氏名

クボ スミコ

久保 純子

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0184131/)

所属

(教育学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
sumik@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/sumik/

研究者番号
90275967

本属以外の学内所属

兼担

教育・総合科学学術院(大学院教育学研究科)

文学学術院(大学院文学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ユネスコ世界遺産研究所

研究所員 2017年-

早稲田環境学研究所

研究所員 2013年-2017年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2007年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

学歴・学位

学位

博士(理学) 論文 東京都立大学

経歴

1995年-1997年中央学院大学 専任講師
1998年-2000年中央学院大学 助教授
2001年-2005年早稲田大学教育学部 助教授
2006年-早稲田大学教育学部 教授

所属学協会

日本地理学会 代議員

日本第四紀学会 評議員

日本地形学連合 委員

国際第四紀研究連合(International Union for Quaternary Research)

受賞

日本第四紀学会 学術賞

2013年

日本第四紀学会 論文賞

1999年

研究分野

キーワード

自然地理学、地形学、第四紀学

研究テーマ履歴

平野の地形環境とその第四紀後期の環境変遷に関する研究

研究テーマのキーワード:平野,地形,第四紀

個人研究

平野の地形環境とその変遷

個人研究

論文

(総論)平野の地形と遺跡立地―変化する環境と人々の活動―、

久保純子

考古学ジャーナル招待有り(723)p.3 - 42019年-

Geographical survey of Sambor Prei Kuk -A World Heritage Archaeological Site in Cambodia-.

KUBO, S. and NAGUMO N.

学術研究(早稲田大学教育・総合科学学術院)(66)p.153 - 1682018年-

洪水ハザードマップとその利用

久保純子

都市問題招待有り109(6)p.64 - 742018年-

防災の基礎としての地形分類図

平井幸弘・久保純子・熊木洋太

地理63(10)p.26 - 302018年-

Sediment accumulation owing to backwater effect in the lower reach of the Stung Sen River, Cambodia.

Naoko Nagumo, Sumiko Kubo, Toshihiko Sugai, Shinji Egashira

Geomorphology査読有り296p.182 - 1922017年-

Monitoring of Eco-Restoration of Mangrove Wetlands through Time Series Satellite Images: A Study on Krishna-Godavari Delta Region, East Coast of India.

KUBO S., K. Ch. V. NAGA KUMAR, G. DEMUDU, B. HEMA MALINI, K. NAGESWARA RAO, R. AGRAWAL, R. RAMAKRISHNAN and A. S. RAJAWAT

Geographical Review of Japan Series B査読有り90p.66 - 752017年-

Issues of geomorphological surfaces corresponding to Marine Oxygen Isotope Stage 3 in Japan

KUBO, S.

Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University(51)p.1 - 122016年-

Radiocarbon ages and stratigraphy in the city area of the Sambor Prei Kuk Pre-Angkor archaeological site, Cambodia.

KUBO, S., NAGUMO N., CHHUM, M. and SHIMODA, I.

早稲田大学大学院教育学研究科紀要(26)p.43 - 552016年-

Geospatial Analysis of the Changing Environment of Kolleru Lake, the Largest Freshwater Wetland in India.

Naga Kumar, K. Ch., Demudu, G., Hema Malini, B., Nageswara Rao, K. and Kubo, S.

Wetlands査読有り36p.745 - 7582016年-

Palaeogeography and evolution of the Godavari delta, east coast of India during the Holocene: An example of wave-dominated and fan-delta settings.

K. Nageswara Rao, Y. Saito, K.Ch.V. Nagakumar, G. Demudu, A.S. Rajawat, S. Kubo, Zhen Li

Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology査読有り440p.213 - 2332015年-

Fluvial Geomorphology and Characteristics of Modern Channel Bars in the Lower Stung Sen River, Cambodia.

Nagumo, N., Sugai, T. and Kubo, S.

Geographical review of Japan series B査読有り87(2)p.115 - 1212014年-

Late Quaternary floodplain development along the Stung Sen River in the Lower Mekong Basin, Cambodia.

Nagumo, N., Sugai, T. and Kubo, S.

