氏名

ナカザワ アツシ

中澤 篤史

職名

准教授 (https://researchmap.jp/7000009734/)

所属

(スポーツ科学部)

プロフィール

専門:スポーツ社会学・身体教育学・社会福祉学。1979年大阪生まれ。東京大学教育学部卒業。東京大学大学院教育学研究科修了。博士(教育学、東京大学)。一橋大学講師・准教授を経て現職。スポーツ・身体・人間に関連する社会現象を、社会学を中心とした社会科学的アプローチから探究しています。とくに、運動部活動のあり方や問題などを専門的に研究しています。主著は『運動部活動の戦後と現在:なぜスポーツは学校教育に結び付けられるのか』(青弓社、2014)、『そろそろ、部活のこれからを話しませんか:未来のための部活講義』(大月書店、2017年)。近著に『「ハッピーな部活」のつくり方』(内田良との共著、岩波ジュニア新書、2019年)。趣味はコーヒーと囲碁。Twitter:@naka_AT_sushi

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
nakazawa.atsushi@waseda.jp

本属以外の学内所属

兼担

スポーツ科学学術院(大学院スポーツ科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

スポーツ科学研究センター

運営委員 2016年-2018年

スポーツ科学研究センター

運営委員 2018年-2020年

学歴・学位

学歴

1995年04月-1998年03月 東大寺学園高等学校
1998年04月-2000年03月 東京大学 理科Ⅰ類
2000年04月-2002年03月 東京大学 教育学部 総合教育科学科
2002年04月-2004年03月 東京大学 大学院教育学研究科 総合教育科学専攻修士課程
2004年04月-2012年09月 東京大学 大学院教育学研究科 総合教育科学専攻博士課程

学位

博士

経歴

2009年04月-2015年03月一橋大学大学院社会学研究科講師(専任)
2015年04月-2016年03月一橋大学大学院社会学研究科准教授(専任)
2016年04月-早稲田大学スポーツ科学学術院准教授(専任)

受賞

日本体育学会・平成24年度学会奨励賞

2012年授与機関:日本体育学会

タイトル:論文「なぜ教師は運動部活動へ積極的にかかわり続けるのか:指導上の困難に対する意味づけ方に関する社会学的研究」

取材ガイド

専門分野
スポーツ社会学、身体教育学、社会福祉学
自己紹介コメント
運動部活動のあり方や問題についての取材・講演・研修などのご依頼は、メールでお問い合わせください。

論文

戦前日本における中等学校競技大会の展開—朝日新聞社編『運動年鑑』(1919−1943)を資料として

中澤篤史・鈴木楓太

スポーツ科学研究172020年-

link

部活動顧問教師の労働問題—勤務時間・手当支給・災害補償の検討

中澤篤史

日本労働研究雑誌6882017年-

link

書評に応えて:拙著『運動部活動の戦後と現在』(杉本厚夫・評)

中澤篤史

スポーツ社会学研究25(2)2017年-

スポーツ研究の国際動向把握に向けた基礎的検討—社会科学系の国際学術誌6誌を対象に—

中澤篤史・黒須朱莉・鈴木楓太・冨田幸祐・熊澤拓也・青野桃子

一橋大学スポーツ研究352016年-

link

図書紹介:Aaron L. Miller, Discourses of Discipline: An Anthropology of Corporal Punishment in Japan's Schools and Sports (Institute of East Asian Studies, University of California, Berkeley, 2013)

中澤篤史

一橋大学スポーツ研究342015年-

link

図書紹介:Robert Pruter, The Rise of American High School Sports and the Search for Control, 1880–1930 (Syracuse University Press, 2013)

中澤篤史

一橋大学スポーツ研究332014年-

link

Seeing sports as educational activities: A postwar history of extracurricular sports activities in Japan

Atsushi Nakazawa

Hitotsubashi Journal of Social Studies45(1)2014年-

link

なぜスポーツは学校教育へ結びつけられるのか:運動部活動の成立と〈子どもの自主性〉の理念

中澤篤史

一橋大学スポーツ研究322013年-

link

運動部活動と戦後教育学/体育学:なぜスポーツは学校教育へ結び付けられるのか

中澤篤史

〈教育と社会〉研究232013年-

link

学校運動部活動への教師のかかわりに関する記述的研究:消極的な顧問教師が離脱しない/できない理由と文脈の考察

中澤篤史

一橋大学スポーツ研究312012年-

link

書評:亀山佳明著『生成する身体の社会学』 (世界思想社, 2012)

中澤篤史

教育社会学研究912012年-

なぜ教師は運動部活動へ積極的にかかわり続けるのか:指導上の困難に対する意味づけ方に関する社会学的研究

中澤篤史

体育学研究562011年-

link

運動部活動のあり方に対する日本教職員組合の見解に関する考察:教育研究全国集会(1951-1989)における各都道府県報告書を資料として

中澤篤史

〈教育と社会〉研究212011年-

link

学校運動部活動研究の動向・課題・展望・スポーツと教育の日本特殊的関係の探求に向けて

中澤篤史

一橋大学スポーツ研究302011年-

link

学校運動部活動の戦後史(上):実態と政策の変遷

中澤篤史

一橋社会科学32011年-

link

学校運動部活動の戦後史〈下〉:議論の変遷および実態・政策・議論の関係

中澤篤史

一橋社会科学32011年-

link

書評:友添秀則著『体育の人間形成論』(大修館書店, 2009)

中澤篤史

〈教育と社会〉研究212011年-

link

オリンピック日本代表選手団における学生選手に関する資料検討:1912年ストックホルム大会から1996年アトランタ大会までを対象に

中澤篤史

一橋大学スポーツ研究292010年-

link

東京医科歯科大学学生の体力・運動能力に関する研究:メンタルフィットネス評価尺度の試行的導入

水野哲也・田井健太郎・三木ひろみ・二瓶美穂・浅川陽介・林久仁助・池上剛・中澤篤史・渡正・山本敦久・日浦幹夫

東京医科歯科大学教養部研究紀要402010年-

link

書評:藤田和也著『養護教諭が担う「教育」とは何か』(農山漁村文化協会, 2008)

