氏名

タケムラ カズヒサ

竹村 和久

職名

教授

所属

(文学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kazupsy@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒162-8644東京都 新宿区 戸山1-24-1 早稲田大学文学学術院
電話番号
03-5286-3549
fax番号
03-3203-7718

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/kazupsy/

研究者番号
10212028

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(大学院文学研究科)

商学学術院(大学院商学研究科)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 2005年-2006年

消費者行動研究所

研究所員 2009年-2013年

意思決定研究所

プロジェクト研究所所長 2007年-2011年

意思決定研究所

プロジェクト研究所所長 2012年-2016年

意思決定研究所

プロジェクト研究所所長 2017年-2021年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学歴

-1983年03月 同志社大学 文学部 文化学科心理学専攻
-1988年 同志社大学 文学研究科 心理学
-1994年09月 東京工業大学 総合理工学研究科
-2013年03月 北里大学 医療系研究科

学位

文学修士 課程 同志社大学

博士(学術) 東京工業大学

博士(医学) 北里大学

経歴

1989年-1992年光華女子短期大学講師
1992年-1995年筑波大学 社会工学系助教
1995年-2002年筑波大学 社会工学系准教授
1999年-2000年カーネギーメロン大学 社会・意思決定学科フルブライトシニア奨学生
2002年-早稲田大学文学学術院 心理学科教授
2007年-早稲田大学意思決定研究所所長
2016年-早稲田大学高等研究所次長

所属学協会

日本心理学会 地域別議員、認定心理士委員、編集委員(2014-)

日本行動計量学会 学会誌編集委員(2002-)、理事(2002-)

日本グループ・ダイナミックス学会 理事(1994-1998)、編集委員(1994-1998)

日本消費者行動研究学会 編集委員(2005-),理事(2016-2017)

日本知能情報ファジィ学会 編集委員、ノンエンジリニア研究部門幹事

日本社会心理学会 理事、学会を考える委員会委員、選考委員

日本認知科学会

日本広告学会

日本リスク研究学会

ヨーロッパ意思決定研究学会(EADM)

American Psychological Association

Society for Judgment and Decision Making

European Association of Decision Making

日本グループダイナミックス学会

行動経済学会 編集委員会(2015-)

委員歴・役員歴(学外)

2003年-名古屋大学大学院環境学研究科 編集委員
日本社会心理学会理事2003−2005
日本行動計量学会理事2004−2006
2002年-日本行動計量学会 編集委員
2001年-2005年日本知能情報ファジィ学会編集委員会 編集委員
日本感性工学会編集委員2005−
日本消費者行動研究学会理事2004−
2014年04月-日本心理学会 編集委員編集委員

受賞

若手研究者奨励金

1987年授与機関:日本社会心理学会

国際心理学会派遣ヤングサイコロジスト

1992年授与機関:日本心理学会

日本行動計量学会 優秀賞(林知己夫賞)

2002年09月

日本感性工学会 優秀論文賞

2003年11月

日本社会心理学会 出版賞

2010年授与機関:日本社会心理学会

タイトル:行動意思決定論‐経済行動の心理学 日本評論社

受賞者(グループ):竹村和久

行動計量学会杉山明子賞(出版賞)

2016年授与機関:行動計量学会

タイトル:Behavioral Decision Theory: Psychological and mathematical descriptions of human choice behavior, Springer

受賞者(グループ):竹村和久

その他基本情報

 人間の合理性、非合理性、利他性、利己性の問題に関心があります。また、応用領域として、リスクコミュニケーションやマーケティングの問題に関心があります。

研究分野

キーワード

教育・社会系心理学、実験系心理学、社会システム工学、行動的意志決定論

共同研究希望テーマ

リスク認知とリスクコミュニケーション

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:受託研究、共同研究

判断と意思決定の研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

消費者心理の研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

アイカメラを用いた意思決定研究

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、受託研究、共同研究、その他

研究テーマ履歴

判断と意思決定の心理学的研究

研究テーマのキーワード:判断,意思決定

国際共同研究

消費者行動の研究

研究テーマのキーワード:消費者行動,意思決定,情報探索

国際共同研究

ファジィ理論を用いたデータ解析法の開発

研究テーマのキーワード:データ解析,ファジィ集合論

機関内共同研究

社会的価値の研究

個人研究

ファジィ理論を用いた心理データ解析技法の開発

個人研究

論文

Qualitatively coherent representation makes decision-making easier with binary-colored multi-attribute tables: An eye-tracking study

Morii, Masahiro; Ideno, Takashi; Ideno, Takashi; Takemura, Kazuhisa; Okada, Mitsuhiro; Okada, Mitsuhiro

Frontiers in Psychology8(AUG)2017年08月-2017年08月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 Morii, Ideno, Takemura and Okada. We aimed to identify the ways in which coloring cells affected decision-making in the context of binary-colored multi-attribute tables, using eye movement data. In our black-white attribute tables, the value of attributes was limited to two (with a certain threshold for each attribute) and each cell of the table was colored either black or white on the white background. We compared the two natural ways of systematic color assignment: "quantitatively coherent" ways and "qualitatively coherent" ways (namely, the ways in which the black-white distinction represented the quantitative amount distinction, and the ways in which the black-white distinction represented the quality distinction). The former consists of the following two types: (Type 1) "larger is black," where the larger value-level was represented by black, and "smaller is white," and (Type 2) "smaller is black." The latter consisted of the following two types: (Type 3) "better is black," and (Type 4) "worse is black." We obtained the following two findings. [Result 1] The qualitatively coherent black-white tables (Types 3 and 4) made decision-making easier than the quantitatively coherent ones (Types 1 and 2). [Result 2] Among the two qualitatively coherent types, the "black is better" tables (Type 3) made decision making easier; in fact, the participants focused on the more important (black) cells in the case of "black is better" tables (Type 3) while they did not focus enough on the more important (white) ones in the case of the "white is better" tables (Type 4). We also examined some measures of eye movement patterns and showed that these measures supported our hypotheses. The data showed differences in the eye movement patterns between the first and second halves of each trial, which indicated the phased or combined decision strategies taken by the participants.

Ambiguity aversion in schizophrenia: An fMRI study of decision-making under risk and ambiguity

Fujino, Junya; Hirose, Kimito; Tei, Shisei; Tei, Shisei; Tei, Shisei; Kawada, Ryosaku; Tsurumi, Kosuke; Matsukawa, Noriko; Miyata, Jun; Sugihara, Genichi; Yoshihara, Yujiro; Ideno, Takashi; Aso, Toshihiko; Takemura, Kazuhisa; Fukuyama, Hidenao; Murai, Toshiya; Takahashi, Hidehiko

Schizophrenia Research178(1-3)p.94 - 1012016年12月-2016年12月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09209964

概要:© 2016 Elsevier B.V.When making decisions in everyday life, we often have to choose between uncertain outcomes. Economic studies have demonstrated that healthy people tend to prefer options with known probabilities (risk) than those with unknown probabilities (ambiguity), which is referred to as “ambiguity aversion.” However, it remains unclear how patients with schizophrenia behave under ambiguity, despite growing evidence of their altered decision-making under uncertainty. In this study, combining economic tools and functional magnetic resonance imaging (fMRI), we assessed the attitudes toward risk/ambiguity and investigated the neural correlates during decision-making under risk/ambiguity in schizophrenia. Although no significant difference in attitudes under risk was observed, patients with schizophrenia chose ambiguity significantly more often than the healthy controls. Attitudes under risk and ambiguity did not correlate across patients with schizophrenia. Furthermore, unlike in the healthy controls, activation of the left lateral orbitofrontal cortex was not increased during decision-making under ambiguity compared to under risk in schizophrenia. These results suggest that ambiguity aversion, a well-established subjective bias, is attenuated in patients with schizophrenia, highlighting the need to distinguish between risk and ambiguity when assessing decision-making under these situations. Our findings, comprising important clinical implications, contribute to improved understanding of the mechanisms underlying altered decision-making in patients with schizophrenia.

Preference for symmetrical rectangles in schizophrenia patients.

Sugawara H,Kawasugi K,Todoroki K,Kodaira A,Nishizawa S,Takemura K, Yamamoto K, Miyaoka H,Iwamitsu Y

2016年07月-

Association between positive and negative symptoms in schizophrenia patients and the tree drawing test.

Kawasugi K, Todoroki K, Sugawara H, Kodaira A, Nobutou A, Tsukamoto Y, Nishizawa S, Takemura K, Todoroki J, Iwamitsu Y

2016年07月-

統合失調症患者における図形の対称性選好について―健常者との比較―.

菅原ひとみ,岩満優美,川杉桂太,轟慶子,小平明子,西澤さくら,竹村和久,山本賢司,宮岡等

2016年07月-

A report that Fukushima residents are concerned about radiation from Land, Food and Radon

Tamari, Yuki; Kuroda, Yujiro; Miyagawa, Ryu; Nawa, Kanabu; Sakumi, Akira; Sakata, Naoko; Mizushima, Nozomi; Sakura, Osamu; Iwamitsu, Yumi; Takemura, Kazuhisa; Nakagawa, Keiichi

Journal of Radiation Research57(4)p.418 - 4212016年07月-2016年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:04493060

概要:© 2016 The Author 2016. Published by Oxford University Press on behalf of The Japan Radiation Research Society and Japanese Society for Radiation Oncology.The Great East Japan Earthquake and subsequent TEPCO Fukushima Daiichi nuclear disaster occurred on 11 March 2011, which caused the leakage of radioactive materials into the environment. In this study, we report public concerns about radiation in Fukushima and Tokyo almost one year after the nuclear disaster. We examined the public concerns by analyzing the data from 1022 participants, 555 in Fukushima and 467 in Tokyo. They were asked whether they were concerned about radiation from some of six different types of sources, which could be answered in a binary way, 'yes' or 'no'. We found not only similarities, but also significant differences in the degrees of concerns between Fukushima residents and Tokyo ones. Fukushima residents more concerned about radiation from land, food and radon in larger rate than that of Tokyo ones, while Tokyo residents were concerned about radiation from medical care. Residents in neither location were concerned about radiation from space. Our results suggested that careful risk communication should be undertaken, adaptively organized depending on location and other factors, e.g. comprehension about radiation, presence of the experience of evacuation, and also age and gender of the people.

A report that Fukushima residents are concerned about radiation from Land, Food and Radon

Yuki Tamari, Yujiro Kuroda, Ryu Miyagawa, Kanabu Nawa, Akira Sakumi, Naoko Sakata, Nozomi Mizushima, Osamu Sakura, Yumi Iwamitsu, Kazuhisa Takemura, and Keiichi Nakagawa

Journal of Radiation Research査読有り2016年-

DOI

SBO1-1-4 状況依存的焦点モデルのChoquet積分表示と行動計量(特別セッション 意思決定の理論と行動計量)

竹村 和久;藤井 聡

日本行動計量学会大会発表論文抄録集43p.42 - 452015年09月-2015年09月 

CiNii

RHO2-1 「良い意思決定」について考える : 行動意思決定論からの示唆(ラウンドテーブル・ディスカッション 「よい意思決定」について考える)

竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集43p.126 - 1292015年09月-2015年09月 

CiNii

SAO6-1-4 潜在意味解析モデルを用いた言語プロトコルと描画による消費者のリスク判断の検討(特別セッション マーケティングの新機軸-理論と応用の接点-)

玉利 祐樹;井出野 尚;竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集43p.382 - 3832015年09月-2015年09月 

CiNii

SAO6-1-6 消費者の多属性意思決定過程における多段階的決定方略の検討(特別セッション マーケティングの新機軸-理論と応用の接点-)

井出野 尚;原口 僚平;村上 姶;玉利 祐樹;竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集43p.388 - 3892015年09月-2015年09月 

CiNii

Are ambiguity aversion and ambiguity intolerance identical? A neuroeconomics investigation.

Tanaka, Y., Fujino, J., Ideno, T., Okubo, S., Takemura, K., Miyata, J., Kawada, R., Fujimoto, S., Kubota, M., Sasamoto, A., Hirose, K., Takeuchi, H., Fukuyama, H., Murai, T., Takahashi, H.

Frontiers in Psychology査読有り5p.1 - 72015年-

DOI

多属性意思決定における決定方略の認知的努力と正確さ:計算機シミュレーションによる行動意思決定論的検討

竹村和久・原口僚平・玉利祐樹

認知科学22(3)p.368 - 3882015年-

DOI

篠原直秀著(2013). 『ナノ材料のリスク評価のおはなし』.:東京:日本規格協会

竹村 和久

認知科学22(2)p.297 - 2982015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1341-7924

大衆による官僚制化の心理構造に関する実証的研究

松本 和也;羽鳥 剛史;竹村 和久

科学・技術研究4(2)p.165 - 1722015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:2186-4942

概要:本研究の目的は、オルテガの論ずる「大衆」とウェーバーの論ずる「官僚制」の概念を用い、今日の我が国における官僚批判の心理構造について実証的に検討することである。この目的の下、大衆性を測定する大衆性尺度及び官僚制化に関わる形式性追求傾向尺度、政治・社会の官僚制化に関わる態度指標を用いたアンケート調査(n = 400)を行い、これらの関連を調べた。その結果、大衆性尺度と形式性追求傾向尺度との間に正の関連性が示され、大衆性の高い個人ほど、マニュアル等の形式性を追及する傾向にあることが示された。また、大衆性と政治の官僚制化に関わる態度の関係性として、傲慢性と吏員型官僚支持意識との間に正の関連性が、自己閉塞性と政治的官僚支持意識との間に負の関連性が示された。さらに、大衆性と社会の官僚制化に関わる態度の関係性として、傲慢性と社会の官僚制化に関わる態度との間に総じて正の関連性が示された。最後に、本研究の結果が大衆による官僚制化の弊害を抑止する上で示唆する点について考察を行った。

多属性意思決定過程における決定方略の認知的努力と正確さ::計算機シミュレーションによる行動意思決定論的検討

竹村 和久;原口 僚平;玉利 祐樹

認知科学22(3)p.368 - 3882015年-2015年

CiNii

詳細

ISSN:1341-7924

概要:This paper examines two-stage multi-attribute decision strategies in different condi-tions where numbers of alternatives, and attributes are varied. A Monte-Carlo com-puter simulation using the concept of elementary information processes identified de-cision strategies that approximate the accuracy of normative procedures while savingcognitive effort in the two-stage decision making process. The elementary strategiesexamined in the simulation were nine decision strategies: lexicographic, lexicographicsemi-order, elimination by aspect, conjunctive, disjunctive, weighted additive, equallyweighted additive, additive difference, and majority of confirming dimensions strategies.Elementary information process and relative accuracy were computed for all combina-tion of two decision strategies for two-phased decision making process. The result ofthe computer simulation suggested that comparatively effortless and accurate heuristicwas the two-phased strategy that used lexicographic strategy to eliminate until a fewalternatives in the first stage and used weighted additive strategy in the second stage.Lastly, theoretical and practical implications of this study were discussed.

アイトラッカーを用いた広告受容時の消費者の意思決定過程の検討-チラシの割引表示効果の検討-

井出野尚・大久保重孝・玉利祐樹・伊豫部紀子・村上始・竹村和久

日本感性工学会論文誌査読有り13(4)p.535 - 5412014年11月-

意思決定課題における変動係数を用いた注意の誘導方法の提案-眼球運動測定による検討-

村上始・井出野尚・大久保重孝・玉利祐樹・竹村和久

. 日本感性工学会論文誌査読有り13(4)2014年11月-

SE3-3 地域での価値観の定性的測定と数量化(特別セッション 文化の測定方法の多様なあり方:定量的手法と定性的手法の活用)

竹村 和久;竹内 潤子;今関 仁智;玉利 祐樹;井出野 尚

日本行動計量学会大会発表論文抄録集42p.208 - 2112014年09月-2014年09月 

CiNii

確率情報の図的表現下での確率荷重関数

村上始・玉利祐樹・井出野尚・大久保重孝・竹村和久

人間環境学研究12(1)p.51 - 562014年06月-

意思決定課題における変動係数を用いた注意の誘導方法の提案:-眼球運動測定による検討-

村上 始;井出野 尚;大久保 重孝;玉利 祐樹;竹村 和久

日本感性工学会論文誌13(4)p.527 - 5342014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0833

概要:Many findings of behavioral decision research suggested that attention had a crucial role in decision-making. We proposed a method to induce attention toward particular attribute such as money using control by coefficient of variation in multi-attribute decision task. The experiment consisted of two steps: 1) arousing attention using the proposed method and 2) testing the effect of the method. We hypothesized that the participants would pay more attention to high, relative to low, CV attributes. The results for the first step of the experiment showed that the participants paid more attention to high, relative to low CV probability and low, relative to high, CV outcome. Results for the second step of the experiment were similar to those observed in the first step. This finding indicates that the proposed method was effective in arousing attention during the decision-making process.

