氏名

オグラ ヨシアキ

小倉 義明

職名

教授 (https://researchmap.jp/7000001586/)

所属

(政治経済学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
yogura@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/yogura/main_yogura.html(個人ホームページ)

研究者番号
70423043

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

学内研究所等

環境と貿易研究所

研究所員 2012年-2015年

学歴・学位

学歴

-1995年 京都大学 法学部
-1999年 京都大学 経済学研究科
-2005年 コロンビア大学 経済学研究科 経済学

学位

経済学博士 課程 コロンビア大学(米国) 金融・ファイナンス

経歴

2008年04月-2012年03月立命館大学経営学部 准教授
2006年01月-2008年03月一橋大学経済研究所 専任講師(任期付)
2005年08月-京都大学経済研究所 先端政策分析研究センター 産学官連携研究員(任期付)

所属学協会

日本経済学会

日本ファイナンス学会

日本金融学会

アメリカ金融学会

アメリカ経済学会

受賞

第5回丸淳子研究奨励賞

2017年06月授与機関:日本ファイナンス学会

研究分野

キーワード

銀行理論、応用ミクロ経済学

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 金融・ファイナンス

研究テーマ履歴

2012年-2015年日本の企業ファイナンスに関する実態分析:企業の環境変化と金融機関のあり方

国内共同研究

2011年-2014年日本型金融システムの再評価:メインバンク制の視点から

国内共同研究

2011年-2014年日本経済の持続的な経済成長のための企業動学に関する包括的な研究

国内共同研究

論文

The Objective Function of Government-Controlled Banks in a Financial Crisis

Yoshiaki Ogura

Journal of Banking and Finance査読有り89p.78 - 932018年04月-2018年04月 

DOI

The Certification Role Of Pre-IPO Banking Relationships: Evidence From IPO Underpricing in Japan

Ogura, Yoshiaki

Japanese Economic Review査読有り68(2)p.258 - 2782017年06月-2017年06月 

DOIScopus

詳細

ISSN:13524739

概要:© 2016 Japanese Economic Association. We find empirical evidence that pre-initial public offering (IPO) relationships with commercial banks through lending and investment via their venture capital subsidiaries significantly reduce IPO underpricing in Japan. This findings suggest that a pre-IPO banking relationship certifies the low risk of an IPO firm. Given the fact that institutional investors are a minority in the allocation of IPO stocks in Japan, this effect is expected to come mainly from reducing either the investors' winner's curse or the signaling incentive of IPO firms, rather than from the reduction in information rent for institutional investors participating in the book-building process.

Inside bank premiums as liquidity insurance

Nemoto, Tadanobu; Ogura, Yoshiaki; Watanabe, Wako

Journal of the Japanese and International Economies42p.61 - 762016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:08891583

概要:© 2016 Elsevier Inc.This paper estimates inside bank premiums arising from relationship banking and identifies the primary mechanism causing them among competing extant theories. Our empirical results using a dataset that is primarily based on a survey that we designed show that inside bank premiums are economically significant with an average of 68–71 basis points for short-term loans. The subsample regressions show that these premiums are more likely to result from the provision of implicit insurance or flexibility in renegotiation by the inside bank and that they are more significant for firms whose inside banks are larger, those with a lower capital to asset ratio, or those in more concentrated loan markets.

企業の環境変化と金融機関のあり方 : 日本の企業ファイナンスに関する実態調査(2014年)の結果概要

内田 浩史;小倉 義明;筒井 義郎;根本 忠宣;家森 信善;神吉 正三;渡部 和孝

経営研究61p.1 - 642015年03月-2015年03月 

CiNii

詳細

ISSN:13475495

地域金融機関の経営実態

内田 浩史;小倉 義明;筒井 義郎;根本 忠宣;家森 信善;神吉 正三;渡部 和孝

経営研究57p.1 - 532014年05月-2014年05月 

CiNii

詳細

ISSN:13475495

Bank Consolidation and Soft Information Acquisition in Small Business Lending

Yoshiaki Ogura and Hirofumi Uchida

Journal of Financial Sevices Research査読有り45p.173 - 2002014年04月-

DOI

中小企業金融の環境変化のもとでの政策金融の役割と課題—『金融機関に対する中小企業の意識調査』の結果をもとに—

家森信善・内田浩史・植杉威一郎・小倉義明・高久賢也・富村圭・根本忠宣・渡部和孝

調査と資料 (名古屋大学大学院経済学研究科附属国際経済政策研究センター)(119)p.1 - 952014年03月-

The Decision-Making Mechanism of Regional Financial Institutions and the Utilization of Soft Information

