氏名

トミタ ノゾミ

富田 望

職名

講師(任期付) (https://researchmap.jp/nozomi_tomita/)

所属

(人間科学部)

学歴・学位

学歴

2009年04月-2013年03月 早稲田大学 人間科学部 健康福祉科学科
2013年04月-2015年03月 早稲田大学 人間科学研究科修士課程
2015年04月-2018年03月 早稲田大学 人間科学研究科博士後期課程

学位

博士(人間科学) 課程 早稲田大学 臨床心理学

経歴

2013年09月-2014年03月早稲田大学人間科学部 ティーチング・アシスタント(教務補助)
2013年11月-2016年03月国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター病院 第一精神科診療部 研究生
2015年04月-2017年03月綾瀬駅前診療所 主任非常勤心理士/実習指導員
2015年04月-2016年02月早稲田大学大学院人間科学研究科 ティーチング・アシスタント(教務補助)
2015年09月-2017年03月早稲田大学人間科学部通信教育課程教育コーチ
2016年04月-2018年03月科学研究費助成事業 (基盤研究 (C)) 早稲田大学リサーチ・アシスタント (RA)
2018年04月-綾瀬駅前診療所 主任非常勤心理士/実習指導員

所属学協会

日本心理学会

日本認知・行動療法学会

日本不安症学会

日本心身医学会

日本行動医学会

日本認知療法・認知行動療法学会

委員歴・役員歴(学外)

2018年09月-日本認知・行動療法学会教育・研修委員会

受賞

第58回日本心身医学会学術講演会 若手優秀発表賞

2017年06月授与機関:日本心身医学会

タイトル:スピーチ場面における注意バイアスと自己注目の可視化――視線追跡装置を用いて――

受賞者(グループ):富田 望・嶋 大樹・熊野宏昭

第10回日本不安症学会学術大会 若手優秀賞

2018年03月授与機関:日本不安症学会

タイトル:社交不安における他者への注意バイアスと自己注目の統合的理解にむけた方法論の構築

受賞者(グループ):富田 望・熊野宏昭

早稲田大学小野梓記念賞 学術賞

2018年03月授与機関:早稲田大学

タイトル:社交不安における自己注目と注意バイアスの統一的理解

受賞者(グループ):富田 望

第59回日本心身医学会学術講演会 若手優秀発表賞

2018年06月

タイトル:社交不安症における心的視点尺度と注意の偏りを測定する客観的指標との関連

受賞者(グループ):富田 望・熊野宏昭

研究分野

キーワード

臨床心理学、認知行動療法、社交不安症

科研費分類

社会科学 / 心理学 / 臨床心理学

論文

Does visual scanpath reflect self-focused and other-focused attention, a maintenance factor of social anxiety?

N. Tomita, A. Minamide, & H. Kumano

2019年09月-

DOI

Relationships between Cortically Mediated Attentional Dysfunction and Social Anxiety, Self-focused Attention and External Attention Bias

N. Tomita, S. Imai, Y. Kanayama, and H. Kumano

Perceptual and Motor Skills査読有り126(6)p.1101 - 11162019年08月-

DOI

注意の偏りが社交不安傾向に及ぼす影響

南出歩美・平 結衣・新川瑶子・佐々木瞳・長澤さやか・谷沢典子・熊谷真人・富田 望・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り18(1)p.45 - 502018年12月-2018年12月 

入眠時注意制御尺度の作成と信頼性・妥当性の検討―大学生を対象とした検討―

荒木美乃里・富田 望・熊野宏昭

行動医学研究査読有り24(1)p.2 - 112018年08月-

Change Agenda Questionnaireの作成と信頼性および妥当性の検討

嶋 大樹・富田 望・高橋まどか・熊野宏昭

行動医学研究査読有り23(2)p.103 - 1102018年-

社交不安症における心的視点尺度の開発

富田 望・嶋 大樹・熊野宏昭

心身医学査読有り58(1)p.65 - 732018年-

学会の印象:第10回日本不安症学会学術大会

富田 望

精神療法44(5)2018年-

臨床応用を学ぶ:メタ認知療法

富田 望・今井正司・熊野宏昭

臨床心理学18(1)p.36 - 392018年-

体型や食事に関するメタ認知的信念尺度の作成および信頼性と妥当性の検討

長澤さやか・熊谷真人・富田 望・木甲斐智紀・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り17(1)p.59 - 682017年-

パーソナリティ障害における混同信念尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

樋沼友子・富田 望・金山裕介・荒木美乃里・黒田彩加・熊野宏昭

認知療法研究査読有り10(1)p.65 - 742017年-

Use of Multichannel near infrared spectroscopy to study relationships between brain regions and neurocognitive tasks of selective/divided attention and 2-back working memory.

