最終更新日2017年02月01日

氏名

オガタ テツヤ

尾形 哲也

職名

教授

所属理工学術院

(基幹理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
ogata@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://ogata-lab.jp

研究者番号
00318768

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院基幹理工学研究科)

学内研究所等

ゲームの科学研究所

研究所員 2016年-

ヒューマン・ロボット共創研究所

研究所員 2015年-

学歴・学位

学位

博士(工学) 課程 早稲田大学 知能機械学・機械システム

所属学協会

情報処理学会

日本ロボット学会 理事

日本機械学会

バイオメカニズム学会

計測自動制御学会

人工知能学会

IEEE

取材ガイド

カテゴリー
情報学
専門分野
認知ロボティクス、人間機械協調、神経回路モデル
自己紹介コメント
尾形研究室では、認知ロボティクスの視点から、乳幼児の発達過程に着目し、人間と自由かつ長時間に渡ってコミュニケーションできるロボットの開発を目指しています。具体的には、生物の神経回路を模倣したニューラルネットワーク等の機械学習の仕組みを用い、複雑かつ変化に富んだ実環境で行動し、多様なモダリティの統合と言語などの高次認知表現を獲得していくロボットの実現を目的として研究を行っています。
キーワード
ヒューマンロボットインタラクション、機械学習

研究分野

キーワード

認知ロボティクス

科研費分類

情報学 / 人間情報学 / 知能ロボティクス

研究テーマ履歴

内分泌系を参考とした感情モデルと人間機械コミュニケーションに関する研究

個人研究

感覚連合野の機能を参考とした知能ロボットの言語獲得に関する研究

個人研究

未知作業に適応可能な作業者モデルの自動獲得と支援システム開発に関する研究

個人研究

バイオリン演奏における感性情報処理と自動演奏装置開発に関する研究

個人研究

論文

Deep neural network を用いたヒューマノイドロボットの適応的行動選択

野田邦昭,有江浩明,菅佑樹,尾形哲也

,GPU Technology Conference Japan2014年07月-

Deep neural network を用いた感覚運動統合メカニズムによるヒューマノイドロボットの物体操作行動認識

野田邦昭,有江浩明,菅佑樹,尾形哲也

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会3P2-P032014年05月-

神経回路モデルと身体バブリングによる道具身体化と道具機能の獲得

高橋城志,尾形哲也,TjandraHadi,野田邦昭,村田真悟,有江浩明,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会3P2-P022014年05月-

異なる神経メカニズムによる能動的・受動的行動の選択

村田真悟,山下祐一,有江浩明,尾形哲也,谷淳,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会3P2-Q032014年05月-

Deep neural network による映像・音響・運動データの統合と共起

野田邦昭,有江浩明,菅佑樹,尾形哲也

第28回人工知能学会全国大会3H4-OS-24b-32014年05月-

予測精度の予測に基づいた能動的・受動的な適応行動の生成学習

村田真悟,山下祐一,有江浩明,尾形哲也,谷淳,菅野重樹

第28回人工知能学会全国大会2K4-OS-04a-32014年05月-

身体バブリングと再帰結合型神経回路モデルによる道具身体化〜深層学習による画像特徴量抽出〜

高橋城志,尾形哲也,Hadi Tjandra,野田邦昭,村田真悟,有江浩明,菅野重樹

第28回人工知能学会全国大会1I4-OS-09a-42014年05月-

Deep Neural Networkを用いたマルチモーダル音声認識の為の特徴量学習

山口雄紀,野田邦昭,中臺一博,奥乃博,尾形哲也

情報処理学会第76回全国大会p.5S - 32014年03月-

S-CTRNNを用いた複数時系列パターンの記憶学習

村田真悟,有江浩明,尾形哲也,谷淳,菅野重樹

情報処理学会第76回全国大会p.3C - 62014年03月-

ロボットによる描画運動発達モデルと軌道の重み付き区間認識・学習を利用した精度向上

望月敬太,西出俊,奥乃博,尾形哲也

情報処理学会第76回全国大会p.3C - 52014年03月-

神経力学モデルと身体バブリングに基づく道具身体化と動作生成

Hadi Tjandra,高橋城志,村田真悟,有江浩明,山口雄紀,尾形哲也,菅野重樹

情報処理学会第76回全国大会p.1S - 42014年03月-

レコードスケッチ

寺田翔太,佐々木一磨,有江浩明,野田邦昭,菅佑樹,尾形哲也

計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013p.1B2 - 62013年12月-

マルチメディア向けグラフィカル統合開発環境「Max」とRTCを繋ぐブリッジプラグインの開発

佐々木一磨,寺田翔太,有江浩明,野田邦昭,菅佑樹,尾形哲也

計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013p.1B3 - 12013年12月-

神経回路モデルを用いた道具身体化による道具機能と動作の獲得

高橋城志,Tjandra Hadi,山口雄紀,菅佑樹,菅野重樹,尾形哲也

計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013p.2K1 - 52013年12月-

RTシステムの再利用性を高めるためのオープンフレームワークの開発

菅佑樹,尾形哲也

計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 SI2013p.3G1 - 22013年12月-

停止活動を活用した描画運動におけるロボットの発達的模倣学習

望月敬太, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第31回学術講演会p.1C2 - 062013年09月-

スパース再帰神経回路モデルによる人物の行動学習

西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第31回学術講演会p.2C2 - 012013年09月-

再帰型神経回路モデルによる予測可能性を利用した自己・他者の識別

有江浩明,野田邦昭,菅佑樹,谷淳,尾形哲也

人工知能学会全国大会(第27回)3J3-OS-20b-12013年06月-

Deep neural networkを用いたヒューマノイドロボットによる物体操作行動の記憶学習と行動生成

野田邦昭,有江浩明,菅佑樹,尾形哲也

人工知能学会全国大会(第27回)2G4-OS-19a-22013年06月-

全探索と人間のアフォーダンスとの定量的差異の検証

高橋城志,尾形哲也,岩田浩康,菅野重樹

第13回日本赤ちゃん学会学術集会2013年05月-

再帰型神経回路モデルを用いた引き込みによる適応的な行為生成

有江浩明,野田邦昭,菅佑樹,谷淳,尾形哲也

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.1P1 - B032013年05月-

Deep neural networkを用いた連想記憶メカニズムによるヒューマノイドロボットの適応的行動選択

野田邦昭,有江浩明,菅佑樹,尾形哲也

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.1P1 - B012013年05月-

RTミドルウエア利用者のためのオープンフレームワークの開発

菅佑樹,尾形哲也

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.1P1 - C032013年05月-

空間の能動的認知と身体の拡張

尾形哲也

第57回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’13)p.126 - 12013年05月-

再帰結合神経回路モデルを用いた予測可能性による段階的対象選択学習

信田春満, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

情報処理学会第75回全国大会p.3R - 22013年03月-

神経回路モデルを用いたロボットの描画運動における発達的模倣学習

望月敬太, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

情報処理学会第75回全国大会p.1R - 52013年03月-

多層神経回路モデルによる共感覚現象の学習と連想

山口雄紀, 野田邦明, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

情報処理学会第75回全国大会2013年03月-

再帰型神経回路モデルを用いた内発的動機付けによる身体モデルの優先的学習

信田春満, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

SI 20122012年12月-

RTミドルウエアを用いたテレプレゼンスロボット用フレームワークの開発

菅佑樹, 尾形哲也

SI 20122012年12月-

OpenRTM-aist 体験用開発ツール「RT System Builder」の開発

菅佑樹, 尾形哲也

日本ロボット学会第30回学術講演会p.2B1 - 72012年09月-

神経力学モデルによる自己身体領域抽出と視覚運動系の自己組織化

信田春満, 河本献太, 野田邦昭, 佐部浩太郎, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第30回学術講演会p.2H3 - 22012年09月-

人とロボットの合奏のための多人数合奏の主導権推定

水本武志, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第30回学術講演会p.3D2 - 32012年09月-

MTRNNを用いたロボットの物体操作における挙動表現特徴量の自己組織化

西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第30回学術講演会p.3N1 - 72012年09月-

神経力学モデルを用いたロボットの道具身体化機構

山口雄紀, 信田春満, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第30回学術講演会p.4N3 - 32012年09月-

発達的模倣学習における神経力学モデルの段階的構造化と獲得プリミティブの解析

望月敬太, 信田春満, 西出俊 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第30回学術講演会p.4N3 - 42012年09月-

発話中の方言変化に頑健な方言変換システム

平山直樹, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.6U - 8, 82012年03月-

アクセント特徴量を用いた歌声と朗読音声の識別システム

阿曽慎平, 齋藤毅, 後藤真孝, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.6U - 9, 82012年03月-

再帰型神経回路モデルを用いた視野変化予測と場所知覚ニューロンの発現

信田春満, 河本献太, 野田邦昭, 佐部浩太郎, 奥乃博, 尾形哲也

情報処理学会第74回全国大会p.5P - 8, 82012年03月-

柔軟関節をもつ人間型ロボットにおける神経力学モデルを用いたダイナミック動作の模倣

壷内将之, 尾形哲也, 奥乃博, 西出俊, 信田春満

情報処理学会第74回全国大会p.5P - 7, 82012年03月-

押弦制約付きギター演奏自動採譜システム

矢澤一樹, 阪上大地, 糸山克寿, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.4S - 6, 72012年03月-

倍音コーパスを用いた初期値依存性の低い多重基本周波数推定法

阪上大地, 糸山克寿, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.4S - 7, 72012年03月-

Complex Infinite Sparse Factor Analysisによる周波数領域での音声信号のブラインド音源分離

柳楽浩平, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.4U2012年03月-

パーティクルフィルタを用いた動的環境下の複数音源追跡

黄楊暘, 大塚琢馬, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.4U2012年03月-

複数音源下での擬音語による音源選択システム,

山村祐介, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.4U2012年03月-

The DESIRE Model: Cross-modal emotion analysis and expression for robots

Angelica Lim, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.5ZA2012年03月-

段階的に構造化する神経回路モデルを用いたロボットと人間の発達的インタラクション

望月敬太, 信田春満, 西出俊 奥乃博, 尾形哲也

情報処理学会第74回全国大会p.5ZA2012年03月-

Kinectによる楽器マスキングを用いた視聴覚統合ビートトラッキング

糸原達彦,水本武志,大塚琢馬,中臺一博,尾形哲也,奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.5ZD2012年03月-

神経回路モデルを用いた道具身体化モデルによる道具機能表現の獲得

山口雄紀, 信田春満, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

情報処理学会第74回全国大会p.4Q - 3, 72012年03月-

楽曲印象軌跡に基づく楽曲検索システムの実装と評価

西川直毅, 糸山克寿, 藤原弘将, 後藤真孝, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第74回全国大会p.1S - 7, 62012年03月-

スペクトル変化量のピーク間隔・F0・MFCCを用いた歌声と朗読音声の自動識別システム

阿曽慎平, 齋藤毅, 後藤真孝, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

第94回音楽情報科学研究会,舘山寺温泉, 情報処理学会Vol.2012-MUS-94, pp2012年02月-

音響特徴・ベース音・和音遷移を用いた自動和音認識

糸山克寿, 尾形哲也, 奥乃博

第94回音楽情報科学研究会,舘山寺温泉, 情報処理学会Vol.2012-MUS-94, pp2012年02月-

Infinite Sparse Factor Analysis の複素拡張による音声信号のブラインド音源分離

柳楽浩平, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

日本音響学会関西支部第14回若手研究者交流研究発表会2011年12月-

音源定位手法MUSICのベイズ拡張

大塚琢馬, 中臺一博, 尾形哲也, 奥乃博

第34回 AI チャレンジ研究会, 人工知能学会SIG-Challenge-B102-6, pp.4-25~4-302011年12月-

ブラインド音源分離のためのInfinite Sparse Factor Analysisの複素拡張

柳楽浩平, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

第34回 AI チャレンジ研究会, 人工知能学会SIG-Challenge-B102-9, pp.4-43~4-482011年12月-

マルチロボットによるKinectを用いた同期合奏

糸原達彦, 水本武志, Angelica Lim, 大塚琢馬, 中村圭佑, 長谷川雄二, 中臺一博, 尾形哲也, 奥乃博

第34回 AI チャレンジ研究会, 人工知能学会SIG-Challenge-B102-10, pp.4-49~4-542011年12月-

An interactive musical ensemble with the NAO Thereminist

Angelica Lim, 水本武志, 大塚琢馬, 糸原達彦, 中臺一博, 尾形哲也, 奥乃博

第34回 AI チャレンジ研究会,人工知能学会2011年12月-

テルミン演奏ロボットのためのUnscented Kalman Filter による適応的音高制御

水本武志, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3A2 - 12011年09月-

パーティクルフィルタを用いたギター演奏の視聴覚統合ビートトラッキング

糸原達彦, 大塚琢馬, 水本武志, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3A2 - 22011年09月-

調波・非調波音源モデルを用いたマイク数以上の音源分離

平澤恭治, 安良岡直希, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3A2 - 42011年09月-

ノンパラメトリックベイズによる時間周波数領域における音声信号のブラインド音源分離

柳楽浩平, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3A2 - 52011年09月-

分散的ランドマーク環境における適応リズムによる移動ロボットの誤差低減

小鷹研理, 尾形哲也, 菅野重樹

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3N1 - 22011年09月-

神経力学モデルによる身体図式に基づく空間地図の獲得

信田春満, 西出俊, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3N1 - 52011年09月-

対話データの再帰結合神経回路による 学習と相槌タイミング予測

佐野正太郎, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3O2 - 12011年09月-

MUSIC 法を用いた音源定位のベイズ拡張

大塚琢馬, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3A3 - 22011年09月-

Improving social telepresence by converting emotional voice to robot gesture

Angelica Lim, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

日本ロボット学会第29回学術講演会p.1Q3 - 72011年09月-

神経力学モデルによる身体図式に基づく空間地図の獲得

信田春満, 西出俊, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3N1 - 52011年09月-

対話データの再帰結合神経回路による 学習と相槌タイミング予測

佐野正太郎, 西出俊, 奥乃博, 尾形哲也

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3O2 - 12011年09月-

MUSIC 法を用いた音源定位のベイズ拡張

大塚琢馬, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.3A3 - 22011年09月-

mproving social telepresence by converting emotional voice to robot gesture

Angelica Lim, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Angelica Lim, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNOp.1Q3 - 72011年09月-

神経力学モデルによる文字列からの言語構造の自己組織化とロボット運動感 覚との統合

尾形哲也, 日下航, 奥乃博

日本ロボット学会第29回学術講演会p.1A3 - 62011年09月-

Fast Incremental Probabilistic Surface Recognition for Robot Scene Understanding

Louis Kenzo Cahier, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

日本ロボット学会第29回学術講演会p.1Q2 - 32011年09月-

Improved Statistical Model-Based Voice Activity Detection with Noise Reduction for the SIG-2 Humanoid Robot

Uihyun Kim, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

日本ロボット学会第29回学術講演会p.1Q1 - 72011年09月-

歌詞と音響特徴量を用いた楽曲印象軌跡推定法の設計と評価

西川直毅, 糸山克寿, 藤原弘将, 後藤真孝, 尾形哲也, 奥乃博

第91回音楽情報科学研究会,情報処理学会p.Vol.20112011年07月-

整合性基準に基づく多対多オーディオアライメント

前澤陽, 糸山克寿, 尾形哲也, 奥乃博

第91回音楽情報科学研究会, 情報処理学会p.Vol.20112011年07月-

擬音語と環境音の音響的関係性を考慮した環境音to擬音語変換システム

山川暢英, 北原鉄朗, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

2011年度人工知能学会全国大会p.1C22011年06月-

神経力学モデルによるロボットの言語・運動の統合的認知

尾形哲也, 日下航,奥乃博

2011年度人工知能学会全国大会p.3B12011年06月-

神経力学モデルによる予測可能性を用いた身体識別

信田春満, 尾形哲也, 日下航, 高橋徹, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.1Q - 12011年03月-

再帰結合神経回路モデルへのスパース構造導入による学習能力の向上

粟野皓光, 尾形哲也,有江浩明,谷淳, 高橋徹, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.1Q - 42011年03月-

Time-of-flight camera based Probabilistic Polygonal Mesh mapping

Louis-Kenzo Cahier, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.1T - 52011年03月-

F0・音韻長・パワー制御による歌声らしさ・話声らしさの変化の評価

阿曽慎平, 齋藤毅, 後藤真孝, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.2R - 62011年03月-

視聴覚統合ビートトラッキングを用いた音楽ロボットとギターとの合奏システム

糸原達彦, 大塚琢馬, 水本武志, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.1ZB - 22011年03月-

神経回路モデルによる言語とロボット動作の相互連想学習

日下航, 尾形哲也, 高橋徹, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.3Q - 12011年03月-

誤認識頻発状況下で選択肢列挙を行う音声対話システムとその評価

松山匡子, 駒谷和範, 武田龍, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.4P - 42011年03月-

神経力学モデルの引込みによる相槌タイミング予測

佐野正太郎, 尾形哲也, 日下航, 高橋徹, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.4P - 72011年03月-

Speaker Localization Using Two-Channel Microphone on the SIG-2 Humanoid Robot

Uihyun Kim, Toru Takahashi, Tetsuya Ogata, Hiroshi G. Okuno

情報処理学会第73回全国大会p.4C - 12011年03月-

Classification of Harmonic and Textural Keyboard Playing Style Using Acoustic Features

Jooyoung Ahn, 前澤陽, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.4C - 2,2011年03月-

調波パラメトリックNMFによる楽器演奏音響信号の分析合成

安良岡直希, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.5R - 12011年03月-

歌詞と音響特徴量を用いた楽曲の印象軌跡推定

西川直毅, 糸山克寿, 藤原弘将, 後藤真孝, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.5R - 32011年03月-

潜在的調波配分法に基づく隠れセミマルコフモデルを用いたベイズ的スコアアライメント

前澤陽, 後藤真孝, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.5R - 42011年03月-

伝達関数のスパース性仮定に基づく音楽音響信号中のディレイエフェクトブラインド推定

阪上大地, 安良岡直希, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.5R - 52011年03月-

累積頻度重みを適用したパーティクルフィルタによる実時間楽譜追従

大塚琢馬, 中臺一博, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.5R - 72011年03月-

Audio-visual musical instrument recognition

Angelica Lim, 中村圭佑, 中臺一博, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.5R - 92011年03月-

音源数同定とブラインド音源分離を同時に行うinfinite ICA

柳楽浩平, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第73回全国大会p.6P - 12011年03月-

L1ノルム最小化による劣決定音源分離のための線形計画と二次錐計画の比較評価

平澤恭治, 武田龍, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃 博

情報処理学会第73回全国大会p.6P - 22011年03月-

ロボット聴覚のためのMatching Pursuitによる複数環境音の同定

山川鴨英, 北原鉄朗,高橋徹, 尾形哲也, 奥乃 博

情報処理学会第73回全国大会p.6P - 32011年03月-

再帰神経回路による環境音の構造化と識別

張陽,尾形哲也,高橋徹,奥乃博

第11回システムインテグレーション部門講演会 (SI2010), 計測自動制御学会p.2I1 - 52010年12月-

自己形態主張型カスタマイズロボットの開発

山崎由美子,守良真,菅佑樹,尾形哲也,菅野重樹

第11回システムインテグレーション部門講演会 (SI2010),計測自動制御学会p.1E3 - 42010年12月-

コミュニケーションロボットWAMOEBA-3の開発

菅野重樹,尾形哲也,菅佑樹,西佑起

第11回システムインテグレーション部門講演会 (SI2010), 計測自動制御学会p.1E3 - 32010年12月-

MTRNNを用いた階層的言語構造の創発

日下航,有江浩明,谷淳,尾形哲也,高橋徹,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.3A2 - 72010年09月-

能動知覚経験に基づく物体特徴量の自己組織化と予測信頼性に基づく動作生成

西出俊,尾形哲也,谷淳,高橋徹,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.3A2 - 52010年09月-

自己形態主張型カスタマイズロボットの開発?音を用いたカスタマイズ要求主張行動の検証?

