氏名

ハラ タイチ

原 太一

職名

教授 (https://researchmap.jp/harata1)

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
harata1@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192埼玉県 所沢市 三ヶ島2-579-15
電話番号
04-2947-6763
fax番号
04-2947-6763

URL等

WebページURL

https://haralaboratory.wordpress.com/

https://yab.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/science_190115.html

https://www.waseda.jp/top/news/61349

研究者番号
00392374

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

学内研究所等

応用脳科学研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学歴

1994年04月-1998年03月 鹿児島大学 農学部 生物資源化学科
1998年04月-2000年03月 九州大学 大学院生物資源環境科学研究科 遺伝子資源工学専攻修士課程
2000年04月-2004年03月 九州大学 大学院医学系学府 分子常態医学専攻博士課程

学位

医学 課程 九州大学 医化学一般

経歴

2003年04月-2004年03月日本学術振興会特別研究員日本学術振興会特別研究員
2004年04月-2006年08月東京都臨床医学総合研究所タンパク質代謝PT研究員
2006年09月-2007年03月東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科助手
2007年04月-2009年01月東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科助教
2009年02月-2010年09月University of Pennsylvania日本学術振興会海外特別研究員
2010年10月-2017年03月群馬大学生体調節研究所准教授
2017年04月-早稲田大学人間科学学術院教授

所属学協会

日本分子生物学会

日本動物細胞工学会

日本農芸化学会

日本栄養・食糧学会

日本フードファクター学会

研究分野

キーワード

細胞生物学、食品生命科学、疾患モデルマウス作製、オートファジー、タンパク質品質管理機構、損傷オルガネラ、希少難病(CMT病、神経変性疾患など)

研究シーズ

論文

Rer1-mediated quality control system is required for neural stem cell maintenance during cerebral cortex development.

Hara T, Maejima I, Akuzawa T, Hirai R, Kobayashi H, Tsukamoto S, Tsunoda M, Ono A, Yamakoshi S, Oikawa S, Sato K.

PLoS Genet.査読有り14(9):e1007647.2018年09月-

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Mutations in COA7 cause spinocerebellar ataxia with axonal neuropathy.

Higuchi Y, Okunushi R, Hara T, Hashiguchi A, Yuan J, Yoshimura A, Murayama K, Ohtake A, Ando M, Hiramatsu Y, Ishihara S, Tanabe H, Okamoto Y, Matsuura E, Ueda T, Toda T, Yamashita S, Yamada K, Koide T, Yaguchi H, Mitsui J, Ishiura H, Yoshimura J, Doi K, Morishita S, Sato K, Nakagawa M, Yamaguchi M, Tsuji S, Takashima H.

Brain査読有り141(6)p.1622 - 16362018年06月-

DOI

SFT-4/Surf4 control ER export of soluble cargo proteins and participate in ER exit site organization.

Saegusa K, Sato M, Morooka N, Hara T, Sato K.

J Cell Biol.査読有り2018年04月-

DOI

Forced lipophagy reveals that lipid droplets are required for early embryonic development in mouse.

Tatsumi T, Takayama K, Ishii S, Yamamoto A, Hara T, Minami N, Miyasaka N, Kubota T, Matsuura A, Itakura E, Tsukamoto S.

Development査読有り145(4)2018年02月-

DOI

Systemic Analysis of Atg5-Null Mice Rescued from Neonatal Lethality by Transgenic ATG5 Expression in Neurons

Yoshii SR. Kuma A, Akashi T, Hara T, Yamamoto A, Kurikawa Y, Itakura E, Tsukamoto S, Shitara H, Eishi Y, Mizushima N.

Dev Cell.査読有り39((1))p.116 - 1302016年10月-

PubMedDOI

REI-1 Is a Guanine Nucleotide Exchange Factor Regulating RAB-11 Localization and Function in C. elegans Embryos.

Sakaguchi A, Sato M, Sato K, Gengyo-Ando K, Yorimitsu T, Nakai J, Hara T, Sato K, Sato K.

Dev Cell.査読有り39(1)p.211 - 2212015年10月-

PubMedDOI

Rer1 and calnexin regulate endoplasmic reticulum retention of a peripheral myelin protein 22 mutant that causes type 1A Charcot-Marie-Tooth disease.

Hara T, Hashimoto Y, Akuzawa T, Hirai R, Kobayashi H, Sato K.

Sci Rep.査読有り11(4)p.69922014年11月-

PubMedDOI

Rer1p regulates the ER retention of immature rhodopsin and modulates its intracellular trafficking.

Yamasaki A, Hara T, Maejima I, Sato M, Sato K, Sato K.

Sci Rep.査読有り6(4)p.59732014年08月-

PubMedDOI

Fluorescence-based visualization of autophagic activity predicts mouse embryo viability.