Geomorphology198p.84 - 952013年-

カンボジア,メコン川下流平野における2011年洪水と河川微地形

南雲直子・久保純子

日本地理学会E-Joirnal GEO8p.141 - 1522013年-

Shifting of the Arakawa River in the Kanto Plain, Central Japan, during the Late Holocene: A Geomorphological Approach.

Kubo, S.

Geographical Review of Japan, Ser. B84(2)p.71 - 802012年03月-

Geomorphology, Archaeostratigraphy, and 14C Ages of Sambor Prei Kuk Pre-Angkorean Site, Central Cambodia.

KUBO Sumiko, SHIMAMOTO Sae, NAGUMO Naoko, YAMAGATA Mariko, HIM Sophorn, SO Sokuntheary, CHANG Vitharong, LUN Votey, SHIMODA Ichita, and NAKAGAWA Takeshi

The Bulletin of the Graduate School of Education of Waseda University (早稲田大学大学院教育学研究科紀要)(22)p.73 - 902012年03月-

平野の地形が語る土地の歴史

久保純子

水循環 貯留と浸透Vol.86p.23 - 282012年-

Characteristics of fluvial lowland in the lower reach of the Stung Sen river, Central Cambodia.

Nagumo, N., Sugai, T. and Kubo, S.

Transactions. Japanese Geomorphological Union32(2)p.142 - 1512011年-

関東平野中央部における旧石器時代以降の地形変化

久保純子

季刊考古学115p.89 - 922011年-

多摩川左岸における立川段丘面区分の再検討

久保純子・小山善雅

早稲田大学教育学部 学術研究—地理学・歴史学・社会科学編−(58)p.23 - 412010年02月-

Location of a pre-Angkor capital city in relation to geomorphological features of lower reach of the Stung Sen River, central Cambodia.

Nagumo, N., Sugai, T. and Kubo, S.

Geodinamica Acta23(5-6)p.255 - 2662010年-

宮ヶ瀬ダム建設前後の中津川河川敷の変化

久保純子・須田康平

早稲田大学教育学部 学術研究−地理学・歴史学・社会科学編−(57)p.27 - 472009年02月-

Geomorphological features and subsurface geology of the Lower Mekong Plain around Phnom Penh city, Cambodia (Southeast Asia)

S. KUBO

Revista Geografica AcademicaVol.2,(No.1)p.20 - 322008年-

アジアモンスーン地域における農業水利用変化予測モデルの開発

増本隆夫・丹治 肇・小川茂男・堀川直紀・力丸 厚・久保純子・宗村広昭・ファム タイン ハイ・ラウション カマール

農村工学研究所報告46p.67 - 902007年03月-

最終氷期以降の青森平野の環境変遷史

久保純子・辻 誠一郎・村田泰輔・辻 圭子・後藤香奈子

植生史研究(特別第2号)p.7 - 172006年11月-

Land, water nad land use in the Lower Mekong Plain (Cambodia): Geomorphological integration

Proc. International Conference on "Mekong Research for the People of the Mekong"p.309 - 3162006年10月-

メコン川下流平野(カンボジア)における微地形と洪水特性、土地利用・水利用の特色

久保純子

早稲田大学教育学部「学術研究」地理学・歴史学・社会科学編(54)p.1 - 92006年02月-

Geomorphological features, flood characters, land-use and water-use in the Lower mekong Plain in Cambodia

S.KUBO

Proceedings of International Conference on Advances in Integrated Mekong River Managementp.201 - 2052004年10月-

日本全国地形・地盤分類メッシュマップの構築

若松加寿江・松岡昌志・久保純子・長谷川浩一・杉浦正美

土木学会論文集759/I-67p.213 - 2322004年04月-

JEGM(Japan Engineering Geomorphologic Classification Map) for nationwide

K.Walamatsu, M. Matsuoka, K. Hasegawa and S. Kubo

GIS Development8(3)p.32 - 332004年03月-

日本全国地形・地盤分類メッシュマップ構築のための既存データ収集と問題点

久保純子・若松加寿江

早稲田大学大学院教育学研究科紀要(14)p.53 - 712004年03月-

利根川中下流域における歴史時代の河道変遷——埼玉県東部、

久保純子

国立歴史民俗博物館研究報告(118)p.77 - 912004年02月-

カンボジア中部、ソンボープレイクック遺跡(7世紀)の調査——1998・1999年度調査より——

古城泰・久保純子

早稲田大学大学院教育学研究科紀要(13)p.15 - 312003年03月-

Geomorphological features and flood characters around Phnom Penh, lower Mekong river plain.