山崎由美子,守良真,近藤裕樹,菅祐樹,尾形哲也,菅野重樹

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.3C2 - 52010年09月-

確信度を用いた物体配置作業における人間ロボット協調

粟野皓光,尾形哲也,西出俊,高橋徹,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.3J1 - 62010年09月-

Probabilistic polygonal mesh for 3D SLAM

Cahier Louis-Kenzo, Takahashi Toru, Ogata Tetsuya, Okuno Hiroshi G.

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.2B2 - 42010年09月-

音楽ロボットのためのパーティクルフィルタを用いたテンポ・楽譜追従手法

大塚琢馬,中臺一博,高橋徹,尾形哲也,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.1H3 - 62010年09月-

打楽器とロボットの合奏のための結合振動子モデルに基づく打撃時刻予測手法

水本武志,中臺一博,大塚琢馬,高橋徹,尾形哲也,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.1H3 - 22010年09月-

リサンプル-ブロック処理と並列化に基づくICAの実時間実装

武田龍,中臺一博,高橋徹,尾形哲也,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.1H3 - 1,2010年09月-

Dynamic Recognition of Enviromental Sounds with Recurrent Neural Network

張陽,尾形哲也,高橋徹,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.1H2 - 72010年09月-

ロボット聴覚のためのMatching-Pursuitによる環境音の分離音認識

山川暢英,高橋徹,北原鉄朗,尾形哲也,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.1H2 - 42010年09月-

調波構造を用いたL1ノルム最小化に基づく劣決定音源分離手法の性能評価

平澤恭治,高橋徹,尾形哲也,奥乃博

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.1H2 - 32010年09月-

Multimodal gesture recognition for robot musical accompaniment

Lim Angelica, Mizumoto Takeshi, Cahier Louis-Kenzo, Otsuka Takuma, Takahashi Toru, Ogata Tetsuya, Okuno Hiroshi G

日本ロボット学会第28回学術講演会, 名古屋工業大学p.1C1 - 42010年09月-

多重奏音響信号中の歌唱音声の歌詞を自由に差し替える歌詞置換システム

安良岡直希, 糸山克寿, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会秋季学術講演会2010年09月-

SpeakBySinging: 歌声を話声に変換する話声合成システム

阿曽慎平, 齋藤毅, 後藤真孝, 糸山克寿, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会,つくば, 情報処理学会Vol.2010-MUS-86, No., pp.2010年07月-

多重奏音響信号中の演奏をユーザー指定の旋律に差し替えるフレーズ置換システム

安良岡直希, 糸山克寿, 吉岡拓也, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会, つくば, 情報処理学会Vol.2010-MUS-, No., pp.2010年07月-

バージイン許容音声対話システムにおけるユーザ発話の分析と指示対象同定への応用

松山匡子, 駒谷和範, 武田龍, 尾形哲也, 奥乃 博

第 回音声言語情報処理研究会 情処研報,情報処理学会Vol.2010(No.10)p.20102010年07月-

複数の言語モデルと言語理解モデルによる音声理解手法のラピッドプロトタイピングへの適用

勝丸真樹, 駒谷和範, 中野幹生, 船越孝太郎, 辻野広司, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.3U - 22010年03月-

Robot Musical Accompaniment: Real-time Synchronization using Visual Cue Recognition

Angelica Lim, 水本武志, 大塚琢馬, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.6T - 72010年03月-

バージイン許容音声対話におけるLSMによる許容発話範囲の拡張

松山匡子, 駒谷和範, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.5U - 92010年03月-

ユーザの文法知識を状態に加えたPOMDPに基づく音声対話システム

穐山空道, 駒谷和範, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.5U - 92010年03月-

スペクトル推定を用いたマイク数以上の同時発話に対する音声認識

平澤恭治, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.3U - 72010年03月-

複数自由度を用いて音高特性モデルに基づく音高制御を行うテルミン演奏ロボットの開発

水本武志, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.6T - 82010年03月-

ロボット音声対話におけるSemi-blind ICAを用いた自己発話キャンセル

武田龍, 中臺一博, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.6J - 72010年03月-

実環境音声認識のためのロボット聴覚システム開発とパラメータチューニング

高橋徹, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.6J - 82010年03月-

環境音から擬音語への自動変換における特徴量抽出法の検討

山川暢英, 北原鉄朗, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.3U - 92010年03月-

RNNを用いた行為予測による人間とロボットの協調物体配置

粟野皓光, 尾形哲也, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.5V - 62010年03月-

MTRNNを用いた単語と文法の階層的自己組織化による文の認識・生成

日下航, 有江浩明, 谷淳, 尾形哲也, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.6W - 82010年03月-

F0・振幅・音韻長の制御により歌声を話声に変換する話声合成システムSpeakBySinging

阿曽慎平, 齋藤毅, 後藤真孝, 糸山克寿, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.6U - 12010年03月-

楽器音イコライザによる楽曲音響特徴変動と類似楽曲検索への応用

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.6J - 62010年03月-

クラシック音楽理解能力拡張インターフェイスのための同音旋律音量推定手法と主旋律推定への応用

前澤陽, 後藤真孝, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.3T - 12010年03月-

調波非調波GMMに基づくMIDI演奏音響信号に対する音色・演奏表情操作

安良岡直希, 糸山克寿, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.p.5T - 52010年03月-

"Score Following by Particle Filtering for Music Robots, "

大塚琢馬, 中臺一博, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第72回全国大会p.5R - 72010年03月-

MTRNNによる環境音の予測識別

張陽, 尾形哲也, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃博

第10回システムインテグレーション部門講演会 (SI2009), 計測自動制御学会p.1H4 - 52009年12月-

ハードウェアをカスタマイズできるコミュニケーションロボットに関する研究

守良真,山由美子,近藤裕樹,菅佑樹,尾形哲也,菅野重樹

第10回システムインテグレーション部門講演会 (SI2009), 計測自動制御学会p.2F1 - 22009年12月-

弦の音響差異を考慮したバイオリン演奏音響信号に対する運指推定

前澤陽, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

日本音響学会関西支部第12回若手研究者交流研究発表会2009年12月-

Thereminist Robot: Development of a Robot Theremin Player based on a Theremin”s Pitch Model

Takeshi Mizumoto, Hiroshi Tsujino, Toru Takahashi, Kazunori Komatani, Tetsuya Ogata, Hiroshi G. Okuno

Special SIGMUS Symposium2009年11月-

声道物理モデルの母音列繰り返し模倣による音素獲得シミュレーション (基調講演)

尾形哲也, 神田尚, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃博

日本ロボット学会第27回学術講演会, 横浜国立大学2009年09月-

頭部音響伝達関数を用いたGSSによる3話者同時発話認識?HARK 1.0.0 の新機能?

高橋徹, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第27回学術講演会, 横浜国立大学2009年09月-

Voice-Awareness Control Consistent with Robot”s Body Movements

大塚琢馬, 中臺一博, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第27回学術講演会, 横浜国立大学2009年09月-

テルミン演奏ロボットのための音高依存性を考慮した音量モデル

水本武志, 辻野広司, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第27回学術講演会, 横浜国立大学2009年09月-

ロボット音声対話におけるバージン発話の指示対象同定

松山匡子, 駒谷和範, 武田龍, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会第27回学術講演会, 横浜国立大学2009年09月-

二次リカレントニューラルネットワークを用いた道具身体化モデルの構築

西出俊, 中川達裕, 尾形哲也, 谷淳, 高橋徹, 奥乃博

日本ロボット学会第27回学術講演会, 横浜国立大学2009年09月-

RNNを備えた2体のロボット間における身体性に基づいた動的コミュニケーションモデル

日下航, 尾形哲也, 小嶋秀樹, 高橋徹, 奥乃博

日本ロボット学会第27回学術講演会, 横浜国立大学2009年09月-

多重奏楽曲の楽器音量バランス変化による音楽ジャンルシフト

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会Vol.2009-MUS-8(No.3)p.1 - 62009年07月-

残差スペクトルモデルによる伴奏・残響成分抑制に基づいた楽器演奏分析合成の高精度化

安良岡直希, 安部武宏, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会Vol.2009-MUS-81(No.10)p.1 - 62009年07月-

複数楽器混合モデルのパラメータ推定と楽器名同定への応用

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会, 情報処理学会Vol.2009-MUS-81(No.13)p.1 - 62009年07月-

音響信号と音楽的制約を統合したバイオリンの演奏弦系列の推定

前澤陽, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会, 情報処理学会Vol.2009-MUS-81(No.5)p.1 - 62009年07月-

音声対話システムにおける文法検証結果と発話履歴に基づくヘルプメッセージ候補のランキング

駒谷和範, 池田智志, 福林雄一朗, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会音声言語情報処理研究会, 飯坂温泉,情報処理学会.2009年07月-

市民参画のための公的討議の議事録閲覧支援システム

白松俊, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会全国大会 (JSAI2009)p.3I1 - 12009年06月-

バージイン発話タイミングを導入した指示対象同定

松山匡子, 駒谷和範, 武田龍, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会音声言語研究会2009年05月-

音色特徴量に基づく調波・非調波統合モデルによる楽器音モーフィング

安部武宏, 糸山克寿, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

ベース音高とクロマベクトルの相関に基づいた和音進行認識

高野秀樹, 須見康平, 糸山克寿, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

連続発音中の音色変化に着目した未学習譜面情への演奏信号生成

安良岡直希, 安部武宏, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

A Music Retrieval Approach from Alternative Genres of Query by Adjusting Instrument Volume

王凱平, 糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

ソフトマスクと音響モデル適応を用いた3話者同時発話音声認識

高橋徹, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

ロボットによる卓上物体操作のためのRNNを用いた道具身体化モデルの構築

中川達裕,尾形哲也, 谷淳, 高橋徹, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

楽器の内部モデルに基づくフィードフォワード制御によるテルミン演奏ロボットの開発

水本武志, 辻野広司, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

歌唱ロボットのためのビート情報とメロディ・ハーモニー情報の統合による音楽音響信号と楽譜の実時間同期手法の開発

大塚琢馬, 村田和真, 武田龍, 中臺一博, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

Probabilistic Classification of Monophonic Instrument Playing Techniques

前澤陽, 糸山克寿, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

フィールドにおける音源定位のための音声視覚化デバイス「カエルホタル」の設計

水本武志, 合原一究, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

顔追跡による音環境可視化システムのアウエアネスの改善

久保田祐史, 白松俊: 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

音声対話システムにおける想定外発話の文法検証を用いた対話行為推定に基づくヘルプ生成,

池田智志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

音声認識と言語理解を動的に選択する音声理解フレームワーク

勝丸真樹, 中野幹生, 駒谷和範, 成松宏美, 船腰孝太郎, 辻野広司, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

実環境音声対話システムにおけるバージイン発話タイミングを活用した指示対象の同定

松山匡子, 駒谷和範, 白松俊, 武田龍, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

神経回路モデルを用いた音声模倣モデルによる音声バブリングと音声獲得過程シミュレーション

神田尚, 尾形哲也, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃 博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

RNNを備えた2対の小型ロボット間の首振り動作と音声によるインタラクションにおける共有シンボルの創発

日下航, 神田尚, 尾形哲也, 小嶋秀樹, 奥乃博

情報処理学会第71回全国大会2009年03月-

話題遷移図の可視化と話題遷移に応じた関連情報提示による議事録閲覧支援

白松俊, 駒谷和範, 尾形哲也, 高橋徹, 奥乃博

言語処理学会第15回年次大会p.D2 - 12009年03月-

複数の言語モデル・言語理解方式を用いた音声理解の高精度化

勝丸真樹, 中野幹生, 駒谷和範, 成松宏美, 船腰孝太郎, 辻野広司, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

第75回音声言語情報処理研究会, 2009-SLP-75 (9), 情処研報Vol.2009(No.10)p.45 - 502009年02月-

楽器音イコライザ:楽器パートの音量を操作可能なオーディオプレイヤー

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

(社)音響学会関西支部 第11回若手研究者交流研究発表会2008年12月-

RNNを用いた構音運動文節化に基づく連続母音模倣モデル

神田尚, 尾形哲也, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃博

(社)音響学会関西支部 第11回若手研究者交流研究発表会2008年12月-

連続音響信号と構音情報の分節化に基づく母音音声模倣モデル

神田尚, 尾形哲也, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃博

第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008), 計測自動制御学会p.639 - 6402008年12月-

ロボットによるRNNPBを用いた高予測信頼性動作探索とその解析

西出俊, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第9回システムインテグレーション部門講演会(SI2008), 計測自動制御学会p.81 - 822008年12月-

Vocal Imitation Model with Segmenting and Composing Capability of Vowel Structure using Recurrent Neural Network

Hisashi KANDA, Tetsuya OGATA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

第28回 AI チャレンジ研究会, SIG-Challenge-A802-2, 人工知能学会p.7 - 122008年11月-

ミッシングフィーチャ理論に基づく複数話者同時発話音声認識における 音響特徴量とマスクの検討

高橋徹, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本音響学会 2008年秋季研究発表会講演論文集p.95 - 062008年10月-

形態主張型コミュニケーションロボットにおける研究—形態主張行動の解り易さのユーザへの影響に関する研究—

近藤裕樹, 奥出京司郎, 岩丸大二郎, 守良真, 菅佑樹, 尾形哲也, 菅野重樹

第26回日本ロボット学会学術講演会p.3J2 - 022008年09月-

物体挙動予測モデルによる動画像特徴量の自己組織化

西出俊, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第26回日本ロボット学会学術講演会p.2N2 - 042008年09月-

独立成分分析を応用したロボット聴覚による残響下におけるバージイン発話認識

武田龍, 中臺一博, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第26回日本ロボット学会学術講演会p.1A2 - 022008年09月-

RNN を用いた連続音響信号からの母音構造と遷移情報の抽出

神田尚, 尾形哲也, 駒谷和範, 奥乃博

第26回日本ロボット学会学術講演会p.1A2 - 012008年09月-

ロボットにおける自己身体の順逆モデルを再利用した他者行為の予測と模倣

尾形哲也, 横矢龍之介, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第26回日本ロボット学会学術講演会p.1J1 - 042008年09月-

聴覚機能を持つ音楽ロボットのためのアーキテクチャの設計とビートカウントロボットへの適用

水本武志, 武田龍, 吉井和佳, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第26回日本ロボット学会学術講演会p.1A1 - 022008年09月-

ロボット聴覚のためのソフトマスク生成法による周辺話者音声認識率の改善

高橋徹, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第26回日本ロボット学会学術講演会p.1A1 - 012008年09月-

楽器音イコライザによる音色の類似度に基づく楽曲検索システム

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会, 2008-MUS-76, 情報処理学会Vol.20082008年08月-

音高による音色変化を考慮した楽器音の音高・音長操作手法

安部武宏, 糸山克寿, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報科学研究会, 2008-MUS-76, 情報処理学会Vol.20082008年08月-

: SalienceGraph: 参照確率に基づく話題遷移図の可視化

白松俊, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会全国大会 (JSAI2008)p.1H1 - 12008年06月-

カスタマイズ可能なロボットにおける形態主張の効果と検証

岩丸大二郎, 奥出京司郎, 近藤裕樹, 坂上徳翁, 菅佑樹, 尾形哲也, 菅野重樹

人工知能学会全国大会 (JSAI2008)p.1I1 - 042008年06月-

自己組織化回路素子SONEの制御回路構造形成メカニズム

金天海, 阿部博行, 出澤純一, 尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P2 - G112008年06月-

物体操作に関する脳の情報処理構造を参考にした運動学習モデル

有江浩明, 尾形哲也, 谷淳, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P12008年06月-

神経調節機能を参考とした自律エージェントの神経制御器の開発

菅佑樹, 小林大三, 尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P1 - G052008年06月-

ユーザのカスタマイズを受容・拒否できる機構を持つロボットシステムの開発

近藤裕樹, 坂上徳翁, 奥出京司郎, 岩丸大二郎, 菅佑樹, 尾形哲也, 菅野 重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.1P1 - G112008年06月-

