最終更新日2017年02月01日

氏名

ツネダ サトシ

常田 聡

職名

教授

所属理工学術院

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
stsuneda@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒162-8480新宿区 若松町2-2 早稲田大学先端生命医科学センター
電話番号
03-5369-7325
fax番号
03-5369-7325

URL等

WebページURL

http://www.waseda.jp/sem-tsuneda/index.html

研究者番号
30281645

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(理工学部)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2014年-2014年

実践的ナノ化学G

研究所員 2007年-2011年

欧州バイオメディカルサイエンス研究所

研究所員 2012年-2012年

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2012年-2014年

持続型食・農・バイオ研究所

研究所員 2014年-

ナノプロセス研究所

研究所員 2007年-2014年

ナノプロセス研究所

研究所員 2015年-

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2015年-

リンアトラス研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2015年-2016年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2017年-2017年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学歴

-1989年 東京大学 工学部 化学工学
-1991年 東京大学 工学系研究科 化学工学専攻
-1994年 東京大学 工学系研究科 化学生命工学専攻

学位

博士(工学) 課程 東京大学 生物機能・バイオプロセス

経歴

1995年-1996年理化学研究所 基礎科学特別研究員
1996年-1999年早稲田大学 専任講師
1999年-早稲田大学 助教授
2007年-早稲田大学 教授
2012年-2014年早稲田大学環境保全センター 所長(兼務)

所属学協会

化学工学会 代議員

日本水環境学会 常務理事

環境バイオテクノロジー学会

日本生物工学会 東日本支部委員、代議員

日本免疫学会

日本化学会 代議員

日本細菌学会

腸内細菌学会

日本水処理生物学会

環境科学会

日本イオン交換学会

International Water Association (IWA)

International Society for Microbial Ecology (ISME)

American Society for Microbiology (ASM)

受賞

(公社)日本水環境学会・論文賞

2013年06月

(社)日本生物工学会・論文賞

2011年09月

(社)化学工学会・化学工学論文集優秀論文賞2006

2007年09月

(社)日本水環境学会・論文奨励賞

2004年06月

日本水処理生物学会・論文賞

2002年11月

(社)日本生物工学会・論文賞

2001年09月

(社)化学工学会・奨励賞

1995年03月

研究分野

キーワード

生物工学、微生物生態学

科研費分類

工学 / プロセス・化学工学 / 生物機能・バイオプロセス

環境学 / 環境保全学 / 環境技術・環境負荷軽減

農学 / 農芸化学 / 応用微生物学

複合領域 / 生体分子科学 / 生体分子化学

研究シーズ

微生物の新規分離培養法

シーズ分野:ライフサイエンス

研究テーマ履歴

2003年-難培養微生物の新規分離・培養システムの開発

研究テーマのキーワード:難培養微生物,マイクロコロニー,セルソーター

個人研究

2006年-遺伝子定量・分子イメージング技術の医療診断への応用

研究テーマのキーワード:新規遺伝子定量技術,RNAイメージング,ヘリケース活性測定

国内共同研究

1992年-生体高分子固定化のための新機能界面に関する研究

研究テーマのキーワード:生体高分子, 機能界面

個人研究

1996年-産業廃水・生活廃水の生物処理

研究テーマのキーワード:生物処理, 産業廃水, 生活排水

個人研究

1998年-バイオフィルム内の微生物生態系の解明

研究テーマのキーワード:バイオフィルム, 微生物生態系,休止細菌

個人研究

論文

Modeling the Nutrient Removal Process in Aerobic Granular Sludge System by Coupling the Reactor- and Granule-Scale Models

Y. Kagawa, J. Tahata, N. Kishida, S. Matsumoto, C. Picioreanu, M.C.M. van Loosdrecht, S. Tsuneda

Biotechnol. Bioeng.112(1)p.53 - 642015年01月-

DOI

Isolation of Sublineage I Nitrospira by a Novel Cultivation Strategy

H. Fujitani, N. Ushiki, S. Tsuneda, Y. Aoi

Environ. Microbiol.16(10)p.3030 - 30402014年10月-

DOI

Detection of MPLW515L/K Mutations and Determination of Allele Frequencies with a Single-Tube PCR Assay

H. Takei, S. Morishita, M. Araki, Y. Edahiro, Y. Sunami, Y. Hironaka, N. Noda, Y. Sekiguchi, S. Tsuneda, A. Ohsaka, N. Komatsu

PLoS ONE9(8)p.e1049582014年08月-

DOI

Mathematical Modeling of Spatio-Temporal Cellular Dynamics in Colonic Crypts Following Irradiation

T. Murano, Y. Kagawa, S. Tsuneda

Cell Proliferation47(4)p.347 - 3552014年08月-

DOI

Phosphorylated Gelatin to Enhance Cell Adhesion to Titanium

S.-H. Park, L. Zhu, S. Tada, S. Obuse, Y. Yoshida, M. Nakamura, T.I. Son, S. Tsuneda, Y. Ito

Polymer International63p.1616 - 16192014年07月-

DOI

JAK2V617F Mutation Status and Allele Burden in Classical Ph-Negative Myeloproliferative Neoplasms in Japan

Y. Edahiro, S. Morishita, K. Takahashi, Y. Hironaka, Y. Yahata, Y. Sunami, S. Shirane, M. Tsutsui, M. Noguchi, M. Koike, K. Imai, K. Kirito, N. Noda, Y. Sekiguchi, S. Tsuneda, A. Ohsaka, M. Araki, N. Komatsu

Int. J. Hematology99(5)p.625 - 6342014年05月-

DOI

PBDE: Structure-Activity Studies for the Inhibition of Hepatitis C Virus NS3 Helicase

K. A. Salam, A. Furuta, N. Noda, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, A. Yamashita, K. Moriishi, M. Nakakoshi, H. Tani, J. Tanaka, M. Tsubuki, N. Akimitsu

Molecules19(4)p.4006 - 40202014年04月-

DOI

Cholesterol Sulfate as a Potential Inhibitor of Hepatitis C Virus NS3 Helicase

A. Furuta, K. A. Salam, N. Akimitsu, J. Tanaka, H. Tani, A. Yamashita, K. Moriishi, M. Nakakoshi, M. Tsubuki, Y. Sekiguchi, S. Tsuneda, N. Noda

J. Enzym. Inhib. Med. Chem.29(2)p.223 - 2292014年02月-

DOI

Modeling of Stem Cell Dynamics in Human Colonic Crypts in silico

Y. Kagawa, N. Horita, H. Taniguchi, S. Tsuneda

Journal of Gastroenterology49p.263 - 2692014年02月-

DOI

Identification and Biochemical Characterization of Halisulfate 3 and Suvanine as Novel Inhibitors of Hepatitis C Virus NS3 Helicase from a Marine Sponge

A. Furuta, K. A. Salam, I. Hermawan, N. Akimitsu, J. Tanaka, H. Tani, A. Yamashita, K. Moriishi, M. Nakakoshi, M. Tsubuki, P. W. Peng, Y. Suzuki, N. Yamamoto, Y. Sekiguchi, S. Tsuneda, N. Noda

Marine Drugs12p.462 - 4762014年01月-

DOI

Applicability of a Sequencing Batch Membrane Biofilm Reactor for Simultaneous Nitrogen and Phosphorus Removal from Low C/N Ratio Wastewater

A. Terada, J. ito, S. Matsumoto, S. Tsuneda

J. Water Environ. Technol.11(6)p.488 - 4962013年12月-

DOI

Psammaplin A Inhibits Hepatitis C Virus NS3 Helicase

K. A. Salam, A. Furuta, N. Noda, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, A. Yamashita, K. Moriishi, M. Nakakoshi, M. Tsubuki, H. Tani, J. Tanaka, N. Akimitsu

J. Nat. Med.67(4)p.765 - 7722013年09月-

DOI

Isolation of Nitrospira Belonging to Sublineage II from a Wastewater Treatment Plant

N. Ushiki, H. Fujitani, Y. Aoi, S. Tsuneda

Microbes and Environments28(3)p.346 - 3532013年09月-

DOI

Complete Autotrophic Denitrification in a Single Reactor Using Nitritation and Anammox Gel Carriers

K. Isaka, Y. Kimura, T. Yamamoto, T. Osaka, S. Tsuneda

Bioresource Technol.147p.96 - 1012013年08月-

DOI

Selective Enrichment of Two Different Types Nitrospira-like Nitrite-Oxidizing Bacteria from a Wastewater Treatment Plant

H. Fujitani, Y. Aoi, S. Tsuneda

Microbes and Environments28(2)p.236 - 2432013年06月-

DOI

Detection of Pre-mRNA Splicing in vitro by an RNA-Templated Fluorogenic Reaction

Y. Tamura, K. Furukawa, R. Yoshimoto, Y. Kawai, M. Yoshida, S. Tsuneda, Y. Ito, H. Abe

Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters22(23)p.7248 - 72512012年12月-

DOI

複合微生物系の挙動を表現可能な数理モデル

松本慎也,加川友己,常田聡

化学工学76(11)p.671 - 6732012年11月-

Inhibition of Both Protease and Helicase Activities of Hepatitis C Virus NS3 by an Ethyl Acetate Extract of Marine Sponge Amphimedon sp.

Y. Fujimoto, K. A. Salam, A. Furuta, Y. Matsuda, O. Fujita, H. Tani, M. Ikeda, N. Kato, N. Sakamoto, S. Maekawa, N. Enomoto, N. J. de Voogd, M. Nakakoshi, M. Tsubuki, Y. Sekiguchi, S. Tsuneda, N. Akimitsu, N. Noda, A. Yamashita, J. Tanaka, K. Moriishi

PLoS One7(11)p.e486852012年11月-

DOI

High-Rate Denitrification Using Polyethylene Glycol Gel Carriers Entrapping Heterotrophic Denitrifying Bacteria

K. Isaka, Y. Kimura, T. Osaka, S. Tsuneda

Water Res.46(16)p.4941 - 49482012年11月-

DOI

Temperature Dependence for Anammox Bacteria Enriched from Freshwater Sediments

T. Osaka, Y. Kimura, Y. Otsubo, Y. Suwa, S. Tsuneda, K. Isaka

J. Biosci. Bioeng.114(4)p.429 - 4342012年10月-

DOI

The Effect of Surface Charge Property on Escherichia coli Initial Adhesion and Subsequent Biofilm Formation

A. Terada, K. Okuyama, M. Nishikawa, S. Tsuneda, M. Hosomi

Biotechnol. Bioeng.109(7)p.1745 - 17542012年07月-

DOI

還元反応を引き金とするoff/on型蛍光プローブを用いたRNA検出法の開発

阿部洋,柴田綾,古川和寛,常田聡,伊藤嘉浩

化学と生物50(7)p.540 - 5442012年07月-

Challenge for Formation of Aerobic Granular Sludge in a Continuous-Flow Reactor

N. Kishida, R. Totsuka, S. Tsuneda

J. Water Environ. Technol.10(2)p.79 - 862012年06月-

DOI

Inhibition of Hepatitis C Virus NS3 Helicase by Manoalide

K. A. Salam, A. Furuta, N. Noda, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, A. Yamashita, K. Moriishi, M. Nakakoshi, M. Tsubuki, H. Tani, J. Tanaka, N. Akimitsu

J. Nat. Prod.75(4)p.650 - 6542012年04月-

DOI

システム論的アプローチによる複合微生物系の解析と制御

松本慎也,常田 聡

生物工学90(4)p.160 - 1642012年04月-

Inhibition of Hepatitis C Virus Replication and Viral Helicase by Ethyl Acetate Extract of the Marine Feather Star Alloeocomatella polycladia

A. Yamashita, K. A. Salam, A. Furuta, Y. Matsuda, O. Fujita, H. Tani, Y. Fujita, Y. Fujimoto, M. Ikeda, N. Kato, N. Sakamoto, S. Maekawa, N. Enomoto, M. Nakakoshi, M. Tsubuki, Y. Sekiguchi, S. Tsuneda, N. Akimitsu, N. Noda, J. Tanaka, K. Moriishi

Marine Drugs10p.744 - 7612012年03月-

DOI

Formation of Nitrifying Granules Using a Continuous Stirred Tank Reactor

N. Kishida, Y. Yamashita, S. Tsuneda

J. Water Environ. Technol.10(1)p.47 - 552012年03月-

DOI

Rapid Start-up of a Nitrifying Reactor Using Aerobic Granular Sludge as Seed Sludge

N. Kishida, G. Saeki, S. Tsuneda, R. Sudo

Water Sci. Technol.65(3)p.581 - 5872012年01月-

DOI

Quantitative Detection of Cryptosporidium Oocyst in Water Source Based on 18S rRNA by Alternately Binding Probe Competitive Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction (ABC-RT-PCR)

N. Kishida, R. Miyata, A. Furuta, S. Izumiyama, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, N. Noda, M. Akiba

Water Res.46(1)p.187 - 1942012年01月-

DOI

Fluorescent Detection of Intron Lariat RNAs with Reduction-Triggered Fluorescence Probes

K. Furukawa, H. Abe, Y. Tamura, R. Yoshimoto, M. Yoshida, S. Tsuneda, Y. Ito

Angew. Chem. Int. Ed.50(50)p.12020 - 120232011年12月-

DOI

Synthesis, Structure, and Biological Activity of Dumbbell-Shaped Nanocircular RNAs for RNA Interference

N. Abe, H. Abe, C. Nagai, M. Harada, H. Hatakeyama, H. Harashima, T. Ohshiro, M. Nishihara, K. Furukawa, M. Maeda, S. Tsuneda, Y. Ito

Bioconjugate Chem.22(10)p.2082 - 20922011年12月-

DOI

Alternately Binding Probe Competitive PCR as a Simple, Cost-Effective, and Accurate Quantification Method for JAK2V617F Allele Burden in Myeloproliferative Neoplasms

S. Morishita, N. Komatsu, K. Kirito, A. H. Koda, Y. Sekiguchi, S. Tsuneda, N. Noda

Leukemia Res.35(12)p.1632 - 16362011年12月-

DOI

Significance of Reactor Type for High-Rate Nitrification Using Aerobic Granular Sludge

Y. Hasebe, M. Eguchi, H. Meguro, S. Tsuneda

J. Water Environ. Technol.9(3)p.289 - 2962011年09月-

DOI

Reproducible Subcutaneous Transplantation of Cell Sheets into Recipient Mice

H. Obokata, M. Yamato, S. Tsuneda, T. Okano

Nature Protocols6(7)p.1053 - 10592011年06月-

DOI

包括固定化担体を用いた脱窒システムの開発

井坂和一,安部直樹,木村裕哉,渡部雅智,大坂利文,常田聡

日本水処理生物学会誌47(2)p.67 - 742011年06月-

Enhancing Nitrogen and Phosphorus Removal in an Anaerobic/Oxic/Anoxic Sequencing Batch Reactor: The Dependence of the Amount of External Carbon

K. Soejima, A. Terada, K. Naraki, S. Tsuneda

J. Water Environ. Technol.9(1)p.79 - 862011年03月-

DOI

The Potential of Stem Cells in Adult Tissues Representative of the Three Germ Layers

H. Obokata, K. Kojima, K. Westerman, M. Yamato, T. Okano, S. Tsuneda, C.A. Vacanti

Tissue Eng. Part A17(5-6)p.607 - 6152011年02月-

DOI

ゼオライろ床と植栽を組み合わせた里川再生技術の実河川への適用と維持管理

木持謙,金澤光,真下敏明,正田武則,常田聡,関根正人,榊原豊

用水と廃水53(2)p.141 - 1492011年02月-

Application of Nitrifying Granules to Improvement of Nitrification Activity in Activated Sludge Process

N. Kishida, R. Totsuka, A. Kono, M. Kurasawa, M. Ogiwara, S. Tsuneda

Int. J. Environ. Waste Management7(1-2)p.122 - 1302011年01月-

DOI

Behavior of Polymeric Substrates in an Aerobic Granular Sludge System

M. de Kreuk, N. Kishida, S. Tsuneda, M.C.M. van Loosdrecht

Water Res.44(20)p.5929 - 59382010年12月-

DOI

Formation of Aerobic Granular Sludge in a Continuous Flow Reactor - Control Strategy for Selection of Well-Settling Granular Sludge -

N. Kishida, A. Kono, Y. Yamashita, S. Tsuneda

J. Water Environ. Technol.8(3)p.251 - 2582010年09月-

DOI

Microbial Population Dynamics and Community Structure during Formation of Nitrifying Granule Treating Ammonia-Rich Inorganic Wastewater

S. Matsumoto, D. Ishikawa, G. Saeki, Y. Aoi, S. Tsuneda

Microbes and Environments25(3)p.164 - 1702010年09月-

DOI

Direct Cloning and Expression of Putative Esterase Genes from Environmental DNA

T. Terahara, K. Yamada, S. Kurata, T. Yokomaku, S. Tsuneda, S. Harayama

Enzyme Microb. Technol.47(1-2)p.17 - 232010年07月-

DOI

New Monitoring Approach for Metabolic Dynamics in Microbial Ecosystems Using Stable-Isotope-Labeling Technologies

Y. Date, Y. Nakanishi, S. Fukuda, T. Kato, S. Tsuneda, H. Ohno, J. Kikuchi

J. Biosci. Bioeng.110(1)p.87 - 932010年07月-

DOI

Quantitative detection of chloroethene-reductive bacteria Dehalococcoides spp. using alternately binding probe competitive polymerase chain reaction

Miyata, Ryo;Adachi, Ken;Tani, Hidenori;Kurata, Shinya;Nakamura, Kazunori;Tsuneda, Satoshi;Sekiguchi, Yuji;Noda, Naohiro

MOLECULAR AND CELLULAR PROBES24(3)p.131 - 1372010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0890-8508

Photoactivatable fluorescein derivatives with azidomethyl caging groups for tracing oligonucleotides in living human cells

Furukawa, Kazuhiro;Abe, Hiroshi;Tsuneda, Satoshi;Ito, Yoshihiro

ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY8(10)p.2309 - 23112010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:1477-0520

単一槽型窒素除去を志向したバイオフィルムリアクターの進展

寺田昭彦,常田聡

水環境学会誌33(4)p.114 - 1202010年04月-

好気性グラニュールを用いた新しい水処理技術

岸田直裕,常田聡

月刊浄化槽406p.14 - 182010年02月-

Real-time monitoring of RNA helicase activity using fluorescence resonance energy transfer in vitro

Tani, Hidenori;Fujita, Osamu;Furuta, Atsushi;Matsuda, Yasuyoshi;Miyata, Ryo;Akimitsu, Nobuyoshi;Tanaka, Junichi;Tsuneda, Satoshi;Sekiguchi, Yuji;Noda, Naohiro

BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS393(1)p.131 - 1362010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0006-291X

Transitions in Oral and Intestinal Microflora Composition and Innate Immune Receptor-Dependent Stimulation during Mouse Development

M. Hasegawa, T. Osaka, K. Tawaratsumida, T. Yamazaki, H. Tada, R. Mu?oz-Planillo, S. Tsuneda, G. Nu?ez, N. Inohara

Infect. Immun.78(2)p.639 - 6502010年02月-

Microbial Community Structure in Autotrophic Nitrifying Granules Characterized by Experimental and Simulation Analyses

S. Matsumoto, M. Katoku, G. Saeki, A. Terada, Y. Aoi, S. Tsuneda, C. Picioreanu, M.C.M. van Loosdrecht

Environ. Microbiol.12(1)p.192 - 2062009年12月-

Reduction-Triggered Fluorescence Probe for Peptide-Templated Reactions

A. Shibata, H. Abe, K. Furukawa, S. Tsuneda, Y. Ito

Chem. Pharm. Bull.57(11)p.1223 - 12262009年11月-

Characterization of the Microbial Community in the Anaerobic/Oxic/Anoxic Process Combined with Sludge Ozonation and Phosphorus Adsorption

T. Kondo, S. Tsuneda, Y. Ebie, Y. Inamori, K. Xu

J. Water Environ. Technol.7(3)p.155 - 1622009年09月-

Fibrous Support Stabilizes Nitrification Performance of a Membrane-Aerated Biofilm: The Effect of Liquid Flow Perturbation

A. Terada, J. Ito, S. Matsumoto, S. Tsuneda

J. Chem. Eng. Jpn.42(8)p.607 - 6152009年08月-

Universal Quenching Probe System: Flexible, Specific, and Cost-Effective Real-Time PCR Method

H. Tani, R. Miyata, K. Ichikawa, S. Morishita, S. Kurata, K. Nakamura, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, N. Noda

Anal. Chem.81(14)p.5678 - 56852009年07月-

Affinity Capillary Electrophoresis with Magnetic Beads for Multiplex Quantitative Analysis of Bacterial 16S rRNA

K. Adachi, M. Yamaguchi, M. Nakashige, T. Kanagawa, M. Torimura, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, N. Noda

J. Biosci. Bioeng.107(6)p.662 - 6672009年06月-

Hollow Fiber Membrane Chamber as a Device for in situ Environmental Cultivation

Y. Aoi, T. Kinoshita, T. Hata, H. Ohta, H. Obokata, S. Tsuneda

Appl. Environ. Microbiol.75(11)p.3826 - 38332009年06月-

Improvement of Nutrient Removal and Phosphorus Recovery in the Anaerobic/Oxic/Anoxic Process Combined with Sludge Ozonation and Phosphorus Adsorption

T. Kondo, S. Tsuneda, Y. Ebie, Y. Inamori, K. Xu

J. Water Environ. Technol.7(2)p.135 - 1422009年06月-

Reduction-Triggered Fluorescent Amplification Probe for Detection of Endogenous RNAs in Living Human Cells

K. Furukawa, H. Abe, K. Hibino, Y. Sako, S. Tsuneda, Y. Ito

Bioconjugate Chem.20(5)p.1026 - 10362009年05月-

新規分離培養手法の開発とその意義

青井議輝,常田聡

生物工学87(4)p.179 - 1822009年04月-

Reduction-Triggered Red Fluorescent Probes for Dual-Color Detection of Oligonucleotide Sequences

K. Furukawa, H. Abe, J. Wang, M. Uda, H. Koshino, S. Tsuneda, Y. Ito

Org. Biomol. Chem.7(4)p.671 - 6772009年04月-

Real-Time Reverse Transcription Loop-Mediated Isothermal Amplification for Rapid and Simple Quantification of WT1 mRNA

S. Morishita, H. Tani, S. Kurata, K. Nakamura, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, N. Noda

Clin. Biochem.42(6)p.515 - 5202009年04月-

Molecular Diversity of Bacterial Chitinases in Arable Soils and the Effects of Environmental Factors on the Chitinolytic Bacterial Community

T. Terahara, S. Ikeda, C. Noritake, K. Minamisawa, K. Ando, S. Tsuneda, S. Harayama

Soil Biol. Biochem.41(3)p.473 - 4802009年03月-

Microbial Diversity of Anammox Bacteria Enriched from Different Types of Seed Sludge in an Anaerobic Continuous-Feeding Cultivation Reactor

Y. Date, K. Isaka, H. Ikuta, T. Sumino, N. Kaneko, S. Yoshie, S. Tsuneda, Y. Inamori

J. Biosci. Bioeng.107(3)p.281 - 2862009年03月-

Simultaneous Nitrogen and Phosphorus Removal from High-Strength Industrial Wastewater Using Aerobic Granular Sludge

N. Kishida, S. Tsuneda, J.H. Kim, R. Sudo

J. Environ. Eng.135(3)p.153 - 1582009年03月-

High-Throughput Screening Assay of Hepatitis C Virus Helicase Inhibitors Using Fluorescence-Quenching Phenomenon

H. Tani, N. Akimitsu, O. Fujita, Y. Matsuda, R. Miyata, S. Tsuneda, M. Igarashi, Y. Sekiguchi, N. Noda

Biochem. Biophys. Res. Comm.379(4)p.1054 - 10592009年02月-

Anaerobic Ammonium Oxidation (Anammox) Irreversibly Inhibited by Methanol

K. Isaka, Y. Suwa, Y. Kimura, T. Yamagishi, T. Sumino, S. Tsuneda

Appl. Microbiol. Biotechnol.81(2)p.379 - 3852008年11月-

Microbial Community of Anammox Bacteria Immobilized in Polyethylene Glycol Gel Carrier

Y. Date, K. Isaka, T. Sumino, S. Tsuneda, Y. Inamori

Water Sci. Technol.58(5)p.1121 - 11282008年10月-

Subcutaneous Transplantation of Autologous Oral Mucosal Epithelial Cell Sheets Fabricated on Temperature-Responsive Culture Dishes

H. Obokata, M. Yamato, K. Nishida, S. Tsuneda. T. Okano

J. Biomed. Mater. Res. A86A(4)p.1088 - 10962008年09月-

Tertiary Treatment of Domestic Wastewater Using Zeolite Ceramics and Aquatic Plants

Y. Kimochi, T. Masada, Y. Mikami, S. Tsuneda, R. Sudo

Water Sci. Technol.58(4)p.847 - 8512008年09月-

Real-Time Control Strategy for Simultaneous Nitrogen and Phosphorus Removal Using Aerobic Granular Sludge

N. Kishida, S. Tsuneda, Y. Sakakibara, J.H. Kim, R. Sudo

Water Sci. Technol.58(2)p.445 - 4502008年08月-

Fluorescence Generation from Tandem Repeats of a Malachite Green RNA Aptamer Using Rolling Circle Transcription

K. Furukawa, H. Abe, N. Abe, M. Harada, S. Tsuneda, Y. Ito

Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters18(16)p.4562 - 45652008年08月-

Effects of Carbon Source on Denitrification Efficiency and Microbial Community Structure in a Saline Wastewater Treatment Process

T. Osaka, K. Shirotani, S. Yoshie, S. Tsuneda

Water Res.42(14)p.3709 - 37182008年08月-

ダンベル型ナノサークルRNAでRNA干渉を長期安定に

阿部洋,阿部奈保子,原田充,常田聡,伊藤嘉浩

バイオサイエンスとインダストリー66(8)p.453 - 4552008年08月-

水処理プロセスにおけるリン資源の除去・廃棄から回収・資源化へのパラダイムシフト

蛯江美孝,近藤貴志,徐  開欽,常田  聡,杉浦則夫,丸山  治,稲森 悠平

ケミカルエンジニヤリング53(7)p.530 - 5352008年07月-

A Reduction-Triggered Fluorescence Probe for Sensing Nucleic Acids

H. Abe, J. Wang, K. Furukawa, K. Oki, M. Uda, S. Tsuneda, Y. Ito

Bioconjugate Chem.19(6)p.1219 - 12262008年06月-

細胞内遺伝子シグナルの解析

阿部洋,古川和寛,常田聡,伊藤嘉浩

生物工学86(5)p.268 - 2702008年06月-

Modeling and Experimental Study on the Anaerobic/Aerobic/Anoxic Process for Simultaneous Nitrogen and Phosphorus Removal: The Effect of Acetate Addition

