氏名

イノウエ マコト

井上 真

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0007622)

所属

(人間科学部)

プロフィール

教育上のモットーは「楽しく、厳しく、温かく」です。 研究では、あくまでもローカルな人と環境にこだわりつつも、ローカルとナショナルを、そしてグローバルとを繋ぐことを目指しています。

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
makinoue@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒359-1192所沢市 三ヶ島2-579-15

URL等

WebページURL

https://inouesemi-waseda.jimdo.com(井上ゼミのウェブサイト)

https://www.researchgate.net/profile/Makoto_Inoue8(Reseach Gate)

https://www.scopus.com/authid/detail.uri?authorId=35322542800(SCOPUS ID)

研究者番号
10232555
ORCID ID
http://orcid.org/0000-0002-6625-7293

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

学歴・学位

学歴

1976年04月-1979年03月 山梨県立甲府第一高等学校
1979年04月-1983年03月 東京大学

学位

農学博士 東京大学(第9950号,1990年12月)

経歴

1983年04月-1987年04月農林水産省・林野庁・林業試験場林業経営部研究員
1987年04月-1989年12月インドネシア共和国・教育文化省・ 熱帯降雨林研究センター(東カリマンタン州・サマリンダ市)研究員(JICA長期派遣専門家)
1990年01月-1991年03月農林水産省・林野庁・森林総合研究所林業経営部研究員
1991年04月-1995年10月東京大学農学部助手
1995年11月-1996年03月東京大学農学部助教授
1996年04月-2004年08月東京大学大学院農学生命科学研究科助教授
2004年08月-2017年03月東京大学大学院農学生命科学研究科教授
2017年04月-早稲田大学人間科学学術院教授

所属学協会

環境社会学会 会長(2019/6- )、理事(2011/6-2015/6, 2017/6-2019/6)

環境経済政策学会 副会長(2018/4- )、理事(2008/4-2012/3)

国際コモンズ学会 理事(2019/1- )

早稲田文化人類学会 理事(2018/1- )

日本熱帯生態学会 評議員(1998/4- )

林業経済学会 評議員(2005/4-2017/3)、理事(2013/4-2015/3)

日本森林学会 理事・評議員(2006/4-2014/3)

日本マレーシア学会 運営委員(2012/4-2014/3)

国際開発学会

生態人類学会

日本文化人類学会

生き物文化誌学会

日本社会学会

科学技術社会論学会

社会調査協会

委員歴・役員歴(学外)

2017年08月-2018年08月Taylor & Francis"Society & Natural Resources(SNR)" の副編集長 (Associate Editor)
2017年03月-Hasanuddin University"Forest and Society" の編集委員
2016年04月-日本環境会議(JEC)副理事長
2015年04月-(財)森林文化協会森林環境研究会・座長
2013年07月-Elsevier"Forest Policy and Economics" の編集委員
2012年11月-2015年03月国際協力機構「ミャンマー経済改革支援」に関する支援委員会委員
2012年04月-2013年03月環境省地球環境局環境研究企画委員会・第4研究分科会委員
2011年05月-Indian Institute of Management Kozhikode (IIMK)"IIM Kozhikode Society & Management Review" の編集委員
2009年11月-2014年03月科学技術振興機構地球規模課題対応国際科学技術協力事業審査委員会委員(研究分野:生物資源)
2009年04月-2010年03月国連大学高等研究所「里山里海のサブグローバル評価(里山・里海SGA)」の調査役代表執筆者(CLA)
2009年04月-2012年03月環境省地球環境局地球環境研究企画委員会・第3研究分科会(広域的な生態系保全・再生)委員
2009年04月-2011年03月千葉県美しいちばの森林づくり検討会議・委員
2009年04月-2011年03月国際科学技術財団研究助成選考委員会「生物生産・生命環境」部会委員
2007年04月-2008年03月外務省環境・気候変動分野の開発協力に係る有識者会議委員
2003年04月-2004年03月外務省「対インドネシア国別援助計画」アドバイザー
2003年04月-2004年03月国際協力事業団森林環境分野プロジェクト方式技術協力国内委員会委員
2003年04月-2015年03月(財)森林文化協会森林環境研究会・幹事
2002年04月-2003年03月朝日新聞社・アジアネットワーク(AAN)客員研究員
1998年04月-2001年03月国際協力事業団国別援助研究会(インドネシア)委員

受賞

大同生命・地域研究奨励賞

2010年07月授与機関:大同生命国際文化基金

タイトル:「環境保全型発展に関する実践的地域研究の構築」に対して

日本森林学会賞(学術賞)

2007年04月授与機関:日本森林学会

タイトル:井上真(単著)『コモンズの思想を求めて:カリマンタンの森で考える』岩波書店, 2004年 に対して

財法林学会表彰

2007年04月授与機関:財団法人 林学会

タイトル:優れた研究業績

第2回林業経済学会賞(学術賞)

2004年04月授与機関:林業経済学会

タイトル:井上真(編著)『アジアにおける森林の消失と保全』中央法規, 2003年 ほか熱帯森林政策に関する一連の業績に対して

第1回熱帯生態学会賞(吉良賞)

1997年06月授与機関:日本熱帯生態学会

タイトル:井上真(単著)『焼畑と熱帯林:カリマンタンの伝統的焼畑システムの変容』弘文堂, 1995年 に対して

第32回林業科学技術振興賞(研究奨励賞)

1993年05月授与機関:財団法人 林業科学技術振興所

タイトル:熱帯地域の伝統的焼畑農業の変容をはじめとする様々なタイプの焼畑システムに関する比較研究

その他基本情報

趣味:空手道(全日本空手道連盟和道会5段、和道会指導員、全日本空手道連盟公認4段、日本体育協会空手道指導員)

研究分野

キーワード

先住民、生計、コモンズ、ガバナンス、森林

科研費分類

環境学 / 環境創成学 / 環境政策・環境社会システム

総合人文社会 / 地域研究 / 地域研究

農学 / 森林圏科学 / 森林科学

論文

Current Social Problems in Japan and Its Implication for the Studies of the Commons

Makoto Inoue

The Commons Digest21p.17-192019年-

link

Landscape Fragmentation, Ecosystem Services and Local Knowledge in the Baroro River Watershed, Northern Philippines.

Mark Anthony M. Ramirez, Juan M. Pulhin, Josephine E. Garcia, Maricel A. Tapia, Florencia B. Pulhin, Rex Victor O. Cruz, Catherine C. De Luna, and Makoto Inoue

Resources査読有り8, 164p.on-line2019年-

DOI

The Importance of Social Learning for the Development of Community Based Forest Management in Indonesia: The Case of Community Forestry in Lampung Province.

Christine Wulandari and Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有り17, 3p.361-3762018年09月-

DOI

Fuel wood trees in marginal small holder tea plantations in Sri Lanka: Stakeholder’s perception

Indika Palihakkara and Makoto Inoue

Procedia Engineering査読有り212p.1211-12162018年-

DOI

How do swiddeners organize small groups and react to exogenous development? A case study of the Bahau in East Kalimantan, Indonesia.

Naoko Takata and Makoto Inoue

TROPICS査読有り26, 3p.83-972017年12月-

DOI

Social Capital in Mangrove Management: A Case Study in Lampung Province, Indonesia.

Rommy Qurniati, Wahyu Hidayat, Hari Kaskoyo, Firdasari and Makoto Inoue

Journal of Forest and Environmental Science査読有り33, 1p.8-212017年02月-

DOI

Impact of community forest program in protection forest on livelihood outcomes: A case study of Lampung Province, Indonesia

Hari Kaskoyo, AbrarJuhar Mohammed and Makoto Inoue

Journal of Sustainable Forestry査読有りPublished online2017年02月-

DOI

Forest management strategies and adaptation to climate change: Experiences from South Asia.

Mangala De Zoysa and Makoto Inoue

Climate Change査読有り3, 9p.38-642017年01月-

Identifying salient forest SES attributes for sustainability: A multi-country study

Abrar Juhar Mohammed and Makoto Inoue

Land Use Policy査読有り60p.197-2052017年-

DOI

Vulnerability of Community-Based Forest Management to Climate Variability and Extremes: Emerging Insights on the Contribution of REDD+

Rose Jane J. Peras, Juan M. Pulhin, and Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有りPublished online2016年10月-

DOI

The Sustainable Livelihood Challenge of REDD+ Implementation in the Philippines.

Rose Jane Peras, Juan Pulhin, Makoto Inoue, Abrar Jurar Mohammed, Kazuhiro Harada and Masatoshi Sasaoka

Environment and Natural Resources Research査読有り6, 3p.91-1052016年09月-

DOI

Community Use Zone (CUZ) Model and Its Outcome in Malaysia: Case Study from Crocker Range Park, Sabah.

Peter Voo, Abrar J. Mohammed, and Makoto Inoue

Journal of Management and Sustainability査読有り6, 3p.25-332016年08月-

DOI

Climate Change and Community Forestry in Sri Lanka: Policy Adoption, Popular Participation, Climate Adaptation and Rural Development.

Mangala De Zoysa and Makoto Inoue

International Journal of Agriculture, Forestry and Plantation査読有り2p.240-1512016年02月-

Farmers’ Woodlots Management and Sustainable Livelihood Development: A Case Study
in Southern Sri Lanka

Mangala De Zoysa and Makoto Inoue

Environment and Ecology Research査読有り4, 2p.85-952016年-

DOI

Understanding REDD+ with Actor-Centered Powe approach: A review

Abrar Juhar Mohammed and Makoto Inoue

Journal of Biodiversity Management & Forestry査読有り5, 1p.1-82016年-

DOI

Analysis of National Forest Programs for REDD+ Implementation in six South and Southeast Asia countries.

Abrar J. Mohammed, Makoto Inoue, Ganesh P. Shivakoti, Tapan K. Nath, Mohammed Jashimuddin, Mangala De-Zoysa, Hari Kaskoyo, Juan M. Pulhin, Rose J. Peras

Forest Systems査読有り25, 2p.online2016年-

DOI

Historical change in the traditional use of forests and its association with belief in tiger spirits in the Cardamom Mountains, Cambodia: The impact of war and wildlife trade on the relationship between humans and tigers.

Hiroyuki Ishibashi, Makokto Inoue, and Motomu Tanaka

TROPICS査読有り24, 3p.119-1382015年12月-

DOI

Transformation Strategy for Managing Coupled Socio-Ecological Systems: Case Studies from Bangladesh and the Philippines

Abrar Juhar Mohammed, Makoto Inoue, Rose Jane Peras, Tapan Kumar Nath, Mohammed Jashimuddin, and Juan M. Pulhin

Small-scale Forestry査読有りonline2015年12月-

DOI

Prospect of Fuelwood Plantations for Marginal Small Tea Farmers: A Case Study in Matara and Badulla Districts, Sri Lanka

Indika Rohan Plaihakkara, Abrar J. Mohammed, Ganesh P. Shivakoti, Makoto Inoue

Natural Resources査読有り6p.566-5762015年12月-

DOI

台湾「コミュニティづくり」団体の公的支援への対応:台湾中部農村の団体運営事例から.

前野清太朗・田中求・井上真

村落社会研究ジャーナル査読有り22, 1p.1-122015年10月-

Out-migrants and Local Institutions: Case Study of a Depopulated Mountain Village in Japan

Mika Okubo, Abrar Juhar Mohammed, and Makoto Inoue,

Asian Culture and History査読有り8, 1p.Online first2015年07月-

DOI

Analysing the land uses of forest-dwelling indigenous people in the Chittagong Hill Tracts, Bangladesh.