Tadanobu Nemoto, Yoshiaki Ogura, and Wako Watanabe

Public Policy Review (Policy Research Institute, Ministry of Finance, Japan)招待有り9(1)p.87 - 1152013年01月-

Lending Competition and Credit Availability for New Firms: Empirical Study with the Price Cost Margin in Regional Loan Markets

Yoshiaki Ogura

Journal of Banking and Finance査読有り36p.1822 - 18382012年04月-

DOI

地域金融機関の意思決定構造とソフト情報の活用

小倉義明、根本忠宣、渡部和孝

フィナンシャル・レビュー (財務省財務総合政策研究所)招待有り2012(2)p.31 - 532012年03月-

Interbank Competition and Information Acquisition: Evidence from the Interest Rate Difference

Yoshiaki Ogura

Journal of Financial Intermediation査読有り19p.279 - 3042010年04月-

DOI

Lending Competition and Relationship Banking: Evidence from Japan

Yoshiaki Ogura and Nobuyoshi Yamori

International Journal of Business査読有り15p.377 - 3932010年04月-

The Dynamics of R&D Network in the IT Industry

Nobuyuki Hanaki, Ryo Nakajima, and Yoshiaki Ogura

Research Policy査読有り39p.386 - 3992010年04月-

DOI

リレーションシップ型金融仲介の経済分析

小倉義明

現代ファイナンス査読有り24p.3 - 222008年09月-

金融機関の経営統合とソフトな情報の毀損

小倉義明・内田浩史

経済研究(一橋大学経済研究所)査読有り59p.153 - 1632008年04月-

地域金融市場の競争度と新規参入企業の融資利用可能性:リレーションシップバンキングの観点から

小倉義明

筒井義郎・植村修一編著 『リレーションシップバンキングと地域金融』 第3章p.81 - 1002007年06月-

地域金融市場の競争度とリレーションシップバンキング

小倉義明

橘木俊詔編 『日本経済の実証分析』 第7章p.141 - 1592007年03月-

Learning from a Rival Bank and Lending Boom

Yoshiaki Ogura

Journal of Financial Intermediation査読有り15p.535 - 5552006年10月-

DOI

講演・口頭発表等

Product Network Connectivity and Information for Loan Pricing

Yoshiaki Ogura

The 30th Australiasian Finance & Banking Conference(the Institute of Global Finance and the School of Banking and Finance, UNSW Business School)2017年12月14日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:シドニー

The Objective Function of Government-Controlled Banks in a Financial Crisis

Yoshiaki Ogura

The 29th Australian Finance and Banking Conference2016年12月14日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:オーストラリア、シドニー

The Objective Function of Government-Controlled Banks in a Financial Crisis

Yoshiaki Ogura

日本ファイナンス学会第24回大会(日本ファイナンス学会)2016年05月21日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:横浜国立大学

Network Motivated Lending Decisions

Yoshiaki Ogura

American Economic Association 2016 Annual Meeting(American Economic Association)2016年01月04日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:サンフランシスコ

Network-Motivated Lending Decisions

Yoshiaki Ogura

日本経済学会2015年度秋季大会(日本経済学会)2015年10月11日

詳細

開催地:東京

Certification Role of Pre-IPO Bank Relationships: Evidence from Japanese IPO Underpricing

Yoshiaki Ogura

Asian Finance Association, 2014 Conference(Asian Finance Association)2014年06月25日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ヌサドゥア

Certification Role of Pre-IPO Bank Relationships: Evidence from Japanese IPO Underpricing

Yoshiaki Ogura

日本ファイナンス学会第22回大会(日本ファイナンス学会)2014年06月01日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:中央大学

