氏名

モチヅキ マサヒト

望月 維人

職名

教授 (https://researchmap.jp/7000005253)

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
masa_mochizuki@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169--855新宿区 大久保3-4-1
電話番号
03-5286-2981

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/masa_mochizuki/index.html(多自由度相関系の理論物性物理学, 早稲田大学先進理工学部応用物理学科 望月維人研究室のホームページ)

研究者番号
80450419

本属以外の学内所属

学内研究所等

ホリスティック物理学研究所

研究所員 2017年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

1994年04月-1998年03月 東京大学 理学部 物理学科
1998年04月-2003年03月 東京大学 大学院理学系研究科 物理学専攻

学位

理学博士 東京大学

経歴

2003年04月-2006年03月日本学術振興会東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 小形正男研究室特別研究員(PD)
2006年04月-2006年12月独立行政法人理化学研究所古崎物性理論研究室基礎科学特別研究員
2007年01月-2009年04月科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業(ERATO)十倉マルチフェロイックスプロジェクト研究員
2009年04月-2013年03月東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻特任講師
2013年04月-2017年03月青山学院大学理工学部物理・数理学科准教授
2013年10月-2017年03月独立行政法人科学技術振興機構さきがけ(兼任)
2017年04月-早稲田大学理工学術院先進理工学部応用物理学科教授

所属学協会

日本物理学会

応用物理学会

日本磁気学会

委員歴・役員歴(学外)

2014年04月-2017年03月日本物理学会学会誌編集委員
2014年04月-2015年03月日本物理学会領域8運営委員

受賞

日本物理学会若手奨励賞(領域8)

2014年03月授与機関:日本物理学会

タイトル:「マルチフェロイックMn ペロブスカイトの電気磁気現象に関する理論研究」

科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞

2015年04月授与機関:文部科学省

タイトル:「マグノン励起による磁性制御の理論研究」

研究テーマ履歴

2017年-2019年トポロジカル磁気テクスチャの非平衡ダイナミクスと量子輸送現象の理論研究
2013年-2016年素材・デバイス・システム融合による革新的ナノエレクトロニクスの創成
2013年-2015年磁性強誘電体におけるエレクトロマグノンの強励起現象と光機能の理論的探索
2013年-2015年強相関電子系における動的電気磁気効果の理論的研究
2010年-2012年強誘電体における量子ドメインウォールの理論研究
2008年-2014年マルチフェロイックMn ペロブスカイトの電気磁気現象に関する理論研究
2007年-2007年軌道自由度を持つ強相関電子系物質の理論的研究
2003年-2006年軌道自由度のある強相関電子系の理論的研究

論文

Selective activation of an isolated magnetic skyrmion in a ferromagnet with microwave electric fields

A. Takeuchi, and M. Mochizuki

Appl. Phys. Lett.査読有り113p.0724042018年09月-

DOI

Spin model for nontrivial types of magnetic order in inverse-perovskite antiferromagnets

M. Mochizuki, M. Kobayashi, R. Okabe, and D. Yamamoto

Phys. Rev. B97p.060401(R)2018年02月-

DOI

Highly efficient induction of spin polarization by circularly polarized electromagnetic waves in the Rashba spin-orbit systems

M. Mochizuki, K. Ihara, J. Ohe, and A. Takeuchi

Appl. Phys. Lett.112p.1224012018年03月-

DOI

Formation process of skyrmion lattice domain boundaries: The role of grain boundaries

H. Nakajima, A. Kotani, M. Mochizuki, K. Harada, and S. Mori

Appl. Phys. Lett.111p.1924012017年11月-

DOI

Controlled creation of nanometric skyrmions using external magnetic fields

M. Mochizuki

Appl. Phys. Lett.111p.924032017年08月-

DOI

Theory of Magnetic-Field-Induced Polarization Flop in Spin-Spiral Multiferroics

Masahito Mochizuki

Phys. Rev. B92p.2244122015年12月-

DOI

Creation of Skyrmions by Electric Field on Chiral-Lattice Magnetic Insulators

Masahito Mochizuki

Advanced Electronic Materials2p.15001802015年10月-

DOI

Neel-type skyrmion lattice with confined orientation in the polar magnetic semiconductor GaV4S8

I. Kezsmarki, S. Bordács, P. Milde, E. Neuber, L. M. Eng, J. S. White, H. M. Ronnow, C. D. Dewhurst, M.Mochizuki, K. Yanai, H. Nakamura, D. Ehlers, V. Tsurkan, A. Loidl

