氏名

モリオカ マサヒロ

森岡 正博

職名

教授 (https://researchmap.jp/masahiro_morioka)

所属

(人間科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
morioka@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.lifestudies.org/jp(森岡正博個人サイト(日本語))

http://www.lifestudies.org(森岡正博個人サイト(英語))

http://www.philosophyoflife.org/tpp/(早稲田大学・Tokyo Philosophy Project)

研究者番号
80192780
ORCID ID
0000000336389647

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

社会科学総合学術院(大学院社会科学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

学内研究所等

現代死生学研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学歴

1977年04月-1988年03月 東京大学および大学院 人文科学研究科 倫理学

学位

博士(人間科学) 論文 大阪府立大学 哲学・倫理学

経歴

東京大学文学部助手
国際日本文化研究センター助手
大阪府立大学助教授
大阪府立大学教授
Visiting Researcher, Wesleyan University, US
東京大学文学部客員教授

所属学協会

応用哲学会 理事

日本生命倫理学会 評議員

日本哲学会

日本臨床死生学会 理事

受賞

テレコム社会科学賞

1993年

取材ガイド

専門分野
哲学、倫理学
自己紹介コメント
現代哲学、生命の哲学、応用倫理学の研究をしています。

研究分野

キーワード

現代哲学、生命の哲学、生命倫理学、応用哲学、応用倫理学

科研費分類

人文学 / 哲学 / 哲学・倫理学

論文

Feminism. Disability, and Brain Death:Alternative Voices from Japanese Bioethics

Masahiro Morioka

Journal of Philosophy of Life招待有り5(1)p.19 - 412015年07月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2185-4505

「人生の意味」は客観的か—T・メッツの所説をめぐって:生命の哲学の構築に向けて(7)

森岡正博

現代生命哲学研究4p.82 - 972015年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Why Beyond Bioethics?: The Reaction of a Japanese Philosopher to American Bioethics

Masahiro Morioka

Alexandra Perry and C.D. Herrera (eds.)New Perspectives in Japanese Bioethics. Cambridge Scholars Publishingp.73 - 862015年02月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Is Meaning in Life Comparable?: From the Viewpoint of ‘The Heart of Meaning in Life’

Masahiro Morioka

Journal of Philosophy of Life招待有り5(3)p.50 - 65-2015年10月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2185-4505

「誕生肯定」と人生の「破断」を再考する: 生命の哲学の構築に向けて(8)

森岡正博

現代生命哲学研究5p.17 - 232016年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

フランクル『夜と霧』における人生の意味のコペルニクス的転回について

森岡正博

The Review of Life Studies7p.1 - 192016年12月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

まんがで哲学を表現する可能性 ──まんが原画を描いた経験から

森岡正博

Contemporary and Applied Philosophy8p.5005 - 50062017年-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

独在今在此在的存在者: 生命の哲学の構築に向けて(9)

森岡正博

現代生命哲学研究6p.101 - 1562017年03月-

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

The Trolley Problem and the Dropping of Atomic Bombs

Masahiro Morioka

Journal of Philosophy of Life招待有り7(2)p.316 - 3372017年08月-

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2185-4505

Philosophy of Life in Contemporary Society

Masahiro Morioka

The Review of Life Studies8p.15 - 222017年10月-2017年10月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)

「人生の意味」の哲学

森岡正博

現代思想11p.180 - 1852017年11月-2017年11月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

人称的世界はどのような構造をしているのか

森岡正博

現代生命哲学研究7p.107 - 1192018年03月-2018年03月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

Philosophy, Manga, and Ōmori Shōzō

Masahiro Morioka

European Journal of Japanese Philosophy査読有り3p.245 - 2622018年09月-2018年09月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

書籍等出版物

Nihilism and the Meaning of Life : A Philosophical Dialogue with James Tartaglia

Masahiro Morioka (ed.)(編著)

Journal of Philosophy of Life2017年 07月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:315ISBN:978‐4‐9908668‐2‐2