Abu Saleh Md. Golam Kibria, Makoto Inoue, and Tapan Kumar Nath

Agroforestry Systems査読有り89, 4p.663-6762015年04月-

DOI

Local stakeholders’ assessment of community-based forest management and the implications for REDD Plus implementation in the Philippines.

Rose Jane J. Peras, Juan Pulhin, and Makoto Inoue

Asia Life Sciences査読有り24, 1p.349-2812015年01月-

Current Livelihood Condition of and Futurity of Tea Farming for Marginal Small Tea Farm Holders (MSTH) of Sri Lanka: Case Study From Badulla and Matara District.

Indika R. Palihakkara, Abrar J. Mohammed, and Makoto Inoue

Environment and Natural Resources Research査読有り5, 1p.11-212015年01月-

DOI

黒子の環境社会学:地域実践,国家政策,国際条約をつなぐ

井上真

環境社会学研究査読有り20p.17-362014年12月-

link

Land Tenure Reform and Its Implication for the Forest.: Case Study from Oromia Regional State of Ethiopia.

Abrar Juhar Mohammed and Makoto Inoue

Journal of Forest and Environmental Science査読有り30, 4p.393-4042014年11月-

DOI

Climate Change Impacts, Agroforestry Adaptation and Policy Environment in Sri Lanka.

Mangala De Zoysa and Makoto Inoue

Open Journal of Forestry査読有り4p.439-4562014年10月-

DOI

Community Forestry in Nepal’s Terai Region: Local resource dependency and perception on institutional attributes.

KC Birendra, Abrar J. Mohammod, and Makoto Inoue

Environment and Natural Resources Research査読有り4, 4p.142-1542014年09月-

Contribution of Homestead Forests to Rural Economy and Climate Change Mitigation: A Study from the Ecologically Critical Area of Cox’s Bazar—Teknaf Peninsula, Bangladesh

Tapan Kumar Nath, Nasim Aziz, Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有りPublished online2014年07月-

DOI

Contributions of Company-Community Forestry Partnerships (PHBM) to the Livelihoods of Participants in Java, Indonesia: A Case Study in Madiun, East Java.

Yasuhiro YOKOTA, Kazuhiro HARADA, ROHMAN, Nur Oktalina SILVI, WIYONO, Motomu TANAKA and Makoto INOUE

JARQ (Japan Agricultural Research Quarterly)査読有り48, 3p.363–3772014年07月-

DOI

Is recentralization really dominant?: The role of frontline foresters for institutional arrangement in the Philippines

Ayumi Sugimoto, Juan M. Pulhin, and Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有り13, 2p.183-2002014年06月-

DOI

Forest Villagers in Northeastern Hill Forests of Bangladesh: Examining Their Livelihoods, Livelihood Strategies and Forest Conservation Linkages

Tapan Kumar Nath and Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有り13, 2p.201-2172014年06月-

DOI

Implication for Designing a REDD+ Program in a Frontier of Oil Palm Plantation Development: Evidence in East Kalimantan, Indonesia.

Daisuke Terauchi, Ndan Imang, Martinus Nanang, Masayuki Kawai, Mustofa Agung Sardjono, Fadjar Pambudhi, Makoto Inoue

Open Journal of Forestry査読有り4, 3p.259-2772014年04月-

DOI

A Modified Actor-Power-Accountability Framework (MAPAF) for analyzing decentralized forest governance: Case study from Ethiopia.

Abrar Juhar Mohammed & Makoto Inoue

Journal of Environmental Management査読有り139p.188-1992014年03月-

DOI

Present State of Community Forestry (Hutan Kemasyarakatan/HKm) Program in a Protection Forest and Its Challenges: Case Study in Lampung Province, Indonesia

Hari Kaskoyo, Abrar Juhar Mohammed, and Makoto Inoue,

Journal of Forest Science査読有り30, 1p.15-292014年02月-

Effects of participatory forest management on livelihood capitals of the community in Cox’s Bazar, Bangladesh

Abu Saleh Md. Golam Kibria, Mohammed Jashimuddin, and Inoue Makoto

Journal of Forest Research査読有り19, 1p.42-512014年-

DOI

日本の山村の内発的発展とコモンズ

奥田裕規・井上真

森林応用研究査読有り22, 2p.1-112013年08月-

Implications of local peoples’ preferences in terms of income source and land use for Indonesia’s national REDD-plus policy: Evidence in East Kalimantan, Indonesia

Makoto Inoue, Masayuki Kawai, Ndan Imang, Daisuke Terauchi, Fadjar Pambudhi, and Mustofa Agung Sardjono

Int. J. of Environment and Sustainable Development 査読有り12, 3p.244-2632013年06月-

Valuing forest ecosystem services: What we know and what we don’t.

K.N.Ninan and Makoto Inoue

Ecological Economics査読有り93p.137-1492013年06月-

Forest-dependent communities’ livelihood in decentralized forest governance policy epoch: case study from West Shoa zone, Ethiopia

Abrar Juhar Mohammed & Makoto Inoue

Journal of Natural Resources Policy Research査読有りPublished online2013年05月-

DOI

Small-Scale Rubber Planting for Enhancement of People’s Livelihood: A Comparative Study in Three South Asian Countries

Tapan K. Nath, MakotoInoue, and Mangala De Zoysa

Society & Natural Resources査読有り26p.1066–10812013年05月-

DOI

Factors affecting participation of user group members: comparative studies on two types of community forestry in the Dry Zone, Myanmar

Ei Ei Swe Hlaing and Makoto Inoue

Journal of Forest Research査読有り18, 1p.60-722013年02月-

DOI

Collective Forest Management System in Japan: a Case Study in Osawa Property Ward Forest

Mangala Premakumara De Zoysa1, Makoto Inoue, Utako Yamashita and Okuda Hironori

Journal of Forest Science査読有り29,1p.58-702013年02月-

DOI

Valuing forest ecosystem services: Case study of a forest reserve in Japan.

K.N. Ninan and Makoto Inoue

Ecosystem Servives査読有り5p.e78-e872013年02月-

DOI

Measurement and evaluation of livelihood assets in sustainable forest commons governance

Haiyun Chen, Ting Zhu, Max Krott, José F. Calvob, Shivakoti P. Ganesh, Makoto Inoue

Land Use Policy査読有り30, 1p.908–9142013年01月-

A Property-Rights Approach to Understanding Regulations and Practices in Community-Based Forest Management: Comparison of Three Systems in the Philippines

Ei Ei Swe Hlaing, Makoto Inoue, Juan M. Pulhin

Small-scale Forestry 査読有りOnline first2013年01月-

DOI

Evaluation of the Environmental Impacts Assessment (EIA) System in Lao PDR

Sengdeuane Wayakone and Makoto Inoue

Journal of Environmental Protection査読有り3, 12p.1655-16702012年12月-

DOI

Exploring decentralized forest management in Ethiopia using actor-power-accountability framework: case study in West Shoa zone

Abrar Juhar Mohammed and Makoto Inoue

Environment, Development and Sustainability査読有り15, 3p.807-8252012年10月-

DOI

Simple Method for the Local Stakeholders to Evaluate and Select National REDD-plus Program: A Case Study of Indonesia

Makoto Inoue

Journal of Forest Science査読有り28, 3p.194-1982012年08月-

Flexibility of coffee agroforestry with diversified shade tree composition: A case study in Panama

Natsuho Fujisawa, Motomu Tanaka, and Makoto Inoue

TROPICS査読有り21, 2p.33-452012年08月-

Management of Village Common Forests in the Chittagong Hill Tracts of Bangladesh: Historical Background and Current Issues in Terms of Sustainability.

Mohammed Jashimuddin and Makoto Inoue

Open Journal of Forestry査読有り2, 3p.118-1342012年07月-

DOI

Facing the Challenge of Social Forestry in Japan: The Case of Reviving Harmonious Coexistence Between Forest and People in Okayama Prefecture.

Maki Hasegawa, Juan M. Pulhin, and Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有り2012年04月-

DOI

Explaining disparity in outcome from community-based natural resource management (CBNRM): a case study in Chilimo Forest, Ethiopia

A. J. Mohammed and M. Inoue

Journal of Environmental Planning and Management査読有り55, 9p.1248-12672012年03月-

DOI

Contribution of community forestry in the central fry zone of Myanmar to achieving sustainable and equitable forest management

Hiromi YAMAUCHI and Makoto INOUE

TROPICS査読有り20 (4)p.104-1132012年03月-

Drawbacks of decentralized natural resource management: experience from Chilimo Participatory Forest Management project, Ethiopia

Abrar Juhar Mohammed and Makoto Inoue

Journal of Forest Research査読有り17, 1p.30-362012年01月-

山村の内発的発展を実現させるコモンズの役割:岩手県遠野市の山村集落を事例に

奥田裕規・井上真

関東森林研究査読有り63, 2p.17-202012年-

How social is socially oriented forest tenure and land use change in Bangladesh and Sri Lanka?

Kulbhushan Balooni, Makoto Inoue, Tapan Kumar Nath & Mangala De Zoysa

ARI Working Paper (http://www.ari.nus.edu.sg/publication_details.asp?pubtypeid=WP&pubid=2020)査読有り1662011年10月-

Current banana distribution in the Peruvian Amazon basin, with attention to the notion of "Aquinquin" in Shipibo society

Mariko Ohashi, Toshio Meguro, Motomu Tanaka, and Makoto Inoue

TROPICS査読有り20, 1p.25-402011年10月-

The possibility and challenge of achieving sustainable rural finance by a credit union of the Dayak people: The case of the middle-upper Mahakam region in East Kalimantan, Indonesia

Masayuki Kawai and Makoto Inoue

TROPICS査読有り19, 4p.157-1782011年09月-

Resource Conservation and People Dynamics: A Review of Southeast Asian Tropical Forest Policy

Mustofa Agung Sardjono and Inoue Makoto

Ecositrop査読有り1, 2p.166-1882011年07月-

祭りを通してみた他出者と出身村とのかかわりの変容:山梨県早川町茂倉集落の場合

大久保実香・田中求・井上真

村落社会研究ジャーナル査読有り17, 2p.6-172011年04月-

Changes in cultural ecosystems of a swidden society caused by the introduction of rubber plantation

Daisuke Terauchi and Makoto Inoue

TROPICS査読有り19, 2p.67-832011年03月-

Conservation Goals Betrayed by the Uses of Wildlife Benefits in Community-based Conservation: The Case of Kimana Sanctuary in Southern Kenya

Toshio Meguro and Makoto Inoue

Human Dimensions of Wildlife査読有り16, 1p.30-442011年01月-

DOI

山村の内発的発展を実現させるコモンズの役割:山形県金山町における金山杉の地産地消と町並みづくり

奥田裕規,・井上真

関東森林研究査読有り62p.13-162011年-

Indigenous practicies and Socio-economics of Areca Catechu L. and Piper Betel L. Based Innovative Agroforestry in Northern Rural Bangladesh

T. K. Nath, M. Inoue, F. E. Pradhan, and M. A. Kabir

Forests, Trees, and Livelihoods査読有り20p.175-1902011年-

大規模アブラヤシ農園に代わる「緩やかな産業化」の可能性:東カリマンタン州マハカム川中上流域を事例として

河合真之・井上真

林業経済査読有り63, 7p.1-172010年10月-

ラタン、ゴム、アブラヤシに対する焼畑民の選好:インドネシア・東カリマンタン州ベシ村を事例として

寺内大左・説田巧・井上真

日本森林学会誌査読有り92, 5p.247-2542010年10月-

Impacts of Participatory Forestry on Livelihoods of Ethnic People: Experience from Bangladesh

Tapan Kumar Nath and Makoto Inoue

Society and Natural Resources査読有り23p.1093-11072010年09月-

DOI

Course or blessing? Local elites in Joint Forest Management in India's Shiwaliks.