アイトラッカーを用いた広告受容時の消費者の意思決定過程の検討:-チラシの割引表示効果の検討-

井出野 尚;大久保 重孝;玉利 祐樹;伊豫部 紀子;村上 始;竹村 和久

日本感性工学会論文誌13(4)p.535 - 5412014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0833

概要:We examined the effect of discount rate presentation (e.g. 40% off) on the consumers' decision making process using eye movement equipment. Ten female participants (average age: 48.4 years old) were asked to choose between two options. The discount rate of option one was higher than that of option two, although total price of option one was higher than that of option two. All eye movements were recorded during experiment in order to examine participants' decision making process. To recheck this finding, we conducted a control experiment without discount rates. The result of the control experiment suggested that the presentation of discount rate influenced the participants' decision strategy.

確率情報の図的表現下での確率荷重関数

村上 始;玉利 祐樹;井出野 尚;大久保 重孝;竹村 和久

人間環境学研究12(1)p.51 - 562014年-2014年

CiNii

詳細

ISSN:1348-5253

概要:A psychological experiment was conducted to estimate probability weighting function whose stimuli were graphically presented. We conducted a modified experiment of Wu and Gonzalez (1996) study by using graphical representation of lotteries. The experiment consisted of 240 binary choices between two gambles. Participants were forty-four members of undergraduate students and graduate students in Waseda University. We fitted the choice data with probability weighting functions proposed by Tversky and Kahneman (1992) and Takemura (1998, 2001). We used the same procedure of Wu and Gonzalez (1996) study for estimating the parameters of both functions and computed Akaike Information Criterion (AIC), which indicated goodness of fit. The choice data confirmed previous findings of risk attitudes (Tversky and Wakker, 1995, Wu and Gonzalez, 1996) in losses. However, the choice data indicated previous findings of risk attitudes (Tversky and Wakker, 1995, Wu and Gonzalez, 1996) in only high probability in gains. Our estimates of Tversky and Kahneman's (1992) function were more linear than the estimates of Wu and Gonzalez (1996). The AIC of Tversky and Kahneman's (1992) function and Takemura's mental ruler model (1998, 2001) indicated that the Takemura's mental ruler model (1998, 2001) fitted better than the Tversky and Kahneman's (1992) model.

Are ambiguity aversion and ambiguity intolerance identical? A neuroeconomics investigation.

Tanaka Yusuke;Fujino Junya;Ideno Takashi;Okubo Shigetaka;Takemura Kazuhisa;Miyata Jun;Kawada Ryosaku;Fujimoto Shinsuke;Kubota Manabu;Sasamoto Akihiko;Hirose Kimito;Takeuchi Hideaki;Fukuyama Hidenao;Murai Toshiya;Takahashi Hidehiko

Are ambiguity aversion and ambiguity intolerance identical? A neuroeconomics investigation.52014年-2014年

DOI

詳細

ISSN:1664-1078

概要::In recent years, there has been growing interest in understanding a person's reaction to ambiguous situations, and two similar constructs related to ambiguity, "ambiguity aversion" and "ambiguity intolerance," are defined in different disciplines. In the field of economic decision-making research, "ambiguity aversion" represents a preference for known risks relative to unknown risks. On the other hand, in clinical psychology, "ambiguity intolerance" describes the tendency to perceive ambiguous situations as undesirable. However, it remains unclear whether these two notions derived from different disciplines are identical or not. To clarify this issue, we combined an economic task, psychological questionnaires, and voxel-based morphometry (VBM) of structural brain magnetic resonance imaging (MRI) in a sample of healthy volunteers. The individual ambiguity aversion tendency parameter, as measured by our economic task, was negatively correlated with agreeableness scores on the self-reported version of the Revised NEO Personality Inventory. However, it was not correlated with scores of discomfort with ambiguity, one of the subscales of the Need for Closure Scale. Furthermore, the ambiguity aversion tendency parameter was negatively correlated with gray matter (GM) volume of areas in the lateral prefrontal cortex and parietal cortex, whereas ambiguity intolerance was not correlated with GM volume in any region. Our results suggest that ambiguity aversion, described in decision theory, may not necessarily be identical to ambiguity intolerance, referred to in clinical psychology. Cautious applications of decision theory to clinical neuropsychiatry are recommended.

SB5-4 眼球運動測定を用いた多属性意思決定における潜在的認知過程の検討 : 情報モニタリング法を用いて(特別セッション 潜在認知の行動計量)

大久保 重孝;井出野 尚;玉利 祐樹;竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集41p.314 - 3152013年09月-2013年09月 

CiNii

SB5-1 描画の画像解析による心理評価(特別セッション 潜在認知の行動計量)

竹村 和久;岩満 優美

日本行動計量学会大会発表論文抄録集41p.304 - 3072013年09月-2013年09月 

CiNii

SB5-3 リスク認知における3事象間の連想構造の測定 : 潜在的連想テストを用いて(特別セッション 潜在認知の行動計量)

井出野 尚;大久保 重孝;玉利 祐樹;竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集41p.312 - 3132013年09月-2013年09月 

CiNii

SB5-5 描画と言語プロトコルによる選択行動の分析(特別セッション 潜在認知の行動計量)

玉利 祐樹;井出野 尚;大久保 重孝;竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集41p.316 - 3172013年09月-2013年09月 

CiNii

Reply to Yang et al.: Gender is not a confounding factor of our result.

Takahashi, H., Takano, H., Ideno, T., Tamari, Y., Takemura, K., & Suhara, T.

Proceedings of the National Academy of Sciences109(26)2013年06月-

DOI

物語を用いた多元的価値構造の測定法−「よい社会」のイメージの個別分析−

竹内潤子・井出野尚・玉利祐樹・今関仁智・竹村和久

知能と情報25(2)p.641 - 6452013年04月-

DOI

精神障害患者の描画とその画像解析:テクスチャー解析、フーリエ解析、特異値分解を用いて

岩満優美・竹村和久・松村治・王雨�・延籐麻子・小平明子・轟純一・轟慶子

知能と情報25(2)p.651 - 6582013年04月-

DOI

Gender is not a confounding factor of our result

Takahashi, H., Takano, H., Ideno, T., Tamari, Y., Takemura, K., & Suhara, T.

Proceedings of the National Academy of Sciences109(26)2013年-

DOI

物語を用いた多元的価値構造の測定法-「よい社会」のイメージの個別分析-

竹内 潤子;井出野 尚;玉利 祐樹;今関 仁智;竹村 和久

知能と情報25(2)p.641 - 6502013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:1347-7986

概要:本論文では,個人が持っている物語の背景にある多元的な価値構造を可視化し,定量的に分析するための半構造化面接の手法として,コルクボード・イメージ・マッピング法を提案する.提案手法の手続きは1)物語からの主要項目の抽出,2)コルクボードへの布置(コルクボード・マップ)とその解釈,3)多次元尺度構成法(MDS)を用いたイメージ・マップ(MDSマップ)の作成とその解釈,4)両マップの比較検討,によって構成される.また,作成された両マップの解釈は,各実験参加者自身への面接で行わせる.提案手法を用いた実験の結果,各実験参加者の物語から価値を抽出できることが確認され,提案手法の有効性が示された.また,軸や布置の解釈から,価値構造を定量的に探索可能であること,また,コルクボード・マップとMDSマップの比較により,個人ごとの布置方略の定量的な判別が可能であることが示唆された.本研究の提案手法を用いることによって,物語の背景にある価値構造の特徴を記述することが可能であり,社会における議論の共通基盤や論点の差異を明らかにできる可能性が示された.

精神障害患者の描画とその画像解析:テクスチャー解析,フーリエ解析,特異値分解を用いて

岩満 優美;竹村 和久;松村 治;王 雨晗;延藤 麻子;小平 明子;轟 純一;轟 慶子

知能と情報25(2)p.651 - 6582013年-2013年

CiNii

詳細

ISSN:1347-7986

概要:精神医科学や臨床心理学においては,投映描画は個人の人格的理解と行動の全般的理解のために用いられている.特にコッホによって開発された樹木画(バウムテスト)は,医学的診断の補助や心理学的評価のために用いられることが多い.投映描画の解釈では客観性に乏しく,信頼性が低いため,われわれは,いくつかの画像解析技法の手法を統合した方法を用いて,精神障害患者の描画を解釈することを試みた.本研究で提案された方法は,下記のとおりである.(1)濃度ヒストグラム法(GLHM 法),(2) 空間濃度レベル依存法(SGLDM),(3)濃度レベル差分法(GLDM),(4)矩形行列を実行列または複素行列に分解する特異値分解,(5)画像の波形成分を分解するフーリエ解析,(6)画像解析をもとにした描画の臨床心理学的解釈である.これらの投映的樹木テストの画像解析諸技法は,精神障害の心理学的過程を解釈するために利用された.

イメージマップ法によるリスク認知測定(一般セッション 社会・調査)

竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集40p.131 - 1342012年09月-2012年09月 

CiNii

潜在的連合テスト (IAT) を用いた精神神経疾患の偏見に関する研究

小宇佐梨里子・原恵子・井出野尚・竹村和久・高橋英彦・松浦雅人

日本薬物脳波学会雑誌13(1)p.23 - 302012年06月-

言語プロトコルの潜在意味解析モデルによる消費者の選好分析

玉利祐樹・竹村和久

心理学研究82(6)p.497 - 5042012年02月-

Honesty mediates the relationship between serotonin and reaction to unfairness.

Takahashi, H., Takano, H., Camerer, C. F., Ideno, T., Okubo, S., Matsui, H., Tamari, Y., Takemura,K.,et al.

Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America.2012年02月-

DOI

Norepinephrine in the brain is associated with aversion to financial loss.

Takahashi, H., Fujie, S., Camerer, C., Arakawa, R., Takano, H., Kodaka, F., Matsui, H., Takemura,K.et al.

Molecular Psychiatry2012年02月-

シリーズ「消費者行動とマーケティング」3.潜在的認知と消費者行動分析

井出野尚 竹村和久

繊維製品消費科学53(1)p.22 - 302012年01月-

よい意思決定とは何か−楠見論文へのコメント−

竹村和久

心理学評論55(1)p.131 - 1362012年-

人間疎外尺度の構成とその妥当性の検討:ヘーゲル「人間疎外」とオルテガ「大衆」との関連についての実証分析

羽鳥剛史, 渡邊望, 藤井聡, 竹村和久

人間環境学研究10(2)p.99 - 1072012年-

描画の潜在意味解析モデルによる消費者の選好分析

玉利祐樹、竹村和久

日本感性工学会論文誌査読有り11(1)p.89 - 952012年-

Honesty mediates the relationship between serotonin and reaction to unfairness.

Takahashi, H., Takano, H., Camerer, C. F., Ideno, T., Okubo, S., Matsui, H., Tamari, Y., Takemura,K.,et al.

Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America109(11)p.4281 - 42842012年-

Honesty mediates the relationship between serotonin and reaction to unfairness

Takahashi, Hidehiko;Takano, Harumasa;Camerer, Colin F.;Ideno, Takashi;Okubo, Shigetaka;Matsui, Hiroshi;Tamari, Yuki;Takemura, Kazuhisa;Arakawa, Ryosuke;Kodaka, Fumitoshi;Yamada, Makiko;Eguchi, Yoko;Murai, Toshiya;Okubo, Yoshiro;Kato, Motoichiro;Ito, Hiroshi;Suhara, Tetsuya

PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA109(11)p.4281 - 42842012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0027-8424

Reply to Yang et al.: Gender is not a confounding factor of our result

Takahashi, Hidehiko;Takano, Harumasa;Ideno, Takashi;Tamari, Yuki;Takemura, Kazuhisa;Suhara, Tetsuya

PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA109(26)p.E1677 - E16772012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0027-8424

Influence of contact with schizophrenia on implicit attitudes towards schizophrenia patients held by clinical residents

Omori, Ataru;Tateno, Amane;Ideno, Takashi;Takahashi, Hidehiko;Kawashima, Yoshitaka;Takemura, Kazuhisa;Okubo, Yoshiro

BMC PSYCHIATRY122012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:1471-244X

言語プロトコルの潜在意味解析モデルによる消費者の選好分析

玉利 祐樹;竹村 和久

心理学研究82(6)p.497 - 5042012年-2012年

CiNii

詳細

ISSN:0021-5236

概要:This paper examines consumers' preferences for competing brands by using a preference model of verbal protocols. Participants were 150 university students, who reported their opinions and feelings about McDonalds and Mos Burger (competing hamburger restaurants in Japan). Their verbal protocols were analyzed by using the singular value decomposition method, and the latent decision frames were estimated. The verbal protocols having a large value in the decision frames could be interpreted as showing attributes that consumers emphasize. Based on the estimated decision frames, we predicted consumers' preferences using the logistic regression analysis method. The results indicate that the decision frames projected from the verbal protocol data explained consumers' preferences effectively.

Analyzing Consumer Preference by Using The Latent Semantic Model for Picture Drawing

玉利 祐樹;竹村 和久

日本感性工学会論文誌11(1)p.89 - 952012年-2012年

CiNii

詳細

ISSN:1884-0833

概要:The purpose of this study is to propose a quantitative method for consumers' preference analysis using picture drawings. In this method, the picture drawings were broken down into its component elements. The component elements are analyzed by using singular value decomposition method, and the latent decision frames are estimated. The consumers' preferences are explained by the estimated decision frames using regression analysis. We demonstrated an example of this method and conducted a survey that the participants were asked to draw a picture of their feelings towards McDonalds and Mos Burger, which are considered competing hamburger restaurants in Japan. The participants in this study were 150 university students. Based on the estimated decision frames, we predicted their preference using logistic regression analysis method. The results indicate that the decision frames projected from picture drawing data explained participants' preference, and the component elements of picture drawings affecting preference were assessed quantitatively.

ヘーゲル「人間疎外」とオルテガ「大衆」との関連についての実証分析

羽鳥 剛史;渡邉 望;藤井 聡;竹村 和久

人間環境学研究10(2)p.99 - 1072012年-2012年

CiNii

詳細

ISSN:1348-5253

概要:This study examined the relationship between Hegel's concept of "alienation" from a community and Ortega's concept of the "masses" in order to explore the empirical implication of the former concept in our society. According to philosophical discussion, it is supposed that Hegel's concept of "alienation" has a positive relationship with Ortega's concept of "Masses." This hypothesis was tested in the survey with a questionnaire (n = 400), by examining the relationship between the alienation scale and the vulgarity scale which were developed based on Hegel's theory of alienation and Ortega's theory of the masses, respectively. The obtained data showed that the sense of alienation from four communities (family, region, organization, and state) was positively related with the autistic factor which constituted the vulgarity scale. The result implied that the two concepts are associated with each other. It also provided the evidence of validity of the alienation scale. Finally, implications of the present result were discussed.

[Analyzing consumer preference by using the latest semantic model for verbal protocol].

Tamari Yuki;Takemura Kazuhisa

[Analyzing consumer preference by using the latest semantic model for verbal protocol].82(6)2012年-2012年

詳細

ISSN:0021-5236

概要::This paper examines consumers' preferences for competing brands by using a preference model of verbal protocols. Participants were 150 university students, who reported their opinions and feelings about McDonalds and Mos Burger (competing hamburger restaurants in Japan). Their verbal protocols were analyzed by using the singular value decomposition method, and the latent decision frames were estimated. The verbal protocols having a large value in the decision frames could be interpreted as showing attributes that consumers emphasize. Based on the estimated decision frames, we predicted consumers' preferences using the logistic regression analysis method. The results indicate that the decision frames projected from the verbal protocol data explained consumers' preferences effectively.