音素獲得に向けたリカレントニューラルネットワークによる音響信号と構音運動の分節化

神田尚, 尾形哲也, 駒谷和範, 奥乃博

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P1 - G032008年06月-

音声対話システムにおける簡略表現認識のための誤認識増加を抑制する自動語彙拡張

勝丸真樹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃 博

第71回音声言語情報処理研究会, 情報処理学会p.71 - 762008年05月-

新近性効果の減数曲線を加味した顕現性計算手法に基づく話題遷移の可視化

白松俊, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

言語処理学会第14回年次大会p.432 - 4352008年03月-

RNNPBによる音響模倣・分節化を用いた音素獲得モデルの提案

神田尚, 尾形哲也, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

神経回路モデルによる動作・言語変換を利用した人間ロボット音声協調

張陽, 尾形哲也, 谷淳, 村瀬昌満, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

音源定位結果と音声認識結果をHMDに統合呈示する聴覚障害者向け音環境理解支援システム

徳田浩一, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

音楽と映像の調和度計算モデルを用いたクロスメディア探索

斎藤博己, 糸山克寿, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

ロボット音声対話のためのMFTとICAによるバージイン許容機能の評価

武田龍, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

音声対話システムにおける誤り原因の階層的分類とその推定に基づく発話誘導

駒谷和範, 福林雄一朗, 池田智志, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

音声対話システムにおけるWFSTに基づく文法検証を利用した動的ヘルプ生成

福林雄一朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

マルチドメインシステムにおけるトピック推定と対話履歴の統合によるドメイン選択の高精度化

池田智志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

音声対話システムにおけるユーザの固有名詞の簡略化に対処する語彙拡張

勝丸真樹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

顔の動作に追従したGUIインタフェースを持つ音環境可視化システム

久保田祐史, 吉田雅敏, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

音楽と自分の声を聞き分けながらビートに合わせて発声するロボットの開発

水本武志, 武田龍, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

複数楽器個体による事前分布を用いた調波・非調波統合モデルのパラメータ推定

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

楽器固有の音響的特徴を考慮した楽器音の音高操作手法

安部武宏, 糸山克寿, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

ベース音高を考慮したポピュラー音楽に対する和音進行認識

須見康平, 糸山克寿, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

ロボットの順逆モデルの変換による他者行為予測と模倣

横矢龍之介, 尾形哲也, 西出俊, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第70回全国大会2008年03月-

マルチドメインシステムにおけるトピック推定と対話履歴の統合によるドメイン選択の高精度化

池田智志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音声言語シンポジウム, 信学技法NLC2007-80(SP2007-143)p.277 - 2822007年12月-

自己モデルの再利用に基づくロボットによる他者の発見と模倣

横矢龍之介, 尾形哲也, 西出俊, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第8回システムインテグレーション部門講演会 (SI2007), 計測自動制御学会p.2C1 - 22007年12月-

ニューラルネットによる腱駆動ロボットアームの制御

有江浩明, 尾形哲也, 谷淳, 菅野重樹

第8回システムインテグレーション部門講演会 (SI2007) ,計測自動制御学会p.1B4 - 62007年12月-

能動知覚経験に基づく物体挙動連想と動作生成

西出俊, 尾形哲也, 横矢龍之介, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第8回システムインテグレーション部門講演会 (SI2007), 計測自動制御学会p.1C1 - 32007年12月-

実世界の力学構造に基づいた疑似シンボル生成と言語動作相互変換

尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

システム・情報部門学術講演会講演論文集 (SSI2007), 計測自動制御学会2A2-3p.211 - 2162007年11月-

マルチドメイン音声対話システムにおける想定外発話への対処のためのWebを用いたシステム知識の拡張

池田智志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報技術レターズ (第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007)講演論文集)p.LE - 0072007年09月-

自己モデルの投影に基づくロボットによる模倣動作の自律的獲得

横矢龍之介, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第25回日本ロボット学会学術講演会p.3N272007年09月-

対話型進化的計算による強化学習器の報酬系の獲得

菅佑樹, 生熊良規, 尾形哲也, 菅野重樹

第25回日本ロボット学会学術講演会,2O18,2007年09月-

物体挙動の予測信頼性に基づく自律的な動作生成

西出俊, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第25回日本ロボット学会学術講演会p.1C362007年09月-

リカレントニューラルネットワークによる複数文章とロボット動作の双方向変換

尾形哲也, 村瀬昌満, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第25回日本ロボット学会学術講演会p.1C262007年09月-

声道物理モデルとリカレントニューラルネットワークによる母音模倣

神田尚, 尾形哲也, 駒谷和範, 奥乃博

第25回日本ロボット学会学術講演会p.1N172007年09月-

独立成分分析に基づく適応フィルタのロボット聴覚への応用

武田龍, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第25回日本ロボット学会学術講演会p.1N162007年09月-

音色特徴量分布の利用による調波・非調波併用モデルのパラメータ推定

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会 音楽情報処理研究会 研究報告, 2007-SIG71-262007年08月-

会話文脈に応じた関連情報提示タスクのための文脈類似度計算手法の開発

白松俊, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会研究会資料 SIG-SLUD-A701-10 (7/23)p.57 - 622007年07月-

ドメイン拡張性を備えたトピック推定に基づく発話誘導を行うマルチドメイン音声対話システム

池田智志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会研究会資料 SIG-SLUD-A701-10 (7/23)p.83 - 882007年07月-

自己組織化回路素子へのフリップフロップ素子導入による時系列学習

金天海, 出澤純一, 尾形哲也, 菅野重樹

第21回人工知能学会全国大会p.3G6 - 12007年06月-

多重奏音楽音響信号の音源分離のための調波・非調波モデルの制約付きパラメータ推定

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報処理研究会, 2007-MUS-70 (13), 2007-EC-7 (13)2007(37)p.81 - 882007年03月-

音声認識結果とコンセプトへの重みづけによるWFSTに基づく音声言語理解の高精度化

福林雄一朗, 駒谷和範, 中野幹生, 船越孝太郎, 辻野広司, 尾形哲也, 奥乃博

第66回音声言語情報処理研究会, 2007-SLP-66 (8), 2007-NL-179 (8) 情報処理学会2007(47)p.43 - 482007年03月-

コーパスからの関連語獲得に基づく連想を加味した顕現性の推定

白松俊, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

言語処理学会第13回年次大会2007年03月-

歌声の分離と音響モデルの分離歌声への適用に基づく音楽音響信号と歌詞の時間的対応付け手法

藤原弘将, 後藤真孝, 緒方淳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会春季講演会p.32007年03月-

可聴域音波を用いたAcoustical Holography (AH) による遮蔽物の検出と距離計測法

丹羽治彦, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会春季講演会p.12007年03月-

人間型声道モデルと神経回路モデルを利用した母音模倣

神田尚, 尾形哲也, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.1Q - 22007年03月-

自己身体モデルの投影に基づくロボットによる他者の動作予測

横矢龍之介, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.1R - 32007年03月-

RNNPBによる自然言語列と動作列の意味的結合と人間ロボットインタラクション

村瀬昌満, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.1R - 42007年03月-

楽譜情報を用いたNMFによる音楽音響信号の音源分離

糸山克寿, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.2N - 12007年03月-

マルチメディアコンテンツにおける音楽と映像の調和に関する分析

西山正紘, 北原鉄朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.2N - 62007年03月-

自己組織化回路素子(SONE)への教師あり学習の付与

金天海, 尾形哲也, 菅野重樹

情報処理学会第69回全国大会p.2Q - 32007年03月-

Onomatree:擬音語と木構造を併用した環境音検索インターフェース

清水敬太, 北原鉄朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.3N - 72007年03月-

聴覚障害児の授業支援のためのHMDによる音声認識結果提示システムの設計

徳田浩一, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.3ZB - 42007年03月-

EMアルゴリズムとパーティクルフィルタの統合によるリアルタイム複数の人物追跡システム実現

金鉉燉, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.4B - 32007年03月-

音声対話システムにおける発話検証を利用したシステム想定外発話の誤受理抑制

福林雄一朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.5Q - 52007年03月-

マルチドメイン音声対話システムにおけるシステム想定外発話のトピック推定に基づく発話誘導

池田智志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.5Q - 62007年03月-

物体静止画像から動的特徴を抽出する神経回路モデルの学習と解析

西出俊, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.6B - 42007年03月-

音環境を可視化する録音再生システム

吉田雅敏, 海尻聡, 山本俊一, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.6ZB - 22007年03月-

ICA と MFT に基づく音声認識における Soft Mask を用いた性能評価

武田龍, 山本俊一, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第69回全国大会p.6ZB - 62007年03月-

音声対話システムにおけるヘルプ生成のためのシステム想定外発話の誤受理抑制

福林雄一朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第65回音声言語情報処理研究会, Vol.2007, No., 情報処理学会2007年02月-

マルチメディアコンテンツにおける音楽と映像の調和度計算モデル

西山正紘, 北原鉄朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音楽情報処理研究会, 2007-MUS-,Vol.2007, No., 情報処理学会2007年02月-

能動知覚経験に基づく物体静止画像からの挙動推定

西出俊, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第7回システムインテグレーション部門講演会 (SI2006), 1B2-4, 計測自動制御学会2006年12月-

IECを用いた適応的なインタラクションシステムの実現

小林大三,遠藤ちひろ,松本猛,菅佑樹,尾形哲也,菅野重樹

第7回システムインテグレーション部門講演会 (SI2006), 1L3-5, 計測自動制御学会2006年12月-

自己組織化回路素子SONEにおけるフリップフロップ素子の導入によるシーケンスの分節化と統合

出澤純一,金天海,尾形哲也,菅野重樹

第7回システムインテグレーション部門講演会 (SI2006), 2C2-5, 計測自動制御学会2006年12月-

自己組織化回路素子SONEへの教師あり学習機能の付与

金天海,尾形哲也,菅野重樹

第7回システムインテグレーション部門講演会 (SI2006), 2C2-6, 計測自動制御学会2006年12月-

隠れ状態を有する連続な状態空間での強化学習法の提案

鈴木貴晴,有江浩明,尾形哲也,谷淳,菅野重樹

第7回システムインテグレーション部門講演会 (SI2006), 2C2-7, 計測自動制御学会2006年12月-

ICAによる音源分離とMFTに基づく音声認識の同時発話認識による評価,

武田龍, 山本俊一, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第24回 AI チャレンジ研究会, 人工知能学会SIG-Challenge-0624-2p.9 - 162006年11月-

視聴覚情報統合及びEMアルゴリズムを用いた人物追跡システム実現

Hyun-Don Kim, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第24回 AI チャレンジ研究会, 人工知能学会SIG-Challenge-0624-8p.51 - 582006年11月-

RNNPBによる視聴覚情報変換を利用したロボットの身体・音声表現

尾形哲也, 小嶋秀樹, 駒谷和範, 奥乃博

言語理解とコミュニケーション研究会他, TL2006-22 NLC2006-18 PRMU2006-99 pp.27-32(TL), pp.27-32(NLC), pp.45-50(PRMU), 電子情報通信学会2006年10月-

可聴音波を用いたAH法による遮断された物体の検出と距離計測

丹羽治彦, 尾形哲也, 駒谷和範, 奥乃博

日本音響学会応用音響研究会2006年09月-

人間とプログラムのハイブリッド評価を用いた対話型進化的計算コミュニケーションロボットの行動獲得への応用

菅佑樹, 尾形哲也, 菅野重樹

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

自己組織化論理回路における対ノイズ性能の向上

金天海, 出澤純一, 尾形哲也, 菅野重樹

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

ロボットの身体経験に基づくRNNPBを用いた模倣動作の自律的獲得

横矢龍之介, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

人間ロボット協調のためのRNNPBによる疑似シンボルの獲得とその階層性の解析

村瀬昌満, 松本祥平, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

ユーザの変化する主観に対応するコミュニケーションロボットの行動獲得

松本猛, 遠藤ちひろ, 小林大三, 菅佑樹, 尾形哲也, 菅野重樹

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

リカレントニューラルネットワークによるロボットの異種感覚モダリティ変換

尾形哲也, 服部佑哉, 小嶋秀樹, 駒谷和範, 奥乃博

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

CTRNNを用いた強化学習法による連続な行動出力の獲得

有江浩明, 尾形哲也, 谷淳, 菅野重樹

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

ICAとミッシングフィーチャマスク自動生成によるロボット聴覚

武田龍, 山本俊一, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第24回日本ロボット学会学術講演会2006年09月-

パラメータ最適化による実環境同時発話認識向上とそのオンライン処理の実装

山本俊一, 中臺一博, 中野幹生, 辻野広司, JEAN-MARC VALIN, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第24回日本ロボット学会学術講演2006年09月-

伴奏音抑制と高信頼度フレーム選択に基づく楽曲中の歌声の歌手名同定手法

藤原弘将, 北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第66回音楽情報処理研究会, 2006-MUS, 情報処理学会2006年08月-

Instrogram: 発音時刻検出とF0推定の不要な楽器音認識手法

北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第66回音楽情報処理研究会, 2006-MUS, 情報処理学会2006年08月-

ユーザの評価と音響的特徴との確率的統合に基づくハイブリッド型楽曲推薦システム

吉井和佳, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第66回音楽情報処理研究会, 2006-MUS, 情報処理学会2006年08月-

音声対話システムにおける発話パターンを教示するヘルプの動的生成

福林雄一郎, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会研究会資料SIG-SLUD-A601-03 人工知能学会p.13 - 182006年07月-

CTRNNを用いた連続な状態空間における強化学習法の提案

有江浩明, 尾形哲也, 谷淳, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2006年05月-

自己組織化ネットワーク素子群における対ノイズ性能向上

出澤純一, 金天海, 尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2006年05月-

人間とのコミュニケーションを通したロボットの内分泌系モデルと情動表出の段階的進化

菅佑樹, 高田広太郎, 尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2006年05月-

IECを用いたコミュニケーションロボットにおける人間の主観変化への適応

遠藤ちひろ, 小林大三, 松本猛, 菅佑樹, 尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2006年05月-

ゲーム理論に基づく中心化理論の再定式化と日英コーパスを用いた統計的検証

白松俊, 駒谷和範, 尾形哲也, 橋田浩一, 奥乃博

言語処理学会第12回年次大会2006年03月-

Instrogram: 楽器存在確率に基づく音楽視覚表現法

北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本音響学会春期研究発表会2006年03月-

調波構造抽出と高信頼度フレーム選択を用いた雑音下での話者識別

藤原弘将, 北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本音響学会春期研究発表会2006年03月-

アクティブセンシングを用いたロボットによる模倣動作の自律的獲得

横矢龍之介, 駒谷和範, 尾形哲也, 谷淳, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

RNNPBを用いて獲得した疑似シンボルによる人間とロボットの協調の実現

松本祥平, 駒谷和範, 尾形哲也, 谷淳, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

RNNPBを用いたモダリティ間マッピングによるロボットの動作生成

服部佑哉, 駒谷和範, 尾形哲也, 小嶋秀樹, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

ICAによる音源分離とミッシングフィーチャーマスクによる同時発話認識

武田龍, 山本俊一, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

音声対話システムにおけるユーザの誤り原因の推定に基づく動的ヘルプ生成

福林雄一朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

複数ドメイン音声対話システムにおける対話履歴を利用したドメイン選択の高精度化

神田直之, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

強化学習による人間位置に基づいたロボットの挙動選択

田崎豪, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

音源定位及び唇の動き検出による複数ユーザ環境における発話者認識

Hyun-Don KIM, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

GAによる話者位置への同時発話認識システムの最適化

山本俊一, 中臺一博, 中野幹生, 辻野広司, Jean-Marc VALIN, 武田龍, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

擬音語表現を利用した環境音のためのXMLタグの設計と自動付与

田口明裕, 北原鉄朗, 石原一志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

表題音楽アノテーションのための階層的物語タグの設計

西山正紘, 北原鉄朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

多重奏中特定パートの自動採譜における複数特徴量の自動重み付け

糸山克寿, 北原鉄朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第68回全国大会2006年03月-

ドラムパートのリアルタイム編集機能付きオーディオプレイヤー

吉井和佳, 後藤真考, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

インタラクション2006, インタラクティブセッション, 情報処理学会2006年05月-

可聴域音波の広指向性と回折を利用した同時複数物体定位と遮蔽物検出

丹羽治彦,尾形哲也,駒谷和範,奥乃博

電子情報通信学会超音波研究会2006年01月-

多重奏音源同定における音の重なりに対する頑健性の改善

北原鉄朗, 後藤真考, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会関西支部第8回若手研究者交流研究発表会2005年12月-

超音波センサアレイを用いたアクティブセンシングによる3次元物体の位置形状認識

丹羽治彦, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会関西支部第8回若手研究者交流研究発表会2005年12月-

自己組織化論理回路における学習アルゴリズムに関する解析

金天海, 出澤純一, 尾形哲也, 菅野重樹

第6回システムインテグレーション部門講演会 (SI2005), 計測自動制御学会2005年12月-

音源分離と音源認識を統合した同時発話認識システムの同時発話文による評価

山本俊一, 中臺一博, 中野幹生, 辻野広司, Valin Jean-Marc, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第6回システムインテグレーション部門講演会 (SI2005), 計測自動制御学会2005年12月-

ロボットによる周囲状況把握のための雑音下での環境音認識

海尻聡, 石原一志, 北原鉄朗, Valin Jean-Marc, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第6回システムインテグレーション部門講演会 (SI2005), 計測自動制御学会2005年12月-

混合音からの特徴量テンプレート作成と音楽的文脈利用による多重奏の音源同定

北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会秋期研究発表会3-10-152005年09月-

ミッシングフィーチャー理論に基づく音源分離と音声認識インタフェースの評価

山本俊一, Valin Jean-Marc, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

実ロボットを用いた対話型進化的計算によるコミュニケーション学習

生熊良規, 長尾大輔, 菅佑樹, 尾形哲也, 菅野重樹

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

複数のカルマンフィルタを用いた複数移動話者追跡と精度評価

村瀬昌満, 山本俊一, Valin Jean-Marc, 中臺一博, 山田健太郎, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

RNNPBによるマルチモーダルダイナミクス表現に基づいたヒューマノイドの物体能動知覚

尾形哲也, 大庭隼人, 谷淳, 駒谷和範, 奥乃博

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

ロボットによる複数人同時インタラクションのための人間新密度空間マッピング

田崎豪, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

身体の動力学的特性に基づいた運動プリミティブの獲得-2自由度リンク系のランダムな運動の分節化の試み

有江浩明, 尾形哲也, 菅野重樹

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

人間との対話のためのロボットによる疑似シンボルの獲得とリアルタイム表情認識

松本祥平, 大谷拓, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

モダリティ間マッピングを用いた環境音を表現するロボットジェスチャー生成

服部佑哉, 小嶋秀樹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第23回日本ロボット学会学術講演会2005年09月-

ドラムパターン推定によるドラム音認識誤り補正手法

吉井和佳, 後藤真考, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会, 音楽情報科学研究報告2005-MUS-61-16, Vol. 2005(No. 82)2005年08月-