Kulbhushan Balooni, Jens Friis Lund, Chetan Kumar, and Makoto Inoue

International Journal of the Commons査読有り4, 2p.707-7282010年08月-

REDD-plus制度におけるインセンティブ分配方式:トリプル・ベネフィットとレジティマシーの観点より

井上真

環境と公害査読有り40, 1p.16-222010年07月-

"The Commons" Play an Important Role in the "Endogenous Development" of a Mountain Village: A Local Production for Local Consumption and a Beautiful Townscape in Kaneyama -town, Yamagata Prefecture

Hironori OKUDA, Makoto INOUE and Takaaki KOMAKI

Japan Agricultural Research Quarterly (JARQ)査読有り44, 3p.311-3182010年06月-

新たなコモンズ(協治)の創造:政策立案者への提案

井上真

季刊・環境研究査読有り157p.99-1072010年06月-

ラオスにおける森林減少・劣化要因

横田康裕・カンパイ マニボン・チャンサモン フォンゴウドメ・百村帝彦・井上 真

関東森林研究査読有り61p.5-82010年03月-

Changes in Property Rights, Forest Use and Forest Dependency of Katu Comminities in Nam Dong District, Thua Thien Hue Province, Vietnam

T.N. Thang, G.P. Shivakoti, and M. Inoue

International Forestry Review査読有り12, 4p.307-3192010年-

Formation and Function of Social Capital for Forest Resource Management and the Improved Livelihoods of Indigenous People in Bangladesh

Tapan Kmar Nath, Makoto Inoue, and Jules Pretty

Journal of Rural and Community Development査読有り5, 3p.104-1222010年-

Importance of Boundaries in Customary Resource Management under Decentralized Policies: Case Study in Indigenous Kenyah Dayak, East Kalimantan, Indonesia.

IMANG Ndan, INOUE Makoto, and SARDJONO M.A.

Journal of Forest Economics査読有り55, 3p.35-432009年11月-

Joint Forest Management in India: The Management Change Process

Kulbhushan Balooni and Makoto Inoue

IIMB Management Review査読有り21, 1p.1-172009年-

Effect of Instituting “Authorized Neighborhood Associations” on Communal (Iriai) Forest Ownership in Japan

Utako Yamashita, Kulbhushan Balooni, and Makoto Inoue

Society and Natural Resources査読有り22p.464-4732009年-

Sustainability Attributes of a Small-Scale Betel Leaf Agroforestry System: A Case Study in North-eastern Hill Forests of Bangladesh

Tapan Kumar Nath and Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有り8p.289-3042009年-

Forest-based settlement project and its impacts on community livelihood in the Chittagong Hill Tracts, Bangladesh.

T.K.Nath and M. Inoue

International Forestry Review査読有り11, 3p. 394-4072009年-

The effectiveness of decentralisation reforms in the Philippines's forestry sector

Kulbhushan Balooni, Juan M. Pulhin, and Makoto Inoue

Geoforum査読有り39p.2122-21312008年07月-

Dynamics of Devolution Process in the Management of the Philippine Forests

Juan M. Pulhin and Makoto Inoue

International Journal of Social Forestry査読有り1, 1p.1-262008年06月-

Forest Governance and Community Based Forest Management in Sri Lanka: Past, Present and Future Perspectives

Mangala de Zoysa and Makoto Inoue

International Journal of Social Forestry査読有り1, 1p.27-492008年06月-

Tradition and the Influence of Monetary Economy in Swidden Agriculture among the Kenyah People of East Kalimantan, Indonesia

Ndan Imang, Makoto Inoue, and Mustofa Agung Sardjono

International Journal of Social Forestry査読有り1, 1p.61-822008年06月-

Why did the project fail to achieve its objectives in some villages?: The Experience of the Upland Settlement Project (USP) of Bangladesh.

Tapan Kumar Nath and Makoto Inoue

The International Journal of Sustainable development and World Ecology査読有り15, 2p.153-1692008年-

The Upland Settlement Project of Bangladesh as a Means of Reducing land Degradation and Improving Rural Livelihoods

Tapan Kumar Nath and Makoto Inoue

Small-scale Forestry査読有り7p.163-1822008年-

How does local governance affect project outcome?: Experience from a participatory forestry (PF) project in Bangladesh

Tapan Kumar Nath and Makoto Inoue

Int. J. Agricultural Resources, Governance and Ecology査読有り7, 6p.491-5062008年-

Adaptation of hunting activities to environmental changes: a comparison between the Kenyah and the Punan in Malinau District, East Kalimantan, Indonesia

Imang, N., Inoue, M., and Sardjono, M.A.

Socio-Humanities査読有り3, 1p.23-402008年-

Declining Instituted Collective Management Practices and Forest Quality in the Central Himalayas

Balooni, K., Ballabh, V., Inoue, M.

Economic and Political Weekly査読有り42, 16p.1443-14522007年-

Three decades of community-based forest management in the Philippines: emerging lessons for sustainable and equitable forest management

J. M. PULHIN, M. INOUE and T. ENTERS

International Forestry Review査読有り9, 4p.865-8832007年-

Decentralized Forest Management in South and Southeast Asia.

Balooni, Kulbhushan, and Inoue, Makoto

Journal of Forestry査読有り105, 8p.414-4202007年-

Declining but Retaining Cohesiveness among the Kenyah People under Infiltration of Monetary Economy in East Kalimantan.

Imang, N., Inoue, M., and Sardjono, M.A.

Socio-Humanities査読有り1, 2p.48-612006年-

The significance of social capital in local forest management in Laos: Overcoming latent conflict between local people and local forestry officials

Kimihiko Hyakumura and Makoto Inoue

International Journal of Sustainable Development & Ecology査読有り13, 1p.16-242006年-

Patterns of Behavior in Local Forest management: Case Studies from Indonesia and Laos

Martinus Nanang, Kimihiko Hyakumura, Kazuhiko Harada, Makoto Inoue

Socio-Humanities査読有り1, 1p.55-652006年-

Shifting cultivation (jhum) in the Chittagong Hill Tracts, Bangladesh: Examining its sustainability, rural livelihood and policy implications

Nath, T.K., Inoue, M. and Chakma, S.

International Journal of Agricultural Sustainability査読有り3, 2p.130-1422005年-

Small-scale agroforestry for upland community development: a case study from Chittagong Hill Tracts, Bangladesh

Tapan K. Nath, Makoto Inoue, and Hla Myant

Journal of Forest Research査読有り10, 6p.443-4522005年-

新しい森林政策理念としての「協治」:インドネシア共和国東カリマンタン州西クタイ県での試みに学ぶ

井上真

TROPICS査読有り13, 3p.211-2192004年-

地方分権化に伴う森林管理主体のダイナミズム:インドネシア共和国東カリマンタン州西クタイ県を事例にして

齋藤哲也 井上真 横田康裕 

国際開発研究査読有り12, 1p.99-1132003年-

The Khasia tribe of Northeastern Bangladesh: Their Socio-economic Status, Hill Farming Practices and Impacts on Forest Conservation

Tapan K. Nath, INOUE Makoto, M.J. Islam, and M.A. Kabir

Forests, Trees and Livelihoods査読有り13p.297-3122003年-

Hillside Forest Land as a Safety Net for Local People in a Mountain Village in West Java: An Examination of Differences in the Significance of National and Private Lands

Makoto Inoue ,Yuuki Tsurudome ,Siti Sugiah M. Mugniesyah 

Journal of Forest Research査読有り8, 2p.95-1012003年-

山村での生活を支える人的ネットワーク

井上真

環境と公害査読有り31, 4p.31-382002年-

山村集落の生活を支える人的つながり:岩手県沢内村を例に

奥田裕規, 立花敏, 大松美帆, 久保山裕史, 横田康裕, 井上真

日本林学会誌査読有り83, 1p.47-522001年-

Local Forest Management in Indonesia: A Contradiction Between National Forest Policy and Reality

Martinus Nanang Makoto Inoue

International Review for Environmental Strategies査読有り1, 1p.175-1912000年-

朽木村における人口変動とその要因に関する研究

立花敏, 高松明子, 永田信, 井上真 

森林文化研究査読有り21p.81-932000年-

東南アジア諸国における参加型森林管理の制度と主体:森林社会学からのアプローチ

井上真

林業経済研究査読有り46, 1p.19-262000年-

地元住民による国有林利用の過去・現在・未来:岩手県遠野市山村部を例として

奥田裕規, 井上真, 久保山裕史, 立花敏, 安村直樹, 山本伸幸, 横田康裕 

林業経済査読有り611p.27-341999年-

Land Use Classification Policy in Laos : Strategy for the Establishment of an Effective Legal System

Takayuki NAMURA, Makoto INOUE

Journal of Forest Economics査読有り44, 3p.23-301998年-

Evaluation of Local Resource Management Systems as the Premise for Introducing Participatory Forest Management

