氏名

タナカ シュウ

田中 宗

職名

主任研究員(研究院准教授)

所属

(グリーン・コンピューティング・システム研究機構)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
shu.tanaka@aoni.waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8050東京都 新宿区 西早稲田1丁目6番1号 早稲田大学早稲田キャンパス9号館803号室
電話番号
03-5286-8447
fax番号
03-5286-2470

URL等

WebページURL

http://www.shutanaka.com/

研究者番号
40507836

学歴・学位

学歴

1999年04月-2003年03月 東京工業大学 理学部 物理学科
2003年04月-2005年03月 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻
2005年04月-2008年03月 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻

学位

博士(理学) 課程 東京大学大学院 数理物理・物性基礎

経歴

2008年04月-2010年03月東京大学 物性研究所 特任研究員
2010年04月-2011年03月近畿大学 総合理工学研究科 量子コンピュータ研究センター 博士研究員
2011年04月-2014年03月日本学術振興会特別研究員(PD) (受入研究室:東京大学 大学院理学系研究科 化学専攻 大越慎一研究室)
2014年04月-2015年03月京都大学 基礎物理学研究所 基研特任助教(湯川フェロー)
2015年04月-2017年03月早稲田大学 高等研究所 助教
2016年10月-科学技術振興機構 さきがけ研究者(兼任)
2017年02月-2017年03月物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA) ナノセオリー分野 量子物性シミュレーショングループ客員研究員
2017年04月-2018年03月早稲田大学高等研究所准教授(任期付)
2018年04月-早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究機構主任研究員(研究院准教授)

所属学協会

日本物理学会

委員歴・役員歴(学外)

2006年11月-6日〜2011年11月8日 「第二回 東京大学理学系研究科物理学専攻 COE QUESTS RA 若手交流シンポジウム」 世話人
2009年-7月10日〜11日 "Workshop on Quantum Foundations for Young Researchers" 世話人
2010年11月-2011年9月 日本物理学会 領域11 領域運営委員
2011年11月-日〜2011年11月12日 "Symposium on Interface between Quantum Information and Statistical Physics" 組織委員
2012年-3月13日〜3月15日 "Symposium on Quantum Computing, Thermodynamics, and Statistical Physics" 組織委員
2013年08月-日〜2013年8月9日 "Summer Workshop on "Physics, Mathematics, And All That Quantum Jazz" 組織委員長
2016年01月-2016年01月ITP Workshop on Quantum Information Physics (YQIP2016) 組織委員
2016年03月-2016年03月早稲田大学高等研究所 Top Runners’ Lecture Collection 世話人代表

受賞

第9回日本物理学会若手奨励賞(領域11)

2015年03月

物性研究所計算物質科学研究センター 第4回シンポジウム・物性研スーパーコンピュータ共同利用報告会 ポスター賞

2014年11月

第18回リバネス研究費 ディスカヴァー・トゥエンティワン賞 大賞

2014年06月

東京大学理学系研究科 研究奨励賞(博士)

2008年03月

取材ガイド

カテゴリー
数物系科学
専門分野
統計力学、量子情報理論、材料科学
自己紹介コメント
量子情報処理に関する研究を進めています。物理学と情報科学の境界領域研究です。組合せ最適化問題と呼ばれる、難しい問題に対する解決方法の提案を目指します。これは、自然科学分野だけでなく、社会科学などを含む幅広い分野に潜む重要な問題です。産業界の方々を含む様々な知識背景を持つ方々と共同で進めます。
キーワード
量子アニーリング、イジングモデル型情報処理、組合せ最適化問題

研究分野

キーワード

量子アニーリング、統計力学、量子情報理論、物性科学

科研費分類

数物系科学 / 物理学 / 数理物理・物性基礎

共同研究希望テーマ

量子アニーリングなど、イジングモデル型情報処理の応用

希望連携機関:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等

目的:技術相談、共同研究

論文

Dynamical Properties of Temperature Chaos and Memory Effect

Shu Tanaka and Seiji Miyashita

Progress of Theoretical Physics Supplement157p.34 - 372005年-

DOI

Electron Localization or delocalization in incommensurate Helical Magnets

Shu Tanaka, Hosho Katsura, and Naoto Nagaosa

Physical Review Letters97p.1164042006年-

DOI

フラストレートスピン系におけるリエントラント転移の動的特性

田中 宗

物性研究85(4)p.523 - 5512006年-

Slow Relaxation of Spin Structure in Exotic Ferromagnetic Phase of Ising-like Heisenberg Kagome Antiferromagnets

Shu Tanaka and Seiji Miyashita

Journal of the Physical Society of Japan76p.1030012007年-

DOI

Non-monotonic Relaxation in Systems with Reentrant Type Interaction

Seiji Miyashita, Shu Tanaka, and Masaki Hirano

Journal of the Physical Society of Japan76p.0830012007年-

DOI

Slow Relaxation Process in Ising like Heisenberg Kagome Antiferromagnets due to Macroscopic Degeneracy in the Ordered State

Shu Tanaka and Seiji Miyashita

Journal of Physics Condensed Matter19p.1452562007年-

DOI

Quantum Annealing Effect on Entropic Slowing Down in Frustrated Decorated Bond System

Shu Tanaka and Seiji Miyashita

Journal of Magnetism and Magnetic Materials310p.e468 - e4702007年-

DOI

フラストレーションと相転移

田中宗、轟木義一

熱測定36(2)p.91 - 972009年-

Mechanism of Slow Relaxation due to Screening Effect in a Frustrated System

Shu Tanaka and Seiji Miyashita

Journal of the Physical Society of Japan78p.0840022009年-

DOI

Quantum Annealing for Variational Bayes Inference

Issei Sato, Kenichi Kurihara, Shu Tanaka, Hiroshi Nakagawa, and Seiji Miyashita

Proceedings of The 25th Conference on Uncertainty in Artificial Intelligence (UAI2009)2009年-

Quantum Annealing for Clustering

Kenichi Kurihara, Shu Tanaka and Seiji Miyashita

Proceedings of the 25th Conference on Uncertainty in Artificial Intelligence (UAI2009)2009年-

Quantum response to time-dependent external field

Seiji Miyashita, Shu Tanaka, Hans De Raedt, and Bernard Barbara

Journal of Physics: Conference Series143p.0120052009年-

DOI

量子アニーリング法を用いたクラスタ分析

田中宗、栗原賢一、宮下精二

科研費特定領域研究「情報統計力学の深化と展開」 研究会「情報統計力学の広がり: 量子・画像・そして展開」講演概要集2009年-

Phase Transition in Potts Model with Invisible States

Ryo Tamura, Shu Tanaka and Naoki Kawashima

Progress of Theoretical Physics124p.381 - 3882010年-

DOI

Entanglement in Valence-Bond-Solid States on Symmetric Graphs

Hosho Katsura, Naoki Kawashima, Anatol N. Kirillov, Vladimir E. Korepin, and Shu Tanaka

Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical43p.2553032010年-

DOI

Non-monotonic Dynamics in Frustrated Ising Model with Time-Dependent Transverse Field

Shu Tanaka and Seiji Miyashita

Physical Review E81p.0511382010年-

DOI

Entanglement spectra of the two-dimensional Affleck-Kennedy-Lieb-Tasaki model: Correspondence between the valence-bond-solid state and conformal field theory

Jie Lou, Shu Tanaka, Hosho Katsura, and Naoki Kawashima

Physical Review B84p.2451282011年-

DOI

Estimation of Spin-Spin Interaction by Weak Measurement Scheme

Yutaka Shikano and Shu Tanaka

Europhysics Letters96p.400022011年-

DOI

Dynamic Properties of Potts Model with Invisible States

Shu Tanaka and Ryo Tamura

Journal of Physics: Conference Series320p.0120252011年-

DOI

Phase Transition of Generalized Ferromagnetic Potts Model -- Effect of Invisible States --

Shu Tanaka, Ryo Tamura, and Naoki Kawashima

Journal of Physics: Conference Series297p.0120222011年-

DOI

Successive phase transitions and phase diagrams of the quasi-two-dimensional triangular antiferromagnet Rb4Mn(MoO4)3

Rieko Ishii, Shu Tanaka, Keisuke Onuma, Yusuke Nambu, Masashi Tokunaga, Toshiro Sakakibara, Naoki Kawashima, Yoshiteru Maeno, Collin Broholm, Dixie P. Gartreaux, Julia Y. Chan and Satoru Nakatsuji

Europhysics Letters94p.170012011年-

DOI

Hamiltonian Determination with Restricted Access in Transverse Field Ising Chain

Mohammad Ali Fasihi, Shu Tanaka, Mikio Nakahara, and Yasushi Kondo

Journal of the Physical Society of Japan80p.0440022011年-

DOI

Quantum Field Induced Orderings in Fully Frustrated Ising Spin Systems

Shu Tanaka, Masaki Hirano, and Seiji Miyashita

Physica E43p.766 - 7682011年-

DOI

Hyperfine Interaction Estimation in Nitrogen Vacancy Center in Diamond using Weak Values

Yutaka Shikano, Sota Kagami, Shu Tanaka, and Akio Hosoya

AIP Conference Proceedings1363p.177 - 1802011年-

DOI

量子アニーリングにおける無限混合モデルの並列最適化

佐藤一誠、栗原賢一、田中宗、宮下精二、中川裕志

電子情報通信学会技術研究報告 IBISML, 情報論的学習理論と機械学習111(87)p.111 - 1172011年-

Entanglement Spectra of the quantum hard-square model: Holographic minimal models

Shu Tanaka, Ryo Tamura, and Hosho Katsura

Physical Review A86p.0323262012年-

DOI

量子ビット間の相互作用推定手法

田中宗

基礎物理学研究所研究会:情報統計力学の最前線ー情報と揺らぎの制御を目指してー 会議録2012年-

新奇揺らぎの導入による相転移現象の制御

田村亮、田中宗

基礎物理学研究所研究会:情報統計力学の最前線ー情報と揺らぎの制御を目指してー 会議録2012年-

統計的機械学習における量子アニーリング

佐藤一誠、田中宗、栗原賢一、宮下精二、中川裕志

基礎物理学研究所研究会:情報統計力学の最前線ー情報と揺らぎの制御を目指してー 会議録2012年-

Quantum Annealing and Quantum Fluctuation Effect in Frustrated Ising Systems

Shu Tanaka and Ryo Tamura

Kinki University Series on Quantum Computing Vol. 7: "Interface Between Quantum Information and Statistical Physics" (World Scientific)p.241 - 2612012年-

DOI

A Method to Control Order of Phase Transition: Invisible States in Discrete Spin Models

Ryo Tamura, Shu Tanaka, and Naoki Kawashima

Kinki University Series on Quantum Computing Vol. 7: "Interface Between Quantum Information and Statistical Physics" (World Scientific)p.217 - 2382012年-

DOI

Microscopic Properties of Quantum Annealing -- Application to Fully Frustrated Ising Systems --

Shu Tanaka

Kinki University Series on Quantum Computing Vol. 6: "Quantum Information and Quantum Computing" (World Scientific)p.93 - 1032012年-

DOI

Hamiltonian Determination through Edge Spin in Transverse Ising Chain

Mohammad Ali Fasihi, Shu Tanaka, Mikio Nakahara, and Yasushi Kondo

Kinki University Series on Quantum Computing Vol. 6: "Quantum Information and Quantum Computing" (World Scientific)p.113 - 1222012年-

DOI

Hybrid Quantum Annealing for Clustering Problems

Shu Tanaka, Ryo Tamura, Issei Sato, and Kenichi Kurihara

Kinki University Series on Quantum Computing Vol. 5: "Diversities in Quantum Computation/Information" (World Scientific)p.169 - 1922012年-

DOI

weak measurement によるスピン相互作用の推定

田中宗、鹿野豊

素粒子論研究119(4A)p.D127 - D1352012年-

Hamiltonian Identification for a 3-Spin Chain

Mohammad Ali Fasihi、田中宗、中原幹夫、近藤康

素粒子論研究119(4A)p.D76 - D862012年-

Interlayer-Interaction Dependence of Latent Heat in the Heisenberg Model on a Stacked Triangular Lattice with Competing Interactions

Ryo Tamura and Shu Tanaka

Physical Review E88p.0521382013年-

DOI

A useful way to obtain the central charge of entanglement Hamiltonian -- Nested entanglement entropy --

Shu Tanaka

Interdisciplinary Information Sciences19p.101 - 1052013年-

DOI

Second-Order Phase Transition in Heisenberg Model on Triangular Lattice with Competing Interactions

Ryo Tamura, Shu Tanaka, and Naoki Kawashima

Physical Review B87p.2144012013年-

DOI

Quantum Annealing for Dirichlet Process Mixture Models with Applications to Network Clustering

Issei Sato, Shu Tanaka, Kenichi Kurihara, Seiji Miyashita, and Hiroshi Nakagawa

Neurocomputing121p.523 - 5312013年-

DOI

Network-Growth Rule Dependence of Fractal Dimension of Percolation Cluster on Square Lattice