Nature Materials14p.1116 - 11222015年09月-

DOI

Writing a skyrmion on multiferroic materials

M. Mochizuki and Y. Watanabe

Appl. Phys. Lett. 107p.824092015年08月-

DOI

Magnetoelectric domain control in multiferroic TbMnO3

M. Matsubara, S. Manz, M. Mochizuki, T. Kubacka, A. Iyama, N. Aliouane, T. Kimura, S. Johnson, D. Meier, and M. Fiebig

Science348p.1112 - 11152015年06月-

DOI

Microwave Magnetochiral Effect in Cu2OSeO3

Masahito Mochizuki

Phys. Rev. Lett.114p.1972032015年05月-

DOI

Thermally driven ratchet motion of a skyrmion microcrystal and topological magnon Hall effect

M. Mochizuki, X. Z. Yu, S. Seki, N. Kanazawa, W. Koshibae, J. Zang, M. Mostovoy, Y. Tokura, N. Nagaosa

Nature Materials13p.241 - 2462014年01月-

DOI

Current-induced skyrmion dynamics in constricted geometries

J. Iwasaki, M. Mochizuki, and N. Nagaosa

Nature Nanotechnology8p.742 - 7472013年09月-

DOI

Microwave magnetoelectric effect via skyrmion resonance modes in a helimagnetic multiferroic

Y. Okamura, F. Kagawa, M. Mochizuki, M. Kubota, S. Seki, S. Ishiwata, M. Kawasaki, Y. Onose, Y. Tokura

Nature Communications4p.33912013年08月-

DOI

Magnetoelectric resonances and predicted microwave diode effect of the skyrmion crystal in a multiferroic chiral-lattice magnet

M. Mochizuki, and S. Seki

Physical Review B87p.1344032013年04月-

DOI

Universal current-velocity relation of skyrmion motion in chiral magnets

J. Iwasaki, M. Mochizuki, and N. Nagaosa

Nature Communications4p.14632013年02月-

DOI

Hall Effect of Spin-Chirality Origin in a Triangular-Lattice Helimagnet Fe1.3Sb

Y. Shiomi, M. Mochizuki, Y. Kaneko, and Y. Tokura

Phys. Rev. Lett.108p.566012012年02月-

DOI

Origin of the Large Polarization in Multiferroic YMnO3 Thin Films Revealed by Soft- and Hard-X-Ray Diffraction

H. Wadati, J. Okamoto, M. Garganourakis, V. Scagnoli, U. Staub, Y. Yamasaki, H. Nakao, Y. Murakami, M. Mochizuki, M. Nakamura, M. Kawasaki, and Y. Tokura

Phys. Rev. Lett.108p.472032012年01月-

DOI

Spin-Wave Modes and Their Intense Excitation Effects in Skyrmion Crystals

M. Mochizuki

Phys. Rev. Lett.108p.176012012年01月-

DOI

Theory of spin-phonon coupling in multiferroic manganese perovskites RMnO3

M. Mochizuki, N. Furukawa and N. Nagaosa

Phys. Rev. B84p.1444092011年10月-

DOI

Magnetic Field Induced Dehybridization of the Electromagnons in Multiferroic TbMnO3

P. Rovillain, M. Cazayous, Y. Gallais, M-A. Measson, A. Sacuto, H. Sakata, and M. Mochizuki

Phys. Rev. Lett.107p.272022011年07月-

DOI

Theory of Magnetic Switching of Ferroelectricity in Spiral Magnets

M. Mochizuki and N. Furukawa

Phys. Rev. Lett.105p.1876012010年10月-

DOI

Theoretically Predicted Picosecond Optical Switching of Spin Chirality in Multiferroics

M. Mochizuki and N. Nagaosa

Phys. Rev. Lett.105p.1472022010年10月-

DOI

Spin Model of Magnetostrictions in Multiferroic Mn Perovskites

M. Mochizuki, N. Furukawa and N. Nagaosa

Phys. Rev. Lett.105p.372052010年07月-

DOI

Theory of Electromagnons in the Multiferroic Mn Perovskites: The Vital Role of Higher Harmonic Components of the Spiral Spin Order

M. Mochizuki, N. Furukawa and N. Nagaosa

Phys. Rev. Lett.104p.1772062010年04月-

DOI

Roles of Bond Alternation in Magnetic Phase Diagram of RMnO3

N. Furukawa and M. Mochizuki

J. Phys. Soc. Jpn.79p.337082010年03月-

DOI

Novel Multiferroic State of Eu1-xYxMnO3 in High Magnetic Fields

M. Tokunaga, Y. Yamasaki, Y. Onose, M. Mochizuki, N. Furukawa and Y. Tokura

Phys. Rev. Lett.103p.1872022010年10月-

DOI

Microscopic Model and Phase Diagrams of the Multiferroic Perovskite Manganites

M. Mochizuki and N. Furukawa

Phys. Rev. B80p.1344162009年10月-

DOI

Mechanism of Lattice-Distortion-Induced Electric-Polarization Flop in the Multiferroic Perovskite Manganites

