氏名

キタムラ ヨシヒロ

北村 能寛

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0165489)

所属

(社会科学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
kitamu@gmail.com

URL等

研究者番号
90409566

本属以外の学内所属

兼担

社会科学総合学術院(大学院社会科学研究科)

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

学歴・学位

学歴

-1998年 早稲田大学 社会科学部
-2002年 早稲田大学 経済学研究科
-2006年 早稲田大学 経済学研究科

学位

博士(経済学) 課程 早稲田大学 財政・公共経済

経歴

2003年-2005年日本学術振興会特別研究員
2005年-2006年早稲田大学政治経済学部助手
2006年-2008年富山大学経済学部講師
2008年-2011年富山大学経済学部准教授
2011年-2013年早稲田大学社会科学総合学術院准教授
2013年-早稲田大学社会科学総合学術院教授
2016年10月-La Trobe UniversityDepartment of Economics and FinanceVisiting fellow

所属学協会

日本経済学会

日本金融学会

研究分野

キーワード

国際金融論

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 財政・公共経済

論文

A stopping time approach to assessing the effectiveness of foreign exchange intervention: An application to Japanese data

Kitamura, Yoshihiro

Journal of International Money and Finance査読有り75p.32 - 462017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:02615606

概要:I propose a new methodology to assess the effect of foreign exchange (FX) intervention, based on the probability of an FX rate reaching. The variable is the probability of an FX rate reaching a particular threshold before reaching another. Importantly, the probability depends on not only the level, but also the trend and volatility of a current FX rate. When an intervention changes the probability in a desired direction, the intervention is effective. The notable feature of the probability is that it considers both the level and volatility of an FX rate comprehensively, while previous studies have examined these effects of FX intervention separately. Empirical results based on regression and nearest-neighbor analyses applied to Japanese data indicate that publicity and size are significant in the effectiveness of intervention.

Simple measures of market efficiency: A study in foreign exchange markets

Kitamura, Yoshihiro

Japan and the World Economy41p.1 - 162017年03月-2017年03月 

DOIScopus

詳細

ISSN:09221425

概要:© 2016 Elsevier B.V.Previous studies on the stock market consider the degree of market efficiency to be an inverse of the predictive power of order flow. Following this notion, I propose simple market efficiency measures in foreign exchange (FX) markets. The first measure considers the market to be inefficient when positive (negative) order flows predict the appreciation (depreciation) of a base currency. The second measure considers whether predictions using order flow result in tangible gains. These measures are related to liquidity levels and information factors in FX markets, unlike the measures in previous studies.

Predicting a flash crash in the yen/dollar foreign exchange market

Kitamura, Yoshihiro

Applied Economics Letters査読有りp.1 - 42016年10月-2016年10月 

DOIScopus

詳細

ISSN:13504851

概要:© 2016 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis GroupI examine whether the volume-synchronized probability of informed trading (VPIN) can predict a flash crash in the yen/dollar foreign exchange market. The results show that VPIN using bulk volume classification predicted a recent event. However, VPIN using order flows, which are the amount of the ask-side transaction minus those of bid-side, does not.

The probability of informed trading measured with price impact, price reversal, and volatility

Kitamura, Yoshihiro

Journal of International Financial Markets, Institutions and Money査読有り42p.77 - 902016年05月-2016年05月 

DOIScopus

詳細

ISSN:10424431

概要:© 2016 Elsevier B.V.. Contemporaneous and positive correlation between order flow and exchange rate is a stylized fact. I postulate that the order flow driven by informed trading has a significant price impact. I also do that little price reversal occurs in the subsequent period. The Markov-switching model provides probabilities of a significant price impact and little price reversal. I apply these probabilities to measure the probability of informed trading. The measure explains a greater share of the random walk component of price compared to other measures offered by previous studies.