中澤篤史

〈教育と社会〉研究202010年-

link

書評:田中孝彦・藤田和也・教育科学研究会編著『現実と向きあう教育学』(大月書店, 2010)

中澤篤史

教育60(9)2010年-

link

中学校部活動の指導・運営の現状と次期学習要領に向けた課題に関する教育社会学的研究

中澤篤史・西島央・矢野博之・熊谷信司

東京大学大学院教育学研究科紀要482009年-

link

大正後期から昭和初期における東京帝国大学運動会の組織化過程:学生間および大学当局の相互行為に焦点を当てて

中澤篤史

体育学研究532008年-

link

部活動の処遇における学校と保護者の相互行為: 保護者の〈要望〉と〈支援〉に注目して

中澤篤史

学校教育研究232008年-

link

運動部活動改革への保護者のかかわりに関する社会学的考察

中澤篤史

スポーツ科学研究52008年-

link

中学校部活動の指導・運営に関する教育社会学的研究

西島央・矢野博之・中澤篤史

東京大学大学院教育学研究科紀要472008年-

link

公共スポーツ施設の〈常連〉とはどのような人たちなのか

中澤篤史

東京大学大学院教育学研究科紀要462007年-

link

静岡県の高校部活動における制度的変化と『活動加入状況』に関する教育社会学的考察

西島央・中澤篤史

東京大学大学院教育学研究科紀要462007年-

link

中学校部活動の制度的変化と『活動参加状況』に関する教育社会学的考察

西島央・中澤篤史

東京大学大学院教育学研究科紀要452006年-

link

ウォーキング実施率の増加とスポーツ実践の個人化

新雅史・中澤篤史

SSJDAデータアーカイブシリーズ33:JGSSから読む日本人の行動と意識2006年-

部活動を通してみる高校生活に関する社会学的研究

西島央・藤田武志・矢野博之・荒川秀央・中澤篤史

東京大学大学院教育学研究科紀要422002年-

link

書籍等出版物

「適切な部活動運営に向けて中学校長に期待すること」『中学校』802

中澤篤史(単著)

全日本中学校長会2020年-

「新型コロナウィルスと選抜高校野球大会」『体育の科学』70(6)

中澤篤史(単著)

杏林書院2020年-

「日本のユーススポーツ」日本スポーツ社会学会編集企画委員会編『2020東京オリンピック・パラリンピックを社会学する』

中澤篤史(単著)

創文企画2020年-

「学生スポーツ」井上俊・菊幸一編『よくわかるスポーツ文化論(改訂版)』

中澤篤史(単著)

ミネルヴァ書房2020年-

「それでも「部活動廃止」と言えない理由」『青少年問題』677

中澤篤史

青少年問題研究会2020年-

「(スポーツ+教育)÷日本=「部活」」日大芸術学部映画学科『映画祭スポーツの光と影』パンフレット

中澤篤史

日本大学芸術学部2019年-

「部活動の歴史を振り返る」岡崎勝他編『わたしたちのホンネで語る教員の働き方改革』

中澤篤史

日本評論社2019年-

「養護教諭と部活動」『健康教室』70(16)

中澤篤史

東山書房2019年-

『「ハッピーな部活」のつくり方』

中澤篤史・内田良

岩波書店2019年-

「部活の悩み」佐藤善人編『スポーツと君たち』

中澤篤史

大修館書店2019年-

「生徒が直面する現実、生徒が求める理想」『子どもと発育発達』17(2)

中澤篤史

杏林書院2019年-

「運動部活動の現状と課題」『笹川スポーツ財団スポーツアカデミー2018報告書』

中澤篤史

笹川スポーツ財団2019年-

「『ブラック部活』を乗り越えて」『現代思想』47(7)

中澤篤史

青土社2019年-

「生徒も教師も幸せになれる部活動のあり方」『中学校教育フォーラム』52

中澤篤史

大日本図書2019年-

「部活動への顧問教師の適正な付き合い方」『季刊教育法』200

中澤篤史

エイデル研究所2019年-

「そもそも部活って何?」『NPO法人サロン2002広報誌 游-ASOBI-』2

中澤篤史

NPO法人サロン20022019年-

「平成29年度第52回全国高等学校体育連盟研究大会シンポジウム」『全国高体連ジャーナル』35

中澤篤史・川島健司・中塚義実(共著)

全国高等学校体育連盟2018年-

「学校教育における部活動を考える」神奈川県教育文化研究所編『教文研だより』170

中澤篤史(単著)

神奈川県教育文化研究所2018年-

「アメリカの運動部活動の歴史」早稲田大学スポーツナレッジ研究会編『スポーツ・エクセレンス』

中澤篤史(単著)

創文企画2018年-

「続・生徒と教師のための部活改革は進むのか?」『WEBRONZA』

中澤篤史(単著)

朝日新聞社2018年-

「生徒と教師のための部活改革は進むのか?」『WEBRONZA』

中澤篤史(単著)

朝日新聞社2018年-

「部活動で追われる教師」『人間と教育』97

中澤篤史(単著)

旬報社2018年-

「(連載)スポーツと君たち12 部活の悩み」『体育科教育』66(3)

中澤篤史(単著)

大修館書店2018年-

「部活動と学校教育の戦後史」『教育と医学』65(3)

中澤篤史(単著)

慶應義塾大学出版会2017年-

「大学が期待した学生の身体」寒川恒夫編『近代日本を創った身体』

中澤篤史(単著)

大修館書店2017年-

「美しく語られすぎた『部活動』を読み解く」『世界』892

内田良・中澤篤史(共著)