S.KUBO

Proceedings of the First International Conference on Hydrology and Water Resources in Asia Pacific region,2p.692 - 6962003年-

Geomorphological features of the Thu Bon River Plain, Central Vietnam, and their relations on flood hazards in 1999.

S.KUBO

Gakujutsu Kenkyuu, School of Education, Waseda University(50)p.1 - 122002年-

Buried Tachikawa terraces in the lower Tama River plain corresponding to Marine Isotope Stage 3

S.KUBO

Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University(37)p.15 - 242002年-

Geomorphological features around Hoi An, the 17th-Century international trade city in central Vietnam.

S.KUBO

Bulletin of the Institute of Comparative Cultures, Chuo-gakuin University(14)p.73 - 942000年-

1999年2月26日秋田県沖の地震とその被害(共著)

若松加寿江・久保純子

土と基礎、(社)地盤工学会47(8)p.36 - 371999年-

Environmental Changes in the Tokyo Lowland during the Historical Times (Last ca. 2000 Years)

S.KUBO

Bulletin of the National Museum of Japanese History81p.101 - 1131999年-

ホイアン周辺の地形と河川-1997年度第1回調査報告-(共著)

大矢雅彦・久保純子

昭和女子大学国際文化研究所紀要(4)p.225 - 2351998年-

歴史時代における利根川下流低地(香取平野)の環境変遷に関する問題点

久保純子

中央学院大学比較文化研究所紀要(12)p.41 - 561998年-

相模川下流平野の埋没段丘からみた酸素同位体ステージ5a以降の海水準変化と地形発達

久保純子

第四紀研究36p.147 - 1631997年-

Recognation and Distribution of Buried Terraces in the Lower Sagami Plain, Southern Kanto

S.KUBO

Geographical Reports of Tokyo Metropolitan University31p.53 - 641996年-

Buried terraces in the lower Sagami plain, central Japan: Indicators of sea levels and landforms during the Marine

S.KUBO

東京都立大学大学院理学研究科学位請求論文1995年-

バングラデシュ北西部の地形・洪水特性からみた水害対策計画の問題点

久保純子

地学雑誌102p.50 - 591993年-

Geomorphological features of NW Bangladesh and some problems on flood mitigation

S.KUBO

GeoJournal31(4)p.313 - 3181993年-

庄内平野の地形分類図にあらわれた活褶曲

久保純子

東北地理43(3)p.188 - 1941991年-

相模湾北部沿岸地形分類図

地図,日本国際地図学会29(4)p.23 - 261991年-

The Uplands and Lowlands of Tokyo : A Geomorphological Outline

S.KUBO

Geog. Rev. Japan63Bp.73 - 871990年-

Geomorphological Features of Valleys Dissecting the Uplands of the Kanto Plain

S.KUBO

Geog. Rep. Tokyo Met. Univ.(25)p.125 - 1381990年-

東京低地における縄文海進以降の地形の変遷

久保純子

早稲田大学教育学部 学術研究(38)p.75 - 921989年-

早稲田大学周辺の地形-武蔵野台地と神田川の非対称谷に関連して

久保純子

早稲田大学教育学部 学術研究(37)p.57 - 731988年-

相模野台地・武蔵野台地を刻む谷の地形-風成テフラを供給された名残川の谷地形-

久保純子

地理学評論61Ap.25 - 481988年-

書籍等出版物

『さいたま市史 自然編 ―気象・地形・地質―』

さいたま市(分担執筆)

さいたま市2019年-

『図解 日本列島100万年史1 誕生のふしぎ』

山崎晴雄・久保純子監修(監修)

講談社2018年-

『図解 日本列島100万年史2 大地のひみつ』

(監修)

講談社2018年-

『日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語』

山崎晴雄・久保純子(共著)

講談社ブルーバックス2017年-

『自然地理学事典』朝倉書店、のうち「第四紀」「河川流路の人工改変」他

小池一之ほか編(分担執筆)