シリーズ「消費者行動とマーケティング」2.眼球運動測定と消費者行動

大久保重孝 竹村和久

繊維製品消費科学52(12)p.744 - 7502011年12月-

シリーズ「消費者行動とマーケティング」1. 消費者の多属性意思決定とその分析

竹村和久

繊維製品消費科学52(11)p.670 - 6772011年11月-

多属性意思決定の心理モデルと「よい意思決定」

竹村和久

オペレーションズ・リサーチ56(10)p.583 - 5902011年10月-

多属性意思決定の心理モデルと「よい意思決定」(<特集>意思決定数理モデルと認識・心)

竹村 和久

オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学56(10)p.583 - 5902011年10月-2011年10月 

CiNii

詳細

ISSN:00303674

概要:多属性意思決定における心理モデルとその知見および合理的な意思決定についての批判的検討と「よい意思決定」についての考察を行った.まず,規範的分析として,序数効用理論の基本的な枠組を示してこの枠組みを合理性の観点から考察し,次に,序数効用理論を多属性意思決定に拡張した定義を与えることにより,多属性意思決定の合理性をアローの一般可能性定理から再解釈した.本論文で定義した合理的な多属性意思決定は,特定の属性のみに基づく一次元的な意思決定を除いて,達成することが不可能なことをアローの一般可能性定理の再解釈を通じて論じた.次に,人間の多属性意思決定の記述的分析を行い,人間は多属性意思決定問題においても,一次元的な意思決定をしやすいことを,意思決定の心理モデルから説明した.最後に,多属性意思決定の処方的考察を行い,特に重要な意思決定においては,一次元的な意思決定を回避することが重要であり,上記の意味での合理性は満たさないかもしれないにもかかわらず多元的な観点からの意思決定をすることが「よい意思決定」につながるということを論じた.

自分の幸福の選択 : 合理的意思決定の不可能性と矛盾の中での選択(特別セッション リエゾン心身処方学の展開-行動計量からの挑戦-3)

竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集39p.19 - 222011年09月-2011年09月 

CiNii

動的フレームとしての物語と意思決定(特別セッション 人間行動と物語)

竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集39p.137 - 1402011年09月-2011年09月 

CiNii

カテゴリー判断における焦点化仮説の検討—心の箱モデルによる説明—

羽鳥剛史・竹村和久・藤井聡・井出野尚

心理学研究82(2)p.132 - 1402011年08月-

描画の潜在意味解析モデルによる消費者の選好分析

玉利祐樹・竹村和久

日本感性工学会論文誌11(1)p.89 - 952011年02月-

消費者の意思決定プロセスの特徴と理論

竹村和久

流通情報43(3)p.34 - 502011年-

解釈レベル理論を用いた消費者行動の分析

阿部周造、守口剛、恩蔵直人、竹村和久

行動経済学3p.178 - 1822011年-

カテゴリー判断における焦点化仮説の検討──心の箱モデルによる説明──

羽鳥 剛史;竹村 和久;藤井 聡;井出野 尚

心理学研究82(2)p.132 - 1402011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:0021-5236

概要:This paper presents a new model of category judgment. The model hypothesizes that, when more attention is focused on a category, the psychological range of the category gets narrower (category-focusing hypothesis). We explain this hypothesis by using the metaphor of a "mental-box" model: the more attention that is focused on a mental box (i.e., a category set), the smaller the size of the box becomes (i.e., a cardinal number of the category set). The hypothesis was tested in an experiment (N = 40), where the focus of attention on prescribed verbal categories was manipulated. The obtained data gave support to the hypothesis: category-focusing effects were found in three experimental tasks (regarding the category of "food", "height", and "income"). The validity of the hypothesis was discussed based on the results.

情報モニタリング法による多属性意思決定の分析─望ましい選択肢を選ぶ場合と望ましくない選択肢を選ぶ場合の意思決定過程の差異の検討

高階 勇人;阪上 公一;馬場 崇徳;大久保 重孝;井出野 尚;竹村 和久

行動経済学4(0)p.68 - 712011年-2011年

CiNii

詳細

ISSN:2185-3568

概要:複数の選択肢が存在し,それぞれの選択肢が複数の属性によって特徴付けられる意思決定問題を(多肢)多属性意思決定と呼ぶ.多属性意思決定の典型としては,PCや携帯電話について,性能表をもとに比較検討し,購入する製品を決めるといった状況が挙げられる.規範的な意思決定理論に基づけば,多属性意思決定において,最も望ましい選択肢を選ぶ場合と,最も望ましくない選択肢を選ぶ場合では,意思決定過程の特徴が変わらないことが予想される.しかし,実際の決定場面を顧みると,両者の意思決定過程は異なっているように考えられる.そこで本研究では,最も望ましい選択肢を選ぶ場合と,望ましくない選択肢を選ぶ場合とで,意思決定過程がどのように異なるかを検討するため,幾つかの商品について,多属性意思決定課題を実施した.また,意思決定過程を検討するため,情報モニタリング法と呼ばれる手法を用い,実験参加者の情報探索を定量的に測定し,情報探索過程の可視化についても行った.

意志決定と幸福の条件に関する行動計量学的アプローチ(リエゾン心身処方学の展開-行動計量学からの挑戦-1,日本行動計量学会 第38大会 抄録集)

竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集38p.40 - 412010年09月-2010年09月 

CiNii

状況依存的焦点モデルの基礎(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集)

竹村 和久;藤井 聡

日本行動計量学会大会発表論文抄録集38p.134 - 1372010年09月-2010年09月 

CiNii

交通情報提供に対する焦点化についての実験研究(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集)

菊池 輝;山本 貴之;竹村 和久;藤井 聡

日本行動計量学会大会発表論文抄録集38p.138 - 1412010年09月-2010年09月 

CiNii

PII-39 選択の自由さが選好に及ぼす影響(ポスター発表II)

丹野 貴行;竹村 和久;藤井 聡;羽鳥 剛司;井出野 尚;大久保 重孝;坂上 貴之

日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集(28)2010年09月-2010年09月 

CiNii

バス利便性への焦点化による居住地選択誘導のためのコミュニケーション(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集)

谷口 綾子;藤井 聡;竹村 和久

日本行動計量学会大会発表論文抄録集38p.142 - 1452010年09月-2010年09月 

CiNii

カテゴリー判断における焦点化効果 : 心の箱モデルによる説明(認知的・統計的・実践的意思決定モデルとしての『状況依存的焦点モデル』,日本行動計量学会 第38大会 抄録集)

羽鳥 剛史;竹村 和久;藤井 聡;井出野 尚

日本行動計量学会大会発表論文抄録集38p.146 - 1472010年09月-2010年09月 

CiNii

社会的事象と知覚課題の曖昧な判断に関する心理学的研究

若山大樹 井出野尚 竹村和久

知能と情報22(4)p.443 - 4492010年08月-

多属性意思決定過程における背景情報の効果について—情報モニタリング法を用いて—

大久保重孝 井出野尚 竹村和久

感性工学研究論文集9(4)p.226 - 2312010年08月-

曖昧性と意思決定

竹村和久 大久保重孝

知能と情報22(4)p.419 - 4262010年08月-

社会的事象と知覚課題の曖昧な判断に関する心理学的研究

若山 大樹;井出野 尚;竹村 和久

知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics22(4)p.443 - 4492010年08月-2010年08月 

CiNii

詳細

ISSN:13477986

概要:本研究では,曖昧な判断の性質を明らかにするために,社会的事象の判断課題と知覚判断課題の心理実験を行った.被験者は252人を概ね同じぐらいの3グループにランダムに割り当てた.3グループはそれぞれ,第1グループが正確に推定するように教示した正確教示条件,第2グループが「だいたいで」推定するように教示した曖昧教示条件,そして第3グループがファジィ評定法により推定するように教示したファジィ教示条件のもとで回答が得られた.その結果,5項目ある知覚判断課題中2項目(面積推定と縦線の長さ推定)において有意差が見られ,正確教示条件の方が曖昧教示条件よりも推定値は正確であるものの,残りの知覚判断課題3項目で正確教示条件と曖昧教示条件間で有意差は見られなかった.また,3項目ある社会的判断課題のひとつ(年間自殺者数推定)において有意差が見られ,正確教示条件よりも曖昧教示条件で得られた推定値の方が正確であるという逆の結果が得られた.しかし,他の社会的判断課題2項目(年間結婚件数と富士山の高さ)において,正確教示条件と曖昧教示条件間で有意差は見られなかった.本研究で得られた知見は,ある条件においては,曖昧な判断が必ずしも劣っているとはいえず,適応的であることを示唆するものである.

曖昧さと意思決定

竹村 和久;大久保 重孝

知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌 : journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics22(4)p.419 - 4262010年08月-2010年08月 

CiNii

詳細

ISSN:13477986

Dopamine D1 receptors and nonlinear probability weighting in risky choice.

Takahashi, H., Matsui, H., Camerer, C., Takano, H., Kodaka, F., Ideno, T., Okubo, O., Takemura, K., Arakawa, R., Eguchi, Y., Murai, T., Okubo, Y., Kato, M., Ito, H., & Suhara.T.

Journal of Neuroscience.30p.16567 - 165722010年-

乳幼児の笑顔画像提示による感情誘導手法の提案 -商品選択実験を用いた適用例-

大久保重孝 井出野尚 竹村和久

日本感性工学会研究論文集9(3)p.485 - 4912010年-

Dopamine D-1 Receptors and Nonlinear Probability Weighting in Risky Choice

Takahashi, Hidehiko;Matsui, Hiroshi;Camerer, Colin;Takano, Harumasa;Kodaka, Fumitoshi;Ideno, Takashi;Okubo, Shigetaka;Takemura, Kazuhisa;Arakawa, Ryosuke;Eguchi, Yoko;Murai, Toshiya;Okubo, Yoshiro;Kato, Motoichiro;Ito, Hiroshi;Suhara, Tetsuya

JOURNAL OF NEUROSCIENCE30(49)p.16567 - 165722010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0270-6474

特別セッション : 解釈レベル理論を用いた消費者行動の分析

阿部 周造;守口 剛;恩蔵 直人;竹村 和久

行動経済学3p.178 - 1822010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:2185-3568

概要:解釈レベル理論によると,心理的距離の一つである時間について,遠い将来の購買に関しては製品が機能的に優れているような本質的特性が重視され,近い将来の場合には製品の使い易さのような副次的特性が重視されることになる.先行研究では被験者の評価データを中心として経験的研究が報告されているが,本研究では消費者行動という視点から選択を課題とした場合でも同様な結果が得られるかを探る.また,選択肢の比較にあたって,どちらを比較主体とするかによる比較方向性の効果を合わせてテストした.標準的機能の電子辞書と,印刷機能を追加した電子辞書との比較という状況設定で,被験者の認める価格差と,選択データ(ネット調査,n=787)を分析の結果,解釈レベル理論については不支持的結果が,そして比較の方向性効果については部分的な支持的結果が得られた.

書評 『意思決定と経済の心理学』

竹村 和久

行動経済学3p.76 - 782010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:2185-3568

特別セッション:消費者の選好判断過程に及ぼす背景効果:— fMRIによる脳機能画像計測実験を用いて—

竹村 和久;井出野 尚;大久保 重孝;小高 文聰;高橋 英彦

行動経済学3p.99 - 1022010年-2010年

CiNii

詳細

ISSN:2185-3568

概要:本研究では,商品呈示時の背景情報と商品との関連が,商品評価と選好判断過程へどのような影響を与えるのかを,脳機能画像を計測する手法を用いて実験的に検討を行った.実験の結果から,商品の背景と商品との関連が一致している場合には,商品評価が高く,報酬系の活動に反映されることが示唆され,この実験結果の実務的なインプリケーションも考察された.

Perceptions of the concept of mutation among Family members of patients receiving outpatient genetic services and university student.

Ando, N., Iwamitu, Y., Takemura, K., Saito, Y., Takeda, F.

Journal of Genetic Counseling18(6)p.567 - 5772009年12月-

ニューロマーケティングの可能性

竹村和久

流通情報41(4)p.37 - 452009年11月-

認定遺伝カウンセラーの現状と今後−研究職の立場から−

安藤記子 岩満優美 竹村和久 齊藤有紀子 高田史男

日本遺伝カウンセリング学会誌30p.155 - 1182009年11月-

鉱物資源乱掘に従事する労働者のリスク認知—描画法を用いた事例研究—

佐藤菜生 高崎いゆき 吉川肇子 村尾智 竹村和久

日本リスク研究学会誌19p.33 - 412009年10月-

消費者の意思決定過程

竹村和久

基礎心理学研究24p.147 - 1552009年10月-

道徳性発達理論に基づく土木技術者倫理に関する実証的研究—倫理規定の解釈可能性が土木技術者の倫理性に及ぼす影響—

羽鳥剛史 黒岩武志 藤井聡 竹村和久

土木学会論文集65(3)p.262 - 2792009年10月-

Impact of changing the Japanese term for “schizophrenia” for reasons of stereotypical beliefs of schizophrenia in Japanese youth.

Takahashi, H., Ideno, T., Okubo, S., Matsui, H., Takemura, K., Matsuura, M., Kato, M., & Okubo, Y.

Schizophrenia Research112(1)p.149 - 1522009年07月-

社会心理学の観点からみた消費者行動と意思決定の満足化

竹村和久

財団法人建築保全センター季刊p.163 - 1632009年07月-

意思決定と神経経済学

竹村和久

臨床精神医学38(1)p.38 - 422009年01月-

Impressions regarding the concept of mutation among family members of patients receiving outpatient genetic services.

Ando, N., Iwamitsu, Y., Takemura, K., Saito, Y., & Takada, F.

Journal of Genetic Counseling18p.567 - 5772009年-

意思決定と神経経済学

竹村和久

臨床精神医学38p.35 - 422009年-

Impact of changing the Japanese term for "schizophrenia" for reasons of stereotypical beliefs of schizophrenia in Japanese youth

Takahashi, H., Ideno, T., Okubo, S., Matsui, H., Takemura, K., Matsuura, M., Kato, M., Okubo, Y.

Schizophrenia Research査読有り112p.149 - 1522009年-

日本語版Life Experiences Survey作成と妥当性・信頼性の検討

岩満優美 安田裕恵 神谷美智子 和田芽衣 中島香澄 安藤記子 岡崎賀美 竹村和久

ストレス科学23(3)p.239 - 2492008年11月-

意思決定における"日本版後悔・追求者尺度"作成の試み

磯部綾美 久冨哲兵 松井豊 宇井美代子 高橋尚也 大庭剛司 竹村和久

心理学研究179p.453 - 4582008年10月-

Effects of reward on self-regulation, intrinsic motivation and creativity.

Selart, M., Nordstrom, T., Kuvaas, B., & Takemura, K.

Scandinavian Journal of Educational Research52p.439 - 4582008年08月-

Knowledge and impressions regarding the concept of mutation among Japanese university students.

Ando, N., Saito, Y., Takemura, K., Takada, F., & Iwamitsu, Y.

Clinical Genetics 74p.75 - 812008年05月-

特集「前頭葉と精神機能」—神経経済学と前頭葉—

竹村和久・井出野尚・大久保重孝・松井博史

分子精神医学8(2)p.35 - 402008年02月-

Image analysis of projective drawings for mental patients and students

Kazuhisa Takemura, Iyuki Takasaki, Nao Sato, et. al.

Proceedings of the Second International Workshop on Kansei 2p.94 - 972008年-

Effects of Reward on Self-regulation, Intrinsic Motivation and Creativity

Selart, M., Nordstrom, T., Kuvaas, B., & Takemura, K.