岩波書店2017年-

「学校体育政策」笹川スポーツ財団『スポーツ白書2017』

中澤篤史(単著)

笹川スポーツ財団2017年-

「どうなる!?中学校・高校の部活動」『月刊教員養成セミナー』

中澤篤史(単著)

時事通信社2017年-

「新しい学習指導要領でこれからの運動部活動はどう変わるか」『体育科教育』65(7)

中澤篤史(単著)

大修館書店2017年-

「総論 部活動の現状と教師の関わり」『クレスコ』195

中澤篤史(単著)

大月書店2017年-

「部活動のあり方を考える—そのための情報提供」『季刊教育法』194

中澤篤史(単著)

エイデル研究所2017年-

「運動部活動の『社会的意義』の変遷」友添秀則編『運動部活動の理論と実践』

中澤篤史(単著)

大修館書店2016年-

「運動部活動」日本学校教育学会編『これからの学校教育を担う教師を目指す:思考力・実践力アップのための基本的な考え方とキーワード』

中澤篤史(単著)

学事出版2016年-

「運動部活動の意義と課題」友添秀則・岡出美則編『教養としての体育原理(新版):現代の体育・スポーツを考えるために』

中澤篤史(単著)

大修館書店2016年-

「障害者政策における承認:当事者主義の台頭と障害肯定論の広がりを踏まえて」田中拓道編『承認:社会哲学と社会政策の対話』

中澤篤史(単著)

法政大学出版会2016年-

”Youth sport in Japan” Ken Green and Andy Smith eds. Routledge Handbook of Youth Sport

Atsushi Nakazawa and Aaron L. Miller(共著)

Routledge2016年-

「顧問教師の戦後と現在—なぜ教師は部活動にかかわるのか」『季刊教育法』189

中澤篤史(単著)

エイデル研究所2016年-

「部活動の重要課題は何か?」『月刊高校教育』49(10)

中澤篤史(単著)

学事出版2016年-

「スポーツと子ども」『体育の科学』66(5)

中澤篤史(単著)

杏林書院2016年-

「部活動の充実ぶりに海外からAmazing!」『JAPAN CLASS 一方、そのころ日本では・・・』

中澤篤史(単著)

東邦出版2015年-

「特別ニーズ教育・インクルーシヴ」木村元編『教育学』

中澤篤史(単著)

医学書院2015年-

”Who safeguards the child in Japanese sports?” Melanie Lang and Mike Hartill eds. Safeguarding, Child Protection and Abuse in Sport: International Perspectives in Research, Policy and Practice

Aaron L. Miller and Atsushi Nakazawa(共著)

Routledge2014年-

「運動部活動は日本独特の文化である」『α-SYNODOS』159→『SYNODOS』

中澤篤史(単著)

シノドス2014年-

「スポーツと学校教育:これまでの体育学はどう論じてきたか」『季刊家計経済研究』103

中澤篤史(単著)

家計経済研究所2014年-

「運動部活動の歴史的変遷と『社会的意義』」『体育の科学』64(4)

中澤篤史(単著)

杏林書院2014年-

「外部指導員への期待と課題」『Sports Japan 2013/03-04 特別号』

中澤篤史(単著)

日本体育協会2013年-

「なぜ教師は運動部活動へかかわり続けるのか」『体育科教育』61(3)

中澤篤史(単著)

大修館書店2013年-

「運動部活動の国際比較」『ねざす』50

中澤篤史(単著)

神奈川県高等学校教育会館教育研究所2012年-

「学生スポーツ」井上俊・菊幸一編『よくわかるスポーツ文化論』

中澤篤史(単著)

ミネルヴァ書房2012年-

「学校運動部活動の外部指導者」笹川スポーツ財団編『スポーツ白書』

中澤篤史(単著)

笹川スポーツ財団2011年-

「学校運動部活動の変遷とジュニアスポーツ」『現代スポーツ評論』24

中澤篤史(単著)

創文企画2011年-

「身体活動を伴う社会交流:戦後の中学・高校運動部活動の政策的展開に焦点を当てて」『体育の科学』59(11)

中澤篤史(単著)

杏林書院2010年-

「(連載)部活動の現状とゆくえ23 中学校部活動の“今”をデータからみる③」『月刊ホームルーム』34(2)

中澤篤史(単著)

BOOK HOUSE HD2009年-

「(連載)部活動の現状とゆくえ18 運動部活動における合宿の実態と課題」『月刊ホームルーム』33(9)

中澤篤史(単著)

BOOK HOUSE HD2008年-

「(連載)部活動の現状とゆくえ14 顧問教師の異動と部活動の存廃」『月刊ホームルーム』33(5)

中澤篤史(単著)

BOOK HOUSE HD2008年-

「(連載)部活動の現状とゆくえ7 顧問教師の異動に備えた取り組み②」『月刊ホームルーム』32(10)

中澤篤史(単著)

BOOK HOUSE HD2007年-

「(連載)部活動の現状とゆくえ6 顧問教師の異動に備えた取り組み」『月刊ホームルーム』32(9)

中澤篤史(単著)

BOOK HOUSE HD2007年-

「生徒からみた部活動とこれからの課題」『月刊高校教育』39(11)

西島央・藤田武志・中澤篤史(共著)

学事出版2006年-

「サッカーくじと共倒れする日本のスポーツ環境」『中央公論』121(11)

新雅史・中澤篤史(共著)

中央公論新社2006年-

『部活動:その現状とこれからのあり方』

西島央(編者)・中澤篤史・羽田野慶子・藤田武志・宮本幸子・矢野博之(共著)

学事出版2006年-

「(連載)学校運動部活動の現在と未来21 運動部活動に対する施策評価(後編)」『Training journal』27(6)

中村昭治・中澤篤史(共著)