朝倉書店2017年-

『わかる!取り組む!災害と防災』シリーズ 第4巻「豪雨・台風」、第5巻「土砂災害・竜巻・豪雪」の一部

帝国書院編(監修)

帝国書院2017年-

水害とハザードマップ、ほか 鈴木康弘編『防災・減災につなげる ハザードマップの活かし方』

鈴木康弘編(分担執筆)

岩波書店2015年-

明治の地図で読む東京の地形・地盤、構造デザインマップ編集委員会編『構造デザインマップ 東京』

構造デザインマップ編集委員会編(分担執筆)

総合資格出版2014年-

詳細

総ページ数:259担当ページ数:182-193

江戸の地形環境――武蔵野台地と利根川デルタ――、江戸遺跡研究会編『江戸の開府と土木技術』吉川弘文館

(分担執筆)

吉川弘文館2014年-

詳細

総ページ数:271担当ページ数:1-27

序章 日野・八王子地域とその周辺の地形、原田信男編『地域開発と村落景観』

久保純子

思文閣2011年-

第4章 相模川がつくった段丘の地形と地質(一部)、相模原市総務局総務課市史編さん室編『相模原市史 自然編』

久保純子

相模原市総務局総務課2009年-

河川と地形(総論)、高橋 裕ほか編『川の百科事典』

久保純子

丸善2009年-

平野と海岸の地形、高橋日出男・小泉武栄編著『自然地理学概論』、106-116

久保純子

朝倉書店2008年-

酸素同位体ステージ3の時代の武蔵野台地、比田井民子ほか編『後期旧石器時代の成立と古環境復元』(考古学リーダー14)、124-134

久保純子

六一書房2008年-

「常総の内海」香取平野の地形と歴史時代における環境変遷、市村高男監修・茨城県立歴史館編『中世東国の内海世界』、39-64

久保純子

高志書院2007年-

多摩川の流路変遷と野川・多摩川間の地形の変遷——立川段丘の区分に関連して——、「野川流域の旧石器時代」フォーラム記録集刊行委員会監修・明治大学校地内遺跡調査団編『野川流域の旧石器時代』(考古学リーダー11)、75-84

久保純子

六一書房2007年-

干拓地・埋立地の風景、中村和郎・新井 正・岩田修二・米倉伸之編『日本の地誌1 日本総論Ⅰ(自然編)』、257-261

久保純子

朝倉書店2005年 11月-

『日本の地形・地盤デジタルマップ』

若松加寿江・久保純子・松岡昌志・長谷川浩一・杉浦正美

東京大学出版会2005年 11月-

メコン川下流(カンボジア)の地形と洪水災害に関する研究

平成13年度〜15年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書2004年 03月-

地球システムと水、円城寺 守編著『地球環境システム』、78-108

久保純子・高橋一馬

学文社2004年-

江戸から東京へ——世界都市の夢と現実 東京、寺阪昭信・平岡昭利・元木靖 編『関東Ⅰ 地図で読む百年』

寺阪昭信・久保純子

古今書院2003年 03月-

流域の治水と開発 利根川、寺阪昭信・平岡昭利・元木靖 編『関東Ⅱ 地図で読む百年』

松田磐余・久保純子

古今書院2003年 03月-

「三郷の地形と水」・「都市化の進行と治水・水利」、埼玉県三郷市『三郷市史 水利水害編』

久保純子

埼玉県三郷市2001年-

「東京低地の開発」、小野正敏編『図解・日本の中世遺跡』

久保純子・谷口 榮

東京大学出版会2001年-

「3-3(2)相模川と支流の河成段丘——山間部河谷の侵食と堆積」、貝塚爽平・小池一之・遠藤邦彦・山崎晴雄・鈴木毅彦編『日本の地形4 関東・伊豆小笠原』

貝塚爽平・久保純子

東京大学出版会2000年-

「5-3(3)荒川扇状地とその周辺の丘陵・台地」・「5-4関東平野中部と東京湾」、貝塚爽平・小池一之・遠藤邦彦・山崎晴雄・鈴木毅彦編『日本の地形4 関東・伊豆小笠原』