Does the simple microstructure model tell the time of the FX intervention? A one day analysis of the Japanese FX intervention

Kitamura, Yoshihiro

Research in International Business and Finance査読有り36p.436 - 4462016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:02755319

概要:© 2015 Elsevier B.V. Using tick data of the USD/JPY rate, I propose the method to detect the time of the FX intervention. I use the simple microstructure model and assume that the FX intervention causes regime-switching in the microstructure of the USD/JPY market, changes in adverse selection, and inventory effect. The time of the intervention is estimated endogenously by the Markov-switching model, and the actual starting time is well estimated. I also find that no market orders, except a large U.S. dollar purchase, convey any private information during the period of the intervention.

Effect of exchange rate return on volatility spill-over across trading regions

(with Galagedera, Don U.A.)

Japan and the World Economy査読有り24(4)p.254 - 2652012年12月-

DOIScopus

Informational linkages among the major currencies in the EBS market: evidence from the spot rates of the Euro, Yen and Swiss franc

Kitamura Y.

Japan and the World Economy査読有り24(1)p.17 - 262012年01月-

DOIScopus

The impact of order flow on the foreign exchange market: A copula approach

Kitamura Y.

Asia-Pacific Financial Markets査読有り18(1)p.1 - 312011年03月-

DOIScopus

Testing for intraday interdependence and volatility spillover among the euro, the pound and the Swiss franc markets

Kitamura Y.

Research in International Business and Finance査読有り24(2)p.158 - 1712010年06月-

DOIScopus

The optimal exchange rate regime for a small country

(with H., Akiba., Y., Iida)

International Economics and Economic Policy査読有り6(3)p.315 - 3432009年10月-

DOIScopus

The Current Account and Stock Returns

Kitamura Y.

Research in International Business and Finance 23/3査読有り23(3)p.302 - 3212009年09月-

DOIScopus

Intraday evidence of the informational efficiency of the yen/dollar exchange rate

(with K., Iwatsubo)

Applied Financial Economics査読有り19(14)p.1103 - 11152009年06月-

DOIScopus

Information Arrival, Interest Rate Differentials, and Yen/Dollar Exchange Rate

(with H., Akiba)

Japan and the World Economy査読有り18(1)p.108 - 1192006年01月-

DOIScopus

A survey on characteristics of Japanese academic job market and evaluation.

A survey on characteristics of Japanese academic job market and evaluation.査読有り39(1)2015年-2015年

DOI

詳細

ISSN:1552-3926

概要:BACKGROUND:During the Meiji era, at the end of the 19th century, Japan introduced western systems into many fields, economically developing later than other industrially developed countries. Japan introduced a higher education system modeled on the German system, focusing not on education but on research. The historical background has shaped contemporary Japanese academia differently from that of the United States and the European Union. In addition, because of geographical and linguistic barriers in Asia, intercommunication with researchers in other developed countries has been much less than that between the United States and the European Union, leaving Japanese academia relatively isolated.;METHOD:We survey the characteristics of the Japanese academic system in higher education, using the latest published data.;RESULT:This article indicates a concentration of research at former imperial universities and a rigidity of movement among universities both internationally and domestically. Furthermore, small differences in salary levels have provided little incentive to perform research. However, while most universities in Japan have not introduced evaluation systems for promotion and salary that are heavily dependent on journal rankings, as in the European Union and United States, Japanese academic performance has not declined.;CONCLUSION:This article suggests that in Japan, salary incentives, the impact factor, and so on have had little influence on academic performance. Even though cultural and historical differences between countries affect academic behaviors, we hope that this article might trigger consideration of other possible evaluation schemes for the future.

Empirical Assessment of Two Traditional Models for the Asian Currency Crisis

Akiba Hiroya;Iida Yukihiro;Sato Ayano;Kitamura Yoshihiro

Working paper series402p.1 - 20

CiNii

詳細

概要:This paper examines empirically which of the first or the second generation models is more convincing in accounting for the Asian currency crisis. We construct a regression model with both fundamentals and changes in expectations by news together. We found that, in Thailand, Korea and Indonesia, a growth rate of domestic credit, as a proxy for deterioration of fundamentals, and the "news", as a proxy for a shift in expectations, has a reasonably convincing explanatory power for the currency crisis. On the other hand, in the rest of our sample countries, the latter is reasonably convincing in explaining the crisis.