Tsukamoto S, Hara T, Yamamoto A, Kito S, Minami N, Kubota T, Sato K, Kokubo T.

Sci Rep.査読有り4(4533)2014年03月-

PubMedDOI

Functional analysis of lysosomes during mouse preimplantation embryo development.

Tsukamoto S, Hara T, Yamamoto A, Ohta Y, Wada A, Ishida Y, Kito S, Nishikawa T, Minami N, Sato K, Kokubo T.

J Reprod Dev.査読有り59(1)p.33 - 392013年02月-

PubMed

Post-translational regulation and nuclear entry of TIMELESS and PERIOD are affected in new timeless mutant.

Hara T, Koh K, Combs DJ, Sehgal A.

J Neurosci.査読有り31(27)p.9982 - 99902011年07月-

PubMedDOI

Caenorhabditis elegans SNAP-29 is required for organellar integrity of the endomembrane system and general exocytosis in intestinal epithelial cells.

Sato M, Saegusa K, Sato K, Hara T, Harada A, Sato K.

Mol Biol Cell.査読有り22(14)p.2579 - 25872011年07月-

PubMedDOI

Ubiquitin accumulation in autophagy-deficient mice is dependent on the Nrf2-mediated stress response pathway: a potential role for protein aggregation in autophagic substrate selection.

Riley BE, Kaiser SE, Shaler TA, Ng AC, Hara T, Hipp MS, Lage K, Xavier RJ, Ryu KY, Taguchi K, Yamamoto M, Tanaka K, Mizushima N, Komatsu M, Kopito RR.

J Cell Biol.査読有り191(3)p.537 - 5522010年11月-

PubMedDOI

Tti1 and Tel2 are critical factors in mammalian target of rapamycin complex assembly.

Kaizuka T, Hara T, Oshiro N, Kikkawa U, Yonezawa K, Takehana K, Iemura S, Natsume T, Mizushima N.

J Biol Chem.査読有り285(26)p.20109 - 201162010年06月-

PubMedDOI

Atg101, a novel mammalian autophagy protein interacting with Atg13.

Hosokawa N, Sasaki T, Iemura S, Natsume T, Hara T, Mizushima N.

Autophagy査読有り5(7)p.973 - 9792009年10月-

PubMed

Nutrient-dependent mTORC1 association with the ULK1-Atg13-FIP200 complex required for autophagy.

Hosokawa N, Hara T, Kaizuka T, Kishi C, Takamura A, Miura Y, Iemura S, Natsume T, Takehana K, Yamada N, Guan JL, Oshiro N, Mizushima N.

Mol Biol Cell.査読有り20(7)p.1981 - 19912009年04月-

PubMedDOI

Role of ULK-FIP200 complex in mammalian autophagy: FIP200, a counterpart of yeast Atg17?

Hara T, Mizushima N.

Autophagy査読有り5(1)p.85 - 872009年01月-

PubMed

The Atg8 conjugation system is indispensable for proper development of autophagic isolation membranes in mice.

Sou YS, Waguri S, Iwata J, Ueno T, Fujimura T, Hara T, Sawada N, Yamada A, Mizushima N, Uchiyama Y, Kominami E, Tanaka K, Komatsu M.

Mol Biol Cell.査読有り19(11)p.4762 - 47752008年11月-

PubMedDOI

FIP200, a ULK-interacting protein, is required for autophagosome formation in mammalian cells.

Hara T, Takamura A, Kishi C, Iemura S, Natsume T, Guan JL, Mizushima N.

J Cell Biol.査読有り181(3)p.497 - 5102008年03月-

PubMedDOI

Homeostatic levels of p62 control cytoplasmic inclusion body formation in autophagy-deficient mice.

Komatsu M, Waguri S, Koike M, Sou YS, Ueno T, Hara T, Mizushima N, Iwata J, Ezaki J, Murata S, Hamazaki J, Nishito Y, Iemura S, Natsume T, Yanagawa T, Uwayama J, Warabi E, Yoshida H, Ishii T, Kobayashi A, Yamamoto M, Yue Z, Uchiyama Y, Kominami E, Tanaka K.

Cell査読有り131(6)p.1149 - 11632007年12月-

PubMed

Intracellular quality control by autophagy: how does autophagy prevent neurodegeneration?

Mizushima N, Hara T.

Autophagy査読有り2(4)p.302 - 3042006年10月-

PubMed

Suppression of basal autophagy in neural cells causes neurodegenerative disease in mice.

Hara T, Nakamura K, Matsui M, Yamamoto A, Nakahara Y, Suzuki-Migishima R, Yokoyama M, Mishima K, Saito I, Okano H, Mizushima N.