K. Soejima, S. Matsumoto, S. Ogushi, K. Naraki, A. Terada, S. Tsuneda, A. Hirata

Process Biochem.43(6)p.605 - 6142008年06月-

DNA Microarray Mediated Transcriptional Profiling of Nitrosomonas europaea in Response to Linear Alkylbenzene Sulfonates

H. Urakawa, J. Matsumoto, K. Inaba, S. Tsuneda

FEMS Microbiol. Lett.282(2)p.166 - 1732008年05月-

Identification of the Bacterial Community Involved in Methane-Dependent Denitrification in Activated Sludge Using DNA Stable-Isotope Probing

T. Osaka, Y. Ebie, S. Tsuneda, Y Inamori

FEMS Microbiol. Ecology64(3)p.494 - 5062008年05月-

Nitrogen Removal Performance Using Anaerobic Ammonium Oxidation at Low Temperatures

K. Isaka, Y. Date, Y. Kimura, T. Sumino, S. Tsuneda

FEMS Microbiol. Lett.282(1)p.32 - 382008年05月-

Retrieval of Entire Genes from Environmental DNA by Inverse PCR with Pre-Amplification of Target Genes Using Primers Containing Locked Nucleic Acids

K. Yamada, T. Terahara, S. Kurata, T. Yokomaku, S. Tsuneda, S. Harayama

Environ. Microbiol.10(4)p.978 - 9872008年04月-

Rhodamine-Based Fluorogenic Probe for Imaging Biological Thiol

A. Shibata, K. Furukawa, H. Abe, S. Tsuneda, Y. Ito

Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters18(7)p.2246 - 22492008年04月-

Novel Nitritation Process Using Heat-Shocked Nitrifying Bacteria Entrapped in Gel Carrier

K. Isaka, T. Sumino, S. Tsuneda

Process Biochem.43(3)p.265 - 2702008年03月-

微生物固定化のための膜の改質と水処理分野への適用

常田聡,寺田昭彦

33(2)p.54 - 622008年03月-

Estimation of Single-Nucleotide Polymorphism Allele Frequency by Alternately Binding Probecompetitive Polymerase Chain Reaction (ABC-PCR)

H. Tani, N. Morita, S. Kurata, K. Nakamura, T. Kanagawa, S. Tsuneda, Y. Sekiguchi, N. Noda

Anal. Chim. Acta608(2)p.211 - 2162008年02月-

Low Temperature Decreases Phylogenetic Diversity of Ammonia-Oxidizing Archaea and Bacteria in Aquarium Biofiltration Systems

H. Urakawa, Y. Tajima, Y. Numata, S. Tsuneda

Appl. Environ. Microbiol.74(3)p.894 - 9002008年02月-

Rapid DNA Chemical Ligation for Amplification of RNA and DNA Signal

H. Abe, Y. Kondo, H. Jinmei, N. Abe, K. Furukawa, A. Uchiyama, S. Tsuneda, K. Aikawa, I. Matsumoto, Y. Ito

Bioconjugate Chem.19(1)p.327 - 3332008年01月-

Psg18 is specifically expressed in follicle-associated epithelium

K. Kawano, M. Ebisawa, K. Hase, S. Fukuda, A. Hijikata, S. Kawano, Y. Date, S. Tsuneda, K. Itoh, H. Ohno

Cell Struct. Funct.32(2)p.115 - 1262007年12月-

Ammonium Removal Performance of Anaerobic Ammonium-Oxidizing Bacteria Immobilized in Polyethylene Glycol Gel Carrier

K. Isaka, Y. Date, T. Sumino, S. Tsuneda

Appl. Microbiol. Biotechnol.76(6)p.1457 - 14652007年10月-

Modeling of Membrane-Aerated Biofilm for Feasibility Study of Simultaneous Nitrification and Denitrification

S. Matsumoto, A. Terada, S. Tsuneda

Biochem. Eng. J.37(1)p.98 - 1072007年10月-

Nitrification of Landfill Leachate Using Immobilized Nitrifying Bacteria at Low Temperatures

K. Isaka, S. Yoshie, T. Sumino, Y. Inamori, S. Tsuneda

Biochem. Eng. J.37(1)p.49 - 552007年10月-

リン回収技術の現状と将来展望

蛯江美孝,近藤貴志,徐開欽,常田聡,稲森悠平

再生と利用30(117)p.6 - 102007年10月-

細胞内遺伝子発現検出用の蛍光バイオプローブの設計と合成

阿部洋,古川和寛,常田聡,伊藤嘉浩

蛋白質拡散酵素52(13)p.1619 - 16242007年10月-

Analysis of the Relationship between Ammonia Oxidizing Bacterial Populations and Nitrification Efficiency in Full-Scale Advanced Johkasou Using Different Structured Carriers by Real-Time PCR

G. Nakagawa, Y. Ebie, S. Tsuneda, M. Matsumura, Y. Inamori

Jpn. J. Water Treatment Biol.43(3)p.143 - 1492007年09月-

Calibration-Curve-Free Quantitative PCR: A Quantitative Method for Specific Nucleic Acid Sequences without Using Calibration Curves

H. Tani, T. Kanagawa, N. Morita, S. Kurata, K. Nakamura, S. Tsuneda, N. Noda

Anal. Biochem.369(1)p.105 - 1112007年09月-

Diversity of Nitrite Reductase Genes in Accumulibacter phosphatis Dominant Cultures Enriched by Flow-Cytometric Sorting

R. Miyauchi, K. Oki, Y. Aoi, S. Tsuneda

Appl. Environ. Microbiol.73(16)p.5331 - 53372007年08月-

Technique for Quantitative Detection of Specific DNA Sequences Using Alternately Binding Quenching Probe Competitive Assay Combined with Loop-Mediated Isothermal Amplification

H. Tani, T. Teramura, K. Adachi, S. Tsuneda, S. Kurata, K. Nakamura, T. Kanagawa, N. Noda

Anal. Chem.79(15)p.5608 - 56132007年08月-

Detection of Defluvicoccus-Relative Glycogen-Accumulating Organisms in Enhanced Biological Phosphorus Removal Processes

T. Kondo, Y. Ebie, S. Tsuneda, Y. Inamori

Microbes and Environments22(2)p.190 - 1952007年06月-

Direct Profiling of rRNA in Saline Wastewater Treatment Samples Using an Oligonucleotide Microarray

H. Urakawa, J. Matsumoto, T. Hoshino, S. Tsuneda

Microbes and Environments22(2)p.116 - 1222007年06月-

Experimental and Simulation Analysis of Community Structure of Nitrifying Bacteria in a Membrane-Aerated Biofilm

S. Matsumoto, A. Terada, Y. Aoi, S. Tsuneda, E. Alpkvist, C. Picioreanu, M.C.M. van Loosdrecht

Water Sci. Technol.55(8,9)p.283 - 2902007年05月-

High Nitrogen Removal Performance at Moderately Low Temperature Utilizing Anaerobic Ammonium Oxidation Reactions

K. Isaka, T. Sumino, S. Tsuneda

J. Biosci. Bioeng.103(5)p.486 - 4902007年05月-

RNA Microarray for Estimating Relative Abundance of 16S rRNA in Microbial Communities

T. Hoshino, K. Furukawa, S. Tsuneda, Y. Inamori

J. Microb. Methods69(2)p.406 - 4102007年05月-

Redox-Stratification Controlled Biofilm (ReSCoBi) for Completely Autotrophic Nitrogen Removal: The Effect of Co- versus Counter-Diffusion on Reactor Performance

A. Terada, S. Lackner, S. Tsuneda, B. F. Smets

Biotechnol. Bioeng.97(1)p.40 - 512007年05月-

シミュレーションによるバイオフィルムシステム解析の進展

松本慎也,青井議輝,常田聡

ケミカルエンジニヤリング52(5)p.359 - 3632007年05月-

Use of Real-Time PCR to Examine the Relationship between Ammonia Oxidizing Bacterial Populations and Nitrogen Removal Efficiency in a Small Decentralized Treatment System "Johkasou"

G. Nakagawa, Y. Ebie, S. Tsuneda, M. Matsumura, Y. Inamori

Water Sci. Technol.55(7)p.203 - 2102007年04月-

ゼオライト成形体の導入による高機能窒素除去型の植栽水質浄化法の開発

木持謙,正田武則,三上恭弘,常田聡

月刊「水」May-49(700)p.27 - 322007年04月-

Characterization of the High-Density Bacteria in Biological Phosphorus Removal Process by Using Buoyant Density Separation

T. Kondo, Y. Ebie, S. Tsuneda, Y. Inamori

Jpn. J. Water Treatment Biol.43(1)p.51 - 622007年03月-

Determination of Polyphosphate-Accumulating Organisms Activity in Enhanced Biological Phosphorus Removal Using Conventional Methods and Microautoradiograly-FISH

T. Kondo, Y. Ebie, S. Tsuneda, Y. Inamori

Jpn. J. Water Treatment Biol.43(1)p.19 - 292007年03月-

Quantitative Method for Specific Nucleic Acid Sequences Using Competitive Polymerase Chain Reaction with an Alternately Binding Probe

H. Tani, T. Kanagawa, S. Kurata, T. Teramura, K. Nakamura, S. Tsuneda, N. Noda

Anal. Chem.79(3)p.974 - 9792007年02月-

Bacterial Adhesion to and Viability on Positively Charged Polymer Surfaces

A. Terada, A. Yuasa, T. Kushimoto, S. Tsuneda, A. Katakai, M. Tamada

Microbiology152(12)p.3573 - 35832006年12月-

Comprehensive Analysis of Cell Wall Permeabilizing Conditions for Highly Sensitive Fluorescence In Situ Hybridization

K. Furukawa, T. Hoshino, S. Tsuneda, Y. Inamori

Microbes and Environments21(4)p.227 - 2342006年12月-

Effects of Acetate and Nitrite Addition on Fraction of Denitrifying Phosphate-Accumulating Organisms and Nutrient Removal Efficiency in Anaerobic/Aerobic/Anoxic Process

K. Soejima, K. Oki, A. Terada, S. Tsuneda, A. Hirata

Bioproc. Biosyst. Eng.29(5)p.305 - 3132006年12月-

電気泳動による微生物固定化空間内の基質輸送の促進と脱窒反応の向上

常田聡,賀來周一,林浩志,大串聡,寺田昭彦,平田彰

化学工学論文集32(6)p.507 - 5132006年12月-

生物学的リン除去プロセスの最新動向

近藤貴志,常田聡

化学工学70(11)p.616 - 6202006年11月-

分離培養技術の進展

青井議輝,波多徹,常田聡

生物工学84(11)p.444 - 4472006年11月-

Identification of Acetate- or Methanol-Assimilating Bacteria under Nitrate-Reducing Conditions by Stable-Isotope Probing

T. Osaka, S. Yoshie, S. Tsuneda, A. Hirata, N. Iwami, Y Inamori

Microbial Ecology52(2)p.253 - 2662006年09月-

Real-Time Quantitative LAMP (Loop-Mediated Isothermal Amplification of DNA) as a Simple Method for Monitoring Ammonia-Oxidizing Bacteria

Y. Aoi, M. Hosogai, S. Tsuneda

J. Biotechnol.125(4)p.484 - 4912006年09月-

Highly Sensitive Real-Time PCR Assay for Quantification of Toxic Cyanobacteria Based on Microcystin Synthetase A Gene

K. Furukawa, N. Noda, S. Tsuneda, T. Saito, T. Itayama, Y. Inamori

J. Biosci. Bioeng.102(2)p.90 - 962006年08月-

Molecular Analysis of Halophilic Bacterial Community for High-Rate Denitrification of Saline Industrial Wastewater

S. Yoshie, H. Makino, H. Hirosawa, K. Shirotani, S. Tsuneda, A. Hirata

Appl. Microbiol. Biotechnol.72(1)p.182 - 1892006年08月-

Rapid Autohydrogenotrophic Denitrification by a Membrane Biofilm Reactor Equipped with a Fibrous Support around a Gas-Permeable Membrane

A. Terada, S. Kaku, S. Matsumoto, S. Tsuneda

Biochem. Eng. J.31(1)p.84 - 912006年08月-

好気性グラニュールを用いた水処理技術

岸田直裕,常田聡

水処理技術47(8)p.349 - 3552006年08月-

Anaerobic/Oxic/Anoxic Granular Sludge Process as an Effective Nutrient Removal Process Utilizing Denitrifying Polyphosphate-Accumulating Organisms

N. Kishida, J.H. Kim, S. Tsuneda, R. Sudo

Water Res.40(12)p.2303 - 23102006年07月-

Sequencing Batch Membrane Biofilm Reactor for Simultaneous Nitrogen and Phosphorus Removal: Novel Application of Membrane-Aerated Biofilm

A. Terada, T. Yamamoto, S. Tsuneda, A. Hirata

Biotechnol. Bioeng.94(4)p.730 - 7392006年06月-

Evaluation of Sludge Reduction and Phosphorus Recovery Efficiencies in a New Advanced Wastewater Treatment System Using Denitrifying Polyphosphate Accumulating Organisms

Y. Suzuki, T. Kondo, K. Nakagawa, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Shimizu, Y. Inamori

Water Sci. Technol.53(6)p.107 - 1132006年05月-

マイクロバブル化オゾン酸化法および吸着脱リン法を組み込んだ新しい資源循環型排水処理システム

鈴木康之,近藤貴志,常田聡,稲森悠平

用水と廃水48(5)p.424 - 4312006年05月-

Affinity Capillary Electrophoresis with a DNA-nanoparticle Conjugate as a New Tool for Genotyping

K. Adachi, N. Noda, M. Nakashige, S. Tsuneda, T. Kanagawa

J. Chromatogr. A1109(2)p.127 - 1312006年03月-

Characteristics of Bacteria Showing High Denitrification Activity in Saline Wastewater

S. Yoshie, T. Ogawa, H. Makino, H. Hirosawa, S. Tsuneda, A. Hirata

Lett. Appl. Microbiol.42(3)p.277 - 2832006年03月-

Growth Characteristic of Anaerobic Ammonium-Oxidizing Bacteria in an Anaerobic Biological Filtrated Reactor

K. Isaka, Y. Date, S. Yoshie, T. Sumino, S. Tsuneda

Appl. Microbiol. Biotechnol.70(1)p.47 - 522006年03月-

High-Rate Nitrification Using Aerobic Granular Sludge

S. Tsuneda, M. Ogiwara, Y. Ejiri, A. Hirata

Water Sci. Technol.53(3)p.147 - 1542006年03月-

Long-Term Monitoring of the Succession of a Microbial Community in Activated Sludge from a Circulation Flush Toilet as a Closed System

T. Hoshino, T. Terahara, K. Yamada, H. Okuda, I. Suzuki, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

FEMS Microbiol. Ecol.55(3)p.459 - 4702006年03月-

Recovery of Sb(V) Using a Functional-Ligand-Containing Porous Hollow-Fiber Membrane Prepared by Radiation-Induced Graft Polymerization

H. Kawakita, K. Uezu, S. Tsuneda, K. Saito, M. Tamada, T. Sugo

Hydrometallurgy81(3,4)p.190 - 1962006年03月-

Feasibility of a Membrane-Aerated Biofilm Reactor to Achieve Controllable Nitrification

A. Terada, T. Yamamoto, R. Igarashi, S. Tsuneda, A. Hirata

Biochem. Eng. J.28(2)p.123 - 1302006年02月-

Simultaneous Nitrogen and Phosphorus Removal Using Denitrifying Phosphate-Accumulating Organisms in a Sequencing Batch Reactor

S. Tsuneda, T. Ohno, K. Soejima, A. Hirata

Biochem. Eng. J.27(3)p.191 - 1962006年01月-

ナノパーティクルを用いたアフィニティーキャピラリー電気泳動法による特定遺伝子の新規な検出手法の開発

足立賢,野田尚宏,中繁誠人,常田聡,金川貴博

化学工学シンポジウムシリーズ79p.106 - 1102006年01月-

生物学的窒素・リン除去プロセスにおける微生物生態と機能

近藤貴志,大坂利文,青井議輝,常田聡

用水と廃水48(1)p.53 - 602006年01月-

Molecular Analysis of Microbial Population Transition Associated with the Start of Denitrification in a Wastewater Treatment Process

T. Hoshino, T. Terahara, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

J. Appl. Microbiol.99(5)p.1165 - 11752005年11月-

繊維化スラグの複合的利用による低濃度重金属汚染水処理

常田聡,酒井寿郎,林浩志

水環境学会誌28(11)p.651 - 6552005年11月-

Comparison of Spatial Organization in Top-down- and Membrane-aerated Biofilms: A Numerical Study

A. Bell, Y. Aoi, A. Terada, S. Tsuneda, A. Hirata

Water Sci. Technol.52(7)p.173 - 1802005年10月-

窒素除去プロセスにおける複合微生物系解析とその利用

青井議輝,大坂利文,常田聡

水環境学会誌28(8)p.474 - 4782005年08月-

Single-Stage Autotrophic Nitrogen-Removal Process Using a Composite Matrix Immobilizing Nitrifying and Sulfur-Denitrifying Bacteria

Y. Aoi, Y. Shiramasa, E. Kakimoto, S. Tsuneda, A. Hirata, T. Nagamune

Appl. Microbiol. Biotechnol.68(1)p.124 - 1302005年07月-

Elucidation of Dominant Effect on Initial Bacterial Adhesion onto Polymer Surfaces Prepared by Radiation-Induced Graft Polymerization

A. Terada, A. Yuasa, S. Tsuneda, A. Hirata, A. Katakai, M. Tamada

Colloids and Surf. B: Biointerfaces43(2)p.99 - 1072005年06月-

ビール粕成形炭による観賞魚用水槽の水質浄化

岡本裕行,芝田隼次,村山憲弘,山本秀樹,塚元祐二,飯塚梨加,常田聡

環境資源工学52(1)p.25 - 312005年05月-

Characteristics and Applicability of Nitrifying Granules Produced in an Aerobic Upflow Fluidized Bed Reactor

S. Tsuneda, Y. Ejiri, M. Ogiwara, T. Nagano, A. Hirata

Aerobic Granular Sludge, Water Environmental Management Series (WEMS)p.15 - 242005年04月-

Characterization of Denitrifying Polyphosphate-Accumulating Organisms in Activated Sludge Based on Nitrite Reductase Gene

S. Tsuneda, R. Miyauchi, T. Ohno, A. Hirata

J. Biosci. Bioeng.99(4)p.403 - 4072005年04月-

Quantification of Genetically Modified Soybean by Quenching Probe Polymerase Chain Reaction

H. Tani, N. Noda, K. Yamada, S. Kurata, S. Tsuneda, A. Hirata, T. Kanagawa

J. Agric. Food Chem.53(7)p.2535 - 25402005年04月-

Effect of Salinity on Nitrous Oxide Emission in the Biological Nitrogen Removal Process for Industrial Wastewater

S. Tsuneda, M. Mikami, Y. Kimochi, A. Hirata

J. Hazard. Mater.119(1~3)p.93 - 982005年03月-

ステップ流入式嫌気/好気/無酸素プロセスによる窒素・リン同時除去

常田聡,大野高史,副島孝一,平田彰

用水と廃水47(3)p.230 - 2362005年03月-

脱窒性リン蓄積細菌を利用した下水処理技術およびリン資源回収の可能性

常田聡,大野高史,副島孝一,平田彰

環境バイオテクノロジー学会誌4(2)p.95 - 992005年03月-

リアルタイム制御法を用いた新規窒素除去プロセスの開発

岸田直裕,金主鉉,須藤隆一,佐々木弘,常田聡

ケミカルエンジニヤリング50(3)p.108 - 1132005年02月-

Automatic Control Strategy for Biological Nitrogen Removal of Low C/N Wastewater in a Sequencing Batch Reactor

N. Kishida, J.H. Kim, M. Chen, S. Tsuneda, H. Sasaki, R. Sudo

Water Sci. Technol.50(10)p.45 - 502004年12月-

Monitoring the Microbial Population Dynamics at the Start-up Stage of Wastewater Treatment Reactor by Terminal Restriction Fragment Length Polymorphism Analysis Based on 16S rDNA and rRNA Gene Sequences

T. Terahara, T. Hoshino, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

J. Biosci. Bioeng.98(6)p.425 - 4282004年12月-

Quantitative Analysis of amoA mRNA Expression as a New Biomarker of Ammonia Oxidation Activities in a Complex Microbial Community

Y. Aoi, Y. Masaki, S. Tsuneda, A. Hirata

Lett. Appl. Microbiol.39(6)p.477 - 4822004年12月-

硝化グラニュールを利用した高塩濃度産業廃水処理

星野辰彦,広沢英信,松川忠史,小川知幸,江尻慶央,常田聡,平田彰

日本水処理生物学会誌40(4)p.137 - 1422004年12月-

Significance of Cell Electrokinetic Properties Determined by Soft-Particle Analysis in Bacterial Adhesion onto a Solid Surface

S. Tsuneda, H. Aikawa, H. Hayashi, A. Hirata

J. Colloid Interface Sci.279(2)p.410 - 4172004年11月-

Removal of Antimony (III) Using Polyol-Ligand-Containing Porous Hollow-Fiber Membranes

T. Saito, S. Tsuneda, A. Hirata, S. Nishiyama, K. Saito, K. Saito, K. Sugita, K. Uezu, M. Tamada, T. Sugo

Sep. Sci. Technol.39(13)p.3011 - 30222004年09月-

高度リン回収および余剰汚泥減容化を志向した排水処理プロセスの開発および評価

稲森悠平,中川和哉,鈴木康之,近藤貴志,常田聡,平田彰

用水と廃水46(8)p.671 - 6772004年08月-

Expression of amoA mRNA in Wastewater Treatment Processes Examined by Competitive RT-PCR

Y. Aoi, Y. Shiramasa, Y. Masaki, S. Tsuneda, A. Hirata, A. Kitayama, T. Nagamune

J. Biotechnol.111(2)p.111 - 1202004年07月-

Comparative Analysis of Genetic Diversity and Expression of amoA in Wastewater Treatment Process

Y. Ebie, N. Noda, H. Miura, M. Matsumura, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Appl. Microbiol. Biotechnol.64(5)p.740 - 7442004年06月-

Design of 16S rRNA-targeted oligonucleotide probes and microbial community analysis in the denitrification process of a saline industrial wastewater treatment system

S. Yoshie, N. Noda, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

FEMS Microbiol. Lett.235(1)p.183 - 1892004年06月-

Enhancement of Biofilm Formation onto Surface-Modified Hollow-Fiber Membranes and Its Application to a Membrane-Aerated Biofilm Reactor

A. Terada, T. Yamamoto, K. Hibiya, S. Tsuneda, A. Hirata

Water Sci. Technol.49(11,12)p.263 - 2682004年06月-

Formation Mechanism of Nitrifying Granules Observed in an Aerobic Upflow Fluidized Bed (AUFB) Reactor

S. Tsuneda, Y. Ejiri, T. Nagano, A. Hirata

Water Sci. Technol.49(11,12)p.27 - 342004年06月-

Simple Prediction of Oxygen Penetration Depth in Biofilms for Wastewater Treatment

K. Hibiya, J. Nagai, S. Tsuneda, A. Hirata

Biochem. Eng. J.19(1)p.61 - 682004年06月-

Simplified Modeling of Simultaneous Reaction Kinetics of Carbon Oxidation and Nitrification in Biofilm Processes

S. Tsuneda, J. Auresenia, K. Hibiya, A. Hirata

Eng. Life Sci.4(3)p.239 - 2462004年06月-

Structure of polyol-igand-containing polymer brush on the porous membrane for antimony(III) binding

T. Saito, H. Kawakita, K. Uezu, S. Tsuneda, A. Hirata, K. Saito, M. Tamada, T. Sugo

J. Membr. Sci.236(1,2)p.65 - 712004年06月-

Transition of Bacterial Spatial Organization in a Biofilm Monitored by FISH and Subsequent Image Analysis

Y. Aoi, S. Tsuneda, A. Hirata

Water Sci. Technol.49(11,12)p.365 - 3702004年06月-

脱窒性リン蓄積細菌を用いた水処理技術

常田聡,大野高史,安祚煥,平田彰

水処理技術45(6)p.261 - 2662004年06月-

Salinity Decreases Nitrite Reductase Gene Diversity in Denitrifying Bacteria of Wastewater Treatment Systems

S. Yoshie, N. Noda, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Appl. Environ. Microbiol.70(5)p.3152 - 31572004年05月-

T-RFLP法による排水処理細菌叢の迅速モニタリング

星野辰彦,寺原猛,常田聡,平田彰,稲森悠平

用水と廃水46(5)p.408 - 4122004年05月-

メンブレンエアレーション法を応用した単一槽内有機物・窒素同時除去システム

寺田昭彦,日比谷和明,常田聡,平田彰

用水と廃水46(2)p.148 - 1552004年02月-

界面特性を利用した細菌細胞の付着・脱着制御法

林浩志,二瓶智也,生木大志,常田聡,平田彰,佐々木弘

資源と素材120(1)p.54 - 592004年01月-

Characterization of Nitrifying Granules Produced in an Aerobic Upflow Fluidized Bed Reactor

S. Tsuneda, T. Nagano, T. Hoshino, Y. Ejiri, N. Noda, A. Hirata

Water Res.37(20)p.4965 - 49732003年12月-

Degradation of Xenobiotic Substances Using Sulfate-Reducing Bacteria in UASB Reactor

S. Tsuneda, T. Shiono, K. Nakamura, T. Dogan, A. Hirata

Water Sci. Technol.48(11,12)p.227 - 2342003年12月-

Effects of SRT and DO on N2O Reductase Activity in an Anoxic-Oxic Activated Sludge System

N. Noda, N. Kaneko, M. Mikami, Y. Kimochi, S. Tsuneda, A. Hirata, M. Mizuochi, Y. Inamori

Water Sci. Technol.48(11,12)p.363 - 3702003年12月-

RT-PCR法を用いた生活排水処理プロセスにおけるアンモニア酸化細菌の活性発現のモニタリング解析

蛯江美孝,三浦英智,野田尚宏,松村正利,常田聡,平田彰,水落元之,稲森悠平

日本水処理生物学会誌39(4)p.199 - 2072003年12月-

ビール粕を原料とする成形炭の水質浄化特性

岡本裕行,八木紀依,井上雅夫,山崎秀一,石田清治,芝田隼次,山本秀樹,林浩志,塩野貴史,常田聡,平田彰

環境資源工学50(4)p.165 - 1742003年12月-

放射性同位体トレーサー法を用いた水圏生態系マイクロコズムに及ぼすリンの影響評価

近藤貴志,板山朋聡,常田聡,平田彰,稲森悠平

日本水処理生物学会誌39(4)p.175 - 1812003年12月-

硫酸塩還元細菌を利用したFe-EDTA分解除去プロセスの構築

常田聡,塩野貴史,中村和之,平田彰

日本水処理生物学会誌39(4)p.167 - 1742003年12月-

In Situ PCR for Visualizing of Distribution of a Functional Gene "amoA" in a Biofilm Regardless of Activity