Shu Tanaka and Ryo Tamura

Journal of the Physical Society of Japan82p.0530022013年-

DOI

Two-dimensional octacyano-bridged Mn(II)-Nb(IV) bimetal assembly with four different configurations of 3-hydroxypyridines

Daisuke Takahashi, Koji Nakabayashi, Shu Tanaka, and Shin-ichi Ohkoshi

Inorganic Chemistry Communications27p.47 - 502013年-

DOI

Magnetic ordered structure dependence of magnetic refrigeration efficiency

Ryo Tamura, Shu Tanaka, Takahisa Ohno, and Hideaki Kitazawa

Journal of Applied Physics116p.0539082014年-

DOI

Phase Transitions with Discrete Symmetry Breaking in Antiferromagnetic Heisenberg Models on a Triangular Lattice

Ryo Tamura, Shu Tanaka, and Naoki Kawashima

JPS Conference Proceedings1p.0121252014年-

DOI

A Method to Change Phase Transition Nature -- Toward Annealing Method --

Ryo Tamura and Shu Tanaka

Kinki University Series on Quantum Computing - Vol. 9, "Physics, Mathematics, And All That Quantum Jazz" (World Scientific)p.135 - 1612014年-

DOI

Entanglement Properties of a Quantum Lattice-Gas Model on Square and Triangular Ladders

Shu Tanaka, Ryo Tamura, and Hosho Katsura

Kinki University Series on Quantum Computing - Vol. 9, "Physics, Mathematics, And All That Quantum Jazz" (World Scientific)p.71 - 882014年-

DOI

Phase diagram and sweep dynamics of a one-dimensional generalized cluster model

Takumi Ohta, Shu Tanaka, Ippei Danshita, and Keisuke Totsuka

Journal of the Physical Society of Japan84p.0630012015年-

DOI

Structural phase transition between γ-Ti3O5 and δ-Ti3O5 by breaking of one-dimensionally conducting pathway

Kenji Tanaka, Tomomichi Nasu, Yasuto Miyamoto, Noriaki Ozaki, Shu Tanaka, Toshiaki Nagata, Fumiyoshi Hakoe, Marie Yoshikiyo, Kosuke Nakagawa, Yoshikazu Umeta, Kenta Imoto, Hiroko Tokoro, Asuka Namai, and Shin-ichi Ohkoshi

Crystal Growth and Design15p.653 - 6572015年-

DOI

量子アニーリングを用いたクラスタ分析

田中宗、佐藤一誠、栗原賢一、宮下精二、中川裕志

第32回量子情報技術研究会資料p.25 - 282015年05月-

Topological and dynamical properties of a generalized cluster model in one dimension

Ohta, Takumi; Tanaka, Shu; Danshita, Ippei; Totsuka, Keisuke

Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics93(16)2016年04月-2016年04月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10980121

概要:© 2016 American Physical Society. We study the ground-state phase diagram and dynamics of the one-dimensional cluster model with several competing interactions. Paying particular attention to the relation between the entanglement spectrum (ES) and the bulk topological (winding) number, we first map out the ground-state phases of the model and determine the universality classes of the transitions from the exact solution. We then investigate the dynamical properties during interaction sweeps through the critical points of topological phase transitions. When the sweep speed is slow, the correlation functions and the entanglement entropy exhibit spatially periodic structures. On top of this, the levels in the ES oscillate temporally during the dynamics. By explicitly calculating the above quantities for excited states, we attribute these behaviors to the Bogoliubov quasiparticles generated near the critical points. We also show that the ES reflects the strength of the Majorana correlation even for the excited states.

Applicability of scaling behavior and power laws in the analysis of the magnetocaloric effect in second-order phase transition materials

Carlos Romero Muñiz, Ryo Tamura, Shu Tanaka, and Victorino Franco

Physical Review B査読有り94p.134401-1 - 134401-162016年10月-2016年10月 

DOIlink

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Applicability of scaling behavior and power laws in the analysis of the magnetocaloric effect in second-order phase transition materials

Romero-Muniz, Carlos;Tamura, Ryo;Tanaka, Shu;Franco, Victorino

PHYSICAL REVIEW B94(13)2016年-2016年

DOIWoS

詳細

ISSN:2469-9950

21pBT-8 位相変化を伴う遷移を持つ量子Wajnflasz-Pick模型における量子相転移

関 優也;田中 宗

日本物理学会講演概要集71(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:2189079X

21pBT-8 位相変化を伴う遷移を持つ量子Wajnflasz-Pick模型における量子相転移

関 優也;田中 宗

日本物理学会講演概要集71(0)2016年-2016年

CiNii

Applicability of scaling behavior and power laws in the analysis of the magnetocaloric effect in second-order phase transition materials

Romero-Muñiz, Carlos; Tamura, Ryo; Tanaka, Shu; Franco, Victorino

Physical Review B - Condensed Matter and Materials Physics94(13)2016年10月-2016年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10980121

概要:© 2016 American Physical Society.In recent years, universal scaling has gained renewed attention in the study of magnetocaloric materials. It has been applied to a wide variety of pure elements and compounds, ranging from rare-earth-based materials to transition metal alloys, from bulk crystalline samples to nanoparticles. It is therefore necessary to quantify the limits within which the scaling laws would remain applicable for magnetocaloric research. For this purpose, a threefold approach has been followed: (a) the magnetocaloric responses of a set of materials with Curie temperatures ranging from 46 to 336 K have been modeled with a mean-field Brillouin model, (b) experimental data for Gd has been analyzed, and (c) a 3D-Ising model - which is beyond the mean-field approximation - has been studied. In this way, we can demonstrate that the conclusions extracted in this work are model-independent. It is found that universal scaling remains applicable up to applied fields, which provide a magnetic energy to the system up to 8% of the thermal energy at the Curie temperature. In this range, the predicted deviations from scaling laws remain below the experimental error margin of carefully performed experiments. Therefore, for materials whose Curie temperature is close to room temperature, scaling laws at the Curie temperature would be applicable for the magnetic field range available at conventional magnetism laboratories (∼10 T), well above the fields which are usually available for magnetocaloric devices.