N. Tomita, S. Imai, Y. Kanayama, I. Kawashima, and H. Kumano

Perceptual and Motor Skills査読有り124(3)p.703 - 7202017年-

マインドフルネスと注意の制御

今井正司・富田 望・熊野宏昭

Clinical Neuroscience35(8)p.934 - 9372017年-

Post-Event Processing (PEP) と注意制御機能の関連――PEP時における想起視点機能尺度作成の試みとともに――

富田 望・今井正司・山口摩弥・熊野宏昭

不安症研究査読有り8(1)p.12 - 212016年-

社交不安者における特性不安および抑うつ症状と注意制御機能, 解釈バイアスの関連

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

認知療法研究査読有り9(1)p.44 - 542016年-

脅威モニタリング尺度の作成および信頼性・妥当性の検討

熊谷真人・荒木美乃里・富田 望・黒田彩加・樋沼友子・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り16(1)p.55 - 642016年-

注意訓練法を用いた全般性不安障害患者に対するメタ認知療法

黒田彩加・岩田彩香・齋藤順一・富田 望・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り16(1)p.3 - 172016年-

マインドフルネスが適用となる患者

熊野宏昭・杉山風輝子・富田 望・嶋 大樹・川島一朔・齋藤順一・木甲斐智紀・井上和哉

臨床精神医学45p.23 - 262016年-

慢性疾患患者の生活指導からQOLの拡大へ―認知行動療法による支援―

嶋 大樹・富田 望・熊野宏昭

Journal of Clinical Rehabilitation25p.1083 - 10872016年-

マインドフルネス系CBTの理論と方法論

熊野宏昭・富田 望・嶋 大樹・川島一朔

臨床心理学16(4)p.439 - 4432016年-

社交不安におけるPost-event processingと注意制御機能の関連

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り14(1)p.47 - 552015年-

全般性不安障害のメタ認知モデルと思考制御の必要性に関する信念の関連

岸野有里・富田 望・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り14(1)p.79 - 872015年-

注意訓練法が注意機能及びメタ認知的信念・ネガティブ感情に与える影響

佐々木彩・灰谷知純・富田 望・越川房子・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り14(1)p.99 - 1082015年-

メタ認知的観点から見た抑うつ症状と心配の関連性の検討

黒田彩加・友惠眞理子・富田 望・岸野有里・荒木美乃里・樋沼友子・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り15(1)p.65 - 722015年-

注意訓練がマインドワンダリング及び抑うつ・不安へ及ぼす影響

臼井 香・川島一朔・灰谷知純・杉山風輝子・富田 望・佐々木彩・高橋 徹・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り15(1)p.91 - 992015年-

社交不安傾向者における注意制御機能と解釈バイアスの関連

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

早稲田大学臨床心理学研究査読有り13(1)p.33 - 412014年-

書籍等出版物

社交不安症の有病率――罹患年齢などの疫学から――、小山 司編「社交不安症 UPDATE――エスシタロプラムによるアプローチを中心に――」、先端医学社、東京、33-39

富田 望・嶋 大樹・熊野宏昭(分担執筆)

2017年-

詳細

総ページ数:183担当ページ数:33-39

実践!マインドフルネス――今この瞬間に気づき青空を感じるレッスン――

熊野宏昭・富田 望・樋沼友子・荒木美乃里・黒田彩加(共著)

サンガ2016年-

詳細

総ページ数:139

講演・口頭発表等

Neural correlates of self-focused attention and external attention bias in social anxiety

N. Tomita and H. Kumano

9th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies2019年07月

詳細

国際会議ポスター発表

A unified understanding of self-focused attention and attention bias in social anxiety

N. Tomita

International Symposium on Clinical Neuroscience of Mindfulness2018年10月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

社交不安における自己注目と注意バイアスの統一的理解

富田 望

日本心理学会第82回大会2018年09月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

メタ認知的信念と注意バイアスの関連

南出歩美・甲斐圭太郎・富田 望・熊谷真人・熊野宏昭

日本心理学会第82回大会2018年09月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安に対するメタ認知療法の介入法と研究法;メタ認知療法に基づいた研究と介入の実践