M. Mochizuki and N. Furukawa

J. Phys. Soc. Jpn.78p.537042009年05月-

DOI

Dynamics of Multiferroic Domain Wall in Spin-Cycloidal Ferroelectric DyMnO3

F. Kagawa, M. Mochizuki, Y. Onose, H. Murakawa, Y. Kaneko, N. Furukawa and Y. Tokura

Phys. Rev. Lett.102p.576042009年02月-

DOI

Evidence for an Electric-Dipole Active Continuum Band of Spin Excitations in Multiferroic TbMnO3

Y. Takahashi, N. Kida, Y. Yamasaki, J. Fujioka, T. Arima, R. Shimano, S. Miyahara, M. Mochizuki, N. Furukawa and Y. Tokura

Phys. Rev. Lett.101p.1872012008年10月-

DOI

Precise Control of Band Filling in NaxCoO2

D. Yoshizumi, Y. Muraoka, Y. Okamoto, Y. Kiuchi, J. Yamaura, M. Mochizuki, M. Ogata and Z. Hiroi

J. Phys. Soc. Jpn.76p.637052007年06月-

DOI

Specific Heat and Superfluid Density for Possible Two Different Superconducting States in NaxCoO2・yH2O

M. Mochizuki, H. Q. Yuan and M. Ogata

J. Phys. Soc. Jpn.76p.237022007年02月-

DOI

CoO2-Layer-Thickness Dependence of Magnetic Properties and Possible Two Different Superconducting States in NaxCoO2・yH2O

M. Mochizuki and M. Ogata

J. Phys. Soc. Jpn.76p.137042007年01月-

DOI

Deformation of Electronic Structures Due to CoO6 Distortion and Phase Diagrams of NaxCoO2・yH2O

M. Mochizuki and M. Ogata

J. Phys. Soc. Jpn.75p.1137032006年11月-

DOI

Role of Spin-Orbit Coupling on the Spin Triplet Pairing in NaxCoO2・yH2O II: Multiple Phase Diagram under the Magnetic Field

Y. Yanase, M. Mochizuki and M. Ogata

J. Phys. Soc. Jpn.74p.3351 - 33642005年10月-

DOI

Role of Spin-Orbit Coupling on the Spin Triplet Pairing in NaxCoO2・yH2O I: d-Vector under Zero Magnetic Field

Y. Yanase, M. Mochizuki and M. Ogata

J. Phys. Soc. Jpn.74p.2568 - 25782005年07月-

DOI

Ferromagnetic and Triplet-Pairing Instabilities Controlled by Trigonal Distortion of CoO6 Octahedra in NaxCoO2・yH2O

M. Mochizuki, Y. Yanase and M. Ogata

J. Phys. Soc. Jpn.74p.1670 - 16732005年03月-

DOI

Multi-Orbital Analysis on the Superconductivity in NaxCoO2・yH2O

Y. Yanase, M. Mochizuki and M. Ogata

J. Phys. Soc. Jpn.74p.430 - 4442005年01月-

DOI

Ferromagnetic Fluctuation and Possible Triplet Superconductivity in NaxCoO2・yH2O: Fluctuation-Exchange Study of the Multiorbital Hubbard Model

M. Mochizuki, Y. Yanase and M. Ogata

Phys. Rev. Lett.94p.1470052005年04月-

DOI

G-Type Antiferromagnetism and Orbital Ordering Due to the Crystal Field from the Rare-Earth Ions Induced by the GdFeO3-Type Distortion in RTiO3 with R=La, Pr, Nd and Sm

M. Mochizuki and M. Imada

J. Phys. Soc. Jpn.73p.1833 - 18502004年07月-

DOI

Orbital-Spin Structure and Lattice Coupling in RTiO3 Where R=La, Pr, Nd and Sm

M. Mochizuki and M. Imada

Phys. Rev. Lett.91p.1672032003年10月-

DOI

Spin and Orbital States and Their Phase Transitions of the Perovskite-Type Ti Oxides: Weak Coupling Approach

M. Mochizuki

J. Phys. Soc. Jpn.71p.2039 - 20472002年08月-

DOI

Origin of G-Type Antiferromagnetism and Orbital-Spin Structures in LaTiO3

M. Mochizuki and M. Imada

J. Phys. Soc. Jpn.70p.2872 - 28752001年10月-

DOI

Magnetic and Orbital States and Their Phase Transition of the Perovskite-Type Ti Oxides: Strong Coupling Approach

M. Mochizuki and M. Imada

J. Phys. Soc. Jpn.70p.1777 - 17892001年06月-

DOI

Magnetic Phase Transition of the Perovskite-Type Ti Oxides

M. Mochizuki and M. Imada

J. Phys. Soc. Jpn.69p.1982 - 19852000年06月-

DOI

書籍等出版物

Topological Structures in Ferroic Materials: Domain Walls, Skyrmions and Vortices

