科学研究科2019秋学期
臨床心理実習 I(心理実践実習)B 02大学院人間科学研究科2019秋学期
臨床心理実習 IIA 01大学院人間科学研究科2019春学期
臨床心理実習 IIA 02大学院人間科学研究科2019春学期
臨床心理実習 IIB 01大学院人間科学研究科2019秋学期
臨床心理実習 IIB 02大学院人間科学研究科2019秋学期
心理実践実習(1)A大学院人間科学研究科2019春学期
心理実践実習(1)B大学院人間科学研究科2019秋学期
心理実践実習(2)A大学院人間科学研究科2019春学期
心理実践実習(2)B大学院人間科学研究科2019秋学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
医療心理学・職場メンタルヘルス学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度