BOOK HOUSE HD2005年-

「(連載)学校運動部活動の現在と未来20 運動部活動に対する施策評価(前編)」『Training journal』27(5)

中村昭治・中澤篤史(共著)

BOOK HOUSE HD2005年-

「(連載)学校運動部活動の現在と未来19 生徒理解・生徒指導の観点から見た運動部活動と学校教育の結び付き」『Training journal』27(4)

中澤篤史(単著)

BOOK HOUSE HD2005年-

「中学、高校における競技スポーツを支える組織と制度」『体育の科学』54(6)

中澤篤史(単著)

杏林書院2004年-

「(連載)学校運動部活動の現在と未来2 変化する学校運動部活動」『Training journal』25(10)

中澤篤史(単著)

BOOK HOUSE HD2003年-

『地域における転倒・寝たきり予防事業実践・指導マニュアル』

武藤芳照(監修)・相沢佳余・石倉康弘・大関真理子・岡田真平・上内哲男・上岡洋晴・工藤保子・小林佳澄・坂倉一寿・高橋美絵・高橋亮輔・田中尚喜・田中芳比呂・内藤章久・中澤篤史・中西和仁・吉倉和宏(共著)

ブルーシー・アンド・グリーンアイランド財団2003年-

『からだの物語シリーズ ①血液 ②骨 ③皮ふ ④目・耳・鼻・口』

武藤芳照(監修)・宍倉大介・関巌・水流陽子・中澤篤史・野添浩史(共著)

学習研究社2003年-

講演・口頭発表等

戦後の中学校・高校競技大会に関する資料検討

中澤篤史・星野映

日本スポーツ社会学会2020年

運動部活動はなぜ過熱化したか(シンポジウム:スポーツと人間形成ー教育とスポーツの関係史を問い直す)

中澤篤史

教育史学会2019年

福澤諭吉の時代における学生スポーツ(シンポジウム:自立・自律した個人に価値を置く社会における体育・スポーツー福澤諭吉とその時代に手がかりを求めてー)

中澤篤史

日本体育学会2019年

全国中学校体育大会の拡大過程と財務状況に関する分析

中澤篤史

日本体育学会2019年

Toward a global history of school sport: A socio-cultural examination of its development in the United States of America in the early 20th century

Atsushi Nakazawa

World congress of sociology of sport2019年

戦前日本における中等学校競技大会の展開

中澤篤史・鈴木楓太

日本スポーツ社会学会2019年

戦後教育学/体育学は、運動部活動と生活指導をどう論じてきたか(課題研究:部活と生活指導)

中澤篤史

日本生活指導学会2018年

日本中学校体育連盟の財務状況に関する分析

中澤篤史

日本体育学会2018年

How did teachers interpret school sports in Japan?: A historical analysis of educational movements in Japan Teachers' Union (1951-1989)

Atsushi Nakazawa

World congress of sociology of sport2018年

体育社会学における「学校」と「体育」(プレセッション:体育社会学における学校体育研究の成果と課題)

中澤篤史

日本体育学会2017年

全国中学校体育大会の成立と展開

中澤篤史

日本体育学会2017年

今後の部活動を考えるために(シンポジウム:部活動の今後を考える)

中澤篤史

日本人権教育研究学会2017年

Teachers become coaches: Examing socio-cultural contexts of school sports in Japan

Atsushi Nakazawa

World congress of sociology of sport2017年

中学・高校運動部活動の基礎的情報(シンポジウム:部活動のあり方を考える)

中澤篤史

日本スポーツ法支援・研究センター、日本教育法学会、日本スポーツ法学会、教職員の働き方改革推進プロジェクト、国士舘大学大学院法学研究科2017年

全国中学校体育連盟の形成過程

中澤篤史

日本体育学会2016年

運動部活動はなぜ成立するのか(関東地区シンポジウム:個性が育つ場をつくる)

中澤篤史

日本発達心理学会2015年

戦後日本における運動部活動(シンポジウム:なぜ「部活動」が描かれ続けるのか)

中澤篤史

昭和文学会2015年

中学校体育連盟の歴史に関する基礎的検討

中澤篤史

日本体育学会2015年

運動部活動研究の現在と展望(学生フォーラム)

中澤篤史

日本スポーツ社会学会2015年

Teachers interpret sports as educational activities: Fieldwork of extracurricular sports activities at a junior high school in contemporary Japan

Atsushi Nakazawa

World congress of sociology of sport2014年

社会学の立場から:体育教師はなぜ運動部活動にのめり込むのか(シンポジウム:保健体育教師への学際的アプローチ)

中澤篤史

日本体育学会2014年

A postwar history of extracurricular sport activity in Japan

Atsushi Nakazawa

World congress of sociology of sport2013年

戦後体育学/教育学と学校運動部活動(シンポジウム:体育哲学を再考する)

中澤篤史

日本体育・スポーツ哲学学会2013年

なぜスポーツは学校教育へ結びつけられるのか

中澤篤史

日本体育学会2012年

Educational activity or heavy burden?: A postwar history of extracurricular sport activities in Japan

Atsushi Nakazawa

World congress of sociology of sport2012年

Why have Japanese schools needed sports?: A postwar history of extracurricular sport activities in Japan

Atsushi Nakazawa

Joint conference of Association for Asian Studies and International Convention of Asia Scholars2011年

学校運動部活動のあり方に対する日本教職員組合の見解に関する考察

中澤篤史

日本体育学会2011年

戦後運動部活動の言説研究

中澤篤史

日本体育学会2010年

運動部活動の戦後史

中澤篤史

日本スポーツ社会学会2010年

組織編成から見た中学校運動部活動の実態と課題

西島央・藤田武志・矢野博之・中澤篤史・熊谷信司

日本教育社会学会2008年

School sport or community sport?: An empirical study regarding the impact of household backgrounds on adolescents participation in school and community sports