書籍等出版物

Quantum Spin Glasses, Annealing, and Computation

Shu Tanaka, Ryo Tamura, and Bikas K. Chakrabarti(共著)

Cambridge University Press

詳細

単行本(学術書)総ページ数:400

"Roles of Quantum Fluctuation in Frustrated Systems -- Order by Disorder and Reentrant Phase Transition --" in Quantum quenching, annealing, and computation"

Shu Tanaka, Masaki Hirano, and Seiji Miyashita

Springer2010年-

"Quantum Annealing from the Viewpoint of Statistical Physics, Condensed Matter Physics, and Computational Physics" in "Lectures on Quantum Computing, Thermodynamics and Statistical Physics"

Shu Tanaka and Ryo Tamura

World Scientific2012年-

講演・口頭発表等

フラストレート系における相関関数の温度依存性

日本物理学会 第59回年次大会2004年03月28日

詳細

口頭発表(一般)

Dynamical Properties of Temperature Chaos and Memory Effect

Satellite Meeting of STATPHYS 22 "Statistical Physics of Disordered Systems and Its Applications" (SPDSA2004)2004年07月

詳細

ポスター発表

スピングラスにおける記憶効果の微視的機構

日本物理学会 2004年秋季大会2004年09月

詳細

口頭発表(一般)

飾りボンド系における温度サイクリングに伴う記憶効果

日本物理学会 第60回年次大会2005年03月25日

詳細

口頭発表(一般)

遅いダイナミックスを誘起する相互作用の微視的機構

日本物理学会 2005年秋季大会2005年09月19日

詳細

口頭発表(一般)

Quantum Annealing Effect on the Entropical Slowing Down Machanism in Decorated Bond System

JST/CREST量子情報ワークショップ2005年12月

詳細

ポスター発表

カゴメ格子のイジング的ハイゼンベルグスピン系における遅い緩和現象

日本物理学会 第61回年次大会2006年03月

詳細

口頭発表(一般)

飾りボンドにおける量子アニーリングの特性

ナノサイエンス実証研究第4回公開シンポジウム2006年04月

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing Effect on Entropic Slowing Down in Frustrated Decorated Bond System

International Conference on Magnetism 2006 (ICM2006)2006年08月

詳細

ポスター発表

Slow Relaxation Process in Ising like Heisenberg Kagome Antiferromagnets due to Macroscopic Degeneracy in the Ordered State

Highly Frustrated Magnetism 2006 (HFM2006)2006年08月

詳細

ポスター発表

エントロピー的に凍結する系における量子アニーリングの実時間発展

日本物理学会 2006年秋季大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

容易軸異方性のあるカゴメ格子におけるスピン構造形成と動的物性

日本物理学会 2006年秋季大会2006年09月

詳細

口頭発表(一般)

非整合らせん磁性体における電子状態の局在-非局在

東京大学生産技術研究所 羽田野直道研究室セミナー2006年10月02日

詳細

口頭発表(一般)

Slow Relaxation due to Macroscopic Degeneracy in the Easy-Axis Type Anisotropic Heisenberg Kagome Spin System

21th COE 5th International Workshop "Perspectives in Nonlinear Physics"2006年11月

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing for searching the ground state of entropic slowing down system

JST/CREST 量子情報ワークショップ2006年12月

詳細

ポスター発表

Electron Localization or Delocalization in Incommensurate Helical Magnets

nanoPhys'072007年01月

詳細

ポスター発表

容易軸異方性のある反強磁性かごめ格子における異常強磁性秩序とスピン構造形成の動的特性

次世代スーパーコンピュータプロジェクト、ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 第1回公開シンポウム2007年03月

詳細

ポスター発表

量子ゆらぎが引き起こすフラストレートスピン系における相関関数のリエントラント現象

日本物理学会 2007年春季大会2007年03月18日

詳細

口頭発表(一般)

カゴメ格子反強磁性体における低温秩序状態の発生とスピン構造形成に及ぼす異方性パラメータの影響

日本物理学会 2007年春季大会2007年03月19日

詳細

口頭発表(一般)

Electron Localization or Delocalization in Incommensurate Helical Magnets

CERC20072007年05月

詳細

ポスター発表

Slow Relaxation of easy axis anistropic kagome antiferromagnets in exotic ferromagnetic ordered state

Statphys 232007年07月

詳細

ポスター発表

不均一な横磁場を利用した基底状態探索法の開発

日本物理学会 第62回年次大会2007年09月20日

詳細

口頭発表(一般)

Slow Relaxation and Quantum Annealing Effect in Regularly Frustrated Systems

COE21 International Conference "The 21st COE International Symposium on the Linear Response Theory in Commemoration of its 50th Anniversary -- Recent Development of Equilibrium and Non-Equilibrium Response --"2007年11月

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing Effect in Frustrated Systems

JST/CREST量子情報ワークショップ2007年12月

詳細

ポスター発表

フラストレートした磁性体における特異な緩和現象

次世代スーパーコンピュータプロジェクト、ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 第2回公開シンポウム2008年03月05日

詳細

ポスター発表

フラストレート系における非単調緩和現象

日本物理学会 第63回年次大会2008年03月26日

詳細

口頭発表(一般)

Slow Relaxation in Ising like Heisenberg Kagome Antiferromagnets

1st International Conference of the Grand Challenge to Next-Generation Integrated Nanoscience2008年06月04日

詳細

ポスター発表

Adiabatic Quantum Annealing for Entropic Slowing Down System

International Mini-Workshop : Theoretical Foundations and Applications of Quantum Control2008年07月10日

詳細

口頭発表(一般)

熱・量子揺らぎによるリエントラント相転移

日本物理学会 2008年秋季大会2008年09月23日

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing Effect in Highly Frustrated Systems

DYNAMICS AND MANIPULATION OF QUANTUM SYSTEMS2008年10月21日

詳細

ポスター発表

Phase Transition and Ordering Process in Kagome Antiferromagnets

International Workshop on "Novel Aspects of Phase Transitions with Long-range Interactions"2008年10月29日

詳細

ポスター発表

Slow Relaxation in Anisotropic Kagome Heisenberg Antiferromagnets in the Exotic Ferromagnetic Ordered State

JSPS Japan-France Bilateral Joint Seminar 2008, Frontiers of Glassy Physics2008年11月21日

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing for Fully Frustrated Systems

Supercomputing in Solid State Physics 2009 (SCISSP)2009年02月

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing for Frustrated Systems

International Workshop on Quantum Phase Transition and Dynamics : Quenching, Annealing and Quantum Computation招待有り2009年02月05日

詳細

口頭発表(招待・特別)

Quantum Field Induced Orderings in Fully Frustrated Ising Spin Systems

International Symposium on Nanoscience and Quantum Physics nanoPHYS'092009年02月24日

詳細

ポスター発表

量子アニーリング法を用いたクラスタ分析

DEX-SMI研究会:情報統計力学の広がり: 量子・画像・そして展開招待有り2009年07月07日

詳細

口頭発表(招待・特別)

量子アニーリング法を用いたクラスタ分析

日本物理学会 2009年秋季大会2009年09月25日

詳細

口頭発表(一般)

量子アニーリング法を用いた変分ベイズ推定

日本物理学会 2009年秋季大会2009年09月25日

詳細

口頭発表(一般)