What causes volatility spillover? Evidence from the euro, the yen, and the Swiss franc spot rates

Kitamura, Y.

Working Paper:Faculty of Economics, University of ToyamaNo.219p.1 - 262007年05月-

The role of the five segments in the yen-dollar exchange rate

Kitamura, Y.

Working Paper:Faculty of Economics, University of ToyamaNo.218p.1 - 272007年05月-

外国為替市場におけるボラティリティ波及効果に関する一考察

北村能寛

金融・通貨制度の経済分析p.153 - 1782008年12月-

開放小国の最適な為替レート制度

飯田幸裕、北村能寛、秋葉弘哉

マクロ経済学と経済制度p.179 - 1972005年-

日次為替レート変化率とGARCH/EGARCH効果:円-ドル外国為替市場での考察

北村能寛

早稲田経済学研究(60)p.25 - 392005年03月-

日次為替レート変化率とボラティリティ・ショックの持続性:円-ドル外国為替市場での考察

北村能寛

早稲田経済学研究(57)p.45 - 542003年07月-

先物プレミアムパズル-国際資本移動における取引費用

佐藤綾野、北村能寛、秋葉弘哉

現代マクロ経済学のフロンティアp.165 - 1852003年-

書籍等出版物

国際経済学 (第3章担当)

秋葉弘哉編著

ミネルヴァ書房2010年-

講演・口頭発表等

利子率の影響を考慮した経常収支の現在価値モデル

日本経済学会春季大会2005年06月

詳細

口頭発表(一般)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

為替レート制度の厚生分析

配分額:¥4010000

研究種別:

外国為替市場の効率性とマイクロストラクチャー・アプローチ

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

高頻度データを用いた市場期待の計測:外国為替市場を事例として

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥3770000

研究種別:

外国為替直物市場の情報透明性を考慮した経済モデルの構築およびその実証

配分額:¥4290000

研究種別:

円ドル価格形成における各セグメントの役割

配分額:¥1950000

研究種別:

ファイナンス理論の臨床性評価における深層学習の活用

2019年-0月-2023年-0月

配分額:¥15990000

学内研究制度

特定課題研究

異時点間消費と経常収支の関係

2005年度

研究成果概要:経常収支の動向と利子率の関係に注目した研究を行った.本研究は,経常収支の動向と利子率との経験的な関係に注目している.本研究の具体的なアプローチとしては,国際資本市場での利子率の変動に影響を受ける異時点間消費平準化行動を考え,その行...経常収支の動向と利子率の関係に注目した研究を行った.本研究は,経常収支の動向と利子率との経験的な関係に注目している.本研究の具体的なアプローチとしては,国際資本市場での利子率の変動に影響を受ける異時点間消費平準化行動を考え,その行動から導かれる経常収支の変動に注目している.本研究は,基本的にはBergin and Sheffrin(2000. Economic Journal 110, 535-558)で展開されたモデルを応用して,利子率が一定とされる従来の経常収支の異時点間モデル(simple model)を,利子率が可変的なモデルへと拡張している.利子率としては,短期金融市場金利(market model)と株価収益率(stock model)を考え,simple, market そしてstockモデルを日本,カナダ,英国のデータを用いてそれぞれ実証分析し,それらの現実の経常収支に対する説明力を比較している.そして,異時点間の消費最適化行動と国際株式市場の収益率(先進7カ国の株式市場平均収益率)との関連を経常収支のモデルに組み入れた場合,そのモデルが現実の経常収支の動向を非常に高い精度で予測することが前記3カ国のデータを用いた分析で明らかにされた.上述した本研究の結果は,代表的個人が自らの恒常所得を一時的に上回る部分の所得を対外的に貸し付けることに加えて,その貸し付けを行うことで得られる収益率をも考慮して行動するものと解釈される.加えて,対外資産に占める株式保有の割合が低水準である日本で,世界株式収益率を考慮した場合,異時点間消費最適化モデルを用いると,現実の経常収支に対する説明力が極めて良くなるといった,一見すると奇妙な実証結果が得られた.この事実は,世界株式収益率が,収益としてのみならず,経済の先行きといった自らの恒常所得に関わる「情報」として,代表的個人の異時点間消費行動に影響するという側面から解釈されるという仮説を提示したことになる.