Scandinavian Journal of Educational Research 52(5)査読有りp.439 - 4582008年-

日本語版Life Experiences Survey作成と妥当性・信頼性の検討

岩満優美, 安田, 神谷, 和田, 中島, 安藤, 岡崎, 竹村和久

ストレス科学23(3)p.239 - 2492008年-

シリーズ「心理学研究の最前線」消費者心理学の最前線(第3回)-描画による消費者心理の分析-

竹村 和久・高崎 いゆき・佐藤 菜生

繊維製品消費者科学48(10)p.638 - 6442008年-

Effects of Reward on Self-regulation, Intrinsic Motivation and Creativity

Selart, M.Nordstrom, T., Kuvaas, B., Takemura

Scandinavian Journal of Educational Research査読有り52p.439 - 4582008年-

Decision making with information search constraints: A process tracing study

Takemura,K. &Selart,M.

Behaviormetrika34(2)p.111 - 1302007年12月-

シリーズ「心理学研究の最前線」消費者心理学の最前線(第4回)—言語プロトコル解析による消費者心理の把握—

竹村和久・玉利祐樹

繊維製品消費科学48(12)p.828 - 8362007年12月-

シリーズ「心理学研究の最前線」消費者心理学の最前線(第3回)—描画による消費者心理の分析—

竹村和久・高崎いゆき・佐藤菜生

繊維製品消費科学48(10)p.638 - 6442007年10月-

シリーズ「心理学研究の最前線」消費者心理学の最前線(第2回)—消費者行動における潜在的認知測定—潜在的連想テスト(Implicit Association Test:IAT)の適用可能性について

大久保重孝・井出野尚・竹村和久

繊維製品消費科学48(9)p.578 - 5842007年09月-

シリーズ「心理学研究の最前線」消費者心理学の最前線(第1回)—過程追跡法による消費者の意思決定過程の分析—

竹村和久・大久保重孝・諸上詩帆

繊維製品消費科学48(8)p.506 - 5132007年08月-

Ambiguous comparative judgment: Fuzzy set model and data analysis.

Kazuhisa Takemura

Japanese Psychological Reseach49(2)p.148 - 1562007年05月-

潜在的連想テストを用いたリスク・マップの作成

井出野尚・竹村和久

日本感性工学会研究論文集7(1)p.101 - 1102007年05月-

時間的制約が消費者の購買意思決定課題に及ぼす影響—眼球運動測定装置を用いて—

諸上詩帆・岩間徳兼・大久保重孝・竹村和久

日本感性工学会研究論文集7(2)p.275 - 2822007年02月-

Fuzzy least squares conjoint analysis and its application to Consumer decision research

Takemura,K.,Takakai,Y., Ono,K. & Ochiai.A

The Proceedings of the 3rd InternationalSymposium on Soft Computing and Intelligent System.FR19p.1 - 62006年09月-

The influence of decision heuristics and overconfidence on multiattribute choice: A process-tracing study

Selart,M., Kuvaas,B., Boe,O. ,& Takemura.K.

European Journal of Cognitive Psychology18(3)p.437 - 4532006年05月-

リスク社会における判断と意思決定

竹村和久

認知科学13(1)p.17 - 312006年03月-

意思決定現象と行動意思決定論

竹村和久

知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌)17(6)p.4 - 122005年12月-

潜在的連想テストによるリスク認知へのアプローチ

井出野尚・竹村和久

感性工学研究論文集5(3)p.149 - 1542005年11月-

描画から「心理」を解釈する

高崎いゆき・竹村和久・岩満優美

感性工学研究論文集5(3)p.155 - 1642005年11月-

Fuzzy least squares regression analysis for social judgment study

Kazuhisa Takemura

Journal of Advanced Intelligent Computing and Intelligent Informatics9(5)p.461 - 4662005年09月-

Statistical image analysis of psychological projective drawings

Takemura,K., Takasaki,I., & Iwamitsu,Y.

Journal of Advanced Intelligent Computing and Intelligent Informatics9(5)p.453 - 4602005年09月-

Fitting a psychometric function to price judgments: An analysis of consumers’ judgments for discounted prices

Lun Fan & Kazuhisa Takemura

Perceptual and Motor Skills101p.225 - 2282005年09月-

Influence of positive affect on eye movement patterns in decision making process

Takemura,K.,Morokami.S.,Ohkubo,S. & Fujii,s.

Subjective Probability, Utility, and Decision Making Confrence、Stockholm, Sweden.2005年08月-

Risk perception, trust, and social value orientation: Model and empirical research.

Takemura,K.,Taniguchi,T.,Tsuchiya,T.,& Kosugi,M.

Society for Risk Analysis, Baltimore,USA.2004年11月-

東電シュラウド問題にみる原子力管理への信頼の変化

藤井 聡・吉川肇子・竹村和久

社会技術研究論文集2p.406 - 4132004年10月-

不確実性の分類とリスク評価

竹村和久・吉川肇子・藤井 聡

社会技術研究論文集2p.12 - 202004年10月-

Ambiguous comparative judgment : Fuzzy set model and data analysis

Kazuhisa Takemura

The Proceedings of the Second International Symposium on Soft Computing and Intelligent SystemTUA3-4,1-6.2004年09月-

Fuzzy Purchase Intention Model: Sn Extension of Fishbein and Ajzen Model

Wakayama,D., & Takemura,K.

The Proceedings of the Second International Symposium on Soft Computing and Intelligent SystemWE8(4)2004年09月-

Fuzzy logistic regression analysis for fuzzy input-output data

Kazuhisa Takemura

The Proceedings of the Second International Symposium on Soft Computing and Intelligent SystemWE8(5)p.1 - 62004年09月-

Interpretation of matching law: From the Assumptions of Luce Choice Axiom, Fechner Law, and Random Utility Maximization

Takemura,K.,& Fujii,S.

European Mathematical Psychology Meeting, Ghent, Belgium.2004年09月-

行動的決定理論入門1-12

竹村和久

経済セミナー2004年09月-2005年08月 

行動的決定理論入門1〜12

竹村和久

経済セミナー2004年09月-2005年08月 

Probability weighting function derived from the mental ruler model.

Takemura,K.

International Congress of Psychology, Beijing, China.2004年08月-

消費者の広告受容の数理心理モデルとデータ解析法の開発−消費者の判断と意思決定の心理実験と調査研究を通じて

竹村和久・若山大樹・堀内圭子

広告科学45p.153 - 1722004年08月-

フレーミング効果について

竹村和久

経済セミナー590p.21 - 252004年02月-

フレーミング効果について

竹村和久

経済セミナー590p.21 - 252004年02月-

Risk perception and social value orientation: From questionnaire survey for design of risk communication activities in Tokai

Society for Risk Analysis, Baltimore, USA.2003年12月-

リスク認知と意思決定

名古屋大学(人間・社会環境学の構築ワークショップ 日本社会心理学会協賛)2003年12月-

Risk perception, trust, and policy preference: A lesson from nuclear power plant trouble in Japan

Society for Judgment and Decision Making, at Vancouver, Canada.2003年11月-

スモールスケールマイニングによる労働安全と環境問題:フィリピンイトゴン地区を対象とした調査

吉川肇子・村尾 智・竹村和久

地域安全学会論文集5p.61 - 702003年11月-

リスク管理者に対する信頼と監視—炉シュラウド問題が住民意識に及ぼした影響分析—

藤井 聡・竹村和久・吉川肇子

社会技術研究論文集1p.123 - 1322003年11月-

技術的安全と社会的安心

吉川肇子・白戸 智・藤井 聡・竹村和久

社会技術研究論文集1p.1 - 82003年11月-

リスク認知の諸相

日本社会心理学会大会2003年10月-

広告受容の数理心理モデルとデータ解析法の開発−消費者の判断と意思決定の心理実験と調査研究を通じて

日本広告学会全国大会2003年10月-

日本感性工学会賞(論文賞)

日本感性工学会2003年10月-

リスク下における意思決定

日本土木学会 土木計画学研究発表会2003年06月-

Risk communication between mineral property developpers and local communities

National Institute of Advanced Industrial Science and Technology2003年03月-

War and Peace in East Asia: Sino-Japanese Relations and National Stereotypes

Kashima,Y. Kashima,E., Gelfand,M. Goto,S. Takata,T., Takemura,K., Zhang,Z.

Peace and Conflict: Journal of Peace psychology9(3)p.259 - 2762003年-

Risk-based decision analysis in support of Precautionary policies.

Dekay,M.L., Small,M.J., Fischbech,P.S., Farrow,R.S., Cullen,A., Kadane,J.B., Lave,L.B., Morgan,M.G., &Takmeura,K.

Journal of Risk Research5(4)p.391 - 4172002年11月-

Context effect in category judgment:Mental box model and its fginding

Judgment and DecisionMaking Society, kansas−City, MO,USA 2002年11月-

Fechner Law and random utility hypothesis leads the mathing law.

Judgment and DecisionMaking Society, kansas−City, MO,USA 2002年11月-

Fuzzy regression analysis of social judgment.

International Conference on Soft Computing, Tsukuba,Japan.2002年11月-

社会的判断のカテゴリー焦点化仮説の検証実験

日本社会心理学会大会2002年11月-

信頼の社会的インプリケーション

日本社会心理学会大会2002年11月-

フェヒナーの法則とランダム効用理論に基づく一般対応法則の理論的説明(2)

日本心理学会全国大会2002年09月-

内集団と外集団に対する経済的満足度の推定

日本行動計量学会全国大会2002年09月-

林知己夫賞(優秀賞)

日本行動計量学会2002年09月-

「決め方」と合意形成:社会的ジレンマにおける利己的動機の抑制にむけて

藤井 聡・竹村和久・吉川肇子

土木学会論文集709p.13 - 262002年07月-

認知科学辞典

共立出版2002年07月-

態度と社会的規範の曖昧性を考慮した消費者の行動意図予測

若山大樹・竹村和久

感性工学研究論文集2(1)p.65 - 722002年05月-

怒りのメカニズム−「怒る」ということはどういうことか−

児童心理762,pp.10-152002年01月-

Decision making : Social and creative dimensions

Springer Verlagpp.153-1732001年12月-

ファジィ入出力データの可能性線形回帰分析における影響の大きいデータの検出法とその応用

若山大樹・竹村和久

日本ファジィ学会誌13p.652 - 6612001年12月-

リスク態度と注意−状況依存焦点モデルによるフレーミング効果の計量分析

藤井 聡・竹村和久

行動計量学54p.9 - 172001年12月-

ファジィ態度モデルによる消費者行動分析−拡張原理に基づく最小自乗式ファジィ回帰分析による評定データの解析−

日本広告学会全国大会2001年11月-

フェヒナーの法則とランダム効用理論に基づく一般対応法則の理論的説明

日本心理学会大会2001年11月-

価値変動の社会的モデル

日本心理学会大会ワークショップ2001年11月-

最小二乗法によるファジィ区間回帰分析−入出力データと係数がファジィ集合で表現される場合−

日本心理学会大会2001年11月-

非線形効用理論と心理学

日本心理学会大会ワークショップ2001年11月-

社会的認知ハンドブック

北大路書房2001年10月-

Empirical tests of psychological judgment models

日本ファジィ学会ファジィ・システム・シンポジウム2001年09月-

ファジィ評定データによる消費者の行動意図の予測

日本ファジィ学会ファジィ・システム・シンポジウム2001年09月-

拡張原理に基づく最小二乗法を用いたファジィ入出力データに対するファジィ回帰分析

日本ファジィ学会ファジィ・システム・シンポジウム2001年09月-

状況依存焦点モデルによるフレーミング効果のメタ分析

日本行動計量学会全国大会2001年09月-

状況依存焦点モデルの情報モニタリング法による検討

日本感性工学会ワークショップ2001年09月-

多属性意思決定の計算論的フレーム理論

日本行動計量学会全国大会2001年09月-

判断の状況依存効果におけるカテゴリー焦点化仮説−メンタル・ボックス・モデル−

日本ファジィ学会ファジィ・システム・シンポジウム2001年09月-

Focus on the outcome determines risk attitude : Contingent focus model for decision framing

Paper presented at the 18ht Research Conference on Subjective Probability, Utility and Decision Making. 2001年08月-

A detection method of influential observations and outliers in possibilistic linear regression analysis for fuzzy input - output data and its application.

Paper presented at the International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001)2001年07月-

Experimental Studies on Price judgment acrossdifferent frame conditions.

Paper presented at the International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001)2001年07月-

Psychometric Meta - analysis of framingeffect by contingent focus model.

Paper presented at the International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001)2001年07月-

Psyhcophysical law reconsidered : Statistical analysis of judgment data.

Paper presented at the International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001)2001年07月-

How do decision heuristics and social value orientation influence the building of preferences?

Selart,M., Boe,O., & Takemura,K.

Goteborg psychological Reports30(6)2000年12月-

Human Judgement under sample space ignorance

Smithson,M., Bartos,T., &Takemura,K.

Decision and Policy5p.35 - 1502000年03月-

Perspective on information acquisition: Rethinking its role in the construction of reason-based preferences

Selart,M., Boe,O., & Takemura,K.

Goteborg psychological Reports30(2)2000年03月-

広告コミュニケーション効果の状況依存性とその説明

竹村和久

広告科学(日本広告学会)39p.163 - 1691999年09月-

Decision making with information Constraints: An analysis of information search pattern and perceived inner states

Takemura,K., & Selart,M.

Discussion Paper, Institute of Policy and Planning Sciences, University of Tsukuba8251999年06月-

A fuzzy linear regression analysis for fuzzy input-output data using the least square method and its application to psychological study

Kazuhisa Takemura

Journal of Advanced Computational Intelligenace3(1)p.36 - 411999年02月-

状況依存的意思決定の定性的モデル:心的モノサシ理論による説明

竹村和久

認知科学5(4)p.17 - 341998年12月-

A mental model of creative process in naturalistic Decision-making: Its qualitative and mathematical representations

Takemura Kazuhisa

Discussion Paper, Institute of Policy and Planning Sciences, University of Tsukuba8001998年11月-

ファジィ重回帰分析による広告コミュニケーション効果の研究

竹村和久

広告科学(日本広告学会)37p.119 - 1241998年08月-

消費者の判断のモノサシ:購買意思決定の心的モデル

竹村和久

繊維製品消費科学(日本繊維製品消費科学会)39(7)p.426 - 4311998年07月-

The procedural effects on public perception of automotive risks measured in triple-values

Matsuda,N., Shinoda,N., &Takemura,K

Japanese Journal of Risk Analysis(日本リスク研究学会)8(2)p.135 - 1471997年11月-

阪神・淡路大震災の避難所リーダーの研究

清水 裕・水田恵三・秋山 学・浦 光博・竹村和久・西川正之・松井 豊・宮戸美樹

社会心理学研究13p.1 - 121997年09月-

広告効果の状況依存性とその数理的表現—状況依存的焦点モデルに基づく考察

竹村和久

広告科学(日本広告学会)33p.149 - 1531996年09月-

小橋論文へのコメント

竹村和久

心理学評論37(3)p.245 - 2461995年05月-

社会問題の社会心理学についてのコメント ミクロ・マクロ問題と認知の共有性の問題

竹村和久

心理学評論36p.514 - 5311994年09月-

ハイパーメディアを利用した情報検索システムの心理効果の分析—エイズに関する公共広告を用いて

竹村和久

広告科学(日本広告学会)29p.43 - 491994年07月-

不快感情と関与が意思決定過程に及ぼす影響

秋山 学・竹村和久

実験社会心理学研究(日本グループ・ダイナミックス学会)34p.58 - 681994年07月-

フレーミング効果の理論的説明 リスク下における意思決定の状況依存的焦点モデル

竹村和久

心理学評論37(3)p.270 - 2911994年05月-

Cognitive structure of Japanese concessional behaviors

Makino,k., &Takmeura,K.