二次元VBS状態におけるエンタングルメントエントロピー

日本物理学会 2009年秋季大会2009年09月28日

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing for Informational Engineering Problems -- Clustering and Quantum Bayes Inference --

DYNAMICS AND MANIPULATION OF QUANTUM SYSTEMS (DMQS2009)2009年10月16日

詳細

口頭発表(一般)

カゴメ反強磁性体における異常強磁性相と動的性質

第3回物性科学領域横断研究会2009年11月30日

詳細

ポスター発表

熱ゆらぎ・量子ゆらぎ同時制御型量子アニーリング法の開発

物性研究所 短期研究会 計算物理学2009年12月10日

詳細

ポスター発表

積層カゴメ反強磁性体における異常強磁性相と動的性質

平成21年度領域成果報告会(特定領域:フラストレーションが創る新しい物性)2010年01月08日

詳細

ポスター発表

積層カゴメ反強磁性体における異常強磁性相と秩序化過程

日本物理学会 第65回年次大会2010年03月23日

詳細

口頭発表(一般)

Spin-Spin interaction Estimation using Weak Measurement

CREST 2010 International Symposium on Physics of Quantum Technology Tokyo, Japan2010年04月07日

詳細

ポスター発表

透明状態のあるPottsモデルの相転移

東京工業大学 西森秀稔研究室セミナー2010年05月24日

詳細

口頭発表(一般)

Weak measurement によるスピン相互作用の推定 -- NV center を例として --

物性研短期研究会「外部場の時間操作と実時間物理現象」2010年06月22日

詳細

ポスター発表

Phase Transition in Potts Model with Invisible States

XXIV IUPAP International Conference on Statistical Physics2010年07月22日

詳細

口頭発表(一般)

Quantum Annealing -- from a viewpoint of effect of some kind of fluctuation for Potts model --

Kinki University Quantum Computing Series Summer School on Diversities in Quantum Computation/Information2010年08月01日

詳細

口頭発表(一般)

Entanglement in Valence-Bond-Solid States on Symmetric Graphs

Statistical Physics of Quantum Systems2010年08月03日

詳細

ポスター発表

Weak measurement によるスピン相互作用の推定

日本物理学会 2010年秋季大会2010年09月23日

詳細

口頭発表(一般)

透明状態のあるポッツモデル

日本物理学会 2010年秋季大会2010年09月24日

詳細

ポスター発表

容易軸のある三角格子反強磁性体のモンテカルロシミュレーション --- Rb4Mn(MoO4)3 との定量的比較 ---

日本物理学会 2010年秋季大会2010年09月25日

詳細

口頭発表(一般)

Entanglement Entropy in Valence-Bond-Solid States on Symmetric Graphs

International workshop on "New Development of Numerical Simulations in Low-Dimensional Quantum Systems: From Density Matrix Renormalization Group to Tensor Network Formulations"2010年10月29日

詳細

口頭発表(一般)

weak measurement によるスピン相互作用の推定

基研研究会 「量子科学における双対性とスケール」2010年11月04日

詳細

ポスター発表

Phase Transition of Generalized Ferromagnetic Potts Model -- Effect of Invisible States --

STATPHYS - KOLKATA VII招待有り2010年11月26日

詳細

口頭発表(招待・特別)

Entanglement Entropy in Valence-Bond-Solid States on Symmetric Graphs

Seminar at Raman Research Institute2010年12月03日

詳細

口頭発表(一般)

2次元VBS状態におけるエンタングルメント・エントロピー

物性研・CMSI・次世代ナノ情報 合同研究会「計算物質科学の課題と展望」2011年01月05日

詳細

ポスター発表

Dynamical Properties of Potts Model with Invisible States

International Conference on Frustration in Condensed Matter (ICFCM)2011年01月11日

詳細

ポスター発表

Entanglement entropy in VBS state on square lattice and hexagonal lattice

ERATO MACROSCOPIC QUANTUM CONTROL CONFERENCE ON ULTRACOLD ATOMS AND MOLECULES2011年01月24日

詳細

ポスター発表

Properties of Generalized Percolation Model

International Symposium "Nanoscience and Quantum Physics 2011" (nanoPHYS'11)2011年01月27日

詳細

ポスター発表

Entanglement Entropy in Valence-Bond-Solid States on Symmetric Graphs

The Third International Workshop on Dynamics and Manipulation of Quantum Systems (DMQS2010)2011年02月15日

詳細

ポスター発表

Quantum Information Meets Statistical Physics

Symposium on Quantum Information and Quantum Computing (2011)2011年03月12日

詳細

口頭発表(一般)

ネットワーク成長ルールとパーコレーション転移の関係

日本物理学会 第66回年次大会2011年03月28日

詳細

ポスター発表

透明状態のあるPottsモデルの相転移と秩序融解過程

東京大学理学系研究科物理学専攻 統計力学セミナー2011年05月17日

詳細

口頭発表(一般)

透明状態のあるPottsモデルの相転移と秩序融解過程

東京大学生産技術研究所 羽田野直道研究室セミナー2011年05月18日

詳細

口頭発表(一般)

Phase Transition in Potts Model with Invisible States

Shu Tanaka, Ryo Tamura, and Naoki Kawashima

International Workshop on Recent Developments of Studies on Phase Transitions招待有り2011年06月09日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

パーコレーション転移における臨界指数のネットワーク成長ルール依存性

日本物理学会 2011年秋季大会2011年09月22日

詳細

ポスター発表

Some Topics in Quantum Annealing

Shu Tanaka

Symposium on Interface between Quantum Information and Statistical Physics招待有り2011年11月12日

詳細

口頭発表(招待・特別)

一般化ネットワーク成長モデルと爆発的パーコレーション転移の関係

東京大学物性研究所共同利用スーパーコンピュータ+次世代ナノ情報機能・材料 成果報告会「計算科学の課題と展望」2012年02月20日

詳細

口頭発表(一般)

Quantum Annealing from the Viewpoint of Statistical Physics, Condensed Matter Physics, and Computational Physics

Symposium on Quantum Computing, Thermodynamics, and Statistical Physics招待有り2012年03月13日

詳細

口頭発表(招待・特別)

量子ビット間の相互作用推定手法

基礎物理学研究所研究会:情報統計力学の最前線ー情報と揺らぎの制御を目指してー [link]招待有り2012年03月21日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

一般化ネットワーク成長モデルにおけるパーコレーション転移の様相

日本物理学会 第67回年次大会2012年03月24日

詳細

口頭発表(一般)