Atsushi Nakazawa

International sociology of sport association2008年

青少年の学校/地域スポーツへの参加と家庭背景

中澤篤史

日本スポーツ社会学会2008年

大正後期から昭和初期における東京帝国大学運動会の組織化過程に関する社会史的研究

中澤篤史・束原文郎・寒川恒夫

日本体育学会2008年

〈体育会系〉就職の起源に関する社会史的研究

束原文郎・中澤篤史・寒川恒夫

日本体育学会2007年

顧問教師の異動に伴う部活動運営の継続上の問題

中澤篤史・西島央・藤田武志・矢野博之

日本教育社会学会2007年

運動部活動における教師-生徒関係に関する記述的研究

中澤篤史

日本スポーツ社会学会2007年

静岡県の高校部活動の変化と学校生活

西島央・中澤篤史

日本教育社会学会2006年

スポーツ実践の個人化(1):SSF調査データ(1992-2004)の二次分析

中澤篤史・新雅史

日本スポーツ社会学会2006年

スポーツ実践の個人化(2):実践者の社会階層的特徴

新雅史・中澤篤史

日本スポーツ社会学会2006年

運動部活動における学校・家庭・地域の〈連携〉に関する社会学的研究

中澤篤史

日本体育学会2005年

中学校部活動の変化と学校・家庭・地域

西島央・中澤篤史

日本教育社会学会2005年

公共スポーツ施設利用者に関する調査研究(1):SSFスポーツライフ・データの二次分析

澤井和彦・新雅史・中澤篤史・横田国俊・間野義之

日本スポーツ社会学会2005年

公共スポーツ施設利用者に関する調査研究(2):「常連」とはどのような人たちなのか?

中澤篤史、澤井和彦、新雅史、横田国俊、間野義之

日本スポーツ社会学会2005年

公共スポーツ施設利用者に関する調査研究(3):スポーツ実践とジェンダー

新雅史・中澤篤史・澤井和彦・横田国俊・間野義之

日本スポーツ社会学会2005年

部活動改革における学校-地域社会の連携に関する社会学的研究

中澤篤史・宮本幸子・西島央・藤田武志・矢野博之

日本教育社会学会2004年

「部活改革」における学校組織の意思決定に関する研究

中澤篤史

日本体育学会2004年

都内公立中学校サッカー部の「部活改革」の事例研究

中澤篤史・西島央・藤田武志・矢野博之

日本教育社会学会2003年

中学生における学校運動部と地域スポーツクラブの選択要因の比較研究

中澤篤史

日本体育学会2002年

学校・部活動・地域社会

西島央・藤田武志・矢野博之・中澤篤史

日本教育社会学会2002年

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

20世紀日英米における学校運動部活動の展開に関する比較史的研究

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

学校運動部活動の歴史的展開に関する総合的研究

2011年-0月-2015年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

グローバル化する社会におけるスポーツと格差・不平等に関する総合的研究

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥5200000

研究種別:

運動部活動の存立構造に関する研究:ボランティアとしての教師の積極性に注目して

配分額:¥1937000

研究種別:

中等教育における部活動指導の実態と教科・進路指導への効果に関する臨床教育学的研究

配分額:¥10530000

研究種別:

学校体育連盟の歴史社会学:運動部活動の過熱化に与えた影響の考察

2019年-0月-2024年-0月

配分額:¥4420000

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
スポーツ科学概論 01スポーツ科学部2020秋学期
スポーツ科学概論 02スポーツ科学部2020春学期
演習I(スポーツ社会学)スポーツ科学部2020秋学期
演習II(スポーツ社会学)スポーツ科学部2020春学期
演習III(スポーツ社会学)スポーツ科学部2020秋学期
演習IV(スポーツ社会学)スポーツ科学部2020春学期
スポーツ社会学スポーツ科学部2020春学期
スポーツ文化基礎演習スポーツ科学部2020春学期
スポーツ社会学研究指導A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ社会学研究指導B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ社会学演習(1)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ社会学演習(1)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
エリートコーチング総合演習大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ社会学演習(2)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ社会学演習(2)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
スポーツ社会学特論大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ社会学研究指導(D)A大学院スポーツ科学研究科2020春学期
スポーツ社会学研究指導(D)B大学院スポーツ科学研究科2020秋学期
Sport Sciences 2 01グローバルエデュケーションセンター2020夏クォーター

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

社会貢献活動

「[部活とコロナ]<4>動画大会で「完全燃焼」…空手「形」のみ378人参戦」解説コメント

2020年07月18日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「<学校の部活動>後編 時代に合ったあり方は」解説コメント

2020年06月14日-

主催者・媒体名:『中日新聞』

「高校野球 32校、真剣勝負の夏 聖地、感染予防徹底(その1)中澤篤史氏、勝田吉彰氏の話」解説コメント

2020年06月11日-

主催者・媒体名:『毎日新聞』

「識者『指導者が寄り添って』」解説コメント

2020年05月24日-

主催者・媒体名:『産経新聞』

「焦点:夏の甲子園中止 球児の安全、不安拭えず 練習、地方大会で地域差」解説コメント

2020年05月21日-

主催者・媒体名:『毎日新聞』

「デポルターレの扉39 富山のミライ(4)部活動」解説コメント

2020年05月12日-

主催者・媒体名:『北日本新聞』

「『9月入学』実現なら部活動日程に大きく地殻変動」解説コメント

2020年05月10日-

主催者・媒体名:『スポーツニッポン』

「部活 突然の『引退』 大会中止相次ぐ『3年間の集大成が…』」解説コメント

2020年04月27日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「追跡:体罰訴え、四面楚歌 大分・小学生バレー強豪」解説コメント

2020年03月29日-

主催者・媒体名:『毎日新聞(西部地域版)』

「(縦横無尽)『授業より野球』選ばず、賛成」解説コメント

2020年03月14日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「球児の春 夢散 選抜中止 『ずっと目標に』『夏目指す』」解説コメント

