氏名

チョー ボー

張 望

職名

准教授(任期付) (https://researchmap.jp/read0129678/)

所属国際学術院

(国際教養学部)

プロフィール

2002年香港中文大学日本研究学科卒業。2004年同大学政治與行政學系修士課程(M.Phil) 修了。2009年早稲田大学で博士号(学術)取得。早稲田大学政治経済学術院21COE-GLOPEプログラム国際研究員、早大アジア太平洋研究センター助手、アジア研究機構アジア研究所研究助手、現代中国研究所主任研究員, 大学院アジア太平洋研究科助教を経て、2017年4月より現職。 研究分野: 日中関係論、日本の外交・防衛政策、国内政治と外交政策のリンケージ、比較戦略文化と安全保障。

連絡先

URL等

研究者番号
60454089

本属以外の学内所属

学内研究所等

現代中国研究所

研究所員 2017年-

現代中国研究所

研究所員 2016年-2016年

学歴・学位

学歴

2006年-2009年 早稲田大學 アジア太平洋研究科
2002年-2004年 香港中文大学 政治学研究科
1999年-2002年 香港中文大學 日本研究学科

学位

博士 (国際関係学) 早稲田大学

修士(政治学) 香港中文大學

所属学協会

日本国際政治学会

アジア政経学会

委員歴・役員歴(学外)

2012年04月-2017年03月副編集長、The Journal of Contemporary China Studies

研究分野

キーワード

国際関係理論、日中関係

科研費分類

社会科学 / 政治学 / 国際関係論

論文

Japan’s China policy on Yasukuni under Abe (2012–2015): a political survival interpretation

Mong CHEUNG

Journal of Contemporary East Asia Studies査読有り2017年-

link

Book Review: JAPANESE DIPLOMACY: The Role of Leadership

Mong CHEUNG

Pacific Affairs(89)p.901 - 9022016年12月-

linkWoS

东亚安全结构中的日本及其战略选择

張 望

《国际安全研究》(北京)査読有り(5)2016年-

link

書評:日本創制的东亚国际政治规范-评平川幸子 《“两个中国”和日本方式-解决外交困局的起源与运用》

張望

《当代日本中国研究》p.217 - 2202016年-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Japan`s Domestic Politics and China Policy: The Yasukuni Controversy (2006-07)

Mong CHEUNG

The Journal of Contemporary China Studies査読有り2(2)p.25 - 462013年09月-

弱国の対立:尖閣諸島・钓鱼島漁船衝突事件から見る日中関係の深層

張 望

ワセダアジアレビュー(11)p.54 - 572012年-

Japan eyes the North Korean Nuclear Crisis (2006-09)

Cheung, Mong

Journal of Comparative Asian Develpment査読有りp.109 - 1302011年04月-2011年04月 

link

Political Survival and the Yasukuni Controversy in Sino-Japanese Relations

The Pacific Review (Routledge, UK)査読有り23(4)p.527 - 5482010年09月-

linkWoS

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

日中関係研究:新たなアプローチへ

ワセダアジアレビュー7p.82 - 852010年02月-

Reshaping Nationalism: Chinese Intellectual Responses towards Sino-American and Sino-Japanese Relations in the 21 st Century

Coauthor: Simon Shen (Chinese Universiry of Hong Kong)

The Pacific Review (Routledge, UK)査読有り20(4)p.475 - 972007年12月-

WoS

Riots of Patriot or Victim?: Japan’s Perception of Anti-Japanese Protests in China (2004-05)

The Waseda Journal of Political Science and Economics査読有り363p.25 - 362006年04月-

link

日本是否正在重走军国主义老路?

战略与管理 (北京)59p.23 - 272003年08月-

link

書籍等出版物

Political Survival and Yasukuni in Japan's relations with China  (単著)

張 望 (Mong CHEUNG)

London: Routledge (UK)2017年-

LINK

Decoding the Rise of China: Taiwanese and Japanese Perspectives (担当:Chapter 6)

Tse-Kang Leng and Rumi Aoyama(共編著)

Palgrave Macmillan2018年 06月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:180

講演・口頭発表等

日中関係:内政と外交のリンケージの視点からの分析

国際シンポジウム「東アジア地域の平和と市民社会」2016年07月09日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:東京

Useful Adversaries: Understanding Foreign-Domestic Linkages in China-Japan relations

国際ワークショップ New Directions of Chinese Foreign Policy(政治学研究所、中央研究院、台湾)招待有り2016年06月04日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:台北

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:若手研究B

Foreign-Domestic Linkages in China's Foreign Policy to Japan (2010-2015)

2017年-2019年

配分額:¥4160000

研究種別:

Foreign-Domestic Linkages in China's Foreign Policy to Japan (2010-2015)

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥4160000

学内研究制度

特定課題研究

Foreign-Domestic Linkages in China's Foreign Policy toward Japan (2010-2015)

2016年度共同研究者:Tse-Kang Leng

研究成果概要:The research examines the influence ofdomestic politics to Chinese foreign relations with Japan in the 2010s. By ex...The research examines the influence ofdomestic politics to Chinese foreign relations with Japan in the 2010s. By examining two casesafter the Chinese fishing trawler collision incident in 2010 and improvementsof China-Japan relations since 2013, this research offers an alternativeinterpretation to China’s Japan policy in the post-Cold War era by highlightingdomestic legitimacy of political leaders and the power rivalry within theChinese Communist Party (CCP). The empirical findings support the theoretical assumption stated in the proposal submitted 

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
First Year Seminar IB 09国際教養学部2018春学期
First Year Seminar IIB 80国際教養学部2018秋学期
Intermediate Seminar 09国際教養学部2018春学期
Contemporary Sino-Japanese Relations 01国際教養学部2018春学期
Japan and Northeast Asian Security 51国際教養学部2018秋学期
Seminar on Governance 07国際教養学部2018春学期
Seminar on Governance 07国際教養学部2019春学期
Seminar on Governance 57国際教養学部2018秋学期
Introduction to International Relations 51国際教養学部2018秋学期