ネットワーク成長ルールとパーコレーション転移の関係

基研研究会「非平衡系の物理 -その普遍的理解を目指して-」2012年08月03日

詳細

ポスター発表

ハードコア格子ガスモデルにおけるエンタングルメント・スペクトル

日本物理学会 2012年秋季大会2012年09月19日

詳細

ポスター発表

二次元量子スピン系におけるエンタングルメント・スペクトル

基研研究会 量子スピン系の物理2012年11月12日

詳細

ポスター発表

2次元量子系のエンタングルメントスペクトル -- VBS状態と量子格子気体模型を例として --

東京大学大学院理学系研究科 統計力学セミナー2012年11月20日

詳細

口頭発表(一般)

Network Growth Rule Dependency of Percolation Criticality -- Generalized Explosive Percolation

東京大学物性研究所 川島直輝研究室セミナー2012年11月21日

詳細

口頭発表(一般)

Entanglement Spectra of Two-dimensional Quantum Systems

4th YSM-SPIP in Sendai/Prologue Series IV of FSPIP2012年12月16日

詳細

ポスター発表

2次元量子系におけるエンタングルメントスペクトル

物性研究所共同利用スーパーコンピュータ 計算物質科学研究センター(CCMS)・元素戦略プロジェクト 合同研究会「計算物性物理学の新展開」 [link]2013年01月10日

詳細

ポスター発表

2次元量子系におけるエンタングルメント特性の探求

日本学術会議 物性物理学・一般物理学分科会シンポジウム「物性物理学・一般物理学の未来を語る」2013年01月15日

詳細

ポスター発表

2次元量子系のエンタングルメントスペクトル -- VBS 状態と 量子格子気体模型を例として --

東京大学総合文化研究科 駒場物性セミナー2013年02月15日

詳細

口頭発表(一般)

2次元量子格子気体模型におけるエンタングルメント

日本物理学会 第68回年次大会2013年03月28日

詳細

口頭発表(一般)

2次元VBS状態におけるエンタングルメント特性

第28回量子情報技術研究会(QIT28)2013年05月27日

詳細

ポスター発表

Entanglement Properties of Two-dimensional Quantum Systems

The 12th Asia Pacific Physics Conference (APPC12)2013年07月14日

詳細

口頭発表(一般)

Entanglement Spectra of Two-dimensional Quantum Systems

XXV IUPAP International Conference on Statistical Physics (STANTPHYS25)2013年07月22日

詳細

口頭発表(一般)

Entanglement properties in two-dimensional quantum systems

Summer Workshop on "Physics, Mathematics, And All That Quantum Jazz"招待有り2013年08月07日

詳細

口頭発表(招待・特別)

階層的相互作用を持つPottsモデル

日本物理学会 2013年秋季大会2013年09月28日

詳細

ポスター発表

フラストレーションが生み出す新奇相転移現象の探求

物性研スパコン共同利用・CMSI 合同研究会(第4回 CMSI 研究会)−計算物質科学の課題と展望−2013年12月11日

詳細

ポスター発表

Phase Transition with Discrete Symmetry Breaking in Geometrically Frustrated Heisenberg Models

RIKEN-APW joint workshop "Highlights in condensed matter physics"2014年01月23日

詳細

ポスター発表

クラスタ分析に対する量子アニーリングの適用

東京工業大学 物理学グローバルCOE 量子物理学・ナノサイエンス第87回セミナー2014年02月24日

詳細

口頭発表(一般)

2次元可解量子系におけるエンタングルメント特性

基礎物理学研究所研究会 量子情報の新展開2014年03月24日

詳細

ポスター発表

Unconventional Phase Transitions in Frustrated Systems

ワークショップ 統計物理学の新しい潮流招待有り2014年03月26日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Second-order phase transition in two-dimensional frustrated systems

2014年07月07日

詳細

ポスター発表

Entanglement behavior of two-dimensional quantum models

YITP Workshop on Quantum Information Physics (YQIP2014)2014年08月05日

詳細

口頭発表(一般)

クラスタ分析に対する量子アニーリング

基礎物理学研究所研究会 若手のための量子情報基礎セミナー2014年08月08日

詳細

ポスター発表

階層的相互作用を持つPottsモデルにおける相転移の解析

日本物理学会 2014年秋季大会2014年09月10日

詳細

口頭発表(一般)

クラスタ分析に対する量子アニーリングの適用

第17回 関西量子情報 Student Chapter招待有り2014年11月11日

詳細

チュートリアル

クラスタ分析に対する量子アニーリングの性能評価

物性研究所計算物質科学研究センター 第4回シンポジウム・物性研スーパーコンピュータ共同利用報告会2014年11月13日

詳細

ポスター発表

磁気秩序構造に依存した磁気熱量効果の理論研究

第8回 物性科学領域横断研究会 (領域合同研究会)2014年11月21日

詳細

ポスター発表

2次元可解量子系のエンタングルメント特性

京都大学大学院 人間・環境学研究科 相関環境学専攻 セミナー2015年02月20日

詳細

口頭発表(一般)

次世代量子情報処理技術「量子アニーリング」の展望

第4回超異分野学会2015年03月07日

詳細

ポスター発表

人工知能と量子情報処理の架け橋:量子機械学習の可能性

第4回超異分野学会2015年03月08日

詳細

口頭発表(一般)

2次元可解量子系のエンタングルメント特性

近畿大学総合理工学研究科理学専攻 中原幹夫研究室セミナー2015年03月09日

詳細

口頭発表(一般)

二次元量子多体系におけるエンタングルメントの研究

日本物理学会 第70回年次大会招待有り2015年03月21日

詳細

口頭発表(招待・特別)

次世代量子情報処理技術「量子アニーリング」の現状と展望

日本学術振興会超伝導エレクトロニクス146委員会 第94回研究会招待有り2015年04月21日

詳細

チュートリアル

2次元可解量子系のエンタングルメント特性

田中宗

早稲田大学 理工学術院 先進理工学部 物理学科 セミナー2015年05月19日

詳細

セミナー

量子アニーリングを用いたクラスタ分析

田中宗、佐藤一誠、栗原賢一、宮下精二、中川裕志

第32回量子情報技術研究会 (QIT32)2015年05月25日

詳細

口頭発表(一般)

量子アニーリングが拓く計算技術の新展開

田中宗

東京理科大学応用物理学科セミナー2015年06月04日

詳細

セミナー

Topological Phase Transitions and Sweep Dynamics of a generalized cluster model in one dimension

Shu Tanaka, Takumi Ohta, Ippei Danshita, and Keisuke Totsuka

New Perspectives in Spintronic and Mesoscopic Physics (NPSMP2015)2015年06月11日

詳細

ポスター発表

Quantum Annealing for Machine Learning

Shu Tanaka

Nakamura-Usami Group Seminar, Research Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo2015年06月18日