伴奏音抑制と高信頼度フレーム選択に基づく楽曲中の歌声の歌手名同定手法

藤原弘将, 北原鉄朗, 後藤真考, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会, 音楽情報科学研究報告2005-MUS-61-16, Vol. 2005(No. 82)2005年08月-

音声対話システムにおける音韻的類似表現の混同を防ぐための確認の自動生成

浜辺良二, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第56回音声言語情報処理研究会2005-SLP-Vol. 20052005年05月-

音楽音響信号による室内音場共振周波数のブラインンド推定

吉岡拓也, 引地孝文, 三好正人, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会春期講演会2005年03月-

超音波センサアレイを用いたアクティブセンシングによる3次元物体の位置形状認識

丹羽治彦, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音響学会春期講演会2005年03月-

多重奏の音源同定のための混合音からのテンプレート作成法

北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

調波構造の抑制によるドラムス発音時刻検出の頑健化

吉井和佳, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

歌声の調波構造抽出を用いた歌手名同定

藤原弘将, 北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

簡易的インタフェースを用いた仮想空間移動のための歩行感覚の補償

小鷹研理, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

擬音語自動認識に基づいた環境音検索システム

石原一志, 服部佑哉, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

ドメイン間マッピングによる環境音に呼応したロボット動作生成

服部佑哉, 小嶋秀樹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

マイクロフォンアレイによる分離音認識のためのミッシングフィーチャーマスク自動生成

山本俊一, Jean-Marc Valin, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

カルマンフィルタによる音声の時系列特徴を用いた複数移動話者の追跡

村瀬昌満, 山本俊一, Jean-Marc Valin, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

マイクロフォンアレイを用いて分離した環境音による状況認識

海尻聡, 石原一志, Jean-Marc Valin, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

方向と距離の変化に対してロバストな唇認識

山口健, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

ロボットによる人間新密度の空間マッピングとインタラクションへの適用

田崎豪, 松本祥平, 大庭隼人, 村瀬昌満, 大谷拓, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

音声情報と顔画像情報の統合によるパラ言語レベルの感情認識

松本祥平, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

ロボットとの協調作業のためのRNNによる疑似シンボルの獲得

大谷拓, 駒谷和範, 尾形哲也, 谷淳, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

RNNによるロボットの物体操作のための物体ダイナミクスの抽出

大庭隼人, 駒谷和範, 尾形哲也, 谷淳, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

データベース検索タスクの文脈的制約を用いた音声対話システムの実験的評価

神田直之, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

音声対話システムにおける音韻的類似度の混同を防ぐための確認の生成

浜辺良二, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第67回全国大会2005年03月-

データベース検索タスクの文脈的制約を用いた音声対話システムの実験的評価

神田直之, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

音声言語情報処理研究会(情報研報)2005年02月-

情緒交流ロボットWAMOEBA-3 – 人間-ロボット間コミュニケーション研究プラットフォームの開発

有江浩明, 菅佑樹,尾形哲也,菅野重樹

計測自動制御学会第5回システムインテグレーション部門学術講演会2004年12月-

ローカルルールに基づいたネットワーク素子の生成淘汰アルゴリズム

金天海,尾形哲也,菅野重樹

計測自動制御学会第5回システムインテグレーション部門学術講演会2004年12月-

動作プリミティブを介した人間とロボットの協調

尾形哲也,菅野重樹,谷淳

第22回日本ロボット学会学術講演会2004年09月-

ミッシングフィーチャー理論に基づく音源分離と音声認識のインターフェースの評価

山本俊一, 中臺一博, 辻野広司, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第22回日本ロボット学会学術講演会2004年09月-

ロボットと複数の人とのインタラクションにおける距離に基づくコミュニケーション

田崎豪, 松本祥平, 大庭隼人, 戸田充彦, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第22回日本ロボット学会学術講演会2004年09月-

ロボットでの利用を目的とした顔画像情報と音声情報の統合による感情認識

松本祥平, 山口健, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第22回日本ロボット学会学術講演会2004年09月-

データベース検索タスクにおける文脈的制約を用いた音声対話システム

神田直之, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

FIT-2004「情報科学技術レターズ」2004年09月-

一次反射音が移動の感覚に与える影響について

小鷹研理, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本認知科学会第21回大会p.R - 222004年07月-

音楽音響信号を対象とした和音進行の認識

吉岡拓也, 北原鉄朗, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本音響学会, MA 研究会2004年06月-

動作模倣による人間とロボットのインタラクション-手先軌道データを用いた動作予測システムの構築

菅佑樹, 秋和祐介, 尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2A12004年06月-

Interactive ECを用いた自律移動ロボットの進化に関する基礎研究

菅佑樹, 尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P22004年06月-

データベース検索タスクにおける文脈的制約を用いた音声対話システム

神田直之, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

第41回 言語音声理解と対話処理研究会, 人工知能学会

多方向の唇画像を利用した音声認識

山口健, 山本俊一, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会全国大会(18回)p.1E2 - 022004年06月-

環境音の擬音語変換のための環境音用音素の設計

石原一志, 中谷智宏, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会全国大会(18回)p.1E2 - 032004年06月-

自動採譜における音色と定位と音楽知識を統合したパート形成

櫻庭洋平, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

環境音の擬音語変換における音素決定曖昧性の解消

石原一志, 服部佑哉, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

反射音が自己運動感覚に与える影響の考察

小鷹研理, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

唇情報を利用した混合音声の分離

山口健, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

マルチモーダル情報統合によるヒューマノイドロボットの挙動選択

戸田充彦, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

ミッシングフィーチャー理論による三話者同時発話認識の向上

山本俊一, 中臺一博, 辻野広司, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

音声対話システムにおける話題の構造を用いた効率的な対話管理,

神田直之, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

マルチモーダル情報による相槌の認識とロボット対話への応用

田崎豪, 山口健, 戸田充彦, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

連続環境音の繰り返し構造の認識

服部佑哉, 石原一志, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

ロボットの挙動選択のための顔情報と音声情報を統合した感情判別

松本祥平, 山口健, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

音楽音響信号を対象とした和音変化時刻と和音名の同時認識

吉岡拓也, 吉井和佳, 北原鉄朗, 櫻庭洋平, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会第66回全国大会2004年03月-

コミュニケーションを指向した反射的行動の獲得-対話型進化計算を用いたアプローチの提案

菅佑樹,尾形哲也,菅野重樹

計測自動制御学会第4回システムインテグレーション部門学術講演会p.1004 - 10052003年12月-

人間とロボットのインタラクティブな学習に関する研究

尾形哲也,真砂紀孝,菅野重樹

第21回日本ロボット学会学術講演会p.1I262003年09月-

対話型進化的計算手法を用いたロボットの反射行動の獲得

菅佑樹,尾形哲也,菅野重樹

第21回日本ロボット学会学術講演会p.3J312003年09月-

情緒交流ロボットWAMOEBA-3の開発?トルクセンサ内蔵関節の設計

土屋尚文,有江浩明,日野貴司,尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P22003年05月-

身体性に基づいた環境・ロボット自身における新奇性検出

野田邦昭,鈴木基高,尾形哲也,菅野重樹

第20回日本ロボット学会学術講演会,p.1C312002年10月-

分散エージェントを用いた全身協調による動作生成

小宮孝章,野田邦昭,土屋尚文,尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会 ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P1 - D062002年06月-

模倣を主体とした人間とロボットのコミュニケーション?コミュニケーションにおける共同注意の役割

大竹正海,坂本義弘,尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会 ロボティクスメカトロニクス講演会p.1P1 - K032002年06月-

内分泌系モデルによる強化学習パラメータの動的調整

尾形哲也,松本典剛,菅野重樹

第19回日本ロボット学会学術講演会p.1239 - 12402001年09月-

模倣を主体とした人間─ロボットコミュニケーションに関する基礎実験

大竹正海,山本大介,尾形哲也,菅野重樹

第19回日本ロボット学会学術講演会p.109 - 1102001年09月-

身体性に基づいた状態表現機能を持つロボットと人間とのコミュニケーション

野田邦昭,井田真高,尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.1P1 - D102001年06月-

感性情報の動的変化に対応したモーションプラニングの実現と評価

尾形哲也,志村明俊,渋谷恒司,菅野重樹

第6回ロボティクスシンポジアp.402 - 4072001年03月-

情動表現生成のためのロボット構造とシステムの統合

尾形哲也,菅野重樹

計測自動制御学会SIシンポジウムp.35 - 362000年12月-

情緒交流と自律行動生成のためのロボット構造

尾形哲也,菅野重樹

第6回 IFTMM会議シンポジウムp.14 - 172000年11月-

フェーズの 印象変化を考慮したバイオリン演奏アルゴリズムの構築

尾形哲也, 志村明俊, 宇野格, 渋谷恒司, 菅野重樹

第21回バイオメカニズム学会学術講演会p.173 - 1762000年11月-

人間と自律ロボットのコミュニケーションに関する実験的考察?システム設計と心理評価の異母集団比較

尾形哲也,松山佳彦,小宮孝章,井田真高,野田邦昭,菅野重樹

第18回日本ロボット学会学術講演会p.479 - 4802000年09月-

自律ロボット WAMOEBA-2Rの開発?アームシステムの搭載と心理実験

尾形哲也,松山佳彦,小宮孝章,井田真高,野田邦昭,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.1A12000年05月-

未知作業支援に適用可能な作業状態モデル生成手法に関する研究

早川泰久,佐竹賢亮,内田信宏,尾形哲也,菅野重樹

第5回ロボティクスシンポジアp.260 - 2652000年03月-

情緒交流ロボットWamoeba-2Rの開発?システム構成と評価実験

尾形哲也,松山佳彦,小宮孝章,井田真高,野田邦昭,菅野重樹

第5回ロボティクスシンポジアp.68 - 732000年03月-

人間?ロボット相 互関係分析に基づくマニピュレータ支援行動生成

早川泰久,内田信宏,佐竹賢亮,尾形哲也,菅野重樹

第20回バイオメカニズム学会学術講演会p.380 - 3811999年11月-

身体運動観察に基づく組立作業過程の記号化と分析

早川泰久,佐竹賢亮,尾形哲也,菅野重樹

,第17回日本ロボット学会学術講演会p.1067 - 10681999年09月-

人間とロボットの物理的コミュニケーション?アームシステムの開発と分散エージェントによる行動獲得?

尾形哲也,小宮孝章,菅野重樹

第17回日本ロボット学会学術講演会p.423 - 4241999年09月-

情緒交流ロボット Wamoeba-2のアームハンド機構の開発?分散エージェントによる動作生成?

尾形哲也,日塔潔,小宮孝章,松本典剛,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2P21999年06月-

頭部・ 手部位置および把持情報の構造化による暗黙意図の抽出

早川泰久,吉良雄介,佐竹賢亮,内田信宏,尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2A11999年06月-

ロボットと人間の情緒交流?ロボットに おける前言語発生の考察?

尾形哲也,松山佳彦,菅野重樹

第4回ロボティクス・シンポジアp.44 - 491999年03月-

組立作業支援を目的としたシ ンセシスモデル構築に関する研究?組立動作情報を基にした時系列NNによる構造化?

早川泰久,吉良雄介,尾形哲也,菅野重樹

精密工学会春季大会学術講演会講演論文集p.5341999年03月-

人間のシンセシス活動の抽出とモデル化?人間機械協調システムを用いた一考察?

尾形哲也,早川泰久,吉良祐介,菅野重樹

日本学術振興会未来開拓事業 人間指向シンセシスの科学 早稲田慶応成果報告会(第2回) 講演論文集p.70 - 731998年12月-

ロボットにおけるホルモン系モデルとその影響?身 体制御と環境適応?

尾形哲也,菅野重樹

第19回バイオメカニズム学会学術講演会p.71 - 721998年11月-

組立作業支援システムの構造?人間指向 シンセシスの解釈?

尾形哲也,早川泰久,菅野重樹

日本機械学会設計工学・システム部門講演会p.169 - 1701998年11月-

ロボットの前言語的表現とコ ミュニケーション

尾形哲也,松山佳彦,大塚卓美,菅野重樹

第16回日本ロボット学会学術講演会p.645 - 6461998年09月-

ロボットにおける感覚行動マップと行動計画への展開

尾形哲也,日塔潔,菅野重樹

第16回日本ロボット学会学術講演会p.429 - 4301998年09月-

ロボットの身体性に基づく感情モデルと内部表象獲得モデル

尾形哲也,大塚卓美,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2CII4 - 31998年06月-

ロボットの自律系モデルによる情緒表現と評価実験

尾形哲也,大塚卓美,菅野重樹

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会p.2BII1 - 61998年03月-

ロボットと人間の情緒交流?自律系モデルの効果と試行実験?

尾形哲也,菅野重樹

第3回ロボティクス・シンポジアp.41 - 461998年05月-

人間共存ロボットにおける心的コミュニケーション

菅野重樹,渋谷恒司,尾形哲也

電気学会全国大会講演論文集p.S18 - 211998年03月-

行動型自律ロボットWAMOEBA-2と人間との情緒的インタラクション実験

菅野重樹,渋谷恒司,尾形哲也

第3回重点領域研究「知能ロボット」シンポジウム予稿集p.149 - 1521998年01月-

シンセシスのための心的言語処理

尾形哲也,菅野重樹

日本学術振興会未来開拓事業人間指向シンセシスの科学 早稲田慶応成果報告会(第1回) 講演論文集p.9 - 101997年12月-

異種ロボット間のインタラクション試行実験

尾形哲也, 川端邦明, 藤井輝夫, 淺間 一, 遠藤 勲, 菅野重樹

第15回ロボット学会学術講演会予稿集3p.833 - 8341997年09月-

自律ロボットの人間との対話表現の獲得

尾形哲也, 大塚卓美, 菅野重樹

第15回ロボット学会学術講演会予稿集2p.385 - 3861997年09月-

ロボットにおける自律的情動反応の生成

尾形哲也, 菅野重樹

第15回ロボット学会学術講演会予稿集2p.385 - 3861997年09月-

人間と機械の心的交流

菅野重樹, 尾形哲也

計測自動制御学会学術講演会予稿集p.1327 - 13281997年08月-

ニューラルネットワークによるビヘイビアネットワークの自己組織化

尾形哲也, 北岸郁雄, 菅野重樹

日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会”97予稿集Bp.1169 - 11721997年06月-

ロボットにおける自律系?WAMOEBA-2の自律系ハードウェアとその影響?

尾形哲也, 菅野重樹

日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会”97 予稿集Ap.567 - 5681997年06月-

ロボットにおける自律系の導入?ハードウェア構成とアルゴリズムの提案?

菅野重樹,尾形哲也,渋谷恒司

第2回重点領域研究「知能ロボット」シンポジウム予稿集p.111 - 1141997年01月-

人間とロボットの情緒交流に関する研究?情緒の表出とその形態に関する一考察?

尾形哲也,中村好伸,菅野重樹

第14回ロボット学会学術講演会予稿集3p.1149 - 11501996年11月-

ロボットの自律的行動計画の生成?神経回路による時系列オートマトンの獲得とその応用?

尾形哲也,林一樹,大塚卓美,北岸郁雄,菅野重樹

第14回ロボット学会学術講演会予稿集2p.699 - 7001996年11月-

ロボットにおける自律系の機構

尾形哲也,中村好伸,菅野重樹

第14回ロボット学会学術講演会予稿集p.389 - 3901996年11月-

人間共存ロボットにおける情緒の意義

菅野重樹,尾形哲也

日本機械学会,No.96-8,第1回ロボメカ・シンポジア講演論文集p.97 - 1001996年05月-

人間とロボットの情緒交流に関する研究?評価ロボット"WAMOEBA-2"の設計と製作?

尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会”96予稿集p.449 - 4521996年06月-

移動ロボットにおける行動計画のための時系列情報獲得?刺激蓄積効果による時系列ネットワークの生成?

尾形哲也,林一樹,菅野重樹

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会”96予稿集p.133 - 1361996年06月-

情緒交流ロボットWAMOEBA-2の設計

菅野重樹,尾形哲也

第1回重点領域研究「知能ロボット」シンポジウム予稿集p.117 - 1201996年01月-

ロボットにおける自律系と移動方向判断アルゴリズム

尾形哲也,菅野重樹

第13回ロボット学会学術講演会予稿p.265 - 2661995年11月-

ロボットが心を持つ可能性に関する研究?内外感覚の統合?

尾形哲也,菅野重樹

第13回ロボット学会学術講演会予稿集p.1195 - 11961995年11月-

人間とロボットの情緒交流に関する研究?ロボットの内部状態の表出?

尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会”95予稿集p.877 - 8781995年06月-

ロボットにおける心の発生?志向性と行動?

尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会第72期通常総会講演論文集(IV)p.271 - 2721995年04月-

ロボットにおける心の発生?記憶情報処理の導入?

尾形哲也,山本健次郎,菅野重樹

第12回ロボット学会学術講演会予稿集p.129 - 1301994年11月-

ロボットにおける心の発生?第2報:自己保存評価関数と基礎実験?

菅野重樹,玉本淳一,山本健次郎,尾形哲也,加藤一郎

第11回ロボット学会学術講演会予稿集p.767 - 7701993年11月-

ロボットにおける心の発生?第1報:評価用機械モデルの設計・製作?

菅野重樹,玉本淳一,山本健次郎,尾形哲也,加藤一郎

第11回ロボット学会学術講演会予稿集p.763 - 7661993年11月-

Learning and Recognition of Multiple Fluctuating Temporal Patterns Using S-CTRNN

Shingo Murata, Hiroaki Arie, Tetsuya Ogata, Jun Tani, and Shigeki Sugano

The 24th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2014)2014年09月-

Tool-body Assimilation Model based on Body Babbling and a Neuro-dynamical System for Motion Generation

Kuniyuki Takahashi, Tetsuya Ogata, Hadi Tjandra, Shingo Murata, Hiroaki Arie, and Shigeki Sugano

The 24th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2014)2014年09月-

Insertion of Pause in Drawing from Babbling for Robot’s Developmental Imitation Learning.