富田 望・熊野宏昭

第10 回日本不安症学会学術大会招待有り2018年03月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

社交不安に対するメタ認知療法の介入法と研究法;メタ認知理論における状況への再注意法の機序検討

熊谷真人・富田 望・木甲斐智紀・ 熊野宏昭

第10 回日本不安症学会学術大会2018年03月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

社交不安に対するメタ認知療法の介入法と研究法;脅威への注意の促進における処理様式の実験的検討

南出歩美・甲斐圭太郎・富田 望・熊谷真人・熊野宏昭

第10 回日本不安症学会学術大会2018年03月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

体験の回避が過敏性腸症候群の腹部症状に及ぼす影響

齊藤早苗・嶋 大樹・富田 望・対馬ルリ子・熊野宏昭

日本心理学会第81回大会2017年09月

詳細

国内会議ポスター発表

大学生における音楽活動と特性不安, 及び注意制御機能の関連

甲斐圭太郎・鈴木佑梨・富田 望・灰谷知純・熊野宏昭

日本心理学会第81回大会2017年09月

詳細

国内会議ポスター発表

ACTにより10年来の回避的機能を持つ服薬が解消され、行動活性化が見られた一例

熊谷真人・富田 望・臼井 香・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第43回大会2017年09月

詳細

国内会議ポスター発表

衝動的行為に対する道具的信念尺度の開発および信頼性と妥当性の検討

樋沼友子・富田 望・木甲斐智紀・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第43回大会2017年09月

詳細

国内会議ポスター発表

大学生の音楽活動と特性不安, 抑うつ,注意制御機能及び脳活動の関連

甲斐圭太郎・鈴木佑梨・富田 望・灰谷知純・川島一朔・木甲斐智紀・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第43回大会2017年09月

詳細

国内会議ポスター発表

睡眠関連変数と入眠潜時評価の歪みの関連の検討

谷沢典子・荒木美乃里・熊谷真人・木甲斐智紀・富田 望・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第43回大会2017年09月

詳細

国内会議ポスター発表

ワークショップ10 メタ認知療法とアクセプタンス&コミットメントセラピーの適用の実際

熊野宏昭・富田 望・嶋 大樹

第14回日本うつ病学会総会・第17回日本認知療法・認知行動療法学会合同開催2017年07月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

スピーチ場面における注意バイアスと自己注目の可視化――視線追跡装置を用いて――

富田 望・嶋 大樹・熊野宏昭

第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会2017年06月

詳細

国内会議ポスター発表

気分のバラツキは回避の証拠?―日常生活下での検討―

嶋 大樹・富田 望・熊野宏昭

第58回日本心身医学会総会ならびに学術講演会2017年06月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安の認知行動的特徴と注意制御機能およびWorking Memoryの関連

富田 望・今井正司・金山裕介・川島一朔・熊野宏昭

第23回日本行動医学会学術総会2017年03月

詳細

国内会議ポスター発表

注意制御機能の向上による入眠困難改善の効果検討

荒木美乃里・富田 望・黒田彩加・樋沼友子・木甲斐智紀・熊野宏昭

第23回日本行動医学会学術総会2017年03月

詳細

国内会議ポスター発表

能動的注意制御機能が特性不安に与える影響―認知注意症候群との関連を踏まえて―

熊谷真人・荒木美乃里・富田 望・木甲斐智紀・黒田彩加・樋沼友子・熊野宏昭

第23回日本行動医学会学術総会2017年03月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安症を読み解く:注意制御の測定

富田 望

健康心理学会学校発達保健研究部会シンポジウム招待有り2017年02月

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

社会的場面における視点取得尺度の作成

富田 望・嶋 大樹・樋沼友子・熊野宏昭

第16回日本認知療法学会2016年11月

詳細

国内会議ポスター発表

煙草恐怖症患者に対するメタ認知療法

富田 望・樋沼友子・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第42回大会2016年10月

詳細

国内会議ポスター発表

パーソナリティ障害における混同信念尺度の信頼性と妥当性の再検討

樋沼友子・富田 望・荒木美乃里・黒田彩加・木甲斐智紀・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第42回大会2016年10月

詳細

国内会議ポスター発表

平常時と入眠時の能動的注意制御機能が睡眠関連変数へ与える影響の検討

荒木美乃里・富田 望・黒田彩加・樋沼友子・木甲斐智紀・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第42回大会2016年10月