T. Hoshino, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

J. Biotechnol.105(1,2)p.33 - 402003年10月-

Adsorption Effect on the Dynamic Response of Biochemical Reaction in a Biofilm Reactor for Wastewater Treatment

S. Tsuneda, Y. Inoue, J. Auresenia, A. Hirata

Eng. Life Sci.3(9)p.371 - 3752003年09月-

Influence of Growth Phase on Bacterial Cell Electrokinetic Characteristics Examined by Soft Particle Electrophoresis Theory

H. Hayashi, H. Seiki, S. Tsuneda, A. Hirata, H. Sasaki

J. Colloid Interface Sci.264(2)p.565 - 5682003年09月-

Photooxidation of PCE in Gas Phase in UV-Bubble Column Reactor with H2O2

D. Alibegic, S. Tsuneda, A. Hirata

Water Intelligence Online2003年09月-

スラグウールを付着担体とする固定床型硫酸還元バイオリアクターによる希薄廃水からのカドミウム回収

林浩志,勝賀瀬暢一,常田聡,平田彰,佐々木弘

資源と素材119(9)p.559 - 5632003年09月-

Extracellular Polymeric Substances Responsible for Bacterial Adhesion onto Solid Surface

S. Tsuneda, H. Aikawa, H. Hayashi, A. Yuasa, A. Hirata

FEMS Microbiol. Lett.223(2)p.287 - 2922003年06月-

Oxidation of Tetrachloroethylene in a Bubble Column Photochemical Reactor Applying the UV/H2O2 Technique

D. Alibegic, S. Tsuneda, A. Hirata

Can. J. Chem. Eng.81(3,4)p.733 - 7402003年06月-

Quinone Profiles Reflecting Population Dynamics of Denitrifying Phosphate-Accumulating Organisms

S. Tsuneda, T. Ohno, J. Ahn, T. Daidou, A. Hirata

Microbes and Environments18(2)p.69 - 732003年06月-

Influence of Extracellular Polymers on Electrokinetic Properties of Heterotrophic Bacterial Cells Examined by Soft Particle Electrophoresis Theory

S. Tsuneda, J. Jung, H. Hayashi, H. Aikawa, A. Hirata, H. Sasaki

Colloids and Surf. B: Biointerfaces29(2,3)p.181 - 1882003年05月-

High-Speed Recovery of Antimony Using Chelating Porous Hollow-Fiber Membrane

S. Nishiyama, K. Saito, K. Saito, K. Sugita, K. Sato, M. Akiba, T. Saito, S. Tsuneda, A. Hirata, M. Tamada, T. Sugo

J. Membr. Sci.214(2)p.275 - 2812003年04月-

中空糸メンブレンを用いた新しい水処理技術

寺田昭彦,日比谷和明,常田聡,平田彰

水処理技術44(4)p.153 - 1642003年04月-

Comparison of Detection Specificity of Nitrifying Bacteria in Biofilm using Fluorescence in situ Hybridization and in situ Fluorescence Antibody Methods

N. Noda, Y. Ebie, M. Matsumura, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Water Sci. Technol.47(5)p.129 - 1322003年03月-

Nitrogen Removal Characteristics and Biofilm Analysis of a Membrane-Aerated Biofilm Reactor Applicable to High-Strength Nitrogenous Wastewater Treatment

A. Terada, K. Hibiya, J. Nagai, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Biosci. Bioeng.95(2)p.170 - 1782003年02月-

UV-Bubble Column Reactor (UV-BCR) for Photolytic Removal of Tetrachloroethylene (PCE) from the Vapor Phase: Methodological Approach

D. Alibegic, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Chem. Eng. Jpn.36(2)p.178 - 1862003年02月-

独立栄養細菌を用いた硝化・脱窒同時進行型反応場の開発

青井議輝,白政優子,常田聡,平田彰

用水と廃水45(2)p.129 - 1332003年02月-

Simultaneous Nitrification and Denitrification by Controlling Vertical and Horizontal Microenvironment in a Membrane-Aerated Biofilm Reactor

K. Hibiya, A. Terada, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Biotechnol.100(1)p.23 - 322003年01月-

Characterization of Microbial Community in Nitrogen Removal Process of Metallurgic Wastewater by PCR-DGGE

S. Yoshie, N. Noda, T. Miyano, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Water Sci. Technol.46(11,12)p.93 - 982002年12月-

Community Analysis of Nitrifying Bacteria in an Advanced and Compact Gappei-Johkasou by FISH and PCR-DGGE

Y. Ebie, M. Matsumura, N. Noda, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Water Sci. Technol.46(11,12)p.105 - 1112002年12月-

Inhibition Effect of Chlorine Ion on Hydroxyl Radical Generation in UV-H2O2 Process

S. Tsuneda, Y. Ishihara, M. Hamachi, A. Hirata

Water Sci. Technol.46(11,12)p.33 - 382002年12月-

脱窒性リン蓄積細菌を利用した新しい高度排水処理プロセス

常田聡,安祚煥,大道智孝,大野高史,平田彰

水環境学会誌25(12)p.751 - 7552002年12月-

Dynamic Modeling and Simulation of a Three-Phase Fluidized Bed Batch Process for Wastewater Treatment

S. Tsuneda, J. Auresenia, T. Morise, A. Hirata

Process Biochem.38(4)p.599 - 6042002年11月-

放射線グラフト重合法で作製した多孔性膜を用いた金属イオンの高効率捕集

斎藤加織,斎藤恭一,杉田和之,常田聡,平田彰,須郷高信

科学と工業76(11)p.565 - 5712002年11月-

有用微生物固定化技術と排水高度処理への応用

常田聡

最近の化学工学54p.128 - 1412002年11月-

Detection and Quantification of Expression of amoA by Competitive Reverse Transcription-PCR

Y. Ebie, H. Miura, N. Noda, M. Matsumura, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Water Sci. Technol.46(1, 2)p.281 - 2882002年09月-

PCR-DGGE Analysis of Denitrifying Bacteria in a Metallurgic Wastewater Treatment Process

N. Noda, Y. Yoshie, T. Miyano, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Water Sci. Technol.46(1, 2)p.333 - 3362002年09月-

Real-Time Monitoring of Ammonia-Oxidizing Activity in a Nitrifying Biofilm by amoA mRNA Analysis

Y. Aoi, Y. Shiramasa, S. Tsuneda, A. Hirata, A. Kitayama, T. Nagamune

Water Sci. Technol.46(1, 2)p.439 - 4422002年09月-

Transformation of Phosphorus and Relevant Intracellular Compounds by a Phosphorus-Accumulating Enrichment Culture in the Presence of Both the Electron Acceptor and Electron Donor

J. Ahn, T. Daidou, S. Tsuneda, A. Hirata

Biotechnol. Bioeng.79(1)p.83 - 932002年07月-

吸着脱リン法を導入した資源回収型リン除去技術

高井智丈,宮坂章,稲森悠平,小松央子,小沼和博,中川和哉,常田聡

用水と廃水44(7)p.604 - 6102002年07月-

Kinetic Model for Dynamic Response of Three-Phase Fluidized Bed Biofilm Reactor for Wastewater Treatment

S. Tsuneda, J. Auresenia, Y. Inoue, Y. Hashimoto, A. Hirata

Biochem. Eng. J.10(1)p.31 - 372002年02月-

Characterization of Denitrifying Phosphate-Accumulating Organisms Cultivated under Different Electron Acceptor Conditions using Polymerase Chain Reaction-Denaturing Gradient Gel Electrophoresis Assay

J. Ahn, T. Daidou, S. Tsuneda, A. Hirata

Water Res.36(2)p.403 - 4122002年01月-

Three-Dimensional Immobilization of Bacterial Cells with a Fibrous Network and its Application in a High-Rate Fixed-bed Nitrifying Bioreactor

H. Hayashi, M. Ono, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Chem. Eng. Jpn.35(1)p.68 - 752002年01月-

Metabolic Behaviors of Denitrifying Phosphate-Accumulating Organisms under Nitrate and Nitrite Electron Acceptor Conditions

J. Ahn, T. Daidou, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Biosci. Bioeng.92(5)p.442 - 4462001年12月-

Selection and Dominance Mechanisms of Denitrifying Phosphate-Accumulating Organisms in Biological Phosphorus Removal Process

J. Ahn, T. Daidou, S. Tsuneda, A. Hirata

Biotechnol. Lett.23(24)p.2005 - 20082001年12月-

貴金属回収工程から排出される硝酸含有廃水の生物学的窒素除去

常田聡,宮野知子,小川知幸,吉江幸子,平田 彰,大田有香,磯部公信,稲垣 肇,片山 卓

日本水処理生物学会誌37(4)p.141 - 1492001年12月-

地域環境保全のための嫌気好気生物膜法による畜産排水の高度処理 〜脱窒性リン蓄積細菌の優占化技術と栄養塩除去プロセスへの応用〜

常田聡,安祚煥,大道智孝,平田彰

環境科学総合研究所年報20p.7 - 112001年12月-

Direct Detection by in situ PCR of the amoA Gene in Biofilm Resulting from a Nitrogen Removal Process

T. Hoshino, N. Noda, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

Appl. Environ. Microbiol.67(11)p.5261 - 52662001年11月-

Kinetics of Tetrachloroethylene (PCE) Gas Degradation and Byproducts Formation during UV/H2O2 Treatment in UV-Bubble Column Reactor

D. Alibegic, S. Tsuneda, A. Hirata

Chem. Eng. Sci.56(21, 22)p.6195 - 62032001年11月-

Microbial Community Analysis in the Denitrification Process of Saline Wastewater by Denaturing Gradient Gel Electrophoresis of PCR-Amplified 16S rRNA and the Cultivation Method

S. Yoshie, N. Noda, T. Miyano, S. Tsuneda, A. Hirata, Y. Inamori

J. Biosci. Bioeng.92(4)p.346 - 3532001年11月-

Rapid Recovery of Bacterial Cells from a Stable Dispersion by Heterocoagulation to a Fibrous Collector

H. Hayashi, T. Nihei, M. Ono, S. Tsuneda, A. Hirata, H. Sasaki

J. Colloid Interface Sci.243(1)p.109 - 1152001年10月-

TOC Removal of Diethylene Glycol Mono-n-hexyl Ether Synthetic Wastewater and 1,4-Butanediol Diglycidyl Ether Synthetic Wastewater with H2O2/UV in a Batch Reactor

W. J. Hou, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Chem. Eng. Jpn.34(10)p.1279 - 12842001年10月-

Efficient TOC Removal of Wastewater Containing 1,2-Naphthoquinone-2-diazido-5-sulfonic Acid Sodium Salt with H2O2/UV in a Batch Reactor

W. J. Hou, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Chem. Eng. Jpn.34(9)p.1084 - 10902001年09月-

Biological Nitrogen Removal from Industrial Wastewater Discharged from Metal Recovery Processes

A. Hirata, Y. Nakamura, S. Tsuneda

Water Sci. Technol.44(2, 3)p.171 - 1792001年08月-

Soft Particle Analysis of Bacterial Cells and its Interpretation of Cell Adhesion Behaviors in terms of DLVO Theory

H. Hayashi, S. Tsuneda, A. Hirata, H. Sasaki

Colloids and Surf. B: Biointerfaces22(2)p.149 - 1572001年08月-

TOC Removal of 2,4,5-Trichlorophenol Synthetic Wastewater with H2O2/UV in a Batch Reactor

W. J. Hou, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Chem. Eng. Jpn.34(8)p.1049 - 10512001年08月-

Visualization of Microscale Distribution of Nitrifying Bacteria in Biofilms Formed in Various Type Wastewater Treatment Processes

Y. Aoi, T. Miyoshi, T. Okamoto, S. Tsuneda, A. Kitayama, E. Kayano, T. Nagamune, A. Hirata

Advances in Water and Wastewater Treatment Technology -Molecular Technology, Nutrient Removal, Sludge Reduction, and Environmental Health-p.141 - 1512001年08月-

Direct Observation of Nitrifying Biofilms on Particles by Electron Microscopy

A. Hirata, A. A. Meutia, S. Tsuneda

Jpn. J. Water Treatment Biol.37(2)p.87 - 922001年06月-

包括型および付着型PEG担体で固定した硝化細菌の抗原抗体法による挙動解析

野田尚宏,蛯江美孝,生田創,常田聡,平田彰,松村正利,角野立夫,稲森悠平

日本水処理生物学会誌37(2)p.77 - 862001年06月-

Enhancement of Nitrifying Biofilm Formation Using Selected EPS Produced by Heterotrophic Bacteria

S. Tsuneda, S. Park, H. Hayashi, J. Jung, A. Hirata

Water Sci. Technol.43(6)p.197 - 2042001年05月-

The Role of Electrokinetic Properties on Adhesion of Nitrifying Bacteria to Solid Surfaces

H. Hayashi, S. Tsuneda, A. Hirata, H. Sasaki

Studies in Surface Science and Catalysis132p.293 - 2962001年05月-

粉砕生ゴミを含む厨芥排水の生物処理

常田聡,丁在国,中村和之,日比谷和明,平田彰

用水と廃水43(5)p.381 - 3852001年05月-

TOC Removal of Raw Industrial Wastewater from LSI Photo-Resist Processing with H2O2/UV in a Batch Reactor

W. J. Hou, S. Tsuneda, A. Hirata

J. Chem. Eng. Jpn.34(3)p.444 - 4472001年03月-

アンチモン含有廃水の処理技術

齋藤智宣,常田聡,斎藤恭一,平田彰

水処理技術42(3)p.103 - 1112001年03月-

火力発電所復水脱塩装置再生廃水からの生物学的窒素除去

常田聡,三好朋子,平田彰

日本水処理生物学会誌37(1)p.9 - 172001年03月-

Simultaneous Nitrogen and Phosphorus Removal from Nutrient-Rich Wastewater -I. Characterization of Denitrifying Phosphate-Accumulating Organisms-

S. Tsuneda, J. Ahn, T. Daidou, A. Hirata

Ann. Report Interdiscipl. Res. Inst. Environ. Sci.19p.67 - 752000年12月-

Microbial Ecology of Nitrifying Bacteria in Wastewater Treatment Process Examined by Fluorescence in situ Hybridization

Y. Aoi, T. Miyoshi, T. Okamoto, S. Tsuneda, A. Hirata, A. Kitayama, T. Nagamune

J. Biosci. Bioeng.90(3)p.234 - 2402000年10月-

Tailoring of Highly Efficient Nitrifying Biofilms in Fluidized Bed for Ammonia-Rich Industrial Wastewater Treatment

S. Tsuneda, T. Miyoshi, Y. Aoi, A. Hirata

Water Sci. Technol.42(3, 4)p.357 - 3622000年10月-

The Rapid Quantification and Detection of Nitrifying Bacteria by Using Monoclonal Antibody Method

H. Ikuta, N. Noda, Y. Ebie, A. Hirata, S. Tsuneda, M. Matsumura, Y. Inamori

Water Sci. Technol.42(3, 4)p.1 - 72000年10月-

感光剤製造工程廃液の生物処理

平田彰,島本敦史,飯田宏幸,常田聡

用水と廃水42(9)p.775 - 7802000年09月-

Rapid Quantification and in situ Detection of Nitrifying Bacteria in Biofilms by Monoclonal Antibody Method

N. Noda, H. Ikuta, Y. Ebie, A. Hirata, S. Tsuneda, M. Matsumura, T. Sumino, Y. Inamori

Water Sci. Technol.41(4, 5)p.301 - 3082000年07月-

Evaluation of Kinetic Parameters of Biochemical Reaction in Three-Phase Fluidized Bed Biofilm Reactor for Wastewater Treatment

A. Hirata, T. Takemoto, K. Ogawa, J. Auresenia, S. Tsuneda

Biochem. Eng. J.5(2)p.165 - 1712000年04月-

Formation and Characteristics of Nitrifying Biofilm on a Membrane Modified with Positively-Charged Polymer Chains

K. Hibiya, S. Tsuneda, A. Hirata

Colloids and Surf. B: Biointerfaces18(2)p.105 - 1122000年03月-

Effects of Oxygen Supply Condition and Specific Biofilm Interfacial Area on Phenol Removal Rate in a Three-Phase Fluidized Bed Bioreactor

A. Hirata, A. A. Meutia, M. Osawa, M. Arai, S. Tsuneda

Can. J. Chem. Eng.78(2)p.95 - 1012000年02月-

写真廃液中の難分解性有機物の微生物分解

平田彰,山下秀人,常田聡

用水と廃水41(9)p.808 - 8121999年09月-

Radiation-Induced Graft Polymerization is the Key to Develop High-Performance Functional Materials for Protein Purification

K. Saito, S. Tsuneda, M. Kim, N. Kubota, K. Sugita, T. Sugo

Radiat. Phys. Chem.54(5)p.517 - 5251999年05月-

紫外線照射と過酸化水素逐次添加を併用したジクロロメタンの高速分解処理

平田彰,石井純,常田聡

水環境学会誌22(5)p.396 - 4021999年05月-

Tailoring of a Smooth Polycrystalline Gold Surface as a Suitable Anchoring Site for a Self-Assembled Monolayer

S. Tsuneda, T. Ishida, N. Nishida, M. Hara, H. Sasada, W. Knoll

Thin Solid Films339(1, 2)p.142 - 1471999年02月-

写真廃液の再生とゼロエミッション化

平田彰,武井浩樹,常田聡

化学工業50(2)p.113 - 1181999年02月-

Kinetics of Biological Treatment of Phenolic Wastewater in Three-Phase Fluidized Bed Containing Biofilm and Suspended Sludge

A. Hirata, M. Noguchi, N. Takeuchi, S. Tsuneda

Water Sci. Technol.38(8, 9)p.205 - 2121998年12月-

High Resolution X-Ray Photoelectron Spectroscopy Measurements of Octadecanethiol Self-Assembled Monolayers on Au(111)

T. Ishida, M. Hara, I. Kojima, S. Tsuneda, N. Nishida, H. Sasabe, W. Knoll

Langmuir14(8)p.2092 - 20961998年04月-

嫌気好気生物膜法による産業廃水の高度処理

平田彰,常田聡

ケミカルエンジニヤリング43(3)p.188 - 1921998年03月-

Fluorescence Study on the Conformational Change of an Amino Group-Containing Polymer Chain Grafted onto a Polyethylene Microfiltration Membrane

S. Tsuneda, T. Endo, K. Saito, K. Sugita, K. Horie, T. Yamashita, T. Sugo

Macromolecules31(2)p.366 - 3701998年01月-

Treatment of Photographic Processing Wastewater Using Anaerobic-Aerobic Biofilm Reactor

A. Hirata, H. Lee, S. Tsuneda, T. Takai

Water Sci. Technol.36(12)p.91 - 991997年12月-

Local Mobility of Polymer Chain Grafted onto Polyethylene Monitored by Fluorescence Depolarization

S. Tsuneda, T. Endo, K. Saito, K. Sugita, K. Horie, T. Yamashita, T. Sugo

Chem. Phys. Lett.275(3, 4)p.203 - 2101997年08月-

Surface-Conditioning Effect of Gold Substrates on Octadecanethiol Self-Assembled Monolayer Growth

T. Ishida, S. Tsuneda, N. Nishida, M. Hara, H. Sasabe, W. Knoll

Langmuir13(17)p.4638 - 46431997年08月-

Alkyl Chain Length Effect on Growth Kinetics of n-Alkanethiol Self-Assembled Monolayers on Gold Studied by X-ray Photoelectron Spectroscopy

T. Ishida, N. Nishida, S. Tsuneda, M. Hara, H. Sasabe, W. Knoll

Jpn. J. Appl. Phys. Part2-Lett.35(12B)p.L1710 - L17131996年12月-

Ring-Opening Reaction of Poly-GMA Chain Grafted onto Porous Membrane

M. Kim, S. Kiyohara, S. Konishi, S. Tsuneda, K. Saito, T. Sugo

J. Membr. Sci.117(1, 2)p.33 - 381996年08月-

Hydrodynamic Evaluation of Three-Dimensional Adsorption of Protein to Polymer Chain Grafted onto Porous Substrate

S. Tsuneda, H. Kagawa, K. Saito, T. Sugo

J. Colloid Interface Sci.176(1)p.95 - 1001995年12月-

Novel Ion-Exchange Membranes for Electrodialysis Prepared by Radiation-Induced Graft Polymerization

S. Tsuneda, K. Saito, H. Mitsuhara, T. Sugo

J. Electrochem. Soc.142(11)p.3659 - 36631995年11月-

Highly Efficient Enzyme Recovery Using a Porous Membrane with Immobilized Tentacle Polymer Chains

S. Matoba, S. Tsuneda, K. Saito, T. Sugo

Bio/Technology13(8)p.795 - 7971995年08月-

Protein Adsorption Characteristics of Porous and Tentacle Anion-Exchange Membrane Prepared by Radiation-Induced Graft Polymerization

S. Tsuneda, K. Saito, T. Sugo, K. Makuuchi

Radiat. Phys. Chem.46(2)p.239 - 2451995年08月-

High-Throughput Processing of Proteins Using a Porous and Tentacle Anion-Exchange Membrane

S. Tsuneda, K. Saito, S. Furusaki, T. Sugo

J. Chromatogr.689(2)p.211 - 2181995年01月-

Hydrolysis of Methyl Acetate and Sucrose in SO3H-Group-Containing Grafted Polymer Chains Prepared by RIGP

T. Mizota, S. Tsuneda, K. Saito, T. Sugo

Ind. Eng. Chem. Res.33(9)p.2215 - 22191994年09月-

Sulfonic Acid Catalysts Prepared by Radiation-Induced Graft Polymerization

T. Mizota, S. Tsuneda, K. Saito, T. Sugo

J. Catal.149(1)p.243 - 2451994年09月-

Radiation-Induced Graft Polymerization of Vinyl Benzyltrimethylammonium Chloride onto Polyethylene Film

Y. C. Nho, T. Sugo, S. Tsuneda, K. Makuuchi

J. Appl. Polym. Sci.51(7)p.1269 - 12751994年02月-

Binding of Lysozyme onto a Cation-Exchange Microporous Membrane Containing Tentacle-Type Grafted Polymer Branches

S. Tsuneda, H. Shinano, K. Saito, S. Furusaki

Biotechnol. Prog.10(1)p.76 - 811994年01月-

Attachment of Sulfonic Acid Group to Various Shapes of PE, PP and PTFE by Radiation-Induced Graft Polymerization

S. Sugiyama, S. Tsuneda, K. Saito, S. Furusaki, T. Sugo, K. Makuuchi

Reactive Polymers21(3)p.187 - 1911993年12月-

Simple Introduction of Sulfonic Acid Group onto Polyethylene by Radiation-Induced Cografting of Sodium Styrenesulfonate with Hydrophilic Monomers

S. Tsuneda, K. Saito, S. Furusaki, T. Sugo, K. Makuuchi

Ind. Eng. Chem. Res.32(7)p.1464 - 14701993年07月-

Ion Exchange of Lysozyme during Permeation across a Microporous Sulfopropyl-Group-Containing Hollow Fiber

H. Shinano, S. Tsuneda, K. Saito, S. Furusaki, T. Sugo

Biotechnol. Prog.9(2)p.193 - 1981993年03月-

Preparation of Microfiltration Membranes Containing Anion-Exchange Group

K. Kobayashi, S. Tsuneda, K. Saito, H. Yamagishi, S. Furusaki, T. Sugo

J. Membr. Sci.76(2, 3)p.209 - 2181993年02月-

Water/Acetone Permeability of Porous Hollow-Fiber Membrane Containing Diethylamino Groups on the Grafted Polymer Branches

S. Tsuneda, K. Saito, S. Furusaki, T. Sugo, I. Ishigaki

J. Membr. Sci.71(1, 2)p.1 - 121992年07月-

Metal Collection Using Chelating Hollow Fiber Membrane

S. Tsuneda, K. Saito, S. Furusaki, T. Sugo, J. Okamoto

J. Membr. Sci.58(2)p.221 - 2341991年05月-

Transitions in Oral and Intestinal Microflora Composition and Innate Immune Receptor-Dependent Stimulation during Mouse Development

INFECTION AND IMMUNITY78(2)p.639 - 6502010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0019-9567

Direct cloning and expression of putative esterase genes from environmental DNA

ENZYME AND MICROBIAL TECHNOLOGY47(1-2)p.17 - 232010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0141-0229

Microbial community structure in autotrophic nitrifying granules characterized by experimental and simulation analyses

Matsumoto, Shinya;Katoku, Mayu;Saeki, Goro;Terada, Akihiko;Aoi, Yoshiteru;Tsuneda, Satoshi;Picioreanu, Cristian;van Loosdrecht, Mark C. M.

ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY12(1)p.192 - 2062010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:1462-2912

Phosphorylated 5-ethynyl-2′-deoxyuridine for advanced DNA labeling

Seo, Siyoong; Seo, Siyoong; Onizuka, Kazumitsu; Nishioka, Chieko; Takahashi, Eiki; Tsuneda, Satoshi; Abe, Hiroshi; Abe, Hiroshi; Ito, Yoshihiro; Ito, Yoshihiro; Ito, Yoshihiro

Organic and Biomolecular Chemistry13(15)p.4589 - 45952015年04月-2015年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:14770520

概要:© 2015 The Royal Society of Chemistry. The representative DNA-labeling agent 5-ethynyl-2′-deoxyuridine (EdU) was chemically modified to improve its function. Chemical monophosphorylation was expected to enhance the efficiency of the substrate in DNA polymerization by circumventing the enzymatic monophosphorylation step that consumes energy. In addition, to enhance cell permeability, the phosphates were protected with bis-pivaloyloxymethyl that is stable in buffer and plasma, and degradable inside various cell types. The phosphorylated EdU (PEdU) was less toxic than EdU, and had the same or a slightly higher DNA-labeling ability in vitro. PEdU was also successfully applied to DNA labeling in vivo. In conclusion, PEdU can be used as a less toxic DNA-labeling agent for studies that require long-term cell survival or very sensitive cell lines.