M. Mochizuki ・ edited by J. Seidel(共著)

Springer2016年-

詳細

ISBN:978-3-319-25301-5

Skyrmions in Magnetic Materials

S. Seki, M. Mochizuki

Springer2016年-

詳細

ISBN:978-3-319-24651-2

講演・口頭発表等

磁性強誘電体が示す電場励起マグノンと光・マイクロ波現象

望月 維人

第5回豊田理研ワークショップ「スピン秩序の動的光制御」(公益財団法人豊田理化学研究所)2017年10月19日

トポロジカル磁気構造が拓く新しいスピントロニクス

望月 維人

第78回応用物理学会秋季学術講演会特別シンポジウム「物質中のトポロジー:応用にどのように結びつくのか?」(応用物理学会)2017年09月07日

Dynamical Phenomena of Magnetic Skyrmions

望月 維人

International Workshop on Topological Structures in Ferroic Material(Leeds University)2017年08月08日

ネール型スキルミオン相を発現する極性絶縁磁性体GaV4S8の相図と磁気構造の理論

望月維人

日本物理学会第72回年次大会 18pH11-13(日本物理学会)2017年03月17日

交流ラシュバ場が誘起するスピン流とスピントルク

竹内祥人、水島成康、望月維人

日本物理学会第72回年次大会 20aC24-4(日本物理学会)2017年03月17日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]研究終了報告会(科学技術振興機構)2017年01月10日

磁気スキルミオンが示す電気磁気現象

望月 維人

豊田理研ワークショップ「キラル対称系の電磁応答」(公益財団法人豊田理化学研究所)2016年11月18日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第7回領域会議(科学技術振興機構)2016年11月17日

磁気スキルミオンのデバイス機能とダイナミクス

望月 維人

日本HDD協会(IDEMA)ヘッドディスク部会ワークショップ(日本HDD協会(IDEMA))2016年11月08日

磁気スキルミオンの特異なダイナミクスとデバイス機能

望月 維人

豊田理化学研究所・特定課題研究研究会「スピンと熱・体積機能」(公益財団法人豊田理化学研究所)2016年08月17日

Invited as a chair of the multiferroic session (discussion leader)

望月 維人

Gordon Research Conference: Multiferroic & Magnetoelectric Materials(Gordon Research Conference)2016年08月07日

磁気スキルミオンのダイナミクスとデバイス機能

望月 維人

電子情報通信学会磁気記録・情報ストレージ研究会(電子情報通信学会)2016年06月09日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第6回領域会議(科学技術振興機構)2016年05月12日

Dynamical magnetoelectric phenomena in multiferroic Mn perovskites

望月 維人

ICSM (International Conference on Superconductivity and Magnetism) 2016(ICSM)2016年04月29日

絶縁性キラル磁性体薄膜への電場によるスキルミオン書き込みの理論

望月維人

日本物理学会第71回年次大会 21pBC-3(日本物理学会)2016年03月19日

磁気スキルミオンが示す特異なダイナミクスの理論

望月 維人

第55回化合物新磁性材料専門研究会「トポロジカルなスピンテクスチャの可視化とダイナミクス」(日本磁気学会)2016年03月11日

Dynamical phenomena of magnetic skyrmions

望月 維人

RIKEN CEMS Discussion Meeting ``Topological Phenomena in Noncentrosymmetric Magnets"(理化学研究所)2016年01月28日

磁気スキルミオンのダイナミクスとデバイス機能

望月 維人

日本磁気学会第205回研究会/第56回スピンエレクトロニクス専門研究会(共催)  将来の磁気デバイスを担う新しいナノ磁気構造とスピン操作の可能性 ~カイラル磁性とスピンオービトロニクスが拓く新現象~(日本磁気学会)2015年12月14日

Dyamics of magnetic skyrmions in multiferroics

望月 維人

EMN (Energy Materials and Nanotechnology) Hong Kong Meeting(EMN)2015年12月09日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第5回領域会議(科学技術振興機構)2015年11月26日