詳細

国内会議ポスター発表

抑うつエピソードの改善後も残存するメタ認知的信念

黒田彩加・富田 望・荒木美乃里・樋沼友子・木甲斐智紀・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第42回大会2016年10月

詳細

国内会議ポスター発表

脅威モニタリング尺度の作成および信頼性・妥当性の検討

熊谷真人・荒木美乃里・富田 望・木甲斐智紀・黒田彩加・樋沼友子・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第42回大会2016年10月

詳細

国内会議ポスター発表

Development of the Metacognitions for Focused Attention Scale: Confirming its Reliability and Validity

N. Tomita, and H. Kumano

The 17th Asian Congress of Psychosomatic Medicine2016年08月

詳細

国際会議ポスター発表

Attentional control dysfunction in depression

N. Tomita, S. Imai, and H. Kumano

The 31st International Congress of Psychology2016年07月

詳細

国際会議ポスター発表

A search for the relationship of interpersonal rejection sensitivity and Cognitive Attentional Syndrome (CAS): A metacognitive perspective

T. Hinuma, N. Tomita, Y. Kishino, M. Araki, A. Kuroda and H. Kumano

The 31st International Congress of Psychology2016年07月

詳細

国際会議ポスター発表

A search for the effects on worry of depression: A metacognitive perspective

A. Kuroda, M. Tomoe, N. Tomita, Y. Kishino, M. Araki, T. Hinuma, and H. Kumano

The 31st International Congress of Psychology2016年07月

詳細

国際会議ポスター発表

A Study on the Impact of Attention Control on Insomnia

M. Araki, N. Tomita, A. Kuroda, T. Hinuma, and H. Kumano

The 31st International Congress of Psychology2016年07月

詳細

国際会議ポスター発表

How does brain work during mindfulness meditation?

H. Kumano, I. Kawashima, T. Haitani, F. Sugiyama, N. Tomita and T. Shima

The 31st International Congress of Psychology2016年07月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

Post-event processing and attentional control function in social anxiety

N. Tomita, S. Imai, and H. Kumano

8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies2016年06月

詳細

国際会議ポスター発表

Effectiveness and mechanism of attention training technique on depressed patients by observing two cases

A. Sasaki, N. Tomita, I. Kawashima, Y. Nishi, M. Nomura, S. Setoyama, T. Noda, and H. Kumano

8th World Congress of Behavioural and Cognitive Therapies2016年06月

詳細

国際会議ポスター発表

社交不安の認知行動的特徴と注意制御機能の関連―近赤外線スペクトロスコピィ (NIRS) を用いた検討―

富田 望・今井正司・熊野宏昭

第8回日本不安症学会学術大会2016年02月

詳細

国内会議ポスター発表

注意訓練法を用いた全般性不安障害患者に対するメタ認知療法

黒田彩加・富田 望・熊野宏昭

2016年02月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安と注意制御機能の関連―心理・行動・生理の指標を用いた検討―

富田 望・金山裕介・今井正司・岸野有里・友惠眞理子・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第41回大会2015年10月

詳細

国内会議ポスター発表

全般性不安障害のメタ認知モデルと思考制御の必要性に関する信念の関連

岸野有里・富田 望・友惠眞理子・上野聖人・荒木美乃里・黒田彩加・樋沼友子・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第41回大会2015年10月

詳細

国内会議ポスター発表

性周期に伴うメタ認知的信念・反芻・注意制御機能の関連

友惠眞理子・富田 望・岸野有里・上野聖人・荒木美乃里・樋沼友子・黒田彩加・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第41回大会2015年10月

詳細

国内会議ポスター発表

入眠時注意制御尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

荒木美乃里・富田 望・上野聖人・友惠眞理子・岸野有里・黒田彩加・樋沼友子・熊野宏昭

2015年10月

詳細

国内会議ポスター発表

注意訓練における神経科学的効果の検討

臼井 香・川島一朔・灰谷知純・杉山風輝子・富田 望・佐々木彩・高橋 徹・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第41回大会2015年10月

詳細

国内会議ポスター発表

入眠時注意制御尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

黒田彩加・友惠眞理子・富田 望・岸野有里・荒木美乃里・樋沼友子・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第41回大会2015年10月

詳細

国内会議ポスター発表

パーソナリティ障害における混同信念尺度の作成と信頼性・妥当性の検討

樋沼友子・金山裕介・富田 望・友惠眞理子・岸野有里・上野聖人・荒木美乃里・黒田彩加・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第41回大会2015年10月