Nature査読有り441(7095)p.885 - 8892006年06月-

PubMed

Role of the UBL-UBA protein KPC2 in degradation of p27 at G1 phase of the cell cycle

Hara T, Kamura T, Kotoshiba S, Takahashi H, Fujiwara K, Onoyama I, Shirakawa M, Mizushima N, Nakayama KI.

Mol Cell Biol査読有り25(21)p.9292 - 93032005年11月-

PubMed

Molecular dissection of the interaction between p27 and Kip1 ubiquitylation-promoting complex, the ubiquitin ligase that regulates proteolysis of p27 in G1 phase.

Kotoshiba S, Kamura T, Hara T, Ishida N, Nakayama KI.

J Biol Chem査読有り280(18)p.17694 - 177002005年05月-

PubMed

Cytoplasmic ubiquitin ligase KPC regulates proteolysis of p27(Kip1) at G1 phase.

Kamura T, Hara T, Matsumoto M, Ishida N, Okumura F, Hatakeyama S, Yoshida M, Nakayama K, Nakayama KI.

査読有り6(12)p.1229 - 12352004年12月-

PubMed

Degradation of p57Kip2 mediated by SCFSkp2-dependent ubiquitylation.

Kamura T, Hara T, Kotoshiba S, Yada M, Ishida N, Imaki H, Hatakeyama S, Nakayama K, Nakayama KI

Proc Natl Acad Sci U S A.査読有り100(18)p.10231 - 102362003年09月-

PubMed

Phosphorylation of p27Kip1 on serine 10 is required for its binding to CRM1 and nuclear export.

Ishida N, Hara T, Kamura T, Yoshida M, Nakayama K, Nakayama KI.

J Biol Chem査読有り277(17)p.14355 - 143582002年04月-

PubMed

Degradation of p27(Kip1) at the G(0)-G(1) transition mediated by a Skp2-independent ubiquitination pathway.

Hara T, Kamura T, Nakayama K, Oshikawa K, Hatakeyama S, Nakayama K.

J Biol Chem査読有り276(52)p.48937 - 489432001年10月-

PubMedDOI

Autophagy-deficient mice develop multiple liver tumors.

Takamura A, Komatsu M, Hara T, Sakamoto A, Kishi C, Waguri S, Eishi Y, Hino O, Tanaka K, Mizushima N.

Genes Dev.査読有り25(8)p.795 - 800

PubMedDOI

講演・口頭発表等

第2回食薬ヘルスイノベーション研究会

原太一

第2回食薬ヘルスイノベーション研究会(第2回食薬ヘルスイノベーション研究会)招待有り2018年08月27日

詳細

国内会議口頭発表(基調)開催地:鹿児島県鹿児島市

概要: 第2回食薬ヘルスイノベーション研究会において、細胞内ストレス応答システムを基盤とした健康評価法の開発と食品の機能性プロファイリングへの応用について、基調講演を行った。

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

Elongin BC型ユビキチンリガーゼによる細胞分裂、細胞分化制御

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥4420000

研究種別:

初期ゴルジ品質管理機構の破綻によって生じる神経疾患の分子病態

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

初期ゴルジ品質管理機構の生理的役割と分子機構の解析

2015年-0月-2017年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:

受精卵における細胞内膜系リモデリングの時空間的制御機構の解明

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥16640000

研究種別:

細胞内膜輸送関連因子による神経分化と機能調節機構の解明

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥5590000

研究種別:

初期胚発生と連動した細胞膜タンパク質の分解制御機構と生理的役割の解明

2012年-0月-2014年-0月

配分額:¥9360000

研究種別:

神経変性疾患の病態形成におけるオートファジーの役割

配分額:¥7900000

研究種別:

哺乳類オートファジー制御シグナルの解明

配分額:¥3600000

研究種別:

オートファジーによる細胞内タンパク質の品質管理

配分額:¥12600000

研究種別:

細胞性粘菌由来の生物活性物質をシードとした創薬~新規抗がん剤と抗菌薬の開発~

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥4420000

研究資金の受入れ状況

提供機関:武田科学振興財団制度名:医学系研究助成

オルガネラ負荷軽減を基軸とした希少難病の予防・治療法に関する基盤研究2018年-

代表

学内研究制度

特定課題研究

加齢性疾患の病態発症メカニズムの解明とそのヘルスケアへの応用

2017年度

研究成果概要:細胞内のタンパク質品質管理機構の異常はさまざまな疾患と関連しており、その分子機構の解明が重要な課題となっている。申請者らは、ゴルジ体に異常膜タンパク質を認識する新たな品質管理システムが存在することを発見し、その分子選別装置として機...細胞内のタンパク質品質管理機構の異常はさまざまな疾患と関連しており、その分子機構の解明が重要な課題となっている。申請者らは、ゴルジ体に異常膜タンパク質を認識する新たな品質管理システムが存在することを発見し、その分子選別装置として機能するRer1を同定した。そこでRer1の生理的役割を解析するために、大脳特的Rer1欠損マウスを作製し、Rer1が高次脳機能に重要な役割を果たすことを明らかにした。