絶縁キラル磁性体Cu2OSeO3におけるマイクロ波磁気カイラル効果の理論

望月維人

日本物理学会2015年秋季大会 19aDB-9(日本物理学会)2015年09月19日

スパイラル磁性強誘電体TbMnO3における電場磁場ドメイン制御の実空間観測

松原正和、Sebastian Manz、望月維人、井山彩人、木村剛、Manfred Fiebig

日本物理学会2015年秋季大会 19aDB-5(日本物理学会)2015年09月19日

熱勾配によるスキルミオンのラチェット回転とトポロジカルマグノンホール効果

望月維人、于秀珍、関真一郎、金澤直也、小椎八重航、J. Zang、M. Mostovoy、十倉好紀、永長直人

日本物理学会2015年秋季大会 18aCM-3(日本物理学会)2015年09月18日

スパイラル磁性強誘電体TbMnO3における磁場誘起分極フロップの理論

望月維人

日本物理学会2015年秋季大会 19aDB-6(日本物理学会)2015年09月19日

マルチフェロイックスにおける電荷・スピン・格子結合と熱揺らぎの物理

望月 維人

豊田理化学研究所特定課題研究「巨大負熱膨張材料を用いた革新的熱膨張制御技術の開発」第3回研究会(公益財団法人豊田理化学研究所)2015年08月05日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第4回領域会議(科学技術振興機構)2015年07月06日

Dynamics of Skyrmions in Chiral-Lattice Magnets

望月 維人

International Workshop on "Topological structures in ferroic materials"(IOP)2015年05月19日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第3回領域会議(科学技術振興機構)2015年01月13日

Thermally Driven Ratchet Motion of a Skyrmion Microcrystal and Topological Magnon Hall Effect

望月 維人

59th Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials (MMM 2014)(MMM)2014年11月03日

Current-Driven Dynamics of Magnetic Skyrmions in Chiral-Lattice Magnets

望月 維人

Japan-Swiss Joint Workshop ``Trends in Theory of Correlated Materials"(日本学術振興会)2014年10月06日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第2回領域会議(科学技術振興機構)2014年09月04日

Magnon Current-Driven Dynamics of Magnetic Skyrmions in Chiral-Lattice Magnets

望月 維人

International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES 2014)(SCES)2014年07月07日

カイラル絶縁磁性体における磁気スキルミオンの電場駆動・制御の理論

望月 維人

日本学術振興会「産業応用をめざした新物質機能の設計と実証」に関する研究開発専門委員会(日本学術振興会)2014年05月17日

マルチフェロイックMnペロブスカイトの電気磁気現象に関する理論研究

望月 維人

日本物理学会第69回年次大会 第8回日本物理学会若手奨励賞受賞記念講演(領域8)(日本物理学会)2014年03月27日

Theoretical Studies on Dynamical Phenomena of Magnetic Skyrmions

望月 維人

2014 American Physical Society (APS) March Meeting (APS)2014年03月04日

Thermally Driven Ratchet Motion of Skyrmion Microcrystal and Topological Magnon Hall Effect

M. Mochizuki, X. Z. Yu, S. Seki, N. Kanazawa, W. Koshibae, J. Zang, M. Mostovoy, Y. Tokura, N. Nagaosa

2014 APS March Meeting(APS)2014年03月04日

Current-induced skyrmion dynamics in constricted geometries

J. Iwasaki, M. Mochizuki, N. Nagaosa

2014 APS March Meeting(APS)2014年03月04日

高いデバイス機能を有するナノスケールトポロジカル磁気テクスチャの理論設計

望月維人

科学技術振興機構 さきがけ研究 [平成25~28年度]第1回領域会議(科学技術振興機構)2014年02月07日

Current-driven dynamics of skyrmions

望月 維人

Workshop on Current-Driven Magnetisation Dynamics(Leeds University)2014年01月07日

最近のスキルミオン研究

望月 維人

第3回強相関電子系理論の最前線‒ 若手によるオープン・イノベーション ‒2013年12月16日

制限されたサンプル形状におけるスキルミオンの電流駆動ダイナミクス

岩崎惇一、望月維人、永長直人

日本物理学会2013年秋季大会 27aKF-9(日本物理学会)2013年09月27日

スキルミオン結晶の電磁場活性スピン波モードと干渉効果

望月維人、関真一郎

日本物理学会2013年秋季大会 25aKQ-10(日本物理学会)2013年09月25日

Theory of dynamical magnetoelectric phenomena in multiferroics with noncollinear spin structures

望月 維人

5th Asia Pacific Center for Theoretical Physics (APCTP) Workshop on Multiferroics(APCTP)2013年05月22日

スキルミオンの特異なダイナミクス

望月 維人

Workshop: CROSSroads of Users and J-PARC 第3回「カイラル磁性体-起源と機能-」(中性子科学センター)2012年12月17日