Reconsidering Meaning in Life : A Philosophical Dialogue with Thaddeus Metz

Masahiro Morioka (ed.)(編著)

2015年 10月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:278ISBN:978-4-9908668-0-8

脳死における人格性と尊厳の哲学的研究

森岡正博

キノコプレス2015年 06月-

まんが 哲学入門

森岡正博

講談社現代新書2013年 07月-

決定版 感じない男

森岡正博

ちくま文庫2013年 04月-

救いとは何か

山折哲雄 森岡正博

筑摩選書2012年 03月-

生者と死者をつなぐ: 鎮魂と再生のための哲学

森岡正博

春秋社2012年 02月-

33個めの石: 傷ついた現代のための哲学

森岡正博

春秋社2009年 02月-

講演・口頭発表等

The Method of Life Studies and Tanabe’s Metanoetics: A Possibility of Post-Religious Spirituality

Masahiro Morioka

Fourth Annual Conference for European Network of Japanese Philosophy(European Network of Japanese Philosophy)2018年09月06日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Hildesheim

A Solipsistic and Affirmative Approach to Meaning in Life

Masahiro Morioka

First International Conference on Philosophy and Meaning in Life(International Conference on Philosophy and Meaning in Life)招待有り2018年08月20日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Sapporo

The Ontological Status of the Deceased Person That Continues to Appear in This World

Masahiro Morioka

3rd Biennial Conference, International Association for the Philosophy of Death and Dying(International Association for the Philosophy of Death and Dying)2018年08月09日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Uppsala

Manga and Philosophy

Masahiro Morioka

TUJ Philosophy Lecture Series Vol. 8(Temple University Japan)2018年07月02日

詳細

国内会議公開講演開催地:Tokyo

AIとロボットの哲学

森岡正博

日本哲学会第77回大会(日本哲学会)招待有り2018年05月19日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:神戸

誕生否定と誕生肯定の哲学

森岡正博

学習院大学文学会・学習院大学文学部哲学科共催シンポジウム(学習院大学)招待有り2018年04月21日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京

人称的世界はどのような構造をしているのか

森岡正博

応用哲学会第10回年次大会(応用哲学会)2018年04月08日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:名古屋

What is "the Dignity of the Human Body"? : A Japanese Philosopher's Reaction to Brain Death and Organ Transplantation

Masahiro Morioka

Universite Libre de Bruxelles - Waseda's Conference on Bioethics(Universite Libre de Bruxelles - Waseda's Conference on Bioethics)招待有り2018年03月19日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:Brussels

The Dignity of the Body: A Philosophical Implication of the Japanese Organ Transplant Law Before Amendment

Masahiro Morioka

Third Annual Conference for European Network of Japanese Philosophy(European Network of Japanese Philosophy)2017年11月04日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Paris

Philosophy of Life in Contemporary Society

Masahiro Morioka

日中哲学フォーラム(日本哲学会)(日本哲学会)2017年09月09日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Kyoto

人生の意味への独在論的アプローチ

森岡正博

北海道哲学会・北大哲学会2017年度(北海道哲学会・北大哲学会)招待有り2017年07月23日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)開催地:札幌

学生にトラウマを与える危険のある素材を大学の授業でどう扱うべきか

森岡正博

応用哲学会第9回年次大会(応用哲学会)2017年04月22日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:福山

The Concept of Persona as Seen from the Perspective of Philosophy: Brain death, No play, and Robots

Masahiro Morioka

DIG Workshop: Humans & Machines in Medical Contexts: Case Studies from Japan(German Research and Innovation Forum Tokyo)招待有り2017年03月31日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:Tokyo

The Concept of Persona in Watsuji and its Importance in Contemporary Bioethics

Masahiro Morioka

Second Annual Conference for European Network of Japanese Philosophy(European Network of Japanese Philosophy)2016年12月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Brussels

「いのち」をものがたるということ

森岡正博

第22回日本臨床死生学会大会(日本臨床死生学会)招待有り2016年11月19日

詳細

国内会議口頭発表(基調)開催地:東京

まんがで哲学を表現する可能性──まんが原画を描いた経験から

森岡正博

応用哲学会第8回年次大会(応用哲学会)2016年05月07日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京

トロッコ問題と原爆投下

森岡正博

応用哲学会第8回年次大会(応用哲学会)2016年05月07日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京

Why Was the Book “An Introduction to Philosophy in the Form of Manga” Written?