Network-Motivated Lending Decision

Yoshiaki Ogura

Western Economic Association International, Biennial Pacific Rim Conference(Western Economic Association)2013年03月14日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:慶應義塾大学

An Estimation of the Inside Bank Premium

Yoshiaki Ogura

Financial Management Association, Annual Meeting2010年10月23日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ニューヨーク

An Estimation of the Inside Bank Premium

Yoshiaki Ogura

Financial Intermediation Research Society, Annual Meeting2010年06月08日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:European Institute University

An Estimation of the Inside Bank Premium

Yoshiaki Ogura

日本ファイナンス学会第18回大会2010年05月23日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:上智大学

Lending Competition, Relationship Banking, and Credit Availability for Entrepreneurs

Yoshiaki Ogura

Financial Intermediation Research Society, Annual Meeting2008年06月07日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:アンカレッジ

Bank Consolidation and Soft Information Acquisition in Small Business Lending

Yoshiaki Ogura

The Conference on the Mergers & Acquisitions of Financial Institutions(FDIC, FRB Chicago, University of Kansas, Journal of Financial Service Research)2007年11月30日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:アーリントン

リレーションシップ型金融仲介の経済分析

小倉義明

日本ファイナンス学会第14回研究観望会2007年11月01日

詳細

口頭発表(一般)

Lending Competition, Relationship Banking, and Credit Availability for Entrepreneurs

Yoshiaki Ogura

日本経済学会春季大会2007年06月03日

詳細

口頭発表(一般)開催地:大阪学院大学

Does lending competition promote relationship banking? Evidence from the US small business financing data

Yoshiaki Ogura

The 30th Anniversary of the Journal of Banking and Finance Conference2006年06月06日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:北京大学

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

企業間取引ネットワークと銀行融資

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

日本の企業ファイナンスに関する実態分析:企業の環境変化と金融機関のあり方

2012年-0月-2016年-0月

配分額:¥17290000

研究種別:

担保としての土地保有と借入制約に関する理論・実証研究

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

日本型金融システムの再評価:メインバンク制の視点から

2011年-0月-2015年-0月

配分額:¥19500000

研究種別:

日本経済の持続的な経済成長のための企業動学に関する包括的な研究

2011年-0月-2015年-0月

配分額:¥48880000

研究種別:

日本の企業ファイナンスに関する実態分析:リレーションシップ型金融の意義と限界

配分額:¥16900000

研究種別:

未上場企業向け融資市場における排他的情報生産の計測

配分額:¥4160000

研究種別:

銀行間競争とリレーションシップ・バンキングに関する計量分析

配分額:¥3610000

研究種別:

企業間取引ネットワークの形成と金融市場の資源再配分機能

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

企業統治と企業成長:変容する日本の企業統治の理解とその改革に向けて

2015年-0月-2020年-0月

配分額:¥35100000

研究種別:

経済実験を用いた高頻度トレーダーに対する規制の研究

2019年-0月-2024年-0月

配分額:¥16900000

研究資金の受入れ状況

提供機関:公益財団法人野村財団制度名:2016年度社会科学助成

企業間取引ネットワークと金融機関のリスク2016年04月-2017年03月

代表

提供機関:全国銀行学術研究振興財団制度名:全国銀行学術研究振興財団研究助成

金融危機における政策金融の経済厚生評価2016年02月-2017年03月

代表

学内研究制度

特定課題研究

金融危機における政策金融の経済厚生評価

2016年度

研究成果概要:I found evidence that government-controlled banks significantly increased their lending to small and medium-sized e...I found evidence that government-controlled banks significantly increased their lending to small and medium-sized enterprises (SMEs) whose main bank is a large bank in the 2007-09 financial crisis. Further analyses show that both the weak relationship between large banks and SMEs, which is characterized by lower deposit and loan shares, and the crowding-out due to the loan demand surge among large corporations, which were temporarily shut out of the securities market, contributed to this phenomenon. The mixed Cournot oligopoly model including a government-controlled bank, a profit-maximizing main bank providing a differentiated service, which is characterized by an implicit insurance for a relational borrower against a temporary financial distress, and other profit-maximizing banks providing a non-differentiated service shows that the above finding regarding the weak relationship is consistent with the welfare maximization by a government-controlled bank rather than its own profit maximization. This finding provides evidence for the role of government-controlled banks as a shock absorber against a financial crisis.