カイラル磁性体のスキルミオンの電気磁気・熱励起ダイナミクス

望月 維人

第2回強相関電子系理論の最前線--若手によるオープン・イノベーション--2012年12月13日

カイラル磁性体におけるスキルミオンクラスタの熱揺らぎ誘起自発ラチェット回転の理論

望月維人、永長直人

日本物理学会2012年秋季大会 20aCC-5(日本物理学会)2012年09月20日

電流駆動スキルミオンダイナミクスの理論的研究

岩崎惇一、望月維人、永長直人

日本物理学会2012年秋季大会 20aCC-7(日本物理学会)2012年09月20日

スキルミオン結晶相のマイクロ波吸収に見られる巨大非相反方向二色性の理論

望月維人 日本物理学会

日本物理学会2012年秋季大会 19pGA-7(日本物理学会)2012年09月19日

スカーミオン結晶相のマグノンモード、円偏光依存性と強励起効果

望月維人

日本物理学会第67回年次大会 25aYF-13(日本物理学会)2012年03月25日

マルチフェロイックスにおけるエレクトロマグノン励起とスピンカイラリティの光スイッチ現象

望月 維人

テラヘルツテクノロジーフォーラム平成23年度第2回技術検討会(日本分光学会 )2012年03月21日

Proposed Optical/Microwave Manipulation of Nanoscale Spin Textures: Multiferroics and Skyrmions

望月維人

FIRST-QS2C Workshop on 「Emergent Phenomena of Correlated Materials」2011年12月12日

Theories of Dynamical Magnetoelectric Phenomena in Multiferroic RMnO3

望月維人、古川信夫、永長直人

International Workshop on 「Novel Phenomena in Frustrated Systems」2011年05月23日

Dynamical Magnetoelectric Phenomena in the Multiferroic Mn Perovskites

望月 維人

2011 American Physical Society (APS) March Meeting (APS)2011年03月21日

スパイラル磁性体におけるスピンカイラリティの光スイッチの理論

望月 維人

「固体光誘起状態の非平衡ダイナミックス理論とその今後の展望」(KEK研究会)2011年02月16日

マルチフェロイックスの理論

望月 維人

日本物理学会2010年秋季大会 領域10,8,7,3シンポジウム「誘電体に潜む新しい秩序:最近の話題」(日本物理学会)2010年09月24日

マルチフェロイックスにおけるスピンカイラリティの光スイッチの理論

望月維人、永長直人

日本物理学2010年秋季大会 24pWJ-7(日本物理学会)2010年09月24日

マルチフェロイックMnペロフスカイトのエレクトロマグノン励起の理論:二つのピークを持つスペクトルの起源

望月維人、古川信夫、永長直人

日本物理学会第65回年次大会 21aGF-8(日本物理学会)2010年03月21日

Vital roles of the biquadratic interaction on electromagnon excitations

望月維人、古川信夫、永長直人

2010 American Physical Society (APS) March Meeting(APS)2010年03月15日

Microscopic Theory on the Electromagnetic Phase Diagram for Multiferroic RMnO3: A-type, Incommensurate Spiral, and E-type Spin Phases

古川信夫、望月維人

2010 APS March Meeting(APS)2010年03月15日

マルチフェロイック物質におけるスピンダイナミクスの数値シミュレーション

望月 維人

次世代スパコン/ナノ統合プロジェクト(情報機能・材料分野)研究会「新物質とエネルギー」(次世代スパコン/ナノ統合プロジェクト)2010年03月10日

微視的理論が解き明かすRMnO3の相図の全貌:A型反強磁性,非整合螺旋磁性,そしてE型反強磁性

望月維人、古川信夫

日本物理学会秋季大会 27aRL-10(日本物理学会)2009年09月27日

Competing Two Multiferroic Phases and Their Control in Perovskite Manganites

望月 維人

Joint European Japanese Conference: Frustration in Condensed Matter(日欧産業協力センター)2009年05月12日

マルチフェロイックRMnO3の磁場中電気磁気相図の理論

望月維人、古川信夫

日本物理学会第64回年次大会 27aTA-1(日本物理学会)2009年03月27日

マルチフェロイックRMnO3の磁場誘起分極フロップの機構

望月維人、古川信夫

日本物理学会秋季大会 21aQA-4(日本物理学会)2008年09月21日

マルチフェロイックMnペロフスカイトにおけるフラストレーションと電気-磁気相図の理論

望月 維人

科研費特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」第2回トピカルミーティング「フラストレーションとマルチフェロイックス」(JSPS)2008年06月06日

マンガンペロフスカイトにおけるフラストレーションと磁気相図

望月維人、古川信夫

日本物理学会第63回年次大会 23aYB-6(日本物理学会)2008年03月23日

強相関超伝導体における軌道自由度:Co酸化物超伝導体の例

望月 維人

科研費特定領域「異常量子物質の創製」若手の会第三回会議「新しい物理を生む新物質」(JSPS)2007年12月21日

Phase Diagrams, Thermodynamic Quantities and Possible Two Different Superconducting States of Multiorbital Superconductor NaxCoO2・yH2O