Makoto Inoue

Journal of Forest Economics査読有り44, 3p.15-221998年-

人的繋がりからみた中国地方山村の現状と展望:島根県の山村集落を事例に

山本伸幸, 井上真, 立花敏, 奥田裕規, 安村直樹, 久保山裕史 

林業経済研究査読有り44, 2p.79-841998年-

人的繋がりからみた首都圏近郊山村の現状と展望:埼玉県大滝村を事例に

立花敏, 井上真, 安村直樹, 奥田裕規, 山本伸幸, 久保山裕史

林業経済研究査読有り44, 2p.67-721998年-

親子の繋がりからみた東北地方山村の現状と今後の展望:遠野地域の山村集落を例に

奥田裕規, 井上真, 安村直樹, 立花敏, 山本伸幸, 久保山裕史 

林業経済研究査読有り44, 2p.37-421998年-

1995年国勢調査データを用いた山村の人口動向に関する一考察

安村直樹, 久保山裕史, 奥田裕規, 田中邦宏, 山本伸幸, 立花敏, 井上真 

森林計画学会誌査読有り30p.33-401998年-

コモンズとしての熱帯林:カリマンタンでの実証調査をもとにして

井上真

環境社会学研究査読有り3p.15-321997年-

インドネシアにおける産業造林型移住事業:南スマトラにおける事例調査を中心として

横田康裕, 井上真

東京大学農学部演習林報告査読有り95p.209-2461996年-

熱帯諸国における保護地域管理制度の課題:住民参加アプローチに着目して

笹岡正俊, 井上真

日林論査読有り106p.11-141995年-

マカッサル人の山村における文化生態系の動態:インドネシア共和国南スラウェシ州における治山プロジェクトの影響

井上真

東南アジア研究査読有り33, 2p.224-2441995年-

地元住民にとっての産業造林-インドネシア共和国スマトラ島の事業地を例として

横田康裕, 井上真

日林論査読有り105p.115-1181994年-

ラオス北部山岳地帯における焼畑システムの変容:山地民族・カムー人の事例より

井上真

日林論査読有り105p.111-1141994年-

保護地域管理の制度化に関する研究:インドネシア・シブル国立公園を例として

井上真, 増田美砂, 粟屋善雄

林業経済査読有り550p.16-241994年-

インドネシアにおける移住政策に関する考察

横田康裕, 井上真

日林論査読有り104p.61-641993年-

経済発展に伴う住民による森林利用の変容パターン

井上真

熱帯農業査読有り37, 4p.334-3361993年-

森林資源に関するU字仮説の検討

永田信, 井上真, 岡裕泰

林業経済研究査読有り123p.100-1041993年-

森林利用様式の特徴に基づく熱帯林保全の基本方針

井上真

森林文化研究査読有り13p.27-321992年-

伝統的焼畑システムの変容過程への農業集約化論の適用に関する研究:クニャー・ダヤク族の事例をもとに

井上真

森林総研研究報告査読有り363p.1-201992年-

森林保全策における森林居住者の位置づけ

井上真

林業経済査読有り523p.1-111992年-

環太平洋木材貿易の計量経済学的分析(Ⅱ):日本・北米間針葉樹材貿易モデルの作成

永田信, 古井戸宏通, 加藤隆, 岡裕泰, 井上真

日林論査読有り103p.29-311992年-

環太平洋木材貿易の計量経済学的分析(I):合衆国針葉樹製材品の対日輸出

古井戸宏通, 加藤隆, 永田信, 井上真, 岡裕泰

日林論査読有り102p.33-351991年-

東カリマンタン州における焼畑農業の生産関数

井上真

森林文化研究査読有り12p.47-531991年-

Changes in Economic Life of the Hunters and Gatherers : the Kelay Punan in East Kalimantan

Makoto INOUE, LUGAN, IGIN Bilung

TROPICS査読有り1, 2/3p.143~1531991年-

湿潤熱帯における森林消失とサステナブルな土地利用秩序の構築について:インドネシア共和国東カリマンタンの場合

熊崎実 井上真

筑大演報査読有り7p.27-571991年-

インドネシア東カリマンタン州における「焼畑-ラタン育成林業」システム

井上真

林業経済研究査読有り119p.43-501991年-

非伝統的焼畑耕作の現状と問題点:インドネシア共和国東カリマンタン州の実態調査より

井上真, 熊崎実

筑大演報査読有り7p.59-1021991年-

Traditional rattan forestry in East Kalimantan and its future

Makoto Inoue

The Current State of Japanese Forestry査読有り7p.99-1091991年-

クニャー・ダヤク族による焼畑システムの変容

井上真

東南アジア研究査読有り28, 2p.222-2551990年-

Dynamics of swidden agriculture in East Kalimantan

Makoto INOUE, Abubakar M.L.

Agroforestry Systems査読有り12, 3p.269-2841990年-

熱帯林減少の背景:社会・経済的メカニズム

井上真

林業経済査読有り480p.9-211988年-

混牧林経営の意義と成立条件:笹目牧場及びカヤノ平牧場を例にして

井上真

日林論査読有り97p.39-421986年-

熱帯諸国における森林政策と地元住民の福祉:インドにおける社会的林業の問題点

井上真

日林論査読有り96p.5-81985年-

熱帯の森林開発と地元住民の福祉:インドの少数部族を例にして

井上真

林業経済査読有り441p.13-211985年-

ヤツバキクイムシの風害後の繁殖と大量誘殺による枯損防止

古田公人, 高橋郁雄, 安藤祥一, 井上 真

東京大学農学部附属演習林報告査読有り74p.39-651985年-

書籍等出版物

Participatory Forest Management in a New Age: Integration of Climate Change Policy and Rural Development Policy(近刊)

Makoto Inoue, Kazuhiro Harada, Yasuhiro Yokota, Abrar Juhar Mohammed (Eds)(共編著)

University of Tokyo Press2019年-

森林環境2019:森林環境 多事争論

森林環境研究会(編)/井上真・桑山朗人(責任編集)(共編著)

森林文化協会2019年-

詳細

総ページ数:51pp.+ 25pp

Decentralization and the Life of Indigenous Kenyah Dayak in East Kalimantan

Ndan Imang, Makoto Inoue, M. Agung Sardjono(共著)

Mulawarman University Press2018年 10月-

詳細

総ページ数:270pp.ISBN:978-602-6834-71-3

Building a Climate Resilient Economy and Society: Challenges and Opportunities

K.N.Ninan and Makoto Inoue (Eds)(共著)

Edward Elgar Publishing, Cheltenham, UK/Northampton, MA, USA2017年 07月-

詳細

総ページ数:306pp.

Introduction

K.N.Ninan and Makoto Inoue(分担執筆)

K.N.Ninan and Makoto Inoue (Eds), 2017. Building a Climate Resilient Economy and Society: Challenges and Opportunities. Edward Elgar Publishing, Cheltenham, UK/Northampton, MA, USA (306pp.)2017年 07月-

詳細

担当ページ数:1-23

REDD+: global multilevel forest governance for building a climate resilient society

Abrar Juhar Mohammed and Makoto Inoue(分担執筆)

K.N.Ninan and Makoto Inoue (Eds), 2017. Building a Climate Resilient Economy and Society: Challenges and Opportunities.Edward Elgar Publishing, Cheltenham, UK/Northampton, MA, USA (306pp.)2017年 07月-

詳細

担当ページ数:231-249

東南アジア地域研究入門:(1)環境

山本信人(監修)/井上真(編著)(編著)

慶應義塾大学出版会2017年 02月-

東南アジア「環境」の地域研究:学際性と実践性

井上真(分担執筆)

山本信人(監修)/井上真(編著)『東南アジア地域研究入門:(1)環境』慶應義塾大学出版会 (345頁)2017年 02月-

詳細

担当ページ数:1-20

Collaborative Governance of Forest Resources in Indonesia: Giving over managerial authority to decision makers on the sites.

M.A.Sardjono and M. Inoue(分担執筆)

Ganesh P. Shivakoti, Ujiwal Pradhan, and Helmi (eds), Redefining Diviersity and Dynamics of Natural Resources management in Asia (Volume 1): Sustainable Natural Resources Management in Dynamic Asia. Elsevier, Amsterdam,Netherlands/Oxford, UK/Cambridge, USA (395pp)2017年-

詳細

担当ページ数:175-187

Decentralization of Forest Management, Local Institutional Capacity, and Its Effect on Access of Local People to Forest Resources: The case of West Sumatra, Indonesia

Mahdi, G.Shivakoti, and M. Inoue(共編著)

Ganesh P. Shivakoti, Ujiwal Pradhan, and Helmi (eds), Redefining Diviersity and Dynamics of Natural Resources management in Asia (Volume 1): Sustainable Natural Resources Management in Dynamic Asia. Elsevier, Amsterdam,Netherlands/Oxford, UK/Cambridge, USA (395pp)2017年-

詳細

担当ページ数:305-319

Community-Based Forest Management (CBFM) in Bangladesh.(World Forests, Vol.22)

Tapan Kumar Nath, Mohammed Jashimuddin, and Makoto Inoue(共著)

Springer International Publishing, Switzerland2016年 04月-

「田舎暮らし」の理論

奥田裕規・井上真(分担執筆)

奥田裕規(編)『「田舎暮らし」と豊かさ:コモンズと山村振興』J-FIC, (177pp)2016年 01月-

詳細

担当ページ数:11-22

「田舎暮らし」のネットワーク

奥田裕規・井上真(分担執筆)

奥田裕規(編)『「田舎暮らし」と豊かさ:コモンズと山村振興』J-FIC, (177pp)2016年 01月-

詳細

担当ページ数:47-64

Foreword

Makoto Inoue(その他)

Herman Hidayat, 2016. Forest Resources Management in Indonesia (1968-2004): A Political Ecology Approach. Springer (350pp)2016年-

詳細

担当ページ数:v-vii

居心地の悪さへの対処:開発実践への示唆

井上真(分担執筆)

関根久雄(編)『実践と感情:開発人類学の新展開』春風社, (375pp.)2015年 09月-

詳細

担当ページ数:145-163

Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward.

Makoto Inoue and Ganesh P. Shivakoti (Eds)(共編著)

SAGE Publications India Pvt Ltd2015年 07月-

Multi-level Forest Governance in Asia: An Introduction

Makoto Inoue, Ganesh P Shivakoti and Hemant R Ojha(分担執筆)

Makoto Inoue and Ganesh P. Shivakoti (Eds), Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward. SAGE Publications India Pvt Ltd, New Delhi, India. (461pp.)2015年 07月-

詳細

担当ページ数:3-18

Bangladesh: Do Changes in Policy Ensure Good Forest Governance?

Tapan K Nath, Mohammed Jashimuddin and Makoto Inoue(分担執筆)

Makoto Inoue and Ganesh P. Shivakoti (Eds), Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward. SAGE Publications India Pvt Ltd, New Delhi, India. (461pp.)2015年 07月-

詳細

担当ページ数:21-39

Nepal: Evaluating Different Forest Management Regimes

Ganesh P Shivakoti, Birendra K Karna, Ambika P Gautam and Makoto Inoue(分担執筆)

Makoto Inoue and Ganesh P. Shivakoti (Eds), Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward. SAGE Publications India Pvt Ltd, New Delhi, India. (461pp.)2015年 07月-

詳細

担当ページ数:67-80

Sri Lanka: Forest Governance of Community-based Forest Management.

Mangala De Zoysa, W D Lakmi Saubhagya and Makoto Inoue(分担執筆)

Makoto Inoue and Ganesh P. Shivakoti (Eds), Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward. SAGE Publications India Pvt Ltd, New Delhi, India. (461pp.)2015年 07月-

詳細

担当ページ数:81-101

Japan II: Implications of the Commons for Endogenous Development of a Mountain Village

Hironori Okuda and Makoto Inoue(分担執筆)

Makoto Inoue and Ganesh P. Shivakoti (Eds), Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward. SAGE Publications India Pvt Ltd, New Delhi, India. (461pp.)2015年 07月-

詳細

担当ページ数:405- 420

Towards an Effective Policy for Forest Management in Asia

Ganesh P Shivakoti, Makoto Inoue, Juan M Pulhin, Shubhechchha Sharma, Edward L Webb and Tapan K Nath(分担執筆)

Makoto Inoue and Ganesh P. Shivakoti (Eds), Multi-level Forest Governance in Asia: Concepts, Challenges and the Way Forward. SAGE Publications India Pvt Ltd, New Delhi, India. (461pp.)2015年 07月-

詳細

担当ページ数:423-447

Collaborative Governance of Forests: Towards Sustainable Forest Resource Utilization

Motomu Tanaka and Makoto Inoue (Eds)(共編著)

University of Tokyo Press2015年 02月-

Multifaceted Significance of Collaborative Governance and Its Future Challenges

Makoto Inoue(分担執筆)

Motomu Tanaka and Makoto Inoue (Eds), Collaborative Governance of Forests: Towards Sustainable Forest Resource Utilization. University of Tokyo Press.2015年 02月-

詳細

担当ページ数:311-321

Appendix: Prototype design guidelines for “Collaborative Governance” of Natural Resources.