2020年03月12日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「新型コロナ センバツ中止 高嶋仁氏、金谷泰宏氏、中澤篤史氏、野山慎介氏、内田良氏、デーブ・スペクター氏の話」解説コメント

2020年03月12日-

主催者・媒体名:『毎日新聞』

「部活研究ひとすじで発信も」インタビュー

2020年02月21日-

主催者・媒体名:『都政新報』

「部活動改革のいま ガイドラインから2年(3)保護者が運営 弊害の指摘も」解説コメント

2020年02月20日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「部活動改革のいま ガイドラインから2年(1)『短く濃く』広がる知恵」解説コメント

2020年02月18日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「部活動過熱化防ぐ在り方を 高崎で教育のつどい」

2020年02月12日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「Tokyo2020 学校にも大いなる遺産 64年大会」解説コメント

2020年01月25日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「花園から世界へ、留学生駆ける リーチ主将もたどった道 高校ラグビー』」解説コメント

2019年12月28日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「『タッチ』の達也もシゴキ被害者! マンガに描かれた『ブラック部活動』」解説コメント

2019年12月-

主催者・媒体名:『サイゾー』2020.1.

「県内中学で横行『闇部活』って何? 疲れても『休めない』」解説コメント

2019年12月16日-

主催者・媒体名:『信濃毎日新聞』

「(縦横無尽)脱『ブラック部活』、着実に」解説コメント

2019年12月14日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「人権視点に『部活』解説 早大・中澤准教授が講演」

2019年12月12日-

主催者・媒体名:『下野新聞』

「部活が変わる/休みなく長時間練習…改善なるか「週休2日」賛否も」

2019年11月21日-

主催者・媒体名:『LINEニュース/上毛新聞』

「『部活考え直そう』高崎高1年が議論 中澤さん講演」

2019年10月31日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「だから強いのか! 黄金世代の"ビビらない"超思考法」解説コメント

2019年09月-

主催者・媒体名:『月刊ゴルフダイジェスト』2019. No.11

「視点オピニオン:中高生のみなさんへ ハッピーな部活づくり」

2019年09月21日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

詳細
「視点オピニオン:高崎高の特別授業 生徒よ、部活を語れ」

2019年08月04日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

詳細
「高校野球新時代(中)『時短練習』質確保と負担減」解説コメント

2019年07月10日-

主催者・媒体名:『読売新聞(富山地域版)』

「変わる学校の部活動・教員や生徒の過度の負担を減らすために」解説コメント

2019年07月03日-

主催者・媒体名:NHK(茨城)「いば6」

「『ほぼ仕事』教師が部活動に縛られる根深い事情 自由であるために制度化できない?」

2019年06月28日-

主催者・媒体名:『東洋経済オンライン』

詳細
「視点オピニオン:独自路線の高崎市 部活のあり方ご一考を」

2019年06月13日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

詳細
「どう思いますか 部活改革:活動調整し持続可能に」解説コメント

2019年06月12日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「スポーツの力 ひろがる価値観(3)過熱指導見直し」解説コメント

2019年06月01日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「やめたいのにやめられないのはなぜ? 熱血教師と部活動の歴史 『スポーツぎらい』第1回」インタビュー

2019年05月31日-

主催者・媒体名:BLOGOS

詳細
「高校部活の歯止め 14府県緩める」解説コメント

2019年05月29日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「ブラック部活」番組出演

2019年05月07日-

主催者・媒体名:J-WAVEラジオ

イベント・番組・雑誌名:「JAM THE WORLD」

「視点オピニオン:教師の生活を守れ 持続可能な部活動へ」

2019年04月22日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

詳細
「より良い部活の在り方探る 指導者ら集いフォーラム」(講演)

2019年04月16日-

主催者・媒体名:『岩手日報』

「視点オピニオン:生徒の生命を守れ 体罰は部活から即退場」

2019年03月01日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

詳細
「部活が変わる 第5部 課題検証⑧ 問題対処へ説明責任」インタビュー

2019年02月20日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「DeNA筒香も指摘 生徒と専門家に聞いた中高部活のおかしさ」解説コメント

2019年02月09日-

主催者・媒体名:『日刊ゲンダイ』

詳細
「『ゆる部活』楽しく運動」解説コメント

2019年02月08日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「部活指導改革(20) 『楽しむことを練習する場』に 教員が無理なく支える仕組みを」

2019年02月04日-

主催者・媒体名:『日本教育新聞』

「部活指導改革(19) 多くの子受け入れ教員負担大 国際的に特異な日本の部活」

2019年01月21日-

主催者・媒体名:『日本教育新聞』

「高校バスケの留学生 『プレー目的の移籍』認定」解説コメント

2019年01月19日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「部活」番組出演

2019年01月12日-

主催者・媒体名:テレビ朝日「シュシュ」

「視点オピニオン:変革の第一歩 部活は当たり前なのか」

2019年01月06日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

詳細
「あの人にせまる 中澤篤史 部活の歴史研究 早稲田大准教授」インタビュー

2018年12月07日-

主催者・媒体名:『中日新聞』(同内容が『東京新聞』にも掲載)

詳細
「部活の問題を議論 高崎高で中澤さん」(講演)

2018年12月06日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「部活が変わる 第4部 改革余波④ 独自路線を歩む高崎」解説コメント

2018年12月02日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「ジュニアプレス:部活動『ブラック』見直そう」インタビュー

2018年12月01日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「視点オピニオン:どうなる部活の未来 良さ守り、皆で変える」

2018年11月18日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

詳細
「道立高吹奏楽局の不適切会計 道教委規定より慣行優先」解説コメント

2018年11月10日-

主催者・媒体名:『北海道新聞』

「視点オピニオン:新委員54人の抱負 部活のこれから探る」

2018年11月05日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「コーチが部活を遠隔指導、ICT活用で 指導役不足の一助」 解説コメント