Masahiro Morioka

First Annual Conference for European Network of Japanese Philosophy(European Network of Japanese Philosophy)2015年12月04日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Barcelona

現代日本の生命観と社会

森岡正博

日本保育学会第68回大会(日本保育学会)招待有り2015年05月10日

詳細

国内会議口頭発表(基調)開催地:名古屋

「産む」とはいったい何をすることなのか :ひとつの概念分析

森岡正博

応用哲学会第7回年次大会(応用哲学会)2015年04月25日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:仙台

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

「尊厳」と「意味」を二本柱とした生命の哲学・倫理学の基盤的研究

2017年-0月-2020年-0月

配分額:¥3380000

研究種別:

エネルギー技術の多元性と多義性を踏まえたガバナンス方法の研究

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥39390000

研究種別:

「人生の意味」に関する分析実存主義的研究と応用倫理学への実装

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥7410000

研究種別:

「人間のいのちの尊厳」に関する哲学的基盤研究

2014年-0月-2017年-0月

配分額:¥3380000

研究種別:

多元的環境正義を踏まえたエネルギー技術のガバナンス

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥15470000

研究種別:

「生命の哲学」における生存肯定の基礎的研究

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥3640000

研究種別:

新生殖技術の倫理的妥当性に関する基礎的研究-生殖意識のジェンダー差異調査を中心に

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥2730000

研究種別:

農の哲学の構築-学際的な拡がりの中で

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥17290000

研究種別:

生命倫理学における「関係性」と「欲望」の基礎的研究

配分額:¥3250000

研究種別:

生殖と身体をめぐる"自然主義"の再検討

配分額:¥4160000

研究種別:

現代における「生命の哲学」の可能性に関する基礎的研究

配分額:¥1100000

研究種別:

生物多様性保全と自然再生の理念に関する環境倫理学的研究

配分額:¥13780000

研究種別:

擬似法的な倫理からプロセスの倫理へ-「生命倫理」の臨床哲学的変換の試み

配分額:¥14200000

研究種別:

環境倫理学の哲学的再検討に関する総合的研究-人間と自然の関係性に関する基本的枠組の構築

配分額:¥4700000

研究種別:

国際生命倫理の基本的枠組の構築に関する基礎的研究

配分額:¥900000

研究種別:

日本の生命観に関する思想史的総合研究

配分額:¥2000000

研究種別:

生命倫理学と環境倫理学の統合理論構築のための基礎的研究

配分額:¥800000

研究種別:

医療の人間関係における「相互扶助」型モデルの構築

配分額:¥800000

研究種別:

「いのち」観念にあらわれた日本人の宗教性の実証的研究

配分額:¥2700000

研究種別:

日本文化に関する学際的研究における文化位相学の開発ー方法的有効性の検証と基礎理論の形成

配分額:¥3300000

学内研究制度

特定課題研究

「人間のいのちの尊厳」と「ペルソナ」に関する基礎的研究

2015年度

研究成果概要:This fiscal year I studied the concept of human dignity from the perspective of "meaning in life" and concluded tha...This fiscal year I studied the concept of human dignity from the perspective of "meaning in life" and concluded that there is the layer of "the heart of meaning in life," which cannot be compared, in principle, with other people's meaning in life. Using Thaddeus Metz's book Meaning in Life as an example, I demonstrated that the objectivist approach to the meaning of life is destined to fail to grasp this layer. I edited the book Reconsidering Meaning in Life, with the help of Metz, and published it as a digital form. With regard to the concept of persona and its relation to Buddhist thoughts, I did research on the concept from the perspective of philosophy of mind and found some interesting themes of discussion, but I have not reached any clear conclusions. I am intending to further continue researching on it.