望月維人、小形正男

2007 American Physical Society (APS) March Meeting(APS)2007年03月05日

多軌道型超伝導体NaxCoO2・yH2Oにおける超伝導と磁性相関

望月 維人

日本応用磁気学会第24回化合物新磁性材料研究会「強磁性相関を内在する超伝導体の最近の話題」(日本応用磁気学会)2007年03月02日

Exotic Superconductivity on the Triangular Lattice in NaxCoO2・yH2O: Theories and Experiments

望月 維人

International Focus Workshop on Mobile Fermions and Bosons on Frustrated Lattice(Max-Planck Institute)2007年01月11日

Co酸化物超伝導体の相図:二つの超伝導相と磁気秩序相

望月維人、小形正男

日本物理学会第61回秋季大会 25pZL-10(日本物理学会)2006年09月25日

Co酸化物超伝導体の比熱、磁場侵入長、その他の物理量

望月維人、小形正男

日本物理学会第61回秋季大会 25pZL-11(日本物理学会)2006年09月25日

Co酸化物超伝導体の電子構造:CoO2面の厚みとの関係

望月維人、小形正男

日本物理学会第61回秋季大会 25pZL-9(日本物理学会)2006年09月23日

Band Structures, Fermi Surface Topology and Superconductivity in NaxCoO2・yH2O: Effects of the Trigonal CoO6 Distortion

望月維人、柳瀬陽一、小形正男

2006 American Physical Society (APS) March Meeting(APS)2006年03月13日

Ferromagnetic Fluctuation and Possible Triplet Superconductivity Due to Interorbital Hund's-Rule Coupling in Na0.35CoO2・1.3H2O

望月 維人

KINKEN International Workshop ``t2g軌道縮退系の新展開"(東北大学金属材料研究所)2005年10月14日

多軌道型超伝導体NaxCoO2・yH2Oにおける軌道自由度に由来する物性現象

望月維人、柳瀬陽一、小形正男

日本物理学会第60回秋季大会 21aXD-3(日本物理学会)2005年09月21日

NaxCoO2・yH2Oにおけるスピン三重項超伝導と磁場中相図: 軌道効果、常磁性効果とスピン-軌道相互作用

柳瀬陽一、宇田川将文、望月維人、小形正男

日本物理学会第60回秋季大会 21aXD-1(日本物理学会)2005年09月21日

NaxCoO2・yH2Oにおけるスピン三重項超伝導とD-vector: スピン-軌道相互作用と磁場中相図の微視的理論

柳瀬陽一、望月維人、小形正男

日本物理学会第60回年次大会 27aWM-4(日本物理学会)2005年03月27日

Possible Triplet Superconductivity Due to the Interorbital Hund's-Rule Coupling in NaxCoO2・yH2O

望月維人、柳瀬陽一、小形正男

2005 American Physical Society (APS) March Meeting(APS)2005年03月21日

NaxCoO2・yH2Oの超伝導に対する多軌道解析

望月維人、柳瀬陽一、小形正男

日本物理学会第59回秋季大会 12aWD-1(日本物理学会)2004年09月12日

NaxCoO2・yH2Oの超伝導: 多軌道ハバード模型に基づく研究

柳瀬陽一、望月維人、小形正男

日本物理学会第59回秋季大会 12aWD-2(日本物理学会)2004年09月12日

Ti酸化物系の軌道状態

望月 維人

日本物理学会第59回年会 領域8シンポジウム「t2g電子系の軌道ダイナミクッスと絶縁体-金属転移」(日本物理学会)2004年03月29日

NaxCoO2・yH2Oの超伝導: 多軌道ハバード模型のFLEX近似による解析

望月維人、小形正男

日本物理学会第59回年会 29pXA-14(日本物理学会)2004年03月29日

ペロフスカイト型Ti酸化物における磁気-軌道構造: 希土類イオンが 作る結晶場の効果

望月維人、今田正俊

日本物理学会第58回年会 29pWA-8(日本物理学会)2003年03月29日

Orbital-Spin Structures and Their Phase Transitions of Perovskite Titanates

望月 維人

京都大学基研研究会:軌道自由度を持つ強相関電子系の理論の進展(京都大学)2002年11月

ペロフスカイト型Ti酸化物におけるスピン-軌道状態の理論

望月維人、今田正俊

日本物理学会第57回年会 27aYH-5(日本物理学会)2002年03月29日

Origin of G-Type Antiferromagnetism and Orbital-Spin Structures in LaTiO3

望月 維人

KINKEN International Workshop ``Novel Quantum Orbital State in Strongly Correlated Electron Systems(東北大学金属材料研究所)2001年05月23日

ペロフスカイト型Ti酸化物LaTiO3における磁気、軌道状態の理論

望月維人、今田正俊

日本物理学会第56回年会 28pZA-3(日本物理学会)2001年03月29日

ペロフスカイト型Ti酸化物RTiO3におけるRサイト置換による磁気相転移の理論

望月維人、今田正俊

日本物理学会第55回年会 23aSD-6(日本物理学会)2000年09月23日

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

トポロジカル磁気テクスチャの非平衡ダイナミクスと量子輸送現象の理論研究

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥19110000

研究種別:

磁性強誘電体におけるエレクトロマグノンの強励起現象と光機能の理論的探索

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

強相関電子系における動的電気磁気効果の理論的研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥9750000

研究種別:

磁性体におけるトポロジカル現象の理論設計学

2012年-0月-2013年-0月

配分額:¥14950000

研究種別:

強誘電体における量子ドメインウォールの理論研究

配分額:¥4290000

学内研究制度

特定課題研究

トポロジカルナノ磁気テクスチャを情報担体とする高性能磁気メモリ素子の基盤技術の開発

2017年度

研究成果概要:本研究課題では,近年,次世代磁気メモリ素子の情報担体として期待が集まっている「磁気スキルミオン」の動的応答現象を理論的に解明し,スキルミオン磁気メモリ素子実現のための基盤技術を理論的に設計することを目的とする。磁気スキルミオンが発...本研究課題では,近年,次世代磁気メモリ素子の情報担体として期待が集まっている「磁気スキルミオン」の動的応答現象を理論的に解明し,スキルミオン磁気メモリ素子実現のための基盤技術を理論的に設計することを目的とする。磁気スキルミオンが発現するキラル磁性体の微視的な数理モデルを構築し,有限温度における磁化の外場応答をシミュレーションするプログラムを完成させた。さらに,開発したコードを使い,従来は技術的に困難であると考えられていた数ナノメートルの極小スキルミオン構造を「磁場」によって書き込む技術を理論的に設計した。また,磁気スキルミオンと,そのドメイン構造の形成過程をシミュレーションにより明らかにした。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎物理学A 基幹 (物理未履修者用クラス)基幹理工学部2019春学期
Science and Engineering Laboratory基幹理工学部2019秋学期
Science and Engineering Laboratory 1B基幹理工学部2019秋学期
理工学基礎実験1B Vブロック基幹理工学部2019秋学期
Science and Engineering Laboratory創造理工学部2019秋学期
Science and Engineering Laboratory 1B創造理工学部2019秋学期
理工学基礎実験1B Vブロック創造理工学部2019秋学期
Science and Engineering Laboratory先進理工学部2019秋学期
Science and Engineering Laboratory 1B先進理工学部2019秋学期
理工学基礎実験1B Vブロック先進理工学部2019秋学期
物理入門 (応物)先進理工学部2019春学期
物理入門 (物理)先進理工学部2019春学期
物理入門 (応物) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
物理入門 (物理) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
波の物理先進理工学部2019秋学期
波の物理先進理工学部2019秋学期
波の物理  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
波の物理  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
電磁気学A (応物)先進理工学部2019春学期
電磁気学A (物理)先進理工学部2019春学期
電磁気学A (応物)【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
電磁気学A (物理) 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
応用物理学実験B先進理工学部2019通年
物理実験B先進理工学部2019通年
応用物理学実験B 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
物理実験B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
卒業研究先進理工学部2019通年
卒業研究【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
卒業研究先進理工学部2019通年
卒業研究  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
Graduation Thesis A (Physics)先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis A (Physics) [S Grade]先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis A (Applied Physics)先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis A (Applied Physics) [S Grade]先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis B (Physics)先進理工学部2019春学期
Graduation Thesis B (Physics) [S Grade]先進理工学部2019春学期
Graduation Thesis B (Applied Physics)先進理工学部2019春学期
Graduation Thesis B (Applied Physics) [S Grade]先進理工学部2019春学期
Current Topics in Physics先進理工学部2019秋学期
Current Topics in Physics先進理工学部2019秋学期
Current Topics in Physics先進理工学部2019秋学期
Current Topics in Physics [S Grade]先進理工学部2019秋学期
修士論文(物理応物)大学院先進理工学研究科2019通年
Research on Emergent Materials Physics大学院先進理工学研究科2019通年
創発物性物理研究大学院先進理工学研究科2019通年
Quantum Physics of Matter A大学院先進理工学研究科2019春学期
量子物性特論A大学院先進理工学研究科2019春学期
Seminar on Emergent Materials Physics A大学院先進理工学研究科2019春学期
創発物性物理演習A大学院先進理工学研究科2019春学期
Seminar on Emergent Materials Physics B大学院先進理工学研究科2019秋学期
創発物性物理演習B大学院先進理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Pure and Applied Physics)大学院先進理工学研究科2019通年
創発物性物理研究大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習A大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習B大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習C大学院先進理工学研究科2019通年
物理学及応用物理学海外特別演習D大学院先進理工学研究科2019通年