Psychological Report74p.771 - 7781994年04月-

Personal involvement, task complexity, and the decision making process: An information search analysis

Kazuhisa Takemura

Japanese Psychological Reseaech36p.41 - 481994年04月-

リスク判断における選択課題とマッチング課題の矛盾

竹村和久

日本リスク研究学会誌(日本リスク研究学会)5(2)p.88 - 951994年03月-

感情と消費者行動 ポジティブな感情の効果に関する展望

竹村和久

消費者行動研究1(2)p.13 - 281994年03月-

不快感情と関与が意思決定過程における情報探索における情報探索パターンに及ぼす影響

秋山 学・竹村和久

対人行動学研究会心理学研究(対人行動学研究会)12p.11 - 221994年03月-

An analysis of information search pattern in the game of twenty questions

Kazuhisa Takemura

Perceptual and Motor Skills78p.371 - 3771994年01月-

Influence of elaboration on the framing of decision

Kazuhisa Takemura

The Journal of Psychology128p.33 - 391994年01月-

The effect of interpersonal sentiments on behavioral intention of helping behavior among Japanese students

Kazuhisa Takemura

The Journal of Social Psychology133p.675 - 6811993年10月-

Protocol analysis of multistage decision strategies

Kazuhisa Takemura

Perceptual and Motor Skills77p.459 - 4691993年09月-

The effect of decision frame and decision justification on risky choice

Kazuhisa Takemura

Japanese Psychological Research35p.36 - 401993年08月-

ファジィ多属性態度モデルによる店舗選択の分析

竹村和久

広告科学(日本広告学会)27p.89 - 931993年07月-

店舗内消費者行動に関する心理学的研究

永野光朗・佐々木土師二・林英夫・高木修・西道実・竹村和久

広告科学(日本広告学会)27p.95 - 991993年07月-

ファジィ理論に基づく広告効果の心理測定

竹村和久

日経広告研究所報147p.59 - 671993年02月-

Japanese concessional behaviors as interpersonal interaction

Makino,K., & Takemura,K.

Psychological Reports72p.103 - 1091993年01月-

大学選好のコンジョイント分析

竹村和久・山本嘉一郎・荒木 実・相場浩和・森際孝司

光華女子短期大学紀要30p.73 - 821993年01月-

ファジィ多属性態度モデルによる購買目的地選択の分析について エリア・マーケティングのための消費者心理測定の提案

竹村和久

地域学研究(日本地域学会)22p.119 - 1321992年12月-

Effect of decision time on framing of decision: A case of risky choice behavior

Kazuhisa Takemura

Psychologia35p.180 - 1851992年09月-

Cognitive structure of "Yuzuriai" (the Japanese behavior of giving concessions to others)

Makino,K., & Takemura,K.

International Journal of Psychology27(3月4日)p.3111992年08月-

Vagueness in judgment process: An application of a fuzzy rating method to the social judgment study

Kazuhisa Takemura

International Journal of Psychology27(3月4日)p.1781992年08月-

ファジィ評定による広告効果測定について

竹村和久

広告科学(日本広告学会)25p.65 - 701992年07月-

Effect of framing on post-decisional regret in interpersonal and non-interpersonal situations

Kazuhisa Takemura

Psychological Reports70p.1027 - 10301992年06月-

判断の曖昧さを考慮した社会的情報統合過程のモデル ファジィ集合論を用いて

竹村和久

光華女子短期大学紀要29p.91 - 1071991年12月-

文科系女子への情報教育(その2)教育支援システムとしてのコンピュータネットワーク

山本嘉一郎・荒木 実・吉村 英・竹村和久・森際孝司

光華女子短期大学紀要29p.33 - 711991年12月-

献血・提供行動と他愛性

竹村和久

現代のエスプリ291p.86 - 971991年09月-

6歳児の道徳判断における情報探索と因果推論

竹村和久・渡辺弥生

教育心理学研究(日本教育心理学会)39(2)p.186 - 1941991年06月-

態度概念の再検討

竹村和久

光華女子短期大学研究紀要28p.119 - 1321990年12月-

対人感情が援助行動および非援助行動の原因帰属に及ぼす影響

竹村和久・高木 修

実験社会心理学研究(日本グループ・ダイナミックス学会)30p.113 - 1381990年11月-

プロトコール・データの時系列的分析法 長期的購買意思決定過程研究への適用

竹村和久

広告科学(日本広告学会)21p.95 - 1001990年07月-

肯定的感情が社会的行動における情報処理に及ぼす影響について

竹村和久

光華女子短期大学研究紀要27p.23 - 381989年12月-

消費者の感情ならびに関与が選択過程における評価次元に及ぼす効果

竹村和久

広告科学(日本広告学会)18p.69 - 741989年09月-

異性交際相手の選択過程 野外実験における情報探索パターンの検討

竹村和久

対人行動学研究7p.11 - 161988年10月-

感情、関与、決定フレーミングが消費者の意思決定過程に及ぼす効果

竹村和久

吉田秀雄記念事業財団助成研究集21p.187 - 1991988年06月-

決定方略が意思決定過程に及ぼす効果—消費者行動の場合—

竹村和久

心理学研究(日本心理学会)59(2)p.83 - 901988年06月-

決定方略の選好パターンによる消費者分類の試み

竹村和久

広告科学(日本広告学会)17p.75 - 801988年06月-

道徳判断過程における情報統合方略の分析

竹村和久

同志社心理35p.54 - 601988年06月-

”いじめ”現象に関わる心理的要因 逸脱者に対する否定的態度と多数派に対する同調傾性

竹村和久・高木 修

教育心理学研究(日本教育心理学会)36(1)p.57 - 621988年05月-

順社会的行動の意思決定モデルの検討

竹村和久・高木 修

実験社会心理学研究(日本グループ・ダイナミックス学会)27(2)p.171 - 1801988年02月-

Preference patterns of decision strategies

Kazuhisa Takemura

Behaviormetrika23p.69 - 841988年01月-

援助行動および非援助行動における原因帰属の次元

竹村和久・高木 修

実験社会心理学研究(日本グループ・ダイナミックス学会)27(1)p.15 - 251987年08月-

順社会的行動の意思決定過程における認知の変化

竹村和久・高木 修

心理学研究(日本心理学会)58(3)p.144 - 1501987年08月-

決定方略のプロトコール分析

竹村和久

同志社心理34p.21 - 281987年05月-

向社会的行動の動機と内的・外的統制志向性

竹村和久・高木 修

教育心理学研究(日本教育心理学会)35(1)p.26 - 321987年03月-

意思決定過程における情報探索ストラテジーと内的状態:提供行動の場合

竹村和久・高木 修

実験社会心理学研究(日本グループ・ダイナミックス学会)26(2)p.105 - 1141987年02月-

意思決定ストラテジー実行におけるメタ認知過程モデル

竹村和久

同志社心理32p.16 - 221986年06月-

意思決定過程の分析:シミュレーションによる意思決定ストラテジーの心理的機能の検討

竹村和久

吉田秀雄記念事業財団助成研究集19p.213 - 2261986年06月-

援助行動の意思決定過程に及ぼす集団の大きさの影響:傍観者効果の生起モデルについて

竹村和久

同志社心理33p.48 - 561986年05月-

順社会的行動の意思決定過程の分析

竹村和久・高木 修

社会心理学研究(日本社会心理学会)1(1)p.35 - 441985年10月-

援助動機と非援助動機の関連性について

竹村和久・高木 修

関西大学社会学部紀要16(1)p.51 - 651984年12月-

動機的側面からみた順社会的行動の諸相

竹村和久

同志社心理31p.36 - 441984年07月-

Primary attributes and secondary attributes in consumer decision making: Examination of construal level theory

Tamari Y., Ideno T., Okubo S., Takemura K., & Abe S

XXX International Congress of Psychology47(47)

書籍等出版物

意思決定の処方−状況依存的焦点モデルの展開

竹村和久・藤井聡

朝倉書店2015年-

経済心理学

竹村和久

培風館2015年-

経済心理学‐行動経済学の心理的基礎

竹村和久

培風館2015年-

詳細

総ページ数:280

誠信 心理学辞典【新版】

下山晴彦(編集代表)(分担執筆、行動経済学の章を担当)

誠信書房2014年 09月-

社会心理学研究の新展開

高木修(監修)大坊郁夫・竹村和久(編)

北大路書房2014年 03月-

思いやりはどこからくるの−利他性の心理と行動

日本心理学会(監修)高木修・竹村和久(編)

誠信書房2014年 03月-

Behavioral decision theory: Psychological and mathematical representations of human choice behavior.

Takemura, K

Springer2014年 03月-

APA心理学大辞典

G. R. ファンデンボス(監修)繁桝算男・四本裕子(監訳)(翻訳を分担)

培風館2013年 09月-

Fuzzy Logic (Ambiguity and social judgment: Fuzzy set model and data analysis)

E. Dadio (Ed.)Takemura, K(分担執筆)

In Tech2012年 04月-

新・消費者理解のための心理学−消費者の意思決定におよぼす現象

杉本徹雄(編) 竹村和久(分担執筆)

福村出版2012年 04月-

消費者行動論−購買心理からニューロマーケティングまで

守口剛・竹村和久(編)

八千代出版2012年 04月-

統計応用の百科事典

松原望・美添泰人・岩崎学・金明哲・竹村和久・林文・山岡和枝(編)

丸善2012年 04月-

感情と思考の科学事典

海保博之 ・松原望( 監修)/北村英哉 ・竹村和久 ・住吉チカ(編)

朝倉書店2010年 04月-

行動意思決定論—経済行動の心理学

竹村和久

日本評論社2009年 10月-

テキスト現代心理学入門−社会と行動

西本武彦 福澤一吉 越川房子 大藪泰(編)竹村和久(分担執筆) 

川島書店2009年 07月-

産業組織心理学ハンドブック(Ⅳ章行動経済学と消費者心理)

日本産業組織心理学会(編)竹村和久(分担執筆)

丸善2009年 06月-

社会心理学事典(第2章,第9章)

日本社会心理学会(編)竹村和久(分担執筆)

丸善2009年 06月-

子安増生 西村和男(編)竹村和久(分担執筆)

有斐閣2007年 12月-

安全安心のための社会技術−安全安心と合意形成Safety, peace of mind, and consensus for nation, Social technology for safety and peace of mind

堀井秀之(編)吉川肇子 竹村和久(分担執筆)

東京大学出版会2006年 11月-

心理学総合事典−消費者心理学

 海保博之 楠見孝(監修)竹村和久(分担執筆)

朝倉書店2006年 07月-

産業・組織心理学

山口裕幸・高橋潔・芳賀繁・竹村和久

有斐閣アルマ2006年 04月-

朝倉心理学講座〈7〉態度と態度変化社会心理学

唐沢かおり(編著)竹村和久(分担執筆)

朝倉書店2005年 11月-

社会心理学の新しいかたち

竹村和久(編)

誠信書房2004年 09月-

価格・プロモーション戦略消費者心理とプロモーション

上田隆穂・守口剛(編)

有斐閣2004年 08月-

System and human science for safety, security, and dependability−Trust and Acceptance of risk.: Selected paper of the 1st International Symposium SSR2003, Osaka, Japan, November 2003.

Arai, T, Yamamoto, S, & Makino, K. (Eds.), Fujii, S., Kikkawa, T., & Takemura, K.(分担執筆)

Amsterdam: Elsevier Science. 2004年 03月-

Risk communication between meneral property developpers and local communities. −Conclusion and recommendations.

Murao, S., Maglambayan, V., & Bugnosen, E. (Eds.), Takemura, K. (分担執筆)

London: Mining Journal Books.2003年 03月-

認知科学辞典意思決定規則,選択方式,EBAモデル,プロスペクト理論,優越,優越原理の項目

日本認知科学会(編)竹村和久(分担執筆)

共立出版2002年 09月-

Decision-making: Social and creative dimensions. −Contingent decision making in the social world.

Allwood, C. M., & Selart, S. (Eds.), Takemura, K.(分担執筆)

MA: Kluwer Academic.2001年 05月-

消費者行動の社会心理学

竹村和久(編)

北大路書房2000年 10月-

ファジィとソフトコンピューティングハンドブック31章 診断・評価 34章 心理

日本ファジィ学会(編)竹村和久(分担執筆)

共立出版2000年 09月-

臨床心理学研究の技法社会行動研究1−援助行動の研究

下山晴彦(編著)竹村和久(分担執筆)

福村出版2000年 04月-

マーケティングリサーチ事典11章,12章,17章,18章,19章

上笹恒 種田實 加藤五郎 林英夫(編)竹村和久(分担執筆)

同友館2000年 03月-

Soft Computing and Human Centered Machine. Vagueness in human judgment and decision making: Analysis of fuzzy rating data.

Liu, Z. Q., & Miyamoto, S. (Eds.), Takemura, K. (分担執筆)

Berlin: Springer Verlag. 2000年 03月-

SPSSx(Ⅳ)オプション編3章 ロジスティック回帰分析 4章 コンジョイント分析

山本嘉一郎 小野寺孝義 編著竹村和久(分担執筆)

東洋経済新報社1999年 09月-

共分散構造分析12章 消費者の店舗利用の構造:SS利用に関する市場調査データの共分散構造分析

山本嘉一郎(編)竹村和久(分担執筆)

ナカニシヤ出版1999年 03月-

人を支える心の科学1章 共感,利他性,援助行動

松井豊 浦光博(編)竹村和久(分担執筆)

誠心書房1998年 04月-

現代応用社会心理学講座Ⅲ5章 紛争における意思決定

大渕憲一(編)竹村和久(分担執筆)

ナカニシヤ出版1997年 12月-

「温かい認知」の心理学—認知と感情の融接現象の不思議 思考・判断と感情

海保博之(編著)竹村和久(分担執筆)

金子書房1997年 07月-

消費者理解のための心理学3章 消費者の問題認識と購買意思決定 4章 消費者の情報探索と選択肢評価

杉本徹雄(編著)竹村和久(分担執筆)

福村出版1997年 06月-

感情心理学(比較発達研究シリーズ)8章 9章(Izard, C. E. 1991 Psychology of emotions. New York)

イザード;荘厳舜哉(監訳)竹村和久(分担翻訳)

ナカニシヤ出版1996年 09月-

感情と行動・認知・生理7章 ポジティブな感情と社会的行動

土田昭司・竹村和久(編)

誠心書房1996年 09月-

意思決定の心理—その過程の探求

竹村和久

福村出版1996年 02月-

認知心理学(4)思考4章 意思決定とその支援

市川伸一(編)竹村和久(分担執筆)

東京大学出版会1996年 02月-

被服と身体装飾の社会心理学—装いのこころを科学する<下巻>11章 被服と身体装飾の社会心理学(Kaiser, S. B. 1985 The social psychology of clothing and personal adornment. New York: McCmillan.)

カイザー;高木修 神山進(監訳)竹村和久(分担翻訳)

北大路書房1994年 12月-

社会心理学小辞典(有斐閣小辞典シリーズ) 個性化, 匿名性, 脱個人化の項目

古畑和孝 岡隆(編)竹村和久(分担執筆)

有斐閣1994年 10月-

チャートで知る社会心理学11章 攻撃と援助

藤原武弘 高橋超(編)竹村和久(分担執筆) 

福村出版1994年 10月-

心理学マインド7章 情動・動機づけ

佐藤香(編)竹村和久(分担執筆)

ナカニシヤ出版1993年 04月-

General Psychology and Environmental Psychology.−Causal inference and information seeking in infant’s moral judgment.

Misumi, J., Wilpert, B., & Motoaki H. (Eds.) Watanabe, Y., & Takemura, K. (分担執筆)

Hillsdale: Lawrence Erlbaum Associates. 1992年 10月-

Organizational and work psychology. ‐The influence of affect and involvement on decision making process.

Misumi, J., Wilpert, B., & Motoaki H. (Eds.), Takemura, K. (分担執筆)

Hillsdale: Lawrence Erlbaum Associates.1992年 10月-

社会の中の人間理解8章 援助行動と攻撃行動

大坊郁夫 安藤清志(編)竹村和久(分担執筆)

ナカニシヤ出版1992年 07月-

対人心理学の最前線13章 人を思いやる

松井豊(編)竹村和久(分担執筆)

サイエンス社1992年 02月-

パソコンSPSS 13章,14章,15章,16章,17章

山本嘉一郎 吉村英(共編)竹村和久(分担執筆)

東洋経済新報社1991年 03月-

対人行動学ガイドマップV-5 消費者行動

対人行動学研究会(編)竹村和久(分担執筆)

ブレーン出版1990年 07月-

行動の発達を科学する11章 利他性と向社会的行動の発達

荘厳舜哉 根ケ山光一(編)竹村和久(分担執筆)

福村出版1990年 05月-

「他者を助ける行動」の心理学 Ⅱ-2 援助行動の意思決定モデル

中村陽吉・高木修(共編)竹村和久(分担執筆)

光生館1987年 04月-

無縁社会のゆくえ:人々の絆はなぜなくなるの?