小池一之・久保純子

東京大学出版会2000年-

「5-6(3)相模野台地と相模川低地」、貝塚爽平・小池一之・遠藤邦彦・山崎晴雄・鈴木毅彦編『日本の地形4 関東・伊豆小笠原』

久保純子

東京大学出版会2000年-

歴史時代の自然環境変化-平野の微地形を手がかりとして-、『地方史研究の新方法』

久保純子

八木書店2000年-

「東京低地の古環境を知る」、大矢雅彦ほか『地形分類図の読み方・作り方』

久保純子

古今書院1998年-

「東京の歴史時代の地形環境」

地方史研究協議会編『地方史・研究と方法の最前線』1997年-

第3章 ヨーロッパの外因性地形/第9章 バリスカン・ヨーロッパより9.1〜9.5(共訳)

『ヨーロッパの地形(上)』(大明堂)1997年-

第一章第一節東京低地の形成

『江東区史上巻』(東京都江東区, 分担執筆)1997年-

中央学院大学とその周辺の自然環境(共著)

中央学院大学30周年記念論集『国際化時代の法と経済・社会』1996年-

Physical Geography of the Kanto Plain

The Kanto Plain and the Yangtze Delta1996年-

新修蕨市史 通史編(分担執筆)

埼玉県蕨市1995年-

東京低地の水域・地形環境の変化

『アトラス日本列島の環境変化』(朝倉書店, 分担執筆)1995年-

東京低地の地形の変遷

東京低地の中世を考える(名著出版;共著)1995年-

東京低地の中世の自然環境

『東京低地の中世を考える』(名著出版, 分担執筆)1995年-

Buried terraces in the Lower Sagami Plain, Central Japan : Indicators

Doctoral Dissertation submitted to Tokyo Metropolitan University1995年-

東京低地の水域・地形の変遷と人間活動

防災と環境保全のための応用地理学(古今書院;共著)1994年-

淀川水害地形分類図および説明書(共著)

建設省淀川工事事務所1993年-

三郷市史 自然編(共著)

埼玉県三郷市1992年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(A)

クメール帝国の空間構造と地方拠点都市遺跡に関する研究

2012年-2015年

研究分野:建築史・意匠

配分額:¥43940000

研究種別:

インド東海岸ゴダバリ・クリシュナデルタにおける遺跡分布と地形

2012年-0月-2016年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

古代クメール都市の立地条件と生産基盤復元に関する地形学的アプローチ

配分額:¥12610000

研究種別:

中・近世ベトナムにおける権力拠点の空間的構成

配分額:¥18720000

研究種別:基盤研究(A)

クメール帝国地方拠点の都市遺跡と寺院遺構に関する研究

2007年-2011年

研究分野:建築史・意匠

配分額:¥51350000

研究種別:

沖積低地の微地形成と地形環境動態に関する研究

配分額:¥16400000

研究種別:

メコン川下流(カンボジア)の地形と洪水災害に関する研究

配分額:¥5800000

研究種別:

全国を網羅した地形・地盤ディジタルマップの構築に関する研究

配分額:¥9800000

研究種別:

紅河デルタの環境変動と環境予測

配分額:¥15200000

研究種別:

山地形成史の研究-第四紀火山噴出物を手がかりにして-

配分額:¥11300000

研究種別:

インドシナ半島における古代国家の形成:ベトナム・チャーキュウ遺跡からのアプローチ

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥15340000

研究種別:

インド東海岸ゴダバリ・クリシュナデルタの形成と人類の活動に関する地形学的研究

2016年-0月-2020年-0月

配分額:¥4030000

研究種別:

ハザードマップにおける災害予測および避難情報伝達の機能向上に資する地理学的研究

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥17290000

学内研究制度

特定課題研究

インド東海岸ゴダバリ・クリシュナデルタにおける地形環境変化

2014年度共同研究者:K. Nageswara Rao

研究成果概要: 本研究は日本学術振興会科学研究費助成研究「インド東海岸ゴダバリ・クリシュナデルタにおける遺跡分布と地形」(平成26年度)と合わせて実施した。インド、アンドラ大で実施、保管している対象地域のボーリング試料の観察・記載を行い、年代測... 本研究は日本学術振興会科学研究費助成研究「インド東海岸ゴダバリ・クリシュナデルタにおける遺跡分布と地形」(平成26年度)と合わせて実施した。インド、アンドラ大で実施、保管している対象地域のボーリング試料の観察・記載を行い、年代測定を実施した。 ゴダバリ・クリシュナデルタ地域のDPコア(17.37m)のこれまで分析の結果、最下部からは約15000年前(更新世)の年代値が、8~11m付近からは7000年頃の値が得られた。これらに加えさらに3点の年代測定を行ったところ、3m付近と6.7m付近からの2点はmodern、7.3m付近が約7000年の値が得られた。