生命倫理学における「生の意味」に関する哲学的基盤研究

2016年度

研究成果概要:This fiscal year I tackled the trolleyproblem from the viewpoint of philosophy of life and concluded that the troll...This fiscal year I tackled the trolleyproblem from the viewpoint of philosophy of life and concluded that the trolleyproblem has its own unique problem, “the problem of the trolley problem.” I discussedfive aspects of “the problem of the trolley problem;” that is to say, “Rarity,”“Inevitability,” “Safety Zone,” “Possibility of Becoming a Victim,” and “Lackof Perspective of the Dead Victims Who Were Deprived of Freedom of Choice,” indetail. Then, I argued that those who talk about the trolley problem areautomatically placed in the sphere of the expectation of response on thespiritual level. I gave a presentation on this topic at the annual conferenceof Japanese Association on Applied Philosophy. A paper that fully discussesthis topic is currently under review at a journal. Secondly, I wrote a paper onViktor Frankl’s “Copernican Turn” on meaning in life in his book Man’s Searchfor Meaning (...trotzdem Ja sum Leben sagen). In his philosophy, meaning inlife exists in the “responsibleness” of a human being who tries to answerquestions asked by his irreplaceable life itself daily and hourly. It became clearthat responsibleness is the true key to Frankl’s thoughts on meaning.

「人生の意味」に関する分析哲学的研究

2018年度

研究成果概要:研究計画に沿って「人生の意味」に関する分析哲学的研究を行なった。世界の最新の研究を吸収しながら、独在論的かつ誕生肯定的な人生の意味について哲学的な分析を行なった。この視座を最初に切り開いたのはニーチェであり、それを展開したのはフラ...研究計画に沿って「人生の意味」に関する分析哲学的研究を行なった。世界の最新の研究を吸収しながら、独在論的かつ誕生肯定的な人生の意味について哲学的な分析を行なった。この視座を最初に切り開いたのはニーチェであり、それを展開したのはフランクルである。私は彼らの遺産を継承しつつ、「独在」と「肯定」の意味について新たな考察を行ない、2018年8月に北海道大学で行なわれた第1回「人生の意味の哲学」国際会議において基調講演を行なった。その発表内容は2019年に論文として刊行される。また、人称的世界の哲学における「ペルソナの次元」と「シェアの次元」の関わりについても考察を行なった。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
健康福祉科学概論人間科学部2019夏クォーター
バイオエシックス人間科学部2019春学期
生命の哲学と倫理人間科学部2019秋学期
専門ゼミI(バイオエシックス)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(バイオエシックス)人間科学部2019秋学期
健康福祉科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
健康福祉科学概論 03人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
バイオエシックス 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
バイオエシックス 02人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
バイオエシックス・生命の哲学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
バイオエシックス・生命の哲学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
バイオエシックス・生命の哲学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
バイオエシックス・生命の哲学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
バイオエシックス・生命の哲学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
バイオエシックス・生命の哲学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
人間科学研究倫理概論 01大学院人間科学研究科2019集中講義(春学期)
人間科学研究倫理概論 02大学院人間科学研究科2019集中講義(春学期)
生命医療倫理学特論大学院人間科学研究科2019夏クォーター
現代応用哲学の最前線大学院人間科学研究科2019秋クォーター
バイオエシックス・生命の哲学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
バイオエシックス・生命の哲学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

社会貢献活動

参議院厚生労働委員会参考人招致

2009年-

主催者・媒体名:参議院

イベント・番組・雑誌名:厚生労働委員会

詳細

概要:臓器移植法改正について専門家としての意見を述べた。

新聞・テレビ等

イベント・番組・雑誌名:新聞・テレビ等

詳細

概要:多数