日本心理学会(監修)高木修・竹村和久(編)

誠信書房

講演・口頭発表等

リスク事象に対する知識とリスク認知の検討—医師と一般的消費者との対比

井出野尚・吉川侑記・小山慎一・玉利祐樹・竹村和久

日本社会心理学会第56回大会2015年11月01日

詳細

ポスター発表開催地:東京女子大学(東京)

選択肢の絞り込みに用いる決定方略が決定過程に与える影響—計算機シミュレーションを用いて

原口僚平・竹村和久・玉利祐樹

日本心理学会第79回大会2015年09月24日

詳細

開催地:名古屋国際会議場(愛知県)

福島第一原発事故被災者の決定支援に向けた選好解析

玉利祐樹・宮川隆・山花令子・作美明・岩満優美・竹村和久・中川恵一

日本心理学会第79回大会2015年09月22日

詳細

開催地:名古屋国際会議場(愛知県)

潜在意味解析モデルを用いた言語プロトコルと描画による消費者のリスク判断の検討

玉利祐樹・井出野尚・竹村和久

日本行動計量学会第43回大会2015年09月04日

詳細

開催地:首都大学東京(東京都)

消費者の多属性意思決定過程における多段階的決定方略の検討

井出野尚・原口僚平・村上始・玉利祐樹・竹村和久

2015年09月04日

詳細

開催地:首都大学東京(東京都)

職業選択における意思決定過程の検討

玉利祐樹・井出野尚・大久保重孝・竹村和久

第50回消費者行動研究コンファレンス報告2015年06月06日

詳細

開催地:神戸大学(兵庫県)

消費者の価格判断基準—心的モノサシ理論による検討

村上始・井出野尚・玉利祐樹・竹村和久

第50回消費者行動研究コンファレンス2015年06月06日

詳細

開催地:神戸大学(兵庫県)

ブランド選択における媒介プライミング効果

原悠貴 ・井出野尚・林幹也・竹村和久

第49回消費者行動研究コンファレンス2014年11月09日

詳細

開催地:明治学院大学白金キャンパス(東京都港区)

解釈レベルと比較の方向性

阿部周造・奥瀬善之・井出野尚・大久保重孝・玉利祐樹・竹村和久

第49回消費者行動研究コンファレンス2014年11月09日

詳細

開催地:明治学院大学白金キャンパス(東京都港区)

フーリエ変換を用いた樹木画の画像分析

川杉桂太・岩満優美・竹村和久・轟純一・轟慶子

日本健康心理学会第27回大会2014年11月

詳細

開催地:沖縄科学技術大学院大学(沖縄県国頭郡)

無知に対する態度がリスク認知に及ぼす影響

吉川侑記・井出野尚・小山慎一・竹村和久

日本心理学会第78回大会2014年09月10日

詳細

ポスター発表開催地:同志社大学(京都府京都市)

がんと放射線の知識が放射線のリスク認知に及ぼす影響の検討

玉利祐樹・黒田佑次郎・岩満優美・竹村和久・中川恵一

日本心理学会第78回大会2014年09月10日

詳細

開催地:同志社大学(京都府京都市)

よい社会のイメージの構造に関する研究

竹内潤子・今関仁智・玉利祐樹・井出野尚・竹村和久

日本心理学会第78回大会2014年09月10日

詳細

開催地:同志社大学(京都府京都市)

強化スケジュールを用いた待ち時間に関する検討

井出野尚・坂上貴之・森井真広・玉利祐樹・大久保重孝・竹村和久

日本心理学会第78回大会2014年09月10日

詳細

開催地:同志社大学(京都府京都市)

確率加重関数に対するモデルの提案とその比較検討

村上始・玉利祐樹・井出野尚・大久保重孝・竹村和久

日本心理学会第78回大会2014年09月10日

詳細

開催地:同志社大学(京都府京都市)

地域での価値観の定性的測定と数量化

竹村和久・竹内潤子・今関仁智・玉利祐樹・井出野尚

日本行動計量学会第42回大会2014年09月03日

詳細

開催地:東北大学(宮城県仙台市).

精神疾患患者と健常者のフーリエ変換を用いた描画画像の判別

川杉桂太・岩満優美・吉田勝明・竹村和久

日本心理学会第78回大会2014年09月

詳細

開催地:同志社大学(京都府京都市)

社会的判断:測定の問題と現象論

竹村和久・坂上貴之・唐沢かおり・若山大樹・林幹也・羽鳥剛史

日本グループ・ダイナミックス学会第61回大会2014年09月

詳細

開催地:東洋大学白山キャンパス(東京都文京区).

Probability weighting function from psychophysical and time discounting model

Takemura, K., Murakami, H., Tamari, Y., & Ideno, T.

2014 European Mathematical Psychology Group Meeting2014年07月30日

詳細

開催地:Tübingen (Germany)

意思決定後の選択の変更に関する状況の影響:選択機会が生まれたとき、第1志望に乗り換えるのか

井出野尚・大久保重孝・玉利祐樹・村上始・竹村和久

日本社会心理学会第55回大会2014年07月27日

詳細

開催地:北海道大学(北海道札幌市)

解釈レベル理論における特性尺度と状態尺度間の関連の検討

井出野尚・大久保重孝・玉利祐樹・村上始・阿部周造・竹村和久

日本消費者研究行動学会 第48回消費者行動研究コンファレンス2014年06月15日

詳細

ポスター発表開催地:和歌山大学栄谷キャンパス(和歌山県和歌山市)

価格判断の文脈依存性—心的モノサシ理論による検討

村上始・井出野尚・玉利祐樹・大久保重孝・竹村和久

日本消費者研究行動学会 第48回消費者行動研究コンファレンス,2014年06月15日

詳細

開催地:和歌山大学栄谷キャンパス(和歌山県和歌山市).

消費者の多属性意思決定過程への眼球運動測定装置からのアプローチ

井出野尚・大久保重孝・玉利祐樹・村上始・竹村和久

日本広告学会クリエーティブ・フォーラム20142014年05月24日

詳細

ポスター発表開催地:電通ホール(東京都港区)

非日常場面における価格判断の変容—メンタル・ルーラー・モデルによる検討

村上始・井出野尚・玉利祐樹・大久保重孝・竹村和久

日本広告学会クリエーティブ・フォーラム20142014年05月24日

詳細

開催地:電通ホール(東京都港区)

Probability weighting function models and psychological experiment for the comparisons

Takemura, K., Murakami, H., Tamari, Y., & Ideno, T.

日本知能情報ファジィ学会・ソフトサイエンス研究部会第24回ソフトサイエンス・ワークショップ2014年03月08日

詳細

開催地:久留米エスプリホテル(福岡県)

アイトラッカーを用いた広告受容時の意思決定過程の検討

井出野尚・大久保重孝・玉利祐樹・村上始・竹村和久

日本感性工学会第40回あいまいと感性研究部会ワークショップ2014年02月15日

詳細

開催地:福岡工業大学FITホール(福岡県)

変動係数による注意の操作方法の提案

村上始・井出野尚・玉利祐樹・竹村和久

日本感性工学会第40回あいまいと感性研究部会ワークショップ2014年02月15日

詳細

開催地:福岡工業大学FITホール(福岡県)

自制する人が自制しない人を嫌う傾向に関する社会心理学的検討

井出野尚、林幹也、田村早紀、竹村和久

日本社会心理学会2013年11月02日

詳細

開催地:沖縄国際大学(沖縄県宜野湾市)

潜在的連想テスト(IAT)を用いた曖昧性への態度測定の試み

井出野尚、林幹也、竹村和久

日本心理学会2013年09月19日

詳細

開催地:札幌コンベンションセンター,札幌市産業振興センター(札幌市白石区)

リスク認知における3事象間連想構造の測定―潜在的連想テストを用いて―

井出野尚、大久保重孝、玉利祐樹、竹村和久

日本行動計量学会2013年09月03日

詳細

開催地:東邦大学(千葉県船橋市)

眼球運動測定を用いた多属性意思決定における潜在的認知過程の検討―情報モニタリング法を用いて―

大久保重孝、井出野尚、玉利祐樹、竹村和久

日本行動計量学会2013年09月03日

詳細

開催地:東邦大学(千葉県船橋市)

リスクを含む商品に関する選択と意思決定尺度との関係について

篠塚万理子、玉利祐樹、井出野尚、大久保重孝、竹村和久、阿部周造

日本消費者行動研究学会2013年06月01日

詳細

開催地:名古屋市立大学(愛知県名古屋市)

多属性意思決定に関する情報モニタリング法の実装手法の差違の検討

大久保重孝、井出野尚、玉利祐樹、篠塚万理子、竹村和久

日本消費者行動研究学会2013年06月01日

詳細

開催地:名古屋市立大学(愛知県名古屋市)

選択課題の特徴と解釈レベルの状態に関する検討

井出野尚、大久保重孝、玉利祐樹、竹村和久、阿部周造

日本消費者行動研究学会2013年06月01日

詳細

開催地:名古屋市立大学(愛知県名古屋市)

描画と言語プロトコルを用いた意思決定の分析

第15回実験社会科学カンファレンス2011年12月

詳細

ポスター発表

東日本大震災以降の「原子力」への社会的注目の規定因についての研究

第15回実験社会科学カンファレンス2011年12月

詳細

ポスター発表

選択行動による選好形成過程の基礎的研究

第15回実験社会科学カンファレンス2011年12月

詳細

ポスター発表

情報モニタリング法を用いた意思決定過程の分析

第15回実験社会科学カンファレンス2011年12月

詳細

ポスター発表

情報モニタリング法による多属性意思決定過程の分析—望ましい選択肢を選ぶ場合と望ましくない選択肢を選ぶ場合の情報探索過程の差異の検討

第5回行動経済学会大会2011年12月

詳細

ポスター発表

「よい社会」のイメージ研究—ブータンでの予備調査をもとに—

第33回あいまいと日本感性工学会「あいまいと感性,感性脳機能」ジョイントワークショップ2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

無意味図形の評価における漢字の瞬間呈示の効果—心理実験による検討—

第33回あいまいと日本感性工学会「あいまいと感性,感性脳機能」ジョイントワークショップ2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

連想が評価に及ぼす影響の検討?—心理実験を用いて—

第33回あいまいと日本感性工学会「あいまいと感性,感性脳機能」ジョイントワークショップ2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

国産食品と外国産食品に関するイメージ測定—潜在的連想テストを用いて—

第33回あいまいと日本感性工学会「あいまいと感性,感性脳機能」ジョイントワークショップ2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

曖昧性を考慮した印象評定の研究 —面接場面におけるファジィ評定法を用いたファジィ回帰分析による検討—

第33回あいまいと日本感性工学会「あいまいと感性,感性脳機能」ジョイントワークショップ2011年11月

詳細

口頭発表(一般)

個人的意思決定の不可能性定理 -Arrowの一般可能性定理を基にして

日本理論心理学会第57回大会2011年10月

詳細

口頭発表(一般)

選好解析における描画データの分析—潜在意味解析を用いて—

日本心理学会第75回大会2011年09月

詳細

ポスター発表

先行する判断課題が意思決定に及ぼす影響

日本心理学会第75回大会2011年09月

詳細

ポスター発表

知覚判断課題を用いた選好形成過程の検討

日本心理学会第75回大会2011年09月

詳細

ポスター発表

消費者行動研究におけるIATの適用-購買意図から商品選択そして購買行動へ- (WS073 IAT(Implicit Association Test)の課題と将来性(5)-行動指標とIAT測度との関係性-)

日本心理学会第75回大会2011年09月

詳細

ポスター発表

動的フレームとしての物語と意思決定

日本行動計量学会第39回大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

自分の幸福の選択

日本行動計量学会第39回大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

消費者の意思決定における本質的属性と副次的属性

第42回消費者行動研究コンファレンス2011年06月

詳細

口頭発表(一般)

多属性意思決定における、望ましい選択肢を選ぶ場合と望ましくない選択肢を選ぶ場合の情報探索過程の差異について

第42回消費者行動研究コンファレンス2011年06月

詳細

口頭発表(一般)

曖昧さの理由

日本知能情報ファジィ学会復興支援学術講演会2011年03月

詳細

口頭発表(一般)

消費者の意思決定の追求傾向と満足傾向

第41回消費者行動研究コンファレンス2010年11月

詳細

ポスター発表

選択の自由さが選好に及ぼす影響

日本行動分析学会第28回年次大会2010年10月

詳細

ポスター発表

交通情報に対する焦点化についての実験研究

日本行動計量学会第38回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

バス利便性への焦点化による居住地選択誘導のためのコミュニケーション

日本行動計量学会第38回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

カテゴリー判断における焦点化効果−心の箱モデルによる説明

日本行動計量学会第38回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

社会的事象の変化検出に関する実験と計量分析

日本社会心理学会第51回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

潜在的連想テストを用いた連想構造の検討?繰り返し測定によるIAT効果の変化?

日本心理学会第74回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

IATを用いた精神疾患に対する差別的態度の評価:医学生を対象として

第78回日本医科大学医学会総会2010年09月

詳細

ポスター発表

多属性意思決定における背景情報の効果の検討?情報モニタリング法を用いて?

日本心理学会第74回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

あいまい事態における形式性追求傾向に関する予備的検討

日本心理学会第74回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

あいまい事態における形式性追求傾向が組織内での違反に対する意識と社会的判断に与える影響

日本心理学会第74回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

状況依存的焦点モデルの基礎

日本社会心理学会第51回大会2010年09月

詳細

ポスター発表

New analysis method for projective drawings: Texture analysis, singular value decomposition, and Fourier analysis.

International Conference of Applied Psychology, Melbourne, Australia.2010年07月

詳細

口頭発表(一般)

Attitudes towards schizophrenia measured with the Implicit Association Test in Medical students and Clinical Residents in Japan.

The 2nd Asian Congress on Schizophrenia Research2010年07月

詳細

口頭発表(一般)

医学生,研修医の精神疾患に対する態度‐教育,BSL,研修前後の変化についての検討‐

第106回日本精神神経学会学術総会2010年05月

詳細

ポスター発表

消費者の選好判断過程に及ぼす背景効果?fMRIによる脳機能画像計測実験を用いて?.

行動経済学会第3回大会2009年12月

詳細

口頭発表(一般)

アイカメラを用いた選好形成過程の検討 ?ミネラルウォーターの選択実験を用いて?.

第14回曖昧な気持ちに挑むワークショップHeart&Mind20092009年11月

詳細

ポスター発表

新たな社会心理学の展開と現状からの脱却: 行動意思論の視点から

日本社会心理学会第50回大会2009年10月

詳細

口頭発表(一般)

消費者の選好に関する神経経済学的研究?認知反応と脳画像解析?

第39回消費者行動研究コンファレンス2009年10月

詳細

口頭発表(一般)

温まると優しくなるか?−生理指標を用いた実験方法の提案−

日本感性工学会第11回日本感性工学会大会2009年09月

詳細

ポスター発表

選択行動による選好形成過程の検討?アイカメラを用いて?

日本感性工学会第11回日本感性工学会大会2009年09月

詳細

ポスター発表

生理指標を用いた精神疾患に対する偏見の研究(1)?SCRによるアプローチ?

日本感性工学会第11回日本感性工学会大会2009年09月

詳細

ポスター発表

共同意思決定状況における対話と視線挙動の分析?2台のアイカメラを用いて?