Makoto Inoue(分担執筆)

Motomu Tanaka and Makoto Inoue (Eds), Collaborative Governance of Forests: Towards Sustainable Forest Resource Utilization. University of Tokyo Press.2015年 02月-

詳細

担当ページ数:323-334

教養としての森林学

日本森林学会(監修)/井出雄二・大河内勇・井上真(編)(共編著)

文永堂出版2014年 02月-

ボルネオ先住民の行動原理(コラム6)

井上真(分担執筆)

日本森林学会(監修)/井出雄二・大河内勇・井上真(編)『教養としての森林学』文永堂出版2014年 02月-

詳細

担当ページ数:135-136

自然資源の「協治」からみた「国際共生」

井上真(分担執筆)

黒澤満(編)『国際共生とは何か:平和で公正な世界へ(国際共生研究所叢書3)』東信堂2014年-

詳細

担当ページ数:90-104

Valuing forest ecosystem services: what we know and what we don’t

K.N.Ninan and Makoto Inoue(共編著)

K.N.Ninan (ed.), Valuing Ecosystem Services: Methodological Issues and Case Studies.Edward Elgar, Cheltenham, UK.2014年-

詳細

担当ページ数:189-226

Valuing forest ecosystem services: case study of a forest reserve in Japan.

K.N.Ninan and Makoto Inoue(分担執筆)

K.N.Ninan (ed.), Valuing Ecosystem Services: Methodological Issues and Case Studies.Edward Elgar, Cheltenham, UK.2014年-

詳細

担当ページ数:245-268

『森林環境2013:地域資源の活かし方---人・自然・ローカルコモンズ』

森林環境研究会(編)/松下和夫・井上真(責任編集)(共編著)

森林文化協会/朝日新聞社2013年 03月-

森林の開発と保全

井上真(分担執筆)

村井吉敬・佐伯奈津子・間瀬朋子(編)『現代インドネシアを知るための60章』2013年-

詳細

担当ページ数:316-320

復旧・復興や地域資源は誰のため?

井上真(分担執筆)

森林環境研究会(編)/松下和夫・井上真(責任編集)『森林環境2013:地域資源の活かし方---人・自然・ローカルコモンズ』森林文化協会/朝日新聞社2013年-

詳細

担当ページ数:4-6

Eclectic collaborative commons as an integration of closure and openness.

Makoto Inoue(分担執筆)

Takeshi Murota and Ken Takeshita (Eds.) Local commons and democratic environmental governance. United Nations University Press,Tokyo (pp.412)2013年-

詳細

担当ページ数:19-39

現場からデータを読むことの意味

井上真(分担執筆)

『2012年度版 JATAN森林白書:世界の森と私たち(改訂第3版)』熱帯林鼓動ネットワーク(JATAN)2012年 05月-

詳細

担当ページ数:1-2

自分ならではの新領域を拓く

井上真(分担執筆)

『地域研究』12(2)地域研究コンソーシアム2012年 03月-

詳細

担当ページ数:94-95

森林 vs. アブラヤシ農園:公正な闘い?

井上真(分担執筆)

森林環境研究会(編)『森林環境2012:震災復興と森林』森林文化協会/朝日新聞社2012年 03月-

詳細

担当ページ数:64-65

“Iriai” traditional management of village common forest resources in Japan: Transformation and sustainability

Mangala De Zoysa and Makoto Inoue(分担執筆)

H.D. Karunaratne, (Ed.) A Journey in Harmony: Sixty Years of Japan- Sri Lanka Relations. Faculty of Management and Finance, University of Colombo and JAGAAS,2012年-

詳細

担当ページ数:269-300

自然資源ガバナンス論へのアプローチ:森林コモンズから考える

井上真(分担執筆)

寺西俊一・石田信隆(編)『自然資源経済論入門<2> 農林水産業の再生を考える』中央経済社2011年 11月-

詳細

担当ページ数:235-254

温暖化防止対策としての森林保全:REED+制度設計の課題

井上真(分担執筆)

森林環境研究会(編)『森林環境2011/国際森林年 森の明日を考える12章』森林文化協会/朝日新聞社2011年 03月-

詳細

担当ページ数:78-87

Local commons in a global context

Makoto Inoue(分担執筆)

M. Osaki, A.K. Braimoh, and K. Nakagami (Eds) "Designing Our Future: Perspectives on Bioproduction, Ecosystems and Humanity" (425pp), United Nations University Press2011年 01月-

詳細

担当ページ数:254-266

アジア環境白書2010/11

日本環境会議編/責任編集:大島堅一・小島道一・除本理史・山下英俊/監修:寺西俊一・井上真(共編著)

東洋経済新報社2010年 12月-

詳細

総ページ数:361pp

協治

井上真(分担執筆)

総合地球環境学研究所(編)『地球環境学事典』弘文堂2010年 10月-

詳細

担当ページ数:318-319

ローカル・コモンズの可能性:自治と環境の新たな関係

三俣学・菅豊・井上真(編著)(共編著)

ミネルヴァ書房2010年 06月-

序章:グローバル時代のなかのローカル・コモンズ論

菅豊・三俣学・井上真(分担執筆)

三俣学・菅豊・井上真(編著)『ローカル・コモンズの可能性:自治と環境の新たな関係』ミネルヴァ書房2010年 06月-

詳細

担当ページ数:1-9

終章:実践指針としてのコモンズ論:協治と抵抗の補完戦略

三俣学・菅豊・井上真(分担執筆)

三俣学・菅豊・井上真(編著)『ローカル・コモンズの可能性:自治と環境の新たな関係』ミネルヴァ書房2010年 06月-

詳細

担当ページ数:197-217

「協治」論の新展開:あとがきにかえて

井上真(分担執筆)

三俣学・菅豊・井上真(編著)『ローカル・コモンズの可能性:自治と環境の新たな関係』ミネルヴァ書房2010年 06月-

詳細

担当ページ数:263-265

汎コモンズ論へのアプローチ

井上真(分担執筆)

山田奨治(編)『コモンズと文化:文化は誰のものか』東京堂出版2010年 03月-

詳細

担当ページ数:234-262

森の民の知識と技能を見事に描いた刺激的な成果

井上真(その他)

木村大治・北西功一(編)『森棲みの生態誌:アフリカ熱帯林の人・自然・歴史I』2010年 02月-

Summary for Decision Makers

Japan Satoyama Satoumi Assessment (JSSA)(分担執筆)

Satoyama-Satoumi Ecosystems and Human Well-Being:Socio-ecological Production Landscapes of Japan, UNU-IAS2010年-

The State of the Environment in Asia 2006/2007

Japan Environmental Council (Ed.)(共編著)

United Nations University Press2009年 12月-

自然資源「協治」の設計指針:ローカルからグローバルへ

井上真(分担執筆)

室田武(編)『グローバル時代のローカル・コモンズ』ミネルヴァ書房2009年 10月-

詳細

担当ページ数:3-25

フィールドワークからの国際協力

荒木徹也・井上真(編)(共編著)

昭和堂2009年 06月-

私的な経験の昇華:過去から未来へ

井上真(分担執筆)

荒木徹也・井上真(編)『フィールドワークからの国際協力』昭和堂2009年 06月-

詳細

担当ページ数:244-265

Blurb

Makoto Inoue(その他)

Tapan Kumar Nath "Participatory Forest Management and Livelihoods of Ethnic People"NOVA2009年-

コモンズ論の遺産と展開

井上真(分担執筆)

井上真(編)『コモンズ論の挑戦:新たな資源管理を求めて』新曜社2008年 11月-

詳細

担当ページ数:197-215

Kata Pengantar

INOUE Makoto(その他)

Herman Hidayat "Politik Lingkungan: Pengelolaan Hutan Masa Orde Baru Dan Reformasi"2008年 10月-

詳細

担当ページ数:XV-XVII

自然資源「協治」の設計原則

井上真(分担執筆)

科学研究費補助金・特定領域研究「持続可能な発展の重層的環境ガバナンス」 Discussion Paper2008年 06月-

詳細

担当ページ数:1-17

アカデミック・ツアー:国際森林環境学

井上真(分担執筆)

東京大学(編)『東京大学アカデミック・グルーヴ』東京大学出版会2008年 04月-

詳細

担当ページ数:32-33

コモンズ論の挑戦:新たな資源管理を求めて

井上真(編)(編著)

新曜社2008年-

コラム:インドネシアにおけるアブラヤシ農園開発の光と影

井上真(分担執筆)

森林環境研究会(編)『草と木のバイオマス(森林環境2008)』朝日新聞社(214pp.)2008年-

詳細

担当ページ数:34-35

野生動物保護への順応と文化化

井上真(分担執筆)

森林環境研究会(編)『森林環境2007:動物反乱と森の崩壊』朝日新聞社 (199pp.)2007年-

詳細

担当ページ数:100-101

『協治』の思想で森とかかわる

井上真(分担執筆)

日高敏隆・秋道智弥(編)『森はだれのものか?:アジアの森と人の未来(地球研叢書)』昭和堂 (185pp.)2007年-

詳細

担当ページ数:135-156

思想形成と森林

井上真(分担執筆)

佐々木惠彦・木平勇吉・鈴木和夫(編)『森林科学』文永堂(294pp.)2007年-

詳細

担当ページ数:200-214

世界の森林はいま:苦悩と希望の緑(森林環境2006)

森林環境研究会編/責任編集:井上真・鷲谷いづみ(共編著)

朝日新聞社2006年-

詳細

総ページ数:271pp

地球環境保全への途:アジアからのメッセージ

寺西俊一・大島堅一・井上真(編)(共編著)

有斐閣2006年-

詳細

総ページ数:339pp

躍動するフィールドワーク:研究と実践をつなぐ

井上真(編)(編著)

世界思想社2006年-

詳細

総ページ数:263pp

アジア環境白書2006/07(317pp.)