Identification of hydroxyanthraquinones as novel inhibitors of hepatitis C Virus NS3 helicase

Furuta, Atsushi; Furuta, Atsushi; Tsubuki, Masayoshi; Endoh, Miduki; Miyamoto, Tatsuki; Miyamoto, Tatsuki; Tanaka, Junichi; Salam, Kazi Abdus; Akimitsu, Nobuyoshi; Tani, Hidenori; Yamashita, Atsuya; Moriishi, Kohji; Nakakoshi, Masamichi; Sekiguchi, Yuji; Tsuneda, Satoshi; Noda, Naohiro; Noda, Naohiro

International Journal of Molecular Sciences16(8)p.18439 - 184532015年08月-2015年08月 

DOIScopus

詳細

ISSN:16616596

概要:© 2015 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland. Hepatitis C virus (HCV) is an important etiological agent of severe liver diseases, including cirrhosis and hepatocellular carcinoma. The HCV genome encodes nonstructural protein 3 (NS3) helicase, which is a potential anti-HCV drug target because its enzymatic activity is essential for viral replication. Some anthracyclines are known to be NS3 helicase inhibitors and have a hydroxyanthraquinone moiety in their structures; mitoxantrone, a hydroxyanthraquinone analogue, is also known to inhibit NS3 helicase. Therefore, we hypothesized that the hydroxyanthraquinone moiety alone could also inhibit NS3 helicase. Here, we performed a structure–activity relationship study on a series of hydroxyanthraquinones by using a fluorescence-based helicase assay. Hydroxyanthraquinones inhibited NS3 helicase with IC50 values in the micromolar range. The inhibitory activity varied depending on the number and position of the phenolic hydroxyl groups, and among different hydroxyanthraquinones examined, 1,4,5,8-tetrahydroxyanthraquinone strongly inhibited NS3 helicase with an IC50 value of 6 μM. Furthermore, hypericin and sennidin A, which both have two hydroxyanthraquinone-like moieties, were found to exert even stronger inhibition with IC50 values of 3 and 0.8 μM, respectively. These results indicate that the hydroxyanthraquinone moiety can inhibit NS3 helicase and suggest that several key chemical structures are important for the inhibition.

System for measuring oxygen consumption rates of mammalian cells in static culture under hypoxic conditions

Kagawa, Yuki; Kagawa, Yuki; Miyahara, Hirotaka; Ota, Yuri; Tsuneda, Satoshi; Tsuneda, Satoshi

Biotechnology Progress32(1)p.189 - 1972016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:87567938

概要:© 2016 American Institute of Chemical Engineers.Estimating the oxygen consumption rates (OCRs) of mammalian cells in hypoxic environments is essential for designing and developing a three-dimensional (3-D) cell culture system. However, OCR measurements under hypoxic conditions are infrequently reported in the literature. Here, we developed a system for measuring OCRs at low oxygen levels. The system injects nitrogen gas into the environment and measures the oxygen concentration by an optical oxygen microsensor that consumes no oxygen. The developed system was applied to HepG2 cells in static culture. Specifically, we measured the spatial profiles of the local dissolved oxygen concentration in the medium, then estimated the OCRs of the cells. The OCRs, and also the pericellular oxygen concentrations, decreased nonlinearly as the oxygen partial pressure in the environment decreased from 19% to 1%. The OCRs also depended on the culture period and the matrix used for coating the dish surface. Using this system, we can precisely estimate the OCRs of various cell types under environments that mimic 3-D culture conditions, contributing crucial data for an efficient 3-D culture system design.

Characterization of mazF-mediated sequence-specific RNA cleavage in pseudomonas putida using massive parallel sequencing

Miyamoto, Tatsuki; Miyamoto, Tatsuki; Kato, Yuka; Sekiguchi, Yuji; Tsuneda, Satoshi; Noda, Naohiro; Noda, Naohiro

PLoS ONE11(2)2016年02月-2016年02月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 Miyamoto et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited.Under environmental stress, microbes are known to alter their translation patterns using sequence-specific endoribonucleases that we call RNA interferases. However, there has been limited insight regarding which RNAs are specifically cleaved by these RNA interferases, hence their physiological functions remain unknown. In the current study, we developed a novel method to effectively identify cleavage specificities with massive parallel sequencing. This approach uses artificially designed RNAs composed of diverse sequences, which do not form extensive secondary structures, and it correctly identified the cleavage sequence of a well-characterized Escherichia coli RNA interferase, MazF, as ACA. In addition, we also determined that an uncharacterized MazF homologue isolated from Pseudomonas putida specifically recognizes the unique triplet, UAC. Using a real-time fluorescence resonance energy transfer assay, the UAC triplet was further proved to be essential for cleavage in P. putida MazF. These results highlight an effective method to determine cleavage specificity of RNA interferases.

Bacterial metabolites directly modulate farnesoid X receptor activity

Zhang, Xianqin; Osaka, Toshifumi; Osaka, Toshifumi; Tsuneda, Satoshi

Nutrition and Metabolism12(1)2015年11月-2015年11月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2015 Zhang et al.Background: The farnesoid X receptor (FXR), a ligand-activated transcription factor belonging to the adopted orphan receptor, plays an important role in maintaining health of the liver and intestine. In this study, we identified individual bacterial strains that directly modulated the activation of intestinal FXR. Methods: The FXR stimulatory potential of 38 bacterial strains was determined using a stable FXR reporter system derived from intestinal epithelial cells (IEC). The induction of FXR target genes by screened FXR stimulatory bacteria was determined by real-time PCR. In addition, a high fat diet (HFD)-induced obese mouse model was used to evaluate in vivo FXR stimulatory potential of bacterial metabolites screened in this study. Results: A luciferase assay with the FXR reporter cell line demonstrated that the FXR-stimulatory activity of most bacterial cell samples was less than 2-fold. The culture supernatants of Bacteroides dorei and Eubacterium limosum induced FXR activity and selectively regulated FXR target expression in the FXR reporter system. Treatment with B. dorei-derived metabolites strongly induced ileal bile acid binding protein (IBABP) (8.4-fold) and organic solute transporter (OST) α (3.1-fold) compared with E. limosum-derived metabolites. Furthermore, administration of B. dorei derived metabolites showed significant reduction in body weight gain, and both two bacterial metabolites reduced liver weight in obese mice compared to PBS-treated controls. Administration of each bacterial metabolites improved in serum levels of obesity-related metabolic biochemical markers such as ALT, AST, total cholesterol, and triglyceride. Furthermore, two bacterial metabolites enhanced the Fxr gene expression in the intestine and liver, and ileal Shp gene expression tended to be increased by treatment with the metabolites derived from B. dorei. Conclusions: B. dorei and E. limosum secreted the bioactive substances that directly stimulate FXR in the intestinal epithelial cells. Administration of these bacterial FXR-stimulatory metabolites improves the obesity phenotype including body weight gain, liver damage, lipid metabolism in DIO mice.

Effect of Lipopolysaccharide on the Progression of Non-Alcoholic Fatty Liver Disease in High Caloric Diet-Fed Mice

Matsushita, N.; Matsushita, N.; Osaka, T.; Osaka, T.; Haruta, I.; Haruta, I.; Ueshiba, H.; Yanagisawa, N.; Omori-Miyake, M.; Hashimoto, E.; Shibata, N.; Tokushige, K.; Saito, K.; Tsuneda, S.; Yagi, J.

Scandinavian Journal of Immunology83(2)p.109 - 1182016年02月-2016年02月 

PubMedDOIScopus

詳細

ISSN:03009475

概要:© 2016 The Foundation for the Scandinavian Journal of Immunology.The incidence of non-alcoholic steatohepatitis (NASH) is increasing. Because gut microbiota have been highlighted as one of the key factors in the pathogenesis of metabolic syndrome, we investigated the involvement of the bacterial component in the progression of non-alcoholic fatty liver (NAFL) to NASH. C57BL/6 mice were fed with maintenance food (MF, groups A and B) or a high caloric diet (HCD, groups C and D) for 1 month. Mice were then divided into four groups: Groups A and C were inoculated with PBS, while groups B and D were inoculated with lipopolysaccharide (LPS) plus complete Freund's adjuvant (CFA). The inoculations were performed a total of 3 times over 3 months. At 6 months, while hepatic steatosis was observed in groups C and D, cellular infiltration and fibrosis were less evident in group C than in group D. Inflammatory cytokines were upregulated in groups B and D. 16S rRNA pyrosequencing of whole colon homogenates containing faeces showed that certain bacterial groups, such as Bacteroidaceae, Peptostreptococcaceae and Erysipelotrichaceae, were increased in groups C and D. Although loading of bacterial components (LPS) resulted in hepatic inflammation in both MF- and HCD-fed mice, HCD feeding was more crucial in the progression of NAFL during the triggering phase.

Physical enrichment of uncultured Accumulibacter and Nitrospira from activated sludge by unlabeled cell sorting technique

Irie, Kana; Fujitani, Hirotsugu; Tsuneda, Satoshi

Journal of Bioscience and Bioengineering122(4)p.475 - 4812016年10月-2016年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:13891723

概要:© 2016 The Society for Biotechnology, JapanIt is important to understand the ecology and physiology of microbes in activated sludge of wastewater treatment plants. Recently, molecular based approaches such as 16S rRNA genes and environmental genomics have illuminated black boxes in nutrient removal process and expanded our knowledge. However, most microbes responsible for the removal of phosphate and nitrogen such as Accumulibacter and Nitrospira remain uncultured. This is because optimum methodologies to concentrate these uncultured microbes and to obtain pure cultures have not been established. Here, we report a novel approach for physical enrichment of uncultured Accumulibacter and Nitrospira from microbial communities in activated sludge by a cell sorting system. Two scattering signatures representing forward scatter and side scatter of this system allowed morphological characterization of microbial particles in activated sludge. The distribution and size of microbial particles consisting of single cells, microcolonies, and aggregates depended on the levels of scattering signatures. Next generation sequencer and principal component analysis revealed each microbial population fractionated according to the levels of scattering signatures, resulting that uncultured Accumulibacter and Nitrospira could be sorted as single cells or microcolonies. Finally, quantitative fluorescence in situ hybridization analysis determined optimum fractions to collect sufficiently these target microbes from activated sludge. Consequently, this method would be very useful as an enrichment technique prior to isolation, genomic analysis, and physiological investigation of uncultured bacteria.

AAU-specific RNA cleavage mediated by MazF toxin endoribonuclease conserved in Nitrosomonas Europaea

Miyamoto, Tatsuki; Miyamoto, Tatsuki; Yokota, Akiko; Tsuneda, Satoshi; Noda, Naohiro; Noda, Naohiro

Toxins8(6)2016年06月-2016年06月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2016 by the authors; licensee MDPI, Basel, Switzerland.Nitrosomonas europaea carries numerous toxin-antitoxin systems. However, despite the abundant representation in its chromosome, studies have not surveyed the underlying molecular functions in detail, and their biological roles remain enigmatic. In the present study, we found that a chromosomally-encoded MazF family member, predicted at the locus NE1181, is a functional toxin endoribonuclease, and constitutes a toxin-antitoxin system, together with its cognate antitoxin, MazE. Massive parallel sequencing provided strong evidence that this toxin endoribonuclease exhibits RNA cleavage activity, primarily against the AAU triplet. This sequence-specificity was supported by the results of fluorometric assays. Our results indicate that N. europaea alters the translation profile and regulates its growth using the MazF family of endoribonuclease under certain stressful conditions.

A rapid collection of yet unknown ammonia oxidizers in pure culture from activated sludge

Abe, Takuma; Ushiki, Norisuke; Fujitani, Hirotsugu; Tsuneda, Satoshi

Water Research108p.169 - 1782017年01月-2017年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:00431354

概要:© 2016 Elsevier LtdNitrification is an important reaction in the biological nitrogen removal process in wastewater treatment plants (WWTPs). As ammonia-oxidizing microbes are slow-growing and sensitive to environmental factors such as free ammonia, pure strains are hard to obtain, preventing our understanding of their physiological characteristics. To conquer this hurdle, we report a high-throughput isolation technique based on scattering signatures, which exploits the tendency of many ammonia-oxidizing bacteria (AOB) to form microcolonies in activated sludge. The AOB microcolonies were directly sorted from the activated sludge without long incubation and enrichment bias, and were sequentially inoculated into 96-well microtiter plates containing growth medium. Phylogenetic analysis of the pure strains isolated in this study revealed a deeply branching and unrecognized lineage and diversity within the genus Nitrosomonas, beyond our expectation.

書籍等出版物

生命科学概論 ー環境・エネルギーから医療までー

常田聡

朝倉書店2012年 04月-

詳細

ISBN:978-4-254-17151-8

基礎から理解する化学4 化学工学

常田聡

みみずく舎2012年 04月-

詳細

ISBN:978-4-86399-142-2

難培養微生物研究の最新技術II

古川和寛,阿部洋,伊藤嘉浩,常田聡

シーエムシー出版2010年 04月-

詳細

ISBN:978-4-7813-0183-9

リン資源の回収と有効利用

蛯江美孝,近藤貴志,常田聡,稲森悠平

サイエンス&テクノロジー2009年 11月-

詳細

ISBN:978-4-903413-76-1

マリンメタゲノムの有効利用

野田 尚宏,関口勇地,松田 泰嘉,谷 英典,常田 聡

シーエムシー出版2009年 07月-

詳細

ISBN:978-4-7813-0114-3

バイオフィルムの基礎と制御

松本慎也,常田聡

株式会社エヌ・ティー・エス2008年 02月-

詳細

ISBN:978-4-86043-150-1

排水・汚水処理技術集成

常田聡,近藤貴志

株式会社エヌ・ティー・エス2007年 05月-

一細胞定量解析の最前線 ライフサーベイヤ構築に向けて

阿部洋,古川和寛,常田聡,伊藤嘉浩

シーエムシー出版2006年 12月-

複合微生物系の産業利用と新産業創出

伊達康博,青井議輝,常田聡

シーエムシー出版2006年 07月-

Aerobic Granular Sludge, Water Environmental Management Series (WEMS)

S. Tsuneda, Y. Ejiri, M. Ogiwara, T. Nagano, A. Hirata

IWA Publishing2005年 04月-

最近の化学工学 54「バイオプロセスエンジニアリングの新展開-アップストリームからダウンストリームまで-」

常田聡

化学工業社2002年 11月-

Advanced in Water and Wastewater Treatment Technology -Molecular Technology, Nutrient Removal, Sludge Reduction, and Environmental Health-

Y. Aoi, T. Miyoshi, T. Okamoto, S. Tsuneda, A. Kitayama, E. Kayano, T. Nagamune, A. Hirata

Elsevier2000年 09月-

講演・口頭発表等

ヒト結腸陰窩細胞動態の三次元数理モデル

定量生物学の会 第7回年会2015年01月11日

詳細

ポスター発表

腸オルガノイド形態成数理モデの構築

定量生物学の会 第7回年会2015年01月11日

詳細

ポスター発表

包括固定化アナモックス担体を用いた好気脱窒システムの実証

日本水処理生物学会第51回大会2014年11月13日

詳細

口頭発表(一般)

nxrBを標的としたin situ RCA-FISH法による亜硝酸酸化細菌の探索

環境微生物系学会合同大会20142014年10月22日

詳細

ポスター発表

難培養性アンモニア酸化細菌Nitrosomonas mobilisの分離培養と生理学的性質の解明

環境微生物系学会合同大会20142014年10月22日

詳細

ポスター発表

比較解析から迫る亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの生態学的ニッチ

環境微生物系学会合同大会20142014年10月22日

詳細

ポスター発表

抗炎症能を有する腸内細菌のスクリーニングとその作用機序の解明

平成26年度日本生物工学会大会2014年09月11日

詳細

ポスター発表

腸炎の寛解誘導に関わる腸管内細菌代謝物動態の解析

平成26年度日本生物工学会大会2014年09月11日

詳細

ポスター発表

アナモックス反応を用いた好気脱窒システムの検証

第17回日本水環境学会シンポジウム2014年09月09日

詳細

口頭発表(一般)

腸内細菌による腸管上皮バリア機能の強化・修復

第18回腸内細菌学会2014年06月11日

詳細

口頭発表(一般)

腸内細菌代謝産物を介した大腸上皮細胞の炎症応答抑制機構の探索

第18回腸内細菌学会2014年06月11日

詳細

口頭発表(一般)

RNA干渉酵素を用いたRNA切断技術の開発

日本農芸化学会2013年度大会2014年03月29日

詳細

口頭発表(一般)

バイオフィルム中で薬剤寛容性を示す休止細菌の時空間ダイナミクス解析

第87回日本細菌学会総会2014年03月26日

詳細

ポスター発表

細菌分裂活性マーカーを用いた休止細菌分子機構の解析

第87回日本細菌学会総会2014年03月26日

詳細

ポスター発表

微小ガラス電極を用いたヒト心筋細胞の酸素消費動態解析

化学工学会第79年会2014年03月20日

詳細

口頭発表(一般)

淡水環境堆積物からのAnammox細菌の低温集積培養

第48回日本水環境学会年会2014年03月18日

詳細

口頭発表(一般)

包括固定化アナモックス担体のメタノール耐性と馴養

第48回日本水環境学会年会2014年03月17日

詳細

口頭発表(一般)

排水処理槽内から単離された2種類のNitrospiraの比較解析

第48回日本水環境学会年会2014年03月17日

詳細

口頭発表(一般)

効率的な酸素供給を実現する新規培養手法の構築

第13回日本再生医療学会総会2014年03月06日

詳細

口頭発表(一般)

微小ガラス電極を用いた酸素計測による心筋細胞の動態評価

第13回日本再生医療学会総会2014年03月06日

詳細

口頭発表(一般)

腸管上皮バリア機能の強化・修復を担う腸内細菌の探索

Hindgut Club Japan 20132013年12月07日

詳細

ポスター発表

RNA干渉酵素の酵素活性評価手法の構築とその利用

第29回日本微生物生態学会2013年11月24日

詳細

ポスター発表

機能遺伝子nxrBに基づく新規な亜硝酸酸化細菌の探索

第29回日本微生物生態学会2013年11月24日

詳細

ポスター発表

「個」と「集団」で生きる微生物たちを分ける —生育形態と難培養性との関係に迫る—

第29回日本微生物生態学会2013年11月23日

詳細

ポスター発表

環境中に潜在するAnammox細菌の集積培養と群集構造解析

第29回日本微生物生態学会2013年11月23日

詳細

ポスター発表

低濃度アンモニアの連続供給による難培養性硝化微生物の選択的集積培養

第29回日本微生物生態学会2013年11月24日

詳細

ポスター発表

亜硝酸酸化細菌Nitrospiraを標的とした新規分離培養手法と他の難培養性微生物への適用

第29回日本微生物生態学会2013年11月24日

詳細

口頭発表(一般)

マウス結腸陰窩細胞動態の三次元モデルの構築

定量生物学の会 第6回年会2013年11月22日

詳細

ポスター発表

長波長蛍光標識RNAプローブを用いたC型肝炎ウイルスNS3 helicaseの新規な活性測定手法

平成25年度日本生物工学会大会2013年09月19日

詳細

ポスター発表

局所酸素濃度計測による心筋細胞の機能評価

第17回酸素ダイナミクス研究会2013年08月03日

詳細

口頭発表(一般)

海洋生物抽出物より取得したcholesterol sulfateおよびhalisulfate 3によるC型肝炎ウイルスNS3 helicase阻害作用

第23回抗ウイルス療法研究会総会2013年06月13日

詳細

口頭発表(一般)

海綿Amphimedon sp.抽出画分のHCVゲノム複製阻害効果とその作用機序

第23回抗ウイルス療法研究会総会2013年06月13日

詳細

口頭発表(一般)

腸内細菌代謝産物を介した大腸上皮細胞の炎症応答抑制

第17回腸内細菌学会2013年06月13日

詳細

口頭発表(一般)

心臓を構成する各種細胞の酸素消費速度の測定

第12回日本再生医療学会総会2013年03月21日

詳細

ポスター発表

ラットおよびヒトiPS細胞由来心筋細胞の局所酸素濃度に応じた代謝動態

第12回日本再生医療学会総会2013年03月21日

詳細

口頭発表(一般)

灌流培養バイオリアクタを用いた血管網付きヒト心筋組織の構築

第12回日本再生医療学会総会2013年03月21日

詳細

口頭発表(一般)

Pseudomonas aeruginosa PAO1のバイオフィルム形成における休止細菌の時空間ダイナミクスの解析

第86回日本細菌学会総会2013年03月18日

詳細

ポスター発表

細菌の分裂活性に基づいたdormant persister の新規マーカーの開発

第86回日本細菌学会総会2013年03月18日

詳細

ポスター発表

新規分離培養手法のアナモックス細菌への適用

第47回日本水環境学会年会2013年03月11日

詳細

口頭発表(一般)

包括固定化担体を用いた好気脱窒システムの安定性評価

第47回日本水環境学会年会2013年03月11日

詳細

口頭発表(一般)

淡水環境に生息する難培養性硝化細菌の新規分離培養手法の開発

第47回日本水環境学会年会2013年03月11日

詳細

口頭発表(一般)

腸管炎症制御に関わる細菌−自然免疫細胞の相互作用の解明

第18回Hindgut Club Japanシンポジウム2012年12月08日

詳細

ポスター発表

腸炎の病態形成に関わる腸内環境因子の探索

第18回Hindgut Club Japanシンポジウム2012年12月08日

詳細

ポスター発表

結腸上皮細胞アポトーシス動態が細胞種ごとに異なるという予測の検証

定量生物学の会 第5回年会2012年11月23日

詳細

ポスター発表

微生物情報伝達物質を分解するろ過膜よるバイオフィルムの抑制

平成24年度日本生物工学会大会2012年10月26日

詳細

口頭発表(一般)

海洋生物抽出物より取得した複数種の硫酸化合物によるC型肝炎ウイルスNS3 helicase阻害作用

平成24年度日本生物工学会大会2012年10月25日

詳細

口頭発表(一般)

単層培養系における局所酸素濃度の測定

第16回酸素ダイナミクス研究会2012年09月29日

詳細

口頭発表(一般)

心筋細胞シートにおけるエネルギー代謝

第16回酸素ダイナミクス研究会2012年09月29日

詳細

口頭発表(一般)

培養できない微生物を培養するための新規技術開発

第28回日本微生物生態学会2012年09月22日

詳細

口頭発表(一般)

mRNA interferaseを用いたRNAの配列特異的な切断技術の開発

第28回日本微生物生態学会2012年09月21日

詳細

ポスター発表

難培養性Nitrospiraの単離が排水処理プロセスでの亜硝酸酸化細菌の生理学的性質を明らかにする

第28回日本微生物生態学会2012年09月20日

詳細

ポスター発表

バイオインターフェイスの改質による水処理におけるバイオフィルム制御:バイオフィルムリアクターの

第28回日本微生物生態学会2012年09月20日

詳細

口頭発表(一般)

システム論的アプローチによる環境浄化微生物コミュニティーデザイン

第28回日本微生物生態学会2012年09月20日

詳細

口頭発表(一般)

蛍光発生プローブによるスプライシング反応の解析

第4回日本RNAi研究会2012年08月

詳細

口頭発表(一般)

DSS腸炎マウスの病態形成過程における腸内細菌由来TLRs刺激能の動態

第16回腸内細菌学会2012年06月

詳細

口頭発表(一般)

大腸上皮細胞を用いた炎症応答抑制に関わる腸内細菌の探索

第16回腸内細菌学会2012年06月

詳細

ポスター発表

生体外における血管網付ヒト三次元組織の構築

第11回日本再生医療学会総会2012年06月

詳細

ポスター発表

培地・酸素供給の変化に応じた細胞シートの代謝変動特性

第11回日本再生医療学会総会2012年06月

詳細

口頭発表(一般)

再生医療に用いる細胞シートのエネルギー代謝

日本組織培養学会第85回大会2012年05月

詳細

口頭発表(一般)

細胞シート積層による三次元心筋組織構築過程における代謝評価

日本組織培養学会第85回大会2012年05月

詳細

口頭発表(一般)

新規蛍光発生化合物を用いた細胞内遺伝子検出プローブの改良と評価

日本薬学会第132年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

バイオフィルム由来の目詰まりを抑制する酵素固定化型ろ過膜の開発

化学工学会第77年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

単層細胞シートの代謝評価と酸素供給の影響

化学工学会第77年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

微生物情報伝達を遮断する機能性ろ過膜における膜の目詰まり防止の試み

第46回日本水環境学会年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

ゼオライト成形体と水生植物を活用した里川再生技術の実河川への応用

第46回日本水環境学会年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

アナモックス反応による好気脱窒システムの性能評価

第46回日本水環境学会年会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

大腸上皮組織中における細胞増殖—アポトーシスバランスの数理モデル構築

第12回化学工学会学生発表会 東京大会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

排水処理槽内に生息する難培養性亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの分離培養

第12回化学工学会学生発表会 東京大会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

in vivo培養システムの開発と口腔内に生息する未培養性微生物の取得・解明

第12回化学工学会学生発表会 東京大会2012年03月

詳細

口頭発表(一般)

生体組織維持におけるアポトーシスの役割:数理モデルによる定量解析

定量生物学の会 第4回年会2012年01月

詳細

ポスター発表

亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの新規分離培養手法とその実証

第27回日本微生物生態学会2011年10月

詳細

ポスター発表

浄水処理プロセス由来の新規硝化細菌の分離培養

第27回日本微生物生態学会2011年10月

詳細

ポスター発表

腸内細菌叢が大腸炎の病態に与える影響解析

第27回日本微生物生態学会2011年10月

詳細

口頭発表(一般)

海洋生物抽出物より取得したcholesterol sulfateによるC型肝炎ウイルスNS3 helicase阻害作用

平成23年度日本生物工学会大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

腸炎の病態形成に寄与する腸内環境因子の探索

平成23年度日本生物工学会大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

還元反応を引き金とした蛍光発生核酸プローブによるスプライシング反応産物の検出

日本分析化学会第60年会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

ゼオライト成形体と水生植物を活用した生態工学技術による小河川の再生

日本陸水学会第76回大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

水質浄化ゼオライト成形体の導入による魚類の生息・産卵場所の創造

日本陸水学会第76回大会2011年09月

詳細

口頭発表(一般)

新生仔ラット心筋細胞シートにおける内皮細胞の動態イメージング

第20回バイオイメージング学会学術集会2011年09月

詳細

ポスター発表

マルチオーミクス解析による腸内環境分子間ネットワークの構築

第15回腸内細菌学会2011年06月

詳細

口頭発表(一般)

還元反応を引き金とした蛍光発生プローブによるスプライシング反応産物の検出

日本薬学会第131年会2011年03月

詳細

口頭発表(一般)

微生物グラニュールによる窒素・リン同時除去プロセスの解明:実験と数理モデリング

化学工学会第76年会2011年03月

詳細

口頭発表(一般)