変異膜タンパク質の品質管理制御による革新的創薬スクリーニングシステムの構築

2018年度

研究成果概要: 細胞内のタンパク質品質管理機構の異常はさまざまな疾患と関連しており、その分子機構の解明が重要な課題となっている。申請者らは、ゴルジ体に異常膜タンパク質を認識する新たな品質管理システムが存在することを発見し、その分子選別装置として... 細胞内のタンパク質品質管理機構の異常はさまざまな疾患と関連しており、その分子機構の解明が重要な課題となっている。申請者らは、ゴルジ体に異常膜タンパク質を認識する新たな品質管理システムが存在することを発見し、その分子選別装置として機能するRer1を同定した。そこでRer1の生理的役割を解析するために、大脳特的Rer1欠損マウスを作製し、Rer1が高次脳機能に重要な役割を果たすことを明らかにした。さらに、その分子メカニズムとして、Rer1がγ-セクレターゼ複合体の成熟化に機能しており、Rer1を欠損すると未成熟のγ-セクレターゼ複合体がリソソームに輸送され分解されることを明らかにした。また、その作用機構を利用した変異膜タンパク質の細胞内蓄積を緩和するシーズのスクリーニングを行った。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
健康福祉科学概論人間科学部2019夏クォーター
ライフサイエンス研究法A人間科学部2019秋クォーター
ライフサイエンス研究法B人間科学部2019冬クォーター
フードアンドライフサイエンス人間科学部2019秋学期
ライフサイエンス入門A(遺伝子と物質)人間科学部2019春学期
専門ゼミI(細胞制御学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(細胞制御学)人間科学部2019秋学期
健康福祉医学概論人間科学部2019秋学期
健康福祉科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 03人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
フードアンドライフサイエンス 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
フードアンドライフサイエンス 02人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
フードアンドライフサイエンス 03人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
フードアンドライフサイエンス 04人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
細胞制御学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
細胞制御学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
細胞制御学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
細胞制御学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
細胞制御学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
細胞制御学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
健康・生命医科学基礎大学院人間科学研究科2019秋クォーター
細胞制御工学特論大学院人間科学研究科2019秋学期
細胞制御学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
細胞制御学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

社会貢献活動

シャルコー・マリー・トゥース病研究の最新動向

役割:講師2015年12月-

主催者・媒体名:東京都難病相談・支援センター

イベント・番組・雑誌名:神経系難病医療講演会

場所・掲載箇所:東京都難病相談・支援センター

平成30年度農商工連携マッチングセミナー

役割:講師2018年10月-2018年10月

主催者・媒体名:公財)本庄早稲田国際リサーチパーク地域振興支援部

イベント・番組・雑誌名:平成30年度農商工連携マッチングセミナー

場所・掲載箇所:早稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンター 4F

詳細

種別:セミナー・ワークショップ対象:企業

URL:http://www.howarp.or.jp/20181018.html

概要:食品の機能性と今後の産業添加に関する課題について、セミナーを開催。

早稲田大学人間科学学術院生命科学系シンポジウム

役割:運営参加・支援2017年09月-2017年09月

主催者・媒体名:早稲田大学人間科学学術院

イベント・番組・雑誌名:早稲田大学人間科学学術院生命科学系シンポジウム

場所・掲載箇所:早稲田大学東伏見キャンパス79号館205教室

詳細

種別:講演会対象:高校生

URL:https://www.waseda.jp/fhum/archs/assets/uploads/2017/08/symposium_080617.pdf

概要:高校生や大学生を対象に、生命科学研究者のキャリアパスと最先端研究についてのシンポジウムを行った。

健康科学と今後の産業展開に関する勉強会

役割:講師2018年04月-2018年04月

イベント・番組・雑誌名:健康科学と今後の産業展開に関する勉強会

場所・掲載箇所:早稲田大学東伏見キャンパス79号館304教室

詳細

種別:セミナー・ワークショップ

概要:中国の食品関連企業関係者を対象に、健康科学の今後の産業展開に関するセミナーを行った。

『健康寿命延伸のための食品科学~超高齢化社会の現状と課題~』

2018年03月-

イベント・番組・雑誌名:出前講義(埼玉県立所沢北高等学校)

詳細

URL:https://www.waseda.jp/fhum/hum/news/2019/04/12/2416/

概要:2019年3月19日(火)に、サイエンスセミナーを開催しました。