外国為替直物市場における期待の計測に関する研究

2011年度

研究成果概要:本研究は科研費若手研究Bの課題「外国為替直物市場の情報透明性を考慮した経済モデルの構築およびその実証」と相互補完するかたちでなされたものであり、以下の研究目的ならびにそれを達成すべく研究を行い、その研究成果を国際専門誌で公刊した。...本研究は科研費若手研究Bの課題「外国為替直物市場の情報透明性を考慮した経済モデルの構築およびその実証」と相互補完するかたちでなされたものであり、以下の研究目的ならびにそれを達成すべく研究を行い、その研究成果を国際専門誌で公刊した。外国為替直物市場の市場参加者の期待を、日次、日中ベースでリアルタイムに計測することを目的とし研究を進めた。この研究の政策的意義は、為替介入政策等を行う財務省等の通貨当局が市場心理をより適切に把握し、より効率的にその政策目的を達成することに貢献するといったところにある。つまりは、外国為替市場に対して介入政策などを実施する通貨当局は、市場がどのような状態にあるのかをより正確にリアルタイムで把握することが必要であると考え、そのための計量的手法を開発することが本研究の目的であった。また、たとえ介入政策が行われなくとも、市場が如何なる状態にあるか(市場が何を考えているか)といったことを把握することは、金融政策全般にとっても必要不可欠なことである。 近年、市場期待を為替レートに反映させる役割を果たすと考えられてきたオーダー・フローのその役割が低下していることが、ここ数年のデーターセットを用いた実証分析より明らかとなった。このことは、オーダー・フローは市場期待を伝達する要素とそれ以外の要素(ノイズ等)で構成され、前者が後者に支配されていることを推測させる。そこで、今後はオーダー・フローの要素別分解方法についての研究を中心に行い、その分解から市場期待を抽出することを試みた。そうすることで、観察されたオーダー・フローから市場期待と知ることが可能となり、適切なタイミングでの政策発動もしくは適切な政策の立案への貢献が期待される。 具体的な研究成果としては、その計測モデルを確立することができ、そのやや複雑な構造をもったモデルを推定することで市場期待に関連すると考えられる具体的な値(数値)を得ることが出来たことである。

外国為替市場の効率性に関する研究

2015年度

研究成果概要:Previousstudies on the stock market consider the degree of market efficiency to be an inverseof the predictive powe...Previousstudies on the stock market consider the degree of market efficiency to be an inverseof the predictive power of order flow. Following this notion, I propose simple marketefficiency measures in foreign exchange (FX) markets. The first measureconsiders the market to be inefficient when positive (negative) order flowspredict the appreciation (depreciation) of a base currency. The second measure considerswhether predictions using order flow result in tangible gains. These measuresare related to liquidity levels and information factors in FX markets, unlike themeasures in previous studies.