メコン川下流平野(カンボジア)の地形と洪水災害に関する予察的研究

2001年度

研究成果概要: 本研究は平成13年度科学研究費助成研究「メコン川下流(カンボジア)の地形と洪水に関する研究」とあわせて実施した。両研究の目的は、メコン川下流部平野の地形の特色と洪水の挙動を明らかにするとともに、平野の形成史を解明することである。... 本研究は平成13年度科学研究費助成研究「メコン川下流(カンボジア)の地形と洪水に関する研究」とあわせて実施した。両研究の目的は、メコン川下流部平野の地形の特色と洪水の挙動を明らかにするとともに、平野の形成史を解明することである。科研費による研究期間は、平成13年~15年度を予定している。 本年度は人工衛星データの入手とともに、カンボジアにおける地形図・空中写真の入手・判読、関係資料収集、地形ならびに洪水状況に関する現地調査をおこなった。また、GISデータと人工衛星データ解析のためのハード・ソフトを導入した。これらをもとに、プノンペン市周辺部の予察的な地形学図を作成し、あわせて2000年9月洪水における状況と地形条件との対応を検討した。 その結果、プノンペン周辺におけるメコン川・トンレサップ川・バサック川沿いの地域は自然堤防・後背湿地の分布域であり、2000年洪水の浸水域と地形との間に明瞭な対応関係が認められた。

微地形区分を基礎とした全国平野地形GISデータベース整備とその防災への応用

2004年度

研究成果概要: 本研究は全国の平野部を対象とした統一基準による地形・地盤データベース整備を目的とする。 大規模地震や水害など、全国を対象とした防災システムには統一基準で作成されたデータが必要である。もっとも基礎的データとして、地形・地盤データが... 本研究は全国の平野部を対象とした統一基準による地形・地盤データベース整備を目的とする。 大規模地震や水害など、全国を対象とした防災システムには統一基準で作成されたデータが必要である。もっとも基礎的データとして、地形・地盤データが挙げられる。国土数値情報の整備に伴い、全国が緯度経度によるメッシュに区分され、各メッシュごとの地形・地質データが作成されたが、国土数値情報の地形分類データや地質データを全国的に利用する場合は凡例の不統一のため、そのままでは各区分が意味をなさなかった。また、メッシュマップでは微地形による地表環境の違いや災害との対応が十分反映されなかった。そこで本研究ではとくに平野部の微地形に注目し、平野地形のGISデータ整備をめざした。 これまでの関連する研究において、防災的な見地から全国の地形・地盤メッシュマップを作成したが、地質区分は「(第四紀)火山岩」「第四系」「第三系」「先第三系」とし、地形区分は「山地、丘陵地、山麓地」「火山地」「台地」「低地」の中をそれぞれ起伏量や堆積物等により細分した。とくに、低地はかなり詳細な区分とした。山地・丘陵地・台地部に分布する河川沿いの狭長な低地を「谷底平野」として独立させ、それ以外の広い沖積低地を「扇状地」、「後背湿地」、「三角州・海岸低地」に区分した。さらに、「自然堤防」、「旧河道」、「砂州・砂礫州」、「砂丘」に区別した。また、「干拓地」と「埋立地」を区別した。これら低地の微地形の区分は、国土地理院の土地条件図や、大矢雅彦らによる水害地形分類図で用いられているものである。 以上の方法で地形・地盤分類デジタルマップ(メッシュマップ)を作成したが、今後は地形区分ごとのポリゴンデータ整備をめざすとともに、地震や水害などの広域ハザードの入力・解析をすすめ、今後予測される大規模ハザードの被害予測における有効性を検討してゆく予定である。