畜産排水除去を志向した飼料イネ水田におけるPlanctomycetes 門の生態構造解析

第45回日本水環境学会年会2011年03月

詳細

ポスター発表

ゼオライト成形体と水生植物を活用した里川再生技術の実河川における検討

第45回日本水環境学会年会2011年03月

詳細

口頭発表(一般)

アナモックス反応を利用した好気脱窒システムにおける窒素除去特性

第45回日本水環境学会年会2011年03月

詳細

口頭発表(一般)

三胚葉由来組織に共通する成体幹細胞の探索

第10回日本再生医療学会総会2011年03月

詳細

ポスター発表

担体利用1槽型アナモックスシステムの基礎検討

日本水処理生物学会第47回大会2010年11月

詳細

口頭発表(一般)

沖縄産ウミシダ(Alloeocomatella polycladia)抽出物の抗HCV NS3 helicase阻害活性によるHCV増殖抑制効果

第58回日本ウイルス学会2010年11月

詳細

口頭発表(一般)

Alternately binding probe competitive (ABC) helicase-dependent amplification (HDA) 法による簡便な遺伝子定量技術の開発

平成22年度日本生物工学会大会2010年10月

詳細

ポスター発表

好気グラニュールを用いた高速硝化処理

第13回日本水環境学会シンポジウム2010年09月

詳細

口頭発表(一般)

有機化学反応を用いた蛍光発生プローブを用いたペプチド検出

日本化学会第4回関東支部大会2010年08月

詳細

ポスター発表

有機化学反応を用いた蛍光発生プローブによる核酸分子の検出

日本化学会第4回関東支部大会2010年08月

詳細

口頭発表(一般)

還元を引き金とする蛍光発生システムによる遺伝子検出

日本ケミカルバイオロジー学会第5回年会2010年05月

詳細

ポスター発表

安定同位体標識技術を活用した複合微生物系における新規代謝動態解析法

日本農芸化学会2010年度大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

発現遺伝子情報に基づく腸内環境評価系の構築

日本農芸化学会2010年度大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

ハイスループットinsitu分離培養法‐難培養性微生物への効率的アクセス‐

日本農芸化学会2010年度大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

環境微生物の選択的分離技術の開発-Microbial Cell Chromatography-

日本農芸化学会2010年度大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

膜透過能を有する修飾ダンベル型RNAによるRNA干渉法の開発

日本化学会第90春季年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

還元反応を引き金とする蛍光発生システムを用いた核酸検出

日本化学会第90春季年会2010年03月

詳細

ポスター発表

ヒト大腸陰窩における分裂細胞空間配置パターンのダイナミクス

日本物理学会第65回年次大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

異なる表面電位を有する材料表面への微生物の初期付着とバイオフィルム構造の関係解明

化学工学会第75年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

皮下移植後の組織再構築因子の探索

第9回日本再生医療学会総会2010年03月

詳細

ポスター発表

角膜内皮細胞特異的細胞表面マーカーの同定

第9回日本再生医療学会総会2010年03月

詳細

ポスター発表

アナモックス反応に及ぼすDOの影響

第44回日本水環境学会年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

半導体工場排水を対象としたグラニュールによる高速硝化パイロットスケール試験

第44回日本水環境学会年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

ゼオライト成形体と水生植物を活用した里川再生技術の実河川における検討

第44回日本水環境学会年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性ク?ラニュールにおける微生物生態構造:数理モテ?ル構築とシミュレーション

第44回日本水環境学会年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールにおける微生物生態構造解析とその制御

第44回日本水環境学会年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量手法ABC-PCR法を用いた水中の病原微生物の定量

第44回日本水環境学会年会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

有機化学反応を引き金とした核酸分子検出技術の開発

第12回化学工学会学生発表会 東京大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

DSS腸炎モデルマウスを用いた腸管炎症時の腸内細菌叢解析

第12回化学工学会学生発表会 東京大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

難培養性微生物の新規分離培養手法-in vivo 培養-

第12回化学工学会学生発表会 東京大会2010年03月

詳細

口頭発表(一般)

腸陰窩における細胞配置のタ?イナミクス

定量生物学の会 第2回年会2010年01月

詳細

ポスター発表

Construction of Gut Environment Assessment System Based on Multiple Omics Approach

第32回日本分子生物学会年会2009年12月

詳細

口頭発表(一般)

Universal quenching probe system: flexible, specific, and cost-effective real-time polymerase chain reaction method

第32回日本分子生物学会年会2009年12月

詳細

ポスター発表

難培養性亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの分離培養

第25回日本微生物生態学会2009年11月

詳細

ポスター発表

繊維摂取に伴うマウス腸内フローラの変動と物流システム評価

第25回日本微生物生態学会2009年11月

詳細

ポスター発表

好気グラニュールを用いた電子産業排水の高速硝化処理

日本水処理生物学会第46回大会2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

修飾ダンベル型RNAによるRNA干渉法の開発

第28回メディシナルケミストリーシンポジウム2009年11月

詳細

口頭発表(一般)

海洋生物抽出液ライブラリーからのC型肝炎ウイルスNS3 helicase活性阻害物質の探索

第57回日本ウイルス学会2009年10月

詳細

口頭発表(一般)

塩基配列に基づいた遺伝子探索のための選択的DNA増幅手法の開発

日本化学会第3回関東支部大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

Cell proliferation and differentiation in the intestinal crypt using an individual-based model(個体ベースモデルを用いた腸管陰窩における細胞増殖分化のシミュレーション)

第19回日本数理生物学会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

Alternately binding probe competitive (ABC)-PCR法を用いた土壌サンプルからのDNA抽出効率算出法

平成21年度日本生物工学会大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

ダンベル型ナノサークルRNAによるRNA干渉法

平成21年度日本生物工学会大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

蛍光消光現象を利用したC型肝炎ウイルス由来ヘリカーゼ活性阻害剤の探索

平成21年度日本生物工学会大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

RNA情報を釣り針とする微生物生細胞の分離・濃縮技術の開発

平成21年度日本生物工学会大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規等温遺伝子定量手法Alternately binding probe competitive helicase-dependent amplification (ABC-HDA)法の開発

平成21年度日本生物工学会大会2009年09月

詳細

口頭発表(一般)

修飾ダンベル型RNAによるRNA干渉法の開発

第25回DDS学会学術集会2009年07月

詳細

口頭発表(一般)

化学反応をトリガーとする蛍光発生分子を用いる生細胞内RNA検出

第38回医用高分子シンポジウム2009年07月

詳細

口頭発表(一般)

複合オミックス解析による腸内環境評価系の構築

第13回腸内細菌学会2009年06月

詳細

口頭発表(一般)

Pre-amplified inverse PCRを用いた環境試料からの新規エステラーゼ遺伝子の取得

第3回日本ゲノム微生物学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュールによる電子産業排水の高速硝化処理

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュールの形成に関わる操作条件の解明

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュール形成に関与する細菌群の単離および凝集機構解明

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

難培養性亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの新規分離培養法

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールを種汚泥として用いた硝化リアクターの迅速スタートアップに関する研究

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールを用いた窒素・リン同時除去プロセスの数理モデリングとシミュレーション

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

ポリリン酸蓄積細菌の新規分離培養法

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

半回分式メンブレンバイオフィルムリアクタによる窒素・リン同時除去:低C/N比排水への適用

第43回日本水環境学会年会2009年03月

詳細

ポスター発表

マグネティックビーズを用いたアフィニティキャピラリー電気泳動法による16S rRNAの検出

化学工学会第74年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

RT-LAMP法を用いた白血病マーカーWT1 mRNAの迅速・簡便定量技術の開発

化学工学会第74年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

rRNAを標的とした化学反応プローブを用いる微生物生細胞のセレクション

日本農芸化学会2009年度大会2009年03月

詳細

ポスター発表

難培養性微生物のハイスループットin situ 分離培養

日本農芸化学会2009年度大会2009年03月

詳細

ポスター発表

耕地土壌におけるキチナーゼの多様性および環境因子との関連性

日本農芸化学会2009年度大会2009年03月

詳細

ポスター発表

腸管上皮における細胞増殖・分化過程の数理モデリング

日本物理学会第64回年次大会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

化学反応プローブを用いた遺伝子情報に基づく生細胞選別技術の開発

日本化学会第89春季年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

生細胞内チオール検出に用いる新規蛍光化合物の合成

日本化学会第89春季年会2009年03月

詳細

口頭発表(一般)

細胞内遺伝子検出プローブのための新規蛍光発生型化合物の合成

日本化学会第89春季年会2009年03月

詳細

ポスター発表

膜透過性と細胞内安定性の向上を目指したダンベル型RNAの改良合成

日本化学会第89春季年会2009年03月

詳細

ポスター発表

C型肝炎ウイルス(HCV)由来NS3ヘリケース活性阻害剤の探索

日本薬学会第129年会2009年03月

詳細

ポスター発表

結腸陰窩における細胞増殖分化のシミュレータ開発及び実験データとの定量比較

定量生物学の会 第1回年会2009年01月

詳細

口頭発表(一般)

バクテリアによる自己造粒体(グラニュール)形成過程のマルチスケールモデリング

定量生物学の会 第1回年会2009年01月

詳細

口頭発表(一般)

結腸陰窩における細胞増殖分化の時空間ダイナミクス

第5回「生物数学の理論とその応用」2009年01月

詳細

口頭発表(一般)

粘膜関連リンパ組織におけるM細胞関連タンパク質の発現局在解析 Comprehensive analysis of the expression of M-cell-associated proteins among mucosa-associated lymphoid tissue

第38回日本免疫学会学術集会2008年12月

詳細

ポスター発表

ダンベル型ナノサークルRNAによるRNA干渉法

第18回アンチセンスシンポジウム2008年11月

詳細

ポスター発表

標的遺伝子上で赤色蛍光を発する新規蛍光プローブの合成

第18回アンチセンスシンポジウム2008年11月

詳細

ポスター発表

好気グラニュールによる高速硝化処理の諸因子の検討

日本水処理生物学会第45回大会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

遺伝子情報に基づいた微生物生細胞の特異的分離技術の開発

第24回日本微生物生態学会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

初期形成段階における硝化細菌グラニュールの微生物生態構造解析

第24回日本微生物生態学会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

生育環境を模擬可能な新規ハイスループット分離培養手法

第24回日本微生物生態学会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

環境微生物の選択的濃縮技術の開発 -Microbial Cell Chromatography-

第24回日本微生物生態学会2008年11月

詳細

口頭発表(一般)

環境再生のための分散型高度処理システムのあり方

第11回日本水環境学会シンポジウム2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

核酸鋳型反応を用いた遺伝子検出

第57回高分子討論会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

化学反応を引き金とする蛍光発生分子による細胞内RNA検出

化学工学会第40回秋季大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

C型肝炎ウイルス由来ヘリケース活性測定法の開発及び活性阻害剤の探索

化学工学会第40回秋季大会2008年09月

詳細

口頭発表(一般)

Pre-amplified inverse PCRを用いた環境試料からの新規リハ?ーセ?遺伝子の取得

平成20年度日本生物工学会大会2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

ABC-PCR法を用いたDehalococcoides属細菌の定量

平成20年度日本生物工学会大会2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

微生物叢-代謝物群相関解析(DGGE-NMR)法による腸内環境変動の評価法構築

平成20年度日本生物工学会大会2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

蛍光消光現象を利用したC型肝炎ウイルス由来ヘリケース活性阻害剤の探索

平成20年度日本生物工学会大会2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

Reverse transcription loop-mediated isothermal amplification (RT-LAMP)法を用いた白血病マーカーWT1 mRNAの迅速・簡便定量技術の開発

平成20年度日本生物工学会大会2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

蛍光を利用した新規ヘリケース活性測定手法の開発

平成20年度日本生物工学会大会2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

アフィニティーキャヒ?ラリー電気泳動法を用いた特定rRNAの連続的定量手法の開発

平成20年度日本生物工学会大会2008年08月

詳細

口頭発表(一般)

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年08月

詳細

ポスター発表

P

2008年07月

詳細

ポスター発表

15N-SIP法による脱窒生態系解析の検討

環境バイオテクノロジー学会2008年度大会2008年06月

詳細

ポスター発表

還元を引き金とする蛍光発生分子による遺伝子シグナル増幅システム

日本ケミカルバイオロジー学会第3回年会2008年05月

詳細

口頭発表(一般)

ヒト繊維芽細胞シート皮下移植後の正常ラットと胸腺欠損マウスの急性期生態反応解析

第7回日本再生医療学会総会2008年03月

詳細

ポスター発表

SBMBfR による生物学的窒素・リン除去技術の開発と低C/N比排水への適用

化学工学会第73年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

システム論的アプローチによるバイオフィルム形成の理解

化学工学会第73年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

ゼオライト成形体と水生植物を活用した水質浄化技術の窒素除去特性

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続式反応槽を用いた好気性グラニュール形成における硝化細菌の重要性

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールを用いた窒素・リン同時除去手法?リアルタイム制御法の導入による処理の安定化?

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュールによる窒素含有排水の高速処理

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュールを用いた処理における諸因子の検討

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュールの形成過程における微生物生態構造の変遷

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

アナモックス反応に及ぼすメタノールの影響評価

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌を利用したAOAプロセスにおける炭素源添加濃度の最適化

第42回日本水環境学会年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

化学修飾したダンベル型ナノサークルRNAを用いたRNA干渉法の検討

日本化学会第88春季年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

還元反応を引き金とする蛍光発生プローブによる遺伝子シグナルの増幅

日本化学会第88春季年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

標的遺伝子上で赤色蛍光を発する新規蛍光プローブの合成

日本化学会第88春季年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

遺伝子情報に基づいた新規分子リリースシステムの構築

日本化学会第88春季年会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

PAI-PCR法による環境試料からの新規遺伝子の取得

日本農芸化学会2008年度大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

栄養源に伴う腸内環境変動の微生物群集構造解析法に基づく評価

日本農芸化学会2008年度大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

ABC-PCR法を用いたDehalococcoides属細菌の定量

日本農芸化学会2008年度大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

遺伝子増幅阻害物質の影響を受けにくい新規遺伝子定量手法ABC-LAMP法の開発

日本農芸化学会2008年度大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

アフィニティーキャピラリー電気泳動法を用いた特定rRNAの連続的定量手法の開発

日本農芸化学会2008年度大会2008年03月

詳細

口頭発表(一般)

ニュートリメタボノミクスにおける安定同位体標識技術の適用

第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会合同大会2007年12月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量法ABC-LAMP法の開発

化学工学会東京大会2007年11月

詳細

ポスター発表

河川流入汚濁水路におけるゼオライト成形体と水生植物を活用した水質浄化に関する研究

日本水処理生物学会第44回大会2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールおよびリアルタイム制御法を用いた窒素・リン除去プロセスの開発

日本水処理生物学会第44回大会2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

有機性排水流入時におけるanammox反応場の処理性能および細菌群集構造の変化

日本水処理生物学会第44回大会2007年11月

詳細

口頭発表(一般)

Psg18 is specifically expressed in follicle-associated epithelium

第37回日本免疫学会学術集会2007年11月

詳細

ポスター発表

Gene expression profiles of follicle-associated epithelium covering murine intestinal Peyer's patches in response to host-bacterial cross-talk

第37回日本免疫学会学術集会2007年11月

詳細

ポスター発表

有機化学反応を引き金とする蛍光発生システムの開発と核酸検出への応用

日本化学会第10回バイオテクノロジー部会シンポジウム2007年09月

詳細

ポスター発表

電気泳動による微生物固定化空間内の基質輸送の促進と脱窒反応の向上

化学工学会第39回秋季大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

リン資源回収型栄養塩除去プロセスにおける微生物叢と処理性能の関係解析

化学工学会第39回秋季大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

水族館ろ過槽におけるアンモニア酸化能を有する古細菌と真正細菌の多様性解析

第23回日本微生物生態学会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

Microbial Cell Chromatography (MCC) as a new concept for concentration of specific microbial cell from environmental communities

第23回日本微生物生態学会2007年09月

詳細

ポスター発表

Characterization of denitrifying bacterial community by using 15N-stable isotope probing

第23回日本微生物生態学会2007年09月

詳細

ポスター発表

System microbiology approach to understand microbial community of biofilm

第23回日本微生物生態学会2007年09月

詳細

ポスター発表

アナモックス菌の外部環境に対する感受性

第10回日本水環境学会シンポジウム2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量手法 Alternately binding quenching probe competitive LAMPにおける阻害物質の影響評価

日本分析化学会第56年会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

Sequence-based approach による環境試料からの新規遺伝子の探索

平成19年度日本生物工学会大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

検量線を必要としない簡易な遺伝子定量手法の開発

平成19年度日本生物工学会大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規蛍光化合物を用いた遺伝子検出技術の開発

平成19年度日本生物工学会大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

中空糸膜隔離分離培養法(HFMC)を用いた環境中の難培養性微生物の分離培養および増殖メカニズムの解析

平成19年度日本生物工学会大会2007年09月

詳細

口頭発表(一般)

DNAマイクロアレイを用いた直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩に対するアンモニア酸化細菌Nitrosomonas europaeaの遺伝子発現解析

環境バイオテクノロジー学会2007年度大会2007年06月

詳細

ポスター発表

新規遺伝子定量手法Alternatively Binding Probe Competitive (ABC) PCR法の開発

第68回分析化学討論会2007年05月

詳細

ポスター発表

固体表面電位が微生物付着とバイオフィルム形成に及ぼす影響

第9回化学工学会学生発表会 東京大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

新規分離培養手法を用いたEBPRプロセス内に存在する難培養微生物の獲得および性状評価

第9回化学工学会学生発表会 東京大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

複合微生物系における微生物間コミュニケーションに着目したBiofilm形成制御

第9回化学工学会学生発表会 東京大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化・脱窒同時進行型反応場を用いた新規単一槽型N・P同時除去プロセスの開発

第9回化学工学会学生発表会 東京大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度条件下における脱窒処理向上のための有用微生物の導入

第9回化学工学会学生発表会 東京大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

自己口腔粘膜上皮細胞シートの皮下移植

第8回日本再生医療学会総会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続式および半回分式反応槽における硝化細菌グラニュール形成の比較

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

高分子ゲル包括固定化担体を用いた低温硝化プロセスにおける処理特性と硝化菌の挙動

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

メタン脱窒反応場における炭素循環と細菌群集構造

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度条件下で脱窒活性を示す微生物の探索および有用性評価

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

汚泥減容型高度処理プロセスに存在する微生物叢解析

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

メンブレンエアレーション法によって形成されるバイオフィルムの生態構造?実験的解明およびシミュレーション解析?

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

多摩川河口干潟における窒素循環に寄与する微生物群の解析

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

包括固定化anammox担体内における微生物群集構造の解析

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

有機物が嫌気性アンモニア酸化反応場へ及ぼす影響

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌を利用したAOAプロセスにおける炭素源添加によるリン取込み阻害モデルの確立

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールの性状に及ぼすポリマー状および粒子状有機物の影響

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続式反応槽における好気性グラニュールの形成

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

システムバイオロジーの方法論を導入した新規微生物生態解析?硝化グラニュール形成メカニズムの解明への適用?

第41回日本水環境学会年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

Catellibacterium nectariphilumの要求する未知生育因子解明の試み

日本農芸化学会2007年度大会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

化学反応DNAプローブによる遺伝子検出

日本化学会第87春季年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

ローリングサークル転写反応を用いた蛍光発生RNAアプタマーの増幅による核酸検出

日本化学会第87春季年会2007年03月

詳細

口頭発表(一般)

Real-time PCR法を用いたanammox細菌の定量と窒素除去特性の関係解析

日本水処理生物学会第43回大会2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

高濃度アンモニア含有排水処理プロセスにおける低水温下での処理特性と硝化細菌の挙動

日本水処理生物学会第42回大会2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

低水温条件が及ぼす嫌気性アンモニア酸化活性への影響

日本水処理生物学会第42回大会2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

有機物存在下における嫌気性アンモニア酸化反応の特性解析

日本水処理生物学会第42回大会2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

汚泥減容・リン回収型栄養塩類除去プロセスに生息する微生物叢解析

日本水処理生物学会第42回大会2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

Stable-Isotope Probing 法によるメタン脱窒反応場の細菌群集構造解析

日本水処理生物学会第42回大会2006年11月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量手法ABC-PCR法を用いたamoA遺伝子の測定

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

ポスター発表

新規分離培養手法を用いた環境微生物の増殖特性の評価

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

ポスター発表

硝化グラニュールの微生物生態構造解析

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

ポスター発表

水族館濾過槽内のアンモニア酸化能を有する古細菌叢の解析

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

Stable-Isotope Probing法でみるメタン脱窒反応場の細菌群集

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

多次元バイオフィルムモデルの微生物生態解析への応用

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

固体表面の物理化学的性状がバイオフィルム形成に及ぼす影響?フローセル試験とシミュレーション解析?

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

セルソーティングと分子生態学的手法による脱窒性リン蓄積細菌の分取および機能解析

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量手法ABC-LAMP法を用いたamoA遺伝子の測定

第22回日本微生物生態学会2006年10月

詳細

口頭発表(一般)

未知遺伝子の迅速取得手法の開発-メタゲノム解析(Sequence-based approach)への展開-

第9回日本水環境学会シンポジウム2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気性アンモニア酸化法による低水温条件下における窒素の除去特性

第9回日本水環境学会シンポジウム2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

メタン資化細菌を導入した窒素除去の機能強化と高度効率化システム導入方策

第9回日本水環境学会シンポジウム2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量手法であるAlternatively binding probe method in competitive PCR(ABC-PCR)法の開発

平成18年度日本生物工学会大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量手法であるAlternatively binding probe method in competitive LAMP(ABC-LAMP)の開発

平成18年度日本生物工学会大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

環境試料からの未知有用遺伝子の迅速取得手法の開発

平成18年度日本生物工学会大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

Alternatively binding probe method in competitive PCR(ABC-PCR)法を用いた遺伝子組換えダイズ混入率の測定

平成18年度日本生物工学会大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規分離培養手法を用いた環境微生物の分離培養およびその増殖特性の評価

平成18年度日本生物工学会大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規遺伝子定量手法であるABC-LAMP法を用いたアンモニア酸化酵素遺伝子の定量

化学工学会第38回秋季大会2006年09月

詳細

ポスター発表

RNA Microarrayを用いた環境微生物の定量技術の開発

化学工学会第38回秋季大会2006年09月

詳細

ポスター発表

メンブレンエアレーション法を導入した半回分式リアクターによる新しい排水処理技術

環境バイオテクノロジー学会2006年度大会2006年06月

詳細

ポスター発表

環境微生物の新規分離培養手法

環境バイオテクノロジー学会2006年度大会2006年06月

詳細

ポスター発表

好気性グラニュールの微生物生態構造解析

環境バイオテクノロジー学会2006年度大会2006年06月

詳細

ポスター発表

DNAマイクロアレイを用いたアンモニア酸化細菌への直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)の影響評価

文部科学省研究費補助金・特定領域「ゲノム」4領域 第8回ワークショップ「微生物ゲノム研究のフロンティア」2006年03月

詳細

ポスター発表

難培養微生物の有用遺伝子取得技術の開発

文部科学省研究費補助金・特定領域「ゲノム」4領域 第8回ワークショップ「微生物ゲノム研究のフロンティア」2006年03月

詳細

ポスター発表

硝化細菌グラニュールのバイオオーグメンテーションへの応用

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

単一槽内での独立栄養性窒素除去を志向した新しい生物膜法の性能予測 ?並行拡散方式と対向拡散方式の比較?

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

各種産業廃水の生物学的窒素除去における硝化細菌グラニュールの有用性

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

構造の異なる担体を充填した高度合併処理浄化槽における処理性能と硝化細菌の年間モニタリング

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気性アンモニア酸化反応への共存有機物質の影響

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続培養系に存在する嫌気性アンモニア酸化細菌の群集構造および増殖特性

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

ゼオライト成形体を活用した生態工学的水質浄化手法の機能強化と浄化メカニズムの解明に関する研究

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌を利用したAOAプロセスにおける添加基質と添加条件変化による挙動解析

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

Microcystin合成遺伝子を指標とした湖沼における藍藻類の毒素産生能の定量評価

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去プロセスに存在するG-bacteriaの生態解析

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去リアクター内の環境を模擬可能な環境微生物の新規分離培養法

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールを用いた窒素・リン同時除去手法?畜産排水処理への適用?