日本感性工学会第11回日本感性工学会大会2009年09月

詳細

ポスター発表

曖昧な評価に基づいた比較判断と意思決定

日本感性工学会第11回日本感性工学会大会2009年09月

詳細

ポスター発表

精神疾患患者による描画の画像解析-樹木画テストの特異値分解-

竹村和久, 佐藤菜生, 高崎いゆき, 岩満優美, 木ノ下みやま, 菊池裕義, 吉田勝明

日本行動計量学会第37回大会2009年08月04日

詳細

開催地:発表場所大分大学医学部校内

意思決定における選好の形成過程

日本心理学会第73回大会2009年08月

詳細

ポスター発表

状況依存的焦点モデルに基づく居住地選択行動におけるフレーミング効果分析

日本心理学会第73回大会2009年08月

詳細

ポスター発表

描画の統計的画像解析-精神疾患患者の樹木画を用いて

佐藤菜生, 高崎, 木之下, 吉田, 岩満, 竹村和久

第10回日本感性工学会大会2008年09月10日

詳細

開催地:大妻女子大学

多属性効用による曖昧な選好判断の検討

第10回日本感性工学会大会2008年09月

詳細

ポスター発表

消費者行動への潜在的測定の展開

日本広告学会2008年09月

詳細

ポスター発表

絵と言葉から消費者の好みを探る〜ハンバーガーショップ選択の事例

玉利祐樹, 佐藤菜生, 高崎いゆき, 竹村和久

第36回消費者行動研究コンファレンス2008年06月28日

詳細

開催地:アサツー、デイ、ケイ

樹木画の数量化による統計解析と心理解釈

高崎 いゆき・竹村 和久

日本知能情報ファジィ学会2008年03月15日

詳細

開催地:神奈川県横浜市

Image analysis of projective drawings for mental patients and students

Kazuhisa Takemura, Iyuki Takasaki, Nao Sato, et. al.

The Second International Workshop on Kansei2008年03月08日

詳細

開催地:福岡県福岡市

気分が良い時の意思決定過程?アイカメラを用いて

日本感性工学会第9回日本感性工学会大会2007年08月

詳細

ポスター発表

選択肢の優越性と意思決定

日本感性工学会第9回日本感性工学会大会2007年08月

詳細

ポスター発表

Statistical image analysis of psychological projective drawings.

International Meeting of the Psychometric Society (IMPS-2007), Tokyo, Japan.2007年07月

詳細

口頭発表(一般)

Fuzzy least squares conjoint analysis and its application to Consumer decision research.

International Meeting of the Psychometric Society (IMPS-2007), Tokyo, Japan.2007年07月

詳細

口頭発表(一般)

Statistical image analysis of psychological projective drawings.

The 26th International Congress of Applied Psychology, Athens, Greece.2006年07月

詳細

口頭発表(一般)

Influence of positive affect on eye movement patterns in decision making.

Subjective Probability, Utility, and Decision Making Conference, Stockholm, Sweden.2005年08月

詳細

口頭発表(一般)

Risk perception, trust, and social value orientation: Model and empirical research.

Society for Risk Analysis, Paris, France.2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

Interpretation of matching law: From the assumptions of Luce Choice Axiom, Fechner Law, and Random Utility Maximization.

European Mathematical Psychology Meeting, Ghent, Belgium.2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

Probability weighting function derived from the mental ruler model.

International Congress of Psychology, Beijing, China.2004年08月

詳細

口頭発表(一般)

Risk perception and social value orientation: From questionnaire survey for design of risk communication activities in Tokai.

Society for Risk Analysis, Baltimore, USA.2003年12月

詳細

口頭発表(一般)

Risk perception, trust, and policy preference: A lesson from nuclear power plant trouble in Japan.

Society for Judgment and Decision Making, Vancouver, Canada.2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

Attention, frames condition and decision frames condition and decision making under risk: An empirical contingent focus model using eye gaze recorder.

Society for Judgment and Decision Making, Vancouver, Canada.2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

社会的判断のファジー回帰分析

2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

Fechner Law and random utility hypothesis leads the matching law.

Judgment and Decision Making Society, Kansas-City, MO, USA2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

Fuzzy regression analysis of social judgment.

International Conference on Soft Computing, Tsukuba, Japan.2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

Focus on the outcome determines risk attitude: Contingent focus model for decision framing.

The 18th Research Conference on Subjective Probability, Utility and Decision Making, Amsterdam, the Netherlands.2001年08月

詳細

口頭発表(一般)

Experimental studies on price judgment across different frame conditions.

International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001), Osaka, Japan.2001年07月

詳細

口頭発表(一般)

Psychometric Meta-analysis of framing effect by contingent focus model.

International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001), Osaka, Japan.2001年07月

詳細

口頭発表(一般)

A detection method of influential observations and outliers in possibilistic linear regression analysis for fuzzy input-output data and its application.

International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001), Osaka, Japan.2001年07月

詳細

口頭発表(一般)

Psychophysical law reconsidered: Statistical analysis of judgment data.

International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001), Osaka, Japan.2001年07月

詳細

口頭発表(一般)

Mental ruler theory of contingent decision making: Mathematical representation and some empirical findings.

Annual Meeting of Society for Judgment and Decision Making, New Orleans, USA.2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

リスク下での決定フレーミングの状況依存モデル

2000年07月

詳細

口頭発表(一般)

On the value function: Fundamental derivation from Mental Ruler Theory.

ⅩⅩⅤⅡInternational Congress of Psychology, Stockholm, Sweden.2000年07月

詳細

口頭発表(一般)

Contingent focus model of decision framing under risk.

17th Biennial Conference on Subjective Probability, Utility, and Decision Making, Mannheim, Germany.1999年08月

詳細

口頭発表(一般)

Human Judgment under sample space ignorance.

International Symposium on Imprecise Probabilities and Their Applications, Ghent, Belgium.1999年06月

詳細

口頭発表(一般)

Framing effect in the ultimatum bar gaining games.

ⅩⅩⅣ International Congress of Applied Psychology, San Francisco, USA.1998年08月

詳細

口頭発表(一般)

ファジィ入出力データの線形回帰分析とその心理学的研究への応用

1997年10月

詳細

口頭発表(一般)

A simple linear regression analysis for fuzzy input-output data and its application to psychological study.

IEEE International Conference on Intelligent Processing Systems, Beijing, China.1997年10月

詳細

口頭発表(一般)

フレーミング効果の数学的解説

1996年08月

詳細

口頭発表(一般)

リスク下における意思決定過程の状況依存焦点モデル

1996年08月

詳細

口頭発表(一般)

Mathematical explanation of the framing effect: The contingent focus model.

Annual Meeting of Society for Risk Analysis and the Japan Section of SRA, Honolulu, USA.1995年12月

詳細

口頭発表(一般)

Elaboration and framing of decision.

ⅩⅩⅢ International Congress of Applied Psychology, Madrid, Spain.1994年07月

詳細

口頭発表(一般)

Vagueness in judgment process: An application of a fuzzy rating method to the social judgment study.

ⅩⅩⅤ International Congress of Psychology, Brussels, Belgium.1992年07月

詳細

口頭発表(一般)

「ゆずりあい」の認知構造

1992年07月

詳細

口頭発表(一般)

感情ならびに関与が意思決定過程に及ぼす影響

1990年07月

詳細

口頭発表(一般)

判断仮定におけるあいまい性:ファジイ評定の社会的判断研究への応用

1990年07月

詳細

口頭発表(一般)

幼児の道徳判断における情報探索と因果推論

1988年08月

詳細

口頭発表(一般)

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

スーパーマーケット内の買物行動の分析

1991年-

情報統合過程の研究

1992年-

個人的意思決定の分析

1993年-1994年

消費者のサービスに対する満足度の研究

1994年-1995年

ファジィ重回帰分析の研究

1995年-1998年

交渉ゲームの実験的研究

1996年-1998年

広告効果の状況依存性の研究

1997年-1998年

判断と意思決定の状況依存性の研究

1997年-2000年

社会的価値の研究

1999年-2001年

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

状況要因と選択目標を考慮した消費者選択行動の研究~理論の体系化に向けて~

2013年-2015年

研究分野:商学

配分額:¥14950000

研究種別:

行動意思決定研究を基礎とした多元的価値下での処方的社会心理学の構築

2012年-1月-2017年-0月

配分額:¥43550000

研究種別:

イメージ描画と風景構成図の統計的画像処理による社会的認知研究

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:基盤研究(B)

解釈レベル理論を用いた顧客満足規定要因に関する研究

2010年-2012年

研究分野:商学

配分額:¥18200000

研究種別:

組織の責任判断に関する統合的研究

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥18200000

研究種別:

描画と言語プロトコルの統一的分析法の開発とそれに基づく臨床社会心理学的研究

配分額:¥3430000

研究種別:特定領域研究

意思決定過程のマイクロ分析

2007年-2012年

研究分野:実験社会科学-実験が切り開く21世紀の社会科学-

配分額:¥38200000

研究種別:特定領域研究

実験社会科学研究の支援

2007年-2013年

研究分野:実験社会科学-実験が切り開く21世紀の社会科学-

配分額:¥142652000

研究種別:

情報のユビキタス化による組織構造の実証研究

配分額:¥15470000

研究種別:基盤研究(B)

社会的判断の新しい分析手法の開発と社会政策への応用

2007年-2010年

研究分野:社会心理学

配分額:¥19240000

研究種別:萌芽研究

新しい描画調査の開発とその画像解析による社会心理学的応用

2006年-2008年

研究分野:社会心理学

配分額:¥3200000

研究種別:基盤研究(B)

格差社会での協同:格差解消に至る基礎過程の解明と処方的研究への展開

2006年-2009年

研究分野:社会心理学

配分額:¥18300000

研究種別:基盤研究(C)

意思決定過程分析による社会経済現象の解明

2003年-2004年

研究分野:社会心理学

配分額:¥3600000

研究種別:基盤研究(A)

多様な価値が共存する社会システムにおける合意形成技術の検討

2002年-2004年

研究分野:社会システム工学

配分額:¥36270000

研究種別:基盤研究(C)

社会的環境における状況依存的な判断と意思決定プロセスの研究

2001年-2002年

研究分野:教育・社会系心理学

配分額:¥3400000

研究種別:基盤研究(C)

状況依存的な判断と意思決定の実験研究とその計量モデル・数理モデル・表現定理の解明

1999年-2000年

研究分野:実験系心理学

配分額:¥3500000

研究種別:奨励研究(A)

判断と意思決定の状況依存性の解明とその心理計量モデルの作成

1997年-1998年

研究分野:教育・社会系心理学

配分額:¥2200000

研究種別:奨励研究(A)

相談による共同意思決定過程の研究

1996年-1996年

研究分野:教育・社会系心理学

配分額:¥1100000

研究種別:奨励研究(A)

意思決定における心的構成効果の心理計量モデルの作成とその妥当性研究

1995年-1995年

研究分野:教育・社会系心理学

配分額:¥1100000

研究種別:奨励研究(A)

「あいまい」な情報下での意思決定過程の分析とその心理モデルの作成

1994年-1994年

研究分野:教育・社会系心理学

配分額:¥900000

研究種別:奨励研究(A)

消費者の購買意思決定を規定する状況要因の分析とその心理モデルの作成

1993年-1993年

研究分野:教育・社会系心理学

配分額:¥800000

研究種別:挑戦的萌芽研究

空間的表現による社会的認知の測定法および分析法の開発と臨床社会心理学への応用

2015年-2017年

研究分野:社会心理学

配分額:¥3510000

研究種別:

描画の統計的画像解析と臨床的利用の検討

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥6240000

研究種別:

仮想将来世代による新しい市民討議手法の開発と効果測定-将来人の思考プロセスは何か

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥6240000

研究種別:

統合失調症患者における図形対称性の選好と認知機能に関する研究

2018年-0月-2022年-0月

配分額:¥4290000

研究種別:

太平洋島嶼国の貨幣と市場制度の生成と発展に関する研究:理論と実験

2018年-0月-2023年-0月

配分額:¥43810000

研究種別:

多属性後悔理論の構築と実験による妥当性の研究

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

自由意志信念や認知の社会心理学的帰結:哲学との協同による統合的検討

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥17160000

研究種別:

消費者行動における選好逆転の体系的理論構築に関する研究

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥14300000

研究種別:

多肢選択肢における回答行動の統合的研究:質問紙・ウェブ調査法の設計と妥当性の検討

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥34970000

研究種別:

空間的表現による社会的認知の測定法および分析法の開発と臨床社会心理学への応用

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥3510000

研究種別:

統合失調症患者の図形の選好過程における精神症状と認知機能に関する臨床心理学的研究

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

意思決定過程のマイクロ分析

2007年-0月-2013年-0月

配分額:¥38200000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

リスクコミュニケーション研究2002年-2005年

実施形態:共同研究

無知下の意思決定の研究1996年-1999年

実施形態:共同研究

意思決定過程の分析1996年-

実施形態:受託教育

消費者のサービス受容の研究1995年-1996年

実施形態:共同研究

アイカメラを用いた消費者行動研究2005年-

学内研究制度

特定課題研究

多属性意思決定過程の心理計量モデルの開発とそれに基づく行動経済学的研究

2014年度

研究成果概要:  本研究では、社会状況における人々の多属性意思決定過程の分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた意思決定の数理モデルの作成とその数理モデルに基づく心理計量モデルの作成を行い,行動経済学的実験および調査を行った...  本研究では、社会状況における人々の多属性意思決定過程の分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた意思決定の数理モデルの作成とその数理モデルに基づく心理計量モデルの作成を行い,行動経済学的実験および調査を行った。具体的には、1)社会的状況における人々の多属性意思決定過程を明らかにするための方法論の開発、2)開発された方法論によって測定された微視的過程の数理的解析や数理的モデルの作成,それに基づく心理計量モデルの開発,3)多属性意思決定の数理モデル,および心理計量モデルによる行動経済学的実験、調査法を用いた、社会的状況における多属性意思決定過程に関する知見の考察を行った。これらの研究の成果は、学会発表、研究論文、書籍などにおいて公表された。

質感認知と選好形成に影響を及ぼす社会的要因の検討

2013年度

研究成果概要: 本研究では、これまであまり扱われていなかった、選択行為、所有行為、社会的交換、社会的文脈情報などの社会的要因が質感認知にどのように影響をするかを明らかにしようとした。特に、質的面接やヒアリング法を用いた社会調査や、眼球運動測定装... 本研究では、これまであまり扱われていなかった、選択行為、所有行為、社会的交換、社会的文脈情報などの社会的要因が質感認知にどのように影響をするかを明らかにしようとした。特に、質的面接やヒアリング法を用いた社会調査や、眼球運動測定装置と情報モニタリング法などの過程追跡技法を用いて、連続する選択行為が、対象への選好と質感認知に及ぼす効果を検討した。この研究では、2つの選択肢に対する大小判断課題を行った後に、好ましい対象物の選択という選好課題と質感認知判断課題を行った。本研究では、これまであまり扱われていなかった社会的要因に焦点を当てて、この要因の質的認知に及ぼす効果を検討し、芸術や工芸をはじめ、衣食住などの社会的、文化的側面に質感認知がどのようにかかわるか、また、選好形成にどのように係わるかを明らかにした。  質的認知の研究は、多様な側面を持っており、いろいろな歴史資料館、公文書館、博物館などでの質的表現と認知についての調査やヒアリングをまず行った。また、質的認知における実験では、実験時の眼球運動および選好反応を測定した。実験研究では、好ましさや価値に直接的な結びつきが無いと考えられる選択が、後続する選好判断や対象の質感認知に影響を与えるか、また、どのような影響を与えるかを分析した。この研究では、2つの選択肢に対する大小判断課題(以下,知覚判断課題)を行った後に、好ましい対象物の選択という選好課題を行う。知覚判断課題で多数回選択を行った対象刺激の選好課題での選択率およびその質感認知を分析した。さらに、知覚判断課題を通し、特定の刺激が提示されたらボタン押しによって選択を行うといった、刺激と選択行動とのマッチングを学習し,多選択ターゲットへの選好が変容していない可能性があるので、本実験研究では、同一の知覚判断課題によって選好と無関連な選択の操作を行い,選好の測定課題に‘嫌いな対象物の選択課題’を用いても実験を行う。知覚判断課題によって多選択ターゲットの選好が上昇すると仮定した場合,‘嫌いな’対象物の選択課題では、また、その多選択ターゲットの選択率が低下することが予想され、実験結果はその予想を支持した。 質感認知は、様々な心理的要因のもとでの価値判断的側面をもっているが、社会的要因の操作は、注意に影響して、それが選好判断や質感認知に影響を与えると考える。我々が開発した状況依存的焦点モデル(竹村,1994, Fujii,& Takemura,2002)をもとに仮定により、質的認知の理論的考察も行った。 本研究では、質感認知も質感認知も、視覚的、触覚的、味覚的側面の多角性を持って検討し、選好については、好悪や価値判断を含めた形の多角的な検討を行った。本研究を通じ、質感認知が関係する芸術や工芸をはじめ、衣食住などの社会的、文化的側面に質感認知がかかわることが示唆された。