役割:コメンテーター2018年10月24日-

主催者・媒体名:『日本経済新聞』

「運動部活、なるか改善 北九州市教委、「方針」来月策定へ」 解説コメント

役割:コメンテーター2018年10月16日-

主催者・媒体名:『朝日新聞(福岡地域版)』

「部活動から考える教員の多忙化(特集 教員の多忙化:学校現場のブラックな実態)」 インタビュー

役割:インタビュイー2018年10月12日-

主催者・媒体名:『Ridilover Journal』

詳細
「部活が消える?〜続く減少 未来への模索〜」 番組出演

役割:出演2018年09月21日-

主催者・媒体名:NHK(名古屋)「ナビゲーション」

「変化する部活動の現場 学校教育が抱える課題に迫る」番組出演

役割:出演2018年09月18日-

主催者・媒体名:NHK「おはよう日本」

「中学の部活動はいま(上) 加茂市「夏休み中 休止」 波紋」解説コメント

役割:コメンテーター2018年08月30日-

主催者・媒体名:『朝日新聞(新潟地域版)』

「部活が変わる 第2部 伝統文化⑨ 日本独特の形に賛否」解説コメント

役割:コメンテーター2018年08月08日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「部活が変わる 第2部 伝統文化⑦ 位置付け変遷、負担増」解説コメント

役割:コメンテーター2018年08月04日-

主催者・媒体名:『上毛新聞』

「ぼくらの野球 ひかれる理由(上)チームワーク」解説コメント

役割:コメンテーター2018年07月05日-

主催者・媒体名:『朝日新聞(愛媛地域版)』

「変わる部活動」番組出演

役割:出演2018年07月03日-

主催者・媒体名:NHK「ひるまえほっと」

「教育考差点 部活動『量より質』へ」解説コメント

役割:コメンテーター2018年07月01日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「部活動と子どもの心の病」番組出演

役割:出演2018年05月22日-

主催者・媒体名:NHK・Eテレ「ハートネットTV」

「子どもの部活とどう向き合う?」番組出演

役割:出演2018年05月09日-

主催者・媒体名:NHK「あさイチ」

「第52回全国高等学校体育連盟研究大会シンポジウム」(登壇)

役割:出演2018年03月-

主催者・媒体名:『第52回全国高等学校体育連盟研究大会報告書』

「ゆる部活 始まっています」解説コメント

役割:コメンテーター2018年03月26日-

主催者・媒体名:『東京新聞』

「部活 外部委託監督が暴行」解説コメント

役割:コメンテーター2018年03月07日-

主催者・媒体名:『中日新聞』

「高校スポーツの未来 議論 松江で全国高体連研究大会」解説コメント

役割:コメンテーター2018年01月19日-

主催者・媒体名:『読売新聞(島根地域版)』

「『ブラック部活』は教師も生徒も地獄なのになぜなくならないのか」インタビュー

役割:インタビュイー2017年12月14日-

主催者・媒体名:『DIAMOND Online』

詳細
「〈変わる部活動〉(下)民間、地域のクラブ」解説コメント

役割:コメンテーター2017年12月03日-

主催者・媒体名:『中日新聞』

詳細
「〈変わる部活動〉(上)休養日の設定」解説コメント

役割:コメンテーター2017年11月19日-

主催者・媒体名:『中日新聞』

詳細
「教育の大問題 部活動はどこへ?」解説コメント

役割:コメンテーター2017年11月15日-

主催者・媒体名:『山口新聞』

「教育大問題 部活動はどこへ? 教員、生徒の負担減へ模索」解説コメント

役割:コメンテーター2017年11月07日-

主催者・媒体名:『京都新聞』

「部活動 どう負担軽減」解説コメント

役割:コメンテーター2017年10月20日-

主催者・媒体名:『中国新聞』

「部活参加は『当然』ではない」インタビュー

役割:インタビュイー2017年10月17日-

主催者・媒体名:『東京大学新聞』

「学校のリスク 若手が斬る」インタビュー

役割:コメンテーター2017年10月11日-

主催者・媒体名:『日本経済新聞』

「教育の大問題 部活動はどこへ?」解説コメント

役割:コメンテーター2017年09月29日-

主催者・媒体名:『山陽新聞』

「自著を語る:そろそろ、部活のこれからを話しませんか」インタビュー

役割:インタビュイー2017年09月25日-

主催者・媒体名:『週刊教育資料』1448

「部活動はどこへ? 脱「ブラック」試行錯誤」解説コメント

役割:コメンテーター2017年09月24日-

主催者・媒体名:『北日本新聞』

「部活動のあるべき姿とは?」解説コメント

役割:コメンテーター2017年09月24日-

主催者・媒体名:『岩手日報』

「りぽーとFUKUOKA:部活の週末休み 生徒も先生も」インタビュー

役割:インタビュイー2017年09月03日-

主催者・媒体名:『朝日新聞(福岡地域版)』

「外部委託で部活動改革が動き出した…?」インタビュー

役割:インタビュイー2017年09月-

主催者・媒体名:『POSSE』36

「部活動の問題をどう解決するか」(鼎談:長沼豊、中澤篤史、小阪成洋)

役割:出演2017年09月-

主催者・媒体名:『季刊教育法』194

「考えてみませんか?部活の今、これから」座談会

役割:出演2017年09月-

主催者・媒体名:『婦人之友』

「やり過ぎてませんか?子どもの部活」インタビュー

役割:インタビュイー2017年08月-

主催者・媒体名:『婦人之友』

「シリーズ・部活って何:人生を楽しむ練習場所に」インタビュー

役割:インタビュイー2017年07月30日-

主催者・媒体名:『赤旗』

「長時間化&人格否定横行の『部活』、無法地帯化が社会問題に…日本企業の文化との関係」インタビュー

役割:インタビュイー2017年07月27日-

主催者・媒体名:『ビジネスジャーナル』

詳細
「深読みチャンネル:部活の楽しみ方教えます…『ブラック部活』への処方箋」

役割:出演2017年07月12日-

主催者・媒体名:『読売新聞YOMIURI ONLINE』

詳細
「発言小町:部活 何のためにするの?」解説コメント

役割:コメンテーター2017年06月21日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「考 越境問題(上)」インタビュー