為替介入政策に対する新しい評価方法の研究

2016年度

研究成果概要:本研究は、日本の為替介入政策に対し、実証的評価を行うものである。日本では、財務省の依頼をうけるかたちで日本銀行が実際の為替介入を行う。本研究の新奇性は、為替レートがある閾値に到達する確率が、為替介入により変化したかに注目することで...本研究は、日本の為替介入政策に対し、実証的評価を行うものである。日本では、財務省の依頼をうけるかたちで日本銀行が実際の為替介入を行う。本研究の新奇性は、為替レートがある閾値に到達する確率が、為替介入により変化したかに注目することである。この確率は、その時点での為替レート水準のみならず、為替レートの趨勢(trend)ならびに拡散(diffusion)項に依存する。この確率を用いる利点は、為替レートの水準ならびにその拡散(分散)を包括的に考慮し、為替介入政策を評価することが出来る点である。すなわち、為替レート水準を円安の訪欧へと誘導することには成功したが、それと同時に、為替レートの値動きが激しくなり市場の不確実性が増したという、相対する2つの状況が生じた場合であっても、本研究の手法を用いれば、それらを包括的に考慮し、為替政策の有効性を議論することができる。

突発的かつ大幅な価格変化の事前予測方法に関する研究:外国為替市場を事例として

2017年度

研究成果概要:情報トレーダの取引を計測する指標としての、volume-synchronized probability of informed trading (VPIN)の瞬時的価格崩壊予測力に注目して研究を進めた。 情報トレーダーとは、一部...情報トレーダの取引を計測する指標としての、volume-synchronized probability of informed trading (VPIN)の瞬時的価格崩壊予測力に注目して研究を進めた。 情報トレーダーとは、一部の取引参加者に限定され利用可能な情報にもとづき取引を行う取引参加者である。ここでの情報とは、為替レートに影響を及ぼす情報である。従来の研究では、情報トレーダーはその執行確率の高さから成り行き注文を選択することが前提とされ、その取引をオーダーフローで代理することが一般的である。しかしながら、従来の成行注文に基づき執行される取引では、指値注文を行う情報トレーダーの取引が考慮されないという問題がある。その一方で、VPINは、指値注文のみならず成り行き注文をも考慮した情報トレーダーの取引代理変数となりうる可能性がある。そこで、オーダーフロー、VPINいずれが、為替市場の瞬時的価格崩壊を予測できるかに注目した実証研究を行った。情報トレーダーの取引が断続的であれば、非情報トレーダーは「負け」が蓄積することになり、その結果ロスカット目的で「投げ売り」を行う。その取引は瞬時的価格崩壊をもたらす。実証分析結果は、VPINは瞬時的価格崩壊を予測できる可能性を示唆するものであった。その一方で、オーダーフローの瞬時的価格崩壊予測力を支持する結果は得られなかった。この結果は、情報トレーダーの代理変数としてVPINを採用することの根拠となりうる。一連の研究成果は、以下の論文として公刊されている。Kitamura, Y., 2017. Predicting a flash crash in the yen/dollar foreign exchange market.Applied Economics Letters 24 (14), 987-990.Abstract I examine whether the volume-synchronized probability of informed trading (VPIN) can predict a flash crash in the yen/dollar foreign exchange market. The results show that VPIN using bulk volume classification predicted a recent event. However, VPIN using order flows, which are the amount of the ask-side transaction minus those of bid-side, does not.

プログラミング取引の市場効率性に対する影響の定量的評価:外国為替市場を事例として

2018年度

研究成果概要:ファイナンス理論を学習した深層学習の予測精度を、代表的なボラティリティ・モデルであるGARCHモデルのそれと日次水準で比較した。日次水準を採用する理由は、既存のGARCH研究が日次ボラティリティを主な研究対象とすることによる。GA...ファイナンス理論を学習した深層学習の予測精度を、代表的なボラティリティ・モデルであるGARCHモデルのそれと日次水準で比較した。日次水準を採用する理由は、既存のGARCH研究が日次ボラティリティを主な研究対象とすることによる。GARCHモデルではボラティリティの説明変数を1期前のボラティリティとするが、それはファイナンス理論から導出されたものではなく、当てはまりの良さによる。その意味で、GARCHモデルを用いたボラティリティ予測では、たとえ予測精度が良くても、その背後にあるファイナンス理論が明らかでなく理論自体を評価することができない。一方、深層学習では、評価対象理論がボラティリティ要因とする経済変数を深層学習への入力とし、ボラティリティを予測する。そして深層学習が高精度の予測を行えば、深層学習が学習対象とした理論はボラティリティの予測に貢献する点で臨床的有効性があると評価できる。現段階では、深層学習の予測精度を支持する結果が得られている。