多属性意思決定の微視的過程追跡調査研究とその応用

2016年度

研究成果概要:本研究では、社会状況における人々の意思決定過程の微視的分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた基礎研究ならびに実務的な応用研究を行うことを目的とした。ここで意思決定過程の微視的分析とは、空間的、時間的に極めて小さいレベル...本研究では、社会状況における人々の意思決定過程の微視的分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた基礎研究ならびに実務的な応用研究を行うことを目的とした。ここで意思決定過程の微視的分析とは、空間的、時間的に極めて小さいレベルにおいて、多次元的な観点から時系列的に分析することを言う。まず、第一の目的では、社会的状況における人々の意思決定の微視的過程を明らかにするための方法論の改良と開発を行った。そのために、公理論的数理モデル、計量的モデルの観点から整備して、つぎに実証的な方法論、すなわち眼球運動解析、情報モニタリング法、プロトコル法などの過程追跡技法の改良を行った。つぎに、第二の目的のために、社会的状況における意思決定の微視的過程の公理論的観点および数理計量的な観点からの数理的解析、解析的に導出できない場合の大規模計算機シミュレーション研究などによる理論的分析を通じて、意思決定の数理モデル、計量モデルを開発した。第三の目的のために、社会問題を意思決定の微視的過程の観点からどのように取り上げて、諸問題に関する事例研究と処方の視点を提示することを検討した。これらの研究成果を公表している。

社会的状況における多属性意思決定過程の微視的分析法の開発と実証研究

2017年度共同研究者:岩満優美, 井出野尚, 玉利祐樹, 坂上貴之

研究成果概要: 本研究では、社会状況における人々の意思決定過程の微視的分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた基礎研究ならびに実務的な応用研究を行うことを目的とした。 具体的には、1)社会的状況における人々の意思決定の微視的過程を明ら... 本研究では、社会状況における人々の意思決定過程の微視的分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた基礎研究ならびに実務的な応用研究を行うことを目的とした。 具体的には、1)社会的状況における人々の意思決定の微視的過程を明らかにするための方法論の開発、2)開発された方法論によって測定された微視的過程の数理的解析や、計算機シミュレーション研究などによる理論的分析を通じた、意思決定過程における極めて短時間での微視的分析を用いた意思決定モデルの開発、3)実験心理学的手法、観察法、調査法を用いた、社会的状況の意思決定の微視的過程の知見の総合、4)医療心理、リスク・コミュニケーションなど具体的な社会の実務的諸問題に対する事例研究、および5)提案方法の評価研究の、5つを目的とした。 まず、第一の目的では、社会的状況における人々の意思決定の微視的過程を明らかにするための方法論の改良と開発を行う。そのために、公理論的数理モデル、計量的モデルの観点から整備して、つぎに実証的な方法論、すなわち眼球運動解析、情報モニタリング法、プロトコル法などの過程追跡技法の改良を行う。このとき、意思決定過程中の脳機能画像研究による知見にファジィ理論を含んだ数理心理学の知見を導入し、これらの知見を誤差項や個人差を考慮した統計的手法や計量モデリングきる分析スキーマを提示して、社会的状況における意思決定過程の微視的分析の方法論を提示することを目標とした。つぎに、第二の目的のために、社会的状況における意思決定の微視的過程の公理論的観点および数理計量的な観点からの数理的解析、解析的に導出できない場合の大規模計算機シミュレーション研究などによる理論的分析を通じて、意思決定の数理モデル、計量モデルを開発した。第三の目的のために、神経科学的手法、実験心理学的手法、観察法、調査法を用いた、社会的状況の意思決定過程の微視的過程の知見を総合した。これらの方法は従来の方法に加えて、第一の目的の実施のために開発した諸方法をもとに行う。最後に、第四の目的のために、社会問題を意思決定の微視的過程の観点からどのように取り上げて、諸問題に関する事例研究と処方の視点を提示することを検討するが、例えば、医療心理の問題では、癌患者にどのような医療の選択をするかにあたって、臨床心理学的な観点とも統合しながら、意思決定の支援を行い、サポートをどのようにしていったらよいのかということへの示唆を行うための検討を行った。

社会デザインの心理科学とその応用

2017年度共同研究者:坂上貴之, 井出野尚, 岩満優美, 羽鳥剛史, 藤井聡, 横尾真

研究成果概要:本研究課題では、社会デザインの心理科学の構築に関して、(1)社会デザインにおける意思決定の心理フレームの検討、(2)社会デザインにおける判断と意思決定過程の解明、(3)社会デザインにおける心理と行動の計量分析と数理解析を行った。(...本研究課題では、社会デザインの心理科学の構築に関して、(1)社会デザインにおける意思決定の心理フレームの検討、(2)社会デザインにおける判断と意思決定過程の解明、(3)社会デザインにおける心理と行動の計量分析と数理解析を行った。(1)の検討は、ゲーム理論の観点からいうと、ゲームの構造をどのように人々が把握し、どのような共有知識を持ち、どのような変化を経て、実際の行動選択を行うかということを明らかにすることを意味する。(2)の検討では、ある制度のもとでの社会的意思決定において、人々がどのように事態を把握するか、それがいかに行動選択につながるか、社会的な帰結はどうなるかを検討する方法論を構築しつつ、これらの問題を明確化する。そのためには、上記対象に関して、眼球運動解析や言語プロトコル法、情報モニタリング法などの過程追跡技法を用いた実験心理学研究、さらには、行動観察法、面談によるヒアリングや質問紙調査法を用いた研究を行った。(3)の検討では、これらの知見をもとに心理科学的モデルを作成し、数理解析技法を用いながら、当該の制度における社会的行動や社会心理を予測した。さらに、社会デザインの心理科学に関する応用研究においては、制度設計に関する心理フレームの研究知見をもとに、実際の社会における問題への応用を行った。具体的には、(4)消費者間相互作用への応用、(5)市民の地域社会問題への応用、(6)政策決定において不満を軽減する心理科学的意思決定方法論の開発、および(7)これらの知見をもとにした検討を行いながら、インセンティブの設計の背後にある「望ましい社会」や「望ましい組織」観の調査を行った。

判断と意思決定の社会心理学的研究

2002年度

研究成果概要: 我々の判断と意思決定は、状況依存的であると考えられる。たとえば、同じ意思決定問題であっても、その言語的表現の仕方によって判断結果や意思決定結果が変わってしまうフレーミング効果は状況依存性の典型的な例である。また、感情などの内的状... 我々の判断と意思決定は、状況依存的であると考えられる。たとえば、同じ意思決定問題であっても、その言語的表現の仕方によって判断結果や意思決定結果が変わってしまうフレーミング効果は状況依存性の典型的な例である。また、感情などの内的状態や意思決定問題の複雑性に応じて意思決定結果が変わってしまうような現象も状況依存性としてとらえることができる。このような判断と意思決定の状況依存性をどのようにとらえることができるのか、また、どのような数理的表現、どのような計量的モデルで把握できるのかを本研究では検討した。 この判断と意思決定の状況依存性は、実務的あるいは政策的インプリケーションを持っている。たとえば、消費者の判断と意思決定が状況依存的であると、マーケティングの価格政策や経済政策が失敗することがある。また、リスクコミュニケーション政策においても、市民の判断の状況依存性が、同様の理由により既存の効用分析や価値分析の結果を無効にすることがある。さらには、税制などの施行や金融政策などにおいても、状況に依存してなされる市民の判断や意思決定のために、経済学的予測が間違ったり、無効になったりすることがある。これらの社会的環境における状況依存性を、単にバイアスであるとか誤差であるとみるのではなく、系統的な心理傾向を持っていると考えることによって、判断や意思決定現象の理解がより有効になると期待することができる。 本研究では、判断と意思決定の状況依存性を、さまざまレベルの判断や意思決定現象にわたって、種々の心理実験を通じて解明し、さらに、この状況依存性を理論的観点から説明し、予測可能な心理計量モデルとその数理モデルの作成をすることを主目的とし、その検討を行った。さらに、本研究では、状況依存性を持つデータを解析する方法論の検討をした。判断と意思決定の状況依存性は、その時間的変動や共時的振幅を考慮すると、曖昧性を含む判断や意思決定とみなすことができる。このような観点から、本研究では、心理データ解析のための方法論も幾分開発している。

判断と意思決定の認知・生理過程の解明とそれに基づく社会的処方研究

2005年度

研究成果概要: 社会的状況における人間の判断と意思決定は、状況依存的であることがこれまでの研究でわかっている。たとえば、経済学における効用理論に基づいて価格政策を行おうとしても、効用理論の硬直性から、消費者の判断と意思決定の状況依存性に対応出来... 社会的状況における人間の判断と意思決定は、状況依存的であることがこれまでの研究でわかっている。たとえば、経済学における効用理論に基づいて価格政策を行おうとしても、効用理論の硬直性から、消費者の判断と意思決定の状況依存性に対応出来ず、失敗することがある。また、金融政策において、減税政策を行ったにも関わらず消費が伸び悩んでしまうということがしばしば起こっている。さらに、個人の日常生活における意思決定においても、判断や意思決定が社会的環境に依存してなされるために、社会的予測が間違ったり、無効になったりすることがある。しかしながら、これらの社会的環境における状況依存性を、非合理なバイアスであるとかエラー、誤差であるとみるのではなく、系統的な性質を持っていると考えることによって、個人の意思決定行動の説明、予測、そして意思決定の支援などがより有効になると期待できる。さらには、器質障害や心因的障害に起因した、意思決定に関する臨床的障害などの問題を改善するためにも、判断と意思決定の認知過程や脳内過程を解明することは重要である。 本研究では、社会的状況における判断と意思決定の認知・生理過程を種々の基礎心理実験と調査を通じて解明する。そしてその状況依存性を理論的観点から説明し、予測可能な心理計量モデル、その数理心理モデルを構成し、さらに、この数理心理モデルを脳内メカニズムとの対応において実証的観点から検討した。そうして得られた非常に基礎的な心理学的知見に基づいて,社会的政策や実務的問題解決の処方法を提案することを、最終的な目標とした。 近年、PET、MRI、NIRSなどの脳活動観察装置の発達に伴って、脳活動をより精密に測定する事ができるようになってきた。この発展によって、認知、記憶、言語など知的機能の研究が進展している。本研究では、NIRS, 眼球運動測定装置などの生理的指標を使用することによって、意思決定の数理心理モデルと脳内メカニズムを表現するモデルを統合し、意思決定のメカニズムを究明することを目的とした。そしてその知見を基に社会調査を行い、消費者問題、社会的リスク問題、臨床的問題などの社会的政策への提案を行うことを最終目的とした。 具体的には、第1の研究目的は、個人の意思決定の認知処理がどのように行われているかを最新の眼球運動測定装置などを用いて明らかにすることであった。第2の研究目的は、相互作用する個人間の意思決定において、どのような認知過程が生じるのかを最新の過程追跡技法を用いて明らかにすることであった。第3の研究目的は、個人の意思決定においての脳内過程をfMRIなどの手法によって明らかにすることであった。第4の研究目的は、この実証研究から意思決定の心理計量モデルと数理モデルを構成し、脳内モデルとの統合をすることであった。 これらの研究成果は、国内外の学会や研究集会において公表された。

描画の画像解析による計量的心理特徴分析法の開発とそれに基づく実験心理学的研究

2005年度

研究成果概要:    臨床心理学や精神医学の領域においては、クライエントに描画をさせ、その描画の特徴から、臨床的な診断を行うということがなされている(岩満他,2004)。さらに、発達心理学の領域においても、児童の発達段階を確認したり、児童の問題...    臨床心理学や精神医学の領域においては、クライエントに描画をさせ、その描画の特徴から、臨床的な診断を行うということがなされている(岩満他,2004)。さらに、発達心理学の領域においても、児童の発達段階を確認したり、児童の問題行動を理解するために、描画が用いられることが多い(Wallon,et.al.1990)。さらに、タブーが存在したり、社会的望ましさの観点から認知を言語報告しにくいような場合、一般成人を対象にして、描画を用いた調査手法が用いられることがある(竹村他,2003)。本研究では、このような心理描画をいくつかの領域に分割し、その濃淡の濃度ヒストグラムによる頻度分布、空間濃度レベル依存法や濃度レベル差分法による描画の定量的特徴、さらに色の配色に関する定量的分析することを第一の目的とした。また、質問紙調査の結果によって、この特徴次元と評価者の印象用語との関連性構造を多変量解析によって明らかにすることを第二の目的とした。さらに、これらの分析によって得られた基本的特徴の心理的効果を、実験心理学的な手法により明らかにし、描画の心理的解釈の妥当性を明らかにすることを第三の目的とした。 研究では一般成人を対象者として描画を求める。この方法は、「実のなる木を描いてください」というよなバウムテストや、「日常の生活で危険と思う出来事を絵にしてください」というようなリスクに関する描画などを求めた。 ここで得られた描画像をスキャナーを用いて計算機の画像に描画を取り込み、画像をいくつかに分割する。バウムテストの場合は、用紙の画像を縦横にそれぞれ2等分し、4つの領域に分けた。分割された画像を画像解析ソフトウェアにより、濃度解析し、濃度ヒストグラムから、平均、分散、歪度、尖度などを求める。さらに、分割された画像に対して、空間濃度レベル依存法によって、エネルギー、エントロピー、相関、局所一様性、慣性などを求めた。また、画像に対して、濃度レベル差分法によって、コントラスト、角度別二次モーメント、エントロピー、平均、逆差分モーメントなどを求めた。また、画像の特異値分析や独立成分分析によって、画像の次元を抽出した。 分析による描画の定量的特徴から描画の解釈を行い、あわせて臨床的観点、あるいは問題解決的観点からの全体的評価との総合評価を行う。この作業は、臨床心理士や精神医学者などの専門家の判断をもとに行った。これによって得られた評価データと描画の特徴との対応関係構造を多変量解析を用いて検討した。 これらの研究成果は、国内外の学会や研究集会で公表された。

海外研究活動

研究課題名: 意思決定過程の研究

2008年04月-2009年03月

機関: ストックホルム大学(スウェーデン)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎講義 5文学部2019春学期
基礎講義 6(再履)文学部2019秋学期
経済心理学文化構想学部2019春学期
経済心理学文学部2019春学期
心理学概論1文化構想学部2019春学期
心理学概論1文学部2019春学期
社会・集団・家族心理学文化構想学部2019秋学期
社会・集団・家族心理学文学部2019秋学期
心理学演習1(心理学実験) B文学部2019春学期
心理学演習3(心理学研究法) B文学部2019秋学期
心理学演習11 C(卒論)文学部2019春学期
心理学演習18 C(卒論)文学部2019秋学期
心理学演習16(社会心理学実習)文学部2019秋学期
心理学演習19 C(卒論)文学部2019春学期
心理学演習20 C(卒論)文学部2019秋学期
心理学演習(卒論)春学期(竹村 和久)文学部2019春学期
心理学演習(卒論)秋学期(竹村 和久)文学部2019秋学期
心理学研究指導7-1 M大学院文学研究科2019春学期
心理学研究指導7-2 M大学院文学研究科2019秋学期
心理学研究9大学院文学研究科2019春学期
心理学研究10大学院文学研究科2019秋学期
心理学演習7-1大学院文学研究科2019春学期
心理学演習7-2大学院文学研究科2019秋学期
心理学研究指導7-1 D大学院文学研究科2019春学期
心理学研究指導7-2 D大学院文学研究科2019秋学期

作成した教科書・教材・参考書

教科書作成

2004年09月

詳細

概要:社会心理学の教科書を作成し出版した