Shun Nishide, Keita Mochizuki, Hiroshi G. Okuno, Tetsuya Ogata

Proceedings of 2014 IEEE International Conference on Robots and Automation (ICRA 2014)2014年06月-

Learning and Association of Synaesthesia Phenomenon using Deep Neural Networks

Yuki Yamaguchi, Kuniaki Noda, Shun Nishide, Hiroshi G. Okuno, Tetsuya Ogata

Proc. of 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2013)p.659 - 6642013年12月-

Altered Prediction of Uncertainty Induced by Network Disequilibrium: A Neuro-Robotics Study

Shingo Murata, Yuichi Yamashita, Tetsuya Ogata, Hiroaki Arie, Jun Tani, and Shigeki Sugano

Computational Psychiatry 2013, Abstract, Miami, USA2013年10月-

Multimodal Integration Learning of Object Manipulation Behaviors using Deep Neural Networks

Kuniaki NODA, Hiroaki ARIE, Yuki SUGA, and Tetsuya OGATA

Proceedings of IEEE-RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2013)p.1728 - 17332013年11月-

Intersensory causality modeling using deep neural networks

Kuniaki NODA, Hiroaki ARIE, Yuki SUGA, and Tetsuya OGATA

Proceedings in IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2013)p.1995 - 20002013年10月-

Developmental Human-Robot Imitation Learning of Drawing with a Neuro Dynamical System

Keita MOCHIZUKI, Shun NISHIDE, Hiroshi G. OKUNO, and Tetsuya OGATA

Proceedings in IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC 2013)p.2336 - 23412013年10月-

Integration of behaviors and languages with a hierarchal structure self-organized in a neuro-dynamical model

Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

IEEE Symposium Series on Computational Intelligence 2013p.94 - 1002013年04月-

Improvement of Audio-Visual Score Following in Robot Ensemble with Human Guitarist

Tatsuhiko ITOHARA, Kazuhiro NAKADAI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012)2012年11月-

Infinite Sparse Factor Analysis for Blind Source Separation in Reverberant Environments

Kohei NAGIRA, Takuma OTSUKA, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Lecture Notes in Computer Science2012年11月-

Tool-Body Assimilation Model using Neuro-Dynamical System for Acquiring Representation of Tool Function

Yuki YAMAGUCHI, Harumitsu NOBUTA, Shun NISHIDE, Hiroshi G. OKUNO, and Tetsuya OGATA

IROS2012 Workshop on Cognitive Neuroscience Robotics(PM2-3)p.62012年10月-

Developmental Human-Robot Imitation Learning with Phased Structuring in Neuro Dynamical System

Keita MOCHIZUKI, Harumitsu NOBUTA, Shun NISHIDE, Hiroshi G. OKUNO, and Tetsuya OGATA

IROS2012 Workshop on Cognitive Neuroscience Robotics(Pos-3)p.62012年10月-

Who is the leader in a multiperson ensemble? -Multiperson human-robot ensemble model with leaderness-

Takeshi MIZUMOTO, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2012)p.1413 - 14192012年10月-

Unified Auditory Functions based on Bayesian Topic Model

Yusuke YAMAMURA, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2012)p.2364 - 23692012年10月-

Body area segmentation from visual scene based on predictability of neuro-dynamical system

Harumitsu NOBUTA, Kenta KAWAMOTO, Kuniaki NODA, Kohtaro SABE, Hiroshi G. OKUNO, Shun NISHIDE and Tetsuya OGATA

Proceedings of IEEE International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN-2012)2012年06月-

DOI

Self-organization of Object Features Representing Motion Using Multiple Timescales Recurrent Neural Network

Shun NISHIDE, Jun TANI, Hiroshi G. OKUNO and Tetsuya OGATA

Proceedings of IEEE International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN-2012)2012年06月-

DOI

Automatic Chord Sequence Recognition Based on Probabilistic Integration of Acoustic Features and Chord Transition

Katsutoshi ITOYAMA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

IEA/AIE-2012LNAI7345p.58 - 672012年06月-

Adaptive Pitch Control for Robot Thereminist using Unscented Kalman Filter

Takeshi MIZUMOTO, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Studies in Computational Intelligencep.19 - 242012年06月-

Rhythmically Adaptive Localization in Incomplete RFID Landmark Environments

Kenri KODAKA, Tetsuya OGATA, Shigeki SUGANO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robotics and Automation (ICRA-2012)p.2108 - 21142012年05月-

Incremental Probabilistic Geometry Estimation for Robot Scene Understanding

Luis-Kenzo Furuya Cahier, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robotics and Automation (ICRA-2012)p.3265 - 36302012年05月-

INITIALIZATION-ROBUST MULTIPITCH ESTIMATION BASED ON LATENT HARMONIC ALLOCATION USING OVERTONE CORPUS

Daichi SAKAUE, Katsutoshi ITOYAMA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 2012 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2012)p.425 - 4282012年03月-

Complex Extension of Infinite Sparse Factor Analysis for Blind Source Separation of Speech Signals

Kohei NAGIRA, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 10th International Conference on Latent Variable Analysis and Signal Separation (LVA/ICA-2012)LNCS7191p.388 - 3962012年03月-

A GMM Sound Source Model for Blind Speech Separation in Under-determined Condisions

Yasuharu HIRASAWA, Naoki YASURAOKA, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 10th International Conference on Latent Variable Analysis and Signal Separation (LVA/ICA-2012)p.446 - 4532012年03月-

Identification of self-body based on dynamic predictability using neuro-dynamical system

Harumitsu NOBUTA, Shun NISHIDE, Hiroshi G. OKUNO and Tetsuya OGATA

Proc. of IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2011)p.256 - 2612011年12月-

Predicting Listener Back-Channels for Human-Agent Interaction using Neuro-dynamical Model

Shotaro SANO, Shun NISHIDE, Hiroshi G. OKUNO and Tetsuya OGATA

Proc. of IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2011)p.18 - 232011年12月-

Exploring Movable Space using Rhythmical Active Touch in Disordered Obstacle Environment

Kenri KODAKA, Tetsuya OGATA, Hirotaka OHTA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2011)p.485 - 4902011年12月-

A Musical Mood Trajectory Estimation Method Using Lyrics and Acoustic Features

Naoki NISHIKAWA, Hiromasa FUJIHARA, Masataka GOTO, Katsutoshi ITOYAMA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International ACM Workshop on Music Information Retrieval with User-Centered and Multimodal Strategies (MIRUM”11)p.51 - 562011年10月-

Converting emotional voice to motion for robot telepresence

Angelica Lim, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS Interanational Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2011)p.472 - 4792011年10月-

Use of a Sparse Structure to Improve Learning Performance of Recurrent Neural Networks

Hiromitsu AWANO, Shun NISHIDE, Hiroaki ARIE, Jun TANI, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO and Tetsuya OGATA

Proceedings of 18th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2011)p.323 - 3312011年11月-

Incremental Bayesian Audio-to-Score Alignment with Flexible Harmonic Structure Models

Takuma OTSUKA, Kazuhiro NAKADAI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 12th International Society for Musical Information Retrieval Conference (ISMIR-2011)p.525 - 5302011年10月-

More cowbell! A musical ensemble with the NAO thereminist

Angelica Lim, Takeshi MIZUMOTO, Takuma OTSUKA, Tatsuhiko ITOHARA, Kazuhiro NAKADAI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2011)2011年09月-

Improvement of Speaker Localization by Considering Multipath Interference of Sound Wave for Binaural Robot Audition

Eui-Hyun Kim, Takeshi MIZUMOTO, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2011)p.2910 - 29152011年09月-

Particle-filter Based Audio-visual Beat-tracking for Music Robot Ensemble with Human Guitarist

Tatsuhiko ITOHARA, Takeshi MIZUMOTO, Takuma OTSUKA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2011)p.118 - 1242011年09月-

Evaluation of Spoken Dialogue System that uses Utterance Timing to Interprete User Utterances

Kazunori KOMATANI, Kyoko MATSUYAMA, Ryu TAKEDA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Workshop on Spoken Dialogue Systems (IWSDS2011)p.315 - 3252011年06月-

Handwriting Prediction Based Character Recognition using Recurrent Neural Network

Shun NISHIDE, Jun TANI, Hiroshi G. OKUNO, and Tetsuya OGATA

Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2011)p.2549 - 25542011年10月-

Bayesian Extension of MUSIC for Sound Source Localization and Tracking

Takuma Otsuka, Kazuhiro Nakadai, Tetsuya Ogata, Hiroshi G. Okuno

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech 2011)p.3109 - 31122011年08月-

Fast and simple iterative algorithm of Lp-norm minimization for under-determined speech separation

Yasuharu Hirasawa, Naoki Yasuraoka, Toru Takahashi, Tetsuya Ogata, Hiroshi G. Okuno

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech 2011)p.1745 - 17482011年08月-

Environmental Sound Recognition for Robot Audition using Matching-pursuit

Nobuhide YAMAKAWA, Toru TAKAHASHI, Tetsuro KITAHARA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 24th International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2011)LNAI6703p.1 - 102011年07月-

Robot with Two Ears Listens to More Than Two Simultaneous Utterances by Exploiting Harmonic Structures

Yasuharu HIRASAWA, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 24th International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2011)LNAI6703p.348 - 3582011年07月-

Cluster Self-organization of Known and Unknown Environmental Sounds using Recurrent Neural Network

Zhang Yang, Shun NISHIDE, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO, and , Tetsuya OGATA

Proceeding of the International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2011)LNCS6791p.167 - 1752011年06月-

SIMULTANEOUS PROCESSING OF SOUND SOURCE SEPARATION AND MUSICAL INSTRUMENT IDENTIFICATION USING BAYESIAN SPECTRAL MODELING

Katsutoshi ITOYAMA, Masataka GOTO, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 2011 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2011)p.3816 - 38192011年05月-

POLYPHONIC AUDIO-TO-SCORE ALIGNMENT BASED ON BAYESIAN LATENT HARMONIC ALLOCATION HIDDEN MARKOV MODEL

Akira MAEZAWA, Hiroshi G. OKUNO, Tetsuya OGATA, Masataka GOTO

Proceedings of 2011 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP 2011)p.185 - 1882011年05月-

Method of Discriminating Known and Unknown Environmental Sounds using Recurrent Neural Network

Yang Zhang, Tetsuya OGATA, Shun NISHIDE, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO

in Proc. of Joint 5th Int. Conf. on Soft Computing and Intelligent Systems and 11th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2010)p.378 - 3832010年12月-

Speedup and Performance Improvement of ICA-based Robot Audition by Parallel and Resampling-based Block-wise Processing (Invited paper),

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2010)p.1949 - 19542010年10月-

Human-Robot Ensemble between Robot Thereminst and Human Percussionist using Coupled Oscillator Model

Takeshi MIZUMOTO, Takuma OTSUKA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2010)p.1957 - 19622010年10月-

Robot Musical Accompaniment: Integrating Audio and Visual Cues for Real-time Synchronization with a Human Flutist (Invited paper)

Angelica Lim, Takeshi MIZUMOTO, Lois-Kenzo Cahier, Takuma OTSUKA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2010)p.1964 - 19692010年10月-

An Improvement in Automatic Speech Recognition Using Soft Missing Feature Masks for Robot Audition (Invited paper), (Invited paper)

Toru TAKAHASHI, Kazuhiro NAKADAI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2010)p.964 - 9692010年10月-

Motion Generation Based on Reliable Predictability using Self-organized Object Features

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2010)p.18 - 222010年10月-

Exploiting Harmonic Structures to Improve Separating Simultaneous Speech in Under-Determined Conditions (Invited paper)

Yasuharu HIRASAWA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2010)p.450 - 4572010年10月-

Effects of modelling within- and between-frame temporal variations in power spectra on non-verbal sound recognition

Nobuhide YAMAKAWA, Tetsuro KITAHARA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech 2010)p.2342 - 23452010年09月-

Analyzing User Utterances in Barge-in-able Spoken Dialogue System for Improving Identification Accuracy

Kyoko MATSUYAMA, Kazunori KOMATANI, Ryu TAKEDA, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech 2010)p.3050 - 30532010年09月-

Human-Robot Cooperation in Arrangement of Objects Using Confidence Measure of Neuro-dynamical System

Hiromitsu AWANO, Tetsuya OGATA, Shun NISHIDE, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2010)p.2533 - 25382010年10月-

SpeakBySinging: Converting Singing Voices to Speaking Voices While Retaining Voice Timbre

Shinpei ASO, Takuya SAITOU, Masataka GOTO, Katsutoshi ITOYAMA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of the 13th International Conference on Digital Audio Effects (DAFx-10)p.14 - 1212010年10月-

Automatic Allocation of Training Data for Rapid Prototyping of Speech Understanding based on Multiple Model Combination

Kazunori KOMATANI, Masaki KATSUMARU, Mikio NAKANO, Kotaro FUNAKOSHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of COLING 2010p.579 - 5872010年09月-

Design and Implementation of Two-level Synchronization for Interactive Music Robot

Takuma OTSUKA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of the Twenty-Fourth AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-10)p.1138 - 12442010年07月-

Recognition and Generation of Sentences through Self-organizing Linguistic Hierarchy using MTRNN

Wataru HINOSHITA, Horiaki ARIE, Jun TANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 23rd International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2010)p.51 - 612010年06月-

Music-ensemble robot that is capable of playing the theremin while listening to the accompanied music

Takuma OTSUKA, Takeshi MIZUMOTO, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 23rd International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2010)p.102 - 1122010年06月-

Violin Fingering Estimation Based on Violin Pedagogical Fingering Model Constrained by Bowed Sequence Estimation from Audio Input

Akira MAEZAWA, Katsutoshi ITOYAMA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 23rd International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2010)p.249 - 2592010年06月-

Improving Identification Accuracy by Extending Acceptable Utterances in Spoken Dialogue System Using Barge-in Timing

Kyoko MATSUYAMA, Kazunori KOMATANI, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 23rd International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2010)p.585 - 5942010年06月-

Improvement in Listening Capability for Humanoid Robot HRP-2

Toru TAKAHASHI, Kazuhiro NAKADAI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robotics and Automation (ICRA-2010)p.470 - 4752010年05月-

Upper-limit Evaluation of a Robot Audition based on ICA-BSS in Multi-source, Barge-in and Highly Reveberant Conditions

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robotics and Automation (ICRA-2010)p.4366 - 43712010年05月-

Bowed String Sequence Estimation of a Violin Based on Adaptive Audio Signal Classification and Context-Dependent Error Correction

Akira MAEZAWA, Katsutoshi ITOYAMA, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2009)p.9 - 162009年12月-

Voice quality manipulation for humanoid robots consistent with their head movements

Takuma OHTSUKA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS Interanational Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2009)p.405 - 4102009年12月-

Automatic Estimation of Reverberation Time with Robot Speech to Improve ICA-based Robot Audition

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. Okuno

Proceedings of IEEE-RAS Interanational Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2009)p.250 - 2552009年-

Changing Timbre and Phrase in Existing Musical Performances as You Like

Naoki YASURAOKA, Takehiro ABE, Katsutoshi ITOYAMA, Kazuyoshi YOSHII, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

ACM Multimedia 2009p.203 - 2122009年10月-

Modeling Tool-Body Assimilation using Second-order Recurrent Neural Network

Shun NISHIDE, Tetsuhiro NAKAGAWA, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2009)p.5376 - 53812009年10月-

Step-size Parameter Adaptation of Multi-channel Semi-blind ICA with Piecewise Linear Model for Barge-in-able Robot Audition (Invited paper)

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2009)p.2273 - 22822009年10月-

Emergence of Evolutional Interaction with Voice and Motion between Two Robots using RNN

Wataru HINOSHITA, Tetsuya OGATA, Hideki KOZIMA, Hisashi KANDA, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2009)p.4196 - 42912009年10月-

Phoneme Acquisition Model based on Vowel Imitation using Recurrent Neural Network

Hisashi KANDA, Tetsuya OGATA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2009)p.5388 - 53932009年10月-

Incremental Polyphonic Audio to Score Alignment using Beat Tracking for Singer Robots (Invited paper)

Takuma OHTSUKA, Kazumasa MURATA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2009)p.2289 - 22962009年10月-

Thereminist Robot: Development of a Robot Theremin Player with Feedforward and Feedback Arm Control based on a Theremin”s Pitch Model (Invited paper)

Takeshi MIZUMOTO, Hiroshi TSUJINO, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2009)p.2297 - 23022009年10月-

Missing-Feature-Theory-based Robust Simultaneous Speech Recognition System with Non-clean Speech Acoustic Model (Invited paper)

Toru TAKAHASHI, Kazuhiro NAKADAI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2009)p.2730 - 27352009年10月-

Enabling A User To Specify An Item At Any Time During System Enumeration

Kyoko MATSUYAMA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2009)p.4 - 12009年09月-

Improving Speech Understanding Accuracy with Limited Training Data Using Multiple Language Models and Multiple Understanding Models

Masaki KATSUMARU, Mikio NAKANO, Kazunori KOMATANI, Kotaro FUNAKOSHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2009)p.4 - 92009年09月-

QUERY-BY-EXAMPLE MUSIC RETRIEVAL APPROACH BASED ON MUSICAL GENRE SHIFT BY CHANGING INSTRUMENT VOLUME

Katsutoshi ITOYAMA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 12th International Conference on Digital Audio Effects (DAFx-09)p.205 - 2172009年09月-

Development of a Meeting Browser towards Supporting Public Involvement

Shun SHIRAMATSU, Tadachika OZONO, Toramatsu SHINTANI, Kazunori KOMATANI, Koiti HASHIDA, Tetsuya OGATA, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of the 12th IEEE International Conference on Computational Science and Engineering (CSE-09)p.717 - 7222009年08月-

Analysis of Motion Searching based on Reliable Predictability using Recurrent Neural Network

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

in Proc. of IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM2009)p.192 - 1972009年07月-

Adjusting Occurrence Probabilities of Automatically-Generated Abbreviated Words in Spoken Dialogue Systems

Masaki KATSUMARU, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

in Proc. of The 22nd International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2009)LNAI5579p.481 - 4902009年-

Visualization-based Approaches to Support Context Sharing towards Public Involment Support System, In Opportunities and Challenges for Next-Generation Applied Intelligence

Shun SHIRAMATSU, Yuji KUBOTA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO

Studies in Computational Intelligence214p.111 - 1172009年06月-

Prediction and Imitation of Other”s Motions by Reusing Own Forward-Inverse Model in Robots

Tetsuya OGATA, Ryunosuke YOKOYA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2009)p.4144 - 41492009年05月-