企業の為替リスクに注目した、為替介入政策の評価

2018年度

研究成果概要:過去から現在までの数十年間、(震災の一時的影響を除き)日本の経常収支は大幅な黒字である。これは、日本企業が概して純輸出企業であることを意味し、したがって為替レートの水準にその経済活動は大きく影響を受ける。これは、日本企業の将来のキ...過去から現在までの数十年間、(震災の一時的影響を除き)日本の経常収支は大幅な黒字である。これは、日本企業が概して純輸出企業であることを意味し、したがって為替レートの水準にその経済活動は大きく影響を受ける。これは、日本企業の将来のキャッシュ・フローが為替レートに影響を受けることを意味し、その意味で企業価値は為替レートに影響を受ける。この企業価値が為替レートに影響を受けることを、「為替リスク」とする。本研究では、この為替リスクが為替介入により軽減されることを、長期的なデータを利用することで示した。本研究成果は、現在国際専門誌に投稿・審査中である。

日本の為替介入政策の長期的効果検証

2018年度

研究成果概要:  本研究では、「為替介入により企業の為替リスクが長期的に軽減される」を検証することで、為替介入の長期的効果を検証した。研究方法を単純に要約すれば、以下となる。個々の企業の株価変化率を為替レート変化率に回帰し、その係数の大きさ、統...  本研究では、「為替介入により企業の為替リスクが長期的に軽減される」を検証することで、為替介入の長期的効果を検証した。研究方法を単純に要約すれば、以下となる。個々の企業の株価変化率を為替レート変化率に回帰し、その係数の大きさ、統計的信頼度が、為替介入との関連でどう変化するかを検証する。回帰式のその他説明変数は、ファイナンス理論に基づき、慎重に選択する。 結果の統計的信頼性を担保するため、サンプリング手法の一種であるワイルド・ブートストラップで、回帰係数の信頼区間を得る。ワイルド・ブートストラップを用いるメリットは、1)小サンプルにおける(誤りの帰無仮説を正しく棄却する)検出力の向上、2)回帰式の誤差項に予め決められたパラメトリックな仮定が(極力)不要な点である。 本研究成果は論文としてまとめ上げられ、現在国際専門誌に投稿・審査中である。

海外研究活動

研究課題名: 外国為替市場の効率性に関する研究

2016年10月-2018年03月

機関: La Trobe University(Australia)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
経済学入門 2〔マクロ経済学〕 A社会科学部2019秋学期
経済学入門 1〔ミクロ経済学〕 A社会科学部2019春学期
国際金融論 I社会科学部2019春学期
国際金融論 II社会科学部2019秋学期
ゼミナールI(国際経済と金融システム/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールII(国際経済と金融システム/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールII(国際経済と金融システム/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールIII(国際経済と金融システム/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールIII(国際経済と金融システム/秋学期)社会科学部2019秋学期
Introduction to Economics社会科学部2019春クォーター
Freshman Seminar (Spring) A社会科学部2019春学期
Freshman Seminar (Spring) B社会科学部2019春学期
国際経済学(金子昭彦/北村能寛)大学院経済学研究科2019夏クォーター
国際経済学大学院社会科学研究科2019夏クォーター
国際金融論大学院社会科学研究科2019秋学期
国際金融論研究演習 I(春学期)大学院社会科学研究科2019春学期
国際金融論研究演習 I(秋学期)大学院社会科学研究科2019秋学期
国際金融論研究演習 II(春学期)大学院社会科学研究科2019春学期
国際金融論研究演習 II(秋学期)大学院社会科学研究科2019秋学期