詳細

セミナー

可解模型に潜むエンタングルメント特性

田中宗

大阪大学大学院 理学研究科 宇宙地球科学専攻 理論物質学グループ 川村光研究室セミナー2015年06月24日

詳細

セミナー

次世代計算技術「量子アニーリング」が拓く機械学習の新展開

田中宗

東京大学大学院 工学系研究科 物理工学専攻 沙川貴大研究室セミナー2015年06月29日

詳細

セミナー

Critical Phenomena in Two-Dimensional Frustrated Heisenberg Models

Shu Tanaka, Ryo Tamura, and Naoki Kawashima

20th International Conference on Magnetism (ICM2015)2015年07月09日

量子アニーリングを用いたクラスタ分析

田中宗

量子制御技術の発展により拓かれる量子情報の新時代2015年07月13日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

量子アニーリングを用いたクラスタ分析

千葉工業大学「核物理×物性セミナー」第22回2015年07月25日

詳細

セミナー

量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代

田中宗

産業技術総合研究所セミナー2015年07月29日

詳細

セミナー

Quantum Annealing for Machine Learning

Shu Tanaka

New Horizons of Quantum and Classical Information 2015 (NHQCI2015) - Quantum annealing, Error correcting codes, and Spin glasses -2015年08月04日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

次世代情報処理技術「量子アニーリング」を用いたデータ駆動型社会イノベーション

田中宗

イノベーション・ジャパン -- 大学見本市2015年08月28日

詳細

口頭発表(一般)

状態空間マッピングによる量子アニーリングの性能解析

田中宗

日本物理学会 2015年秋季大会2015年09月17日

詳細

国内会議ポスター発表

量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代

田中宗

情報通信研究機構未来ICT研究所セミナー2015年11月20日

詳細

セミナー

Multiple-q phases in a stacked triangular antiferromagnetic Heisenberg model with competing interactions under magnetic field

Shu Tanaka, Ryo Tamura, Kazuhiko Tanimoto, and Keisuke Totsuka

2015年12月17日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

量子アニーリングを用いたクラスタ分析 - 量子アニーリングの現状と展望 -

田中宗

東京大学物性研究所 MDCLセミナー2015年12月25日

詳細

セミナー

次世代量子情報処理技術「量子アニーリング」が拓く新時代 -- 情報処理と物理学のハーモニー

田中宗

RCO Study Night "RCOにおける機械学習と次世代量子情報処理技術「量子アニーリング」"2016年01月15日

詳細

チュートリアル

量子アニーリングを用いたクラスタ分析

田中宗

情報数物研究会2016年03月07日

詳細

セミナー

イジングモデル型情報処理の現状と展望

田中宗

早稲田大学高等研究所 Top Runners’ Lecture Collection 「イジングモデル型情報処理デバイスの現状と展望 -- 物理学と情報科学の夢の架け橋 --」2016年03月10日

詳細

国内会議チュートリアル

次世代量子情報処理技術「量子アニーリング」の現状と展望

田中宗

第5回超異分野学会関東大会2016年03月13日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

量子アニーリング - 計算アルゴリズムの観点から -

田中宗

2016年電子情報通信学会総合大会招待有り2016年03月15日

詳細

国内会議チュートリアル

量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代

田中宗

第34回量子情報技術研究会招待有り2016年05月31日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

Quantum Annealing Hybridized Thermal Annealing

Shu Tanaka

Adiabatic Quantum Computing Conference 20162016年06月27日

詳細

国際会議ポスター発表

量子アニーリング:基礎研究から応用展開まで

田中宗

日本物理学会2016年秋季大会招待有り2016年09月15日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

次世代量子情報処理技術「量子アニーリング」の現状と展望 -- 統計力学と量子技術が織りなす夢の架け橋 --

田中宗

近畿大学理工学部セミナー2016年09月29日

詳細

国内会議セミナー

量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代

田中宗

埼玉大学理学部物理学科セミナー2016年11月01日

詳細

国内会議セミナー

次世代量子情報処理技術「量子アニーリング」の基礎と応用

田中宗

名古屋大学多自由度コロキウム2016年12月01日

詳細

国内会議セミナー

次世代量子情報技術 量子アニーリングが拓く新時代

田中宗

株式会社ブレインパッド社内勉強会2016年12月21日

詳細

国内会議セミナー

最適化処理の高精度化・高速化を促進する量子アニーリングの基礎・ビジネス展開への応用

田中宗

日本テクノセンター特別講座2017年02月27日

詳細

国内会議講義等

量子アニーリングのこれまでとこれから -- ハード・ソフト・アプリ三方向からの協調的展開 --

田中宗

電気学会ナノエレクトロニクス新機能創出・集積化技術専門員会「新原理コンピューティング」招待有り2017年03月22日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:研究活動スタート支援

量子情報理論に立脚した基底状態探索アルゴリズムの開拓

2009年08月-2011年04月

配分額:¥2574000

研究種別:大規模数値計算による複数自由度の競合と協調が織りなす新奇物性の開拓

大規模数値計算による複数自由度の競合と協調が織りなす新奇物性の開拓

2011年04月-2014年03月

配分額:¥2400000

研究種別:基盤研究(B)

量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代

2015年04月-2019年03月

配分額:¥16700000

研究種別:若手研究(B)

量子情報科学に立脚した統計力学の新しい展開

2015年04月-2018年03月

配分額:¥4160000

研究種別:

量子情報科学に立脚した統計力学の新しい展開

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:

量子アニーリングが拓く機械学習と計算技術の新時代

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥16770000

研究種別:

数値計算による高性能な磁気冷凍材料の設計

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥4940000

研究種別:

量子情報科学と量子統計物理学による古典・量子推定問題の新しい展開

2011年-0月-2012年-0月

配分額:¥4160000

研究種別:

光格子における新しい量子相の大規模数値計算による探索

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥15340000

研究種別:

量子情報理論に立脚した基底状態探索アルゴリズムの開拓

配分額:¥2574000

研究種別:

AI技術の展開とビッグデータ環境下の情報開示・監査制度に関する理論・実証研究

2019年-0月-2022年-0月

配分額:¥17420000

研究資金の受入れ状況

提供機関:リバネス研究費制度名:第18回リバネス研究費「ディスカヴァー・トゥエンティワン賞」

統計物理学を基礎とした量子情報処理技術の新たな展開2014年07月-2015年03月

代表

実施形態:共同研究

量子アニーリングに関する開発2015年11月-2016年09月

実施形態:共同研究

量子アニーリングに関する理論的研究2015年12月-2016年03月

提供機関:稲盛財団制度名:稲盛財団研究助成事業実施形態:研究助成金

量子アニーリングに基づく機械学習理論の研究2016年04月-2017年03月

代表

実施形態:共同研究

量子コンピュータの適用事例探索2016年04月-2017年03月

実施形態:共同研究

イジングマシン構築のための理論2016年05月-2016年09月

提供機関:新エネルギー・産業技術総合開発機構制度名:「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」委託事業実施形態:受託研究