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

マイクロバブル化オゾン酸化法および吸着脱リン法を組み込んだ新しい資源循環型排水処理プロセス

第40回日本水環境学会年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去プロセスにおける微生物間基質資化競合関係解析

化学工学会第71年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

バイオフィルムにおける微生物生態構造のシミュレーション解析および実験的解明

化学工学会第71年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

環境中におけるmicrocystin産生藍藻類の定量的解析

化学工学会第71年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度条件下において脱窒反応を担っている微生物群の生態解析

化学工学会第71年会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

QProbe-PCR法による加工食品中の遺伝子組換えダイズ混入率の測定

第28回日本分子生物学会年会2005年12月

詳細

ポスター発表

分子中に多数の水酸基をもつ多糖類のアンチモン吸着能

第21回日本イオン交換研究発表会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

微生物間相互作用に着目した新規単離培養手法

平成17年度日本生物工学会大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

細菌の細胞壁構造の違いを考慮した高感度FISH操作条件の検討

平成17年度日本生物工学会大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去リアクタ内に存在する難培養性微生物の単離及び培養

平成17年度日本生物工学会大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

QProbe-PCR法を用いた食品中の遺伝子組換えダイズ混入率の測定

平成17年度日本生物工学会大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

DNA-ナノパーティクル複合体を用いたアフィニティーキャピラリー電気泳動法による特定遺伝子の新規検出手法の開発

平成17年度日本生物工学会大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

ゼオライト含有セラミックスとヨシ植栽による生態工学手法を活用した水質浄化技術の研究

日本水処理生物学会第42回大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

高度合併処理浄化槽の年間モニタリングにおける処理機能の違いと硝化細菌との関係解析

日本水処理生物学会第42回大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

水処理プロセスに関与する微生物に高感度FISH を適用するための最適細胞壁消化条件の解析

日本水処理生物学会第42回大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

マイクロバブル化オゾン処理および吸着脱リンを組み込んだ新規排水処理プロセスの実用化に向けた検討

日本水処理生物学会第42回大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去における基質資化競合関係の分子生物学的評価

日本水処理生物学会第42回大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気性アンモニア酸化反応槽内におけるPlanctomycetes に着目した微生物群集構造解析

日本水処理生物学会第42回大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

活性汚泥内における高活性な脱窒細菌群集解析のためのStable-isotope probing法の適用

日本水処理生物学会第42回大会2005年11月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気性アンモニア酸化反応に関わる微生物群の増殖特性

第21回日本微生物生態学会2005年10月

詳細

ポスター発表

メンブレンエアレーションバイオフィルムにおける実験的解明およびシミュレーションモデルの構築

第21回日本微生物生態学会2005年10月

詳細

ポスター発表

生育環境を模擬することが可能な新規単離培養手法の開発

第21回日本微生物生態学会2005年10月

詳細

ポスター発表

高感度FISHを様々な細菌に適用する際の細胞膜消化条件の検討

第21回日本微生物生態学会2005年10月

詳細

口頭発表(一般)

Individual-based Modelによるバイオフィルムの生態構造シミュレーション

第21回日本微生物生態学会2005年10月

詳細

口頭発表(一般)

水環境再生のためのセラミックス担体導入植栽浄化技術による保全対策の高度化

第8回日本水環境学会シンポジウム2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

多糖分子構造に着目したアンチモン吸着材料の設計

化学工学会第37回秋季大会2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

ジルコニウムフェライト吸着剤によるリン回収工程を組み込んだ新しい排水処理システム

化学工学会第37回秋季大会2005年09月

詳細

口頭発表(一般)

環境微生物の高感度in situ 検出における問題点

化学工学会第37回秋季大会2005年09月

詳細

ポスター発表

細胞内機能遺伝子のin situ検出手法の体系化

化学工学会関東支部50周年記念大会2005年08月

詳細

ポスター発表

バイオフィルム内の微生物生態構造の実験的解明およびシミュレーション解析

化学工学会関東支部50周年記念大会2005年08月

詳細

ポスター発表

Q-Probe PCR法を用いた遺伝子組換え大豆の混入率の測定

環境バイオテクノロジー学会2005年度大会2005年06月

詳細

ポスター発表

硫酸塩還元細菌を利用したCd除去プロセスにおける生態構造解析

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

rRNAを標的とした環境微生物DNA マイクロアレイ操作条件の最適化

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

高度合併処理浄化槽におけるアンモニア酸化細菌と亜硝酸酸化細菌の年間変動

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

好気性グラニュールを用いた単一槽型新規窒素・リン除去手法の開発

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュールを用いた半導体製造排水処理に関する検討

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

高感度FISH の水処理生態系への適用における課題

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

Multiwell Filter FISH 法による有用細菌の高感度検出・定量化技術の開発

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

炭素利用特性に着目した活性汚泥の脱窒細菌群集構造?SIP 法による16S rRNA 遺伝子および機能遺伝子解析?

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気性アンモニア酸化反応系における亜硝酸酸化反応の発見

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

連続処理系における嫌気性アンモニア酸化細菌の増殖特性

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気性アンモニア酸化細菌の増殖に伴う共存微生物群の挙動

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度条件下で高い脱窒活性を示す微生物群の評価・解析

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌の機能を利用したAOA システムにおける余剰汚泥減容化率およびリン回収率の評価・解析

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌を利用した有機物・窒素・リン同時除去プロセスの開発?添加炭素源濃度と除去率との関係解析?

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去プロセスにおいて高活性を示す微生物の特定?密度匂配遠心分離法およびMAR-FISH 法による評価?

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

メンブレンエアレーション型SBR による窒素・リン同時除去

第39回日本水環境学会年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

原子移動ラジカル重合法を用いて多孔性膜に付与したポリマーブラシのタンパク質吸着による特性評価

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

The effect of the gas hold-up structure and the UV radiation absorbing properties of CVOCs on the overall reaction rate during the OH radical induced oxidation treatment in a bubble column photochemical reactor

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

回分式反応槽を用いた好気性グラニュールの形成と栄養塩除去への応用

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

アフィニティーキャピラリー電気泳動法による特定遺伝子の新規な検出手法の開発

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

Rhizopus oligosporusを用いたアンチモンのバイオソープション

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

材料表面の物理化学的性質が微生物付着およびバイオフィルム形成に及ぼす影響の評価

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

有機溶媒中で酵素保護機能を有する担体の開発

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

トップダウンおよびメンブレンエアレーションバイオフィルムにおける硝化細菌群の生態構造の比較

化学工学会第70年会2005年03月

詳細

口頭発表(一般)

DNA-ナノパーティクル複合体を用いたアフィニティーキャピラリー電気泳動法による特定遺伝子の新規な検出手法の開発

日本農芸化学会2005年度大会2005年03月

詳細

ポスター発表

Real-Time PCR法を用いた有毒藍藻類の定量評価手法の開発

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌を利用した新規高度処理における余剰汚泥減容化率およびリン回収率の評価・解析

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

Multiwell Filter Plateを用いた硝化細菌の多検体高速測定技術の開発

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

シリコーンチューブ及び繊維状担体を用いた水素供与型脱室リアクターの開発

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌グラニュールを用いた各種アンモニア含有排水の高度処理

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

連続培養系で集積された嫌気性アンモニア酸化細菌およびその共存微生物の解明

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物的学リン除去に関与する微生物の特定およびin situ活性評価

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

T-RFLP法およびクローニング法の併用による排水処理脱窒細菌群の同定

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物担体流動式硝化プロセス内のアンモニア酸化細菌と亜硝酸酸化細菌の季節変動と処理機能解析

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

包括固定化担体内の硝化細菌群に及ぼす温度条件の影響解析

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

活性汚泥内に存在するメタノール資化性脱窒細菌群のSIP法による特定

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度産業廃水の脱窒処理槽内の微生物叢解析

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

SBRリアルタイム制御法を用いた生物学的窒素除去

日本水処理生物学会第41回大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

Rhizopus Oligosporusを用いた金属イオンのバイオソープション

化学工学会沖縄大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

ポリマーブラシを付与した多孔性中空糸膜に固定した酵素によるバイオディーゼル燃料の生産

化学工学会沖縄大会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

Stable-isotope probing 法を用いたアクティブな脱窒細菌の特異的検出?機能遺伝子と16S rRNA遺伝子による評価?

第20回日本微生物生態学会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

機能遺伝子に基づいた脱窒性リン蓄積細菌のキャラクタリゼーション

第20回日本微生物生態学会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物担体流動式硝化プロセスにおける硝化細菌の経年変化と処理機能解析

第20回日本微生物生態学会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

CARD-FISH法を用いたmRNAと16S rRNA特定配列の in situ同時検出

第20回日本微生物生態学会2004年11月

詳細

ポスター発表

生理機能に着目したポリリン酸蓄積細菌およびグリコーゲン蓄積細菌の特定およびin situ活性評価

第20回日本微生物生態学会2004年11月

詳細

ポスター発表

材料表面の物理化学的性質と微生物の付着性および付着時の活性との関係

バイオフィルム研究部会2004年度定例講演会2004年11月

詳細

口頭発表(一般)

機能遺伝子をターットとしたポピュレーションダイナミクス解析?可能性・限界と工学的応用への展開?

第7回日本水環境学会シンポジウム2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜法の機能強化システム構築のための分子生物学導入支援化技術

第7回日本水環境学会シンポジウム2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

LAMP法を用いた環境微生物の定量的モニタリング

第56回日本生物工学会大会2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

Real-Time PCR法を用いた有毒藍藻類の迅速モニタリング手法の開発

第56回日本生物工学会大会2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

QProbe-PCR法による遺伝子組換えダイズの混入率の測定

第56回日本生物工学会大会2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

繊維状担体充填型バイオリアクターによるカドミウム除去およびその数学的解析

化学工学会秋田大会2004年07月

詳細

ポスター発表

材料表面の物理化学的性質と微生物の付着性との関係解析

化学工学会秋田大会2004年07月

詳細

ポスター発表

嫌気性アンモニア酸化細菌の集積培養および微生物群の解析

第41回下水道研究発表会2004年07月

詳細

口頭発表(一般)

硫酸還元バイオリアクターによるカドミウム回収および解析

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度産業廃水の生物学的脱窒処理技術の確立

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

硝化・脱窒同時進行型反応場を用いた新規窒素除去プロセスの開発

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

Cellular Automata モデルによる排水処理生物膜内のポピュレーションダイナミクス解析

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜内の細胞外ポリマーを考慮した拡散-反応モデルの構築

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

MOTISモデルによる粒状担体膨張層型排水処理装置の数学的解析

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

ポリオールブラシによるアンチモンの吸着特性

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

糸状菌による金属イオンのバイオソープションとその吸着機構

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

固定化微生物層における新規な基質供給方法の開発

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

T-RFLP 法による排水処理微生物叢の簡易・迅速モニタリング

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

修飾・固定化機能を有する酵素固定化担体による有機溶媒中での酵素活性

化学工学会第69年会2004年04月

詳細

口頭発表(一般)

LAMP法を用いたmRNAの選択的増幅による特定細菌モニタリング手法の開発

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

CARD-FISH法によるmRNAと16SrRNA特定配列のin situ同時検出

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

T-RFLP法による生物学的排水処理反応槽内のバイオコミュニティー変遷モニタリング

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

高度リン回収および余剰汚泥減容化のための排水処理プロセスの開発

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

吸着脱リン法による畜産排水からのリン除去・回収スシテムの解析・評価

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気?好気循環型メタン発酵プロセスにおける電気化学処理の効果解析

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

繊維担体充填型バイオリアクターのカドミウム除去特性と硫酸塩還元細菌の生態構造との関係

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

有毒藍藻類の迅速モニタリング手法の開発?アオコ発生予測に向けて?

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気性アンモニア酸化反応に関わる微生物の生態構造解析

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

amoAmRNAの転写活性に基づくアンモニア酸化細菌の群集構造に及ぼす窒素濃度および温度の影響解析

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

SIP法によって明らかになった活性汚泥中のアクティブな脱窒細菌?メタノールと酢酸を添加した場合の違い?

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

各種アンモニア含有排水の高度処理における硝化細菌グラニュールの有効性

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

SBRリアルタイム制御法を用いた亜硝酸型硝化・脱窒プロセスの検討

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌グラニュールの形成機構の解明および粒径別キャラクタリゼーション

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

機能遺伝子の空間分布解析による硝化・脱窒同時進行型反応場のキャラクタリゼーション

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

定量PCR法による高度合併処理浄化槽内の硝化細菌の定量

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去を担う有用微生物の特定?MAR-FISH法による評価?

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

高分子ゲルに包括固定化された硝化細菌群の低温条件下における挙動

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌を利用した単一槽型新規栄養塩除去プロセスの特性評価

第38回日本水環境学会年会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

Quenching Probe - PCR(QP-PCR)法を用いた遺伝子組換えダイズの定量分析

日本農芸化学会2004年度大会2004年03月

詳細

口頭発表(一般)

高度リン回収および余剰汚泥減容化のための排水処理プロセスの開発

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的リン除去プロセスにおける有用微生物の基質資化特性に基づいた活性評価

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気メタン発酵プロセスの高度効率化のための最適条件の探索

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

ミクロシスチン合成遺伝子に基づく湖沼における有毒藍藻類の評価・解析

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

T-RFLP法による排水処理細菌叢の迅速モニタリング

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

活性汚泥におけるN2O還元酵素遺伝子に基づく微生物群集構造解析

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

基質資化特性をと亜硝酸還元酵素遺伝子に基づいた排水処理微生物の群集構造解析

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

亜硝酸還元酵素遺伝子(nirK, nirS)に基づいた高塩・高硝酸産業廃水処理プロセス内の微生物群集構造解析

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

アンモニア酸化細菌の基質濃度および温度に対する活性応答

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

ジルコニウムフェライト吸着剤を用いた畜産排水からのリン除去・回収技術の構築

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

Real Time PCR法による高度合併処理浄化槽の硝化細菌の動態解析

日本水処理生物学会第40回大会2003年11月

詳細

口頭発表(一般)

柔らかい粒子としての細胞表面電気特性解析と細菌付着現象

第19回日本微生物生態学会2003年10月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度産業廃水の脱窒プロセスにおける微生物群集構造解析 ?亜硝酸還元酵素遺伝子(nirS, nirK)の多様性?

第19回日本微生物生態学会2003年10月

詳細

口頭発表(一般)

Stable Isotope Probing (SIP) 法を利用した脱窒細菌群集構造解析

第19回日本微生物生態学会2003年10月

詳細

口頭発表(一般)

複合微生物系における脱窒性リン蓄積細菌の亜硝酸還元酵素遺伝子の探索

第55回日本生物工学会大会2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

バイオフィルム内の機能遺伝子に基づいた空間分布解析

第6回日本水環境学会シンポジウム2003年09月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法を用いた湖沼の有毒藍藻類の評価・解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

亜酸化窒素還元酵素(nosZ)に基づく嫌気好気活性汚泥法における微生物群集構造解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

ヒドロキシラジカル濃度制御によるジクロロメタン酸化分解プロセスの最適化

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

高度合併処理浄化槽におけるアンモニア酸化特性と硝化細菌の個体群動態解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

水温変動および硝化液循環の有無の浄化槽プロセスにおけるCH4, N2Oの発生特性解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

メンブレンエアレーション法による低C/N比排水からの有機物・栄養塩同時除去

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

超高速硝化を可能にする硝化細菌グラニュールの創製技術

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

MOTISモデルによる粒状担体膨張層型バイオリアクターの数学的解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

キレート多孔性中空糸膜を用いたアンチモン高速回収技術の開発

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

オゾン活用A2O法における汚泥減容化および窒素・リン高度除去システムの開発

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

硫酸還元型バイオリアクターによる希薄廃水からの重金属回収

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌と硫黄脱窒細菌を用いた硝化・脱窒同時進行型反応場の開発

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

LAMPを用いた特定細菌モニタリング手法の開発

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

窒素濃度および温度がアンモニア酸化酵素遺伝子の発現に及ぼす影響

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

流入負荷変動に対するアンモニア酸化細菌の活性発現のモニタリング解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法を導入した脱窒細菌の基質資化特性に基づいた群集構造解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

T-RFLP法による排水処理微生物叢の簡易・迅速モニタリング技術の開発

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

T-RFLP法を用いた機能遺伝子発現プロファイルの解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

混合状態の異なる脱窒リアクターに存在する亜硝酸還元酵素遺伝子群の比較解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

RIトレーサー法を用いた水圏生態系マイクロコズムの物質循環に及ぼす窒素濃度の定量的影響解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌を利用した新規栄養塩除去プロセスの開発

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

回分式嫌気・好気活性汚泥法におけるポリリン酸蓄積細菌の活性評価と挙動解析

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

産業廃水の生物学的窒素除去におけるN2O発生量のインベントリー精緻化

第37回日本水環境学会年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

硫酸還元バイオリアクターによる希薄重金属汚染水からの選択的金属除去

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

排水処理に適用可能な生物膜の脱離モデル

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

酸化剤および阻害因子の制御によるジクロロメタン酸化分解プロセスの最適化

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜内の基質および酸素濃度分布の数学的解析

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

細胞内遺伝子増幅技術による機能遺伝子の高感度in situ検出

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

排水処理プロセスにおける核酸の定量的モニタリング

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

16S rDNAおよびnirSに基づいた脱窒細菌のポピュレーション解析

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜を形成する細菌の付着性と表面電気特性に及ぼす細胞外ポリマーの影響

化学工学会第68年会2003年03月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法を用いた排水処理プロセスにおける脱窒細菌の解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法を用いた生物学的リン除去プロセスにおける有用微生物の評価・解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

アンモニア酸化細菌の群集構造と活性発現の排水処理プロセスにおけるモニタリング解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

キノンプロファイル法による脱窒性リン蓄積細菌のバイオマーカーの特定

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

木屑の形状差が埋立地浸出水の水質に与える影響

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

産業廃水の生物学的窒素除去プロセスにおける亜酸化窒素発生特性〜無機塩類の種類の影響〜

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

生活排水対策システムの硝化液循環の有無におけるCH4,N2Oの発生特性の解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

循環式硝化脱窒法におけるDO濃度がN2O発生特性および微生物群集構造に及ぼす影響評価

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

機能に基づいた排水処理微生物検出手法の開発

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

高塩分含有産業廃水からの脱窒プロセスにおける亜硝酸還元酵素遺伝子の多様性解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

起源の異なる活性汚泥の馴養過程における微生物群集構造の変遷

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

T-RFLP法による排水処理微生物叢の解析評価

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

水圏生態系モデルにおける細菌叢の分子生物学的解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

余剰汚泥の発生を制御した新規活性汚泥処理プロセスの開発

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌および脱窒細菌を組み合わせて固定した硝化・脱窒同時進行型反応場の開発

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌グラニュール形成技術およびその有用性評価

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

生活排水対策としての浄化槽への吸着脱リン法導入による高度化・資源循環システムの構築

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

硫酸還元バイオリアクターによる希薄廃水からの重金属回収

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

水圏モデル生態系マイクロコズムにおける物質循環に及ぼす窒素の影響解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

環境中における有毒藍藻類の分子生物学的評価手法による解析

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

硫酸塩還元細菌を利用したFe-EDTA分解除去プロセスの確立

日本水処理生物学会第39回大会2002年11月

詳細

ポスター発表

細胞外ポリマー(EPS)の関与する細菌細胞の界面動電現象・付着現象

バイオフィルム研究部会2002年度定例会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

核酸の種類に着目したアンモニア酸化細菌の存在および活性の評価

第18回日本微生物生態学会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

細菌の付着性と表面電気特性に及ぼす細胞外ポリマーの影響

第18回日本微生物生態学会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

Loop-mediated isothermal amplification of DNA (LAMP) を用いた核酸モニタリング手法の開発

第18回日本微生物生態学会2002年11月

詳細

口頭発表(一般)

Loop-mediated isothermal amplification of DNA (LAMP) を用いた環境微生物モニタリング技術の開発

平成14年度日本生物工学会大会2002年10月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜様構造体を用いた硝化・脱窒同時進行型反応場の創製

平成14年度日本生物工学会大会2002年10月

詳細

口頭発表(一般)

細菌細胞の界面動電的キャラクタリゼーション1?柔らかい粒子の電気泳動?

第55回コロイドおよび界面化学討論会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

細菌細胞の界面動電的キャラクタリゼーション2?細胞外ポリマーの影響?

第55回コロイドおよび界面化学討論会2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

微生物固定化の界面化学

資源・素材20022002年09月

詳細

口頭発表(一般)

定量PCRによる水環境プロセス中における核酸のモニタリング

第5回日本水環境学会シンポジウム2002年09月

詳細

口頭発表(一般)

超高速アンモニア除去を可能にする硝化グラニュール形成技術の開発

化学工学会新潟大会2002年08月

詳細

口頭発表(一般)

数値解析による生物膜内溶存酸素濃度分布の解明

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜形成に影響を及ぼす微生物の探索とその特性評価

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

繊維状スラグを付着担体とした硫酸還元リアクターによる希薄カドミウムの廃水処理

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

吸着脱リン法による生活排水の高度処理およびリン再生ステーションの構築

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

水圏モデル生態系マイクロコズムにおける物質循環に及ぼすリンの影響解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

産業廃水の生物学的窒素除去における塩濃度と亜酸化窒素発生量との関係

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

生活排水の循環式硝化脱窒法におけるDO制御とN2O発生特性との関係解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

繊維状廃スラグを利用した高速硝化リアクターの設計理論

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

高濃度有機物流入時における浄化槽内硝化細菌の分子生物学的評価解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

高濃度硝酸含有廃水の窒素除去に有効な脱窒微生物群 〜微生物の多様性は必要か〜

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

独立栄養細菌を用いた硝化・脱窒同時進行型反応場の創製

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

有機性廃棄物の埋立・分解に伴う浸出水の発生とその処理に関する研究

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

機能遺伝子のmRNA発現に基づいた機能及び活性の定量的解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌群の生態構造変動と処理特性との関係の評価・解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

亜硝酸還元酵素NirSに基づいた微生物群集構造解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

mRNA発現に基づいたアンモニア酸化細菌の群集構造解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

in situ PCR法による生物膜内アンモニア酸化細菌の機能遺伝子の検出

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法と培養法による産業廃水脱窒プロセス内微生物群集構造解析の比較

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

UASB法を用いた硫酸塩還元細菌による難生分解性物質の分解

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌の選択的培養技術の開発と優占化の確認

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

キノンプロファイル法による生物学的脱リンプロセスの微生物生態解析

第36回日本水環境学会年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜を用いた排水処理における過渡応答の速度論的解析

化学工学会第67年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

メンブレンエアレーションリアクタの窒素除去特性と生物膜解析

化学工学会第67年会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

スラグ繊維を付着担体とする硫酸還元バイオリアクターによる希薄廃水からの重金属回収

平成14年度資源・素材学会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

界面特性を利用した細菌細胞の付着脱着の制御

平成14年度資源・素材学会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

細菌細胞の界面動電現象ー柔らかい粒子の電気泳動解析ー

平成14年度資源・素材学会2002年03月

詳細

口頭発表(一般)

高塩濃度産業廃水の脱窒プロセスにおける微生物群集構造解析−分子生物学的手法および培養法による検出結果の比較

第17回日本微生物生態学会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

バイオフィルム内における機能遺伝子(amoA)のin situ検出

第17回日本微生物生態学会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

アンモニア酸化活性に関わる機能遺伝子とその発現特性に基づいた微生物群集構造の評価・解析

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

メタノール添加による有機物負荷の増大下における浄化槽内硝化細菌の個体群動態の解析

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

硝化グラニュール形成微生物の分子生物学的手法による解析

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

吸着法を用いたリンの除去と回収条件の評価・解析

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

循環式硝化脱窒法における運転操作条件とN2O発生特性との関係解析

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

水圏モデル生態系マイクロコズムにおける物質循環に及ぼすリンの影響評価

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法と培養法を用いた産業廃水処理プロセスにおける微生物群集構造の比較解析

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

亜硝酸還元酵素の多様性に基づいた産業排水処理プロセス内汚泥の微生物群集構造解析

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

高濃度に硝酸を含む産業廃水の生物学的脱窒処理〜希釈水の検討〜

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

産業廃水の生物学的窒素除去プロセスにおける亜酸化窒素発生特性〜塩濃度の影響〜

日本水処理生物学会第38回大会2001年11月

詳細

口頭発表(一般)

窒素除去の生物膜管理技術の高度化のための分子生物学的手法による硝化細菌群の認識技術

第4回日本水環境学会シンポジウム2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

特定機能および活性評価手法としてのmRNA発現解析−アンモニア酸化活性とamoA mRNAの転写活性−

第4回日本水環境学会シンポジウム2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

ビール粕を原料とする成形炭の水質浄化への適用

資源・素材20012001年09月

詳細

口頭発表(一般)

コロイド界面科学を応用した新規水処理バイオプロセスの創生

資源・素材20012001年09月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌群の生態構造解析および制御

平成13年度日本生物工学会大会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒細菌の高塩濃度環境への馴化

平成13年度日本生物工学会大会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

硫酸還元細菌を固定化したスラグウール充填リアクターによるカドミウム廃水処理

化学工学会第34回秋季大会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

微小電極法を用いた生物膜内酸素浸透深さの測定とシミュレーションによる予測

化学工学会第34回秋季大会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

繊維化スラグの微生物付着担体としての利用と新規硝化リアクターの開発

化学工学会第34回秋季大会2001年09月

詳細

口頭発表(一般)

排水処理プロセスにおける窒素除去能の向上に有効なmRNA発現に基づいた微生物群集構造解析

化学工学会神奈川大会2001年08月

詳細

ポスター発表

硝化細菌の界面電気特性の評価とこれを利用した水処理プロセスの開発

20O1年度バイオフィルム研究会ミニシンポジウム2001年06月

詳細

口頭発表(一般)

mRNAを指標とした廃水処理プロセスにおけるアンモニア酸化活性の追跡

化学工学会第66年会2001年04月

詳細

口頭発表(一般)

バイオオーギュメンテーションを志向した硝化生物膜の生態構造制御

化学工学会第66年会2001年04月

詳細

口頭発表(一般)

上向流好気性流動床を用いたグラニュール形成技術および高速硝化技術の開発

化学工学会第66年会2001年04月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜内における基質・酸素浸透深さおよび微生物活性部位の流入負荷変動に対する応答性

化学工学会第66年会2001年04月

詳細

口頭発表(一般)

循環式硝化脱窒活性汚泥法における微生物群集構造とN2O発生特性の解析

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

難処理性産業廃水の脱窒プロセスに有効な微生物群集構造の追跡

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

栄養塩除去プロセスにおける脱窒性リン蓄積細菌の影響因子と分子生物学的検出

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

繊維状廃スラグを固定化した高速硝化リアクターの開発

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜形成に関与する微生物細胞外ポリマーの特定と排水処理プロセスへの応用

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

mRNA発現測定による硝化活性のリアルタイムモニタリング手法の開発

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法を用いた好塩性脱窒細菌群の多様性解析

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

無機性アンモニア含有排水処理プロセスにおけるアンモニア酸化細菌群の分子生物学的解析

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的排水処理プロセスにおけるアンモニア酸化活性のRT-PCR法を用いた定量的な評価・解析

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

紫外線−過酸化水素処理におけるヒドロキシラジカル濃度の影響

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

生活排水処理システムとしての膜分離活性汚泥法における硝化細菌の個体群動態と群集構造の解析

第35回日本水環境学会年会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

繊維状スラグを付着担体とした硫酸還元細菌固定床リアクターを用いた希薄カドミウムの廃水処理

資源・素材学会平成13年度春季大会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

スラグウールを用いたバクテリア分離法におけるイオン強度変化の影響

資源・素材学会平成13年度春季大会2001年03月

詳細

口頭発表(一般)

好塩性細菌群の脱窒活性に関する分子生物学的評価・解析

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

高塩製錬廃水処理システムの微生物群集構造に関する分子生態学的評価・解析

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法による無機性排水処理プロセスにおけるアンモニア酸化細菌群の評価・解析

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

高濃度に硝酸を含む産業廃水の生物学的脱窒処理

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

電子受容体の違いが脱窒性リン蓄積細菌の群集構造に及ぼす影響

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

循環式硝化脱窒法におけるN2O発生特性に及ぼすSRT等の運転操作条件の影響

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

高度コンパクト型合併浄化槽における硝化細菌の分子生物学的解析

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

mRNAを指標としたアンモニア酸化活性のリアルタイムモニタリングとその有効性

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

アンモニア酸化活性評価のためのRT-PCR法を用いたamoAの定量的解析

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

硫酸塩還元細菌による難生分解性物質の分解

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

上向流好気性流動床による高速硝化技術の開発

日本水処理生物学会第37回大会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

硝化細菌の界面動電特性と固体表面への付着性の検討

第16回日本微生物生態学会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的窒素除去プロセスの高度化のための硝化細菌の分子生物学的解析