役割:インタビュイー2017年06月09日-

主催者・媒体名:『朝日新聞(三重地域版)』

「部活動指導をめぐる現状『先生、部活顧問やめるってよ』」解説コメント

役割:コメンテーター2017年06月-

主催者・媒体名:『教職課程』43(8)

「Bukatsu」インタビュー

役割:インタビュイー2017年06月-

主催者・媒体名:『SHUKYU Magazine』4

「宙に浮いたハンドル:全国で相次ぐ部活動送迎中の死亡事故を検証」番組出演

役割:出演2017年05月26日-

主催者・媒体名:テレビ金沢

「論点:部活動『楽しむ練習』の場に」

役割:出演2017年04月29日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「越境入学違反 生徒の『寮』実態調査へ 三重県教委 来月の校長会で指示」解説コメント

役割:コメンテーター2017年04月28日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「『部活動指導員』制度 今年度導入…目的は」解説コメント

役割:コメンテーター2017年04月11日-

主催者・媒体名:福岡毎日放送

イベント・番組・雑誌名:「今日感ニュース」

「顧問が過重労働に 部活のあり方議論」インタビュー

役割:インタビュイー2017年03月27日-

主催者・媒体名:『東京新聞』

「くらしナビ・子育て・親子:部活、 嫌ならやめてよし」インタビュー

役割:インタビュイー2017年03月13日-

主催者・媒体名:『毎日新聞』

詳細
「愛媛の部活 長かった 女子2位 男子4位」インタビュー

役割:インタビュイー2017年03月04日-

主催者・媒体名:『朝日新聞(愛媛地域版)』

「過熱する部活を考える:たかが部活、されど部活」インタビュー

役割:インタビュイー2016年11月-

主催者・媒体名:『女性のひろば』453

「部活」番組出演

役割:コメンテーター2016年10月18日-

主催者・媒体名:NHK「Japanology Plus」

イベント・番組・雑誌名:NHK World, BS1

「ニュースアイ:教員の負担軽減 外部指導員が鍵」インタビュー

役割:インタビュイー2016年09月06日-

主催者・媒体名:『新潟日報』

「教育ルネサンス:部活動を考える6 顧問の負担軽減進まず」解説コメント

役割:コメンテーター2016年09月03日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「部活動(3)やりがい 4年後どうなっているか」インタビュー

役割:インタビュイー2016年08月21日-

主催者・媒体名:『西日本新聞』

詳細
「“部活モンペ”がブラック化を後押しする」解説コメント

役割:コメンテーター2016年07月04日-

主催者・媒体名:『AERA』29

「部活休養日 全校調査へ」解説コメント

役割:コメンテーター2016年06月14日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「AmazingでCrazyな日本の部活(3)スポーツは本当に人間形成につながるのか?」インタビュー

役割:出演2016年05月10日-

主催者・媒体名:『PLANETS』587

詳細
「中学校の部活動」インタビュー

役割:インタビュイー2016年04月24日-

主催者・媒体名:『朝日新聞』

「AmazingでCrazyな日本の部活(2)メンバーによる自主的なマネジメントにこそ部活の価値がある?」インタビュー

役割:インタビュイー2016年04月12日-

主催者・媒体名:『PLANETS』562

詳細
「AmazingでCrazyな日本の部活(1)外国にも部活はあるの?」インタビュー

役割:インタビュイー2016年03月30日-

主催者・媒体名:『PLANETS』552

詳細
「『朝練』廃止 実は継続も」解説コメント

役割:コメンテーター2015年12月28日-

主催者・媒体名:『毎日新聞』

「部活動を知る」解説コメント

役割:コメンテーター2015年12月26日-

主催者・媒体名:RKBラジオ

イベント・番組・雑誌名:「あべちゃんトシ坊!こりない二人の日産ワイドサタデー」

「Sports in Life 最新 部活事情5 野球部鍛錬 元プロの力」解説コメント

役割:コメンテーター2015年09月16日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「Sports in Life 最新 部活事情2 気軽に楽しむ環境づくり」解説コメント

役割:コメンテーター2015年09月10日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「『なぜ?』から考える運動部活動:なぜスポーツは学校教育に結びつけられるのか」インタビュー

役割:インタビュイー2015年08月-

主催者・媒体名:『Training Journal』

「全国高校総体2015 スーパー1年生の挑戦」解説コメント

役割:コメンテーター2015年07月26日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「いまどきの部活動」解説コメント

役割:コメンテーター2015年05月28日-

主催者・媒体名:『読売新聞』

「スポーツを考える:部活動のあり方 問え」インタビュー

役割:出演2015年02月21日-

主催者・媒体名:『毎日新聞』

「東京オリンピックから50年。日本の体育・部活はどう変わったか?」番組出演

役割:コメンテーター2014年10月13日-

主催者・媒体名:TBSラジオ

イベント・番組・雑誌名:「荻上チキSession22」

"All-consuming school clubs worry foreign parents"解説コメント

役割:コメンテーター2014年06月22日-

主催者・媒体名:The Japan Times

「はるかぜちゃん『顧問異動で廃部の危機!?』」解説コメント

役割:コメンテーター2014年05月25日-

主催者・媒体名:TBSラジオ

イベント・番組・雑誌名:「全国こども相談室・リアル!」

「部活 プロコーチに委託」解説コメント

役割:コメンテーター2014年04月13日-

主催者・媒体名:『読売新聞』