組合せ最適化処理に向けた革新的アニーリングマシンの研究開発2016年08月-2019年03月

実施形態:共同研究

イジングマシン構築のための理論2016年10月-2017年03月

実施形態:共同研究

量子アニーリングに関する開発2016年10月-2017年09月

提供機関:科学技術振興機構制度名:戦略的創造研究推進事業さきがけ(研究領域:「量子の状態制御と機能化」)

機械学習の高速化を指向した量子アニーリングの研究2016年10月-2020年03月

代表

実施形態:共同研究

量子アニーリングと人工知能2016年11月-2017年09月

学内研究制度

特定課題研究

磁気熱量効果巨大化メカニズムの理論的探求

2015年度

研究成果概要: 環境問題に対する磁性体の応用例として、磁気冷凍が挙げられる。磁気冷凍は磁場などの外部刺激により誘発される磁気エントロピー変化と熱の変換に基づく冷凍技術である。この磁気冷凍と呼ばれる現象に対し、統計力学理論の観点から研究に取り組ん... 環境問題に対する磁性体の応用例として、磁気冷凍が挙げられる。磁気冷凍は磁場などの外部刺激により誘発される磁気エントロピー変化と熱の変換に基づく冷凍技術である。この磁気冷凍と呼ばれる現象に対し、統計力学理論の観点から研究に取り組んだ。磁性の国際会議であるICM2015に参加し、そこで議論を行ったVictorino Franco教授とともに、相転移理論と磁気冷凍の関係を論じた論文を執筆した。現在Physical Review B誌に投稿中である。また、新規相転移現象が現れる磁性体の統計力学模型に関する研究について、化学系国際会議Pacifichem2015にて口頭講演を行った。

トポロジカル相転移を引き起こす量子統計力学模型におけるエンタングルメント特性の探求

2016年度

研究成果概要:トポロジカル相転移は、統計力学、物性物理学、量子情報科学などにおいて近年注目されている新しいトピックである。我々はトポロジカル相転移の中で、特に量子情報科学に関係すると言われるクラスタ模型と呼ばれる模型に着目した。我々はクラスタ模...トポロジカル相転移は、統計力学、物性物理学、量子情報科学などにおいて近年注目されている新しいトピックである。我々はトポロジカル相転移の中で、特に量子情報科学に関係すると言われるクラスタ模型と呼ばれる模型に着目した。我々はクラスタ模型を一般化した一般化クラスタイジング模型を構築し、一般化クラスタイジング模型におけるトポロジカル相図を決定した。また、相図上でトポロジカル相転移点を横切るダイナミクスを検討し、トポロジカル相転移特有の現象を見出した。この結果は、Physical Review B誌に掲載された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
Exercises for Fundamental Physics B先進理工学部2017秋学期

教育内容・方法の工夫

京都大学 総合人間学部 物理数学演習 (非常勤講師)

2014年10月-2015年01月

早稲田大学先進理工学部 (担当:Exercises for Fundamental Physics B IPSE Course)

2015年10月-2016年03月

早稲田大学先進理工学部応用物理学科(担当:応用物理学研究ゼミナール)

2016年04月-2017年03月

早稲田大学先進理工学部 (担当:Exercises for Fundamental Physics B IPSE Course)

2016年10月-2017年03月

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2014年10月- 2015年01月京都大学 総合人間学部非常勤講師(物理数学演習担当)
2016年10月科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)
2017年02月- 2017年03月物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA) ナノセオリー分野 量子物性シミュレーショングループ客員研究員

社会貢献活動

サイエンスキャッスル2016年関東大会審査員

役割:助言・指導2016年12月-2016年12月

主催者・媒体名:リバネス

イベント・番組・雑誌名:サイエンスキャッスル2016年関東大会

第五回生徒研究成果合同発表会 指導助言者

役割:助言・指導2017年02月-2017年02月

主催者・媒体名:東京都立戸山高等学校

イベント・番組・雑誌名:SSH 第五回生徒研究成果合同発表会

日経産業新聞「物理現象から最適解探る、IoT時代の新型コンピュータ」

役割:取材協力2016年07月-2016年07月

イベント・番組・雑誌名:日経産業新聞

場所・掲載箇所:日経産業新聞 2016年7月26日朝刊

ZDNet Japan「対談記事:「1億倍速いコンピュータ」に利用--量子アニーリング理論の可能性(1)」

役割:取材協力2016年08月-

主催者・媒体名:ZDNet Japan

ZDNet Japan「対談記事:「日本のアイデアを海外がさらっていく」現状--量子アニーリング理論の可能性(2)」

役割:取材協力2016年08月-2016年08月

主催者・媒体名:ZDNet Japan

WirelessWire News「知的情報処理の最前線:日本の逆転劇「量子アニーリング」研究が盛り上がる」

役割:取材協力2016年09月-2016年09月

主催者・媒体名:WirelessWire News

ZDNet Japan「Googleやリクルートが取り組む理由--量子アニーリング理論の可能性(3)」

役割:取材協力2016年09月-2016年09月

主催者・媒体名:ZDNet Japan

ZDNet Japan「「日本産量子コンピュータ」の勝算--量子アニーリング理論の可能性(4)」

役割:取材協力2016年09月-2016年09月

主催者・媒体名:ZDNet Japan

ZDNet Japan「早稲田大学高等研究所がAIと量子アニーリングの連携に関する研究を開始」

役割:取材協力2016年11月-2016年11月

主催者・媒体名:ZDNet Japan

「世界を変える7つの次世代テクノロジー」(洋泉社)

役割:取材協力2016年12月-2016年12月

主催者・媒体名:「世界を変える7つの次世代テクノロジー」(洋泉社)

「Yano E plus」2017年1月号 (株式会社矢野経済研究所)

役割:取材協力2017年01月-2017年01月

主催者・媒体名:「Yano E plus」2017年1月号 (株式会社矢野経済研究所)

「日経エレクトロニクス」2017年3月号(日経BP)

役割:取材協力2017年02月-2017年02月

主催者・媒体名:「日経エレクトロニクス」2017年3月号(日経BP)

「Newton」 2017年5月号(ニュートンプレス)

役割:取材協力2017年03月-2017年03月

主催者・媒体名:「Newton」 2017年5月号(ニュートンプレス)