個人投資家の取引戦略とIPOアンダープライシング

2017年度

研究成果概要:I investigated the significance of the retail investors' sentiment as a determinant of the IPO underpricing in Japa...I investigated the significance of the retail investors' sentiment as a determinant of the IPO underpricing in Japan and quantified the magnitude of the effect of the sentiment.  The IPO underpricing is about 90% on average for firms listed on the emerging small-capital company market from 2004 to 2014 in Japan.  I used the daily market turnover rate in the first five trading days after IPO as a proxy for the sentiment.  The higher turnover indicates the higher sentiment.   I found that one sigma increase (20 percentage points) in the turnover rate increases the IPO underpricing by 26-30% on average and reduces the one-year return after an IPO by about 30%.   Further analyses show that the sentiment, measured by the turnover rate, is decreasing in the share allocated to retail investors, who are presumably susceptible to the sentiment.  This result is consistent with the assumption in the theory by Ljungqvist, Nanda, and Singh (2006) that retail investors' sentiment is decreasing in their holdings of the issued stock.   

国内新興市場におけるIPO株式のパフォーマンスと個人投資家のセンチメント

2018年度

研究成果概要:I revised the statistical analysis on the impact of market sentiment to IPO underpricing in Japanese stock exchange...I revised the statistical analysis on the impact of market sentiment to IPO underpricing in Japanese stock exchanges for small capital firms from 2004 to 2014, which I conducted in the last academic year, and complied the result into a working paper. To investigate the impact of the behavioral bias, which is called sentiment, to the IPO underpricing, I used the daily market turnover rate in the first five trading days after IPO as a proxy for the sentiment. The most important revision is the analysis to show that the inverse U-shaped relationship between the allocation to retail investors, who are presumably susceptible to the sentiment, and the sentiment. If an IPO stock is not subject to sentiment, retail investors are reluctant to bid for the initial offer. This implies a positive correlation between the sentiment and the allocation to retail investors. If an IPO stock is highly subject to sentiment, many retail investors bid for the offer and more likely to be rejected due to the excess demand. This implies the negative correlation between them. The estimated coefficients indicate that if the allocation share of retail investors is higher than about 60%, the latter force exceeds the former. 

海外研究活動

研究課題名: 企業間取引ネットワークと銀行の健全性

2018年03月-2019年03月

機関: ルーヴェンカトリック大学(ベルギー)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎演習 32政治経済学部2019春学期
マクロ経済学B 01政治経済学部2019秋学期
金融論I 01政治経済学部2019春学期
金融論II 01政治経済学部2019秋学期
プレ経済学演習 (小倉義明)政治経済学部2019冬クォーター
経済学演習 I (小倉義明)政治経済学部2019春学期
経済学演習 II (小倉義明)政治経済学部2019秋学期
経済学演習論文 (小倉義明)政治経済学部2019秋学期
Money and Banking II 01政治経済学部2019秋学期
金融論(PM:小倉義明)大学院政治学研究科2019春学期
金融論(小倉義明)大学院経済学研究科2019春学期
金融論研究指導A(小倉義明)大学院経済学研究科2019春学期
金融論研究指導B(小倉義明)大学院経済学研究科2019秋学期
金融論研究指導(演習)A(小倉義明)大学院経済学研究科2019春学期
Research guidance(seminar) on Money and Banking A(Ogura, Y)大学院経済学研究科2019春学期
金融論研究指導(演習)B(小倉義明)大学院経済学研究科2019秋学期
Research guidance(seminar) on Money and Banking B(Ogura, Y)大学院経済学研究科2019秋学期

教育内容・方法の工夫

他大学ゼミとの交流ゼミナール大会

2012年11月-

詳細

概要:関東・関西圏の5大学の関連分野ゼミによる交流ゼミナール大会に参加。