第16回日本微生物生態学会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

高塩分含有排水の生物学的脱窒プロセスにおける微生物群集構造解析

第16回日本微生物生態学会2000年11月

詳細

口頭発表(一般)

微小電極法を用いた生物膜内基質濃度分布の測定

化学工学会第33回秋季大会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜内基質拡散モデルを用いた排水処理の速度論的解析

化学工学会第33回秋季大会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

PCR-DGGE法による高塩濃度産業廃水処理プロセス内の微生物群集構造解析

化学工学会第33回秋季大会2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜法を活用した排水処理と有用生物の認識技術

第3回日本水環境学会シンポジウム2000年09月

詳細

口頭発表(一般)

食品産業におけるゼロエミッション化のための新しい排水処理システム2

環境科学会2000年会2000年09月

詳細

ポスター発表

高機能硝化生物膜の創製および生態構造解析

平成12年度日本生物工学会大会2000年08月

詳細

口頭発表(一般)

FISH法と活性染色法の併用による硝化生物膜の生態構造解析

平成12年度日本生物工学会大会2000年08月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法による製錬廃水処理装置内の微生物群集構造解析

化学工学会つくば大会2000年07月

詳細

口頭発表(一般)

高機能硝化生物膜の新規創製法の開発とその微生物コンソーシアの解明

化学工学会つくば大会2000年07月

詳細

口頭発表(一般)

脱窒性リン蓄積細菌のキャラクタリゼーションと微生物群集解析

化学工学会つくば大会2000年07月

詳細

口頭発表(一般)

電子受容体として硝酸および亜硝酸態結合酸素を用いた生物学的リン除去の基礎的な検討

第34回日本水環境学会年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

メンブレンバイオリアクタを用いた単一槽内における窒素除去システム

第34回日本水環境学会年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

抗原抗体法,FISH法等を用いた生物膜内硝化細菌の分布特性の評価・解析

第34回日本水環境学会年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

生活排水処理における硝化細菌のFISH法による挙動解析

第34回日本水環境学会年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気好気循環生物膜法における生活排水中の環境ホルモン様物質の除去特性の評価

第34回日本水環境学会年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

PCR-DGGE法を用いた生物処理反応槽内における微生物群集構造の評価・解析

第34回日本水環境学会年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

難生分解性化合物の紫外線酸化分解における最適過酸化水素添加法の検討

化学工学会第65年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物学的排水処理におけるプロセスマトリクスを用いた速度論的解析

化学工学会第65年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

硝酸を含む産業廃水の生物学的脱窒処理およびPCR-DGGE法による微生物相の解析

化学工学会第65年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

抗原抗体法による排水処理槽内硝化細菌の個体群動態の解析

化学工学会第65年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

分子生物学的手法を用いた硝化細菌生物膜の生態学的構造解析

化学工学会第65年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

微生物の界面電気的性質と固体表面への付着性に関する検討

化学工学会第65年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜形成の影響因子としての微生物細胞外代謝物に関する基礎的な研究

化学工学会第65年会2000年03月

詳細

口頭発表(一般)

食品産業におけるゼロエミッション化のための新しい排水処理システム

環境科学会1999年会1999年11月

詳細

ポスター発表

粉砕厨芥排水の流動曝気生物処理における最適粉砕条件の検討および微小後生動物の影響評価

日本水処理生物学会第36回大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

FISH法による生物処理反応槽における硝化細菌を中心とした有用細菌の個体群動態の解析

日本水処理生物学会第36回大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

PCR-DGGE法を用いた排水処理プロセスにおける微生物群集構造の評価・解析

日本水処理生物学会第36回大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

モノクローナル抗体法を用いた硝化細菌の定量特性の評価

日本水処理生物学会第36回大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

モノクローナル抗体法を用いた生物膜内硝化細菌の挙動解析

日本水処理生物学会第36回大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

嫌気好気循環生物膜法における生活排水中の外因性内分泌攪乱物質の除去特性の評価

日本水処理生物学会第36回大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

感光剤製造工程廃液中の難生分解物質の微生物分解

日本水処理生物学会第36回大会1999年11月

詳細

口頭発表(一般)

FISH法による硝化細菌生物膜の生態学的構造変化の追跡およびマグネティックビーズを利用したPCR法による硝化細菌の定量手法の開発

第2回日本水環境学会シンポジウム1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

抗原抗体法を用いた生物処理反応槽における硝化細菌の個体群動態の解析

第2回日本水環境学会シンポジウム1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

完全混合型三相流動槽を用いた排水処理プロセスに対する過渡応答の解析

化学工学会第32回秋季大会1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

メンブレンバイオリアクタによる窒素除去システムにおける生物膜内基質・生成物濃度の測定

化学工学会第32回秋季大会1999年09月

詳細

口頭発表(一般)

完全混合型三相流動槽を用いた生活系模擬排水におけるBOD除去特性のモデル解析

第33回日本水環境学会年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

高い硝化能を有する生物膜の創製と高濃度アンモニア含有産業廃水処理プロセスへの適用

第33回日本水環境学会年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

紫外線を用いたジクロロメタンの酸化分解処理における分解生成物の影響

第33回日本水環境学会年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

蛍光抗体法による生物膜内硝化細菌の検出・定量化手法の開発

第33回日本水環境学会年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

2抗体サンドイッチELISA法と各種硝化細菌定量化手法との比較解析

第33回日本水環境学会年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

アンモニア酸化細菌および亜硝酸酸化細菌の相互作用のモノクローナル抗体を用いた解析

第33回日本水環境学会年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

Kinetic Study on Organic Carbon and Ammonia Oxidation in the Three-Phase Fluidized Bed Biofilm Reactor

化学工学会第64年会1999年03月

詳細

口頭発表(一般)

写真廃液の生物処理技術の開発およびゼロエミッション化の検討

化学工学会沖縄大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

写真廃液中の難生分解有機物の微生物分解

日本水処理生物学会第35回大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

2抗体サンドイッチELISA法による硝化細菌の迅速簡易定量化手法の開発

日本水処理生物学会第35回大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

蛍光顕微鏡画像解析処理装置を用いたモノクローナル抗体法による硝化細菌の定量化手法の開発

日本水処理生物学会第35回大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

モノクローナル抗体法を用いた生物学的硝化反応における硝化細菌の相互作用の解析

日本水処理生物学会第35回大会1998年11月

詳細

口頭発表(一般)

写真関連産業における廃棄物リサイクル手法の評価およびゼロエミッション化の検討 その2

環境科学会1998年会1998年10月

詳細

ポスター発表

Kinetic Parameters from Batch Experiments on Three-Phase Fluidized Bed Biofilm Reactor for Wastewater Treatment

化学工学会第31回秋季大会1998年09月

詳細

口頭発表(一般)

紫外線によるジクロロメタンの無害化処理技術の開発

第32回日本水環境学会年会1998年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜中の硝化菌のバイオマスと硝化能との相関

第32回日本水環境学会年会1998年03月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜内の硝化菌バイオマスとアンモニア含有廃水処理における硝化能との関係

日本水処理生物学会第34回大会1997年11月

詳細

口頭発表(一般)

写真関連産業における廃棄物リサイクル手法の評価およびゼロエミッション化の検討 その1

環境科学会1997年会1997年10月

詳細

ポスター発表

固体廃棄物よりの貴金属回収工程実廃液の生物学的窒素除去

化学工学会第30回秋季大会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

紫外線によるジクロロメタン水溶液の分解処理の効率化

化学工学会第30回秋季大会1997年09月

詳細

口頭発表(一般)

活性炭顆粒PVA担体流動化三相流動床を組み込んだ高硝酸・塩濃度廃液の高度脱窒処理

第31回日本水環境学会年会1997年03月

詳細

口頭発表(一般)

高度脱窒生物膜三相流動床循環法による難分解性物質含有写真現像・定着廃液の処理

第31回日本水環境学会年会1997年03月

詳細

口頭発表(一般)

完全混合流型三相流動槽における生物処理に及ぼす流入濃度変動の影響

化学工学会第62年会1997年03月

詳細

口頭発表(一般)

微生物膜法による製錬廃水の窒素除去

日本水処理生物学会第33回大会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

生物膜法による写真廃液の分解処理に関する基礎的検討

日本水処理生物学会第33回大会1996年11月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(B)

微生物を介した大腸炎寛解プロセスのシステム論的制御

2011年-2014年

研究分野:生物機能・バイオプロセス

配分額:¥17940000

研究種別:挑戦的萌芽研究

膜分離活性汚泥法の膜の目詰まりを抑制する酵素固定化型ろ過膜の開発

2010年-2011年

研究分野:土木環境システム

配分額:¥3470000

研究種別:挑戦的萌芽研究

機械的刺激による血管弾性線維形成機序の解明

2010年-2011年

研究分野:生理学一般

配分額:¥3120000

研究種別:基盤研究(A)

海洋中深層における非極限性古細菌の分子生態学的研究

2006年-2008年

研究分野:環境動態解析

配分額:¥52650000

研究種別:萌芽研究

複合微生物系シミュレーションモデルの構築に基づくシステム微生物生態学の創生

2006年-2007年

研究分野:生物機能・バイオプロセス

配分額:¥3400000

研究種別:基盤研究(B)

微生物生態系を制御した高性能窒素・リン同時除去型排水処理システムの開発

2005年-2008年

研究分野:環境技術・環境材料

配分額:¥16650000

研究種別:基盤研究(C)

バブルカラムリアクターを用いたAOP法による地下水からの有機塩素化合物の除去

2002年-2004年

研究分野:反応・分離工学

配分額:¥3100000

研究種別:基盤研究(B)

畜産系排水の高度処理をめざしたメンブレンエアレーション型浄化システムの開発

2000年-2003年

研究分野:化学工学一般

配分額:¥13200000

研究種別:特定領域研究(A)

食品産業におけるゼロエミッション化のための新しい排水処理システム

2000年-2000年

配分額:¥1200000

研究種別:基盤研究(B)

高品質単結晶育成を目指した微小重力場におけるマランゴニ対流の解明

1999年-2001年

研究分野:化学工学一般

配分額:¥6500000

研究種別:特定領域研究(A)

食料産業におけるゼロエミッション化のための新しい排水処理システム

1999年-1999年

配分額:¥2300000

研究種別:基盤研究(C)

天然タンパク質の加水分解による生理活性ペプチドの新しい抽出合成法

1998年-2000年

研究分野:反応・分離工学

配分額:¥4000000

研究種別:奨励研究(A)

機能性polymer brushを利用した生体高分子の高速三次元集積化

1996年-1996年

研究分野:化学工学一般

配分額:¥1000000

研究種別:国際学術研究

中国回収衛星による化合物半導体の単結晶成長に関する研究

1996年-1997年

配分額:¥5000000

研究種別:基盤研究(C)

微小重力場における化合物半導体単結晶育成時のマランゴニ対流現象機構の解明

1996年-1997年

研究分野:化学工学一般

配分額:¥2500000

研究種別:挑戦的萌芽研究

難治性感染症の原因となる休止細菌の分子機構解明

2015年-2016年

研究分野:細菌学(含真菌学)

配分額:¥3770000

研究種別:基盤研究(B)

蛍光細胞分析分離装置と次世代シークエンンサを用いた水中生菌の網羅的解析技術の確立

2013年-2015年

研究分野:土木環境システム

配分額:¥17550000

研究種別:挑戦的萌芽研究

潜在的病原性を有する口腔難培養菌の分離培養戦略

2011年-2012年

研究分野:形態系基礎歯科学

配分額:¥3510000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

微生物機能を利用した資源循環型水環境プロセスの構築1999年-2003年

実施形態:共同研究

メンブレンエアレーション型浄化システムによる畜産排水の高度処理2000年-

学内研究制度

特定課題研究

polymer brushを有する機能界面を利用した生体高分子の三次元集積化

1996年度

研究成果概要: まず、多孔性膜の界面から polymer brushがはえている構造を作成するために、中空糸状の多孔性膜(ポリエチレン製)に電子線を照射した後、エポキシ基をもつモノマ-(グリシジルメタクリレート)を前駆体としてグラフト重合させた... まず、多孔性膜の界面から polymer brushがはえている構造を作成するために、中空糸状の多孔性膜(ポリエチレン製)に電子線を照射した後、エポキシ基をもつモノマ-(グリシジルメタクリレート)を前駆体としてグラフト重合させた。その後、エポキシ基の一部をイオン交換基(ジエチルアミノ基)に、残りをアルコール性水酸基(エタノールアミノ基)へ変換した.この多孔性膜の膜間に圧力をかけて溶液を透過させ、牛血清アルブミン(BSA)を対流に乗せて polymer brushまで運び、きわめて短時間で生体高分子集合体を創製できることを確認した。 この膜に一定流量でBSA溶液を透過させたときの圧力損失は、BSAの吸着が進むにつれて増大する。楕円球のBSA分子がpolymer brushに最密充填的に吸着し、液の透過できる細孔径を減少させると仮定すると、BSA吸着後の膜の透過圧力はHagen-Poiseuille式によって推算できる。この理論式より推算された透過圧力と圧力センサーにより実測した透過圧力を比較した結果、両者はよく一致し、吸着容量から推測した多層吸着構造モデルの妥当性が、流体力学的側面からも裏付けられた。また、polymer brush中のイオン交換基密度の増加とともに、タンパク質吸着量が増大することも同時に示された。 次に、蛍光プローブ法によって、polymer brushのキャラクタリゼーションを行った。グラフト重合量や溶媒環境を変えて、蛍光スペクトルのピーク波長シフトを測定することによって、polymer brushのコンフォメーションを反映する蛍光プローブのまわりの極性の情報が得られた。この結果から、水中では、イオン交換基密度の増加とともに、polymer brushが電荷同士の反発によって表面法線方向に伸長し、結果的にタンパク質をより多く抱き込む形態を作ることが確認できた。

排水処理に有効な生物膜を対象とした微生物生態系に関する研究

1997年度

研究成果概要:硝化細菌は廃水処理プロセスにおいて大きな役割を果たすが、生物膜内でどのように共存し、また諸環境因子によりそれらの共存形態がどのように変遷するかはほとんど明らかになっていない。本研究では、水温、pH等の変動による水質の変化と好気槽生...硝化細菌は廃水処理プロセスにおいて大きな役割を果たすが、生物膜内でどのように共存し、また諸環境因子によりそれらの共存形態がどのように変遷するかはほとんど明らかになっていない。本研究では、水温、pH等の変動による水質の変化と好気槽生物膜内における硝化細菌の個体数の関係を追跡すると同時に、生物膜内での生態系(分布特性)を明らかにすることを目的として検討を行った。 アンモニア硝化能に及ぼす水温の影響に関して調べた結果、水温は硝化の初期、つまり硝化細菌が生物膜を形成する段階において、硝化細菌の増殖至適温度である30℃付近における制御が重要となるが、一定の生物膜が形成されると、水温に対して耐性ができ、硝化能を保持する上では水温の影響は小さくなることがわかった。一方、10℃では生物膜が形成されなかったため硝化活性は極めて低かった。 硝化能に及ぼすpHの影響に関しては、20℃でpHを7.4に制御した系が、8.5に制御した系や制御しなかった系に比べ、連続実験期間を通して硝化細菌の高い増殖能および硝化活性を示した。また、pHをコントロールしなかった場合のpHは概ね5.0付近であった。これより無機廃水の硝化における至適pHは7.0~8.0付近であり、安定した硝化活性を維持する上で、pHの至適範囲における連続制御の重要性が示唆された。 接触材に付着した生物膜中の硝化細菌数と温度やpHとの相関性を明らかにするために、抗Nitrosomonas europaeaモノクローナル抗体を用いた迅速定量化手法により担体単位面積あたりのN. europaeaの個体数を測定した。20℃でpHコントロールしなかった系では、7.4にコントロールした系に比べN. europaeaの個体数はほぼ10分の1であった。以上よりpHを7.4にコントロールした場合、生物膜内の硝化細菌を高密度で保持できることが確認された。発表論文:1998年1月、野田尚宏、平田彰、常田聡、稲森悠平、第5回生物利用新技術研究シンポジウム論文集、 226-230生物膜の硝化菌バイオマス量と硝化能との関係

高硝酸・高塩濃度産業廃液からの生物学的窒素除去に関する研究

1998年度

研究成果概要: ロンドン条約の改正・施行に伴い、1996年1月1日より酸・アルカリ廃液の海洋投棄処分が禁止となった。また、湖沼・河川の富栄養化等の防止上、下水道放流に関しても窒素の排水規制が厳しくなる方向にある。このような状況の中、LSI・電... ロンドン条約の改正・施行に伴い、1996年1月1日より酸・アルカリ廃液の海洋投棄処分が禁止となった。また、湖沼・河川の富栄養化等の防止上、下水道放流に関しても窒素の排水規制が厳しくなる方向にある。このような状況の中、LSI・電子チップ等の廃棄物より金・銀・パラジウム・白金といった貴金属を王水・アンモニア等により回収する際に排出される廃液(以後、製錬廃液と呼ぶ)は、硝酸・アンモニアといった酸・アルカリを大量に含んでおり、適切な処理法の開発が求められている。しかし、廃液には数%から十数%と非常に高濃度の無機塩類が含まれているため、通常生物処理が困難であると考えられている。 以上の背景を踏まえ本研究では、すでに獲得した高塩濃度下でも活性を示す微生物(硝化菌・脱窒菌)を用いて、嫌気好気生物膜循環法による実験装置において、製錬実廃液を窒素の下水道放流規制値(T-N 240g/m3)以下まで処理するための操作条件を模索した。また、嫌気槽好気槽の最適な容積比、循環比等の計算を行った。 循環比4という条件下で連続生物処理実験を行った結果、徐々に滞留時間を短縮しながら微生物を馴養することによって、2~5倍希釈の製錬実廃液を下水道放流規制値まで処理することができた。また、滞留時間はスタート時の1/3以下まで短縮することができた。次に、循環比4の連続処理実験の結果に基づいて、規制値を満足し、且つ装置全体の滞留時間が最小となる嫌気槽好気槽の容積比を求めた。嫌気槽での脱窒、好気槽での硝化がともに1次反応近似可能であり、嫌気槽では脱窒のみ、好気槽では硝化のみしか行われないと仮定した場合、トータルの滞留時間を示す式を容積比の関数で表すことができた。そして、最小の滞留時間を与える容積比は嫌気槽 : 好気槽 = 1 : 1であることがわかった。さらに、循環比の値を変化させ、規制値を満足するような滞留時間を求めた結果、トータルの滞留時間が最小となる循環比は9であることがわかった。

有用微生物の高機能化・高密度固定化技術を利用した写真廃液の生物処理システムの開発

2000年度

研究成果概要: ロンドン条約附属書Iの改正に伴い、1995年末をもって写真廃液を含む産業廃棄物の海洋投棄処分が禁止された。写真廃液はハイドロキノンやカプラー、界面活性剤、EDTAなどの難生分解性物質を含むほか、無機塩類や有機性窒素化合物なども高... ロンドン条約附属書Iの改正に伴い、1995年末をもって写真廃液を含む産業廃棄物の海洋投棄処分が禁止された。写真廃液はハイドロキノンやカプラー、界面活性剤、EDTAなどの難生分解性物質を含むほか、無機塩類や有機性窒素化合物なども高濃度に含まれており、難分解性の廃液である。我々は写真廃液には硫酸塩を高濃度に含有していることに着目し、硫酸塩還元細菌を利用した難生分解性有機物除去プロセスの構築を目的として検討を行った。本研究では、写真廃液に含まれるFe-EDTAにターゲットを絞り、Fe-EDTA分解微生物群の獲得や硫酸塩還元細菌の分解寄与の確認、Fe-EDTA分解微生物群による分解過程での中間生成物の有無の確認を行った。 Fe-EDTAを分解する硫酸塩還元細菌を探索するため、水田から汚泥を採取し、硫酸塩還元細菌選択培地に炭素源としてFe-EDTAが100mg-C/Lとなるように添加し、約6ヶ月間馴養を行った。その結果、Fe-EDTAの顕著な減少が見られ、約10日で濃度をゼロにまで低減することに成功した。ここで、Fe-EDTAの分解における硫酸塩還元細菌の寄与を確認するため、硫酸塩還元細菌の阻害剤およびメタン生成細菌の阻害剤をそれぞれ添加し、分解試験を行った。その結果、硫酸塩還元細菌の阻害剤であるモリブデン酸ナトリウムを2mM添加した場合のみFe-EDTAの減少が見られなかったことから、硫酸塩還元細菌によるFe-EDTA分解寄与が示唆された。さらに、Fe-EDTAを分解させる際、Yeast Extractが必要であること、および分解中間生成物を生成していることがそれぞれ明らかとなり、Fe-EDTAの分解に寄与する硫酸塩還元細菌は水素を電子供与体とする細菌である可能性が高いことが示唆された。

水環境浄化に寄与するバクテリアの環境適応機構の解明と促進化技術の開発

2002年度

研究成果概要: 微生物を利用した廃水処理においては,微生物の機能をいかにして向上させるかは重要なテーマである。我々は,廃水処理プロセスにおいて汎用的に行なわれている「馴養」と呼ばれる操作に着目した。馴養とは,微生物を一定期間同一条件下に置くこと... 微生物を利用した廃水処理においては,微生物の機能をいかにして向上させるかは重要なテーマである。我々は,廃水処理プロセスにおいて汎用的に行なわれている「馴養」と呼ばれる操作に着目した。馴養とは,微生物を一定期間同一条件下に置くことで,微生物をその環境に馴らし,機能向上を行う操作のことである。本研究では,廃水処理プロセス中から耐塩性脱窒細菌を単離,培養し,高塩濃度環境への馴化を試み,さらにそのメカニズムを明らかにすることをめざした。 まず,解析モデルとなる耐塩性脱窒細菌の単離・培養を試みた。無機塩類および硝酸を高濃度に含む製錬廃水を処理しているリアクターの嫌気層から種汚泥を採取し,約8%のNaClを含む寒天プレート上にコロニーを形成させた。得られたコロニーを採取し,液体培地中で静置培養した。液体培地中で気体の発生が見られたものについては,集積培養を行って単離した。その結果,耐塩性脱窒細菌を単離することに成功した。16SrDNAによる系統解析から,この単離菌は,Bacillus halodenitrificans の近縁種であることがわかった。 単離した脱窒細菌を用いて,高塩濃度条件下(NaCl濃度約16%)で長期馴養を行った。その後,高塩濃度条件下で長期馴養を行った系と行わなかった系とで脱窒活性の比較をした。その結果,高塩濃度条件下で長期馴養を行った場合のみ高塩濃度条件下で脱窒活性の向上が見られた。 最後に,二次元電気泳動により馴養株と非馴養株の発現タンパク質について調べたところ,馴養前後で異なるタンパク質発現が確認された。馴養によってタンパク質発現レベルでの変化が起こり得ることが示唆され,馴養が微生物群集構造の変化以外にも影響を及ぼすことがわかった。

バイオフィルム形成における微生物生態の数学的シミュレーションモデルの構築

2004年度

研究成果概要:自然環境中の微生物は,単独に浮遊して存在することはきわめて稀であり,その多くは微生物自身が生成する細胞外ポリマー(EPS)などにより固体表面に付着し,複雑な微生物コミュニティー,バイオフィルムを形成して存在している.このバイオフィ...自然環境中の微生物は,単独に浮遊して存在することはきわめて稀であり,その多くは微生物自身が生成する細胞外ポリマー(EPS)などにより固体表面に付着し,複雑な微生物コミュニティー,バイオフィルムを形成して存在している.このバイオフィルムは環境浄化プロセスにおいて大きな効用をもたらす反面,金属腐食やパイプのつまり,浄水の汚染などの原因にもなる.そこで,バイオフィルムの生態構造(種類,数,場所,活性など)やメカニズムを解明することが重要となってくる.解明された情報を基に,上記の現象を再現,予測することが可能となれば,環境浄化プロセスの設計・制御を行う際に非常に有用である.このために有効なのが数学的シミュレーションである.本研究では,2次元のCellular Automaton(CA)-hybrid modelを用いてバイオフィルムの多菌種多基質シミュレーションモデルの構築を行った。対象とする基質はC,NH4,NO2,NO3,O2,菌種は従属栄養細菌(HB),アンモニア酸化細菌(AOB),亜硝酸酸化細菌(NOB),不活性バイオマスである.また,酸素供給方向の異なる2つのバイフィルムを対象とし、ポピュレーション変化をシミュレートした.1系は,O2が他の基質と同じ方向,つまりバルク側から供給されるTop-down aeration型であり,もう1系は,O2が他の基質とは逆の方向,つまり担体側から供給されるMembrane aeration型である.その結果,4菌種(HB,AOB,NOB,Dead Biomass)において,Top-down型に比べMembrane型の方が,AOBの割合が大きくなったが,極端に異なる結果にはいたらなかった.一方、3菌種(AOB,NOB,Dead Biomass)において,Top-down型ではAOBが生菌の大半を占めていたが,Membrane型では時間経過によってAOBとNOBの割合が変化するという解析結果を得た.

表面科学技術を応用した次世代型金属回収式バイオリアクターの開発

2004年度

研究成果概要:多くの重金属イオンは生体への毒性が高く,また食物連鎖による生物濃縮が起こるため,金属成分を含む廃水を排出する事業所ではこれを適正に処理しなければならない.特にカドミウム(Cd)については,1955年富山県神通川流域で起こったイタイ...多くの重金属イオンは生体への毒性が高く,また食物連鎖による生物濃縮が起こるため,金属成分を含む廃水を排出する事業所ではこれを適正に処理しなければならない.特にカドミウム(Cd)については,1955年富山県神通川流域で起こったイタイイタイ病の原因であることから,回収技術の一層の高度化が求められ,排水基準値は0.1mg/L以下という極めて低い値が設定されている.そこで,我々は廃水中の重金属除去技術として硫酸塩還元細菌(SRB)を用いた生物学的金属硫化法を提案した.本研究ではFe-Niスラグウール(FS)を付着担体とした硫酸還元バイオリアクターによる希薄Cd含有廃水処理を試みた.100日間にわたる連続処理実験を行い,安定性を確認するとともに,滞留時間(HRT)を徐々に短縮し,この装置の限界および処理が悪化した際の挙動を調べた.その結果,運転開始直後は処理が不安定であったが,以降100日を越える期間安定したCd除去が行われた.リアクター出口におけるCd濃度は0~0.04mg/L(Cd除去率として99%以上)であり,排水基準値である0.1mg/Lを大きく下回る水質が得られた.また,数学モデルを構築して,連続実験の結果に対するシミュレーションを行い,リアクター内における溶存成分の挙動を予測した.その結果,Cd2+,全有機炭素(TOC),SO42-いずれの成分についても高い相同性をもつことが示され,硫酸還元バイオリアクター内の生物化学反応を適切に表現する数学モデルを構築できたことが確認された.さらに,本廃水処理装置を用いて鉱山廃水を模擬した重金属複合成分系(Cu,Cd,Zn,Ni,Mn)で80日間の連続処理実験を行った結果,Cu,Cd,Zn,Niについては回収率ほぼ100%を達成することができ,各重金属元素の排水基準値以下を達成する良好な処理が行うことができた.