Continuous Vocal Imitation with Self-organized Vowel Spaces in Recurrent Neural Network

Hisashi KANDA, Tetsuya OGATA, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2009)p.4438 - 44432009年05月-

ICA-Based Efficient Blind Dereverberation and Echo Cancellation Method for Barge-In-Able Robot Audition

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 2009 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP”2009)p.3677 - 36802009年04月-

3D Auditory Scene Visualizer With Face Tracking: Design and Implementation For Auditory Awareness Compensation

Yuji KUBOTA, Shun SHIRAMATSU, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 2nd International Symposium on Universal Communication (ISUC2008)p.42 - 492008年12月-

Design and Implementation of 3D Auditory Scene Visualizer Towards Auditory Awareness With Face Tracking

Yuji KUBOTA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2008),p.468 - 4762008年12月-

SalienceGraph: Visualizing Salience Dynamics of Written Discourse by Using Reference Probability and PLSA

Shun SHIRAMATSU, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of the Tenth Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI-08)p.890 - 9022008年12月-

Soft Missing-Feature Mask Generation for Simultaneous Speech Recognition System in Robots

Toru TAKAHASHI, Shun'ichi YAMAMOTO, Kazuhiro NAKADAI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2008)p.992 - 9972008年08月-

Expanding Vocabulary for Recognizing User”s Abbreviations of Proper Nouns without Increasing ASR Error Rates in Spoken Dialogue Systems

Masaki KATSUMARU, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2008)p.187 - 1902008年09月-

Extensibility Verification of Robust Domain Selection against Out-of-Grammar Utterances in Multi-Domain Spoken Dialogue System

Satoshi IKEDA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2008)p.487 - 4902008年09月-

Active Sensing based Dynamical Object Feature Extraction

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Ryunosuke YOKOYA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2008)p.1 - 72008年09月-

Barge-in-able Robot Audition Based on ICA and Missing Feature Theory under Semi-Blind Situation

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2008)p.1718 - 17232008年09月-

A Robot Listens to Music and Counts Its Beats Aloud by Separating Music from Counting Voice,

Takeshi MIZUMOTO, Ryu TAKEDA, Kazuyoshi YOSHII, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2008)p.1538 - 15432008年09月-

Design and Evaluation of Two-Channel Sound Source Localization over Entire Azimuth Range for Moving Talker

Hyun-Don Kim, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2008)p.2197 - 22032008年09月-

Target Speech Detection and Separation for Humanoid Robot in Sparse Dialogue with Noisy Home Environments

Hyun-Don Kim, Jinsung Kim, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2008)p.1705 - 17112008年09月-

Segmenting Acoustic Signal with Articulatory Movement using Recurrent Neural Network for Phoneme Acquisition,

Hisashi KANDA, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2008)p.1712 - 17172008年09月-

Analysis of Reliable Predictability based Motion Generation using RNNPB

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2008)p.305 - 3102008年09月-

Automatic Chord Recognition Based on Probabilistic Integration of Chord Transition and Bass Pitch Estimation

Kohei SUMI, Kazuyoshi YOSHII, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 9th International Conference on Musical Information Retrieval (ISMIR-2008)p.39 - 442008年09月-

Instrument Equalizer for Query-by-Example Retrieval: Improving Sound Source Separation based on Integrated Harmonic and Inharmonic Models

Katsutoshi ITOYAMA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 9th International Conference on Musical Information Retrieval (ISMIR-2008)p.133 - 1382008年09月-

Synthesis Approach for Manipulating Pitch of a Musical Instrument Sound with Considering Timbral Characteristics

Takehiro ABE, Katsutoshi ITOYAMA, Kazuyoshi YOSHII, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 11th International Conference on Digital Audio Effects (DAFx-08)2008年09月-

Development of User-Adaptive Value System of Learning Function using Interactive EC

Yuki SUGA, Yoshinori IKUMA, Tetsuya OGATA, Shigeki SUGANO

in Proceeding of the 17th IFAC World Congress Conference 2008 (IFAC08)p.9156 - 91612008年07月-

Integrating Topic Estimation and Dialogue History for Domain Selection in Multi-Domain Spoken Dialogue Systems

Satoshi IKEDA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 21st International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2008)LNAI5027p.294 - 3042008年06月-

A Portable Robot Audition Software System for Multiple Simultaneous Speech Signals

Hiroshi G. OKUNO, Shun'ichi YAMAMOTO, Kazuhiro NAKADAI, Jean-Marc Valin, Kazunori KOMATANI, and Tetsuya OGATA

Proceedings of Acoustics”08, CD-ROMp.1pSCa82008年06月-

Two-Channel-Based Voice Activity Detection for Humanoid Robots in Noisy Home Environments

Hyun-Don KIM, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2008)p.3495 - 35012008年05月-

Object Dynamics Prediction and Motion Generation based on Reliable Predictability

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Ryunosuke YOKOYA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2008)p.1608 - 16142008年05月-

Rapid Prototyping of Robust Language Understanding Modules with Less Training Data for Spoken Dialogue Systems

Yuichiro FUKUBAYASHI, Kazunori KOMATANI, Mikio NAKANO, Kotaro FUNAKOSHI, Hiroshi TSUJINO, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of the Third International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP 2008)p.210 - 2162008年01月-

Design and Implementation of A Robot Audition System for Automatic Speech Recognition of Simultaneous Speech

Shun'ichi YAMAMOTO, Kazuhiro NAKADAI, Mikio NAKANO, Hiroshi TSUJINO, Jean-Marc Valin, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE Workshop on Automatic Speech Recognition and Understanding (ASRU-2007)p.111 - 1162007年12月-

Vowel Imitation using Vocal Tract Model and Recurrent Neural Network

Hisashi KANDA, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 14th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2007)2007年11月-

Auditory and Visual Integration based Localization and Tracking of Humans in Daily-life Environments

Hyun-Don KIM, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2007)p.2021 - 20272007年10月-

Discovery of Other Individuals by Projecting a Self-Model Through Imitation

Ryunosuke YOKOYA, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2007)p.1009 - 10142007年10月-

A Biped Robot that Keeps Steps in Time with Musical Beats while Listening to Music with Its Own Ears

Kazuyoshi YOSHII, Kazuhiro NAKADAI, Toyotaka TORII, Yuji HASEGAWA, Hiroshi TSUJINO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2007)p.1743 - 17502007年10月-

Vocal Imitation Using Physical Vocal Tract Model

Hisashi KANDA, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2007)p.1846 - 18512007年10月-

Two-way Translation of Compound Sentences and Arm Motions by Recurrent Neural Networks

Tetsuya OGATA, Masamitsu MURASE, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2007)p.1858 - 18632007年10月-

Exploiting Known Sound Sources to Improve ICA-based Robot Audition in Speech Separation and Recognition

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS-2007)p.1757 - 17622007年10月-

Meaning Games, In New Frontiers in Artificial Intelligence, JSAI 2007 Conference and Workshops

Koiti HASHIDA, Shun SHIRAMATSU, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Revised Selected Papers, Lecture Notes in Artificial Intelligence4914p.228 - 2412008年02月-

Hybrid Collaborative and Content-based Music Recommendation Using Probabilistic Model with Latent User Preferences

Kazuyoshi YOSHII, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 8th International Conference on Musical Information Retreival (ISMIR-2007)p.89 - 942007年09月-

Introducing Utterance Verification in Spoken Dialogue System to Improve Dynamic Help Generation for Novice Users

Kazunori KOMATANI, Yuichiro FUKUBAYASHI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceeding of the 8th SIGdial Workshop on Discourse and Dialoguep.202 - 2052007年09月-

Topic Estimation with Domain Extensibility for Guiding User”s Out-of-Grammar Utterance in Multi-Domain Spoken Dialogue Systems

Satoshi IKEDA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2007)p.2561 - 25642007年09月-

Auditory and Visual Integration based Localization and Tracking of Multiple Moving Sounds in Daily-life Environments

Hyun-Don KIM, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of Int. Workshop on Robot and Human Interaction (Ro-Man 2007)p.399 - 4042007年08月-

Real-Time Auditory and Visual Talker Tracking through integrating EM algorithm and Particle Filter

Hyun-Don KIM, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Advances in Applied Artificial Intelligence (IEA/AIE-2007)p.280 - 2902007年06月-

Evaluation of Two Simultaneous Continuous Speech Recognition with ICA BSS and MTF-based ASR

Ryu TAKEDA, Shun”ichi YAMAMOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Advances in Applied Artificial Intelligence (IEA/AIE-2007)p.384 - 3942007年06月-

Predicting Object Dynamics from Visual Images through Active Sensing Experiences

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2007)p.2501 - 25062007年04月-

Human-Robot Cooperation using Quasi-symbols Generated by RNNPB Model

Tetsuya OGATA, Shohei MATSUMOTO, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2007)p.2156 - 21612007年04月-

Distance Estimation of Hidden Objects Based on Acoustical Holography by applying Acoustic Diffraction of Audible Sound

Haruhiko NIWA, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2007)p.423 - 4282007年04月-

Enhancement of Self Organizing Network Elements for Supervised Learning

Chyon Hae KIM, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proceedings of IEEE-RAS International Conference on Robots and Automation (ICRA-2007)p.92 - 982007年04月-

INTEGRATION AND ADAPTATION OF HARMONIC AND INHARMONIC MODELS FOR SEPARATING POLYPHONIC MUSICAL SIGNALS

Katsutoshi ITOYAMA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of 2007 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP”2007)p.57 - 602007年04月-

Computational Auditory Scene Analysis and Its Application to Robot Audition

Hiroshi G. Okuno, Tetsuya Ogata, Kazunori Komatani

Five Years Experience, Proceedings of the Second International Conference on Informatics Research for Development of Knowledge Society Infrastructure (ICKS 2007)p.65 - 722007年01月-

Meaning-Game-based Centering Model with Statistical Definition of Utility of Referential Expression and Its Verification Using Japanese and English Corpora

Shun SHIRAMATSU, Kazunori KOMATANI, Koiti HASIDA, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proceedings of the 6th Discourse Anaphora and Anaphor Resolution Colloquium (DAARC2007)p.121 - 1262007年05月-

Musical Instrument Recognizer "Instrogram" and Its Application to Music Retrieval based on Instrumentation Similarity

Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2006)p.265 - 2722006年12月-

Automatic synchronization between lyrics and music CD recordings based on Viterbi alignment of segregated vocal signals

Hiromasa FUJIHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2006)p.257 - 2642006年12月-

Hybrid Collaborative and Content-based Music Recommendation Using Probabilistic Model with Latent User Preferences"

Kazuyoshi YOSHII, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 7th International Conference on Musical Information Retrieval (ISMIR-2006)p.296 - 3012006年09月-

Automatic Feature Weighting in Automatic Transcription of Specified Part in Polyphonic Music

Katsutoshi ITOYAMA, Tetsuro KITAHARA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 7th International Conference on Musical Information Retrieval (ISMIR-2006)p.172 - 1752006年09月-

Speaker Identification under Noisy Environments by using Harmonic Structure Extraction and Reliable Frame Weighting

Hiromasa FUJIHARA, Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2006)p.1459 - 14622006年09月-

Improving Speech Recognition of Two Simultaneous Speech Signals by Integrating ICA BSS and Automatic Missing Feature Mask Generation

Ryu TAKEDA, Shun'ichi YAMAMOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2006)p.2302 - 23052006年09月-

Dynamic Help Generation by Estimating User”s Mental Model in Spoken Dialogue Systems

Yuichiro FUKUBAYASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of International Conference on Spoken Language Processing (Interspeech-2006)p.1946 - 19492006年09月-

Experience Based Imitation Using RNNPB

Ryunosuke YOKOYA, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006)p.3669 - 36742006年09月-

Multiple Acoustical Holography Method for Localization of Objects in Broad Range using Audible Sound

Haruhiko NIWA, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006)p.1146 - 11512006年09月-

Missing-Feature based Speech Recognition for Two Simultaneous Speech Signals Separated by ICA with a pair of Humanoid Ears

Ryu TAKEDA, Shun”ichi YAMAMOTO, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006)p.878 - 8852006年-

Real-Time Robot Audition System That Recognizes Simultaneous Speech in the Real World

Shun'ichi YAMAMOTO, Kazuhiro NAKADAI, Mikio NAKANO, Hiroshi TSUJINO, Jean-Marc Valin, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006)p.5333 - 53382006年09月-

Efficient Organization of Network Topology based on Reinforcement Signals

Chyon Hae KIM, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006)p.3154 - 32592006年09月-

User-Adaptive Human-Robot Interaction System using Interactive EC

Yuki SUGA, Chihiro ENDO, Daizo KOBAYASHI, Takeshi MATSUMOTO, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2006)p.3663 - 36682006年09月-

Evolutionary Approach for Designing the Behavior Generator of Communication Robot

Yuki SUGA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of SICE/CICCA Joint Conferencep.2104 - 21092006年10月-

Reinforcement Learning Algorithm with CTRNN in Continuous Action Space

Hiroaki ARIE, Jun NAMIKAWA, Tetsuya OGATA, Jun TANI, and Shigeki SUGANO

Proc. of 13th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2006)p.387 - 3962006年09月-

Generation of Robot Motions from Environmental Sounds using Inter-modality Mapping by RNNPB

Tetsuya OGATA, Yuya HATTORI, Hideki KOZIMA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of International Workshop on Epigenetic Roboticsp.95 - 1022006年09月-

Leak Energy based Missing Feature Mask Generation for ICA and GSS and Its Evaluation with Simultaneous Speech Recognition

Shun'ichi YAMAMOTO, Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Mikio NAKANO, Hiroshi TSUJINO, Jean-Marc Valin, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of ISCA Tutorial and Research Workshop on Statistical and Perceptual Audition (SAPA2006)p.42 - 462006年-

Improvement against Noisesin Self-Organizing Logic Circuit

Chyon Hae KIM, Jyun-ichi IDESAWA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of the 2006 IEEE Int. Conf. on Information Acquisition (ICIA2006)p.53 - 582006年08月-

Recognition of Simultaneous Speech by Estimating Reliability of Separated Signals for Robot Audition

Shun'ichi YAMAMOTO, Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Mikio NAKANO, Hiroshi TSUJINO, Jean-Marc Valin, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of the 9th Biennial Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI 2006)LNCS4099p.484 - 4942006年08月-

Multi-Domain Spoken Dialogue System with Extensibility and Robustness against Speech Recognition Errors

Kazunori KOMATANI, Naoyuki KANDA, Mikio NAKANO, Kazuhiro NAKADAI, Hiroshi TSUJINO, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

SIGdial Workshop on Discourse and Dialogue,p.9 - 172006年04月-

Robot Imitation from Active-Sensing Experiences

Ryunosuke YOKOYA, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

International Conference on Development and Learning (ICDL 2006)2006年06月-

Genetic Algorithm based Improvement of Robot”s Hearing Capabilities in Separating and Recognizing Simultaneous Speech Signals

Shun'ichi YAMAMOTO, Kazuhiro NAKADAI, Miko NAKANO, Hiroshi TSUJINO, Jean-Marc Varin, Ryu TAKEDA, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Nineteenth International Conference on Industrial, Engineering and Other Applications of Applied Intelligence Systems (IEA/AIE-2006)LNAI4031p.207 - 2172006年06月-

An Error Correction Framework based on Drum Pattern Periodicity for Improving Drum Sound Detection

Kazuyoshi YOSHII, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 2006 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP”2006)p.237 - 2402006年05月-

F0 Estimation Method for Singing Voice in Polyphonic Audio Signal based on Statistical Vocal Model and Viterbi Search

Hiromasa FUJIHARA, Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 2006 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP”2006)p.253 - 2562006年05月-

Instrogram: A New Musical Instrument Recognition Technique without Using Onset Detection Nor F0 Estimation

Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 2006 International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP”2006)p.229 - 2322006年05月-

Walking with Body-sense in Virtual Space Using the Nonlinear Oscillator

Kenri KODAKA, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC 2005)p.324 - 3292005年10月-

Instrument Identification in Polyphonic Music: Feature Weighting with Mixed Sounds, Pitch-Dependent Timbre Modeling, and Use of Musical Context

Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 6th International Conference on Musical Information Retrieval (ISMIR-2005)p.558 - 5632005年09月-

Singer Identification based on Accompaniment Sound Reduction and Reliable Frame Selection

Hiromasa FUJIHARA, Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 6th International Conference on Musical Information Retrieval (ISMIR-2005)p.329 - 3362005年09月-

Contextual Constraints based on Dialogue Models in Database Search Task for Spoken Dialogue Systems

Kazunori KOMATANI, Naokyuki KANDA, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of the Ninth European Conference on Speech Communication and Technology (Interspeech-2005)p.877 - 8802005年09月-

Multiple Moving Speaker Tracking by Microphone Array on Mobile Robot

Masamitsu MURASE, Shun'ichi YAMAMOTO, Jean-Marc Valin, Kazuhiro NAKADAI, Kentaro YAMADA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of the Ninth European Conference on Speech Communication and Technology (Interspeech-2005)p.249 - 2522005年09月-

Extracting Multi-Modal Dynamics of Objects using RNNPB

Tetsuya OGATA, Hayato OHBA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2005)p.160 - 1652005年08月-

Spatially Mapping of Friendliness for Human-Robot Interaction

Tsuyoshi TASAKI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2005)p.52 - 5262005年08月-

Interaction Evolution of Human-Robot Communication in Real World

Yuki SUGA, Yoshinori IKUMA, Daisuke NAGAO, Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2005)p.1482 - 14872005年08月-

Making A Robot Recognize Three Simultaneous Sentences in Real-Time

Shun'ichi YAMAMOTO, Kazuhiro NAKADAI, Jean-Marc VALIN, Jean ROUAT, Francois MICHAUD, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2005)p.897 - 9022005年08月-

Generating Confirmation to Distinguish Phonologically Confusing Word Pairs in Spoken Dialogue Systems

Kazunori KOMATANI, Ryoji HAMABE, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 4th IJCAI Workshop on Knowledge and Reasoning in Practical Dialogue Systemsp.40 - 452005年07月-

Robot Gesture Generation from Environmental Sounds Using Inter-modality Mapping

Yuya HATTORI, Hideki KOZIMA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. International Workshop on Epigenetic Roboticsp.139 - 1402005年05月-

Self-Organizing Algorithm for Logic Circuit based on Local Rules

Chyon Hae KIM, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2005)2005年07月-