日本環境会議編/責任編集:小島道一・井上真・大島堅一・除本理史・山下英俊(共編著)

東洋経済新報社2006年-

環境保全を前提とした地域発展を求めて

井上真(分担執筆)

寺西俊一・大島堅一・井上真(編)『地球環境保全への途:アジアからのメッセージ』有斐閣選書 (339pp.)2006年-

詳細

担当ページ数:1-16

コモンズとしての熱帯林

井上真(分担執筆)

淡路剛久・川本隆史・植田和弘・長谷川公一(編)『権利と価値(リーディングス・環境2)』有斐閣 (396pp.)2006年-

詳細

担当ページ数:348-358

コモンズの管理

井上真(分担執筆)

環境経済・政策学会(編)『環境経済・政策学の基礎知識』有斐閣ブックス (446pp.)2006年-

詳細

担当ページ数:96-97

The State of the Environment in Asia 2005/2006

Japan Environmental Council (Ed.)(共編著)

Springer-Verlag Tokyo2005年-

地域と環境の再生:コモンズ論による試み

井上真(分担執筆)

森林環境研究会(編)『森林環境2005』朝日新聞社 (271pp.)2005年-

詳細

担当ページ数:30-40

ダヤック:忍従から自律へ

井上真(分担執筆)

林行夫・合田濤編『講座・世界の先住民族:ファースト・ピープルズの現在02:東南アジア』明石書店 (336pp.)2005年-

詳細

担当ページ数:274-291

Introduction: Launching the Era of Global Environmental Governance from Asia: Guaranteeing Fairness Through the Invovement Principle

Makoto Inoue, Michikazu Kojima, Ken’ichi Oshima(分担執筆)

Japan Environmental Council (Ed.), The State of the Environmenta in Asia 2005/2006. Springer-Verlag, Tokyo (385pp)2005年-

詳細

担当ページ数:1-9

コモンズの思想を求めて:カリマンタンの森で考える

井上真(単著)

岩波書店2004年-

詳細

総ページ数:162pp

人と森の環境学

井上真・酒井秀夫・下村彰男・白石則彦・鈴木雅一(共著)

東京大学出版会2004年-

詳細

総ページ数:174pp

自然環境保全のための『協治』

井上真(分担執筆)

井村秀文・松岡俊二・下村恭民編『環境と開発(シリーズ国際開発・第2巻)』日本評論社 (200pp.)2004年-

詳細

担当ページ数:75-95

脱皮を余儀なくされている熱帯の森林企業

井上真(分担執筆)

森林文化協会編『森林環境2004』築地書館 (202pp.)2004年-

詳細

担当ページ数:68

私の読書から、これだけは読んでおこう、私がすすめる東京大学出版会の本

井上真(その他)

文藝春秋編『東大教師が新入生にすすめる本』文春新書 (412pp.)2004年-

詳細

担当ページ数:343-345

新たな視点の構築に向けて

原洋之介・井上真・篠原徹・松井健・大塚柳太郎(分担執筆)

大塚柳太郎・篠原徹・松井健(編)『生活世界から見る新たな人間-環境系』東京大学出版会 208pp.)2004年-

詳細

担当ページ数:159-197

アジアにおける森林の消失と保全

井上真(編)(編著)

中央法規2003年-

詳細

総ページ数:324pp

アジア環境白書2003/04

日本環境会議編/責任編集:井上真・小島道一・大島堅一・山下英俊(共編著)

東洋経済新報社2003年-

詳細

総ページ数:446pp

People and Forest: policy and local reality in Southeast Asia, the Russian Far East, and Japan

Makoto Inoue and Hiroji Isozaki (Eds.)(共編著)

Kluwer Academic Publishers2003年-

詳細

総ページ数:358pp

森林の百科

井上真・桜井尚武・鈴木和夫・富田文一郎・中静透(編)(共編著)

朝倉書店2003年-

詳細

総ページ数:739pp

Indonesia

Makoto Inoue ,Martinus Nanang(分担執筆)

Japan Environmental Council (ed.). 『The state of the environment in Asia 2002/2003』Springer-Verlag, Tokyo (361pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:194-197

大規模アブラヤシ農園の操業に対する地域住民の適応(翻訳・リライト)

井上真(分担執筆)

井上真(編)『アジアにおける森林の消失と保全』中央法規 (324pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:66-80

揺れうごく住民参加の森林政策

井上真(分担執筆)

池谷和信編『地球環境問題の人類学』世界思想社 (343pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:141-170

森林消失問題への視座

井上真(分担執筆)

井上真(編)『アジアにおける森林の消失と保全』中央法規 (324pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:1-10

森林管理への地域住民参加の重要性と展望

井上真(分担執筆)

井上真(編)『アジアにおける森林の消失と保全』中央法規 (324pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:309-324

アジアから地球環境『協治』の時代を切り拓く!-『かかわり主義』で公平性の確保を

井上真・小島道一・大島堅一(分担執筆)

日本環境会議(編)/井上真他(責任編集)『アジア環境白書2003/04』東洋経済新報社 (446pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:1-11

森林と水田の生物多様性:住民参加に基づく総合的管理の実現を

磯崎博司・山根正伸・中村有利子・井上真(分担執筆)

日本環境会議(編)/井上真ほか(責任編集)『アジア環境白書2003/04』東洋経済新報社 (446pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:123-144

森林と人間、森を巡る文化と社会、コモンズの概念と有効性、途上国における住民参加型森林管理、熱帯林の問題

井上真(分担執筆)

井上真ほか(編著)『森林の百科』朝倉書店 (739pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:18-26, 507, 593-596, 625-628, 653-656

熱帯植林と地域住民との共存 :インドネシア・東カリマンタンの事例より

齋藤哲也・井上真(分担執筆)

依光良三編『破壊から再生へ:アジアの森から』日本経済評論社 (287pp.)2003年-

詳細

担当ページ数:21-66

環境問題:地域環境ガバナンスに向けて

井上真(分担執筆)

青木保ほか編『構想(アジア新世紀第8巻)』岩波書店 (257pp)2003年-

詳細

担当ページ数:75-82

越境するフィールド研究の可能性

井上真(分担執筆)

石弘之編『環境学の技法』東京大学出版会(284pp.)2002年-

詳細

担当ページ数:215-257

Pemantauan Lingkungan

Tai Harada Makoto Inoue Sachie Okamoto Kozo Izumo Kennedy Amin Poltak Simanjuntak(共著)

JANNI and LSPL (UD. Sinuraya)2001年-

詳細

総ページ数:117pp

コモンズの社会学:森・川・海の資源共同管理を考える

井上真・宮内泰介(編)(共編著)

新曜社2001年-

詳細

総ページ数:251pp

東南アジアの林業/インドネシアの林業/インドシナ諸国の林業/参加型開発/社会林業/コモンズ/森林居住者/焼畑農業/コンセッション/商業伐採/タウンヤ法/熱帯林の消失・劣化/東南アジアの森林開発/森林認証制度/西暦2000年の地球/ローマクラブ報告/非政府組織/国際自然保護連合/世界自然保護基金

井上真(分担執筆)

日本林業技術協会編『森林・林業百科事典』丸善 (1234pp.)2001年-

自然資源の共同管理制度としてのコモンズ

井上真(分担執筆)

井上真・宮内泰介(編)『コモンズの社会学:森・川・海の資源共同管理を考える』新曜社 (251pp.)2001年-

詳細

担当ページ数:1-28

地域住民・市民を主体とする自然資源の管理

井上真(分担執筆)

井上真・宮内泰介(編)『コモンズの社会学:森・川・海の資源共同管理を考える』新曜社 (251pp.)2001年-

詳細

担当ページ数:213-235

Republic of Indonesia

Makoto Inoue ,Michikazu Kojima(分担執筆)

Japan Environmental Council (ed.). 『The state of the environment in Asia 1999/2000』Springer-Verlag, Tokyo (197pp.)2000年-

詳細

担当ページ数:83-95

地域発展のかたち:カリマンタン

井上真(分担執筆)

原洋之介編著『地域発展の固有論理(地域研究叢書10)』京都大学学術出版会 (312pp.)2000年-

詳細

担当ページ数:245-298

21世紀・熱帯林の利用と管理

井上真(分担執筆)

東京大学大学院農学生命科学研究科編著『農学・21世紀への挑戦~地球を救う50の提案』世界文化社(223pp.)2000年-

詳細

担当ページ数:142-143

生態系の危機と地域:カリマンタン

井上真(分担執筆)

木村靖二・長沢栄治編『地域の世界史12:地域への展望』山川出版社(323pp.)2000年-

詳細

担当ページ数:53-85

インドネシア

井上真, マルティヌス・ナナン(分担執筆)

日本環境会議編集『アジア環境白書2000/01』東洋経済新報社(397pp)2000年-

詳細

担当ページ数:241-247

熱帯林の開発と保全

井上真(分担執筆)

上智大学アジア文化研究所編『入門・東南アジア研究』めこん(315pp.)1999年-

詳細

担当ページ数:157-168

森林地域発展論

井上真(分担執筆)

船越昭治編著『森林・林業・山村問題研究入門』地球社(347pp.)1999年-

詳細

担当ページ数:15-34

森林資源と地球環境

永田信 井上真(分担執筆)

武内和彦・田中学編『生物資源の持続的利用(岩波講座:地球環境学6巻)』岩波書店 (284pp.)1998年-

詳細

担当ページ数:23-58

インドネシア

井上真, 小島道一(分担執筆)

日本環境会議編集『アジア環境白書1997/98』東洋経済新報社(381pp)1997年-

詳細

担当ページ数:183-212

森林政策学的フィールドワーク論

井上真(分担執筆)

AERA・Mook『農学がわかる』朝日新聞社1997年-

詳細

担当ページ数:52-56

森林地帯の先住民/焼畑

井上真(分担執筆)

太田猛彦他編『森林の百科事典』丸善 (826pp)1996年-

詳細

担当ページ数:393-394/614-615

焼畑と熱帯林:カリマンタンの伝統的焼畑システムの変容

井上真(単著)

弘文堂1995年-

詳細

総ページ数:186pp

変わり行くボルネオの焼畑世界

井上真(分担執筆)

『熱帯林に生きる』サラワクキャンペーン委員会発行1995年-

詳細

担当ページ数:108

転換期のボルネオ先住民

井上真(分担執筆)

河合雅雄・埴原和郎編『動物と文明』朝倉書店 (280pp.)1995年-

詳細

担当ページ数:268-272

風土と地理

井上真(分担執筆)

綾部恒雄・石井米雄編『もっと知りたい・インドネシア』弘文堂 (289pp.)1995年-

詳細

担当ページ数:46-65

森林資源の利用と再生:経済の論理と自然の論理

永田信・井上真・岡裕泰 (共著)

農山漁村文化協会1994年-

詳細

総ページ数:234pp

熱帯雨林:開発と人々

井上真(分担執筆)

宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編『アジア読本:インドネシア』河出書房新社(310pp.)1994年-

詳細

担当ページ数:233-239

生物の多様性を保全するための人間の能力の拡大と育成(翻訳)

井上真(単訳)

佐藤大七郎(監訳)『生物の多様性保全戦略:地球の豊かな生命を未来につなげる行動指針』中央法規出版 (248pp.)1993年-

詳細

担当ページ数:153-175

熱帯林情報 No.1 :アフリカの乾燥地域におけるアグロフォレストリー(抄訳)

井上真(監訳)(監修)

国際緑化推進センター1992年-

東カリマンタンにおける伝統的焼畑システムの変容と非伝統的焼畑システムの実態・問題点

井上真(分担執筆)

RRIAP叢書・『東南アジア農業開発と環境・資源』龍渓書舎 (156pp.)1992年-

詳細

担当ページ数:89-106

熱帯林に生活する人々

井上真(分担執筆)

小林繁男編『沈黙する熱帯林:現地からの報告』東洋書店(395pp.)1992年-

詳細

担当ページ数:68-95

熱帯雨林の生活:ボルネオの焼畑民とともに

井上真(単著)

築地書館1991年-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:290pp

熱帯地域の森林資源

井上真(分担執筆)

外務省・農林水産省・林野庁監修『世界の森林と緑の国際協力』日本林業調査会(276pp.)1986年-

詳細

担当ページ数:27-90

講演・口頭発表等

Chair: Local commons and their future in globalized conservation and climate policies: cases from the Heart of Borneo in Indonesia.

Makoto Inoue

XVII Biennial IASC-Conference ‘In Defense of the Commons: Challenges, Innovation, and Action’(IASC (International Association for the Study of the Commons))2019年07月02日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:リマ

Assessing multi-level policies for conservation of the Heart of Borneo as ‘dual’ commons.