詳細

国内会議ポスター発表

心理・行動・生理の指標を用いた注意制御機能に関する検討

富田 望・金山裕介・今井正司・熊野宏昭

日本心理学会第79回大会2015年09月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安と注意制御機能およびWorking Memoryの関連

富田 望・今井正司・熊野宏昭

第12回日本うつ病学会総会・第15回日本認知療法学会2015年07月

詳細

国内会議ポスター発表

Post-event processing in social anxiety

N. Tomita, M. Yamaguchi and H. Kumano

The 5th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference2015年05月

詳細

国際会議ポスター発表

多数の精神疾患を併発する患者に対する認知行動療法

富田 望・佐藤有佳・熊野宏昭

第21回日本行動医学会学術総会2014年11月

詳細

国内会議ポスター発表

ストレス反応からの回避を行う患者に対する認知行動療法

富田 望・熊野宏昭

第30回ストレス学会学術総会2014年11月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安における注意制御機能と注意バイアスの関連

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第40回大会2014年11月

詳細

国内会議ポスター発表

全般性不安障害のメタ認知モデルと思考制御の必要性に関する信念,破局的思考の緩和の関連

岸野有里・富田 望・熊野宏昭

日本認知・行動療法学会第40回大会2014年11月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安におけるPost-event processingと注意制御機能の関連

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

日本心理学会第78回大会2014年09月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安者における注意制御機能の検討

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

第14回日本認知療法学会 第18回日本摂食障害学会学術集会 合同大会2014年09月

詳細

国内会議ポスター発表

社交不安傾向者における注意バイアスと記憶バイアスの検討

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

日本心理学会第77回大会2013年09月

詳細

国内会議ポスター発表

Attentional Control Function and Interpretation Bias in Social Anxiety

N. Tomita, Y. Nishi, S. Imai, and H. Kumano

The 4th Asian Cognitive Behavior Therapy (CBT) Conference2013年08月

詳細

国際会議ポスター発表

社交不安傾向者における注意制御機能と解釈バイアスの関連

富田 望・西 優子・今井正司・熊野宏昭

日本行動療法学会第39回大会2013年08月

詳細

国内会議ポスター発表

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:日本学術振興会特別研究員(DC)

社交不安症における注意の偏りの可視化と介入法の最適化

2017年04月-2018年03月

研究種別:研究活動スタート支援

社交不安症に対する注意に特化した治療プログラムの開発:自己注目の本質的役割の解明

2018年08月-2019年03月

研究種別:

社交不安症に対する注意に特化した治療プログラムの開発:自己注目の本質的役割の解明

2019年-0月-2020年-0月

配分額:¥1430000

研究資金の受入れ状況

提供機関:公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター制度名:パブリックヘルスリサーチセンター科学研究助成金

社交不安症における注意制御不全への介入方法の最適化2016年04月-2017年03月

代表

学内研究制度

特定課題研究

社交不安症患者における自己注目と注意バイアスの時系列変化の解明

2018年度

研究成果概要: 社交不安症患者を対象に実験を実施するための予備的研究として,大学生39名を対象にスピーチ中の視線の動きと脳活動を測定し,実験参加者の社交不安傾向とスピーチ中の自己注目,注意バイアスの関連性を検討した。そして,得られた研究成果を国... 社交不安症患者を対象に実験を実施するための予備的研究として,大学生39名を対象にスピーチ中の視線の動きと脳活動を測定し,実験参加者の社交不安傾向とスピーチ中の自己注目,注意バイアスの関連性を検討した。そして,得られた研究成果を国際誌であるSocial cognitive and affective neuroscienceに投稿し,査読者からの回答をふまえて実験手続きを再考した。また,大学生30名を対象に,自己注目を低減させるための方法である注意訓練法(Wells, 2007)を実施し,介入によってスピーチ中の自己注目や注意バイアスがどのように変化するのかを検討した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
心理発達検査法(心理的アセスメント) 02人間科学部2019春学期
ケースフォーミュレーション(心理的アセスメント) 02人間科学部2019秋学期
行動臨床科学研究法(心理学実験)02人間科学部2019秋学期
行動医学人間科学部2019秋学期
精神疾患とその治療人間科学部2019秋学期
公認心理師の職責人間科学部2019春季集中
関係行政論人間科学部2019春学期
心理教育臨床実習 A大学院人間科学研究科2019春学期
心理臨床事例実習 A大学院人間科学研究科2019春学期