Distance Based Dynamic Interaction of Humanoid Robot with Multiple People

Tsuyoshi TASAKI, Shohei MATSUMOTO, Hayato OHBA, Mitsuhiko TODA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of Eighteenth International Conference on Industrial and Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expert Systems (IEA/AIE-2005)LNAI3533p.111 - 1202005年06月-

Enhanced Robot Speech Recognition Based on Microphone Array Source Separation and Missing Feature Theory

Shun'ichi YAMAMOTO, Jean-Marc VALIN, Kazuhiro NAKADAI, Hiroshi TSUJINO, Jean ROUAT, Francois MICHAUD, Tetsuya OGATA, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE-RAS International Conference on Robotics and Automation (ICRA-2005)p.1489 - 14942005年04月-

Acquisition of Motion Primitives of Robot in Human-Navigation Task: Towards Human-Robot Interaction Based on ”Quasi-Symbol

Tetsuya OGATA, Shigeki SUGANO, and Jun TANI

Proc. of The second International Workshop on Man-Machine Symbiotic Systemsp.315 - 3262004年11月-

Dynamic Communication between Multiple People and Robots Based on Interaction Distance

Tsuyoshi TASAKI, Shohei MATSUMOTO, Hayato OHBA, Mitsuhiko TODA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of The second International Workshop on Man-Machine Symbiotic Systemsp.327 - 3372004年11月-

Robot Motion Control using Listener”s Back-Channels and Head Gesture Information

Tsuyoshi TASAKI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of The second International Workshop on Man-Machine Symbiotic Systemsp.385 - 3912004年11月-

Constructivist Approach to Human-Robot Emotional Communication: Design of Evolutionary Function for WAMOEBA-3

Yuki SUGA, Hiroaki ARIE, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2004)p.762004年11月-

Development of Emotional Communication Robot, WAMOEBA-3

Yuki SUGA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM 2004)p.413 - 4182004年10月-

Automatic Chord Transcription with Concurrent Recognition of Chord Symbols and Boundaries

Takuya YOSHIOKA, Tetsuro KITAHARA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of 2004 International Conference on Musical Information Retrieval (ISMIR-2004)p.100 - 1052004年10月-

Robot Motion Control using Listener”s Back-Channels and Head Gesture Information

Tsuyoshi TASAKI, Takeshi YAMAGUCHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of International Conference on Spoken Language Processing (ICSLP-2004)p.1033 - 10362004年10月-

Disambiguation in Determining Phonemes of Sound-Imitation Words for Environment Sound Recognition

Kazushi ISHIHARA, Yuya HATTORI, Tomohiro NAKATANI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of International Conference on Spoken Language Processing (ICSLP-2004)p.1485 - 14882004年10月-

Human Robot Collaboration Using Behavioral Primitives

Tetsuya OGATA, Masaki MATSUNAGA, Shigeki SUGANO, and Jun TANI

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2004)p.1592 - 15972004年09月-

Human-Robot Communication Using Multiple Recurrent Neural Networks

Yoshihiro SAKAMOTO, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2004)p.1574 - 15792004年09月-

Acquisition of Reactive Motion for Communication Robots Using Interactive EC

Yuki SUGA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2004)p.1198 - 12032004年09月-

Imitation based Human-Robot Communication: Roles of Joint Attention and Motion Prediction

Yusuke AKIWA, Yuki SUGA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Workshop on Robot and Human Interaction (ROMAN-2004)p.283 - 2882004年09月-

Repeat Recognition for Environmental Sounds

Yuya HATTORI, Kazushi ISHIHARA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE International Workshop on Robot and Human Interaction (ROMAN 2004)p.83 - 882004年09月-

Dynamic Communication between Multiple People and Robots Based on Interaction Distance

Tsuyoshi TASAKI, Shohei MATSUMOTO, Hayato OHBA, Mitsuhiko TODA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of IEEE International Workshop on Robot and Human Interaction (ROMAN 2004)p.71 - 762004年09月-

Automatic Sound-Imitation Word Recognition from Environmental Sounds focusing on Ambiguity Problem in Determining Phonemes

Kazushi ISHIHARA, Tomohiro NAKATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Proc. of PRICAI-2004 Topics in Artificial Intelligence (Eighth Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence)LNAI3147p.909 - 9182004年08月-

Computational Auditory Scene Analysis and Its Application to Robot Audition

Hiroshi G. Okuno, Tetsuya OGATA, Kazuhiro KOMATANI, and Kazuhiro NAKADAI

Post-Proc. of the International Conference on Informatics Research for Development of Knowledge Society Infrastructure (ICKS 2004)p.73 - 802004年06月-

Open-end Human Robot Interaction from the Dynamical Systems Perspective: Mutual Adaptation and Incremental Learning

Tetsuya OGATA, Shigeki SUGANO, and Jun TANI

Innovations in Applied Artificial Intelligence, Seventeenth International Conference on Industrial and Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expert Systems (IEA/AIE-2004)p.435 - 4442004年05月-

Interactive Learning in Human-Robot Collaboration

Tetsuya OGATA, Noritaka MASAGO, Shigeki SUGANO, and Jun TANI

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS”2003)p.162 - 1672003年10月-

Robust Modeling of Dynamics Environment based on Robot Embodiment

Kuniaki NODA, Mototaka SUZUKI, Naofumi TSUCHIYA, Yuki SUGA, Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2003)p.3565 - 35702003年-

Collaboration Development through Interactive Learning between Human and Robot

Tetsuya OGATA, Noritaka MASAGO, Shigeki SUGANO, and Jun TANI

Proc. of 3rd International Workshop on Epigenetic Roboticsp.99 - 1062003年08月-

Flexible Assembly Work Cooperation based on Work State Identifications by a Self-Organizing Map

Yasuhisa HAYAKAWA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2003)p.1031 - 10362003年07月-

Influence of the Eye Motions in Human-Robot Communication and Motion Generation based on the Robot Body Structure

Tetsuya OGATA, Takaaki KOMIYA, Kuniaki NODA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoid 2001)p.83 - 892001年11月-

Motion Generation of the Autonomous Robot based on Body Structure

Tetsuya OGATA, Takaaki KOMIYA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2001)p.2338 - 23432001年10月-

Development of Emotional Communication Robot: WAMOEBA-2R -Experimental Evaluation of the Emotional Communication between Robots and Humans-

Tetsuya OGATA, Yoshihiro MATSUYAMA, Takaaki KOMIYA, Masataka IDA, Kuniaki NODA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2000)p.175 - 1802000年11月-

Development of Arm System for Human-Robot Emotional Communication

Tetsuya OGATA, Takaaki KOMIYA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Conference on Industrial Electronics, Control and Instrumentation (IECON 2000)p.475 - 4802000年10月-

A Violin Playing Algorithm Considering the Change of Phrase Impression

Tetsuya OGATA, Akitoshi SHIMURA, Koji SHIBUYA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC”2000)p.1342 - 13472000年10月-

Emotional Communication Robot: WAMOEBA-2R – Emotion Model and Evaluation Experiments-

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoid 2000)932000年09月-

The adaptive motion by the endocrine system model in an autonomous robot

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO,

Proc of International Symposium on Adaptive Motion of Animals and Machinesp.E302000年08月-

A Robotic Co-operation System based on a Self-organization approached Human Work Model

Yasuhisa HAYAKAWA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA”2000)p.4058 - 40632000年04月-

Analysis of Design Process by the Observation of Human Motion

Tetsuya OGATA, Yasuhisa HAYAKAWA, Kensuke SATAKE, and Shigeki SUGANO

Proc. of International Workshop on Emergent Synthesis (IWES”99)p.167 - 1721999年12月-

Extraction of Human Intention for Human Co-operating Systems -Prototype Assembling Work Support Robot System according to Human Intention-

Yasuhisa HAYAKAWA, Yusuke KIRA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Proc. of International Conference on Advanced Robotics (ICAR”99)p.199 - 2041999年10月-

Emotional Communication Between Humans and Robots – Consideration of Primitivee Language in Robots -

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS”99)p.870 - 8751999年10月-

Human Robot Communication by Physical Interaction – Distributed Agent Control System and The Learning Algorithm -

Tetsuya OGATA, Takaaki KOMIYA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC”99)p.1005 - 10101999年10月-

Emotional Communication between Humans and the Autonomous Robot Which Has the Emotion Model

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA”99)p.3177 - 31821999年05月-

Emergence of Primitive Verbal Communication in Robots

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of 5th International Conference on Soft Computing and Information/Intelligent Systems (IIZUKA”98)p.284 - 2871998年10月-

Communications Between Behavior-Based Robot with Emotion Model and Human

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC”98)p.1095 - 11001998年10月-

Mechanisms of Internal Secretion System for Intellectual Robots -Towards an Emergence of Emotion in Robots

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Workshop on Robot and Human Communication (ROMAN”98)p.50 - 551998年10月-

Acquisition of Holophrastic Speech in Autonomous Robots-Toward the Emergence of Verbal Communication in Robots

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Toward a Science of Consciousness "Tucson III"p.2501998年04月-

Emotional Behavior Adjustment System in Robots

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO, "Emotional Behavior Adjustment System in Robots

Proc. of IEEE International Workshop on Robot and Human Communication (ROMAN”97)p.352 - 3571997年10月-

Generation of Behavior Automaton on Neural Network

Tetsuya OGATA, Kazuki HAYASHI, Ikuo KITAGISHI and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE-RSJ International Conference on Intelligent Robot and Systems (IROS”97)3p.608 - 6131997年09月-

Emergence of emotional expression of robots based on the internal secretion system

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

The Brain and Self Workshop: Toward a Science of Consciousness611997年08月-

Mechanical System for Autonomic Nervous System in Robots

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM”97)1131997年06月-

Sense Syncretic Model toward the Construction of ”Robot-Original-Language

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

Proc. of IEEE International Workshop on Robot and Human Communication (ROMAN”96)p.433 - 4381996年-

Emergence of Mind in Robots for Human Interface – Research Methodology and Robot Model

Shigeki SUGANO and Tetsuya OGATA

Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA”96)p.1191 - 11981996年-

Emergence of Mind in Robots for Human Interface – Research Methodology and Robot Model

Shigeki SUGANO and Tetsuya OGATA

Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA”96)p.1191 - 11961996年05月-

Learning to Generate Proactive and Reactive Behavior Using a Dynamic Neural Network Model with Time-Varying Variance Prediction Mechanism

Shingo Murata, Hiroaki Arie, Tetsuya Ogata, Shigeki Sugano, and Jun Tani

Advanced Robotics2014年03月-

Multimodal Integration Learning of Robot Behavior using Deep Neural Networks

Kuniaki NODA, Hiroaki ARIE, Yuki SUGA, and Tetsuya OGATA

Robotics and Autonomous Systems62(6)p.721 - 7362014年06月-

DOI

The Interaction between a Robot and Multiple People based on Spatially Mapping of Friendliness and Motion Parameters

Tsuyoshi TASAKI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Advanced Robotics28(1)p.39 - 512013年10月-

DOI

Robust Multipitch Analyzer against Initialization based on Latent Harmonic Allocation using Overtone Corpus

Daichi SAKAUE, Katsutoshi ITOYAMA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Journal of Information Processing21(2)p.246 - 2552013年04月-

DOI

Automated Violin Fingering Transcription Through Analysis of an Audio Recording

Akira MAEZAWA, Katsutoshi Itoyama, Kazunori Komatani, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Computer Music Journal36(3)p.57 - 722012年08月-

DOI

Automatic Allocation of Training Data for Speech Understanding based on Multiple Model Combinations

Kazunori KOMATANI, Mikio NAKANO, Masaki KATSUMARU, Kotaro FUNAKOSHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

IEICE Transactions on Information and SystemsE95-D(9)p.2298 - 23072012年01月-

DOI

Tool-Body Assimilation of Humanoid Robot using Neuro-Dynamical System

Shun NISHIDE, Jun TANI, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO, and Tetsuya OGATA

IEEE Trans. on Autonomous Mental Development4(2)p.139 - 1492012年-

DOI

Towards expressive musical robots: A cross-modal framework for emotional gesture, voice and music

Angelica Lim, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

EURASIP Journal on Audio, Speech, and Music Processing2012(3)2012年03月-

DOI

A multi-modal tempo and beat tracking system based on audio-visual information from live guitar performances

Tatsuhiko ITOHARA, Takuma OTSUKA, Takeshi MIZUMOTO, Angelica Lim, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

EURASIP Journal on Audio, Speech, and Music Processing2012(6)2012年01月-

DOI

A musical robot that synchronizes with a co-player using non-verbal cues

Angelica Lim, Takeshi MIZUMOTO, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Advanced Robotics, Special Issue on Cutting Edge of Robtics in Japan26(3-4)p.363 - 3812012年01月-

DOI

Efficient Blind Dereverberation and Echo Cancellation based on Independent Component Analysis for Actual Acoustic Signals

Ryu TAKEDA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Neural Computation24(1)p.234 - 2722012年01月-

DOI

People Detection Based on Spatial Mapping of Friendliness and Floor Boundary Points for a Mobile Navigation Robot

Tsuyoshi TASAKI, Fumio OZAKI, Nobuto MATSUHIRA, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Journal of Robotics20112011年-

DOI

Towards Written Text Recognition based on Handwriting Experiences using Recurrent Neural Network,

Shun NISHIDE, Jun TANI, Hiroshi G. OKUNO, Tetsuya OGATA

Advanced Robotics, Special Issue on Dynamical System Involving Symbol Processing25(17)p.2173 - 21872011年01月-

DOI

Classification of Known and Unknown Environmental Sounds based on Self-organized Space using Recurrent Neural Network

Yang Zhang, Tetsuya OGATA, Shun NISHIDE, Toru TAKAHASHI, Hiroshi G. OKUNO

Advanced Robotics25(17)p.2127 - 21412011年10月-

DOI

Query-by-Example Music Information Retrieval by Score-Informed Source Separation and Remixing Technologies

Katsutoshi ITOYAMA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

EURASIP Journal on Advances in Signal Processing20102011年01月-

DOI

Emergence of Hierarchical Structure mirroring Linguistic Composition in a Recurrent Neural Network

Wataru HINOSHITA, Horiaki ARIE, Jun TANI, Hiroshi G. OKUNO,Tetsuya OGATA

Neural Networks24(4)p.311 - 3202011年01月-

DOI

Real-Time AUdio-to-Score Alignment using Particle Filter for Co-player Music Robots

Takuma OTSUKA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

EURASIP Journal of Advances in Signal Processing20112011年-

DOI

Selecting Help Messages by using Robust Grammar Verification for Handling Out-of-Grammar Utterances in Spoken Dialogue Systems

Kazunori KOMATANI, Yuichiro FUKUBAYASHI, Satoshi IKEDA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

IEICE TransactionsE93.D(12)p.3359 - 33672010年12月-

DOI

Inter-modality Mapping in Robot with Recurrent Neural Network

Tetsuya OGATA, Shun NISHIDE, Hideki KOZIMA, Kazunori KOMATANI, Hiroshi OKUNO

Pattern Recognition Letters31(12)p.1560 - 15692010年09月-

DOI

Voice awareness control for a humanoid robot consistent with its body posture and movements

Takuma OTSUKA, Kazuhiro NAKADAI, Toru TAKAHASHI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

PALADYN Journal of Behavioral Robotics1(1)p.80 - 882010年03月-

DOI

Soft Missing-Feature Mask Generation for Simultaneous Speech Recognition System in Robots

Toru TAKAHASHI, Kazuhiro NAKADAI, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

PALADYN Journal of Behavioral Robotics1(1)p.37 - 472010年03月-

DOI

Binaural Active Audition for Humanoid Robots to Localize Speech over Entire Azimuth Range

Hyun-Don KIM, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Applied Bionics and Biomechanics6(3,4)p.355 - 3672009年11月-

DOI

Target Speech Detection and Separation for Communication with Humanoid Robots in Noisy Home Environments

Hyun-Don Kim, Jinsung Kim, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Advanced Robotics23(15)p.2093 - 21112009年01月-

DOI

Self-Organization of Dynamic Object Features based on Bi-Directional Training

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Advanced Robotics, Special Issue on IROS200823(15)p.2035 - 20572009年-

DOI

Parameter Estimation for Harmonic and Inharmonic Models by Using Timbre Feature Distributions

Katsutoshi ITOYAMA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

IPSJ Journal50(7)p.191 - 2012009年07月-

DOI

Autonomous Motion Generation based on Reliable Predictability

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Journal of Robotics and Mechatronics21(4)p.478 - 4882009年-

Human Tracking System Integrating Sound and Face Localization using EM Algorithm in Real Environments

Hyun-Don KIM, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Advanced Robotics, VSP and Robotics Society of Japan23(6)p.629 - 6532009年05月-

DOI

A Game-Theoretic Model of Referential Coherence and Its Empirical Verification Using Large Japanese and English Corpora

Shun SHIRAMATSU, Kazunori KOMATANI, Koiti HASHIDA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

ACM Transactions on Speech and Language Processing5(3)2008年10月-

DOI

Reinforcement Signal Propagation Algorithm for Logic Circuit

Chyon Hae KIM, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Journal of Robotics and Mechatronics20(5)p.757 - 7742008年10月-

Managing Out-of-Grammar Utterances by Topic Estimation with Domain Extensibility in Multi-Domain Spoken Dialogue Systems

Kazunori KOMATANI, Satoshi IKEDA, Tetsuya OGATA, Hiroshi G. OKUNO

Speech Communication50(10)p.863 - 8702008年10月-

DOI

Human-Adaptive Robot Interaction using Interactive EC with Human-Machine Hybrid Evaluation

Yuki SUGA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Journal of Robotics and Mechatronics20(4)p.610 - 6202008年08月-

Predicting Object Dynamics from Visual Images through Active Sensing Experiences

Shun NISHIDE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, Hiroshi G. OKUNO

Advanced Robotics,VSP and Robotics Society of Japan22(5)p.527 - 5462008年05月-

Hybrid Collaborative and Content-based Music Recommendation Using Incrementally-trainable Probabilistic Generative Model

Kazuyoshi YOSHII, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing12(2)p.435 - 4472008年02月-

Experience Based Imitation Using RNNPB

Ryunosuke YOKOYA, Tetsuya OGATA, Jun TANI, Kazunori KOMATANI, and Hiroshi G. Okuno