Makoto Inoue, Noriko Okubo, and Yukari Takamura

XVII Biennial IASC-Conference ‘In Defense of the Commons: Challenges, Innovation, and Action’(IASC (International Association for the Study of the Commons))2019年07月02日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:リマ

国立公園の協働管理における住民参画の現状と課題 —ボルネオ島におけるインドネシアとマレーシアの国立公園を事例として

角田一樹・藤井紘司・寺内大左・Ndan Imang・Martinus Nanang・Peter Voo・Tapan Kumar Nath・大久保規子・井上真

第29回日本熱帯生態学会年次大会(日本熱帯生態学会)2019年06月15日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:北海道大学、札幌

SDGsによる社会変革における環境社会学の役割

井上真

第59回環境社会学会大会(環境社会学会)2019年06月09日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:明治学院大学白金校舎、東京

Current Social Problems in Japan and Its Implications to the Studies of the Commons

Makoto Inoue

Invited lecture(School of Environmental and Geographical Sciences, The University of Nottingham Malaysia)招待有り2019年04月22日

詳細

国際会議公開講演開催地:Selangor Darul Ehsan

ボルネオ島中央部生態系保全へのSDG等国際枠組みの活用―参加原則に関するインドネシアおよびマレーシアの比較検討

井上真・藤井紘司・角田一樹・寺内大左・大久保規子

林業経済学会 2018年秋季大会(林業経済学会)2018年11月18日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:筑波大学、茨城県つくば市

Current Social Problems in Japan and Its Implications to the Studies of the Commons

Makoto Inoue

24 hours of global noon-hour webinars, World Commons Week(The International Association for the Study of the Commons (IASC))招待有り2018年10月12日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Internet

Principles for Collaborative Governance -- Based on experiences of Forest Management in Asian Countries.

Makoto Inoue

National Association Session, 19th International Sociological Association (ISA)’s World Congress of Sociology(International Sociological Association (ISA))2018年07月19日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Metro Toronto Convention Center, Toronto

Chair: Physical Infrastructure and Environmental Hazards: A Burdensome Legacy of Modernity

Makoto Inoue

19th International Sociological Association (ISA)’s World Congress of Sociology(International Sociological Association (ISA))2018年07月19日

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:Metro Toronto Convention Center, Toronto

Key Note Speech: Theoretical Implication of Current Social Problems in Japan to the Studies of the Commons.

Makoto Inoue

Asia Regiona Biennial Meeting, The International Association for the Study of the Commons (IASC)(The International Association for the Study of the Commons (IASC))2018年07月14日

詳細

国際会議口頭発表(基調)開催地:Aisan Institute of Technology (AIT), Bangkok

超学際にコミットする地域研究者の役割を考える

井上真

2017年度JCAS年次集会・公開シンポジウム「フューチャー・アースと地域研究者の協力の可能性」(東北大学東北アジア研究センター/地域研究コンソーシアム)招待有り2017年10月28日

詳細

国内会議口頭発表(基調)開催地:仙台

学際的な研究・教育の理念と実践:「コモンズ論」の生成・発展プロセスに学ぶ

井上真

農学国際専攻創立20周年記念シンポジウム「グローバル社会の中で農学はどこへ向かうのか?」(東京大学大学院農学生命科学研究科農学国際専攻)2017年02月19日

詳細

国内会議口頭発表(基調)開催地:東京

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(A)

ボルネオ中央部の生態系保全に向けた制度設計:ローカルとグローバルを繋ぐ

2017年04月-2021年03月

配分額:¥42250000

研究種別:特別研究員奨励費

分権型森林ガバナンスを分析するための分解可能な社会生態系アプローチ

2014年04月-2017年03月

配分額:¥2200000

研究種別:

所有権の内在的制約を自然資源管理の観点から考える――重層性と協働性に着目して

2013年04月-2016年03月

配分額:¥4160000

研究種別:基盤研究(A)

新時代に対応した参加型森林管理の制度設計:気候変動政策と地域発展政策の統合

2012年04月-2016年03月

配分額:¥31980000

研究種別:

限界集落における持続可能な森林管理のあり方についての研究

2010年04月-2013年03月

配分額:¥18590000

研究種別:特別研究員奨励費

バングラデシュ、インド、スリランカにおけるゴム・アグロフォレストリーの比較研究

2007年04月-2009年03月

配分額:¥2000000

研究種別:基盤研究(A)

地域特性に配慮した森林「協治」の構築条件

2007年04月-2011年03月

配分額:¥47320000

研究種別:萌芽研究

ラオスの森林管理における社会関係資本の相互作用の解明

2004年04月-2006年03月

配分額:¥3500000

研究種別:特別研究員奨励費

アジア諸国の緑化に資する制度的機構としての参加型森林管理

2003年04月-2006年03月

配分額:¥1400000

研究種別:基盤研究(B)(2)-海外学術調査

参加型森林管理のポリティカルエコロジー

2000年04月-2003年03月

配分額:¥14900000

研究種別:基盤研究(B)(2)-一般

山村地域の里山管理・利用における新たな主体形成:人的ネットワークの視点から

2000年04月-2003年03月

配分額:¥14200000

研究種別:基盤研究(C)

世界各国の国立公園制度に関する比較研究

1993年04月-1996年03月

配分額:¥1400000

研究種別:

熱帯里山ガバナンスをめぐるステークホルダー間にみる利害関係とその背景

配分額:¥15990000

研究種別:

グローバル時代のローカル・コモンズの管理

配分額:¥78000000

研究種別:

森林コモンズの共同体論的・市民社会論的研究

配分額:¥13500000

研究種別:

サラワク先住諸民族社会における自然環境認識の比較研究

配分額:¥20720000

研究種別:

日韓の森林関連産業に環境問題が与えた影響の比較分析

配分額:¥16600000

研究種別:

地域発展の固有論理

配分額:¥31300000

研究種別:

地域発展の固有論理

配分額:¥31300000

研究種別:

海域世界の森と海-21世紀の東南アジアと日本

配分額:¥1800000

研究種別:

熱帯林減少の社会経済的メカニズムの計量経済学的分析

配分額:¥2200000

研究種別:

東南アジアにおける社会・経済の発展段階に対応した森林利用様式の定式化に関する研究

配分額:¥15000000

研究資金の受入れ状況

提供機関:トヨタ財団制度名:国際助成プログラム

Collaboration among stakeholders for adjustment of forest policies to international framework to reduce CO2 emission2016年11月-2018年10月

代表

提供機関:日本生命財団制度名:研究助成

人間・環境ネットワークの変化と山村生活・自然環境保全との関係に関する研究1996年10月-1997年09月

代表

学内研究制度

特定課題研究

開発の中で生き抜くボルネオ先住民:ライフストーリーの素描

2017年度

研究成果概要:目的:本研究は、NI氏のライフストーリーを素描することを目的とした。彼は、ボルネオ中央高地で生まれ幼少期を過ごした後、家族に連れられて低地に移住し、その後国立大学の教員になった。1990年代後半に井上と知り合い、共同研究の仲間とな...目的:本研究は、NI氏のライフストーリーを素描することを目的とした。彼は、ボルネオ中央高地で生まれ幼少期を過ごした後、家族に連れられて低地に移住し、その後国立大学の教員になった。1990年代後半に井上と知り合い、共同研究の仲間となった。そして、JSPS論博事業に応募・採択され、2009年度に東京大学から博士(農学)を授与された。Kenyah人としては2番目の学位取得者であり、希有なケースである。方法:まずはNI氏に自身のライフストーリーを書いてもらい、それを読んだうえでインタビューを実施した。結果:暫定的に次のような題名および目次で書籍を執筆することを検討している。A long journey from the jungle of Borneo to Tokyo: A life historyof an indigenous Kenyah Dayak man./ Introduction/ Chapter.1:Born in Long Dumu, Apau Kayan-The lost Village in the jungle of Borneo/ Chapter.2:Family background and Culture -Wereancestors head-hunter?/ Chapter.3:Childhood -Being afraid of the airplane/ Chap.4: Elementary School -Being afraid ofspanking/ Chap.5:Junior HighSchool -Five-days walk to school through wild jungle/ Chapter 6: Junior and Senior High School -Inferioritycomplex as a Dayak/ Chapter 7: Gettingjob at Mulawarman University and marriage/ Chap.8: Encounter with a Japanese scholar -Beyondhis dream/ Afterwords現時点での課題:Ndan氏のライフストーリーの素描が完了した段階であり、まだメインとなる社会的テーマ・仮説を見いだすには至っていない。今後の展望:今後はさらなるインタビューを通して、NI氏のライフストーリーから何らかのテーマを見いだしたい。そのうえで、NI氏のライフストーリーを主軸としながら、同世代の井上(日本の高度経済成長期に生まれ育った)のライフストーリーを織り込み、かけ離れた幼少期の経験を持つ二人の人生が交差し互いに影響を与え合う交流の物語を英語書籍として出版したい。

外国人研究者等の受入れ状況

2019年09月-2019年10月

受入者の所属元機関:マルティヌス・ナナン氏/ムラワルマン大学(インドネシア共和国)

詳細

コメント:共同研究のための滞在(2週間)

2018年12月-2018年12月

受入者の所属元機関:タパン・クマール・ナス准教授/ノッティンガム大学マレーシア校(マレーシア(本人はバングラデシュ人))

詳細

コメント:共同研究のための滞在(2週間)

2018年01月-2018年02月

受入者の所属元機関:ジュアン・プルヒン教授/フィリピン大学ロンバニョス校(フィリピン共和国)

詳細

コメント:著書の共同編集のための滞在(3週間)

2017年11月-2017年11月

受入者の所属元機関:ンダン・イマン博士/ムラワルマン大学(インドネシア共和国)

詳細

コメント:共同研究のための滞在(一ヶ月)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
人間環境科学概論人間科学部2019夏クォーター
環境社会学人間科学部2019春学期
アジア地域研究人間科学部2019秋学期
専門ゼミI(環境社会学)人間科学部2019春学期
専門ゼミII(環境社会学)人間科学部2019秋学期
人間環境科学概論 01人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
人間環境科学概論 02人間科学部(通信教育課程)2019秋クォーター
アジア地域研究 01人間科学部(通信教育課程)2019秋学期
環境社会学研究指導 A大学院人間科学研究科2019春学期
環境社会学研究指導 B大学院人間科学研究科2019秋学期
環境社会学ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2019春学期
環境社会学ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2019秋学期
環境社会学ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2019春学期
環境社会学ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2019秋学期
環境社会学研究指導(D) A大学院人間科学研究科2019春学期
環境社会学研究指導(D) B大学院人間科学研究科2019秋学期

Waseda Course Channel配信動画

科目名学部公開年度

他機関等の客員・兼任・非常勤講師等

2013年10月- 2013年10月インドネシア国立ランプン大学(インドネシア)Special lecture "Collaborative forest governance: Experiences, strategies and design principles"
2013年10月- 2013年10月インドネシア国立ムラワルマン大学(インドネシア)Special lecture "Collaborative forest governance: Experiences, strategies and design principles"
2013年04月- 2014年03月名古屋大学(日本)非常勤講師「フィールド研究から開発問題へのアプローチ」
2010年04月- 2011年09月政策研究大学院大学(日本)非常勤講師「修士論文指導」
2010年04月- 2010年12月一橋大学(日本)非常勤講師「自然資源ガバナンス論へのアプローチ(オムニバス講義「自然資源経済論B」の一回分)」
2007年10月- 2007年10月国際協力機構(JICA)(日本)カウンターパート研修講師「住民参加型森林管理」
2007年04月- 2007年09月静岡大学(日本)非常勤講師「国際森林環境論」
2006年04月- 2009年09月宮崎大学(日本)非常勤講師「森林社会学」
2006年04月- 2014年09月上智大学(日本)非常勤講師「生態人類学」
2006年04月- 2013年09月九州大学(日本)非常勤講師「国際森林社会学」
2000年04月- 2004年09月九州大学(日本)非常勤講師「国際林業論」
1996年04月- 2005年09月上智大学(日本)非常勤講師「生態人類学研究」
1995年04月- 2004年09月宮崎大学(日本)非常勤講師「国際森林社会学」