2004年中越地震による小中学校の被災と地形地質条件

2005年度

研究成果概要: 2004年10月23日17時56分に発生した新潟県中越地震により、新潟県中部の十日町市から長岡市にかけて大きな被害が生じ、越後川口町では震度7を記録した。被害の大きかった地域は信濃川・魚野川の氾濫原、および魚沼丘陵とその周辺地域... 2004年10月23日17時56分に発生した新潟県中越地震により、新潟県中部の十日町市から長岡市にかけて大きな被害が生じ、越後川口町では震度7を記録した。被害の大きかった地域は信濃川・魚野川の氾濫原、および魚沼丘陵とその周辺地域であり、丘陵地域では地すべりなどの斜面災害により深刻な被害がみられた。また、信濃川の氾濫原では液状化などによる被害も多発した。 本研究では、主に信濃川の氾濫原である沖積低地を対象に、平野の微地形と地盤災害との関係に注目し、なかでも義務教育の場であり、かつ、住民の避難場所としても指定されている地域の小中学校を中心に、被害と地形地質条件の関係を調査した。 調査は以下の手順ですすめた。①地震後に国土地理院により撮影されたカラー空中写真を入手し、地盤液状化などの変状を確認する、②地震後の調査報告などから被害分布を明らかにする、③1940年代米軍撮影空中写真判読により平野の微地形区分をおこなう、④長岡市内の小中学校およびその周辺の表層地質データの収集。 調査の結果、長岡市周辺は信濃川の扇状地が自然堤防地帯に遷移する部分にあり、扇状地上に位置する市街地での被害は小さかったが、周辺の水田地帯で砂利採取をおこなったあとに客土した地域では多数の液状化が認められたことがわかった。また、液状化による下水道施設の被害も、埋設管周辺の客土によるものが主であった。一方、長岡市北部では自然堤防と後背湿地の地形が明瞭になり、自然堤防縁辺部で液状化の分布が認められた。 今後は以上のような微地形と地形地盤との関連にもとづく地震被害から、小中学校周辺の土地条件をさらに詳細に検討する予定である。

洪水ハザードマップの応用地形学的再検討

2006年度

研究成果概要:本研究助成により、2006年度は以下の研究をおこなった。1)全国の主要河川・平野における洪水ハザードマップの整備状況の調査 洪水ハザードマップの全国的な作成状況の調査をおこなった。2)近年の水害における浸水域とハザードマップの比較...本研究助成により、2006年度は以下の研究をおこなった。1)全国の主要河川・平野における洪水ハザードマップの整備状況の調査 洪水ハザードマップの全国的な作成状況の調査をおこなった。2)近年の水害における浸水域とハザードマップの比較 大分県内、岡山県内、東京23区などで近年発生した水害の状況に関するデータを収集した。3)メコン川下流における地形分類図作成 科学研究費ならびに科学技術振興調整費によりおこなってきたメコン川下流の調査を引き継ぎ、現地調査および地形分類図の作成をおこなった。 

メコン川下流平野(カンボジア)の地形と洪水、土地利用・水利用に関する統合的研究

2007年度

研究成果概要: 本研究は、モンスーンの影響で雨季と乾季の水文条件が大きく異なるメコン川下流平野において、空中写真判読と野外調査により微地形と表層地質の分布と特色を明らかにし、また、雨季と乾季両方の時期に現地調査をおこない、土地利用、水利用の季節... 本研究は、モンスーンの影響で雨季と乾季の水文条件が大きく異なるメコン川下流平野において、空中写真判読と野外調査により微地形と表層地質の分布と特色を明らかにし、また、雨季と乾季両方の時期に現地調査をおこない、土地利用、水利用の季節サイクルに注目して、地形や水文環境との関係を考察した。その結果、微地形や水位季節変化に対応した稲作システムが展開され、持続的な土地利用が行われていることがわかった。 また、カンボジアとその周辺に分布するアンコール期・プレアンコール期の遺跡についても地形・表層地質条件と当時の土地利用・水利用システムとの関係の考察を行った。本研究ではとくに7世紀~9世紀の都城とされるイシャナプラ(カンボジア、コンポントム州)を中心に、周辺の微地形条件、表層地質、水文条件の調査をおこない、当時の土地条件や水利システム、稲作などの生産施設の復元をめざし、微地形区分図の作成や簡易ボーリングを実施し、試料のC14年代測定を行った。