嫌気性アンモニア酸化細菌を活用した低コスト・省スペース型排水処理プロセスの開発

2006年度

研究成果概要: 近年発見された嫌気性アンモニア酸化反応を排水処理技術に応用することができれば,単一の反応槽で窒素除去を行うことができ,従来の硝化・脱窒法に比べ,酸素供給量,水素供与体の補填量の削減,余剰汚泥の発生量の抑制が可能となることから,大... 近年発見された嫌気性アンモニア酸化反応を排水処理技術に応用することができれば,単一の反応槽で窒素除去を行うことができ,従来の硝化・脱窒法に比べ,酸素供給量,水素供与体の補填量の削減,余剰汚泥の発生量の抑制が可能となることから,大幅なコスト削減が実現できる。本研究では,分子生物学的手法を活用し,嫌気性アンモニア酸化細菌の生態学を明らかにするとともに,嫌気性アンモニア酸化細菌の大量培養技術の開発,固定化技術の開発,さらにこの菌体を用いた新規排水処理技術の確立を行うことを目的とした。 まず,これまで培ってきた硝化細菌や脱窒細菌の培養技術を応用し,嫌気性アンモニア酸化細菌の集積技術および連続培養技術に取り組んだ。上向流型リアクターにポリエステル繊維不織布を充填し,アンモニアと亜硝酸をそれぞれ35mg/L含む培養液を供給した結果,120日程度でアンモニアと亜硝酸が同時に減少する嫌気性アンモニア酸化反応が確認された。実験では3種類の種汚泥(下水処理施設から採取した余剰汚泥および消化汚泥,養豚廃水処理施設から採取した硝化汚泥)を用いたが,いずれの場合もほぼ同様の結果を得ることができた。つぎに,滞留時間を徐々に減少させることで嫌気性アンモニア酸化細菌の増殖速度を高め,最終的に脱窒速度9.8kg-N/m3/dを得た。この実験の際に得られた脱窒速度の上昇カーブから,嫌気性アンモニア酸化細菌の増殖速度が,既報告値より格段に速いことが示唆された。そこで,嫌気性アンモニア酸化細菌の菌数変化をFISH法により定量的に評価した結果,倍加時間が1.8日であり,従来報告されている倍加時間11日に比べて増殖速度が5倍以上であることを明らかにした。つぎに,上記の方法で集積培養した嫌気性アンモニア酸化細菌群をポリエチレングリコール(PEG)ゲルに包括固定化することに成功し,活性の低下がほとんどないことを確認した。最後に,このゲルをリアクター内に投入し,模擬排水の処理試験を行った結果,低水温下や有機物共存下においても長期にわたり安定した窒素除去特性を得られることを確認し,本技術の実用性の高さを証明した。

微生物凝集および微生物生態の理解による高速アンモニア処理システム構築

2009年度共同研究者:青井 議輝, 大坂 利文

研究成果概要:これまでに我々は,上向流好気性流動床リアクターを用いて硝化細菌グラニュールの形成に成功している。硝化細菌グラニュールは硝化細菌を高密度に保持し,沈降性が極めて高いため,排水中の窒素除去の高効率化に有効である。しかしながら,硝化細菌...これまでに我々は,上向流好気性流動床リアクターを用いて硝化細菌グラニュールの形成に成功している。硝化細菌グラニュールは硝化細菌を高密度に保持し,沈降性が極めて高いため,排水中の窒素除去の高効率化に有効である。しかしながら,硝化細菌グラニュールの形成メカニズムは未だ不明確な点が多く,実用化への大きな障害となっている。本研究では,分子生物学的手法を用いて硝化細菌グラニュールの微生物生態構造を解析し,どのような細菌種がグラニュール形成に寄与しているかを明らかにすることを目的とした。まず,クローニング法を用いて硝化細菌グラニュールに存在する細菌種の群集構造解析を行った。その結果,16S rRNA遺伝子解析から,完全無機条件で馴養された硝化細菌グラニュールには,硝化細菌以外にも有機物を消費する多様な従属栄養細菌が存在し,複雑な生態系が構築されていることが明らかになった。また,アンモニア酸化酵素amoAをコードする機能遺伝子解析から,グラニュール形成に伴いNitrosomonas mobilisに近縁なクローンとアミノ酸配列が高い相同性を示すクローンが得られたため,初期形成中のアンモニア酸化細菌(AOB)はN. mobilis系統に属することが示唆された。さらに,fluorescence in situ hybridization(FISH)法を用いて各細菌種の存在割合,空間分布解析を行った結果,N. mobilis系統に属するAOBは,初期形成グラニュールにおいて優占化していることが明らかになった。以上の結果より,グラニュール形成においてN. mobilis系統に属するAOBが選択的に凝集・粒状化し,初期のグラニュール形成に重要な役割を果たしていることが示唆された。

次世代癌研究ツールとしてのイン・シリコ癌シミュレーターの開発

2009年度共同研究者:加川 友己

研究成果概要: 本研究は、システム工学的アプローチで医学研究を推進する「システム医工学」という新しい概念を癌研究に適用し、現在進行的に入手可能な、癌に対する実験・観察事実をコンピュータ上に集約・再構成することで、発癌プロセスを統一的に理解するた... 本研究は、システム工学的アプローチで医学研究を推進する「システム医工学」という新しい概念を癌研究に適用し、現在進行的に入手可能な、癌に対する実験・観察事実をコンピュータ上に集約・再構成することで、発癌プロセスを統一的に理解するための新規方法論を確立・提案することを目的としている。具体的には大腸癌に焦点を絞り、(1)発癌の場となる大腸陰窩(いんか)のシミュレーションモデルの構築、およびそのモデルをベースとした(2)大腸癌における多段階発癌モデルの数理モデル化によって、発癌プロセスを統一的に理解する土台の構築を試みたが、時間的制約により(1)を中心とした研究を実施した。 まず陰窩における細胞の増殖・分化の時空間構造を可視化するシミュレーションモデルを構築した。これは陰窩を底のある円筒で表現し、その円筒の展開図内で個々の細胞が独立に増殖・分化していくモデルであり、個体ベースモデルのアルゴリズムを参考に構築した。次にヒト大腸陰窩において得られている pLIデータを再現するようなモデルパラメータセットの探索を行った。ここでpLI(positional Labeling Index)とは、ある短い時間間隔においてDNAを合成した細胞のみをBrdU等によってラベル化し、ラベル化された細胞の割合を陰窩の底からの位置の関数として求めたものであり、分裂細胞の空間配置を調べる手法として多用されている。本研究ではBrdU取り込み過程の計算機シミュレーションを行い、その結果得られる画像データ(ラベル化細胞の空間配置パターン)を多数取得し、それらの画像解析・統計処理を行うことでpLIデータを取得した。モデルパラメータ空間の各点において、これらシミュレーションを繰り返すことで、実験データに最も良くフィットするパラメータセットを見出すことに成功した。 また、FAP(家族性大腸腺腫症;がん抑制遺伝子APCに変異がある)患者の陰窩で得られるpLIデータへのフィッティングも試みた。その結果、FAP患者の陰窩では幹細胞数、分化するまでの世代数、幹細胞周期が正常陰窩に比べ増大していることが、本モデルから予測された。

窒素循環に寄与する未培養微生物を標的とした新規分離培養手法

2011年度共同研究者:大坂 利文, 青井 議輝, 藤谷 拓嗣

研究成果概要: 硝化は地球規模の窒素循環や,排水または浄水からの生物学的窒素除去プロセスにおいて重要な反応過程である。しかし硝化に関わる微生物の多くが難培養性であることから現在までに分離培養されている菌株は少ない。本研究では培養株が特に少ない亜... 硝化は地球規模の窒素循環や,排水または浄水からの生物学的窒素除去プロセスにおいて重要な反応過程である。しかし硝化に関わる微生物の多くが難培養性であることから現在までに分離培養されている菌株は少ない。本研究では培養株が特に少ない亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの獲得を実証モデルとして,3つのステップからなる新規分離培養手法を確立した。 まず,1)下水処理場の活性汚泥をサンプルソースとし亜硝酸塩を含有する無機性の基質を連続的に供給した集積培養槽内でNitrospiraの高度集積化を行った。槽内の亜硝酸濃度を厳密に制御することで系統学的に異なる2種類のNitrospiraを選択的に集積化することが可能であった。つづいて,2)セルソーターを使用し,サンプル中に形成されているマイクロコロニーの大きさと物理的構造の複雑性に基づいて分画することで,Nitrospiraのみから形成されるマイクロコロニー(10-10^2細胞の凝集体)だけを特異的に分取することに成功した。最後に,3)分取したマイクロコロニーをマルチウェルプレートに一つずつ播種し,亜硝酸塩を含有した培地で培養した。その結果,一つのマイクロコロニーからNitrospiraが10^6-10^7 細胞/ mlまで増殖したことを確認できた。培養を行った924サンプルのうち,Sublineaege I に属するNitrospiraの純菌株を5株,Sublineaege IIに属するNitrospiraの純菌株を4株獲得した。これによって,世界で初めて活性汚泥から系統学的に異なった2種類のNitrospiraの分離培養に成功した。さらに,数日間の亜硝酸濃度と硝酸濃度の変化をモニタリングした結果,獲得した2菌種はどちらも亜硝酸酸化活性を持つことが明らかになった。また,電子顕微鏡を用いて獲得した2菌種の観察を行った結果,2菌種とも厚い細胞外ポリマーを持ち,絡み合うようにマイクロコロニーを形成していることがわかった。 硝化に関わる多くの微生物がNitrospiraと同様,環境中でマイクロコロニーを形成することが知られているため,本研究で確立した新規分離培養手法は硝化細菌全般への応用が可能である。

海洋生物抽出液ライブラリーからのC型肝炎ウイルスNS3ヘリカーゼ阻害剤の探索

2012年度共同研究者:大坂 利文

研究成果概要: C型肝炎ウイルス(hepatitis C virus,以降HCV)感染者は日本で約200万人と推定されており,感染を放置すると肝硬変・肝癌といった重篤な病態に進行する。治療法としてインターフェロン療法が確立されてはいるものの, ... C型肝炎ウイルス(hepatitis C virus,以降HCV)感染者は日本で約200万人と推定されており,感染を放置すると肝硬変・肝癌といった重篤な病態に進行する。治療法としてインターフェロン療法が確立されてはいるものの, 難治症例では治療効率が半分程度であること, また副作用が強いことから, より効果的な治療薬の開発が求められている。HCVは約9600塩基からなる1本鎖+鎖RNAをゲノムに有し,ここから前駆体ポリプロテインが翻訳され,最終的に10種類以上のウイルスタンパク質へと成熟する。このうちいくつかのタンパク質を標的にした複製阻害剤が新たな治療薬の候補として開発されつつあり,特にNS3プロテアーゼの阻害剤を従来のインターフェロン療法に加えた併用療法が臨床応用にまで至っている。しかしながら,1種のウイルスタンパク質のみを標的とした治療法では遺伝子変異による薬剤耐性ウイルスの出現が危惧されることから,人類がHCVを克服するためには,複数のウイルスタンパク質を標的とした複数の阻害剤投与を実現することが重要であるといえる。近年,HCVの増殖に関与するNS3がプロテアーゼ活性のみではなく,2本鎖の核酸を1本鎖にほどくヘリカーゼ活性を持ち,このヘリカーゼ活性を失活させることでHCVの増殖を抑えることが可能であることが明らかとなった。 そこで申請者は,独自に構築したNS3ヘリカーゼ活性のハイスループットな活性評価技術を用い,NS3ヘリカーゼ阻害剤の獲得を目的として研究を行った。本測定法は,グアニン塩基との間の光励起電子移動反応によって蛍光が消光する特殊な蛍光色素を用い,ヘリカーゼ活性を簡便かつ迅速に測定することを可能にする。サンプルソースとして創薬資源として実績のある海洋生物抽出物ライブラリーを活用し,陽性試料の探索を行った。獲得した陽性試料はHCVレプリコンシステムを用いてウイルス増殖抑制活性の評価を行い,有望な試料については,活性成分の分画・精製を行い,最終的にNMRを用いて阻害剤の同定を試みた。 海洋生物抽出物668種についてNS3ヘリカーゼ阻害剤の探索を行った結果,117種の試料がヘリカーゼ活性を50%以下に阻害し,さらにその内14種の抽出物にHCV増殖抑制活性を確認した。特に,沖縄産のウミシダAlloecomatella polycladiaの酢酸エチル抽出物に高いHCV増殖抑制活性があることを確認し,同抽出物を分画・精製した結果,極性分画より5種の化合物(その内4種は新規化合物)をNS3ヘリカーゼ阻害剤として同定することに成功した。しかしながら,これら阻害剤はHCV増殖抑制活性を示さなかったため,現在,非極性分画からの阻害剤の探索を引き続き行っている。また,この他にも陽性試料から複数の阻害剤を同定することに成功し,一部の阻害剤については生化学的な解析からNS3へリカーゼへの作用機序を明らかにすることができた。

難培養性アンモニア酸化細菌・古細菌の革新的分離培養戦略

2012年度共同研究者:大坂 利文

研究成果概要: 硝化細菌(アンモニア酸化細菌・亜硝酸酸化細菌)は,自然環境における窒素循環,および浄水・排水処理における生物学的窒素除去プロセスを担う重要な細菌である。近年の分子生物学的な手法の発展により,硝化細菌は極限・非極限を問わず環境中に... 硝化細菌(アンモニア酸化細菌・亜硝酸酸化細菌)は,自然環境における窒素循環,および浄水・排水処理における生物学的窒素除去プロセスを担う重要な細菌である。近年の分子生物学的な手法の発展により,硝化細菌は極限・非極限を問わず環境中に普遍的に生息し,系統学的な多様性も高いことが明らかになっている。しかし,高濃度の基質による阻害・遅い増殖速度・強い凝集性を持つために培養が困難であり,硝化細菌に対する有効な培養手法は未だ確立されていない。本研究では,連続流入式の混合型集積培養槽を用いた高度集積培養,およびセルソーターを用いた選択的分取による一連の新規分離培養手法を考案し,特に培養株の少ない貧栄養の淡水環境由来の硝化細菌の獲得を試みた。 培養開始後350日目に集積培養槽から集積サンプル(硝化細菌占有率70%)を採取し,超音波分散処理およびフィルター濾過を行った。セルソーターのパラメーターを細胞の大きさを示す前方散乱光(Forward scatter; FSC)と細胞の内部構造を示す側方散乱光(Side scatter; SSC)に設定し,96ウェルプレート上で1ウェルにつき1つのマイクロコロニーが入るように分注した。FSCを大きくSSCを小さく設定した結果,硝化細菌の形成するマイクロコロニーを選択的に分取することに成功した。一ヶ月間静置培養を行い,増殖が確認されたものに対してシーケンス解析し,菌種を同定した結果,Betaproteobacteria綱に属するアンモニア酸化細菌を10株,Nitrospira綱に属する亜硝酸酸化細菌を15株獲得することに成功した。この中には,16S rRNA遺伝子の相同性が既存株Nitrospira moscoviensisと95%,既存株Nitrosomonas oligotrophaと95%の純菌株も含んでおり,高い新規性が得られた。さらに,淡水環境から亜硝酸酸化細菌Nitrospiraを獲得したのは世界初の快挙である。また,硝化細菌の他にも数種類の純菌株が得られていることから,本手法を応用することで様々な菌の獲得が可能であると期待される。

大腸陰窩における細胞アポトーシス動態の数理モデリング

2013年度

研究成果概要: 生体組織中の恒常性維持の仕組みは、癌と深く関係しており、治療手法を考える上で非常に重要である。その理解のために、存在している多数の細胞及びその動的な振る舞いなど、種々の莫大な要素を含めて考える・計算する必要性がある。そのような作... 生体組織中の恒常性維持の仕組みは、癌と深く関係しており、治療手法を考える上で非常に重要である。その理解のために、存在している多数の細胞及びその動的な振る舞いなど、種々の莫大な要素を含めて考える・計算する必要性がある。そのような作業においては、最適な数理モデルに基づくコンピューターシミュレーションが有効である。この恒常性維持について考える際には、その重要な仕組みである「細胞増殖」と「細胞死」の実装が望ましい。しかし、細胞死の発生確率は健常時では非常に低く、その実装が困難であるためか、既存の数理モデルでは細胞増殖にのみ注目しているものがほとんどであり、細胞死の仕組みについて数理モデルで考察した報告は少ない。そこで本研究では、細胞死の発生が増加する状態、組織中に細胞損傷を引き起こす状態、および誘導刺激が導入された状態に着目した。この数理モデルでは、IBM(Individual-Based Modeling)という、主に生態学で用いられる手法に基づくモデル化が行われており、モデル中の細胞1つ1つに対して設定を行うことで、数多くの細胞から成る組織の振る舞いの模擬を可能にしている。この手法によって、個々の細胞が一律ではなく、それぞれ異なるパラメータに従って動くことが可能になり、各細胞の状態に応じて発生する細胞死を模擬する上で適した手法であると考えられる。また、細胞増殖についてもIBMを用いて模擬することで、おそらく一律ではない各幹細胞の個体差を模擬することができると考えられる。本研究では、恒常性維持に必要な「細胞増殖」と「細胞死」を兼ね備えたモデルを用いて誘導刺激導入時に観測された結果の再現を行った。 本研究では、細胞の入れ替わりが活発に起きている腸上皮組織に着目し、その構造単位である陰窩(いんか)における細胞増殖・分化過程の数理モデル化を試み、組織の恒常性維持機構について定量的な議論を行った。その結果、誘導刺激を受けた際にアポトーシスが誘導される確率やアポトーシスが完了するまでの持続時間が、細胞種ごとに異なるのではないかという予測が立てられた。まず、数理モデルにおいては、陰窩中の細胞種として、自己増殖が可能である幹細胞、幹細胞から分化し一定回数だけ分裂可能であるTA細胞(Transit Amplifying cell、一過性増殖細胞)、TA細胞が一定回数の分裂完了後に分化しそれ以上分裂しない分化細胞の3種類を考えた。なお、TA細胞はその分裂回数ごとに、第1世代から第3世代まで分けて考えた。また、本モデルで仮定した細胞のアポトーシス進行経路では、細胞に誘導刺激(放射線照射を想定)が与えられると、一定確率Pで細胞中に変異が残存し、それを感知して細胞死の誘導が行われる。この数理モデルでシミュレーションを行い、実験から得られたアポトーシス細胞の発生や分布の再現を試みた結果、幹細胞とTA細胞の両方にアポトーシスが起こり、かつPの値がTA細胞の世代ごとに異なることが予測された。具体的には、Pの値はTA細胞第1世代で最も大きく、続いて幹細胞、TA細胞第2世代以降の順に小さくなることが予測された。

環境中のマイクロコロニーを標的とした新規微生物分離培養手法の開発

2014年度

研究成果概要:排水処理施設において高度な水処理技術を実現するために,活性汚泥中に生息する微生物の特徴を詳細に把握することは重要である。本研究では,活性汚泥中の微生物の系統と凝集性との関係性を明らかにした。また,セルソーターを利用してsingle...排水処理施設において高度な水処理技術を実現するために,活性汚泥中に生息する微生物の特徴を詳細に把握することは重要である。本研究では,活性汚泥中の微生物の系統と凝集性との関係性を明らかにした。また,セルソーターを利用してsingle cellやmicrocolonyといった単一菌種の形態を選択的に分取し,排水中の栄養塩除去に寄与する特定微生物の単離・濃縮を目指した。

難治性感染症の原因となる休止細菌を標的とする新規薬剤スクリーニング

2014年度

研究成果概要:難治感染症の原因として休止細菌の存在が注目されている。抗生物質は細菌の増殖を標的として細胞を死に至らしめるが,休止細菌は細胞増殖を行わないため抗生物質の作用を受けず,複数種の抗生物質に対して寛容性を示し生存し続ける。本研究では,休...難治感染症の原因として休止細菌の存在が注目されている。抗生物質は細菌の増殖を標的として細胞を死に至らしめるが,休止細菌は細胞増殖を行わないため抗生物質の作用を受けず,複数種の抗生物質に対して寛容性を示し生存し続ける。本研究では,休止細菌を撲滅できる新しい薬剤の開発を目指し,我々が開発した世界初の大腸菌の休止細菌マーカー株を利用して,休止細菌の動態をシングルセルレベルで評価できるマイクロ流路を開発した。

「ミニ腸管」形成プロセスにみられる生物学的自己組織化現象の数理学的理解

2014年度共同研究者:加川友己

研究成果概要:大腸腫瘍の形態が経時的にどのように形成されるのかを観察することは、従来法の技術では困難であったが,腸オルガノイド培養技術の開発により,ヒト検体における腸管上皮の管腔形成異常の動的解析を行うことが可能となった。本研究では,細胞間相互...大腸腫瘍の形態が経時的にどのように形成されるのかを観察することは、従来法の技術では困難であったが,腸オルガノイド培養技術の開発により,ヒト検体における腸管上皮の管腔形成異常の動的解析を行うことが可能となった。本研究では,細胞間相互作用の実装が容易なcellular Potts modeling手法を用いて腸オルガノイド形態形成の2次元数理モデルを構築し,腫瘍性上皮細胞由来オルガノイドにみられる異常な形態が,本質的に何によって引き起こされているのかを明らかにすることを目指した。その結果,細胞分裂時の分裂軸や分裂速度の異常が単一管腔・単層構造の崩れをもたらすことが予想された。

比較解析から迫る亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの生態学的ニッチ

2015年度共同研究者:藤谷拓嗣

研究成果概要:排水処理場における亜硝酸酸化は,2種類(lineage I,II)のNitrospiraが役割を担っている。本研究では,排水処理場の活性汚泥から獲得したND1株(lineage I)とNJ1株(lineage II)の生理学的性質...排水処理場における亜硝酸酸化は,2種類(lineage I,II)のNitrospiraが役割を担っている。本研究では,排水処理場の活性汚泥から獲得したND1株(lineage I)とNJ1株(lineage II)の生理学的性質を比較することで実環境の生態学的ニッチを考察することを目的とした。まず,ND1株は低濃度のアンモニアでも顕著に阻害を受けることがわかった。そこで,両株の競合試験を行ったところ,アンモニアを含まない系ではND1株が,アンモニアを含む系ではNJ1株が優占化した。以上のことから異なるlineage間の生態学的ニッチにおいてアンモニア濃度が重要な因子であることが示唆された。

ゲノム解析から探る亜硝酸酸化細菌Nitrospiraの生理生態

2016年度共同研究者:藤谷拓嗣

研究成果概要:亜硝酸酸化細菌であるNitrospira sp. ND1株とNitrospira japonicaNJ1株の比較ゲノム解析を行った。ND1株とNJ1株のゲノム配列からコードされている遺伝子を同定した結果、ND1株は4602の候補遺...亜硝酸酸化細菌であるNitrospira sp. ND1株とNitrospira japonicaNJ1株の比較ゲノム解析を行った。ND1株とNJ1株のゲノム配列からコードされている遺伝子を同定した結果、ND1株は4602の候補遺伝子(CDS)を、NJ1株は4151のCDSを保有していることが明らかとなった。各CDSから両株の代謝経路、微生物構造を予測した結果、TCA回路、解糖系、電子伝達系に関して、2系統の分離株で違いは確認されなかった。一方、運動性に関わる鞭毛合成、微生物間コミュニケーション機能に関わるクオラムセンシング機構、および窒素代謝経路の遺伝子に顕著な違いが確認された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
生命科学概論A 電子物理基幹理工学部2017春学期
生命科学概論A 建築・経営・社工・資源創造理工学部2017春学期
理工学基礎実験1A Iブロック基幹理工学部2017春学期
理工学基礎実験1A Iブロック創造理工学部2017春学期
理工学基礎実験1A Iブロック先進理工学部2017春学期
理工学基礎実験1B IIブロック基幹理工学部2017秋学期
理工学基礎実験1B IIブロック創造理工学部2017秋学期
理工学基礎実験1B IIブロック先進理工学部2017秋学期
生命科学概論A 総合機械創造理工学部2017春学期
生命科学概論A 化学・応化先進理工学部2017春学期
生命科学概論B 生医先進理工学部2017春学期
生命医科学ゼミナールI先進理工学部2017春学期
生命医科学ゼミナールI  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
微生物学先進理工学部2017秋学期
微生物学  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017秋学期
Life Science and Medical Bioscience Laboratory先進理工学部2017春学期
生命医科学実験I先進理工学部2017春学期
生命医科学実験I  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春学期
分析化学B先進理工学部2017秋学期
分析化学B 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017秋学期
応用数学A先進理工学部2017春クォーター
応用数学A 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017春クォーター
生命医科学ゼミナールII先進理工学部2017秋学期
生命医科学ゼミナールII  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017秋学期
卒業研究先進理工学部2017通年
卒業研究  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2017通年
先端分子微生物学先進理工学部2017春学期
生物機能工学先進理工学部2017秋学期
生命医科学実験IV先進理工学部2017春学期
生命医科学実験V先進理工学部2017秋学期
Life Science and Medical Bioscience Seminar I先進理工学部2017秋学期
Life Science and Medical Bioscience Seminar II先進理工学部2017春学期
Bioscience Practicals A先進理工学部2017秋学期
Bioscience Practicals B先進理工学部2017春学期
Graduation Thesis A先進理工学部2017秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2017春学期
修士論文(生医)大学院先進理工学研究科2017通年
Research on Environmental Biotechnology大学院先進理工学研究科2017通年
環境生命科学研究大学院先進理工学研究科2017通年
生物機能工学特論大学院先進理工学研究科2017秋学期
Advanced Bioengineering大学院先進理工学研究科2017秋学期
生物機能工学特論大学院先進理工学研究科2017秋学期
Seminar on Environmental Biotechnology A大学院先進理工学研究科2017春学期
環境生命科学演習A大学院先進理工学研究科2017春学期
Seminar on Environmental Biotechnology B大学院先進理工学研究科2017秋学期
環境生命科学演習B大学院先進理工学研究科2017秋学期
Master's Thesis (Department of Life Science and Medical Bioscience)大学院先進理工学研究科2017通年
環境生命科学研究大学院先進理工学研究科2017通年
キャリアアップ実習大学院先進理工学研究科2017通年
生命科学概論 01グローバルエデュケーションセンター2017春学期
生命科学概論 02グローバルエデュケーションセンター2017春学期