その他教育活動

博士論文審査員(東京大学)

2019年08月-2019年08月

詳細

概要:<論文題目> 国際協力事業における『誘導型ファシリテーション』の役割−インドネシア泥炭火災予防プロジェクトの事例から−

博士論文審査員(東京大学)

2019年01月-2019年01月

詳細

概要:<論文題目> 内/外関係にみる現代台湾漢人農村の社会関係―非近郊平場農村の事例から

博士論文外部審査員(アジア工科大学)

2018年12月-2018年12月

詳細

概要:<論文題目> The Role of Indigenous Beliefs in the Management of Wetland Resource in the Lower Songkhram River Basin

博士論文審査員(東京大学)

2018年01月-2018年01月

詳細

概要:<論文題目> 現代沿岸コミュニティにおける「共同性」と協調行動の形成要因に関する研究

博士論文外部審査員(アジア工科大学)

2017年10月-2017年11月

詳細

概要:<論文題目> Traditional Knowledge and Technological Choices for Agricultural Water Management in Northeast Thailand

社会貢献活動

座談会:地域に根ざした自然保護

役割:出演2019年-

主催者・媒体名:『pro natura ニュース』No. 29, 2019年11月27日, p.5-9,自然保護助成財団

地域の人々が主役となった国際コモンズ学会北富士大会:震災後の復旧・復興に、有効だった地元と外部との協働

2013年08月-

主催者・媒体名:『グリーン・パワー』2013年8月号, pp.4-5

知識探訪−多民族社会の横顔を読む「変わりゆくボルネオ、戦争の記憶」

2012年07月-

主催者・媒体名:『The Daily NNA(アジア経済情報誌):マレーシア版』2012年7月31日付、10面

朝日地球環境フォーラム2011「国際森林年特別セッション」

2011年09月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2011年9月26日付朝刊、5面

Environment and Development: Risks of Overemphasis on CO2 Reduction

2010年06月-

主催者・媒体名:Asahi Shimbun Asia & Japan Watch Forum: Dispatches from AAN

開発と環境:CO2削減偏重に危うさ

2010年05月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2010年5月19日付朝刊、15面

座談会:信頼と協働のアジアへ

役割:出演2010年-

主催者・媒体名:『JOINT』 5: 4-10, トヨタ財団, 2010.

東京発、元気・甲州人「地上目線で森林管理」

2009年08月-

主催者・媒体名:『山梨日日新聞』2009年8月2日付朝刊、5面

地球環境のいま、そして100年後:木を植え、二酸化炭素を減らし、人々の生活をも支える-マダガスカルの地に見る、植林CDMの可能性

2008年09月-

主催者・媒体名:『森の響(もりのうた)』Vol.47, pp.17-21

森でひろったこぼれ話 03:焼き畑は、森を・・・?

2008年09月-

主催者・媒体名:『森の響(もりのうた)』Vol.47, p.29

環境教室-共有地の悲劇

2008年06月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2008年6月21日付け夕刊、14面

東大解剖(第3部):出前授業地元校で定着

2007年03月-

主催者・媒体名:『讀賣新聞』2007年3月24日付朝刊、18面

環境ルネサンス「森が盗まれる事情」ーまず「買わない」体制作り

2006年08月-

主催者・媒体名:『讀賣新聞』2006年8月3日付朝刊、33面

駒場の授業16選―人間環境一般「農学の挑戦:国際協力」井上真教授

2005年07月-

主催者・媒体名:『東大2006:こうみえても東大です』東京大学新聞社、pp.74-75, 2005

第6回「明日への環境賞」受賞5団体ー日本環境会議

2005年04月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2005年4月13日付朝刊、19面

「明日への環境賞」5団体の贈呈式

2005年04月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2005年4月21日付朝刊、33面

著者に聞く:人と森の環境学

2005年02月-

主催者・媒体名:『東京大学新聞』2005年2月15日付、2面

Interview: Why are tropical forests being destroyed?

2004年01月-

主催者・媒体名:Asia Pacific Perspective, Japan+, Vol.1, No.9, pp.36-39

発言席:アジアの環境回復は協治で

2003年12月-

主催者・媒体名:『毎日新聞』2003年12月14日付朝刊

森林科学トップアスリート「この人に学べ! 鉄人・達人・ホープ・ユニーク・超人」井上真ー熱帯林保護の急先鋒

2003年11月-

主催者・媒体名:河合塾(編)『わかる!学問:環境・バイオの最前線ー大学・研究者ランキング』p.125, 2003年

新コモンズで協働の輪を

2003年10月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2003年10月30日付朝刊

統治から協治へ-住民参加の森林政策を:インドネシアの熱帯雨林から考える

2003年08月-

主催者・媒体名:『論座』2003年8月号, pp.46-53

Diverse management of Indonesian forests - A new governor gives locals a greater say in their resources.

2003年04月-

主催者・媒体名:International Herald Tribune and the Asahi Shimbun, April 4, 2003

多様な『かかわり』森林守る~住民軸に外部からも参加

2003年03月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2003年3月12日付朝刊

Power of residents needed in forestry issue - Forests are not protected because of the failures of experts and other mistakes

2002年09月-

主催者・媒体名:International Herald Tribune and the Asahi Shimbun, September 23, 2002

農園開発で火災頻発~伐採・植林、消える熱帯林

2002年08月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2002年8月24日付朝刊

地球のカルテ:環境開発サミットー森林破壊

2002年07月-

主催者・媒体名:『日本経済新聞』2002年7月29日付朝刊、15面

AAN新年度客員研究員に4氏

2002年03月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』2002年3月29日付け朝刊、1面

地域から地球へ:「持続可能な開発」進まずNGOとの連携が有効

2002年01月-

主催者・媒体名:『毎日新聞』2002年1月14日付朝刊、25面

座談会:自然と農村の再生

役割:出演2002年-

主催者・媒体名:『環境と公害』31(4):44-50,岩波書店、2002.

座談会:環境学をどう構築するか.

役割:出演2001年-

主催者・媒体名:『環境と公害』30(3):40-47,岩波書店、2001.

座談会:自然保護行政はどうあるべきか

役割:出演2000年-

主催者・媒体名:『環境と公害』29(4):39-46,岩波書店、2000.

東大・鉄人名鑑「森林政策学ー井上真」

1998年07月-

主催者・媒体名:『東大99』東京大学新聞社、pp.158-159, 1998年

座談会:アジア環境白書(創刊)の編集を終えて

役割:出演1998年-

主催者・媒体名:『環境と公害』27(4):31-37,岩波書店、1998.

久米宏の「ニュースステーション」~インドネシアの森林大火災の解説

1997年10月-

主催者・媒体名:テレビ朝日、1997年10月16日放送

DVD「熱帯雨林って何だろう? ―インドネシア」

1997年10月-

主催者・媒体名:(財)大阪国際交流センター/NHKきんきメディアプラン

「対岸の火事」ではない地球温暖化:インドネシア森林火災が招く’恐怖のシナリオ’

1997年10月-

主催者・媒体名:『フライデー』14巻44号、通巻710号、pp.74-75, 1997年10月17日

久米宏の「ニュースステーション」~インドネシアの森林大火災の解説

1997年09月-

主催者・媒体名:テレビ朝日、1997年9月30日放送

The disappearing forests of Indonesia

1996年05月-

主催者・媒体名:Thr Japan Times, Wednesdau, May 1, 1996,  17面

短評:井上真著「焼畑と熱帯林」

1996年01月-

主催者・媒体名:『讀賣新聞』1996年1月28日付け朝刊、11面

論説空間:熱帯林問題の研究と教育への林政学的アプローチ

1994年11月-

主催者・媒体名:『東京大学新聞』1994年11月1日付

東大の青春群像「井上真-熱帯林の研究:’そこに住む人’とともに熱帯林を見つめる

1993年07月-

主催者・媒体名:『スーパーカタログ:東京大学'94』東京大学新聞社、pp.52-54, 1993年

論壇:熱帯林保全に求められる視点

1992年07月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』、1992年7月20日付朝刊

座談会:身近な生活から見えてくる『南』と『北』

役割:出演1992年06月-

主催者・媒体名:『世界』569号(1992年6月号):97-107,岩波書店

焼畑農業による熱帯林破壊について

1992年04月-

主催者・媒体名:『世界日報』1992年4月22日付、16面

ハロー研究室「現場主義で熱帯雨林守る」東大農学部林政学研究室

1992年02月-

主催者・媒体名:『讀賣新聞』1992年2月19日付夕刊、18面

特集:先進国の開発が焼畑を変えた―伝統的焼畑に学ぶ

1992年01月-

主催者・媒体名:『TERRA』第2巻第2号、February 1992, pp.75-79

日曜喫茶室「僕の新世界生活」

1992年01月-

主催者・媒体名:NHK-FM, 1992年1月12日放送(ゲスト:オスマン・サンコン、井上真)

Who's killing the rain forests?

1992年00月-

主催者・媒体名:Japan Views Quarterly, Autumn/Winter 1992, Vol.1, No.3/4, pp.12-13

クローズアップ地球環境(後編):熱帯雨林を救うために―ボルネオに飛び込んで実態調査―井上真さん

1991年12月-

主催者・媒体名:『中二 Challenge』第551号, pp.12-16

自著1000字コメント「熱帯雨林の生活」

1991年11月-

主催者・媒体名:『地上』1991年11月号、p.234, 1991年11月1日

地球人登場:体を使って調査したボルネオ-井上真さん

1991年10月-

主催者・媒体名:『CAT CROSS AND TALK』9巻12号、通巻114号、pp.105-107, 1991年10月1日

こんにちはー「熱帯雨林の生活」を書いた井上真さん

1991年09月-

主催者・媒体名:『朝日ジャーナル』33巻38号、通巻1713号、p.59, 1991年9月20日

ほん:井上真著「熱帯雨林の生活ーボルネオの焼畑民とともに」

1991年08月-

主催者・媒体名:『毎日新聞』1991年8月7日付朝刊、科学面

この本この人『熱帯雨林の生活』井上真さん

1991年08月-

主催者・媒体名:『讀賣新聞』1991年8月12日付朝刊、10面

らいたあ登場『熱帯雨林の生活』井上真さん

1991年07月-

主催者・媒体名:『朝日新聞』1991年7月28日付朝刊、15面

<特集・地球の環境は>熱帯林・再生への道

1989年10月-

主催者・媒体名:『フォト』1989年10月15日発行、pp.3-11

よみがえれ!熱帯雨林~ボルネオ奥地に’森の謎’を探る

1988年09月-

主催者・媒体名:TBSテレビ、1988年9月17日放送