Advanced Robotics VSP and Robotics Society of Japan21(12)p.1351 - 13672007年01月-

DOI

Reinforcement learning of continuous motor sequence with hidden state

Hiroaki ARIE, Tetsuya OGATA, Jun TANI, and Shigeki SUGANO

Advanced Robotics21(10)p.1215 - 12292007年07月-

DOI

Drumix: An Audio Player with Functions of Realtime Drum-Part Rearrangement for Active Music Listening

Kazuyoshi YOSHII, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Journal of Information Processing Society of Japan48(3)p.1229 - 12392007年03月-

Instrogram: Probabilistic Representation of Instrument Existence for Polyphonic Music

Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

Journal of Information Processing Society of Japan48(1)p.214 - 2162007年01月-

Instrument Identification in Polyphonic Music: Feature Weighting to Minimize Influence of Sound Overlaps

Tetsuro KITAHARA, Masataka GOTO, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

EURASIP Journal on Applied Signal Processing, Special issue on Music Information Retrieval Based on Signal Processing20072007年-

DOI

Dynamic Perception after Visually-Guided Grasping by a Human-Like Autonomous Robot

Mototaka SUZUKI, Kuniaki NODA, Yuki SUGA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Advanced Robotics, VSP and Robotics Society of Japan20(2)p.233 - 2542006年01月-

DOI

Extracting Multi-Modal Dynamics of Objects using RNNPB Journal of Robotics and Mechatronics

Tetsuya OGATA, Hayato OHBA, Kazunori KOMATANI, Jun TANI and Hiroshi G. OKUNO

Journal of Robotics and Mechatronics17(6)p.681 - 6882005年12月-

Open-end Human-Robot Interaction from the Dynamical Systems Perspective -Mutual Adaptation and Incremental Learning

Tetsuya OGATA, Shigeki SUGANO, and Jun TANI

Advanced Robotics, VSP and Robotics Society of Japan19(6)p.651 - 6702005年01月-

Dynamic Communication of Humanoid Robot with Multiple People Based on Interaction Distance

Tsuyoshi TASAKI, Shohei MATSUMOTO, Hayato OHBA, Shunichi YAMAMOTO, Mitsuhiko TODA, Kazunori KOMATANI, Tetsuya OGATA, and Hiroshi G. OKUNO

人工知能学会論文誌20(3)p.209 - 2192005年11月-

DOI

Acquisition of Motion Primitives of Robot in Human-Navigation Task -Towards Human Robot Interaction based on ”Quasi-Symbol

Tetsuya OGATA, Shigeki SUGANO, and Jun TANI

人工知能学会論文誌20(3)p.188 - 1962005年11月-

DOI

Flexible Assembly Work Cooperating System based on Work State Identifications by Self-Organizing Map

Yasuhisa HAYAKAWA, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

IEEE/ASME Transactions on Mechatronics9(3)p.520 - 5282004年09月-

DOI

Acquisition of the Internal Representation in Robots -Toward the Human Robot Communication Using the Primitive Language

Tetsuya OGATA, Yoshihiro MATSUYAMA, and Shigeki SUGANO

Advanced Robotics, VSP and Robotics Society of Japan14(4)p.277 - 2912000年09月-

Emotional Communication between Humans and the Autonomous Robot WAMOEBA-2 (Waseda Amoeba) Which has the Emotion Model

Tetsuya OGATA and Shigeki SUGANO

JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems Machine Elements and Manufacturing43(3)p.568 - 5742000年09月-

An Assembling Support System based on a Human Model -Provision of Physical Support According to Implicit Desire for Support

Yasuhisa HAYAKAWA, Ikuo KITAGISHI, Yusuke KIRA, Kensuke SATAKE, Tetsuya OGATA, and Shigeki SUGANO

Journal of Robotics and Mechatronics12(2)p.118 - 1252000年-

相槌認識による聞き手の理解状態推定を利用したインタラクションのためのロボット動作制御

田崎豪, 尾形哲也, 奥乃博

ヒューマンインタフェース学会論文誌15(4)p.363 - 3742013年11月-

フレーズ置換のための調波非調波GMM・ NMF・残響推定に基づく音源分離・演奏合成

安良岡直希, 吉岡拓也, 糸山克寿, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌52(12)p.3839 - 38522011年12月-

発語行為レベルの情報をユーザ発話の解釈に用いる音声対話システム

駒谷和範, 松山匡子, 武田龍, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌52(12)p.3374 - 33852011年12月-

音声対話システムにおける簡略表現認識のための自動語彙拡張

森信介, 駒谷和範, 勝丸真樹, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌52(12)p.3398 - 34072011年12月-

音楽共演ロボット: 開始・終了キューの画像認識による人間のフルート奏者との実時間同期

リムアンジェリカ, 水本武志, 大塚琢馬, 古谷ルイ賢造, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌52(12)p.3599 - 36102011年12月-

ベース音高と和音特徴の統合に基づく和音系列認識

須見康平, 糸山克寿, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌52(4)p.1803 - 18122011年04月-

テルミンの音高・音量特性のモデルに基づくテルミン演奏ロボットの開発

水本武志, 辻野広司, 高橋徹, 駒谷和範, 尾形哲也

情報処理学会論文誌51(10)p.2008 - 20192010年10月-

RNNを備えた2体のロボット間における身体性に基づいた動的コミュニケーションの創発

日下航, 尾形哲也, 小嶋秀樹, 高橋徹, 奥乃博

日本ロボット学会誌28(4)p.532 - 5432010年05月-

人工神経回路モデルと声道物理モデルを用いた母音模倣モデルに基づく音素獲得シミュレーション

神田尚, 尾形哲也, 高橋徹, 駒谷和範, 奥乃博

日本ロボット学会誌27(7)p.802 - 8132009年-

残響下でのバージイン発話認識のための多入力独立成分分析を応用したロボット聴覚

武田龍, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会誌27(7)p.782 - 7922009年-

音色特徴の歪みを回避した楽器音の音高・音長操作手法

安部武宏, 糸山克寿, 吉井和佳, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌50(3)p.1054 - 10662009年03月-

マルチドメイン音声対話システムにおけるトピック推定と対話履歴の統合によるドメイン選択手法

池田智志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌50(2)p.488 - 5002009年02月-

独立成分分析に基づく適応フィルタのロボット聴覚への応用

武田龍, 中臺一博, 駒谷和範, 尾形哲也

日本ロボット学会誌26(6)p.529 - 5362008年09月-

音声対話システムにおけるラピッドプロトタイピングを指向したWFSTに基づく言語理解

福林雄一朗, 駒谷和範, 中野幹生, 船越孝太郎, 辻野広司, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌49(8)p.2762 - 27722008年08月-

楽譜情報を援用した多重奏音楽音響信号の音源分離と調波・非調波統合モデルの制約付パラメータ推定の同時実現

糸山克寿, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌49(3)p.1465 - 14792008年03月-

自己モデルの投影に基づくロボットによる他者発見と動作模倣

横矢龍之介, 尾形哲也, 谷淳, 駒谷和範

ヒューマンインタフェース学会論文誌10(1)p.59 - 712008年02月-

ゲーム理論に基づく参照結束性のモデル化と日本語・英語の大規模コーパスを用いた統計的検証

白松俊,駒谷和範,橋田浩一,尾形哲也,奥乃博

自然言語処理14(5)p.199 - 2392007年10月-

自己組織化回路素子SONEにおけるノイズの抑制

金天海, 出澤純一, 尾形哲也, 菅野重樹

日本ロボット学会誌25(6)p.115 - 1222007年09月-

マルチドメイン音声対話システムにおける対話履歴を利用したドメイン選択

神田直之, 駒谷和範, 中野幹生, 中臺一博, 辻野広司, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌48(5)p.1980 - 19892007年05月-

音源分離との統合によるミッシングフィーチャマスク自動生成に基づく同時発話音声認識

山本俊一, 中臺一博, 中野幹生, 辻野広司, Jean-Marc Valin, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

日本ロボット学会誌25(1)p.92 - 1022007年01月-

多重奏を対象とした音源同定:混合音テンプレートを用いた音の重なりに頑健な特徴量への重みづけおよび音楽的文脈の利用

北原鉄朗,後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

電子情報通信学会論文誌J89-D(12)p.2721 - 27332006年12月-

データベース検索における対話文脈を利用した音声言語理解

神田直之, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌47(6)p.1802 - 18112006年06月-

伴奏音抑制と高信頼度フレーム選択に基づく楽曲の歌手名同定手法

藤原弘将, 北原鉄朗, 後藤真孝, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

情報処理学会論文誌47(6)p.1831 - 18432006年06月-

遺伝的アルゴリズムを用いたパラメータ最適化による話者位置に基づく同時発話認識の向上

山本俊一, 中臺一博, 中野幹生, 辻野広司, Jean-Marc VALIN, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

ヒューマンインタフェース学会論文誌8(2)p.203 - 2122006年05月-

ローカルルールに基づいた理論回路の自己組織アルゴリズム

金天海, 尾形哲也, 菅野重樹

計測自動制御学会論文誌42(4)p.334 - 3412006年04月-

非線形振動子による引き込みを利用した仮想空間における歩行

小鷹研理, 尾形哲也, 奥乃博

ヒューマンインタフェース学会論文誌7(4)p.443 - 4512005年11月-

環境音の擬音語変換のための環境音用音素の設計

石原一志, 駒谷和範, 尾形哲也, 奥乃博

人工知能学会論文誌20(3)p.229 - 2362005年03月-

人間とロボットの情緒的コミュニケーションの実験的評価?アームハンドによる人間との物理的インタラクション

尾形哲也, 菅野重樹

システム制御情報学会論文誌13(12)p.566 - 4742000年12月-

自己保存に基づくロボットの行動生成-方法論と機械モデルの実体化

尾形哲也, 菅野重樹

日本ロボット学会誌15(5)p.710 - 7211997年07月-

情動モデルを有する自律ロボットWAMOEBA-2と人間との情緒交流

尾形哲也,菅野重樹

日本機械学会論文誌C編65(633)p.1900 - 19061999年05月-

内分泌系モデルを組込んだロボットハードウェア

尾形哲也,菅野重樹

バイオメカニズム学会誌23(2)p.106 - 1111999年05月-

Emotional Communication Between Humans and the Autonomous Robot Which Has the Emotion Model

IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA'99)pp.3177-31821999年05月-

Human Robot Communication by Physical Interaction - Distributed Agent Control System and The Learning Algorithm

IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (SMC'99)pp.1005-10101999年10月-

Emotional Communication Between Humans and Robots - Consideration of Primitivee Language in Robots

IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS'99)pp. 870-8751999年10月-

Extraction of Human Intention for Human Co-operating Systems -Prototype Assembling Work Support Robot System according to Human Intention

International Conference on Advanced Robotics (ICAR'99)pp. 199-2041999年10月-

Analysis of Design Process by the Observation of Human Motion

International Workshop on Emergent Synthesis (IWES'99)pp.167-1721999年12月-

頭部・ 手部位置および把持情報の構造化による暗黙意図の抽出

日本機械学会ロ ボティクスメカトロニクス講演会2A1-76-1181999年06月-

情緒交流ロボットWamoeba-2のアームハンド機構の開発〜分散エージェントによる動作生成

日本機械学会ロ ボティクスメカトロニクス講演会2P2-79-1031999年06月-

人間とロボットの物理的コミュニケーショ ン〜アームシステムの開発と分散エージェントによる行動獲得

第17回日本ロボット学会学術講演会pp. 423-4241999年09月-

身体運動観察に基づく組立作業過程の記号化と分析

第17回日本ロボット学会学術講演会pp.1067-10681999年09月-

人間-ロボット相互関係分析に基づくマニピュレータ支援行動生成

第20回バイオメカニズム学会学術講演会pp.380-3811999年11月-

情緒交流ロボットWamoeba-2Rの開発〜システム構成と評価実験

第5回ロボティクスシンポジアpp.68-732000年03月-

未知作業支援に適用可能な作業状態モデル生成手法に関する研究

第5回ロボティクスシンポジアpp.260-2652000年03月-

Mechanisums of Internal Secretion System for Intellectual Robots -Towards an Emergence of Emotion in Robots

IEEE International Workshop on Robot and Human CommunicationPP50-551998年10月-

Communications Between Behavior-Based Robot with Emotion Model and Human

IEEE International Conference on Systems, Man, and CyberneticsPP1095-11001998年10月-

Emergence of Primitive Verbal Communication in Robots

5th International Conference on Soft Computing and Information / Intelligent SystemsPP284-2871998年10月-

Acquisition of Holophrastic Speech in Autonomous Robots-Toward the Emergence of Verbal Communication in Robots-

Toward a Science of Consciousness "Tucson III2501998年04月-

ロボットと人間の情緒交流—自律系モデルの効果と試行実験

第3回ロボティクス・シンポジアPP41-461998年05月-

ロボットの自律系モデルによる情緒表現と評価実験

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2BII1-61998年06月-

ロボットの身体性に基づく感情モデルと内部表象獲得モデル

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会2CII4-31998年06月-

ロボットにおける感覚行動マップと行動計画への展開

第16回日本ロボット学会学術講演会PP429-4301998年09月-

ロボットの前言語的表現とコミュニケーション

第16回日本ロボット学会学術講演会PP645-6461998年09月-

組立作業支援システムの構造—人間指向シンセシスの解釈

日本機械学会設計工学・システム部門講演会PP169-1701998年11月-

ロボットにおけるホルモン系モデルとその影響—身体制御と環境適応

バイオメカニズム学会学術講演会PP71-721998年11月-

人間のシンセシス活動の抽出とモデル化—人間機械協調システムを用いた一考察

日本学術振興会未来開拓事業人間指向シンセシスの科学早稲田慶応成果報告会(第2回)講演論文集PP70-731998年12月-

組立作業支援を目的としたシンセシスモデル構築に関する研究—組立動作情報を基にした時系列NNによる構造化

精密工学会春季大会学術講演会講演論文集PP5341999年03月-

ロボットと人間の情緒交流—ロボットにおける前言語発生の考察

第4回ロボティクス・シンポジアPP44-491999年03月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(A)

深層学習を用いたロボットの動作プリミティブの獲得と行動生成

2015年-2019年

研究分野:知能ロボティクス

配分額:¥13000000

研究種別:基盤研究(B)

ロボットの能動知覚に基づく物体挙動予測モデルと道具使用

2009年-2012年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥12740000

研究種別:学術創成研究費

記号過程を内包した動的適応システムの設計論

2007年-2011年

配分額:¥277030000

研究種別:基盤研究(S)

音環境理解に基づくロボット聴覚の構築

2007年-2012年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥119340000

研究種別:若手研究(A)

オープンエンドな人間とロボットの協調における音声インタラクション創発に関する研究

2005年-2007年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥29900000

研究種別:萌芽研究

環境音響を利用したロボットの動作生成

2005年-2006年

研究分野:知覚情報処理・知能ロボティクス

配分額:¥3400000

研究種別:奨励研究(A)

多自由度ロボットの身体構造に基づく行動生成法に関する研究

2001年-2001年

研究分野:知能機械学・機械システム

配分額:¥1300000

研究種別:萌芽的研究

人間ロボット間の情緒的コミュニケーションに関する研究

1999年-2001年

研究分野:知能機械学・機械システム

配分額:¥1800000

学内研究制度

特定課題研究

階層型神経回路モデルにおける予測可能性を利用した自己身体モデルの獲得

2015年度

研究成果概要:本研究では,ロボットの学習機構の軸となる機構としての,自己身体モデルについて,特に視野内の自己領域と外部物体とを区別する基礎モデルを提案し,認知モデルとの対応と理解,及びロボットシステムへの応用を目指している.我々は特に,再起結...本研究では,ロボットの学習機構の軸となる機構としての,自己身体モデルについて,特に視野内の自己領域と外部物体とを区別する基礎モデルを提案し,認知モデルとの対応と理解,及びロボットシステムへの応用を目指している.我々は特に,再起結合型神経回モデル(RNN)の一種であるStochastic ContinuousTime Recurrent Neural Network(S-CTRNN)を用いた方法を提案した. S-CTRNNは時系列変化の予測のみならず,その不確実性を分散として予測することが可能なモデルである.このS-CTRNNを人間型ロボットに実装し,視野内の自己のハンドとボールとのインタラクションを観察,学習させる実験を行った.その結果分散予測によって,自己身体と外部物体の運動の区別を行える可能性が示された. 

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
認知とコミュニケーション基幹理工学部2017秋学期
認知とコミュニケーション創造理工学部2017秋学期
認知とコミュニケーション先進理工学部2017秋学期
理工学基礎実験2A 表現基幹理工学部2017春学期
表現工学基礎(科学)基幹理工学部2017秋学期
表現工学基礎(科学)  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017秋学期
キャリアデザイン1基幹理工学部2017通年
キャリアデザイン1  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017通年
ロボティクス表現デザイン基幹理工学部2017秋学期
ロボティクス表現デザイン  【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017秋学期
プロジェクト学習1基幹理工学部2017通年
プロジェクト学習1 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017通年
卒業論文・制作 10前再基幹理工学部2017通年
卒業論文・制作 10前再 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017通年
プロジェクト学習2基幹理工学部2017通年
プロジェクト学習2 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017通年
卒業論文・制作基幹理工学部2017通年
卒業論文・制作 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017通年
インタラクティブ・センシング基幹理工学部2017春学期
動的知能表現システム基礎基幹理工学部2017春学期
Research Project B基幹理工学部2017春学期
Research Project B 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017春学期
Research Project C基幹理工学部2017秋学期
Research Project C 【前年度成績S評価者用】基幹理工学部2017秋学期
Research Project A基幹理工学部2017秋学期
修士論文(表現)大学院基幹理工学研究科2017通年
動的知能表現システム研究大学院基幹理工学研究科2017通年
動的知能表現システム特論大学院基幹理工学研究科2017春学期
動的知能表現システム演習A大学院基幹理工学研究科2017春学期
動的知能表現システム演習B大学院基幹理工学研究科2017秋学期
動的知能表現システム演習C大学院基幹理工学研究科2017春学期
動的知能表現システム演習D大学院基幹理工学研究科2017秋学期
動的知能表現システム研究大学院基幹理工学研究科2017通年
表現工学上級演習A 大学院基幹理工学研究科2017春学期
表現工学上級演習B 大学院基幹理工学研究科2017秋学期