インド南東部ゴダバリ川・クリシュナ川平野における地形形成と人類の活動の環境史

2010年度共同研究者:貞方 昇

研究成果概要: 本研究は、インド亜大陸でガンジス・インダスに次ぐ流域面積をもち、東海岸の主要稲作地帯を擁するゴダバリ川・クリシュナ川流域を対象として、平野の地形形成と人類の活動との関係を複数の視点から分析し、平野の環境史を解明することを目的とす... 本研究は、インド亜大陸でガンジス・インダスに次ぐ流域面積をもち、東海岸の主要稲作地帯を擁するゴダバリ川・クリシュナ川流域を対象として、平野の地形形成と人類の活動との関係を複数の視点から分析し、平野の環境史を解明することを目的とする。 研究代表者は2010年11月よりインド、アンドラ大学に研究滞在し、アンドラ大学のナゲシュワラ ラオ教授(共同研究者)とともに2010年度はゴダバリ川下流デルタ地域の研究を開始した。 インドではセキュリティ上の理由で地形図ならびに空中写真の利用ができないため、人工衛星によるリモートセンシングデータを利用した。現地調査ではポータブルGPSを利用し、調査箇所はアメリカのLANDSAT衛星画像やGoogle Earth上に表示させた。また、スペースシャトルによる標高データ(SRTM)をあわせて利用した。さらに、日本のALOS衛星データを入手し、ステレオ実体視による地形判読をおこなった。 2010年12月~2011年1月にゴダバリデルタにおいて現地調査をおこなった。アンドラ大学のナゲシュワラ ラオ教授によるボーリング調査に参加し、3ヶ所で合計約80mを掘削し、試料を採取した。ボーリング試料は産総研の斎藤文紀博士とアンドラ大で記載・分析をおこなっているが、年代測定など一部を分担の予定である。 山口大学の貞方 昇教授も現地調査に参加の予定であったが、勤務の都合で現地調査を行うことができなかった。 このほか、ゴダバリデルタの先史遺跡に関するデータ収集(主として文献資料)、ゴダバリ・クリシュナデルタのマングローブ林の変化に関する調査もおこなった。 2011年度には福武科学研究財団の助成が採択され、引き続き研究を継続する予定である。

海外研究活動

研究課題名: インドの河川地域の研究

2010年10月-2011年09月

機関: ヴィシャカパトナム・アンドラ大学(インド)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
教育リテラシー教育学部2019秋学期
教育リテラシー大学院教育学研究科2019秋学期
自然地理学I教育学部2019春学期
自然地理学II教育学部2019秋学期
地理学研究法3教育学部2019春学期
地理学研究法4教育学部2019秋学期
地理学演習I A教育学部2019通年
地理学演習II A教育学部2019通年
地理学特論1大学院文学研究科2019春学期
地理学特論2大学院文学研究科2019秋学期
地理学研究指導(M-1)(久保)大学院教育学研究科2019春学期
地理学研究指導(M-2)(久保)大学院教育学研究科2019秋学期
地理学演習(自然地理)(M1-1)(久保)大学院教育学研究科2019春学期
地理学演習(自然地理)(M1-2)(久保)大学院教育学研究科2019秋学期
地理学演習(自然地理)(M2-1)(久保)大学院教育学研究科2019春学期
地理学演習(自然地理)(M2-2)(久保)大学院教育学研究科2019秋学期
地理学特論I-1(自然地理)大学院教育学研究科2019春学期
地理学特論I-2(自然地理)大学院教育学研究科2019秋学期
社会科内容学研究指導(D-1)(久保)大学院教育学研究科2019春学期
社会科内容学研究指導(D-2)(久保)大学院教育学研究科2019秋学期
地理学研究演習(D-1)(久保)大学院教育学研究科2019春学期
地理学研究演習(D-2)(久保)大学院教育学研究科2019秋学期
環境科学基礎講座 1グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
環境科学基礎講座 2グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
環境イシューを再編集するグローバルエデュケーションセンター2019秋学期
環境イシューを深く読み解くグローバルエデュケーションセンター2019春学期