氏名

ササダ エイジ

笹田 栄司

職名

教授

所属政治経済学術院

(政治経済学部)

連絡先

URL等

研究者番号
20205876

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

法学学術院(大学院法務研究科)

学歴・学位

学歴

九州大学 法学研究科
-1979年 九州大学 法学部

学位

法学博士 課程 九州大学(日本) 公法学

委員歴・役員歴(学外)

2006年-2011年新司法試験考査委員(法務省:)
2007年-科学研究費補助金第2段審査(合議審査)委員 (日本学術振興会:)
2007年-科学研究費補助金若手研究(S)審査・評価部会専門委員(日本学術振興会:)
2010年-2012年北海道電気通信消費者支援連絡会座長(総務省北海道総合通信局:)
2012年-2013年国家公務員採用総合職試験専門委員()

研究分野

科研費分類

社会科学 / 法学 / 公法学

書籍等出版物

司法の変容と憲法

笹田栄司

有斐閣2008年 02月-

詳細

ISBN:978-4-641-13033-3

裁判制度

笹田栄司

信山社1997年 07月-

詳細

ISBN:4-7972-5026-7

実効的基本権保障論

笹田栄司

信山社1993年 05月-

詳細

ISBN:4-88261-606-8

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

公開と参加による司法のファンダメンタルズの改革

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥13910000

研究種別:

違憲審査活性化についての実証的・比較法的研究

2011年-0月-2015年-0月

配分額:¥20930000

研究種別:

二院制の比較立法過程論的研究

2009年-0月-2014年-0月

配分額:¥34580000

研究種別:

制度改革期における「裁判の公開」原則の再検討-制度と人権の関係性解明に向けて

配分額:¥13910000

研究種別:

変革期における新たな立法動向と多元的立法過程に関する比較的・総合的研究

配分額:¥35360000

研究種別:

権利・利益の実効的救済手段としての「仮の救済」についての実証的・総合的研究

配分額:¥6910000

研究種別:

訴訟非訟二分論の克服-決定手続における「裁判を受ける権利」の保障

配分額:¥2300000

研究種別:

変革期の立法過程における立法補佐体制の実証的・総合的研究

配分額:¥8600000

研究種別:

「訴訟上の和解」についての憲法的考察(「公正な裁定者」としての司法の位置づけ)

配分額:¥1200000

学内研究制度

特定課題研究

専門知を活用した「参加」による違憲審査の活性化― ―アミカスキュリィの可能性

2017年度

研究成果概要:アミカスキュリイとは、訴訟の当事者以外で、「文書あるいは口頭の意見表明の形式で、訴訟における問題に対しその見解を伝えることが許される個人、あるいは団体」のことを言う(Ulrich Kühne)。ドイツにおいては、アミカスキュリイが...アミカスキュリイとは、訴訟の当事者以外で、「文書あるいは口頭の意見表明の形式で、訴訟における問題に対しその見解を伝えることが許される個人、あるいは団体」のことを言う(Ulrich Kühne)。ドイツにおいては、アミカスキュリイが連邦憲法裁判所に認められ、同裁判所は、研究者、利益集団、経済団体及び職業別組合、そしてNPOからの意見を受け取る。憲法の番人としての連邦憲法裁、及び判決の持つ広範な影響力に鑑み、情報を調達する必要性が特に強調される。これはアメリカ連邦最高裁においても同様である。わが国でも憲法裁判においてアミカスキュリイの導入は必要である。そのためには裁判所法改正が必要だが、まずは最高裁規則によっても対応可能であろう。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
プレ政治学演習 (笹田栄司)政治経済学部2018冬クォーター
政治学演習 I (笹田栄司)政治経済学部2018春学期
政治学演習 II (笹田栄司)政治経済学部2018秋学期
政治学演習 III (笹田栄司)政治経済学部2018春学期
政治学演習 IV (笹田栄司)政治経済学部2018秋学期
政治学演習論文 (笹田栄司)政治経済学部2018春学期
政治学演習論文 (笹田栄司)政治経済学部2018秋学期